ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/31 07:07
直ぐ近くに大家が住んでいるので毎月、家賃を早目に支払いに行く。勿論、前日に

連絡を取って・・ま、何ヶ月分まとめ払いも考えたのだが・・殆ど年齢が変わらず

彼女も2年前にご主人を亡くしていて寂しいのか? 毎月会いに行くのを楽しみに

してくれているみたいで必ず豪邸に咲いている花を切って、又先日は豌豆の大粒を

頂いたりして・・豆ごはんや煮物などに使っている。 準備して待っていてくれる

のが嬉しい。珍しい女性です。面倒な事は言わないし、ま、気に入っている!!

世話になっているのはこっちだと言う気がしていたが・・昭和を色濃く残した年代

をしみじみ感じる2人の老婆です・・ひゃははははは

※果物・・{何度かご紹介していますが・・( ^^) }

ベトナムにいたら、誰でもがごく普通に何回も何度も回数を聞く言葉があります。

それは【An Com Chua?】 【Doi Bung】 【Khat】【An Roi】【Chua】

という言葉です。「ご飯食べた?」「お腹すいた」「喉が渇いた」「食べました」

「未だです」ま、これだけでも知っていれば・・随分と話が解る・・うふふふふふ

とにもかくにも誰かれ捉まえては必ずと言っても大袈裟ではない位この言葉は出て

きて・・ましてや親族や知人などは顔を見ると聞かれたもので・・折角持参しても

食べてしまっているとがっかりさせる事がしばしばあったものです・・(-"-)

食事でこんな状態ですから果物はもう、必ず食後には出るもので、季節によっては

多少のばらつきがありますが年中出回っているものもあれば『雨季』『乾季』とに

分けて販売される場合もあります。

先ず種類が豊富なのと安いから手を出したいといつも思っていたのですが、市場に

してもリヤカーや自転車、天秤棒で持ってくる人達は殆ど全てが㌔単位でしか販売

しないから・・!(^^)! 1人暮らしでは食べ切れないのです・・(-_-メ)

その上〚計画停電〛で何時駄目になるか?を考えると、そう言う買い方が出来なく

偶に、モンキーバナナを1房買う事もあったが・・直ぐに真っ黒になってしまう!

中身は美味しいのですが・・冷蔵庫が信用できないから・・果物は大抵皮を剥いて

氷のケースに入った1切れ売りを利用していました。それでも十分美味しく食せた。

パイナップルのあの見事な飾り切りなど傍で見ていて感心しておりました・・(@_@。

マンゴーとか西瓜のカットしたものも一切れがかなり大きくそれだけでもお腹一杯

になったものです・・はははははは

さて前振りが何時も長くなって・・<(__)>

①ランプータン ②マンゴスチン ③ドリアン ④マンゴー ⑤カスタードアップル

⑥スターフルーツ ⑦ジャックフルーツ{大木に生っているこの果物は威圧感がある}

⑧ココナッツ ⑨ザボン{日本では想像できない大きさもあって驚く}⑩スイカ 

⑪ドラゴンフルーツ{ピンク色していてあちこちから角の様なものが出ている}

⑫ザクロ ⑬パパイヤ{これも大小かなりの差があるし、八百屋では青い色も多い}

⑭ミズレンブ ⑮オレンジ ⑯ミカン ⑰イチゴ ⑱バナナ{緑色とモンキーバナナ}

⑲グアバ ⑳ブドウ{これは種類もあり確り房に実が付いているからか?値段も高い}

珍しいものとして○サポジラ ○タマリンド ○サワーソップ ○スターアップルなどが

○ライチや ○アボカド○ クズイモ ○アセロラも忘れるところでした・・(・_・;)

日本と同様なものでは林檎、桃、柿、梨、蜜柑は{青と、黄色の両方が1度に出る}

加工という程ではないのですが、シロップ漬けのライチや干しブドウ、干し柿、果物

の酢漬け、塩漬け、砂糖漬けも沢山あります。

食べ方では日本は殆どそのまま皮を剥いたりして食しますが・・殆どの果物には塩と

唐辛子の粉末を入れてそれを付けて食べます。これだけは食べられなかったですが!

青いマンゴーやまだ熟していない固い果物は特にそう言った食し方が多く、何処の家

でも準備して出されるのが通常の食べ方だと思います。

現在の日本は色々な熱帯地方の果物が入荷していますが・・高価ですねぇ・・とても

購入出来ません。あまり廉価だったので手が出せないのもあります・・きゃはははは

今朝は梅雨の晴れ間との事で洗濯を存分に干した浪速です。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/30 08:34
 ★またもや書いた文章が消えてしまいました・・残念です・・(><;)★

どうしてこんな事になるのでしょう?下書きで書いてるのに全てが削除されている。

昨日は誕生日の事を解って下さった方々から幸せな言葉を頂き感謝しております。

       本当に有難うございました・・m(__)m

ま、もう逃げることも後戻りもできない完全に老人の範疇の中ど真ん中に入り込み

ました・・日頃、老いた話はちらちらと自分を納得させる意味でも書いていました。

でも《未だ何処かが成長出来る?》なんて厚かましく図々しい感覚があって、不遜

にも感じていた部分がありましたが・・いやはや観念する時期を迎えた気分です!

年齢相応に脳細胞も思考も行動も成長していればいいのですが・・これがさっぱり

だから・・幼稚で未熟ゆえに足掻いていた感じは見逃せません・・あはははははは

ま、この程度ですから・・と諦観して老いと面と向かって生きて行かねばと改めて

感じた日になりましたが・・(-_-メ)この愚かさはどうにも止められない・・(^^ゞ

※ベトナム支援会社の紹介

全く先ほど書いた記事とは違っていますが・・またいつかその記事は書かせて頂く

機会もあると思います。現在ベトナム人で日本に研修しに来ている人数は結構多い

のですが・・この会社ではホーチミン工科大学とベトナム人技術者の日本招聘事業

を主に行っていて、ここ13年間でおよそ3000人近いベトナム技術者が日本で

活躍したそうです。

◎コンサルタンツ会社が運営するホーチミン工科大学日本語教育クラスとは?

ベトナム理工系大学では最高峰と言われる国立ホーチミン工科大学と提携し学生に

日本語や日本の文化等を1年間に渡って教育する『日本語クラス』を運営している。

日本での就業や日系企業への就職を目指す現地ベトナム人学生に過大な信頼を獲得

しています。ベトナムに進出した日系企業や日本国内で優秀な外国人技術者を求め

る企業に多くの優秀な人材派遣を行っている。こんな会社が数社あります。

◎ハノイ観光で人気のハロン湾クルーズ

2012年に就航したアウコー号はハロン湾&トンキン湾における豪華クルーズの

歴史を塗り替えた新しい会社です。 カットバ島やランハ湾、バイトゥロン湾など

このエリアでも特に美しいスポットを2泊3日で巡る豪華客船がアウコー号です。

ファーストクラスのツインキャビンは時代の最先端を行くモダンなデザインで広々

とした32室の豪華なキャビンは全室プライベートバルコニーを備えている様です。

五行思想を基盤にした伝統的なアジア料理を心ゆくまで堪能できます。

心身共に寛ぐ事ができるジャグジーやスパ、エステも完備していて航海中の雰囲気

を豪華にしアクティビティ等楽しみが満載です。ベトナム随一の雄大で神秘、荘厳

なハロン湾での貴重な船旅を楽しんでくださいというパンフが在越中に配布されて

いた事を思い出し、殆ど宣伝見たいですが・・(-_-メ)期待できる船旅だと思って

パンフから拝借しました。

先程から雨が激しく降ったり止んだりの浪速の朝です。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/29 07:27
自分の人生に☆マークがついた日になって・・洒落た事は何もなかったのですが・・

仕合せな事に子供達からと友人から記念すべき日のお祝いを頂きました・・(*^_^*)

ぼんやりと外の曇り空の様に今にも泣き出しそうな予感の中に降り注いだ☆マークは

流れ去った過去の膨大な時間、孤独な人間を乗せて来た船に一抹の光が瞬時灯った感

じもして・・混乱した頭の中は虚ろと静寂が入り混じった感覚で消えて行きました!

も、完全に老人の仲間入りをしたという気がします。何時もは老いてる事を書きつつ

心のどこかで反発している自分がいたのですが・・どっぷりと老化した時間を感じて

「さて、これからはどのように生きるか?という生き方や遺された時間の使いようで

 試される時期に突入したのだという自覚がありましたねぇ」・・あはははははは

ま、恰好付けている場合ではなく足元に火が付いて追いかけられる状況でしょうか?

じたばたしても仕方なく1つ1つを確かめながら胸の中に積み重ねていく作業が開始

されたと思いました・・うふふふふふ 『ほんの少し真剣に考えた1日でした!』

も、この歳になったら浮世の義理で何かをすることは一切自分自身の中から解放する

事も許されるかなぁ・・何て思ってしまった・・ひゃはははは  相変わらずです!

※陶磁器バチャン焼きの村

余りにも有名になり過ぎたこの村ですが・・日本でも雑貨ブームには大勢の日本人の

観光客で村が溢れていたという話はホーチミンまで届いていました・・(@_@;)

バチャンはハノイから閑散とした田園風景の中を車で走っても30分掛り、800年の

歴史と伝統をもつ村です。タクシーをチャーターするとバチャン村では帰路は拾えず

高くつくので・・ホテルで予約される方が良いかと思います。時間制で契約しておく

と安心して村の工場を観に出かけられます。

ただ最近はあの時期の猛烈な購買があったせいで・・高級品となり過ぎました。余り

やる気のない店が多くなってしまったのは残念です。色彩もブルー系統、赤系統など

色々あって楽しいのですが・・思うような好みの柄が見つけられない・・ま、感性の

違いなのですが白地に藍色の染付を好む人も多いが・・これは結構高い。

陶器の村だから様々な品に巡り合えると期待して行くと案外そうでも無かったり・・

チープなものは余り見栄えもよくなくて・・がっかりする場合もあります・・(-_-メ)

あの時代の驚愕過ぎるブームがあった為、店側が凄く強気になってしまったのも原因

ではないでしょうか?頑張らなくても売れるという感じが村民の中に浸透してしまい

余り、懸命になっている風景には出会わないのは残念です・・ふふふふふ

ホーチミンの観光客用に、また日本に卸している店が多く、店頭販売は気乗りしなく

並べてある商品もB級の品が多いのも事実です。 でも村を歩き陶器が好きな人には

それなりに楽しく面白い出物に合えるかも知れません・・( ^^)  これらは趣味や

嗜好の問題だからどんな模様でも種類は沢山あるし、値段も気にしなければ掘り出し

物に遭遇出来るかも知れません。”好きな人には堪らない魅力と思われるかも?”

特に最近の傾向は青磁の{セラドングリーン}が人気だと言いますが白磁の器なども

豊富なのは焼き物が村自体を占めているからだと思います。

想像以上に村は広く、土道を食器を積載したバイク付きリヤカーがゴトゴトと緩慢に

走る姿も長閑な感じがしますが。村には活気がなくなっています。時代のせいかも?

道路際の壁には窯用の燃料が点在している。 多分、練炭ではないかと思われますが

観光慣れしてしまっているから交渉しても先ず負けてくれる事はなくなったという話

も聞かされました・・(--〆) 矢張りお金が動くと人の心も変化するようです!

絵付け作業の工場も目の前で見ることができます。壷や甕のような大きな物から茶碗

の様な小さなものまで慣れた手つきで筆1本で書いて行く様子も観光する分には面白く

興味はありますが。とに角、ずぅーとお喋りしながらの仕事で手を止めている時間が

長いのもベトナムらしい光景でしょうか?

〖きっと充分に潤っているのでしょう?〗 お茶を出してくれたり座って言葉が通じ

なくても相手をしてくれたり始終にこにこしている店が多いのもベトナム感覚を味わ

える雰囲気はあります・・(#^.^#) 

また、この村で商品を買うと小さな手作りの籠に入れてくれるのがちょっと嬉しい!

綺麗な店も小汚い店もあって探し物をするように歩いてみるのも一興かも知れません。

そうそうベトナムにはもう1つ、ベトナム陶器で忘れてならないのがホーチミン近郊

にあるソンベ―焼きです。これはホーチミンのお土産店には必ずあります。

バチャン焼きとはかなり違いますが可愛い柄や模様が多く安いですがバチャン焼きに

先行されてしまったので・・余り知られていないかも知れません・・(-"-)

コーヒーカップやソーサーなどはソンベー焼きの方が好きですが・・好みかしら?

夕方までお天気は持ってそれからしとしとと降り出し・・とうとう梅雨入りの宣言が

出されました。暗雲の中晴れ間も見えている浪速の朝ですがまた降りだしました。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/28 08:12
夢を語り、沢山の希望が心の中を支配していた頃は若さという武器に慢心していた

時代でもあり、今ほど難しく情報も速報的に流出する時代ではなかったから、その

時間は自分に宛てられた当然の自由で身勝手な刻ではない事に何1つ気づかず平然

と暮らしていた気がします・・うふふふふ

今振り返ってみると空恐ろしく偶々、偶然に幸せで周囲も家族も健康で経済的余裕

の中で安穏に暮せたという感謝や心配りは何も理解していなかった!

傲慢さだけが横行し時間を過ごして行きました。主人が亡くなるというハプニング

は天地を一転させてしまったが。それでも未だ、人生の流れにしがみつけるだけの

余裕もあり不遜ながら何処か自分自身に自負もあったのだと思います。でもそれは

必死の状況の中で変貌と闘って生きた時代でしたけれど・・(-_-メ)

何とかしなければということの方が大きくて周囲を見回す踏ん切りがつかないまま

季節を置き去りにして過ごしてきた感じがしています。振り出しに戻る事、豊かさ

から縮小する生活は心に描いていた設計図とは大きく変わってしまった・・(^_^;)

朧に消えて行く思い出も時間の経過も、迅速で幾筋もの交差した地点で立ち止まる

猶予も勇気さえもなかったが・・私の人生は決して不運ではなく涙で幽み落暉する

夕日に向かい自分の運命を悲しんだ事は殆どなかったが1年に1度は号泣する日は

あったと思います・・(><;)

流れて行く時間に色彩が無くなっていく気配はあっても様々な記憶が重なって特別

の色合いを生んでいく過程を楽しんでいた事も事実でしたから。

今は”人生思ったほど悪くはない!”そして心からこの歳迄生きさせて貰っている

我が身を有り難く感じています・・m(__)m

〚生きていられる奇跡の様な幸福感にそれだけでも希少価値がある事を知らされて

自分の中でゆるぎない価値感が心の準備として動きだせれば確固たる自信に繋がる

気がしています。それがこれからの私の生き方に静寂と優しい時間との対峙が・・

もしかしたら出来るかも知れない・・(#^.^#)〛

 <今日は私にとって{特別の日}なので・・こんなことを書いてみました!>

※チョロン  {中華街}

今や世界のどこへ行っても中華街と言われる場所は多くあります。それだけ人口も

多く商売上手なのかも知れない。ベトナムの中華街と言えば『チョロン』です。

ここは市内中心部から15分ほどで歩いて行けるし、2㌔四方の全てが中国関係者が

商売をしている所です。大小の様々な極彩色のお寺が点在しているのもベトナムと

はまた異なった雰囲気と薄汚れた店から発する中国語にも異和感を覚えますが・・

当然昔からそこにあるという感じで店は何時も人の出入りが多く混んでいます。

お寺の中はピンク色だったり丸窓の下にはバイクが置いて有ったり・・どの寺にも

天井から渦巻き状の長い線香がぶら下がっています。 [この線香は1ヶ月も持つ]

様でその長さも下へ行くほど広がって円錐形をしています。

お寺には各々管理をする家族が住んでいて大方は昼寝していたり、お参りは日時が

決まっているのか大抵はガラガラで空いている。 暑さから逃げる場所には良い所

かも知れません。ま、夫々の感性で感じればいい事ですが・・その派手な色使いは

好まない人もいるがくすんだ空間の中で椅子に座って居るのもいい時間です。

ホーチミンの中華街『チョロン』にはエキゾチックな感覚はなく単純に漢字の看板

と中国語が飛び交い、暗くてうす汚い古い建物がごちゃごちゃに並んでいて混沌と

している雰囲気でしょうか?    今はかなり変貌しています・・( ^^)

中国の下町に似ていて、そんな空気がその周辺を色濃く浮き立たせていると言った

様相でベトナムとは違う感じが漂っています。数年前までは路上生活者が特に多い

地区でしたし街はゴミの中にある様でしたが・・現在はそんな様子は全くなくなり

様変わりしています。以前は『チョロン』へ行きたいとベトナム人に言うと嫌な顔

をされていました。それほど汚濁し淀んだ街でしたから・・(-.-)

数年前は観光客も少なく孤立した街の印象が強かった気がします。 現在は大勢の

観光客が歩いていますし、美味しい食べ物も沢山あります。特に〈肉まん〉は美味

です。ベトナムでは〈バインバオ〉と言いますが緑豆の餡が入ったものや豚肉、鶉

の卵入りなどは市内よりもずっと美味しいと思いました。

又この街には〔ビンタイ市場〕という大きな市場があります。有名な<ベンタイン

市場>と比較すれは流行もかなり遅れているし店の数ももっと細々して小さな店が

多い気がしますが素朴で親しみ易い雑貨を買いたい人はここはお勧めです。

殆どが問屋でバラ売りはしない店が多くありますが<ベンタイン市場>より安価で

観光客慣れが少ない分、執拗な呼び込みや客引きがないのもいいと思います。

残念ながら英語は全くと言っていい程通用しない欠点がありますが・・最近はどう

でしょうか?数年前に筆と墨が駄目になって買いに行った時は外国人と英語で交渉

してる店もあったから・・多分、それらも変わって来ているのかも知れません・・

「私ですか?勿論、現物の筆を持参」墨は筆で書く真似をして購入・・あはははは

市場の中には原色大好きな中国人らしいお菓子や度派手な生地、包装紙などは目が

点になり、チカチカする色彩が多くて驚かされますが・・贋作と言えばいいのか?

似非の商品が多く吃驚させられる事が多いのもこの市場です。 ごく普通に飾って

あります。ベトナムも色々似非の商品はありますが・・この市場ほど多くはない気

がしました・・はははははは 本当に笑えます! 中庭には植木が龍の形になって

剪定されていたり、感性の違いに驚かされる市場ではないでしょうか?

市場の周囲にはバラック建ての小屋が多く店も沢山あります。そこには面白い小物

が有って、見て回るだけでも楽しいです・・(*^_^*)  

特に木下駄の店などは極彩色に描かれたサンダルにゴム底をつけたり、甲の部分を

選択すればその場で釘を打って作ってくれ自分だけの木下駄が完成します。

螺鈿細工物から皮、コーデュロイなど種類も数多あり好みのものを探すのには時間

を忘れてしまうほどです。

2Fには化粧品店が多く同様な店が沢山あるから選ぶのに困る。 コンパクトや白粉

手鏡など綺麗でキラキラしたラメ入り等も多く、女性ならここは時間がいくらでも

欲しい場所かも知れません・・(*^。^*) 文具も食器類等も色々と揃っています。

タオルやバスタオルなどは10枚以上なら売ってくれる店がありました。多分、今も

有ると思いますが・・も、吃驚するほど総柄模様で超派手なのばかりでした!!

時々、外国人だと見ると吹っかけてくるから・・気をつけねばなりませんが、これ

ばかりは仕方なくて何処に行っても同様です<ベンタイン市場>よりもかなり静か

で問屋買いをする人には良い市場かも知れません。沢山購入するのには廉価です。

一時期、ベトナム雑貨が流行した時代には買い付けに日本人の若い女性が凄く来て

いたものです。大きな籠の様な袋に詰め込み買っている姿を見た事がありました!

朝から曇り空が広がっている浪速です。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/27 08:48
大切なブロガーさんからの〚思わぬ一言〛に処世の風は温かく伝導して行く感覚を

頂き、真摯に日本語と向かい合わねばと改めて肝に銘じた数日でした・・<(__)>

他の外国語と違って日本語は語彙も豊富で繊細です。ほんの微細な出来事の中にも

多くの美しい日本語で語られる作家や専門の方がおられます。少しでも感化されて

それが微力ながらも自分の書く駄文に反映出来ればこの歳迄生きてきた意味もまた

有る様な気がしているのですが・・うふふふふ 「ない!ない!」有り得ない・・

「まーそんな大それたことを思って書いていませんしそんな力もありません」ただ

ポエムを書いておられる人達の心情にはある種共感するものがあってとても好き!

心を表現されるのがお上手だし、自分を感得出来るだけのものを持っておられるし

共鳴する日本語に遭遇出来ると楽しいし、その感性に眠っている火影がゆったりと

揺れて影響される日もあります・・( ^^) 夢の雫をかき集めて水面にそよいでる

夏草にも色褪せた花弁が落下してる風情にも血が騒ぐのです・・あははははは

何故か?自分と重ね合わせている場合が多く、何時しか消滅する泡沫にも似て生命

の押し流されていく瞬時にも強く作用されるのではないでしょうか?

誰にも知られずに咲く野花は寂寞な風情で自分を誇示しつつ、その儚そうな可憐な

流線美を見せてくれ静寂に知らぬ間に散っていく・・(+_+)

そんな生き方がこの世の終焉で有ったならどんなに幸せかしら?などと思っている

年齢です・・はははははは あくまでも{願望}ですが現実の刻の刻みは厳しくて

冷酷です。それに老いた齢を重ね、紡ぐ作業はいささか遅すぎた帰来がありますが

あらゆる身体の計器が正常?に稼働している間でも・・反比例するように思考力も

感情表現もどんどんと低下して行く様を見せつけられる残酷さがあって・・埋没し

瓦解されていく気がしているのが現実の私の姿なのです・・(-"-)

”酔って流す涙も既に枯渇・・うふふふふ 最近は殆ど飲まなくなってしまった”

正当に評価できるだけの脳細胞ではなく公平にまた正確に伝える事は難易度が高く

とても私には不可能です・・(-_-メ)自分の心奥さえも計りきれないのですから!

ま、それでも日々は過ぎて社会は動き暮らしは流れていくものですねぇ・・(@_@。

※メコンデルタ{カントーの旅}

以前にも書きましたが沢山の旅行会社からツアーバスが出ています。メコンデルタ

最大の都市{カントー}は今は観光の目玉商品になっています。以前は凄く交通が

不便で自力で行きたい人は最悪で乗り心地の悪いローカルバスしかなかった!

しかし、観光客が増加し街に活気が戻りすっかり観光地化してしまった。ご存じの

方もおられると思いますがホーチミンの大手旅行会社[シンカフェ]が有名です。

ここは“オープンツアー”と言ってエアコン付きで観光がないという商品を出して

いました。所が最近の観光客ブームでそれは既に廃止されて観光つきツアーが一色

になってしまった。ゆっくりと時間に追われないで好き勝手を歩きたい人には観光

ツアーは有り難くもあり面倒でもあります。

勿論、前記しました様にローカルバスは現在も出ていますがベトナム人にもハード

だと言う話です。 凄く安いのですが鈴なりに生った客を乗せたバスは狭い座席で

身動きできないほどの状況になります。行き交うバスを見るとエアコンもなく窓は

解放され、排気ガスを存分に吸って走っている姿を何度も目にしたものです。

ただ、このツアー会社は毎日、催行していて割合自由が利くという話ですし連泊も

可能だと言われているので・・探されて自分好みのツアーを利用される事をお勧め

します・・( ^)o(^ )

全長4千㌔と言われるメコン河の終点であり、ベトナムの食を支えていると言って

も過言ではない大地でも有ります。 ベトナムに来たら先ずこの地を訪ねて欲しい

と言いたい! ベトナムらしい風景がそこには泰然と横たわり、豊かな食の恵みを

満載させているメコンデルタの土壌と河が大口を開けて待っていてくれるのです。

毎回どの時間帯に乗ってもバスは観光客で満席状態が続き、そのバスの回数も多く

なって今は驚きの状態になっています・・( ^)o(^ )

凡そ朝6時ごろから次々に出発して行き・・外国人観光客が多いのも特徴です。

日本人もかなりいました。日本人のガイドもいますし、日本語が堪能な人も多くて

ツアーでも心配ないほど大手の会社です。 他のツアー会社も多々あります。

ベトナム戦争跡の基地が残存してるジャングル、常夏の花々を見学。  メインの

『水上マーケット』は本当は早朝出ないとあの賑わいや交渉している舟達を見る事

は出来ない・・だから必ず1泊2日という旅程を準備します。それでも朝弱い人も

大勢いるから・・結局は現実の売り買いを現場で見れる事は少なく殆どが終わった

9時頃の時間が組み込まれているみたいです。

幸いにして私たちは朝の騒々しさ、活発な売り声ややりとりを見る機会があったが

大方は観光用に準備された舟を数軒回って買物をさせてくれる形式を取っていた。

本当に早朝行くと数えきれない舟が河岸に物凄く並び野菜、魚、果物、朝食、総菜

干物などが細い柱に、野菜の絵を描いた今にも千切れそうになった旗をてっぺんに

付けて・・果物など自分の座る場所以外は全部南瓜とか西瓜、野菜の中に埋まって

売っています。その掛声も勇ましく「あーここは紛れもないベトナム}を感じさせ

そのエネルギーに圧倒されます。 河岸を上がると大きな市場もあってそこも人で

混雑しています。早朝の市場は水上マーケット同様に活気が漲っていましたねぇ。

尤も水上も市場も翌朝私たちは勝手に個人で見に行ったのですが・・(*^_^*)

ツアー客の前に見て来たから・・買い物も少し持ち帰れる程度しか買わなかったが

殆どは売り切れていたから・・あの山積みされた商品が捌かれたことを知らされた

ものです・・\(◎o◎)/!

ツアーでは契約している舟だまりを縫って10舟程度を見て行くだけでした。大方

は売り切れていた気がしましたが、それでも観光用に用意されている様子でした!

ツアー客の舟の中まで売りに入ってくる子供達が多く{魚の干物とか果物売りなど}

は中々執拗で熱心でした・・ふふふふふ

上手に朝の賑わいを楽しむためには時間の調節が大切で・・少し慣れるとタクシー

でマーケットまで案内してくれる。ホテルはお世辞にも良いとは言えないのが多い

のが難点ですが・・ツアーにもよりますしホテルの選択もできたと思います。

酷い所は狭くて蟻の襲撃に遭った人も大勢いましたが・・何処へ行ってもベトナム

と言う国からは蟻は消えないと思います・・(;一_一)

ま、水上マーケットを見るのが主たる目的ですから・・前日はツアーで寄る食事処

での出来合いの食べ物を自腹で食べるようになっているツアーが多いです。

カフェも決められているし、大抵は専属契約されている感じでその辺りは日本とは

同様ですが食事代込みが日本は多いですが・・ベトナムの場合は食事代は別です。

ま、メコン河の大らかで壮大で緩やかな流れと、ニュクマムの匂いが風に運ばれて

薄汚れた汚濁されたメコン河の姿は豊穣な恵みを泥水の中に埋蔵しているようです。

ベトナム人の食の宝庫でもあり、ベトナム人の母なる河メコンの滔々とした流れは

1度は見ておきたい場所だと思います。広大で雄大と緩慢に淀みながら流れる水面

にはホテイアオイが河岸から中央にまで流れ、周囲の水上生活者の暮らしが垣間見

えて、水上ガソリンスタンドや犬猫を飼っている姿や子供が河で泳いでいたりする。

衛生面で潔癖な人には想像もできないかも知れませんが・・(@_@;)

そこには≪ベトナムの原点が確実に残っている事を教えてくれる街でもあります≫ 

個人的にはそこでの暮らしは物足りないと思いますが・・(-_-;) 時間が緩やかに

流れて誰も「明日が来ないとは信じていない」鷹揚さがあり瞬時の観光でにぎわう

時間帯を外せば・・そこは暗黒の中に不気味に流れる大河が横たわり恐怖感を招く

かも知れません。

燦々たる太陽の下だから、メコン河の流れも豊かさも漁獲の恵みも与えてくれる姿

は感謝出来るのですが・・夜の河には魔力がある様で恐ろしくさえ感じたものです

騒々しさも消え饐えた様な臭いと、ニュクマムの匂いが入り混じっている夜の漆黒

のメコン河は巨大な帯の様でした・・!(^^)!

今朝は未だ晴れていて雲が少ししか掛っていない心地よい浪速です。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/26 07:43
夜の帯が早く解けるようになり・・{明け易し}を感じる季節になりましたねぇ!

朝の庭には初夏の花々が絢爛と咲き誇り、心を癒してくれるこの時期も又興趣ある

日本の季節の移り変わりを感じさせてくれます・・( ^^)

昨年は未だベトナムにいて『雨季の真っ只中』でした・・毎日雷鳴と稲光に耐えて

息子がカンボジアに転勤になリ心もとない生活を味わっていた頃でしょうか?

特別に寂しい感じではなくて・・雨が狂わす感情を持て余していた気が致します!

も、数えきれない年月が過ぎ去り置き去りにした過去が増大している気分が否めず

真剣に老後の生活を考え直す時期を痛感しておりました。

未だ見えぬ前途や果てしなく続く道程に〚行く先も決まらず、自分自身の身体への

不安と影が寄り添い力不足を感じ、残りの時間を朧げに計算し、期待しながらも心

密かに生命の繋ぎと流れに戸惑っておりました・・(;一_一)

今は帰国して、毎日ベトナムで暮らした時間がすぐ後ろにある筈なのに・・何かに

追われるように前進している姿しか見えていません・・(^_^;)それでも日本の四季

に感動し、風の誘いやその香に言葉の自由さに満面の笑みが零れ、大好きな桜時期

が立ちはだかった〔満開の桜}を関東や関西地方で愛でる時間があった事は何より

も嬉しく幸福感で満喫できました・・(*^_^*)

それがどんなに生き生きとした感覚で心奥を浄化させたか?言葉では表現できない

ほどの幸せでした!涙を流しては太陽に、月に星に祈っておりました・・(@_@。

ま、それだけ老いたという感じでしょうか?そして、日本への郷愁と回顧の情愛が

溢れだしたのではないでしょうか? 感傷的なのは老化のせいだけではないかも?

何処かで観念している我が身を感じていたのかも知れません・・あははははは

※ベトナムニュース  (ベトナムニュースより)

◎ベトナムのミニホテル事情

パックやツアーで渡越されない方には一寸だけ便利かも知れません。こんな情報

が掲載されていました。ご存じの方も多いと思いますがベトナムは本当に小さな

ホテルが或る地区に集結していています。バックパーカーや外国人単身観光客を

いとも簡単に飲み込み安価で数日の宿泊のみ提供するホテルは数知れずあります。

何ヶ月もそこで生活する人も多く、口伝てで拡大して行った気がします。

現在は、時代も変貌を遂げ、ベトナム国民の生活水準もかなり上昇した為に余り

汚ないホテルやシャワーやトイレが共同という所は殆どないと聞いています。

それでもまだ水シャワーだけの廉価で狭いホテルもある様です・・(@_@;)

長期滞在するのが目的の人にはいいかも知れませんが・・それはお金次第かも?

現在のミニホテルは日本のホテルと大差ないほどの綺麗で快適、中心街に近くて

買物、観光、食事にも便利なところが多くなりました。

◎口コミで評価が高いホーチミンのホテルをご紹介します・・

①リトルサイゴンブティクホテル     28US㌦~  ベンタイン市場近辺

②サイゴンヨーロッパホテル       24㌦~   デタム通り近く

③ビューティフルサイゴンホテル     26㌦~   ブイビエン通り近く

④サイゴンミニホテル 5        36㌦    ブイビエン通り近辺

⑤シティホテル18           38㌦~   ベンタイン市場近く

⑥カットフイホテル           24㌦~   フォングーラオ通り 

現在は円安ですからそれ程でもと思われるかも知れませんが、私が住んでいた頃は

円高でしたから全てが安い生活ができていました。 これらのホテルは接客態度も

客室の設備環境も便利だという口コミの2つ星ホテルばかりです。

機会があればフリー旅行をしたい方にはお勧め出来るホテルかと思われます。勿論

高級な一流ホテルも沢山ありますのでご心配なくです。 吃驚するほど格式の高い

ホテルもありますから・・うふふふふ 

ベトナム人は大部分の人が屈託がないと言いますか?おおらかで大雑把な優しさを

持っています。 食事の美味しさは当然ながら、路地裏が到る所にあって1歩入り

込めばそこは昔のベトナムが生きていて庶民生活が緩慢に流れている風景がある!

高齢者も子供もあらゆる世代がごちゃまぜの状態で暮らしが成立しているのを垣間

見る事が出来、少し狡猾で拝金主義が横行していますが・・そのパワフルな力には

圧倒される生命力と活力を感じさせてくれます。日本にはない感性でしょうか?

汚濁された空気とバイクの壮絶な騒音や、ボリュームマックスの中での生活も慣れ

てみると案外懐かしく思うものです・・ははははは

ツアーは荷物の心配もなく地図で居場所を探す事もなくとても楽ですが・・1人旅

も気儘で楽しいです。ぜひ前記したホテルに泊まってベトナムを感じて頂ければと

そんな事を思いながら書きました。

少し雲が多く出始めてきて晴れてはいますが・・愈々天気が崩れる予報の浪速です。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/25 08:11
も、真夏の太陽の暑さを感じさせる好天気で・・早朝干した洗濯物が午前中で乾き

手洗いだからぽたぽたと落下していた水滴さえも乾燥させてくれた。午後になって

また冬物を洗って干した。  ”洗濯大好きなんです・・(*^。^*)”

夕方になってこれも乾いて取り入れていた所に・・犬の散歩をしている小母さんと

お爺さんが遭遇・・小母さんはリードを外して遊ばせていた!

そこにお爺さんの大型犬が来たものだからま、威嚇したのでしょう・・凄く吠えて

小母さんの犬は中型位でブルドッグでした。小母さんは必死になって大声で自分の

犬を呼んでいました。その犬の名前が『さくら』って言う様で・・それはもう必死

の形相で何度も『さくら』を連発するんです・・(-"-)

私は自分が呼ばれ、叱られている感じがして、何となく変な気持で・・あはははは

ずっと見ていたんです。小母さん和犬に『さくら』は有ってもブルドックには??

何て思いながら・・離された嬉しさで走っていた『さくら』は委縮して、大型犬の

『ライム?』和犬ミックスに吠えて睨まている様子でした・・(@_@。

小母さんは我が子を守らねばと思ったのか?果敢にもその大型犬に向かって走って

行きお爺さんに文句を言っている。「吠えるのやめさせてんか?うちの子ビビって

てるやんか?はよ!止めさせて」「何言うとるんじゃ・・ここは天下の往来リード

外しているお前が悪い」「なんやて!外して何が悪い!何が天下の往来?大きな犬

飼っているとおもて、ええ格好しなや」なんていい争っているのです・・(><”)

「いやー解るよ、自分の子が可愛いのは・・」でもそれは他人に言う言葉ではなく

大型犬だろうと中型で有っても別に自由だろうし・・飼い主のモラルや願望なので

自分がリードを外した事の詫びがないのを余所事ながら見ていて小母さんの言い分

が間違っていると思って聞いていた・・(-.-)

捕まえたブルを抱きかかえ「ほんまー嫌味な爺!」って捨て台詞の様な言葉を残し

連れて私の家の前まで来ると「さくら!あんなアホな爺の犬なんてかもたらあかん」

何て聞こえる様に言いながら近くの通りを曲がったのです・・\(◎o◎)/!

確かにお爺さんの話は正論でした!見ていても理解できるけれど『さくら』の連発と

小母さんの決死の心境も解らない訳ではないが・・ブルに『さくら』は勘弁して!!

と心の中で思っていました・・きゃははははは

この地はこんな光景があちこちで見られます・・気が荒いのか女性も負けていないで

スーパーでもよくいい争っている。それも頑固な婆さんや爺さんに多い。老人の数が

大勢ってことかも知れませんが・・漸く慣れてきた浪速ですが・・ベトナムに何だか

似ている感じが拭えない・・うふふふふふ ”どっちもどっちかも?”

※コムビザン≪ベトナム飯や≫

ベトナムでは外食が普通であり毎食外食の人も多く、家族でも個々でも飯やで食事を

する事は自然のことです。朝食は大体、麺類フォーやが多いかも?ですが・・お粥や

ご飯や、パンやお強や等も何時だって人だかりがしていて順番を待っているのは当然

の風景です・・( ^)o(^ )

順番も有って無いようなもので大声で自己主張しないと中々自分の順番まで回っては

来ない・・(-"-)遠慮のない国だし他人の事など考えないから〔自分が。自分が〕が

まかり通る。それは凄い競争の様な声を張り上げ買わねばならない場所もあります!

ま、そんな店ばかりではないけれど大人しく順番なんて待っていても相手にさえして

くれない・・すっかり忘れ去られているのがオチです・・(・_・;)

〚COM=ご飯で、コムビザン=ご飯や(定食やさん)と言った具合でしょうか?〛

朝食は凡そ決まっていて種類も少ない。お昼はその店の自慢品を出した総菜が多くて

その数も20種類位もあります。<全部ではないですがもっと多い店も少ない店も>

そして、朝食だけの店、朝食とお昼だけ。お昼と夕食の店など夫々にあって概ね家族

で経営して親族や身内で店をしている場所が多いのも特徴でしょうか?

朝は豚肉の骨付き香草漬け焼き(七輪で網にのせて焼く)薄く切ってタレに漬けこみ

それを目の前で焼き、卵(目玉焼き、卵+肉の脂身を空入りした卵焼き)大根、人参

のなます、香草等をお皿に盛ったご飯の上に載せて食する、これが定番です。

最初の頃は70円位から100円以内でしたが、最近は朝食でも150円位はしていました。

お昼は凄く楽しみです。揚げものには肉類から魚なども多種多様でフライや天ぷら等

あんかけにしたものや唐揚げや豚カツ風なものもあり魚も同様に丸揚げだったり中華

な感じがあったり種類が多い。勿論、肉[牛、豚、鶏]だけを焼いたのもあります。

野菜や肉、魚の煮込み、サラダ、串刺しの肉、海老の煮物、揚げもの、カレーも炒飯

も炒め物など何でもあります。自分の好きなおかずを好きなだけ上に載せて食べる。

入口にはご飯を皿に盛る係の人がいてお皿を渡され・・ずらりと並んだ総菜の中から

何種類か?を上に自分で載せたり指を差して店の人に頼んだりする。席に座って食べ

始めているとスープを持ってきてくれる。 

スプーンも箸も渡される場所もあり自分で取っていく店も様々なスタイルがあります。

ま、日本版バイキング形式の原点みたいな感じでしょうか?

紙ナプキンの店も時には見かけますが・・この様な定食やにはトイレットペーパーが

プラスチック容器の中に入っていて穴から引き出して適当にカット、スプーンや箸を

拭いたり口の周りを拭いたりします。また紙ナプキンを釘の様な尖った文具にある物

で突き刺してある店もあります。

使用した紙は床に捨てて行っても可能な店も多々あるが最近はゴミ箱を置いている店

もかなる増えて来ている。食している傍で不足分を作っている店もありますし余ると

家族用になったり夕飯を出す店でお昼の残りも一緒に出す店もかなり多い。

◎≪コムビザン≫は南北でかなり様式が違います。

先ず南部{ホーチミン}ではお皿にご飯を盛ってその上に総菜を載せる=コムディア

〖皿飯スタイル〗と言われています。必ずスープはその日によって変わるが付随して

来ます。おかずの種類にも量にもよりますが・・計量などせず適当で値段もその人に

より異なる場合も数多あって・・でも、大体現在は200円位から400円位迄で、ご飯

の量は半端ではなく{テイクアウト}する時は、少しとか半分とか言わないと山盛に

ご飯はパックに詰め込まれる。さすがお米の国です・・本当に驚きます・・(#^.^#)

北部{ハノイ方面}はご飯とおかずが別の店が多いです。日本人はこっちのスタイル

の方が食べ易い気がしますがこれも慣れです・・ふふふふふ

ハノイはホーチミンに比較すると総菜のディスプレイが綺麗で見た目が美味しそうに

見えます。ま、ホーチミン市民から言わせれば「いい格好している!」感じかしら?

個人的にはホーチミン生活しか無いので南部の方が山の様に積んで有っても見栄えが

悪くても好きでしたが・・わははははは

又お茶を頼む時も南部は=チャ・ダ[冷たいお茶]は大抵が蓮茶が使用されています。

北部は緑茶が多いとか言ってましたねぇ・・(^-^)

とに角昼時の≪コムビザン≫は観賞の価値があると思います。  物凄い賑わいで客

の人数は猛烈で列を作ります。そんな店が隣接していて、好みの店を探すのも楽しみ

です。でも大抵は同じ店になるのですが・・はははははは

観光客ではないことは直ぐに判断できるからその内に親しくなるし、顔を見せるだけ

で飛んで来てくれたり・・ご飯の量も半分にしてくれたり、おまけしてくれたり仲良

くなった店は何軒かはありましたねぇ。も、いたるところに≪コムビザン≫は有って

食事に関しては本当に心配のない国です。味も酷く拙い店は少なくて何処でも美味で

した・・(*^^)v

今日も晴れていますが昨日2回洗濯したら今朝はするものが無い浪速の朝です。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/24 08:16
歯の色が少し黒ずんで来ている・・これは虫歯の前兆だからと言われ昨日も歯医者

へ行く事になった。隙間も気になるとの話だが「先生!この歳ですから・・悪い所

が出てくるのは当然です。それに5年間も病院へは行かなかったのですから・・」

何て喋っていたのですが、矢張り「麻酔掛けてからにしましょう」とか言われた。

「麻酔めちゃくちゃ効く方なんだけど・・削るのやあの器具には割と強く全く苦に

ならないからそのままでも・・(/_;)」と心の中で呟く。

早速、麻酔を打たれ、5分もしないで前歯殆どが完全に感覚がない様子になった!

「やれやれ!有り難いけれど・・も、いいや」と思っていた!水が一緒に出てくる

器具があるがその水があちこち飛んで顔や顎辺りまで水が跳ねて流れる・・(@_@。

手を挙げて「先生、一寸待って下さい!水も滴るいい女と言いたいのですが婆さん

ですから・・洒落になりません」と言った。先先「いやーすいません!」て言って

タオルで拭いてくれたのはいいけれど「婆さんでも化粧してるのよ!そんなに拭か

れたら全部塗り壁が剝がれるじゃない」と思っていたが口には出せなかった(笑) 

親切だし優しいけれど〔女心〕が解っていないのか?それとも婆さんだからと思わ

れたのか?女とは思われていない?・・(-"-)」・・きゃははははは

結構、水が掛けられて、それでも数分で白くなったから良かったのかも知れない!

今月、も1回行かねばならないそうだ。ま、人間なんて調子が悪かったり悪い所が

ある時は、当然の様に通うけれど・・完治したと思うと、も行きたくなくなる勝手

なものです・・そんな午前中、初めて薄い長袖に白のジーンズで出かけたが、暑さ

も未だ私的には感じていなくて、気持のよい天気でした。スーパーも病院でも冷房

が既に掛けられていて寒かった・・(^_^;)  外に出て「ほっと」したんです。

※ベトナム日記 [凡そ10年近く前初めて渡越して暮らし始めた頃書いていた]

6/16

小屋に住んで野菜を売っていたお婆さんが突然いなくなった。小屋には孫娘らしい

子が一緒にいて外国人とのハーフの様で可愛い子だったが・・その婆さんと仲よく

なって言葉が少しだけ通じる様になった。 もっとも半分以上はジェスチャーだが

数日前まで有った店が完全に地面になっていて形がない、壊されていたのです。

仕方なく市場まで出かけた。「何か?あったのか?」ベトナムでは毎日のように店

が潰れたり、新築の店が開店する。これは日常茶飯事に起きている。 

市場でトマト、玉葱、隠元豆、青梗菜、もやしなど買ってきた。午前中に郵便局へ

出かけた。大きなスーパーがあるのでそこでビール、ごみ袋、缶詰を購入して外に

出たらポツポツと落ちてきた。急ぎ足で歩く。 今日は酷く暑くて・・雨が落ちて

来ていたのでムゥとしている感じだ。流れる様に汗が噴き出した。

6/20

メンタムがとうとう切れてしまった。大きな瓶を持ってきたのだが・・サンダルに

被れて毎日塗っていたら無くなっていた。漸くサンダルに慣れた感じがする。この

国に売っていることは知っていたが、未だ買った事がなく薬局で言えないから現物

を持って行った。ベトナムの工場で製造しているようで同様な模様なのに大きさが

全く違い、かなり小さかった。それなのに高くて吃驚・・この時代で500円もした。

吹っかけられたかも知れない・・(;一_一)

6/22

1日が早い。特別何もしていないのにただ時間だけが急速に流れて行く感覚が取れず

にいる。勿体ないから色々感じた事を書いたり本も猛烈な勢いで読んでいる気がする

『この時間が遺された人生に役に立てばいいなぁ』と心底願っている。帰国してから

生活を切り詰め、倹しく生きる道ができたらなどと考えている。 その為に今の時間

があるのだと信じているのだが、どんな人生が待っているのか?楽しみ半分不安半分

の状態・・(-_-メ)何とかこの国で生きていた時間が無駄にならないようにしたいと

その事に懸命になっている自分を見ている。

しかし時々「こんな事をしていていいのかしら?」という疑問の中に突入してしまう

日がある・・(-.-)でも今は考えないでこの与えられた時間を精一杯生きて行こう!

も失敗もやり直しもできない年齢なのだから・・娘よりTEL あり。

夕食は息子夫婦と外食。

6/23

昨夕からかなり激しい雨が降っている。『雨季』なのに雨が少なく暑い日差しが続き

案じていたが・・降りだしたら猛烈なスコールと化した・・雨音も激しく部屋の中に

居ても雷鳴と稲光の凄さに恐怖を感じるほど暴れている様で仰天する・・(><)

こんな日に限って〚計画停電〛が2回もあった。停電になるとこの国では何もする事

ができないから本当に困る!   <未だ時間の使い方が理解されていない>

夜の停電は尚の事嫌だ!!トイレまで蠟燭持参だから・・{夜は勘弁してほしい}

今朝は市場でピンクの菊を見つけ買ってきた。お花の傷みが激しい。 亡夫に菊花

を飾るが・・2日とは持たない。近くに花やがオープンしたらしい。 見た限りでは

市場よりも高そうだが・・1度買ってみよう。  

昨日からビーズ編みを始めたが・・さて上手く出来るかなぁ・・習っていないから

適当に繋いでいるだけだが、本でも持ってくれば良かった・・(・_・;) 

何もないから色々な事を考える。 今まで経験をした事がない事ばかりだから・・

面白い人生の流れに自分自身が驚嘆している・・(@_@;)

雨が激しい中知人が珍しいケーキを持って来てくれた。雨宿りの積りだろうと思って

一緒に食事した。 和食ともベトナム料理ともつかない総菜だが初めての様だったが

お腹が空いていたのか沢山食べてくれて嬉しかった・・(*^_^*)

魔法にかけられたような生活が普通になって動いている。しかしこの時間が積み上げ

られていけば世の中の事も生きている事も違う次元で見られる機会なのだと、対比を

楽しめる様に生きていけたらいいなぁと思っていたようです。

振り返って読んでみると珍事も多く、又、見知らぬ国での生活がどれほど大変だった

かを知るチャンスにもなっていて・・ベトナムという国は何故か?心の中にスゥーと

入ってきた感覚があります。でも、未だ落ち着かず静穏な日々でない事が読んでいて

判るからその時代は正に真剣だったのだと思い出している・・あははははは

今朝も好天で朝日が眩しい浪速です。

ヴェトナムから浪速へ(混乱記)

2013/05/23 08:18
焦がされるようなじりじりした太陽の勢力は久しぶりに本領を発揮して暑い真夏の

日になった。矢張り30度になると部屋の中にいても窓を開放していてもその熱気は

伝導する様で・・靴下を脱いだり今年初めての素足だった・・( ^^)

人生の処分をし始めた。大袈裟に聞こえるかも知れないが、可能な限り物品を持た

ないで本当に軽装な生き方を望んでいるからです。先日来からアルバムを整理して

処分を始めた。未だ数10冊もあって・・結婚生活や育児、1人になってからの海外

旅行に風景写真を沢山撮っている。その場所の思い出も不意に懐古されてきて・・

暫くは<思い出の中を彷徨っている>・・ひゃははははは

桜の写真だけでも数冊はあるし、殆ど海外旅行の写真。そこに確実に行ったと言う

痕跡が様々な事を想起させる。でも、そんな事も、既に〔過去〕であり、誰かの為

残存させるものではないから・・自分だけの人生の中の一コマであり、一シーンに

ピリオドを打っている。昨日までに5冊あるアルバムを半分にした。シュレッダー

にかける積りだったが、音も煩い。 選別しながらだから1日に2時間以内に決めて

いる。{刻は哀しみも喜びも完全に癒すことはなく思い出も同様に思えるのです}

家族の為に遺して置けばと言われた事もある。しかし、親子関係は一世だから・・

その絆が深くなって消滅して行くまでの彼らの人生とは全く違う時間で生きていた

時や私個人が必要だった時間は完全に終わっているから・・今更厄介な荷物を渡す

気にはなれない・・(;一_一)

そんな物貰っても面倒なだけだと思うから、身辺はさっぱりしておきたいと常々考え

その思考はベトナム生活があったからで、何もなくても最低限の生活ができることに

気ずかされたからでもある。 沢山のものを持っていても使用する人は1人だし暑い

国にいると脳細胞が大雑把になって行った。 国民性や習慣の違いなど人生の価値を

凄く考える時間でもありました。面白いほど単純明快で暮らせたのです。

△自分自身だけを信じればいいので・・その事に価値観がある事を随分教えられた△

生きてきた時間や過ぎ去った時間は自分の中に確固たる事実として残っているその事

だけが大切で・・それは私の消滅と同時に消えてしまえばいいと思っている。

以前に書いた記憶があるのですが人生には2つの寄り道がある様で『余生』という道

と『休息』という寄り道があると言われています。

も〖寄り道を楽しむ人生でありたい〗と切望している私だから・・そのための準備は

既に50代位から始めなければならないのに・・その時期は何も想定出来ない程の愚か

さだったから、正直焦っている部分があります・・あははははは 

ま、それでも遅まきながら、気が付いたのだから・・せっせと頑張っているのが今の

時間なのですが・・(+_+)   果たして間に合うでしょうか?・・( ^)o(^ )

息子からも友人からもPCに取り入れて置けば何て忠告も貰ったが・・(-_-メ)

とんでもないことで・・写真や書いたものは全て削除して消滅させたい願望が強くて

何も遺さないように処分しておきたいのが真の心情なのです。

形あるものは全て消去させておきたい。亡夫が亡くなった時は彼の遺品は20年近く迄

整理できなくてずっと持っていた。引っ越しの度に段ボール箱が幾つもあってゴルフ

バッグや釣り、スキー板、背広等など中々処分できなかった・・(;一_一)

それらは蓋を開けては閉められるだけになってそれでも破棄できなかった自分自身の

いい訳めいた心内が酷く重かった。それを持っている事で翳の様に佇んでいる亡夫が

何時もいて、時には優しい時間をくれる時もあったが薄墨色の心境の中で1人生きて

来た時間が長くなると・・否定も肯定もできなくなる。  静寂だけでもない心奥に

さざ波が立つ様で思い切りがつかないことも多々ありました。その上、自分はこんな

に長く生きる事を考えていなかったから・・焦燥感に煽られているのが現実なのです。

贅沢だと言われてもそれは個々の思考で自由にはならない事を知らされたものです!

身辺だけはすっきりさせておきたい衝動が先立っていると言えるのかも知れません!

〚どう生きるか?どう死ぬのか?〛の選択もできないのが実際の姿です。本人にも

それは決められない。誰にも・・(-"-) 【1人で行く道だけが決められている!】

         *それだけが真実だと思うからです*

せめて遺る家族に迷惑かけないだけの準備はして置かねばと思っているのですが!!

あくまでも個人的解釈ですから・・それに、少し“変人”的要素がある人だから理解

の範疇には入らないかも知れませんが・・結構焦っている・・はははははは

何かに追われている様な生活が帰国してから始まった気がしている。少しづつ方向性

が決められて来ているのかも知れませんが・・うふふふふ

ま、与えられている時間内に間に合えばいいのだと思っているのですが、容易なこと

ではなくて、かなり物が多いのは慾深い性格を表現しているのかも・・(><)

人間は善悪両面の中で生きている。汚濁に塗れて生きてきた時間もあり正常な感覚の

中で生きていた頃もあると思います。

でも人間の考えることの大半は心の奥底には沢山の悪意が渦巻いているのも本当だと

思いますしその反対側も数多ある事実も受諾できる。考え方の相違はありますが・・

心底、温かい心で接してくれる人も大勢います。しかし、人の心の中には羨望や妬み

が必ずあってそれが時には悪戯する。

また、心の底が氷に覆われていた時期にそれを穏やかに溶かしてくれる家族や、親友

に恵まれる時もある≪無寐と現実の挟間で右往左往した時間も有って懐かしく追憶に

浸る事もとても多くありましたねぇ・・(--〆)≫

夫々の人生を背負いながら私も海を渡り、山を越えて吹き荒ぶ吹雪の中温暖なそよ風

の中に人生を見て来た時代もありました。束の間の人生の重荷は降ろして身軽で囁く

風と美しい風景の中に放散させておきたいのが望みでもあります。

       ”そんな事を想起しているのが今の現況かな?”

現在は過ぎた過去の中に自分の幻を見て面影を懐かしんでいる部分があるのかも知れ

ず・・それはゆらゆらと揺れ動いて留まる事を知らない様子に見えるが、きっと何処

かの水底に何かの縁で繋がっている予感も少しして、それだけでも充分生きていた証

があって嬉しく幸せな気分になれる気がしているのです・・(*^_^*)

心の中の幻想は大きく羽ばたき、揺れ惑っている姿も陽炎のようにさえ思えて、その

瞬時さえも無垢な心に誘ってくれる気がしている・・わはははははそれは無いかも?

何せ、暇な人が考える事ですし、人生の出口が近くなった人の思考にしては非現実的

で笑止に耐えないかも知れませんが、そんな事を写真を処分しながら考えていました!

今朝も暖かい風が部屋の中を流れて生きている実感を感じている浪速の朝です。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/22 08:02
玄関を開けたら眠りから醒めぬ夜霧なのか?靄がかかっていて・・暖気の中近くに

燕の巣がある様で鋭声が姦しく、夢の語らいを始めていました・・( ^^)

屋根越しに見える低い山々にも行く先の定まらない朝の光は遮断されて躊躇いがち

に見える・・も、少ししたら自力で昇ってくるであろう熱い太陽の姿を思いながら

シーツを2枚干していた。

そこに、犬の散歩に来た中年の小母さんと目があって・・挨拶したら・・吃驚する

ような濁声で・・瞬間、手が止まってしまった・・あははははは

美形で素敵な格好をした小母さんでした。犬も小型犬でちょろちょろ歩き飼い主に

似た姿と思って眼の先に入っていたのに・・何処からの声?と言いたいほど割れて

いた。  風邪でも引かれているのか?元々の声なのか知らないが・・小父さんに

会ったかのようでそのギャップに部屋に入って笑いが込み上げて来た!

他人様のことを笑えた義理ではないと思いながらも余りにも差があり過ぎて可笑し

かったのです・・<(__)> 漸く5時を少し回ったばかりでしたが!

心密かに生命を繋ぎ青葉が新緑が刻を刻むこの時期に、朝から思いがけない出会い

があって”色々な色が重なって自然と言う美”の景観の中に呆気にとられた瞬間で

もありました・・(*^_^*)

「生きているって素敵!」何処に向かって行くのか?どの方向へ走って行けばいい

のか?解らないままで日々が迅速に流れて行くのを止められ無い瞬時のほんの些事

の中にも残像が見える時間が有った事を一寸仕合せに感じました。

※ベトナム定番料理

◎卵、海老、その他

ベトナム人が家庭で食する定番の料理を何種類か?書いてみます・・

①卵とベトナムハムの煮物

分厚くカットしたベトナムハムとゆで卵を煮込んだもので味付けがかなり濃い。

②烏賊炒め

烏賊と玉葱を炒めたもので、家庭料理ですがよく食卓に出る料理です。

ベトナムの烏賊は肉厚で味が濃く美味しいです。日本的な総菜なので何か安心して

食べられる。ご飯が進むし烏賊と玉葱の相性が良いのも特徴。味付けはニュクマム

と砂糖などが入っているが・・好みで香草や香辛料を足す人も多い。

③烏賊の唐揚げ

普通の烏賊を唐揚げにしたものでパリパリに揚げる。これもニュクマムや大豆など

様々な種類の醤油に浸けて食べる。 ニュクマムは地方によっても種類が違うから

その種類は数多あってどの位あるのか解らない。小魚だけではなく大豆からも作る

し、中身に入れる香草や香辛料によって味がかなり違って匂いの強いものから甘い

味のニュムマムもあります。唐揚げはビールのお供かな?

④海老のココナッツジュース煮

これは南部料理です。海老をココナッツジュースに浸してそれを熱して煮込んだ物

ココナッツの味が海老に染み込んで美味です。 ココナッツジュースは優しい甘さ

だから海老が一層甘く柔らかくなって美味しさを引き出している感じでしょうか?

養殖のかなり大きな海老が出回っていて安価です。かなり大きく手掴みで食する。

海老は注文する時100g単位で注文します。市場で買ってもかなり大きくても10匹

程度買っても500円位でした。 再来越した頃は少し値が上がっていましたが・・

それでも700円程度で驚きの大きさの海老が買えましたから・・本当に安い!

⑤豚肉と卵の煮物

これはベトナム料理では定番中の定番と言える料理で何処の家庭でも作ります。

日本ではカレーやシチュウー感覚の食べ物です。又、沖縄料理{豚の角煮}に卵

を入れて煮込んだものに似ています。箸ですぅーと切れるくらいまで茹で卵も味

が染み込むまで煮込みます。

豚肉も箸で割れる様になった位まで煮る。一切れ口に入れただけでも口全体に肉

と脂身がとろけ出す。ご飯の上に載せて煮込んだタレをかけて卵と一緒に食する。

南部では【テト】=旧正月には必ず出される特別な料理だったのですが現在では

どんなご飯や<コムビザン>にも毎日置いてある。店によって味は色々変わるが

これだけ食してもベトナムへ来た甲斐があると言うほど美味しい一品です。

これ以外では○烏賊の詰め物(豚肉を詰めている)○烏賊ボール揚げ(荒切りした

烏賊を丸めて揚げている)○春雨入り卵蒸し(きくらげや春雨を入れて蒸した物)

○豆腐と卵のココナッツジュース煮(豆腐は日本と違って固くそれを揚げて使う事

が多く、卵は大体が煮卵です)○海老のパン包み揚げ(北部料理で食パンのような

四角いパンに海老を挟んで三角にして楊枝で刺したまま揚げる、海老は殻つき)

○小海老炒め(海老は大小何種類もあるが小型の海老を使用。日本では海老チリに

使う程度の大きさ)○海老のトマト煮(揚げた海老をトマトで煮込んだもの)

こんなものがベトナム家庭料理として食されるものです。

市場へ行くと魚やには貝類や海老、蟹、烏賊などが凄い数で売られています。

その種類の多さに吃驚しますが、すり身などもその場で作ってくれるが日本の様に

3枚おろしなどは全くしない。ま、生で食さないからもありますが・・(-.-)

      {鋏で頭と鰭、尾、内臓を出してくれるだけです}

鋏の使い方が器用で見ているだけでも手早く面白く楽しめます・・うふふふふ

海の魚もありますが川魚の方が多いのはメコン河のせいでしょうか?中部では海が

近く漁港があるので魚介類は豊富ですし安いです。

また南部とは異なった料理が沢山ありますし、味付けもかなり辛く中部料理は辛い

ものが好きな人には美味しい料理かも知れません?

外は明るさを取り戻して、日差しも元気がありそうな浪速の朝です。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/21 08:16
どちらかと言えば〔感情型人間〕で余り深くもの事を考えないし、心の奥に受けた

インパクトが中々消しされないところがある。だから行動が先に出て「何のために

こんなことをするの?」という目的意識が希薄なのだろうと思います。

故に時折り{人間関係に失敗する事があって}{何をやっているのか?などや誰が

やっているのか?}という大切なところが抜けていてその相手の人間性や問題が心

の中から放棄している場面が沢山あって・・何となく1人で生きていることが多く

それが凄く気楽であり、生き方を狭くしている部分があるのだと思います。

それでも日本は安全だし言葉が通用するという大きな武器がある・・ひゃはははは

何処でも1人で出かける事が好きです。 面倒や厄介な事は後回しができない人で

即何でもしてしまいたい衝動が起きるから結局のところは失敗も多い・・(^_^;)

○誰かの為ではなく自分自身だけの為に生きる事に慣れてしまっているのでしょう○

*ま、色々な考えや生き方がありお小言を頂くかもしれませんが・・<(__)>*

しかし、我儘勝手が通る現実の生活に感謝していますが・・きっと、こんな生き方

に苛立ち好き勝手出来て・・などと思う方も大勢おられると思います・・(-.-)

流れに浮かんでいる水草の様に儚いそして小さな幸せを持ち、も、然程長くはない

と思われる年齢を数えると、色褪せ、潔く散って行った桜花を思い出し後続の花で

有りたいとささやかな願いを持つことは悪いことではないのではないでしょうか?

あるいは精一杯、生命ある限りオロオロ生きる人生もいいのではないでしょうか?

既成概念が現在は何処かへ消滅してしまっている気がします。そんな世の中にいて

老化が進行している心中には<心の奥底に冷たい風が吹き処世の風当りが強く感じ

るのは仕方なく我身にも絶えず雨はそぼ降っている感じがします>・・うふふふふ

でも、朝日が上昇して辺り一面燦々と太陽の恵みに照らされるとそんな陰気な思考

は吹っ飛んで行くという到って単純で染め始めた新鮮な朝を迎えるとその明るさに

心から幸せな感情が湧くのも事実です・・あははははは

ま、この程度の単細胞ですから難しいことは考えないという思考回路に見事に嵌り

暢気に気ままに暮らしているのが現状ですが・・も、そんな生き方をしてもいい?

と言いたいのが心情なのかも? ≪頑張って懸命に生きてきた?≫って聞かれると

これは「うぅ・・」となってしまうがその時代その年代なりに懸命だった気はする

のですが・・(-_-メ)  「解らないです!・・(・_・;)」

けれど何を基点にして、何処が線引きされているのかが理解できていない人だから

確実な回答は出せない。時代も流れも主人が生存していたという事実の中では凄く

安穏で楽ちんで、彼の傍でうろちょろして生きていた時代を考えると大して頑張る

生き方ではなかったと思える。亡くなってからはそれなりの世間の風に晒され、声

をあげるほどの慟哭の日々があった事も事実だけれど・・(-"-)

何と言っても凄く苦労し大変な思いをした記憶はもう既に過去の遺物となっている!

忘却するほど年月が経っているのだから・・これからはもっと自由に自分だけの人生

でありたいと最近は特に強く感じています!贅沢な生き方ですが無慾無風な今だから

そんな婆さんが居てもいいのでは?なんて思っているこの頃です・・はははははは

※ライスペーパー

観光で渡越される方々には必ずと言っていいほどこの工場といいますか?ま、作業所

みたいな場所に案内されてご覧になる機会があると思います。

煉炭に火を熾し、薄い鉄板のような鍋の様な円形の上に米粉を凄く薄くサラサラ状態

まで溶かしてしゃもじで熱した鉄板に薄く引きます。 その大きさは作業所にもより

ますが小型から大きな物は30㌢位もあります。 大抵は円形で日本の様に四角形では

無く、もっともっと薄いものです。籐の太い棒でめくる様に取る処もあったり、又は

菜箸で上手に剝す人もいてそれぞれの家庭のやり方がある様です。つまり家族でして

要る処が多いからです。  まだ濡れている円形のライスペーパーは竹製のシートに

並べ、立てかけ日本の海苔の乾燥みたいに太陽に当てます。凄い量です・・(*_*)

この暑さですから直ぐに乾燥するのですが、何日天日干しするのか?は聞かず終い!

それが家内工業の様になっていて黙々と同じ作業が毎日続いているという状況です。

市場に出されるときは大きなものやら小さいもの、唐辛子入り、胡麻入りなどもあり

種類も大きさも結構な数があります。 勿論、春巻き〈生、揚げ〉に使用されますが

未だ乾燥していない生状態に{日本風でいえばハンバーグの具の様なもの}少量入れ

細く巻いたりして香草で作ったタレをかけベトナムのハムやもやしなどを載せて朝食

に食する事もあり、店では目の前でライスペーパーを作っている人がいます。

タレは甘辛く、香草を山盛入れてくれるし唐辛子抜きも持ち帰りもOKの店がある。

市場やスーパーでは乾燥されたものは紐が掛けられ50枚位の束にして売っています。

大家族用には物凄く沢山縛ったものもありますし、ベトナム人にとっては必需品!

家庭でフォーを食したい時は乾燥したライスペーパーを麺用にカットし使用します。

料理にも色々な具材をいれて揚げるものもありますし、使用法はかなりあって家庭

では水に濡らして、野菜や肉、香草を包んで食する方法が1番多い食べ方かしら?

だからなのかも知れませんがサイズが色々あるのではないでしょうか?

陳列されている数は想像以上で本当に沢山あります。お土産にいいかも知れません!

何処の家庭にも無いことはないのがライスペーパーだと思います。

フォー用の生麺は麺やさんに有りますし、麺やには何種類かの太さの麺がありこれも

用途に合わせ購入する事ができます。ビニールの手袋で引き千切るようにして少量を

買っていましたが・・種類が多くて楽しみでした。 昔は箸で千切っていたのですが

今はビニールの手袋が義務付けられたようで何処の店に行っても手袋を嵌めている。

朝から暖かい空気が窓から入って来て気温も上昇しそうな気配の浪速です。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/20 07:56
暗雲がその闇を切り裂くように遅くから降り出した雨は夜空まで続いた当地方です!

容赦なく間断なく降り続く雨にいささかうんざりしながら・・我がもの顔に落ちて

くる雨粒を何度も窓を開け閉めして眺めておりました・・うふふふふふ

車の往来も少なく雨模様の日曜日でしたねぇ・・(-"-)

薄らいでゆく時間との駆け引きには雨の存在も不可欠だと思いながらも、じりじり

焦がされる様な太陽の勢力が恋しい日になりました。幾筋にも乱雑に風に運ばれて

雨音が時折激しくなって空中で交差しているかの様子でした。流されていく雨脚が

道路に到達する迅速さにも追われている錯覚があって・・信号機が変るのも何故か

もどかしく、思う様にならない人生の生命の繋ぎを刻んでいるように感じていた!

一瞬の時間にも生命が宿りどんな表情で生きているのかを時間が止まった様に頭の

中に焼き付けておりました・・最も、それらは瞬時のことでどんな顔でありどんな

思考の中でいたのかなんてほんの数秒で霧散されていく瞬間なのですが・・(+o+)

色の無い世界に立っていると人間の心なんて高々知れていると嘘吹きそれでもそこ

には人の心が確実に生きていることを教えてくれる。 変化しないものなんて何も

無いように・・展開されて行く事に不安感や恐怖はあるけれど現実の時間は冷酷で

過酷過ぎる刻を刻んでいくのが本来の姿なのかも知れません・・(-_-メ)

かと言って時間的な経過が自分の愚かな思考に反映するとは限らず・・老化と共に

どんどんと低下ししぼんでいく過程を脱ぎ棄てて行くようにさえ思えるものです!

ま、生きているから元気に歩けるからこんな考えもできるのかも知れませんが・・

※路上の物売り

現在は法律が厳しくなったのと、庶民生活が落ち着いた感じで物売りの人は昔ほど

多くはなくなった気がします。最初渡越した時は物売りは氾濫していて・・誰が何

を売っているのか?また何が売られているのかさえも見当がつかない状況でした!

今は大体は解る様になりその人を呼び止めたりも出来る様になった・・( ^^)

家の前でしゃがんで出来あがるのを待ったりその行程を覗いていたりと路上販売は

結構、興味津々で楽しみでもありました・・ははははは

ノン{菅笠}を被り顎まで確り紐や布で縛った小母さん達の肩には、一家の生活が

掛っていました・・(-.-) でも今は楽しみながら陽気に暗い顔をした天秤棒担ぎ

の人は殆ど見かけなく陽気で冗談言いながら楽しそうにして仕事している姿が多く

なった気がします。そして、小さいながらも店を出す人の方が増加しています。

雑貨、小間物、絵葉書、マスク、サングラス、手袋、食べ物、宝くじを売る人など

は未だ未だ結構な数はいます。これらは小遣い稼ぎかも知れない・・(#^.^#)

変ったところでは{何処の工場や会社の壁に家の金網にでも鏡だけを掛け}椅子を

置くスタイルの散髪やがいて・・これが妙に上手で手早く安いのです。傍をバイク

や車がビューンと通過しても揺るぐ事なくさっさと刈上げて行く。

その技術もですが見ていても面白いです・・ふふふふふ長い工場の裏手にはずっと

並んで散髪やが何人もいて・・待つことなく順番にカットして貰っている姿は日本

にはない光景だと思います。 勿論、店をどっしり構えた理髪店も多々ありますが

ベトナム人はこの散髪やを利用する人が多いのも特徴でしょうか?

靴磨きの少年もいます。 おか持ちの様な箱をぶら下げて歩いていて何処でも客が

有ればその場所で磨いてくれますが・・ベトナム人はサンダルが多く大体は観光客

や外国人相手にしているようでした。編んだ籠を頭に載せる人もいたり食べ物売り

は実に様々なものを売っています。 茹でたてのピーナッツは好みですが乾燥して

いるのしか食したことがない私は最初は驚きでしたが・・それも慣れでした。

炒った豆しか知らない人には粘りっこい湿った豆は余り好きではないかもですが?

茹でた物ではトウモロコシがコーヒーの豆の袋にびっしりと熱々が入れられ袋満杯

状態で自転車の後部座席に積んだようにして売っている。 トウモロコシはかなり

美味で一本20円位から売っていて大抵2本買っていました。 その場で剥いて中身

を確かめてから売ってくれるから安心していました。時々見知らぬ人が売っていて

皮ごとくれるからジェスチャーで皮を剥く真似をしたりも何度もありました!

蓋つきの籠を持って歩いている若い娘に出会う事がありました・・彼女はその場に

座り込んでマニキュアとペデキュアをしてくれるのです。 美容室では当然のよう

にしてくれますが外歩きをしている人も見かけたものです。大抵は美容室でするの

が通常でした。又変ったところでは耳掃除の小父さんがいて頭に懐中電灯をつけて

椅子を置き、何故か?小父さんは口を半開きにしながら耳掃除をしている人が多く

興味深く見ていました。とても不思議な光景でした・・あははははは

前記したサングラスやマスク売りは板にびっしり商品をつけて紐をつけ肩から担ぎ

歩いています。疲れたらその場所で立て掛ける様にして売っていたりします。

食べ物やはフォーから甘味まで様々あって・・どれがどれか?何が何か?は判らず

人がしゃがんで並んでいるのを見て一緒に並んで買っていました。甘味のチェーは

米粉の白玉みたいな団子に黒糖を混ぜているのもありました・・(*^_^*)

全てが売り手と買い手が面と向かってその場でのやりとりで店になるという形式で

何が売られてるのか?本当に楽しみでした。数年した頃には親しくなった小母さん

が玄関から声をかけて焼きそばや冷たい米粉の麺を売りに来たり、団子や緑豆入り

餡餅だったり、ワッフル売りなどが来ました。通過する度に一応声をかけてくれる

様で・・その都度、色々な食べ物との出合いがありました・・ふふふふふ

店の中に入って{ご飯やフォーや}には数えきれないほど行きましたが、不味い店

は本当になかった気がしています。何処の店でも値段の相違はありますし、外国人

という事で吹っかけられていた時期もありましたが住んでいるとその格好がまんま

ベトナム人に近いから誰も観光客とは思わない・・ひゃははははは

そんな生活をしておりました。洗いざらしのTシャツとショートパンツや7分パンツ

姿でお腹に布袋のお金を小額入れて買物に出かけていました。無論、素足にビーチ

サンダルですから・・誰もが外国人とは思っても「マダム!」の掛け声は既に無く

なっておりましたねぇ・・わははははは 《懐かしいなぁ・・(-_-;)》

今朝は雲が多く、少し明るさが出てきた浪速です。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/19 07:24
隣のドアーに鍵が差しこまれたままで鍵穴にぶら下がっていました? 洗濯を干し

ながら「ま、近くまで買い物にでも行ったのかしら?」とか思っていたんです。

でもちょっと気にはなっていました。PCを終えた10時頃にも未だそのままの状態

だった。そこへ奥のお婆さんがディケアーと言うのですか?   車で迎えがきて

{週2回朝から夕方まで遊んでくるのを先日聞かされて}・・お昼も頂き又夕方に

送ってくれるそうです。その迎えの男性が2Fまで上がって来て隣の鍵に気が付き

「ドンドン」とドアーを叩いていました。暫くすると女性がでてきた様子で「鍵が

ドアーに差したままだと危ない」と彼は言って出かけました。

その若い女性は車がでた後「煩いなぁ・・解ってるちゅうねん! わざとそうして

いるんや!}などと言いながら鍵を仕舞いました。声が丸聞こえで『どうも旦那と

喧嘩したのか?鍵を忘れたのか?』状況だったみたいです・・ふふふふふ

私は余計な事言わなくて良かったと思っていました・・(-_-)現代は年齢差もあり

考え方も違うから迂闊に余計なお節介はできないと思いましたねぇ・・(@_@;)

親切に言った事が迷惑になる事も山々あるのだと知りました・・あははははは

そして、真夜中にトイレに起きたらまたまた大喧嘩しているんです{やれやれ!}

興奮してるから周囲が静寂だからその声が響いて・・どうも約束の時間内に帰宅を

しなかったみたいで、鍵をドアーに付けて置いたら隣の婆に言われてムカついた!

などの言葉が聞こえてしまった・・(><”)普通の若夫婦かと思っていたのだが

どうも年下の男性と同棲しているという話を大家から聞かされて吃驚した・・(@_@。

ま、そんな他人の事情など興味もなくどうでもいいですが・・真夜中の喧嘩は止め

にしてほしい・・そう思っています・・ははははは

今朝は早くから笑い声が聞こえています。犬も食わない夫婦喧嘩だったのかな??

※ベトナムの煙草事情  (ベトナムニュースより)

前にも1度書きましたが・・〚ベトナムは煙草王国〛で殆どの男性が吸います。稀

に子供が吸っているのも見かけます。 だから何処でも歩いていても、バイクの上

でも喫煙している姿は見慣れていました。  それこそ、ベビーや幼児などに害が

有るのではないかとその事は絶えず思っていたことです・・(-.-)

とうとうベトナムもこの5月から〖煙草の害予防法〗が施行されました。

△概要は次の通りだそうです・・

◎煙草関連企業に対しては

煙草のパッケージに[煙草が引き起こす疾患の写真]の印刷を義務化した。

違反者には〔凡そ24万円相当の罰金〕が科せられるそうです。

◎喫煙者に対しては

喫煙場所以外での喫煙に対しては〔950円から48000円程〕の罰金。

◎喫煙場所が決められているようだが喫煙可能な場所でも灰皿のない場所で喫煙を

した場合は〔汚れた周辺の環境の現状回復〕の実施を義務化した。これは汚したら

自分で後始末をしなさいと言う意味ではないかと理解したのですが・・これだけで

は正確には理解できなかったのですが・・そう感じました。

◎勿論、歩きながらやバイク上での煙草にも適応されると言います。

**愛煙家の方は法律が決まりましたのでベトナム滞在中はご注意下さいませ**

さて、以前にも書きましたがベトナムの煙草のご紹介もしておきます。

①トゥオックコンメーオ・ドー=クラベンA

 ホーチミンではよく見かけた赤と白い箱で猫がシンボルになっている。

②バーソーナーム=555

 東南アジアではよく出回っている種類だそうです。黄緑と茶色で中央に555と

 書いてあり{スリーファイブ}とも呼ばれている、

③ヴィナタバー

 金色で赤字で名前が書いてある。北部方面ではこれが1番の売れ筋だそうで強い

 感じの煙草だと言われています。

④バックハー=メンソール

 ベトナムではメンソール入りは少なく余り好まれていないと言われています。

⑤サレーム=セーラム

 メンソールの代表的なもの

⑥マーイセブン=マイルドセブン

 吸いやすい様でジアではNO1 のブランドでお土産品に適している。

⑦マ-イセブンラーイ=アイルドセブンライト

 これも上のマイルドセブン同様ベトナム製もあり売られています。

⑧マンチャーン=マルボロライト

 白いマルボロという意味らしいですがこれも見かけました。

ま、自分が喫煙しないから詳細は解っていませんが・・まだ種類はあるようです。

日本から男性にお土産用として持参すると凄く喜ばれるのはキャメルだと言われ

ています。流通が少ないのでベトナム人はかなり嬉しいそうです。

ベトナムニュースとして大きく取り上げられていましたのでご紹介しました。

〚やっとそんな時代になったのか?〛と一種の感慨がありますが・・ふふふふふ

少し風が強く冷たい感じがする浪速の朝です。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/18 07:59
最近は何かと外出が重なって膝が少し痛むので、昨日は何処にも行かずでした!

食物も余るほどあるし消化しなければと珍しく、里芋の煮ころがし、ニラと豚肉の

卵とじ、ポテトサラダなど作りビールも飲んで1人には贅沢で賑やかな夕飯でした。

ビールのおつまみには鶏肉の香草焼き(前日分)と板わさ、漬物という塩梅で少々

食べ過ぎました。朝食は少しずらさないとと思っている。尤も少しづつの量ですが

時々、思い出したように色々作りたくなるんです・・あははははは

本来が主婦だけの人でしたから・・家事が大好きで、も、やり出したら頑張る??

それも狭い部屋ですから時間も手間も掛らないから・・暇だからかも知れません!

話は変わりますが・・昨日、

多分、この市だけかも知れませんが黄緑の封筒が届いて65歳以上の方についての

アンケートだったのですが・・{その内容が私本当に大丈夫?}って言えるもので

①から⑳位有って1人で買い物に行けますか?電話番号を調べて掛けられますか?

この1年以内に転倒した経験は?階段は手すりなしで昇れるか?1週間以内で嫌な

ことがありましたか?1日30分位は歩けますか?などの項目が並んでいました。

老化と1人暮らしの調査なのかも知れませんが「あらら、も、こんな事を問われる

年齢なのだ」と改めて感じていました{はい、いいえ}を丸で囲みながら・・心情

はかなり納得と複雑さが入り混じっておりました・・ひゃははははは

ま、今のところは大丈夫みたいですが?もしかして『毎年こんな調査が行われ返送

させられているのか?この市は』とか思ったものです・・(-_-)

有り難いけど、ちょっぴり嫌な気分もありました<親切も度が過ぎると嫌味に感じ

るのは僻みでしょうか?>・・うふふふふ

これで色々な事を把握して市では対応されるのかも知れないと思いつつ・・〔何だ

かなぁ〕って思って封を閉じましたけれど・・(-.-)

※〖国営デパートと雑貨〗

1区に〖国営デパート〗がかなり古くなっていますがあります。再来越した時も見

に行きましたが、未だやっていました。当初行った時は薄暗くて以前ハンガリーで

感じた同じ匂いがしました。きっと、社会主義の何とも言えない圧迫感と緊張感の

ある雰囲気とでも言いますか?そんな感じでしたねぇ・・(--〆)

しかし、現在は照明も明るくなって大型スーパーが入っているし、怪しげな化粧品

売り場や洋服や土産物店なども近代化されていました・・(@_@;)

すっかり様変わりしていましたが、観光化されたのでしょう・・! あの超有名な

”ベンタイン市場”よりも安価だから割と人が入っていた。ベトナムのお土産品は

ここで全部買った方が安いかも?と思っていたし、実際私はここを利用していた!

昔は子供用に不思議な顔をした動物の乗り物が何台もあったり気味の悪い毒々しい

色のぬいぐるみがあって・・それでも子供には受けていた記憶がありました。

現在はユーホーキャッチと言うのかしら?そんな機械やゲーム機も入っていて驚き

ましたが・・潔く破壊して新しいものを取り入れる政策は中国には無いまた違った

社会主義国家を生んでいるとそう思わせるものがありました・・( ^^)

ベトナムと言えばバイクですが・・バイクの必需品で欠かせない長い手袋は肩から

とか半袖の下辺りの物、肘程度、手首程度のものなどカラフルで物凄く種類があり

手に取ってみるだけでも面白いです。マスクも三角巾の様なものから帽子と一緒に

付いていたり、日本の様に白が殆どではなくて{お洒落感覚で様々な色彩のマスク}

が壁面に全て並べてあったりする。消耗品だから直ぐに駄目になるのもありますが

家族で使ったり、そこら辺りに放リ投げてあったり家の中にはあちこちにあります。

決まった場所に置くなどという面倒なことはしないから絶えず探し物をしているし

家族の物なら誰が何を使っても平気みたいです・・流石にマスクは拝借した経験は

ないが・・ハンカチを三角にして私はよく使用していた。マスクも買いましたが。

サンダル、籐のかご、民族が作った織物やスカーフ、刺繍されたテーブルクロス等

ベトナム人形等もアオヤイ姿だったりノンと言う傘を被った物なども沢山あった。

手刺繍で作られたサンダルや小物に刺繍された袋類は数多くあり軽くて安価だから

お土産品には数を買っても安心です。 水牛の箸、スプーンなどの食器関係も多々

有りますし水牛の角でパッチワーク風に作られたポシェットも人気でした。

スーパーには食料品のお土産が沢山あるので・・混雑する”ベンタイン市場”より

かなり空いていて、見て回るのには面白い場所です。

木下駄のサンダルも木枠の台に好みの柄がいっぱいあるので好き勝手に作って貰え

たりするのも面白いのではないでしょうか? 種類の多さに迷いますが・・(*_*)

雑貨では刺繍入りのバッグ、小物袋だったり、ホウロウのトレイ、食器類など有名

なバチャン焼きが揃っていて{ままごとのような小さなお茶碗とポットもある}し

ごく普通に使用できるもの等も様々に揃っている。勿論、コーヒ―用のアルミ缶付き

セットや前に書いたお茶の種類なども多々あります。藁で作った籠も色々ありますし

外出用の籐で編んだ素敵なバッグ類も見逃せない雑貨です。

日本で同様の品を見たことがありますが驚きの値段になっていました・・(@_@。

とに角、観光客が余り行かない通りや今日書いた〖国営デパート〗などは穴場では?

先ず種類が豊富だし、それほど混んでいない。じっくり探すと偽のキャラクターなど

を見つけて思わず笑ってしまったり、それらが平然と並べられてあるのもいい加減で

売れても売れなくても競争する気もない、そんな雰囲気の店だと思います・・( ^^)

観光雑誌に掲載されていない店を探すのも楽しいですし、一寸、外れると嘘のように

値段が変るのもベトナム式でアバウトで面白いと思います。シクロやバイクの模型も

沢山あって・・記念に買いたい欲望が出るものです・・ははははは

洋服等も日本では先ず見ないという色彩感覚の服やTシャツもありますので・・色々

探してみるのも買物の楽しみかと思います。 観光するのにはベトナムは今が面白い

時期かも知れません・・(*^^)v 最も現在は『雨季』ですが、それでもよければ?

窓を開けたら風がすぅーと通り抜けて、思ったよりも涼しい風で1時間程度で閉めて

しまった浪速の朝です。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/17 08:55
珍しく近くの友達の家に来たからと言って姪が寄ってくれた。色々な世間話の中で

唖然とした話しがありました。姪の子供は今年高校に入学したのだが、その担任の

先生から親宛てに毎日メールが送信されてくるそうです・・実際に見せて貰ったの

ですが今日の行事だったり、明朝9時から▽▽試験がありますから予習をして置く

様にご両親様の協力をお願いします。体操着を忘れないこと。◎◎行事があるので

下校時間が遅くなるなど・・そのような事が長々と書かれていてクラス全員の親に

一斉送信されて毎日届くと言うのです・・\(◎o◎)/!

幼稚園でもそんな事が無かったから驚いていると言っていました!私もこの時代の

流れや色々な問題を抱えている教育社会の中ではここまでしなければいけないの?

とか反面、生徒への信用がない様にも思えてちょっと複雑感が過った思いで見せて

貰ったが多分、その学校でその先生だけの考えからの行動かも知れない・・(@_@。

それにしても仰天ニュースでした・・感動もしたし敬服に値する行為だと思います。

しかし、確りと親子関係がはたまた先生と生徒間がスムーズになるのか?いささか

の疑問もありましたが・・不思議な時代になった感覚が拭えなかった・・( 一一)

※オーダーメイド  《アオヤイ》

観光客でどうしても着てみたい人もあり、オーダーメイドを利用する人も増加して

いるのは事実です。しかし、やっぱり正直な話、着てみたいけれど、いざ作ったと

しても『何処で着る?』ってことになると若い人は友人の結婚式やパーティなどが

有って着用する機会もあるが・・中年になるとこれは別問題です。 そんな機会は

先ず殆ど無いと思います日本では・・( ^)o(^ )しかし、記念に作りたい人が案外

多いのも現実なのです。それが凄く安くて早く、宿泊のホテルまで届けてくれると

言うサービスがあるのです。 日本では想像できない早業で数時間で完成するのも

大きな魅力です・・(*^^)v  生地を選び形を指さし(カタログを見せてくれる)

サイズを測って[これは正確に何10ヵ所も測りますが]から大体6時間程度?

もっと早くしたい人は期待に応えてくれる店も数多あります・・うふふふふ

観光客相手のオーダーの店は英語が先ず完璧に近いほど通用するから話せる人には

利用できる店だと思います。生地の種類は豊富でベトナム人は公式な場所や結婚式

など以外はポリが多く、普段のパーティなどもカラーのバリエーションが豊だから

ポリが1番多いですが・・正式の場合はコーデュロイ、シルク、オーガンジーなど

全部に刺繍入りだったり、特殊なスパンコールで華やかさを出したりもします。

それらは矢張り高価になりますが普通の観光客用は驚きの安さで作れます・・(^^ゞ

自分の体にフィットして気に入った生地で《アオヤイ》を着るのもまた楽しい!私

もオーダーしたものも入れて4枚持っていますが・・1つは着れないのがあります。

これは吊り下がっているのを色が好きで買ったのですが試着する勇気がなく、未だ

渡越して間がない頃に買ったもので・・胃、腰お腹まで極端に細くなっているから

です・・あははははは これは大失敗・・(><;)その後はオーダにしました。

      *所で《アオヤイ》について少しお喋りします*

ベトナム民族衣装と呼ばれる《アオヤイ=アオザイ》は長い服という意味です。

日常的には、公的な勤務をしている女性。例えば、役所、郵便局、航空会社、又は

タクシー会社などもっとありますが大体そんな所では普段でも着用しています。

ベトナム人は足の長さが背の高さに関係なく長いから着ていても素敵に見えます!

最初に見られるのはベトナム航空の制服で・・ピンクより赤に近いでしょうか?

後は地上勤務の女性は目が覚める程の綺麗なブルーで真っ白のパンツを履いてるの

を見る事ができます。ホーチミンではホテルのフロントの女性たちも着ていますし

最近の女性は背も高くなり・・すらりとして本当に大人っぽくそして品よく見える

から素晴らしいです・・(●^o^●)

高校生は白い制服ですが・・地模様のポリが多いみたいです。洗い替え様に2枚は

最低持っているのが普通かな?純白ですが・・よーく見ると地模様が細かく入って

いたり大柄の模様だったり間近で見るのとでは違う事がよく解ります。

《アオヤイ》にも流行があり、上着の丈が長くなったり、短くなったりします。また

パンツ{クアン}は凄く幅広かったり、ストレートになったり上着の下は白のパンツ

と昔は決められていたのですが・・今は上着の中の一色を取って作ったパンツが流行

しているので思いがけない色のパンツもありカラフルです。襟の高さやボタンの位置

等の流行も色々あって面白く見てきました・・うふふふふ

ベトナム人は大体高校生位から正式に着て出かけられるように身体を保つように教育

されます。胸はパット入りのブラがこれでもか?という具合に売っているので自分に

合ったものを購入するようです。日本では見られない色のブラが山積されて市場でも

露店にも売っています。殆ど全てがパット入りですし派手な色ばかりで驚きます!!

胃や、腰、お腹回り等も絶対出ないように食事制限します。腰は58㌢が普通かな?

娘たちは心得ていて結婚式や恋人ができたら、食事は極端に減らし体系を保つ努力を

します。芯が強いのでしょうか?昔からそうしているせいでしょうか?かなり意志は

強く制限していました。暑さのせいもありますが日本人より食べない。

食事は美味ですが・・量は少なく何回にも分けて少しづつ食している・・(*^_^*)

両サイドが開いているので素肌が見えるから太っていると《アオヤイ》は着れないと

思っているのかも知れません・・ははははは  

しかし中年になるとかなり緩和されて太り気味の人も多く大きなお腹でも平気みたい

ですが・・娘時代は親からの厳しい躾があるようです・・(@_@;)

ま、生地の種類や刺繍等によって値段は異なりますが、大体生地込みで5千円あれば

オーダーメイドで身体にぴったりした《アオヤイ》が作れるのではないでしょうか?

店の格もあって慣れている観光客相手の店は割高ですが・・私は知り合いだったから

生地も全て任せて無料で作って貰っていました。何度でも直しが利くのも便利です。

他の洋服も写真などを見せて作って貰う事も可能ですし、早く丁寧だし、何より安い

のが魅力でした・・ひゃははははは 「安い!」言葉に弱くてねぇ・・ふふふふふ

道路にミシン1台置いて修理をしてくれる小父さんやお兄さん(男性が多かった)が

居て、パンツの長さとか解れ等を50円位で直してくれる人があちこちにいました。

時々私は言葉が解らないから紙に書いて<何時に取りにくればいい?>なんて聞くと

指で3時とか紙に数字を書いてくれ取りに行ったりして直して貰った事が何度かあり

本当に安かった。ミシンが出ていると持って行く人の数も多く・・横に積まれていく

数も凄くて吃驚しましたが・・手早くて綺麗に直してくれる。擦り切れたジーンズも

ポケットなどを取って生地も持参するとそれを使って膝などに器用に模様が作られて

有ったりもしました。器用なのでしょう・・( ^^)

〚とても美しい民族衣装ですので・・一度試しに着て見るのもいいかも知れません〛

購入しなくても{着て写真を撮る観光客用}も多々ありますのでそれを利用されても

いいかもですが・・(--〆)観光客相手の店は思っている程安価ではありません。

その位出すなら店でブラウスやスカートを作った方が安い場合もあります・・(+_+)

今朝も気持ちよく晴れて洗濯物が早く乾く感じの浪速です。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/16 10:37
又、瞬時にして書いた記事が消滅した・・(><;)下書にしておけばよかった!

以前はそう言う事が多々あって下書きにして来ていたが数日前と今日で2回完全に

全部削除されてしまった・・もう、全部書いてしまい読み直していただけに気力が

萎えてしまった・・何と言っても朝の気分次第で書く人だから・・それが削がれる

と大変なのです・・(-_-メ) 同様には2度と書けない・・(泣)

昨日は大好きな女性とのデイトでした。彼女は大病をした後なので顔を見るまでは

心配でしたが・・すっかり元気になっていて心底安堵した気分でした。 どんなに

辛かった事でしょう・・(-"-)   でも記憶は殆どなかった様ですが、ご家族も

いかばかりのご心痛だったかと想像されて・・ずっと心の隅に掛っていました!

それだけに元気な姿を見た瞬間「ほっ」としたものです・・\(~o~)/

歌の文句にある様に中之島・・大阪にもあります・・薔薇園へ行って来ました。 

個人的には数回行った経験がありましたがかなり昔で現在は凄く整備されて綺麗に

なっていました。頂いたパンフには水都大阪のシンボルで歴史的な建造物や文化的

雰囲気のある場所だと書いてありました。前には土佐掘川が大らかに流れ、道路を

挟んで市役所や公会堂、図書館、陶磁器美術館などがあります。

川風が気持ちよく時々観光船が静かなさざ波で通過したり、またはタンカーが波動

を大きく作って川岸にぶち当たっていました。真夏並みの気温だった前日とも劣ら

ない暑さでしたが・・(-_-) 大勢の観光客がカメラを持って撮影していたり丁度

見頃時期だったことも幸いでした。混んでいましたが・・(@_@。

パンフには薔薇園の特徴が書いてありました。薔薇の歴史を表すパッチワーク花壇

を中心部に配置し、それを取り囲む部分には、水面に映える立体的な演出がされて

いると書かれてありました。  以前とはかなり違っていて大規模な公園に変身!

彼女は家庭で薔薇を育てているので詳細でした。それを聞くのも嬉しかった・・

現在は様々な会社で種苗、品種改良が行われているとか?黒薔薇、紫(ブルー系)

の薔薇も今まで見たことない輝きを見せて自分を鼓舞していました・・(*^_^*)

本当に花好きなだけで名前など殆ど知らない人です。薔薇と言えば矢張り〚女王〛

の貫録がある様に思えました。ご存じの様にプリンセスの名前が付いた品種も多く

クイーン・エリザベスを筆頭に、プリンセスミチコ、プリンセスアイコなどもあり

ました。後はカトリーヌ・ドヌーブ、ジーナ・ロロブリジーナ、天津乙女さん程度

しか理解できていなく、それも花と名前が合致出来ていない有様ですから・・?

種類が多すぎてただ見惚れておりました。 篝火の様に高く作られた中には純白の

薔薇があったり、アーチの種類も沢山あって驚きました。アーチに咲き誇っていた

ピンクの濃淡の薔薇は花弁が多くとても優しい感じの薔薇でした。凄く愛らしい!

黄色の薔薇の種類も数多あって微妙に色彩が違うのも興趣がありました・・(*_*)

桜もそうですが最近は品種改良が盛んで{これも時代の流れでしょうか?}薔薇の

花も本当に想像できないほどに種類が豊富で吃驚状態でした・・(@_@;)

『彼女たちは華美、妖艶、上品でもあり粛々とした姿を誇示させて今を盛りと矜持

 を持って自身の姿や形を威風堂々と見せつけてくれました・・(●^o^●)』

ベンチもあちこちにありましたし食事をしている人もいて賑やかで何処へ出かけて

も中年から老人の数の多さに圧倒されておりました・・あははははは

彼女が調べて来てくれた英国風のティルームでの昼食は1時間以上待ちと言われて

がっかりしましたが、同じ通りに川床の様にテーブルが並んでいる和食やに入って

川風の爽やかなそよぎと若葉の黄緑に癒され美味しいお昼をビールと共に頂いた。

薔薇園に入った所で大勢が列を作って並んでいる男性を見つけ驚愕しました・・話

には聞いていたのですが・・ボランティアでお弁当を差し入れしている人達がいて

階段からずっと続いて凄い人数の人が並んでいました・・(@_@;)

真横に市役所があり、通り隔てば満席の食堂が立ち並ぶ構図は何を考えたらいいの

でしょうか?市役所前では数人が大声で何かの反対コールをしていましたし、警備

の人に腕を掴まれている姿もみました。

世の中は不条理と不公平、格差の世界がずっと続いています。どの時代になっても

それは変化なく押し寄せているのが現況です。 日本を数年離れた暮らしから外側

から見えた日本にかなり思考しなければならない原点の様なものを感じていた。

しかし炎天下とも言える暑さの中で、並んで食事を貰わねばならない人の多さにも

一抹の不安と不信感が拭えなかったのも事実です。

無論、豊かな者は貧困者に”惻隠の情”を持つのは自然だと思いますが・・実際に

目前で見たのは初めての経験でした。矢張り何かが?違うし、何かが狂いつつある

気がしました・・(-_-メ)  〔私だけでしょうか?〕

私の様な年代になると先行きがほぼ何となく理解できそうな予感で、毎日が単純で

楽しくあればいいとそう思っています。 生きているという現実の稀有さにも感謝

している積りだったが・・こんな人生もある事に少なからず衝撃を受けました。

私的な事ですが、決して豊かではなくぎりぎりの生活です。それでも若いころ贅沢

に暮らせた名残で何1つ不自由がなく欲望もなくなって・・楽しみと興味ある事に

費やしている日々です。何時どの様な事が起きるか解らない。見えているあちら側

の門扉まで辿りつけるのか?門扉は開けられるのか?なども感じますが・・(+_+)

毎日暗く暮らしても《定められた道は1本》の年齢ですから・・他人の為ではなく

残りは自分の為にだけ生きたいと願っています。それが贅沢だと言われても多くの

課題を残しても・・誰の為でもなく自分の人生だから、自分が納得して歩きたいし

自分の人生を全うさせられたら等とそう思う日々です・・ふふふふふ

彼女は大阪の母の為と言い重いのにカーネションの鉢植えを買ってきてくれました。

暖かいピンクの小花が次々と咲いて暫くは花の途切れのない生活ができる事に無上

の喜びを感じた日になりました。随分引っ張り回して疲れさせたかも?心配ですが

この歳になって出会えた大切な友人です。子供と同年位で丸で親子ですが・・(^^ゞ

私とは正反対の頭脳明晰、容姿端麗ですから一緒にいても話題が豊富で飽きないし

大人の女性です。この歳で知り合えた事に感謝しています。

何か結構いい調子で綴った文章だったのに全て消えてしまったが・・この程度です!

今朝は昨日より少しだけ涼しかった浪速です。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/15 07:43
春を通り越して真夏の気温になった昨日は・・部屋の中を全開していても「ムゥッ」

とした空気が入って来ていました。大きな洗濯物も幸いにして、全て乾燥した!

冬物がも、何も要らない程度に温度が上がって「未だ寒いですねぇ」何て言っていた

挨拶が「いやー暑いわねぇ」にすっかり変っていました・・(-_-)

これだけ温度差があると大抵の人は身体に影響が出るもので、水分補給がTVから流れ

ていました。 未だこの時期なのにと言う感覚と熱中症の感じが合致せずに不思議な

感じを受けておりました。頂いた薔薇が蕾も咲いて花弁が落下していた・・( ^^)

{暑さのせいだから仕方ないと思って片づけた}少しがっかり・・うふふふふふ

冬物にアイロンを掛けて片付けていたら汗が出て薄物に着替える日中でした!!

※ベトナム人の伝統的なマナーについて

嘗て少し書いた記憶がありますが・・この国では日本ほどマナーについては厳しく

ない。暑い国であることも大きな要因ですが〖外国人〗という事で大目に見てくれ

る事がかなりあります。{知らないのだから・・}て感じでしょうか?

ベトナム人にとってこれは守ってほしいマナーとして数種ありますので機会がある

方は覚えていて頂ければ・・幸せです・・(#^.^#)

先ず1番違う事は”年長者は絶対的に偉く、無条件で尊敬される”という事実です。

日本ではあまりそう言う事はないからベトナム人宅からの招待で食事に行った場合

年少者が年長者に『召し上がって下さい』的な言葉を発し、ご飯の上に総菜などを

載せて上げて・・勧めるのが常識みたいです。外国人にも食べ方が解らないと理解

すれば年少者は食べ方を教えてくれることが通常にあります。

お客や年長者はお皿などに自分勝手に取る事は殆どしない。してくれるのを待って

いる感じでしょうか?また、年長者が箸をつけないと食事は始まらないのです。

それは割合い守られていて・・殆どの人は待っている状態です・・(-.-)

特に年少者は接待した客や年長者には心配りをしなければならず本当によく働く!

総菜を1つづつご飯の上などに載せ、それを食べると違う料理が載せられたりなど

の心配りは年少者の役割なのです。

家族の食事では日本と違う点はお茶を飲みながら食事は先ずしません。それは習慣

の様で食事後にお茶が出され各自で口の周りを綺麗にするという感じでしょうか?

しかし、露店や屋台、食堂などでは時代の変化もあって冷たいジュースやお茶など

飲みながら食事している人はかなり見かけるようになりました・・(*_*)

食事で日本と全く違う事では大皿で数種類が出される事です。小皿に取り分けられ

1人分と言う日本式スタイルではないことです。 それには箸やスポーンがついて

いて年少者が取り分けるという状況で、それが習慣です。

不思議な事に日本ではご飯とみそ汁など、スープ類も一緒に食しますがベトナム人

はご飯、総菜を食した後に汁物を飲むという慣習があるようです。これらも現代は

色々な地方からの出稼ぎ者も多くなり食事のマナーも変わってきています。

若者たちが多くなり余り気にしない人も増加しているが普通は汁物は後からと言う

順序は暗黙のルールがあるようです。全部ではないですが・・(^v^)

お皿や丼鉢を手で持ち上げる事もないですねぇ・・ふふふふふ 勿論、音を立てて

麺類は食さないのは当然ですが・・箸とスプーンを使いスプーンの上に載せ食べる

のが一応のマナーでしょうか?丼鉢に口をつけて汁まで飲む作法は皆無です!

以前にも書いたと思いますが・・お酒の席では、友人や招待客の場合でもビールは

大型ジョッキに氷の塊を入れて個々に呑みますが・・お酒の場合は杯は1つだけが

通常で、回し飲みをするようです・・(@_@。これには友情を分かち合うという意味

が込められています。人数が多い場合はテーブルを囲んだり、床に輪になるように

座って時計回りとは反対方向から順番に杯を空けて行くのも日本とは違った事かも

知れません。ただし、お酒の弱い人や、酔った人は断っても構わないのですが・・

大抵の場合は断りきれず呑まされているのが現況でしょうか?・・あははははは

ただ、これだけはしていけないマナーが1つあります。お酒の席では何も言わずに

席を立つこと席を離れる事は非常に〔無礼だ〕と思われています・・(-"-)

ま、次回からのお誘いは無いと思わねばならないでしょう・・はははははは

異性間での食事には男性は大変な気配りをしてくれます。 スプーン、箸の用意や

香草を入れてくれたり、食後の爪楊枝まで面倒を見てくれて凄く親切です。

爪楊枝は日本より頻繁に子供でも幼児の頃から使用するので、食後には必ず大抵の

人は片手で隠すようにして使用している姿は凄く普通です。店には必ずあります。

ドレスコードもベトナムは高級ホテル、レストランでも服装に関しては概ね厳しい

ことはないのですが・・矢張り高級レストランやホテルにはそれなりの格式がある

から少しお洒落して行くくらいの気分で出かければいいのではないでしょうか?

ホテルやレストランの品格はあるものですから・・(*^_^*)

男性は目上の人に会う場合は暑いからと言って半ズボン姿は失礼に当たると思って

下さい。女性の場合はお洒落感覚ですし見た目も素敵だから・・ひゃははははは

いずれにしても、さり気なく心を配り、気遣いができてお互いが楽しく食事すると

言うのがベトナム人の食事のマナーだと言えます。

それ程難しくはないですが・・年長者には要注意です・・ひゃははははは 私など

何処へ行っても特等席で大抵は1番先に食べる事ができる年齢ですから・・(*^^)v

ベトナムの若者は本当に老人には親切です。 それが凄く自然で当たり前のように

育てられているからでしょう・・日本とはかなりの差がある気がしますが・・??

尤も日本人だって優しい若者はいっぱいいますし素敵な国で有る事は改めて書く事

もないですが・・ふふふふふ 大家族で育っていないから・・違って見えるのだと

思います。どうしても老人になると動作も緩慢だし若者には邪魔な存在になってる

場合も数多あるのかも知れません・・順番なのですが・・うふふふふふ

最近は午前4時過ぎから明るくなってくるし5時には完全に夜明け状態です。時の

流れを敏感に感じる浪速の朝です。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/14 08:00
人間の心の中には時には悪戯を起こす要素がいっぱいあります。悪い意図的な悪意

を感じるものから軽い冗談のつもりが凄く深刻で相手を深く傷つける事があったり

暴走して歯止めが利かなくなる場合も多々あるものです・・(-_-メ)

何処かしら脳内で「記憶の回路や思考回路がショート}するのか?偶に思いがけず

覚えのない事が飛び出したり忘れていた話が持ち出されて「あの時こう言った!」

などと恨まれたり、妬まれたりする事も間々あり人間の汚濁部分を見る羽目になる。

TVや本の中のフィクションでもそのような話は本当に多いものです。も、この歳

ですから余程の事がない限り行き先は見えているから《出来るなら衝突したり、嫌

な事を言ったり、言われたりしないように気をつけている積りだが・・人の心裡は

中々思う様には行かない》 その上、も、私の歳になると忠告したり圧力をかけて

くれる人もないから「好きなようにすれば・・」的発想で理解してもらえない事が

多いのです。冷静に対処できる年代だからかも知れない。しかし人間の心などそう

簡単に年齢に応じて熟成するものではなく・・むしろ段々意固地になり狭隘な思考

の中で、ただでさえ《時代の迅速な流れにオタオタしている》現実に遅れて生きて

いる事が精一杯なのに・・他人の心を推量して話す事や心を傷つけないで言動する

事などにはかなりの抵抗があり度量が狭いから迂闊に行動してしまう・・(-.-)

*人生には無駄は何1つない*と言われていますが・・自分の人生を俯瞰できる歳

になってさえも・・未だ無知で我儘で自分自身をコントロールできずにいる!

「相手の気持ちになって考えたらそんな事は言えないでしょう」と言われても軽く

口から嫌味が出たりする。発した言葉は霧散して必ず自分に戻ってくる・・!(^^)!

[どうしてこう成長しないのだろうか?]と自分自身に嫌気がさしたり、長く生き

過ぎたことへの後悔が最近は往々にして心の中を支配します。ベトナムとの遭遇で

生き方も人生もすっかり変ってしまったせいもあるのでしょうが、人生楽しく生き

パァッと散りたい願望が濃密になっている事に少なからず驚いています・・(@_@。

古本やへ15冊をリュックに詰めて歩いていたら・・流石に重かった。それに昨日

の気温は初夏で28℃以上もあったから・・珍しくうっすら汗ばんでいた!

何時もは5冊しか探さないのだが・・7冊も購入して時間がかかりお昼過ぎて帰宅。

10時に出て往復2時間近くは歩いていたことになる。色々な事を考えていた。

大手の自動車会社のショウーウィンドー周囲にはサツキが満開で誘導されるように

会社の周囲をぐるりと歩いていたのも時間を食ったせいですが・・うふふふふ

ブログを初めて長いですが、沢山の人との出会いは色々な事を考える時間でもあり

本当はこんなに長く生きるとは想像しなかった分、大きな心の闇や自分の中にある

陥穽に落下しているのかも知れません。それだけに『能力がないからもう少し大人

の心になって成長しろ』と亡夫から檄が飛ばされているのかも知れません・・(^^ゞ

ま、良くも悪くもこの程度だからと何処かで安易に諦観しているのだと思います!

  ◎{おまけの人生}をどうすればいい形で終焉が迎えられるか?◎

{一考する時期なのかも?]知れませんが・・このままで何も理解しないままで逝く

気もしています。大体が少しづつ人より遅れて物事を考える愚か者だから・・今頃

になってあたふたしても仕方ないのに・・その事だけは理解しているのですが思う

半分も自覚がないのは恥ずかしい。年齢を重ねた分利口である筈なのに情けない!

久し振りに愚痴ってしまいました・・「うぅーー」・・m(__)m

 ★人間って滑稽で、愚かでどうしようもないほど悲しい生きものなのですねぇ★

※ベトナムの家庭料理  (ベトナム料理本参照)

今ベトナムは『雨季』真っ只中です。 気温も少し下がって暑さよりも雨の心配を

している頃だと思います。ベトナム人家庭で極普通に食されている簡単な家庭料理

の定番(それも野菜中心)を数種書いてみます。

①大根の煮物

ベトナム大根は以前にも書きましたが日本の大根を想像されたら・・吃驚する位に

貧弱で小さく皮も固いです。でも、北部では薄切りにカットして香辛料で味付けさ

れた煮物として煮込んだものが飯やに並びます。 ホーチミンでは殆ど見なかった

総菜ですが・・( ^^) 大根は味もいまいちです。

②豆腐のトマト煮

ベトナムの豆腐は水分が殆どなくて固い。持っても崩れたりしない。豆腐自体は鍋

に使用するのが多い。これを揚げたのが厚揚げになります。この厚揚げに挽き肉を

詰めてトマトソースで煮込む。 トマトソースの味が美味で肉から浸み出る肉汁の

旨味が口中に広がって御飯が進む。トマトソースは家庭の味でよく使用されますが

ニュクマムも一緒に加えるから{アジア風}になるのかも知れません。

③空心菜炒め

これはベトナム家庭料理の定番で本当に何処の家庭でも飯やにもあってポピュラー

な総菜です。私も週1回程度は食していました。日本のものよりかなり大きく凡そ

50㌢位は軽く有って、束にして売っています。1人でしたから束の中から分けて

貰って購入していましたが・・(#^.^#)

ニュクマムと大蒜、多目の油で炒める。後は好みですが塩を入れる人も多い。塩味

だけもあります。シャキシャキした食感とかなり濃い味なのでご飯によく合う。

豚肉を入れる家庭も多く、また味も異なって美味しい料理になります。

④高菜炒め

ベトナムの高菜も大きいです。漬物にも使用されますし、そのまま生で食する人も

いますが少し酸っぱい気がしました。高菜は炒める事でその酸っぱさに柔らかさが

出るようで食欲のない人は好んで食べます。ただ、ホーチミンでは余り見られなく

北部に多い料理です。南部では漬けものにする方が多いでしょうか?

また、色々な料理を書いていきます。知っている範囲内ですが・・( ^)o(^ )

今朝も窓から少しひんやりした空気が入り込んで来て気持ちの良い天気です。絨毯

と言える代物ではなく軽いのですが大きい敷物を風呂場で足で踏み洗いして干した

浪速です。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/13 07:59
先日来の催花雨のせいでしょうか?あるいは昨日の太陽の燦然たる輝きかしら?

あちこちの家庭菜園や、庭のガーデニングの花々が目覚ましい生命力を見せてくれ

本当に春爛漫{いいえ!初夏に突入した感じでしょうか?}

ダリアも牡丹も芍薬も既に咲き出して一度に繚乱たる風景がみられます・・( ^^)

この時期の余所のお庭拝見は楽しく・・心躍るものがあります・・うふふふふふ

プランターの中に咲き誇るビオラやベゴニアなどは今が盛りの様で様々な色彩を

放ち横には白や薄紫、濃紫のクレマチスが・・見事なほど開花しています。

思わず触れたくなるほどの情景が遠近でみられます・・(#^.^#)

本当に少し暑い位の気温でしたが・・何せ婆さんですから・・しっかりと何時もと

同様に着込んで・・珍しく、過日購入してきた本を読んでいました。5冊読破した

ので・・また行かねばなりませんが・・結構な距離で運動になります。

「これだけ歩いていれば元気が保てるかも?」等考えて今日は出かけようかしら?

*本を選ぶ時の無心さや集中力は読んでいる時よりも熱心です・・あははははは*

ドキドキします・・(#^.^#)どんな本に合えるかな?って思って・・しかし、案外

選択ミスでがっかりする事も数多あって・・でも一応最後まで読みますが・・作者

に失礼だと思って・・ふふふふふ 本も相性があり、裏切られる事も思いがけなく

良い本に出合える喜びもあり、乱読ですが・・本やは好きな場所です!

ゴミを出す日は早朝から必ず烏の鳴き声が聞こえ・・汚れた濁声で数羽で鳴くから

間違いなくゴミ出しの日を知らせる。 私は5時には出しているが何時も1番で網

をかけて小さなレジ袋を周囲全部見えないように包み、透明な袋に入れて出す。

その地方や県、地域によってゴミ出しも随分違う様ですが・・網をかける方法でも

烏は突っついて引っ張り出しているから。出来るだけ中身が見えないように新聞紙

や広告などの紙を巻いて出している。

※ベトナムの飲物

何せ暑い国ですから絶えず誰でも水1本は持ち歩いているし、道路沿いには露店や

屋台がずっといたるところにあって水分補給は充分です・・(*^。^*)

カフェも多く有り、生のフルーツから絞る生ジュースも沢山店が出ています。

①水=ベトナム人は生水は飲まないから水を飲みたい時はペットボトルで売って

いるのを買うか店で注文する。水道水も沸騰させれば飲めるからお茶などは熱い

お茶を好んで飲む人もいる。又、水は日本で言う「お冷や」と言っても通用せず

高級ホテルやレストランでは解る程度ですが・・勿論、確りと勘定に入っている。

和食の店では水代がない所もあるが・・でも大抵はおしぼりも水も無料でない!

②ジュース

マンゴージュース、オレンジジュース、果肉入オレンジジュース、トマトジュース

キャロットジュース、梅ジュース、ココナッツジュース、ライムジュース等が普通

でしょうか?後は店には缶入りのジュースが沢山揃えてあるし、ペットボトルでの

ジュースの種類も豊富で迷う位数が多いです・・(-.-)

道路脇で四角い金具で棒の様なものを押し潰している光景はさとうきびジュースで

ほんのり甘いが氷を平気で入れるので要注意。氷を抜いて貰えばいい!

熱々の豆乳は早朝から並んで買うほど売れている。これにも氷を入れて冷たくして

飲む人も多く、砂糖入りと無しがあるのは牛乳と同じ。これでもかと言う程に砂糖

を入れ甘くしてくれる・・ははははは珍しいのは燕の巣入りのジュースがあった事

です。試飲しなかったですが・・他にはソーダー類は多く有る。 コーラーの種類

もベトナム人は好きでコカコーラ、ペプシコーラー、セブンアップ、スプライトは

有名品です。ファンタもありました。色々な国から輸入されて時々変ったのを見る

事もありますが淘汰されて残っていくのはベトナム人好みで慣れている飲物みたい。

③お茶

この国はコーヒーが有名ですが・・個人的に全く飲めないから傍で見るだけでした

が1日に何度もお風呂椅子に腰かけては道路で飲んでいる人々を見かけました。

冷たいコーヒーが盛んで氷を入れて飲むスタイルは外の屋台や露店が多く店内では

ホットコーヒーを飲んでいました。コンデンスミルクの甘さをたっぷり入れて飲む

ようです。コーヒーはバターを入れて焙煎するとかで苦味が強く、酸味が少ない。

コーヒー豆の産地はバンメトートという地域です。    南部地方ではアルミの

フィルタ―をコップにコンデンスミルクを入れた上から落とす方法が好まれている。

南部の喫茶店では大体アルミフィルターとコップ、それに氷の入った大きなグラス

が運ばれて、コーヒーが入ったら氷の上から注いで掻き交ぜアイスミルクコーヒー

として飲まれています。  色々なタイプのカフェで好きな人は楽しんで頂けたら

と思います。癖になる程好きになる日本人もいると言いますから・・(*^^)v 

緑茶も飲まれていて、勿論、両方有ってレストランでは熱いお茶はただの店もあり

冷たいお茶はお金がかかった様に思いましたが凄く安価です。

他には自宅で飲める花や野菜のお茶があります。例えば・・ジャスミン茶、菊花茶

蓮茶、苦瓜茶、アンティチョーク茶、クコ茶などはお土産品として軽く珍しいので

喜ばれるのではないでしょうか?そのお茶の種類は本当に多くて1部分しか書いて

いませんが・・スーパー等では物凄い数のお茶が並んでいます。健康茶が多いのも

特徴でしょうか?「どのお茶にどんな効果があるのか?」理解するところまでには

至りませんでしたが・・(・_・;)

④シェイクされた飲物

マンゴー、アボカド、バナナ、カスタードアップル、トマトなどが好まれています。

飲物は凡そこんなところでしょうか?果物を購入して自宅で西瓜やパイナップルを

ミキサーにかけて飲む家庭もありました。鮮度が良いので何でも美味でした!

果物が豊で新鮮だから何でも美味しかったですが、自分で買う時はさとうきび位で

ココナッツも殆ど飲まなかったです。缶入りやボトル入りはよく買いましたが!

空気は少し澄んでいる感じがしていたのですが、思った以上に雲が多くて快晴とは

言えない浪速です。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/12 08:36
〚風が雨を連鎖させるのか?〛暗雲がしっかり居座って、ずっと本降りの雨が終日

続き湿気とも合流して{もあーんとした空気」が漂っていましたねぇ・・(-.-)

前日は病院の帰りに寄り道をして堤防を随分歩いた。 それでスーパーもすっかり

反対側で遠くなってしまい、結局買物ができず雨の中出かける羽目になった!

こんな日に限って重いものが廉価になっていて・・慾深く購入してしまう悪い癖が

でてしまう・・( ^^)  お米や牛乳、根菜類が安くなっていて「ま、雨の中を来て

くれるサービスなのでしょうか?」まんまと作戦に嵌り傘も差さねばならないのに

酷く重くなって両手に振り分けて持って帰ってきた・・(-"-)

馬鹿みたいですが{何でも少しでも安価だと反応する心が卑しい?}・・うふふふふ

大阪の小母さんたちは逞しく雨降りでも自転車で傘も自転車に取り付けられるように

なっているようで・・平然と走り抜けるから驚いてしまう・・(@_@;)

あのスタイルは大阪独特なのかしら?神戸では見なかった気がします。 片手で傘を

持っている人も多く、車がきて急ブレーキ掛けている姿にも何度も出遭っている!

大阪の小母ちゃんはベトナム人に何か?似た所がある気がしています・・あはははは

派手でキラキラ好き、逞しい姿もどこか彷彿とさせるものがありますから・・(*_*)

狭い道を勢いよく通過するし後ろから「どいてー」など大声で叫ばれる!驚いて除け

ると「チャラチャラ歩かんといて!」など言われたりする。結構、足は速いと思って

いただけに愕然となる言葉を吐き去っていく人が多い(この地方だけかも知れないが)

雨降りは車が出るのも多く、まして土、日雨だと尚更駐車場は満杯になる。歩いて傘

を差していると車が急に出てきたりして・・危険この上ない・・!(^^)!

空いた場所に前から入れたり後ろから入れたりするから・・広い様でもかなり動きが

煩雑になって歩行者には迷惑で・・気をつけないとクラクションを鳴らされたりする。

未だ日本は常識的な判断で(譲るとか遠慮の心)があるが、ベトナムにはそれは殆ど

無いから自己中心で・・争奪戦の様に空いた場所を取りあったりしていた。

その為に大型店も小さな店にも大抵はバイクや自動車の置き場所を順番に並べる係の

人を雇っている。お客は鍵を渡しナンバーを書いた紙を渡され、帰路はそのナンバー

からバイクや車を持ってきてくれる。間違うことはなく、店の前で待っていると係の

人が前まで持ってきてくれるので・・日本もその様にしたら?なんて思う事がある。

方向音痴で大型店の上部の数階が駐車場だと何階に置いたのか解らなくなる人だから

探す時もあり・・恥ずかしい思いをする事が幾度もあった・・(@_@。

広いと特に解らなくなり、入口が数ヵ所もあると出た瞬間どっちだったか解らない?

全く愚鈍で情けないのだが・・こうやって生きて来たから仕方ない・・とほほほほ

「こんな事で開き直ってどうする?」ですが・・(><;)本当に恥ずかしながら

地図も読めないし書けないのが現実です「やれやれ、困った婆さんです」

決して嫌いではないが、地下から出たら何処へ出たのかが即判断できない頭脳かな?

待ち合わせなどすると、今は携帯がある時代ですから余り問題はないけれど・・大抵

は相手が探してくれる塩梅で今まで生きてきた感じでしょうか?・・きゃははははは

きっと、脳内の地図を理解する或る部分が欠落しているのかも知れない・・(#^.^#)

先ず、よく迷って歩ています。日本でさえこんな状態だから・・海外ではも、必死の

形相になった時も度々です・・あははははは[いい思い出になっていますが私には]

ま、頭が悪いのだと思いますし感覚が鈍く視界も狭く何も考えないから・・記憶には

残らず・・愚かさを露呈しながら歩いて来た人生だと思います・・ふふふふふ

※ベトナムニュース  (ベトナムニュースより)

◎KIOSKスタイルのKAKIGOYA がオープン

ホーチミン市内7区に{日本物産館}ができ《三陸産の牡蠣》を食べさせてくれる

〖牡蠣小屋〗が開店した。そして、4月には1区にファッション館NOWZONEの4Fの

フードコートにKIOSKスタイルの〔KAKIGOYA〕がオープンした。

ここでは生食<ベトナム産のみ>焼き牡蠣、ガーリック焼き、オリーブ焼き、チーズ

焼きの5種類があるそうです。三陸産の牡蠣の値段は45万ドン~55万ドンでベトナム

産は15万ドン~25万ドンが相場だそうです。日本人のお客さんが早速出かけた時の話

では三陸産の焼き牡蠣を依頼したが日本で考えていたような肉厚でふっくらしたもの

ではなく小さくて厚みのないものが出されたそうで《あれはベトナム産だった?》と

今も語り草になっていると言います。味は美味しくてそれなりだったそうですが・・

どうも電子レンジで解凍し、オーブンで焼いた感じがしたそうです。

それでも久しぶりの磯の香りがして美味だったが物足りなさを感じたと言っている。

沢山色々と書いたのですが・・何処か間違って触った様で半分以上は消えてしまった!

雨上がりの空には陽光が戻ってきて少し暖かい感じの浪速です。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/11 09:25
「全くぅー出かける時間にはすっかり雨が落ちてきていた雨女です・・(-.-)」

折り畳みを大きな傘に替えて先ず歯医者へ・・予約時間よりも少し早かったのだが

前の人が先生を離さないで・・長々とお喋りしている。

別に急いでいる訳ではなかったが15分間隔で予約が入っているようで、大方の早い

人は10分位前、遅くとも5分ぐらい前には来るから・・段々待合室の椅子がいっぱい。

狭いのです{若い格好して・・老人に席を譲り}漸く呼ばれ予約時間より10分以上も

待った・・初診者なら仕方ないけれど・・(+_+) 違う感じだった!

「お待たせしました」と先生が言われたので「お待たれされました・・ うふふふふ」

とお返ししたら・・先生も衛生士の方や若先生などが笑って一瞬にして空気が和んだ

感じ?がしました。

特別に変わった事を言った積りはなかったのですが、やっぱり変人?・・あはははは

直ぐに終わり・・先生は今月もう少し治したい所があるとの事で又行かねばならない!

内科の予約まで30分しかない。ここから20分は急いでも掛る。時間が余ったら買物を

考えていたのに・・早足で内科へ・・ま、こちらは広々とした中に子供が大暴れして

いて母親も3人の子供の全員風邪の症状「傍には行けない」と思い隅っこで本を読んで

いたがここにも激しくくしゃみ、咳をする人がいて・・(-_-メ)

看護師さん全てがマスク着用している!

「そんなに流行しているのかしら?」なんて思っていたら呼ばれて検査室へ。

検尿、採血、心電図、身長、体重、問診が色々あって、先生の診断で終わりだった。

採血は病院内で解る範囲では異常はなく全ての平均値の数よりほんの少しづつ少ない

という結果!詳細は専門家に出すようで・・1週間ほど掛るとのことでした。

バリュウムは別だと言われこれは8月なのか?この市では普段の日でも数人は検診者が

あると言う話を聞きそれも老人ばかりと言っていました・・( ^)o(^ )  

 ”さもありなん。ま、廉価で最低限の検査を受けられるのだから文句は言えない”

雨が殆ど止んでいて・・今回も違った道に入っては通行止めの所に出たりしながら

遠回りをして大和川にでた。雑草の中にシランが群生しているのを見つけ、繁茂して

いる中を無断で取りに行き、10本ほど採ちゃった!

綺麗な赤紫色で満開でした。また、歩いていると紫の豆科の名前は解らないのですが

花が凄く広がって咲いていた。それを、引っ張って採ったら蔓が巻きついていて思い

がけなく沢山引き摺られて採れた。勿体ないからそれも頂いてしまった!

部屋には深紅の薔薇が・・蕾も咲いて7本開花状態。台所にはシランを置き玄関には

名も知らぬ紫の小花が凄く沢山咲きました『花泥棒』をして来ました・・えへへへへ

  ≪土手に咲いていた可憐な花が呼んだ気がしたんです・・ひゃはははは≫

*ご心配いただきました風邪、薬と8時前に寝たせい?・・すっかり治りました*

ま、滅多に風邪はひかない人でベトナムで1度熱が出た位でした。

ベトナムの薬は強烈なので即座に効いてその日の内に治ったものです。それも2年前

だった・・あれから風邪を引いていない。ただ悪寒がしたので案じたが・・薬と睡眠

で直ぐに効果が上がる身体みたいです・・ふふふふふ  

    ◎何よりも有り難いことで感謝しています・・<(__)>◎

※ベトナム日記より

12/14

今朝は雲1つない好天だ!土曜日だし人の動きが活発で騒々しい街中がざわざわと

している。近くの八百屋へ野菜20円、お強20円、卵30円買ってきた。

今日は娘夫婦の結婚記念日だと思ってTEL を入れる。イタリア料理店へ行くとの話

「おめでとう!仲良くね」など話す。亡夫に報告。

少しづつだが心が落ち着いて生活に慣れベトナム人を客観的に見れるようになった

気が・・早く、詰らないことを考えずこの時間を楽しもう。

何の事だか?理由は忘却しているが、何かがあったのかも知れない・・あはははは

12/17

東京の親友SよりTELあり、EMSで本と写真を送ってくれたとの事。楽しみだが何時頃

到着するか見当がつかないし取りに行かねばならない。花を買いに市場へ出かけた。 

朝から猛烈な暑さで・・帽子からも長袖の服を通して紫外線が直接入ってくる感覚!

お昼すぎて〚計画停電〛になる。この暑さだから・・仕方ない。

暫く間が空いたから忘れていて、実際停電になると思いだす有様だから・・(-_-メ)

「あーあこの暑さの中、何をしようか? 何をしても暑さは逃げない・・(><”)」 

座って本を読んでいるとお尻辺りまで汗が流れて気持ち悪いからシャワー室に入って

水シャワーで汗を流しTシャツを着替える。  タオルを首に巻き団扇で仰ぎながら

床のタイルが温くなると移動して・・を繰り返す。3時間で点灯。

クーラーをかけて部屋の中を冷やす。「やれやれ、これが1番辛い事かな?」

12/26

バインミー(仏パンにハム、肉、野菜などを挟んだもの)30円買いに出かける。

朝は洗濯もして不自由がなかったのに突然午後から水道が止まった。

今度は『断水?』とか思って慌ててしまった・・!(^^)! 極、稀に断水もあった

からです・・(・_・;)先日からの『停電』にいささかうんざりしていたのに・・

『断水?』は殆ど経験がなくて・・以前に2回あったかな?

息子の会社へ連絡したら「ベトナム人が行くからその人に見て貰って」と言う。

暫くしてタンさんという男性が来てくれたが、地下のモーターや屋上にある大きな

タンクの中まで見てくれたが解らない様子・・(--〆)

「友達に水道屋がいるから・・連絡する」と言って携帯で話しだした。殆ど片言の

日本語だけれど切羽詰っているから何となく理解出来て待っていると・・(-.-)

{土曜日で今日は行けない}が明日の朝早く来てくれるような話になった。

彼はその事を私に告げると、もう自分の役目は終わったと思ったのか?急に帰った。

残された私は明日の朝まで水が使用できない事に驚いて呆然としていたのですが・・

考えたら元々ベトナムでの生活は飲料水は全く飲めない。 洗濯やシャワー、洗い物

トイレ位だからと思い直し・・水は飲料水用のタンクからご飯の用意を、シャワーは

バケツの水で拭く位で諦めてなど考えていました。

ビルの中に住んでいるので幸いな事にトイレが各階にあったから、これは嬉しかった。

*ま、明日までは大丈夫だと思いその答えがでたら途端に元気になった・・(*^^)v*

到って単純で解り易い人ですが・・何が起きるか解らない異国での生活です。 

それも何とかこなし、自分流に無ければ無いで・・駄目なら何か方法を?とか考える

時間が与えられた事は素直に良かったです・・はははははは  

日本では、想像もできない状態が間々あるのだからと思い、この国の発展のためにも

世話になっている国だから文句は言わないと心に決めた1日だった。

こんな風な事が延々と書いてあって・・毎日が刺激的で、何がどう起きるのか?

何も判断出来ないままで流されたり、諦観したり、自己流で考えたりする癖がついた

ものです。

何とでもなるのですが・・慣れていないと「どうしたら?」とかの不安感が先立って

いたものですが・・今、考えると本当に真剣で真面目な生活をしていた気がします。

 *何か事が起こる度に心はオタオタしていた気がしますが・・わははははは*

それでも慣れると、また馴らされると、どんな事が起きても大体は自分で考える力が

湧いてくるもので工夫したり、想像できない事を思考できるようになっていった?

その意味では貴重な体験でしたねぇ。今は手に負えないことが起きない限りは凡そは

平気で余り慌てたり困惑する状態はなくなった・・ふふふふふ

ベトナムの国自体にもインフラ整備が、都市部では殆ど完了して来ている部分もあり

ますが・・それでも尚『計画停電』はあって昔ほど長くはないですが・・でも3時間

から5時間位はザラでした。も、すっかり慣れてその時間の過ごし方も適当に潰せる

ようになったし平気になりました!

様々な経験があったから今の自分の生き方があるのだと思います。 おそらく日本で

暮らしていたら体験しなかった事が余りにも多くて・・\(◎o◎)/!しましたが・・

面白かったです・・(*^_^*)

当初は大変でしたが・・人間の{順応性って素晴らしい}ものがあるんです。もっと

もっと若い年代で遭遇していたら多分、もう少し利口に立ち回れた事でしょう・・

しかし、あの年代で有ったからという考えもあり、凄い事が山積して道を遮断された

様な体験は今の自分自身の生き方を作っていますし・・随分性格も変化しました。

良い悪いは解りませんが!!多分これから解って行くのかも?知れませんが。

生意気なことですが・・この経験によって癒される【切り札】ができた事は何よりも

幸せでしたし、考える力にもなりました・・うふふふふふ

所謂〚ヒーリングアート〛〚ビブリオセラピー〛を知らされた結果は孤独からの逸脱

であり癒される心の成長?でもありました「少し恰好つけています」が・・m(__)m

だから〔どのように生きるか?どのように死にたいのか?〕などを考える時間が沢山

あったのです。癒される【切り札的要素】があるのと無いのとでは生き方も変わって

きますし、生きる意味も生かされている意味も思考も変動するものと思えたものです。

人間としての品格や品性はそこにある様に個人的感想ですがそう思う様になりました!

昨日からの雨が1度は止んだ様ですがまた降りだしてずっと続いている浪速です。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/10 07:47
何となく風邪?ぽい感じで気温が上昇していたのに、部屋の中では肌寒さが抜けず

着こんでいました。ゾクゾクと悪感があって・・珍しい事でした。熱もなく食欲も

普通でしたから「大丈夫だと思って・・」お布団を干したり入れたり外の方が断然

暖かく半袖の若者が通過するのを物珍しく見ていました・・うふふふふ

先日、内科の検診があるというので婆シャツを脱いで上着も薄いのを着て出かけた

ら強い風があって・・思ったほど暖かくはなくその時{風邪ひいたかな?}と思い

失敗したと感じていました。でも、気にしていなかったのに・・昨日はあの暖かさ

の中、寒気がしたのですから・・多分風邪でしょう・・(-.-)

所が今日は歯医者と内科検診が未だあり・・出かけねばならない!お天気が持って

くれればいいけれど・・雨の予報が出ている〚雨女ですから・・ははははは〛

そうそう内科検診のことですが先日書きましたが・・市で安価で受診できるという

話で申し込んだら8月ということでした。それが4日位前、封筒で市から内科検診

の受診書が届き、通っている病院で急遽、殆どの検査を受ける事が可能だと言う話

が病院から直接連絡があり・・問診用紙と受診用紙で今日検診してくれる話が来た

のです。今は空いているからと言われた・・親切で有り難く受けたのですが・・癌

検診までしてくれるのかは解らないのですが・・( ^^) 食事抜きだからバリウムや

採血、心電図まではしてくれる感じで・・凡そそれでいいか?って思っています。

今朝起きたら少し頭痛がしているのですが・・また時期を外すと何時回ってくるか

解らないから行って来ようと思っています・・( ^)o(^ )

※ベトナムの普通の家庭の中

ま、先日も書きましたが・・ベトナムには1軒家、アパート、部屋借りなどが多く

裕福な家は大きな門構えの中にバイクを入れる庭を作るのですが・・殆どの家では

部屋の中にバイクを入れて(盗難防止)をします。寝ているそばにバイクがあると

言う不思議な光景です。ベトナムは凶悪犯罪は殆どない国ですが・・空き巣や泥棒

が物凄い数でいるようで、私も1軒家に住んで帰国した時、2回も空き巣に入られ

散々な目に遭いました。殆どの家電品からPC、携帯電話、バッグ、貴金属(大した

物ではない)を盗まれて酷くショックが大きかったものです・・(-_-メ)

凄く気持ちが悪く・・直ぐに引っ越した経験があります。 バイクは市民の足です。

ベトナム人は大抵の場合歩くことはなく、歩いているのは殆ど外国人だとも言われ

ていましたが・・最近は外国人もバイクに乗り、車に乗っていますから・・時代は

変化しているようです・・(#^.^#)

さて、横道に逸れましたが・・サービスアパートや部屋を借りている場合の部屋の

様子がどんな風になっているか?などを書いてみます。 ま、とにかく日本の様に

玄関に三和土がなくて即、部屋に入るようになっています。1軒家でも庭から直接

部屋という感じで庭やドアーの前で靴を脱ぐか?部屋まで入って靴箱にいれるか?

又はそのまま入口に放置している家も多い。 人数が多い家庭ではサンダルが凄い

数で脱がれていて玄関が履物だらけのところもあります。スリッパなどは暑いので

外国人以外は素足にビーチサンダルが多くドロドロの足で水屋、米屋が部屋に入る

事も多く絶えずモップで拭き掃除していました・・あははははは

玄関ドアーを開けると全てが丸見えで、日本の様にカーテンの仕切りとかは富裕層

以外では考えないみたいです。ごく普通の家の話です。クーラーか?天井のファン

又は扇風機、神棚は大抵の家にあります。ソファ、TV、台所が直ぐに見えるところ

にあります。ガスは未だプロパンでかなり大型です。 その奥辺りにトイレと一緒

にシャワー室があります。一般家庭ではバスタブはなく水シャワーだけの家も多い

です。外国人向けにバスタブがあるのはサービスアパートでしょうか?

大体、中央にテーブルが置かれていて、食事をします。1ルームの場合はそのまま

ベッドが置かれていますし、部屋がある所はベッドルームは別になっています。

三面鏡、一面鏡があったり、クローゼット付きだとそれに鏡が付属しているかな?

部屋の中にバイクが数台並んである光景も決して珍しくはなくそれが当然なのです。

最初は吃驚しましたが・・それ程盗難が多いことを知らされて納得した記憶があり

慣れてバイクが部屋の中にある事が普通に考えられるようになったものです。

先ず天井の高さが低くても3㍍程度から4㍍と高いから圧迫感がない分広く感じる。

何もかも1つの部屋で全てが賄うことができるようになっています。ごく一般的な

ベトナム人宅です。 部屋数が多かったり、1軒家などは又違いますが、それでも

こんな感じで普通は4,5人が住んでいます。子供も先ずいるから、床にマットを

敷いたり、ハンモックもあり折り畳みのベッドもありますし、狭くても家族一緒の

生活が自然の様に営まれています《だから家族が何より大切なのです・・(*_*)》

成長すると独立して家を出てアパートなどに兄弟や姉妹、親族と一緒に住む場合も

有り、必ず、親には送金する事が義務のようになっています。

現代はPCも増加していますので、ケーブルが入っていて当然ですが・・電線が地下

にないから・・その電線の太さには仰天する位太くてそれが時々垂れていたり切断

されていることもあり・・未だ大きな課題になっています・・(-_-メ)

日本人は小さくても個室が欲しい国民性がありますがベトナムでは部屋を区別する

事を嫌います。見える範囲内での生活が当たり前で親が働いている間は上の子が下

の子供の面倒を見るのが当リ前で・・親が仕事から帰って来るまで待っています。

最近は生活水準も上がって、バイクも一家に2台とか3台、車を購入する家もあり

家を建てたり、部屋を2つ借りたりなどもあり、豊かさが見える気がしています。

成長すると独立して外へ出て行く子供が増えて・・部屋も広くなるし、寂しいから

親は仕送りされて生活し、店を少し開けたりして気を紛らわして、子供達が帰って

来るのを待っている家庭が多くなったと聞きました。 その為、週末はどちらかの

実家に行くのが通常の習慣になったと言われています・・( ^)o(^ )

勿論、家の大きさも家族の人数などもあって、これがベトナムの生活だと断言して

いるのではありません。 様々な家庭がありますから・・人数が多くても狭い部屋

にいたり、リッチに暮らしている家庭も多くなりました。 が、寝室とリビングや

トイレ、シャワーなどそして、裏庭が少しあったり、樹木が生い茂る様な家も数々

有りますが・・いづれにしても別々の個室が余りないのが特徴でしょうか?

家族で和気藹藹と暮らしている! ごった混ぜ状態の家族生活が普通です。1人の

空間がないと生活できない我儘な私などは圧迫感があって大勢ではとても暮らす事

は出来ないし、日本の感覚では想像できないのが実情でしょうか?

家の鍵なども4つ5つは付けている家もざらにあって驚かされますが、普通のこと

の様です・・(@_@。それでも空き巣被害は相当な数あるのです・・\(◎o◎)/!

ま、簡単に書きましたが全部ではないですが大体こんな家に住んでいるのが多い?

と思います。ようやっと、バイクの台数や家にまで順番が回ってきた時代に変貌

して来ている感じでしょうか?

気楽で汚れていても狭くても他人がいても自由勝手気儘に暮らしているベトナム

の暮らしは・・自他の区別がないから、羞恥心が殆どないから。誰でも何処でも

平気で入っていくし泊まったり、食事する事も他人の家でも平然とします。

 *親しくなったら礼儀などない国です。そして親しくなくてもどうって事

  がない国で些事なことは悪く言えば鈍感で・・いい解釈をすれば大らか

  で鷹揚でアバウトであまり気にしない国民です*

ただ、食事には手を抜かない生活なのは流石に“食の国”だと思いますし食べる

事が大好きな国民です。何処でも、何でも揃うという便利さもあります・・(@_@。

また、ベトナム人気質や国民性の違いなど書いてみます。

今朝は晴れていますが・・段々下り坂の浪速です。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/09 08:23
ちょっぴり嬉しく幸福感に出会いました・・(*^^)v 病院の予約時間があったので

早目にPCを中断してでかけました。 採血するのに食事抜きの話を聞いていなくて

朝は確り食べる人ですから・・うふふふふ  先生曰く「食事抜きの時の方が・・」

という事になって・・折角来たのだし診察して血圧を測り薬を貰った。

全く見知らぬ道が病院から続いているのを発見し「何処へ出るのかしら?」などと

考えながら小路を歩いていると、薔薇が満開で深紅、黄色、ピンク、白が垣根から

覆う様に外まではみ出して咲いている薔薇屋敷を見つけたんです。玄関にはアーチ

があって薄い黄色のモッコウ薔薇がたわわに咲いていました。 も、驚いて暫くは

その咲いてる量の多さに感動して立ち止まって見ていたんです・・( ^^)

そこへその家の女性が出て来られて・・急に逃げるのも何となく変だし「余り見事

な薔薇で拝見していました」と言ったのです「ま、家は父親が手入れするから私は

見るだけ・・でも父は入院したのでどうしていいか分らない内にこんなに広がって

今少し切ろうと思って・・」という話でした。そして「良かったら持っていかはら

へん?」何て言われて、深紅の薔薇を5本も頂戴したのです「いやーほー」と内心

思って「よろしいのですか?丹精込めて咲かされたのに勿体ないです」と一応断り

ましたが「これから病院へ持って行くからいいんです!他の色は要りません?」と

言われたのですが「黄色とピンク?」なんていかに図太い婆さんでも口には出せず

「いえいえ!も、これだけで充分です。思いがけなく嬉しいです」って持ち帰った。

花の向きや葉っぱも揃ってはいなかったけれど部屋の中が明るくなった感じでした!

”薔薇を成育するのは難しいと聞いていたので、何だか申し訳なく・・通りがかり

なのに・・本当にラッキーでした・・(#^.^#)”

新聞紙に包んで貰った花は蕾も幾つか付いていて・・満開のもありました。 早速

水の中で切り、葉っぱも多いので適当にカットして花瓶に入れた。

想像していなかっただけに凄く嬉しい遭遇でした・・<(__)> 感謝です!

※ベトナムの香草

以前にも書きましたので・・適当にスルーして下さい。ただベトナムだけではなく

東南アジア、タイ、カンボジアなど暑い国には昔から香草の種類が多く、普段から

本当に日本では考えられない量の香草を食します。朝から晩ご飯に至るまで香草の

入っていない料理は先ず無いと言っても過言ではないほどに使用します。

夫々用途があるのでしょうが私などは覚える事も出来ないし・・多種類で、どれに

何を使ったらいいのか?何度言われても聞かされても解らなかった!

その上、発音できないから・・余計な事は言わないで自分の好みの香草を毎日少量

を何種類も買って、何にでも入れて食べていました。 嗜好だから何をどのように

食しても誰もなにも言わない。外食して出てくるお皿の上の香草類も何でも入れて

みて・・あははははは 〔わーこれは食べられない〕と言う物がなかったせいだし

何より香草大好きでしたから・・無茶苦茶に有るだけ入れていました。凄く複雑な

味に変化する時もありましたが・・(@_@;)

   *身体の毒素が消滅する様な気がしていました・・ひゃはははは*

どんなものがあるのか?書いてみます。日本とは違った種類もあり、ベトナムなら

ではの香草もありました。

①バジル ②スイートバジル ③ミント ④コリアンダー(パクチ) ⑤ドクダミ

⑥レモングラス ⑦シソ{日本の大葉)ではなく梅漬けに使用する様な赤紫色です。

⑧ボールズミント(シソの一種で日本のシソに近い青色)⑨ディル ⑩タデ(蓼)

⑪ヒユ(緑の葉に赤やピンクが入っている)⑫クレソン ⑬バナナの蕾(これは赤

茶色をしていて細かくスライスされて売っていて、サラダにそのまま洗って使用)

⑭蓮の茎(日本の蕗の様に皮を剥いて白色で長く束にして水に浸して売っている)

⑮青いパパイア(刺身のツマの様で、本当に細くカットされた真っ白で山積みされ

売っています。これもサラダに使います)⑯ロットの葉(何度も見ていますが何に

使うのか解らないから購入しなかったのですが割合大きな葉っぱだから巻物にした

のではないかと思います)⑰スモーレッジ{日本ではネセロリという様ですが・・

これはフォーにも、スープにも入れて殆ど毎日食しました)⑱ライムの葉(ライム

の実はレモン変わりに使用する、葉っぱも香りつけに使用されますがライム自体の

消費の方が断然上でしょうか?)⑲アマメシバ(割合小さめの葉がびっしりついて

居て、葉っぱだけをスープに使用する様でとろみも少しあった気がします。最初は

使い方が解らず茎ごと、煮物や炒め物にしてドロドロになり大失敗をした香草)で

スープに葉っぱだけ使用する事をずっと後になって知りました・・(-"-)

⑳ミズオジギソウ(全く使用したことがなく数㌢くらいの長さで[多分ネムノキの

種類]だと思いましたが。細い葉っぱもついていました)

先ず殆どが畑から抜いてきた状態で泥つきで大きな束で売っています。その束の中

から欲しい分だけ引き抜いて購入。八百屋では大盛状態で売っていますから適当に

引っ張ったり抜いたりしていました。長さも50㌢位の物が多くシソ、ドクダミなど

は2種類以上を混ぜて購入したりミントの種類もまだ他に色々ありました。

特にドクダミは日本に生えているのとは多分全く種類が違うと思います。細い赤い

茎で今にも折れそうですが・・独特の臭みと味が好きでした・・(*^_^*)

よく知られているローズマリーやカモミールなど勿論売っていましたがそれ程人気

が無かったのは不思議な現象だと思っていましたねぇ・・(-.-)

又、香草は日本と同様に粉末にされて袋入りが沢山出回っていましたが・・矢張り

生がなにより美味でしたし、香もよかった気がします。   お土産用には買って

いましたが・・生を食するのとは違っていました。 それは仕方のないことですが

八百屋では必ず、コリアンダーと葱数本、唐辛子はおまけで何処の店でもレジ袋の

中に入れてくれます。 だからコリアンダーと葱は殆ど買わなくてもいいのですが

コリアンダーが1番好きで一杯食するから私は毎日片手に握れる程度は買っていた

と思います。帰国して何が辛いかと言えば生の香草の高価さです・・(><;)

偶にミントやバジル、朝鮮セロリなどを見つけても、本当に少ししか入っていなく

結構な値段が付いていて中々手が出せないのです。 安価でモリモリ食していた事

が頭から離れなくて・・かといって香草を育てる事も苦手だし・・凡そ芽がでると

殆ど食べ切ってしまうから・・成長するまで待てないし、根を枯らしたり、腐らす

事が多いのがオチ・・とほほほほ山盛の香草が食べたいです・・{クシュン・・}

今朝、起きたら薔薇の蕾が少し膨らんでいて・・もしかしたら咲くかも?と思った

晴れが続いている浪速です。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/08 08:32
あれほど血が騒ぎ心揺れた〚桜時期〛も、今は葉桜。そして新緑の季節と移った!

誰かの為に生命を燃やしてくれた桜花は見事なほどの終焉を見せてくれて、バトン

を渡すように季節の流れを潔く他の花々に移行する行動を公開させた。 今は様々

な花が繚乱の時を迎え・・静かに枯れては流れを繋いでいる昨今になりました。

異常気象のせいで雪が舞ったり霜が降りたりして、早すぎた桜を戸惑わせた気配も

ありますが・・(#^.^#) ”これからは牡丹や薔薇など大輪の花が盛りを迎える”

{何かに追われておろろ生きる人生もまた楽しからずや} あるいは{破瓜させて

既成概念をぶち破って生きる生き方もまたいいのかなぁ}なんて思ったりする!

思わぬ一言に真摯な答えがあったり、豪雨の中には、底なしの感情が紛れ込んで

極限状態を作っているのを見抜けなくてぐっしょり頭から濡れてしまう時もある。

【人生て本当に素敵!そして、生きる事の意味を思考するだけの時間を充分に授与

されているのに・・足掻いて焦燥感に苛まれたり・・振り回されたりと結構、繁忙

でもある気がします。若さはそれだけで貴重ですし、生きている奇跡を存分に感謝

して自分自身を愛する事で他人をも受け入れる事が出来るそんな気がしています】

老いたからそんな考えになったのか?自分の体験からそう感じたのかどうかは未だ

判断できるない!あるいは談論風発する場もない孤立した生き方だから、そんな風

に思えるのかも知れませんが・・うふふふふ

何たって・・朝目覚め、足腰の痛みもなく元気で1日が過ごせる幸せを堪能させて

貰っているのが現実の私の生活・・あははははは ☆嬉しい事ですし幸せです☆

意気消沈した日もあればキラキラした太陽に面と向かって行く日もある・・( ^^)

沢山の感情の中で 何時だって《私の人生絶好調!》と自分に興趣を感じて生きて

いれば新鮮な光が手に届くような錯覚かも知れませんが・・そう思えるのです!!

そして【余り迷わず、只今は再生中なり】と言い聞かせている。たった1人で思考

する事なんて高々知れているし・・ましてや利口でない分、短兵急に短絡に考えて

生きている方が心が楽になったのはベトナム生活があったからだと最近はその事を

何度も考えます・・ひゃははははは 深く潜行させて物事を考える生き方は若者に

渡して・・極楽とんぼで生きたいなぁ・・だって時間が少ないのだから・・なんて

高慢で不遜な態度が垣間見える日々です。m(__)m

要するに、もしかしたら未だ自分に残されているかどうかわからない自分力みたい

な真理を感得するだけの気力も時間も無くなって来ている事に気が付き諦観出来た

のだと思います・・ふふふふふ その程度しかないことが理解できたのでしょう!

だったら、1日でも楽しく素敵な時間を過ごしそれを消化したいと思ってしまった

のだと思います・・(#^.^#) 愚者なりの生き方でしょうが・・はははははは

※ベトナム人の家と家族

ま、1軒家、アパート、貸家、借家等同様にありますが・・壊れかけた家を直して

住んでいる人もいます。また水上生活者も昔ほどはいませんが未だ未だ南部地方に

は多いしホーチミンの様な大都会でも川で生活している人も大勢います。

ごく一般的な生活は以前書きました様にサービスアパート的な部屋貸しのスタイル

が結構多いです。大家と同居で下が何らかの店をしているとか?

親族が持っている家に居候したり、家族と一緒に住むパターンも多く大家族が普通

に住んでいます。家族の絆が何よりも優先される国だから・・ましてや長子は日本

では想像もできないほど堅く結ばれた絆があります・・\(◎o◎)/!

そこには何時も書いていますが・・嫁や婿の存在は希薄で・・殆ど無視に近い存在

です。一緒に外食などは誘われたりはしますが・・婿は仕事をして稼ぎ、嫁は家事

店をしていればそっちも手伝い、同居人の世話もすると言う塩梅で 嫁、姑の確執

は日本以上にあります。 全部では勿論ありませんが拝金主義が徹底しているから

お金を持った人が1人いればそこに屯して住むことも食べる事も当然で・・(-.-)

   ≪持っている処から頂戴するのは尤も自然と考える国民です≫ 

ま、お金を稼げる人に嫁がせたい親が多いこともそこに群がる事も至極当然で・・

「お小遣いを貰う事も生活費も全てが稼げる人におんぶに抱っこ状態」が普通です。

親が家を持っていれば結婚まで一緒に住んで生活を助け、独立したら送金するのも

当たり前のことです。日本では考えられないほど厳しい長子の役割があります。

親族の世話も見なければならないし、友人と一緒に住むことも家族ではない人との

同居も多々あって・・この人誰?みたいに一緒に住んでいる人もあるから不思議な

感覚です。又離婚して戻って来ても全く以前と同様の生活が戻った様に何も変化が

無いようで婿が出て行くパターンが多いのも何度も見ましたし、聞きました。

ベトナム人の女性は猛烈に嫉妬深く、結婚するまでは鷹揚で優しくべたべたと愛情

を振り撒き「貴方一筋」的な恋愛感情を示しますが・・嫁の家で暮らすことになる

婿は大変で・・それは厳しいものがあります。 両親、家族からの圧迫や圧力に根

負けする男性も多く一家を別に持っても両親からは1日に何度も何度も電話が掛り

今は携帯ですが煩いほど掛け合っているのが現状で、何時でも親は娘の家に平気で

行くし1ヶ月位は普通に住んでいたり、週末には必ず両親宅へ帰るのも当然です。

夫婦喧嘩は凄まじく、物を投げたり、壊したりなどは想像を絶する勢い・・(-"-)

そこに親や兄弟が絡んでくるから、男性は堪えられなくなって行く人が多いのかも

知れないし嫁側も味方があると強烈さは増加する。男性の行先も何処で誰と会う事

など全て把握していないと嫌なようで・・携帯を見たり、取り上げたりはたまた店

まで押しかけたり平然と女性側はするようです・・(-_-メ)

そこに親や兄弟も連いて行く場合も度々あって、大喧嘩になります。 自分が勝手

していても相手が自分の思い通りでないと嫌なようで・・本当に嫉妬深いベトナム

人女性の気質を見ていましたねぇ・・(^_^;)

婿殿には勿論腹を立てているが浮気などがばれると相手の女性宅まで乗り込み争い

になり女性同士の喧嘩が勃発するのも常套手段みたいです〘恐ろしいです!〗

それだけ愛情が深いのかと思うとそうでもなくお金を運んでくれるからという思考

が働き大事なお金が余所に流れる事が嫌なのが凄くよく解ります。

日本人の男性は特に大変で・・国際結婚した人等は一部始終を掴まれているという

状態の男性を何人も知っていましたし、聞かされていました・・(;一_一)

ベトナム人気質の或る部分ですが・・日本の常識など全く通用しないことはご理解

頂けると思います・・わははははは 土日は家庭サービス残業もなし、何処へ行く

のも何時も一緒で実家に力がある方は力関係が上で絶えず実家へ行かねばならずが

通り相場的な感覚で暮らしています。実家に力があると相手の方は我慢するか諦観

するかしかなくて・・うかうかしていると追い出されたりする羽目になる。

それも身内や家族全員で追い出す様になるから・・どれだけ立派な結婚式を挙げて

数100人もの人数を呼んで披露しても、一瞬で終結してしまう場合も沢山あって

家族が心から喜び、お金を稼いで豊にならない相手はどんなに愛情があってもダメ

になるケースを何人か見て来ました・・{やれやれ・・凄いです・・(><;)}

国際結婚だからという訳ではなく、あくまでも家族を全て養えるか?に掛っている

のが現実です。ま、正直なのでしょうが・・これはかなりきつい事実です!!

〔愛〕はこの国では3番目位でしょうか? ①は家族 ②はお金 の順かしら?

真実これがこの国の現状なのではないでしょうか?・・わはははははは

お金を稼げない男性は不必要だと考えるようですから気の毒でもありますが、その

事に拘泥する訳ではなくまた、次の相手へとさっさと思いが変わるのですからこれ

も何とも言えない感覚で理解できない・・あっけらかんとした感情でしょうか?

余り深く悩んだり考えず、違う恋愛をして・・次の相手に期待するのかも?

<よく解りませんがドライで、活発で、親や家族の意見は何よりも大切なのです>

今朝も晴れて暖かくなるみたい。病院の検査がある日です・・も、何を聞かされて

も{どうってことのない身体と心境でしょうか?}・・そんな浪速です。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/07 08:09
一寸動くと汗ばむほどの気温でした。23度だったと言いますが・・部屋の中でも

窓を開けて風を通していて丁度いい感じでした・・( ^^)  少ししかない洗濯物を

引っ張りだしタオル類や布巾等、まな板も干して太陽に当てて凄く気分が良かった。

少し風があったのですが・・直ぐに乾いたのも嬉しかった! 連休最後の日、帰省

している子供達が近くの家の周りに随分車を停めていてそれらが1台、2台と減り

孫の声や子供達の挨拶、老いた両親が満面の笑みで見送っている様相はいつ見ても

親子の絆を感じて「幸せを分けて貰っていました」充分過ぎるくらいに接待した親

も孫のお守から解放されて心なしか安堵の表情と、一抹の寂しさを心に持っている

姿にも嘗ての若かった頃を思い出し・・時代は変動しても何処の国でも心情は同様

で人間の心の原点がそこにある以上〚人は未だ未だ大丈夫!〛を感じておりました。

      *どんな別れでも別れる時は本当に寂しいものです*

たとえ、直ぐに会える距離にいても長時間掛けて渋滞の中を顔を見せに帰って来る

子供達には役目を果たしたという大きな安心感も見られて・・こんな幸せが何時迄

も続けばいいなぁ・・なんて考えて眺めておりました。老いるとはこんな些細な事

でも存分の幸福感で心が満たされるものだと他人事ながら・・自分には殆どないが

そんな感情を温かく感じておりました・・( ^^)  また、明日から日々の生活が始

まり時間は変化して生活が分離されて行くのでしょうが・・数日間の英気は親子の

間に充満している様に見受けられました・・うふふふふふ

※或る日

何時ものように朝の家事をこなして市場に出かけた。大体6時過ぎには市場へ行く

習慣ができていて・・遅い店もあるが大抵は6時頃は開店していて何処の店でも朝

の準備をしている。その忙しい中を1人分の食材を毎日買いに行くのが日課でした。

歩いて15分位掛る道を、横断歩道はあっても何処から飛び出してくるか解らない

バイクの集団の中渡りきって市場に着く。大きな市場で玄関先から周囲の道路全部

が露店を出して道路に様々な品が並ぶ。食べ物やは特に早くて既に満席でフォー屋

やご飯類を食している光景に遭遇するのも一興です・・(*^_^*)

一通り市場の外に並ぶ店を見ながら先に値段と何が売っているのか?を見て置いて

市場の中へー野菜コーナーには野菜やが犇めき、肉や(豚専門)(鶏)(牛肉)等

とあり、魚やの店先には大きな盥が所狭しと並べられ、生きたまま道路に飛び出て

いる魚が数匹もいて、触れても平気な人はそれらを掴み盥に投げて入れて通過する。

野菜やの未だ開けていない袋を勝手に客が開封して、自分の欲しい野菜を取り出し

肉やでは朝行くと店の後方では男性が大きな肉の塊を捌いているのを目にする。

それは大きな鉈のような物だったりで吃驚するほどの力仕事に見える。捌いた肉片

をそれでも大きなブロックを店の前に持参して女性に渡す。彼女達はそれをもっと

細かく包丁で叩くようにカットして行く!

ある程度の大きさになると店の柱などに沢山の釘がある場所にぶら下げるのです。

も、朝の市場は本当に面白く飽きないで見て居られます。鶏も捌いているし、羽が

舞い飛び散ってきたりする。  邪魔にならないようにしながら自分のほんの少し

の買い物を終えるのだが、中には意地の悪い女性もいて、声をかけても見知らぬ振

りをされたり少量を持っていると露骨に嫌な顔をする人もいる。 

何故か?女性がそれも若い人に多いのは不思議な気がしていました・・(-_-メ)

大体店は決めていましたが、最初はそんな目に何度も合って時には私も手に持った

野菜をバラバラと意地悪く撒いてきた事もありましたねぇ・・ひゃははははは

果物やでは外国人だと知ると途端に値段を吊りあげる人もいて、感じが悪く腹立つ

事は何度もありました。果物なんて全てキロ単位だから・・「幾ら?」なんて想像

もつかないし、毎日買っていれば凡その見当もつくのだが・・( 一一)

何せ1人だから余り購入しない。 キロで買っても無駄にするだけだし冷蔵庫が当て

にならないから『計画停電が多い』どうしても1つ2つ程度しか買わない。 珍しく

外の道路で「マダム!」=外国人には誰でもそう呼びかけます・・最初の頃はそれが

解らずいい気分になっていましたが・・ふふふふふふ   仏領の名残でしょうか?

と声をかけられた。しゃがんでみると蜜柑(かなり大きい)を3つもった小母さんが

「150円でいいよ」と言うから丁度ドン紙幣が200円分しかなくそれを支払ったのに

お釣りをくれない・・(><”)

「お釣り?」って手を出し、もう1枚の200円分のドン紙幣を持って日本語で言った!

「このお金を出したからお釣りがあるでしょう・・」でも全く無視するのです。

3回ほど言ったが他の客を相手にし出したから、これは完全に外国人料金を支払わさ

れたのだと諦めて仕舞った・・こんな事は日常茶飯事かな?特に果物は値段が有って

無いような感じでしたから・・(-_-メ) ベトナム人は見ていると傍でいくつか食べ

て気にいれば買うけれど・・買わない人も大勢いる、それは私にはできなかった!

それでも仕方なく「汚い事するわねぇ・・も、2度と買わないから!」と少し声を荒

げて立ち去ったが大勢が見ていて、様子は解っていても素知らぬ振りをする人が多い

のも自己中心的な人が多いせいかも知れません・・あははははは

こんな微細な事で朝から心を苛立てても始まらないし即、忘れる様にと思っていたが

自己主張の力がないから・・騙された方が悪いのだし”カモ”にされた思いだった!

それでも市場内のちっぽけな事です。それで生活の足しになるのならなんて・・帰路

は思っていて自然と笑みが零れた・・(#^.^#)

お昼近くまでレース編みをしていてふと外を見ると屋台が道路に沢山出ていた。

ここに越して来て{1区から10区に越した}珍しいからお昼用に何か変った食べ物が

あればと思い、また出かけてみた。 日本で言えば焼きそばのような麺があったので

それを買い、色々な店があるので物珍しくて、見ながら大きなビルをぐるりと回って

玄関まで来た。いい匂いがして入口でワッフルを焼いている天秤棒担ぎの小母さんに

出会い早速、数個焼いて貰って熱々を買った。  このように何処でもお構いなしで

屋台はでるし、売り子はしゃがんで商品を並べたり作ったりする。以前に住んでいた

場所とは違って物価は高く感じたが・・ま、多種の店が立ち並ぶのを、見るのも買う

のも市場の大きさも充分興味があったので割合楽しく広い部屋に住んでいました。

ここでは殆どがベトナム人で1区で見た外国人は先ずいないせいか?じろじろと見る

人が多く、ま、気になって仕方ないって感じで誰彼とジーと見てくれた・・(^_^;)

ま、それにも慣れていましたが・・ベトナム人はとに角、遠慮がないから見知らぬ

人だと(特に外国人)ジーと目を離さないで見る習慣と言いますか気質があります。

気味が悪かったり嫌でも異国人を認識させられたものです。でも、決して彼らには

悪意があるのではなく奇異に感じ異質に見えるのでしょう・・はははははは

ま、そんな生活が毎日続いておりました。 微細な出来事が転居する事に変化して

随分色々な経験を積みました・・きゃははははは 今は笑い話ですが、当方も慣れ

るまでは本音の部分は不安感があったり、困惑もあり、生活のリズムを掴むまでは

何ともぎこちない生活が続いたものです。それでも日本の様に凶悪な事は何もなく

安全な生活でしたから・・治安が悪いこともなくて普通に暮らせました。

ま、外国人というレッテルは何処に行っても付き纏い嫌な思いをする事は数知れず

有りましたが・・そんな事どうって事はなく見られる事にも慣れて見返すことすら

出来るほど図太くはなって行きました・・わははははは 

そうでないと暮らせなかった部分が数多あったせいですが、馴らされた部分もあり

大した事ではなく適当に楽しくいい加減で面白いことに出会う偶然が嬉しかった!

今朝は少し冷えた感じでしたが・・朝日が昇って来ている浪速です。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/06 08:17
{太陽の威力}って凄いものがありますねぇ・・( ^^) 本当に雲が見えないほど

日差し満々としていました。 子供達を連れて何処かへ出かける様子が部屋の中に

いても解る程賑やかで〔子供の日〕をそんな事で感じておりました・・うふふふふ

も、この年代になると行事やイベントからは遠去かってしまい[今日は何の日?]

なんて中々ピンと来なくなってしまった。もっとも先だって書いた様にベトナムは

祝日が少ないから・・殆ど毎日何もないのが通常でした。そのせいもあるのかも?

ですが・・(-_-) 珍しく、明日ゴミに出す準備で書類や戸棚の整理をして処分を

しようと思って片づけ出したら・・散歩も外出も忘れていて・・あははははは

何時もは小さなレジ袋1つのゴミが3つになり大型のごみ袋に入れて出して来た!

色々な書類があるもので・・少し放置しておくと溜ってしまう。戸棚の中も整理を

さぼっていると届かない高い棚に向けて放リ投げたりこんな性格です・・(><)

少しづつ使用した乾物類が輪ゴムをかけられごろごろ出てきて・・恥ずかしい!

1つに纏めたり順番に並べて見える様にしたり、きちんと椅子を使って整理した。

アルバムの整理が大きな課題なのですが・・ま、少しづつでしょうかねぇ。

半分位には減らしたのですが・・1、2冊程度に廃棄したいと思っているのですが

ま、若い頃は何も考えず写真は家族の宝みたいな感覚でした!老いてからはそれは

個人的見解で無駄だと思い、引っ越しの時やベトナムに行く時にかなり減らした。

子供達には結婚と同時に分配したから残っているのは然程ではないと持っていたの

ですが・・今と違ってPCに取り入れたりしなくてネガも写真もアルバムに添付して

いるものばかり数10冊あった。今は10冊位まで絞って、シュレッダーにかける

所までにしているが・・(^^ゞ元来、写真を撮る事も撮られる事にも興味は無くて

拝見する方が楽しい人でしたが、若い頃は子供の{成長記録}みたいに思っていて

愚かにも沢山撮り過ぎていたものです・・(--〆)

いづれにしても何も持って行けないのだから・・(遺影)だけ準備しておけばいい

のだと思っているのですが。暫くは洋服や着物の生前贈与の形で貰ってくれる人に

順番に差し上げて行くのが先かも知れないなぁ! そんな事を考えながら片づけて

いたら時間がすっかり経っていて・・直ぐに夕方になってしまった 「あーあー」

こんな古い洋服もその当時は高価だったとは言え誰も欲がらないでしょうし形が古

過ぎる・・ぼちぼちして行けば片づくかしら?「やれやれ、購入時に何故そこまで

の配慮ができなかったのだろう?」今更のように愚かさを露呈している・・(-_-;)

※ベトナムスィーツ  (ベトナム料理本より)

ベトナムは暑い国のせいでもありますが甘味が揃っています。種類も豊富だしその

甘さにも吃驚させられます・・(@_@;) 何度も書いて来ていますが・・ベトナム

は”おやつ天国”でもあります。高級なホテル、レストランから道路や屋台で甘味

は何処でも売っています。味はマジ美味しい・・ははははは 少しご紹介します。

①ココナッツアイス

ココナッツの殻にアイスクリームとフルーツ、フレークなどが入っています。

アイス自体は薄味ですがフルーツやココナッツと一緒に食すると美味しさも格別!

アイスクリームの種類は豊富で好きな物を選べる店があちこちに随分出来ているし

ココナッツの内側の果肉と一緒に食べると美味。ただ、これは地方にはなくて多分

ホーチミン市内だけではないでしょうか? {去年までは見かけなかった}

②プリン

ベトナムプリンは絶対お勧め品です。機会がある方は忘れずに食してください。

日本で想像しているプリンとは先ず違うと思います。とにかく甘いです!濃厚な味

は卵、コンデンスミルクを使っているからで、手作りで懐かしい昔の味がします。

ケースも小型で、中身に「ス」が入っているのが特徴でもありますが何故か不思議

と目茶苦茶美味しいです。道路脇で売っているプリンも間違いなく自家製で美味!

日本で紹介されている本や案内書にはベトナムプリンはアヒルの卵を使用している

と書かれてある本がありますがベトナム人は決してアヒルの卵は使用しません。

何故なら、アヒルの卵には臭いが有って渋いのでプリンには使用することはないと

言われています。何処からそんな話が流れたのか解らないのですが・・書いてある

本は何冊かみました。

③揚げバナナ

要するにバナナの天ぷらだと思って下さい。スライスしたバナナに粉をつけ揚げた

物です。揚げ立ては衣がサクサク、バナナが柔らかいからその感触がいいかな?

東南アジアではよく食べるおやつで何処にでも売っています。サイズが大きいから

お腹がいっぱいになります。これはホーチミンよりハノイの方が店は多いみたい!

④チェー=ベトナム風ぜんざい

チェーには2種類あって、クラッシュした氷を入れるのとココナッツミルクで煮た

温かいのがあります。氷入りのものはフルーツ、ゼリー、海藻入りがあったりして

種類は多々あり甘いシロップが掛けられています。五目チェーは色々な具が入って

ミックスされた味になりココナッツミルクのシロップが掛けてあり濃厚です。

是非食してください。ちょっと不思議な感覚の味で美味しいです。

また、温かいチェーはバナナ、カボチャ、里芋入りなどがあり餅米とトウモロコシ

を煮たものがあります。 ココナッツミルクは何とでも相性がいいようで餅米とも

合って美味しいです。

⑤焼きバナナケーキは有名

バナナをスライスして小麦粉、バゲット、コンデンスミルクなどを合わせた生地を

ホールで焼いたケーキ。火を通すとバナナは赤くなるから見た目も美味しそうです。

街中のパンやでも売っていますし、屋台でも買う事ができます。

チェーは甘味の中ではベトナム人が一番好きで代表的なおやつではないでしょうか?

本当に吃驚する位の種類があって好みで作れるから・・見ているだけでも楽しい!

現在は乾燥させ粉末状で売っているからお土産にもいいかも知れません・・( ^^)

米の産地ですからお餅や団子なども色々あります。見た目は仰天するほどカラフルで

一寸ドキッとする色合いの団子もありますが・・味はお米で作るもので優しいかなぁ?

餅米で作るケーキもありますし、暑い国には絶対必要な甘味は様々な工夫で作られて

います。豆類、寒天、ヨーグルト、アイス、タピオカ、海藻などもあって好みで自分流

に具材をセレクトして作ってくれるのも嬉しいです。

 『ベトナムの乳製品は間違いなく美味しいと言える物が多い国だと思います』

甘味の店は学生が多く、又小父さんたちも気軽に入って食べている姿も見かけるから

好きだし身体が欲するのだと思います。私もプリンは幾つ食べたでしょうか?小さい

から2つ位は平気で食せます。普段、店では冷蔵庫などには置かないでそのまま常温で

売っていますが冷やすとまた美味しいものです。

種類が多すぎて書けませんが・・以前にも書いていますので・・興味のある方は古い記事

でも読んで頂ければ仕合せです・・(#^.^#)

GWも終わりですね・・今日は道路も全ての乗り物の渋滞が懸念されますが・・(-_-メ)

事故などのないように・・楽しい時間を思い出を胸に帰られる事を願っています。

少し、雲があって暁光を遮っていますが先ず先ずのお天気で明けた浪速です。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/05 08:22
部屋の中より外が暖かくて・・散歩には絶好の日和でした。ま、世間はGWで道路

の混み具合や海外旅行者、帰省客などのニュースが流れ・・私には何1つ変化の

ない生活ですが・・うふふふふふ

それでも日差しが陽光が燦々と降り注ぐと矢張り「じっとしているのも?」的な

雰囲気が身体にあって〔元々、元気だし出かけるのが好きなのでしょう〕矢張り

少し外出して来ました。 太陽を真っ向から見据えて歩くのも案外気持ち良くて

『紫外線?お肌が荒れる?』なんて「今更―――?」てな訳で、陽光大好きです。

未だ行った事のない市内でも少し離れた住宅地へお花を訪ねて行って来ました。

案の定、帰路は少し道を間違えて戻ってしまいましたが・・ひゃははははは

方向感覚がどうも駄目で《注意力が昔から鈍感なのでしょうねぇ》・・(^^ゞ

真っ赤に燃えるような紅葉があったり、山吹が終わりかけて枯れ急いでいる姿に

一抹の寂しさと未練はありましたが名も知らない花が本当に多く、一度に咲いて

いる余所の庭を拝見して徘徊しておりました・・あははははは

大きな住宅地で1軒家が多かった。  旧家には成長した樹木が手入れされていて

松、槇、椿などが茂る様に大きく成長していました。 下にはクリスマスローズや

ベゴニア、アネモネ、大手毬、その上、アマリリスの咲いている家もありました。

鈴蘭は今を盛りに満面の笑みを見せていたし、ビオラは何処の家にも色彩鮮やかな

姿を見せてくれ楽しんできました・・(*^_^*)

近くにあった店へ寄り、こんな住宅街にも小売店がある事に驚きながら・・洋服屋

を覗いて来たんです。今年は何となく未だ寒さが取れないからでしょうか?冬物の

ボアのシーツなども積まれていて・・その横には春から初夏の服が並んでいたりと

店内も複雑さがありました・・ふふふふふ  洋服屋なのに湯たんぽもあって・・

何となく可笑しく冷かしでしたが・・(*^。^*) 

「売れても売れなくてもどっちだっていい!」気楽な商売に見えました。 きっと

不自由はしていないのでしょう・・なんて思っていましたが・・( ^)o(^ )

1時間半程度でしたが背中がほかほかして気持ちよく風がない分暖かく感じました。

帰路はスーパーへ寄り不足分を仕入れ、3日分位の買い物をして重くなりましたが

お昼過ぎには帰宅しました。ま、いいお散歩でした・・(*^^)v

※ベトナムニュース  (ベトナムニュースより)

一寸変った所でこんな情報が沢山掲載されているミニコミ誌があるのでご紹介を・・

1つだけ例として・・冊子には凄く数は載っています。

①ホーチミン市内タンビン区で新築の家貸します!

ホテル調に作られた上品な家です。cong hoa通りに面していて市内からバイク、車

で20分、徒歩5分の場所には有名な大型スーパー{マクシマート}あります。

部屋はエアコン、温水シャワー、インターネット、家具付きです。女性の方希望。

{電気、水道、インターネット料込}で料金250㌦から最初はデポジット2ヶ月

などの広告が多々あります。ただ、安価ですが・・タンビン区は最近になり開けて

きた地区で未だ古くて汚れた区です・・(-.-)今から開発されつつある場所です。

珍しいので書いてみました。私もこれ等を見たり知人の紹介などで家は探しますが

実際に行くと凄く違っていたり思いがけない場所だったりする事も間々あります!

②OVERLAND CLUBはホーチミン市1区で陶芸、ベトナム料理、ペーパークラフト

などを教えている教室です。住んでいる人向けですが観光客相手に数時間の料理の

教室もありますので、好きな方は申し込んで・・楽しんでください。

③仏の{サノフィ}と言えばヘルスケァーグループとしてベトナムでは有名です。

現在、ハノイに新事務所を設立して投資拡大を計っているという話です。

年間15%から20%の成長を見せている活発な医療品市場により、事業は急速に

発展しているようです。 ベトナム総人口の35%を占める北部各省は成長を見込

まれる市場があり期待されていると言います。具体的には商品の拡大、活動地域の

流通チャネルを発展させる目標のプロジェクトが作られているようです。

大都会だけではなく地方都市にも新しい流通チャネルを通じて認識を高めたい・・

目算があると言われています。

④PHUC TRAVEL 

ホーチミン市内にあるフックトラベルではホーチミン市内を自由に観光したい人

の為に専用の日本語ガイド付きバイク、レンタカー、シクロのサービスがある。

1人から4、5名迄でアレンジしてくれるそうです。

例として  1人料金 食事抜きです。

半日(凡そ4時間程度) ガイド+バイク=15㌦ ガイド+車=30㌦{4名}

1日(凡そ9時間程度) ガイド+バイク=30㌦ ガイド+車=50㌦{同上}

また空港への送迎もしていてスーツケース等がある場合はバイクは利用できないが

バイクだと3㌦。車{4名}で12㌦で利用できると書かれていました。

ホテルの場所にもよりますが・・ま、安全性を考えて利用されてもいいのでは?

”経済ニュースなどや日本企業の話ではなくこんな話も偶には如何でしょうか?”

色々なニュースがありますので日曜日にはそれらの案内もさせて頂きます!

今日も気温は20度越えとの話です。連休も少しになって来ましたが・・お天気

だけは大丈夫かなぁ・・(#^.^#)〖東北や北海道には桜は届いたでしょうか?〗

不安定な天候に振り回されている春です。未だ寒い日もあるのかも知れません!

皆様・・お身体ご自愛下さいませ。お疲れがでませんように・・<(__)>

それでも今日は割と暖気が残って暖かい感じの浪速の朝です。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/04 07:58
真夜中に凄い声で起こされた!隣の若夫婦が大喧嘩している様子!「やれやれ!」

GW真っ只中なのに不規則な仕事をしているようで・・早朝出掛けたりお昼だったり

夕方出かけたりとシフト制なのかも知れない。3月までは土、日休みで何時も何処

にも出かけないから若いのに[一生懸命働いて貯蓄でもして家を買うのかな?]

何て勝手に想像していた。先日会ったら{仕事変わったんです。不規則になるから

一寸心配している}なんて言っていた。 1週間前から風邪をひいた様で咳を酷く

していた。不規則みたいで・・真夜中ずっと起きている事が多く、朝までお喋りを

する声が静寂の中よく聞こえる。日中の声は聞こえないのだが・・そしてどたばた

と歩く音やドアーを開けたり閉めたりして喚いている。 「これではベトナム人と

変らないよ!」そう考えていました。 私の起床時間5時には静かになった!

ま、喧嘩する相手がいるだけでも仕合せだと思っていました。割合、激しい喧嘩で

吃驚した・・(@_@;)ま、収まって良かった! ずっと狭い家の中にいると些細な

事でも言い争う事もあるのでしょう・・(-.-)  何を話しているか内容は聞こえ

ないが物音が大きく起きてしまった{あーあ又、眠れずうつらうつらで目覚めた}

※ベトナムで還暦を迎えた・・{日記より拾い読み}

まさか、自分がこんな歳迄長生きするとは想像もしていなかった。亡夫は50代で

先立ち、彼とは年齢差もあったから亡くなった年齢より少し長生きして上げたいと

思っていた。だから彼の歳を超えた時は凄く申し訳ない気がしていたものです。

なのに〔還暦〕それもベトナムで迎える事など夢にも考えていなかった人生でした。

何か赤いものを身に付けると良いとの話を聞いていたので・・日本にいたら相応の

格好をさせられた?(いいえ!決してしなかったと思いますが)・・あははははは

自分1人なので、以前チェコスロバキアに行った時ガーネットのネックレスを買い

それを持って来ていた。初めて1日だけ着けてみた・・(-.-)  指輪は好きだが

何故かネックレスにはあまり興味がなく殆ど着けない。でもこの日に役立つなんて

不思議な縁を感じていました。 偶然に結婚式などに出席するのに少しだけ本物を

持って来ていた。それもまさかの赤のネックレスでしたから・・(^^ゞ

何とも複雑な心境でした・・「早い!もう60だって信じられないわー」独り言を

亡夫の写真に話しかけていました・・(・_・;) ”長いお喋りをしました”

息子が韓国料理をご馳走すると連絡があり、予定していた散し寿司を諦めて軽めの

食事にした。市場で野菜50円、花50円、バナナ60円(房)を購入して、朝は

フォーを食し、お昼はお強にした。   アレンジした花籠を持ってバイク2台で

息子夫婦が迎えに来てくれお祝いをしてくれた。 韓国料理は久しぶりだったから

ずらりと並んだ小鉢が嬉しくて沢山頂いた。早目の食事だったから・・ベッドで本

を読んでいたら娘夫婦からTELがあった。これもまた本当に幸せを感じて感謝した。

私は身勝手で気儘に生きているのに2人の子供から祝って貰えて本当に幸せ者だと

しみじみ感じ「歳を重ねる事も悪くはないなぁ」・・そんな事を考えていた1日!

翌日

ハム、油揚げ、ブン(生麺)卵を市場で購入=180円。 日本の様に卵はパック

売りがその頃は未だ無かったから山の様に積まれた籠の中から選んで3つ買った。

卵はベトナム人は絶対生では食さない。これはそう言う習慣がないのだと思います

が、卵が全部新鮮だとは言えない部分もあって・・時々腐っているのもあるから!

1度お鍋に入れて腐っていて全部駄目にしてからは小皿に割ってから入れるように

なったのです。日本では想像もできないでしょうが・・(><”)

お昼に食べる積りで作り始めた。 鶏の胸肉が冷凍してあったのでそれも入れたり

全く日本と同様にはできない具材でしたが、絹さや、人参は昨日買った野菜を使い

何となくそれらしい感じの散し寿司が出来上った。この国に来て2回目位かな?

久し振りに食した感じで美味しかった。  雨季の時期だから風が強く雨も激しく

雷も忙しい日でしたが・・誕生日を日本式で1日遅れで1人で祝った。

5月末

早朝、洗濯物を干していたら、雨が急激に降りだした。 何時もの時間帯ではなく

驚いて屋上に駆け上がり洗濯物を取り入れた。 まさかこの時間から雨が来るとは

思っていなかったから、フォーを作っていて慌ててその儘で動き回っていたら既に

ドロドロ状態になっていて半分も食べられなかった・・大失敗・・(-"-)

東京の知人から手紙が届き嬉しかった。凡そ2週間は掛って来ている。遅すぎる!

雨はずっと降っていて午後になると何時ものように雷鳴が響き風も激しく吹き出し

何処かの看板が吹っ飛んで行き壊れた音がした。家の前の樹木も数ヵ所折れて恐怖

を感じた。数本折れて景色が変わったからです・・(@_@;)

何時もとは違った風の流れだったのかも知れない。夜まで雨は豪雨をもたらした。

水無月に入る

朝から洗濯物が干せない程暗い。雨が落ちてくる気配・・昨日は酷く荒れた天気だ

ったのに、今日もかな?日本にいたら梅雨に入った頃かな?紫陽花は咲いている?

そう言えば紫陽花寺へ幾つか行った事をふと思い出した。 鎌倉の明月庵や奈良の

矢田寺、京都の藤宮神社など・・字は間違っているかも知れないが・・豪華だった

光景にしばし日本への郷愁を感じた時間でした・・(*^_^*)

日曜日でスーパーは混んでいた。牛乳、スープの素、乾燥麺、石鹸、お菓子、豆腐

柔軟剤、ティッシュ=463円。

今から10年近く前のベトナム生活です。様々に大変貌を遂げていたベトナムです

あの頃に暮した事を読むとそれなりに生きていた証と思い出が蘇り、インフラ整備

が強硬されていた時代が強烈に残存している。 色々な事があって今があり人との

出会いも国の発展も目の前で見られた事は何よりも感動し、ベトナムの大きな変動

と渦中の中で流されながら過ごした時間はとても貴重でしたねぇ・・(@_@。

日記とは時々思います。死ぬ前迄には処分する物であるという事を・・うふふふふ

人は本当に感情の生き物です。 特に日記には自分の感情をモロに書いているから

遺された者が見ることの脅威は避けねばならないなんて思うから!少しづつ人間と

しての終焉の道に近づいているのだから心と傍にある物品の処分を始めたいと思い

『心の中のけじめ』として廃棄して行けたらと考えている所です。

先日来よりほんの少しづつし始めたのですが・・ま、1年掛りで終わらせられたら

上出来でしょうか?慾が無くなってきた傾向を嬉しく思っています。最低限の生活

に戻れるように廃棄処分をそろそろ本格的に始める時期に入りました・・( ^^)

何とか今は元気ですが先行きは何があるか解らないから早目にと思っているのです。

日差しは未だ弱く当たっている浪速ですが老いた肌にはかなり応えます。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/03 08:34
外に出たら思っていた以上に太陽の勢力が落ちていて、暗雲も大きく広がり今にも

雨が落ちてくるかも知れないほど曇っていた。一瞬迷いも有ったのですが・・折角

準備したからと思って1駅歩いて、古本屋へ出かけた。背中には溜った本が15冊

確り重さがあるが・・もう読む本がなくて・・気になって仕方なかったのです!

ベトナムにいた頃は何度も同じ本を読んだのだが・・新刊本でも古本でも何時でも

購入できると思うと何度も読む気は萎えてしもうものですねぇ・・ふふふふふ

  〔も、無料で変換して貰い、10冊ほど買って帰ろうと思ったのです〕

図書館は神戸にいた時本当に利用したのですが、キャリアーカーに乗せて単行本を

20冊まで借りれたもので・・でも2週間以内に戻さねばならなかった・・(-.-)

本は読めたのだが・・持ってバス、電車と乗り継ぎをしながらの図書館通いは未だ

今よりかは若かったが・・あははははは  でも段々と2週間ごとが苦痛になって

随分図書館の中で読んでいる人達と出会っていたのですが・・どうも人のいる場所

での読書には抵抗があり、気儘な格好で読むことができないし雑音が気になるとか

制限があるのが苦手で我儘な人でしたから・・(-"-)

その内に古本屋を知って・・それからは未だ新しい本が安価で買える事、また返し

て新しく買うことができる便利さが気に入った! それで、この地に来て探したが

中々見つけられずにいたら・・発見したのです。 電車に乗って歩くのと、家から

1駅程度歩くのと変わらない場所でした。 最初の頃は電車に乗って行ったのだが

昨日は歩いてみた!   天気も心配だったが・・降れば何処かで雨宿りでも・・

電車よりも近く片道45分位で到着した。持って行った本が買い取りされ290円

にもなって、吃驚した。また、10冊購入して来た。姉などは図書館も古本も触る

事ができない潔癖症だが・・私なんて余程汚れていない限り全く平気だ・・( ^^)

内容に興味があって直ぐにでも読みたい衝動が湧く体質みたいです・・えへへへへ

※私とベトナム語

も、何度も書いていますが相性が悪いと言いますか?頭痛の種であんなに長く住み

生活していたのに恥ずかしながら喋れないで終わった・・(;一_一)

最初の出だしが悪かったのだと思うが学校へきちんと出かければ良かったのですが

個人レッスンなんて格好つけたり、我家に出入りするベトナム人が日本語を話して

いたから緊迫した感覚がなかった事も加味して多分、喋れるだろうとたかを括って

いた部分が多かったのは事実です・・(><;)

所がベトナム語のAIUEOには今まで見た事もない記号が幾つもついているのです!

この記号で発音が詳細に分類されていて6つの声調を示しているから・・(-_-)

とんでもなく発音の難易度が高く日本語で書こうとしても{ア、イ、ウ、エ、オ}

以外書けないのです。読み仮名もご紹介するベトナム語の単語も全て母音には記号

がついていて・・読める気はするのですが・・いざ声に出すと誰にも通じない現象

が起きるのです・・とほほほほ 

現実に似た音を発したつもりでもよほど外国人のベトナム語に慣れた人でなければ

通じていないのが現実です。それでも、時には相手の人から「すいません!日本語

解らないのですが・・」なんて言われるのがオチで、自分では精一杯のベトナム語

を使って頑張っているのに・・愕然とし心が萎えてしまいます・・!(^^)!

そして、日本人は英語ができて当然だと思われているのも又悲しい現実でした!!

私の英語は学校で習った英語で型通りだし、少々話せてもアジアンイングリッシュ

には全く慣れていないから、こちらの英語は通じても帰ってくる返事の英語が先ず

理解できない一方通行状態になるのです。迂闊に英語で話す事にも躊躇いがあって

【ベトナム語にはほとほと手を焼き疲れきってしまったのが現実の状況でした】

ま、それでもジェスチャーや片言のベトナム語でも本当に必要な時は、何とか無理

強いさせて通用?させ暮して来たのですが・・ひゃははははは

も、見知らぬ国だし、誰も知る人もないから恥も外聞もなくいい加減で適当でした。

恥なんてどれだけ掻いたか知れないし・・「???」の返事をどれだけ貰ったか?

数知れない・・(・_・;) だから日本人だし出来なくて当たり前だと図々しく開き

直っていたのも事実ですが・・(--〆)

《結構頑張って努力したつもりでしたが・・結論的には皆目通じなかった??》

学問としてのベトナム語ではなくコミュニケーションを通じて何度も何度も直され

覚えて行かねばならないことを知らされたのですが・・これにも問題はありました。

ベトナム語を話す相手によっても北部、中部、南部と言葉に変化がある事も難問で

その人の性格や生活、出身地等によっても言葉が違うのですから・・お手上げ状態

でしたねぇ・・(><”)もう少し頭も柔軟で何処でも出かけて行き喋っていける

位の若さが有れば、もしかしたら話せたかも?知れません???・・わははははは

  *ま、言い訳、弁解に聞こえますが・・本当に難しかったです*

因みにPCや携帯などでベトナム語を打つ場合は、記号は全く使用しなくても前後の

単語で判断する様です。それなら、発音しなくてもいいから便利かもですが・・頭

の中にインプットされてしまった《不可能》の文字が外せなかったのです。

ホーチミンに住んでいると面白い事に[大阪人が何となく東京人が嫌いな感覚]が

あるように[ホーチミンの人はハノイの人を好きではない]ことに気が付きます。

多分、ベトナム人の間には歴史的な経緯や温暖な気候で大雑把、大らかな人が多い

ホーチミンがハノイの人は好きではないみたいで?・・うふふふふふ

反面ハノイ方面の人は勤勉で辛抱強く、用心深いのも地域的な性格かも知れません。

この様に地方によっても異なるから・・当然話す言葉にもアクセントもニュアンス

も相違が出てくるのは自然なのです。ホーチミンはハノイよりも地方出身者が多い

からはっきり言えば言葉が乱雑でベトナム人同士でも通用しない場合もある様です。

こんな複雑な中で生活出来たのは{のほほんとした頭脳と愚鈍さがあった}からだ

と今は思えます。苦労したベトナム語は今は懐かしいです・・わははははは

少し肌に寒さを感じて洗濯物を干した浪速の朝です。

ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)

2013/05/02 07:59
{昨夕7時半頃でしょうか?いつも寝る前に外を眺め明日の天気はどうかしら?」

と空を見る事が何となく習慣になっている最近。所が奥の80歳の人の家のガスの

メーターが赤く点滅してる事に気が付いたのです。隣と自分家のメーターを見ても

異常はなく「すわーガス漏れ?」と一瞬思い、近くまで行ったが臭気はない。 

でも点滅しているのは事実だから・・先ず大家に連絡して来て貰った。彼女は直ぐ

に来て・・奥の家のドアーを叩いていたが返事がない・・私も心配して・・高齢だ

し、部屋の中で転倒でもしていたら・・何て考えていた。そこへ大家の息子が来て

椅子とガスのメーターのパンフを貸した。それを見ながら操作したら点灯が消えた。

でも、一応ガス会社に連絡した方が良いと言う話で彼が連絡して事なきを得た!

その時、部屋からお婆さんが出てきた。あんなにドアーを叩いたのに「何事?」と

言う顔でした。「あー内はガスは全くつこてへんね!」危ないから台所もお風呂も

電気に替えたと言うのです。 以前に小火になりそうだったからその時に替えたと

確り返事していました。大騒ぎして「何のこっちゃ!」でしたが・・まさかそんな

事情など露ほども知らない!大家も2年前ご主人が亡くなってから貸家の事は殆ど

知らない状態だと言う。{そんな大切な事}をと思いつつ、何もなくて誤作動した

だけで本当に良かったです。すっかり眠気も覚めてお風呂に入ったが落ち着かない

気分でした・・(・_・;)  メーター等はどんな状態なのか?なんて何時もは全く

見ないから偶然に発見したけれど・・赤い点滅が数秒置きに「パッパッ」となるの

も何となく気持ちが悪いものです。ここでも勉強でした。偶にはメーターを見る事

だってしなくちゃ・・なんて思った夜でした。

※ベトナム人のおつまみ

暑い国ですから水分が必要でビールは水同様に需要が凄く盛んです。朝からでも昼

でも食事時には男性は大抵大きなビールカップに氷の塊を入れて飲んでいます。

ましてや仕事が終わった夜は〚ビヤホイ〛と呼ばれる日本でいえば居酒屋的な露店

や店、リヤカーで来る屋台もあります。そこは何時も大賑わいで大声で喋り掛声が

ベトナム語で〖1、2、3乾杯!〗的な意味ですが〖モー、ハイ、バー、ヨォー〗

が何度も何度もあちこちで聞こえるのがベトナムの夜です。何回もその声を出して

飲むのが慣習なのでそれは騒々しい飲み方ですがテンションが上がって楽しいもの

です・・あははははは  陽気な飲み方だし、日本人の様に酔っぱらう人は見た事

が無いのも不思議です・・大抵はそんな状態でバイクでも車にでも乗って帰宅する

のが常套ですから・・余程酔ったらタクシーで帰る事もある様ですが。個人的には

1度も見たことはありませんでした・・(@_@。

◎おつまみのご紹介です。

○枝豆(日本から多分入ってきた感じかな?)○サワーソーセージ(バナナの皮に

包んであり大小がある)○ビーフジャーキー○ベトナムサラミ○腸詰め(焼いた物

が多くかなり大きい)○肉の串焼き(焼き鳥の様に肉を串に刺して焼いたもの)

○するめ(これは日本と同様に軽く焼いて割く)○サラダ(海老、蟹などの海鮮物と

野菜、香草を合わせたもの)○高菜の漬けもの○トウモロコシを炒めたもの(これ

らは屋台で目の前で炒めたり焼いたりしてくれる)○魚の干物(これは日本と同じ

ですが、鰺の開きなどの様なものではなく切り身を干したものが多く、ヘビやゲテ

モノを乾燥させたものも多々あります)○卵焼き(2つ位の卵をさっと割入れ混ぜ

るだけだが香辛料やタレが美味しい)○ピータン○豚の耳の細切りをライスペーパー

で巻いたもの○アヒルの生き血の煮こごり○豚の尻尾○豚足○鶏の足○豚の脳みそ○豚の

骨付き肉タレで焼いたもの○ピーナッツ類(生産国だからどんな料理にも大抵は粒状

でトッピングされている場合が多い)○胡瓜生(ベトナム胡瓜は大きくズッキーニー

に似ていて種もかなり大きい。口当りが悪いが皮を剥きタレで)○ラッキョウ○海老

風味のスナック菓子(米粉で作った揚げ菓子で料理にも載せられているのがあるが

大小あって上げると膨れ海老などを混ぜてあるもの)○豆腐を揚げた物○チャーカー

(これは料理の種類で魚のすり身を香草や香辛料たっぷり入れて揚げた薩摩揚げ風)

ま、こんな所がベトナム人が好んでお酒のつまみとして食します。 後は魚介類が

好きな人は七輪で貝を沢山焼いて食べる人も多いです。 貝やはあちこちの路上で

売っていたり市場でも勿論、購入できますが道路沿いに何種類もの貝を並べてある

光景も面白い。 飛ぶように売れているからベトナム人は好きな人が多いのかも?

ただ貝は怖いです・・(-_-メ)中る事が間々ある様で・・食する気にはなれない!

お惣菜として作られた料理と一緒に食べる場合も鍋の場合も多いですがおつまみは

この程度が普通でしょうか?殆どの場合ビールが多く氷を沢山入れて飲むから酔う

事が少ないのかも知れません・・(@_@;)  ”でも、本数にすると凄いですが”

今朝は冷え込んで暖房をまた点けている浪速です。