ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/30(Mon)
想像以外の日曜日でした・・\(◎o◎)/!去年この地に来た頃《しょぼい山車》が

練り歩くと思っていました。掛け声だけの本当に大した祭りではないのだと・・(-_-)

余り大きな山車ではなく、この地区だけのそれも本当に小さな地区です。

所が昨日は何年と言う記念の祭日だったようでお昼には子供神輿が1時間ほど、夕べ

にはギャル神輿が2時間、夜は9時まで大人の神輿とそれはひっきりなしで続き音響

もベトナムに負けないほど大きな声と音が唄と太鼓と鉦が鳴り響いた・・(-_-メ)

とんでもない騒々しい日で・・道が狭いから車を遮断してその動きは緩慢そのもので

狭い地区を同じ場所を何度も2時間も掛けて練り歩くのですから・・堪らない!!

その上、警備の人もかなり出て山車に上る人が4人命綱をつけて踊り、提灯がぐるり

と山車を囲んで明るく驚かされました・・(@_@;)

       ”未だ頭の中で鉦が太鼓が鳴っている感覚です!”

ま、過日、ベトナムと日本人の友情を描いたドラマが同時放送される〖パートナー〗を

ご紹介させて頂きましたが・・丁度、余りの外の騒がしさで神経が流石に興奮していた

のでしょうねぇ!!何時も9時には眠るのですがこの地に来て9時からドラマを見たの

は初めてでした・・あははははは

もしかしてご覧になられた方もおられるかも知れませんが・・ベトナムでもかなり昔の

話ですから・・ハノイが少し放映されていただけで殆どは日本でのロケみたいでした。

予想していた内容とは少し違っていたのは個人的感情移入があったせいかも知れない!

思ったほど感動がなく・・多分、演技者と言葉のせいもあると思いますが、心に響く事

が少なかったのはちょっぴり残念に思いました・・(-"-)

{あくまでも個人的感想です} 今のベトナム語はあんなにゆっくりと喋らないですし

その差異も感銘を受けなかった要因だったのではないかと・・期待していただけになお

がっかりした部分がありました。ドラマも映画も好きで批評したりは出来ない人ですが

考えていた話の流れに微妙なズレがあって・・(-.-)  

もしかしたら編集で脚本で手直しが有ったのか?と思える節が随所に見られたのは錯覚

だったかも知れません・・うふふふふ

※ベトナムの麺料理        <ベトナム料理本参照>

◎豚肉の炭火焼き載せ麺=『ブンティットヌン』

日本と同様でベトナム料理にも同じ料理だけれど・・地域によって味付けやその内容が

違うという料理が多々あります。下味をつけ串に刺したり、挟んだりして炭火で焼いた

豚肉の骨付きをなますや香草、野菜と一緒に米麺〈ブン〉に載せてタレをかけて食べる

『ブンティットヌン』=bun thit nuongは何度か麺の種類の中でご紹介したと思いま

すが、もう少し詳しく書いてみます。

ホーチミンでは『ブンティットヌン』はニュクマムと砂糖、ライム汁を合わせた甘酸っ

ぱいタレを浸けて食するのがごく普通の食べ方で何処の家庭でも同様にして食べている。

この万能のタレはベトナム全土で好まれあらゆる料理に使用されていますし、何度も書

いてきましたからしつこいかもですが・・(*^_^*)

しかし、地方によっては甘さも薄さも様々な味の違いがあって他の地域のこの料理でも

このタレの味で少しづつ違うものだと教えられていたのですが・・( 一一)

中部のフエでは同じ具材なのに全く違った料理に変化していて、勿論、名前も異なって

『ヌックレオ』=nuoc leo と呼ばれています。

フエは大豆が有名ですが、その大豆味噌、豚のひき肉、豚のレバー、白ゴマを擂り潰し

たものとピーナッツを粗く刻んだものから作る独特のタレが上に掛けられて出てくる。

この料理の他でも、フエのお好み焼き『バインコアイ』=banh khoai や豚のすり身

串焼き『ネムルイ』=nem luiなどにつけて食べるようです。

フエに限らずダナンやホイアンと言った中部地方では、この『ブンティットヌン』は

同様の味噌タレで食べられています。別の全く違った料理にも添えられて出てくる事

も沢山あります。

当然、タレが違うと言う事は味が変わることでもありかなり南部で食している味とは

違います。 ホーチミンで食べる『ブンティットヌン』はタレがさっぱりしてるので

ブン、香草、豚肉の味が夫々を引き立たせてくれますが、中部地方の味噌タレはコク

があるのでブン、香草、豚肉をこのタレで包み込んで合わさって相乗効果を楽しむ味

として人気が高いと言われています。

まだまだ奥が深いベトナム料理ですが、中でもコクが1番有るのはホイアン風かな?

しっかりした味がついていて名古屋の赤味噌的感覚で味わえるのではないかしら?

具材は好みによって色々トッピングが可能な店もありますし、ホーチミンではタレが

さっぱり系ですから具には色々なものを入れる人が多く、焼き肉の塊や揚げ春巻き等

も・・香草などは山盛り、粗ピーナッツを載せたものも多く好みで食べられます。

結構、お腹いっぱいになるものです・・( ^^)

白雲が棚引くように空全体を覆っていて、合間から青空が少し覗く程度の浪速です。
スポンサーサイト
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/29(Sun)
早朝の肌寒さに比べたら、日中は未だ30度越えして暑かったです!部屋の中で奮闘

していましたが・・( ^)o(^ )運動会が近いのでしょうか?音楽が風に乗って、先生

の声などもあの「ピンポンパン」と鳴らす音などが聞こえていましたねぇ・・( ^^)

何時もこの時期運動会があることを忘れています。 何せ、札幌で子育てしたもので

札幌は5月でしたから・・うふふふふ も、とうに忘却と言う過去の中に埋もれた心

なのに・・この時期決まってぶり返す風邪の流行りのように熱を帯びながら思い出す

のですから不思議な感覚です・・(-_-;)

孫がいれば日々の生活の流れの中で理解できるのでしょうが・・孤立した生活の中で

は何1つ聞こえて来ないから概ね皆無に等しい感情だと思います・・(-_-)

ま、遥か彼方にはその時間があったことも時には思い出として裡に残っているもので

それなりの感慨はあるのですが・・埋没してしまった過去と言う渦中から拾いあげる

には余りにも時間が経ってしまいました・・あはははは

毎日少しづつ片づけていますが・・今はこの時間が生活の流れになっています。何度

引っ越しを繰り返した人生だろうと思いながら・・それでもこんな人生が待っている

など想像もしなかった・・面白く波乱に満ちたそれなりの人生に揉まれて生きている

毎日がとても幸せです・・(*^_^*)

落ち着かない人生だとは思うのですが・・それが与えられた私の運命ならば受諾する

だけで・・慾も願望も既に喪失しかかっている人生を懸命になり歩いている姿を傍観

出来る自分がいて・・それもまた興味があって・・嬉しい時間です・・うふふふふ

※ベトナムで『海援隊』・・   <ベトナム航空誌参照>

日本ではフォーク全盛時代に活躍し、TVでは金八先生と言う問題多い時代の子供たち

との番組で熱演した武田鉄矢氏が海援隊を引きつれベトナムで公演した時の話です。

多くの名曲を作詞し、演技でも大活躍されているある意味少し頑なな個性派とも言え

る基盤を築いた人でもある気がします・・( ^)o(^ )

好き嫌いが極端に多い人でもあると世間では噂される人でもありますが、彼が残した

時間は矢張り社会現象にもなり彼の描く人物像は多くの人の心を励まし、心が揺さぶ

られた人は大勢いたと思います。彼個人としては15年前1度来越したようですが・・

今年42周年を迎えるベテランのフォーク歌手であり年齢を重ねるごとにメッセージ性

が強く深みを帯び円熟さを増しているように感じられます。

初の海外コンサートとなった日は力強く優しい歌声と演奏で会場を魅了し温かい心で

包み込み海援隊らしいステージを見せてくれたそうです・・(#^.^#)

「東日本大震災の支援のお礼がしたい」と実現したこの公演でした。きっかけは福岡

県人との繋がりだったが、海援隊とベトナムの関係は意外と深く、ベトナムに対する

想いは相当強いものが有ったと言われています。

以前には立川志の輔氏のことを書きましたが・・これは富山県人会からの要請だった。

この様に、ベトナムには大都会ハノイ、ホーチミンには日本の県民がグループを作り

夫々に活躍しています。大きな活動だったり、少人数の飲み会などもあって故郷の話

が遠近で訛りとともに催されて会が行われています。

武田氏の話に戻りますが「ベトナム戦争時に反戦歌としてフォークソングが日本中に

拡大して行き大きな流れになっていました」若い人には見知らぬことだと思いますが

日本国中に反戦歌が流行するほどの勢いがあったものです。

彼は「もし、ベトナム戦争のことを知らなければ僕たち3人は歌っていなかったと思う

から、とても不思議な素晴らしい縁だと思います」と言っています。

中牟田俊男氏と千葉和臣氏は初来越だったそうです。  「ベトナムにいると、笑顔

を返された時に直ぐに笑顔ができない自分が恥ずかしい!この国が大好きになる予感

がしている」「日を追うごとに好きな国になって行きました」と各々の印象を語って

くれたそうです!

武田鉄矢氏は前記しました様に2回目だとの事ですが15年前にTV番組で初来越した時

忘れられない出来事があったと言います。或るベトナム人の大学生に聞かれたたそう

で{ベトナムと日本は似ています。ただ1つ違う所は日本はアメリカとの戦争に負け

私たちはアメリカと戦争して勝ちました。なのになぜ私たちは貴方達の国より貧しい

のですか?}と。彼はなぜか?涙が出てきて「その内、きっといい事がありますよ!」

としか言えなかったそうです。そのいいことが今、正にこの国を発展させ、豊な近代

的な国へと立ち上がり登りつめている現状ではないかとそんな気がしたと言います。

この国の平和を歌った若き日の3人は40余年の時を経て、漸くベトナム初のコンサート

を実現させたと言う話です。彼はこう付け加え「日本人と1番仲良くなれる国はきっと

ベトナム。だから、ベトナムで歌えるだけ、それだけでいいのです」と言った!

ホーチミンシティで行われた公演には凡そ1000人が訪れ笑いあり、涙ありの武田節に

感動したそうです。合間で話される面白いトークにも何度も喝采があったと言われて

います。このようにして、日越の文化交流がもっと盛んになるといいと思いますが!

今年はあちこちで40周年を記念して日越交流がある様ですが・・ベトナム人の歌手や

芸能人との交流があってもいいのではないかしら?なんて思いました。素敵な歌手達

が沢山います。隣国だけではなくベトナムからも流出して活躍してくれることを願い

たいのですが、国情が違うので、出国が難しい国なのです!隣国とは違う部分が多々

有るように思えてなりません・・(-_-メ)

今朝は雲が多く未だ太陽の出番は無いみたいですが・・肌に感じる風も然程ではない

浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/28(Sat)
朝方はかなりの冷え込みで吃驚しましたが日差しが当たった頃にはすっかり長T1枚で

丁度の気温になりました! 早目に行かないと小さなスーパーは野菜が少ないから直ぐ

無くなるのでオープンして割合早く出かけのですが・・やはり葉ものは殆どなくて白菜

と大根、もやしなどを買った。先日大きなスーパーで買ってきた葉ものは新聞紙に巻き

冷蔵庫に入れて有ったのですが鮮度が落ちて・・少しづつしか使用しないから尚のこと

酢漬けにしたりお浸しにしたりした葉ものも、毎食出すと嫌になるし・・ははははは

あんかけなんかにして食べても高々知れている。1人鍋にも使用量は少々だから不経済

になる。 浅漬も作っているが、それも味が変わらないようになるべく早く食べないと

美味しさが消える。殆ど野菜中心の積りなのに・・余り応用が利かない・・( 一一)

昨日は長襦袢についていた襟を外して洗い直したり、処分する物の整理で時間が経った。

夜は涼しくなって直ぐに眠気が来る。親友からTEL。誕生日の礼と11月札幌墓参に同行

したい話で盛り上がり久しぶりに長くお喋りした。

※ベトナム人経営者の話・・  <スケッチ参照>

◎経営者のパターン  〈大都市と地方では・・〉

今、正に第3次ベトナムブームが到来しているようでベトナム進出の話題が毎日囁かれ

ています。2011年にはそれまでの過去最高だった2008年の外国直接投資{FDI}許可数

を50件もの差を付けて抜き、昨年2012年には10月地点で更にその件数を超えて2年連続

の過去最高年間許可件数を達成しました。

日系企業の進出は主にハノイ、ホーチミンの大都市エリアに集中し、視察やビジネス・

マッチングも盛んに行われています。こう言った背景により、大都市圏エリアの経営者

の多くは、日系企業への対応法や価格相場などに慣れたためでしょうか?

「高い」「安い」で紛糾していた交渉にロジカルな材料をぶつけてくるなど、駆け引き

の面では目を見張るほどの進歩を遂げていると感じさせられます・・(@_@;)

   *つまり、進出ブームで交渉がレベルアップしているということです*

ホーチミン市内から車で1時間強にある工業団地では2011年には60㌦/㎡の販売価格で

あった土地が2012年末には80㌦/㎡強に値上がりしていました。実に40%もの上昇率

となり、これが最近のベトナム人気と日系企業の進出に合わせた値上げであることは

明白だと言われています・・(><”)

「現在の交通インフラ整備の進捗と今後10年間の都市計画の内容から価格を算出した」

と経営者たちはそう言うのです。

一見、昨年までの価格を知らなければ納得させられる回答だと思いますが・・これは

機会を狙っているベトナム人特有の狡猾さと敏捷な計算がベトナム人経営者を動かせ

ていることを知らされます。

    *値上げの理由は最もらしく上手に嘘を吐く経営者が多い*

逆に地方エリアの経営者には未だスレていない人々も多く、わざわざ都心部に事務所

だけを構えて対応している企業もあります。  今後、インフラ整備が更に進む中で

大都市間の賃金上昇によるスレた感覚を持ったパートナー以外との提携も、選択肢の

中に入れなければならないと言われています。

 *ベトナム人経営者はビジネス環境も慣習も、日本とはかなり違う事を知るべきで

  その気質は結構厳しくハードであると言えます*

夜明けが遅くなって5時起きではまだ暗く・・「もう少し明るくなって起きようか?」

何て考えているのですが早寝だから起きてしまう浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/27(Fri)
急激に―7度と言う冷え込みに前日までの30度越えが嘘のように肌寒い日になりました!

本当はそろそろこんな日が続いて秋も深まるのでしょうが・・一度にやってきたから

肌が連いていけなく長着を着て動くと暑さがあり半袖では寒く風も強かったので、動

いている時は半袖でじっと座っている時は長着を着たり、脱いだ着たりしていました。

近くに住む大家からTELがあり、家のレモンが沢山生ったから私の分も摘んだと言う!

未だ熟していない緑色のレモンでしたが・・1人なのに沢山頂いて、去年は蜂蜜浸けに

したり、酢の代わりにと、姪にも上げたのですが・・黄色くなるまで置いておこうか?

とか思い2、3個で充分と言う断りが効果なく・・紙袋半分をどうしましょう?

娘に留袖と喪服用の着物一式をそれこそ紐から全ての小物、履物、バッグまで入れて

送る準備をした。和装用のバッグに無理やり押し込んで送る予定です・・(#^.^#)

どうせ、皺になるのにアイロンまで掛けて2時間半は動いていましたが・・お昼に食

したナポリタンが重くて夕方まで消化出来なかったのか胃が痛かったので珍しく胃薬

を飲んだ。最近は消化の良いものとか量が少なめでないと胃に負担がかかるみたい。

余り沢山は食べない方ですが・・1人前でも具材を入れると結構多くなってしまった。

夜は簡単にと思っていたのですが{食いしん坊}なのでしょう・・矢張りちゃんと作

ってしまってその代りご飯はほんの少しで食した。胃薬を飲んだせいで結構食べられ

た・・あはははは 何をしているのでしょう・・馬鹿です!本当に・・><”

※ベトナムトピックス (中部地方)  <月刊スケッチ参照>

◎フエのフーバイ国際空港は11月20日まで滑走路補修のため閉鎖されています。

この間、ダナン国際空港とフエの南バスターミナル間には直通バスが運行しています。

凡そ往復で1300円程度。ハノイやホーチミン市からダナンへの便も増便されている。

◎フエの王宮と宮廷骨董博物館の入場券が統一されました。

これまでは別々に購入する必要があったフエ王宮とフエ宮廷骨董博物館のチケットが

1つになった。約500円程度は安くなると言います。王宮の出口となるヒエンニョン門

からフエ宮廷骨董博物館まで電動自動車の料金[片道]も含まれます。

また最近は午門で{警備交代式}が大和殿と世祖廟では宮廷音楽ショーが開始された

り長世宮では〈カーフエ〉のショーも始まると言われています。

これらはいづれも無料でパフォーマンスを楽しんで頂けるそうです。

◎ダナンの生活が便利に・・[雑貨店]

「100均」的ショップがダナンに登場。

日本の100円均一ショップで買えるような商品が揃う。その名も《ジャパンショップ》

と言い、ダナンの街中にオープンしました。日本で売られているのと同じ茶碗や、箸

などが購入出来て在住者は勿論、忘れ物を補給したい旅行者にも喜ばれていると言う。

特に、キッチン・バス用品が充実しているそうです。

電子レンジ対応の密閉容器、料理用ゴムベラ、さらにはゴキブリ退治用のホウ酸団子

やネズミ捕り商品まであると言います。これまで手に入らなかった商品を発見するの

も楽しみです・・( ^^)

◎[さくらフレンズカフェ]の縫製工房が本格始動・・

ダナンにある[さくらフレンズカフェ]が運営する縫製工房が活動を開始した。個人

オーダー以外にも、制服や帽子、作業服などの注文にも応じています。

価格が手頃な上に日本人が常駐しているので、細かいオーダー等も日本語で対応して

貰えるので安心。収益は児童養護施設の卒業生支援に使用されます。

[さくらフレンズカフェ]はダナンで和食が楽しめる憩いの場所で、日本の家庭料理

を味わう事ができます。 店内にはアクセサリーや刺繍小物などもお土産用に置いて

あります。こう言う店は結構多くホーチミンにも和食の店で又は日本人経営者の店に

はベトナム産の小物や雑貨が土産品として売られています。

今朝はかなり寒く、軽い上掛けの布団が必要なほど冷え込んだ浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/26(Thu)
親友に指定日を付けて荷物を送ってきた・・( ^^) 何時もなら前日でも間に合うので

すが・・台風が通過しているとの事で・・万が一の為に1日早く送ったのです!

多分、通過した後だとは思いますが、関西は昨日も雲が少し出た程度で暑さが続いて

中々秋らしい感じがないのです・・(-"-) しかし昨夜から風が強く吹き出して雨が

漸く降ってくれるかしら?の状況です・・(*^_^*)

も、10月になると言うのに、この暑さはと思っていましたがどうやら涼感を覚える秋

の到来かも知れません「だと良いなぁ!」・・と想像逞しくしているのですが!

色々ブログに整理していることを書いているもので・・息子から海外でも船便で送る

事ができるから・・無理しないようにとメールが来たんです・・ふふふふふ

ま、有り難いことです!子供ならではの忠告だったのだと思います。でも可能な限り

残しておくものは少なくしてコンテナに預ける予定で頑張っています。

暑さが抜けたら頑張ろうと思いながら・・昨日は額の整理をしていたのですが、結構

絵画や、イラスト、写真、色紙などがあって、先生方には申し訳ないけれど処分する

ことに決めたんです。「も、何処に住んでおられるか?判らないしご高齢な方ばかり

でしたからご一緒した思い出と数枚の写真で勘弁して頂き廃棄する事に決めた!」

随分持ち歩き家庭では部屋に長く飾ったり、時期になると床の間を飾った作品も多々

有りましたが失礼はも、無いだろうと思って亡夫が購入した物もあり、一寸だけ心が

チクリとしましたが・・それも時代の流れだし・・充分過ぎるほど鑑賞させて頂いた

気分がしているのです。結構重くなって・・これは不燃ごみだから来月になるのかも。

※ベトナムサラダ      <ベトナム航空誌参照>

最近サラダについては書いたのですが・・も、少し詳細にご紹介します。

ベトナムではサラダは立派なそして、最もポピュラーな料理だと言われています。

家庭では殆ど毎日のように出されるのが普通です。以前書きましたが北部ハノイ方面

は〚ノム〛と言いますし南部方面では〚ゴイ〛と呼ばれ皆様がよくご存じの{春巻き}

もサラダの一種です。

揚げたり、蒸し物はサラダとは言いませんが{生春巻き}はサラダです。ベトナム語

では[ゴイクオン]と言って直訳すると{巻きサラダ}となります・・(#^.^#)

でも、ベトナム全土を通して一番ポピュラーなのは矢張り〚青パパイヤサラダ〛では?

千切りにした青パパイヤに砕いたピーナッツや香草を山盛りにして甘辛いタレをかけ

たサラダ料理はしっかり混ぜてから食するのがベトナム流です。

干した牛の肉や内臓、焼き鶉などをお好みでトッピングすることも多く、ボリューム

もたっぷりです。

お店ではおやつ代わりで食する人も多くこれだけ載せていても凡そ700円前後です。

学校帰りとか小腹の空いた人々で路上のプラスチックの椅子は満席になっています!

〚青パパイヤ〛を頬張る学生たちの姿をよく見かけたものです・・( ^)o(^ )

サラダにはこのような庶民的な物以外にも、高級ホテルのレストランや結婚式で前菜

として出される一寸気取ったサラダもあります。

例えば、蓮の茎やバナナの花のサラダなどは有名です。蓮の茎は瑞々しい食感があり

爽やかな感触がします。バナナの花のサラダは【実際は萼の部分で赤い花弁が食卓に

彩を添えて本当に綺麗です】・・(*^。^*)

柑橘系では〚ザボンのサラダ〛も書いた記憶がありますが・・お勧め料理です!

つやつやしたザボンの果肉は口中でさっぱりした食感とレモンとは違った甘さがあり

香りが鼻腔をくすぐります。真夏の暑さを瞬時忘れさせてくれるような涼感が漂う!

珍しいところでは{クラゲ}{生ニシン}を使ったサラダもあります。勿論、中部で

新鮮な漁港の近くですが・・海沿いなら知らない人がない位食べられています。

嘗て、この地方を制覇して海洋王国を作ったチャンパ族のその文化の残りだと言われ

ています。殆どの海鮮物は中部が美味ですねぇ・・(*_*)

ベトナム人は割合ほっそりしている人が多いのはフォーに代表される米粉を使った麺

やなます、魚肉ハムを挟む〚バインミー〛なども考えたらローカロリーの名物料理が

多いことに気が付きます・・うふふふふ

バラエティ豊かなサラダの種類はそのほっそりした体型を維持するために、貢献して

いるのかも知れません。 ベトナムに行かれたら南国でしか味わえない素材を使った

サラダも加えて下さると嬉しいです。

◎ホーチミンとハノイでサラダが美味しい店を数軒書いておきます・・

*ホーチミン

①Cuc Gach quan=クックガッククアン

レトロ調でお洒落な内装で有名な店です。料理にも定評があります。

②SH Garden=SHガーデン

丁寧に作られた家庭料理が自慢です。

③ホーチミンシティ=露店で名前がありません

ビーフジャーキー載せ〚青パパイヤ〛サラダだけの美味しい店ですが・・ハイ・バー

チュン通りに出没するらしく凄く人気のある路上店。

*ハノイ

①nha hang ngon=ニャーハンゴン

全土の郷土料理が楽しめる店です。サラダの種類も多い。

②Toan Beo=トアンベオ

放課後時は学生で溢れている店で旨味のあるタレが人気です。

③Au LAC HOUSE=オウラックハウス

白亜のフレンチヴィラが印象的なレストランです。

これら以外でも屋台で食すれば【生春巻きを3本と青いパパイヤサラダ】付きで300円

程度で食することもできます。店ではトッピングを並べてあるところもあり指さして

載せることもできる店もあります。

夕方は特に混んでいるので完売の店も数多ありますからご注意です!

ガラスケースの中から取り出したり目の前で刻んだりしてくれる屋台は見ていて飽き

る事がない光景でもあり、ベトナム料理の奥深さを感じる時でもあります。

今朝5時過ぎにゴミ出しに行った時は暗雲が早く流れ空全体が雨が落ちてくる感じで

したが・・今は青空が広がって来ていて風が少し肌寒さを増した浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/25(Wed)
昨日も薄曇りで明けた朝でしたが・・矢張り日差しは未だ力強くて帽子を深く被って

大きなスーパーへ野菜やら肉類を多めに買い込んできました・・( ^^)

1人ですから冷凍して置くのですが1週間分位買っておいても結局は頭の中で考えて

いる献立にはさっぱりならずかなりいい加減に使い切っているのが現状で・・(-"-)

野菜は傷むので半分程度は調理して冷凍するのですが、その時点で即使用したくなり

結局は野菜だけ不足して間で買いに行くという無駄と言いますか?大雑把な性分が出

てしまうのです・・えへへへへへ

何か外出するとさも{大仕事}をして来た感覚になってそれ以上は又何かをしたいと

思わないのですが・・親友の誕生日が近いので昨日は色紙を書いたりお祝いの手紙と

贈り物を準備したりしていました。久しぶりに色紙を書いたのですが・・練習などは

全くせずに一発勝負で書く人ですから・・あはははは 拙かったと思いますが「気は

心}と思いそのまま、一気に数分で書きあげてしまった! 大体がこの程度ですから

格好つけても始まらない。ま、悪筆で読めないのを想定して書きました・・($・・)

そんな事をしていたら夕方になって、見たいTVを見ていたら、晩ご飯の時間です。

何もしなくても1日が流れるように消滅して行きます・・止めることの出来ない時間

を贅沢に遣っていることに心苦しい気がして凄く恥ずかしい・・(・_・;)

もっと〚しっかり考えて大事に生きなければ〛なんて思うだけは人の何倍もあるので

すけれど、愚かさゆえに適当に生きている気がしています!〔愕然としますねぇ!〕

※ベトナムを書いた本をご紹介します・・  <ベトナム航空誌参照>

◎皆川 一夫氏 〖ベトナムのこころ〗

彼は外交官で、現在はウガンダの特命全権大使。 サイゴンで語学学校研修を受けて

在南ベトナム日本大使館に勤務した方です。

朝から晩までバイクがひっきりなしに通過する街。市場では威勢のいい掛け声が飛び

交い、街自体が若者に溢れていると言っても過言ではない若い国がベトナムです。

街の熱気に圧倒されてカフェに入るとそこはまるで異国情緒たっぷりに設えた雰囲気

が外の暑さが嘘のように涼感を呼び何気ない店員の行動や仕草の中にふっと異次元の

空間を見つけられる場所でもあります。

花好きの国民なので何処でも花が飾ってあって・・その感性に暫しうっとりすること

もあります。しかし、外の光景はまるで競い合う様にバイクや車が騒音を出して走り

丸で、動と静が混沌としている街でもあって不思議な魅力に嵌ります・・(#^.^#)

本書では〈ベトナムは常に人生における遊びの部分、すなわち余裕を持って生きる事

【六割人生】の人々であると書かれていて自然体でしなやかに人生を生きていく〉

人生を程良く楽しみながら、達成すると決めた六割の部分については決して譲らずに

強かに粘りまくる。中国や仏国の支配、アメリカとの戦争にも屈しなかったベトナム

人の強靭さはそんなところから発しているのではないかと本書は書いています。

氏は外務省からサイゴンに派遣されたのを皮きりにベトナムとの関わりは長く奥さん

はベトナム人です・・(*^_^*)

サイゴン解放前夜からドイモイで大きく国が変貌を遂げた90年代半ばごろまでの国の

動静や改革を見聞し体験し学んだベトナム人の物の考え方や付き合い方などを溢れる

愛情で深く追求して書かれています。

何処か日本人と共通する部分が沢山あることも経験者でなければ分からない細部まで

書かれていて・・個人主義が強く、論理的でない部分などは読むと必ず何かベトナム

と言う国のヒントが実体験として書かれているので説得力がある本だと思います。

興味がある方には読んで頂きたい本ですしベトナムを知るためにも・・うふふふふ

日本人は学校で「我が国は資源が乏しく国土の狭い国」と教わって来たが、対称的に

ベトナム人は「豊で美しいベトナム、金の森と銀の海」と教わるのです・・(*_*)

幼いころからの教育や体験がここまで違う事にも驚きですが・・根本的にはまったく

大きく異なることを知らされる国でもあります。

現在の日本は《実態乏しき金持ち国》でありベトナムは《実態豊かな貧乏国》と言う

感じがするとも書かれていて・・本当にそうだと感じたものです・・(-_-メ)

ただ、現実のベトナムはこの本が書かれたころからかなりの歳月が経っているので今

ではベトナムは《新興の金持ち国》と言えるほどに成長しています!

誤魔化し笑いをしたり、日本人に似ているようだが似てはいても流れている愛国心や

その身体を流れる熱い血脈は柳のようにしなやかながら強かさを兼ね備えた実際的な

ベトナム人が多く、その国民性や人生観を描いておられます。

今朝は少し肌に感じる涼しさがあって気持ちの良い浪速の夜明けです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/24(Tue)
残暑がまだ続いている当地方ですが・・日中は30度越えるため、矢張り風のない日は

扇風機が必要です。昨日も着物の残りを整理していたらやっと治った汗疹がまた以前

の場所に出ていて痛痒く、水シャワーを浴びたのですが、即には治らずで未だ掻痒感

が取れない・・(-"-)

今まで汗疹が出来た記憶は無いのですが・・これも老化で肌が変化しているのかも?

そんな事を思っていました・・ははははは ま、未だ何があるか解らない人生です!

袷2枚と冠婚葬祭用と、単衣の紗と、絽を2枚づつ残しそれに合う帯や小物を整理して

残りは全て処分するつもりで片づけました。

何か?少しほっとしました・・( ^^) 大きな仕事をした虚脱感があって・・未だ途中

なのに。肌襦袢が吃驚するほど有ってそれも皺だらけで、この際、気に入った物だけ

でこれは廃棄処分にしなければ・・未使用もあるのだが、下に身に着ける物は流石に

差し上げる訳にもそのまま捨てる訳にもいかない・・(#^.^#) 袋が一杯になった!

多分、同じ物ばかりを着ていた気がします・・あはははは 色々と着れば良かった!

さて[これは(黒のビニール袋)を買って来て処分しなくちゃと思っています]

後は洋服類・・これが片付けば後は小物ばかりになるので殆ど終了することになる。

何でこんなに馬鹿みたいに着るものがあるのか?愚かしい限りです・・(-_-メ)

毎日通勤してた時代の頃の派手さが今を苦しめている・・(;一_一) 気がします!

随分捨てたはずなのに「ま、バブルの名残とでも言いますか?」今は流行しない服が

クローゼットを満杯にしている。「何人が着るのか?本当に羞恥に耐えないなぁ?」

めっきり力がなくなって来ている気がするので早く片付けたくて・・元に戻す作業も

力不足で持ち上げられない・・1年とも言えない気がする。

早く軽くなって生活したいと思いかなり急かされている気分がします・・ふふふふふ

お彼岸だけ仏壇が賑やかでした。お萩も花も果物もその上、お酒のつまみまでお供え

して、珍しく華やかになった。  亡夫や両親、ご先祖様は大笑いをしているかも?

※ベトナムの恐妻・・{小話}  <ビナ・サイゴン参照>

こんな話が掲載されていてベトナム人をよく表している気がしたもので書いてみます。

ベトナム人女性と結婚した日本人男性の呟きと愚痴でしょうか?・・(・_・;)

彼が結婚したのはもう、15年位前だそうです。ドンナイ省にある小さなホテルだった

そうで小じんまりと式をしたそうです。ベトナムでは、以前にも書きましたが結婚式

の費用は全て男性側が支払う事が決まりです。普段の食事代も全て女性は出さない!

親戚、縁者が集まった温かい披露宴だったそうですが・・ベトナムの昨今の結婚式は

豪華でど派手な様式が好まれていてそれが当然になってきています。

そんな訳で『私の結婚式は惨めだった』と今でも言われるそうです。彼にしてみれば

〈今更言われても・・〉の気持ちなのでしょうが・・チクチクと言われるらしい。

数年前、妻の弟の結婚式が妻の実家の庭で行われたそうです《地方では今もそう言う

形式が多いです》相手の女性とは5年間も付き合って漸く結婚したみたいですが{後に

離婚することになった}新婦の親戚には土地投機で財産を成した金持ちの小母さんが

いてお祝い金は皆の見ている前で2000㌦を封筒に入れてみせると言う見栄っ張りぶり

を披露したそうです{しかしその小母さんも国内某銀行との癒着が露呈して逮捕され

後年話題になった}こんな話はベトナムでは日常茶飯事に聞かれる話です・・(@_@。

結婚式と言ってもホテルなどの場合はMCがいたり気配りもあるのですが・・家庭での

式には何もないから予定時間はあっても来た人から順番に食べたり飲んだりでかなり

時間にはルーズです。舞台ではカラオケ大会が始まったり無茶苦茶になって行きます。

「一体いつ始まりいつ終わるのか?」など誰も関心がないのがベトナム流です。

日本では事前の出欠があって必ず名前が確認されたり、お祝い金も受付で渡したりと

それが風習になっていますが・・何時も何処の式場に行っても混乱しているのが通常

で「誰が出ているのか?来なかったのか?」何て何も考えずに勝手気儘に進行する。

食事も終わりに近づき、そろそろ皆が帰る頃。これもバラバラです・・(-.-)

受付で1人の男性が渡したお祝い金を返してくれと騒いでいたそうです。散々に食べて

飲んだ挙句にです。場所を間違えて来てしまったとの話でした・・(@_@;)

結婚式場とか?ホテルで何組かが重なる場所なら間違いもあるけれど・・想像できない

ことを言う人がいたそうです。これらも偶にはある話であり吃驚しますが・・(+_+)

未だ未だ宴は終わらず周辺の迷惑など全くお構いなしで大音響で音楽が鳴り響き歌声が

公害のように流れているのもベトナム流なのです。それが延々と続くのですから日本人

の彼は疲れ果ててしまった! かなり飲んだし、食べたのでお腹も満腹で眠くなったが

とに角妻の実家ですから勝手な事は出来ない。眠る場所もなく離れて座って眠気と闘い

我慢していたら、宴も終りになり、その庭に出されたテーブル100名以上の数の食時後

の片づけに駆り出されて、ひたすら庭の掃除と何でも下に放り投げる習慣のベトナム流

のゴミの掃除を命令されて、懸命に落ちているビールのアルミ缶潰しをやらされたそう

です。中に残っていたビールが顔に飛んできたりと散々な目に遭いながら数えきれない

ビールの缶を潰す作業に没頭したと言います。

その結果「ビールを潰すのは凄く上手になった」と彼は苦笑いをしての後日談だった。

つまりこれがベトナム流の結婚式風景であり、家族の男性(婿)は当然の様に働かさ

れるのが当り前のことだと言われています。

幸い息子は全く何もせず、食べて勝手に帰って来る様で嫁の家族から働かされた事も

なく嫁の家族からも何も言われないみたいですが、本心は理解できていないから結婚

する相手が{長子の場合}が煩いのではないか?と思われるのですが・・(*^_^*)

日本とは待遇が余りにも違うという意味では長子の嫁の立場や長子の婿の立場は相手

家族にとっては働き手としか見なされていないのが現実です・・〚やれやれです〛

お金を沢山出せる相手なら問題は無いのでしょうが・・色々とお金が絡んで後々まで

クドクドと言われるのがオチだと言います・・(-_-メ)

ま、その地域やその家庭にもよるのでしょうけれど・・全部ではありませんが、大方

こんな風景がベトナム人の家庭内での出来事です。

今朝も風は無いのですが爽やかに晴れて日中が暑い浪速になりそうです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/23(Mon)
世は連休で騒がしい感じですが・・私の家は年中休暇が続いているから、周辺の子供

たちの声も賑やかな秋祭りの騒音もすっかり慣れて何事もなく凡々と時間が経過して

いるような気がします。去年はこの地の習慣や人々の拘りにショックを受けることも

有って・・珍しいのと煩わしさに閉口していましたが・・全て親切から出たことだと

考えると門戸は開かれているのだけれど中々入れない何かがあって、決して心底から

余所物を歓迎する態度ではなく、慇懃無礼で押し返されるそんな雰囲気の土地柄だと

痛感したものです。心から受け入れて仲良くしたいとは決して思っていないことが何

をするにしても口を出されて・・ゴミを出すのも言われたことを時間の経過とともに

面白く思い出しています。それだけ狭量な範囲で地元の人が多く住民は長くこの地に

棲んでいるからそれ以外は警戒されていたのかも知れません・・若い人たちには何も

言わないのにある程度の老人には厳しいことも知ったものです・・ははははは

片ずけが終わったらまた、新しい生活を始める積りなので、もう気にならないけれど

この地でも色々な事があったし、体験できました・・(-"-)

その地の流れに乗っかって上手に仲間意識ができない人だから“変人”としてリスト

アップされたかも知れません・・あははははは  それでもここに来て、今まで経験

しなかった事や考える時間が私には必要だったし終活の時間が与えられたことも幸い

したと思ってせっせと整理しているのですが・・この地の1クッションが必須条件で

有ったこともその時間があったことも今は遠回りではなく感謝しています。

そんな事を昨日は何もしないで・・ボウッと考えておりましたねぇ・・( 一一)

※ベトナムにもメイド喫茶ならぬコスプレの・・

ホーチミン中心部に老朽化が進行して、入るのも躊躇する様な雑居ビルの中にそれは

有って、看板も何も出ていない。そのビルを上って行き暫くすると、突然にパステル

カラ―とキャンディで飾られたポップな扉が目に入ってくる。

ここがホーチミン発のベトナム人によるメイドカフェ{THE OTHER PERSON}です!

オーナーであり自称〈おたく〉のグレイさんの店です。

〈おたく〉とは名ばかりでネガティブなイメージなどはさらさら無く、彼女自身凄く

お洒落で可愛い女の子と言った感じでしょうか?彼女は宝塚のように{男装}を担当

しているコスプレイヤー=(コスプレをする人)です。

毎月、メイドや、学生服などコスプレテーマを決めて、手作りで店に立つと言われて

います。猫耳を付けた可愛いメイドさんがいてオムライスにハートマークなどを描く

事を想像している日本のメイドカフェとはかなり異なっています・・( ^^)

ただ、面白のは金額の横に135gb等の謎の番号が注文した金額に応じてgbポイントが

溜り『バイスプレジデント』や『エンペラー』等とお客の段級が上がって行く仕組み

になっているようです。

これによって、メイドを自分専属に出来る「来店中は他のお客を接待しない」などの

様々な特権が得られると言います。しかし、名前はメイドカフェと言われていますが

日本式とはほど遠く、その雰囲気は全く違うそうです。

先ず、お客は女子学生など10代の女の子がメインで放課後のお喋りの場所と言う光景

で、40代の日本人男性が店に入るなど異様な雰囲気と違和感があると言われている!

オーナーもアニメやスイートロリータなど自分の好きな世界観に共感する10代の女子

たちが集まれる場所としてこのカフェをオープンさせたと言いますから日本で考えて

いるメイドカフェとは落差があると思われます!

毎週、ゲーム大会などをしてお客同士が仲良くなれる機会を作りたいのが目的だそう

で元々はお客として通っていた彼女は、参加型の楽しみに虜になったそうでgbが1番

高くなった段階で、メイドとしてお客を迎え入れる立場になったと言います。

だからメイドカフェとは違いアニメやコスプレ好きな女の子たちのコミニティカフェ

と言った方が正確かも知れません・・(#^.^#)

40歳以上の小父さんは入店が禁止されているとの事ですし、ホーチミンにあるメイド

カフェは秋葉原を夢見る女の子の秘密基地になっているのかも知れません・・(-_-)

珍しい記事が掲載されていましたので・・書いてみましたが・・(@_@;)

国も風習も全てが異なるから日本式同様なカフェにはおそらくならないと思いますし

考え方も違うから単純にコスプレや変身願望をそのままで楽しんでいるのではないか

と想像しておりますが・・どうなって行くのでしょうか?

色々雑多な文化?が入り込んで来ているベトナムですが・・取捨選択されていくのは

当然の裡かも知れません・・(-.-)しかし、流行をいち早く取り入れる才能は本当に

見事ですし、流行するのも迅速なのがベトナム式かも知れません・・(*_*)

ただし、日本ほど寛容ではないですし[社会主義の国政下]での遊びはどの程度まで

進展するのか興味がある所です。  <ビナBOO参照>

今朝も雲が多く朝陽は隠れて未だ見えませんが、少し涼しい感じの浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/22(Sun)
今週は{呆けないように神様が試練を下さったのだと思います}・・( ^^)ま、こんな

事でもないと世間からもっと疎く、そして知らないままで過ごしてしまったし、違った

意味でも嫌な経験をしたかも知れません!流石に血圧が上がって気分が悪くなったのは

応えましたが・・(/_;)「それも生きている?1人で何でもこなさばねばならない時代

の当然の流れだったのだと思います」大声を上げて喧嘩や啖呵を切りたい気持ちで一杯

でしたが・・(;一_一)お互いが気分が悪くなるだけですし・・(><”)

多分、昔の私なら構わず声を張り上げて怒鳴っていたかも知れません・・うふふふふふ

でも、幸いにして老化が進行。多分、自分の身体に影響が来ることを覚えて我慢する事

が遅まきながら解ったのでしょう・・ははははは 何でも経験だと思いましたし色々な

人がいる事を勉強しました。感謝せねばならないでしょう!そして、自分ももしかした

らそれに近いことをごく普通にやっているかもしれず、その人なりの思考範囲や範疇は

他人からは見えても自分では計ることができないのだと知らされました・・(-_-)

       {刺激が満載の1週間でした・・あはははは}

昨日は静かでやっと着物の片づけを始めたのですが・・日中は汗が流れるほど暑くて

2つの柳ごおりを袷と単衣に分けただけで2時間すっかり疲れてしまいました。

ちゃんと分けて入れていた積りなのだが、何度も引っ越しがあったりして、たとう紙

も破れたり紐が切れたり数枚一緒に入っていたりとぐちゃぐちゃでした・・(-"-)

殆ど1度も手を通していない新品で仕付け糸が付いている物が何枚もあり、完全に忘

れていて「こんなのが有った?」とか見ながらの仕事で捗らない・・ふふふふふ

触っているだけで暑くて、下になっている物は皺がいっぱいでした。それらを別にし

アイロンをかける物として取り出したり・・部屋は満艦飾状態でした。気がついたら

2時間経っていたので元に戻しまた次回に回した。やれやれ大ごとです!

※ベトナム中部〚フエのレストラン〛のご紹介・・ <月刊スケッチ本参照>

◎旧市街・フエ王宮近くにコロニアルレストラン

*レ・ジャルダン・ドゥ・ラ・カランボール=(インターナショナル料理)*

フエ旧市街に溶け込む風趣のフレンチコロニアルな建物はテラスも内装も懐古調です。

丸で映画にでも出てくるような雰囲気のある店です。

仏料理が中心ですが・・勿論、地元のフエ料理も頂くことが出来ます・・(*^^)v

1番人気は[リヨン風ビーフ]でベトナム料理のサイコロステーキに類似しています。

どっちが起源なのでしょうか?日差しの強いフエの昼下がりはテラスの風に吹かれて

ゆったりとまったりと過ごすのも楽しみではないでしょうか?

ポップな色使いのテラスはいやが上にも旅の気分を盛り上げてくれます!

前記した[リヨン風ビーフ]は凡そ800円です。 サイコロステーキにポテトや野菜

サラダも一緒に載せて出てきます。好みのタレで召し上がってください。

中部の料理は何時も書いていますが独特の味で、きっとご期待に添える料理だと思い

ます。中々中部へは行けないのがツアーですが・・機会があれば是非、北部ハノイや

南部ホーチミンと違った落ち着いた歴史を肌で感じる土地柄と人々。漁港が近く海鮮

物が豊富な事でも好まれている風情のある街です。

今朝はそれ程涼しくは無くて風も入ってこずに、日曜日のせいでしょうか?外は未だ

声が殆ど聞こえない、車の通過も少ない浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/21(Sat)
「今週はどうなっているのか?」次々と想像もしていなかったことに遭遇しています!

昨日は郵便局に用事があって出かけました。通帳と印鑑が必要だったので書類を書き

持参したんです。その係の女性(中年の小母さん)が吃驚するようなことを言いだし

も、呆れてその執拗さに仰天してしまったのです・・\(◎o◎)/!

私の名前は少しだけ面倒なのですが・・公式の書類には悪筆なので丁寧に楷書で書い

て提出しました。所が、通帳に書かれてある名前と違う・・点が1つ少ないとか言い

分厚い辞書の様な名前辞典を持って来て自分で印つけて「これではないですか?」と

言うのです。

いかに愚かでもまして、楷書で書いて来てる自分の名前を間違うことは有り得ないし

本人だからと言ってるのに「点が1つ不足しています。証明出来るものは何か?あり

ますか?」と言うので保険証を出したんです。でも彼女は以前住んでいた神戸で作成

した手書きの通帳の名前を頑なに信用し電話をかけて確認し始めたのです。

その時点でも、驚きました・・(@_@;)通帳の名前なんて今迄は他人の物ではないか

の確認だけしかしたことは無く点が多い少ないとかなど見た事もなかった。

その上、診察時に出す保険証の住所と少し違うとか言いだして・・また、少し待って

下さいと言いだした・・(--〆)

彼女は仕事熱心で正確かも知れないけれど本人が書いている方が正しいと言っている

のに聞いてくれなくて、納得いくまで調べていて何度か訂正印を住所の場所で押印し

去年からこの地区はこの番地は無いとのこととアパートの名前が以前ので提出されて

いて、今とは名前が違うとか言いだして・・(><”)今迄郵便局も市役所にも何度

も足を運んだ時に誰も教えてくれなかったし、普通に郵便物も配達されてきている。

ま、そのしつこさに吃驚・・(@_@;)本人が言っている事は信用できないのですか?

と言ったのですが・・自分の思考の中に入り込んでいるのか返事もしない。

散々調べて納得したのか?何度もこれで間違いないですね・・と確認を取って放免に

なり1時間以上局内にいた。普段は男性で手早く簡単に受けつけてくれ鬱陶しいこと

など何もないのに・・そう言えばこの間男性と酷く揉めていたのも彼女でした!

性格なのでしょうが・・その融通の無さと自分が絶対正しいと信じ込んでいるのだと

思って・・帰り際に「これで全部済みましたね。も、間違いは無い?」と言って帰宅。

15分くらいしたらTELが入り「も、1か所印鑑が必要です」と呆れてしまった!!

家まで来ると言うので、途中まで持って行くと言い出かけた。片ずけて座ったばかり!

全く今日もまた、沢山の勉強をさせて貰って感謝感激でしたねぇ・・(-"-)

   Xも、2度と彼女のいる窓口にはいかないと決めた・・(-_-メ)X

少し、血圧が上がって気分が悪くなったので薬を飲んでボウッとしていたら数ヵ月ぶり

に姪がきて「叔母さん、カルシュームが不足しているのではない?今は何処でもそうだ

よ。何でも煩いから仕方ない」と言われてしまった・・時代とは言え棲み難い世の中に

なったものと諦観したものです!老人には親切なようで決して親切ではなく混乱する事

が何と多いことか?最近特に気になっている・・(;一_一)

愚痴が多くて毎日恐縮ですが・・経験したことがないことが多くて、いささか思考が

渋滞している状況なのです・・<(__)>

※ベトナム【タイ湖の蓮茶】  <ベトナム航空誌参照>

【タイ湖の蓮茶】は現在1kg当たり市場価格は凡そ1000円~1500円はします。ベトナム

人でもこの値段は驚きます。 しかし、お茶を作る人々の多大なる労力と経費を知れば

このお茶の意義と価値は理解することができると思います。

今日【タイ湖】の蓮の栽培地も日々縮小されて来ているのが事実です。お茶を作る人達

と【タイ湖の蓮茶】を愛する人々は心を傷めているとも言われています。

どれほど苦労が多くても、何年にも渡りお茶作りを生業にしている人たちは先祖の伝統

を守るため、タンロン(ハノイ)の本質と真髄が喪失しないことを願っているからです。

古人の言葉に『平明一杯茶 良医不到家』=お茶を飲んでいれば医者入らずと言う。

言葉があるそうですがベトナムは茶木の育つ場所の1つで特産の緑茶は世界に名を馳せ

ています。茶木は元来、山岳部でしか栽培できず、天と地の精髄を吸収するものです。

そして、蓮の花は仏家の花とされており、高貴で純粋な美しさを称えている花でもあり

お茶も蓮も病を防ぎ癒す作用を持ち、人々に健康をもたらす貴重な薬用植物です。

*故に【タイ湖の蓮茶】は正に天と地からの贈り物だと言えるのです・・(*_*)*

急須1口(こう)で何煎も淹れることができ、そのお茶は澄んでいて蓮の香りが芳醇

なのです。 ひとたびこの【タイ湖の蓮茶】を口にした者は誰もがこれを褒め称えて

この格別な甘い香りを忘れることが出来ないとまで言われている品です・・( ^^)

ハノイの人は古来からその飲食文化を誇りとしてお茶のたしなみが芸術となった!

蓮の葉の上に溜った朝露の雫や綺麗な雨水を受け【蓮茶】をいれる趣味人も多くいる

と聞かされています。杯を上げて香りを立て、客に振舞い友をもてなし、花が開くの

を楽しむことも多々あります。タンロンの昔からの風雅で洗練されたハノイ人の趣味

でもあります【タイ湖の蓮茶】が入った急須には人生と人情が充ち溢れ、われわれの

心は夢の中のように穏やかで軽ろやかになると言う。

何年もの間そのままの姿でその華麗さを失わずにいるハノイ。数多の魂がその虜となり

この地に足を踏み入れた誰でもが心惹かれずにはおられないお茶だと言います。

蓮池の中を小舟でゆっくり葉をかきわけて次々と花だけを摘み取って行く作業は大変で

観ているだけでも感動します・・(#^.^#)

因みに安価でスーパーなどで売られている【蓮茶】には人工香料を使用したものも多く

ティーパックなどに入っているのも沢山あり、種類も様々にあります!

  ☆本物の【蓮の花を使った蓮茶】はほんのりと漂う上品な香りが特徴です☆

【蓮茶】の話は今日で最後ですが少しは興味を持って頂けたでしょうか?・・(-.-)

爽やかな風が窓を何度も通りぬけていく今朝の浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/20(Fri)
私が使っているブロバイダーへ知りたい事やPCの不具合について知りたく連絡したの

ですが・・とにかく混みあっていて中々繋がらずそれでも仕方ないと思い待っていた。

「どの位待ったか?」その間に洗濯物を取り入れたり片ずけをしていたから相手から

「もしもし!」と言われるまで放置していた・・ははははは

それが何時もなら遠隔サポートで直るのですが・・色々と気になる点があるので一度

訪問してほしい旨を伝えた。そこは受付担当だけで係は変わり、又違う人がでた!

その後「どんな状態なのか?」を聞かれたので特別今は困っていないのだが・・色々

聞きたい事やどうすればいいのか?の部分があるので家に来てほしいと告げた。

散々聞いた女性は「担当から連絡させます」って言われ、その後電話番号を教えてと

言うもので「貴女の手元に掛っている番号です!」と。何せ気が短いものでイラッと

して来た「あーxxx-xxxx-xxxxですね!」だって・・(-_-)”

それから夕方6時前に掛って来たTELはそれも担当者ではなく受け付け掛りのようで

ここでもまた一通り説明して訪問してほしいことを言った。その相手が感じが悪くて

「1時間2000円+消費税が掛ります。具合によってはドンドンとお支払が増えますが

お客様大丈夫ですか?」と聞いてきた! 無礼な奴だと思い「私は高齢で低所得者で

ですからとても高くなればお支払出来ません」と答えた嫌味を込めて・・うふふふふ

それから何処が不具合なのか?を執拗に聞くもので、現在は不自由していないけれど

一度遠隔では余り上手く出来なかった箇所とか最近よく出てくる画面についての処理

を言ったのです。すると{大したことないと思われたのか?お金のない奴}と思われ

たでしょう・・><”「そのような事情でしたらご訪問する事は無いのではないかと

思われますが・・お金も掛ることですから」と言ったんです・・(-_-メ)

「随分失礼な事を言うのですねぇ・・貴方の会社とは創業した頃からの付き合いです。

その頃は1ヶ月毎に来てくれで無料で大丈夫ですか?」と凄く親切だったけれど会社が

大きくなるとここまで変わるのですか?馬鹿にしないでください。も、結構ですから」

と言った途端に「割引サービスもありますが・・」と言い直した。

流石にも、完全に腹が立っていた私です「結構です!貧乏人ですからお支払出来ないと

困りますので」と言って切った。

〖多忙で1人で何10人かを相手していて夕方頃にも未だ仕事が残っていた事、技術担当

の人から大した事がなかったら断れとでも言われていたのか?〗などと凄く邪推をして

しまった・・(-_-メ)不愉快な電話で、暫く苛々していた・・(-"-)

顔が見えない相手だし電話は本当に言葉の端にも相手の雰囲気が出るものです・・嫌で

面倒だと思われて掛けてきた気がしたものです『穿った見方かもしれませんが?』

も、済んだことですから・・気持ちを変えて・・あははははは

※ベトナムハノイの【蓮茶】の続きを・・

【蓮茶】作りには多くの工程があります。全ての段階に緻密さ、繊細さが要求される。

最初の工程はそっと葯を取り外す作業です。花から取り外された葯は、直ぐに茶葉に

香りを移さなければならない。蓮の香りを移すお茶も特別美味しく、清潔で混じり気

のないお茶でないと、蓮の香りを持続しつつ長く保管する事が不可能です。

これまでの経験からタイグエン茶、またはベトナム西北部で採れるサントゥエット茶

が選ばれている。美味な事でとても有名なお茶で渋みが強過ぎなく、甘く蓮の香りに

よく絡み合うと言われています。

お茶に蓮の香りを移すのが全行程中、最も難しく手間がかかり経験と高い技術が要求

される部分だそうです。新鮮な葯を敷いた所に茶葉を均等に広げ、2日間密閉して蒸ら

し、葯の香りを茶葉1本1本に浸みこませる。その為、うだるような暑い夏の3ヶ月間は

焼けるような暑さの中で密閉された部屋に頻繁に[引籠り]1回分のお茶に途方もない

汗と労力を注ぐのです。

蒸らしたお茶は専用のトレーシングペーパーの袋に入れて乾燥させる。乾燥し終えた

お茶は翌日、古い蓮の葯を全て取り出し、再び最初と同じように香りを移して蒸らし

そして乾燥させる。この工程が7,8回繰り返され、およそ3週間が費やされる。

完全に葯を取り除いた最後のお茶こそが・・【タイ湖特産の蓮茶】でその茶葉は凄く

小さくなってカリッとなっています。

製品としての茶葉1kgには蓮の花1500本分、凡そ1,5~1,7kgの葯が必要なのです。

だから1回に作ることができるお茶は5~7kgなため、一家はシーズンを通しても最大

で100kgの【蓮茶】製品しか造ることができないのが事実なのです。

もう少し話が続きますので明日またご紹介させて頂きます・・

今朝も昨朝と同じ様に白雲の中から弱い薄日が差している様ですが・・段々と晴れて

来るそんな予感がしている浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/19(Thu)
昨日午後2時ごろでしょうか?家の横の道路が騒がしく昔の書類を処分していた時で

した。その様子がただ事ではない気がして・・玄関へ出てみました!

すると、私よりかは高齢の方で小柄なお婆さんがうつ伏せで倒れているのが見えたの

です。周囲は数人「いま救急車呼んだから」「大丈夫?も、少しだから頑張ってね!

直ぐ救急車来るよ!」などと叫んでいる! ぐったりしたお婆さんは返事はしている

様子で意識はあるようでした。近所の方が大勢出て来たので、私は部屋に入った・・

数分したら救急車の音が大きくなり停まった。   東京に住んでいた時には子供が

また、神戸では私が救急車に世話になった経験がある・・(-_-)”

普通、直ぐに搬送して貰えると思うのですが、中で処置できることはして、それから

受け入れてくれる病院を無線か?今は携帯かな?で連絡してからしか出発しないのを

知っている。乗せられて30分位病院探しをされた事があったからです。

ま、この地ではそして年数も経っているから今は変わったかも知れないが、それでも

暫く20分位停車していた様子でした!隊員の人は周囲にいる人たちに症状とかその時

の様子を色々と聞いていました。

それこそ家の階段を降りてすぐの所だから・・意識しなくても声は筒抜けで・・近所

の主婦が自転車で通過した折、お婆さんが倒れているのを見つけたと言ってました。

昨日もかなり暑くてお布団を干して有ったから何度も出たり入ったりしていたのだが。

それから病院へ搬送された様ですが周辺の人が大勢集まって噂話をしていました。

多分{熱中症ではないかしら?}と思ったのですが、見ていないので解らない!

     {本当に何が起こるか?解らないですねぇ・・(-.-)}

※ベトナムの精髄=【タイ湖の蓮茶】について・・<ベトナム航空誌参照>

    *長い話ですから数回に分けて書かせて頂きます*

興味のある方はご面倒でも続きを読んで下さいませ・・<(__)>

朝露がキラキラと輝く夏の早朝に甘い香りが漂うタイ湖の畔には、ハノイの名産と言

われる伝統的な【蓮茶】を作る地方があります。

蓮は夜明けとともに花弁を開き陽が高く昇る頃には閉じてしまいます。

【蓮茶】作りとは根気のいる作業で摘立ての花から1つ1つ不要な部分を取り除く作業

があるのです。 気の遠くなる様な作業が山盛にされた蓮の花を囲み小母さんたちは

大きな蓮の葉を膝の上に載せてそれを分ける作業を毎日するのです・・(-.-)

タンロン[旧ハノイの名前]の昔からハノイはお茶に香りを移す技術と、華麗で上品

なお茶をたしなむ作法がとても有名です。ホーチミンにはない作法です・・(-"-)

ハノイ人は何時でもお茶の文化を、とりわけ嘗て王侯貴族への献上用の宝物で有った

タイ湖[西湖]の【蓮茶】を誇りにしています。歴史の浮沈と変動を経てなお、幸運

にもタイ湖の地には、この貴重な伝統的【蓮茶】作りを生業にする家庭が数軒残って

いるのです・・( ^^)

早朝から家族揃って汗だくになりながらずっと手を休めないで働いている姿はタイ湖

の【蓮茶】作りの偉業を感じさせるものがあります。 ここの人々は何代にも渡って

賞賛し、キムリエン〈金蓮寺〉を建てて崇めてきた蓮の産地だという事を知らされる。

この蓮種は《百葉蓮》と名ずけられた特別の種類で、色鮮やかな大輪の花をつけ香り

は凄く魅惑的です・・(*^_^*)

タイ湖にしかなく、お茶に香りを移すのに用いるのには他に比べられる蓮は無いとも

言われています。蓮の花は旧暦の4月半ばころから7月(新暦5月下旬から9月上旬)迄

咲く為【蓮茶】の作業も1年に3ヶ月ほどしか行われないのが普通です。

この3ヶ月こそ【蓮茶】作りに携わる人々の困難と多大な労力を費やす偉業が行われる

仕事なのです。 『お茶に香りを移すための【蓮茶】は夜明けの早朝に摘み採られた

正にほころびかけたばかりで夜露に濡れた花でなくてはならないそうです』

極めて香りが高く最も鮮度を保つことができるからです。収穫後これらの花は直ぐに

葯=ヤク{雄シべの花粉がついた部分}を取り除く必要があるのです。

これをしないと花は萎えて、香が減ってしまうからだと伝えられています。

その為【蓮茶】作りを生活にしている人々は殆どタイ湖周辺に住んでいると言われて

いるのです。真剣で張りつめた空気で懸命に作業しなければならない!

【蓮茶】作りの偉業については明日ご紹介します・・(#^.^#)

日差しは昨日程明るくは無く少しぼんやりした朝日が差しています。晴れてはいるが

雲の多い浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/18(Wed)
*こんな経験は今まで1度もした事がなく本当に吃驚しました・・\(◎o◎)/!*

銀行のATM機械で引き出す必要があって・・それも手元には千円札が全くなかったから

変な金額だったのですが・・千円を混ぜるように引き出した。

「何時頃からでしょうか?両替が殆どの店でしてくれなくなったのは?」・・(-.-)

「細かいお金をご用意くださいとか?両替はしていません」の張り紙がレジ横にある。

大抵は計算しながら使用するのだが、千円札がどうしても要ったもので・・(+_+)

当然のように普通に出てくると思い込んでいたのです!所があの取り出し口から全て

千円札で数十枚がそれも新札ではないから膨れてびっしり一杯の状態で出てきた!!

【目が点になりました・・(@_@;)】  そこは幸いにして機械だけではなく銀行も

あったので早速番号を取って並んで待ちました。かなり混んでいて20分位も待たされ

複雑でしたが・・このまま帰るわけにもいかず待ちました仕方なく・・(-_-;)

事情を説明して万札に変えて貰ったのですが・・いやはや初めてでしたから驚いた!

こんなこともあるのですねぇ・・(-_-)行員は「あらっ!そうですか?」と平気な顔

でしたから偶にはこんなこともあるのかも知れないが・・こちら側では吃驚したまま

枚数を数える気にもなれず・・剥きだしたまま分厚い札を持って待っていたんです!

そして、先週行けなかった理髪店に行ったら、担当者がいなく、ここでも暫し待たさ

れた。違う人でも構わないと言ったのに、買物に出かけていると言う何時もの女性を

待った。ここでも15分位待たされ・・昨日は無駄な時間が多くて、1時間程度で帰宅

予定がすっかり時間を取ってしまった。それに日中だったから30度は気温も上がって

台風一過の青空を背に戻ってきた・・「あーあーこんな日もあるさ!」・・(*_*)

※ハノイのベトナム料理店のご紹介です・・ <ベトナムスケッチ本参照>

◎フランス人シェフが手掛ける店で名前も仏語で〖ポルト・ダンナム〗

ホアンキエム湖と大教会近くに佇むノスタルジックな空間がその店です。

本物のベトナム料理を食したい方は{安南=ベトナムの扉}と言う名前の店を訪ねて

欲しい。仏料理店〈ヴェルティカル〉などの数店舗を持つ=仏人シェフが新たに開店

させたベトナム料理店だと言われています。

嘗て、仏領時代に{安南}と呼ばれ、海外交易において重要な役割を果たしていたと

言われるベトナム中部地方。この地独特のスパイスを効かせた風味を見事に表現して

見せてくれるベトナム料理店です。

銅の鍋に5種類の総菜を盛ったランチセット約700円。魚介や肉、野菜をバランスよく

取りいれた品々にはチリソース、黒胡椒がふんだんに使用されています。

昔のベトナムを彷彿させる料理はその色彩も量も充分で見た目にもその美味が伝わり

時間を味を堪能できる。

伝統的な家屋をイメージしたテラスには柔らかな日光が程良く差し込んでいます。

瞬時ベトナムにいる感覚を忘れるほどの雰囲気がある店です。ランチセットはライム

を搾ったジャスミンティも付いてきます。税は別ですが・・( ^^)

ハノイへ行かれたら立ち寄って見て食してください。きっと気に入って頂ける店だと

思います。また中部や南部も色々な店の紹介は続けていきますので楽しみにして頂け

れば幸せです・・(#^.^#)

大型ゴミの日で余分な枕や毛布、整理途中の不用品を大きなビニール袋に詰めて出し

て来た今日の朝日は何時もよりも大きく見えて光り輝いていた浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/17(Tue)
異常気象で散々文句を言っていた真夏がいつの間にか?消滅した様に秋模様になって

昨日は酷い台風に振り回され、沢山の被害を残して通過して行きました・・(><;)

災害に遭われた大勢の皆様には心からお見舞い申し上げるとともに一刻も早い復興を

心からお祈りいたしております・・m(__)m

大阪は特に雨量が多かったようで、ブログを書いた直後からサイレンが激しく行き交

い消防署からの拡声器の放送が走り回りました。裏手にあるあの大きな大和川が氾濫

しそうだと言うのです。「警戒水域を超えました。危険です!避難場所は△△小学校

を確保しておりますのでご自身で判断して行動して下さい」と言うのです・・(-_-)

それまで、雨の量は本当に凄くて夜中何度も目覚めていたのですが・・「まさか?」

と疑いました。堤防までかなり高いし、随分昔に1度氾濫があって改修工事をしたと

聞かされていましたから、引っ越しの時も尋ねたし、2Fだから大丈夫だとは思って

居たのですが・・心中は正直穏やかではありませんでした・・!(^^)!

TV画面ではもう少し下流で氾濫した様でした。 それでも沢山の人の避難が出ていて

この地は高かったのか?ぎりぎりの状態で雨が止んでくれた感じだと聞かされました。

京都方面の嵐山の渡月橋を何度渡ったか?数えきれないほど歩いたあの橋も濁流が夢

のように流れ、今にも橋が流されて行くかの様子が見られ恐怖を感じました!

京都は今回河川の決壊が多かったようで多大の被害がでました。とても辛くて悲しい

現状でした・・(-_-メ)何も手がつかずTVから目が離せない1日でしたねぇ!

それでも午後になってから青空が見えだして・・少し晴れて来ていましたが・・また

しとしと降りだしたり、風が強くなったりしていて、本当に通過して台風が行ったと

思えたのは夕方でしょうか?とっくに通過はしていたのでしょうが・・未だ範囲内に

掛っていたのだと思います警報が中々消えなかった・・(-.-)

☆久しぶりにカンボジアのお話を・・  <D・A・C 参照>

◎シュムリアップの中心街にオールド・マーケットがあります。観光地ですしお土産

もの屋も多く風情も面白い市場の様な商店街の様な感じの店が多く並んでいます。

そこのブテック[オールド・フォレスト]2Fにカンボジアの子供たちが描いた素敵な

絵画を集めたギャラリー〖子どもの森ギャラリー〗がオープンしました。

展示されているのは小さな美術スクール=small art schoolの生徒たちの作品。

シュムリアップ周辺の村や市内の孤児院の子供たちが描いた水彩、油絵、クレヨン画

などが凡そ60点で村の風景、生活の一シーン、アンコール遺跡、動植物、人物像など

様々な題材が伸び伸びとしたタッチで描かれています。

子供らしさと同時に何処か不思議感を漂わせる作品が多く、味わい深い作品に出合い

訪れた人たちからは「なぜか?癒される」と言う声が聞こえると言います。

夢中になって筆を動かしている小さなアーティストの姿が浮かんでくるような気持ち

がして心温かくなります。

同スクールは幼児から20歳前後の若者まで、多くのカンボジア人の子供たちにボラン

ティアで絵画を教えているそうです。活動に賛同したブティックのオーナーが空いて

いた店舗2Fを無料で提供、ギャラリーのオープンとなった。オーナーは日本人です。

1Fの[オールド・フォレスト]は欧米人や日本人の観光客が多い人気店で白く明るい

室内に並べられた爽やかなイメージのドレス類が印象的な店で有名です。

開店時間は店同様に13時30分~21時迄となっています。シュムリアップに行けば必ず

案内されるオールド・マーケットは有名な観光名所でもあります。ぜひお出かけの際

には見てきて欲しい場所です。

ベトナムとは違った雰囲気と国民性に触れる機会でもあり国民が国が違うことを肌で

感じられることと思います・・( ^^)

今朝は本当に寒いという位気温が下がったみたい。洗濯をしていた時に最後の柔軟剤

を入れようとしてうっかり手が滑ってフローリングの上に溢してしまった・・(-"-)

も、大変な思いで雑巾を何度も洗いながら拭き掃除をしました。毎日のように拭いて

いるのに、たった1人の生活なのに、髪の毛やゴミや塵などがあるのです。

「あーこれも生きている証なのねぇ・・(-.-)」を感じておりましたが面倒なことを

していた浪速の朝の出来事でした。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/16(Mon)
風が唸って雨を連れてくるのか?雨が風を引き摺り音を立てているのか解らない酷い

雨風で4時過ぎには目覚めてしまって・・未だ真っ暗なので起きても仕方ないと思い

帰国してから早朝TVは見た事がなかったのですが・・台風情報をずっと1時間近くは

見ていました・・!(^^)!

それから起きたのだけれど・・外へゴミ出しに行ける状態ではないから・・暫く様子

を見ようと思ってPCに手をつけた所です・・(-.-)

トタン屋根が大きな音を立てていたり風の向きが変わる様で雨脚も変化している感じ

です。【特別の警報】も出されて心配な場所が沢山あるようで・・心落ち着かないと

思われます・・心中お見舞い申し上げます・・m(__)m

       *酷い災害にならないことを願っております*

こうやって書いていても雨や風が凄い音を立てていて、メキメキと音もしています!

でも起きた頃に比べたらかなり音が小さくなって、車も通過している様子です。

※ベトナムの日本領事館からメッセージがありました・・

◎〚いかさま賭博〛に引っ掛る日本人が多いとの事ですのでご注意ください!

昔からある手口だそうですが、被害が後を絶たなく館に毎年30~50人の日本人の被害

届が出されるそうです。

日本人は先ず相手を信用する事から関係を深めようとする国民気質があります。その

性格は世界的には稀有な事のようで、人間としては本当に素晴らしいことなのですが

その反面、海外では恰好の餌食となっている部分が数多あります。

外国人との交流は素晴らしいことですが同時に日本人は常に犯罪者から狙われている

意識を持たねばなりません。

    ”事前に身を守る意味でも凄く大切なことだと言われています”

○犯人像としては大方がフィリピン系らしいです。元々はタイで活動しており、2006

年にタイで一斉取締が行われた結果2007年頃にベトナムにやって来たと言われている。

現在、特定のフィリピン人約30名が別々のグループで活動しています。

或る程度稼いだ後、ビザが切れる前に出国、その後はカンボジア、香港、マカオなど

の東南アジアを回って、同じ様に〚いかさま賭博〛で荒稼ぎをしているそうです。

従って、ベトナム特有のものではなく東南アジアでは常時〚いかさま賭博〛に遭うと

いう危険性があるので注意が必要です。

○ターゲット・巧妙な細工

特に、1人旅の女性や学生に被害は集中しているそうです。土地勘のない者を意図的

に狙う上にタクシーでわざと遠回りします。犯行現場が解らなくては公安が動けない

事を彼らは熟知しており、犯行現場も頻繁に変えています。

暴力事件に発展すれば、公安が積極的に動くことを知っているため、決して暴力行為

はしません。 犯人側は4人前後と言う数的有利を利用して、心理的に被害者に恐怖を

植え付けて追い込み、指示通りに動かざるを得ない状況を作り出すのです。

○ほぼ100%防ぐ方法

一連の手口の中でキーポイントとなるのは犯行現場を解らないようにするために必ず

タクシーで移動する事だと言われています。

ですから、タクシーに一緒に乗らなければ、被害に遭うことはほぼ100%防げると言う

訳です。基本的な事ですが出会ったばかりの見知らぬ者とは安易に一緒の行動をしない

と言う事に尽きます。因みに、特に学生さんが〚いかさま賭博〛の被害に遭ったときに

「見知らぬ者と安易にタクシーに乗るなー」と強く説教しているのが現況です。

ベトナムは男性にとっても面白い国ですし夜の街は昼間との落差が大きく本当に開放的

になれるようです。若い学生さんが「まさか?」と思われる方も多いでしょうが??

想像以上にこれが多いのが現実だと言います。

〚いかさま賭博〛の名前だけ聞けば案外中年の小父さんを想像していましたが・・そう

でもないようです。可能な限り1人での行動は避け夜の遅い時間帯は何処の国でも同じ

ですが・・(-_-メ)危険が孕んでいることを絶えず年頭において楽しんでほしいと個人

的感想でもそう思います。領事館からのメッセージをお伝えしました。

台風はいま通過中なのか?強風と雨は現在も激しくなっています。 通過した直後かも

知れない浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/15(Sun)
この3日程ぶり返した夏の日差しが強く驚くほど紫外線を浴びた気がします・・(-"-)

空いた服の胸元に汗疹ができて「こんな体質ではなかったのに!」それが結構痛くて

毎日冷水シャワーや氷で冷やしていました。薬を塗っても治らないほど一面に拡大し

吃驚した!老化とともに身体の皮膚も当然変貌するのだと・・改めて感じたものです。

いやはや・・参りました・・ははははは

そして今朝はやっと、昨夜からの雨と気温が下がったみたいで?も、跡形もなく消え

嘘のように元に戻っていた。真夏の炎天下を珍しく連日外出したせいだと思います。

その上、外歩き3時間は矢張りかなり応えたのだと思います! 爆睡でそれも余りに

疲れきっていたのでしょう・・暑さが醒めないままタオルケットをかけて寝ていた!

その事さえ記憶がないほど余程疲れていたのでしょう「若くないを痛感!当然だよ」

台風が来ている様ですが、上京している娘が直撃を受けそうで案じている・・(+_+)

  {ま、何とかして帰ってくるでしょう・・心配してもどうしようもない}

※東京にあるベトナム料理店   <スケッチより参照>

◎新宿だという。矢張り、日本人向けの味付けにしていると聞かされています。

ま、東京には随分ベトナム料理店もできているとの話ですが・・今日はそれらの中

から2軒をご紹介します。

きっと行かれた事がある方もおられるかも知れませんが・・(#^.^#)

関西でも神戸には何ヵ所もあって何度か行きましたが・・そこも日本人に合わせた

味付けでした。本場の味とは少し違う感じをしていましたし、何より高価でした!

ま、材料をベトナムから輸入したり、買い付けたりして使用するせいでしょうから

仕方ないですが安価で食していたから・・その落差で吃驚してしまった事が何度も

ありました・・ひゃははははは

①バインセオサイゴン新宿店=小田急新宿駅より徒歩1分

◎ベトナム風お好み焼きの専門店。新宿からのアクセスもよく、新宿ミロードの9Fに

ある広々とした店内はスタッフの笑顔が溢れた居心地のいい雰囲気の店だといいます。

人気NO1は『海老&豚肉&もやしのバインセオ』{750円~900円程度}で楽しめる!

数人で出かけて取り分けたり、野菜に巻いたりして食べる人が多いそうです。

バインセオのほかには香草も沢山出てくるし、タレも甘酸っぱい何時ものニュクマム

砂糖、酢入りが付いてくる。店長はベトナム人だから味は保証出来る。おひとり様用

のメニューも充実しているようでディナーでも手頃な値段で満喫できると言われる。

更に《米粉フェア》の一環として{春巻きプレート1000円}も用意されていると?

これは時期的なものかも知れません。確認していないので・・<(__)>

生春巻き、揚げ春巻き、蒸し春巻きなど沢山盛られたものもあると言いますから!

食事ではなく前菜として、お酒のおつまみとしてお勧め出来る食べ物です。

ベトナムでもおやつ代わりに食しますので、メインにはならないと思いますが、その

味は1度は試してみてください。お好み焼きとは違った感触と口触りがあって、意外

と美味です・・( ^^)バジルやミント、コリアンダーなどの香草もたっぷり出てくる

そうでお好みの方には是非食して頂きたいです。

②オーセンティック

この店は料理人中塚氏とフードライター森泉氏がタッグを組んで5年前に高円寺で開店

して有名になった店ですが、残念ながら1度閉店している。2011年にベトナムの路地裏

の様な雰囲気を持つ日本一古いと言われる浅草地下街で再開した店です。

店舗はわずか4坪でカウンター席7席のみの小さな店で、ディナーと、土、日曜、祝日の

ランチ時には外にもテーブルが出ています。

店名は、可能な限り[正統派]のベトナム料理を出したいという思い入れから付けたと

言われています。香草も食材もなるべく、ベトナム産や本場の味に近いものを心がけて

いると言われています。ディナー時は自分たちの好きな定番のベトナム料理と、鶉や猪

蛙などのゲテモノと言われる料理も用意されている。

コース料理では来店客と相談して作ってくれる《オーダーメイド》式になっていて珍し

い料理も出してくれる。アジアの香りが満喫出来る何処か古い懐かしさが漂う雰囲気を

持った地下街でベトナムを感じながら食するのも一興かと思います。

実は昨年、行ったのですが・・夕方でしたが予約なしでしたから・・満席で外にも人が

溢れていて・・入ることができずに戻った店です。残念でした・・(-_-メ)

店舗は小さいので予約は必要で、コース料理は3日前からの予約が必要だそうです。

大抵のリクエストには応えてくれる店としても有名ですが・・何せ狭いので・・予約が

無いと無理みたいです。 狭い路地は何処の店も満員で吃驚するほど大勢の人が店内に

いるので驚いてしまいました・・(@_@。

さっきまで大粒の雨が音を立てて降っていたのですが明るい空に変化して陽光が射して

来た浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/14(Sat)
他人の批評や批判は案外と簡単にしてしまいがちです・・(-.-)殆ど事実ではないかも

知れないのに、新聞やTVなどのメディアの影響力は激しく強く本当にエスカレートして

どうにも止められない。そして風評被害となったり、身近では他人を傷つける事も数多

あります。昨日もTVではみのもんたさんの息子の逮捕が盛んに報じられていました。

彼自身にもセクハラ疑惑があったとかの話もあって・・何も解っていない目の前で起き

たことではなく、自身が被害に遭った訳でもないのに酷い〔嫌悪感〕を抱いて観ている

自分がそこにいたんです・・!(^^)!

これまでも随分子供のことでは親は泣かされ、困窮した人々は多い。それが偶々有名人

なるが故のバッシングだろうとは思うのですが、矢張り観ている者にとっては親の露出

がないと承知しない部分が何処かにあって・・有名税だし多額を稼いでいるのだから等

勝手な見方をしてしまう。最初に書いたように気儘な憶測も批判も自由だしそれは人間

としてというより人間だから持つ感情なのかも知れませんが・・(-"-)

私自身も子育てには自信がなく余り上手ではなかったから心が刺される思いがあった!

早世した亡夫の分までと頑張った部分が沢山ありました。普通、利口な親はこの時点で

区切りをつけ子離れ出来るのでしょうが・・私にはそれが出来なかった・・(・_・;)

自分の中では無能過ぎた思考と行動で子離れできない愛情過多な親になってしまった気

が今も身体中にあって・・子育ては「失敗組」だと思っています・・(-_-メ)

だから他人の批評何て出来る訳がないのに・・人間としての最低の思考の中に陥没して

観ているのですから・・情けないと思っていました・・「ふぅーーー」

現実に起こりえる様々な出来事はまるで{絵空事}のように心を惑わし、狂わせて行く

ことはかなりあるものです・・(-_-;)

誰も親になる勉強は教えられていないし、ここで充分だというけじめや切断面は無い。

個々の思考や環境により子供は親を選択できない状態で誕生しその親の考えや経済力の

中で育ち生きて行かねばならない。誰も悪気があって、誕生した子供を育てているので

はない筈なのに環境や親の性格や経済力で極端に変貌して行く帰来があります。

そんな事を考えながら、親になる教育をしてもそれが正しいとも言えず、かと言って何

もしなくても素直で性格もよく利口で順調に育つ子供もいるのだから・・(-"-)

子育ては本当に難問で回答のない生活の中でごちゃまぜの料理の様に時には失敗したり

運よく上出来だったり・・いやはや子供を1人前にすることは片親でも両親揃っていて

も全てが人生の道程の中の一過程として組み込まれているのでしょうねぇ・・!(^^)!

彼のことは先ず余り知らないから、何とも言えないが・・子供の話も連日のように放送

されているのを観ると年齢も殆ど同じだから・・考えさせられる問題だと思っている!

正直、未熟な人間が人間を作ることの難しさは大きな問題だと思います!誰にとっても。

彼だけの問題ではなく、ごく普通の家庭でも同様なことはあると思うのですが「どうな

のでしょう?」子供に成長させられた面は多々あります。それもまた経験になって行く

のかもしれませんが・・あんなに苦しみ辛い思いで10ヵ月も抱えて出産時の激痛や恐怖

に似た苦しみは男性には理解できないだけに親になる事は安易ではないのは当然なのに

何処かで道が分岐点を間違えてしまう事って大いにあると思うのですが・・(-.-)

言い訳に聞こえるかもしれませんが・・うふふふふ 自分の身に置き換えて迂闊に人の

ことは何とも言えないし、批判は出来ないと改めて感じた私事でありニュースでした!

※ベトナムニュース    <月刊スケッチ本参照>

◎子供のビタミン不足が深刻です・・

   *成人平均身長は35年間で4cmしか伸びていないと言います*

国立栄養院とベトナム栄養会によると、栄養不足の子供の割合は東南アジア3国において

[マレーシア、インドネシア、タイ]と比べ、ベトナムが最も高い。ビタミンA、B1、C

D、鉄分が不足しているベトナム人子供は50%以上もいるとの事です。

都市ではビタミンD不足の男児が50%、女児は58%あまりで農村では47%だそうです。

5ヶ月~6歳児の貧血の割合は農村で25%、都市部で20%。

ホーチミン市第2児童病院栄養科では1日約200人を診察するが、その内の半分は栄養不足

5%が肥満だと言われています。裕福な家庭の子供でも栄養が不足している例も多くある

のだそうです。

尚、タイや中国などの近隣諸国では平均身長が10年で2cm伸びているのに対し、ベトナム

では1cm、35年で4cmしか伸びておらず平均身長は男性164,4cm、女性153cmだそうです。

経済発展が進展して食生活も豊かになったベトナムですが、栄養失調児の割合が想像以上

に高いことに驚かされました。特に農村部で高く、貧しく満足な食事を与えられない。

あるいは保護者の栄養に関する知識不足などが原因にあると言う。

子供の栄養失調削減は国家目標の1つで大きな課題でありますが幼稚園や小学校での栄養

バランスを考慮したメニューや牛乳の導入、生後6ヶ月までの完全な母乳育児などが推奨

されています。日系等の外資企業による栄養知識の普及、バランスのとれた食事に関する

教育など企業の取り組みも盛んになってきているのですが・・残念な結果で「まさか?」

と思ってしまいました・・(@_@;)

確かに殆どの子供も大人も痩せた人が多いのは事実です。余り食べないのだと思っていま

した・・(;一_一)  解らないものです!何年も住んでいたのですが!

今朝も少し雲が多めながらも陽光は既に厳しい暑さを持って差し込んでいる浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/13(Fri)
またすっかり真夏日が戻って・・昨日も暑かった当地方です・・( 一一) 急な用事が

出来て、真昼の炎天下を出かけることになりました。その電車の中でのことです!

乗り換えが3つもあって、面倒なのですが全ての電車の〚層〛といいますか?雰囲気が

違うので本当に面白く楽しんでおりました!行きの最初の電車で私と同年齢かと思う

母娘が乗ってきました。少し間を開けて老婆を座らせて・・彼女は立っていた。

もう、少し詰めれば彼女も座れると思って見ていましたが小父さんが脚を広げて素知

らぬ顔をしていて「何だ!親子だもの座らせて上げればいいのに・・」なんて思って

居たのですが・・反対側の人が次の駅で降車して、彼女も座った。

余りジロジロと見るのは失礼だと思っていましたが、そのお婆さんはかなり口達者で

《大阪の小母ちゃん》でした・・バッグの中から真っ黒のカード入れ(手作り?)を

出し降りる準備をしていた所、その数枚のカードが全部出て膝とか車内の床に落ちた。

その時の娘は怖い形相で「何やってんの?アホか?未だ次降りるのと違うさかい、早

仕舞ういや!格好悪い」と声を荒げたんです。目の前です。驚きました・・(@_@。

お婆さんも負けていなかった「何いうてくさらす!わしが落したんじゃ!触るなと!」

言う返事を大声で返したんです。文庫本を読んでいた私の指が瞬間震えました!

そして、杖をついていたのは気がつかなかったのですが。その杖を支えに下に落ちた

カード数枚拾おうとした時、立った瞬間に揺れてお婆さんは転倒しそうになった!

吃驚して私は立ち上がり彼女の身体を支えて「大丈夫ですか?」と聞いたんです。

その人は「えろうすんません!お前が悪いんじゃ」って今度は娘と喧嘩を始めたので

カードも渡して席に座ったのですが・・お節介したのかも知れません・・(-"-)

普通なら娘も「すいません!」の一言があるのではないかと・・別に期待したりして

いた訳でも押し付ける気持ちもなく自然と身体が動いただけで、喧嘩を増長させる気

など皆無でしたが・・延々と言い争っていました!

凄く後味が悪く私が先に降りたので後のことは解らないが「知らん振りをしておけば

良かったのかも?」と奇妙な後悔に似た気分でした・・やれやれ・・余計な事だった

のかも知れません。また、違う電車では学生たちの集団と一緒の車両でした。

周囲等何も気にしないでゲーム器や、携帯を全員と言っても過言ではないほどに夢中

になっていました。何をそんなに話すことがあるのでしょうか?・・(@_@;)

友人が傍に居ても一言の会話もなく集中している姿は異常な光景に見えて・・不思議

でした!歩いて携帯している人もいるし、そこまでしなければならない何があるのか

理解の範疇を越えていると感じて見ておりました・・\(◎o◎)/!

今のところは1人で何処でも出歩くことが可能ですが・・身体も心も弱ってきて子供

に「ボロボロになるような言い方をされるのは惨めだなぁ!」「携帯ばかりしないで

友達とのおしゃべりは?」なんて感じた暑さの中の一コマでした・・(^_^;)

※ダラットで国立公園が一般開放されました・・

ダラットは時々書きますが、中部地方より少し南の高原地帯にあり、今でも新婚旅行

のメッカだし国内観光の最大の場所として栄えています。涼しくて高原野菜が美味な

街です。朝晩は毛糸の長袖でも「ぶるぶる」震えるほど肌寒い場所です。

ここが[ベトナム?]とは想像もできない涼感たっぷりの自然豊かな土地で薔薇の花の

栽培でも有名なところです。

◎日本の国際協力機構が協力の国立公園が公開されるようになりました。

総面積が約7万haもあります。 日本の尾瀬国立公園の2倍ほどもあるビズップヌイバ

国立公園はベトナム有数の自然保護区です。1923種の植物と422種の動物が確認され

ており、世界的にも貴重なものもあると言います。

今まではそれらを目にする機会は無かったのですが、2011年末より待望の一般公開が

開始された。整備には日本の国際協力機構{JICA}の協力がありました。

ダラットの自然を堪能したい方には3時間で回れるガイド付きトレイルコースがお勧め

だと言われています。展示品を手に取って鑑賞できるユニークな方式も取られている。

公園内の生態系や、環境、この地域に住む少数民族の文化についても学ぶ事ができる様

で楽しみが溢れている場所になりました。

未だ私も行っていないのでぜひ行きたい場所です。自然が素晴らしく樹木も多く流れる

川の水も澄んでいて美しい公園だと言う話です。

少し薄曇りの空模様ですが・・暑くなりそうな浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/12(Thu)
昨日は私事で、色々とお心遣い頂き沢山のコメント本当にありがとうございました!

心からお礼を申し上げます・・m(__)m 未だ立ち直ったと言う感じではないですが

外へ気持ちが向いただけでも親としては何も出来ないから喜んでおります・・( ^^)

中々受け入れ難く、私自身も切ないですし、心が千切れそうな哀感があります!

でも、亡夫の時には13年と言う歳月が掛りやっと人前で話すことも心の整理も着いた

のが現状でしたから・・時間は掛ると思います・・(-"-)

ま、彼女には婿が支えてくれるので・・何とか?克服してくれるとは思うのですがー

中学生の子供を亡くしたと同じだと言っていたので・・時間はかなり掛ると思います。

大好きだった父を亡くし愛犬を亡くした彼女の心情はいかばかりかと?本当に電話1本

掛けないで・・行くこともなく1年ほど音信不通状態でしたねぇ・・(--〆)

私の中にも種々様々な葛藤も思いもありましたが・・何をしても何を言ってもどうにも

ならないと思う気持ちが強かったのも事実でした!

さて好天に恵まれて沢山の洗濯物が乾きほっとしていますが・・午後からは矢張り気温

が高くなるので・・扇風機もクーラーも短時間は未だ必要な当地です。

※ベトナム雑貨

◎刺繍もの

元来が器用なベトナム人ですから刺繍は本当に綺麗ですし上手だと思います。幼い子供

でもその店の子であれば傍で見ていて覚えるのでしょう・・手早く順番に刺して行く姿

を見られる店は沢山あります。

材料は綿が多いですが、オーガンジーの様な薄い物にも袋ものやストールなどにも様々

な花や、草など・・人物等も刺しているのもあります。

軽いのでお土産物には最適かも知れません。私は幾つ購入したか?見当がつかないほど

お土産品として利用しました・・うふふふふ

高級レストランではテーブルクロス、テーブルセンター、テーブルマットまで揃えられ

ている店もあります。星付きのホテルなどのレストランでは、クロスの周囲には素敵な

刺繍が施されたものがあって・・それらを鑑賞するのも趣きがあります。

現在は“キッチンファブリック”と呼ばれハイクラスの観光客には人気があるとの話を

聞いた事があります。 一般家庭での使用頻度は低いですが・・(-.-)

最初の頃は有名ホテルなどでの食事も何度もありましたが、住む生活に変わるとそんな

高級レストランへは中々行けず{勿体ない!}が先立って、ごく庶民的な店に様変わり

したものです・・あははははは

日本では多分、殆ど無いと思いますが蓮の花の刺繍が数多あります。刺繍は仏刺繍とか

中国刺繍が多いのですが・・縁取りもされて綺麗な可愛い模様に出合うこともしばしば

有ります。2つの国の刺繍を巧みに利用した技術で独特の雰囲気を出しています。

繊細で、色彩感覚が異なるからセンスの違いには一寸驚かされます・・(@_@。

ベトナム刺繍の施された”キッチンファブリック”は想像以上に丈夫で、何度洗って

も糸が解けてしまうと言う事は今までには1度もなかったです。

和食器にも合いますし、使い勝手が良いのも特徴です。日本ではこれだけの刺繍をした

クロスや、センターはかなり高価になりますが・・ベトナムで購入すると想定外に廉価

で素晴らしい刺繍と柄、模様などの出合いがあるんです。

店も専門店がありますし目の前で刺繍している姿も見られる店もあり、言葉は出来なく

ても見ているだけでも楽しい気分になれます・・(*^_^*)

コースターなどは何枚有ってもいいですし、いろいろに工夫された袋物の種類も豊富で

小さなものから大きなものまで本当に種類は沢山あって・・選択するのに迷うほど。

クリスマスシーズン[と言っても真夏ですが]クリスマス用のツリーやベル、サンタや

柊の模様だったりトナカイなどもあって・・結構、出回ります。

季節感が余りないので、せめて部屋の中はクリスマスらしい雰囲気をと思うのは同様で

すが・・でも、あまり、普通の家庭では見られない・・裕福な家庭では、そして外国人

宅にはそう言ったお気に入りの”ファブリック”が登場します。

勿論、ツリーも電飾入りですしかなり大きなものもあって夜は部屋からその輝きがよく

みられたものです・・(*^。^*)

街中もクリスマス一色に染まり暑さの中でのクリスマスが開催されるようになった。

10年前に行った頃はホテルくらいでしたが・・現在はレストランから商店、街中にと

それは見事なイルミネーションが飾られて夜の街を彩り本当に美しく変貌しました!

その時期は『乾季』でかなり暑くなりますが・・楽しみでした・・(*^_^*)

色々なイベントが催されるのも興味があります。この時期にもぜひお出かけ下さい!

「暑いですが・・(#^.^#)」違った雰囲気のクリスマスに遭遇出来るかも知れません。

今日も暑くなるとの予報ですが・・昨晩は寝苦しい浪速でした。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/11(Wed)
ほぼ1年ぶりで娘と会いました!少々事情もあり可愛がっていた(子供同然)の白柴

が死んでしまったことも重なり・・ずっと外出できない心境だったようです。

子供がいない夫婦にとっては我が子同様で、何処に行くのも連れて行くという有様で

寝るのもパパさんが出勤した後は彼の枕で一緒に2度寝するようなわんこでした!

昨日、初めて色々な事をぽつぽつ話してくれて・・(@_@。

死ぬ1ヶ月前には全盲になっていた事や、耳も聞こえなく何処でも粗相するようにな

っていたそうです・・(><;)その度に布団やシーツ、色々なものを毎日洗濯した

り処分する日々だったと半泣きで話してくれました。 私は絶対泣くからと殆ど教え

てくれず、葬儀にも最期にも会えなかったのが辛かったけれど・・(;一_一)

繊細な子なので・・それなりの考えがあるのだろうと思い全く触れずに連絡もなしで

過ごしてしまった。先ず家から出る事がなかったようで・・ペットレス状態だった!

本人も最期は解らなかったようで眠っていると思っていたらしく、2時間位気ずかず

慌てて病院へ連絡したと言う。先生が飛んで来てくれたそうです。友達も沢山お花を

持って駆けつけてくれたようで・・賑やかに送別出来たとの事でした。

保険をかけたり葬儀費用等も準備していたと言う。夫婦だけで葬儀をしたそうです!

どんなに辛かったか想像できる・・(-"-) 私も掌に乗る位の大きさでやって来た時

から娘が余り丈夫ではなく絶えず散歩や、留守番を頼まれ預かったこともあり可愛が

っていたから・・会いたかったけれど仕方ないと諦めていました。

夫婦で乗り越えていくより仕方ないからで・・どんな慰めも言葉も心から伝えたいと

思っても、死別の苦しさは体験している! 何も言わないで考えず時間が経っていく

ことばかり祈っていたんです。

その話はタブーだと思い一切話には出さなかったのですが・・漸く話す気になったの

でしょう・・(-_-メ)

    ”沢山の心の葛藤と闘って来た様子に心が傷みました”

でも、何とか?頑張っているようなので・・先ずは一安心しました。 心配して東京

からも大学時代の友人が来てくれたりとちょこちょこ間で色々な人の支えがあった事

も有り難く彼女の友人の多さに驚いていました。母親はも、力もなく近いだけにただ

手を取り合って泣くだけの慰めは必要なかったのだと・・昨日、連絡しなかったこと

が良かったのかも知れないなどと考えていました。先日、突然に親友の結婚式がある

ので、パールのネックレスが欲しいと言う事でした。

彼女が20歳になる時に出来上がる様に余り大粒ではないけれど品質のいいのをずっと

揃えて上げているのですが・・矢張りもう少し大玉が欲しいとか言ってきたのです。

大玉は札幌で世話になった人に上げてしまって無いのですが、処分を考えていたので

バロック{少し歪んだものとか様々に光沢が出るもの}などが好きで未だ3つ持って

いたので、それとかプラチナのネックレスや時計などを全部貰ってもらった!

本当は私の物は何も要らないと言われていたのですが・・この際だと思い後のこと

はどう処分してもいいからと言って殆ど未使用の品ばかりでしたが持って行った。

全部見ていたが・・少しは心が動いたのか?持って帰ると言ってくれて安心した!

全く羞恥に耐えない・・そんな愚かな生活をしていたのかと思うだけでも恥ずかしい

です・・(^^ゞ  贅沢ができた時代だったのだと思います。

今は何も要らないのです!こんな時代が来ることの予想もできない馬鹿でしたねぇ!

変化したものです・・はははははは そんな物有っても自慢にもならず愚鈍さだけを

見せている感じがして早く処分したいと考えています。

嫁にも随分あげたのですが、彼女は家族や母親に殆ど取られるようで・・うふふふふ 

大抵は姉たちや母親に行くようです!

最初はがっかりしていましたがベトナム人は長子や母親には逆らえないのが当然の国

ですから・・母親が欲しいものは娘でも息子でも買わねばならないのが普通です。

勿論、小遣いも両親には長子から渡しますし、欲しいと言われるものは無理してでも

買うみたいです。日本と違って年上の影響力はかなりのものですから・・下に行く程

力関係が弱く逆らうことができないみたいです。

ベトナム人と結婚する日本人男性は長女は避けた方が良いとまで言われています。

全ての家族の面倒を見る事が義務の様になってお金がない夫は資格がないような扱い

を受けるから大変です・・あははははは

ま、こんな状態ですから結婚すると女性は猛烈に強く、逞しくそして嫉妬深くなって

行きます。見ていると面白い位、お金のない男性は嫌われるのです・・家族から・・

すると段々と居場所がなくなって行くのが男性なのです。 日本の習慣で夜に飲みに

行く事も付き合いがあることなどはどうしても納得できない国民気質があります。

酷い女性は会社や付き合いで仕事の話をしている場所まで押しかけてくると言います。

     *国際結婚は面倒で恐怖みたいです・・!(^^)!*

昨日は歩いていて暑かったです。また真夏の様に日差しも強く地下にもぐっていた!

全て彼女が支払い食事も色々な小物まで買ってくれた・・本当に久しぶりだった。

今朝は早くから太陽が元気で洗濯物に降り注いでいる浪速の朝です。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/10(Tue)
最近の病院は“予約制”が多いのでしょうか?それもPCからや携帯からの予約方法で

順番が取れるようです。 私はご承知の通り{アナログ人間で老化した頭をフル回転

させながらPcを弄っている体たらくですから}そう言う音声ガイダンスによる予約や

買物、依頼事には疎く・・凄く面倒で大嫌いです・・(・_・;)

若い人にはそう言う方が「喋らなくて面倒がない」と思われているのかも知れません。

だが、お婆としては「直接、声を聞き反応が解る方が何故か?安心します」・・(-_-)

そんな中、昨日は病院へ行きました。勿論、電話で予約入れて・・あははははは

所が誰もいない広い待合室は閑散として・・「先生△△さんが来られました」と言う声

に休憩でも取っておられたのか?先生が部屋に入ってくる音がした。

普段通りに看護師(ようやく慣れた看護師と言う言い方){看護婦さんでは駄目なの?

しょうか?}が血圧を測ってくれて、直ぐ診察室に呼ばれた。大した病気ではないのだ

けれど長年飲んでいる薬などを少し減らそうと言われた。

「精神的なものだし、段々減らして行きましょう」と嬉しい話で直ぐに終わった!この

病院は調剤薬局が遠いのか? 昔風にその病院内で薬が出されるから簡単に終わるの

も有難いことだし、気に入っている。時間のロスがないのはいいと思う。

大和川は先日来の雨のせいでしょうか?水量が少し増加していて何時もは河原や中洲

が見えるのですが・・水量はさほど多くは無いけれど緩慢に流れていました。

先月の猛暑時には夏草が壮絶に繁茂していたのですが・・昨日は殆ど刈られていた!

秋の花と言うのでしょう・・薄や萱の種類が刈られた後から既にニョキニョキと伸び

あちこちに穂の出ているものも幾つかあって・・その生命力の逞しさに圧倒された!

家に帰る土手の階段では誰も手入れしないから伸び放題の草が鬱蒼として、石の階段

を半分位蔦が伸びきって覆っていました。 ブタクサなどは被れたり、アレルギーの

有る人には困るだろうと思いながら・・そこが一番、家までのショートカットなので

通過してきた。かなり日差しも強く夏が戻った感じでしたが・・空は矢張り秋の色を

しており、あの強烈な暑さや豪雨が嘘のように感じた・・(-.-)

※ベトナム人の誕生日

日本での感覚ではなくベトナム人にとって誕生日は特別なのです。そして、とびっきり

の日でもあります。誰もが主役で特に幼い子供には素晴らしい日になります・・( ^^)

日本と全く違う点は本人が企画してパーティをすることでしょうか?友人や親族を呼び

ゲストとして迎え祝って貰うのが普通のバースデーなのです。

だからそれに掛る費用は全て本人が自腹を切ることでも有名です。当事者が企画を立て

ゲスト、好きな場所、好きな食べ物を選択する事ができる。

ベトナム人にとっては1年に1度のバースデーは無事に1つ年を重ねたご褒美でありそれ

を披露する事なのだと思います。

◎ベトナムの誕生日ケーキを少しご紹介します・・<スケッチ本参照>

○ティラミス

エスプレッソの風味などすべての素材が目立ちすぎないバランスのとれた味が自慢だと

言われています。見た目も上品な感じがします。サイズはS、M、Lがあり種類によって

値段が違いますが凡そ4000円位です。

○レアチーズケーキ

とろける舌触りと底のサクサクのクッキーが絶妙なケーキです。オーナー自身が作る事

が多いようで何処か懐かしく落ち着いた洒落た感じのケーキです。

値段は凡そ1700円程度から・・

○ストロベリーピザ

温かいピザ生地とフレッシュなフルーツにより新しい味の世界を見せてくれるケーキ

で、サワークリームの酸味がさらに両者の組み合わせを印象ずける。

アップルピザもあり、ストロベリーとのハーフ&ハーフも人気だそうです。

値段は1000円位からで予約は2日前から必要だと言います。

○ミコラゾン

底に敷かれたスポンジにアイスが染み込み始めたころが食べごろのケーキです。

1つ1つの味の主張が良く感じられるのは100%ナチュラル素材を使用しているから!

味は5種類ほどあって4000円程度から・・宅配はドライアイスを入れてくれる。

8時間前までの予約が必要だそうです。

家族が多いベトナムでのバースデーは凄く賑やかです。ゲストが多いとその盛り上がり

は半端ではなく騒々しい・・(@_@;)

勝手に食べてプレゼントやお金を封筒で渡し、各々、自由に帰って行くのもベトナム風

です。子供はお洒落してひらひらのドレス姿が多いのも特徴でしょうか?

大人もドレス姿の人もいますし、そこまではしなくても美容院へ行ったりマニキュアや

それなりに着飾るのが通常でしょうか?

日本とは全く異なる風習なので面白いです。レストランや家庭の庭に沢山のテーブル

や椅子を出して準備する家もあります。ホームパーティにしては人数が多いかも?

誘われたら是非とも何かプレゼントを持って出かけてみるのもベトナム人を知る機会

になると思います・・($・・)

お花も結構喜ばれます。花は薔薇が安価ですから束やアレンジ籠でも日本では想像も

できないほど廉価で沢山の薔薇が手に入ります・・(*^_^*)

今朝は曇り空で風のない少し薄暗い感じの浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/09(Mon)
「なーんだ!やっぱり雨?」なんて思ってがっかりしていましたが・・思ったほどの

酷い降りにはならなくて・・買い物にも傘をささずに往復出来た。

本当は大きなスーパーで野菜を調達するつもりでしたが・・空模様が怪しく重くなる

と傘を差して両手の荷物は歩けないから・・近場で我慢!

以前は殆ど運動も兼ねて毎日のように出かけていましたが・・最近は週2回になった。

色々と頭の中で献立を考えて購入するのですが・・結局のところは余ったり想像して

いた総菜が作れなかったりすっかり変化していることも度々です・・うふふふふ

ま、外に出ない分、部屋の中で歩き回ったりストレッチをする回数が増えて腰痛になり

遣りすぎを感じている”程度”が解らない人です・・あははははは

幸いにして身体が柔らかいので・・無理するのかも知れません。{年寄りの冷や水}に

ならないようにしなくっちゃ!

※ベトナムの豆知識(法律)       <SKETCH 参照>

◎余り知られていないインターンシップ制度の法的評価

最近は外国人を含むインターン生の受入れが増加している様ですが、現実は結構面倒な

法的問題を抱えているのだそうです。

例えば、大学の掲示板で〚今、話題のベトナムで東南アジアの明日を担わないか?〛と

言うよくある募集広告を目にしたとします。その人を仮にSさんとします。

Sさんは実際にベトナムに来て、充実した時間を過ごして4ヶ月を過ごした頃、突然当局

から国外へ強制退去処分を下されたのです。こんな例は数えきれない程あるそうです!

インターンシップの形態は企業によって様々で、法的評価は多種に及びケース毎で変化

すると言われているからです。

研修的要素が強い短期間の場合概ね問題になることは少ないようですが・・(-"-)

ただ、雑務を含めた業務を担当させたり「正規雇用よりも大幅に少ない勤務日数である

雇用」と評価出来る場合は問題が発生する可能性が大だそうです。

また、無給もしくは極めて低廉な給料で研修を超える労働を担わせると、個人所得税の

納税義務を等しく負う外国人労働者として、課税対象給与の不存在を立証し、税務当局

の承認を受ける事が非常に困難になるということらしいです。

一寸ややこしいかも知れませんが要するに〔美味しい話は殆どない〕のが事実です。

またベトナムも職場で女性に「少し太った?」なんて男性が聞く事も大きな問題です。

ちゃんと〔セクハラ〕の法的な対象になるそうですからご用心下さい。

◎ベトナム料理〈フーティウの食べ方〉

フーティウの名店は数多ありますがどれもかなり高いのが難点です。ベトナムの麺類

は凡そ150円~位が相場です。ところがこれは250円位が普通なのです。

そんな中で路地裏にある名前も無い露店で思いがけなく安価で美味しい店を発見する

事があります。汁無し麺〈フーティウホー〉を味わえる店が時にはあるものです。

この〈フーティウホー〉を食べる方法が何種類かあるのでその事をご紹介します。

セオリー通りにまずはそのまま頂くと、中華ダレを彷彿させるやや洗練されたタレに

絡んだバリバリ硬麺と大蒜チップやゴロゴロのひき肉が美味です。

最初から入っているセリも爽やかで、既にこれで完成状態ですが・・ノコギリソウと

ベトナムミントを追加すると爽やかさが倍増します。

次は旨味を引き出すためにライムを絞って投入する方法があります。別皿にスープが

付いてくるので全部食べ尽くさないで残しておく。 次はネギとニラの刺激とともに

スープに入ったおおぶりの柔らかいすね肉を堪能する。複雑に味わいが絡まった麺に

味わいを楽しみながら少しづつスープを入れて行き、最後は全部を投入して味が纏ま

った段階で一気に食す。海老や鶉の卵も入っているのですが・・好みで・・(#^.^#)

ま、食べ方なんて人それぞれですからどうでもいいのですが一応食し方があるみたい

ですから〈フーティウホー〉を食する機会があればこんな方法で食べてみてはいかが

でしょうか? あくまでも参考までに書いてみました。

**因みに〈フーティウ〉とは米粉から作られた白い乾燥麺。 本場はカンボジアと

  言われています。南部ではベトナム料理として定着しています**

沢山の種類がありますが以前にも書きましたので簡単に・・

①フーティウホー

前記したもので乾燥麺を湯通しした麺の上に豚のすね肉、大きな海老、小海老、香草

ネギなどが載せられているものです。別皿でスープが付いてくる。

②フーティウナムヴァーン

これは本場プノンペン風と言われています。甘めのスープに海老、レバー、豚肉、鶉

の卵が入った具沢山の汁麺です。春菊、茹でたもやし、ライムを絞って食す。

③フーティウサ―オ

魚介類や肉、香草を色々入れて炒めた麺であんかけではないのですがこってりした味。

こんな所が有名でしょうか?

また色々なベトナム料理もご紹介します。参考になれば嬉しいです・・(^v^)

やっと朝日が薄黄色く上昇してきて{晴れの予感}を象徴しているかのような青空に

変化した浪速の夜明けです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/08(Sun)
お巡りさんがやってきた!住所と住民確認だとの話でした。1年間も放置されていた訳

で仰天した!{市からは色々な勧誘}があるのに「警察では住民の把握は1年も知られ

ていないのですねぇ」って嫌味を言ってしまった。 ベトナムでは大家が大抵は直ぐに

公安に連絡するようで(外国人だからかも知れないが)住んだ場所では必ず数ヶ月か早

い内に家までやって来て名前や国籍、パスポートを調べにきていました・・(-.-)

当初は公安にもチップとしてお金を支払うと言われていたのです!・・その頃の日本人

は大方がそうでしたが何故か?私は支払うことなく済んでいてベトナムでは1度も支払

った事がなかった!何度も引っ越ししたが、きっと運が良かったのでしょう・・( ^^)

脱線しましたがお巡りさんは「ここは6年間空き家だった」と言い、鉛筆書きで前の人

の名前が書いてある場所に住所と名前、生年月日を書いた。新しい場所ではなく以前に

棲んでいた人の名前の上に書かされて・・気分はあまり良くなかった・・(-_-メ)

親切なのか?暇だったのか?きつい事を言ったせいでしょうか?・・「車に乗っていま

すか?」と聞かれ「免許証は去年に更新せずで破棄」したこと。本当は海外にいた事由

があれば講習を受ければ継続できると言われていたのですが乗る機会もこれからは特に

無いだろうと思ったし、身分証明だけなら必要ないと思ったからです。

矢継ぎ早やに質問されるのです「自転車は?一時帰国の予定ですから乗る積りはない」

事など話した「ここから駅まで遠いでしょう歩いているんですか?ええ、今のところ足

は大丈夫なので、何処でも行きます」「ここは地形がややこしくて大変でしょう!この

辺り解りますか?お陰さまで随分迷いながら歩いたせいで覚えました」など・・そして

最後に家族の話がでて緊急時連絡と「オレオレ詐欺が多発しているので気を付けて・・

自分は絶対大丈夫と思わないでください」と言われた。

「うーん、納得はしたが複雑な心境」でもあり、何時もだが目が悪い性にしている訳で

は無いのだが必ず公式に書く場合に場所を間違えて書く人で、昨日も緊急連絡先の順番

を間違えて書いた・・(-_-メ)

思いがけなく沢山お喋りをして・・15分位は居た感じでした。奥のお婆さんの移動は知

っていたのには吃驚した!「もしかしたら、引っ越したら届出を提出するのな?この地

では?」なんて考えていたのですが・・郵便局や銀行カード類、生活に関する事は全て

手続きはしている。勿論、市への書類も全部済ませているのに「この1年間誰が住んで

いるのか?何も解らないなんてちょっと恐怖だと思いました」・・><”

       *そんな風に考えるのって私は変なのかな?*

それだけ平和なのでしょうねぇ・・かなり驚きました・・(@_@;)

※ベトナムコラム  ”食事の大切さ”    <アットサイゴン紙参照>

◎栄養と感染症

呼吸器や消化器感染症の人が多いベトナムです。健康な人は細菌やウイルスなどから

身体を守る免疫を持ち、免疫が低下した時に感染すると言われています。

唾液中のリゾチームや免疫グロブリンA(igA)など、口腔内に生息する多くの菌が外

部からの菌の侵入を阻止して闘っているのが普通なのだそうです。

口腔内防御にはビタミンAや鉄などが有効だとされています。一方、器官では病原体

の侵入を防ぐ物質を分泌します。

粘液が侵入した異物を取り込み、咳や痰として対外に排泄します。  粘膜防御には

ビタミンAやコンドロイチン硫酸が有効だと言われています。 また胃では、胃酸が口

から入った病原体を殺し、大腸内では善玉菌が腸内細菌層を作り、外から侵入する有害

な菌を生息させないように排除するようです。

腸内の免疫強化にはビタミンA、ミネラル、ファイバー、フラクトオリゴ糖、乳酸菌等

が有効です。栄養学的な風邪予防は=免疫力アップの栄養素にはタンパク質、アミノ酸

グルタミン、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンE、鉄、亜鉛、ビタミンB、オリーブ葉の

エキスなどが挙げられています。特に、ビタミンAは感染予防の味方なのです。

濃赤・緑黄野菜・ブロッコリー・ホーレン草・クレソン・鶏・豚レバー・うなぎなどに

は沢山含まれていて、亜鉛、ビタミンE、タンパク質と一緒に摂取すると吸収が高まると

言われています。食事の大切さはこの話からも想像できると思います。

【人間の身体は凄いですねぇ!自然とそう言う働きをしているのを改めて感じました】

この様な話は日本では常識ですし、知らない人の方が少ないかも知れませんがベトナム

ではようやっと、庶民生活の中にこんな情報が入って来ているのが現況でしょうか?

バランスよくこれらを摂った食事が健康を保つ秘訣ではないでしょうか?

帰国して何に1番驚いたか?と言えば、健康志向の高揚とサプリメントや健康食品のCM

の多さに吃驚したものです・・(@_@。 今は慣れましたが・・ベトナムでは現在は未だ

殆どサプリメントのCMは無く歯磨きのCMや外国製の化粧品が流行していました。

後は食べ物が多かったでしょうか?

その意味では日本は矢張り1歩進んだ国だと言えると思いました・・(*^_^*)

薬局でも多種多様のサプリメントが並んでいます。どれがいいのか?何に効果があるの

か?手に取ってみなければ殆ど理解できていない私です・・(-"-) そして、栄養剤と

してはビタミンA以外は何も摂っていませんが・・ま、年齢的な老化による縮小は防御

出来ませんが・・あははははは まず元気ですし、サプリに依存していないのも事実で

それは有り難いことだと思っています・・(^u^)

たった1日だけの晴れ間で青空を見せた空・・「戻ってきてーー」なのに・・今日は朝

から音を立てながら雨が降り続いている浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/07(Sat)
1週間ぶりでしょうか“秋日”を感じたのは・・(#^.^#)朝の肌寒さも日中の日差し

も身体中で{日本の秋}を感じておりました!適度に暑く、適当に風が爽やかな日に

なって青空も「お久しぶり!」って声をかけたい気分でしたねぇ・・うふふふふ

暮れない夜がないように雨が上がらない日は無いとか言います・・心待ちにしている

分過ごしやすく気分のいい日になりました・・幸せ・・(●^o^●)

ただ、秋の夕暮れは早く、空を包んでしまいたいほど急かされている人生を身に感じ

ておりましたが・・(-.-) 過ぎゆく時間は止める事が出来ない・・「あーーあ」

※ベトナム料理店のお店2店舗をご紹介します。 <ベトナムスケッチ参照>

◎ホーチミンで1ヶ月に1度インテリアが変わる店として有名です。 植物に囲まれた

店内での食事は落ち着きと優しさと癒しを同時に味わえる人気の店です。

①テイーコーヒーツリー

ベトナム語で〔富を得る、財産を手にする〕と言う意味を持った植物=カイファット

タ―イが飾られていることでもよく知られた店です。

一歩、店内に入ると、壁一面や店内の至る所に植物が置かれていて、清々しく涼しく

感じます。店のオーナーのアイデアで生まれた同店は『木の壁』をイメージして作ら

ています。インテリアはどれもゴージャスで月に1度は入れ替えると言う拘りを持った

店でもあります。”植物だらけで吃驚されるかも?”そんな店です・・うふふふふ

料理はビュッフェスタイルで凄い数の日替りメニューが並びます。凡そ500円位からで

すしベトナム料理だけではなく中国料理もあります。料理が並んでいる場所を見て回る

のも楽しみですが・・中には「どうやって食べたら?」なんていう物もあります!

ビュッフェ以外で注目したいのはドリンクの豊富さでしょうか?

ベトナムの伝統的な飲み物[チアシードのジュース][サケフルーツジュース]がある

のですが・・生憎私は飲んだ事がありませんので理解できていません・・<(__)>

個人的には飲み物はどんな場所でもビールでしたから・・(*^。^*)

[ライム&レモングラスティ]はすっきりしていて女性には好評です。普段は風邪引き

の時に好まれて飲むのですが・・( ^^) この店のは美味です!

特に金曜日の夜にはベトナム人アーティストにより生ライブがありますので素敵な店内

で楽しい時間をお過ごしください。かなり知られた店ですし、ベトナム料理の数も多く

美味しい店でそれほど高くないので安心して召し上がれると思います。

②エインシェントファイフォー

ここは中部ホイアンにある店です。築160年を超える重厚な旧家屋で、奥行きが広くて

中庭を持つホイアン特有の建築様式の店です。日本では京都の町屋に少し似ているかも

知れません。時には使いにくくもあるそうですが・・(@_@。しかし、その造りを上手く

活かして、バー、カフェ、ギャラリーコーナーなども揃っています。

2Fには個室とダイニングルームがあり各々の個性を持たせて使い分けしてしています。

料理も繊細な仕上がりでホイアン名物の〈カオラウ〉は凡そ500円程度で様々な食材の

味や食感が楽しめます。ベトナム料理は大体が大皿に盛った料理が多いのですが、この

店では仏料理の様に彩りも見栄えもよく盛り付けられて出てくるので・・目にも美味し

さが加わってくる感じがします。

特にこの店では〈魚介の伝統的土鍋煮凡そ900円〉はぜひご賞味ください。味が染み込

んでしっかりと煮付けられた魚介類の味が、茹でご飯とよくなじんだ一品です。

上品な店内と料理はまるで昔のベトナム貴族感覚が味わえるのではないでしょうか?

是非中部にお出かけの機会がある方は立ち寄って頂きたい店です。

少しづつ色々なベトナム料理を前菜で頼むことができますので楽しみです・・(#^.^#)

時々はベトナム料理店の有名店や珍しい店、開店したばかりの店などもご案内します。

ガイドブックにはない店が多々有りますので参考にして頂けたら嬉しいです。

ホーチミンにだけしか住んでいなかったのですが情報は沢山ありますので、これからも

出来るだけ多くの料理や情報を種々様々な分野もご紹介出来たらと思っています。

今朝は昨日の青空が消えてまたぞろ曇天で薄暗い夜明けになった浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/06(Fri)
帰国して1年経ったが・・去年はこの地の異常な秋祭りに翻弄されていましたねぇ!

また、そろそろその時期が来るのだろうと思っているのですが・・地区会館の前には

寄付者の名前が貼り出されていました。 毎年、たった1台の小さな山車を担ぎ回る

だけの催事に他に何か?ないのかしら?と考えたものでしたが・・寄付をしてくれた

人の家の前で山車を高く上げて、それで何度も周辺を行ったり来たりで終わるという

到って素朴、且つ単純な祭りなのです。練り歩くだけだから・・(@_@。

正直、何が面白いのか見当がつかないが・・これがこの地の伝統になっているのかも

しれません・・(-.-)

大阪でも有名な{河内音頭}がある地区なので盆踊りが盛んだと勝手におもいこんで

いたのですが、夏祭りも何処にもなくて・・公園も神社でも音楽さえ聞こえて来ない

夏でした・・きっともっと違う場所でしていたのかも知れませんが・・(^_^;)

踊りたかったし覚えたかったのに・・残念です・・><;この地以外の日本にいた頃

は必ず今までは近場で盆踊りがありました。浴衣に着替えて・・誰も見知らぬ人の中

に入って一踊りするのが私流だったのですが・・( ^^)

    {も、何年も盆踊りにも行けていないなぁ・・( 一一)}

日本の風習が懐かしいです。どうもこの地は花火の方が有名なのかも知れません!

昨日は思ったほど天気は回復しなくて朝の内、青空が見えたので早速洗濯したのに

干してから直ぐに雲が広がってそれからは殆ど曇天で陽光の輝きは無く夕暮れが早

い1日でした。

 *関東、中部方面は随分集中豪雨があったそうで”お見舞い申しあげます”*

☆カンボジア{プノンペンから} <マガジンクロマー参照>

◎カンボジアの医療事情について・・

ご承知の通りカンボジアの首都プノンペンで、日本人初のドクターとして活躍されて

おられる奥澤ドクターの話をご紹介します。

湿潤療法の基本は『傷口を消毒してはならない』と言われます・・(@_@。 

日本でも現在、私など今でも『怪我をしたり傷ができたら即、消毒する』事が普通に

なっていて、消毒薬を塗ったり、吹きかけたりしています。カンボジアでも同様だと

言われています。しかし、ドクターは「これは大きな間違い!百害あって一利なし!」

だと・・なぜなら人間の皮膚や粘膜には善玉の《常在菌》が存在する。この《常在菌》

が、悪玉である病原菌の侵入を防いでくれているからだと言われるのです!

例えば、皮膚には表皮ブドウ球菌と言う《常在菌》がいて、皮脂の脂肪酸などを分解し

て弱酸性に保っているのだそうです。

殆どの病原菌はアルカリ性の環境を好むので、表皮ブドウ球菌がいる弱酸性の皮膚には

棲みにくい環境なのだと言われます。

人間と《常在菌》は、いわば〔共生〕の関係にあり《常在菌》のおかげで皮膚や粘膜は

病原菌を防ぐバリアを張っているのだそうです。だから、消毒は《常在菌》を殺しこの

バリアを破壊する行為に他ならない。

ごく、普通に考えて「消毒は病原菌を殺すのだから必要ではないの?」と思いがちです

が・・どうもそれが間違っているようです・・(-"-)

一回の消毒では病原菌は殺しきれないそうで、何度も行うと、人間の細胞や《常在菌》

は毎回死ぬようですが、病原菌は次第に抵抗力を身に付けて強くなると言います。

そして、病原菌が優位となって化膿するのだそうです。面白い例を挙げておられるので

そのままご紹介しますと「これは戦地(傷)で爆撃(消毒)をしたら味方《常在菌》が

死に、敵(病原菌)だけが生き残った」と言うかなり間抜けな話と同じです・・と。

では『傷』はどのように扱えばいいのだろうか?と言うとただ、単純に水で洗い流す事

だけでいいと言われます。人体は損傷を受けないし、これだけで病原菌は洗い落とされ

れるが直ぐにまた、元に戻るから大丈夫だと書かれていました。

何だか今まで考えていた『傷口の手当』が駄目だった不思議な感じがして・・(@_@;)

そして何となく納得がいかない気持と、説得のある〖自然治癒的〗な思考にかなり影響

を受けた気がしたもので・・書いてみました。ほんの些細な『傷』でもそこからバイ菌

が入ってくるような感覚がずっとあったもので・・(-_-;)驚いた感じがありました。

然しながら、考えたら確かに現代人は病気に異常反応を起こしている感覚がありますし

薬も沢山飲みます。副作用の恐怖もありながら飲むとどこかで安心感があるのも事実で

はないでしょうか?

大した『傷』でなくても大騒ぎしたり消毒をするのが当然のようになっていますねぇ!

その事を思うと荒療法の様にも取れるこの話には妙な説得力がある様に思えたのです。

久し振りに青空が戻ってきた浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/05(Thu)
「もー本当に昨日は驚きましたねぇ・・\(◎o◎)/!」 雷鳴やら、激雨、強風など

台風崩れの悪戯で酷かった関西でした!その数日前から秋雨前線の影響とかで、ずっと

雨が降っていたから尚のこと・・その上TVでは何度も繰り返し竜巻や、豪雨、土砂災害

の警報がひっきりなしに出されて・・嫌が上にも脅威を感じる気分でした・・(^_^;)

幸いにして、雨は劇雨が何度か通過して、叩きつけるように降り側溝も満水状態でした

が溢れるほどではなく、浸水もこの近辺では無かったようでした。

「これでもか?」と降り続ける雨を見ながら「地球はどうなっていくのかしら?」とか

こんな異常気象は今まで過去に経験がないことに気が付いて驚愕するばかりでした!!

大自然の前での人間の無力は想像を絶します。関東では竜巻が昨日も起きたようですし

「空はどうかなったの?」と問いたい気持ちでした・・(@_@;)

ここは2Fだから浸水の心配はしていなかったのですが古い建物の中だけの改装だから

竜巻や地震には耐えられないと思います・・(><)”空の怒りが収まって欲しい”

※ベトナムで落語を・・  <ベトナム航空誌参照>

不思議な感覚を持たれるかも知れませんが、よくご存じの立川志の輔氏がも、5年間

も毎年ホーチミンで独演会を行っておられます。その話は以前から聞かされていた!

でも、大抵はチケットが取れなくて行けなかったのが事実でした。日本でもチケット

が取れにくい落語家としても有名ですが・・ベトナムでも買い占めるのか?取れない

のが現実でした・・(@_@。

どうして、彼がベトナムで落語をする事になったのか?は「在ベトナム富山県人会」

からの要請とラブコールがあったからだと言います。 最初の頃は大変だったと思い

ますが・・私が知ったのは2年ぐらい前でしたから・・その頃は既に満員でした。

彼曰く「ベトナムでの落語は何より準備に疲れる」と言います。何せ設備の整わない

会場で、言葉が通じないスタッフに芸能の空間を作って貰う事は至難だったそうです。

当初はお客さんも少なく、自分で準備したそうです。 その頃は催しがあることすら

知らされていなかった・・(--〆)

帰国した去年で5回目だと聞いたのですが・・生憎出かける事はとうとう出来ず・・

ベトナムでは聞く機会を逃してしまった・・(-"-)去年の会場はオープンしたばかり

の〔ホテル・ニッコウ・サイゴン〕でした。凡そ600名の入場者で満席だったと言う。

〚ハナコ〛〚俎徠豆腐〛等の新作。古典落語のほか、長唄、三味線、マジックなども

披露されたそうで約3時間の公演になったと言われています。

「海外公演では初めて落語を聞く人がかなり多く、客層が日本とは全く違うので日本

では笑うところでも全くウケなかったり話の中の言葉が通じなかったり、弟子たちの

良い刺激になり勉強の場だと氏は言います。

彼はアメリカや、メキシコでも公演をしているようで経験豊富な氏だが、定期公演は

ベトナムが初めてだそうです。その盛況ぶりで、シンガポールからもオファーが来て

公演する事が決まったらしいです。

「毎年来るので、今ではベトナムはとても近い国になった様で、生まれ育った故郷の

商店街のような穏やかさを感じます。人と人が近いと言いますか?凄く幸せを感じる

と言います・・(*^_^*)バイクで4人乗りで笑っている家族の姿を見ると日本は何処

かで間違った方向へ行っている気がする」って思うそうです!

だからこそベトナムに魅了される人々の気持ちが理解できると志の輔氏は言います。

「日本には700名近い落語家がいますがホーチミン市でしてくれませんか?」と言わ

れる落語家は中々いません。 その中でアンタでなきゃ駄目だと言ってくれるならば

そこが私の落語をする場所ですから・・(#^.^#) ベトナムで頑張っている日本人が

多いことも嬉しい事実ですし私もできる限り応えていきたいと意気込みを語ってくれ

た志の輔氏。 そんな話が掲載されていて・・ずっと心の中で知りたかった事や観に

行く事ができなかった事が解けていくようで・・珍しいので書かせて頂きました。

有名人ですからご存じだとは思いますが氏のプロフィールなどを少しご紹介・・

富山県生まれ。 大学卒業後広告代理店勤務を経て、立川談志門下に入門。1990年に

真打に昇進。文化庁芸術選奨文部科学大臣賞他受賞多数。 古典から新作まで幅広い

レパートリーを持ち〈志の輔らくご〉と銘打った独演会を各地で開催されている。

ベトナムへは2008年から毎年開催されるようになった。丁度、私が渡越した年からで

全く知らなかったのです。その後になって本で知る機会を得たのですが、残念ながら

ベトナムで聞くチャンスは無かったのが心残りです・・うふふふふ

今朝は昨日大暴れした空が静寂を取り戻し、曇天ですが・・何やら少々お疲れ気味で

じっと鎮座している感じかな?愛敬を見せながら青空を覗かせ始めた浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/04(Wed)
世の中には種々様々なサークル活動があり、大きな団体から・・数人までの人々が

懸命になっています。先日も少し書きましたが、或る年齢になると1人暮らしの人は

何かのサークルに入るように{市}からの通達があるらしく凄く傲慢で感じの悪い

老夫人がきて吃驚したのだが・・(@_@。 昨日、雨の中を濡れた2人の主婦が△△

宗教の入会を勧誘に朝の6時半に来たのには・・流石に吃驚しました・・(@_@;)

「家庭も持っておられるであろうと思うが・・どうしているのか?」先ずその事が

頭を過った・・(@_@;) 「私の様に早朝起きで全部済ませて出てきているの?」

ま、鄭重にお断りしたけれど、こんな時間帯に来ることの意味をしばし考えていま

した。通勤や通学の家庭では食事の準備時間だろうし「主婦が多忙な時間ではない

のかしら?」なんて・・昔の自分を懐古しながら思い出していた。熱心なのは凄い

と思うけれど「貴女には神様が守って下さいます。是非この機会に入会を・・」と

言われた。口さがないその様子に心頭している姿を見て・・心が騒がなかったとは

言えない!この雨の中をずぶ濡れで誘因しなければならない彼女たちの人生をふと

感じたからです。色々な人がいます!思考も生き方も信じることも全て自由です!

そう言う人がいる事を問題視する事もなく生活の流れに浸透して瞬時で忘れて行く

のだと思いながら「彼女たちの背後にある生活はどんなのかしら?」なんて思って

おりました・・(-_-)そこまで熱中できるその[力]にも不思議感で一杯でした!

※ベトナムトピックス・・  <ベトナム航空誌参照>

①タンロン城地下の秘密基地作戦司令部が一般公開されるようになった・・

タンロン城はハノイです。ベトナム戦争中、24時間体制で軍事情報を収集・分析し

空襲警報も発令していた国防参謀本部作戦局です。

その指令部はユネスコ世界遺産に登録されたタンロン王宮の地下壕にありました。

2010年の建都1000年祭を記念して一時的に公開されたのですが昨年12月から観光客

向けに整備されて、本格的に公開されるようになりました。

地下壕は1965年に掘られたもので、内部には、作戦会議を執り行った会議室が再現

され使用されていた電信設備や大型地図、当時の様子を写した写真などが展示され

ています。タンロン城の広い敷地の中ほどに位置するので、この基地を見学される

ならば19番地の入口からが便利です。

月曜日と金曜日は休館になりますし、お昼休みも有るのでご注意ください!

②ホイアンの話題を・・

日本人に縁の深い街=ホイアンの史跡めぐりを楽しんでください。

昔から海のシルクロードを通じ日本と交流が深かったホイアンは17世紀には1000人

規模の日本人街があリとても賑わっていたそうです。日本から銅を輸入、ベトナム

からは絹や砂糖などを輸出していたと言われています。

このたび、ホイアン観光局では、日本に縁のある史跡を巡るツアーを開始しました。

往時の日本人の集会所で、現在は日越交流に関する写真を展示したり、ミニ博物館

となっている≪カムフォー亭≫や、日本人が建設したと伝えられる有名な木造の橋

={日本橋}日本人墓などをガイド付きで回ることができるようになりました。

料金は1グループにつき10万Vドンだが8名以上集まると無料になるので・・日本人

観光客で興味のある人々を現地で誘っても良いのではないでしょうか?

市内名所観光には料金が必要ですが・・うふふふふ  

予約をすれば日本語のガイドの手配をしてくれますので安心です。

ベトナムは日本と同様細長く、何時も書きますが北部、中部、南部で人々の気質も

料理の味付けも性格もかなり異なるので、日本人の様に単一民族ではないから本当

に3か所は行かれる事をお勧めします。沢山の面白い違いや発見があると思います!

あの暑さと降雨のない生活が嘘のように毎日雨が降っています。   昨日なんて

少し晴れ間が見えたので早速、洗濯したら、何度も降り出し2回も出したり入れたり

したんです・・(-"-)  半乾き状態です・・(-_-メ)

今朝は昨晩の激しい雨が去ったのか?台風の影響が未だあるのか?複雑な空模様で

それでも少しは青空も見える浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/03(Tue)
兵庫で豪雨があったニュースには心が傷みました!あの周辺は神戸に住んでいた頃

俳句の吟行で何度も訪れた町でしたから・・(-"-)自然があり広々とした里山風景

が残る素敵な場所でしたし、電車に乗り継いで1人で出かけた場所も多々あるから

懐かしく思い出していました。早く復興される事を願って止みません・・<(__)>

長月に入ってかなり気温は下がったものの今度は秋雨前線や台風の影響下で豪雨や

竜巻き被害が続出している今夏は本当に異常としか言えない天候です・・(@_@。

昨日は少しだけ不用品と必要品に分離させましたが・・幸にも”着物”は引き取り

をしてくれる業者があることを聞き、これで半分は安心しました・・( ^^)

大した物ではないのですが和裁を教えていた亡母が残した着物だと思うと中々処分

ができずにいました。これならぎりぎりまでゆっくり処分する事を考えればいいと

思っています。先日はトロフィーや楯を破棄しましたが・・額や軸が未だ10個位は

あり書、絵画、写真、イラストなどの始末があります。 全部捨てるつもりですが

未だ少ししか見ていなくて何が残っているのか記憶もない有様です・・(-_-メ)

心ばかり急いている感じですが・・自分の体調に合わせてぼちぼちと片づけて行け

ればいいかなぁ・・と思っています。生きて来た年齢分だけ物は増加していること

をつくづく感じているし恥ずかしい限りです・・*最低限で生活は成立出来た筈*

随分始末してきたのに、未だあることは自分が生きて来た道程には何と贅沢で物が

溢れていたのかを思い知らされています! 終活を開始して初めて自分を振り返る

時間を持っている昨今です・・(--〆)

※ベトナムニュース

◎交通警察イメージ向上大作戦・・

ハノイ市は、太鼓腹や背の低い人、口の悪い交通警察官をデスクワークに移動させ

て、市民との接触を避けるなどしています。これは人権を無視した思考で驚いた事

なのですが・・国が違うので・・また政治も異なるから何も言えないのですが・・

イメージ向上に取り組んでいると発表しました。

勤務時に市民への応対方法をまとめたガイドブックを携帯するほか、イメージ改善

に様々な取組みを行っていると言います。

更に、ハノイでは、市民対応をソフトにするために女性警官を増員し、物陰に隠れ

た違反取り締りはNG、女性や高齢者、他省の人間にも出来るだけ配慮「うっかり」

した行動なら罰金は取らないで注意や警告にとどめる様な指示が出されています。

物陰に隠れての取り締まりでは、既に複数の該当者が処分、部隊長など指揮職者

でも、内勤を命じられた人もいると言われています。

{賄賂}を得ることが目的の取り締まりや高圧的な態度、市民への暴力など・・。

ベトナム交通警察の素行の悪さは外国人にも数多知られているのが事実でした!

ベトナム政府と世界銀行が行った調査でも最も、腐敗している分野として交通警察

の名前が挙がっているのが実情です。

他には土地管理、税関、建設も余りいい話を聞いた事がありません・・( 一一)

ゆえに最近は、新聞などでも交通整理での女性警官の活躍や、高齢者の道路横断を

助ける警官の姿などを写真付きで掲載するなどしてイメージアップを計っています。

が、果たして汚名が返上されるかが勝負どころだと書かれていました。

去年まで住んでいたホーチミンでも取り締まりは結構ありましたし、屋台や道路で

の販売は交通警察(公安)の小遣い稼ぎであることは庶民は全員が知っている事実

でもありました。それが少し減っていたのは感じていました・・ハノイではこんな

事情があった事は全く知らなかったのですが・・(-.-)

10年前は横暴で天秤棒担ぎの小母さんや小父さんが何度も商品をひっくり返された

り品物を持って行かれる現場に遭遇していました・・その事は何度か書きましたが

本当にひどい仕打ちでお金を払わないと荷持つも商品も戻らないのが普通のことで

驚愕していたのですが・・!(^^)!

ホーチミンでも最近は注意や警告に変化していたのかも知れません。 そう言えば

殆どの人が店を構えるほどに経済も発展していたし、天秤棒担ぎの人が減っている

気がしていました。それだけ豊かになったのだと昔に比べてそんな思いで生活して

いたのですが不意の取り締まりや物陰から出てくることは未だかなりの数であった

気がします・・(-_-) 国際社会になって経済的にも段々と変貌を遂げつつあるの

が現在のベトナムの姿かも知れません。良い方向に行けばと思っています!

今朝も少し青空が見えたのですが直ぐに厚い雲に覆われて「未だ降るのかしら?」

を考えさせられる浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/02(Mon)
ぐずついた天気が終日続きました。そして、気温もそれ程上がらず凌ぎやすい日で

したが前日は(台風の影響?)風が強くて少々心配していました!昨日は無風で窓

を閉め切ると湿気で部屋の中の空気が淀んでくるのが解るほど蒸し暑かったです!

お昼ご飯を準備していた時コップに冷たいお茶をテーブルに置こうとして大きくは

ない座布団(冬には毛糸でカバー掛けしている)の端に乗ったんです・・(@_@。

その生地が滑り易かったようで・・><;たたらを踏む状態になり思い切りお茶を

零してしまった・・(;一_一)フローリングからテーブルの上までびっしょり濡れ

それを始末してから・・食べるという事になった!雑巾もタオルも絞れるくらい!

気を付けていた積りでも齢を感じる出来事です・・あははははは {情けない!}

☆カンボジアのニュース  <D・A・C参照>

◎シュムリアップに新名所ができた・・

川沿いに瀟洒なレストランが誕生!オールドマーケットから程近いシュムリアップ川

左岸に新しいコンセプトのダイニング&ショッピングエリアができました。

〚キングス・ロード・アンコール〛と言い日本では有名な〔Yoshinoya〕も開店する

話があります。オールドマーケットから市場の東角の橋を渡り、ロータリーを左折し

て北上する道を進めば大きな水車が目に入ります。これが目印です・・( ^^)

敷地内にはクメールの伝統様式で建てられた美しい木造建築が並び、一見すると洒落

たホテル風にも見える。ここが世界的なレストランチェーンや地元の店が構える新し

い「食事とショッピング」の村なのです。 合計で10数社が入る予定で外国、国内の

有名各店が出店。エレガントで上質な魅力的な空間を目指しています。

8月オープン予定なのですが各店舗が随時に開店するので未だ全部は開店していない。

プノンペンとシュムリアップの両空港内にも前後して店を開く計画もあります。

伝統建築と有名店のコラボと言う〚キングス・ロード〛のユニークな試みに期待が大

です。国際観光地シュムリアップの新名所になると思われます。

◎〚カンボジアサーカス・ファー〛

これは私が行った時も大きなテントが目を惹くように立っていました。生憎、時間が

無くて観ることは出来なかったのですが・・ご紹介しておきます。

サーカスと演劇が一体化したユニークなパフォーマンスが売りです!

〚カンボジアサーカス・ファー〛はテントの舞台公演が6月からスタートしている。

照明やBGMはより効果的に使われパワーアップしたステージが楽しめるようです!

テントは仏から輸入したもので、サーカスや各種舞台用の大型円形天幕。中央底部に

丸い舞台があり、階段式に高くなる観客席が扇状に囲んでいます。

観客収容可能数は400席。それまでの野外舞台より照明、音響などの自由度が上がり

天井からロープを吊るす事も可能で、舞台空間を立体的に駆使したよりダイナミック

な演出ができるようになっていて、雨天でも公演ができることは大きなメリットでも

有ります。沢山の人が入っているようです!

大きな天幕の下で繰り広げられる大胆なアクロバットの連続は矢張り、サーカスなら

ではの醍醐味と言えると聞いています。さらに、スクリーンに字幕投影ができるので

劇中のクメール語の台詞が英語、日本語訳され映しだされるのも安心感があり効果的

だと言われています。それだけ日本人観光客が多いとも言えます・・(#^.^#)

演出日が決まられている様なので事前に、お調べの上出かけられる事を願っています。

夜の公演ですから・・午後7時開場だったと聞きました。

今朝窓の外が薄くピンク色だったので5時少し前でしたが玄関を開けてみたら朝焼け

と美しい虹がくっきりと大きく掛っていました。見事な虹を2度も見られて幸せだと

思った・・(*^_^*)ゴミ出しに行ったら・・ほんの数分の間に消滅していて大粒の

雨が降りだした浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(安定期)
2013/09/01(Sun)
ベトナムの知人から「お母さん何時きますか?みんなで待っているよ!」と言う

メールが届いて・・( ^^) 相変わらずアルファベット大文字で・・ローマ字で長く

書いてありました。 先日、カンボジアに行った時にホーチミン経由なら連絡して

1泊したり時間が有ったら出て会いに行こうかなぁ?と考えていたのですが生憎と

ハノイ経由でしたから連絡できなかったことを以前に書いたのを忘れていた!

その返事が来たのですが・・毎日『雨季』で雨が降っていることや涼しい事などが

書かれていました。カンボジアも息子からは夏休みで{超多忙}と言って来て想像

していたより涼しく凌ぎ安い様子でした・・($・・)

常夏の人たちから「暑くて大変ねぇ・・(@_@。」何て不思議な感覚を貰いました!

それ程今夏は暑かった気がします!!ま、それでも暑さには強い方だと思っている

から確かに驚いた部分はありますが・・現在は{豪雨}に吃驚させられています。

「ここまで降るのかしら?」と思う日々で同じ場所を攻撃しているような気がして

本当にお気の毒だし・・降らない地方も多々あるのに分散出来合いのかとも考えて

しまいます・・<(__)>

※【ニャチャン】=NHA CRANG  <ベトナムスケッチ参照>

紺碧の海に白砂が続く、ベトナム中部の美しいリゾート地【ニャチャン】をご案内

します。ホーチミンから飛行機でたったの40分ですが・・大方は長距離バスか車で

数時間かけていく人が多いです。 周囲は沿岸部だから何よりも新鮮な海鮮料理の

宝庫でもあります。今日は病みつきになる〈ローカルフード〉時々書いていますが

〚チャー・カー〛の本場なのでその種類を幾つかご紹介します・・

きっと「Nhon Quai]=美味しいと言って頂けると思います・・(*^_^*)

出来たての熱々でホクホクの絶品がベトナム一美味しいと言われる【ニャチャン産

のチャー・カー】です。

何度か書いているのでご存じの方も多いと思いますが〚チャー・カー〛は日本的に

言えばさつま揚げとよく似ています。サワラやニセタカサゴの魚のすり身に、大蒜

調味料、香草を加えたものを混ぜて揚げたものです。掌のものもあれば平たく薄い

物もありますが・・発祥地【ニャチヤン】では掌サイズが多いです。

そして〔蒸しもの〕と〔揚げもの〕の2種類があるのも【チャー・カーニャチャン】

の特徴です。工場では朝の3時から正午まで1枚50g程度の〚チャー・カー〛を毎日

200kgは作ると言われています。

*作り方は魚を水で綺麗に洗った後骨を取り除き身をほぐす作業をします。時期に

よっては水揚げされる魚が異なるから季節ごとで〚チャー・カー〛に使用する魚は

変わると言われています。様々な魚が一つになる様に機械を使ってしっかりと混ぜ

込む。その後は繋ぎとして卵の黄身を加えさらに混ぜ、この時に香辛料をたっぷり

入れて練っていくのです。

練られた魚はスタッフたちが手で形を整えて〚チャー・カー〛の丸型にして行くの

ですが・・その作業や慣れた手つきは驚倒するほどの手作業で思わず見とれてしま

うほどリズミカルで手早く同様な品ができ上って行きます・・(@_@;)

強火で一気に揚げます。両側が均等にきつね色に仕上がる様にこまめにひっくり返

す事が美味しい〚チャー・カー〛を作るコツだと言われています*

私も練ったものを買って来て揚げて作った事がありましたし、出来上がった熱々を

購入したことは何度もありますが・・店によって、ホーチミンで食べるものよりも

【チャーカー・ニャチャン】は断然美味で分厚いから食べ応えがあり魚も新鮮だし

美味しかった記憶があります・・\(◎o◎)/!

①愛され続ける定番麺=《ブンチャー・カー》

魚の麺料理では定番です。マグロやシロカジキなどの魚から取ったスープは生臭さ

がなくてあっさりした味です。

〚チャー・カー〛とカツオの切り身、ネギ、店によってはクラゲや茹でたトマトが

載せられていて具材がたっぷり入った店もあります。 昔から地元では{NO1}と

言われるほど愛されている麺料理です。

この麺には薄くカットされた〚チャー・カー〛が使用されます。麺の上にびっしり

載せられています・・( ^^)

②学校や仕事帰りに立ち寄る=《バインカイン》

フォーに似た平たい米麺《バインカイン》は《ブンチャー・カー》同様魚の茹で汁

で作られたスープとの組み合わせです。トッピングの〚チャー・カー〛は別の皿に

用意されシンプルなスープに少し油っこさを感じる〚チャー・カ〛ーを入れる事で

なお一層スープの風味が深まり、絶妙な組み合わせは癖になりそうです。

地元の人たちは学校帰りや仕事帰りに小腹を満たして行くと言われています。

大きな塊でゴロゴロと麺の中に入っていて食べた感じがします。

③〚チャー・カー〛入りが当然=《バインミーチャー・カー》

【ニャチャン】の人たちにとって〈バインミー〉と言う認識は〚チャー・カー〛が

必ず入っているもので、朝に限らず、お昼でもおやつにも夜にも食されています。

パンに挟みやすいサイズで細長くカットされた〔揚げチャー・カー〕と〔蒸し〕の

両方と長ネギをトッピングして唐辛子入りのニュクマムをスプーン2,3杯万遍無く

素材にかけることでかなりピリ辛とした刺激的な辛みを味わえて好きな人が多い。

パンに合わせて細長くカットしてあり、手早く入れてくれる。両方入れるので食感

が面白くかなり美味です。ホーチミンなどでは焼き肉や肉団子が多いのですが・・

〚チャー・カー〛入りも時には見ましたが揚げた種類だけで2種類を入れることは

殆どなかった気がします。

ま、ざっと【チャー・カーニャチャン】について書いてみました。

【ニャチャン】は素敵なリゾート地ですしホテルも遊びにも驚くほど近代的な建物

や退屈しないリゾートを楽しめる要素を沢山持った海岸です。綺麗な海と美味しい

食べ物を満喫してください。【ニャチャン】については又ご紹介する機会もあると

思いますが今日は食べ物だけです・・(#^.^#)

どんよりとした雲が空を覆い尽くして今にも泣き出しそうな浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |