にわたづみ
2014/05/25(Sun)
昨日の『HIV』の続きですが・・    <クロマー参照>

現在〚抗レトロウィルス剤〛が開発されたためエイズを発症して1、2年しか生きられない事

は無くなったそうです。 そして、科学者が薬の開発に懸命に取り組んできた結果ウィルスを

抑制し、増殖を留める事が可能になったのです。

従って、今は薬を定期的に服用すれば・・人は普通の寿命まで生きることも出来るようになり

ました。更にこの薬はHIVの母子感染も防ぐことが可能になったのです・・(@_@;)

病気治療は未だ道半ばですが・・毎年、感染者は発生します! 「何故だと思われますか?」

最大の理由に挙げられているのが多くの人達は感染している事に気がつかずに知らない内

に病気を不特定多数のパートナーに拡散させているからだと言われています・・(-"-)

又、世界の多くの地域では女性は性行為を拒否できる力を持たない!或るいは確実に相手

に避妊具の着用を強いることができないからだとも言われています。

HIVの広がりを防ぐために少なくとも年に1度の検査をしてほしい!のがドクター側からの強い

願いでもあるそうです。そして、避妊具の正しい着用、感染予防のための知識も必要です。

{タトゥーや針灸時に不潔な針を使用していないか?}なども重要なことだと言われています!

日本では殆どそんな心配はない様ですが後進国では未だごく普通にそう言う行為がなされて

いるのです・・!(^^)!

 △その上、厳密にスクリーニングされた血液製剤を使用する事は何よりも大切です!△

未だHIVについてはちゃんとした知識を持っていない人が多く・・どのように感染していくのか

どのように治療したらいいのか?を正確に理解する事がとても大事なことだと言います。

ま、詳細は個人的にも無知ですが・・こうやって書かれた物を読むと矢張り身近な問題提起

にはなるのではないかと思って・・書かせて頂きました・・(-.-)

昨夜はナイト・マーケットに食後トックトックに乗って出かけてきました。友人たちのお土産を

少しですが買ってきました。以前行った時は溢れるような人でしたが『雨季』のこの時期です

から想像もできない人の少なさで店も半分は閉めていました・・(@_@。

幸い稲光は数度ありましたが雨は降らず蒸し暑く、無風で蒸し暑い夜でしたねぇ! 

トックトックに乗っている間は涼しかったのですが・・家に着いたら汗がドッという感じでした。

今朝も曇天で・・少し前になって日差しが戻ってきたカンボジア・リアップです。

*1週間ほど一時帰国致します。持病の薬と和食用調味料の仕入れです・・うふふふふ*

          ◎忘れずにまたご訪問頂ければ仕合せです・・m(__)m◎
スポンサーサイト
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2014/05/24(Sat)
この国だけではなくアジアではどうしても避けられない病気に『HIV』があります・・(;一_一)

2011年のWHOのHIV{エイズ}に感染した人の数は250万人。死亡した人170万人もいて更に

3420万人の感染者がいると言われています・・\(◎o◎)/

すなわち人免疫機能不全ウィルスAIDSは(人免疫機能不全ウィルス)に寄って引き起こされ

ます。人がこのウィルスに感染すると、ウィルスは身体の細胞組織を使って再生し拡大する

そうです。  <クロマー参照>

そして、突然変異を起こして免疫システムと抗エイズウィルス剤でも消滅しない能力を持ち

始めると言われています。殆どの感染は性行為によって起こりますが、胎盤、産道や母乳

を通して母子感染する事も多々あるのです。 不潔な針や安全検査をされていない輸血も

またウィルス感染を起こす原因にもなっています。

HIVに感染すると体調不良を起こしますが・・かなりの間、風邪の症状かと判断を誤るよう

です!また、体調は良く感じられますし、ウィルスへの抗体を持ち始めるため、暫くは進行

が遅れる場合が殆どですから・・解らないことも多いと言います。  

感染後3~12週間で血液検査または頬の細胞検査でHIV抗体:陽性を示すのだそうです!

  ”確証を得るには2回の抗体検査と血中に増殖されたウィルスの数を測定します”

続く8年から10年の間はウィルスが白血球を破壊し、免疫組織を弱め始めるまで自覚症状

は殆どないという恐ろしい病気です。

が、しかし1旦それが始まると、通常は発病しないようなごく僅かな感染をも許してしまいます。

 *脳、心臓、腎臓、血管、腸をも傷つけるようになって行くというから恐怖です・・!(^^)!*

続きは書けたら明日書かせて頂きます。  ▽明夕方から一時帰国します・・m(__)m▽

今朝は暑さも半端ではなくじりじりと照りつける中、水を買いに野菜を買いに出かけてきた。

既に35度近くは上がっているカンボジア・リアップです。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2014/05/23(Fri)
息子の友人が段々少なくなって・・昨日はプノンペンに転勤になる人の送別会でした・・( ^^)

始まる時間は何時もは全員が飲むので会社が終わってからの5時や6時が多いのですが・・

引き継ぎなどで7時集合になった。遅く始まったので・・早目に帰宅した息子は既に飲み始め

ていたのですが・・あはははは

ブロックの肉を包丁両手で叩き潰す作業は本当に大変です!何時も食事会には何かひき肉

料理が入るんですよねぇ・・意識してないのだけれど・・ま、レパートリーが少ないので・・(^^ゞ

それに美味しい和食などは、大抵の人は食べ飽きているだろうと思うと和食店では無い物をと

考えてしまうから鶏ならつくねとか豚なら焼売や春巻き、あんかけなども全てひき肉ですから!

昨日はロールキャベツを15個作りました。キャベツは日本とは違って葉が固くて真っ白なので

時間をかけて煮込みました・・(・_・;)

後は小松菜と烏賊の炒めものオイスターソース味にして、また白菜のお浸し、人参と葱の酢の

物や卵焼きなどを作ったのですが・・珍しかったのでしょう・・昨日はご飯も全部空になり、総菜

もなくなってしまった。ま、大したものは作ってないですが・・量があるからちょっと疲れたかな?

何せ海魚がないから・・烏賊もフライに出来るといいのですが小さいから仕方なく炒めたのです。

青唐辛子があったので買ったのですが、切っている間にも手がひりひり・・くしゃみ、鼻水が止ま

らなくなって止むなく中断・・強い香りとその刺激で手も暫くは荒れていたので強烈なのだと思い

ました。沢山の香草を買ったのに付け合わせするのを忘れているし・・何か?抜けています最近

は特に思考力が萎えてきました・・元々利口ではないから・・こんなものでしょうが・・ははははは

「ま、彼が頑張ってくれたらそれでいいから・・(*^^)」大手の会社だから転勤にも家賃も全て会社

から出るようで・・お金が貯まる一方でしょう・・あはははは

本当に様々な会社があって日系でも各々差がありますから・・それも現地に住んでいる人に

は不公平かも知れませんが・・(-"-)     こればかりは仕方ないです・・うふふふふ  

所でタイのクーデタ―ニュースが始まってから日本の衛星放送は一切放送がされなくなって

画面には音楽だけが流れ出しました!

他の国ではしていましたが・・放送規約に引掛るのかも知れませんが・・がっかりでした!

カンボジア放送はしていました。  解る人もいたとは思いますがライブでの放送ではなくて

ニュースとして何度もやっていました。

CNNはライブでしていましたが全く理解できなくて・・戒厳令が出されたとか?どうなっている

のか知りたかったです。  1人がスマホで検索して詳細を教えてくれたのですが、それもよく

私の思考には理解できなかったのが残念でした・・(-_-メ)

昨日は午前中に息子に迎えに来て貰い両替したり、スーパーでの買物を済ませました!

      (今週から少しだけ帰国するものでお土産を買いたかったのです)

でも、カンボジアのお土産なんてレモングラス、生姜、黒胡椒位で殆ど無く、乾燥したバナナ

や竹籠で編んだもの程度でしょうか? 織物のクロマーも多々ありますが身に着けるものは

好味があるので・・迂闊に差し上げられない気もしているのです・・(@_@。

「ま、でもどんなものかは見せたいので一応買おうとかは思っていますが・・難しいです!」

そうそう、今日も衛星放送は入りませんでした・・ずっとかも知れません・・(-_-メ)

今朝起きたら夜中に雨が降った様で庭の草が凄く濡れていて少し涼しく感じましたが、太陽

は既に昇り切って暑さと湿気で纏わりつく熱気が予想されるカンボジア・リアップです。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2014/05/22(Thu)
《酷暑》という言葉がぴったりとくる暑さの中、それも午前9時半ごろ、既に35度以上もあって

自転車に乗っていても体がふらふらしていました・・(-.-)

横を通過するバイクの小母さんに叱られたりしながらやっと到着。 雨跡はなく舞い上がる

赤土で通過する車やバイクの後はモウモウと赤い粉塵が吹き上げられ空気の悪さは想像

を遙かに超えていました。幸いがっつりマスクをしていましたので・・ま、ある程度は大丈夫?

と思うのですが・・粉塵は何処からでも入ってくるから・・肺に蓄積されているかも知れない!

市場の中は相変わらず活気があって・・漸く、駐輪場置き場のお兄さんが顔を覚えてくれた

みたいで・・手招きして「そこに置いておけ!」みたいに言うので・・チケットの半券を貰って中

に入った。も、足場がドロドロだから跨ぎながら魚やから流される水を避けて豚、鶏肉、乾物

を買った。 本当に計算機を見せて入れてくれる人が増え安心している・・ま、外国人値段で

しょうが・・あはははは そして1番小さなお札まで辛うじて最近は支払が出来るようになった!

今迄は大きなお札で両替したり計算しながらもやはり細かいお金は上手に使用できずにいて

随分溜っていました。でも近頃は財布の中身を適当に全ての札を回せるようになった・・(*^^)

ま、5ヶ月も経ってこれですからいかに頭が悪いかの見本みたいですが・・(^_^;)

本当に金額もやっと聞き取れて「大体いくら支払えばお釣りはいくら来るという」段階にまで

漸く辿りついた気がします・・わはははは  ”笑って下さいねぇ・・(^v^)”

そんな市場での買い物に昨日は店に買った品物を忘れてきたらしく若い女性が背中を叩き

届けてくれて・・感謝!

何時もの店の人が手を振っていたし声をかけていたのは解っていたのですが、荷物を忘れ

ていたとは思いもかけず・・暑さと老化で情けない・・うふふふふ {いい訳にすぎないが・・}

☆カンボジアニュース   <クロマー参照>

①2013年の不発弾による死者数

カンボジア地雷対策・被害者支援庁(CMAA)の調べでは昨年の不発弾による死亡者数は

22人で前年度の43人に比較すれば半数に減少したと言います。それでも22人も未だ死亡

するのですから恐怖です・・!(^^)!

負傷者は142人から89人へと減ったようですが・・事故数は殆ど変わらず70件以上はある

と言われ対策が急がれています。  〔早く、安全になってほしいです・・(-"-)〕

②ポイぺトに新たな経済特別区

日本人投資家が約5000万㌦地元企業に投資し、パンテアイミンチェイ州のポイポトに新たな

経済特別区を建設する計画があるそうです。昨年10月に既に電気などの基盤工事が始まっ

ていると言われています。    ご存じの国境近くですから付近の産業の活性化により更に

貿易黒字と投資を呼び込む狙いがあると言います。”発展してくれることを願っています!”

今朝は風が割合涼しくて・・気持ちのいいカンボジア・リアップの夜明けでした。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2014/05/21(Wed)
雨が降らない天気でしたが・・短い〔停電〕はありました。これだけ降っているのにまさか?と

思いますが・・(-.-)   洗濯ものを午後には何時も仕舞い込むのですが・・玄関のほうから

「こんにちわ!」なんて声が聞こえ吃驚しました・・(@_@;)

突然の日本語ですから・・瞬間に息子から何か用事を頼まれてきたガイドの人だとおもった

のです。 ところが「何のご用でしょうか?」と聞くと「今日からこの上に住みます」って・・(/_;)

「あんた誰?」それほど日本語が話せるのなら自分から名前位言えば・・(-_-) 私のことは

色々と聞いて知っているみたいでした!  感じが悪かった・・上に住んでいる人の友人か

と思いますが・・相手が知っていてこちら側が全く見知らぬとは余りいい気分ではない!

今朝洗濯を干そうと玄関を開けたら車からバイクが数台ぐちゃぐちゃになっていた。

どっちか片方に寄せてくれなきゃ通るのも困ると機嫌が悪かった出来事でした・・(-_-メ)

☆カンボジアの線香      <ニョニュム参照>

仏教国のカンボジアでは、線香は生活に密着しています。 何処の家の庭にも祠が立って

いて〖クドーム・ネアックター〗と言われるものですが、蠟燭、線香がお供えされています。

朝早くからお参りしている人も見かけますし、お供物や花を供えてある家もあります。

色は黄色で石作りで屋根も付いていて『雨季』の状況にも耐えられるようになっています!

ベトナムでは家の中に祠がありそれは賑やかでイルミネーションが何時も光っていました。

形も大きさも全部違いますが・・共通する信仰心は同じだと思って拝見している・・(*^^)

家庭でもそうですが・・お寺でお祈りをする時やご先祖様の供養をする時、細長い線香に

火を灯します。

プノンペンから車で1時間のコンポンチャム州ルヴィア・クロン村では線香作りが行われて

います。最近はベトナムやタイ、中国からの輸入物が多くなって来て経営は苦しいようです

が・・何とか?頑張っているといった感じでしょうか?全くベトナムと同様の形や長さです。

30㌢以上は長さがあります。    それを数本両手で持って何度もお辞儀をしてお参りを

します。  きっと見かけられた光景だと思います・・(^v^)

この村で作り出される線香は全てカンボジア産で安価で品質が良いとのことです。

軸の部分は竹ひごでピンクに染められています。その後、線香の生地を練りつけるそうです。

後は生地を乾燥させるために何10本と束ねて地面に立てていきます。その時、渦を巻くよう

に広げるものですからまるで庭に大輪の花が咲いた様になって凄く綺麗です・・(*^_^*)

軸先が地面から浮いたような感じになるので1度に沢山のまた、早く乾かす事ができるらしく

天候にも左右されると言いますが・・3時間ほど太陽に晒すと完成するのです。

先ず、1日で出来る線香は50㌔から80㌔と言いますから凄いです・・(@_@;) しかし、手間が

掛る割には身入りが少ないみたいで㌔あたり6000リエルで販売されていると言います。

この村で作られる線香はコンポンチャム州とカンダール州の一部でしか取り扱っていないと

いわれています。 真ん中がピンクの花のように固まり周囲が広がった捩った形をしていて

干してある光景は花の様で本当に美しいです!伝統の技術が絶えない事を願っています。

カンボジアの地場産業としてもっと発展して貰いたいと思っていますが・・手作りには限度が

ありますから・・( 一一)

今朝もかなり暑く・・ベトナムでは早朝の買い物が当然でしたが・・ここでは凡そ早くても8時

頃でないと店は開かないから・・市場へも炎天下を行かねばならないのが難点です!!

明日は息子の友人がも、1人転勤します。その送別会の準備をしなければ・・そんな事を考

えている・・朝から既に灼熱のカンボジア・リアップです。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2014/05/20(Tue)
流石に少々お疲れの空催いで・・昨日は久々に晴れ上がって気温も上昇しました・・(*^_^*)

道路も乾燥が一気に進んでカラカラ状態でした。湿気も余りなかったので気持ちの良い暑さ

でしたが・・矢張り晴れると暑いです・・(@_@;)  37℃でした!

近くの野菜やさんは種類はあるのですが早目に行かないと9時半には殆どが無くなっている

状態で・・様子をみながら買い足しをしている感じの小さな店です。

時々、野菜がも、一品欲しい時に買いますが、面倒なのでしょう・・私は何時も2㌦か多い時は

3㌦と半端がありません・・あはははは

3㌦も買うとじゃがいも、玉葱、キャベツ半分、白菜半分(小型)人参、冬瓜や空心菜、葱、卵

などが買えますから・・安価です。すっかり慣れて他のお客が買っていても優先させてくれる

から・・悪い気がしますが・・(-"-) この周辺ではたった一軒の八百屋で早朝にリヤカーで持

って来ています。市場とはまた違った本当に狭い店で裏が一間の部屋で何も無くやっと生活

している感じですが・・娘を学校へ行かせているし、生活は苦しくない感じです。

それでも、本当に狭くて・・しかしながらちゃんと商売になるのですから・・逞しい!

ここは田舎ですから購入する量も少なく、殆どが1個買い見たいで・・私のように色々な種類を

両手に持つほど買うのは珍しいのかも知れません・・(*^_^*)

野菜が切れると心細く市場でも多く買いますが・・一寸不足の時は近場で早朝手に入れます!

☆カンボジアの鍛冶屋さん   <情報誌ニョニュム参照>

どんなにテクノロジーが発達しても「手作業」とか「手作り」は光るものがありますねぇ・・(@_@。

そんな昔からのひとつに鍛冶屋さんがあります。

プノンペン市から凡そ8kの場所にチュラン・チャムレ2という村があります。ここはイスラム教

徒の人たちが大勢住む村としても有名です。この村の国道5号線沿いにはナイフ、ハンマー

稲刈り用の鎌や斧、鋏などが沢山作っている鍛冶屋さんがずっと並んでいます・・(-.-)

これらの刃物は古い古い金属をリサイクルしてできていると言います。

この店には未だ2年しか経っていない鍛冶屋さんもいて「タイ、ベトナム、中国などから多くの

刃物が輸入されていますが・・カンボジアの地場で手作りされた刃物が1番の人気だと言う!

カンボジア人だけではなく、ベトナム人、中国人、マレーシア人、韓国人からも注文が殺到し

ているそうで嬉しい悲鳴を上げていると言っています・・( ^^)

中でも人気なのは魚をおろすための包丁だそうで一押しだそうです。

子供が後を継いでくれたり職人さんが育っているとの事でこれからもっと発展していくことを

願っています・・(^v^)

今朝は気温も高く朝から晴れていますが、午後からはどうなるかしら?一応雨マークですが

今の時期全く予報が当てにならないカンボジア・リアップです。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2014/05/19(Mon)
午後から雲がでて来ていたのですが・・雨はほんの少々で「今日はこの程度かなぁ」・・なんて

思っていましたが・・とんでもありませんでした・・(@_@;)

夕方からそれは酷い強風が吹き荒れて隣のトタン屋根をバリバリと剝す勢いで・・若者が垂木

を数本載せていました。途端に雷鳴が轟き激しい豪雨が襲撃しました!

それから数時間夜も続きました。今朝は道路がぬかるんで水を買いにバイクタクシーで行っ

たのですが・・足を上げていないとまともに泥水の中を走っている感じでした!

       「ちょっと溜息!」・・「はーあ」・・(-_-メ)

     《でも、これからもっと酷くなるのだから未だ序ノ口なのです・・!(^^)!》

息子がマレーシアから帰国しました。色々と話を聞きましたが、タイなど問題にならない程の

大都会に成長していたようで少し驚いたと言ってました。随分以前に行った様ですが・・(@_@。

そして夜は20年ぶりの親友に再会出来て楽しい時間もあったそうです。いい男になりお父さん

をしていたそうです・・(*^^)

そんな話を聞くと刻の流れを感じますが・・ま、自分の目の前に与えられた時間を精一杯に

生きるだけしかないと考えて聞いておりました。タブレットで見せてくれた風景は高層ビル群

と言っても過言ではない大都市でした!

所で、先日のマレーシア航空機の事件はカンボジアでも毎日話題でした。  昨日、帰って

来て持ってきた冊子に詳細が掲載されていましたので・・ご紹介します。

●マレーシア航空370便これまでの経緯・・

*2014年3月8日 00:41乗客227人乗員12人を載せKLIAより離陸  01:01高度35000

フィート(11000m)に達する 01:19コタバル沖上空でスパン空港と最後の通信 01:30

近くを飛行中の航空機と交信 02:15 ペナンから250マイル(320km)北西の地点の飛行

をマレーシア空軍が確認 06:30 北京に到着予定時刻 07:24 マレーシア航空370便

が消息を絶ったことを公式発表したそうです。

当初、管制塔と最後の交信があったベトナム沖のタイランド湾に墜落したとされた。

ベトナム空軍により油膜が発見されてサンプルをKLへ持ち帰ったがMH370 とは無関係

だった。 捜索はベトナム海域で続けられたが漂流物は見つからなかった。

連日MH370 のニュースが報道されるも原因不明のため国民に強い不安が広がった。

3月15日ナジブ首相が会見で何者かが通信機能を切断して進路変更した可能性が高いと

発表。 ハイジャックの可能性もあるとしたほか、衛星電話の信号が捉えた最後の信号は

離陸から7時間後であったと発言。 

捜査範囲もこれまでタイランド湾から中央アジアからタイにかけてとインドネシアからインド

洋南部にかけての2方向へ変更した。

3月20日オーストラリア海洋安全局は衛星画像の解析から、パース南西部2500km南西沖

の地点に漂流物を見つけた。さらに中国の新華社通信は120km離れた場所に浮遊する別

の物体を衛星から見つけた。

3月24日ナジブ首相は同機がインド南部で消息を絶って生存者なしと発表した。

3月25日マレーシア航空CEOがインド洋に墜落したことを発表。

衛星画像から確認された物体の海域は陸地から遠く、天気の荒れやすい海域のため1機

につき2時間程度しか捜査ができなく4月14日以降発見に至っていないのが事実だそうです。

ハイジャック、偽造パスポート、機体トラブルまたはテロ。パイロットの事情など他の空港への

ダイハードなど様々な憶測を呼んでいます。大きな物体が何処へ何故?と言う疑問が深まり

今もなお理解し難い現実だと言われています・・\(◎o◎)/!

全く浮遊物がない事や衛星で確認できない不可思議な大きな謎を残したまま・・家族たちは

どんな気持ちで諦観したら良いのでしょうか?・・切なく何も解らないことの不思議感が恐怖

でもあります。心からご冥福をお祈りするのみですが、未だ生存されているのなら迂闊なこと

は言えないのですが・・こんな情報が現地では書かれていました。

それにしても人間は直ぐに忘れて次の話題へと流れる情報の早さに驚倒しますが・・(@_@。

〖一体どう納得し理解したらいいのでしょうか?沢山の疑問が山積です・・(;一_一)〗

今朝は弱い日差しが雲から出てきたので洗濯しましたが・・乾くかどうか?少し案じている

カンボジア・リアップの朝です。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2014/05/18(Sun)
先日、カンボジア料理を書いた折りに魚を発酵させたもので〔ポロホック〕について酸っぱい

スープに入っていると書きました。昨日近くの店の屋台に行ってみました。

屋台には6種類の総菜が既に熱々で完成していました。全部蓋を取って味見もさせてくれる

のです。ま、考えたら余り衛生的ではありませんが・・あはははは

誰が使用したのか解らないスプーンが置いてあるのですから・・(#^.^#)

でも私は半分がスープだったし小母さんが「フィッシュ」というので中を探して魚を見つけ味見

をしたのです・・想像したよりもずっとまろやかで日本の酢の物よりも酸っぱさが少なかった!

早速魚を3切れ入れて後は香草と生姜のたっぷり入ったスープを購入1㌦もしなかったです。

前回も書きましたが・・中の具材によって名前が違うのでしょうが・・{ソムロー・マチュユオン}

だと思いました・・(*^_^*)        違うかもしれませんが・・??

小母さんは私の様子が気になっていたようで、スープを少し飲み「OK」のサインをしたんです。

その店には数人のカンボジア人がお昼時でしたから食べていましたが一斉に私の方を向き

破顔一笑してくれました・・「どんな顔をするか?見たかったのでしょう・・ははははは」

そして外国人も食べるという事で安心した雰囲気が流れました・・(#^.^#)

早速ご飯を炊いて1つだけおかずを作りスープと一緒に食しましたが・・結構大丈夫でした!

ま、味もさることながら生姜がスライスされていてそれは凄い量が入っていて中に魚の小片

が混ざってるという感じでした。  丸い形や太さから鯰ではないかと思いましたが・・言葉が

判らず聞けませんでした・・次回はまた違うスープにも挑戦してみます・・( ^^)

身体がほかほかして胃が温かくなって行くのが解りましたからこの暑さには効果的なのだと

思いましたねぇ!

スープの種類はかなりあるので楽しみです。また昨日は雨こそ降りましたが、雷鳴もなくて

少しだけ風が強くなって雨を落として行った感じでした。37℃もあったそうですが、部屋の中

でDVDを見ていたから、それ程の暑さは感じませんでした・・!(^^)!

掃除も洗濯も息子が留守だから早くに片ずき・・うふふふふ 箒で掃き、モップに洗剤をつけ

部屋の中を拭いているのですが、毎日何処からともなく赤土が入っていて汚れるのです!

それから3ヶ所あるトイレ・シャワー室(兼用)を洗い水を流して・・結構いい運動です。

今、腕を痛めているせいで・・これがかなり応えます! お昼を食べると時々眠気がきたり

ベッドに横になって眠ることも何度もあります。暑さだけでも十分疲れるのだと思います!

毎日こんな広い部屋を掃除して・・手洗いの洗濯をして日本では考えてもいなかった部屋

ですから・・も、少し狭い部屋に移れたらいいなぁとか我儘なこと考えてます・・ふふふふふ

天井が高いから蜘蛛の巣が取れないし・・雨跡が窓に残っているのですがこれも高いの!

頑丈に鉄格子が嵌っているから拭くことができないのが欠点でしょうか?

外からでは自転車位の高さの台か梯子がないと拭けない高さなのです・・(-"-)

汚くて気になっているのですが・・どうしてもその汚れは落とせないのです。  ベトナムでは

MSでも平気で窓を開けて拭いていたのですが手を入れたら出せないような格子状になって

いる窓です。 ベトナムでは何度か空き巣に入られているからカンボジアの家の造りは素敵

ですが・・汚れなどは気にしない性格なのでしょうねぇ・・(@_@。

今朝は朝から曇天で太陽が全く見えません・・何処かへ遠出したのかしら?それとも早くに

「スコール」が来るのかも知れないカンボジア・リアップの朝です。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2014/05/17(Sat)
朝の照り返しが強くて洗濯物はシーツでしたが・・お昼前には乾燥していました・・(*^^)

矢張り午後からは雲が流れてきて薄暗くなり、少しの間は降ったのですが・・この地区では

無かったようで遠雷と閃光も違う方向でした。  だから雨の量も少なく数10分だけ降って

それからは止んだようです。 庭に水を撒いた程度の雨で気温も下がらずでした・・(-_-)

☆縫製工場へ行く女性・・  <情報誌ニョニュム参照>

早朝、縫製工場へ集まる何10台もののトラックがあります。荷台にはすし詰めにされ立った

状態で乗ってくる若い女性たち。総勢20人は1台に乗っています。   カンボジアの経済の

成長を大きく牽引する縫製産業は彼女たちの若い労働力に支えられているのです。

プノンペン郊外にある縫製工場では出勤時と帰宅時には遠方からやってくる工員のために

1トントラックを無料で走らせています。

それでも1度に乗れるのは20人程度ですから・・数台で何度も往復して運んでいます。

バスを使用するより廉価ですからまた大勢が乗れるので何処の工場も工員の通勤システム

にはトラックが主流となっています。  ここシェムリアップでも近郊の工場へ行く女性たちが

鈴生り状態で大声で笑いながら沢山乗って行く姿を見かけます・・(@_@;)

これから『雨季』ですから心配ですが・・一応は幌が掛けられていますが、これは強い紫外線

を遮るためでもあります。

でも壁には何もないので雨や埃や排気ガスはもろに被るという塩梅で・・さぞかし大変だろう

と想像していますが、案外カンボジア人は平気みたいです・・(-"-)

ベトナム人女性もそうでしたがカンボジア人もバスや車に酔う人が多いのは不思議なのです

が・・返ってオープンエアーだから車酔いしなくていいという返事が返ってくるそうです。

バイクなど自分で乗る分には何でもないのでしょが・・車に酔う人はかなりいると聞きました!

風に吹かれて舞いあがる赤土の砂塵の中の若者は元気です。

大抵は大きな帽子か?クロマーを被りマスクをしているようですが・・それでも通勤となると

毎日だから・・かなりの砂塵は人体に影響しているように思えますが、家族のために懸命に

働いている姿は素晴らしい光景です・・(#^.^#)

今朝は息子がいないので会社の制服から全て脱いで行ったため・・結構時間をかけて洗濯

をしたカンボジア・リアップの朝です。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2014/05/16(Fri)
昨日から書式と言いますか?記事を書く方法が以前とは異なって・・かなり字がはみ出して

吃驚しました!自動的に変化して下さったのでしょうが・・( ^^)  結構驚きましたねぇ!

或る日突然、変更されたり承認コードが必要だとか? 段々と老いの身にはしんどいPCの

進歩です・・うふふふふ

今回は偶々、ブログ確認で発見出来たから良かったのですが・・有り難いような迷惑な話で

若い方は即、対応ができるのでしょうが・・暫く考えます・・あはははは

何時もと違うことが起きることは毎日の生活で経験しているから・・ま、仰天するほどの驚き

ではありませんでしたが・・瞬時、躊躇いと困惑の中に埋没しておりました・・(-"-)

午前中はギラギラ太陽の中市場へ出かけました割合早く市場へ行ったのですがカンボジア

では3日間の連休日でごった返しておりました・・(@_@;) 

そして休みになると周辺は必ずカラオケ三昧で朝から夜までびっしり親族が集うようです!

前日の雨が残っていて相変わらず市場の中は泥んこ状態で・・ぬかるみを避けながら歩いて

いても「ドーン」とぶつかる人もいて「ソーリー」とか言うのですが・・胡散臭そうに見られたりー

また、笑顔で「いいのよ!」なんて自分がぶつかって来たのに平然と言う感じの人もいます。

最近は変な婆さんが解って貰えた様で八百屋からも肉やから声が掛るんです!嬉しいのか?

解りませんが大きな声で「ハロー」って言われて吃驚します。ま、外国人など先ずいない市場

ですから直ぐに計算機を持った日本人が知られたのかも知れません・・ははははは

その上、ちょっと昨日は嬉しかったのは・・値段が聞き取れた事です。毎日の事ですから数字

だけは覚えないとと思っていたのですが・・この国の数字は面白く1から5までは色々な言い方

方があり5からは1の発音をプラスして言うのです・・(*^_^*)

例えば1=ムォイ、2=ピー、3=バイ、4=ボアン、5=プラムと言いますが・・6=プラムモォイ

7=プラムピー、8=プラムバイ、9=プラムボアンで10=ドップと言います。ま、10までの数字

ですが・・間違いなく計算機なしで聞こえてきました・・(*^^)

どれだけ時間が掛るのか?と思いましたが・・最初は何も解らなくて、素通りしていた声が耳

に確かに聞こえてきたのです!大きな数字は市場では必要ないですから・・これで充分だと

思いちょっとだけ幸せでした・・ふふふふふ

昨日は転勤になる人の送別会を開く予定だったのでかなり野菜も肉類も購入し、お米も買い

自転車で帰ってきましたが・・家に入ると途端に首筋から頭から汗が流れました・・(@_@;)

ま、暑さもあるのですが{36℃にはなっていました午前中で}私は無事帰宅できたことで多分

ほっとするのだと思います。時間的には往復で30分程度の道のり、信号機もなにもない1本

道ですが・・バイク、大型バス、自家用車、自転車、トックトック、歩いている人も数多いるから

結構神経を使ってゆっくり走っているのですが後から「ブブー」なんて鳴らされたり突然、脇道

から勢いよくバイクが出てきて叱られたりもします・・(・_・;)

中学生くらいの子供がバイクに乗っている姿も結構見ますし・・交通ルールはあってないから

考えたら怖いですよねぇ・・!(^^)! 往復に時間はかからなくても買い物を済ませると矢張り小1

時間は出かけています!

でものんびり汗をかかない程度にゆっくり暑いけれど乗っています。そして家に着くと安心感

と買い物出来たことがささやかな満足感になって汗が流れてきます・・うふふふふ

そして矢張り午後になって空が俄に曇りだしてきてお決まりの雷が鳴り響き3時頃にはすっかり

雨が降りだしました・・(-.-)しかし、昨日は少しズレていたので雨の量も雷も少なくて割と早くに

日差しが戻りました。それからが蒸し暑かったですが・・(@_@;)

生憎、送別会は本人が引き継ぎが上手くできないとかで中止になってしまいましたが・・これも

また仕方ないことでしょう!大手の会社では数年おきに転勤がある様ですが・・若いからいい

のでしょうねぇ!あちこちの支店に行かされるみたいです・・(@_@。

息子は今日からマレーシアへ行くようです。 また留守番ですが・・食べ物ががっつり有るから

ゆっくり何処にも出かけないで家にいようと思っています。

今朝は既に上から見下ろしている太陽の下にキングサイズの息子のシーツを干したところです。

カンボジア・りアップの朝が来ました。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2014/05/15(Thu)
とうとう『雨季』に突入みたいです・・昨日も3時前から激しい雷鳴がなって閃光が何度も何度も

容赦なく続きました。 時間的には1時間程度でしたが雨の量も激しくって・・窓から雨が入って

くると言う驚きがありました!

隙間から入ってきたのでしょうが石の階段はかなり濡れました・・!(^^)!

話では家の前の道路は川になると聞かされて心配していますが・・毎日これからは午前中は

かんかん照りで午後からは雨になると思います・・(-_-メ)

☆カンボジア料理

カンボジア料理は以前にも書きましたが・・ベトナム料理に比較すればかなり味付けが濃い

感じだと思います。砂糖も{味の素}も結構ふんだんに使用します。また{味の素}を入れる

ことが=旨味だと勘違いしていることが不思議ですが・・その上{味の素}と聞くだけで日本人

を想像する人が多いのも謎です・・うふふふふ

◎カンボジア人が外国人に食べて欲しい料理を少しご紹介・・ <ニョニュム参照>

①ソムロー・ムチュー=酸っぱいスープ

カンボジア料理には欠かせないプラホック=魚を発酵させた物で魚醤でもあります。

カンボジア人にとっては1番人気のある料理です。 また、これは酸っぱいスープの総称で

具材によって種類が沢山有ります。  暑いせいかも知れませんが必ずと言っていいほど

酸っぱいスープは食事に出されます。

②ソムロー・コーコー=たっぷりの野菜と炒リ米のスープ

これもごく普通にカンボジアで食べられていますし、何度食べても飽きないと言います。

③プラホック=前記しました様に塩漬けし発行させた魚のペースト

どんな料理にも入っていて外国人に食べさせたらどんな反応が返ってくるか?興味がある

と言います。

塩辛より辛く美味ではないが独特の味はあります。   少し加えることで味が変わるのも

カンボジア的なのかも知れません。

④ソムロー・カリー=スープカレー

多分他の何処のカレーとも味が異なるので食べてほしいと言われます。  

これにはプラホックは入っていないから日本人には食べ易いかも知れません。

⑤ノンパンチョック=米の麺

香草や肉などを麺の上にかけて食します。

カンボジア人はこの国の麺はこれだと言い切ります!

⑥アモック=白身魚のココナッツミルク蒸し

カンボジアの香草が沢山入っている。これにも香草だけでプラホックは入らないから外国人

には好まれるかも知れません。

カンボジア人は殆ど毎日カンボジア料理を食しているのだと思いがちですが・・半分位は朝

を抜き2食が多いみたいです。朝食べる人はカンボジアのスープ麺=クイティウがかなり

多いようです。

私はこれがカンボジア料理だと思っていましたがカンボジア人にとっては違うようです!

クイティウ=中華麺だと思っている人が多数いて・・中国人が持ってきた料理だという人も

います。

ま、カンボジア人にとってのカンボジア料理は魚や野菜が沢山入っているので健康に良い

と思われているようです。そして、特産品の生姜や黒胡椒はそれはそれは多く入れます。

生姜などは千切りにして袋詰めで売っていますし、スープの材料も全て袋詰めできたもの

が市場では購入できるので、後は自分の家庭用の味付けで食している人が多数ではない

でしょうか?

香草もベトナムとはかなり違って、パクチなどは殆どありませんが変わった味や小枝のよう

な香草が多いのでちょっと違う感じがします。

ミントや朝鮮セロリ、レモングラスは何処にでも売っています。ネギは不思議な程少量しか

使用しないみたい・・私はいつも多量に買うから最初は変に思われていたかも知れない!

こんなところでしょうか?また、機会があれば詳しく書かせて頂きます・・(#^.^#)

今朝も早朝から凄い勢力を持った太陽が上昇してきて・・昨日の雨は何処へ?って言う感じ

です・・ふふふふふ  そんなカンボジア・リアップの朝です。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2014/05/14(Wed)
息子の留守の3日間は先日逝去された渡辺淳一氏の本を借りていたので、数冊余読みました。

丁度、札幌に私も住んでいて外科医として活躍されながら登別の温泉病院などを回って本を

書いておられた時期からずっとその小説にのめり込むように惹かれて新刊が出るたびに購入

して大抵は読んでおリました・・(#^.^#)

少なからず未だ若かったからかなりの刺激もありましたが精力的に書かれた本の数は相当だ

と思いますが・・一時期のブームが去り彼が書く本にも少し精彩に陰りが出て来たころから

読者とは名ばかりになってしまいました・・(^^ゞ

その頃は五木氏の仏教に関する本に心が奪われて行きました・・うふふふふ

現代の様に古本屋もなく溜るばかりの本を整理した記憶があります。回り回リカンボジアで

訃報を聞く事など・・残念で貪るように1日で2冊は読みました。色々な思い出と時代の流れ

凄まじかったブームも盛衰がある事を改めて実感しましたねぇ・・(-_-メ)

でも、沢山の本との出会いは医療を解り易くした意味でも大きな功績があったと思いますし

官能美を再発見された人でもありました! 不可思議な魅力を持った人だったと思いますが

ある意味、男性の中の純粋さを鼓舞して女性側から見た視点で書いておられた感じに捉えて

いましたがとても残念な事です・・(-_-メ)

夢のように朧げながらも掴みきれない女性の中に巣くっている儚さや幻、幽玄の美に楚々と

した想像を求められ・・ある時は深く女性の心奥を揺り起すように言葉を紡いでおられた!

多分≪迸る言の葉に放心したように奈落の底から響いてくるように書かれていかれたのでは

ないでしょうか?≫

晩年は自分の魂を確固たる信念で受諾され折に触れてはショートをまたエッセーなどを書か

れておられましたが・・矢張り全速力で疾走された後の「老い}には勝てなかったのかも知

れず、一時期あんなに読んだ様々な本の中身を今は、殆ど忘れてしまっています・・(^^ゞ

良い時代に遭遇出来たし沢山のことを学んだことも儚い虹の如く消滅してしまっていますが

彼の書いていた小説には表面上からは計り知れない〔生命の哀れ〕を何時も感じていました。

大昔、立原正秋氏という作家がおられて、その方の思考に何処か共通するものがありました。

きっと底流に流れている幽玄と嫋々たる気品と威厳を女性の中に見ておられた気がして・・

絶え間なく零れる言葉は異性として遥拝されて現実には無い世界観を女性に持っておられた

のではないかと・・そんな事をしのぶ心で綴ってみました・・形の残るものは何度でも拝読

出来ます・・また違った時期に読めたら違う心になったかも知れません・・( 一一)

女性でも好みがはっきり分かれると思いますが・・一貫しているのは女性への追及と探究で

それが作家として「個人的に詠嘆出来ること}だと正直、貪り読んだ感想ですがそう思って

います・・合掌

昨日は午前中は猛烈な暑さでしたが・・午後からは曇天になり夕方以降から雷が聞こえずに

雨がずっと降っていました。 今朝は少し気温が下がった感じですが・・既にギラギラした

太陽が背中に痛みを持って差しているカンボジア・リアップです。 
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2014/05/13(Tue)
身体中から熱気が手のひらまで伝わるような日差しでした・・(-"-)雨をもたらす雲はなく

何処までも白雲が棚引きその陰から{遠慮〕という言葉を忘却した陽光は纏わりつくように

終日晴れ上がっていました・・午後から〔スコール〕を期待していたのですが、がっかり!

ずっと晴れているから天井を知らぬように気温が上昇しましたねぇ・・外に出るには勇気が

必要だと思ったほどでした・・(-_-メ)

息子が夜に帰宅して、リゾート地はもっと暑かったと話していました。でも、多分、若い人

のように遊ばないで部屋の中で眺めていたようですが・・あはははは

帰宅時間が解らないし・・食事も作って待っていたのですが・・彼は言ったと言うのですが

最近の私の頭は1つのことしか集中出来なくて色々と言ったようですが肝心のことを聞き逃

しているみたいで・・小さな言い争いになりました。・・(--〆)

「何も聞いてないんだ!」って言われる!ま、老化のせいばかりではないのでしょうが・・

とに角以前ほどあれこれとは考えられなくなっているのは事実みたいです・・(-"-)

紙に書いて忘れないようにしている積りでも超多忙の息子は「言った事はちゃんと聞いて!」

なのでしょうが・・中身が時々抜けるのでしょうねぇ・・ひゃはははは

仕事でも気遣いして家で愚かな母にも気を遣っていたらストレスが溜るばかりで気の毒!

申し訳ないと思うのですが「そんなに駄目になってるのか?」と本音は愕然としています!

「でも、ま、いいか?仕方ない、国も違うし、色々な事でこれでも一応は神経使って生き

ているのだから・・なんて思っていますが・・(^^ゞ」・・うふふふふ

☆アンコールワットには沢山の女神がいます・・

中央祠堂の入口や塔門、回廊の外壁には〚デヴァター〛と言う女神像が沢山あります。

それらは浮き彫りにされていてその数2000体を超えるとも言われています。

女神像は{守護神の役割}を果たしていると言われています。1体のものから2体づつ

彫られてあるもの、または1つの平面に5体が連続的に彫られているものなど様々です!

また、場所や位置によって浅く掘られていたり深彫りだったりもあります。

これらの女神像は宮廷に仕える女官や舞姫などをモデルにしたと考えられているのです。

それ程各々が違います。それぞれの頭飾り、髪形、身体の動作、表情、衣装などもどれを

取っても同じものがないと言われるほどバラエティに富んでいるのです・・(@_@;)

これ程多彩なポーズや感情が描写出来る女神像は素晴らしく感激しますし何度見ても飽き

ることがないのが感動をもたらせます!

特に中央祠堂の入口付近の女神像は”気品高く優美で神秘性に満ち溢れている”とも言わ

れているのです。 

アンコールの寺院の外壁に女神を描写する表現法は、インドからの影響もあるとも言われて

いますが・・ここの女神にはインド的な表現法はほとんど見られずクメール人の独創的感覚

で表現されています。

それはインドのような豊満な女性を誇張する身体表現でないことからも理解できるものです。

クメール人は顔の表情や頭飾りなど装飾性の豊かさに重点を置いて造ったと考えられていて

むしろ凄く控え目な女神たちです。

ことに壁面の女神像を前景、中景、遠景と連続的に見せる遠近法には心にくい場面が所々に

見られるのもクメール彫刻の大きな美的特徴です。

女性像の多くには話しかけたくなるような親しみがあります。それほど魅力的ですから機会

があれば是非ご覧になって時代を感じて頂けたら嬉しいです。

       <アンコール遺跡を書かれた田村氏より参照>

今朝7時に息子が出かけたときから洗濯をして干したのですがすが既に、暑さが強烈で長袖

でないと痛いほどジリジリと紫外線攻撃に遭ってしまったカンボジア・リアップです。
この記事のURL | カンボジア | CM(5) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2014/05/12(Mon)
昨日は午後から突然に空が真っ暗になって大きな雷が何度も鳴り響き閃光が走りました!

午前中が余りにも暑く太陽の輝きが半端ではなかったから、もしかして〔計画停電〕あり

かも知れないと思っていました・・(-.-)

所が急激に空模様が変貌して瞬時に大粒の雨が襲来しました。ずっと暗雲は空から動かず

我家の周辺には重く黒い雲から閃光が幾筋も流れ雷が2時間以上は続きました。

その時PCを触っていたので「危ないから止めよう」と閉じた瞬間に〔停電〕になった様で

安堵したのですが・・矢張りこれ程激しい雷には恐怖を感じます・・!(^^)!

不思議なもので雲が流れて行くに連れて遠雷になり閃光も遠ざかりました・・その後は何

だったのか?というほど青空に陽光が差して落暉に変化していきました!

凄く蒸し暑くて・・扇風機が大活躍の日になりました・・暗いから何もすることがなくて

ベッドに横になっていたら少し眠ったらしいです・・「歳ですねぇ」・・あはははは

☆カンボジアニュース    、<ニョニュム参照>

◎中華航空が北京・シェムリアップの直行便を就航させました・・

中華航空はこのほど北京とシェムリアップを結ぶ直行便を就航した事を発表しました。

これによると中華航空は現在200ヵ所に航空機を運航させているが今回のシェムリアップ

への直行便に使用された機体は[エアバス737-800]で昨年12月から水曜日と日曜日の

週2便運航されています。また、近い内に月曜日と金曜日にも運航する計画があると言う。

現在、カンボジアへの外国人観光客数はベトナム人に次いで中国人が2位となっています。

観光大臣は中国はカンボジアの観光産業にとって大きな市場であると語っています。また

直行便の運航のほかにプノンペンのオルセイ市場周辺を(チャイナ・タウン)にすると言

う計画も挙がっています。

カンボジアに直行便を運航させている航空会社は30社しかなく、タイ、ベトナム、ラオス

ミャンマー、フィリピン、香港、韓国、中国などへ渡航することは可能ですが・・(-_-)

近い将来他のアジア諸国、そして、ヨーロッパ諸国やインド、日本への直行便への期待が

高まっています。   日本からカンボジアに行くのに「直行便がないから不便!」だと

ずっと言われてきました。先日、阿倍首相がカンボジアを訪問した時にも、直行便開設の

検討がなされたようです。この数年は日本からカンボジアへの投資が増加しており、人や

物、お金の流れも盛んになっていると言われています。

今後の更なる民間投資の促進を図ることが確認されたと言われております。

また、カンボジア人に対する日本のマルチビザ発行も実現すると発表された事からも人的

交流がますます増加することになりそうです。 早く直行便が運航される事を切に願って

入る1人でもあります。

今朝も厳しく輝く太陽の姿がありますがこの湿気が身体には結構応えそうで・・蒸し暑さ

が神経を苛立たせる感覚が少しあるカンボジア・リアップです。
この記事のURL | カンボジア | CM(10) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2014/05/11(Sun)
全く農家の方の仕事には通暁がなくて・・恥ずかしい程度の常識なのですが昨日は裏の家

にトラックに載せた脱穀機と精米機が登場して、初めて窓越しながら目の前で見て、驚き

ました・・(@_@;)

それほど大きな機械ではなかったのですが、脱穀機に籾の付いたお米を娘と子供らが敷地

の何処からか運んで来て母親がそれをバケツで係の人に掬っては渡していました。

父親は椅子に座ってただ見物していました・・うふふふふ

係のお兄さんはマスクをしてそのバケツを自分の背の高さ位も有るロート型の中に入れる

作業を何度も繰り返し・・籾殻はビニールシートから勢いよく吹き出て飛んでいました!

精米機との間には籾殻を取ったお米が出てきて・・今度はそれを精米機にかけていました。

精米機から出てくる白いお米は布の袋に落ちて行くようでどんどんと溜り、かなり真剣に

観ていました・・ははははは

初めてだったので、その工程も面白くまた子供たちが何度も何度も運んでいる姿を見ると

親はそれが当然のことだと考えていることを痛感しました・・幼い子供なのです!

小学校の低学年の男の子3人と娘も10歳くらいでしょうか?それは酷く重そうで・・でも

誰も傍にいて大人は手を貸しませんでした。それが3時間も続き子供たちも根気よく運ん

でいました。

凄い音がして丁度本を読んでいたのですが、気になって何度も立っては窓から眺めていた。

日本では精米された品として店頭に並んでいるからそのごく当然である常識さえこの歳で

既に欠落してることに自分自身結構愕然としましたが・・(^_^;)

見ている分には興味ある時間でした!*無知もここまでになると情けないですが!*

布袋が3個になり凄い量のお米が精米されました。かなり大きな袋でしたが、こうやって

自宅で取れたお米を業者に依頼し精米して貰う事もカンボジアに来て初めて知りました!

ベトナムではこんなことは見たことがなく田舎にも何度か行きましたが稲からお米を取る

のは何度か見たのですが・・脱穀や精米は見知らぬことでした・・ははははは

  ▼いい歳をして「恥ずかしながら・・」の心境でしたねぇ・・(・_・;)▼

籾殻は小山になっていました。ずっと3時間相当煩く作業が続いたのですが・・その騒音

より出来あがって行く精米が素晴らしくて・・見とれていたのが事実でしょうか? 

笑われるかも知れませんが単純な仕事なのに妙に気になり不思議で興味津津でした。

飽きずに眺めていました・・暇人ですから・・ふふふふふ

息子が留守なので早朝より部屋の掃除をしていたら2Fの窓からかなりズレた位置でした!

深紅の太陽が昇ってくる時間に遭遇出来て、瞬時に真っ黄色に変化しましたが・・屋根も

周囲の空も真赤に染めて見事なほど大きな太陽がお出ましでした・・(*^。^*)

ここに来た時は庭先から陽光が見えたのですが季節の移ろいでしょう!今は下からは全く

見え無くて、偶々、早朝掃除していて気が付いたのですから全く鈍い人です・・(-"-)

昨日は暫くぶりで暑さがぶり返し38度位はあったのではないでしょうか・・(@_@;)

部屋の中でも扇風機を終日回していました。 午後からは台所の窓に夕日が猛烈な暑さを

持って差しこむから(凄く分厚いガラスで出来た窓なのですが)時計を置いておくと触れ

ないほど熱くなっていました。 

また、水道水も大袈裟ではなく温かい程度の温度まで上昇していてこれも吃驚しました!

何処の蛇口をひねっても温かい水が出ていました。余程熱せられていたのだと思いました

し、暑さを肌で感じた瞬間でもありました・・(-"-)

落日が終わると急激に台所は薄暗くなるのですが、それでも外はまだ明るさが充分残って

いて電気を点灯することはないほどの明るさはあります。

寝苦しくて扇風機が大活躍でした!夜中ずっと頑張っていましたねぇ・・(@_@。

暑さで何度か目覚めたようですが・・天井に向けている扇風機は静かな音で抵抗している

ようでした・・(#^.^#)

そんな訳で今朝は暑さが逃げていなく・・暁光も強かったので掃除をして洗濯を干したら

汗が吹き出してきたカンボジア・リアップの夜明けです。
この記事のURL | カンボジア | CM(8) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2014/05/10(Sat)
先ず、昨日は本当に暑かったです!室温が35℃もありましたから外はもっと暑かったのでは

ないでしょうか?もっとも最近は『雨季』の前兆見たいで雨が降ったりしていたので割合と

気温も上がらなかったから。それでも30度以上はありましたが・・矢張り、威厳のある太陽

の力には敵わないと思いましたねぇ・・(@_@;)

水を何時もの様にバイクタクシーで購入に行きました。全く見知らぬ人なのに「ハーイ!」

「ハロー!」なんて大声で声をかけてきた小父さんがいて多分「何年住んでいるの?」と

聞きたかったのだろうと思いますが目茶苦茶な単語を並べて来たので、勘で返事をしたの

ですが・・その意味が通じていなくて・・ジェスチャーで指を折って言ったのですが・・

きっとどこかで聞きかじりの英語を並べて喋りたかったのだと思いました・・(#^.^#)

さも親しげに言うから驚いたし・・バイクタクシーの若者は頭を傾げて??変な顔をする

し、店の人にもお金も支払い帰るだけなのに執拗に何度も話しかけて来た・・(-"-)

相手は私が日本人だとは解っているようでしたが・・有り難いような迷惑な時間でした!

ま、暇ですから・・それにのんびりした国だからそんな事があった方が呆け無くていいの

でしょうが・・ひゃはははは 色々な人がいます!シャイで全く一言も話さない店の人や

露骨に嫌な顔をする人もいますから・・(-_-メ)

も、ベトナムで散々慣れてきているから意に介さないですが・・矢張り嫌な顔をされると

その店は避けるようになりますねぇ・・うふふふふ 凄くフレンドリーな人もいたり違う

店からわざわざ顔を見に来る人もいますから様々で面白いです。しかし、日本人で市場で

買い物する人は殆どいないようです! ベトナムでも最初は珍しがられていましたが・・

外国人は大抵スーパーやコンビニに行きますから。不潔でドロドロの汚い店で購入するの

には勇気が要るかも知れません。言葉ができれば気にならないでしょうが・・全く喋れず

なのに平然と買物に出かけて行くのですから・・変人ですねぇ・・(-.-)

珍しいのだと思います・・ふふふふふ それも自転車を預けてですから・・!(^^)!

考えたら図太く慣れているとしか思えない・・でも、言葉も出来ないのにチャンと買って

来るそれは普通の神経ではないのかも知れませんねぇ・・ははははは

でも、何度も行くうちに相手も慣れてくれて笑顔で手を挙げてくれたり、寄って行け的な

合図を送ってくれたりします。

最近買うようになったお米やさんの小父さんは最初凄く怖い顔をしていたのですが、近頃

は顔を見るとちょっとこわばった笑顔を見せながら何も言わず何時ものお米を秤にかけて

渡してくれます・・( ^^)

野菜やが1番面白いかな?隣同士で有るものと無い物があるから両方で買うことが多いの

ですが・・若い方の店の人が私の計算機を貸してって手を出す。数字を入れてくれるから

そこで計算して納得して支払うとニコニコと笑って「オークン」と言ってくれ、も、片方

の店にお金を渡している。そんな光景が行くたびに続いているのです。

市場では中に屋台のような店が沢山あって・・麺類から粽などまた甘味が凄く有って一角

を占めていて・・食べている人の数は多いから順番に並んで待つか?空いたときに坐るか

が競争のようになっているのを見るのも楽しみです・・(@_@。

大抵は持ち帰りますが何度か?その場で食べたこともあります。多分初めての人には無理

かも知れません・・圧倒されるし本当に汚い水で濯ぐだけのお茶碗で作られるからです!

ま、これも慣れでしょうし・・お腹が痛い時はあっても今まで食中りはないので胃も丈夫

なのかも知れません・・うふふふふ

お肉やさんは大きな鉈で骨をぶった切る感覚でカットしますから・・見ているだけで充分

感動し面白いです。蠅が沢山集っていてもそのまま買って帰り綺麗な水で洗って煮炊きを

しますから・・気にしていません・・\(◎o◎)/!でしょう!

ま、市場とはそう言った所で地面にビニールシートを敷いて並べていたり板の上だったり

1人で膝の上だけで売っている人もいますし・・市場の風景も以外と興味があって雰囲気

が好きなのです!

神経質や潔癖症の方は東南アジアには住めないと思います・・(*_*)

でも、誰もが元気で精一杯生きて生活している・・活気があるのは市場だと思いますので

これからも週に2回程度は市場に行くと思います。{とに角、趣があって好きなのです}

色々と未知らぬ店が未だあるからそれも謎で不思議なのです。何を売っているのか?さえ

分からない店もあります・・(--〆)

遺跡の話を書く予定が・・市場の話で終わりました・・あははははは

今朝もしっかりと燃えるように暁光が差しているカンボジア・リアップです。
この記事のURL | カンボジア | CM(9) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2014/05/09(Fri)
少しずつ晴れ間が広がって午前中には完全に暑さが戻ってきました・・(@_@。こんな日は

気分もよく天気予報では雨だったのですが・・遅くから干した洗濯物もすっかり乾いて・・

何よりでした・・うふふふふ

息子が今日から社員旅行で出かけました。4日もいないのですから、一寸心細い気もします

が。 自分の身体の調子を狂わさないように・・それだけを心掛けなければなんて思い送り

出しました。朝4時過ぎに出て行きました。 国内ですが・・それでも多人数ですから大変

だろうと思っています・・(-.-)

☆医療の話・・     <情報誌クロマー参照>

〔痛風〕とはよく効く病名ですが殆ど理解できていませんでした。息子も一時期、罹患し

痛がっていたので・・(-_-メ)詳しく掲載されていたもので書いてみたいと思いました。

〔痛風〕とは高尿酸血症が原因の関節炎だそうで、血中に溶けて存在している尿酸が溶け

きれなくなって折出すると関節について炎症を起こすのだと言います。

名前の由来は「風が吹いても痛いとか?風が吹くように痛みが強くなったり弱くなったり」

などの諸説があるらしいです。

患者の90%以上が男性で女性は尿酸値が高くても〔痛風〕を発症することは殆どないとの

ことです。日本で「尿酸値が高いと診断」され未だ発症していない人がカンボジアに来て

直ぐに〔痛風発作〕を起こす例がかなりの頻度で高いそうです。

原因は何なのでしょう・・(-"-)「暑いからビールを沢山飲んでしまう!食事が肉中心に

になりがち」(とに角魚が少なく殆ど川魚でそれも骨が多いから魚は干した物が中心)

「歩くことが少なく運動不足?」などと色々考えていたドクターはどうもそればかりでは

ないとの結論を出されたそうです。

「色々な原因が様々に交錯し重なりあって発症するのではないか?」と言われます。

尿酸はプリン体の代謝産物として体内で作られる。このプリン体を多く含む食品が〔痛風〕

に良くないと言われていますが「それは正しくもあり正しくもない」と言われるのです。

その理由はプリン体は細胞を構成する成分の一つとして広く生物中に存在するようで人間

の体内で合成されるものと食品として外部から取り入れるものがあります。 

最近の研究では前者に比べて後者の割合がかなり少ないことが解ってきました。

従って〔痛風患者〕は以前ほど厳しい食事制限をしなくても良いが・・過剰に摂取すると

矢張り〔痛風発作〕を引き起こす可能性が高いとの事でした。

また、プリン体は{旨味}の素になっているので所謂「美味しい物に多く含まれているの

だとも言われます」・・(*^_^*)

例えば牛、豚、鶏の肉、レバー、納豆、鰹、鮪、真鰯、烏賊、海老などには特に多く含ま

れているそうです。[食品100gにつきプリン体は100mg以上]だと言われています。

総菜といいますか?お酒を飲みたくなる(つまみ)ばかりですですよねぇ・・ははははは

お酒の中ではビールに最も多く含まれているがせいぜい6mg/100mlだそうです。

と言うことは中ジョッキ1杯500mlに含まれるプリン体は30mgしかすぎず、焼き鳥レバー

の1串分と同じだと言われます。余り、極端な食事制限をすると食生活に楽しみも、潤いも

なくつまらなくなってしまい、返ってストレスの原因になるみたいです。

そして、そのストレスも尿酸を増加させる原因になっていると言われています。

つまり「偏食をせず飲酒もほどほどにと・・楽しい食事と楽しいお酒を飲むのが最も良い」

のだとプノンペンのドクター奥沢氏の話でした。

ま、ごく普通に飲んで食べていればそう言うことにはならないのでしょうが何でも過ぎる

のが良くないと言う事なのでしょう・・( ^^)

よくご存じの方もおられるかと思いましたが息子が心配で・・気になっていたもので納得

がしたくて書きました・・親馬鹿ですが・・あはははは

今朝は早くから強い日差しが差し込んで来たカンボジア・リアップです。
この記事のURL | カンボジア | CM(13) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2014/05/08(Thu)
カンボジアについては未だ余り知られていないことが多いと思います。私自身も数ヶ月の

生活ですから・・(-.-) 詳細な事は殆ど理解していません。

今日は娯楽やカンボジアについて知っておいて頂けたら?という事を纏めてみました!

☆日本とカンボジア、ゴルフの違い?  <情報誌クロマー参照>

先ず、日本のようにアップダウンのコースが少なく殆どがフラットです。唯一《ガーデン

シティゴルフクラブ》だけがアップダウンがある方だと言われています。

芝の手入れも行き届いていませんし、フェアーウェイでボールが浮きにくい事、グリーン

の状態も決して良いとは言えずそれが難点ですが・・(-.-)それでもプレイヤー1人ずつ

にキャディが付いてくれるのは有り難いと言います。

プノンペンのゴルフ場はミニコースを入れて全部で5ヶ所しかありません。練習場は主に

3ヶ所あります。市内でもっとも新しい《ガーデンシティゴルフクラブ》は1プレイ凡そ

113㌦。練習場の中でも立地の良い{エリートゴルフクラブ}は打ち放題10㌦とかなり

安価です。

また『乾季』の猛暑時は屋内娯楽施設もお勧めです。プノンペンでは雰囲気の良い映画館

やカラオケ、ボーリング場、ビリヤードも盛んです。

◎カンボジアでの観光に覚えておくと便利な単語を少し並べて置きます。

○アメーバー赤痢 ○デング熱(以前にも書きましたので・・)

不衛生な食材を食べることなどで発症する病気。蚊を媒体して高熱を発症する病気。

○『雨季』

5月から10月頃までの(大抵はズレる場合が多い)降水量の多い時期で雷が激しく稲光も

驚くほど毎日続く。〔スコール〕とも呼ばれています。

ここシェムリアップのトンレサップ湖は3倍位は膨張し洪水があちこちで起こります。

水捌けが悪く地面の乾きも遅い。これからが一寸心配です・・初めてなので・・(-"-)

○「オークン」

これはクメール語でよく使用される「有難う」の意味。私も最初に覚えたかな?

未だ「こんにちわ!」程度しか言えない・・うふふふふ

○カジノ

プノンペンには政府公認のカジノがあります=ナーガホテル内。

○クメール正月

先月終わったばかりですが4月。プノンペンは出稼ぎの人などが多いから閑散となるよう

です・・最近は新年の飾りも華やかさ溢れるようになったのですが・・格差があるので

夫々が楽しむ方向性は未だ残っている感じでしょうか?派手ではないと思いますが若者

の出会いの場所と時期だとも言えます。

○コンタクトレンズ

街中の眼鏡やで購入可能。保存液もある。

○トックトック

市内移動時に使用する最もポピュラーな乗り物。雨でも荷物多くても乗れますが事前の

値段交渉が必要です。大抵英語が通じますが色々と問題もあるようです。

○ヌンバンパテ

いわゆる仏パンに肉や野菜を挟んだサンドイッチ。ベトナムではバイン・ミーと言われて

本当に沢山食べましたがここでは屋台も少なく探さないと見つからない。市場の中には麺

で作ったものが多く売られています。春雨、ビーフンなどを炒めたもの・・米麺のフォー

に近い感じの麺など。

○ひったくり

プノンペンでは頻繁に起きています。乗り物に乗っている時でも気をつけて・・余り治安

が良くないようで人も多いせいもありますが・・事件も多数あるそうです。

○プチュンパン

毎年10月初頭のカンボジアのお盆。これは未だ経験がありません。その時期になったら

書かせて頂きます。

○水祭り

11月中旬ごろ『雨季』が明けるのを祝って行われる祭事。

○モトードップ

バイクタクシー。プノンペンではあまり安全ではないと言われています。値段の交渉時に

確実に約束をしても渋滞とか?遠回りをして追加料金を支払わされることもあるらしい!

ま、この位を知っていればプノンペンでは大丈夫ではないでしょうか?日本の常識が全く

通用しないのはベトナムも同様で想像もできないほどですが・・国民性にかなりの違いが

あるし、初めてでも優しく大らかな国民性には癒されます。

今朝は曇り空から少し薄日が差してきたカンボジア・リアップです。
この記事のURL | カンボジア | CM(6) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2014/05/07(Wed)
★昨日はブログが書けなくて・・ご訪問もできず申し訳ありませんでした・・m(__)m★

認証コードに変更という事でずっと待っていましたが・・間に合わず先ほどやっと手元に

届き再開できることになりました。拙いブログにご訪問頂きましたのに、ご返事も出来ず

本当にすいませんでした!

☆カンボジアの民話・・

すっかり『雨季』に入った感じで毎日雨が降ったり、強風や雷が鳴っています。昨夜の雨

が道路と草をぐっしょり濡らしています・・(-"-)

◎毒を吐きだしたニシキヘビ

むかし、むかし1人の男がいました。彼はつい最近妻を娶ったばかりでした。

或る日、男は妻を連れて自分の両親の家を訪れようとしていました。その時、森の中から

ニシキヘビが這い出してきました。

ニシキヘビは道に2人の足跡があるのを見つけると、彼らの足跡を舐めました。 ニシキ

ヘビの毒はとても強かったので両親の家に着いた後に男と妻は死んでしまいました。両親

と親戚は嘆き悲しみ、葬儀を執り行いました。

ニシキヘビは自分の毒を自慢するためにカラスに尋ねました「やあーカラス君、私は男達

の声を聞いたのだが、この村で彼らは何をそんなに騒がしくしていたのかね!」

カラスは答えました「村人は嬉しかったのさ。 君の毒がとても強いことを彼らはずっと

知っていたから。 もしも・・君が誰かの足跡を舐めただけでもそれが原因で死ぬだろう

って思っていたんだ。所が、君は足跡を舐めたけれどあの夫婦は死んでいないのさ!

だから村人は笑って喜んでいるんだよ!」

それを聞いたニシキヘビはがっかりしました「私の毒は昔はとても強かった!もしも誰か

の足跡を舐めれば彼らは死んだものだった。でも、今では毒が弱くなってしまったようだ。

何の役にも立たないのなら毒を身体から吐き出した方がよさそうだ。

少し考えてニシキヘビは身体から毒を全部吐き出しました。蛇、魚、サソリ、黒蟻、クマ

蜂、スズメ蜂などすべての動物たちはニシキヘビが毒を吐きだしたと知って自由に這い回

わったり飛んでやってきました。

動物たちはニシキヘビの毒を巡って争いました。ある動物は沢山の毒を得ました。また毒

を少しだけ得た動物もいました。

蛇たちはニシキヘビから最も多くの毒を得ることができた。  水蛇、土蛇、油蛇、川蛇

森蛇、鷺蛇、蛙喰い蛇などがいました。これらの蛇は今は人間を噛んでも殺すことはでき

無いのです。なぜならニシキヘビの毒を沢山持っていると人に噛みついても返って痛む事

はなく毒も効かないからです。

幾つかの種類のコブラ、他の毒蛇たちはニシキヘビの毒を少しだけ得ることができたため

これらの蛇は猛毒を持つことになったのです・・(@_@;)これらの蛇に噛まれると殆どが

助からないと言われています。

ナマズ、コンニュチェ=2本のひげを持った小さな魚で鰌に似ています。サソリ、ムカデ

蟻、黒蟻、クマ蜂、スズメ蜂、蜜蜂などは遅くやって来たのでほんのわずかの毒しか集め、

られませんでした。

これらの動物のひげや尾の端には毒が付いていますが。現在でも余り強くはありません。

クロモーム=鯉科の魚で口が大きい。ボー=これも鯉科の魚。といった魚はとても怒って

いました。なぜなら、ニシキヘビの毒を得ることができなかったからです。

これらの魚は顔が腫れるまで泣きました。魚のソンダーイ=大ナマズの種類口は横に長く

大きい。ソンダーイはクロモームが嘆く姿を見て笑いが止まらない程で余り大きく笑った

ので口が裂けてしまい今の姿になったそうです。

ニシキヘビはカラスの計略に引っ掛ったのでした。  ニシキヘビは毒を吐きだした後は

力がすっかり萎えてしまいました。その日以来人間は幸せになりました。なぜならニシキ

ヘビは毒がなくなったので現在までニシキヘビの毒による危険を恐れなくてもよくなった

からです。

この話は動物や昆虫がどのようにして毒を持つようになったかを説明する、由来について

の物語です。 蛇は狡猾な動物として認識されていますがカラスの計略にはまって猛毒を

吐き出してしまう。 ニシキヘビが出した毒をめぐって様々な動物が毒を手に入れようと

するその時の動物たちの反応が面白く可笑しく語られています。

昔は過酷な自然の中で生き抜いていくのには生活の知恵を身につけなければならなかった。

毒を持つ魚や昆虫を見分ける知識や方法は生きるために必要不可欠でした。

この様な生活の知恵や技術を子供たちに伝えるには民話が最適な手段だったのです。子供

や孫たちに語って聞かせながら、毒を持っている動物や魚などを見分け方を教えて伝えて

いたのだろうと言われています。 簡単な話の様ですが・・生活の知恵がしっかり詰まり

教育されて行った話として有名です。

今日は朝から雨が降っていましたが午前中には晴れて陽光が眩しく暑さも厳しくなった気

がするカンボジア・リアップです。
この記事のURL | カンボジア | CM(7) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2014/05/05(Mon)
数年前のベトナムを思い出し『雨季』が近いことを知りました・・(-.-) どんよりとして

夕方から雷とともに雨が降りだしました。日曜日で来客があり、お昼頃から仕込みを始めて

と言っても主婦料理だから・・大したものは何もできないのですが・・ま、女性もおられた

ので・・優しい煮物なども加えました。

鮭の分厚い切り身を揚げてタルタルソース造りから・・サラダにかけるドレッシングも作り

日本の様に出来合いの物は海外から(殆どが韓国、中国製が輸入)ですが高い!

日本とは味が違い余り美味しくないので・・矢張り手作りになってしまいます・・( ^^)

ま、3時頃には大体が終わって7品ほど作りました。約束の5時には日本人ですからぴったり

揃って楽しい話が盛り上がっていました・・結構遅くまで飲んだりお喋りしたり楽しく仲間

に時折入って色々な人の考えに触れるのも有り難く自分を発見するのにもいい環境だと思い

ました・・うふふふふ

もっと人間として成長していれば悠々と話にも参加できるのですが、底辺を流れている頭脳

には{老い}と重複した思考回路の狭隘さにたじろいでいた部分も多々ありました!

☆ちょこっとニュース    <クロマー参照>

○カンボジアとタイ間直行バンとバスのサービスが開始されています。何度か街中で見かけ

ましたが快適そうで新しい大型バスでした。

陸路移動の旅行者にとっては常時不満があった悪名高いポイぺト国境でしたが・・そこでの

スムーズな国境越えがとうとう可能になったようです。

シェムリアップからバンコク間は9:00発で40㌦、バスは8:00発28㌦で行けるそうです。

バンコク着は18時頃だと言われています。

プノンペンからバンは50㌦。バスは33㌦でバンコクに到着するのは19時半ごろだと言われ

ています。途中ポーサット道の駅にも寄るそうです。 予約が必要ですが・・満席になると

言われています!大型の綺麗なバスですから・・でもバンコクに着く場所が少し遠いようで

すが安価ですから仕方ありません!・・それでもかなりの時間が掛ります・・(@_@;)

因みにホーチミンまでもバスが運行されていますが14時間ほど掛りますので・・矢張り結構

躊躇します。値段は安価でも時間を考えると、また座っている時間を数えると若くないだけ

に二の足を踏む感じでしょうか?

若い方には是非国境越えをお勧めします。何でも体験ですから・・うふふふふ

今朝は昨晩降っていた雨が止んで洗濯干場の草が数㌢は伸びたようで、息を吹き返し確りと

足元を濡らしながら日差しを待って干したカンボジア・リアップです。
この記事のURL | カンボジア | CM(6) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2014/05/04(Sun)
昨夜の雨が何だったのか?日差しは降り注いでいた午前中でした。でも、矢張り午後からは

雲が流出して薄暗くなってきました・・幸いにしてこの地区ではなかったようですが落雷が

あったようで・・一時期停電になりました・・(-.-)

窓から朝日が漏れていたので、大きなシーツを洗ったので案じていましたが、辛うじて午前

中に乾燥出来てよかったです・・(#^.^#)

☆タイ発日本人経営のスパ={アジアハーブアソシエイション}

観光都市として発展を続けているシェムリアップにはスパやマッサージと銘打つ店は本当

に沢山あります・・(@_@。                 <D・A・C参照>

5つ星のホテルから1㌦マッサージまで価格幅はかなり広いです!店選びに困る事が多々

ありますので街中中心にある日本人経営のクオリティの高いスパをご紹介します。

同社は2003年にバンコクで1号店をオープン以来10年の経歴を持っています。  タイの

バンコクとホアヒン。日本の屋久島に店舗を展開し、2012年にはシェムリアップの目抜き

通り〔シヴァタ通り〕にカンボジア初の店舗をオープンさせました。

現在は7店舗を有するそうです。  シェムリアップ店も観光客を中心にじわじわと人気が

高まって来ています!

{アジアハーブアソシエイション}が高い評価を得る大きな理由は、その名の通りハーブを

活用したトリートメントにあると言われています。

レモングラス(カンボジア名産)マリーゴールド、ウコン、ホーリーバジル、ハイビスカス

など18種類を布に包んだ【ハーバルボール】を、定評あるタイ式マッサージと組み合わせた

施術で使用するハーブはタイのカオヤイ国立公園近くにある自社農園で厳しい管理基準の下

オーガニック栽培したものを使用しております。”このスパの代表するメニューなのです”

シェムリアップ店は昨年11月から新マネージャーとして東京や横浜でアロマセラピストと

して多くの著名人などもケアしてきた人が着任したそうです。

そうした経験を今後に生かして、中でも専門であるアロマ(ハーブから抽出した精油)や

ハーバルボールはタイで育てたオーガニックハーブから出来た物なので、その癒しパワー

を多くの人に知って貰いたいと話しています・・(#^.^#)

そして、1番大切なのは「おもてなしの心」だと話されてスタッフと共にカンボジアから

世界へと発信していきたいとのことです!

観光客だけではなく地元のリピーターも増加中だと言いますので今後が楽しみな店になる

と思います。

大抵の旅行雑誌などには掲載されているかも知れませんが、最近人気だと聞いたもので・・

ご紹介させて頂きました。機会がある方はぜひお試し下さいませ!

今朝は洗濯をしようか悩むほど陽光が力不足なので諦めましたカンボジア・リアップです。
この記事のURL | カンボジア | CM(4) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2014/05/03(Sat)
2回目の本格的な〚スコール〛の襲来でした・・\(◎o◎)/!午後から曇りだして突然に

空全体が暗くなり瞬時に閃光が遠近で走りその後は決まって激しい雷が轟くという本来の

姿『雨季』を感じさせる雨が急襲しました!!

長かったです。雨の量は然程でもなかったのですが・・とにかく雷鳴と閃光が何度も来て

2時間以上は降ったり止むんだりを繰り返し遠のいて行きました・・(-.-)

それで終わって落暉が見えると思っていたのですが・・それは無理だったようで夕方からは

雨がまたぞろ降りだして来ましたねぇ・・(@_@。

乾燥していた空気は一度に浄化された様に涼しい風が吹いておりました。そろそろ『雨季』

が始まるのかも知れません。毎日こんな天気が数ヶ月も続くのですから・・これもまた厳し

い自然かも知れませんねぇ!カンボジアは初めての経験なので何となく不安です・・(-"-)

☆カンボジア人100人アンケート   <情報誌ニョニュム参照>

◎子供の頃の宝物は何ですか?

①自転車  ②人形  ③ボール  ④知識  ⑤粘土  ⑥植物  ⑦お金  ⑧写真

この自転車と言う生活にも遊びにもカンボジアの子供たちにとっては必須のアイテムが何

よりもトップだったそうです。

④の知識や⑦のお金は大人びた考えのように思えますが・・その理由は貧乏だったからで

少しでもいい生活をするためには大切にせざるを得なかったと話す人が多かったそうです。

◎その宝物には思い出がありますか?

或る男性は家が貧しかったのだが親がお金を貯めて買ってくれた自転車が1番の宝物。凄く

感激したし今も実家に置いてあり、自分の中の宝物です。

また、⑧の写真については子供の頃はカメラは高価すぎて一般に普及していなかったので

家族で近くのの公園でカメラマンにお金を支払い撮って貰った1枚の写真には思い出があり

貴重な写真として残してあります。

他には石、美味しいご飯、辞書などもあったそうです・・(^v^)

○石は港で綺麗な石を集めるのが好きで宝物として家に飾っていたそうです○ご飯について

はポルポト時代直後は今の様に美味しい物が食べられなかった。そんな時、祖母が作って

くれた料理は余りの美味しさに感動して心の中の宝物になっています○辞書については貧困

のため自分で頑張って貯金して購入したものが宝物で今も大事に使用している。

◎子供の頃の宝物は今はどうなっていますか?

①今でも大切に保管している  ②何処かにはあるが所在は分からない  ③今はどこに

行ったったのか?さっぱりわからない  ④処分した

これもまた面白く感じた内容でしたが・・現実に未だ今でも持っている人がかなり多くて

凡そ4割は持っているそうです。これは貧しさゆえの親への感謝であり自分で貯金した事

などで価格以上に価値観を持っている人が多いとも言えます。

◎大人になってからの宝物は何ですか?

①ダントツで家族でした。  ②健康  ③家

これなどは何処の国でも同じに思えますが・・家族の結びつきは非常に強く、家族全員で

1つの家を継ぎ足しながら住んでいる家族が殆どで結婚しても子供がいても段々と住居が

大きくなって行く感じで家族、親族が一緒に住んでいる家は本当に多いです。

子供も多いですから細長く次々と広げて各部屋を作っていく感じで1つの家から10人位は

棲んでいて驚きますが・・親、子供、孫たちとの生活が普通なので・・こんな形になって

いくのだと思います!若者は都会へ出て行くようですがそれも中々仕事がないから親の傍

で暮らしていれば生活には困らないからだと思います・・(-_-メ)

独立して仕事ができる人は僅かです。そして、学歴がないから仕事もなく働く場所がない

のも現実です。日本人は何が宝物なのでしょう・・(#^.^#)

こんな些細なアンケートからでもカンボジアの生活が垣間見られますし日本人が今は既に

失ってしまった物が未だ確実にこの国には残っている気がしました。

今朝は豪奢で豊饒な力を持った太陽が昇ってきたので・・息子が出かけた部屋に走って上

がり早速シーツを洗ったカンボジア・リアップの朝です。
この記事のURL | カンボジア | CM(2) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2014/05/02(Fri)
も、何年?・・いえいえ半世紀以上にもなる桜行脚を今年は卒業しようと考えていたのです!

別に深い意味もなく数冊に及ぶ桜の写真を整理していて・・これ程魅せられ癒されたことは

無かった!自分の人生には桜を抜いては話せないほど桜との遭遇がありました・・( ^^)

勿論、どの桜にも思い入れがあって好きでしたが・・紅枝垂れの素晴らしさは不思議な魔力

を秘めて私は魅了されてきました・・(●^o^●)

「どう生きたらいいのか?自分をどう発見して残された時間を消化すればいいのか?」絶間

無く問いかけられる質問にも余韻嫋々とした幽玄の世界へと誘ってくれた桜たちでした!

主人が逝って24年長かった様でもあり瞬時だった気もしますが・・揺り起す言葉の中にも私

は桜を見てエネルギーを貰って生きてきた記憶があります・・うふふふふ

時折心が折れてしまったり泥沼の底辺で足掻いた時期もありましたが奈落の底から囁く声が

何時もあって・・「桜を見に行かなくちゃ!」と取り憑かれた思いが心を振動させていた!

可能な限り桜が咲く近くに住みましたし、命ある限り桜との縁は切れないかも知れないなど

本気で考えておりました・・ははははは  自分の魂の行方は花弁となって黄泉に召されて

行けたらどんなに幸せだろうと幾度も思い巡らして花時期を迎えていたものです・・(*^^)

その時期がそろそろ北海道へ上陸している頃ではないでしょうか?

今年は沢山のブロガーさんから桜の写真を拝見できて・・感謝しています・・m(__)m

それなりの満足感を得てまた新しく少なくなった時間を繋いで行けそうな予感がありました。

日々感謝しこんなに遠く離れた国から日本の桜が目の前で見られる事に詠嘆の感情を隠せな

くてちょっぴり本音を・・笑って下さい・・(#^.^#)

カンボジアには桜はありませんが、それでも様々な花が遠近に樹木が多いですが咲いていて

この常夏の暑さにも耐えて美しい花を咲かせています。ハラハラと遠くから紙吹雪のように

ブーゲンビリアが舞っていたりもしますが・・この国では落花する事などは何の感情も無い

のかもしれないと花の塵になったのを偶々に手に取ることもありますが・・この国の歴史を

考える時、今は平和で日常がゆったりと流れベトナムのような性急な成長ではありませんが

穏やかな時代の流れが進捗しているのを肌で感じます。

カンボジア人独特の感性で受け止めているのだと思います。 植民地時代から内戦と破壊、

殺戮の時代を超えてきた国民気質には根強い太い心意気が見られます・・(@_@。

◎ほんの少しだけ近代のカンボジアの時代の流れ・・

○1863年から1953年まではフランスの植民地時代で建造物や通りの名前、仏パンなどに

 当時の名残が残されています。

○1953年からシハヌーク時代がありました。そしてフランスから独立をした!

○1970年はロンノル時代。

○1970年から1975年まではポルポト時代に入り大きな事件が相次ぎ大勢が殺戮されて

 想像もできない世界へ突入。国民の知識人、著名人、芸術関係者などが殺された。

○1979年ヘンサムリン時代になり1992年UNTAC駐留時期に入る。

○1993年第1回国民総選挙が行われ首相2人体制ができる。

○1998年第2回総選挙が行われフンセンの1人首相となった。

全く簡略的ですが・・これが大雑把な流れだと思います。この様にして色々な政治の流動

や逸脱した予想もできない人間として許せない行為の中から立ち上がって来たカンボジア

です。底力は秘めていると思いますが・・未だ富裕層との格差が大きすぎて庶民の生活に

迄は広く行渡っていないのが現実です。

都会と田舎の差も激しく中々手が回っていないのも事実でその中から少しでも良い生活を

目指して頑張っているのが現況でしょうか?

未だ私も数ヶ月の身ですから話すことなどはおこがましく、先ず殆どが無知ですから!   

少しずつ本を読み、また新しい出会いの中で触れていければと思っております・・( ^^)

今朝は太陽も確実に燃えて大きく見え日差しの中に立つとかなり暑さを感じる気がします。

そんなカンボジア・リアップです。
この記事のURL | カンボジア | CM(12) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2014/05/01(Thu)
前日のスコールは思いがけなく暑気を和らげてくれたみたいでしたから、市場へ出かけて

きました。道路はぬかるみドロドロで水が残っていました・・(-"-)

ベトナムでは直ぐに乾燥するからそれ程とは思わずに出かけたのですが・・赤土が泥状に

なっていました!「まー走りずらいたらありゃしない道路を何とか(半分はコンクリーで

半分は赤土)市場まで着いたら汗が流れて来ました・・(・_・;)

中の市場も泥道です。 その上に魚を捌く度に水を流すから歩く場所も泥水の中になって

ビーチサンダルが滑り込む感じで気持ちが悪く大勢の人の中ぶつかるように買物を済ませ

やっと家に帰ってきたら自転車の車輪には思いっきり泥が付いていたもので、それを洗い

また、野菜も全て洗って冷蔵庫に入れたらお昼になっていました。

ビーフンを買って来たのでそれを食し、今度は前日の送別会で出て行く人が置いて行って

くれた棚が2つあったのを洗濯場で洗い、それを食器類などを載せたくてまた食器や鍋を

洗って拭き、片づけた。も、1つが竹製で高さもあるので、自分の部屋に持って行き本と

ビデオなどを入れ替えました。ま、そんな事をしていたら老いの疲れがきたのでしょう!

「ふらっ!」と目眩がして・・ベッドで横になったら1時間も眠ってしまった・・!(^^)!

息子に「熱中症?」じゃないのとか言われ、日本と同じ動きをしていたら完全に倒れれる

から・・この国ではゆったり暮らさないと・・なんて言われてしまった!

貧乏性なのです!目の前に何かあると片づけないではおられない・・とに角自分の好きな

ように使い勝手がいいのが好きなのです。一気に片付けないと嫌な性分・・ははははは

「室温が高過ぎると言われ、部屋の中の熱中症で沢山が病院へ行く国だから充分気を付け

てほしい!」と言って出かけた・・親子ですね!心配かけた様でした・・(/_;)

でも雨が降ったおかげで樹木が生き生きしています。 カンボジアの暑さはどちらかと言

えば高温多湿で女性的かも?ベトナムは直ぐに乾燥してからりと晴れ上がる男性的な感覚

を感じました。じわりと暑さが身体に浸透して離れない執拗な暑さだと思いました!

『雨季が一寸怖いかも?』です・・ははははは

☆カンポット・洞窟寺院遺跡   <D・A・C参照>

カンポット州には他に例を見ない洞窟寺院遺跡が散在するようです。いずれも6~8世紀

のものでカンボジア最古の王国=扶南に源を発すると言われています。

扶南は交易貿易として知られ、その外港タケオ遺跡から煉瓦造り街路が発掘され、遠くは

古代ローマの金貨なども発見されていると言います・・(@_@;)

扶南が立地したメコン・トンレサップ水系のデルタ地帯には無数の小河川が走り掘削運河

とともに港市を水路によって結びつけていたのではないかと予想されています。

小山を聖山《プノン》と見立てて、胎内の鍾乳洞に洞窟寺院を建立した場所はどれも水辺

の近くだったそうです。

カンポット州東部には被覆砂岩の丘陵や山岳が大部分を占める・・カンボジアには珍しく

花崗岩の山稜が走っています。花崗岩の水溶性石灰質が山腹に鍾乳洞を穿ち洞内につらら

状の鍾乳石を垂らし岩盤に石筍を屹立させ、奇怪な印象を持たせるのですが・・それ故に

ヒンデゥ教のバラモン僧には峨峨たる山容と胎内に通じるかのような洞の姿は、神々しく

奇端と見えたのではないかと言われております。

そのことは石筍を{リンガ=シヴァ神の象徴}に見立てて煉瓦造りの祠堂で囲んだ事から

も理解出来るそうです。

現存する洞窟内祠堂は3ヶ所です。 中でも手軽で安全に祠堂を見学できるのはコンポン・

チュニック遺跡で祠堂の保存状態もよいそうです。   プノン・チュニック遺跡は正に

《プノン》=聖山と《コンポン》=港市の結びつきを示していると言います。

程よい外光が遺跡を引きたて素晴らしい光景を見せてくれるそうです。

カンポットは山紫水明の街だと言われシハヌークビル港ができる前は唯一海に向けた開か

れた港町でした。そのため河岸にはフレンチ様式の町並みが残っています。

カンポットのご紹介は次回へ・・また書かせて頂きます。ここも未だ行っていませんので

詳細は理解できていませんが・・その内行けたら行きたい遺跡です。

今朝は割合晴れていて、外の方が風もあり燦然と輝く太陽は久しぶりに暑さを呼び戻した

そんなカンボジア・リアップです。
この記事のURL | カンボジア | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン |