にわたづみ
2014/08/31(Sun)
       ※恐らく、信じて頂けない話でしょう・・・!(^^)!※ 

それでも、こんな体験をし、生きながらえてきたのですから・・・夢ではなく強烈な恐怖

体験であり幻覚症状のなせることだったのでしょう・・・と思われます!!

沢山お話したいことがありますが・・・辛かった事や暗い話は面倒ですし、面白くなく

「へー大変だったのねぇ・・(-_-)」で済む話ですから・・・今日で病院の話は止める

積りです・・皆様の大きな反響に驚きと共に、自分でもそれほど酷かった事実に単純

に流れた時間ではなかった事を改めて痛感いたしております・・・(@_@;)

【薬害と副作用】

昨日も書きましたが5つのタブレットは日本では想像できない色彩でした。 真紅、黒

紫、茶色、緑色で柔らかいカプセルでした。それでも、その時はドクターの処方を信じ

言われるままに飲んでいましたが・・・そのドクドクしい色には吃驚しました・・・(-"-)

   ”薬について不信感を持ったのは初めての経験でした・・・( 一一)”

この病院は外国人専用で富豪、優雅に生活出来る人の病院でもあり、これもまた私

には(入院代)の心配を絶えずしていなければならないのが情けない現実でした!

世界各国からドクターが選抜されて、勿論、投薬も世界中から集結されている病院で

したから、何処の国の薬かさえ明確に表示はなく、そのままで看護師が持って来るの

を飲むのが当然でした!

再入院して3日目に私は思い切ってこれ以上入院できない理由に支払いがある事を

正直、羞恥心はありました・・・(-"-)しかし、低所得者の私には不似合いであり、無理

なことや迷惑をかける事を考えるとこれ以上はここにいる事ができないと告げました!

その時の担当医以外のドクターはその話を聞いた途端顔も見ないで部屋を出て行か

れた様子でこの病院を感じて頂けると思います。

もう1つは前記しました薬の怖さがあったのですが(それは絶対口に出せない話でした

から)・・心細くなって行くお金に執着していた事は現実の大きな問題でしたから納得

をして貰いました・・・と言うより仕方なかったのでしょう・・・(-.-)

  ☒退院する時も一揉めあったのですが・・「も、忘れたいので・・・<(__)>」

自宅に戻り2日は投与された薬を飲んでいましたが・・・頂いた薬のどれか?は判ら

なかったのですが眩暈がして部屋が動いている感覚があったり、心臓が早鐘のよう

に鳴って暫くは呼吸するのが苦しい状況があり・・・全ての薬を放棄しました!

とに角、殆ど幻覚ばかりカラーではなく白黒で見ていました〔おそらく私の心の深い所

にあった深層心理とでも言うのでしょうか?〕過去の生活や旅行などが走馬灯の様に

毎日、続編を見るように見えていました。それは憧憬だったり願望だったのかも知れ

ませんが・・・日々何かが起こりそれが眠るまで果てしなく続いていました・・・(/_;)

睡眠薬も捨てました(殆ど効果がなかった)!全く何の力も借りず自分で眠くなるのを

待っている暮らしが長い間続きました。自分でも嫌でしたが、ベッドにいる時間が楽で

何時でも眠れる事が幸せでした・・・(--〆)

薬を飲まなくなって・・・1週間は時々手足に痺れが残り、膝や腕に力が入らずかなり

難儀な生活でしたが10日経って、自分の持病の薬の中から精神安定剤を飲むと夜

5時間だけ(きっかり)眠れることができるようになり・・・時間をずらして、夜中に飲む

事もあって、段々と生活が元に戻りました・・・「ほっ!」とし、嬉しかったですねぇ!

もっと書きたいのですが・・・これが私(あくまでも個人的体験)の病気との闘い!

今は、疲れたらごろりと横になったりしていますが、精神的にも安堵して、食事も自分

で作ることが可能になりました・・・(*^_^*) 未だ、ずっと立ってはいられませんが・・・

この病気の大きな原因は多々言われていますがカンボジアでは〈水〉だと断言しても

過言ではないと診断の時言われました。当初は黄色い水でしたから・・・それでも熱に

よる処理はしていたのですが・・赤痢菌は熱では死滅せず、腸内から増加して全身に

蔓延していくのだそうです。それにしても私の場合は余りにも特殊な例でしたから何の

参考にもならないかも知れません・・・m(__)m

新しい月と週が始まります。気持ちをしっかり持って残された時間を大切に生きたいと

感じています。心の持ち方で変化が出ることを期待しています・・・(#^.^#)

最後に鬱陶しい話に付き合って頂き有難うございました!そして、ご訪問も全員の方

まで回れない事を恐縮しております・・・<(__)>

も、少しだけお時間を頂戴させて下さいませ・・・少しづつ慣れてご返事も出来ると思い

ます!今朝もずっと昨夜の雨が小振りに降り続いているカンボジア・リアップです。
スポンサーサイト
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2014/08/30(Sat)
   ◎大勢の方からの嬉しいコメント心中より感謝申し上げます・・m(__)m◎

未だご返事出来ませんが・・・お心は充分頂戴いたしております。有難く幸せです!

【再入院】

も、少し書かせて下さい・・・殆ど回復しないまま退院したもので、ずっとベッドの中

の生活でした。その時期(多分、嘲笑されると思います)にかなり強烈な幻覚症状が

出てきました。 「まさか??嘘でしょう・・」なんておっしゃる方も多いかと思います。

でも、現実でしたし、こんな言葉でしか表現できないものでお許しくださいませ!

頭の中(脳が透けて見えていたんです)・・(@_@;)そして、発光するかのように閃光

が走り、頭の中が熱く・・・燃えるのではないかと思っていたのです・・・(-_-メ)

その夜のことです!

左目にディズニーの漫画が極彩色で映りスクリーンの様に流れ、右目からも同様

ディズニーの映画が間断なく流れてきたのです・・・仰天して目を瞑ることが怖くて

仕方なかった!眼を開けると赤と緑、青が1本の線になり消えるのです。

ずっと眠らないで翌日再入院しました。通訳をしてくれた女性はドクターに詳細に

事実を話して下さいました。ドクターは理解されたのでしょう・・・(-_-)

直ぐに凄い量の薬が投与されました。カプセルが5つ錠剤が大小で5錠、思い出す

のも辛かった口が歪むほど苦いドロリとした液体を2人の看護師さんが喉の奥まで

流し込むという状況でした・・・(;一_一) その後はオレンジの粉末を溶かしたコップ

1杯の水を飲まねばならなかった・・・それだけで疲れがどっと出る感じでした。

それを夕方まで3回飲みました。ドクターの回診がある時間にはすっかりまるで夢

を見ていたかのようにスクリーンは消滅していて、下痢もその瞬間でストップした!

幻覚症状だと言われればそれだったのだと今は思えます。でも、恐怖と不安感で

一杯でしたねぇ・・・(-_-メ)「どうなって行くのか胸が締め付けられるほどの恐ろしさ

がありました!」

初めての{紙おむつ}体験から、幻覚がこんなに鮮明に描写される怖さに身体中

が震えて痙攣を何度も起こしたり言葉が出なくなったりもありました!

色々な症状がでるようですが・・矢張り私は赤痢菌の猛毒に頭から足先まで冒され

ていたのだと思います。ドクターも最初の段階で生命を救えた事で一安心があった

のだと思います!!

まさか、こんな症状を抱えて再入院してくるとは想像もしてなかった様子でしたから

それは凄く真剣に心配して下さったし多量の投薬を即決して出して下さったことなど

は本当に有難く思いました。

★でも、これが多くの問題を引き起こす原因になりました・・・!(^^)!

また、明日書かせて頂きます。視力が萎えて、酷く疲れるので・・PCの後は暫くの間

ベッドで横にならねば、次の行動ができない現況なのです。申し訳ありません<(__)>
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2014/08/29(Fri)
皆様へ

2ヶ月も留守にしておりました。その間にもご訪問続けて頂いた素敵な皆様に

感激いたしております・・(;一_一;)

また、沢山の励ましのコメントを頂戴して涙ポロポロさせながら・・昨日、やっと

拝読させて頂きました・・・心から深謝申し上げます・・・有難うございました!

個々にはご返事お出しする気力がありませんので、失礼ながらこの場でお礼

とご厚情を申し上げさせてくださいませ・・・<(__)>

★きっと、この伝染病についてはPCでお調べになられたことと存じますが・・・

人間100人いれば100様の身体があるそうで・・軽く3日位で完治する方も多く

また、私の様に数週間も治らない珍しいケースもあり、ドクターからも信じられ

無いと言われました・・(-"-)

様々な症状がある様ですが・・大方は嘔吐、高熱、熱痙攣、そして下痢(食事

されている方お赦し下さい)激しい頭痛などがあるようです。

【前兆】

私の場合は罹患する前に前触れがあったのですが・・全くその時点では理解

しておりませんでした・・・トイレで倒れて転倒したりキッチンや階段。 或る日

などトイレの中に挟まって必死で脱出していたり・・・(-_-メ)

極めつけは勝手口(この家にきてから1度も開けたことがなく中から施錠され

ている)・・またビニールで固く縛っていたのを何故か切って逃走したのです!

本人は全く記憶が無く、貴重品(携帯、現金、貴金属、メガネ、鍵等)を持って

見た事もない路地に入り水溜りにしゃがんでいたと言います・・・(@_@。

お金も全て勿論目の前で盗られたのですが・・・見ていても何も解らなかった!

息子が凄い剣幕で迎えに来た時は「私はこの地区の貧しい人を助けるとか?

ここに君臨するとか喚いていたそうです・・・(どうかしていたのでしょう・・・(+_+))

流石に意味不明な言葉を発する愚母を見かねて日曜日だったし、病院も休み

なのでベッドに運ばれ・・・その日は食事も摂らないまま熟睡したらしい??

月曜になり、ごく普通に起きて食事の支度もして、会社からクメール語ができる

人が来てくれて・・・近くに出来た割合大きな病院へ行きました。

8人位のドクターがおられ、新しい機械でレントゲン、脳波、エコーと色々な検査

を受け・・・個室のベッドに入ってからまでは覚えているのですが??

息子に10本位の携帯が入り{危篤状態になったこと、心肺停止状態で救急車

で運ばれた事}が告げられたそうです。勿論、何も覚えていません・・!(^^)!

凄く大きな王立の国際病院へ搬送されて・・・どの位の治療がされたのか?

点滴の数の多さに驚愕しました・・・(@_@;)

《最も気が付いたのは夕日が明るく染まりかけた3時頃でしたから・・お昼前に

搬送されて・・それだけの時間が経っていたのでしょう!》

も、息子は「覚悟をした!」と「見ていられなかった!」など後で言ってました。

ドクター達や看護師さんらがどれほど走り回り・・何度も声をかけてくれた様子

ですがそれでも生還するまでかなりの時間がかかったようです・・・(-_-)

それにしても・・諦めずに生かされたこと、未だ生かされていた事に驚倒の思い

を抱いております・・・(--〆)

       ”感謝しなければならないと思いました!”

少し疲れました・・m(__)m 続きは明日・・・
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2014/08/16(Sat)
◎にわたづみををご訪問頂きました皆様へ

長い間留守にいたしまして、沢山のコメントを頂戴し、心から深謝申しあげます!!

未だ拝見出来る力と視力がございません・・・すいません!

実は東南アジアの3大伝染病=マラリア、デング熱、(アメーバ赤痢)に感染して

3週間、殆ど入院、退院を繰り返しました。

一時は心肺停止状態もあって・・・再入院などしました。

まだ、体力が戻らず、気力も出ず、少し動けるようになりましたが・・ふらふらして・・ベッドへ

倒れ込む生活です。

★薬による副作用で激やせ、30㌔あるか?の状態です。

恐縮ですが・・暫く休ませて頂きたくお願い申しあげます・・・m(__)m

稚拙で拙い面白みのないブログに関心を持って下さった皆様・・・本当に有難うございます。

書きたいことが山積していますが・・・暫く時間を頂戴させて下さいませ!

                                          さくら
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |