ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/31(Thu)
大和川の堤防沿いには先日の台風の跡が未だいっぱい残っていて流されてきた材木や

樹木の折れた物、破れたビニールシートなどが引っ掛っていて誰も手をつけていない

様子で両サイドは川の半分は汚濁されたまま放置されているのを昨日初めて見た!

色々なものが川の流れを邪魔していて・・河沿いに積んであったのかも知れませんが

夥しいほどの量で・・\(◎o◎)/!しました。

堤防には秋のキリン草と言うのだと思いますが・・満開で殆ど真黄色になるほど咲き

乱れびっしりと繁茂していました。風の流れに金木犀が匂いゆっくりと坂道を病院へ

離日する日が決まってチケットも取ることができたもので・・行って来ました。

チケットのせいで延長されたのですが12月中旬には戻ることになりました・・(-.-)

出来るだけ薬を持って行けたらと思い行ったのです。話は既に通っているから月2回

に替えて貰いその都度薬を頂くことにしたのです・・( ^^)

病院は珍しく混んでいて予約制なのですが子供の風邪が流行っているらしく・・予約

時間を大幅にずれていた。その上インフルエンザの予防注射や老人が多く、この病院

へ通うようになって初めて小1時間も待たされた! 子供と接する機会が殆どないから

ベビーを連れた2人の子供の母親や、祖母に連れられて来た子供がいて待合室は数人の

子供で賑やかでした。 最初は静かにしているのだが飽きるのでしょう・・(/_;)

咳や鼻水を垂らした子供が走るからベビーが眠りを妨げられて泣き出したり・・本当

に面白く子供達を見ていましたねぇ・・(*_*)

 {あんな頃があった事など私の中では完全に大過去の中に埋もれています!}

でも、そうやって育てた記憶だけはありますが・・今ほど騒々しい世の中ではなくて

緩慢な時間が流れていた気がします。びっしり座っている待合室で隣になった同年配

の女性が話しかけてきてひとしきり昔の育児についてお喋りした・・( ^)o(^ )

1日が何よりも大切になって来た私にとっては少しでも日本の生活の中の記憶を増やし

たくて何でも経験だと思っている。  外も暖かく気分の良い日でした・・( ^^)

久し振りにペインクリニックでの注射も受けた。肩や首筋が痛く少し頭痛がするから

依頼してみたら何年振りかの注射でしたが・・かなり楽になった気がしました!

※ベトナムニュース

◎粉末デザート製品などの製造販売へ=ハウス食品

ハウス食品は完全子会社の「ハウスフーズベトナム」がベトナム・ドンナイ省アマタ

工業団地内で建設していた工場がこの程竣工、今年5月からベトナム全土向けプリン

など粉末デザート製品の製造・販売を開始しました。

アマタ工業は敷地面積3万平方mで、延べ床面積は5000平方mもあると言います。

ハウス食品はベトナムで親が子供に、デザートを作る習慣があることに着目し同社が

長年培ってきた簡便性のある粉末デザート製品に、仕事を持つ同国の母親と子供たち

の需要があると判断したそうです。

[プリンミクス][同ストロベリー]とアイスシャーベット[シャービック・ストロ

ベリー・同オレンジ]を各1万9500ドンで製造販売しています。

健康と美容に関心のある20代のベトナム女性の購買意欲が旺盛である事からビタミン

やコラーゲンなどを含む粉末機能性の飲料製品[フルーティー・ビタ・オレンジ]や

[同マンゴー・ビタ・オレンジ][マンゴー・ヨーグルト]を各2万4000ドンで製造

販売しています。

ハウスフーズベトナムでは「家庭で親子で作る楽しさを広げる」をコンセプトでTVの

CMや小学校などでのサンプリング、親子料理教室の開催など多角的なマ―ケティング

活動を展開しています。

こんな記事は矢張り書いていても心が豊かになって日本の会社が奮闘している話には

嬉しく感じるものです・・(*^_^*)

今朝は早くから陽光が輝いて、少し冷たくなった外気が窓を開けるとふわりと入って

来た浪速です。
スポンサーサイト
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/30(Wed)
電車に乗ったら、すぐ前の席の女性(中年)が座った私を、それこそ頭から足元まで

ズゥーと睨むように見るのです・・(@_@。「全く見知らぬ人でどうしたのかしら?変

な人?」と思いそれでも目を外さないから・・数分間は睨み合うような格好になって

空いていたものだからよせばいいのに・・あはははは  ”立って行きました!”

「失礼ですが・・何処かでお目に掛ったのでしょうか?何か失礼な事したのかしら?」

って聞きました。彼女曰く「あーたま来てるんや!あんたなんか知らへん?見てたら

腹が立って今日は気分が悪いんや!」って大きな声で言われた・・(@_@;)

「あら?そうなの!私はてっきり失礼な事でもしたのかと思って・・お気を悪くされ

ているのなら謝らねばと思ったんですよ!」と言いました。

「何もかも腹立つねん・・ほっといてんか?」って言われて私は降りる駅がきたので

「お先に・・」と言って降りたのですが・・振り返るとタオルを出して泣きだした!

それを見て「何か?余程辛い事や悔しいことがあったのかも知れない・・(-_-)」と

そんな事を考えて駅のエスカレーターに乗ったのですが・・普通は多分、こんな状況

に遭遇しても・・無視するか?声をかけるなど大抵は余りしませんよねぇ・・(/_;)

「そこが私の変わったところと言いますか?変人たる所以かも知れません」が、何か

心に引っ掛るとはっきりさせないと嫌な性格なのでしょう・・あははははは

    〔多分に私には{グレイゾーン}は無いのかも知れません?〕

要はお節介なのだと思いますが・・余り感じが悪かったもので思わず言ってました!

帰りの電車は混んでいて座れなかったのですが、吊革を持ちながら・・人の世の様々

な縮図のような感覚が過って「人は人前で出せる行動と、我慢することの区別もでき

なくなったのかしら?」とか色々と考えていました・・(-.-)

もしかしたら病気だったのなら、余計な事を言ったかもと思っていました・・余りに

鋭いきつい目で凝視されたものだから・・結構複雑な想いが頭の中を流れていました。

        *家に着いたらどっと疲れていましたねぇ!*

全く関係のないことに口を出し、余計なお世話をして・・自分自身も良い感じはしな

かったです・・(-"-)       〈馬鹿みたい!〉

「まーこの程度の思考しか出来ない人で恥ずかしいけれど・・私も我慢できない人の

仲間だった・・( ^^) 」と思ってお気の毒な反面、可笑しくもあった出来事でした!

※豪華なベトナムレストラン      <ビナBOO参照>

ホーチミンでは割合、知られたお店です=クアン・アン・ゴーン138

NAM KY KHOI NGHIA通りにあってホーチミンでも中心街の有名な通りで、統一教会

近くにある7階建ての豪華なベトナム料理レストラン&カフェです。

正面入り口は木製の古代オリエンタル風で、中部フエの伝統的な建築様式が、観光客

に大人気の店なのです。

1,2Fはレストランで500席を用意。B1にはパーティルーム、6Fに4つのVIPルームが

あります。結婚式や誕生会には特別なプロモーションがあります。

7Fのテラスカフェはお洒落でティータイムに最適かも? 18時には屋上のガーデンが

オープンしますし、夜のホーチミンの眺めは絶景でとても綺麗です・・(#^.^#)

北部、中部、南部の料理。ご飯からデザートまで300種類以上のメニューがあります。

他のお店には無い料理を試食する事も可能です。  料理は新鮮で凄く美味しいので

お勧め出来ます・・(*_*)

メニューは解り易い写真つきですから「何を選んだらいいのか分からない」事はない

と思いますが・・店員さんと相談してもいいのでは?

1Fではお洒落なガラスや籠が沢山並んで、地区ごとの料理の実演コーナーなどもあり

その場で注文もできますし、料理の作り方を見ることができるんです・・(*^。^*)

また、毎日、お店からの日替わりメニューが40%offで楽しめるのも嬉しい事です。

早朝7時~22時まで営業していますので・・夜景を楽しむのは素敵な観光スポットに

なるのではないでしょうか?

とに角料理の種類が半端ではなく選択できるのは何よりですし、珍しく見た事もない

料理にも出会う機会があります。ぜひ楽しんで頂きたいと思っています。

大体何時も混んでいますが・・大きいので並ぶ程のことは無いと思いますが・・この

1年半は行ってないから詳細は把握しておりません・・悪しからず・・<(__)>

近頃は5時でも真っ暗ですが矢張り時間が来ると幸せな事に目覚めるので起きています

浪速の晴れた朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/29(Tue)
スーパーの中は殆ど時間をかけない人ですが・・最近は物珍しいのと様々な見知らぬ

商品が多いので、久しぶりにのんびりと見ていました。日向ぼっこが気持ちのいい日

で行く時に公園で出会った老人2人は帰宅後も未だお喋りしていた・・( ^^)

日差しの当たる方向へ移動しながら丁度気持ちが良かったのでしょう。店内で20分位

居たのですが・・あんな風に外で会って話している姿も微笑ましい感じで通過した!

分厚くなった洗濯物は半乾き状態でしたから、方向を替えたりして、干し直して部屋

に入ったら丁度12時でした。早速、食事の準備をお昼は野菜スープと食パン、卵焼き

にソーセージ、ジャガイモ、香草を入れて食べた・・( ^^)

何でもいいのですが・・パンにする時は必ずスープ類を付けることに慣れてしまった。

ベトナム生活の名残です・・うふふふふふ  味噌汁が余り好きではないのです!

だから、ご飯でもスープが多いかも? 味噌汁も全く作らない訳ではありませんが・・

☆カンボジアTV事情・・

◎番組表がない! 通常編成ができない局・・

時間が正確でないのはある意味国民気質とも言えますが・・もっと仰天する事は新聞

などに出ている「本日の番組表」が存在しないということです。

特にTVKでは局内で毎週どんな番組が放送されているかの編成表すらないのが現実。

レギュラー的に製作されている番組はニュースを除けば、10本位は存在するのですが

「何分番組で、一体何曜日の何時から何時まで放送されているの?」と聞いても・・

△曜日の、△時のニュースが終わった後から始まる。放送時間は大体20分程度かなぁ

という返事が返ってくる程度だと言います。

因みに過去に放送された話では「20分」番組はある日は「14分」で違う日は「23分」

だったと言いますからいい加減なものです・・(^_^;)

しかし、放送時間を回答出来る場合は良い方で担当者なのに「一体、いつ放送されて

いるのか解らない」人が多いそうです。番組が完成したら放送されると答えた担当者

もいたそうで吃驚します・・(@_@。

さすがに民放の星CTNのウェブサイトにはレギュラー番組の時間が書かれている様子。

日本では「これから放送される番組の日時を宣伝すべく書いてあるものですが、ここ

では過去1ヶ月に放送された日時を並べていることも大きな驚きでしょうか?」

多分、宣伝ではなく記録なのかもしれません・・( 一一)

◎機材がない! 人材が足りない! 拙い番組作り・・

TVKで現在使用している機材の大部分は10数年前に日本のODAで供与されたものです。

スタジオ機材などは大方壊れていて騙し騙し使っているのが現況だそうで、こうした

古い最低限の機材で殆どお金をかけられずに作っている制作現場の技術力とスキルは

世界標準からは程遠いと言わざるを得ないのが現実なのです・・(-"-)

色も構図もアンバランスな映像。音声スタジオが壊れて真ともに使用出来ない為音質

は極めて悪い。編集はそのコンテクトを大きく外れていると言う。

ソフトとしての番組の水準は日本の素人ビデオ並かそれ以下だとも・・(@_@;)

「なぜ?こんな事態になっているのか?」と言いますと、ここでもあの{ポル・ポト}

政権下の暗い歴史が影を落としていて1970年代から10年ほどTV放送が中断してしまい

その上に映画や音楽、あるいは小説といった先人達の遺産や、海外からの優れた作品

に接する機会が極端に少なかったことが起因してると言われています!

良いものを知らないからどういうのを目指せばいいのかを肌で感じられないのが事実

だと言います。

◎待ったなし! 2015年デジタル化カンボジアのTV局の行方は・・

そんなカンボジアのTVにも大きな転換期がやってきます。2015年のアセアンの経済

統合とともに、域内の放送が一斉にデジタル化するのです。ご承知のように日本では

2011年デジタル化されたが10年の歳月が掛けられていたのです。その事から考えても

この国でスムーズに各局の機材が全てデジタルに切り替わるとは想像も出来ない!

一般家庭へのデジタルTVの普及に関してはもっと難問があると言われています。

しかし、現在のこの時代。コンピューターやスマホでTV番組を受信、視聴すると言う

形式ならば、デジタル化は成功するのではないか?とも言われています! この国の

wifiの普及状況から見ればその方が現実的ではないか?と専門家は言っています。

問題はインターネットと同様にTVが見れる環境になった場合に、この国の人々がTVを

必要とするのかどうかが疑問です?

数年前、国王逝去の際に顕著だった事実はこの国のTVはインフラの遅れや政府による

検閲の問題で、その速報性がインターネットに大きく遅れを取ったことがあります。

インターネットで流れたニュースにTVが半日遅れて放送するというタイムラグがあり

ました・・(@_@;)

ネット上に様々な情報があふれている一方でTVはライブ映像すら流せなかった事実は

大きな問題があると言えると思います。

世界的にインターネットが普及し始めた1990年代に漸く始まったカンボジアTV時代は

メディアとしてその成熟を迎える前にインターネットとの共存を余儀なくされる事態

となって来ています・・(-_-メ)果たして、カンボジアのTVがどちらに舵をきるのか

それはこの国のメディアの未来を占う大きな転換期でもあります。

[金廣 純子氏=TVプロデューサー。東京のキー局で活躍。2012年よりJICAシニア

ボランティアとしてカンボジア国営TV局でプロダクション・アドバイザーとして活動

されています。彼女の話からカンボジアTV事情を書かせて頂きました}

これからどうなって行くのでしょうか?凄く楽しみでもあり・・10年前のベトナムの

ドイモイ政策時代を彷彿とさせる・・それ程遅れている国の発展は見逃せないと言う

思いが多々あります・・(-.-)  【それもまた興味津々の問題でもあります】

今朝は曇天で夜が明けました。寒さも少しあるでしょうか?そんな浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/28(Mon)
台風騒ぎが終息してほっとした間に冬が来たように寒さが到来しました・・(-_-メ)

目まぐるしく変化している天気も人間の心も移りやすい時期なのかも知れません!

日中はそれでも太陽が暫くは出ていたのですが雲の流れとともにすっぽり翳に入って

しまうから洗濯物も乾く間もなく日暮れが来てしまった日曜日でしたねぇ・・(-_-)

暖房をつけると暑く、全く火の気がないと”うすら寒い”部屋の中で珍しく本を読ん

でいました。カンボジアから持ってきた本ですが、面白くて結構長い時間読んでいた

気がします・・( ^^)  片づけも少し休憩状態で、根をつめて頑張っていると疲れが

出ると・・老いた身体には応えると思い休日としました・・ははははは

それでも、ビニール袋に燃えないゴミの整理はしたのですが、缶を取りに来ないから

生ゴミと一緒では場所がない「こんな事もあるのかしら?」なんて思っているのです

が・・初めての経験で、重なった日は何処に出すのか解らない・・(-_-メ)

ま、誰かが出した場所を見ながら出しに行かねばと思っていますが・・最近は面倒で

スーパーで殆ど中身だけにしてトレイは処分してくるのですが、それでも1ヶ月経つ

とかなりの量になる。何せヨーグルトや飲み物類は毎日だから・・それだけでも多く

スーパーで処分できない店もあるから、雨や遠出しない日はそのまま持ち帰る。

今は何にでもトレイに入っていて・・お寿司など偶に買う時もあるのですが・・幅広

で頑丈に出来ていて嵩張るから、お弁当はまず買わないのですが・・生寿司などは食

したくなる日があります。家族でもいれば自分で握ったりもしていたのですが1人の

食事で生寿司を作ることは先ずしないなぁ・・ひゃははははは

それも、2回に分けて食べるくらいです。炊きこみご飯や栗、豆、茸や鮭ご飯などは

作るのですが・・(#^.^#)それでも自分で毎日3食作っていると偏りがでるから・・

時々は購入する場合もありますねぇ。 1人ですが必ず何か作って食べるように気を

付けていますが多くなると3食同じものを食べる日もありますが・・それでも何か手

を加えたりも、2品くらいは軽く作って食べるようにはしています・・(*^_^*)

料理は下手ですが、時間が来ると必ず台所に立つという習慣は抜けていないみたい!

家事は好きな方だと思います「余り手抜きはしないかも?」ただ、レトルトや冷凍品

は使用頻度は多くなった気がします。でもそれも必ず手を加えるようにしている・・

そのまま使用する事は殆ど無いと思いますが・・便利になって、海外にいた時はそれ

らの商品は無いから全て手作りでした!そんな事を思っていた肌寒い1日でした!

☆カンボジアの話・・    <クロマーマガジン参照>

久し振りにカンボジアの話をご紹介します{本を読んだもので}面白かったのです!

◎カンボジアTV事情について

「カンボジアには幾つ位のTVのCH局があると思われますか?」きっと、2、3局だと

想像されると思いますが・・それが案外有るんです。国営TV局のTVKと民放は13局

も有ると言います。地上波の数は日本の在京キイ局よりも多いことに驚きました。

最近は民放で最も勢力があるのはCTNで所謂[総合波]として人気があります。

勿論[ニュース専門]としてはCTC、韓流ドラマや音楽番組を専門とする[MyTV]の

3つを兼ね備えているからだと言われていますが・・(*_*)

こうしたCH局ごとに番組編成の特徴がある理由は、矢張り、この国のTVのスタートが

1990年後半から21世紀、世界的に『多CH時代』に突入した時期に起因していると言わ

れています。そもそも、TV放送は1960年代に既に始まっていたのですがご承知の通り

{ポル・ポト政権}下で一時停止となりその後に復活したからで1986年にTVがカラ―

放送を始め1990年まではTVK唯一の放送局だったそうです。

*時間通りに番組は始まらないし、終わらない・・

例えば朝7時丁度に各局をザッピング=(TV視聴において頻繁にリモコンでchを切り

替えながら見ること)してみると、TVKは7時丁度に国歌が流れる事になっています。

他の民放各局の朝のニュースショーは7時に始まることになっている。しかし、日本の

のように一斉に番組が始まることは絶対という位にありません。

時刻を表示している局もありますがこれも数分はズレているのが普通です。

「何故?こんなことが起こるのでしょう?」TVKを例にしてみれば局内には真ともな

時計は1つもなく、壁に掛けられた時計は先ず動いていないし、作動していても大幅

にズレているのが当り前になっています・・><”

日本では考えられないことですが、正確無比な電波時計を使っている筈の生放送用の

スタジオには時計が2つもあるのに2つともズレている「どちらが正しいのか?」多分

誰も知らないし、どちらも正しくは無いのが普通みたいです・・(@_@;)

日本の様に番組の送出がコンピューター制御されている訳ではなく、全て手動放出し

ている現状でも真ともな時間が、時計が狂っている場所で7時丁度に番組が始められ

ないのは自然なのです。だから8時に終わる予定の番組も終わらないし、終わらせる

気も全くないのだそうです・・(-_-メ) お国柄なのでしょう・・あははははは

カンボジアのエンターティメントとしてのTVは、韓国や中国の海外ドラマが圧倒的な

人気で音楽番組はカラオケ番組が中心です。

しかしその意味を文字で説明しても中々伝わりにくいものだと言われています。

未だ面白い話がありますので明日続きを書かせて頂きます。

今朝は早くから雲がすっかり取れて青空が広がり日差しも照って少し暖かくなる予報

の浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/27(Sun)
人とは本当に色々な面を持っている奇怪な困った存在であることを思います・・(^^ゞ

ま、現状は幸せな事に特別困ったこともなく元気ですし、生活する事にも日本だから

何の不便も不自由さも感じない・・( ^^)

ただ、この1年半一時帰国して、考えた事が沢山あります。暑さの真夏は文句を言い

自然災害の多さに驚愕したり、人として、災害や病気に遭遇された方たちには本心で

心配もするのですが・・その時期だけで・・結局は何の行動も起こさない!

  *慰めの言葉やお見舞いを綴る事しかできていない・・<(__)>*

自分自身の身に迫っていないと対岸の火事のように、直ぐに次の波に乗っかるように

世の中の流れが早すぎるから・・追いかけて連いていこうと中途半端な焦燥感に煽ら

れることばかり・・(^_^;)結局は言訳を考えている厚顔無恥さや傲慢さが見えて凄く

恥ずかしくなってしまいます・・(;一_一)

狡猾さや心の狭さ囲いがキチンと確立していない自分が見え情けなくなってしまう!

いい意味の執拗さもなくなっているし強かさも置き去りにしてしまっています。海外

に住んでいた頃はもっと「真剣に何か?出来る事は無いかしら?」とか、一応、未だ

素直さがあった気がするのですが・・(-_-メ)  「何処へ行ったの?」

帰国してからはこの地の人との関わりにどうしても馴染めなくて尊大な態度だったり

することもあった気がします。 毎日が様々な事情で動いている生活の中でポッカリ

とそこには傲岸さが漂っている感覚もありました・・(-"-)

また、直ぐに日本を離れた生活が待っている私ですが・・何処に居ても日本人という

心は強くて変化はしない筈なのに・・海外にいる時の方が思考も行動も精神に受ける

打撃も真面目に受諾していた気がします。 しかし、日本ではダレた生活や合理的な

思考の中で暮らしていると麻痺するのでしょうか?  無駄を省くことばかりが重宝

されて省略することが正しいことのように錯覚させられる事が多かった気がしてなり

ません・・(@_@。その無駄や努力が進歩や成長に繋がることをすっかり忘却している

自分がいて情けなく思う事も数多あリましたねぇ・・(/_;)

酷く嫌な日本人になっている気がしています。もっと温かく心が通じ合える日本人で

有りたいと何度も考えたものです・・老化のせいで心が弱っているのでしょうか?

「いいえ!矢張り何か大きな自然の力に振り回されている感覚があるのは私だけ?」

かも知れませんが・・色々な事を体験して・・考えている暇人です・・うふふふふふ

※ベトナム損保 『国営損保との提携、合弁、そして投資へ日系企業』

経済発展に伴い急成長をするベトナム損保。日系各社はリスク管理サービスで対応!

ベトナム戦争が終結した75年、保険業務は国営業務であるバオベト1社に集約されて

自由化はドイモイ政策後の93年。また外資系が参入できるようになったのはそれから

3年後だったそうです。 三井住友海上とベトナムの関わりは74年に貨物保険の査定

業務をバオベト社へ委託したことから始まった。

同社とは91年に業務提携を結び94年には駐在員事務所を設置、97年にはバオミン社

と合弁会社を立ち上げた。WTO加盟を機に外資100%保険会社の設立が可能となって

09年日系初の外資100%損保MSIGインシュランスの設立を果たせたと言います。

現地法人となったメリットは高いセキュリティが確保でき、迅速な意思決定も可能に

なったそうです。ベトナム損保市場は昨年の統計で約820億円。 日本の7兆円に比べ

たらかなり低いですが毎年20%以上の高い伸びを示している。ただ損保保険の普及率

は0、9%と他の東南アジア諸国に比べて非常に低く・・今後の大きな成長が見込まれ

ています。数年前は地場の大手5社が約8割を占めていたが、近年は外資がシェアを増

加してると言われてます。

日系損保の業務の柱はベトナムへ進出している、日系企業のケアが主でローカルへの

進出は未だ殆ど進展していないのが現況だと言われています。

  〔生活が安定して始めて人は将来の不安やリスクを考えるものだと言います〕

自動車保険などの適正な保険科率算定の基礎となる各種統計データーの蓄積も、充分

ではないのが現実。故に、個人向け保険の定着には未だ未だ時間が必要であると言わ

れています。

損保は産業にとって、安定的成長の土台でもある。ベトナムで日系企業の損保保険は

物流や工場施設の事故に関してが主流なため、特に工場での事故を未然に防ぐための

リスクマネジメントサービスが日系損保の最大の強みだそうです。

ベトナムで1番多いのは漏電など電気系統が原因の火災でその為、防災アドバイスに

力が注がれています。

東南アジアで多い洪水についても工場の早期稼働のため復旧対策など多くの水害対策

のノウハウを蓄積しており、サービスを提供していると言います。

最近は現地労働者のための労災保険などへの加入も拡大されてきています。福利厚生

の向上に取り組むことで労使間の信頼が強まり、雇用の安定に繋がるだけではなくて

地域での信用も高める効果があります。

他のアセアン諸国に比べ、損害保険普及率は極端に低かったベトナムですが、近年の

経済発展とともに損保市場の伸びが盛んです。 国内の保険会社も稼働を始めていて

大きく変貌を遂げつつあるベトナム損保業界について書いてみました。

   {尚、前記しましたMSIGインシュランスはベトナムの日経会社名です}

             <べトナム航空誌参照>

空き缶や瓶を出す日なのですがこの地は数日前から大きな籠が市の委託会社から届き

並べられるのですが・・本当に当日収集に来るまでにビール缶が山盛りになる地区で

本当に吃驚します!凄く大きな籠なんですが・・(@_@;) 何時だって山盛です!

今朝は寒さが襲来している浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/26(Sat)
「まー月日の流れの早いこと・・恐れ入ります」って毎日何かに追われているように

動いているせいでしょうか? はたまた、台風など自然災害が多くて時間が経つのが

速いのでしょうか?当地方は大した被害もなく雨も然程のことがなくて通り過ぎた!

幸いでしたが・・地盤が緩んでいる地方や、雨や風の影響を受けられ避難された方々

の心中を察し、心からお見舞い申し上げます・・m(__)m

日本は災害大国になってしまった気がいたします・・残念ながら・・何かの警鐘で

なければいいのですが・・(・_・;)

昨日はチケットを取るためにTELばかりしていました。PCも使用しながら・・色々な

会社を検索して・・一寸面白かったです。も、少し若ければ平気で見知らぬ航空会社

利用も考えたのですが・・すっかり老化した頭では何事があった時の動きが多分、昔

の様には反応出来ないと思い、安価なチケットがあったのですが・・諦観しました!

も、冒険は出来ない年齢です。中国の航空会社が1番廉価でその代り中国国内の空港

へ行きそこからまた飛ぶと言う会社が2社ありました。

この時代、中国との関係が悪い中、見知らぬ空港へトランジットとは言え降りる勇気

が出ないなぁ・・と思ったのです・・多分、もう少し若ければ乗り物大好きで未知の

ことには進んで行動していたのですが・・(#^.^#)それが、すっかり保守的になって

いる自分を発見した日になってしまいましたねぇ・・少し高くても慣れた飛行機の方

がいいかなぁ・・が結論になりました・・あははははは

あれだけ色々な国へ場所へ1人旅していた無謀さは若さだったのでしょう・・なんて

そんな事を考えた1日でもありました。混んでいて未だ決定はしていませんが急ぐ訳

ではないので・・また挑戦してみますが・・たった1枚のチケットを取るのにも様々

な会社や人との関わりがあり、息子からも情報を貰って検索したり結構心豊かで沢山

の人と色々話した珍しい日になりました・・(*^_^*)

※【ハノイオペラハウス】      <ベトナム航空誌参照>

今春ハノイで上演された『夕鶴』の衣裳を担当されたコシノジュンコさんのお話・・

彼女は「『夕鶴』のイメージを大きく変えたいと考えました」と話しだして今までの

地味な衣装をガラリと変え、モダンでシンプル、そしてベトナムらしい鮮やかな色と

シルク素材を組み合わせ、魅力的な衣装を生み出したと言われています。

『夕鶴』のテーマは恩返し、ベトナム語の有難う=感恩=カムオンにも通じベトナム

人の心にも響く物語だと思いますと話す彼女。

コシノさんとベトナムの関わりは深く、94年に初めてファッションショーを開催して

その後も何度も現地を訪れ、05年からは文化交流使節団メンバーの一員としベトナム

ファッションコンテストの審査委員を務めた人です。

当時のファッションと言えば〖アオヤイかカジュアル〗しかなかった・・(-_-)

デザインとはどういうものなのか?殆どは理解されていなかった時代でしたから!

「センスのいい子も素敵な作品も多々ありました。でも、優秀な人材がいてもそれを

売りだす仕組みは整っていなかった」そこでコシノさんは毎年、グランプリを獲った

若者を母校の文化服飾学園に招き、育成の支援をしてきたそうです。

長く交流する間に、ベトナム人の習慣にも慣れ親しんできたと言います「最初は市場

に行っても驚きの連続で、豚や鶏をその場で捌いていたりして凄かった・・(@_@。」

と笑って話す彼女です。

だが、そこで買った分厚いまな板は今もお気に入りで使用していると言い、見た人は

吃驚しますが今も重宝しているそうです・・( ^^)

食べ物も散策も気軽に楽しみ、屋台グルメもお気に入りになったようです。

「少数民族系のレストランで外にパラソルがあって、そこがとても美味しかった・・

でも、雨季はも、大騒ぎで片づけが大忙しで大変になるのを何度も見ました・・」と

身ぶり手振りで話す彼女は〔活き活きとしてエネルギッシュ〕さを身体全体に漂わせ

丸で彼女のデザインする作品そのままの感じを受けると人は言います。

ファッションに関わる人にはぜひ見て欲しい舞台です。 そして、衣裳を見て何かを

感じてくれたら嬉しいですと言っておられた。その舞台は大成功で評判も良かったと

後日談として掲載された。

彼女はこれを機会にもっと新たな事でもベトナムと関わって行きたいと話した!

ご存じの方も多いと思いますが彼女のプロフィールを少し・・

≪大阪府で育ち、19歳で新人デザイナーの登竜門{装苑賞}を史上最年少で受賞。

東京青山に自身のブティックをオープン。78~00年までパリコレに参加。北京、NY

ベトナム、キューバ―、ミャンマーなど世界各国でファッションショーを開催。

  ”昨年は北京で行われた日中韓のデザイナー3名の競演による・・”

{東アジア・ファッションショー}に日本代表として参加しました。舞台衣装や花火

のデザインなど、多岐にわたり活躍中です≫

昨夕からまた降りだした雨が残っているようで小雨が降っています。気温も下がって

寒さを感じる浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/25(Fri)
台風の動きが遅いので・・2つも来ているとの話ですが・・心配ですね・・!(^^)!

当地も、急激に激しい雨が降ったり風が強くなったりしていますが・・予報が外れて

夜中に通過との話でしたが・・今頃雨音が酷くなってきました・・(@_@。これからが

通過になるのかも知れません!何とか被害がなく過ぎて欲しいと願っています!

昨日は辞書や当時は頑張っていた俳句の本や、書道の本を大切に持っていたのですが

これがかなりの重量で英語、仏語、漢和辞典、日本語辞書、俳句の季語を書いた本も

数冊(これも重い)先生の出した単行本や自分が掲載されている本などもあり、羞恥

に堪えない感情で見ることもせずに・・また書道は長いから参考書や教材として使用

していた本が数冊(これは目茶苦茶大きく重たい)その上趣味の桜に関する本などは

思っていたより沢山あって「こんなに購入したのか?」と思うほど有って・・(-"-)

それらを次回のリサイクルの日に出すため紐で縛って・・数個に分けた。

これを外まで持って行かねばならないかと思うだけで気が重い!まだ十分利用できる

新しい本が多いのですが・・古本屋へ持って行く元気もなく、かと言って取りに来て

貰う数でもないから・・矢張り、自宅処分でと思っているんです。

何せ場所も取るし重いから、これがなくなると少しいいかな?と!全く辞書がないの

も寂しいと思い前回来越した時は電子辞書を持って行ったのですが空き巣に入られて

盗られてしまったから・・安いのをもう1つは買ったのですが・・PCでの辞書が使用

出来なくて《使い方が解らない・・(^^ゞ》そんな老化した頭には辞書は必需品でした

が・・愈々手放す時期だと考えたんです。誰も使う事は無いだろうと思うし、これから

先は殆ど必要とはしない生活になると思い諦めてしまった!実際、現在使用しているの

は国語辞書だけだから・・去年までは英語も仏語も少しはしていたのですが・・忘れて

いる方が多く、辞書ばかり引いていたのが事実ですから・・(><;)

大抵の場合ルーペを使用出ないと見えない。そんな事もあり細胞が退化している現状を

見せられ愕然としていたのです・・あははははは 

ポケットサイズの辞書を数冊は持って行く予定ですが・・本は重い。電子本がある様

だし、ま、ゆっくり考えてみます。

肝心のチケットが乾季に入るため未だ取れない状況で、頑張って連絡は取っているの

ですが「何せ音声ガイダンスばかりでどれだけ待たすのか?」というほど待たされる!

または繋がらず「後でおかけ下さいとか順番に繋ぎます」とか言って全く駄目な日も

あり・・時代を痛感しています・・(-_-メ)

不景気とか言われて生活用品も上がっている現在なのに海外旅行への人は後を絶たず

で凄い人気です・・\(◎o◎)/!

「矢張り出かけた方がいいのかも?」とか思っているのですが、この天気では二の足

を踏む現状です・・(-_-;)   ”これが決まらないと動きが取れない!”

※ニャチャン・・『ローカルフード』  <スケッチ参照>

青い海とまっ白い砂浜。ベトナム中南部にあるリゾート地ニャチャン{Nha Trang}は

ホーチミンから飛行機で約40分の場所にあります。 

沿岸部なので新鮮な海鮮料理が有名ですが・・今日は食したら病みつきになりそうな

『ローカルフード』をご紹介します。以前にも違うものを書きましたが・・( ^^)

庶民に人気のニャチャン風「ファーストスナック」です。

{バイン=Banh}とは米粉で作られている食べ物のことを指しますがニャチャンでは

スナック感覚で食されていますバインの品々を・・どちらかと言えば似ているものが

多いのですが・・調理器具とか具材の一部が異なるのです。

◎〚バインカン〛数世紀に渡って伝承!

数世紀に渡ってベトナム中部の人びとにより伝承されて出来たメニューです。かつて

は膨れてふわふわになる形のことを指す{カン}という言葉が名前に変化したと言わ

れていたのですが、呼びやすさから今の名前に変わったそうです。

時を経て、具材は卵や牛肉、烏賊、海老なども加わった。ペースト状のタピオカ粉で

出来た生地を熱で固め、ニュクマムにネギ油がたっぷり入ったタレ、またはは肉入り

はニュクマムに浸して食べる。 レストランでは殆どメニューには無く販売は大抵が

露店です。 小さいので幾つでも食べられる・・(*_*)

◎〚バインウット〛米粉のクレープ

ディエンカン{Dien Khanh}城近くの国道1A号線沿いに・・昔は地元の人達の間で

「フーカン{Phu Khanh}」と呼ばれていた米粉のクレープが存在します。

米粉と水、塩少々の生地を大きな鉄板に薄く敷いて作られる。出来上がったクレープ

の上には細かく潰した乾燥海老と葱を散らして、ネギ油をかける。

食べる時はさっと茹で上げたもやしと豚肉のすり身を蒸したハム〈チャールーア〉と

一緒に食べます。本当に10円位の値段ですから吃驚しますが美味しいです。

もっと沢山あるのですが代表的なものをご紹介しました。ニャチャンは高級リゾート

地としてかなり立派なホテルもありますが安価なホテルに泊まって海で遊び、こんな

おやつの様な『ファーストフード』を座って出来上がるのを楽しみに待ち熱々を頂く

のも中々洒落た趣があります・・(#^.^#) 海鮮物が新鮮だから本当に小さな物でも

美味です。ニャチャンはホーチミンからバスも出ていますがかなり遠いです。

「台風はいつ通過するのか?」ずっと雨が降り続いている浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/24(Thu)
ずっと秋の長雨が続き、湿気も多く何となくぞくっとする日が続いています。台風の

影響なのでしょうが・・今年は本当に当り年だと言われる・・(-_-)

こんな日は懐古の心情が胸の中を覆い尽くして「これからどう生きたらいい?」とか

「どんな死に方がいいの?」などと支配されて行く・・( 一一)

本人自身にも何も理解されていないし、決めることさえできないものに向かって問答

しているようなもので・・愚かしい思考だと思うのですが・・何と言っても独り誰と

も喋らない日が続くと時にはこんな現象が起きるのです・・ははははは

かと言って凄く深刻ではないのですが、暇だから手は動かしていても心は離れて浮遊

しているという感じでしょうか?

『先のことなんて誰にも分からないから面白く興味が湧く』増してや私は自由に自分

の人生を選択し、又、新しい生活へ飛び込むことが可能な条件下にある幸せに、不満

があるのでは決してありません・・(・_・;)

しかし、過ぎ去った淡い記憶の中には光輝いていた時間は確固たる居場所を確保して

いるのも事実だし、足掻いていた時間も見事なほど不様だった時期もあり、長生きを

することは思ったほど楽ではないと思える近頃でしょうか?・・(-"-)

極楽とんぼの様には行かず絶えず何かを考えてそれらが表れては消滅して行く。何時

も自由で身勝手で周囲の迷惑も考えないで突っ走り家族を巻き込み、渦中の本人には

そのことは殆ど思惑がないままで行動する癖がある・・えへへへへ

でも、偶には放心状態になって懸命に思考している時間もあるから・・人とは凄まじ

くもあり、傲慢でもあることを知らされる・・(;一_一)

天気にかなり左右されるらしく、暇人だけに無い頭を稼働させているのかも知れない

のですが・・珍しく過去の出来事や自分の目の前に起きた大きな事が走馬灯のように

流れて行った時間帯があったのです・・(@_@。

きっと、前日の葬儀を見た記憶が自分の深奥に思いがけなく影響したのではないか?

何て思っていたのですが・・それでも3食、時間通りに食し夜も時間が来たら就寝で

きることは独り住まい故の気楽さで・・これは有り難いことに守れる仕合せがある!

それは何よりも健康であり得ることだと感謝しています・・m(__)m

「何とかなるし、何とかなって来たんだから・・きっと大丈夫!」と図太く言い聞か

せていた何時も通りの私の1日でした・・あはははは

※ベトナムの食材   <ベトナム料理本参照>

随分書いてきましたが・・多分これは書かなかった気がしています。ま、重複しても

きっと「へーそんなのがあるの?」って思って頂けたら嬉しいです。

◎ベトナム食材はスーパーにはあまり売っていません。殆どは市場で購入して置かな

いとそれも割合直ぐに無くなる物が多いのも特徴です。だから早朝より購入に行く人

が多いのも解ります・・(*_*)

色々あるので日本では余り見たことがない物を出来るだけ・・

①海たにし

これは貝に模様が入っていてかなり大きいもので、焼いたものとか蒸し物に使用。

②赤貝

ギザギザがついた2枚貝でこれも想像以上に大きい。矢張りシーフードは焼きものに

する事が多く大蒜や、ピーナッツの粗ミジン切りにしたものを載せてニュクチャムの

タレをつけて食する。

③干し肉

これはおつまみに食されていましたが料理上手な人は柔らかくして煮込みにする?と

聞いたのですが・・食べた経験はありません。 山積にされて色が黒いから最初は何

なのか判断できなかった!

④田ウナギ

日本のウナギよりかなり小振りですが春雨料理に素揚げして入れて食べる。揚げると

ビーフジャーキーの感じがする。色々な葉野菜などと炒めて食べる料理もあり、身が

淡白なので味付けは香辛料や香草を沢山使用する。

⑤家鴨とその卵 ⑥ピータン ⑦鶏の足だけ ⑧蛇 ⑨ヤギ ⑩鹿肉 ⑪兎 ⑫干し

た小魚や魚の干物。 

⑬ベトナムハム

柔らかく塩味が薄いので胡椒を振りかけることが多くパンに挟んで食べることが多い。
 
⑭豚足 

沖縄では売っている様ですが・・普通のスーパーでは籠に載せて積む程には売ってい

ないのではないでしょうか?来客がある時など茹でてそのまま大皿に盛って出します。

⑮豚耳

矢張り茹でて細かく切りライスペーパーに香草などと一緒に巻いて食します。食感が

コリコリして特別美味ではないですが・・ベトナム人は鶏の足なども好きです。

⑯臓物

腸、脳みそ、胃、レバー、心臓、タンなどもそのままで売っています。㌔単位で購入

する人が多い。殆どが家庭料理として使用されます。

⑰豆も種類が豊富で、黒、花、うずら、金時、大豆、緑豆などがあって未だ、名前の

判らない豆も沢山あります。

⑱サラミ

日本のものより甘い。薄くカットして他の食材{野菜やライスペーパーなど}と一緒

に巻いたりパンに挟んで食べます。おつまみにも食しますが香辛料や付けタレを使用。

⑲皮つきピーナッツ

炒ったものが多く出回っていて飯やの定番で、も、一品欲しい時に出される。 後は

何にでもトッピングとして料理からお菓子などにも利用されています。

⑳生のライスペーパー

これも何にでも使用します。カットしてフォーにしたり巻いたり、揚げ春巻きなどの

様に揚げものにもします。蒸し物にも使い万能です。

ま、こんな所が市場での食材でしょうか?個人的に使用したものや食べた物で限りが

あります。まだまだ見知らぬ食材が多く食したことのないものは書いていません!

こんな食材を使用して、焼く、煮る、炒める、揚げる、そのままとかで料理します。

そして必ず「付けタレ」につけるのがベトナム式でしょうか?

食べ方は自由ですし、誰も咎めることもなくその場の雰囲気で自分流で食せばいいの

で楽です。タレも好みです!

辛いのが苦手の人は少なく、濃い味が好きな人は濃くと言った塩梅でベトナム料理は

本当に美味しいです・・(#^.^#)

日本にも沢山お店ができているようなので雰囲気だけでも味わってくださいませ!

本場とは少し違うとは思いますが・・(-_-;)実際はそんなに高くなく本場では廉価で

沢山頂くことができます・・うふふふふ

5時半には雨が未だ降っていたのですが止んで薄日が差して来た浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/23(Wed)
金木犀の香りに惹かれて姪の家に用事も兼ねてその匂いを心に押し留めておきたくて

出かけました・・( ^^)  道すがらも何処からか?香りが放ち・・足元も軽くなって

歩いていたのですが、途中に学校の校舎位の大きな特別養護老人施設があり、そこは

本当に広くて、立派な施設なのです。おそらくこの施設で亡くなられたのでしょう?

葬儀が行われていて驚きました!

玄関までびっしりとパイプ椅子が100席以上も並べられていました。玄関横は見た事も

無い大きな花器に凄い量の花が両方を飾っていて、花輪も沢山並んでいました。

最近では殆ど見たことがなかった立派な葬儀でした・・(@_@;)

その前を通過しないと行けないから仕方なく両手を合わせて通ったのですが・・葬儀

の係の人が足繁く出たり入ったりをしていて・・未だ施設内で声が漏れる程度でした。

余程の方が亡くなられたのだろうと思いながら、通過する人々や車は速度を落として

見て通って行く程度の豪華さがありました・・(-_-メ)

時代は大きく変貌して葬儀は身内だけとか家族葬が多くなったと聞いていたのですが

久し振りに立派な葬儀の形式を見た思いでした。姪に話したら「へー私もここは長い

けれど、1度も見たことがないわ!」と言ってました。帰路は車がずっと並んでいて

反対側ぎりぎりの狭い道路を対向車を気遣いながらゆっくりと帰宅しました。

自分自身の葬儀はしないと言残しているのですが・・あんなすごく立派な葬儀をする

意味が理解できない気がして・・死んだ後は本人には何も解らなく家族や親族だけの

満足なのか?とかご本人の希望なのかも知れない?など幾つもの疑問が巡りました!

TVで見る有名人の葬儀でも最近は質素になっているから・・こんな田舎街だからかも

などと余計な詮索をしておりました・・( 一一)

  {下種の勘繰りだと言い聞かせていましたが何か心重たい日になりました}

※ベトナムちょこっとニュース   <月刊スケッチ参照>

①日系医療機関(ロータスクリニック)では健康診断を行っています。生活習慣病や

癌のチェックもできる成人コースから小児、婦人科コースもあります。

また、家政婦や運転手の感染症などを診察できる「メイド・ドライバー検診」も好評

です。更に企業ごとに指定日をアレンジしたオリジナルコースも作成できます。

新たに日本製の機器を使用した呼吸器機能検査も開始しました。

このクリニックは有名で日本人では知らない人はいないですが・・正直めちゃくちゃ

高いのが難点です・・(-"-)

②ドンナイ省の{テクワンジョンサンカントリークラブ}では月曜日限定で女性客の

ためのレディ―スディを実施しています。プレイフィー&キャディーフィー込みで凡そ

4000円程度です。ホーチミン1区から出ているクラブ専用のスピードボート=1人往復

1000円でゴルフ場まで凡そ30分で行けるそうです。

15名以上になると無料送迎バスがあります。

③1ヶ所で買い物、カフェ、レッスンが受けられる店があります。

未だ未だベトナムでは少ないのですがお茶を飲みながら可愛いフェルト人形、バッグ

作りなどの講習が受けられます。

オーナーは世界40ヶ国を回って、旅先で見つけた可愛いアイテムをベトナム人が好み

そうな品をと可愛い手作りのグッズ500種類を店頭に並べて売っています。

大勢の客が何時でも来ていてテーブルの上には全てにミシンが置いてあり講習を受け

られる様になっています。1レッスンは約1000円で毎週土曜15時~18時にベトナム語

と英語で行われると言います。1つのアイテムをマスターするのに5回の受講がお勧め

だとオーナーは言いますが・・一寸考えたらそれだけ出せば素敵な商品が購入できる

気もします。しかし、手作りとはそう言った概念を取った部分での楽しみがあるもの

ですから・・ベトナム人以外でも手作りが好きな人は多く通っていると言われている。

お茶やお買いものもしてレッスンを受けるスタイルは流行するところまでには至って

いませんが趣味のある方には充実した時間になれると思います。

また、生徒たちが作った作品も飾られています。1Fはカフェ併設で世界中から集めた

手作りアイテムも販売しています。ゴルフ場以外はホーチミン市内にあります。

しっとりと身体に纏わりつくような雨が降り続いている浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/22(Tue)
「長生きも決して悪くない・・はははは」色々な人生に遭遇する機会もあって、自分

の歩いて来た道しか知らなかったから・・度肝を抜かれた気分ですが、面白い生き方

もあるのだと思い・・「それも自己表現だし、自由な事、たった1度の人生だから尚

自分に正直に生きることが良いのでは・・(-。-) 」その意味では女装も決して歓迎

出来るとは断言できませんが「生き方としてはあり!」かもと考えた時間でした・・

その後日談があって、昨日は割合暖かく外が気持ちよくて久しぶりの天気でしたから

洗濯ものを2回して干していたお昼前に私の家の前で{婆雀}が数人屯してお喋りが

始まり、最初は解らなかったのですがどうも彼女?の話でした・・(@_@。

「京都へ暫く行っていたのに、帰って来やはったんやて・・昨日スーパーで遭うた人

が暫くはこっちにいるんやて聞いたそうやで・・(-"-)」「ほんまかいな!しょうも

ないおっさんやで!」「親が死んだよって、も、帰って来んと想ってたけどなぁ・・

あれで、高い靴履いてうろうろされたら親戚は敵わんな!」なんて話をしていた。

矢張りご近所さんで有名人だったのだと思った・・うふふふふふ

ま、暇人ばかりの老人達です。噂には事欠かないのでしょう・・( 一一)し、他人の

話は面白いものと相場が決まっているから・・わははははは

日暮れが早く2回目の洗濯は完全には乾かなかった{がっかり!}・・昨夜は流星が

見られると教えて頂いたので出て観ていたのですが・・私が起きていられる時間帯に

は残念ながら流れ星は出現しなかった・・(-_-;)

それにハプニングがあって・・この女性も観に来たのか?と思った人がいたのですが

彼女は(小母さん)携帯を持ちその返事を待っている様子で・・私がいることなどは

見えていなかった様子で、掛って来た電話に凄く怒り心頭を発していて・・吃驚して

しまった・・(@_@;)

地面を蹴ったり大きな罵声を張り上げて怒鳴っているので・・お風呂上がりだし部屋

に戻った・・(+_+)何があったのか?家では話せない事なのだろうと思い・・居心地

悪く戻ったのです・・全く当地に来て驚かされることが本当に多く・・土地柄もある

のか?気が荒く言葉も汚い・・(-_-;)  個人的には余り好きにはなれなかった!

何さまでも無いし、恰好付けるほどの暮らしではないが何かが大きく異なっている事

を常に肌で感じさせてくれたし、様々な人がいることを知った土地?・・うふふふふ  

      *だから「長生きも悪くない!」ですねぇ*

※ベトナム料理=『ミー・クアン』  <ベトナム料理本参照>

◎クアンナム地方風汁和え麺の事ですが、麺料理では書いて来ていますが1つを取り

上げてみます。ベトナム全土で食されていてホーチミンでもハノイでも有名な麺料理

です。しかし本来は中部《ダナン》のクアンナム省の代表的な料理なのです。

何処でも食べることができるのでごく普通の麺料理だと思っていましたが、本場では

麺自体も違う事を知らされたもので書いてみようと思いました。

豚肉や海老を甘辛く煮た汁を黄色い幅広い米麺にかけて、汁と和えて食べるものです。

しかし、本場《ダナン地方》の『ミー・クアン』は店で食するのではなく、家庭料理

で家で作って食べるものだと言います。

他の麺は北部ハノイのフォーにしても南部ホーチミンのフーティウなどは店で食べる

のが普通で、家庭では殆ど作ることはないのですが『ミー・クアン』は家庭で作るの

が通常だと聞かされました。

麺は市場では黄色い麺は売っていないのも不思議な事で白い麺しかないと言います。

ホーチミンでは黄色い麺が当然だったから麺は黄色だと思いこんでいましたが家庭

では白い麺を使用するのだそうです。 そして、黄色い麺は商売用に着色している

という話も知らされました・・( ^)o(^ )

家庭では2日掛けて『ミー・クアン』を作るのが当然のことだと言います。1日目は

豚肉とトマト、パイナップルを少々(好みで)入れて、ニュクマムで似た汁を作る。

2日目は海老と豚をニュクマムで甘辛く煮た煮汁を前日作った汁と合わせて麺にかけ

て食べるようです。

トッピングはお馴染みの砕いたピーナッツを載せ、たっぷりの野菜と焼いた胡麻入り

のライスペーパーを一緒に和えて頂くのが本格的な食し方だそうです・・(#^.^#)

とに角『ミー・クアン』は家庭にその時あるものでまた、入手できたもので作る料理

だと言われています。だから、ベースは豚、牛、魚、海老など様々で夫々家庭の味付

けがあり、その種類も多いそうです・・(*^。^*)

『ミー・クアン』の麺はフォー同様に擂り潰した米生地を蒸して作るのですが、生地

はフォーよりも厚く、日本の饂飩や蕎麦の様に包丁で切るのが特徴でしょうか?

地元の店でも色々ありますが茹で卵や網のライスぺーパーを使った春巻きなども入れ

ている店もあり種類が豊富です。  ホーチミンでしか食したことがなかったもので

地元で頂くこの麺はかなり豪華で美味しさも格別に感じると言われています。

麺の幅は店や家庭により異なりますが大体1㌢前後の幅広い麺が使用されるのが特色

でしょうか?かなり幅広いですし食べ応えがあります・・(^-^)

ま、ベトナム家庭料理は奥深く自由で殆ど不味いものは無いと言われているのは材料

の贅沢さも加味されているのではないかと思われます・・(*^^)v

廉価で肉類や魚介類が手に入ることも大きな要因だと思います。野菜も新鮮で香草を

沢山使用する事で・・暑い国ならではの麺料理が発展して行った気がします。

今朝は雲が少し多めですが・・何とか晴れている浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/21(Mon)
秋黴雨(あきついり)とでもいうようにこの数日、梅雨の様な雨がずっと止むことを

忘れたように強くは無いのですがそれなりに降り続きました!  昨夕は一時止んで

明日にしていた買物を近場のスーパーに見計らって出かけた。誰の考えも同じみたい

で車のある方は雨など関係ないでしょうが・・歩きの人間には15分歩くのは矢張り気

が重い・・うふふふふ 若い時は雨でも猛吹雪でも平気だったけれど・・今は可能な

限りお天気に出かけることにしている・・( ^^)

先日は後ろから素敵な演歌を聴く機会があって楽しかったのですが・・昨日は前を歩

く人の足元が気になって「高いヒールを履いている」でもその後ろ脚には若さがなく

少しふらつき気味でゆっくり歩いている。本当に10cmはある位高いヒールでした!

悪いと思って暫くは後を歩いていたのですが・・案外足が早いから追い抜く形になり

「どんな人なのかしら?」と申し訳ないけれど、チラ見で振り返った・・(@_@。

「何と言えば上手くお伝えできるかしら?」決して若くない!私とほぼ同年位の方で

顔は凄く派手な化粧をして・・昔の花柳界の出身とでも言える化粧方法で・・それが

{男性}であることに気がつかなかったのです。ま、結構なお歳なのに「凄いけばい

人だな?」程度で一寸吃驚しながら、その時は女性だと思って通過した・・(-"-)

店の中で一緒になり、知り合いにでも遭ったのでしょう「男性の声で久しぶりやな!」

「あんた、相変わらずやな!足元気い付けや・・転んだら骨折するで!」なんて話声

今度はゆっくりお顔を拝見してその姿も・・(@_@;)

声で驚き、その服装、化粧にまた驚いた!買い物を一瞬忘れるほどのだみ声でした。

それでもこの近辺の人はよく知っているらしく、声が次々にかけられていましたねぇ!

「長く生きているとこんな遭遇もあるのか?」とか思いながら帰路1人で笑いをこらえ

ながら歩いていました」・・(^^ゞ着物でも着ておられたらまた喋ることがなかったら

多分、解らなかったと思うほど綺麗な化粧でしたし、男性とは思わなかったと思う!

雨がその時間だけ止んだようで濡れずに帰れた。 その後はまた、降り出して来たが

ラッキーでした・・(#^.^#)

≪人生いろいろだなぁ・・≫と感じた瞬間でした・・\(◎o◎)/!TVなどでは最近は

大勢が露出しているから特別な嫌悪感は慣らされてしまっていましたが・・実際目の前

でそれもごく普通にスーパーで遭うことなどないから驚いた出来事でした・・(@_@。

※ベトナム人のファッション     <スケッチ参照>

今迄はベトナム人の着る物については民族衣装やアオヤイのことしか書かなかった気

がしますが・・ベトナム人はかなりお洒落です。通勤の洋服姿も食事会などで出会う

事があったとしても綺麗にしています。反面、全くそう言う感性がない人も多いのも

現実!・・(+_+)全く何処へ行くのも同じ様なTシャツに短パン、ジーンズ姿も多い。

暑いから1日に何度も着替える人もいるしシャワー後には、何時も着替える人もいる

から、その日で朝昼晩と洋服が変わっていることも度々です・・(#^.^#)

そんな女性向けのお店{ホーチミン}をご紹介します。敏感でお洒落な女性に人気

の店ですが、少し高いので富裕層の女性や外国人が多いことでも知られています。

◎PHUONG MY=フーンミー

デザイナーのフーン・ミーさんが手がける今年のコレクションはフランス、イタリア

香港から輸入した、軽くて、絹のようになめらかなオーガンザシルクをはじめとした

素材を使用。ドレス、ジャケット、パンツなどが全て揃っています。

布地はそれぞれの商品に合わせて織られており、素材の特色を最大限に生かした肌触

リが良い、エレガントで質感の高い仕上がりになっていると言います。

10年間アメリカで服飾を学んだフーン・ミーさんは経験を生かし、今回初めてアジア

女性向けのコレクションを手掛けたそうです。アジアの女性をより美しく見せるため

裁断方法を工夫したと彼女は話しています。

フェミニンに見せる、サーモンピンク、クリーム、ライトオレンジ等をベースとした

色彩を使ったアイテムが沢山揃っています。

店は以前私が住んでいた日本人街と言われるレ・タン・トンのお洒落な通りにあって

何度か店にも行きました。店構えもシックで奇抜さもなく落ち着いた雰囲気の高級感

あるブティックで普段着からパーティ用ドレスまで揃います。

大人の雰囲気のある店です。チャンスがあれば是非お出かけになって下さい。そして

ベトナム人のデザイナーの服を見て頂ければと思います。

漸く雨雲が去ったらしく日差しが久しぶりに出てきて、寒さを感じない浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/20(Sun)
先日は十三夜の(豆名月)が綺麗で玄関で暫し眺めておりましたが・・ここ2日ばかり

は秋霖が続き正に俳句の季語の〚冬隣〛を心奥に感じさせます・・(#^.^#)

一寸寂しいような秋のもの思いに耽る感覚と言えばいいのでしょうか?・・ふふふふ

そんな品の良い感傷ではありませんが・・段々と〔人生の黄昏〕が近い感じは否めず

そんな日々を暮らしております・・嬉しいことにベトナムの友人からメールが届いて

12月頃には戻る話をしていたのですが・・本当に喜んでくれて「皆で待っていると書

いてありました」自分の中では最期は日本でという思いと2年間だけの帰国で決心する

予定でしたが・・(*^_^*)

有り難いことに息子がホーチミンに転勤になったのを機会に「一緒に住もう!」と話

が急展開して、11月に引っ越し、12月にはベトナムに戻ることになりました!

人生最期の“終活”だから期限を切って帰国した事は間違っていなかったと今は考え

ております・・( ^^) 毎日片付けに追われているのはその為もあり、多分、も、日本

では住めない覚悟を決めたのです。だから、処分できない仏壇や亡夫との思い出の品

をまた、コンテナに預けてそれだけを最終的には処分して貰えばいいか?と思ってる

ので・・(-.-)可能な限り少なく、以前は4年間1番大きなコンテナを借りていたので

すが今回はこれで最後かも知れないと思い小さなコンテナで間に合うようにしてる。

でもこれから先だって「どの位生きて迷惑かけるか解らないし、未来が残されている

のは後何年?」の回答がないから・・案外しぶとくまた日本での生活になるかも・・

先のことは何も判断できないのですが・・(-_-;)

その時はまた、それなりの考えで行動すると思います・・ははははは

この時間が私にはとても貴重で有り難い時間だと思い、去年まではぼちぼち片づける

事しか考えず遊んでいましたが・・カンボジアへ行って考えが変化したのは事実です。

やはり、海外での生活が合う事を感じていましたし、1人の生活ですから気楽だと思い

密かにどちらかの国に行って息子の近くで暮らそうと思ったのです!

そこに息子から話があって・・一変したんです。急転直下という感じです・・(*_*)

世話になろうなど万に一つも考えていなかった・・本当に!彼らには別の生活がある

と思っていたし、娘は余所に嫁した人だと思っていたからです。

でも、日本で暮らせば娘には何らかの形で迷惑をかえるのは目に見えていたし、婿殿

には母がおられるから・・絶対その事は言わないと心裡で決めていた。

今迄すべて自分で選択して歩いてきた道だから・・最後まで自分で選んで生きたいと

考えていたんです・・( 一一)

「それがいいかどうか?」は解りません。殆ど子供とも成人してからは一緒に暮らし

た経験がないから・・我儘で身勝手な私の性格を受諾する人はいないと思っていた!

老化した身体と頭脳で考えた答えなのですが『さてさて、これから先何が待っている

のか?凄く楽しみでもあり自分に興味津々なのです』・・あははははは

矢張り何処かネジが不足しているのか?多分に[変人]だと自己判断していますが!

※ベトナム情報               <ベトナム航空誌参照>

先月で終わってしまい、少し書くのが遅れてしまったのですが今年は日本とベトナム

の外交関係が結ばれて40年という節目に当たる年でした。だから多くのイベントや祭

があって、書き遅れたのですが・・今日はその1つをご紹介します・・

◎国土縦断の南北統一鉄道に日越友好列車が運行しました・・(*^_^*)

5月より9月まで南北統一鉄道={ハノイからホーチミン迄}の折り返し運転がされた。

戦争で分断されていたベトナムの統一を象徴するこの鉄道の改良や補修に対し、日本

は20年以上にわたり支援して来ました。

そこで、日越両国の友好のシンボルでもある南北統一鉄道に≪友好列車≫を走らせる

ことになったのです。 車体には日本の国花・桜とベトナムを代表する蓮の花が描か

れベトナムでは初めてのデザインラッピング列車が走ったそうです。

因みにどの位時間が掛るか?書いておきます、

*ハノイ発       19:00~翌々日ホーチミン4:10着

*ホーチミン発     19:00~翌々日ハノイ  4:02着だったそうです。

車体は薄いピンクで窓の上側と横の枠をブルーで囲みその中に桜の花が描かれ40周年

の文字は真っ赤でベトナムの国旗から★が描かれ蓮の花が書かれている。車体の横側

には国旗とベトナム語で日越友好記念と文字が書いてあったと言い珍しいので人気が

有ったと言いいます。

日本では飛行機にも色々なキャラクターや電車でも見かけますがベトナムでは画期的

なことで珍しく驚いた人も大勢いたと言います・・(@_@。

  ”こんな列車がベトナムを走ったのかと思うだけでも楽しいです・・( ^^)”

住んでいたら必ず見に行くか?途中まで乗ったと思いますが、残念でした・・><;

未だ秋雨が止むことなく降り続き肌寒い浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/19(Sat)
突然、冬が来たかのように寒さが襲来して・・(@_@。部屋の中でじっと座っていると

暖房が欲しい位の冷え方であった・・随分迷ったのですが・・風邪をひいても困るし

「歳なのだからいいか?」と思いストーブを少し点けたり消したりしていた・・(-_-)

室温が18度になっていた「そりゃ寒い訳だよ!」なんて思いながら、書類とアルバム

をかなり減らした・・(-_-;)

本当は亡夫と亡父母の写真だけを残し後は家族写真だけにするつもりだったのですが

自分の写真も少しは残して置こうか?なんて慾がでて・・出したり入れたり・・誰も

こんな写真必要ないだろうと思いながらも・・未だ全部を処分できない自分がいる!

そのうえ旅の写真が多く、同じ場所での写真は枚数を減らしているのだが、思い切り

が悪く終わらなくて・・><”それでもまだ数冊分が余計だと思っている!

「どうしてこんなに拘るのか?自分でも不思議なのですが・・矢張りそこにいた記憶

が心を揺れ惑わせるのだろうと思います」また、機会を見て考えようと、かなり破棄

した写真を見ながらそんな事を考え、書類なども整理していた。

会社をしていた時の様々な書類が亡夫に渡すべき物なども置いていたからこれはもう

絶対要らないと思い破ってゴミ袋にいれた。結構あるものです!

何せ訳が分からない事だらけだった数年分の書類をすべて保管していて取って置いた

からで・・まさか亡夫に渡さずに会社も弟に譲渡することなど考えていなかったから

です・・(-_-メ)ずっと座っているから寒さもフローリングを通し身体が冷えていく

感じの1日で・・毎日一応2時間を目途にして動いているのですが・・着るものも殆ど

処分してるから数枚の冬物を着て毎日同様の格好をしている・・あははははは

未だ1ヶ月もあるのに老いると短気になる様で(いいえ元々気は短く直ぐにできない

と苛々するタイプかな?) ま、余りいい性格ではないがたった1人で毎日こんな事

ばかりして部屋の中をその都度拭き直し「本日は此処までにしよう」と決めている。

そんな日が今日も暮れて行きました・・(-"-)

※【ホー(胡)朝城】 昨日の続きです・・  <ベトナム航空誌参照>

{ホー・クイ・リー}は、北方の明に抵抗できる城を築くために都をタンロンから

アントンへ変遷させたことについて〔越南史略〕には次のように記されています。

「皇位を奪い易くするために彼はタンロンからの変都を計画し、官吏を派遣して西都

城をイェントン洞に築かせた。

1396年{ホー・クイ・リー}は第12代皇帝トゥアン・トン(順宗)を東部のタンロン

から西都アントンへ移動させた。 そして、3年後には陰謀を企てて道教の僧を宮殿に

遣わして皇帝を譲位させると、仙人になると修行をする名目で辺境に追いやり殺害。

城の発掘は既にかなり進行しています。城門には土台から棟まで高さが7m90cmはある

アーチが3本立っている。城は20t以上もある重さを含む四角い石を組み合わせて築か

れた。彼はここが都を長く繁栄させる事ができる場所であると信じ息子達に告げた!

「この地は《石盤龍・蛇・六・十年記〈龍が仕え蛇がとぐろを巻く地であり石盤の様

に堅固で60年住むことが可能だ〉と・・(@_@。

しかし次男の{ホー・ハン・トゥオン}は風水に精通していて父に進言したと言う。

「父帝よ。詳細に観相したところ、まさしくこの地は龍が仕え蛇がとぐろを巻く地

でございますが、未だ未熟で“龍、蛇、湿水、六年紀主”と出ております。つまり

ここには住めて6年なのです」

もう1つの逸話には当時の最高顧問であった枢密主事{グエン・ニュー・トゥエット}

は書状を捧げて諌めた話もあります「昔、中国の周と魏が遷都を行いましたが全ては

凶とでました。現在の都であるタンロンにはバビ山が聳え、ロー河とニー河(どちら

も現在のホン河)が流れています。 そして山は高く河は深く、地は平で広うござい

ます。いにしえより、帝王が礎を築き国を打ち建てる時には基礎が深く、根が堅固な

土地を必ず選んだものです。どうぞこれまでの遷都の歴史をお考えください。

堅固な土地から離れなかったからこそ攻め入ってきた元の軍人は滅ぼされ、チャンパ

王国からの侵略者も首を差し出す羽目になったのです。 何卒これらのことを再考し

国家を盤石な体制となさって下さい。このような土地は混乱を招きやすく平和は得ら

れにくいものです。大切なのは徳に在ることで有って険阻に在ることではない」と。

そして「敵を防ぐのに1番重要な事は民の心を得ることです」と諭した話があります。

北方の敵が侵略を始めた時{ホー・タイ・リー}は官吏を集めて反撃するか?講和か

を議論させたと言われています。

長男は「家臣たちが敵と闘うことについては心配は無いと思いますが・・ただ民の心

が我々に従わないのではないかと恐れています」と言ったそうです!

やがて、北方の敵は国中に溢れ出て『チャン朝を助けてホー朝を滅ぼせ!』と声高に

叫び【ホー朝】は戦わずにして敗れたと言う話です・・(;一_一)

1397年に{ホー・クイ・リー}により築かれた城は870×885mの広さがあり、精密に

削られた一辺1.5~20tの石材により建造された。南、北、西、東と4つある城門には

それぞれ前門、後門、左門、右門と呼ばれています。

また彼は《思想文化》の分野において極めて頭脳明晰な人であったと記されています。

詔勅や公文書に漢字を使用することを止め[ノーム文字](漢字を基にした文字)へ

の切り替えを主張した人でこれは画期的な出来事でした。

更に、ベトナム独自の学風を築き、国土の強化に努めた人としても有名です。

現在遺されているのは往時の瓦(寄進した人の名前が刻まれていたり石垣の状態が良

いとされる東門、内城区域にあった宮殿の遺構として唯一残っている石の龍や巨石の

運搬に使用した直径20cmほどの丸石)が田園風景に佇んでいる古代王朝の門跡を見る

だけですが・・思い馳せる様々な時代の流れとその背景には心躍らせる時代の痕跡を

感じて頂けるのではないでしょうか?

かなりの部分ははしょって書きましたが・・本当はもっと沢山の話があって面白いの

ですが・・ご興味のある方はお調べ下さいませ・・<(__)>

昨夜から降り続いている雨はしとしとと降り続き寒さを運んでくる浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/18(Fri)
駅までは緩やかな長い坂で私の足では30分は掛るのですが・・昨日は朝から結構寒く

前日とは違ってかなり着こんで出かけた。後ろからお爺さんが自転車を押しながら歌

を歌って連いてくる・・それはそれは(いい声)で演歌を歌うんです・・( ^)o(^ )

最初の曲は最近の歌なのか知らなかったのですが・・2曲目は{王将}を歌いだして

車がびゅんびゅん飛ばす狭い旧街道の様な国道で歩道もない恐ろしい道路なのですが

端に寄りながら側溝の上を歩くのが常なのです・・(-"-)

何時も神経を遣って歩いて駅まで辿り着くのですが、昨日はその演歌に支えられ凄く

仕合せな時間でした・・( ^^)

また、車が通るから大きな声で歌っても道路には届かなくても私にはよく聞こえた!

駅を通過して反対は下り坂だからサアーと行ってしまったのですが・・この30分近い

時間は懐かしく、こんなに大声で歌いながら歩く人も珍しく楽しく拝聴した!

駅に着いて、電車を待っている間も頭の中には{王将}がぐるぐると回転するように

流れていました・・ははははは

こんな事もまたこんなに自由に歌えるなんて素敵だと思った午前中の出来事でした!

※ベトナムの歴史=【ホー朝城】について・・  <ベトナム航空誌参照>

◎たった7年で消えた伝統的王朝の余韻

ユネスコ世界遺産の称号をわずか7年で命を終え、ベトナム史に多大な逸話を残した

と言われる短期王朝の象徴【ホー(胡)朝の古城】に与えることに決めた。

1397年この城は、後に皇帝となるチャン(陳)朝時代の大臣{ホー・クイ・リー}に

よりタインホア省アントン社に築かれた。

東南アジアにおいて、他に類を見ない石造建築を擁する古城として知られる【ホー朝】

1400~1407の城址。ユネスコはこの遺跡の価値を認め世界遺産に登録しました。

しかし、訪れる人々は決まって口を揃え「門が幾つかあるだけこれでは頭と尾のない

龍の様なもので何も見るべきものは無い・・」と言うそうです・・(-.-)

四方を囲む城壁は隙間ができないように四角く巨大な青い石が組み合わされて築かれ

ていると言う。20tもの重さを持つ石もあると言います。そこで大きな疑問?が浮ぶ!

「われわれの先祖は一体どのようにして、これほど高度で壮大な建築を、わずか3ヶ月

で造りあげたたのだろうか?」と言うことです・・(-_-)

{ホー・クイ・リー}は3から4km離れた山々から巨石を切り出すと象と丸石製のコロ

を使い兵士たちに引っ張って来させたと言われています。2列に連らなった兵士たちは

石材が軌道を外れるたびに頑丈な梃子を用いて元に戻しながら進んで行った。

ベトナム戦争の時代には爆撃も受けたが今日まで最も革新的とも言われる王朝が残した

偉大なる遺産として、悠然と聳えています。

ベトナムの年代記には「紙幣はホー王朝時代に初めて発行された」と書かれています。

さらに、西洋の戸籍簿とは概念は異なるため国民を管理する制度=戸口もホー朝時代

に出来た。これは北方からの侵略に対抗するため100万の軍民をどうすれば得られる

かとの意図から生み出されたものだそうです。

さて、ベトナム史上、最も革新的と言われる【ホー朝】は1400年にチャン朝から王位

を奪った後はわずか7年で滅亡した。 当時、北方を平定していた中国の明朝は何とか

南方に侵攻しようと隙を伺っていた。

{ホー・クイ・りー}はタンロン(今のハノイ)は中国に近すぎるとして、アントンを

【ホー朝】の新しい都に選んだ。広さ10ha近いこの地は起伏があって山並の隙間に隠れ

るように位置しています。2匹の龍や巨大な蛇に例えられる2本の河{マー河とブオイ河

が周囲を流れ、孤立していながらも自然のオアシスの様な地勢を形作っていた}

彼はここなら北方から敵が侵略して来ても自分の養成してきた数万の軍が数ヶ月に及ぶ

戦闘でも守りきれると考えたのです。

長いので明日続きを書かせて頂きます・・(*^_^*)

冷え込みが厳しくすっかり一瞬で秋を飛び越えて冬感覚の浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/17(Thu)
大暴れし、爪痕をざっくり残した台風は本当に切ない災害を跡してしまいましたねぇ!

我家が一瞬で喪失する恐怖はいかばかりでしょう・・(><;)日本は災害の国と言え

る・・とても想像もできないし無力さを感じる! それでもこれから生きて闘って我家

を造らねばならない人々の心裡や、また犠牲になられた沢山の尊い魂にも鎮魂の胸中で

おります・・(-"-)

その上、生きている限りは生命を繋がねばならないことを考えると心が折れてしまうの
 
ではないかしら?と想像し哀切の心中からお悔やみを申し上げます・・m(__)m

あの台風が過ぎてから急激に寒さが加重されて、じっとしていると寒さがじんわりと体

の中を通過する様で・・今年初めてパンストを履きジーンズも冬用に替えた。

様々な書類を整理していてゴミ袋が半分位になって「あれもこれもも、何も要らない!」

と思い会社関係の書類や成績表は全部処分した。亡夫が残した手紙だけは子供にも見せ

たいと思い会社設立から闘病生活に至るまで筆マメな人でしたから相当数の手紙を残し

てくれている。残念な事にFAXの字は殆ど消滅してしまっていたので・・それは読める

分以外は破棄してしまった。軽く50通位はあった! 初めての会社経営だったから何を

どうしたらいいかが解らない状態から司法書士や会計士などの人々の手を借りて辛うじ

て設立出来た・・そこへ亡夫を迎えるつもりだったのですが・・叶うことは無かった!

幸いに私は強運でバブルが弾ける数か月前に弟に会社を譲渡して札幌に戻ったのですが

その後はかなりの打撃を受けたと嫌味を言われたものです・・(-_-メ)

有難いことに運が強いようで何をしても何処へ行っても余り苦労はしないで生きて来た

感じがします・・(-_-;)  でも、まさかこんなに長く墓守りをするとは夢にも思わな

かった・・烏兎匆匆と過ぎていく時間に流されて気が付いたらこの歳だった・・( ^^)

※ベトナム航空  Sky Teamについて

世界17ヵ国が加盟するスカイ・チームは毎日約1万4500便を173ヵ国・926都市に向けて

運航し年間約4億8700万人のお客さんに利用されている。スカイ・チームはグローバル

なネットワークを持ち、世界中どの出発都市からでも同じアライアンスの提携航空会社

によるフライトを利用することができる〚ハブ・アンド・スポークシステム〛サービス

により、他に類を見ないほどスムーズな乗り継ぎを可能にしています。

世界490ヵ所以上の空港ラウンジへのアクセス、到着後のフリークエント・フライヤー

プログラムのマイル獲得などサービスも充実しています。

スカイ・チームアライアンスとしての発展が経済面のみならず、社会や環境への貢献に

おいても高い実績を築くことを願い加盟各社は社会貢献活動を行っています。

◎ミドル・イースト航空の加盟で中東での利用が便利になった・・

このたび、レバノンの航空会社ミドル・イースト航空がスカイ・チームの一員となった。

この会社はレバノンのベイルートを本拠地として1945年に設立され、中東の航空業界に

於いて中心的な役割を果たしてきた会社です。

エアバスA330 A321 A320 などを所有し、欧州と、中東、西アフリカへ30路線を運航

している事でも有名です。レバノンの伝統文化の精神を活かし地上でのサービスも良いと

言われています。これによりスカイ・チームは中東地域においてこれまで以上に利用しや

すくなったと言われています。残念ながら日本は加盟国ではありませんが・・(-.-)

因みに加盟航空会社を羅列しておきます。

ベトナム航空、アエロフロート、ロシア航空、アリタリア航空、アエロメヒコ航空、中国

南方航空、エア・ヨーロッパ、エール・フランス、KLMオランダ、ケニア空港、大韓航空、

チェコ、タロム・ルーマニア、チャイナエアライン、デルタ、サウジアラビア、中国東方

航空、ミドル・イースト航空などです。何となくご理解頂ける航空会社かと思います。

ただベトナムの国の発展には必須の条件が揃っている航空会社でもあります。

ベトナム航空ばかりしか殆ど搭乗しない人ですが、偶にロシアとかアシアナ、大韓航空

に乗る場合もありましたが、本音では10年前に比較すればかなり改善されているし機内

も地上もとても親切になった。トランジットも難しくなく以前とは違って来ています。

色々な航空機に搭乗するのも面白いですが、矢張り私的には技術面でも優れたベトナム

航空でダイレクトに飛ぶのが好きです。ご承知のようにベトナムには懲役制度があって

航空への技術はかなり高度で優秀だと言われています。

一寸宣伝をしてみました・・あははははは

今朝はかなり冷え込んだと感じました・・でも青空の浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/16(Wed)
何時の時代も夢を持って人は生きて行けたら幸せだろうと思う日々です・・(#^.^#)

絶えず時代の流れに追い越されて正直、殆どのことが理解できない現状です「その上

勉強もしないから毎日の生活をせっせと繰り返しているだけだもの・・どうしようも

ないなぁ」と思いながらも「未だこの歳で残された夢?と言うより何かを期待したい

と思っている自分がいること」に少なからず呆れています・・(-_-;)

きっと、精神的な年齢の成長が置いてけぼりされて中途で頓挫してしまいそれ以上は

成長していないのだと思われます・・あははははは

ま、それが私であり、協調性のない性格を作り、自己愛が強く負けず嫌いで余り深く

物ごとの本質を考えずに行動してしまう性分はも、治らないだろうと思っています。

それもまた、今更正視して頑張ることも面倒だからそこを逸らして通過する癖がつき

適当に流す術も心得ているかなり狡い頭と愚鈍でどんくさい性格もありますねぇ!

新しい生活が待っていると思うだけで心が躍りますし、大変な生活が待っている事実

にも困惑とそこまで自分を追い込まずともゆったりと日本で暮らす方法もなくはない

のに未だ余所を覗いているのですから・・困った性格破綻者です・・ふふふふふ

少しづつ自分の周辺が整理されていく事にかなりの感動があるんです・・( ^)o(^ )

身の回りがすっきりとなくなって行く過程にも〔心が次の生活を希望している感覚が

取れないでいるのです〕1枚2枚と脱がされ自分が見えてくる感覚も割合好きなのだと

そんな事を台風が来る日に考えておりました・・(-_-メ)

矢張り少し変わっているかも知れませんねぇ??生き方も人生の処し方も全てが変人

かも?知れません・・はははははは

大きな台風でしたが当地は真夜中の通過で大した事もなく有り難かったですが、中部

関東方面は数多の被害が出ている様子です・・お見舞い申し上げます・・m(__)m

※ベトナム最近のお土産品?

◎少し前までは海外でデザインされた洋服がベトナム人の若者たちの間で人気があっ

たのですが・・近頃は考えが随分変化して来ました。ホーチミンのベンタイン市場や

チャー・チャイン{ライム入りジャスミン茶}などベトナムならではの『アイコン』

を描いた〚ボースア〛ではTシャツに注目が集まっています。

デザイナーの卵たちによるデザインが同ブランドに沢山寄せられています。 厳選で

抜かれたアイテムが現在は100種類もあると言います。様々なデザイナーのTシャツは

カラ―も豊富で見ていて飽きないほどです。お土産品には最適ではないでしょうか?

値段はレディースが大体で1600円、メンズは1700円位で売っていると言います。

店の名前が前記しました〚ボースア〛でハイバーチュン通りにあります。有名な観光

の通りなので店に入ってお好きな品を探してみて下さい。記念にはなると思います!

◎ちょこっとニュース

日系大手企業初〖シダックス〗がベトナム給食事業に進出!

食環境にニーズが高まる中、ケータリング事業において外資で世界初で参入している

〖シダックス〗がベトナム国内大手給食会社《ギャラクシー社》と資本提携を合意。

2014年秋には【セントラルキッチン】の設立を予定しています。

台風一過とは行かず未だ雲の流れが迅速で時々雨が落ちてくる浪速の夜明けです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/15(Tue)
アルバムを整理していて、別の箱を見つけた!何と大過去になっている成績表が沢山

入っていた。以前も整理中に「こんなのがある?」とか思っていたのだが・・小学校

からずっと、その上、運動会や体育祭や、コンクールなども合わせた表彰状が随分と

色褪せた書類のようになって出てきた・・(><;)

お菓子箱の様な箱を多分自分で細工したのだと思いますが・・千代紙で色々な形の紙

で貼ってある箱でした。  も、完全に忘れていたし、自分の性格が何処で作られた

のか?興味があって見ていたら、何とも恥ずかしいことが書き綴られてあり、通年を

を通して「人との協調性に欠ける!孤立した性格を直すべき!」が書かれてあった。

「1人遊びが好きで誰とも仲良くせず、本が好きで図書館で時間を過ごし子供らしさ

が余り無いとか?授業中とかサークル活動は熱心にするが決められたルールの中でし

か行動をしないで何か?絶えず違う視点で物事を考えている様に見える」・・(-_-;)

刻は様々の性格を作り、環境もまた完全に厄介な添え物に過ぎないとそんな事を思い

ながら・・子供のころから「人との協調性の無さの指摘があったこと」を昔の先生は

よく見ているなんて・・自分の性格のある部分に追い打ちをかけられた気分で読んで

いました・・ひゃははははは

案外{的}を得た解答に安心し、納得もあり揺るぎない性格をその価値観を飲み込む

時間でしたねぇ・・(^-^)

1人の人間が辿って来た道すがらには多くの寄り道があり副産物を作るものだと承諾

しながら『何処かで自分探しでもしていたのかしら?』なんて否定できない事実とし

て自分を支配していたものが何だったのか?不思議感を味わっておりました・・(/_;)

※ベトナムのコム=お米     <ベトナム航空誌参照>

昨日はお米の菓子などを書きましたが、もう少しお米の説明を書かせて頂きます・・

ベトナムの著名な作曲家=チン・コン・ソン氏が作った秋の美しい情景を詠った曲が

あります。

     【緑色のコムの季節  香る小さな手のひら  路上にもほら

         足元を駆けていく  秋の香りが・・・】

と言う1節があるそうです。このようにコム=米とは淡い緑色の内にもち米を刈獲り

炒ったものです。ハノイの秋の風物詩としても有名でほのかに奥ゆかしい香りが漂う。

コムはアイスやベトナムぜんざいと言われるチェーなどにも利用され、ハノイの至る

所で食されていて年中食べられるものです。

とりわけて言えば〚バイン・コム〛でしょうか?コムを練り込んだ鮮明な緑色の餅で

昨日も書いたのですが緑豆餡を包んだお菓子で<結納>の際の贈り物や先祖への供え

物としてベトナム人の人々の生活に浸透しています。

 [しかし、コム本来の風味を丸ごと堪能できるのは秋だけだと言われています]

旬のコムをバナナに付け、一口ずつ上品に味わうハノイ人にとってはそれは《粋》な

事であり、秋ならではの楽しみでもあります・・(#^.^#)

少しひんやりとしてくる風が頬を撫でる頃は秋の気配を強く感じるとも言われる!

「アーイムアコームダーイ」=「コムを買わないかい?」とコムを商う売り子が街中

を流し始める季節でもあるのです!!

彼女たちの呼び声を耳にすると誰しもが〔秋の訪れ〕を感じられずにはいられないと

言います! 四季を育むハノイの情緒はどこかしら?日本の原風景に似ていて通じる

ものがあると日本人は必ず言うし、そう感じるそうです・・( ^^)

市内中心部の西の外れに{ヴァン}という村がありますが、長期に渡りハノイの伝統

を守りコムを作り続けてきた村として知られています。 

以前は村全体でコムを作っていたのですが手間の掛ることを嫌い、多くの農家がコム

作りを残念ながら止めてしまったそうです・・(-.-)

{ヴァン}村を歩くと何処からともなく青々とした稲の香りが立ちこめてくる。

コムの旬は旧暦の7月から9月で収穫期には家族総出で作業に明け暮れる日々が続く。

井戸水で洗った刈り立ての稲を鍋で丁寧に炒っていくのです。粒を手に取り指で潰し

弾力を何度も何度も確かめて炒って行く作業は大変です・・(@_@。

《噛むほどに自然な甘みが増していくらしい》炒り上がったコムを熱が冷めない内に

杵で平たく搗き、艶やかな蓮の葉に包んでハノイの街へ売りに出掛ける。

今年もまた淡い緑色したコムの季節がやってきた。 何年も繰り広げられてきた秋の

到来は売り子の呼び声とともにコムの芳しい香りを思い出させてくれる・・( ^^)

かまどに火をくべながら目を離すことなく付きっきりの作業は大抵は家主の仕事でも

あります。また、ハノイのハンタン通りには真っ赤に包装されたバイン・コムの菓子

を筆頭に数々の<結納品>が売られている場所でもあります。

ホーチミンにも数軒のコムを売る店はありますが・・矢張りハノイが中心になってい

るのではないでしょうか?

台風の影響でしょうか?風が時々強く吹いて樹木がしなり、暗雲に空全体が覆われて

薄暗い浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/14(Mon)
秋祭りが盛んで昨日は国道沿いから反対方向で山車がでたようでした。 買物に行く

途中で未だ音もしていないのに停止させられ、回り道を通ってくれるように言われた。

その言い方が一寸気分を害したといいますか?乱暴で「あっちへまわれ!」と言った

もので・・少しイラッとしたんです・・(-"-)

本当に直ぐそこで「未だお囃子も聞こえてないから通してほしい」と言っても頑とし

て通さない爺さんに腹が立ってしまい「目の前に神輿が来ているのなら除けますが音

も未だ聞こえてないし、貴方達の道路でもないのに通行止めするのは可笑しいのでは

ないですか?」とつい言ってしまった。爺さんは凄く睨みつけるような眼で私を見て

「このよそもんが・・」と舌打ちしたのです・・(-_-メ)

そこへ若い人が走ってきて「どないしたん?」と聞くので「直ぐそこへ行きたいんの

ですが・・未だ音も聞こえないから通して下さい」と頼んだら「このよそもんが・・」

って言われて・・と言いました「爺ちゃん!俺らの方が迷惑かけているんやさかいな

通ってる人を止めたらアカンって言われてるやろ・・」・・(-_-メ)

「すんません!通ってください。未だ未だきませんよってに」と頭を下げられ大人げ

無いことしました。私もご免なさい」と言い通過したのだが・・彼は懸命に自分の役

を果たそうとしたのかも知れないけれど、我が身の一寸先を見ている気がして・・?

嫌な婆だと言われたのならまだ我慢できたのですが「矢張り余所者扱いには慣れない」

と思っていた。遠回りしたら・・本当に遠くなってしまう袋小路ばかりだから尚私も

ムキなってしまった!後、数分で店が見えていたからです・・(><”)

帰りは違う道を選んで帰ったのですが「大したことでもなく、散歩出来たとなぜ言え

なかったのか?」私も相当頑固な婆さんだと思い・・嫌な性格になっていると反省!

夜9時過ぎまで何ヶ所もお囃子が聞こえていて、家の前も数回通りUターンするから

結構賑やかで、TVも何も聞こえない状況でした・・(-_-;)

地区によって音楽が違う様でカラオケを歌う人や音頭を歌ったり踊ったり、色々ある

事を今年初めて知ったお祭りでした・・(*^^)

※ベトナムのご飯=Com

◎炒り青米=Rice kernels

秋の足音とともに街中に広がる香ばしい香りは早い時期に収穫した緑色をしたもち米

で、ハノイ人はそれを味わうことを誇りに思っています。

①バイン・コム=もち菓子

緑豆餡は甘さ控えめで、千切りしたココナッツも入っていて歯応えも楽しめる四角い

もち米のお菓子です。

②コム・サオ=炒めたコムのお菓子

お米をココナッツジュ―スに浸し、水気が無くなるまで炒めたお菓子。家庭で手作りす

る人が多い。

③コム・チュオイ=バナナのコム添え

旬のお米をバナナにつけて食べる。秋限定の食し方でお米の自然な甘みが引き立つ。

④トム・チェンコム=お米まぶし海老フライ

海老にお米をまぶしてあげた料理。クりスピーで頭から尻尾まで食べられる。

⑤チャー・コム=コムのさつま揚げ

お米を練り込んださつま揚げで揚げたてのもっちりした弾力とほのかなお米の風味が

優しい味です。

またハノイっ子に人気のチェーは砂糖で甘く味付けされたお米にココナッツ・ミルク

と氷を加えてかき混ぜて食べる。

【緑米とは黄金色になる前の緑のもち米を炒ったもののことで、品がよくて芳しい

 香りを漂わせるハノイの秋の風物でもあります】ハノイには四季があります。

今朝ゴミ出しに出たら本当に風が冷たく思わず「あれ?寒い!」と思った浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/13(Sun)
納得をして自分の人生を考え(最期)は可能な限り迷惑かけないで暮らしたいと思い

始めてから色々と身辺整理をし出したのですが「段々と心が落ち着いてきている!

こんな残りの人生もあっていいかも?」と思える日々が現実には流れています。

最初は「何からどうすればいいのか?」見当もつかないままでアルバム整理から処分

を始めた。 {子供達には結婚する時に数冊分本人や家族の写真を渡した}

だから、手元に残っているのは自分と家族ばかりなのだが・・・昔は亡夫が凄く沢山

写真を撮る人だったからその数も膨大になっていた・・(@_@。

何とか結婚するまでに色々と分けて出産時の頃からずっと撮ってあったものを分配し

たのですが・・それでも手元には未だ残っていた。

丸でアルバムから1枚を剝す度にその頃のことが思い出されて、中々進捗しない状態

が何日も続いた。それでも・・何冊かは処分して破棄した。もう1度か2度見直す積

りで、また元に戻した写真も多々あるのです。これは結構、感情移入しやすくて諦観

するには時間がかかるものですねぇ・・(^^ゞ

平然と破いたりシュレッダーにかけられるものもあるのですが・・(+_+)見ていても

心がざわつく写真もあって・・揺れ惑っているのも数多あって困ってしまう!

何もそこまできちんとしておかなくても[適当で良い]と思う気持ちと矢張り納得し

処分して置きたい気持ちが葛藤しているのです。だから時間をかけて・・もう少し後

で再度、写真は片づけようと思っています・・( ^^)

形のあるものは消えて当然だと思うのですが、まさか写真で手こずるとは想像もして

いなかったのも事実です・・ははははは いやはや決断力に欠けているのかも?とか

思っていますが・・多分、かなりの物が目の前から消えて行っている事実を見る内に

心も決まってくると思います・・(#^.^#)

この地区は幾つもの通りを隔てて町の名前が異なり、その地区ごとの祭りがある様で

昨日は少し離れた場所から早朝音楽とお囃子や鉦が鳴っていたのです・・(*_*)何故

こんな小さな街中で幾つも山車がでて秋祭りをするのか未だに理解できない。ここは

先月に済んだ筈でしたが・・昨夕からまた同じ様に神輿が出て大声で騒いでいました。

去年は1回だけでしたが、今年は2度も家の前で大騒ぎしている。とても楽しい様子

に見えるのだけれど・・同じことを繰り返すだけの祭りの意味が解らない!

神社の前に寄進者の紙が沢山貼付されていたので・・失礼ながら拝見していたのです。

       所が吃驚しました・・\(◎o◎)/!

今まで私はこの歳までに経験した神社への喜捨は、殆どは何万円位が先頭に並べて貼

ってあるのが普通でした。 大きな有名な神社などは別にしても・・(*^^)

所がここの神社の横には最高額が5000円で1人でした。その後は3000円が10人位で後

は1000円、500円が貼られていて・・仰天しました。 人数にして30件位でしたから

ま、その言葉は悪いですが「しょぼい!」と言いますか?「渋いのでしょうか?」

〚土地持ちで地元の人が大勢立派な家に住んでいる人が多く余所物を嫌うと言われた

人たちの寄付がこれだけ?〛ただ呆気に取られて見ていました・・(-_-;)

町内会費が高いからなのか?それは全く交流がないから解らないけれど・・年に1度

の祭りの寄進にしては[お粗末すぎる]と思って・・(-_-メ)《矢張りこの地は私の

性格や生きてきた時間や環境からは遠く離れた思考の人が多いのでないかしら?》を

改めて感じさせてくれました・・( ^)o(^ )  ”面白いと思いましたねぇ!”

今朝、玄関前で男性が3人大声で話していました「昨夜はご苦労さん」「いやいや!

あそこには負けたないさかい山車を出すように俺が言ってやったんや」「わいとこの

神輿を使いやがって・・毎年やけど、自分とこで買えばええのに・・腹立つで・・」

と言う話が部屋にいて聞こえるのですから・・(-.-)     それも驚きでしたが

「じゃあ、昨日の神輿は当てつけの繰り出しだったの?」と思わず聞いてみたくなる

雰囲気でした。 色々な事がある世の中狭い範囲内での土地柄やその地方の習慣なの

かも知れませんが・・余り感じの良いものではありませんでした・・(/_;)

〔どう解釈すればいいのかさっぱり判らないし、又、別に知りたくもないのですが〕

話の内容では負けたくないからもう1度神輿を担ぐなんて・・出来るものなのか?と

不思議な感じがしておりました・・(-_-)

何となくざわついた土曜日で・・あちこちから朝から人々の出入りが多く携帯が鳴り

騒がしいなぁ・・なんて感じていたのですが・・もしかしたらそんな話が流れていた

のかも知れません。隣人との境が手を伸ばせば届く位置にあって、窓が開いていると

電話や家族の声が丸聞こえで・・(-_-;)掃除する朝以外は閉めているのですが、これ

だけ聞こえるって事は私の声も聞こえるのだと思い凄く気を遣うってしまう。

未だ、アパートの隣の声の方が聞こえない・・外の声も大きくて何を話しているのか

内容が解るのも余り良い気はしません・・(;一_一)

こんな場所に住むなんて想像外でしたが・・凄く色々な意味でいい勉強になったこと

は私の狭い人生経験の中でも特出した時間であったと思います・・あはははは

後少しで引っ越しますが・・人生捨てたものではなく・・ここに来なかったらこんな

事も知らないで生きていたと思います。全て通るべき道だったのでしょう・・(*_*)

ま、今日は愚痴や近場の様子と人々の生活環境の違いがいかに違う事や面白く貴重な

体験ができた土地として忘れることは無いと思い・・そんな事を聞いて頂きました!

少し冷え込んだようで窓を開けると肌寒いけれど太陽は輝いている浪速です。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/12(Sat)
容赦なく続く陽光は未だ真夏の勢力を保ちながら・・ずっと30度越えで照りつけ蒸し

暑さと熱気を孕んで不快な天気でしたねぇ・・(-.-)

着物を届いた箱に詰め直し、枚数を数えたり帯や羽織、単衣、袷などとに分けて大き

な箱に入れた。書類に枚数が書いてあるのを数えたら43枚もあり(最も帯など全て)

入れてでしたが・・自分でも吃驚しました・・( ^^) それがお金になるような品では

無いと思いながらも処分できることが有り難く感謝しながらも一抹の寂しさを持ち乍

送らせて貰った・・(-_-)

未だ、冠婚葬祭用の着物や訪問着、色無地、冬のコート等数点は残して有るから、何

かがあっても今なら間に合うかも?と思いながら・・うふふふふ   心の半分では

「これらも出してしまえばよかったかな?」と言う気持ちがありました。

ま、今年出せなかったら来年でも処分すればいいのだと思うと殆ど手元になくなった

事が何より嬉しく思いました・・(#^.^#)

午後からは銀行へ行って、札幌行きのチケット代を支払い、少しだけ不足分の食糧を

を買ってきた。電車に乗って、往復1時間半で行ける距離なのに駅から家迄が遠い!

牛乳や卵、ヨーグルト、調味料などを買うと本当に重くなり家までやっと{辿り着く}

と言う感じがします・・( 一一) 部屋を閉め切っているので全開して扇風機を当て

洗濯ものを入れたら汗が流れた・・(^^ゞまだそんな暑さがある大阪です・・(@_@。

これで半分は片づけが終わった気分ですが、もう少しで不燃ゴミの日がくるので額や

軸、食器類を破棄するために調べなければならない・・(-.-)

それが終わると少しゆったりした生活が戻る気がします。何時も1人でこんなことを

20回もやって来たのか?と思って・・呆れていますがこれが最後になることを願って

いますが・・私の最期はどうなっていくのか見当もつかずその意味面白く、これから

が楽しみです・・あははははは

※ベトナム中部〈ホイアン〉のニュースを・・  <スケッチ参照>

◎ホイアンでボートクルーズができます。工芸村を訪れるコースができました。

ホイアン観光にトゥボン川をクルーズするボートツアーが登場したのです。

伝統音楽の調べに耳を傾けながら船旅を楽しむ〚クルーズ&クアンナム民謡ツアー〛

約1人1500円。参加人数により使用する船や料金が異なりますのでご注意を!

15人まで乗れる船で行くツアーには木彫りの村と陶器の村を見て回るコースがあり

〚タンハー陶器村&キムボン木彫り村訪問ツアー〛で1艘約6500円。木彫り村と陶器

村に加えて漁村も訪れる〚タンハー陶器村・キムボン木彫り村・チャー二エウ漁村の

訪問ツアー〛約15000円があります。1人で参加しても1艘借り切ることになるが値段

も1人で支払うことになる。ホイアンの各チケット売り場で予約可能で日本語ガイドも

付けてくれると言います。

◎ホイアンでなら毎朝焼きたてのドイツパンが食べられる・・

ホイアン旧市街の人気レストランがスタイルを一新。 ドイツ出身のオーナーが毎朝

作るドイツパンが評判を呼んでいる。メニューは自慢のパンを使ったブルスケッタや

バニーニが中心でピザもあります。 オーナーによると「うちのパンは焼き上がった

ばかりより2時間後の方が美味しくなる」と言います。

上質のパンとカプチーノだけのシンプルなブランチでも凄く贅沢感が味わえると言わ

れています。ホイアンへ行かれたら立ち寄ってくださいませ。

名前は『カーサーヴェルテ』={ベーカリー&カフェ}です。

今日は少し風がひんやりとして窓から入って来ました。かなり気温が下がった感じが

する浪速の夜明けです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/11(Fri)
ご存じのように10月の中旬になったと言うのに、昨日の暑さは半端ではなく、玄関の

ドアーノブが触れないほど熱かったです! 外に出るまでそんなに太陽が威力を発揮

しているなど思ってもいなかったから・・早速、お布団やシーツ、ベッドカバーなど

を干しましたが・・1時間程度で全て入れてしまうほどほかほか状態でした・・(*_*)

所が案の定気温が下がらないからお布団も全て熱く、夜はクーラーで冷ます愚かさで

でしたねぇ・・ははははは ”ま、何をやってもトンチンカンで何処か変な人です”

着物を送る箱が届いてその頑丈さに吃驚しました! 引っ越しの際に、荷物用に貰う

段ボールの2倍の強度はあると思いますし・・着払い用紙も貼付されていました。

少し風邪気味だったので何もしないで明日に順延した。 風邪は数年に1度程度しか

引かないのですが、この夏の疲れとか?毎日の片づけ(と言っても大事ではない)が

老化した身体に少し負担がかかったのかも知れません・・あははははは

     ∴ま、歳とは勝負できませんから・・(@_@;)∴

※ベトナム写真事情      <月刊スケッチ参照>

ベトナム人は写真が大好きです。想像されているよりはるかに大勢の人が写真を撮る

事が好きみたいです・・(*^_^*)昔はベトナム戦争があって写真を殆ど燃やされた

経験があるからでしょうか?昔の写真がない分、結婚式や観光写真の撮り方は異常で

とに角【自己アピール】が大好きな国民気質があります・・ははははは

街の教会前では結婚式の写真が終日、お色直し宜しく何枚も着替えて専門家が撮影し

それを遠巻きに人々が見ている姿を見かけますが・・本人たちは全く平気で何時間も

写真を撮ることに意欲を燃やしています。誰が見ていてもお構いなしで撮影は続けら

れ、寝室には大きなパネル写真が貼られているのが普通です。

    [ま、新婚の間だけ見たいですが・・うふふふふ] 

さてベトナムでも近年は撮影内容が進化して、丸で雑誌に掲載されているかのような

美しい写真ばかりで素人の域を超えていると言われています・・\(◎o◎)/!

彼らは何の為にそこまで撮影に拘りを持つのでしょうか?とても不思議です・・??

①フェイスブックで自己アピールを楽しむ・・

交友関係が拡大したせいでしょう?友人たちが綺麗な写真をフェイスブックにアップ

しているのを見て「私もやりたい!」と思った人が増加したと言われています。

新しい自分発見やコメントを貰う事で交友関係が広まっていく楽しさがあるそうです。

②自分を認めて貰いたい・・

沢山の人に自分を知って貰いたいという気持ちが強い。多分、日本人とは全く感覚が

違うせいかも知れませんが・・そう言う気持ちが強く影響をするのではないかしら?

殆ど羞恥心がない国民気質ですから・・(+_+)悪い意味ではなくて・・積極的です!

自分のアイデァやセンスを認めてほしい願望の人はとても多いと思います。

◎どうやって撮影するの?・・

①大方はアマチュアカメラマン、メークアーティスト、スタイリストをつけて撮影を

するようです。先ず協力者探しから始めると言います。

〖これはフェイスブックにアップされているクレジット(カメラマンの名前の事)を

チェック!それからその人を通じて知り合いの伝手で前記したアーティストを探すの

が流れだそうです〗

②ミーティング・・

撮影のコンセプトは最も重要なので念入りにミーティングがされます。 ジャンルに

よって撮影場所が決められるので時間をかけて検討されるとか?

③テーマを決める・・

撮影前にはテーマに合ったメイクをして貰い内容にもよるが所要時間は1時間半程度

で、様々なテーマに合った衣装に着替えて撮影場所に移動。

④いざ本番撮影・・

「向こうから歩いて来て」とか「そこで立ち止まって」などカメラマンの指示に従い

ポーズを取る。最初は一寸はにかんだ様子を見せるが・・元来余り恥ずかしさのない

国民だから瞬時に慣れて本物のモデルの様になって行くらしいです・・(@_@。

⑤撮影後は?・・

カメラマンが写真を加工。余り撮影に慣れていないカメラマンの場合は色味や明るさ

さの補正は重要事項の1つだそうです。全く素人なのでその辺りは見当もつきません

が・・m(__)m とにかく驚愕するほどのメイク技術です・・( ^^)

⑥フェイスブックで公開・・

写真をアップ後。何10人もの人から色々なコメントが入り「メイクと衣装が素敵!」

といった絶賛の声もある中、批判コメントも多く書きこまれたりもするそうです。

《それでも、皆に『綺麗な自分』を見てもらえれば自分に自信がつくという!!》

写真を自分だけの楽しみにせず、フェイスブックにアップする事で評価して貰い自分

の長所、短所を発見。出来上がった写真を見て、自分に自信を持つことができる様に

なったという人が多いみたいです。

今、ベトナムの若者の間にはこんな撮影の方法が流行していると言います。 気分は

モデル・・大切な人との一緒の写真、独特の世界感や雰囲気の撮影など多彩な方法が

若者に好まれているのが現実の撮影光景だと言われています。

バッチリ決めて撮影に臨む女性たちの姿は日頃の従順さが消えて、堂々としたモデル

姿で美人が多いとの事です!

    〚矢張り日本人とはどこか?感性がかなり違うと思います・・(#^.^#)〛

彼女たちは美しくメイクアップされて・・別人の様な雰囲気があって驚きの連続です

が、それが彼女たちの心を満たし自信に繋がっていくのだろうと思います!

近頃のベトナム人の写真撮影風景を切り取ってみました・・(*^^)v

青空もあちこちに眺められるのですが、黒い雲もまた動ぜずにいるから日差しのない

浪速の夜明けです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/10(Thu)
台風は少し強い風と雨を数回降らせて去って行きました・・(*^^)有難いことです!

    被害に遭われた皆様には心からお見舞い申し上げます・・<(__)>

その後も夜になって、また一頻り激しく雨が思い出したように降っていましたが・・

短時間で止んだ様子。玄関を開けたらかなり濡れていて水溜りができていたので吃驚

しました・・それでも大したことがなくて何よりでした!

10月だというのに未だ30度を超える気温に扇風機が片付けられない。  かと言って

ほんの少ししか使用しないのだけれど・・矢張り瓦屋根の熱や地上の温度は急激には

下がらないみたいですねぇ・・(-_-メ)

娘から教えて貰ったのですが{着物を買い取る会社}があることを知り、片づけた物

を箱に詰め送る算段をしていたのです。ところが、PCから見た感じでは送る段ボール

も送料も無料と言う話に驚きTELで確認しました。本当に箱も送料も要らず届いた日に

査定してくれて振り込まれるとの事でした『凄い時代なのですねぇ』・・(@_@;)

初めての経験ですがやってみようと思い申し込みました。普段着が多いのですが数が

あるので、その事も話し、帯や羽織、道行なども可能だと言われて・・それを選別し

数を数えて入れ直しました。

数日すると段ボールと書類が届くとの事で待ってみようと思いました。便利な世の中

であり、そんな時代が来るなど亡母など考えもせずにせっせと作ってくれたのに半分

も着てあげられないままで売ってしまう事に(愛着)がないと言えば嘘になりますが

でも、置いていても誰かの世話になって処分するのなら、自分の手でした方が安心感

があると思いました。多分、お金になどなるとは想像も出来ませんが、処分して貰う

事に意味があると思う私なので・・これが終ると半分は片付き、不燃ゴミ用に額や軸

の整理をすれば・・大方が済みそうです・・(^-^)

未だ、アルバムの2回目の整理など、もう1度位は見直さねばならない物がありますが

何とか間に合う様に片づけられそうで・・ほっとしています・・(-.-)

その上、昨日は11月亡夫の祥月命日の墓参りのチケットも届き、今回は東京から別に

親友が一緒に行きたいと言ってくれて同行します・・( ^^) 段々、お互い高齢になり

何時会えるか分からない年代になって来たこともあって「ずっと一緒に札幌へ行きた

い」と言ってくれていたのですが・・多忙な彼女を誘う事はこの20数年なかった。

漸く実現する事になった!同じではないがホテルだけ一緒にして貰い、温泉へ行って

来る予定です。そんな事を考えていました・・(#^.^#)

最近は夜明けが遅く暮れるのが早いから直ぐに夜が来る感じがして日中の数時間だけ

動いている感じで夜が来る気がしています・・ははははは ま、気楽な婆さんです!

※ベトナムちょこっとニュース   <ベトナム航空誌参照>

◎ご存じの方も多いと思いますが・・未だベトナムへ行った事がない方の為に些細な

 事ですが書いておきます。

パスポートの有効期限が3ヶ月以上あれば、ベトナムでの滞在日数が15日間を超えな

い限り【ビザ】は不要です。ただし、観光、ビジネス、親族訪問が目的で往復航空券

{コピーも可能}または第三国行きの航空券を保有している必要があります。

税関では日用品は申告の必要はありませんが、300g以上の金、銀、PCやビデオカメラ

CDプレイヤーなどの電子器具で500万VD(ベトナムドン)相当以上の新品または大量

持ち込み、さらには5000USドル相当を超える外貨{トラベラーズチェックを含む}を

持ち込む場合には申告が必要です。

以前は入国時に出入国書類、税関申告書、検疫質問書が一諸になった入出国カードを

提出していましたが今は廃止されています。 でも時々、税関で用紙を渡されて書か

される場合も多々あります。アトランダムに自分が当たる場合もありますし、係官の

気まぐれみたいないい加減さがベトナムには結構ありますので・・そう言う時は仕方

なく一応機内で用紙を配ってくれる場合は貰って書いて置くといいかなと思います。

日本の様に徹底されていないから・・はっきり言って大雑把ですから気分を悪くされ

ないようにそう言う国だと思って頂ければと思います。

場合によっては未だ必要だと言われる事も本当に有って何度往復していても数回書く

事がありましたから・・その辺りが良く解らないのが事実です・・(-_-メ)

また、免税範囲を超える場合は税関申告書の提出が必要です。申告する物がある場合

は赤色、無いなら緑色のカウンターへ行くことになっています。

また、ベトナム入国時の予防接種は義務付けされていません。ご自分でした方が良い

と思われる方はなさってください。後は水道水。 硬水ですから、軟水を飲み慣れた

日本人は充分ご注意ください、沸かして飲むか?ミネラルウォーターを!

また、電圧は220Vが主流ですから日本製品は使用できませんのでお気を付け下さい!

一般電話から日本にかける時は民間電話サービス〈00〉から。日本の国番号は〈81〉

ベトナムの国番号は〈84〉です。

近年は都市部ではインターネットの発達が著しく環境整備も万全ですからホテルから

問題なく使用できますし、Wifiが使用できるカフェもあります。

青空は白雲を従えてゆっくりと大きく動いて太陽が力強く差し込み明るい浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/09(Wed)
台風の影響かも知れませんが、何となく薄気味悪い暗雲が幾つも出ています・・(-_-)

この数日は汗ばむような蒸し暑さで陽光が未だ真夏から離れない日々でした。 先日

が涼しかっただけにまたもや真夏に逆戻り台風が襲来するという予報に驚いています!

    ≪地球は?天気は?どうなっているのでしょう?≫・・(--〆)

今年は何10年振りかの豪雨とか酷暑とか・・空のご機嫌が悪いようで、振り回されて

います。考えると何となく世の中も殺伐としているし、犯罪も凶悪になっていること

なども時代の先端を行くハイテクやITが科学が医学が発展しているだけに何とも言え

ない巨大なウェーブの中に放出され、その渦中に巻き込まれてしまった・・(/_;)

そんな人間社会が見え隠れする現実に見えない恐怖を感じているのは老人ばかりでは

ないのではないでしょうか?

〖何かしら肝心の指針が・・何かが狂って来ている感覚が否めません・・(-_-メ)〗

人が本来、持続し豊かに胸中に抱えていた温かさや優しさ人情などはもはや次世代に

は通用しないのだと思う事がしばしば目の前で起こります。些細な出来事でも老化し

狭い脳細胞で奮闘するのには棲みずらい世の中になった気がしてなりません!!

  ▽個人的な僻みかもしれませんが?・・ふふふふふ▽

誰でもが平等なんてある訳もなく、格差社会のど真ん中で底辺を何度も徘徊している

老人の存在など塵、芥にもなりませんが、こうやって未だ元気で生かされている時間

を共有しながら段々と後ずさりし退廃し前には殆ど進めない現況に惨めさと情けない

心を持っているのは・・私だけかも知れませんが・・あははははは

      *「やれやれ・・大変な時代になったものです!」*

人の考える事は先ず、少しは理解できていた頃が無性に懐かしく確かに『昭和』は遠

くなったのかも知れませんねぇ・・(-.-)

※ベトナムのゴルフ場のご紹介です・・  <ベトナム航空誌参照>

以前に1度書いたのですがベトナムには沢山のゴルフ場があります。私はインドアの

経験しかなくコースを回った事がなく、興味が薄かったもので書けませんでした・・

亡夫も息子も娘もかなりの頻度でやっていましたから・・TVも殆どトーナメントがあ

る日はずっと観ていたから無意識のうちにゴルフのルールは覚えましたが・・(-.-)

自分からとかは無く誘われても留守番ばかりでしたが・・亡夫と娘は{堪能したと思う

ほど回数はこなしていると思います}今は婿殿が嵌っていますが・・うふふふふふ

ま、昔は会員権が売り買いされていた時代もありました・・嘘のような話で大金が動き

ましたねぇ・・亡夫も幾つか持っていましたが「あの会員権は何処へ行ったの?」等と

聞いてみたい気もします・・「きっと売ったのでしょう・・(#^.^#)」

前節が長くなる悪い癖がでてしまいましたが・・「何時ものことで・・<(__)>」

◎Song Gia Resort Complex Golf &Country Club
{ソンザーリゾートコンプレックスゴルフ・カントリークラブ}

ハノイから車で約2時間半。港湾都市でハノイ副都心。火焔樹が美しいハイフォンの街

外れにあるゴルフ場です。高級ホテルやヴィラを併設し、施設内には日本料理店もあり

週末の泊まりがけがお勧めの素敵なコースです。

27ホールのコースの傍らには2本の川がゆったりと流れ、清々しい開放感に溢れている

コースです。併設された5つ星レベルのホテルからは全コースが一望できると言います。

この光景はゴルフ好きには堪らないシチュエーションだとも言われています!

練習場の充実ぶりも素晴らしくゴルフレンジは300ヤード以上。アプローチとバンカー

専用のグリーンも備えており、実際にコースで打っているような臨場感があります。

コース全体はフラット。各ホールともティグランドからグリーンまで見渡せ、初心者に

も思いきったティーショットが出来るそうです。

ただ、どのホールもセカンドショットが難しく少しでもミスすると必ずバンカーに捕ま

るので要注意です。 何より特筆すべきは芝の素晴らしさ。池の淵やバンカー周りまで

手入れがよく行き届き気持ちよくプレーが楽しめることです。

一口に芝生と言ってもティーグランドからフェアウエイ、バッティンググリーン、ラフ

と一つのホールでもプレイに適する芝は様々で芝にも役割があると言います。

ティグランドではある程度ショートに刈られ、ショットの邪魔にならない芝が、ボール

が沈まないようにしたフェアウェイといった具合に造られています。

ラフは少し打ちにくくする意味でボールが沈むように伸ばし、バッティンググリーンで

はボールがスムーズに転がるように短く刈り込んでおく必要があります。これら全てが

整った芝が良いゴルフ場の条件といえるのだそうです。

そう言う意味では、このソンザーリゾートの芝生はとても整っていると言えます。

コース内で芝生を思いっきり打てるのはフェアウェイだと言いますが・・ソンザーでは

アイアンショットが上手い人は芝がボールと共に綺麗に飛んで行きます。正に理想の芝

と言える。

静かに流れる川と各ホールに池を配した素晴らしい景観の中で最高の芝と一緒にプレー

出来る。そんな最上級のゴルフ場ではないでしょうか?

2方が川が囲む開放的なリゾートコースで理想的な芝で充実プレーをお楽しみください。

      〔プロゴルファ―松本氏の話から書かせて頂きました〕

前記しましたように本当に数多くのゴルフ場があります・・( ^)o(^ )偶にはご参考に

して頂ける方もあるかと思い書いて行きますので・・読んでいただければ嬉しいです。

今朝は雲が少し多く風が強く吹き出した感じですが未だ今のところは雨の気配もなく

曇天の浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/08(Tue)
未だ暗闇の中を雲は幾筋も流れて茜色に染まり瞬時に変化してく光景を洗濯物を干し

ながら暫し鑑賞しておりました・・(*^_^*)本当に美しく刻々と変わっていくその

姿を見とれていました!まるで暗闇の中から神々しい光が{人間社会に何か?}の指針

を促しているかの様に昇り始めた時は、自分の人生の残りが未だ活き活きと輝いている

かのように厚かましくも思えたものです・・あははははは

しかしながら、朝日は1時間も経つと早々に雲の中に隠れてしまったのは残念でした!

でも、あの輝きは明日を導いてくれる予兆の様な気がして瞬間に立ち遭えただけでも

流れる景色は人生そのものに見えて生命の温かさを感じて嬉しく思いました・・( ^^)

昨日はボランティアに出す段ボールを割合大きな箱になったのですが2個送りました。

これで、半分位は片づいた感じでしょうか?・・うふふふふ

ぎりぎりの人生の選択もまた網に引掛った魚のように足掻いているようにも見えて少し

は暴れていますが自由な風に乗って飛んでいけそうな気がして・・巡りゆく季節も必ず

何かを教えてくれるものとそんな気がして肩の力が抜けた一瞬でもありました。

親になることも人生の路線図も誰も教えてはくれないけれど・・自分の手で掴み経験

する事でそれが間違っていても個々の責任で有って・・誰にも文句は言えない!

全ての行動は自分の生き方に戻ってくる気がして・・時には相談したり一緒に歩いて

欲しい相手を欲しいとか?思う時期も皆無ではなかったけれど・・(・_・;)

どう考えても1人で生きていくこと以外の選択しか出来なかったしそれが与えられた

自分の運命のように思えて生きてきたことで〔今があるのだ〕と思います。

《流れた水は決して戻って来ないしー消えた時間は取り戻せない事実》を考える時は

寂寞感に苛まれる日々もありましたが・・誰にとっても人生は波乱万丈です。

(信じた道を行くしかない)のだと思いますし揺れる心があるから人間らしいのだと

そんな風に考えた1日でもありましたねぇ・・(^^ゞ 気障ですが・・はははははは

※ベトナム在住人のコラムから   <月刊スケッチ本参照>

◎ベトナムを離れてでもやりたい事ができた時に愛する人を置いて行くべきか?否?

食べる事にも困らない。生活もしやすい。しかし・・・・・?

日本を離れて数年。ベトナムの仕事にも日常の生活にも慣れ、友達もできた。

恋人か、人によっては妻子もできている場合も多い。も、完全にそこには生活の基盤

が出来てしまっていたとします。

しかし、そこで1度たりともこう思わない人は少なくはないと思うのです「俺の人生

はベトナムでこのまま終わってしまっていいのか?」と。

{転がる石に苔生さず}とはよく言いますが、ベトナムで落ち着きつつあった日々は

日本男子が今よりもステップアップを目指そうと〈野望スイッチ〉がONになったとき

果たして生きていけるのか?そして、どうすべきなのか?を考えると言います。

◎〚ベトナム屋〛の需要、今昔。どうやら食べていけそう?

ベトナムの経済が今ほどに発展する以前、ベトナムで覚えた仕事のスキルというのは

日本や他国では通用しないものが多かったと言います。

法の未整備、インフラの不足、未成熟な市場、ベトナム人スタッフの能力や経験不足

などから発生する『トラブルシューティング』が日常業務の大半となって、まともな

ビジネスを修行出来る環境ではなかったからです。 その結果は、駐在員、現地採用

自営業を問わず、悪い意味で専門的な〚ベトナム屋〛になってしまった人も結構居て

任期が切れたり自発的に帰国したりして日本に帰国した後の{社会復帰}のリハビリ

には相当の苦労があったそうです。

また日本の社会生活に馴染めずに退社して、ベトナムに戻ってきたという人々も多く

いたという話です。しかし、翻って現在は先人たちの苦労が実って「売り手」として

も「買い手」としても大きく成長したベトナムです。必要な仕事も日本における企業

の方向性と近づきつつあります。

しかも「業務立ち上げ」の経験やノウハウがカンボジアやミャンマーなど、ベトナム

に続く発展途上国での業務にも充分に役に立つような状況に変化しています。

日本でも[遅ればせながらベトナムに進出したい]という後発の企業も増加している

傾向にあります。つまり〚ベトナム屋〛は昔より遥かに[ツブシ]が効く様になって

いるのが現況です。無論、個人の資質や能力は問われますが・・(-.-)

◎恋人・家族がベトナム人であろうと外国人であろうと・・

ただ、自分1人ならば、自分の事だけを考えて整理をつければいいのですが・・既に

この国に恋人や妻子がいるとすればどうしたらいいのか?

養うに充分な収入、貯金があったとしてもそれだけでは不足なのです。

彼らをベトナムの友人、知人、親族から引き離すのみならず、新天地で<籠の鳥>に

してしまう危険性を押しつけてまでも「一緒に日本に来てくれ」と言えるかが大問題

なのです。かと言って単身で帰国しても、孤独に耐える〈覚悟〉と遠距離ケアに挫け

ないだけの〈真心〉が必要なのです。

そんな訳でどちらに進んでも〔茨の道〕が待っていると言います。 それらを自分の

野望と天秤に掛けながらどうしても捨てられないものを自力で決断するしかないので

あって・・もしくは潔く諦観してしまうかしかないと彼は書いています。

この様に異国で生活するという事は何かを潔く諦め、現状に満足し野望も持たずそれ

を維持させて生きる事は並大抵ではないのだと・・狭隘な観点からしか知らない私に

とっても凄く理解できる話だと思いました・・(#^.^#)

確かに不自由や不便性。日本とは異なる環境で生活することの意味を凄く考える時間

でもありますし流されて〚ベトナム屋〛になって行くのもある意味楽であり自由では

有ると思いますが根底に流れている日本人の血は時には悪戯心を刺激し、家族を放置

したまま帰国したりする人も大勢いるんです・・(><”)

矢張り相当な〈覚悟〉と〈決断〉を心のどこかで維持し守護していないと周囲の圧力

に負けてしまう場合は決して少なくは無いと思います。何も考えないではいられない

場合も多々あるし、選択肢が間違っていたと後悔する時も多く、国が異なることへの

憤懣やもどかしさ苛立ちも心に受ける傷みはかなりあります・・(-"-)

それでも自分で選んだ道だから・・この国で生きていこうと思わねばやっていけない

気はします。「何年ぐらいまでは大丈夫?」と聞かれたら勿論人、各々の性格や環境

にもよりますが5年位なら若者ならば住むのには面白い国かも知れない(個人的見解)

でもこの国で最期を迎えると思う事は【決死の覚悟】がいるのかも知れません。

それは個人差もありますし考え方もあり、生き方の問題でもありますが・・ふふふふふ

一面、雲に覆われてしまっていますが雲の中では燦然と輝いているのかも知れない太陽

が朝の明るさをもたらせてくれている浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/07(Mon)
真夏が戻ってきたような暑さで・・(@_@。洗濯物も完全に乾燥しもう1度位は洗える

かも?と思えるほどでした! 流石に洗う事はしませんでしたが・・お布団は短時間

干しました。夜も暑くてこれが禍でしたねぇ・・あははははは

でも、最近は毎日、部屋中を動き回っているせいで疲れて何時もよりかは遅かったの

ですがスゥ―と眠り婆が降りてきたようで何時の間にか?眠っていました・・(+_+)

「夜中のトイレも決まった時間帯に1度起きる事も変わらず時々・・私の生活って判

 で押したような暮らし」だと思って自分で笑える事があります!!  それもまた

何とか元気だから同じ時間に起き、家事をして食事時間も就寝時間も殆ど変化のない

生活が送れるものと思って有り難く感じています。寝るのも起きるのも早い・・(笑)

「何が楽しみで生きているの?」って聞かれると返答に困る「いまは与えられた時間

 の中でしなければと思い込んでいる事をして・・それから先にはお楽しみとおまけ

 が付いていると負け惜しみな独り言を言っております」・・ははははは

先なんて誰にも見えないのだから・・現実に見える部分に焦点を当てて行動している

だけなのですが「それが上手くいくのか?中途で断念せねばならないのかさえも見当

が着いていない」でも、今、この目の前に見える事実だけが私の時間だと思っている

のです。辛いことも悲しみも懐古に浸ることもなく惜しいという感情もすっかり消え

誰かの何かの役に立つことができる喜びの方が大きくなりましたねぇ・・(^-^)

▽人生にも物への執着がこんなに消える刻が来るとは夢想だにしなかったのですが▽

生きているとは不思議でまた逞しく、どんな環境になっても順応できる力があること

をまたもや知らされている気がいたします・・(#^.^#)

          **人は夫々が違います**

《だから私の様な生き方が正しいとか可笑しいとか?》でも、やっぱり少し風変わり

な生き方かも知れないなぁ・・ふふふふふ

『変った人もいるんだ!』と思って頂ければそれだけで仕合せな気分になります!

そんな生き方ができる自由と時間があることに感動していますし、幸福なことなのだ

と感謝もしています。自分の未来が短くなって来て初めて見えた実際の時間の流れを

愛しいと思い実感しております・・(*^_^*)

※ベトナムハノイにある”面白いサークル”をご紹介します・・

◎日本人だけの集会で〖おめでたい協会〗と言います。おめでたいことは隠さず皆で

共に分かち合おう!という会だそうです。

設立1周年を越えたようで〖日本おめでたい協会〗が正式名だそうです。一応{JOHA}

と言って《Japan Omedeati-hito Association》と言います。

日本では「おめでたい人ねぇー」というと余りいいイメージでは使用されないけれど

ここハノイでは〖おめでたい〗という言葉を全面に押し出して大勢の人と一緒に素直

に喜びを分かち合いたいをモットーにしていると言います。

自己紹介の時、現在ハノイ生活がとても充実していると話した最年少の男子に満面の

笑みで「胸がキュンとなった!」「おめでたい!」と言って全員で拍手をしたそうで

それが楽しいメンバーたちです。

お酒が進むにつれ、各人の「おめでたい論」が活発に披露されてヒートアップする!

「おめでたいのは下らなくない」「真のおめでたい人とは打算をしない人」〚自分は

おめでたい〛それでいいんだと思わせたいと長々と話が続き留まることがないと言う。

ただ、帰国する人が多いので入れ替わりも多々あるそうですが・・色々な面白いこと

をしている会があるものだと思いご紹介しました。

ベトナムには前にも書きましたが{県人会}が盛んでサークル活動も活発に行われて

いるのが現況です。スポーツからダンス、書道、語学、料理などの沢山のサークルが

存在しています。ま、スポーツが1番多いですが・・(*^。^*)

ハノイとホーチミンではその活動も頻繁になっています。 これからベトナムの生活

を考えておられる若い方や老後計画で来越を思考されている方々にも朗報でしょう!

{県人会}などでは懐かしく集いも楽しいと思います。

今日は在住している日本人のサークルで変わったものを取り挙げてみました!

外は湿り気のあるねっとりした暑さが残っていますが空は青空が白雲を流して静かに

明けた浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/06(Sun)
雨が上がってからも特に暑い日差しもなくかと言って涼しく快的な気温でもなかった!

むしろ蒸し暑さでクローゼット全開にして動き回っていたら、長袖では暑くなり半袖

短パンに着替えて2時間半、夢中で片づけていました・・あははははは

久しぶりに段ボールが4つも部屋の中に積まれている。少しづつ送ってしまえば後は

も、小物だけになる!大きな荷物は殆ど処分してないけれど{人が生きていく上では

必要だった?}  『物が溢れる生活』と言うのは考慮しなければならないと羞恥心

と愚かさを何度も何度も感じておりました・・(><”)

何も考えずに生きていた時間の長さと幸せに長く暮らせた時間を今はせっせと摘み取

り(終活)に向けて歩いています・・(*^_^*)

〔死んだ後のことなど本人は何も解らないのだから、そしてどういう死に方があるの

か?何時なのか?〕も何も見えない作業ですが・・心裡は何となく落ち着き穏やかな

気持ちが漂うものです・・(*^。^*)不思議な感覚ですが急かされているようでもあり

ゆったりとした納得できるような時間と言えばいいでしょうか・・ふふふふふ

でも、可能な限り残された者への心遣いとして・・という気持ちだけですが・・人は

各々性格も思考も環境も異なるから・・人生には沢山の岐路に立つ瞬間があり、重す

ぎる苦痛や悲しみで心が折れてしまう時も数多あります・・(-.-)

それでも生ある内は何度も起き上がって道を修正したり、外れた軌道を元に乗せたり

様々に変化させて行くものですから・・こんな贅沢で仕合せな時間が長く続けられた

事を心中から感謝し・・頑張って出来る範囲内での行動を起こしたのが事実なのです。

本当はもっと早く色々と行動し考えるべきだったのかも知れませんが帰国できたこの

時間が私にはきっと「そうしなさい!」と言われた時間だと思えてならないのです!

心の中ではその積りはあったのですが明確に行動し出したのは最近です・・(^_^;)

※ベトナム料理  <ベトナム料理本参照>

今日は以前にも書いていますが・・沢山の鶏肉料理がありますので鶏肉だけに絞って

何種類か?ご紹介します。ご存じの方はスルーして・・沢山の鶏肉料理があります。

安価で使い勝手が良いのと新鮮(大抵はその場や朝、絞めたものが多いです)な鶏が

殆どですから鮮度抜群で本当に美味しい地鶏ばかりと言ってもいいかも?です。

①thit ga luoc=茹で鶏

  *鶏肉は全て[ga]=ガーがついていますので解り易いかと思います*

塩でシンプルに味付けしたもの、特別な手も加えず調味料もなく塩味だけで丸ごとを

茹でて香草を載せたものが出てきます。ナイフでカットしたり毟って食する人も多い。

②ga quay=チキンロースト

味の濃厚な地鶏の回し焼き。レストランで食せる事が多いでしょうか?

③ga cari=鶏肉カレー

さらっとしています。フランスパンにつけて食べる料理です。

④thit ga chien=フライド・チキン

ベトナムは前記しました様に新鮮なので味が濃密でジューシーです。

⑤canh ga nuong=鶏手羽先を焼いたもの

塩とライムで食べます。

⑥thit ga nuong=鶏肉を焼いたもの

飯やの定番料理で何処の店にもあります。ほのかにレモングラスの味がします。

⑦canh ga chien nuoc mam=手羽のニュクマム揚げ

鶏の手羽にニュクマムで味付けしたものを揚げたもので美味しいです!

⑧thit ga kho gung=鶏肉の生姜煮

生姜で煮込んだ料理でうっすらと生姜の香りがします。

⑨thit ga kho=鶏肉の煮物全般のことです・・

これも飯やの定番料理で店によって色々味が違いますがベトナム全土で食されている

人気のある料理です。

⑩chan ga=鶏の足

茹でただけの鶏の足ですがベトナム人はこれが大好きな人が多く、市場でも沢山売ら

れています。お皿に鶏足を山盛にして出されます。それだけをむしゃぶりつくように

食する人が多く、子供も好きみたい!

これらが大体の鶏肉料理と言えます。 どれを頼んでも味は美味ですし、凄く濃い味

がするのがベトナムの地鶏です。家庭料理としても常に造られる一品です。廉価です

し子供から大人まで好きな人は多く食卓に上がる頻度は高い・・(*^_^*)

簡単にご紹介しましたが・・日本とあまり変化は無くただ、市場やスーパー、露店で

丸ごと売っている場合が多い。勿論、カットして貰う事は可能ですが、大抵は丸ごと

購入します。それも何羽も・・(@_@。

バイクに何羽も引掛けて帰って行く人を見かけると「今日は何かあるのかしら?」と

か「家族が多いんだなぁ!」とふっとそんな光景を想像します。

また違う料理もご紹介します。何かの参考になれば嬉しいのですが・・( ^^)

青空が空一面に広がって風が少し強いけれど気持ちの良い朝を迎えた浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/05(Sat)
病院の予約を入れたら「今日は特に混んでいますから午後1時に来て下さい」との返事

{午前中の診察が1時まで掛ることは経験あるけれど1時からの診察は初めてでした}

どうも子供の風邪やアレルギー、健康診断が重なったようでした。 予約だけで緊急

来院した以外は今日は断っていると言っていたが・・珍しく混んでいました・・(^^ゞ

結局2時過ぎになりそれからスーパーで買い物をして帰宅。幸い、雨は降らなかったし

シーツも曇り空ながら湿気の多い蒸し暑さの中乾いていました・・(#^.^#)

ボランティアに出す荷物を取りに来て貰い送った。もう1箱分はあるかも知れないなぁ!

未だに額の整理も中途半端だし着物も箱に入れたまま送っていないし、毎日拭き掃除を

していてもTVや机には埃が溜って・・夕方になると、それが気になる・・ははははは

姪がやってきて近くの老婆{90歳}から買物を頼まれたと言って寄ってくれた。

介護の仕事で掃除とか家事、料理の仕事まで有ると聞かされた。本業があるので副業的

にしていると言っていたが「若いって凄いし母親は強いなぁ」と思い感心した!

話の途中で振袖の新品があることを言ったら娘に貰いたいと言ってくれて・・また探し

出した・・帯も欲しいと言われたが、帯は後で思い出したのだが知人の娘さんが成人式

に着せるのに帯が無いと言われ家に来て貰い結んで上げてそのまま戻ってこなかった!

てっきり有ると思ったのだが・・すっかり忘れていた。数本お祝い用があったのですが

留袖用にと未だ有るのだが・・それはかなり地味だ・・それでも着物が派手だから使用

して貰えたら嬉しいのですが・・(*^。^*) どんな返事が返ってくるかな?

色々な介護の話を聞いていて様々な人がいることを私は本当に何も知らないと思った!

そう言う意味では働いたと言える体験は殆どなく・・未だ未だ私の年齢で働いてる方が

おられる事を改めて教えられ「これは頑張らねばいけない・・(-.-)」と感じた!

何かに打ち込み懸命になっている姿は矢張り観ていても気持ちがよく「無理しないで!

今が1番お金の掛る時期なのでしょうが、身体には気を付けてね」と言って送り出した。

「未だ弱音は吐けない」別に弱音には思っていないが以前に比べたらだらだらしている

自分がいて気合を入れてと思った日でした・・うふふふふ

※ベトナム人の母が作る[日本ではすでにブームが去った感じがしますが]お馴染みの

 キャラ弁がホーチミンにあります。

◎ベントートゥーゴー《弁当専門店》

店内では威勢のいい声が料理が運ばれるたびに大きな声で叫ばれる。 厨房では1つの

芸術作品を作り出す面持ちで楊枝を器用に使いこなしているオーナーの姿が垣間みられ

忙しそうに動き回っている・・( ^^)

「息子を喜ばせたい!同じ気持ちを持ってお客さんにお弁当を作っています」と彼女

は言う。 日々、研究を重ね、現在30種類のお弁当をベトナム人好みの味で提供して

している。彼女の持つ母の愛情を感じながら、目、心、色彩も考慮した・・勿論お腹

を満たしてくれる弁当作りをしている店です。

お弁当は凡そ240円~でオンラインショップから注文も可能になりました。 配達料金

はエリアによって変動する様ですが子供たちの人気を集めていると有名になっている。

多分、日本のキャラ弁からヒントを貰ったのだろうと思いますが・・かなり可愛くて

ベトナム的では無い顔の形や姿は日本人向け見たいに感じます・・(*^_^*)

段々とこのような店が真似て出来てくると想像できますがそこがベトナムらしい面白

さでもあります。何かが流行すると直ぐ隣に同じ店が数軒もできるのがベトナム流で

すから・・ふふふふふ

子供を持つ親で余裕のある方たちには楽しみなお弁当だと思います。ホーチミン3区

に店はあります。

暗い夜明け前から小雨が降り続いています。今のところは激しくなくてしっとり降る

と言う感じの浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/04(Fri)
曇天だった昨日「まさか?雨が降りだすとは思ってもいなかった」洗濯を干して水気

は充分取れたと思っていた矢先に外で音がする・・「あれーまさか?雨?」天気予報

ではそんな事言ってなかったのに・・外に出ると割と大粒の雨が洗濯物を濡らしてる

折角乾いてきていたのに・・仕方なく沢山干したので、取り入れ1時間もすると雨が

降った痕跡はすっかり消えていて、太陽がぼんやりと出てきた・・(-.-)

また、干し直しながら・・これは台風の影響かもと思っていたのですが・・関東の方

では雨降りで風も強かったのはないでしょうか?

昨日は洋服が大部片づいたので段ボールに入れ送る所まで出来た。今部屋の中には箱

が4つもあって今日送る予定です。少しづつですが片付いてきた気がしている。

私事ですが引っ越しは20回を超えるベテランですから、慣れてはいるのですが・・私

の人生は忙しく札幌生活26年が長かっただけで後は殆ど数年置きで動いている。

未だTVやPC、携帯の解約、公共料金、公的な支払いなどなど山積しているが、それは

来月でもいいかな?その前に札幌墓参があり、これが電話では先ず全く掛らない・・

PCで仕方なく調べていたが・・どうも違った場所だったようで娘にSOSをした。滅多

に誰かを頼ることは無い人なのですが・・(-_-;)毎年、ちゃんとコンタクトができて

手配は自分でしていたのに何時?何時にかけても話し中で、全くラチが開かない!

不景気とは言え皆さん旅行へは行かれるのでしょう!私みたいに楽しみの旅ではない

から千歳に降りたら・・20年前が一瞬で蘇ってくるんです何時も・・!(^^)!

切なさと帰札した感慨が一緒にどっと入り混じった感情がもう、20数年経った今でも

彷彿として湧きあがってくるのですから・・札幌は矢張り哀感から逃れられない土地

でもあると言えます・・(;一_一)

長かった墓参ももう、来年からは毎年は行けなくなるかも知れない・・(-_-メ)

ふっとそんな事を考えながら、祥月命日だけは20年間欠かさず帰札して来たことに

心の中では「もー毎年でなくても我慢してください」と言っている自分がいます!

最初の頃は山の頂上に建てたお墓でしたが時代の流れとともに今は真ん中になって

山が削られどんどんと上に開発されて行っています・・凄いです!墓石も今は先祖

代々の墓は少なく、自由で開放的な形や文字であらわした墓石が多くなっています。

我家も孫がいないから子供の代で消滅すると思いますが・・また誰かの礎になれば

それもいいかな?と考えている。いづれにしても壊滅してしまうのだから・・仕方

無いと遺言には書いている。

※ベトナムに〖ダーツ〗を広めたい・・   <月刊スケッチ本参照>

息子の友人がホーチミンで〖ダーツ〗の店を経営しているのである事は知っていたが

今日の話は中部地方{ダナン}に出来た新しい形式の〖ダーツ〗の店のご紹介です・・

元々、矢を投げること位しか知らない人ですからお話にもなりませんが実際にも見た

経験もありませんが話だけは聞きかじりで知っていました・・うふふふふ

最近は電動で動く〖ダーツ〗がある様で「古い古い!」と笑われそうですが・・><

3本の矢を的に投げ、得点を競うのだそうです。

面倒な得点計算は要らない〖エレクトリックダーツ〗で遊べるバーがダナンに登場。

「ベトナム人にもっと〖ダーツ〗の楽しさを知って貰いたい」とオーナーは意気込ん

でいるそうです。

気軽に遊べるように1ゲーム凡そ50円に設定している。レンタル用ダーツもある様で

洒落たデザインの羽など、パーツも色々と豊富に取り揃えています。器具の貸し出し

にも気軽に応じてくれるので大勢が集まるパーティ等の余興にも利用されているそう

です。〖ダーツ〗マシンは1Fと2Fに1台づつあり2Fは貸し切りOK.毎土、日には女性

の可愛いコスチユーム姿が見られ接待してくれると人気沸騰中だと言われてる。

また新しいことが沢山入って来ていますので、書かせて頂きたいと思っていますが!

今朝も曇り空で明けたのですが・・明日は雨予報だからシーツを早朝から洗って干し

た浪速の夜明け前です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/03(Thu)
日常の何気無いことがごく普通に出来るなんて・・本当に素晴らしいことだと最近は

特別強く感じております。朝は即起きられるし、洗顔、化粧、仏壇の花とお茶の替え

お参り、洗濯、掃除と毎日有り難いことに違和感なく起きてそれだけしてPCに向かう

日々です・・( ^^)

それが当然のように身体が動く事にも幸せを感じる!だってお婆ですから・・(^^ゞ

「今月からゴミ出しが厳しくなったとか?」言ってましたが、私は元来神戸でうざい

程の分別に慣らされていたので余り気にならないですが「大阪って緩いなぁ?」と思

い楽チンでした。大抵のものは燃えるごみの中に入れても持って行ってくれた。

しかし、今回からは何種類かの分別が必要となり、慣れるまで面倒だと思います。

昨日は曇天の中段ボール探しで割合大きなのをゲット。持ち帰るのが大変で紐を掛け

たり店に断って使用させて貰った。生憎、私が帰宅する時間には日差しが強くなって

汗ばみながら持ち帰った!!ほんとー嵩張って歩きずらかった・・(><;)

大風呂敷に包んだ物を1つ1つ畳直し2つの段ボールが満杯になった。未だ1箱分が

残っている・・(-_-メ)「やれやれ!愚かな事と何度もそう感じる」でも誰かが何処

かで着てくれることを望んでせっせと処分しているのが現状です・・(-_-;)

※ベトナム古典武術 【ビンディン武道】  <ベトナム航空誌参照>

フェステイバルを通じてビンディン省では他に類を見ない独特の[武術観光]が繰り

広げられていてそれはそれは賑やかです・・(#^.^#)

クイニョン運動場では壮麗な開幕式が挙行されますし、フェステイバルに参加する諸

団体の行進も色彩が素晴らしく各派によってその運動着が異なり綺麗です。

【ビンディン古典武術】の演武やクアン・チュン皇帝=グエン・フエ栄誉舞台での国

内芸術諸団体の大規模なパフォーマンス、クアン・チュン博物館での献花式、焼香や

奉納大鼓演奏、武術美人コンテストなども開催されると言います・・(*^_^*)

《ベトナム武術祭》とも言うべきもので街を挙げての大規模なプログラムが組まれて

いるそうです。  フェステイバルに呼応した【ベトナム伝統武術】カップ争奪戦や

諸武道の交流会、ティナイ湖におけるボートレース、伝統的武道着や兵器の展覧会等

と催しものが目白押しで行われます。

「武術とは、先ずは、ただ身体を鍛え我が身を守るという、浮かぶ筏のごとき小さな

 範囲のものと言えます。 しかし、より深遠な哲学的認識における武術の価値とは

 われわれを生命力の源に還元し、宇宙のゆるぎない調和との結合へ導く道なのです。

 卓越した武術を身につけた〈武術師範〉と言うものは必ず、誰も真似の出来ない程

 悠々として慎み深く、そして誰よりも自在な人格になって行くものです」と言われ

 ているのです。

多彩な武器を使用するのも【ビンディン武道】の特徴ですし、伝統楽器の演奏に合わ

せて〈タイソンの乱〉を再現する演武も見事です。真赤な運動着に刺繍入りの鉢巻き

をして槍をもち槍は長くそれを振りまわしながら演武するのです。槍には真っ赤な房

が付いていて後部では古典楽器が鳴らされて迫力とその緊張に息を呑む瞬間でもあり

充分に楽しく拝観できる。前記しましたクアン・チュン博物館も素晴らしいですから

ここでは主に演武が行われますので是非見て頂きたい場所でもあります。

【ビンディン武道】の文化を伝える武術の地を機会があればご覧いただけると嬉しい

です。その緊迫感と素晴らしい演武は心を捉えて離さないほどの感動を与えてくれる

と信じています。これで【ビンディン武道】のご紹介は終わります!

長々とお付き合い頂き感謝しております。この国には未だ面白いことが沢山あります

ので・・少しづつ書かせて頂く積りですが・・(*^。^*)

今朝は早くから朝日が眩しいほど当っています。風もなく肌寒さもない浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/10/02(Wed)
藪蚊が1匹窓を開けると同時に入ってきたようで・・美味しくもない老婆を数ヵ所も

刺して行った。掻痒感で薬を塗ったのだが{ぷくん}と大きく腫れあがってきた!

今迄生きていたのだから「しぶとい奴」と憎しみをこめて・・噴霧器を巻いたが未だ

部屋にいる可能性はある・・><”

時々、耳元で「ブーン」と音がしたり頭の中を刺す奴がいてこのところ数日はずっと

噛まれている。老化した身体より「ぴちぴちした血が美味しかろう?」と思うのだが

多分私のように人生の終わりを必死で生きている奴に違いない・・あははははは

今朝息子からメールが入って「辞令が出てホーチミンに帰ることになった」と言う!

凄く安堵しました。矢張りカンボジアはまだかなりインフラ整備も交通も遅れている

これからの国です。彼は観光地にいたのである程度の整備された場所での生活だった

がそれでも首都プノンペンは近代化されているがその他は皆目未開の土地と言っても

過言ではない。その代り人情と言いますか?人々は素朴で邪気がなく穏やかな国民で

ポルポトのあの巨悪な仕打ちが現実に有った事など胸の奥底に沈下させ生活してる!

ベトナムの様なプライドの高さ雑然とした騒動しさも殆どなく・・街中もベトナムに

比べたら静かだし心はフレンドリーです・・(#^.^#)

そこが好きになったのですが・・長年住んだホーチミンは彼にとては何より気楽だと

思われ、言葉の不自由もなく道路は殆ど熟知している人だから・・その上生活様式も

慣れている。なんだかここにきて少し安心しました・・(*^_^*)

ミャンマーへの移動もあるとか?言っていたので案じていたのですが・・政情がまだ

不安があるので、ミャンマーは心から応援できないと思っていたんです!

※ベトナム伝統武道・・     <ベトナム航空誌参照>

昨日の続きです。古来から伝えられている尚武の精神とでもいいますか最も多く使用

されるのは1.5~3mの細長い棒だと言われています。

この地はタイソン朝(西山1788から1802)の名将の誉れ高いチャン・クアン・ジエウ

やブーイ・ティ・スアンの故郷でありタイソン朝の初代皇帝【グエン・フエ:在位は

1788から1792と言われる】皇帝が指導した武術集団アオバーイの英雄による農民起義

運動が起った場所でもあります。

ビンディン省を訪れるといたるところであらゆる年齢層の人々が集まり、武術の鍛練

に励んでいる光景を見ることができる〔ビンディンに行くと誰でも棒を振い拳を打つ

娘を見る〕と言う民謡がある位です。これも、この地に武術が普及して鍛練が盛んで

有ることを物語っています。

武術だけではなく、ビンディン省は層の厚い文化でも知られています。 この地域は

紀元前6世紀頃から《現段階では紀元前6世紀を遡る証拠は発見されていない》と言わ

れ現存する多くの神秘的なチャムの古塔やドーバーン遺跡が示す様に嘗てはチャンパ

王国の古都でもありました。 

*2年に1回開催される伝統武術国際フェステイバルでは、ベトナム伝統武術の輝かし

 い価値が再確認され、ビンディン地域の様々な文化が観光客に紹介されます!*

もう少しお伝えしたいことがありますのでそれは明日書きます・・

曇り空で明けた空には重そうな雲がどっかりと居場所を確保している浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ