ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/30(Tue)
空気が淀んだ感じで暖かさが戻ってきた気がしました。風が無かったし早く洗濯物

が乾いたもので早速、布団を干した・・部屋の中を駆け摺り回りながら拭き掃除を

していたら珍しく汗ばんだ・・気温が20度越えをしている事に気が付いた・・( ^^)

窓はずっと開けていたが{連休のせいでしょうか?暖かさなのか?よちよち歩きの

孫を見ている祖父母の声が騒がしく「☆☆ちゃん危ない」「そっち行ったらあかん」

等の爺婆の声の方が余程危ない感じで・・殆ど30分位は大騒ぎしていた!

最近は毎日のようにお守りをしている姿を見ている。男の子なのだが覚束ない感じ

で歩いては転び、それでもふらふらと歩を進めるから祖父母ははらはらしている!

孫がいないからその様子だけでしか理解できないが・・老いてから抱き上げ、背中

におぶるのは重いだろうと何気にみていました。私よりかも高齢の方でしたからー

今度はおぶって公園へ行った様子。買い物で通過したら、婆さまは椅子の上で疲れ

切ったらしく居眠り中・・孫のお守りも大変なのだろうと勝手に想像していた!

何時もの自分の趣味をこなしていると「ピンポーン」と鳴って宗教の誘いだった?

暫くそんな事を忘れて暮らしていたから{朝起き会と言って皆様で色々と有り難い

お話を聞くのです。ご一緒に如何ですか?}と来たもので・・これも変わった勧誘

になったものだと鄭重にお断りしたが、インターホンで応えて良かった・・(-_-)

こう言う人は雨の中でも子供連れで来る人も昔はいて驚いていたが。随分久しぶり

に遭遇した気がします・・未だあるのですねぇ・・(@_@;)

※ベトナム料理  {ベトナム料理本より}

早い、安い、美味しいの3つを兼ね備えたベトナム料理の中でも暑さの中で食する

<鍋料理>は日本では冬が多い様ですが、この国は大勢で食べる時は先ず<鍋>

が主流になります。先日は{山羊鍋}が名物だと書きましたが・・( ^)o(^ )

今回は違う<鍋料理>をご紹介します。専門店が色々あります。店内はベトナム人

特に男性に人気で何時も混んでいます。店内に入りきらず道路まで占領している店

も本当に多く、その横にはバイク置き場が必ず有って・・係の人が鍵を渡すと番号

を書いた紙をくれる仕組みになっています。大方がそう言う方法で慣れだと思うが

数10台の中から間違うことなく探して持ってくる係の人は汗だくで働いている。

◎山羊のおっぱい焼肉

山羊鍋を食べに行ったら必ず食べて頂きたいのがこのおっぱい肉です。柔らかくて

脂がのっていて七輪で焼くのですが・・店によっては、冷房の利いた部屋に通され

既に焼きあがったものが出される店もあります。それは断って自分で七輪で焼くと

言う方法をお勧めします。ジュ―シーな焼き肉を頬張りながら、山羊の大切な部分を

お酒にしたものが出されます。アルコール度数はそれ程高くはないですが瞬時躊躇

する臭いで{漢方薬の臭いかな?}それを一気飲みビールで臭いを消すようにする。

仕上げに先日書きました<山羊鍋>を食べるのがコースだと言われています。

◎ベトナムしゃぶしゃぶ

中級以上のレストランで食する事が可能な料理であっさりしてヘルシーです。店に

よっては作ったものを皿に載せ出してくるところもある。本来は酢の入ったスープ

のお鍋が出てきて、これに牛肉や海鮮類をさっとくぐらせ香草やビーフンとともに

ライスペーパーに巻いてタレをつけて食べる方法が普通です。

口に入れると香草の香りが全体に広がり、スターフルーツの酸味と合わさって凄く

美味しいです。ただ残念な事にはベトナムの牛肉は何故か? 日本で食するのとは

違って少し固いから・・余り需要がなく、烏賊しゃぶがよく食される。ベトナム人

はそれでも好きな人は多い。

◎鯛のトマト鍋

トマトをベースに味付けされた南部の鍋です。野菜がたっぷり入っているので人気

があります。タンパク質も取れ栄養的には満点でしょうか?魚と野菜を入れトマト

の酸味が甘酸っぱいスープと絡みあって南部の暑さに対抗する様に暑い日に、食欲

減退の日にはお勧めの一品です。結構、お腹が膨れている時でも不思議と食べられ

る鍋です。

◎山羊の煮込みカレー鍋

これは鍋と名前は付いていますがごく普通のカレーだと思って下さい。ただチキン

カレーを召し上がるのなら山羊肉で煮込んだカレー鍋が美味しいかな?好みですが

ベトナムの仏パンとの相性がいいので・・パンをちぎってつけながら食している人

を多く見かけたものです。

ま、鍋ものはこんなところでしょうか?未だ色々地方によって異なるから違った鍋

があるかも知れませんが・・(#^.^#)

この様に時々はベトナム料理の紹介をさせて頂きます。来越の機会がある方は是非

本場で食して頂けたら・・と思っています。

電気を点灯させていないと暗い部屋の中です。雨降りの浪速の夜明けです。
スポンサーサイト
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/29(Mon)
朝6時ごろ姪から携帯が鳴って「叔母さんの事だから起きていると思って・・実は

夕べから奥歯が痛くて寝てないねん!叔母さんが行っている歯医者って◎◎やろ?

優しい先生?怖い先生やったら滅茶嫌やねん!・・」なんて言ってきた。

PCを書いていた時間帯だし掃除も洗濯も全て終わっていたので。「大丈夫よ!凄く

優しいし安価だったよ!」と答えた。 時間になって早速行った様だが・・暫くは

通院する優しい先生だったとメールの返事が来た。私なんかよりずっと長くこの地

に住んでいるのに病院へは殆ど行かないと言う。 ぎりぎりまで我慢するようだ!

子供がいるからそっちの方が気になるのだと思うが・・幸にして私は病院の先生と

の相性がよくて今まで行った専門病院も大きな病院でも、嫌な先生に遭遇したこと

はなく、何となく仲良くなってしまう。有り難いことだと何時も思って来た!

特別な計らいをして貰う事などないけれど・・ ま、大した病気では無いからだと

思っているが・・うふふふふ  札幌には亡夫の友人が数人ドクターでいるのだが

亡くなってからは疎遠になった。 それこそ札幌ではその病院へ行けば特別な時間

でも診察可能だろうし無理も利く事は理解していたが皆、良い先生で親切だった。

しかし、亡くなった主人の恩恵みたいで一切行かなかったが・・手術、入院と何度

か経験したが他の病院でも全ての先生はいい出会いであった{運が強いのかな?}

考えたら随分色々な先生と出会って来ている! 引っ越しが多かったせいもあるが

数えきれない程その土地では必ず数人のドクターに世話になって生きてきた。

最近の病院は設備や応接にいとまがないほど素敵になっているし、何処の病院でも

綺麗で清潔だと思うのは私だけかな?・・あははははは 最もベトナムの病院事情

を知っているせいかも知れませんが・・(@_@;)

※ベトナムの1年・・

大雑把ですが・・どんな暮らしをしているかを触り部分だけを書いてみます。

◎ベトナムには凡そ『乾季と雨季』が大きく分けてあります。 北部地方には軽い

四季があって冬はかなり冷え込みます。その年によって寒暖の差は色々ですが・・

また『乾季と雨季』もその年の気候の変動で変化があって、最近は異常気象だから

雨季が早くなったり、長かったりも多々ありますが、大体が5月頃から10月位迄

『雨季』と言います。これもその年の気象状況でかなり変わりますが・・(-.-)

殆ど午前中は晴れて午後から暗転して雷鳴、閃光が走り猛烈な激雨がずっと続く。

『乾季』は11月頃から4月位まででしょうか? きっと今ごろは雨季に入った

頃だと思います。この猛烈な雨はある一定量を降らないと止まない感覚がある様

で興味深いですが「今年は雨が少ない」なんて思っていると集中的に後半になり

雨量が猛烈になったりしていましたから・・ふふふふふ

雨はメコンデルタを潤し田畑に恵みを与えて豊穣な食べ物の基礎を作るから・・

ベトナム人は我慢でき平気な人が多いのだと思います・・( ^)o(^ )

◎祝日が少ない

大きなイベント旧正月の【テト】です。 地方や外国へ出稼ぎに行っている人達が

大勢大移動する姿は今も見られますが・・(@_@;)

時代の流れで10年前は殆どの店が1週間から2週間も休暇を取っていたり、その

時期に観光に来た人は店が開店していない事が数多有りそれが普通でした。しかし

最近では旧正月の数日だけの休みに大きく変貌して吃驚しています。 スーパーも

デパートも小売や露店等も数日だけで外国資本のコンビニやレストランは休まない

店も多く出て来ています・・( ^^)  ”これは大きな時代の流れだと思います”

祝日として国旗が必ず家の前に立てられるのは当然です《凡そ国道沿いには国旗が

催し物の旗や布で作られた物と間隔を開けて何時でも続いて掲げてあります》

祝日としては確実ではありませんが知っている限りでは【テト】以外ではベトナム

戦争後の【解放記念日】【ホーチミン主席誕生日】【建国記念日】【端午節】など

程度でしょうか?

その他は国旗は出すが好き勝手に休まない店も多いのが幾つかあります。

{寒食節}=餡入り白玉を食し先祖を供養する日{仲秋節}=月餅を食したり知人

や親族に贈る。8月に入ると途端にあちこちに露店が急激に出来て月餅が箱入りで

売られるのも面白い光景です・・( ^)o(^ )

{子供の日}=6月1日ケーキやお菓子などを家族があげたりして成長を祝う。

{国際婦人デー}=3月8日ベトナムでは凄く大切な日で男性は世話になっている

女性に花束を贈ったり食事をご馳走したりする習慣があります。

{先生の日}=11月20日 この国では(先生)という職業が特別に尊敬されて

いて先生に感謝する日でもあり大学や、学校では感謝のパーティが開催されます。

{バレンタインデー}もあります。日本と違ってベトナムでは男性が薔薇の花籠を

贈ります。男性が女性に花を贈る事が多い国だと思いますし男性は大変なのです!

最近、特に目立ってきたイベントにクリスマス、太陽暦の新年を迎えるため前夜の

{カウント・ダウン}パーティがあちこちで催されるようになりとても賑やか!

外国式の様々なイベントがすんなり受け入れられている感覚です・・あははははは

も、1つは{誕生日}のお祝いがあります。 これはかなり盛大でパーティを開く

家庭も多くありますが、外食でも高級なレストランに出かけたり着飾って行く人も

多くなりました。ま、大きな祝いはこの程度ですが・・国民の休日は何と言っても

【テト】=旧正月でしょうか?  その為に働きその日の為に家族があると言える

ほどです。それ程【テト】は大きな意味があります・・(*^_^*)

大まかに1年の流れみたいな感じでだらだら書きましたが・・<(__)>

大抵のベトナム人男性は女性には本当に優しく、薔薇の花を贈る機会が多いのには

驚かされます。花やは何時も賑わい花やばかりの通りがあります。ずーっと花やが

並んでいるのです。造花の店も数多くありますが絶えることがないほど薔薇の花が

売れて好きな国民。それもピンクが好まれ深紅のバラは然程でもないのも何故か?

不思議な気がしていました。国民的には花好きです。仏壇には欠かさず花が供えて

有るし、必ずお墓にお参りに行くから花は自然に購入されていて、到って自然!

女性に花を贈るのに慣れている国民ではないでしょうか?

◎干支

最後に日本とは少し違うので書いておきます。

ネズミ、水牛、トラ、猫、龍(りゅう)、ヘビ、馬、山羊、猿、鶏(にわとり)、犬

豚が12支です。

うす曇りで明けた朝でしたが明るくなって陽光が少しだけ燃えている感じの浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/28(Sun)
最近の子供の名前には本当に吃驚させられる・・(@_@;)昨日の朝は親子の遠足か

催しがあったようで。近くの家の前に子供や母親が早くから集まって来ていて・・

騒がしく「何事か?」と思っていた。子供達も集団になると騒いで走り回り、奇声

を上げるようで、その都度、母親からお小言が飛んでいたが・・その名前が驚きで

部屋の中にいて聞こえるのですが・・どの様な字を書くのか見当もつかないのだが

{りりか、るる、ぱれん、ゆりか、まゆき}などと呼んでいるのです・・この近辺

だけでそれも数人の名前??思わずメモに書き込んだのですが・・あははははは

<最初は{るるー}と大声で呼んでいたから犬を呼んでいるのだと思っていた!>

玄関に出なくても聞こえたのです。 犬が鎖を外したのだと勝手に想像していた!

所が子供が返事したもので、初めて{るる}が女の子の名前だと知った有様で本当

に驚いた・・\(◎o◎)/!

それから前記した名前が重なって呼ばれたり、暫く揃うまで賑やかだったようだが

数台の車に便乗して出発して行った音が聞こえた・・全くどんな顔の子供なのか?

見てみたいと思った・・親も・・ははははは 時代の流れ、年齢差を確実に感じた

ものです。唖然として「ふーん、そんな名前があるんだ!」という感想ですが、何

か不思議な感覚に一瞬陥った気がしました。可愛い呼びやすい名前かも知れないが

違和感があるのは”老いた婆さん感覚”だからでしょうか・・うふふふふ

「いやー驚きの名前になっているのですね」夢想だにしなかった・・(@_@。

最近の事には疎い年齢であり感覚です・・恥ずかしながら何も知らない事が多い!

※ベトナムニュース {べトナムニュースより}

①ホーチミン人民評議会で7日、同市1区と2区との間を結ぶトンネルが完成した

事で正式な名前を決定し発表した。名前は〚トゥティエンムトンネル〛と名称され

このトンネルは日本のODA案件です。

②ハノイからのニュース

この話はベトナムとは直接関係はないのだが、大きな話題になっているという事で

書いてみました。フィリピン西部パラワン沖合の世界遺産ツバタハ環礁で今月8日

に座礁した中国漁船から、絶滅が心配されている珍獣《センザンコウ》とみられる

動物が数10㌧冷凍された状態で発見されたそうです。 フィリピン沿岸警備隊が

地元メディアに発表した。

《センザンコウ》は鱗におおわれた哺乳類で蟻を食す動物で、ワシントン条約では

取引が規制されている動物だと言う。肉の部分は食用に鱗は漢方薬として利用され

ているそうです。

③雨季になると必ずと言っていいほどニュースになるのが中部地方の[洪水]・・

国際協力機構(JICA)はベトナム間で中部地域災害に強い社会作りプロジェクトに

関する協力覚書き書を調印した。同プロジェクトは2013年~2016年までの

3年間、北中部ゲアン省、クアンビン省、ハティン省、トゥアティエンフエ省の各

省で気候変動による影響を苦慮した総合的な[洪水]管理計画の策定及び実施能力

の向上を目指す。(JICA)は日本人専門家を派遣、ベトナムから研修員を受け入れ

プロジェクトに必要な機材の供与を行う事になった。

④シクロが外国人観光客から20倍の料金をぼったくりした事件発生・・

ハノイ観光に来ていたオーストラリア人母子が、ハノイ市内の観光にシクロを利用

したいと思い近くにいたシクロと交渉して乗ったそうです。所が目的地とは違った

場所で降ろされ20倍の料金の支払いを請求された事件が起きた。  最初は簡単

な交渉で7万ドン{約350円程度}の話が降ろされた場所も違って130万ドン

{約6300円}という法外な請求を受けた。子供がいるので心配した母親は金額

を支払った後、即、公安に出向いて発覚したと言う。  男は直ぐに逮捕されたが

無許可で営業していた事が判明したそうです。

シクロの観光にはツアーが1番安全ですが、自分たちで乗る場合は運営会社が発行

しているナンバープレートが車体前部に設置されているので・・よく確認してから

乗った方が良いと思います。 ま、何処の国でも東南アジアではよくある話ですが

観光客目当ての悪質な業者もいるし、英語が堪能なシクロも多いからタクシー同様

充分お気を付け下さい。バイクタクシーも問題が多々あります。

朝5時過ぎにはシーツや寝間着、枕カバーなどを洗って干した。今日は少し気温が

上がってくれることを願っている浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/27(Sat)
夕方、ほんの短い時間でしたが突然暗雲が湧いたように現れて空を覆い尽くし雷鳴

が轟き大粒の雨が足早にやってきた。それまでも妙に風は強く先ず先ず晴れていた

空は雲の流れが急激でしたが「風の強い日だなぁ」なんて思いながら・・出かけて

いました!洗濯物も捲れ上がって竿に絡みついていたがすっかり乾いていて安心!

春の季節ってこんなに異常な天候でしたかしら?もっと穏やかで三寒四温の中にも

陽気は感じていた気がしていましたが・・関東や山陰地方でも雹や霰が降ったとの

ニュースに驚かされていました・・(@_@。

少し電車に乗って遠出していました。本当は石楠花のお寺に行く予定だったのです

が駅まで着いたら、も、散ってしまったとの表示・・(><)  仕方なく沿線の

見知らぬ駅で降りて知らない街を探索してきたのですが・・ま、何処も似たような

作りで駅前には大型スーパーや家電量販店、食堂が並び賑やかでしたが・・(-.-)

長居はせず割合早目に帰宅した。  見たかった石楠花はある家の庭に今を盛りと

咲いていて、少し立ち止まって拝見してきた「ラッキー」と思いながら・・( ^^)

神戸に住んでいた時兵庫県の奥に宍粟郡という所がありそこに石楠花、菖蒲の名所

があって・・息子に車で連れて行って貰った事があった事を思い出していた。米産

の石楠花と和製の両方が山の中に物凄い数が植えられて吃驚でした。丁度、菖蒲も

段々畑の様に幾種類もの品種の違う花が植えられていて順番に咲くように作られて

いた・・も、かなり前だから今はどうなっているかな?

※ベトナムの暮らし・・{日記から}

ベトナムに住み始めたころの日記帳が出てきて・・毎日凄く簡単だが・・食した物

や10年前の値段が書いてあるのを少しご紹介しましょう。こんな生活をしていたの

だと自分でも面白く感じて拾ってみます。笑って下さい・・うふふふふ

2002年6月13日

今日から再度(最初渡越した時は数ヶ月で帰国)ベトナムでの生活が始まる。ビル

の中に1人で住む事になった。思いがけない展開だ!スーツケース、藤の箱、小型

のバッグだけからのスタート。5F建て7部屋もある。古いし広すぎる・・(+_+)

前居者が大喧嘩して追い出されたらしくゴミも荷物も殆ど各部屋に残して行った。

毎日他人の物を片づけなければならない・・酷く汚れている部屋をどうしたら?

先ず自分が寝る部屋と生活する部屋を何階にするか?確保しなければならない。

3Fにリビング、寝室2つ、トイレ、シャワー室がありそこには食器棚、ソファや

ベッドが備え付けで揃っていたのでそこに決め早速荷物を置いたままでの掃除を

開始。近くの店で掃除用具を購入してくる。洗剤がどれか解らない。適当に購入

したが・・泡が凄く出る・・大丈夫か?と驚く!

   *何度拭いても洗剤を入れてもドロドロで綺麗にならない!*

前居者は掃除などしていなかったのではないか?  ”想像を絶する汚れ方だ”

スリッパを持参していたのでそれを履いて寝室のベッドを叩いたり、掃いたり拭い

たりしたが1人ではダブルベッドのマットを動かす事が出来ない。

それでも一応なんとか掃除を終えて・・バスタオル数枚を敷いて寝たが中々眠れず

リビングのソファに横になったり何度も部屋を行ったり来たりした。こんな大きな

ビル内で1人でこれから住むのだと思ったらかなり興奮していた様子・・(-_-メ)

眠れないからビールを飲んだ。暑さもあって落ち着かない夜になった。

6月14日

寝不足、疲れ、そして、不安感がどっと押し寄せてきた。早朝より物売り人の声や

ビルの前が道路(リトル東京と呼ばれていた)でバイクが頻繁に走り抜ける。

複雑な心境と頑張ろうとする気持に支えられ、朝の市場へ行ってみた。 

 〔話には聞いていたが・・矢張り道路がなかなか渡れない・・!(^^)!〕

仕方なく手を上げて・・バイクを止めて渡り切る「ひゃー毎日これが続くんだ!」 

市場は10分も掛らない場所に有った。鍋も何もないから先ずそれらを買わねば・・

何処に荒物屋があるのか解らない。何度も行ったり来たり人混みの中を通過しては

人にぶつかる。「ソーリー」を何度言ったか? 相手は知らぬ顔である!

食べ物は店でフォーを食し、必要な物を指さして買った。未だ何もないから不足の

方が多いが一旦戻って・・帰りも又道路を渡るのに一苦労する。スピードは出して

いないのだが襲ってくる感覚が取れない・・(><;)

何せ余裕がないから心が焦るのだと思い、気分を静めて、又買いに行けばいい!

掃除を始める。毎日していれば何とかなると思う。 スーツケースの中身を出して

寝室にあるクローゼットに置いてあった針金やプラスチックのハンガーを全部拭き

それに掛けた。自分用に買わねばと思ったが一時的に利用させて貰う。

そんな事をしてたらお昼になる。 お腹が凄く減っている。  コンビニ的な店が

日本人相手にある事を聞き、そこへ行ってみる。確かに菓子パンや細巻きの寿司や

豆腐などがあったが・・狭い店だった。 菓子パンを買って牛乳を買おうと思った

のだが牛乳が見つからない。無い訳はないと思うが言葉が解らない・・!(^^)!

後になって知ったのだが文庫本の様な形で牛乳は売られていた。四角い形だった。

それも2種類あって、砂糖入りと入っていないのがあるようだ。 最初は甘い砂糖

入りを知らずに買った。夜は細巻きを買って食べた。 とにかく日本人相手の店で

やたら高い、牛乳、パン、寿司だけで500円ほど・・ベトナムのその当時の食費は

200円もあれば朝昼晩食べられる状況だったから仰天した・・(@_@;)

夕方近く息子の会社から男性が来て、電話器を買いにバイクで連れて行ってくれた。

1500円支払う、ベトナムのお金で150000ドンだという。どうしても必需品だから

購入した。高いのか?さっぱり解らない。ただ色は自分で決めた。

ケーブルが入っているので器具があれば即、繋がるとの事で娘にかけた。 そして

掛けて貰った。繋がったのでまずは大安心!気疲れで7時過ぎには眠気が来ていた。

その夜はベッドで眠れた。

6月15日

やっと炊飯器とガスコンロを買う事ができた。今日から暖かいご飯を食せるし総菜

も作れると喜んでいたがコンセントが違う様で駄目だった。 コンセントを探しに

出る。全く全て揃うのは何時になるやら・・(-_-;)  食器も1人分買った。

間違い電話が夜中に4回も掛る。前居者と同じ番号だからだと思うが、当然の様に

話してくるから恐ろしい。一方的に喋りまくる。間違いに気がつかないらしい??

日本語で「どちら様?」「もしもーし・・」「間違いです!」なんて言っている私。

何度も起こされ腹が立った。前居者に・・不快感を抱く・・(-"-)

今日はそれでもご飯も炊き、おかずも作れた。隠元とジャガイモの煮物。魚の缶詰

味噌汁、ネギと豆腐だった。 初めてのベトナムでのご飯にしてはお粗末だが仕方

ないなぁ。未だ何が何処に売っているのか?肉類がどうなっているかも解らない!

ま、延々とこんな風に書いていたらしい。 中には面白いことも沢山あるようだが

渡越して全く何も解らないままで始まったベトナム1人暮らしはこんな感じだった

みたいです・・わははははは

改めて読み返してみると本当に真剣さがあって嘘のようだが・・今なら何処の店に

行くのも全く平気だし、道路を渡る事も何処からでも出てくるバイクとの接触にも

何度か遭遇して馴れてしまい・・日本語で「気をつけてよ!」なんて怒鳴っている

のですから・・慣れとは凄いことです・・きゃははははは

昨日は重い話になってコメントを沢山頂戴しました。色々と考えさせられるお話も

頂きました。家族の事、倫理感など考えねばならない事が多々ある事も自分勝手な

我儘だけで決めていいのか?など悩むことも未だ多いとは思うのですが・・参考に

させて頂きます。決して軽く考えている訳ではありませんが・・難しいですねぇ!

今朝は少し冷えた感じでしょうか?それでも日差しがある浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナム
2013/04/27(Sat)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/26(Fri)
誕生日が近くなると色々な事を考えます。思考力のない愚かな頭で{遺言書}を既

に23回書いてきました。主人を亡くしてから書きだしたのですが最初は様々な考え

があって慾深く、あれもこれもと書いていました・・当初は巻紙で毛筆でしたが・・

最近はボールペン、手紙の用紙ですし、それも1枚きりになっている・・( ^^)

簡略化されたのはいいのかも知れません・・亡夫の心を繋ぎたい一心でしたがそれ

も20年以上書いていると本心は何処かへ飛んで行き、死後の処置とか、お墓のこと

だけを書くようになった・・(-.-)

そして、こんなに長く生きることへの不安感や老化への自信が喪失して行く事にも

自分の心の変化に仰天したことも何度もあって・・海外で生活していると、たった

1人だから・・本当に身近に『死』を考えるようになりました。何時どんな状態に

なるかと言う気持ちが先行するし、国が違う事で医療も異なるから、言葉の問題や

その瞬間のことを絶えず心から分離させていなかったのは事実です・・(-_-メ)

先日、この歳になって初めて健康保険証の裏に《臓器提供》の書き込みが可能な事

を知りました。本当に恥ずかしながら・・全く知らずにいたのです・・(><;)

病院で聞こうと思い、病院には資料や何か書く用紙があるものと信じていたのです。

これに書いておけば良いことを知らされて{随分変わったなぁ!}{すごく便利!}

を痛感しました。 早速、書いておかねばと思っていますが・・日本にいれば役に

立てるかも?知れないけれど、外国にいればそれは必要ない事だしとか思っている

先のことは未定だが・・も、少し日本での生活が元気で過ごす事ができたら、また

海外での暮らしもありだと思っている・・ふふふふふ

所で、全く偶然なのだが拙い私のブログへ訪問して下さった方から「私の生き方」に

ついてのご意見を頂戴して・・恥入ってしまったのだが・・<(__)>

本日は【尊厳死】について書こうと思っていたんです。未だ、正直確信的に心底から

結論を出している段階ではないのですが・・願望としてそうありたいと思っています。

【尊厳死】を知ったのは何人もの癌患者が身内にいて看病したりその場面に遭遇して

見送る体験があったからで、自分の生き方は認知症になった場合以外は自己判断でき

るかも?と思い続けてきていて・・その事を{遺言書}に書いていたのです。

毎年誕生日の夜になって書くのが自分の中での決まり事になっていて、それがお守り

的な要素に変化して来ていました・・(@_@。

しかし、考えてみれば{遺言書}に書いておいても【尊厳死】希望は間に合わず・・

「どうしたら?」いいのかを異国では考えていました。帰国して初めて本を読んだり

調べると言う機会に恵まれて、少しだけ納得したものです。人夫々の考えや生き方が

あると思いますし、それは尊重されるものだと思うのですが・・(-"-) 個人的には

真剣にその事は考えているのですが! 正直、未だよく判断出来ていないのが現況!

一寸調べた事をご存じだと思いますが・・書いてみます。  【尊厳死】については

〚必要以上の延命治療を受けず人間らしい最期を望む〛という意味なのですが・・?

《本音部分では人間らしい?って何?》と思っている。あくまでも本人の意志により

治療を辞退し『死』を選択することと捉えているのですが・・この方が理解できる!

医師が必要な治療を控え、積極的に薬等で死に至らせる行為でもあると書かれていて

オランダでは安楽死という感覚で公認されていると言われているそうです。まだ一部

の国や地域だけのことみたいですが・・日本でも最近は色々な考えがあって、実際に

容認されてきていると言われていますが・・親族間では悩む問題かも知れません。

【尊厳死】には〖宣言書〗と言うのが必要でこれは行政書士の専門家が作成してくれ

ると言われていて、権利、義務または事実証明に関する書類が必要なのだそうです。

この事も全く見知らぬ事でした。 本当に愚鈍です・・ただ書き置きにしておけば

いいのだとその程度にしか思っていなかったのですから、全く始末が悪い人です!

現実の医療現場では、その書類が本人の意思決定であっても必ずしもそれに従わね

ばならないという考えは未だ無いようですが・・(-.-)

【日本尊厳死協会】の機関誌=〔リビング・ウイル〕はその許容率は凡そ95%程度

が最近の傾向であると書かれていました。 いづれにしても【尊厳死】を希望する

場合は〖宣言書〗を示す必要があり、これは{遺言書}に書ける事ではなく生存中

に書いて肌身離さず持っていなければ、または専門家に託すとか、肉親宛に託して

おかねば意味がないことだと・・そんな事も知らなかったのです・・(-_-メ)

偶然のきっかけでこの事を知ったのですが・・そして、書く事で心の準備になれば

とも思いました。ただ、事故の場合や突然の意識障害の場合は可能でも現実問題で

癌や不治の病にも適応できるのか?が未だ未だ見知らぬことばかりです・・(/_;)

ドクターによっても考え方が様々に異なるだろうし、病院内の思考もあるでしょう!

この【尊厳死】は余りにも膨大な問題で1個人の思考だけで通用するものなのか?が

理解できていませんが・・可能な限りそう言う方向で選択したいと願っています。

難問題だと思いますし、ましてや素人の何も解らない人が話すには余りにも傲慢な

事かも知れませんが20年以上その事が頭から離れていないのも事実です。

一瞬で逝けることなど稀だから・・尚の事その事実から離れられないのも本心では

あって、子供にも今まではそれとなく話していたのですが・・今年の誕生日からは

〖宣言書〗と{遺言書}の2通を書かねばと思っています。確かに今の私の生き方は

贅沢で不遜な部分が数多あると思います。しかし、その人に与えられた人間の運命

とでも言いますか?備わったものは貧富に関わらずどうしようもない事ではないの

ではないでしょうか? 誰も自由気儘に生きてきた人はいないと思います。原因が

あり結果があるのだと思いますし、誰しも多くの悩みや苦痛の中で足掻ているこの

世の中で口にこそ出さずに頑張っておられる方も大勢います。その事は常識的には

理解できるけれど・・自分で選択できる自由や生き方がある事は最高の人生を生き

ているのかも知れませんねぇ!誰かの犠牲の上があって生きているのですから・・

       ≪感謝せねばならないと思いました≫

ま、それでもそこに至るまでの色々な傷跡が心に深く埋没していますが・・そんな

事は大抵が済んだことだし、過去の中身を表出して生きる事より前を向いて生きて

いる方が自分の生き方に生命力にパワーが生じて好きなのです。

笑って生きることはその裏返しに大きな障害があった証だし、あっけらかんと磊落

に笑える裏側には人知れずの苦痛が山積しているものです。誰だって、嫌なことや

恨みたいこと、苦しいことなど持って生きているのではないでしょうか?

多様な問題を抱えているのは真実で当然だと思います。  明るい人ほど寂しがり

だったり笑い飛ばしている心の裡には、数知れない不幸という名前の災難や傷みが

あるものも事実だと想像できますもの!!

だから、人間の尊厳を考える時<せめて自分の好きな道を選んで死にたい>と願う

のも悪くはないのでは・・なんて思っていますが・・未だ未だ、考えてみます。

今朝は缶や瓶を出す籠が並べられて・・この地は不思議で数日前から市からか?

業者が来て籠が数種類置かれ山盛になった日曜日に取りに来るという方法で、吃驚

する位に溜って行くので驚きが未だ取れない浪速です。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/25(Thu)
終日、雨脚が激しくなったり途切れたりの日になり・・何処にも出かけなかった!

そろそろ冬物の片づけがしたいと思っているのですが・・中々暖房具も離せずに

未だ使用している状態だから・・セーター類なども洗って仕舞う予定が又出して

来ては着用しているという有様です。今年の春は異常?なのでしょうか・・(+_+)

前日は大家が庭に咲いたという好みのフリージャーを持って来てくれました。今は

部屋の中と仏壇にその香りを放ち気分上々なのですが、外は薄暗い雨降りで肌寒い

1日になり夜にはまたぞろ雨音が瓦屋根に当たってがっかりしていた・・(^_^;)

狭い部屋の中でもたった1人でも汚れるもので。じっと座っていると気になる箇所

があって、毎日雑巾がけをしていても見える範囲無いで、ベッドや箪笥などを除け

ての拭き掃除は滅多にしないから・・あははははは クリーナーもないし見える所

だけを拭いていると埃が溜るらしい!  気になると何をしていても途中で止めて

拭き掃除をしている自分に可笑しさが込み上げていました・・はははははは

日々全部取ってしていればいいのですが・・横着なのでしょうねぇ・・(><)

不思議なもので気になりだしたら箪笥の中や抽斗まで並べ替えたりして結局は何と

なく時間を使っている。 手紙も2通書いたし、小包を作ったり、洋画1本みたり

漢字の書き取りもして{こんなんでいいのか?自分の暮らしは?}なんて思いつつ

夜が来ていた感じでしたねぇ「あーあーこんな生き方しか出来ない・・」焦りと何

かに追われるような性急な気持ちが交錯していた日でした・・(-_-メ)

※ベトナムについて

全くご存じない方もおられるかも知れないから時々は本当に基本的な事を書く様に

しています。 簡単にそして、理解して頂けたらと思って・・近くて遠い国ですが

中国や韓国、他の東南アジアとは全く異質の感覚を持った国民です。 勿論、社会

主義国で共産党1党の国ですから、生活も習慣も政治自体も全く日本とは想像を絶

するほどの格差はあります。異質過ぎて最初は戸惑い、困惑、精神的なストレスの

中で振り回されて心がずたずたになった事も数多ありましたが・・人間の順応性は

結構強かで・・大丈夫なものです・・ひゃははははは 私の様な頑迷で年齢的にも

若くなかった時代に遭遇した国ですから・・観光だけならば楽しく食事も美味しい

から「ベトナムっていいわぁ」ってなると思います。しかし、そこで暮らす事とは

全く問題が違っていて日本的感覚や常識が通用しない歯痒さや苦痛に心が傷ついて

委縮したり、参ってしまうことが本当に多かった・・(;一_一)

でも、ベトナムの国民性やベトナム人気質を知ってくると・・これは日本とは真逆

故の興味や好奇心が頭を擡げてくる国でもありました。 面倒くさくなくて大抵は

”お金”で解決する便利さもあって楽でした。 吝嗇に倹しく暮らしても誰にも気

を遣う事もなくどんな生活でもありだし、大雑把でいい加減で暑さの辛抱ができる

ならば、暮らしやすい国だと断言できる。ま、そこまで言えるのには数年は掛った

のですが・・わははははは 政治も安定しているし、殺戮という現実は殆ど皆無で

日本の様な事件は少ない。その意味では未だ安全な国で信頼関係はあると言える。

時代の流れが迅速だからこれから先は未定ですが・・(-.-)

さて細長い国北部から行きましょう・・それこそアバウト的な感覚で何かを知って

頂ければ仕合せです・・うふふふふふ

◎ハノイ=T.P HA NOI 空港はノイバイ べトナムの首都 特産品はフォーの

発祥地でもあって有名です。西湖のタニシ、ニャッタン通りの犬肉料理、レマット

村の蛇料理等はゲテモノ好きな人にはたまらない店が多くホーチミンには余りない

店だからよく知られています。  ハノイは夜になると歩行者専用の道路でナイト

マーケットが開かれる通りが幾つもあって食べ物、物売り、伝統芸能を演じる露店

などもあって賑やかです。

◎バッチャン 一時期日本で{雑貨ブーム}がありました。その頃この地への買付

で日本人がわんさか押しかけて賑わった村です。今でもベトナムのお土産品として

沢山出回っています。最近は日本人の数もかなり減ったみたいですが・・(@_@。

◎サパ  北部山岳地帯で様々な民族が集落を作りベトナム人とは異なった特別な

風習と生活を営んでいます。 入山許可が必要ですし、かなり山の中の民族もいて

観光できない場所もある。興味のある人には面白い場所です。

◎ハロン湾 ここはかなり有名ですから省略します。

中部には

◎フエ 19世紀にグエン王朝の都が置かれていた場所で現存する王宮跡は世界遺産。

ここにはフエ料理と言う特別な料理があります。また南部よりもかなり辛い味付け

で唐辛子を沢山使用する事でも知られています。真赤に近いブンボーフエは有名。

◎ホイアン 16世紀以降国際貿易港として栄えた。 朱印船貿易を通じて日本とも

関係が深く日本人町もありました。古い町並みは世界遺産になっている。

観光客が好んで行く場所でランタン祭りは特に有名です。

◎ダナン 大きな街でベトナム第3の都市で支店が多い。シーフードの店が多いのも

特徴でしょうか?名物はミークアンという麺です。

◎ニャチャン  ここはベトナム人が好んで行く海水浴場で現在は豪華なホテルや

設備が整って素敵なリゾート地となっています。外国人観光客も多くなっている!

◎ダラット これは先日書きましたので・・仏人が開いた高原の避暑地。

南部では

◎ホーチミン=T.P Ho CHI MINH タンソンニャット空港

サイゴンという人も未だに多く、町の名前や店にもよく見かけます。ベトナム随一

の商業都市でハノイより活気に溢れた生活が見える街です。若者の数が多くバイク

の台数も半端ではない程発達しています。とにかくハノイとは全く違った雰囲気で

賑やかで喧噪の街です。名所は沢山有りますが・・仏領時代から残されている教会

やオペラ座、郵便局、ホテルなどは見てほしい建造物です。

早朝より雀の大群でも来たかのごとく騒がしくて毎日が躍動的な暮らしがある街で

住んでいる人は大都会に多い地方出身者の出稼ぎが大半です。 ですから食べ物の

種類も豊富で全国の有名な食べ物が食せる利点はあります。も、ごちゃ混ぜの街と

言える感じでしょうか?ビルなどは日本と大差ないほど市内には高層ビルが建って

大都会を感じさせてくれます。しかし1歩横道に入ると格差があってベトナム本来の

生活が悠然と流れ、家族第一主義が渾然と残っていて一体化した暮らしがあります。

◎クチ ホーチミンの副都心として発展してきた街で工場が多くあります。通勤に

も1時間ちょっと位で行けるから居住地としてはいい場所です。

◎ミトー・カントー

ご存じのようにメコンデルタで栄えた街です。 ホーチミンからの観光客も多くて

舟に乗って物売りが来ることでも有名です。でも早朝でないと殆ど売り切れている

場合が多く雰囲気だけ味わうのなら観光コースに入っている。

ま、短絡的に書きましたが・・ベトナムの国と各地で有名な都市の紹介でした。

簡単ですが又の機会に個々については書いて行けたらと思っています。

今朝は雨上がりで太陽が昇り余所の窓ガラスを輝かせていた物で・・ゴミを捨てに

行く時思わず佇立してしまったほど眩しかった浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/24(Wed)
久し振りに本格的な雨で目覚め、部屋の中まで雨音が入り込んで来ています!

昨日は{桜行脚}が全て完了して、その間忘れていた髪の毛が随分伸びて始末に困る

程になったから美容室へ・・ようやく少し和らいだ太陽に顔を向けながら歩いていた。

正に新緑の季節を迎える樹木や草花の息吹が逞しく成長していく過程を楽しみながら

出かけてきました。ある家では小手毬の花が枝を伸ばし垣根を越えて外まで食み出し

触れるほどたわわになっていたり、違う家には山吹の黄色が満開で見事なほど明るさ

を見せていて周囲のチューリップに負けない色彩を放っておりました。

店は丁度、空いた時間だったのか? 誰もいなくてカットだけだから20分足らずで

終わった。先日の耳の事があるのでシャンプーも無しにして貰ったから、想像以上に

早かった・・( ^^) さっぱりしすぎる程ショートにして貰った・・(#^.^#)

染めることはしないから前や横は白髪になって来ているが・・好みの問題だし、面倒

な事が嫌いだから余り綺麗ではないけれど、何でも自然が好きで余り美容とかメイク

には興味がない。色が付いていれば安い化粧品でも「OK]だし、TVのCMで盛んにして

いる美にも関心は無い・・今更、若返って?・・なんて思うし黒髪にしたとしても又

ずっと手間暇かけて続けて行く程の面体でもない・・あははははは

姉の家に寄って来たが・・最近は近いのに殆ど行かない。その家庭によって毎日の流

れがあるし、何となく居心地が悪く直ぐに帰ってくる。 以前はそんな事はなく長居

して料理など作っていたが・・今はそれも全くしなくなった。話をしていると段々何

となく迷惑みたいで、自分の仕事が中断される事が嫌なのかも?とか気を遣うように

なった・・「やれやれ」迷惑はかけていないのに、暇な私の相手はご免だと言われて

いる感じがするのは僻みかしら・・・はははははは どうでもいい事は考えない様に

しているが親族も煩わしい。ま、何かを期待している訳でもないのだが・・不思議な

雰囲気が最近見られる。忙しいのかも知れないとしておこう・・( ^^)

※ベトナム料理  <ベトナム料理本より>

◎シーフード

ベトナムはご存じのように日本と似ていて細長い国で、半分は海に面し、メコン河と

言う大河があって、シーフードは豊穣でどの地方に行っても店は多く専門店で食する

海老や蟹は水揚げした素材を調理直前まで生簀で生かしてある店が沢山あって、高級

レストランで食べるよりも格段に新鮮さも美味しさも差がある様に思います。

①海老を焼いたもの=tom cang nuong=トムカン ヌオン

これはお勧めです。大きくて本当に吃驚するほど美味ですが、直ぐに無くなるかな?

シーフードの専門店に行ったら何はともあれ絶対に注文してほしい一品と言えます。

先ず、焼いたばかりの頭の部分を取って、ぎっしりと詰まった脳みそに塩を振りかけ

食します。特に脳みそはgach tom=ガック トームと言われ、塩を入れてかき混ぜて

から食べるのが通だと言われています。好きな人は大勢います。

その後、海老の身は塩、胡椒にライムを絞ったものをタレにして食べます。

②蟹のタマリンド炒め=cua rang me=クア ザンメー

蟹の主な調理方法はビール蒸し、茹で蟹、塩で炒める、タマリンド炒めが多いかな?

その中で一番お勧めは矢張りタマリンド炒めだと思います。 蟹を丸揚げにしてから

タマリンドソースで炒めるものでタマリンドでつけた酸味は淡白な蟹と相性がとても

よくて甘酸っぱいタマリンドが味を引き締め蟹全体に染み込んで絶品です。

③浅蜊のレモングラス蒸し=ngheu hap xa=ゲウ ハップ サー

シーフード専門店でメインの海老や蟹を食べるまでの先ずはこれで一杯と言う感じで

出てくるおつまみ的な料理。レモングラスが浅蜊の生臭さを消してくれ甘めのタレを

付けて食べると美味しい、ニュクマムを入れると美味しさも増す。

④生牡蠣=hao song=ハ―オ ソン

ライムを絞って生でそのまま食するのだが、シーフード専門店では新鮮さを売り物に

しているから安心して食せる。しかし、回転の悪い店では食中りをする人も多く今も

激しい腹痛になる人も間々あります。出来るだけ店が流行っている処で食して欲しい

一品です。日本でも同様な食べ方だから抵抗はないと思いますが・・食中りには気を

つけて・・折角の美味が台無しにならないように・・(-_-;)

又、牡蠣には=hao nuong hanh=ハオヌオン ハインと言って牡蠣の葱焼きも有名で

ピーナッツをトッピングに沢山載せるからこれらの味が合わさって結構美味しいです。

これは食中りの心配がないから、こちらを食しても美味だと思います。

シーフード料理のほんの一部分ですが書いてみました。また機会があれば色々ご紹介

させて頂きます・・(*^_^*)

雨が未だ激しく降っているようで部屋の中は湿気とともに冷えている浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/23(Tue)
大きなサイレンが鳴って通過した。こんなに朝早く?なんて思いながら病気や怪我

は「待ったなし!」だと思いつつもすぐ近い音だと心が微妙に感じるものです!

「大したことでなければ・・('_')」なんて思っている。

帰国してからは凄く救急車の出動音が多いことに驚きを隠せないでいる・・(@_@。

ベトナムでは毎日の様にバイク同士の接触事故が数えきれない程ありましたが余程

でないと救急車は出ないから・・{ガシャン!ドーン}なんて目の前で接触事故を

見ても、恐ろしいことに慣れてしまっていた自分がいました・・(@_@;)

それでも来越した頃はも、それは心臓がキュッとしたり、驚愕の目で眺めていたが

しょっちゅう見かける様になると{馴らされて怪我はしていないか?}だけを佇み

見ているのですから・・馴らされていく事に怖さはあったのですが・・不思議な程

他人事見たいに見ていたものです・・(-_-メ)

よく『千年一日の如く人間の心は変化しない』とか言われていましたが・・そんな

言葉は吹っ飛んでいた感がありましたねぇ。 ただ、自分も巻き込まれないように

道路を渡る時の慎重さや張りつめた心は絶えず持っていましたが・・!(^^)!他人事

だと思える神経は段々と心内を大きく占めて行くようになってしまっていた!!

ましてや、怪我をしている現場に遭遇しても助ける術も知らなかったし連絡したり

する事も出来なかったのも事実でしたが・・大きな人の垣根が出来、救急車の到着

を待つ光景などは殆ど皆無で、大抵は人垣が集まって来て・・見ているだけでその

横を平然とバイクが通過して行くのが自然でした・・(--〆)

日本では想像も出来ないし、日本にいたら駆け寄って「大丈夫?」などは言えると

思うし、救急車を呼ぶ事も可能だと思う。しかし、国が違うと言う事は”慣習”も

異なるから滅多な事に手も口も出せない部分がありました。 加えて喋れないのに

なんて思って逃げ場所の確保が心の隅に有ったりしたものです・・(-.-)

4年前に再来越した時はもっと簡略されていましたが、10年前にはもっと大々的に

大きな店が有リ随分、連れて行って貰い購入したのが〔VCD〕と言われていた所謂

日本でいう〔海賊版〕のCDの店でした。 タイでは2日位後には既に店頭に並んで

いたと言われる日本のドラマや映画はベトナムでは4、5日後になって売られていた

ものです。日本ではまだ封切りされていない洋画や、日本には配給されない映画を

いとも簡単に購入出来て・・沢山観たものです・・(-_-)

当時は娯楽が今ほど進展していなかったし、PCやTVの衛星放送もかなりの値段が

掛ったのです。未だケーブルもなくてTvの放送は国営が2局放送あるだけでした。

だから中国製品のビデオデッキが売れていて、それを持っているのは外国人が多く

未だ外国人は千人単位の数しかいなかったから・・(-"-)店の中は外国人ばかりと

いう奇妙な店でした。大型のモニターに迫力ある画面が映され勿論、最大の音響が

鳴らされていたのです。何たってベトナムです!騒音の国ですから・・あはははは

大きな分厚い冊子の中にはビニール袋が入っていて、その時期の新作映画やドラマ

などのパンフが挟み込まれていました。 客はその中から好みの物を選択し店の係

の人に見せると何処からか探して来て手に入れられたから・・本当に沢山買った。

又、日本人が経営する中古のDVDやもあってこれは貸出しでしたが・・それもよく

借りて観ていました。 封切り前の映画は米、仏、英、インド、タイが多く面白く

感じていました・・(*_*)  以前に観たかった古い映画もありましたねぇ!

ただ大きな難点がありました。それはベトナム語に翻訳されているものが沢山あり

それもたった1人の声で全部話している現象は奇異を感じたもの・・ふふふふふふ

迂闊にそんな物に当たるとがっかりしますが・・(-_-メ)

話している間合いと、声がずれている場合が多くてそれも興味があるものでしたし

字幕がベトナム語になっているのも多くあり言葉が解らない私には字幕スーパーに

苛立ちがあったのも事実でした・・はははははは

A面とB面があってA面が終わると変な中国の小父さんが画面上に現れて中国語で

{休憩}の文字が出て(多分、カセットも盤も中国製だった)せいでしょう!

その小父さんが「早くひっくり返してね!」みたいなポーズをするのも愛敬があり

何時もその画面が出ると大笑いしていました・・(*^_^*)

<日本では想像もできないと思いますが・・海賊版は至極当然の様に流通していた

 時代でもありました> 現在も未だありましたが・・少し変化していた!

最近はCDになって規模も小さくて場所も取らないから店自体も縮小されていました

がそれでも最近のドラマは1週間後には全てが揃うと言った塩梅でしたから、今回

帰国するにあたって200本以上は有ったCDを日本人に差し上げてきたが・・随分と

ベトナムにいながら日本のドラマとのギャップが少なくて、結構観る機会があって

それが時間を満たしてくれていたものです・・うふふふふふ

だから帰国して地デジ化されている事の驚きとTVを即、購入したことや色々な事が

変化していることに連いていけない状況でした。時差は2時間ですがドラマを観る

機会は日本に帰国してから殆どなくなってしまった。 現在は衛星放送やBSでしか

観ないのですが、PCから観る事に慣れていないし画面が小さいから酷く疲れて・・

慣れている衛星放送や専門チャンネルを楽しんでいるのが状況でしょうか?

丁度、留守にしていた頃に放送されていたドラマなどが数多あるから・・それらを

観る機会が今あるのです! 実際に放送されている番組は先ず殆ど見られない。

なぜなら、録画機能が付いていないし、録画するほど見たいとも思わなかったから

です。その上、就寝時間が早いから、TVを見る時間帯が限られている・・(#^.^#)

それでも充分、昔の映画もドラマも多種多様に有りすぎて・・困っている!

”時代の変化にここでもすっかり取り残されて遅れています”・・ひゃははははは

こんな経験は海外にいたから出来たことで日本では到底考えられないけれど。ある

意味貴重な体験であり面白いことでした・・( ^)o(^ )

今朝は曇り空でしたが少しずつ太陽が顔を見せて来ています。 でも、冷えていて

暖房を点けている浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/22(Mon)
誰にも見向きもされず手折られる事もなく道端に根ずいている雑草は悠然と咲いて

散って行く。時期がくれば花をつけ踏みつけられず難にも逃がれて枯れて行く様を

時折、自分と重ねてみる事があります・・(-.-)

ま、暇人ですからそんな事を考えるのでしょうが・・頭の中には膨大な過去が現実

が錯綜して色のない世界へと飛ばされていく日もあります。人の世は宇宙の壮大さ

に比べたら、まるで芥子粒の様に微小で一瞬の時間の様にも思えるが・・それでも

日々は確実に時は流れて行く。そこには人間の心があって夫々に交錯し様々な形で

現れては消えて行く・・(-_-メ)ま、それが<人生>だと言えるほど利口でもなく

年齢の割には幼稚で愚鈍だから、人間の心の反映に時として憎悪や利益などで展開

されていく事に不快感や口惜しさ、自分の心の醜さに悄然となる日もあり心が冷え

切って行く気がする時もあるんです。

現実は非常なまでに残酷で冷酷に時間を刻み、それに合致する様に思考力も理解力

もどんどんと低下して行きます。老いる事に追われている様に経験して来た事など

やほんのちょっぴり持っていた知識という名の常識さえもこの世で掴んだ幸せさえ

全てを剥ぎ取って持ち去って行く気がしてなりません・・(・_・;)

人間には多面性があって怪しくも困った存在でもあり、心の中をきちんと枠組んで

囲いの中で整理しておける人はどの位おられるのか?時々、考えます・・( ^^)

自分の中にある執拗さや強かさは使い道としては《負の方向》に流れているのでは

ないかしら?とか・・いい意味での精神的な鈍さが心を救っているのではないか?

何て思う事も数多あって困惑と混迷の中で足掻き・・出口が見い出せずにいた頃を

懐かしく走馬灯のように巡ってくる懐古心に苛立ってみたりしてる・・うふふふふ

も、1本道のトンネルにしか道は無くて、そこを懸命に歩き続けている気配に少な

からず安心感があったり・・不安感に苛まれたりして生きているのが実際の現実の

自分の生活だと思います。滅多にこんな心境にならないのだけれど、時には人並み

に何かを考える時もあります・・ふふふふふふ それが正しいとは決して言えない

部分を見ていても信じ込んで、その前を通過しなければならない時や時間もあって

多くの感情を抑圧したり、凝縮させて自分の裡に意図的に嵌め込んできた時もあり

ましたが・・老いると有る意味では経験もあるから利巧になっている筈だがそれが

そうでない事にかなりの焦燥感に駆られて・・おろおろしたり、うろたえる自分を

見て愕然となってしまう・・(@_@;)

この程度の思考だからと思いつつも、老いたからなんて弁解してみたり保護する時

もあって・・自分の醜さの一面を表出させているのだから始末が悪い・・(-_-メ)

今朝方、変な時間帯に起きてしまい眠れず考えていたら何時もの時間になって起き

たらこんな事を考えていたのです。偶には愚痴にもお付き合いを・・はははははは

前振りが長くなってしまいました・・m(__)m

※ベトナムニュースを1つ

◎円安によるベトナムの影響? 対日貿易黒字に変化あり・・

ベトナムにとっては大きな投資、貿易相手国である日本です。円が米㌦に対し、又

ベトナムドンに対しても下落している現実はベトナムにも影響が出ていると言う。

ODAによる最大の支援国である日本、証券市場を通じた上場企業への出資など外国

間接投資(FII)も大きく最近では商業銀行の株式に大きな関心が寄せられている。

最大の貿易相手国であり2012年日本向け輸出額は凡そ、131億㌦でベトナムの輸出

総額の9%を占めていると言われていてこれは世界第2位。

日本からの輸入額は116億㌦で、対日貿易でベトナムは輸出超過である。これも又

考えさせられる問題が山積していると言えるのではないでしょうか?

長く生きていると色々な事がありますねぇ・・!(^^)! (ベトナムニュースより)

今朝は本当に肌刺すように寒さがあって、洗濯を干している手が冷たく、何せこの

時代に手洗いの人ですから・・わははははは  絞る力も余りないからぽたぽたと

落下する水滴を覗き・・空を一渡り眺めながら・・家事をしている浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/21(Sun)
雪や霙が降ったところもあったそうですが・・!(^^)! 4月も中旬になって花冷え

もこれ程気温が下がると・・身体的にも参ってしまいますねぇ! 安定した気温に

早くなるといいのですが、未だ少しは居座っている感じでしょうか?

近くのスーパーへ神社経由で行って来ました。本当に近いのです!10分チョイ位

なのですが細い道にびっしリと家が立ち並び小路が幾つもあって・・面白い土地柄

だといつも思っています。突き当りになっている小路もありますし不思議と狭い道

からの抜け道もあって、その辺りの家には殆ど庭がある1軒家が多く、田畑を切り

売りし建てられた新しい家が多いのではないかしら?隣家との境は豪邸にはあるが

建売りの様な家には隣接していているから・・本当に沢山の家が立ち並んでいる!

その細い道を行くと神社がありピンクの藤がある。先日、見た時は満開ではなくて

どの位の長さになるのか楽しみでした・・(*^_^*)神社の横の公園には土曜日で

子供が大勢、親子連れがいて・・走り回っていました。少し肌寒い感じでしたから

少々着込んで出かけ、藤棚の後ろのベンチに腰掛け、また立ったりし藤の花を見て

きました。 どれ位が普通の藤の長さなのか知らないのですが・・このピンクの藤

は花房が大きく長さは葡萄を思わせる程度でした。花弁も大きくて・・初めて見た

気がしました。びっしりと花は付いていなくて葉っぱの間から顔を見せる程度なの

ですが1房が大きいから・・見応えがあって綺麗でした・・( ^^)

きっと、あれで満開状態なのだと思います。 藤棚はも、1つあってそこは何色

が咲くのか今後の楽しみにしています。まだ花芽も全く出ていない・・うふふふふ

午後になって暖房を少し使用しました。じっと座っていると底冷えがしてきて寒く

感じたからです・・(@_@。

※ぼったくりタクシーの手口  <ベトナムニュースより>

最初にお断りしておきますが大手のタクシー会社や名前のよく知られている会社で

の不正にはかなり厳しい罰則があるのと、不信感を抱かれることへの恐怖があって

取締も厳重です。(念の為に書いておきます、大体の会社は大丈夫ですが)

どんな手口が多いかと言いますとメーター改造、遠回り、メーターなしで運賃交渉

するタクシー、別のタクシーへ乗り換えるなどが多いようです。

ホーチミン市内のタクシー業者の間では上記の方法が多いと言われています。

◎良く知られているのは運賃メーターの改造でしょうか?

これは利用者もましてや観光客が見つける事などは不可能ですが・・巧妙な手口で

行われているのも現実にはあるようです。例え話として書いてあった本当にあった

話です・・長年タクシードライバーをしている人の車でホーチミン5区AN DOUNG

Vung通りへ行った時に聞いた話だそうですが・・南部訛りの強い30代の男性が

相手のドライバーに「今回はどの位にしたら?」その友人は「そうだな㎞1万ドン

位かなぁ・・」「いや!それはやり過ぎでしょう・・7oooドンがいいとこだよ」

何て会話をしている人が何人かは居るようで話題になっていると言っていた。

メーターの釦を幾つか押し、数字が次々に表示されるとチップを取り外し、屋内に

持って行き、それに別のチップを取り付ける。一旦取り外されたメーターは15分

も経たずに元の位置へ戻すそうです。その友人は35万ドン(約18㌦)を手渡し

[手間賃10万ドン、チップ25万ドン]を儲けると話していたそうです。

タクシー会社は大手を含め、殆どの部品交換が容易で価格も安い中国製のメーター

を使用しているのが通常だといいます。検定、封印はされていると言われています

がそれでも不正は現実に行われていると業者が言うのだから本当の話だと思います。

ただ前記しました様にメーターの改造は発覚すれば重い処罰が科せられるし、利用

者の信頼獲得のために厳しい管理がなされているのも現状です。

大手やよく知られているタクシー会社では殆どはそのような事はないが、皆無では

無いのが事実です。1度こんな経験がありました。私に用事があって急遽帰国した

時に息子が迎えに来てくれたのですが・・女性の運転手でした。外国人2人だと

高を括られたのでしょう・・かなり法外な値段でした。息子は10数年住んでいて

バイクでホーチミン市内は知り尽くしている人です。その上、言葉もできるから

降りる時、ベトナム語で言い争いになり、息子が声を荒げて外に出てお金を支払わ

無かったのです・・(@_@;)

その女性運転手も負けていなかったのですが・・彼の声や態度、言葉を理解する事

に驚いた様子で・・そのまま走り去ったのです。私1人ならもしかしたら支払った

かも知れませんが空港待ちのタクシーには悪質な人が多いことは現実にも多々あり

ます。再来越して空港が大きくなって設備も整い、タクシー乗り場ができ案内して

くれる係の人もいて、番号札をくれるし、苦情も処理してくれるという話もあるが

とに角ごった返している到着口で所謂悪質ドライバーはそっと寄って来て「幾らで

何処まで?」とかは何度も聞かれる。もっとも1人のせいもあるが・・並んで待つ

という方法で乗る事にしていたが・・ま、その騒々しい人々の中をくぐり抜ける様

に遥か遠くに車を置いたまま客引きをしているタクシーはかなりいます。

◎遠回り

これはごく普通の運転手でも使う手口ですが「公安が取締まりをしている道」だと

言ったり「渋滞を避けよう!」「信号が多いから」などと言って遠回りする運転手

がいます。利用者が指図しても違う道を通る運転手もいます。特に私などは言葉が

出来ないから紙に書いて行きたい場所を教えたり、ベトナム人の友人に乗車する前

にTELして行先を言って貰う事も何度もしたものです。

相手は到着場所までどの位掛るか?値段は幾らか?は解っていると思うから滅多な

ことはなかったですが・・それでも何年もいると、どの道を通ると何処に出て家に

帰る事ができるかは漸く判る様になったものです・・あははははは 

それでも家の前から[往復]したりも何度もありました。英語を話す運転手もいる

から・・冒険することもあったけれど・・(-_-;)ま、老人だから大丈夫だった??

のかも知れません・・はははははは

遠回りするのは大方が外国人客が多く地方出身者、道が解らない感じの人に対して

よく行われるパターンです。そして大抵はバスターミナル{長距離バス}駅、空港

での客待ちタクシーが多いみたいです・・(-"-)

ホーチミンのタクシーは大部分がバンと言いますか?  5人位乗れる大型が多く

スーツケースを入れ、荷物を沢山持っていても充分だというのが多い。日本の様に

乗用車的なタクシーは少ないかも知れない・・その広い車内でど真ん中に座るのも

1つの方法だと思いますし隅に座った事は1度もないです。図太くどっしりとした

感じで座っていましたねぇ・・それが良かったか運が良かっただけか?は判断の外

ですけれど・・ひゃははははは

ま、未だタクシー事情は色々ある様で・・も、少し時間は掛るかも知れません。

今朝は先ほどから暖房を使っています。手が足が冷たくて・・夜中に降っていた

雨も上がって太陽が出て来ていますが、まだ薄い雲に遮ぎられて淡い陽光だから

暖かさはない浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/20(Sat)
〚梅は零れ、桜は散る、そして、牡丹は崩れる〛とか申しますが・・全くこの天候

には翻弄させられている日本列島ですねぇ・・(@_@;)

前日が初夏の陽気だっただけに10度も気温が下がると流石に応えます。部屋の中

にいても確り足元から冷えてくる感じがしておりました。 セーターにストールを

巻き付けて、久しぶりに購入した漢字の本を読み書きしていました。 思っていた

よりも忘れて入るし、書けない・・(><”)「毎日こつこつと勉強する方が能率

も上がるし思い出すかなぁ」・・なんて思ってノートに書いているが愕然となった!

大抵が読めるのだが書けないし、これは知っていると思っている漢字も耄碌したか

さっぱり思い出さない。前に書いた{耄碌}も{碌}の編が解らず辞書を引いた所

ですから・・何となくうろ覚えに覚えている事が多いのです?性格そのものです!

いい加減です・・!(^^)! ”それこそ耄碌しちゃった?”・・わははははは

写経の枚数が50枚近くなったが、それでもまともな字は無い・・「これも悩みの

種かなぁ」・・その上、仏語に関しては・・全くいけません・・{☓印ですから}

ほんの少ししか単語を思い出せない。皆無に等しい・・がっかりです。あれほど迄

頑張っていた時間が無駄になっている。話す機会も旅行もしていないから・・言葉

も文章も何も出てこないのが現実の脳細胞で・・「今更無理かい?」と自問自答を

繰り返している。日々、本当に少しだけ色々としているのですが何1つとして思い

通りになって行かない有様で恥しい限りです・・(・_・;)

時間があるから暇人だから始めたことなのに・・これらも全てが《中途半端》で終

わるのは目に見えている・・(^_^;) でも、何かをする事で生きている感覚を味わ

っていると言っても過言ではない生活だから・・忙しい事ではない分、手を抜く事

は容易いのだが「ま、1度決めたからと思い、続けていると言う感じでそれが事実

かも知れません」・・うふふふふ 結構、色々な事をしているが・・(-.-)

それでも「老化防止!」と呟き日々行動しているのですが・・矢張り老化は止めら

れないのでしょうねぇ・・(;一_一) {やれやれ!どうしようもない}

※ベトナム料理の美味しい店とは? <ベトナム料理本参考>

日本に来る外国人観光客の多くが、ホテル内の食事とかレストランで高価なものを

食して『美味しい』と言われると何となく残念に思う!勿論、高い食材や有名な店

で著名なシェフの料理を頂けばそれなりの美味しさは味わえるのは当然です。

しかし、何処の国でもそうですが・・観光客でも安価で美味しいものを食したいと

思うのは当然で・・行列ができていたり、情報時代の現代では大抵の人が下調べを

して店に向います。しかし、住んでみると失礼ながらそんな店よりもっと廉価で味

も良く、吃驚するほど美味しいベトナム料理を味わえる店がある事も事実です。

ベトナム人が特別という事は無いのですが、安い店で美味しいものを探す事は上手

だと思いますし・・安価で食べられる事が基本的に備わっているから高い店は主に

外国人が多くなっているのが現況だと思います。

長く住んでいると何となくそんな事が解り、小汚い店で不衛生な店でも抜群の味を

出せる店が数多あります。そして夜遅くになって開店する店などもあるし、美味な

店は案外時間帯もあって・・こんな些細な事が、美味しい店を知るきっかけになる

場合が結構あるものです・・(#^.^#)

ベトナムに来たらどんな所で食事をしたら良いかを分類しておくのも1つの方法で

時々書いていますが、レストラン、食堂、飯や、様々な屋台、露店がありますから

何を食べるか?を考えて夫々の店を選択して頂けたらと思います。

ベトナムでは想像できないと思いますが[鍋や]が多くあり特に【山羊鍋】は有名

なのです。ぜひ食して頂きたいです。臭みもなく柔らかいし美味です。 香辛料や

香草も入っていますし、野菜や豆腐など日本の鍋に近いものです。ただ、食し方は

好みのタレが作れる利点があります・・(*^_^*)好みの味で食べられるのは便利

だし美味しいものです。人数が多い時は鍋になるのも安価で鍋を囲むと言った関係

は親しさを増加させる方法としては抜群です・・これは日本でも同様ですねぇ・・

とに角料理の種類によって(専門店)がありますので・・そう言う食し方で探すの

も良いかと思います。どの辺りで、どの専門店が美味しいか?時間帯などを調べて

食して頂けたら美味しい料理に出合う機会も増えるかも知れません・・( ^^)

「いいえ、私は高級で洗練されたベトナム料理を食べたいと思う人は豪華なホテル

やレストランをご利用ください」間違いなく美味です。しかし、高級店ではその店

オリジナルの創作料理を食べさせられる事が多いし、味付けは一般の店よりかなり

上品で高価な食材の為どうしても高くなるのを覚悟して下さい・・ふふふふふ

中級のベトナム料理を食べたい人は中級クラスの店が沢山あるし飯やも多いです。

下町の安いフオーやとか飯やで食すご飯には決して高級感はないが・・味の保証は

出来ます。それほど食べる店が多く、到る処に飯や、フォーやがあります。

飯やでの注文の仕方は簡単です。店の入り口には所狭しと並べてある総菜の中から

自分の食べたいものを指さすだけでいいからです。そしてお昼時が1番料理の種類

も多く出来たて熱々が食せます。ま、種類があり過ぎて迷いますが・・(@_@;)

飯やは『昼食』に力を注いでいるからで・・朝はフォーやお粥、お強、パンなどで

済ます人が多くお昼にはがっつりと食べるからで・・その料理の数は半端ではなく

凄く多いです・・揚げ物、煮物、炒め物、スープ類などその数は店によって異なり

店によって得意なものがあるし自分の好きな物がない場合は違う店を探してもいい

し、ずらりと昼食時には隣同士などが並列して何軒もあるから・・適当に選ぶ事は

可能です。数日間同じ店に通っても食べ切れない程の数があるのが普通です!

夜はお昼の残りに少し+して総菜を出す店が多いから・・矢張り品数やベトナムの

料理を知りたい方は≪お昼時≫を狙って下さい。

それに、ベトナム人がいっぱい入っている店は美味しいと言うのが通り相場ですし

当然のことだと思います。食事時間は朝食は7時頃が多いでしょうか?店はもっと

早く開いていますし、仕事に行く人などは6時半ごろにはフォーやなどは満席の店

も多々あります。昼食は11時半頃から混みだして1時近く迄ごった返しの状態に

なります。店頭にバイクの数が並んでいる店はも、間違いなく美味です。

  *想像できない数のバイクが並びますから・・あははははは*

因みに色々な人に聞いたり、調べても日本の様に「隠れた穴場的な存在の店}など

はないと思います。それほど差はなくて何処でも大体は不味い料理は無いのが特徴

ではないでしょうか?「酷い店に当たった」と聞いた話は無いから・・大体が美味

なのがベトナム料理だと思います。

今朝は寒さを感じましたねぇ・・(-"-)暖房は点ける事は無かったですが・・本当

にじんわりと冷えていた浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/19(Fri)
銀行に用事があって電車に乗り出かけた・・ま、外温は暖かいと言うより暑い??

感じで・・この歳ですから(未だに婆シャツ)を着ていまして・・きゃははははは

中々離せない・・(#^.^#)セーターも綿で編んだものを着て外出し、大きな帽子を

被っていたのですが・・背中に差す日差しが暑い感じでした・・何と25度近くも

上昇したそうで・・吃驚しました・・(@_@;)

これじゃ(初夏?)ではないかしら? 半袖の若者や老齢の方もさっぱりと薄着に

着替えて電車の中は春を通り越した風情でした。 この駅には{葛井寺}と書いて

ふじいでらと呼ぶお寺があり名前の通り藤の花が有名で以前、姉の家に来たときに

2度ばかり車で藤の花を見に来た事があったのを思い出した・・(*^_^*) 折角

来たのだから・・駅からの行く道は殆ど知らなかったが矢印もあるし行って来た!

かなりの人が出ていて・・参道の商店街も賑わっていましたねぇ・・藤の花も丁度

8分位で満開では無かったのですが・・それに近い感じで写真を撮っている人々が

本当に多いのには驚かされました!狭い境内に人が溢れていた・・(@_@。 邪魔に

ならないように気をつけ藤棚へ入り見てきました・・入れ替わりという感じで出た

り入ったりしながら愛でてきたんです・・(*^^)v

帰路は神社にも藤棚がある事を思い出し、先日通った時は花芽が膨らんでいたのを

確認していたから・・寄ってみました。この暑さ?でしたから半分位は咲いていて

それも珍しいピンクの藤の花でした。遠出しなくても・・近辺でこんな珍しい藤に

出合えて・・嬉しかったです・・(*^_^*)

藤色や白の凄く長く垂れさがっている藤の花をバス旅で見に行った事もあった!

それでも赤い色の藤の花は見なかった気がします・・(*_*) 昨日で半分位でした

からそれも午前中でしたから・・きっともっと咲いたと思います。 駅には沿線の

お寺の花の状況が貼付されていて石楠花、藤、芍薬、躑躅等の開花予想が展示して

有るのを確かめて・・また出かけたいと考えていました・・ははははは

半袖は未だ着る勇気はありませんが・・昨日は冬物を片ずけようと思っていたので

すが明日からまた、“寒の戻り”があると言うニュースにもう少し片ずけを延期し

ました・・うふふふふ お婆には寒さは大敵ですから・・あはははははは

※ベトナムスープ  <ベトナム料理本より>

ベトナムには先ず必ずと言っていいほどスープは出ます。種類は2種類でとろみを

つけたものとさらさらしたのがあります。

大抵はご飯と一緒に食べますが食事によりその2種類が変わるのも面白いです!

ごく普通のベトナム家庭料理ではサラサラしたスープの頻度が多くとろみがついた

スープはレストランや外食でというのが一般的でしょうか?

そして、ベトナム人はご飯を食する時には〔カイン〕という汁をよく飲みます。

これは日本の味噌汁感覚で飲む感じでしょうか?〔カイン〕の種類は多くあって

これらも又北部と南部では違うのも興味があるところです。北部では蟹入りが多く

南部はタマリンドで味付けされた甘酸っぱい汁が多いかな? ベトナム人は少量の

ご飯に〔カイン〕の汁をかけて食べる人が多く流し込む感じで飲み込む・・(-.-)

正確には〔カイン〕はスープとは違うみたいでとろみもなく、数人で食事する時に

は必ず頼みますし、丼からレンゲで自分のご飯に少しづつ掛けて食べます。

ま、定番料理と言えるものです・・( ^)o(^ )

猛烈に暑い日などは酸味の効いた〔カイン〕をかけて食事する人は大勢います。

北部では〔カインズーア〕南部では〔カインチュア〕が美味しい。又メコンデルタ

地方では〔カインチュアラーザン〕は珍しいと思います。これは{ラーザンと言う

メコンデルタで採れる葉っぱ}で酸味をつけた甘酸っぱい〔カイン〕です。

*ベトナム人家庭の食事の方法は凡そですが・・

おかずが2,3品。ご飯。カイン(汁)が普通でしょうか?ビールなどお酒を飲む

人は後からご飯を食する事がありますが・・基本的にはビールはお酒に入ってない

から朝からでも昼でも何時でも飲んでいます。そしてバイクでも車も運転するから

これも国民性でしょう・・(@_@;)驚きますがごく普通の事として通用している!

◎〔カイン〕の種類を少しご紹介します・・

①カインチュア・カー=魚が入っています。胡瓜、人参、トマト、唐辛子などその店

 や家庭で中身は違いますが・・魚が大きいまま入っている。

②カインクア=蟹肉がたっぷり入っていて北部ではよく食されています。味付けは

 かなりあっさり系ですが名前の知らない葉っぱが沢山入っている。

③カインへ―ン=蜆汁と言った方がいいかも知れません。香草、豆腐、野菜も入って

 味付けはかなり濃いです。

④カインチュアティッ=肉入りカインチュアで北部に多く肉が使用されます。野菜

 も多く入っていますが味付けは様々で地方にって異なる。どちらかと言えば南部

 は甘さが強く甘酸っぱいです。

⑤カインズア=高菜が入っていて、豆腐、トマトなど色合いは青みが余りなく赤い

 感じのがします。結構酸っぱさが強いでしょうか?飯やの定番です。

⑥カインマン=筍入りで蓮の茎やレモングラスなど入れたりま、それぞれの家庭の

 味がある様ですが・・筍は凄く大きいぶつ切りにして入っているので吃驚します。

 北部では『テト』=旧正月の定番料理でもあり、外食でも食せる。

⑦カインクック=春菊の汁でこの国では沢山春菊は出回っていますが・・日本の様

 に香は殆どありません。炒め物にもよく使います。このカインはかなり薄味です。

 好きな人が多く家庭ではしょっちゅう出てきます。

一応スープの名前で書いてみましたが・本来のスープは別にあります。ベトナム人

が毎日食べている通常のスープ的な役割を果たしている〔カイン〕を書きました。

未だ未だ種類も豊富で、書き切れていませんが機会があれば書けたらと思って・・

陽光も差し込んで来ていますが・・今のところは未だ気温が凄く下がっている感じ

では有りませんが肩や足が少し痛いから矢張り昨日の様な気温ではないと思われる

浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/18(Thu)
何となく空模様が怪しくて?かと言って降ってくる感じの雲ではなかったのですが

何時もの時間の洗濯を止めて掃除だけにした。 所が段々と晴れ間が午後にかけて

広がって来たもので・・(-_-) 買物と散歩に出た序でに荷物を玄関に置いたまま

洗濯すると言う有様で、洗って干したら安心したんです・・きゃははははは

何も買物を片づけてからでも良かったのですが・・馬鹿みたいだと自分で思いつつ

干していました。{ま、太陽の輝きがそれだけ好きなのですが・・うふふふふ}

そして、何も干していない事は何故か太陽に申し訳ない様な気がする人なのです!

特別な事は何もなく、郵便局も空いていたし買物も昨日行ったから殆ど無かったの

ですが・・安価で買った観葉植物の小さいのが、枯れて(多分、水をやり過ぎ?)

ではないかと思うのですが・・駄目になって・・1つしかないとバランスが悪くて

も、1つ購入してきたのです。花や、植物は大好きだけれど、育て方が悪いらしく

愛情がないせいでしょうか? 上手ではなく・・大方は、大きくなる前に枯らして

しまう事が多い人なのです・・!(^^)!

今度のはどの位持つかしら?・・肥料も少しはあげているが{相性が悪かった?}

昨日は気味が悪い位暖かでした。窓を開けていたのですが・・風も殆どなくて・・

(もあんとした淀んだ空気)だった気がします・・(-.-)

※アンさんとの思い出

ベトナムでは同名の人が多く私が出会ったアンさんは数人いるのです。がその中の

1人にベトナム語を教えて貰っていたのですが。でも、彼女とは妙な別れ方をする

事になってどうしてもその人が忘れられなく・・(/_;)会えたら謝りたいと何時も

思っていた女性でした。勉強熱心な人だけれど矢張りベトナム人で、勝手に約束は

破るし、何か自分にとって大きな事があると[例えば、親が来るとか?欲しい靴を

買いに行きたい等、自分が優先で・・ふふふふふ]ま、それは大したことではなく

若い女性だったし夢中になると1つは忘れるベトナム人気質だから・・(*^_^*)

その頃は慣れていたのですが、全く連絡をすると言う事はしないからこっちは酷く

心配をしていたものです。<そう言うことはベトナム人には大したことではない>

バイクで来るから「事故?とか何かあった?」など日本的な感覚で悪い方に考えて

案じていたら・・数日したら、ひょっこり現れて・・「さ、勉強しましょう」など

平気で言うのです・・(@_@;)「この間、どうしたの?待っていたのに・・心配

したわ!」と言うと「友達がきてマッサージに行って来た」と言う返事が返る!

悪気はなく1つの事が目の前に起こると他の事は忘れるのだと思うのですが、また

それについての大袈裟ではないが罪悪感的な要素が全くない国柄で・・真剣になり

考えていた自分が莫迦見たいで・・けろりとしています・・はははははは

*良い言葉でいえば鷹揚で、些細な事は気にしない・・悪く言えば約束は守らない

人のことは考えない、自分が中心だからそんな約束したこともすっかり忘れている

のが事実なのです・・怒る気にもなれない・・(^_^;)*

自分の中で〚正確な時間や約束をしても、日本人相手にしている人々はその繊細な

日本人的流儀とかに慣らされ思考に左右されて行くから割合、約束や時間は守る〛

様になって行きます・・(^v^)

そうしないと仕事が回らないからで覚えて行くのですが全く日本人との付き合いが

無いベトナム人にとっては”日本人は時間に煩く、細かくて鬱陶しい感じを持って

いる”と言うのが現状でした。どうしても解り合えない部分でもありました!!

ま、郷にいれば・・で、馴らされて行ったのですが・・(-"-)時間のルーズさには

本当に何度も嫌な経験をしたものです。 《約束も有って無いが如し》でした。

だから、ベトナム語も頑張ろうと思い準備していると肩透しを食ったり、がっくり

させられる事が多かったのです・・ひゃははははは 〈弁解少し入ってるかも?〉

{ま、どうしてそんなに頑張るの?}とか{一生懸命するのは親の為で自分の為で

はなく、ましてや他人には懸命にならない}のだと思います。 決して謝罪しない

から「自分が悪い」とは感じないのが〔ベトナム人気質〕だと・・そう思えたのは

何度もそんな経験をさせられたからです・・(-_-メ)

怒ったり苛々する事が煩わしくなり・・馴らされてしまいその〔国民気質〕に何時

だって圧倒させられていました・・わはははははは  腹を立てても相手が何とも

思っていないから・・滑り倒している感覚でした・・自分ばかり苛立ち腹が立って

いましたが《暖簾に腕押し、馬耳東風》状態でしたから・・仕方なく私もそう言う

流れに乗っかっていましたし、そうしないとやって行けないことばかりでした!

”今、思うと懐かしく日本人的常識や思考の中で足掻いていた感じがあります”

それらの生活に慣れてきた頃一時帰国したくなった・・( 一一)日本への四季が恋

しく郷愁が出てきたりホームシック見たいな感情がありました。1年間程度住んで

また日本語も話したいとか?色々な思いが重なって帰国を考えていました。

アンさんはその頃はも、自宅には来なくなって、別に何か?有ったのではなく面倒

になったのだと思います・・ははははは 他人の事などはどうでもいいと思われて

いたのかも知れませんし、何か別の興味があったのかも?何も解らないまま来なく

なっていました・・(・_・;)

何処かで聞いたのでしょう・・或る日、電話が来て「帰国する日を教えてほしい」

と言われました。 でも、私は咄嗟に真夜中に出発する便ですから・・(-.-)

「夜中だから見送りなんて良いです。貴女の事は忘れないわ!色々とお世話になり

有難うねぇ。楽しかったです。それに直ぐ戻ってくるから」と答えたのです。

ベトナムを出発する便は本当に全てが真夜中0時位で・・早朝到着する便が普通で

現在もそうですが・・若い女性だし万が一を考えてその好意を断ったのです。私は

日本人としてごく普通に考える事だと思っていたし、真夜中になんて思っていた!

しかし、ベトナム人にとってはそれは〖拒絶〗の意味を表す言葉だった事を後日に

なって息子から聞かされ・・\(◎o◎)/!したのです。

このベトナムでは身内や親友、知人と思っている人を見送るのは至極当然で、断る

事は失礼でその人を嫌がっていると思われるそうです。そんな事は想像さえもして

いなかったから驚きました・・(@_@;)息子からは相談してほしかったと言われる

し、嫁からも嫌な顔をされていた。何故だかさっぱり解らなかった・・見送りに行

ける事もとても大切な行事みたいに考えていて、その人が好きだし大事だから送る

という意味があるそうです・・家族、親族全員でバスで送迎に来る時代でした。

今は大きな飛行場になり、国民も旅行や研修に行く機会も多々あるようになり、又

親族までは来ない様ですがそれでも送迎は今でも華やかで凄い人が到着口には溢れ

ています。  椅子も沢山並べられて何時行っても満席状態の空港風景ですが・・

彼女にそんな思いをさせたことなど夢にも思わなくて・本当に今でも心が傷みます。

その後、ベトナムに戻った時謝りたくて「ベトナム語をまた教えてほしい」と伝え

て貰ったのですがあっさり断られたようです≪そんなに悪い事をしたのかしら?≫

今もって理解できていませんが・・習慣の違いで誤解が生じる事を身をもって知る

経験をしました。本当は彼女に会って知らなかった事や色々と話したかったけれど

それ以来2度と会う事は無かった・・(;一_一)

         ★とっても残念な事で心残りでした★

アンさん・・m(__)m 何も知らなかったのだから・・本当に気にしているし、も

一度会いたかったよー と思っています・・(--〆)

同じ国にいても、又家族の中でも心が届かない事が多い時代になって、ましてや国

が違う事で習慣や常識、思考など全てが異なる生活の中で、頑張って生きていた積り

でしたが大きな後悔もあります。それは仕方ないことかも知れないけれど・・日本人

的な感覚では暮らしが成立しないことを教えられた出来事でもありました。

今朝は気持ちよく晴れて暖かくなるとの事ですが・・今日も冬物洗濯しちゃおうかな

何て考えている浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/17(Wed)
ご心配頂いた“耳”の方は何とか回復しているのではなーい?{何せ見えません!}

から・・うふふふふ 今も耳に水が入った様な塞がった気がしていますが、特に痛み

はなく、頭痛もないから・・大丈夫だと思います・・m(__)m

それにしても馬鹿な事をしていたと思うのですが・・何だか耳掃除が癖になっていた

のかも知れませんしベトナムでなくて帰国後だった事に正直、安堵しております!!

昨日は暑かったと言えるほど気温が上がって・・婆さんですから相変わらず着込んで

いましたが・・流石に暖かくほかほかしながら歩いていました。上京して千葉の房総

で刈り取ってきた花が2日前とうとう駄目になってしまった・・(--〆)

随分長持ちした物です。 毎日茎を切っていたので短くなっていましたが・・元気で

楽しませてくれました。新幹線代金を支払っても充分過ぎるくらい花持ちがよかった

です・・ひゃははははは不足した調味料を購入しながら、何時もの道を歩いていると

田畑が幾つもあるのですが・・そこには空豆の花が満開で絹さやや、葱、ジャガイモ

と大きく育っていたもので・・暫く足を止めて近づき、見ていたら後ろから声がして

「今日は暑いさかいよう伸びるわ!」と言う小母さん。一寸吃驚した・・(+_+)

隣が自宅らしく門扉を大きく開けて有って庭が見えたのです「まさか?」とは思った

のですが深紅の芍薬が満開で花水木も盛りになっていました・・(@_@;)

ま、相手から話しかけてくれたので「失礼ですが・・芍薬ですか?そして花水木?」

と聞くと、「そうやねん!今朝起きたら全部咲いてたからま、この暑さやからなぁ」

と言って「入って見てええよ!」と言われたので、玄関前まで行き中迄入らなくて

拝見したのですが見事なほど全てが咲き誇っていました・・(@_@;)花水木は何と

なく余り綺麗な花だとは思えなくて・・感性が悪いのか?花弁の広がり方に品性が

無いような気がして・・あははははは 嫌ではないけれど{美}を感じない私です。

折角懸命に生命を燃やしているのに綺麗でないと言うのは心苦しいけれど・・(-.-)

その隣の家には垣根越しにライラック(リラ)が少し花芽をつけて開きだしていた。

お礼を言って、ライラックの方へ顔を向け・・懐かしい花にご挨拶・・ふふふふふ

寒い所でしか咲かない花だと思っていましたが・・今は改良されているのでしょう

紫色が半分位色を出していて・・これは又楽しみが増えたと思って帰宅した!

※米、米、米の国 <ベトナム料理本から>

ベトナムは世界2位の米の産地です。朝から晩までご飯を食べない日は無いと言わ

れるほど米好きな国民です。勿論ご存じのインディカ米ですが・・結構美味しい!

これらも以前に書いていますが・・今日はご飯〔コム〕とお強〔ソーイ〕〔お粥〕

を中心に書いてみます。も、知っている方は・・適当に流して下さいませ!

ベトナムでご飯を食べる事も『コム』と言いますしご飯やも『コム』です。

◎普通の白いご飯=〔コムチャーン〕と言い南部ではお皿に盛りますし、茶碗でも

食しますが南部では皿飯=〔コムディーア〕北部では=〔バッコーム〕と言って丼

で出てくる店の場合が多いです・・( ^^)

◎<チャ―オ>はお粥の事でこれには種類が多々あります。具の種類が沢山入って

いるのがベトナム風のお粥で店は随分あちこちに有って色々楽しめます。

<チャ―オカ>=魚の粥、<チャオロン>=豚の内臓が入っている<チャオ・ガ>

=鶏肉入り、<チャオルオン>=田ウナギ入り、<チャオチャーイ>=貝入りや蜆

の入った=<チャオへ―ン>、豚の脳みそが入っている=<チャオ・オックへオ>

アヒル肉入り=<チャオ・ヴィッ>などがあります。

味がしっかり付いているのでそれだけで十分お腹は満足します。ま、消化がよいので

朝ご飯用に食する人が多いのが特徴でしょうか?

◎《ソーイ》=おこわ[お強]

お強はご存じの様に餅米を蒸したものですが豊富なバリエーションがあって、屋台の

名物です。また天秤棒で担いで来る人も多い。自転車やリヤカー等でも見かけます。

朝食やおやつ感覚で食します。種類が多いのですが・・参考になれば・・(*^_^*)

《ソイズオック》=北部ではこう呼ばれています。でんぶを載せたお強ですが南部は

《ソイチャーボン》と言われています。ま、どっちでも大抵は通用します。日本の魚

のデンブではなくて肉を細かく解して味付けしたもので、凄く一般的なお強です。

《ソイダウサイン》=緑豆入りお強で、もちもちした食感があります《ソイガック》

赤い色をしています。これは果物(モクベツシ)と呼ばれるもので色付けされている

からで、最初は色で驚きますが、甘いのも驚きかも知れません。

又、北部では《ソイヴンズーア》、南部では《ソイヴォー》と言われるココナッツ

のお強もあります。ほんのり甘い感じでしょうか?これも遠近で見かけるお強です

《ソイラッ》が北部で南部では《ソイダウフォン》と呼ばれているピーナッツ入り

のお強も有名です。ピーナッツには塩味がついていないから何となく当初は物足り

ない気がしたものですが慣れるとかなり美味しい感じでしょうか?

《ソイドーデン》=北部《ソイダウデン》=南部と呼ばれる黒豆のお強ですが・・

どちらかと言えば赤黒い感じかしら?もちもち感は最高で日本の赤飯にも似ている

気がしました《ソイハッセーン》=蓮の実入りのお強で蓮の実はかなり大きいので

栗ごはんの様な感じで入っています。そしてそのしこしこ感が不思議な相性で美味

でした《コーム》これはお強ではないのですが・・餅米の稲から作るお菓子で香が

良く、1度だけ食したことがあります。 特に美味しいと言う感じではありません

でしたが・・「ふーん」という感じで頂きました・・はははははは

今日はこの程度で・・色々な{ご飯物}がありますのでご紹介して行きます。

今日も朝から暖気が居座っている感じの浪速です。今が1番いい季節ですねぇ・・
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/16(Tue)
一寸驚く事がありました・・(@_@;)夕飯を準備していたら、突然右耳に膨張感

と言えばいいのかしら?そんな不思議な感覚があって、耳から汁が数滴零れた!

吃驚して、それを拭いていたら・・潜血が混じっているのです・・(^_^;)

耳鼻科とは縁がなくこの歳迄昨日を入れて2回目でした。花粉症や、アレルギー

の専門病院でもあると聞いていた病院しかこの町中には無いみたいでした。

検索していたら、隣町にはある様でしたが近い方が良いと思いその病院へ行った。

ま、子供や花粉症の人、マスクだらけで・・かなりの人が待っていました。

一応受付で初診の事や事情を説明して診て貰えるか?を尋ねたら「OK]とのことで

安心して待っていたが18番目だと言う表示がでて・・いやはや、銀行並みです!

どの位待ったでしょうか?  朝9時過ぎには着いていたが・・帰宅したらお昼前

だったから持参した小説も半分位は読んでいた気がします・・わははははは

中にも待合室があり花粉症やアレルギーの人とは違う診察室で見て貰った。現在の

病院て凄いですね・・(@_@;) 椅子に腰かけたら横にモニターがあって、先生は

全てPCで症状から、自分が見るモニターに向かって診断して行くんです。患者用の

モニターを見せられ正常な耳の中{左}はこうなっていて、私の右耳が映された!

鼓膜の前に割と大きな血の塊があり、その横に化膿した腫瘍の様なものが切れたと

言いますか?破れたようで・・吸引の音も凄く耳の中は大袈裟なほど化膿した水分

と血が溜っていると言う話でした。特に痛みはなくてただ凄く違和感があって・・

歯医者の吸引とは違って細く、その先端に血の塊が付いて出てきました。

先生はそれを見せて、今まで耳かきをした時にずっと傷つけてきた分が溜っていて

血の塊を作り、その横が化膿して破れたのだと言われた。 殆ど完全に取り除いた

から2,3日で完治すると言われ薬を入れて待たされて数分間で終わった。 想像

していた悪い病気ではなかったので、安心はしましたが・・綿棒でも、耳かきでも

病院でしてあげられるから・・なんて言われた。何か自分で無意識でしていた事が

そんな状況になっているとは思わなかったから「やれやれ・・( ^^) 」でした。

今の所、耳も聞こえている様で老人特有の難聴は無いようでした・・あははははは

しかし、病院の発達と言いますか?歯科でも驚きがありましたが、耳鼻科も驚異的

な進展を遂げているのですねぇ・・\(◎o◎)/!しました。

耳鼻科には子供も多く、も、凄く騒がしくて泣き喚き親も一応、気遣いはしている

ようだが・・本当に無茶苦茶大声で泣かせることに余り抵抗感がないのですねぇ。

これも時代を感じました・・(+_+)  色々な病院に行く機会が未だあるのですが

行く度に時代の迅速さや機械化と新鮮な驚きに圧倒されています・・うふふふふ

未だ、脳外科と癌検診があるのですが・・是もまた変化していると思われます!

※サービスアパート

何度か書いていますので長くご訪問頂いている方は”うざい”と思ってスルーして

下さい・・<(__)>

再度、来越して住みだした4年前にはそう言った名前のアパートが沢山あちこちに

できていました。高い物件から安価なものまで幅広く有りました。 1区の外れで

したが、以前住んでいたレタントン通りまで歩いて20分以内で行ける距離にある

古い横道に入った商店街。殆どの家がそのサービスアパートを持っていて・・下は

大半が店をしていました。食堂あり、総菜や、八百屋、果物や、パンやなどをして

いてその上を部屋貸しているのです。その部屋に行くには下の店の中を通り階段を

上がる時、サンダルを脱いで持ち上がったり面倒ですが・・(-.-)

又、私が借りたアパートは下が朝と昼の食堂だったからお昼時は物凄い人で降りて

行く気にはなれず・・何時も凄い声が飛び交って賑やかでした。この通りでは1番

人気があった店でした。その3Fを1室借りていたのですが・・1週間に1回の割

でその家の嫁が部屋の掃除や洗濯をしてくれ、留守にしていてもシーツ交換もして

くれるサービスが付いているので・・多分〚サービスアパート〛と名前が付いたの

ではないでしょうか?各階に3、4つ部屋があり1ルームですが天井が4㍍もある

しバスルームも別ですし、部屋も広くて大体が10畳くらいはあってダブルベッド

冷蔵庫、机TV、クローゼット等が付属されています。

ただキッチンが無かったのでそれが難点でした! 私は料理を作るのが好きだから

何より出来合いの物を買うのに抵抗が最初の頃はありましたが・・(・_・;)

反面、色々なベトナム料理を作る処を見たり、食したりの経験は積めた気がします。

料理の幅も広がったと思いますし、様々な食材も知りました・・はははははは

{それでも毎日出来あいの総菜を購入してご飯だけ焚いて1年近く我慢しました}

便利です。スーツケースだけで後は何も要らない・・それでも私は毎日掃除、洗濯

を自分でしていました。人に依頼する事ができない性分だから全て自分の手でして

いました。とにかく暑い国だからバスルームもシャワーで思いきり流す掃除の仕方

でしたが、仕事をしている人にとってはかなり楽ちんだったのでしょう・・(-_-)

1週間~何年でも住むことは可能で値段も上がらないが《ドル相場で計算される》

から多少の変動は毎月ありました。 1番初めは契約金というのでしょうか?

デポジット方式でした。それも話し合いで返金不能の場合もありましたから色々と

融通は効いたのだと思います。 最初はどうしていいのか?全く理解できなかった

のですが・・いい加減でしたねぇ・・ひゃははははは 適当でした!

部屋の上にメーターがあり電気代、水道代が各部屋の上に有ってそれを見に来た係

が店の主人に渡して置く様で・・本来なら入居した日に支払うものだと思っていた

のですが、何度も主人の部屋に行っても月を越えていたり仕事で帰りが遅かったり

する人には2ヶ月くらい平気で待っていたりしていた感じです。

凡そこの商店街には殆ど3F以上に部屋貸しをしていたから外国人が多く、本当に

吃驚する位の人が住んでいる感じでした。店をしているから家族がそれを手伝うし

子供も多いから、家の中には何時も喧噪が絶えず遠慮がないから大声で話したりで

賑やかな家庭ばかりでした。 何処の店でもそのアパート形式をとっている家庭が

多いから見知らぬ人の出入りが多く「何時の間に出た?何時の間に新しい人が?」

で入れ替わりの激しい場所でしたが・・早朝からご飯やへ行きテイクアウトが必ず

出来て、熱々の食べ物が食せるのは魅力ありました。結構長く外食していました!

毎日食べても美味しかったからで・・新しい店の発掘もしたり、見知らぬ場所まで

買物に行ったりして・・サービスアパートの雰囲気も興味あるものでした・・(*_*)

見知らぬ店でジェスチャーで話して買い物する楽しみを覚えたのはここが有ったから

だと思います・・随分厚かましくなりましたから・・待っていては自分の順番がこず

大声で言わないと次々と先越されるのがオチでしたから・・負けじと声を張り上げる

こともできるようになりました・・きゃははははは

サービスアパートには本当にピンからキリまであって家族と一緒に住むことも可能な

部屋数の多いアパートもありました。不動産やの仲介もあり、口コミもかなりあって

買物をしているとよく《うちに来ない?家賃安くしたげるから・・(@_@。》の誘いも

何度もありました。その時は余り考えていなかったのですが違う場所に移るのもあり

かも・・なんて後日、そんな事も考えました・・( ^)o(^ )違った体験ができたかも

知れないからです・・ふふふふふ

今朝も未だ耳の中に違和感が残っていますが・・薬を入れて5分間じっとしていると

流れてきた汁だけを拭くと未だ潜血がかなりありました。 「何となく気持ちが悪い

かなぁ?」って感じです。別に気にしないようにしていますが・・(-"-)

昨日はダウンを洗ったのですが・・乾きました。今日は初夏の気温になると言う浪速

です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/15(Mon)
久々の好天で気温も上昇。お布団思いきり広げて干しました。ベッドカバーも毎日

の埃がたまっていると思い、それも干したら他の家の方には申し訳なかったけれど

満艦飾になってしまった・・ははははは

尤も午前中だけだったから、後は誰も使用していない様子で安堵したのですが・・

奥隣の80歳のお婆さんが出てきて「あんたはん、毎日洗濯してはるけど、うちら

1週間に1回でも嫌やわ!」と言いながら声をかけてきた。

前日の地震の事を「早くから起こしてすいません。怪我などなかったですか?」と

もう1度聞いたら「わては80でっせ!死んでもかまへん!」って言われ「寂しく

て寂しくて仕方ないから何処かへ行って来る」って出かけた。足腰はかなり頑丈で

私よりも毎日出かけている。週に2回のディサービスとかで車の迎えがきて出かけ

スーパー巡りが楽しい様で・・何時間も帰って来ないから・・行く所が沢山あるの

だろうと思っています・・(@_@。も、話出したら止まらないから「お気をつけて!」

と送りだし・・部屋に戻ったが・・相手になってあげたいけれど・・2度位長話に

付きあって・・懲りた・・あははははは 

『多分、自分もそうなっていくのだろうか?』何て思うのですが・・1人の生活が

長く1人の時間を邪魔される事が我儘で嫌いな性分だから早目に切り上げてしまう

その意味では本当に・・意地悪かも?知れないなぁ・・(-"-)

部屋にいても結構、忙しく趣味の事を毎日しているからで、それが、少しでも時間

がズレることが嫌なので・・同じ時間帯から始めて・・午前中はここまで、午後は

これとあれをして何てやっていると、夕方になる。朝早く起きるから時間が十二分

にあるのに、そのスタンスの変化ができない・・生来の素質かも??・・(><)

誰も褒めてくれないのに・・同じ時間帯には座って何かを始めているし、就寝時間

も殆ど変化なく、故に起床時間も早くてそれが自分のバランスであり、生き方だし

バイオリズムが崩れないのが何とか元気でいられる理由かしら?とか思っている!

正に{規則正しい生活}を送っている・・こんな幸せは他にはないと思いつつその

スタイルを可能な限り壊さない様にしている部分はあります・・だから知性も度量

も狭隘なのだと思うのですが・・ひゃははははは

*人は夫々だから「ま、いいか?」っていう塩梅でしょうか?・・( ^)o(^ )*

※ベトナム料理の定番 <ベトナム料理本から>

◎海老ちくわ

海老のすり身に豚の脂を少し混ぜて、サトウキビに巻き付けて蒸した蒸しものだが

炭火で焦げ目が付くまで焼いた料理です。炭火で焼く時に豚の脂が落ちて、海老に

サトウキビにほんのりとした甘味が染み込んでとても美味になります。元来は中部

地方の〔フエ料理〕なのですが最近は何処の店でも食せる程ポピュラーになった!

そのまま食したり、すり身をサトウキビから外し、ライスペーパーに香草と一緒に

巻いて食べるのが普通の食べ方だと思います。尤もタレは好みですが・・(-.-)

◎バナナの蕾のサラダ

ベトナムでサラダと言えばこれは先ず最初に思い出してほしい料理です。絶対に食

してほしいと思えるサラダでもあります・・うふふふふふ

バナナの蕾を千切りにして、茹でた肉、海老などで和えるだけですが。タレに特徴

があって、甘酸っぱい味のタレをかけます。クシュとした食感ですごくさっぱりと

していて味がヘルシーさを倍増させます。   バナナの蕾は東南アジアでは割合

利用されている食材ですが日本では先ず殆ど食べないから珍しいと思います。

ベトナム人も好きで外国人にも人気メニューです。渡越される機会がありましたら

是非とも試食して頂ければと思う一品です。

◎ソフトシェルクラブ揚げ

これもベトナムで外せない料理の1つです。ソフトシェルとは脱皮したての蟹です。

それを唐揚げにして炒めたものでシンプルな唐揚げや、揚げた後に玉葱と炒めたり

して出す店もあります。どちらもパリパリでジューシーで本当に美味しい料理です。

ま、ときには当りの悪い店に出会う事も稀にはありますが・・そう言う店の蟹は衣

が多く素材の味を台無しにしてしまっている事があります。 この料理はできたら

高級なレストランか?ホテル内の有名な店で食される事を願っています・・( ^^)

日本では吃驚するほど高価ですがベトナムでは然程ではありませんから本場の味を

是非とも賞味して頂けたらと思っています。

今朝は暖かくて、ゴミを出しに行くのもセーター1枚で行き、寒さは感じなかった

浪速です。一寸、早朝から病院へ行かねばならないことができました!!
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/14(Sun)
昨日は大事でしたねぇ・・お陰さまで何ともなくて良かったですが、いかに図太い

神経の私でも自然の脅威には流石にドキドキでした・・(@_@;)

”淡路島の被害を受けた皆様・・どうぞお心を強く持って頑張って下さいませ”

「本当に辛いですねぇ」日本にいたらいつ何時、こんな状況があるのかを思い知ら

されました。完全に不意打ちを食らった感じでしょうか?も、すっかり忘れていた

からで・・正直、驚きました・・!(^^)!

海外からは午前中、全く電話が繋がらなかったと息子がカンボジアから連絡くれた

のは午後になってからです。 ま、有り難いことでしたし・・心配かけたのですが

何と言っても未だベトナムよりも通信は遅れている国ですから・・凄く心配したと

TELくれたようです・・こんな時は本当に困ります・・(-"-)

{ま、私も連絡しなかったのが悪かったのですが、申し訳ない事をした気分でした}

※ベトナムニュース

以前に書きましたが、新空港計画が首相の承認が下りたとの話です。

◎新国際空港計画は4000㍍級の滑走路が4本出来る?

Long Thanh国際空港プロジェクトは首相の承認が得られた事で進展して行く模様。

この空港はホーチミン市内から40㌔に位置するDong Nai省に整備される予定で

かなり遠くなります。年間1億人、5000㌧の貨物に対応、4000㍍の滑走路

を擁しA380-800型機の受入れが可能となるそうです。完成時には現在使用の

タンソンニャト空港から国際線だけ移管して国内線専用になると言われています。

◎これは仰天ニュースです〔マレーシアから〕

外国の農村カフェで店頭取引されるベトナム人女性・・(-_-;)

ベトナム人女性が{陳列販売}されていると言うニュースがありました。旅行会社

主催のこの販売とは〚取引価格〛は凡そ5700㌦~8500㌦で美人やセクシー

な女性程値段が高く人気があると言われています。 男性は恋愛の駆け引きもなく

メールのやりとりやベトナムに渡航して婚姻手続きをする時間、手間、費用が掛ら

ない為、カフェで女性を決め、旅行会社と契約お金を支払い農村部へとお持ち帰り

すると言われています。農村部の老人や、離婚歴のある人、裕福な男性が多いとの

事で驚きの現実だと書かれていました・・(・_・;)

ベトナム人女性は生活向上を期待している人が多く、結婚後父親と同年代の男性と

の生活に耐えられなくて逃げ出す女性も大勢いるそうです。ベトナムでは恐ろしく

【非道徳的】で我が国にとっては羞恥の行為であると憤慨していると言う。

当局は全体的な斡旋については取締は未だの様ですが・・この行為は許し難く必ず

止めさせると話している様子。近々、ベトナム大使館に実態の報告がされるものと

言われています。

これは貧困国にとってはかなり以前から言われていた話で・・現実にある様ですが

実際の話として聞いた事はありませんでした・・(;一_一)

『子供の売り買い』もあるとの話も公ではないですが聞いたことがあり何だか凄く

人間として・・心が傷み想像できない事実に圧倒されてしまいますが・・ベトナム

国内でも、ホーチミン市内でも、若い娘と老人が結婚して子供を作っている現実が

あって・・それは何人も知っていますし、家族親族がお金に集ると言う話も聞かさ

れていました。家族、親族が一緒になってお金を無心して丸裸にされた男性も多く

日本人男性にも何人かいたと聞かされていました・・(--〆)

こんな話は本当に悲しく、残酷に思えて・・切ないですが・・ベトナム人の中には

親を楽にさせたいと言う願望が強く、どんな相手でもお金が入り生活が豊かになれ

ばという考えの女性が多いのも現実にあるから・・(-_-メ) 

この話は(マレーシアの新聞)からでしたが・・驚きとともに<無い話>ではない

と思い書きました・・心が重く断腸の思いの感情でもあり辛い話です!!

最近は5時過ぎになると、かなり明るいから洗濯を干していても点灯の必要もなく

なって、気温が上がるようで嬉しい浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/13(Sat)
【うひゃー朝から猛烈な地震が来ました・・\(◎o◎)/!でしたよ】ま、朝だけ

元気な私ですから・・勿論起きていましたし部屋の拭き掃除を始めるところでした。

長くかなりの揺れを感じました・・(@_@;)個人的にはも、何年も地震には遭遇し

ていなかったから・・心臓がドキドキしていました・・(><;)

       **皆様の所はいかがでしたか?**

ベトナムは先ず地震が殆どない国だからすっかり忘れていたのです・・(-"-)全く

ではない様ですが・・1度も経験がありませんでしたから。

お隣の若い奥さんが来てくれて「大丈夫?私の所は鏡台が落ちて化粧品がバラバラ

になったので・・吃驚したの?」と言って来てくれました。 メキメキという音も

して「家が壊れるかなぁ?」・・と一瞬思ったほどでしたねぇ・・!(^^)!

何せ中身はリフォームされていて、とても綺麗ですが築30年以上という話でした

から少し心配しました・・ふふふふふ

娘から早速TELがあり「旦那は震源地の淡路島に昨夜から泊りがけでゴルフに行っ

ているの?でも、今連絡が有って・・大丈夫見たい」と言ってました・・(*_*)

早速隣のお婆さんに声をかけて「怪我でもしていないか?」を訪ねたら・・元気

そうで「布団の中にいましたわ!」って返事でした。ま、よかったです!

姉にも連絡したら「心配なし皆大丈夫だから」と言われほっとしました。その後

姪からメールも入って皆が怪我や棚などの落下がなかった事を知り・・有り難い

と思いました。こんな時は矢張り、心細く、隣がいる事に安堵しました。

何時も1人だけれど・・いざとなった時は声をかけ合うことは大事だと思った!

ま、暫く日本の地震を忘れていたから・・自身の警鐘になったと思います。

※ベトナム料理

随分と沢山の数を書いてきましたが・・また少しずつご紹介して行きます。

写真がないので・・想像だけで恐縮ですが・・ま、こんなブログもありと思って

頂ければ仕合せです・・<(__)>

ご存じの様にかなり以前から{ベトナム料理}は日本にも進出して来てあちこち

にベトナム料理の店があり、食材もその気になって探せば大方は揃います。

しかし、ベトナム人経営やベトナム人シェフが作る料理はどうしても日本人の舌

に合わせて作ることが多く数人のシェフとも話した事がありますが・・日本人の

口に合う様にしていると必ず言います・・ははははは

そして、いろいろ紹介されている美味しい料理はその中でも極、少ないのが普通

なのです。何と言ってもベトナムで生活し慣れて行かないと未知の料理や飯やで

挑戦する料理は日本で食するベトナム料理とは自と変わっているものですから!

よくご存じの春巻きから

ベトナムでは生の春巻きより揚げた春巻きが普通に食されていてどちらかと言え

ば生春巻きは“おやつ”程度と考えています。だから{甘味や}に売っている事

が多いのです。

①揚げ春巻き

こっちの方が料理として出されます。北部の〚ネムザン〛南部〚チョーヨー〛と

があります。北部の揚げ春巻きは中華春巻きの様に長く太いのが特徴で鋏で切り

小さくして食べます。一方、南部の揚げ春巻きは親指程度で1口サイズが多い。

レタスや香草類を何種類も巻き、包んで食べる方法が常でしょうか?

タレは勿論ニュクマム、唐辛子、大蒜など好みですが、野菜や香草が油っこさを

消してくれるので割合幾つでも食べる事ができます。北部地方の人たちは南部の

揚げ春巻きを区別して〔ネムサイゴン〕と呼び北部とは1線を画しているのです。

北部も南部も両方とも美味ですが・・味付けが異なるから出来たら両方を食べ比

べて頂けるといいなぁと思っています・・うふふふふ

又、中部地方のフエ料理には見た目も美しい(網目のライスペーパー)を使った

揚げ春巻きがあります。 春巻きの値段は中に入っている具材でかなり上下差が

あリますが・・蟹肉がたっぷり入った揚げ春巻きが1番高価だと言われています。

機会がある度に書いていきます。

今朝は大地震ですっかり心が不安定になりましたが・・何とか落ち着きを迎えた

浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/12(Fri)
”桜時”が終焉を迎え、バトンタッチするように様々な花が出番を迎えています。

昨日は新芽が伸びて緑が心なしか濃い色になって来ている樹木を見ながら、少し

散歩をして来ました。 全く見知らぬ街がそこにある様に国道を隔てて反対側の

住宅地を歩いてきました。ゆっくりのんびりとか歩けない人で・・あははははは

さっさと色々な道へ入っては戻りを繰り返していましたが・・大きな旧家や新築

らしい邸宅の見知らぬ家の庭には花々が咲いて綺麗な時期になっていました。

何処の家庭にもそれなりに「素敵な生活があるのだろう」とそんな事を思いつつ

花を愛でながら眺めてきました。  珍しいと思ったのは花蘇芳が満開だったり

木瓜の紅白が1本から花開いていたりして・・不思議に思い暫し、佇んでいた!

未だ頑張って乙女椿や藪椿が全開の庭もあり、花自体が周囲に沢山、落花してて

入り込んでその花を貰いたいほど鮮やかで落ちているのもありました。

大方の家では今を盛りのチューリップや水仙、フリージャなどが咲き乱れ楽しく

香りもあって見事な姿を披露していました・・(*^_^*)

フリージャには思い出があります。 本当に若い頃、子宮筋腫の全摘手術をした

のですが・・(-"-)麻酔が効き過ぎて中々覚めなくて先生も心配して何度か診に

来てくれたと言う話を後日聞かされたのですが・・イタリアのベネチュアグラス

で作った大きな花瓶一杯に真っ黄色いフリージャが差してあった。その香りで目

が覚めた様で・・うふふふふふ 家族も先生も安心したと言われたのです。

亡夫はその数年前にイタリア旅行へ行って{私はその頃花器を収集していた}数

は本当に沢山持っていたのです。それを重いのに持ち帰ってくれて、入院した折

病院へ持って来てくれていたのです。その花器には溢れるほどフリージャがあり

強烈な匂いを放っていたのです。 私の好きな匂いでしたし・・それで目覚める

とは何て話が盛り上がったと言う事でした!その事が有ってから桜と共に春の花

には思い出が凝縮されていて・・凄く好きな花々になりましたねぇ・・(#^.^#)

殆ど半分は札幌での暮らしでしたから・・雪解けの中からクロッカスが先ず黄緑

の芽を出してくる・・それが何よりも嬉しくこれ程までに{春の季節}が幸せを

運ぶ物だとは知らなかったから・・(*^。^*)

《春が恋しい気持ちは言い尽くせない》半年近くも雪に悩まされての暮らしは心

まで暗澹となり・・何時花開くかを待ち望んでいたものです。

≪札幌の春≫は一斉に開花して、桜、梅、桃、水仙、鈴蘭、連翹、梨、林檎の花

そしてライラック(リラ)が満開に繚乱と咲き誇ります・・(*^^)v

 *その時をどれだけ待っていたか?そんな事を春が来る度に思い出します!*

今が1番素敵な季節ですし、何よりも花々の盛りですから大好きでじっとしていら

れないのが心情なのです・・心が騒ぎざわざわしています・・はははははは

※タイのお土産

息子がタイへ出張で1週間ほど留守にすると言ってきた。何となく隣の国でも心が

寂しくて・・未だベトナムという国に慣れていない時期でしたから・・多少の不安

もあって、彼の出張は長く感じた。彼は何度も行っている様子で特別なことはない

様子で何時も平気な人ですが・・私は未だベトナムという国を信じられずにいた!

タイはその頃大発展を遂げていて、このベトナムよりもかなり進歩していて日本人

も大勢が仕事や永住にと盛んに言われていた頃でした。 物価も廉価で近代化して

いて、チェンマイなどは既にかなりコンビニやスーパーがどんどん出来ていた!

かなりの賑わいで外国人も相当入って来ていたと言う状況でした。日本の商品など

は何も不自由がないほど揃っていたと言います。今から10年くらい前です。

日本のドラマも2,3日後にはダビングされてビデオになり店頭に並ぶと言う早業

だったそうです。ベトナムは未だその時期は数年後になっていますが・・早かった

みたいです・・(@_@;)我家にもタイ人が下に店を開きたいと言って借りに来た事

がありましたが・・凄く流暢な英語で話し驚いた事がありました。

又、息子の仕事関係の人との待ち合わせで家を使った事もあり、殆どは英語が堪能

で吃驚させられたものです・・(@_@。彼らはベトナム人とは違って、図太くはなく

控え目で感じの良い人が多かった気がします。ベトナム人が感じが悪いと言う意味

ではないのですが・・初めて出会うと恥じらいを見せる様に愛想笑いをしてみせる

ベトナム人ですが・・少し経つとその気質が全開され、図々しくなっていきます!

これは国民性ですから仕方ないのですが・・きゃははははは

社会主義ではないから日本人には棲み易く何でも揃う事が良いみたい・・(*^^)v

それでもまだアジアの国は何処へ行っても未だ発展途上でしたが、タイは割合早く

発展した国だと思います。勿論、都会だけの話ですが・・地方や田舎ではまだまだ

貧しい生活でした・・それはアジア全体でしたから、当然ベトナムもそうで、政策

が一気に流れ込んで来ている時代でもありました。タイはそれを1歩も2歩も前進

していたと言えます・・( ^)o(^ )

帰国してお土産を持って帰ってきてくれました。 そこまで発展している国なのに

貰ったお菓子類には思わず吹き出すような物が多くて大笑いさせてくれたのです!

日本製品を真似て作ったのでしょう・・(*_*)  きっと!

◎◎せんべいの袋の上にはカタカナの{く}や{ぴ}の字がぐちゃぐちゃでした。

先ず{く}は逆さまだし{ぴ}の。が上と下に2つあったり、飴の袋には上部には

{どうぞ}と書かれてありそれが名前みたいでした・・うふふふふふ

ま、こんな間違いは中国でもベトナムにもあります。何処をどう書けばこんな字に

なるのか?なんて思っていましたが・・{の}は縦になっていたり{お}の点が上

と丸くなっている部分にも入っていたり、つまり点が2つあるのです・・(+_+)

こんなお菓子を数種貰ったのですが・・本当に笑ってしまうほどそれが店頭に並び

売られている事にも面白みがあって、これも『愛嬌』と思い頂きました。

流石に米の国ですからオカキ類は美味ですし、日本となんら変化なく美味しかった

のですが包装紙には大笑いさせられました・・ひゃははははは

そう言えば数年後のベトナムでも同様に◎◎えびせんが《おいしい》と言う名前で

売り出されていました。同じ道を辿っている様で・・いづれの国も発展する前には

そんな事があるのだと知らされました。大した事ではないのですが・・真似ること

から何でも始まることを思い出させてくれたものです・・あははははは

 〔それに検品も全くしないし作ったら即、販売になるのも同様見たいです〕

だから、キャンディなどは空袋が幾つもあったり、2つ一緒に入っていたりなどは

至極普通のこととして現在も売られています・・(@_@;)

形が歪だったり、カットされた形が半分でも同様に入っているから誰かが食べた?

みたいな感じの物は今でもあります。も、すっかり慣れてしまいましたが・・当初

は思わず笑っていましたねぇ・・(*^。^*) {中国も似たようなものです}

昨日の午後には俄かに空が変転して雨が降り出し数時間は電気を点灯し、遠雷の音

にも驚かされ「寒の戻り」を感じておりましたが・・今朝はもっと冷え込んだ様で

早朝から暖房を点けてる浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/11(Thu)
思っていたよりも天気は持ち直し割と日差しも長く続き洗濯物は完全に乾いていた!

こんな事が<日々の微小な幸せ>に繋がることに・・この年齢になって改めて感動

をしております・・(#^.^#)

ベトナム人の友人から、アルファベットでカタカナのメールが何時もの様に届いて

{正直、漸く読み慣れてきたのですが}時間をかけて読んでいたけれど・・( ^^)

かなりの間違いがあり(多分、こうだろう?と推測しながら長い文章)を判読して

いました。  画面上には翻訳、英語、ベトナム語が何時も出るのですが・・まさか

カタカナの日本語とは察知出来ていないから英語対応になって画面が普段のメールの

状態と変化してしまうのです・・結構面倒ですが面白いです・・はははははは

昨日は北朝鮮に振り回されていた感じですが・・今日もそうなのでしょうか?

理解不可能な国です。ベトナムも社会主義で共産党1党ですが・・この国も日本的な

常識が一切通用しないと言う有る意味変わった国です・・(-"-)

この事が理解できれば住みやすく大雑把でアバウト、些細な事は全く気にしなく自由

です。ただ、政府の政策や共産党の思考が理解できる人は日本人では余りいない・・

のではないかも知れません。拝金主義の横行や汚職などもどこかの国に似ていますが

政府の対応は順応性があって新しい事や物品の輸入等には早々と処するから・・国民

の政治不安が殆どないと言う感じです。選挙率などは想像を絶する数で必ず行かねば

ならないというのが徹底しています。そう言う意味では政策は凄く鋭利で完全に国民

の中に浸透していて{ま、諦観もあるのでしょうが・・愛国心が強いから政治に関し

ての不満は聞いた事がありませんでした}一致団結していると言う感覚が拭えない国

かも知れません・・( ^)o(^ )勿論、酷い格差は当然ありますが・・あははははは

日本人には面喰ってしまう場合や、その習慣や国民性に圧倒され”必ずベトナム病”

を誰もが患いますが・・きゃははははは 私などはその典体的なパターンに嵌って

人間が頑固で融通が利かず、半端な年齢だったから尚大変でしたが・・若く柔軟な

方ならそんな事は直ぐに慣れるのでしょうが・・私は時間が掛り帰国した程です!

今は笑い話になっていますが、余りの気質の違い性格、時間にルーズ、いい加減さに

ごく普通に腹が立つ程度ではなく真っ向からその試練に対応すると言う羽目になった

からですが・・わはははははは 真面目だったのです!そして、それを受諾できずに

いたのです。 今なんて嘘の様に出鱈目になって「どうでもいいや!何とかなるさ?」

で生きています・・(@_@。 これもまた生き方では不思議な日本人ですが・・(/_;)

日本の様に他人との関わりがない分、気楽で自由で身勝手ができる・・それでも、心

はかなり〚孤独〛ですからそれに耐えられる人は住み易いと思います・・うふふふふ

※Sさんの帰国土産

彼女は珍しい経験をさせてくれました。ホーチミンや違う都市に行った時に購入した

土産物をその日帰宅すると、我が家のリビングの床(タイル)に一斉に並べるのです。

そして、仕事がらもあるのでしょうが{アパレル関係の会社}ディスプレイしながら

上手に陳列していくのです。それを彼女は写真に撮ります、何枚も何枚も構図を考え

手直ししながら撮影して行くのです・・(@_@;)

「どうするの?」って聞いたのです。私には夢想だにしなかった行動でしたから・・

「帰国してからも楽しみが増えるでしょう」と言う返事でした。 私も帰国する度に

お土産を買うことは何度もありましたが・・それを写真に撮って残し、帰国した時に

も、1度見直し、行って来た場所や思い出に浸ると言う発想は皆無で思いつくことも

有りませんでした。だからそんな考えをする彼女に驚きと説得力を感じたものです!

勿論、彼女の頭の中には贈る相手の顔が浮かび、どんな表情で喜んでくれるかまでを

計算して並べているのですから恐れ入ったものでした・・\(◎o◎)/!

こんな形式と言いますか思考でお土産を選ぶ人がいる事の感激と素晴らしさに驚きを

隠せない私でした・・ひゃははははは 素敵な感性で私には無いものだから尚のこと

感動したのでしょう・・(*^_^*)そして、贈られる相手はこんな風にセレクトして

貰える事にどれほどの喜びがあるかを感じて・・素晴らしい選択であり、こんな風に

相手を喜ばせる考えができる彼女に驚倒と知的な感性を感じていました。

《こんなアイディア?素敵だと思いませんか?》「いいなぁ・・(*^。^*)」と私は

個人的感想ですが思っていました。現実の写真は誰でもが手にしてその簡単で便利で

ブログなどにも沢山掲載されています。それが当然の様に・・写真がない方が不思議

みたいですが・・そして皆様の写真はお上手ですし、視界からの映像からの刺激には

当然過ぎる様になりましたが写真展を拝見する様で素晴らしく感激しますが・・未だ

7年位前の事でしたから・・(*_*) そのことは吃驚するほどの出来事であり彼女の

心の温かさを感じておりました・・ふふふふふふ

記憶の中の思い出に増加加算されて優しく温かいぬくもりのあるお土産品へと変化し

て行く過程を飽かずに眺めておりました・・(*^^)v

それを貰った人々の心を察し、各々の胸中にふわりと入り込む彼女の情愛と心情に心

打たれ喜びが倍増するに違いないと想像しながら・・こんな気配りができるSさんに

心中好意を深め「いい女性」を痛感しておりました。

現在は写真や映像がベビーの頃から氾濫し子供の方が何よりも覚えも早く使いこなし

ている時代になりました。次々と新商品が出て・・何が何だか判断できない私ですが

も、完全に取り残されている私は恥ずかしながら何も理解はできていない・・(^^ゞ

  〖時代の大変貌を確実に染み込ませて生きていると言う感じでしょうか?〗

因みに写真は撮る事も撮られる事も嫌いですし、形に残る事に変人かも知れませんが

大嫌いで・・昔は子供の成長など枚数も物凄く撮り溜めしていたのですが別の生活に

なり夫々に渡している。自分の分は半部以上も処分しましたが・・未だ残存している

アルバムが10冊くらい有って・・これも少しづつシュレッダーにかけて行く仕事が

残っているのです・・(--〆)

可能な限り何もないように自分が生きていた痕跡の様なものは残したくない気がして

いるのです。子供がいれば生きていた証ですからそれ以外は何も興味が無いと言える

かも知れません・・矢張り変っているかも知れません。 先日、Sさん宅でそんな話

をしたら・・少数派だけど別に変人ではない・・なんて優しいことを言ってくれた!

どうなっていくのか自分が楽しみで自己愛が強い人なのかも知れません・・!(^^)!

今朝は少し冷え込んでいます。座っていると足元が冷たくなって来ている浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/10(Wed)
先ず先ずの好天だったから神戸の病院へ行こうか? 考えていたのです・・(-.-)

でも、最近ずっと「雨以外は花見で外出続きだし・・」なんて思っていました。

先日、交番で病院の場所を少し聞いたし多分近くまで行ったから大丈夫だと思い乍

近辺での病院探しに出かけました。所が先日は、桜がメインになっていたから・・

も、道を完全に間違えている・・あははははは  その上桜が散って葉桜になって

仕舞っていたから様子も変わり、相変わらずの方向音痴で呆けを発揮していた!

ずっとかなり歩くとは言われていたが・・大きな国道まで出てしまうことはないと

思い、又ぞろ戻って来て・・結局20分は無駄に歩いていたのです。  犬を散歩

させている人に出会って場所を聞いたらかなり戻る様で・・それが又ご親切なのは

いいけれど・・ややこしい説明でした・・(・_・;)「右に曲がって真っ直ぐ行くと

左に曲がり、幼稚園を左に折れて」何て言われて・・それでなくても「全く初めて

の道?何か目印は無いですか?」など聞いたのですが・・「解らない」と言われた。

ま、ご好意だしそれ以上聞いても解らないから戻って多分、この辺りだろうと見当

をつけて邸宅ばかりの中を入って行ったがこれは解りずらい・・!(^^)!

全く住宅の中で看板もなく、凄く変わった建物が見え前を通過しかけてそれが医院

だと理解できた有様でした・・モダンと言うのか?本当に変わった建物でした??

初めてで、その旨と帰国して神戸の病院へ通院していたことなど詳細を説明した!

大きな待合室には3人しかいなく、直ぐに診察して貰い使用している薬の事先日の

血液検査の用紙を見せて・・色々話をしてこの病院に掛りたい事を告げた。

これで、やっとこの市の病院で診察を受ける事になった。昨日の話をして、8月

迄待たないでここで検査をして貰う約束をして来月予約を入れた・・(#^.^#)

帰りは早かった・・ひゃははははは

※昨日のベトナム航空荷物事件

1日に2便しかなく、荷物を運んでくるのは自動車だと言う話を聞かされて全員が

呆然となっていました。荷物だけが届かないなんて想像したこともなく今まで経験

もない。 その上、翌日Sさんは帰国の予定で、それこそ化粧品から身の回りの物

全部とお土産などは何もかも小型のスーツケースに入れていたらしい。

大勢の乗客が航空会社の職員の対応に、不満と激怒を感じて掴み合いの喧嘩にまで

発展している状況でした。それは凄まじい口論で檄があちこちから飛んでいた!

ベビーを連れていた若夫婦はオムツから子供の服、ミルクまでバッグの中だと言う

明日、早朝会議でその書類が入っていると言い怒鳴っているキャリアーウーマンの

外国人女性が大声で金切り声を張り上げている・・(-_-メ)

「とに角何とかしろ!仕事や生活の支障のないように直ぐに荷物の引き渡しを請求

する」と言う意味の英語があちこちから飛び、仏語、スペイン語、ベトナム語など

訳が解らないままで対応する職員の数も増えて空港内は大騒動でした・・(><”)

私達は言葉もできないし・・まして、自分たちでは何もできない状況だから、仕方

なく椅子も無い所でしゃがんで遠巻きにその様子を見ていました。

その内に{荷物の番号を呼んでいる}とかで嫁と友人は係の人の所に行き、手続き

をしに行った。色々な書類がある様で2人して長い間待たされ書いていました。

小1時間も待っていました。ヒステリー的な声を上げる外国人女性や観光客は自分

達の荷物が全て無いことの抗議は凄まじくて・・\(◎o◎)/!

確かに大変な事で私達もかなりの困惑はあったのですが・・騒いでもどうしようも

ないと思い黙って見ていたのです。国柄の違いと目の前で繰り広げられている光景

を唖然として言葉も出ないと言う心境でした。もし、嫁がいなかったらどんな事に

なったか解らないけれど・・(-_-メ)ま、その時は日本語ででも喧嘩腰で言い合う

事はしたと思いますが・・彼女がいてくれて助かった。

最終的には航空会社から車で7時間かけて運んでくると言う事になった様です!

も、パニクっている人々を見て日本人は本当に大人しい国民だし自己主張のしない

国民だと改めて眺めていたものです。しかし無いものはどうしようもなく私たちは

タクシーで帰宅した。翌朝早い時間(勿論、私は起きていた)嫁からTELがあって

真夜中に荷物が個別で自宅まで届けられた事を聞かされた。これから持って行くと

いう話でした・・( ^^)

ま、こんな事件はそう無いと思いますが驚きの出来事でした。今日の真夜中に帰国

する彼女の荷物も間に合って・・荷物の整理をし始め私も気持ちがやっと落ち着き

安心したものです。そうこうしている内に夕方は一緒に食事しようと嫁から連絡が

あり、息子の家に行くことになった。 私は彼らの家の前に美容室があって何度か

行っているのでヘヤーカットをして貰い、Sさんはマニキュアとペディキュアをし

たいと言うので一緒に行った。 彼女はペディキュアは初めてだと言って面白がり

楽しんでいた。  まだまだ夕食には間があったので近くに出来たばかりの大型の

スーパーへ連れて行ったらそこでもまたお土産を沢山購入していた。物珍しい様で

「ねーねこれは何?これはどう使うの?」等私に質問攻めでした・・うふふふふふ

私だってよく解らない・・だって香辛料やニュクマムの種類がずらりと並び粉末の

ダシの素みたいな袋の種類が数多あって・・かなり困ったのです私・・(-"-)

その内に諦めそれでもかなり買ったようですが息子の家に戻ったら暫くして息子も

帰宅して大勢で食事をした。 息子の家から空港迄は15分位で行ける場所だった

から荷物も全部持って来ていて、彼の家から皆に送られて昨日のホーチミンの空港

へ行きました。 所がずっと見送って見ていたら・・空港内で呼び止められている

様子なので心配して彼女をずっと目で追っかけていたが・・係の人と一緒に搭乗の

手続きの方向へ行き話をしているようで中々動かないから外にいて・・酷く心配を

していたのです。しかし、様子も解らず、事情も解らないまま、彼女はその係の人

と一緒に行ったのです。見えなくなり諦めて、何かあれば連絡してくると思い暫く

は待っていたのですが・・(/_;) 何もなかったらしく連絡もないから息子に自宅

まで送って貰い帰宅した。ま、何とか帰国したのだと思っていました!

次の朝7時前に到着するので・・ちゃんと着いたか心配していましたが・・彼女の

家に着いた時間位に電話がかかり、ダラットの件で迷惑かけたからと航空会社から

【運賃の返金】が有ったので呼び止められ別室でお金を貰ったと言っていました。

その日、こちらでも嫁から連絡があって返金するから会社まで取りに来てほしいと

言う話でした。空港内にある事務所に凄い人が並んでいて・・順番に確認して返金

してくれたのです。粋な事をすると思っていましたが・・(;一_一)

然しながら流石に〚現金で黙らす〛など想像もできない事件でした。人生は本当に

夢にも思わないことが突発的に起きる事があり、日本だったら有り得ない方法だと

思いながら国の違いに驚倒していました・・ひゃはははははは

善悪ではなく{お金}がこの国ではこれ程までに幅を利かす事も確実に知らされた

思いでしたねぇ・・ははははは

こんな事件がありました!その後もダラットには何度か行きその度に観光客が増加

現在はベトナム国内からの観光バスが毎日何十台と来ると言いますし、名産の薔薇

の花束が朝ホテルの玄関で売買される程有名になっていました。小粒の薔薇の蕾!

も、観光客から飛ぶように売れてホテルの前にはバイクで来る花やが列を作るほど

になっていました・・(@_@;)

今朝は黄砂が飛ぶとの話でしたが・・洗濯物を干しました。大丈夫だと思いますが

少し晴れ間が見えて来たので・・早目に取り入れようと思っている浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/09(Tue)
「うひゃーな、何て事?」という塩梅で・・がっくりしました・・(><”)昨日

は市民検診の日で朝から食事抜きでした!所が行ってみると{今日は予約の受付で

検診は早くても8月になります}と言われた・・(@_@;)先日場所が解らなく漸く

探して支所まで辿り着き用紙を貰って来て書いてきた筈でした。なのに、その時に

「ここでするのですか?この用紙だけで何か必要な事はありませんか?」など聞き

てっきりこの狭い場所まで検診車が来るものと思い4F建てだから大丈夫だと思って

いたのです。実際お腹はぺこぺこ状態で行ったら・・受付用に机が6卓ほど並んで

10人程のボランティアの人が真っ白い割烹着を着て順番に、自分たちだけ座って

来る相手に用紙を渡すだけという有様でした・・(-.-)

以前住んでいた神戸は区役所でも保健所でも、凄く親切で迷わない様に順に案内を

してくれ、順番に1人1人に対応して座って問診用紙に書くことを勧め色々と理解

出来ない人にはつきっきりで説明し代理で書いていた人もいた。  物凄い人数に

なってもその態度は変わらず応対してくれ診察室に先生が3人~5人は来ていた。

既応症についての説明も確り聞いてくれて、先ず検尿から始まり血液検査、X線や

バリウム検査、骨粗鬆症の検査もありました。身長、体重も勿論ですが・・その日

3時間程度で全てが終わり、後日検診内容が送付されると言う事が普通だと思って

いたもので、何も教えてくれないし、老人が多い街にしては酷くいい加減で不親切

で吃驚しました。その前に電話で保健所に連絡もしていた。こっちの検診の仕方も

聞いたのですが・・だから尚のこと嫌な感じの悪い思いをしたのだと思います!

こんなことなら食事して来ても良かったし、用紙だけ貰うのなら、別に急ぐ事など

何もなかった。市に依りこんなに相違がある事に改めて吃驚仰天しました!

面倒な事をするものです。 1度に済めばいいのに「今から4ヵ月後の予約なんて

正直解らない」と答えました。でも「これが規則ですから・・皆さん順番に待って

いるんです」という返事。物凄く安価なのが理解できた気がした・・あははははは

神戸の3分の1ですから値段には驚いたのですが・・そう言う意味だったのです!

色々な事があり驚かされていますが多分、病院で検査を受ける事になると思います。

長く生きているとはたまた色々と異なった違う場所で生活してみると見知らぬ事に

遭遇して{人生}を感じる場合が多い事も面白く感じた・・(#^.^#)”やれやれ”

しかし「何のこっちゃ!」が本音ですが・・うふふふふふ

※数週間前に書いた話の続きです!

◎ダラットへ旅行した時の帰路の話です・・

ダラットは何度も書いていますので覚えて下さった方もおられると思いますが・・

ベトナム中部より少し下の高原地帯で〚避暑地で有名であり新婚旅行のメッカでも

ある観光地〛  ホーチミンから50分程度で(飛行機)着き降りた瞬間から秋風

か?初冬の寒さと快適さを味わう事ができる場所でもあります。

そこへ親友Sと嫁、友人と出かけた時の帰りの話です。ダラット空港まではバスが

それも小型バスでした。大抵は日本では何人位か?ホテルに寄りピックアップして

行くのなら人数の把握はすると思います。 所がベトナム人は大雑把でいい加減な

国民ですからそう言う気配りが全く出来ていなくて私たちは山手で1番早く迎えが

来てくれ座っていたのですが・・ホテルに寄る度に人数が想像以上の乗客で満員で

鈴生りの状況になって行きました。勿論、外国人が殆どでした。乗り残して行かね

ばならず文句が出たり営業所からのバスの配送を依頼したりがあり、かなり遅れて

到着しました。これも不思議なのですが航空機も相当小さいのに乗客がどんどんと

増えて行きました・・!(^^)!「全員乗れるの?」「すぐ後から来るのかしら?」

何て話していました。待合室は満杯になって来て未だバスから降りてくる人もいて

時間も出発時間過ぎても人は増えるし飛行機は飛ばない・・「どうなっているの?」

それでもベトナム人も外国人も誰も文句も言わず平然としていました??

待つと言う事に慣れていない日本人私達2人は苛々していました。それで仕方なく

掛りの人に聞きに行きました・・この辺りが日本人なのです・・きゃはははははは

「いま荷物を手配しています。少し遅れる」的な英語が戻って来たのです。理由が

何となく解ったから「ま、仕方ないわね」等と言いながら殆ど歩ける状態ではない

狭い待合室にいました。外の様子が丸見えで実際、荷物を積載している様子でした。

暫くしてその荷物を今度は出しているのです・・(-_-メ)「変ねぇ・・どうしたの

かしら?」とか話していたら、そこに掛りの人が来て搭乗案内してくれた。

{荷物どうしたの?}って不思議でしたが・・???その時は何も考えていなくて

満席になった機内には膨れた航空機が重そうに飛び立ちました。そして、時間より

かなり遅れてホーチミンに到着したのです・・(--〆)

何時もは殆ど荷物など預けないで旅をする人ですが高原野菜が美味しく大きかった

ので荷物にして預けたのです。きっと、荷物を全部積み残し出発した事は誰1人と

してその時は考えなかったと思います。 ホーチミンでは係の人が案内をしている

し名前を読んでいると言うので、嫁と友人に聞きに行って貰ったのですが・・何か

様子が凄く変で怒っている人や、喧嘩している人もあちこちで見られ対応している

人も顔色が変っている状態でした。そして私たちの荷物の大きさとか色形などを嫁

が聞きに来て・・何の事かさっぱり解らず、大きさと色形などを教えて待っていた

のです。ベトナム航空会社の少し偉い感じの人が来て「荷物は満席の為安全上積載

しなかった。付いては明日、この飛行場へ取りに来てほしい」とベトナム語、英語

での話があったのです。も、それは大騒ぎになって・・\(◎o◎)/!

喧嘩があちこちで始まりました。明日続き書きます。驚きの事件でした・・(^^ゞ

今朝は弱い太陽の光が当たっていますが・・何となく花冷えの陽気で暖房を使用し

ている浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/08(Mon)
終日、猛烈な風が吹き荒れていて・・雨は殆ど降らなかったのですが、風の強さに

は閉口しておりました。部屋にいて何処にも出かけなかったのですが「これで花時

が完全に終わった事を知らされた思いがあり」・・満足感と少しの寂寞感に酔って

おりました・・(#^.^#)

これからはリレーの様に八重咲きが始まりそれが終わると躑躅や皐月の季節になり

沢山の花に囲まれて、またいそいそと花を見に出かける日程が入ります・・(+_+)

藤、牡丹、芍薬等もこれからの花ですもの・・嬉しい季節です・・うふふふふ

※ベトナムの話に戻ります・・

毎日が暇で部屋は広く掃除、洗濯と家事には結構時間が掛りましたが、何と言って

も100%自分の時間を使用できると言う贅沢な生活の中にいたものだから、幸せ

過ぎて早く呆けるのではないかしら?なんて思って随分本を読んでいました。

また、DVDもよく見ていたし洋画も見ました。日本語が恋しくて日本語に渇望して

いたものです。でも、ずっと本を読んでいると頭の中が飽和状態になって・・何せ

恐らく普通の人とは脳細胞がかなり少ない感じでしたから・・ひゃははははは

そんな時はボケッとしてよく{空想の世界}に入っておりました。と言っても現実

からの逃避状況を意識的に頭の中で構築させて〔ま、ええ恰好付けていますが・・

要するに出来るかも知れないけれど、今は頭の中だけで思考して行くと言う考え方〕

で様々な事を思い浮かべて楽しんでおりました。

日々が騒音と喧噪の中で、国自体が見知らぬ外国人にも目に見える様に、躍動して

いて活気のある時代でしたから・・(@_@;)その大きな波動に巻き込まれながらも

自分の時間を持ちたかったのだと思います!正直、自分でどうしていいのか?理解

ができていなかったのが事実だったのだと思います・・(;一_一)

「何を考えていたかって?詰らない些細なことですが・・帰国したらどんな家に住

もうかなぁ?」が1番多く考えていた事です。他にも色々ありましたが、私の能力

では半端すぎてそれ以上思考力が連鎖できなかったからで・・手近で考えられた事

はその程度でした。それでも例えば【6畳一間をどのようにインテリアするか?】

などを想定しながら配置を考えて行くことは結構面白くて・・窓のカーテンの色と

か?家具類は持っているもの(大半は処分してきたが・・未だ少し亡夫の為に遺し

ていた家具がありました。所謂、思い出っていう品です)それを何処に置くとか?

「いやー!お金の問題もあるし・・(-.-)何か工夫して考えなければいけないなど

と真面目に取り組んでいた気がします・・あははははは 

ベッドに慣れてしまったので、お布団は何組も必要ないから処分しようとか?など 

着物はどうしても処分できなくて箪笥2棹分もある(亡母が和裁を教えていて着物

ばかりの生活をしていたから形見も沢山あり増えていた)からです!

それを何とかしなければとか考えていた。色々と繋いで布団や座布団、カーテン等

が作れないかしら?なんてそんな事も思考していたんです・・( 一一)

「仏壇の位置はどこがいいかしら?」なんて・・も、先のない生活に突入している

のだし{考えだけは確かに有ったのです・・(-_-)}実際はシンプルに最低限必要

な生活を考えたいと思っていました。 このベトナムの今の生活で充分過ぎる位に

物は不必要で暮らせている現実だから。何もなくても大丈夫だと思っていました。

生活必需品なんて1つづつあれば充分でした。食器も全てが1つで間に合っていた

しこんな生活ができるなんて思ってもいなかったから・・質素で倹しい生活が凄く

気楽でした。 日本での生活がいかに贅沢だった事かは家具や生活用品、洋服類を

鑑みても余りにも有り余るほどの数がありましたから・・(><”)

愚かな生活をしていたとベトナムで暮らし始めて気がついた事ですから・・食器類

も◎◎窯製とか◎◎焼きに拘泥して高い物を目先の変わったものなども本当に多々

ありました。愚かな生活をしていたのです・・それが自分の生活レベルだと勘違い

していた部分が沢山ありました・・(@_@;)

ベトナムに来る時の処分は半端ではなかったけれど欲が深かったのねぇ・・(-"-)

未だ未だ溢れるほどに色々な品があり大型コンテナに預けていました。

持って逝ける場所は無いのだからと思いながらも捨てられなかった物品が未だ随分

あっていかに贅沢な生活をしていたか?をベトナムで感じたものです。 

「帰国したら先ず何から手をつけたらいいかなぁ?」そんな事を考えていると部屋

の中の空想が段々と持ち物の廃棄処分に行き着くと言う有様でした・・ふふふふふ

ベトナムは夏物だけで生活ができるが、日本には四季がありその都度着る物も必要

で面倒くさいしどうしても単品だけの生活ではない分・・物が増える。

形見を処分する辛さもあるし、自分で出来るならいくらでもやり直しが利くが・・

これがさっぱり出来無いと言う不器用だから困った人で不完全でした・・(-_-メ)

ベトナムでは本当に見事なくらいの倹しい生活です。それでも充分に暮らしが成立

しているのだから・・(--〆)いかに無駄が多いかを考えると処分や廃棄する物の

多さに愕然として空想から現実へと目覚めて行くのが常でした・・あははあはは

物を増やさず買わないで暮らせる生き方をしなければと結論が決まって出るのです。

人に頼らず、甘えず自分の持っている物の中で暮らせる道をそんな生き方をしたい

と空想から覚めては考えていました・・( ^)o(^ )

空想していると次々と色々な現実が垣間見えて、また、思いつく事も多く妙に納得

したり出来たのです・・( ^^) 不思議でした・・どんな部屋に住めるのか?さえも

何処に住むのか?も解っていないのに・・うふふふふ そんな事をよく思っていて

最終的には物の廃棄に辿り着くのでした。広がっていく空想の中で、思い出の品も

形見の品も何も無くなって行く事に少なからず抵抗はありましたが・・(^_^;)

所詮は生きている間のことだけだから・・それもそう長い時間ではないことが理解

できかけていた年代でした・・ははははは

この空想の時間があったから再度来越する時の処分は余り心が傷まなかったですし

平気でいられたのもベトナムに住んだからだったと思います。去年引き上げて来た

時は今度は遺品整理をしたい願望が凄くありました。 迷惑かけない様にこれから

又処分して行こうと思っているのですが・・寒かったので中々身体が作動できずに

いて・・(-_-;) これから夏にかけて又、大きな処分をしたら・・小さなコンテナ

に預けて再再度来越して生涯を終える方法もありだと最近はそんな事も考えている

のですが・・(*^_^*)

どうなっていくのでしょうか?誰も止める人はいないから・・あはははは 放浪者

の様に生きて行くのかも知れないなんてチラリと思っていますが・・そんな血脈が

流れている様な気がしてなりません・・きゃははははは

今日は市民の検診があるので出かけます。嘘のような好天ですが少し肌寒く感じて

います。何も食せないので「早目に行こうかなぁ・・」と思っている浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/07(Sun)
歯医者へ出かける時間には雨が本降りになっていて傘から雫が頻りに垂れてくると

言う状況でした。病院へは千葉から“花刈り”をした金魚草をお福分けしてあった

のですが・・未だ咲いていました。ただ若い受付の女性は多分、知らないのだろう

と思うのですが大きな長い花瓶に全ての茎を入れて葉で満杯になっているのを見て

「婆さんだから気を悪くしないでね・・(-_-)と断りつ、茎についている葉を半分

以上取り去り、花瓶の中で鋏を拝借してカットし短くしました。

これで水揚げがよくなってもっと元気な花が咲く事でしょう・・( ^)o(^ )彼女は

不思議そうに私のする事を見ていましたが「全体を水の中に入れると呼吸困難にな

リ、早く花が傷むから!」と付け加えたら「そうなんですか?」って笑っていた。

ま、私のやり方が正しいとは思っていないのだがずっとそうやって来たし、我が家

の花は未だどんどん花芽が開いて満開状態だからあながち間違っているとは思わな

いが・・どうなのでしょう・・うふふふふふ

玄関には白い金魚草と白だけの矢車草が未だ健在です。仏壇には一色で亡夫の好き

な黄色の花々が次々に花を咲かせて今にも折れてしまいそうな細い茎の矢車草など

も未だ生命力がある様で花芽を出して来ていて元気なのです・・( ^)o(^ )

も、1週間以上も楽しませてくれたのだから植物の生命の力強さには脱帽している!

桜は残念ながら〚花散しの雨と風に変化〛して多分、今日などは殆どが花絨毯と化

し川には花筏となって最期を飾ってくれるのだと思います・・(><:)

寂しいですが・・(^_^;)それもまた{桜独特の終焉の在り方}だと思いますしそれ

が潔く散っていく桜の姿でもあるから・・これは{桜の宿命}でそれなりの見事さと

自負を背負っている事に少なからず哀切の心を寄せていける存在でもあります。  

吉野の奥には多分、未だ山桜の群生が見られると思いますが〔行けたいいなぁ〕と考

えていますが・・吉野はも、何度も行っているから八重咲を待つ方法も思案中です!

『どれだけ桜好きやねん?』って笑われそうですが・・ふふふふふ「えー桜狂いです

からこの花時は心が異常に高揚して、何も手がつかないのです」・・きゃははははは

昨夜は就寝時間頃から雨が激しく降りだして・・叩きつけるように暫くは降っていた

のですが・・小説を読んでいる間に睡魔が来て真夜中過ぎまで降っていました。

でも未だ風はそれほど酷くは無かった気がしていましたが、最近は随分色々な名前の

低気圧に翻弄されている日本ですねぇ・・!(^^)!

病院はこれで最後だと言われ・・案外早く想像していたよりも治療が終わった事が

有り難かった!先生は私が直ぐにでもベトナムに戻るのだと思っていたようで来週

の市民検診を受け、脳外科で検査して貰い新しく近くの病院へ通院してという計画

通りに事が運んでいる事に少なからず嬉しさはありました・・( ^^)

先生には問診の時に事情を話し、用紙にも可能な限り早目の治療を終えたいと書い

た積りでしたが嬉しい誤算でした・・ははははは

脳外科はMRI は5年間撮っていないから・・脳細胞がカスカスになっているとか?

呆け症状が出ているかも知れませんが・・行って来ようと思っています。 以前は

最低3年に1回位は受ける様にと言われていたのですが・・すっかり老化してしま

って今ではどんな状況なのか?興味と不安はありますが・・その時の事など考えて

も仕方ないから・・ひゃははははは  「いやー◎◎さんすっかり老化で委縮状態

の脳細胞です」と言われる事だけは確かだと思っていますが・・あははははは

それも正常に?老化現象が来ている証拠だと考えようと思っています・・(#^.^#)

カンボジアの息子からメールが来て旧正月が近いと気温は凄く上がると言う話に驚

きを感じていましたが・・昨日は気温40度になっていました・・\(◎o◎)/!

ベトナムはそこまで上昇しませんが・・凄い国だと改めて感じていましたねぇ。

そんな国でも生活があり、そこでしか暮らせない人々が数多いる国が未だにある事

を色々と考えておりました。何不自由なく水道や電気がごく当然の様に押すと水が

出てスイッチ1つで点灯する生活の中に暮らしていて・・それでも不満や不平一杯

の暮らしをしている現在の私は・・その現状を知っているだけに心が傷みます!

遠い国へ心を馳せ《元気でいてほしい!》ばかりを願っています・・(;一_一)

様々な人生があり選択した道程でも人は各々定められた運命とかの道を懸命に歩き

出口に向け歩いていることの厳しさを感じておりました。 途中下車する事も可能

なのに自ら歩を止めないで、酷暑の中で生活をしている息子にエールを送りたいと

思ったものです。どんな暮らしをしてどんな考えでその道を選んだのか?図り知れ

ませんが・・生きる事の厳しさも苦痛も存分に日本人としては底辺を選択している

彼の生き方も親馬鹿ながら「凄いこと!」と思っているのです・・ふふふふふ

さて今朝は早朝から春嵐が襲来しています。雨風も笛の音の様に強く音を鳴らして

吹き荒び、あちこちから風の荒々しい音と雨が一頻り吹き殴っている感じの浪速の

朝を迎えました。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/06(Sat)
先日、市から健康診断の用紙が届きまして・・ベトナムに行く迄は神戸に住んで

いたのですが・・本当に毎年安価で時間が掛るのですが、近くまでバスが来たり

保健所まで出かけたりして、欠かしたことがなかったんです・・はははははは

折角の素敵な市の援助ですから・・(#^.^#)フルに利用していました。故に今回も

行こうと決めていたのですが・・場所が貰った地図には掲載されていない。

仕方なく広報紙にTELをかけて場所を聞いたのですが・・若い女性が教えてくれた

けれども・・正直全く見当がつかなくて散歩と花見がてら、駅の近くに支所がある

と言う話でしたから・・探しに出かけました。何時も駅まで、自分の家から出て左

側しか歩かない。 何と言っても国道なのですが歩道もなく道路も狭く古く大型が

通過すると側溝の金網の上を歩くのが常でした・・(-_-メ)酷く怖くて慎重に左側

ばかり歩き右には大型スーパーがあるのですが・・信号でしか渡った事がない・・

そんな旧い感じの国道なのに若い女性や子供、老人さえもすいすいと自転車に乗り

その国道を渡る姿に何時も感動していたものです。 殆ど右側は見ていなくて足元

ばかり気をつけて駅に行くから解らなかったのですが右側に見たことのない階段で

上がっていくビルがあった!古い建物で傍に行かないと書いてある字も読めない!

小学校も姪の子供が通っている学校しか知らなかったのですが、横道を入るともう

1つ小学校がある様で・・そこは下へ下って行く場所でした。 中に入り手続きを

名前と住所を書き検診して貰いたい全てに1枚づつ書くと言う面倒さはあって吃驚

しましたが・・こんな狭い場所でするのか?という感じの玄関口に検診車が来ると

言う話も驚きでした。姉に連絡したらこの市に来て1度も行った事がないと言う!

「どうして?市は安いし利用しなければ、病院では結構、料金が高いでしょう」と

言ったのですが、姉は婆さんや爺さんばかりの所へは行きたくないと言う・・(@_@。

自分だって婆さんなのに・・ひゃははははは 何せプライドの高い人だから・・私

とは全く違う事を初めて聞いたものです・・(-.-)

確かに時間もかかり混み大変です。でも、本当に神戸よりも廉価で受診できる事が

嬉しく思いました。隣に交番があって、それも気が付かなかった位古い建物で初め

て見ました。この際だから行きたい病院の場所も聞いておこうと思って・・図太く

古い形式のドアーを開けて中に入り、越して来た事や、地図では理解できない旨を

説明して場所を教えて貰いました・・ところが、田舎の交番なのですねぇ・・2人

がおられたのですがおっとりしていて2人とも花粉症とかで大きなマスクをかけて

いたのです・・!(^^)!

話の途中でくしゃみを何回も2人でするからその度に話が途切れ・・よく分らなく

10分位地図を見ながら説明を聞いていました・・うふふふふふ

お巡りさんも気の毒でしたが・・傍で聞かされる私も花粉症は無い人ですが、感染

するのではないかと思う程激しいくしゃみや涙を出して説明してくれるから気の毒

で「大丈夫ですか?」ってこっちが聞く番でした・・きゃははははは

「歩いて行かれるのですか?」「はい!大分掛りますか?」「えー遠いですよ!」

と言う返事でしたが・・余程年寄りに見られたのでしょうか?・・わははははは

「30分も歩けば着く距離ですか?」「30分も歩かれるんですか?」ですって?

「大体、2時間位は平気で歩きますが??」って答えました・・(-_-;)

驚いた顔をされていました・・ふふふふふ 婆さんですがこれでも元気なんです!

       *口にこそ出しませんでしたが・(・_・;)*

彼らも「すんません!2人とも今の時期凄いんですわ!」何て言われて・・(-_-)

交番を出たのですけれど・・近くまで行っても道がよく分らない。本当に狭い道路

沿いから中道が開けていたのですが、多分、ここだろうと思い歩いて行きました。

尤も今日は病院へ行く積りはなく下見だけでしたが・・ま、見知らぬ家が凄くあり

左右に道が拡大されていました・・(@_@;)

表の国道から全く見えないからまさかこれほどずっと広がっているなんて・・(+_+)

初めての場所でしたから・・(・_・;) お天気も上々で、暖かく気持ちが良く見知

らぬ道を散歩してゆったりした気分であちこちのお庭を拝見していました。

乙女椿、藪椿、木瓜、木蓮等の花が夫々の庭に満開状態で咲いていた・・(#^.^#)

綺麗でしたし可憐なその装いも桜とは違って又もや心を揺さぶる風景でしたねぇ!

ガーデニングをしている家が本当に多くて門扉には殆どの家にプランターがあって

玄関にはビオラ、クリスマスローズ、チューリップ、水仙、パンジーなどが鉢植え

されていて、その色合いに心が癒され楽しい時間でした。ちらっと桜が見えたので

その方向へ思わず足が向いてしまって・・(*^。^*)最初の道から外れた様でした。

ま、何とか帰れるだろうとどんどん桜花めがけて歩いて行きました。大きな工場が

あってそこの入口から桜が数本素晴らしい状況で待ってくれていました・・(*^^)v

心の中で思わず「やった!思いがけない出合いだわぁ!」と笑みが零れました。

丁度、お昼時だったようで出入りも多く出てきた人を捉まえて「すいません!桜を

見せて頂けないでしょうか?初めての土地なのです」と厚かましい婆さんが突出し

ておりました・・あははははは

全く見知らぬ人に滅多に声など掛けない人なのですが・・こと桜が絡むと恥も外聞

も無いと言いますか?・・はははははは 厚顔無恥になります・・(@_@;)

工場の方は「社長ーこの方が桜見たいと言うてはるんですが・・かまへんですねー」

と中に声をかけて下さって社長らしき人が出てこられ「えらいこっちゃ!」でした。

仕方なく「恐れ入ります!桜が好きで、去年まで海外にいて少し花見に飢えている」

事を説明したのです。にこにこ笑って「どうぞ好きなだけ見て行って下さい。満開に

なったばかりですから丁度ええ時期ですわ!」と言って下さって・・大勢が通過する

工場の中に入り込んで図々しく桜を拝観して来ました・・\(◎o◎)/!

本当に全部に花が付いて今が最高と言う感じでした。とても嬉しくて幹を撫でながら

「こんなに美しく咲いてくれて・・出合えて幸せでした。有難う!!」と呟いており

ました。見事な枝振りで満開の桜は未だ数10年という若さでしたが、勢いがあって

花の力も花弁にも生命が漲っている感覚がしていました!”素晴らしい光景でした”

想像もしなかった遭遇でしたが・・凄く豊かな心になって元来た道へ引き返した積り

でしたが・・矢張り、方向音痴なのでしょう・・(><;)  1本か2本間違えて

入ったらしく・・歩いている人に国道に出る道を聞くと言う何時ものパターンをして

しまいました。それでも心の中には満開の桜と満足感があって自然と癒されていた!

近所の名もない桜さえこれ程自分を主張して、美を鼓舞している姿に改めて惚れぼれ

したものです・・(*^。^*)    **桜の花って本当に素敵です**

有難いことですし、こんな幸せはきっともう、来ないのではないかと思うほどに花は

心奥に落下して行きました。これで自分の今年の桜は殆ど満開で終焉を迎えるかもと

思っていますが・・未だ八重もありますし、見る機会があればと願っています。

何とも凡々たる1日でしたが・・個人的には心情的には心が悠然となって、春爛満を

満喫できた日でもあり、この〖花時〗の素晴らしさを満々と、迸せる時間でもあって

素敵な日と時間を貰いました・・m(__)m

今朝は台風並みの暴風雨が来るとの予報に少々心を傷めていますが・・今のところは

空全体が暗雲の中にあると言う状態でしょうか? 午前中は歯医者へ行かねばと考え

ている浪速の曇り空です。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/05(Fri)
不思議でした??よく”デジャ・ブゥー”とか言いますが・・(@_@;) 小学校の

それも低学年だったはずでしたが大昔、家族でドライブして行った南大阪のお寺に

出かけたんです。先ず電車で行った記憶がないし沿線もよく分らず駅に貼り出され

てある路線図が頼りでした。余りついてなく急行に乗り準急に乗り換え、普通へと

乗り継ぎ・・全く見知らぬ街に到着。

ここで又バスの便が悪く30分近くも待つと言うがっかりな出発でした。 料金も

そこそこでした。 昔の記憶がお寺の中に少し有って「見たことがある?」という

感覚が拭えなくて・・凄く不思議で・・境内の中を自然と歩いておりました!

ご存じの方も多いかと思いますが・・お寺の紹介を少し書きますねぇ・・( ^^)

河内長野市にある〔観心寺〕で高野山の真言宗の遺跡{ゆいせき}本山です。

開基は文武天皇の頃と言われているようで・・役小角《えんのおづか》により開か

れたそうです。全く時代考証は理解していませんが・・<(__)>

それよりも平安時代に弘法大使空海が、当寺を訪ねた折に境内から〚北斗七星〛を

勧請され、衆生の除厄の為に本尊<如意輪観世音菩薩>を刻まれ寺号を〔観心寺〕

と改められた事の方が有名だと言われています。 その為〚北斗七星〛が祀られて

いるのは多分ここだけではないでしょうか? 星塚と言います。

また、この寺は厄除けの祈願としても知られており、高野山と奈良、京都の中宿と

してかなりの発展があったそうです。

境内は広大で森林の中にあり、沢山の重要文化財があって・・ゆっくり拝観しては

時間が経つのを忘れさせてくれます・・(#^.^#)

〖尤も、お寺好きでない方にはしんどい高低かも知れませんが・・うふふふふふ〗

何よりも金堂(国宝)が有名で大阪府下最古の国宝建造物と言われ、今でもその姿

は美しく単層入母屋造りで和洋、禅宗様、大仏様の折衷様式の構造になっていると

言われています。未だ充分にその形も様式も残存されていて見事でした。  少し

変った感じがして暫し時間を止めて拝観出来る建物でしたねぇ・(-.-)

桜は昔より「と言いましても幽かな記憶だから」正確ではないのですが・・もっと

多かった気がしたのですが・・予想以下で・・でも、満開でした。濃い紅しだれも

有り桜の木はかなり老木でしたがあちこちと切断されていた為、傷んでしまったの

かとも思っておりました。しかし、山の中に有る古刹で著名なお寺なのに人々の声

も殆ど聞こえず・・かと言って人がいない訳ではなかったのですが観光バスも来て

いましたし、車も10台位はありました。壮大な敷地と欝蒼とした森林のせいかも

しれません。1人ですから1時間ばかり境内の桜を眺め会話して・・太い幹に触れ

寺の人からは変な目付きで見られながらも触りまくり話していた・・あははははは

この先は金剛山にロープウエイで登れる様でしたが・・!(^^)!準備もないし、山を

登る元気もなかったからそのまま帰路に・・ふふふふふ 往路は大変でしたが帰り

はバスも直ぐに来て、駅まで早かったです・・(*^^)v

電車も乗り換えなしで直通が来たりして幸いでした。  太陽も適度に身体も心も

暖め、桜の熱気も貰って仕合せ満載の心で戻ってきました。朝、9時過ぎに出かけ

のですが・・午後2時前には家に着いていたから然程の遠出ではなかったです。

駅から段々と山道に入っていく道すがらには白木蓮、辛夷、桃の花、雪柳が出迎え

てくれて・・充分楽しい時間が持てました。ほんの少しだけ時間が止まっている様

に遅く咲いている桜花は元気溌剌としていて今、まさに絶好調を迎えていました!

今年の桜は元気がよくて・・何処で見ても未だ未だ散らない感じがして・・嬉しく

思って見てきました。天気が良かったのも何より幸せを倍増させてくれました!

今年は神戸と京都は外していますが・・ニュースなどを見ると矢張り、心が騒いで

きます・・ははははは も、どれだけの桜との出合いがあったのか数えきれない。

それでも、毎年同じではないから、桜の生命力に魅せられ心惹かれてしまうのだと

思います。その時期だけしか咲かないと言う潔さも好きだし、毎年、心の中に熱い

エネルギーを贈ってくれるその生命力に感激しております・・(●^o^●)

今日も天気が良いみたいなので・・何処かへ出かけたいと思っていますが、近辺も

殆ど理解していない現実だから多分、遠くへは行かないで見える桜に合って来よう

かな?なんてそんな事を考えている浪速の朝です。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/04(Thu)
”凄かったですねぇ!爆弾低気圧?”と言う様ですが・・\(◎o◎)/!でした。

幸いにして私が上京していた間ではなく・・本当に運が良かったと思いました!

あの雨風なら桜も我慢できずに全てが散ってしまった感じがして、最高の時期に

遭遇出来たのだと感激しておりました・・(*^^)v

    *皆様の所には被害などなかったでしょうか?*

お陰さまで当方は雨量も少なく、風が少し強い程度で夜中に通過した様でしたが

昨日は終日はっきりしなくて・・午後からの外出も「どうしようかなぁ?」など

考えて時間を潰してしまったのです。激しい風雨ではなかったのですが・・何と

なく空模様が怪しくて・・遠出は勿論出来ない位でしたから・・先日、見る事が

出来なくて探していた大木を観に出かけてきました。大邸宅の裏庭に咲いていて

中まで入ってみたいと思い・・図々しく声をかけたのですが・・生憎・・留守で

数軒の家を回って眺める事が少しだけできましたが・・(*^_^*)

あの見事な枝振りは見えなくて・・立派な松や槇の樹が邪魔をしていました!

仕方なく余所の庭の淡い薄紅の枝垂れの若木に心を馳せて少しだけ佇ずんで来た。

豪邸が多く、大抵の庭には生り物があったり、樹木が大きく丹精に手入れされて

いました。 玄関前には桃の花が満開だったり連翹がぐんぐん枝を伸ばして黄色を

主張していました。連翹は札幌で初めて出合った花で・・それまでは名前も知らず

でした。姑の家の垣根が全部連翹で春になるとそれが少しづつ咲きだし一面を黄色

にするので教えて貰った花でした。折角咲いても成長が早く、枝の伸びがいいから

大抵は四角に刈り取られて・形が変化してしまうのを可哀想だと思って見ていた!

遠い遥かな昔の話ですが・・あははははは 亡夫の実家には本当に広い庭が有って

梨、林檎等がたわわに生っていました。池には魚がいたり睡蓮が咲いて綺麗だった。

花は5月雪解けと同時に一斉に咲きだし、水仙、クロッカス、チューリップ、鈴蘭

等と咲いて百花繚乱と言っても過言ではないほどの花々がありました。

街中は5月の連休ごろに桜が咲いて、その後リラが咲くという札幌でしたねぇ・・

今年は豪雪で未だ眠りから覚めていないかも知れませんが・・少しづつ春が近くなり

花開く時期ももうすぐかと思います・・北国の人にとっては【春の到来】は長い冬に

耐えた贈り物として一瞬にして春の訪れがある気がしていました・・うふふふふふ

それらも全て夢の中の出来事の様に遠ざかっておりますが・・(#^.^#)

※久しぶりにベトナムニュース

◎来年4月からTVは地デジ対応?

情報通信省が公告、通達した話です。07-2013-BTTTT号によると2014年

4月1日からベトナムで使用されるために生産、輸入されるTVには地上デジタル放送

の受信機能を搭載させねばならないという事になりました。

これによりLCD,PDP,LED,OLEDおよびその技術を用いるTVでベトナムで使用するため

の生産、輸入されるものは国家技術基準QCVN63:-BTTTT号に沿った地上デジタルTV

放送企画DVB-T2,映像、音声のデジタル符号化企画MPEG-4のデジタル放送受信機能

が必要だと言われています。正直理解できていませんが・・<(__)>日本にいた時も

デジタル化された時期にいなかったから・・本音理解できていませんが、現在の日本

がデジタル化された時と同じ条件ではないかと勝手に想像しています・・(-_-メ)

ただ違う部分が未だ多々あるのがベトナムだと思います。

例えば導入開始期間は32インチを越えるTVが2014年4月1日、32インチ以下

のTVの場合は2015年4月1日となっているし、現在使用しているブラウン管TVへ

のデジタル移行は受信機能の搭載は義務付けではないと言いますから・・未だ未だ先

の話かも知れません。まして、一般に普及するのには時間がかかると思います。

◎最期にカンボジアからのニュース一言・・

先日来よりかなり気温が上がってきて今日は39度に達する様です・・(@_@;)

そして、カンボジアのお正月は4月です。体温よりも暑い国ですから驚きます!

今朝は朝から太陽が輝きを見せてくれています。気温も上がるようなので桜を愛で

に出かけます。一寸嬉しい浪速になりました・・(*^_^*)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/03(Wed)
天満宮と言えば梅を想像しますが山門には大きな桜の古木があって・・またそれが

残り少なくなり哀れを催す梅の名残にバトンタッチして今を盛りと咲いていた!

養天花(花曇り)の空は日々桜花を成長させて・・1日でも長く人々の心を慰めて

くれている気がして・・闊歩する気持ち(本音部分ではあまり足が上がっていない)

で出かけました・・あははははは 郵便局へ寄り先日のお礼状を書いて預け、また

直線コースで駅まで、そして駅を越えて未だ15分位は歩かねばならないのですが

見事なほど開花した桜が私を待ち受けてくれていました・・(*^_^*)

も、今にも雨が落ちてきそうな空模様に変化していましたが・・とに角折角の出会

いだと思い頑張って歩き続けて到着!少し身体がほかほかしていましたねぇ。

結局は50分ほど掛ったのですが・・(-"-)  信号に何度も引掛って数分は無駄

にした時間があったからですが・・逸る心を落ち着かせて{逃げないから}と言い

聞かせながらも心は急いておりました・・わははははは

大きな桜の木が数本だけでしたが・・丁度≪花時≫を迎えていたようで・・桜雲が

木々に満載状態でした。私が見る桜は大方が染井吉野の白っぽい花が多いのですが

中にはピンクが半分掛っていたり斑の様になっていたり、昔の桜よりも交配が進化

しているのでしょうか?最近の桜には紅花色も純白も数多あって染井吉野だけでは

なく名前が色々と変化しているのでしょう・・( ^)o(^ )下には早々と野生なの?

奢莪の花があちこちに咲いていました。夏の花だという感覚があり・・何度も見直

していましたが・・矢張り群れをなして低く余り主張しないで密かに茎を伸ばして

咲いていました・・(@_@。 その横には雪柳が時を終え緑の若芽の中を未だ懸命に

生命を燃やしている姿に哀感を誘い・・寂しくもあり又終わりを見届ける気分でも

ありましたねぇ。  数本なので花見は直ぐに終えてしまった!

帰路を少し急ぎ足で歩いて大和川の堤防に出ると、薹の立った菜の花が最後を競い

合っていました。 山手の方を眺めると遠近の山間には薄紅色の桜が遠方に見えて

「おいでおいで!」しているような錯覚がありました・・ひゃははははは

下の方に寺なのか目線には入っていてもよく見えなかったのですが沢山咲いている

場所が有ったのですがそこまでどうやって行けばいいのか見当もつかず・・茫然と

春の山を眺めておりました・・ふふふふふ 直ぐ近くに思いきり枝を伸ばして咲い

ている桜を発見して、多分、我家の裏辺りと見当をつけて堤防から階段が数本ある

のを降りてみました。所が未だかなり奥の様でした。 仕方なく何処かのお庭から

川沿いに大きく広がっているのだろうと考えて回ったりしたのですが・・(-_-)

内側からは見つけられなくて・・がっかりしました・・(><;)

その時、生憎「ぽつん」と落ちて来たので慌てて帰路に着いた。家まで10分程も

掛らずに濡れることはなかったが、それからはずっと降ったり止んだりで雨は降り

続いていました。本当に午前中の2時間ばかりの出会いでした。

毎日何処かの桜と遭遇し、日々が烏兎匆々と過ぎて行きます・・きゃははははは

この時期だけが私にとって生きている証明でもあり、1年分のパワーをもらえる時

だから頑張って時間を大切に使っている積りです・・(#^.^#)

も、何処の家庭でもガーデニングが盛んで、チューリップやパンジー、木瓜の花や

紫木蓮が咲きだし、繚乱とした風情に時間を忘れて他人の庭先や玄関に足を止めて

いるのが最近の現状です・・うふふふふふ

瑣末ながら我家にも先日の南房総から花刈りをしてきた金魚草が満開になってきて

この近辺では見たこともない3㌢~4㌢ほどもある大きな矢車草も咲いています!

本当に大きな花になって蕾が小さかっただけにこの大輪の花は想像を越えて咲いて

いる姿は狭い部屋の中で”春爛漫”の状況でしょうか?全くもってこの時期は浮き

足だつ心で安穏ではありませんが・・(-_-メ) 月曜日から写経を又始めました。

心ここに在らずですが、折角やろうと決めた事だからと思って書きだしていますが

中々感覚が戻りませんし、時間もかかる様になっていた・・(--〆)

〚しかし部屋の中の春は未だ未だ蕾があるので、暫くは楽しめそうで仕合せです〛

今朝も雨の予報でしたが少し明るくなって来たので・・低気圧が移動したなら・・

出かけたい場所があるのですが・・午前中は駄目かも知れません・・(><;)
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2013/04/02(Tue)
日曜日の朝は{春雷}の影響で凄い音と共に{霰}が数分間降るという珍事に吃驚

して外を覗いていたのですが・・3回ほど雷が鳴って激しく叩きつけるように襲来

しました。これで本当に春の到来を感じて・・も、あの寒さとは終わりを告げる気

がしたものです・・うふふふふ

その日は雨は上がったものの何となく曇り空で、肌寒かった・・(-.-) 前夜帰宅

したものだからゆっくりと休養を取っていましたが・・心の中がむずむずして・・

近くの神社や学校が8分咲だったのを思い出し行って来ました。薄暗い天気でした

それでも、子供達は春休みに入っているらしく神社前の公園には子供達の声が聞こ

えたり元気に遊んでいました。姉の家に行き高校受験合格のお祝いを言って小額の

お祝いを渡し近場の土手まで歩いて桜を観てきました・・片側だけですが見事な程

殆ど満開になっていて・・(@_@。   大人など誰もいない場所に座り寒さを我慢

しながら古木に満開と咲き誇る染井吉野と暫くお喋りした!

学校の中には入れないから外から挨拶をしてきました。ようやっと心の揺さぶりが

抑圧されて・・ひゃはははは

落ち着いたので、暫く休んでいた写経を始めるという普段の凡庸とした生活を戻す

事ができたのですが、まだ咲いている桜を思うと心中が穏やかにはならなくて!

        ★困った人です・・わははははは★

さて、昨日は朝からいいお天気でした。初めての河内です!!沿線には桜の名所が

随分ある様で、も、早速、朝から出かけました。吉野には未だ早いし、ここは何度

も行っているのでパスし、連絡がスムーズではなく、急行から準急、普通車と乗り

継ぎして2回目の橿原神宮へ行って来ました。以前は秋だったので桜時期に期待を

寄せていた場所でした。 この駅は奈良、京都、伊勢にも行ける連絡駅で人も大勢

降りました。全く知らなかったから吃驚・・(@_@;)

この人々が全部神社へ行くのかと勘違いした程でした。神社までは長い道路が整備

されていてそして、何故だか旅館が多く、参道にある店は数軒という寂しさの中を

てくてく歩いて神社に到着。 所が今日から《春の神武祭》というイベントが開催

されるという。お昼前に着いたので、その準備のために巫女や禰宜が大忙しで走り

回っていたのも、また、イベント会社や照明器具の会社が入っていて、それは今夜

のイベントのライトアップなのでしょうが・・森閑とした森林の中は思わぬ賑わい

を見せていました・・\(◎o◎)/!

毎年行われているのか?は解らなかったのですが、正面にはライトが当たリ変色を

させる装置ができていて、その上には国旗が靡いていました???

本当に広くてとても全部は見れないけれど前回行った深田池周辺には桜が今を盛り

と咲いていましたし、大好きな”紅しだれ”も数本あって・・暫くは周囲の雑音が

消えていき、自分の心奥だけが静寂とたおやかさ・・そして、妖気漂う気配の中に

埋没していけました。ほんの数分でしたが存分に心から桜との対話をして・・周り

の喧噪が嘘の様に桜の木に触れて、その温もりと樹液が流れる様子を聞いていた!

数人の見物客が来ていて・・はっと気がついた程没頭していた数分でしたねぇ・・

幸せ感に酔っておりました。その池周辺だけしか桜は無かったから・・早々と帰宅

の為に神社を歩いていましたが・・とにかく広くパンフにはパレード、食市、朝市

コンサート、フリーマーケット、森のカーニバルなどの催事が多々あるようでした。

何も考えていなかったし、桜見物だけだから・・充分に満足したのですが・・普通

電車で1駅ごとに降りては観たい桜が土手や役所、公園、学校、駅にと数多あって

急行に乗っている間は「あー残念」を連発しておりました・・あははははは

この催事は【光の伝説・ライトアップ、まほろばファンタジア、3D映像ショー】と

銘打っているだけに殆どが今夜からイベントとなっていました。

どこもかしこも桜だけの見物ではなく、色々なイベントで集客をする事を改めて感じ

ました。 このようにパンフに書かれてあるポップには矢張り想像以上の努力の跡が

見え隠れして・・プロの仕事を感受したものです・・(*^^)v

         ☆光の伝説  まほろばの邂逅☆

素敵な言葉でした・・イラストは全く門外感で能力もないのですがこと<日本語>

には結構、関心があって・・言葉にはかなり影響を受けるのです・・ふふふふふ

〚奈良〛に相応しいい言葉だと何度もその感性に共感しておりました。関西ではどう

しても〖大阪〗という大都会と『京都』という老舗や名所≪神戸≫は異国情緒が漂う

と言うイメージが強く出て大きな顔を持っている感じですが・・(-.-)

〚奈良〛や〚和歌山〛は少し引く感覚が取れない関西圏でしたから・・今回住むこと

になった河内は〚奈良〛に近く思いがけない発見が沢山あって暫く楽しめそうです!

たったの3時間だけの{花見}でしたが・・往復ともこの時期混んいましたねぇ。

暖かい浪速の1日でした。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ