にわたづみ
2013/12/31(Tue)
新年に向けてカウントダウンが始まりましたねぇ・・(*^_^*)

皆様におかれましては素晴らしい年だったでしょうか?私はご承知の様に”終活”をしながら

辿りついたカンボジア生活と言う思いがけない暮らしに突入しました・・「それで良かったの

か?」何も理解も出来ていなくて先も見えていないのですが・・選択した道ですから頑張って

生きて行こうとただ、その事のみで日々が流れております・・(-.-)

それは正直《想像以上に不便!》でも、不便を常にしていると他人の小さな親切が嬉しく感じ

るもので・・自分も何か?出来る事があればしたいという意欲が湧くものです。

ベトナム生活はそう言う意味では慣れてしまって不便さは当初だけで・・その上インフラ整備

交通も道路も食事も進展したものだから・・それが当然の様になっていきました!

今カンボジアはその真只中にいるのだと思います・・都会では不自由は殆どない様ですが・・

未だ私が住んでいる地区では貧しい暮らしが多く感じます・・(-"-)

今朝も飲料水のタンクが空になったから息子に手伝って貰い買いに出かけました。直ぐそこに

店はあるのですが、先日きた日本語の少し解るカンボジア人は1本しか買えないとか配達は無

いと言われ前回は3Fに住んでいる若いお兄さんに依頼したのですがこのところタイへ帰国した

のかさっぱり顔を見せない。仕方なく今は足の悪い息子に依頼して家まで運んでもらってそこ

から台所まで転がせながら・・辛うじて持ってきた20kl入りは流石に応えて・・台所の上まで

は持ち上げる事ができず下に置いたまま・・(><;)

それでも水がある事の些細な喜びに腕の筋肉痛も我慢できるから、幸せなのです・・(#^.^#)

昨日は近所の総菜やを数軒回ってきました。

「カンボジアの家庭料理はどんなものか?」を知りたくてご飯だけ焚き総菜を数種類か?何が

あるのか解らなくて全てのお鍋の蓋を断って開け、見せて貰い食べられそうな物を購入した。

所が選んでいる時に、近所の若い主婦らしき人が来て、お鍋から勝手にスープをスプーンで掬

って飲み始めたのには仰天してしまった・・\(◎o◎)/!

ま、スープは買わなかったからですが・・高菜と豚肉の炒め煮、煮卵と鶏肉のぶつ切り、香草

のサラダがあったのでそれを買いました。ベトナムでもに卵と豚の3枚肉のとろとろが美味しく

て似たようなものだと思って買ったのですが・・全く違っていました・・(^_^;)

その味付けの濃いこと・・塩分も多く甘さもあり醤油色をした煮物が殆どでした・・(@_@;)

決して不味くはないのですが・・これだけ濃いと、少量で済むかな?と思い晩ご飯にも食して

いました!高菜も辛くて・・その上香辛料がきつく、お酒のつまみにはいいかもですが総菜と

しては矢張り自分で作りたいと思いました! 

初めての外で作られた家庭料理でしたが・・種類も少なくベトナムの味の薄さや品数の豊富さ

に比べたら問題外でしたねぇ・・(-"-)

それでもこれで毎日食事をしているのだと思うと・・一寸、考えさせられる気がしました!!

何処の国でも何でもそこに慣れてしまえば習慣も自然と身体に入って来るのですが・・カンボ

の家庭料理は塩分、糖分が多すぎる気がしました・・未だ色々な場所を探検していないので答

えを出すのには早過ぎるかも知れませんが・・( ^^)

水も入手できたし、これで少し気分が楽になった!買物も野菜を売っている店、肉やも発見し

たし市場まで歩かなくてもという気もしました・・しかし、新鮮な香草や野菜は矢張り市場で

なければ手に入りにくいかも・・(-_-)

部屋の掃除から洗濯を毎日して・・漸く生活の流れが自分なりに掴めてきたので、時には市場

へ出かける事もしたいと思いました。

日本では大忙しの日になっている事と思いますが・・当地ではのんびりと時間が流れて・・何

1つの変化もないカンボジア・シュムリアップの朝です。
スポンサーサイト
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2013/12/30(Mon)
毎朝向いの家の前には数台のバイクタクシーが並んで・・通過するバイクや人に向けて大声で

声をかける・・当初は知り合いとか友人、親戚などに声をかけてるのかと思ったのですが・・

どうもそうではなく、終日、その家の前で客待ちしているようで、全く働いていない人が数人

居ることに気がついた・・( 一一)

「本当にやる気がないというのかしら?」「どうってことがないのかも知れない!」それでも

お腹は減る様でお昼ごろになると立って麺類やお粥などを食している姿をよく見かける!

何のための声だしなのかさっぱり理解できないが・・変な人が多い・・(-.-)

ベトナム程の騒音ではないけれど「やっぱり大声だから煩く感じる」何なのだろう・・(@_@。

携帯の事ですがベトナムで幾つか購入して、回り回って親族に行ったりしていて手元には1台

持って帰国していました・・自分のか理解できていませんでした・・!(^^)!

所が当然県外ですから・・勿論、掛る事もないし掛ける事も出来ないから「また新しく買う事

になるのかなぁ・・(-"-)」こんな見知らぬ国でいかに南国には馴れているとはいえ全く電話

の無い生活は矢張り不便で、不安で・・以前にPCから電圧が同じだから”大丈夫”と思い使用

したら火を噴くという事件があったので・・心配だったのですが・・どうも「シムカード」を

取りかえ料金を前払いすると繋がると言われて・・一寸安心したんです・・(#^.^#)

それを買うのにパスポートが必要だという事は全然知らなくて・・玄関で連れて行ってくれる

人を待たせて・・パスポートを取り出し持って行きました・・(@_@;)

所謂『プリペイド形式の携帯』なのですが・・一応自分から掛ける所は無いから・・5ドルを

入れておいたのですがその携帯のコードは使用可能と言われ充電できました!

先ず息子からしか連絡が来ないのですが最初はどんな音楽で鳴らしていたのかもすっかり忘れ

鳴った時は驚いてしまった・・あははははは

随分ベトナムでは誰彼と勝手に使用するから誰の音か?さっぱり覚えていなくて帰国した時も

完全に忘れていました!

メールが誰からか解らないのですが毎日10通以上も入ってきて・・これは誰の携帯だったのか

未だに身元不明です・・うふふふふふ  多分ベトナム人だと思うけれど何も解らないから・・

そのままにしてあるのですが・・未読が増加しています・・ははははは

いえ!全く読めないからという意味も込めて放置してあるだけですが・・(-_-;)

今度、詳細な人に聞いて消去しなければと思っていますが・・(-.-)

この近辺での携帯は未だ昔風の折り畳み式や小型や上下にスライドするものを持っている人が

多く見かけます。そして、不思議に思ったのはヘルメットは義務付けられていないようですが

どうもヘルメットに挟んで話している姿が目につくのはベトナムとは異なったいるかも?

ま、いずれにしても仕事をしている人たちはスマホを持っている人が多く・・多分、韓国製や

中国、ベトナムからの輸入品のようですねぇ・・(*_*)

少しは安価なのかも知れません・・興味がないので見た事がありませんが日本でも携帯の会社

があちこちにできている様にこの国でも街中には結構、関連会社が軒を並べているので需要は

多く情報社会を痛感しています・・\(◎o◎)/!

ただ、格差が激しく主婦で持っている人は未だ本当に少ない・・この周囲だけですが・・若い

人は大抵が持っていますが・・ダレがお金をだしているのでしょうねぇ??

ま、色々な事が見えてきたらまた詳しく書かせて頂きますねぇ!

今日は晦日ですね・・本当に月日の流れと時間が流れていくことに脅威を感じる今日この頃で

後1日で{今年が終わる?}感覚が全くないカンボジア・シュムリアップです。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2013/12/29(Sun)
ベトナムには[バイン・ミー]と言って仏パンにパテ、ハム、ソーセージ、胡瓜、香草などを

挟んだサンドイッチがある事は何時も書いてきましたので執拗なくらいですが・・あはははは

ここ、カンボジアも仏領下にあった時代があり、その時に伝わった同様のサンドイッチがあり

ます・・(*^_^*)

最近、これに嵌っておりまして・・(#^.^#)ベトナムの様に大きくは無くて・・直径3㌢位の

細い仏パンの中に甘辛く煮た豚ひき肉が入っていて・・その中に細ネギと胡瓜、ハムも2種類

入っているのですが・・それが何とも美味で・・パンが焼き立てだから・・豚ひき肉の煮汁が

熱々のパンに染み込んで本当に美味しいんです・・\(~o~)/

その他には青いパパイヤのサラダが袋に付いてくる。「好きだと言うと大目に入れてくれる」

それだけで1㌦ですが十分満足します・・( ^^) 市場近くでないとそれは購入できない・・

この周辺は[朝粥の店]があちこちにあってカンボジアの朝は麺か?粥なのかも知れません!

未だ食したことはありませんが・・お粥だけでは多分、持たない気がしています・・(-_-)

量はそれほど食べないのですが、毎日、総菜造りも最近は息子が多忙で晩ご飯が不要だから

何となくご飯を炊いては日本から持ってきた食材で食べていたのですが・・この味を覚えて

からは時々食べたくなって病みつきになりました・・うふふふふ

ベトナム程大きくないから食べ易く、かと言って、中身が多いから結構満腹になるんです!

名前を聞いたのですが・・1,2度聞いても覚えられない・・(・_・;)

焼き肉にご飯の店もありますし、道路沿いはずらりとお粥やが並び大勢が食している朝の

カンボジアの風景です!  小さな露店や屋台が道路沿いに点々と並んでいます・・(@_@。

その内に徘徊する様になると思いますが・・ひゃはははは 今朝は息子が会社に出かける

のに同乗して買ってきました。 お昼は香草たっぷりのスープを作って食べられると思う

だけで幸せです〚生の香草の香りは南国の香り〛でもあり市場では少しづつ束になり売っ

ている所はベトナムとは違う点でしょうか?

ベトナムでは山積された香草の種類の中から適当に、好きなだけ取って買っていましたが

この国では全て小分けされて輪ゴミで止めてあるので・・買い易いかも知れません!

尤も数軒しか行ってないから、未だ解らない事の方が多いですが・・はははははは

早朝5時に、重い蛇腹の門扉を開けたら目の前の空に下弦の細い月が青く輝いていて・・

何となくほっとしたカンボジア・シュムリアップの夜明けでした。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2013/12/28(Sat)
昨夕は何度も短い[停電]が続き、その都度「案外早かった!・・(*^_^*)」と思って安心

していたら30分程でまた消えるというのを4回も繰り返して夜になった!

息子から「そっちは停電しているの?」とTELが入り「時間が一寸できたから台所の不足物を

買いに連れて行ってあげるから・・5分で着く」という連絡・・(@_@;)

も、きっと長い[停電]になると思い・・未だ明るかったのに、食事もして化粧も落とし、即

眠る状態を作っていた矢先で・・あははははは

慌てて眉毛だけ描き、玄関に出たら待っていた・・(@_@。 私より短気な人です!

ようやっと鍵の掛け方や部屋の段取りが解って来たところです。何と言っても鍵の種類も異な

ってそれすら上手く最初は出来なかった「何でそんな事ができないの?」と言われても、既に

固くなった頭脳は反応が鈍く・・1つのことを覚えるのにも時間が掛る体たらくです・・><;

台所に積んであった食材や鍋、フライパン、食器類を入れる容器を購入して来て漸く見た目も

使い勝手も(色々な虫)からの対策から解放された・・(#^.^#)

しかし、市場へ行っても外国人だから適当に値段をつけられている予感は充分するのですが

「ま、それは最初のベトナムでもそうでしたから、仕方ないと思うのですが・・肝心のお金の

計算が普通の人より理解力がないようで・・(-"-)    ”本当に恥ずかしい!”

レジのある店なら、又、紙に商品と値段を書いてくれる店では大体分かるのですがお釣りが

全てリエルというこの国の小額で戻るからで・・頭の中の混乱が激しく、さっと計算ができ

ない状況で・・可能な限りドルでお釣りを貰いたいと言うのですが・・お釣りはリエルです!

判らないから余計リエルが貯まるんです・・ひゃははははは

ベトナムでも殆ど数ヶ月程度は時間が必要でした・・確実に買物が出来、お金の計算が可能

になるまで時間が私には掛るのだと思います・・(-_-メ) 

      ★今回はそれに輪をかけた様に老化し、錆びた頭です!★

*未だお金の種類も把握できていない・・もっと時間が掛るかも知れません・・とほほほほ*

掃除に必要だと思って買ったモップが「中が空洞だったのか不良品だったのか?」何時も通り

に使用していたらパイプの様になっている金具部分がパキンと折れて吃驚しました・・(@_@。

アジアでは商品の基準とか正確な検査の様なものが無いから・・適当に作られている気がして

「ま、当りが悪かったのでしょう・・(*_*)」それで、それもまた買わねばならない事になり

大きなバスケットやら、食器類を入れる籠などを購入して送って貰った。

毎日何かが起こる・・(@_@;) 水が薄く黄色いからトイレの水を流していないようで・・

薬を入れているのですが・・多分、このままだろうと思います・・(-_-メ)

様々な事が起きても驚いたり気にしなければ良いのですが・・中々老いた脳細胞の働きが愚鈍

でどうしようもなくて《日本とは違う、ベトナムとも違う》と思っていても未だその底辺から

抜け出せないのが現実の日々です・・うふふふふ

ま、のんびり急がずにやって行こうと気持ちだけは思うのですが反面せっかちで早く片づけて

落ち着きたい心が邪魔をしているのだと思います・・(-_-;)

異国なのだから「適当でゆっくり構えてその内に落ち着けばいい・・( ^^)」とも思っている

のも事実なのですが・・思い通りに行かない苛立ちも沢山あり過ぎて・・わはははは

今朝は少し冷え込んだようで玄関で洗濯を干していたら・・向いの家から完全武装した老婆が

出てきた・・丸で真冬の格好でした・・( ^)o(^ )

クメール織りのマフラーを毛糸の帽子の下から顔をすっぽり被せ、長袖を数枚重ね着していた。

私も昨夜は寒さで眠れず靴下を履いたり肩にストールを巻いて寝たんですが寒かったです!

日中は日差しも弱く晴れたのですが多分25度位だったと思います。 風が爽やかで少し肌寒く

感じておりました・・(-_-)

そんな不思議な〔乾季〕のカンボジア・シュムリアップの夜明けは曇り空です。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2013/12/27(Fri)
♩♩もう幾つ寝ると・・♩♩・・日数を数える年末ですねぇ・・本当に今年は個人的ですが大忙し

で、時間と競争する位の多忙を極めた年になりました・・(-"-)

       ”皆様にとってはどんな年でありましたでしょうか??”

今は振り返る時間もなくこの国の生活に慣れることで精一杯の状況ですが・・うふふふふ

全く未知の世界を覗く意味でも少しは心の裡が楽になったのでしょうか?周りが見えてきた気

がします。隣人はクリーニング屋で・・当初は玄関に凄い量が干してあるのを見て大家族だと

思っていたのですが・・看板を見たら・・何とクメール語と韓国語と英語で書いてありました。

目の前にあってもそこまで目が届かないと言いますか?見えなかったのです・・(^^ゞ

その隣には食堂があって・・朝ご飯とお昼を食べさせている様子!それも麺類(ベトナムフォー)

のようなものですが・・反対側には小屋に野菜を売っている小さな店があります。  ですが

葉物に蠅が沢山屯ろしていて・・どんなに払ってもおいそれとは逃げない様子をみて「この店

では買えない」と思った・・あははははは

何処へ行っても数匹はいるから余り気にしないのですが・・これだけ集っていると「衛生の方

が先に立って・・(@_@。水自体が黄色く濁っているのです。殆どは飲料水で洗うのですが・・

先日、越して5日目に屋上の水のタンクを掃除して貰って・・漸く濁りのない薄い黄色の水が

でるようになりました・・(*^_^*)

トイレもシャワー室も下が赤黒い水が流れていたのだと思いますが・・その汚れが中々落ちず

未だ赤茶けた錆色をしているのです・・{これが今の私の最大の問題です・・(-.-)}

日本だと[カビ取りや汚れの漂白剤]があるのですが・・ここではそれも最強と言われる洗剤

とブラシだけだから毎日少しづつですが薄くなって行くように擦っているのが現実なのです。

その隣には美容室があり、韓国人が経営している様で・・毎日、殆ど人も入らず暇を持て余す

感じでやる気のない2人の女性が出たり入ったりしています・・(+_+)

さて問題は・・とても辛いのですが国柄だしベトナムでも〔ハノイでは専門店が多く有った〕

しかしどうしても、書きたくなくて書けなかった・・ずっと外していましたが・・(・_・;)

         ★何と{犬肉や}なのです!!★

観光客がバスできたりトゥクトゥックと言って昔の三輪自動車に幌をかけ前がバイクの乗り物

があります。それが行列を作って家の前に停車するから・・どうしても気になって・・><;

見てしまうのですが・・外側は店のような雰囲気ではなく奥まった場所だと思うので外からは

観る事は出来ませんが・・入って行く人数や客層は韓国人や外国人、台湾人、中国人が多いと

教えられました・・(-_-メ)「豚や牛とどう違う?」って日本語を話すカンボジア人に言われ

たのですが・・やっぱり切ないです・・(;一_一) *そして、食べるなんて・・出来ない*

鶏も大好きだけれど絞めているのを見ると駄目ですね!食卓に出るとそれでも忘れて食べるの

ですが・・ふふふふふ 罪深さを瞬時は感じ有り難く骨まで紗ぶり尽す感じですが・・(-_-)

家の前は大きな国道から中道に入っているので車の騒音は然程ではありませんが・毎日、土埃

が立って・・赤土や泥が混じって飛んでいます。

1軒家で3F建ての2Fまで借りているのですが・・以前”エステ“の店だったとかで凄く広く

半端な造りになっていて、その広さは豪邸??そのものですが・・ま、無駄なスペースが多く

1Fと2Fに部屋がありトイレが3ヶ所、その掃除がも、早朝から大変なのです・・(-_-;)

外には金属の重い門扉が軋んだ音を立てて開くし、中庭には草花が植えられています。

それから玄関に入るのですが、そこもシャッターのような蛇腹のドアーがあって中にもガラス

の扉があります・(@_@;)

全ての門扉には鍵がかかる様になっていて全部鍵をつけると外側と内側から掛けると4つから

6つ位になります。それだけ厳重にしないといけないのでしょう・・窓は鉄製で格子ではなく

菱形に組まれ、交差した部分は溶接で固く接続されています。また外のガラス窓は上下に長い

鉄の棒で穴に差しこむ鍵がついています。

これはベトナムとはかなり違った造作だと感じました・・\(◎o◎)/!

周囲は本当に未だ小屋を改造した様な家が殆どですが、これからはどんどんと変貌して行くの

ではないでしょうか?・・期待が望まれます・(#^.^#)

早朝は雷鳴が何度も鳴って曇り空のカンボジア・シュムリアップの朝です。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2013/12/26(Thu)
昨夜、息子が帰宅した時間に・・キッチンで料理を作っていたところ・・随分{羽蟻}が壁に

張りついてきたので・・布巾で払っていたんです・・この国にはあの大嫌いな{蟻}がいない

事で凄く仕合せを感じておりました・・(*^_^*)

所がです・・息子が「おかん!階段の下真っ黒になってるよ{羽蟻}ではないか?」と言った

もので!吃驚して見たらもう想像を絶するほどの{羽蟻}が蠢いていて・・身体中から悪感が

走り身震いしました・・(><;)

慌てて殺虫剤を噴霧しました・・それは黒々とした塊になって即死でしたが・・\(◎o◎)/!

その数は信じられないほどでしたねぇ・・何処からどうやってはいってきたのか?丸で湧いて

来たような感じでした・・[大騒動しました!]

そんな事があって、暫くは心がざわついていましたが・・Xmasだからとワインを持って帰って

来てくれて生春巻き(ベトナムとは少し違う感じ)でそれでもかなり美味でした・・(#^.^#)

2人で食事しながら会社の話を少ししてくれました・・滅多に言わない人なのですが・・色々と

気苦労しているようで・・気の毒でした・・(^_^;)

仕事が忙しい時期に入って、携帯が真夜中にも鳴る様で、かなり疲れている様子ですが・・私

が来たことで食事や洗濯の心配、部屋の片ずけ、ベッドメーキングなどをするので・・何とか

役に立っているのではと思っていますが・・(-.-)

☆ミ さて、今朝は行きだけはバイクの後ろに乗せて貰ったのですが2㌔有ると言う市場へと

行って来ました。ベトナムでは7時には殆どの店が開店していて迷うほどの盛況の時間帯なの

ですが・・( ^^) カンボジアは未だ店も半分以下しかオープンされていなくて薄暗い市場の

中を開いている八百屋さんで・・念願の香草とジャガイモ、人参、玉葱、ライム、生姜などを

買い、肉やで捌いている塊の中から1切れをカットして貰いました・・ふふふふふ

帰路は赤土が舞う道路をひたすら歩いて何処までも直線なので・・内心「大丈夫かな?」とか

思いながら50分掛けて戻ってきました!途中で麺類を売っている屋台や朝ご飯の店があちこち

に有って・・珍しいので覗いてきました。鶏肉の串刺しや豚肉を焼いていたり麺の香草の香り

が立ち込めていて・・懐かしく「矢張りここは異国?」を感じておりました・・あはははは

混んでいたので今日は何も購入しませんでしたが・・次回は必ず買いたいと思ったほどです!

道路は赤い土が、通過する車がバイクが巻き上げるから・・白い服は駄目だろうと考えて歩い

ていました・・(-"-)

やっぱり市場って好きですねぇ・・もう少し早く開店してくれたらいいのに・・そんなことを

考えていました・・ふふふふふ 道路ではバイクタクシーに何度も声を掛けられましたが!

未だ気温が16度位でしたが日中は29度の予報が出ているカンボジア・シュムリアップです。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2013/12/25(Wed)
昨日、やっと第1報が配信出来て・・安堵していましたが・・( ^^) 中途で<停電2時間>が

入って中断したので全員の方へのご報告ができませんでした!!

      《ご訪問出来なかった皆様本当に申し訳ございません・・m(__)m》

これからも頻繁にこう言う状況が続くと思いますので・・ご迷惑かけますがコメントも即時の

ご返事は出来ないかも知れません「あーまた停電?」と思って頂けたら幸せです!

さて、カンボへ来て10日程度になりますが、未だ周辺も行けない状況でご説明するだけの材料

が揃っていませんしベトナムと比較するのにも不足です! それらは少しづつお知らせ出来る

様に頑張ってみますので・・も、少しお時間頂ければ嬉しいです・・(#^.^#)

☆ミ 今日は明らかにベトナム人と違うところと言いますか?国民気質の違いが顕著なことを

この数日で発見したことを少し書いてみます。

①ベトナムは騒音、喧噪が猛烈で・・バイクの数に埋められている感じがしますし、人々の声

も高くだれかれ構わず話す人が多いのに比べてカンボジアの人は割合大人しい感じです。

    *{悪い意味では余り自己主張がないと言うのかも知れません?}*

ベトナム人が強烈な人が多いからそのように感じたのかも知れませんが・・うふふふふ

〚解らない?知らない?仕事はあまりしたくない〛という気質があります・・(#^.^#)

観光地ですからバイクの数より大型バスやツーリストの観光用の車が本当に多くて吃驚です!

②ベトナム人はとにかく賑やかで活気に溢れている若者が多いのですが・・この国では殆どの

若い人に覇気が感じられない・・〖仕事がないと言う大きな要因がありますが・・(-_-メ)〗

③カラオケが好きで、近くにあるのですが・・朝から晩まで歌っている人もいるのはベトナム

と大差はありません。でもベトナムは他人の事などは全く度外視していますがカンボジアでは

夕方6時近くになるとMAXだった音量も控え目になり、音もかなり絞ってくれるので深夜までも

続くベトナムとは全く異なることに驚きました・・(*_*)

観光地カンボジア・シュムリアップの朝は曇り空で今日は気温27度との事です・・(*^^)v
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
にわたづみ
2013/12/24(Tue)
皆様へ

ご無沙汰いたしました・・・m(__)m  《カンボジアからこんにちわ・・(*^_^*)》

    **留守の間にもご訪問を頂き本当に有難うございました**

カンボジアに入国した夜から急激に寒さが襲来しまして「まさか?の10℃前後の気温が1週間

びっしり続いたのです・・!(^^)!

何と言っても『乾季』に入った時期ですから暑さ対策しかしていなくて・・その寒さは尋常では

無く毛布、婆シャツ、スパッツ、靴下を履いて寝ると言う異常気象でした・・\(◎o◎)/!

それが1週間続き、2日前から気温が上がりだして今日はやっと30℃まで上がり気持ちの良い

暖かさを全身で浴びております・・うふふふふ

☆ミ さて、お恥ずかしい話を1つ・・

実はPCは割合早くに使用できたのですが・・Wifiがこの家には入っていたんです。

所が電池が切れてしまっていたので・・同じ220Vの充電器{ベトナムでずっと使用していた物}

で充電しておりました。異常な熱さになったので・・取り止めてPC会社にコンタクトを取って

貰いました。所が来てくれた若い男性は英語オンリーでしたから・・婆さんの脳細胞はそれは

猛烈な誤作動を起こして聞き取ろうと必死で瀕死状態だったのですが・・きゃはははは

PCが壊れたと言われ持って帰る事になりました。数日掛るとの事でしたが・・(-.-)

ま、特別急いでいないからと思っていたのですが・・翌日、修理して貰ったら火を吹いたとの

報告を受けました・・カンボジアでは異例の高額を支払って直して貰ったのです・・(-"-)

その後がまた、調子が悪く、wifiの接続が悪いとの事でそれも直してもらい・・これでやっと

繋がると思ったら・・今度は私のブログが全く消滅していました・・(-_-メ)

後日、娘と親友から同様の話が届いて・・消滅することはないと知りましたが、その時点では

パニックになっていましたねぇ・・ははははは

FC2がとに角全く作動しなくて・・またもやコンピューター技師に来て貰いました。

色々と触っていましたが・・時間が必要だった様で・・老いるとせっかちで「どうしてここだけ

表示しないのだろう?」と真剣に悩み、愕然として触りまくっていたんです!

「何処をどのようにしたか?」自分でも理解できていませんが、自動で回復したんです・・( ^^)

   【漸く・・こうして皆様にカンボジアからご挨拶ができることになりました!】

      ☆☆今日はXmasですね・・(*^^)v☆☆

素晴らしい時間をご家族で恋人とお過ごし下さい。 カンボジアは4月がお正月ですから、何の

変化もなく太陽が燦然と輝くイブになっています・・(#^.^#)

未だ、ベトナム生活が抜けていなく「ここはカンボジア」だと言い聞かせているのですが、全く

言葉も解らず文字もさっぱり・・〚絵文字〛見たいです・・あはははは

これからカンボジアの日常を綴っていきます。お時間がありましたら是非お出かけ下さいませ!

カンボジアは日本との時差が2時間あります今は2時です。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(最終記)
2013/12/10(Tue)
皆様へ

お知らせがございます・・

何時も写真もなく地味で拙い文章にお出かけ頂きましたこと、心から最大の感謝を申し上げて

おりました!とっても楽しみなご訪問者の方々ばかりで沢山の情報や素敵なお話、お写真に心

惹かれており、毎日を仕合せに過ごさせて頂きました・・<(__)>

本日でブログを閉じさせて頂きます。 週末には日本を発って新生活がカンボジアで待って

おります・・( ^^) 何度か行った経験はありますが、住んだことはありません。

ベトナムでの7年の生活は、今の発展した途上国とは想像もつかない貧困とインフラ整備が

不完全な時代から居ました・・カンボジアも只今、インフラ整備の発展途上国です。

{またもや、新しい国の進展に立ち会える喜びが心を満たしております・・(#^.^#)}

首都プノンペンでは格差はあっても見た目は大きな進歩を遂げていますが、他は未踏の地の

方が未だ未だ多くこれからの国です。幼児期でもあります!

期待と不安はありますが・・残りの人生を賭けるには身に余る時間だと思って・・この幸せ

に感謝し頑張ってみようと思っております。こんな人生を生きられる事は亡夫や先祖からの

贈り物だと有難く感じています・・($・・)

直ぐには出来ませんが・・またブログがカンボジアから再開ができる日が来ることを楽しみ

に致しております・・(*^^)   *お目にかかれる日を強く願っております*

【皆様のご多幸とご健康を心中よりお祈り申し上げます。そして、新年が佳き年であります

ように異国の地より心奥より切望致しております!!】

  ☆☆本当に本当に有難うございました。再会を約して・・m(__)m☆☆
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/12/09(Mon)
姪の家に最後の挨拶をしたくて・・両親を祀ってくれている姉の部屋にも出向きすっかり痩せ

て小さくなった姉と少しだけお喋りをした。「お互いに遠く離れても元気でいようねぇ」と話

をしてきた。この地に来たのは姉が居るからで・・姉と旅行とか食事など一緒に楽しみたいと

思っていたのですが・・「姉が変わったのか?私が変人で連いていけないのか?」外出を殆ど

しない人になっていて、帰国してこの地を選択した意味は無かった気がして・・(-_-;)

ま、それも姉の人生ですから{余計なお節介は止めて何度か?気長に誘っていたのですが・・}

だがあれ程外出好きだった人が変貌していたとは理解できなかった・・一寸寂しく感じた!!

姉妹とはいえ性格も違い思考も環境も変わると色々と人生にも影響が出るようで・・我慢強い

姉を愛おしく、ハグしながら・・「体に気をつけて・・」と言ってバッグを1つ形見に貰って

と渡してきた。爬虫類で昔、海外で購入した物だったが使用する機会もなく、何度も箱に詰め

られ出しても持って行く場所が無かった・・(+_+)

姉は「どんな気持ちで受け取ってくれたのか?」殆ど表情に出さない人だから・・心奥は判断

できなかったが・・ま、嫌ではなかったのかも知れないと勝手に想像していた。

以前にも「何か欲しい物があれば言って」と言った折り「不祝儀のネックレスと指輪が欲しい」

と言われ上げたのだが「有難う!」だけだった・・あはははは 別に期待していた訳ではない!

私は人間が単純だから何かをして貰ったり頂き物があると猛烈に喜ぶし、大袈裟に騒ぐ人なの

ですから・・ははははは ”同じ姉妹とは思えない・・(@_@。なんて思ったものです??”

環境で人間の性格まで変化するのかも知れないが、それでも姉には3人の孫がいて幸せだと思い

込んでいたが、自分の心さえ読めない人だから正確な事は解らないのが事実かなぁ・・(^^ゞ

※中部『ホイアン』に新観光名所・・    <ベトナム航空誌参照>

世界遺産の街『ホイアン』に遊覧ボートで周辺の村々を訪ねる新しいツアーが登場しました!

ツアーは3種類あって、船で〔ベトナムの伝統音楽〕を楽しみながらトゥボン川をクルーズ

するコースが1人30万VNドンが出来ました。

参加人数により船の大きさや種類、料金が変化するそうですが・・(#^.^#) 2F建ての船も

あります・・(@_@。

〔木彫りの村・キムボンと陶器村・タインハー〕を訪問するコースは1艘140万VNドンで、定員

は15人までと言います。 〔この2つの村に加え漁村・チャーニュウ〕にも寄るコースは少々

高く1艘250万VNドンだと言われ、この3つのコースが新設されたと言う話です。

参加申し込みは『ホイアン』市内の各、観光チケット売り場か、またはオフィスがあるようで

そこでお尋ね頂ければと思います・・(#^.^#)

案内人には日本語は勿論、英語、仏語、中国語などを話すガイドが数人居て、様々なアレンジ

が可能だと言われていますので心配はないと思われます!

『ホイアンの新観光スタイルで郊外の村へボートで訪問するのも風趣があって素敵!」だと

思います・・ぜひお出かけになってみてください。暑さの中の川下りもまた、一興かと・・

『ホイアン』は観光名所が沢山ありますので・・数日を取って見学されたらいかがかしら?

何て思っております。

今朝は洗顔の時に少し水が冷たく感じた浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/12/08(Sun)
珍しく冷えたせいでしょうか?東の空が明るくなって行く光景が透くように見えて暗雲が急ぎ

働きをしている様に流れて行く刻を寒いのに眺めていました・・(*_*)

「えー勿論・・洗濯物を干しながらですが!」・・あはははは  美しい自然の時間の流れに

すっかり位置が変わった空を見つつ「日本には後、数日しかいないし、この時間は再び訪れる

事は無いのだと・・心に刻んでおりました」・・ふふふふふ 感傷的かもですが・・(-_-)

今週は最後の追い込み状態で忙しくなります。 娘の家にも出かけたり、未だ揃わない買物も

有り、後半はTVやネット、電話などの回線工事や色々と出入りがあるから・・「今日辺りまで

は少しゆったり出来るかな?」って感じです・・(*^。^*)

「ま、足掻いても日数は過ぎて行くでしょうし、頑張ってもこれ以上は出来ないから・・適当

に残し元気であればコンテナ会社へ出向き処分してもいいかも?」とかまで考えていたのです

が・・私の性格ではそう言う事は苦手で・・[グレーゾーン]がなくどちらかと言えば白黒と

はっきりと片をつけて出発したい願望があり・・結構、無理している気がします・・(+_+)

すっかり歳を忘れて・・ははははは

※ベトナムの建築     <ベトナム航空誌参照>

◎給水塔

3層構造様式がとても美しい・・触民地時代の浄水設備は今や旧市街のランドマークになって

います。ハノイ旧市街の北の端にハンザウ通りと言う通りがあります。

そこにどっしりと聳えるように建っている円筒形の建物がそうです。フランス統治時代の名残

りの給水塔で、ハノイ市内に2つあるうちの1つです。

1894年の建造で、高さ21.3m、直径19m、容量125㎥もあります。1層目がアーチ装飾で2層

目は組石、3層目が化粧しっくい仕上げと3層が異なる装飾になっているんです。

既に現役を退き、現在は6本の通りが交差するロータリーの役目を果たしていて、地域の有名

なランドマークとなっています。

フランスはハノイを植民支配するに際し、庶民への影響力を強めようと上下水道の敷設に力

を注いだと言われています・・(*^^)

そこで、素材として利用されたのは何かと言いますと・・廃墟となった{タンロン城}から

切り出したブロックを考えたそうです。当時は様々な建造物の石材として再利用されていた

のだと言います。

今は誰もが知っている街の目印が・・かつての姿の{タンロン城}だったと思って眺めると

感慨深いものがありますが・・ぜひご覧になってみてください。案外洒落た形で綺麗に保存

されていることに驚きますが・・興味のある方には堪らない魅力だと思われます!

今朝は早々と暁光が射しこんで寒さの中に空気が澄んでいる浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/12/07(Sat)
市役所へ出かけたんです・・今まで本当に回数も多く引っ越しの経験だけはあったはずでした。

でもここへ転入した時の対応の悪さ、不親切さに初めて役所という仕事についてこんな場所が

有ることを知らされて・・凄く感じを悪くしたものです・・(-_-メ)

その後も何度か行く機会があっても矢張り酷く無愛想でした。昨日は転出証明の手続きだった

のですが・・書類を書いて出したのです。

「証明証を何か提出」と言われ、も、免許も停止しているから保険証を出したら「顔が映って

いるのは無いですか?」と言う「パスポートでも持ってくれば良かったのですが忘れました!」

すると「銀行のキャッシュカードをコピーさせてくれ!」と言う。「顔写真のない人は全てが

カードをコピーするのですか?気分悪いですね・・」老人に慣れているはずのこの役所は行為

がそれが当然だとしても・・も、少し言葉遣いがあるのでは?と思わせる感じの悪さでした!

仕方なさそうに書類を持ってコピーして・・保険証とカードを持ち歩こうとするので・・私は

「すいません!カードと、保険証を返して下さい」と声を荒げたんです・・(><”)

「あーすんません」って返してくれましたが「何処へ持って行くのか?必要ならその旨の説明

をして下さい」と付け加えた。気分を害したのか、中々、書類が揃わず保険の所でもまた時間

を取って全く混んでいないのに40分位待たされたので・・「未だでしょうか?随分待っている

のですが・・そんなに面倒な書類ですか?後、どの位待てば・・?」と聞きました。

若い男性は小さく舌打ちして・・女性に代わり2人で「こっちの人間じゃない!」と言いながら

含み笑いをしているのが聞こえたのです・・(@_@;)

切れそうになる心を抑えてとに角、それから数分で出来た書類を貰ったのですが・・ここでも

担当が違って渡された「この市役所は客の悪口を言うのですねぇ!吃驚しました。色々な役所

へ行きましたが・・最低ですねぇ!」と言い添えてそこを出ましたが・・(-"-)

「この役所の教育と言いますか?」応対の傲慢さに不快で思わず言ってしまったのですが大人

げないと思っていたのですが最初からその調子でしたから・・段々と不愉快になっていった!

も、2度とは来ないと思いますが・・ま、その仕事ぶりを一通り眺めていても真剣にしてる人

は少なく客も居なかったせいかも知れませんが、何とも嫌悪感が沸々と湧いてくるような場所

で最初から感じが悪かったから尚、最後までちんたらした態度で横柄でしたねぇ・・(@_@。

今時、こんな役所がある事にいかにこの地が余所物に対しての扱いが普通でないことを改めて

感じて「あーこれも勉強!こんな事もあるのだと教えられた」と感謝しなければならないのだ

と思った。ブチ切れそうな心を抑圧して血圧が上昇したらぶっ倒れるかと思って我慢したこと

も決して無駄ではなかったと自分に言い聞かせて心裡を安穏にして電車に乗った・・(-_-)

人生は様々です。札幌、神戸、大阪、東京と点々と転居したけれど・・1度も味わった事がない

無礼で不親切な役所でしたねぇ・・きっと、忘れないと思いますがそれでも・・こんな人々が

している仕事にも大きな幸せがあるのかも知れないと思い些細な感情を押し殺した時間だった!

色々な見解はあると思いますが・・時間だけの仕事の様に見えあちこちで立ち話をしている姿

は見栄えも接客態度も不愉快そのものでしたねぇ・・(/_;)

※ベトナム少数民族・・≪黒タイ族≫   <ベトナム航空誌参照>

◎巨大なお団子ヘァーと陽気な笑顔があふれる民族です・・(#^.^#)

ハノイからプロペラ機で凡そ40分、北西部の街「Dien Bien Phu=ディエンビエンフー」に

も少数民族が多く暮らしています。ハノイの2月は真冬で結構冷えます。四季があり部屋の中で

重ね着したり帽子などを被って生活している姿はごく普通です。最近の富裕層には暖房器具など

も普及している様ですが一般庶民には未だそこまでは届いていなく部屋の中でも厚着の生活!

作者はベトナム少数民族を研究し撮影している女性が書いたコラムからのご紹介です・・

彼女はさらに北部の山奥に行くと言う事で防寒対策を万全にして向かったそうです。ダウンに

ブーツ姿だったようですが到着間際の機内アナウンスでは29度とのアナウンスに驚いたそうで

機内の乗客は{Troi Oi〗=チョー・オーイ!英語では{オーマイ、ゴッドに近い意味です}

と大合唱が起こったそうです・・ははははは

降り立つとそこはグレーの寒空ではなく真逆の眩しい太陽が燦々と降り注いだ田舎街だった!

そこで暮らす人々もその気候の様に穏やかで明朗で優しい眼差しを向けてくれたそうです。

ベトナムは数年前から〔ヘルメット着用〕が義務付けられたのですがここに住む≪黒タイ族≫

の女性は全て黒髪を巨大な{お団子ヘァー}にしているのですが・・(*^_^*)

その上にちょこんとヘルメットを載せて走っていたそうで・・微笑ましくもあり心の中では

「何の役にも立っていないに違いない」と密かに思ったと言います・・ふふふふふ

カメラを向けると「美人じゃないから駄目!」と断られるようですが・・( ^^) それでも

照れながらもさりげなく衣装を整えたり髪に手を置き撫でるような仕草をするそうです!

とに角、殆どの女性が笑顔が素晴らしく笑顔が絶えない民族だと言われています。

田圃と山の景色の中によく見かけた看板には{Frontier}の文字があり国境地帯である事

を教えてくれる街でもあったと書いてありました。そうなのです!すぐ傍にはラオスの国が

有る場所でもありました・・(^u^)

山岳地帯に住む民族はかなりの種族が居て何度も書いてきましたが・・珍しい≪黒タイ族≫

の話が掲載されていましたので書かせて頂きました。

今朝は昨日より冷え込んだ感じで窓には結露があった浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/12/06(Fri)
淡い意識の中を色々な記憶が飛び跳ねてキラキラと輝いていた部分や闇夜のような漆黒の中を

うつむいている姿が表れては薄くなって行く「どう生きたらいいのか?未だに心の底には数多

の疑問と不安が存在感を示してどっかり居座っている感覚があります」・・(-.-)

でも「既に歩きだしたのだから先のことは考えないようにしよう!」と時々その影が現れる度

に否定しながらも「何故か?間違った生き方へ直行して行くような感じもあるのです!」

何時だって唐突に決断し、それをやり通してしまう自分勝手さを疎ましく思う反面、それしか

出来ない不器用さに愕然としているのですが・・(・_・;)

{ま、これも1人の人間の生き方かも知れないし・・これしか出来ない!}を強調して安定を

保っている部分がある気がします・・ははははは

面倒や難しいことは性に合わないし・・出来ない事は理解しているから《こんな自由な生き方》

を選択出来た〔縁〕に感謝していると言う気持でしょうか?

時に触れては考える事に『品性と知性』があります。 或る年齢になるとその顔に『品性』が

現れている人を見かけます・・その人を見ながら「私は他人にどう映っているのかしら?」と

思う日も偶にはあるんです・・!(^^)!

『品性も知性』もないけれど「せめて顔の表情だけは優しさがあってほしいとか?」考える時

も図々しくありますが・・ふふふふふ 長年生きてきた道筋の中に『品性』を備えるべく時間

は確かにあった筈です!

同様に『知性』も「沢山の時間を無駄にして生きてきたのではないか?」という一抹の不安が

過って立ち往生する日々も多々ありました。 それでも、も、先が無くなってきた年齢になる

とそんな事が奇妙に心の襞にチクチクと刺さる浮遊した時間帯があって・・間に合わなかった

後悔とか懺悔にも似た思いに拘泥している自分が見えるのです・・(-_-メ)

「も、考えても仕方ない!」とかは充分に解っていても深奥には矢張り格好つけている部分が

あってその事を見抜かれないようにガードしている自分がいるんですねぇ・・あははははは

時間がないのだから「どう死にたいか?」に方向転換してそのモヤモヤしたものは吹き飛ばし

さっぱりして出立したいと思う心が交錯する日々です・・(^^ゞ

人間が成長していないのでしょうねぇ・・恥ずかしながら年相応には『品性も知性』も無い!

が現実なのでしょう・・うふふふふ

※ハノイ 〚B52戦勝博物館〛      <ベトナム航空誌参照>

B52戦闘機を打ち破ったベトナム軍の栄光を検証できる博物館です。

ベトナム戦争中、ハノイには〖死の鳥〗と呼ばれ恐れられていたB52戦闘機が多数飛来して

絨毯爆撃を行ったそうです。しかし、ベトナム軍の対空砲火などによる撃墜もかなりの数に

のぼり、戦勝への大きな足がかりになったと言われています。

これら撃墜を記念した博物館が、B52戦勝博物館です。改装のため長らく閉館していました

がこのたび再度オープンしたのです。展示はコンパクトに纏められてB52に打ち勝って行く

過程が詳細に説明されています。

注目は前庭のB52戦闘機の残骸で、朽ちた鉄の塊はまるで平和を祈る近代アートのオブジェ

のようにさえも感じられます・・(@_@;)

近くのヒウティエップ湖には、撃ち落されたB52の残骸がそのまま残っていると言われてい

ます。時間の余裕がある方はぜひこちらも見学して頂けたらと思います。

アメリカに戦勝した国としての誇りと自信は、ベトナム人の誰の心の中にも・・大きな矜持

としてあるもので何よりの自慢でもあります!

今朝は雲が未だ取れないままの空で夜明けが来た浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/12/05(Thu)
アルバムの中に自身の結婚式の写真を見つけ様々な事が走馬灯のように去来しては懐古の情を

残すそんな感覚に暫く浸っておりました・・(^^ゞ

気恥しい心情とあの頃の時間がまるで瞬間移動するように目の前を通り過ぎていきました!!

「若かった!」それだけで十分だったあの頃は{何を願い、望んで生きていたのだろうか?}

新聞記者の夫は鉄砲玉のように出かけたら(音信不通)の人だったから・・殆ど1人で子育て

をしたことなど・・初めて札幌という未知の街に住んだことなどが心に棘が刺さっている感じ

で[過去という名の思い出]となって沈澱している・・(+_+)

余りの寒さで何枚も重ねても震えが止まらないそんな時期があったり、水道が凍結して地下迄

何度も夜に栓を閉めに行ったり早朝開けたりを繰り返していた記憶!

あの頃は本当に真剣に生きていたと思う・・子育てと家庭を守ることだけで精一杯だった気が

するが誰も頼る人がいない見知らぬ土地で、夫の兄姉から姑から若過ぎて何も知らないと言う

お小言や執拗なる意地悪に耐えていた事も、今は楽しかった部分にチョイスできる時間として

残存しています・・あははははは

今、考えればおぼつかなく子供が子供を育てるようで不安だったのでしょうし、夫の留守中に

何か有ったらという心配が多分にあった明治の姑と大正の小姑たち・・ははははは

みんな別の世界で見守っていてくれるから元気でこんな幸せな日々が送れると写真を見ながら

そんな事を考えていた時間がありましたねぇ・・(#^.^#)

若いと言うことはそれだけ無軌道だけれど、決して手抜きだったりいい加減ではなかった筈が

傍から見れば「どうにも口や手を出さずにはおられなかったのでしょう・・(-_-) この歳に

なればそんな事も笑って理解できる・・(*^_^*)

そんな事は大したことではなかったのに・・あの頃は敵対心で一杯だった・・ひゃははははは

誰か1人でも味方がいればそれほど固執する事も嫌がることもなく素直に聞けたのかも知れず

なんて思ったりもしたのですが・・7人兄弟の末子で私との年齢差もあって、私の亡母と夫の

長姉が同じ歳という複雑さの中に飛び込んで行ったのですから・・あの時代です・・どれほど

の心配をかけていたのかと・・今更のように思い出し{親切もまた嫌悪}にしか思えなかった

若さに可笑しさと愚かさを覚えていました・・うふふふふ

それでも最期は私でなければ駄目だった姑も温かい時間をくれました・・( ^)o(^ )

こんな時間が過ぎ去って行った事を思い出すにつけ、元来の性格もあるのかも知れないけれど

〔奔放で我儘、誰にも関わらずに生きたいと思う心はその時期に芽生えたのかも知れない!〕

そんな時間を過ごしていました・・(*^^)

※ダラットの写真や・・      <スケッチ・コラム参照>

ダラットはベトナム中部にある高原地帯で嘘のように涼しく快適で野菜、花々の生産地であり

未だに新婚旅行のメッカとしても人気がある有名な観光地です・・(*^。^*)

そのダラットには大きな市場があってその階段を昇って行くと1960年代から夫婦で営んでいる

写真やがあります。客は10分置きくらいに出入りするほどの繁盛ぶりで多分この店しか無い?

すかさず奥さんが撮影の目的を尋ねパスポート、身分証明書、入試、就職?などと聞く。

そして服装や髪形を一寸直してにっこりと笑顔を見せる。も、何10年と同じことを繰り返して

いる筈なのに何時だって爽やかさを漂わせて感じが良い・・( ^^)

彼女の口癖は「美人さんが1番大変なのよ」と「そうじゃない人と比べると写りの良さを酷く

気にするから」と言います。 

準備が整ったら小さなベルを鳴らして主人を階下から呼び「余り笑い過ぎないように・・」と

指示を出したりもする。慣れた手つきでシャッターを押す主人との息もぴったりです!

瞬時で終わるのに・・矢張り緊張している様子が見えるし、子供は恥ずかしそうにしている!

「大丈夫!誰でも撮っているし、凄く素敵に撮ってくれるから」などと声をはさむ彼女。

仕上がった写真を見せながら彼女はほんのちょっぴりのお世辞を忘れない「ハンサムだわ!」

「綺麗に取れている美人よ!」その一言が客に緊張感を緩和させ心を穏やかにする魔法の薬の

如く響くようで店を出て行く客は笑顔になっている・・($・・)

きっと長年の経験から培ってきた自然の慣れとカウンセラーのような言葉の魔力にすっぽりと

置きかえられて心理的な働きかけが気分を爽快にする事に気付かされる・・ふふふふふ

スタジオという視覚の聖域にも関わらずアイデンティティにまつわる厄介な問題を柔軟にする

効果があるのではないでしょうか?

ダラットはハノイやホーチミンとは違って時が緩やかに流れ、煩雑な言葉やバイクの喧噪が嘘

のように少なく人々に穏やかな時間が漂っている街でもあります。

だから、こんな光景もまたベトナムで有り、ベトナムという国の一面でもあります。 都会の

繁忙さと騒音に慣れてしまっていた私などはこのダラットは『桃源郷』を感じる土地柄である

気がしたもので・・何度か花を観に避暑に出かけた場所でもありました・・ふふふふふ

今朝はぼんやりした鈍い陽光が少しづつ差し込んできた浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/12/04(Wed)
最後の検診で眼科に行きました。あまり付き合いがない病院ですが・・飛蚊症らしきものが目

の中を泳いでいるようで・・かつては酷い状態でその為だけに帰国したほどでしたが、今回は

1つだけ黒い輪っかが時々往来する程度だったのですが・・矢張り診て貰っておきたいと思い

出かけました。外は快晴で暖かく気持のよい青空の中を歩いて20分。 

待合室は20名程の人がいて吃驚しました・・かなりの混みようで一瞬、たじろいた感があって

初めてだったので視力検査もあり、即呼ばれた。そして、暫く待っていると診察室に入り女性

の先生・・なぜか?眼科は女性の先生が多いのかしら?今迄の数回の経験でも全て女医でした。

瞳孔を開く薬を差されて30分ほど待たされた。 完全に開いてから暗室のようになった診察室

で光を何度もあらゆる角度から当てられ色々と検査を受けました。

「白内障はないですか?眼圧の検査は?」「全て異常なし・・年齢的には充分元気な目です」

などと言われて薄黒い輪っかも老化のせいでその内消えるとの話でした・・(#^.^#)

  {帰路は太陽の光が本当に反射して眩しく信号も見えないほどの状態でした}

夕方までその症状が続き何も出来なかった・・(-.-)何となく違和感があり動きたくないと

言う感覚でした!

何とかこの一時帰国に当って随分検査を受けましたが、有り難いことに持病も進行していな

く今の状態をキープすれば良い状態で・・心底安心しました!

本当はMRIも予定していたのですが・・それは行けないかも知れない。時間が目白押しでやる

ことが多く来週には引っ越して出国するものですから・・もっと早く行く機会はあったのです

が・・これが1番案じていたことなのに後回しになってしまった・・(-"-)

ま、今のところは思考も物忘れも普通程度?の様子だから・・なんて自己判断・・あはははは

何か異常がでたらそれは受諾するだけ・・充分幸せに生かされて自由奔放な生き方を許可され

ている幸せに感謝するのみです・・(-_-;)

※ベトナム注目ニュース

◎AN GIANG / BINH THUAN
{アンザン / ビントゥアン}

    ”アジア版ギネスブックの認定を受けたアジア最大&最長の仏像・・”

アジア版ギネスブック[アジア・ブック・オブ・レコーズ]で、アンザン省の弥勒菩薩像と

ビントゥアン省の涅槃像がアジア記録として認定されました。

アンザン省カム山に鎮座する弥勒菩薩は高さ33,6m、重さ1700tもありアジア最大の弥勒

菩薩と認められたのです。2004年2月に始まった建立は2005年12月に延べ60人の手を経て

完成されたと言われています・・\(◎o◎)/!

ビントゥアン省タークー山の涅槃像は長さ49mでアジアで最長の涅槃像です。8,8mもある

足の裏をバックに記念写真を撮る人が後を絶たないほどの人気になっていると言う話です!

今朝は曇天で輝きが見えない肌寒い浪速の夜明けです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/12/03(Tue)
最近の5時起きは未だ真っ暗なので少しずらして5時半に起きていますが6時前でも未だ薄暗く

洗濯物を干していても殆どの家は未だ電灯も点いていなく朝の来ない静寂さです・・( ^^)

手洗いの洗濯物は乾きが悪く部屋に入れて、も1度干さねばならない太陽の力不足を感じ冬を

痛感しています・・うふふふふ

ま、かなり片づけてしまったり処分しているから、今時に着る服が少なく交互で洗い着ている

有様で、洗濯物がほぼ同じで・・全く笑ってしまいます・・あははははは

それでも誰に恥じる訳でもなくせっせと自分を通していますが・・うふふふふ ま、お洒落と

はすっかり縁遠い生活になっています。これらも全部処分するのですが・・(^^ゞ

病院も買物も上に羽織る程度で出かける・・こんな生活もありですねぇ!ベトナムでの生活を

思いだしながら、それでも結構、毎日2回くらいは着替えて洗っていたから枚数が欲しかった

ものですが大抵は同じ格好をして暮らしていました・・(-.-)

※ホーチミン市内の店のご紹介です・・      <ベトナム航空誌参照>

◎若手アーティスト作品が購入できる《サイゴンフリーマーケット》

ホーチミンシティ7区{住んでいました。コリアンタウンで発展した区でもありかなり大きな

1つの町の様になっています}そこで毎月第3日曜日にフリーマーケットが開催されています。

流行に敏感なベトナムの若者や在住外国人が多く集まり、毎回2000人近くが押し寄せると言

われ人気があるマーケットです・・(#^.^#)

販売されているのは服やバッグ、アクセサリーなどのファッション系商品の他には石鹸、バス

ソルト、シアバター、ホームウェアなどがあります。

若手デザイナーの店舗も多々あって掘り出しものも沢山あるそうです。アートペイントや音楽

ライブなども開催されます。 ウェブショップや市内に店を構えているショップからの出展が

殆どですが、在住者でも知らない店も多く有って・・掘り出し物を探すのも楽しみな催事だと

知られています。かなりの若者が集合するので面白いです。

コスメだったりアロマ関連商品などもあって1度はその時期に遭遇されたら行かれて見るのも

一興かと思います。こんな催しは若者は大好きですから・・ふふふふふ

大勢の若者に交じって見物するのもこの国の雰囲気や国民性を感じる場所でもありますし、又

想像以外の発見もあって面白いものです!感性の違いや色使いの華やかさ、驚くほど異なった

色彩感覚は興味あるものです・・(*^^)

今朝は少し冷たく感じた朝でしたが・・暁光が輝き初めて・・ほっとした浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/12/02(Mon)
1人の人間が生きて行く事の重みを最近しみじみ感じております・・(-.-)荷物の整理に追われ

過ぎ去って行った数多の時間は「一生懸命生きただろうか?亡夫が心を残して逝った時間を無駄

にはしなかったかしら?」などと考える時間があります・・( 一一)

尤も今更、過ぎた時間を止める訳にも行かず去った人々に聞くことは不可能ですから・・自分の

愚鈍な頭脳に問いかけながら・・「この程度しか生きられなかったけれどま、その時々は懸命な

時間だった!」と自己納得していますが・・他人から見れば「馬鹿じゃない?もっと違った利口

な生き方が有った筈?」と思われても仕方ない・・ははははは

だって、どう足掻いても私は私の道しかないし、分岐点の停止場所がずれてもそれはそれなりの

決断だったし私の道程だから・・などと諦観するしかない・・(・_・;)

様々に残されている日記や亡夫の手紙なども闘病生活の壮絶さが伝導して読めなかった物も今回

は殆ど半分以上は処分した・・(-"-)

それが良かったかも理解は出来ないが自分が前に進むのにも、不必要だと思ったからで、子供に

残す分以外は破棄できた!24年という歳月は長かったようでもあり瞬時の時間が刻まれた気持ち

でもあります。札幌の墓参もいい区切りであった事を改めて毎年通った事を自分なりのけじめと

思い心が少し軽くなったのは事実です・・(#^.^#)

※ダナンのお店紹介・・          <ベトナム航空誌参照>

◎癒し系スパ〈ゼンスパ〉がダナン中心部に新店をオープンさせました。

異国情緒溢れるインテリアと行き届いたサービスで外国人を中心に人気のある〈ゼンスパ〉が

ハノイやホイアンに続き新しく開店した。 同店のメニューはベトナム古代王朝の伝統療法を

取り入れていることで知られ、中でも人気なのが〚五行思想〛に基ずく施術です。

万物が木、火、土、金、水の5つの元素からなるとみなし、身体に不足した元素を自然素材を

用いたマッサージで補うというものです。

死海の泥と蜂蜜を使用した〚五行・土〛や銀のコインや生姜を使用して少数民族の伝統療法

も取り入れた〚五行・金〛といったコースがあります。

男性のみの利用も可能で、出張で疲れた身体を癒したいビジネスマンにもお勧めの店です。

昨夜は激しい雷雨となって午前中にはかなり日差しも出ていて洗濯物は辛うじて乾燥する

天気でしたが・・思いがけない集中的な雨に驚かされた夜でした・・(+o+)

今朝はさほど冷え込みもなく未だ雲が空を覆っている感じですが晴れる予報を信じている

浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/12/01(Sun)
工事中の道路を歩きながらそれでも、案外早い進行に少々吃驚しましたが・・冬空の冷気

の中、外での仕事も大変だろうと思いつつ昨日はカンボジアへ持参するお土産や必需品を

購入にでかけました・・($・・)

「海外に住んで何が欲しいか?」と言われると魚なのですが、殆どの暑い国では魚は海で

獲れた日本でも名前が知られた魚はレストランや和食店に回され、市場には殆ど出回って

いないのが現状でしょうか?・・(-.-)  生は少なく冷凍品はあります!

有ったとしても煮物や揚げものが多くて秋刀魚や鯖などを焼く事などはない・・先ず魚焼

き器がありませんから・・(-_-) 練炭や炭で網を載せて焼いている姿はみたことはない。

肉や貝類は焼いていますが魚を焼く習慣が無いのだと思います・・ふふふふふ

だから、ふりかけや、お茶漬けの素など、軽くて魚が入ったものを多量に持って行きます。

勿論、魚も食べますが・・日本人的感覚ではないから・・味が異なり、調味料も持参する

事になるし缶詰など・・そんな物を揃えていたら凄く重くなり両手に持っても千切れそう

で、電車では床に置いたり家までの帰路、何度も立ち止まり休憩しながら戻った!

何と3時間も買い物に出ていたのです・・(@_@;)あちこちの店を歩いたからでこんなに

時間が経っていたとは想像もしなかった・・本当に便利になって何でも揃うから多分これは

無いだろうと思う物ばかりを探していた気がします・・あはははは

《無ければ無い生活も経験しているのです》が・・人間の心理とは面白い・・(^^ゞ

  [何とでもなると思う反面・・有ったら便利だろうと考えるものです!]

※ベトナムの日本産業の今・・    <ベトナム航空誌参照>

経済発展に伴い様々な広告が街中を彩るようになってきたベトナムです。

東南アジアのビジネス新興国として注目を集める市場へ広告代理店{電通}が進出したの

は2003年。ブランドエージェンシーの{電通ベトナム}を始め{電通アルファ}昨年には

{電通メディアベトナム}を設立。10年という歳月を迎えた。

ベトナムは日本と比較してプッシュ広告が未だ少なくTV.プリント・屋外など出稿先が限定

されている。地域差も激しく地方はTVと屋外広告のみです。

最大手の新聞でも発行部数は40万部程度ですから現時点ではTVが最も効果的だと言われて

いるのは仕方がない現実でしょうか?・・(・_・;)

しかし、定量データーの不整備や、広告費、内容の基準が明確化されていないなどの問題

も多々あると言います。また、広告業界は色々な広告主がいる事で活性化するものですが

業界を牽引する日用品と食品はトップ20の大半を占めるため、広告のカテゴリーが少なく

裾野産業には及ばないのが現況です。

ネットの普及も進んでいるので今後の伸び代は期待大だと予測されていますが・・( ^^)

今朝は前日の青空の名残りがある様で冷え込んではいますが、雲がでて少し薄暗い浪速に

なりました。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |