ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/30(Sun)
       愈々押し迫って来ました・・(#^.^#)

昨日は“昭和の時代”が未だ完全に残されて居ると言っても過言ではない商店街が

長く連らなっているショッピングセンターへ出かけました。姪の家族と一緒に新年

の買物でしたが。商店街には今まで忘れていた活気があり遠近で掛声や掠れたダミ

声で呼び込みをしている若者や小父さん、小母さん達に吸い込まれる様にして店内

に入って行きました。幼いころはこのようにして新年を迎えた事を彷彿として思い

出し懐かしく、4年ぶりに又違う人生が待っている錯覚にすっかり嵌りこんでいた

時間でした・・うふふふふ 割合、早く出かけたので、商店街には自転車の買物客

が多く、狭いのに何台も続けて通過したり何処の店の前にでも停めるのには吃驚!

でも1時間ほど歩いて十字路になっている道路までで半分位沢山の店があり、感激

しました。途中では焼き草餅や唐揚げなど歩きながら食べつつ見て回り、商店街の

終わりまで行って帰路は買物をしながら、狭い店先までこれでもか?と並ぶ商品を

見ながら手に取って購入しました。段々、重くなって、姪の旦那が1度車に積みに

行き、又ぞろ、張り切って買物をしておりました!・・はははははは

家族が多いので食材も半端ではなく面白く見ていました。 私はもう殆ど買う物が

無く、それでも、野菜だけは1日でも新鮮な方が良いと思い買いましたが・・普段

の値段よりもかなり高価でしたねぇ・・最もスーパーと同じ程度だと思いましたが

その雰囲気が好きで、高くても購入する事に違和感を覚えないほど・・(@_@;)

ずっと並んだ店を歩き回っていました。連絡しながらお互いが自由に見知られる店

に入り、時間も3時間近くいた気がします・・あははははは

帰宅後は姪の家に寄り、私が作る分の肉類や、野菜を分け合って又送って貰った。

昨日はそれほど寒くなかったので、早速、料理をし出したら、部屋の中が温かくて

暖房はずっと切っていました・・(*^^)v 4種類を作ったら夕方になり、晩ご飯に

して、明日、作る準備の下拵えをしたら眠くなってきたんです・・(-_-)zzz

お風呂に入り、ストレッチしてベッドに入ったら即、眠ったようです!歩いた時間

と立って調理していた時間、人ごみの中での競争の様な買物・・嬉しかったのです

が・・流石に疲れたのでしょう・・(・_・;) {歳ですねぇ・・(-"-)}

さて、今年は前回も書きましたが、8ヵ月はベトナム暮らし4年振りの帰国と言う

年でしたから慌しくもあり、また、不思議な感覚を持った年になりました。

こんな時代遅れの駄文、長文に長い間大勢の方のご訪問を受けて凄く幸せな時間で

もありました・・(*^_^*)人生を考える時間でもありましたし、大勢の皆様から

の心からのご支援やコメントに励まされ、素晴らしい感性と知識を頂きました。

既に脳細胞は枯れ果てていますが、随分刺激になった気がします。何とか年が越え

られそうです。色々な人生の縮図を拝見できましたし、自分の愚かさを存分に展開

もした気分ですが・・格好つけてもこの程度ですから・・わははははは

  ☆☆皆様の熱き心と心情に深く感謝いたしております<(__)>☆☆

皆様にとって、新年が素晴らしく、佳き年になります様に・・(*^^)v ご健康と

ご多幸を心中よりお祈り申し上げて、今年の終文と致します。

    *先程から雨が降り出し薄暗く、でも静かな浪速の朝です*



☆☆☆本当に本当に感謝のみでした。有難うございました・・m(__)m☆☆☆
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/29(Sat)
昨日は【仕事納め】の官庁、会社、お店が多々あった事と思います。1年間「本当に

お疲れ様でした」この1年は本当に色々な事が皆様の周りでもあった事と存じます!

個人的な事ですが・・私も4年間のベトナム生活を切り上げて帰国したことは大きな

出来事でした。望郷もありましたが・・神経的に疲れ切った部分もありました!

暢気な生活でも何と言っても異国です・・それなりの緊張感もあり自分で出来ない事

にも苛立ちがあって・・息子がカンボジアに転勤になった事も辛い原因でした。

矢張り、心のどこかで彼を頼りにしていたのだと思いました・・(-"-)

それから半年間は全く1人の生活でしたが・・住んだ所が悪かった{コリアンタウン}

ベトナム人とは違った意味で強烈な人種でしたね・・\(◎o◎)/!

マナーも悪く品性はなかったのです。何処でも痰を吐いたりゴミを散らかしたりして

ベトナム人を顎で使うような仕草が男性には目立ち、凄く嫌でした、挨拶なども全く

しないし、同じ階の男性は奥さんと愛人と同居している人もいて・・これも驚いた!

絶えず大きな喧嘩や物を投げる音がして・・すさまじい家族?でした。その旦那さん

はエレベーターで何度か同乗たことがありますが「ゲップ」をしたり、手で鼻をかみ

エレベーターの中に放リ投げたりふてぶてしい態度で・・驚かされてその事があって

もう彼が乗る時は遠慮したものです。子供の躾も悪く小学校低学年から高学年までは

帰宅したら公園の中を走り回ったり、食べた紙袋をあちこち捨てたりベンチに沢山で

乗って壊したり、階段を煉瓦で叩いていたり「ま、親がいるのかしら?」と思う事が

毎日のように・・当然の様にあって・・その事も大嫌いでした・・(-_-メ)

コンビニでも横柄ですし、タクシーの運転手は乗るときは必ず「ジャパニーズ?」と

聞いてくる「日本人だ」と答えると乗っている間中。何度も韓国人の悪口を聞かされ

閉口している様子を英語と、ベトナム語を混ぜながら・・話すのです。聞かなくても

知らなくてもいい事を何度も聞かされると人間は矢張り不信感や嫌悪感を持つもので

すねぇ・・(^_^;) 中心街からかなり遠く、広い3LDKの部屋に1人住んでいましたが

心が落ち込んでいくばかりでした。ここはホーチミン7区で韓国人が発展させた区域で

その名前が付いているのですが、帰国1年前まで住んでいた場所です。凄く大きくて

高層ビルが2,30棟、もったあったかも知れませんが・とにかく殆どが韓国人でした。

韓国も勢力があった時に新興住宅として多く建築したのですが・・景気が悪くなって

どんどん本国に帰る人が多くなってた・・雑多な国民が入り込んで来ていました。

韓国製品は日本と余り変わらないから食べる物はコンビニやスーパーが幾つもあって

暮し向きは決して不便ではなかったのです。でも、ベトナムの市場慣れしていた私に

は韓国製品は高価でしたし、矢張り辛さが違うので・・余り好まなくて友人に市場へ

何度か連れて行って貰っていました・・( ^^)

この街は最初は良かったそうですが段々とベトナム人より柄が悪いといいますか?

品性が欠けてきて・・汚れた街になって行きました。ただ1年弱でしたが・・2度と

韓国人とは一緒に住めないと思ったものです。不親切ですしプライドが高いのだと

思いますが・・日本人が少なかったせいもあって風当たりが強かった・・特別に何

かされた訳ではありませんが・・無礼だし常識がなく、ベトナム人に対する態度に

何時も苛々させられていました。ゴミ箱をひっくり返したり。出す物も、汚水が流

れたままを出します。片ずける人の身になんて考えないのでしょう・・><”

アジア人独特の感性なのかも知れませんが・・韓国はレベルも高く近代国家だと思

っていただけにその所作には驚愕がありました・・(;一_一)

同じ階で水が流れて・・廊下まで浸水していた時もあり、向いの家から流れていた

のに、誰も出て来なくベトナム人の掃除掛りの人が5,6人溜っている水をモップで

2時間位かけて拭いていた事もありました・・(@_@;)

日本人ならジュースとかお菓子でも出して詫びると思いますが、全く無視して綺麗

になってから出かけていきました。その神経の太さ厚かましさに本当に吃驚した!

きっと、自国が1番でそれらの国は下だと思い{上から目線}で暮らしている人が

多い事に恐怖がありました・・!(^^)!

韓国大好きの方には・・m(__)mでも、本当に礼儀なしだし、公共の物を壊す事

に平気な国民であることを知らされました。子供達も凄く乱暴で1つ1つ花を植え

ている公園の区画に自転車に乗って遊んだり、芝生の上で食事をしたまま片ずけず

放置したままで汚して帰ります。想像できませんでした。私の個人的感想だと思い

ましたが・・あまりにも酷かったです。韓国はソウルに2回行きました・・けれど

皆優しくしてくれましたし楽しい旅でしたが・・生活してみるとその思考や習慣の

違いにベトナム人とはまた異なった狡猾な面が見え隠れして、余り好きになれずに

いました。その意味でも早く出たかった場所でした。部屋も広く高い層にいたから

涼しく暑さは余り気にならない快適な部屋でした。棟は持っている人(韓国人)に

よって部屋の形が色々あって、随分変わった部屋もありました。でも、ごく普通の

広い部屋に住んでいましたが、心が晴れず・・それ程嫌な街でした・・(-"-)

その事がなかったら多分、ベトナムから帰国する事はなかったかも知れません!

*ま、色々な国民がいて、色々な考えがあって日々生活が営まれているのですが*

ベトナムで暮らして、初めて韓国人街での暮らしは大失敗でした・・(-_-メ)

全部がそうではないと思いましたが、殆どの韓国人は外国人を避けていました。又

公共費が異常に高かったから。ベトナム人を使ってやっているという感覚が韓国人

の人には有ったのかもしれません・・(-.-)

今朝は少し暖かい感じでしょうか?これから年末の買物に出かけます。昨日の冷た

い雨が上がって日差しが戻った浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/28(Fri)
「後いくつ寝ると・・」なんて聞こえるようになって・・心が落ち着かない!特別

何かをしなければならない事はなく掃除も1ルーム、お風呂もトイレも使用後には

必ず洗剤で洗っているから、ま、見た目は綺麗だと思う。明日姪が車で買物に連れ

て行ってくれるとの事だが・・殆どのものは揃っている。野菜を買ってお肉や魚類

の下拵えをすればいいだけだが、今回は姪の家の分も作るから少し時間がかかる?

その程度で大した事は無い。新年に向けての目標も抱負もなく、ただ健康で迷惑を

掛けない生活ができれは{御の字]だと思っている・・あははははは

※ベトナムの或る一日

何時もの様に五時起床。掃除、洗濯を終えシャワー室に入ろうと歩きだしたその時

《ドカーン、ガチャン》という音が聞こえ驚いてベランダに走った。バイク3台の

接触事故!油が流れている。3人揃って先ずはバイクの壊れ具合を懸命に見ている。

何と言っても未だバイクが命の次に大切だった頃の話です。今でもそう思っている

ベトナム人はかなりいますが・・うふふふふ

それから言い争いになって・・多分「自分の方が壊れている部分が多い」「これを

どうしてくれる」などと言っているに違いないと思いながら眺めていた・・(-"-)

見た限りでは2台が凹んでいる箇所は有っても大したことはない様に見えたが1人

の小父さンのバイクからはオイルが流れかなりダメージがあるようです。1人は何

もなかったかのように走り去って行った。2人で言い合っていたが若いお兄さんも

時間がなかったのか?財布を出して数枚のお札を渡し行ってしまった。後に残され

た小父さんはぶつぶつと傍の人に聞こえるほどの声で怒鳴っている。しかし相手が

居なくなって・・仕方なく向い側のお兄さんに助けて貰いながらバイクを起こして

道路から歩道に2人掛りで引っ張って行った。そして、2人して触っていてオイル

を何とか止めたらしくその小父さんも帰って行った・・(@_@。

これが未だ薄暗い未明の道路での出来事です。毎日のように接触事故は有り、その

度に喧嘩腰の言い争いが続き結局は示談で終わるのが常です。警察(公安)の介入

は先ず有りません。人身事故でもない限り・・暗黙のルールみたいです・・(-.-)

外が明るくなって来た。氷やさんのバイクが忙しそうに出入りを始める。朝は極端

にバイクも車も多くなってひっきりなしの通行と騒音が続きます。

学校へ行く子供を乗せたバイクや、通勤、通学、市場へ荷を持って行くリヤカー等

雑然とした動きが朝の騒々しさを倍増させる。 6時過ぎると俄かにバイクの量が

増えるのも朝の風景です・・(#^.^#) 夫々に用事があって、様々な思いを持って

走って行く姿は溌剌として好きな光景です。歩道には屋台が次々と開店する。

天秤棒担ぎの小母さん達は重そうに野菜や果物を載せ、ひょいひょいと歩いて通過。  

時々窓から声が飛んでくると、その家の前に座り込んで待っていたり、そこで商売

を始める人もいる。

我家の前には何時も果物やが2人必ず並んで座って売っている。私が市場へ出かけ

る時も、別に除ける訳でもなく、知らない振りをする訳ではないが、気遣いを全く

見せない。勝手に通って行けば・・なんて感じです・・ふふふふふ

何故か知らないがいつも同じ果物を扱っているのです。西瓜とか蜜柑。ザボンなど

で、時期もある様ですが大抵同じ品を持って来る。凄く不思議です!売れると重さ

が変わるから前後の量のバランスを考えて入れ替えたりしている。その日はザボン

が食べたくて3個買った。日本円にして50円程度だと言う。

100円程度のドン札がなくて200円のドン札を渡したらおつりを100円しか

戻さない。「足りないよ!50円」=日本語で言ったが素知らぬ顔をするのです。

言葉が出来たらもっと強く言えたかも知れないが・・外国人だと思って鴨られたの

だろうと思い、腹が立ったが・・><”もう2度と買わないと思いそのまま諦めた。

ベトナム人ならここで大喧嘩になり自己主張をするだろうと思ったが・・(-_-メ)

{もうこの人から2度と買わなければいいや}なんて思ったのです。そして、次の

日にはもうその人は我家の前から姿を消していて・・2度と会う事はなかった・・

少しは心が傷んだのかも知れない・・ははははは

野菜の種類が豊富で、市場へ行くのが凄く楽しみでした。見知らぬ野菜が沢山積ま

れてあるから、毎日何か違った野菜を買っては試食していた頃です。因みに今日の

お昼はもやし、ニラの大蒜炒め、トマト、ホーレン草、ネギ、豚肉少々にパクチと

焼売の具沢山のスープ、貝の佃煮(到来物)ザボンを食した。 少し量が多かった

ので晩ご飯も残りを食べる事になった・・やれやれ・・(・_・;)

歩道にテーブルを出して6名の男子と小母さんが食事中。向いの氷やの人たちだ!

大きな炊飯器と、大きな鍋、テーブルには野菜の炒めた物や揚げ物が大皿に載せて

出ていた。道路を挟んでいるから材料までは解らない・・若い人ばかりだからその

量も多く、何度もご飯やスープのお変わりをしている様子だ。よく動いているから

ベトナム人は食事にお金を結構遣う。 廉価で何でも購入できるからという部分も

有るが食べることには割合寛容で何処でも立って食したりしゃがんで食べている姿が

日々目に飛びこんでくる。しょっちゅう食べている感覚があります。 朝昼晩という

決められた時間以外でも食べている人が多いのには驚きますが・・それだけ食べる物

が色々あるのだと思いますし、食材も豊だし何処にでも、何でも売っているからかも

知れません・・(*^_^*)お昼には決まって屋台のフォーやのお兄さんが我家の前に

来る。彼はしゃがんでザボンを食べている。 そこに植木屋の小父さんがリヤカーで

通りかかり喋り出した。相変わらず声が大きい。暫く立ち話をした後、フォーを注文

したらしく植木屋の小父さんは彼が作る傍にしゃがみ込んで食べ始めた。植木を積ん

だリヤカーは道路に置いたまま。

それを除ける様にバイクや車が通過する。別に横に置こうか?とかの心はない様子!

暫くすると道路はかなりバイクの数も車も減少する。お昼時と昼寝の時間になるから

で、2時間位は道路も休養する感じでしょうか?

その間も何度も何度も清掃車の箱車は掃除をしながら道路を往復する。幾ら掃除して

も次々と道路にゴミを出したり捨てたりするから切りがないのに・・(-_-メ)気の毒

だけれど24時間かわるがわる色々な人が道路掃除をしている。バイクの上で昼寝を

していた小父さんは漸く起きて煙草を一服吸うとバイクに乗り何処かへ出かけた。

早朝{4時}より起きて働いているお粥やの女性たちは朝がメインらしく、その後は

夕方までトランプに興じている。よく飽きないものだと妙な感心をしているがお昼頃

から5時間位はしている・・\(◎o◎)/!

サイレンを鳴らして救急車が通過した。一瞬だが後部の扉が開いて、足から血を流し

ている人が見えた《交通事故?》なんて考えている私です。

夕方近くなると、またもやバイクや車の音が激しくなって来る。帰宅時間なのです!

氷やさんで何か騒いでいる。バイクに乗せた氷の袋を太いゴムで縛って走っている

のですが、それが切れたらしく道路に氷の袋が散乱し1つは袋が破れて中身の氷が

道路に撒き散らされていた。もう1つの袋からはバラバラと氷が落ちてきている。

余計なことだが何時も思っていた『あんな重い袋を5つも自分の背中より高く積み

前にも乗せて、毎日走っているから、きっとその内切れるのではないか?』なんて

太いゴム紐でも1本では切れる気がしていたのです。道路は氷だらけになってる上

を別のバイクが次々と踏みながら走って行く。氷はもう使い物にならない。

後続の車は音を立てて割りながら通過して行きます。道路は水浸るしになって、それ

でも仕事は止めないで続いている。

「あっ!」私の声・・斜め前の小路から女性のバイクが突然出てきて、フォーやの

店から出てきたバイクとニヤミス・・「ほっー良かった」女性はぶつかったと思っ

て目を瞑ったみたい。男性が上手く除けてくれたらしい・・(*^。^*)

(公安)が2人バイクでやって来た。ぶらぶらと歩いてカフェの中へ入って人々に声

を掛けている。別段、何かの用事や仕事で来ている風でもなく、その内コーヒーが運

ばれ椅子に座ってお喋りしながら飲んでいる。しかし、少しづつ混んで来たので彼ら

はお金も払わずに出て行きバイクで去って行った。「一体、何をしに来たの?」

バイクの流れが間断なく続きあちこちに電気が点灯する。辺りはネオンが点いて瞬時

に夜の街へと化粧を変えて変貌して行きます。 晩ご飯の準備が始まる時間になって

周囲は慌しい動きに変わって行きました。

ベトナム生活が1年少し経った頃の一日の光景でしたが・・毎日同じことの繰り返し

の中に大勢の若者のエネルギーが漲っていた時代でもありました。活気があって、今

正に国の流れが大変貌を遂げる時期に遭遇していました・・(@_@;)

今日は朝から曇り空でうすら寒く未だ電気を消せないほど暗い浪速の夜明けです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/27(Thu)
前日出した着物を衣紋掛けにかけておけばいいのでしょうが{既にその様な物は処分}

しているから折り畳んだまま風呂敷に一式包んで置いた。4年も経っているから織り

目と皺がくっきり付いている。午前中は不足分の買物に出かけ午後からアイロン掛け

と肌襦袢の襟をかけ直したりして夕方までかかる。どれだけアイロンしたのか?

ま、全て帯から紐までなのですが・・うふふふふ 晩ご飯準備にコンロを使用してい

た所、突然またもや電池切れのサインの赤が点灯!「えー先日替えたばかり・・暦を

見ると11月20日になっている。」こんなに持たない電池・・吃驚しましたねぇ!

いかに使用して居るのか?と言うより質が落ちたのかも知れない?そんな疑問を抱き

夕方の買物など出た事がないのに・・仕方なく近くのスーパーへ雪雲が冷風を運んで

毛糸の帽子まで突き刺すように耳に冷たさを感じた・・(-"-)その上、幸せなことに

くっきりと凍月を見る機会がありました・・(*^^)v

※連絡なし

そう言う国民性だからと言われても・・中々慣れなかったのと納得がいかないことに

”連絡なし”がありました。誰かと約束してもその時間に来る事は先ず無いのです!

現在の様に携帯も富裕層にしか浸透していなかった時代です。でも、家電はどこの家

でも大体ありましたが・・この国では約束の時間を正確に守る人は殆どいません。

大仰に言えば約束の時間を守る人は稀少かも知れないと思っていました。例えば9時

に約束します。日本人は大抵10分程度の余裕をもってその前後位に着く計算をしたり

余り約束を違えることはしない国民だと思っています・・(#^.^#)

でも、ベトナム人は30分位は大抵の人は遅れてきます。それも来ることに意味がある

みたいで・・(-.-)10時頃来る人もざらです。約束を守るという意味が希薄で最初は

その国民性が理解できていないから「事故?」「何か有った?」と考え心配でした。

<人を待たせるという感覚が鈍いとでも言いますか・気にしないのです>幸い、私の

周囲には日本人相手の人が多く、学校で日本語を習ったり、日本人を知っている人が

多かったから、それ程の被害?・・あははははは はなかったのですが、でも日本人

に合わせる事が凄く大変そうで驚いてばかりいましたねぇ・・(@_@。

遅れた理由は大方決まっていて『停電だった』『雨が降って来たから』等言います!

{遅れる事も、約束を守れない事も連絡する事で解決できる}という感覚が全くない

ようで、平気です”連絡しなければ”なんて凡そ範疇にないから全く悪気はない!

返って心配したり苛ついたりする事が凄く不思議に思う国民です・・ふふふふふ

早々、こんな事がありました。息子の結婚式はホテルの会場で披露をしたのですがー

勿論、時間で貸し切っている部屋ですから、日本人は家族と友人、会社関係が数名で

したが、だらだらとして揃わなく、何時に始まるのかも見当もつかない有様でした!

来た人は2人に挨拶して直ぐに食事を食べ始め、さっさと帰る人も有って呆然として

おりました。誰もなにも言わないから[日本では考えられないけれど・・ホテル側も

そう言う点は心得ていて、着た順番に食事する人に給仕するみたいでした]それが極

普通の事で、知人、縁者、親族さえも100人以上の人々に圧倒され振り回されていた

記憶があります。彼女の実家(北の方でも都会だったのに)の近くだったから、尚の

こと、訳が分からない上に遅れても待たされる事も何も感じないという有様でした!

とに角「どうでもよくどうって事を感じない国民だとその時初めて知らされました」

ま、国民気質が違うのだから・・それに合わせるのが自然の成り行きなのだと怒る心

を抑圧させていましたが・・嬉しいとか目出度いなどの気分ではなく、ただただ唖然

としている間に式が終わった感じでした・・\(◎o◎)/!  ただ、ホーチミンや

ハノイのような大都会ではなかったから、その意味でも人数も少なくささやかな式で

したが・・ま、吃驚する事ばかりでした。そして「よく解らない国民だ」と思った!

相手先を訪問する時も全く”連絡なし”で突然来ます。留守にしているとか?などは

考えず自分の感情だけで行動するから、留守宅に来た人はずっと玄関で何時間も待つ

事も多々ありました。「なぜ?電話1本掛けてから来ないのか」そんな事を感じてー

と思っていましたが、待つことは何時間でも平気みたいで・・これも驚きでした!!

「来る時は電話下さい」と言ってもお構いなしで、そんな事は全て忘れていて自分の

事だけに懸命なのです。私は余り外出する方ではなかったから待たせることは少なか

ったけれど、それでも玄関に座って待っていられると心が痛く気疲れする事が何度も

ありました・・(-_-メ)しかし、相手は何とも思っていないのですから変な感じで?

自分が中心だからスーパーでも市場でも大声で自己主張する。待っている人の気持ち

などは忖度しないから平然と図太く自分を主張するのです、相手の身になって考えた

り行動することは及ばなく。何も感じない気質があるのだとそう思います・・(^^ゞ

        ≪とてもとてもいい加減でアバウトです≫

日本人にとってはこれは堪らなく腹が立ったりイライラの原因になるものですが・・

すっかり馴らされてもう、怒る元気も立ち消えました・・振り回されることに疲れて

しまったのです。心も身体も空回りばかりしていて神経がくたくたになって疲れ果て

たからです・・ははははは きっと南国風に大らかでどんな事にも拘らず、ある意味

無神経で無恥な部分は沢山ありますが・・頼めば絶対に断らず真剣になって手伝って

くれたり、優しさは山盛の国民でもあります。 〚異質で習慣も思考も違う〛のだと

理解すれば腹も立たないし、日本の常識が真逆だという事に気がつけば、生活は楽に

なり・・何も考えないでも1日が過ぎる事や、その流れに逆らわねば生きるのは凄く

楽な国ではないでしょうか?・・ふふふふふ

尤もこの考えに到達する迄には心の中でどれほどの葛藤と理解できないことを心の奥

に隠匿させて、宥め圧縮させたか?解りませんが・・わははははは

それも今は懐かしく、郷愁の思いを持ちベトナム人に愛情をいっぱい持っている私な

のですが・・(*^_^*)そこに至るまでの経緯は辛く大変でしたが・・今はそんな事

も懐古の情になっています。誰でもそうでしょうが異質なものが入り込むことに結構

な抵抗があるものですが【郷にいれば・・慣れるより・・】的感覚を思いだせればー

何処の国でも誰とでもどんな生活でも可能になる事を覚えたものです。

昨日の夕方の風の冷たさは本物だったようで、今朝の浪速の朝は冷え込みました。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/26(Wed)
何もしていないのに何となく用事ができるのが年末で「年賀状は今日までだった」事

を思い出し、墨汁に墨を磨り足し書きだした。所が、帰国時に住所録を書いたノート

を処分して来たみたいで、又、帰国した折地方へ出かけたときに何時も持ち歩く小型

の住所録帳を紛失するという体たらくでしたから・・(-"-)帰国した連絡も半分以下

しか通達していない。ま、もう、これで十分だと思いました・・ふふふふふ

  {年賀状だけの付き合いの人には失礼してもいい年代だと思ったのです}

数年間はベトナム生活でしたから、年賀状もメールで出来る人に限られてきていたし

これからは何でも簡略化して暮らす事も必要だと思いました!本音は元旦に配達され

る年賀状を見るのも好きなのですが・・あははははは

すると15枚で済みました。簡単に1時間弱で裏表乾くのを待ちながら書いて郵便局へ

出して来ました。丸で大仕事を終えたような気分でしたが・・ははははは

※10年前はこんな感情があったのです・・

中年の夫婦が歩いている姿を見かけると、少し前までは、凄い羨望感で心が辛く傷み

ました。亡夫がいれば私もあんな風に寄り添って歩いたり買物を出来たんだ・・何て

良く考えていました。特に海外旅行をしている同世代の夫婦を見ることはかなり抵抗

がありました・・(-.-) 「これはどうしようもない事なのだ」と頭の中では整理が

ついていた筈でした。でも時々そんな感情が心の中を充満していたのも事実です。

「夫婦って何?」結婚する時は誰も別離など念頭になく想像もしなかったでしょうに

全く環境も生活習慣も違い、価値観も考えも異なるのに”縁”や前世からの決めごと

の様に結びつき一つの家庭を築く作業を共同にする。夫婦の数だけ夫婦の形があって

当然だと思っていましたけれど・・(-_-) 〚まさか?自分に矢が刺さるなどとは〛

でも作業半ばで突然中断される夫婦関係もあり、理由や別れることへの納得や事由が

有ればそれなりに了承もし辛い時期が終わればまた頑張って生きる力も出てくる離婚

とは違って、理不尽に何の前兆もなく回復方向へと向かっていると信じ込んでいた身

に襲う死別と言う現実は余りにも唐突過ぎて回答が出せない真実を突きつけられる!

離婚する事も大変だろうと思います。苦痛も悲しみも断腸の思いがあり答えを出さね

ばならない原因があるのだから・・!(^^)!でも、辛くても未だ考える時間や話し合う

事は可能です。そして、自分自身で哀しみの中からでも答えは出せる。また出さねば

ならないから別れが数多くあるのでしょう!いづれにしても自分が中心になれる時間

も思考する刻があり諦感に気持ちを持って行く事ができる。勿論辛く切ない決断だと

思うけれど未だ自分の中で結論が出せるという利点がありますね・・(-"-)

しかし<突然の死別はもうお手上げ状態>になって、その瞬間からもう何もない。

その日を境にして現実が《無》が押し寄せて来る。身体全体に大波が頭から被り、息

をする事も苦しい波間の中に放出される気持ちでしたねぇ。瞬時に納得し、心を押し

殺して宥めなければならない心情は言葉に書き尽くせない・・(;一_一)

全ては《無》になる・・そのことを理解せねばならない。これはとてつもなく惨めで

情けなく、感情が追いつかない。まして死に目にも遭えない状態だったから。納得も

何もできなく、張り裂けんばかりの恨み事が頭の中や心の奥底に渦巻いてぐるぐると

同じ場所を回転している状態で余りにも残酷で言葉がでないとはこんな事を言うのだ

と感覚的にその感情を持て余し持って行き場のない憤りを堪えるのに必死でした!

「一体、私達家族は何をしたのか?取り残される者の気持ちはどうすれば?」「なぜ

自分達なのか?」「これから先、どうやって生きればいいのか?」沢山の疑問符が脳

内を疾風の様に駆け巡る。でも回答が、もう結果が出ている現実の前ではそんなこと

何の力にもならず、答えも出せないままで時間だけが無情に流れて行きました。

遺族の苦痛や悲しみは決して消える事がなく、終末が見えないのです。「時間が解決

する?」って言いますが、皆がそうではないのも事実です・・(^_^;)

先立つ人が心を山積させながら【無念】と言う言葉を吐いて去っていく事も充分過ぎ

る程理解できるけれど・・非常過ぎる事実は時間で解決できるものではないと思うの

です。知り合いでさっさと再婚する人も見たし、恋をしている人も知っていた!

理屈ではない・・今の自分が幸せになる事を考えられる人を羨ましく感じた事もあり

ましたが、中途で<切断された心情>は行き場がなく何処へも託せなかったのです。

「寡婦!未亡人!」酷く嫌な言葉だ・・><” 誰も好んでなった訳ではない。特に

公の役所ではその言葉に過敏に反応しましたね・・「嫌だった!」もっと何か素敵な

言葉はないのかしら?とよく思ったものです・・とほほほほ

こんな心があるから、中年や熟年夫婦を見ると羨望を通過して辛さが込み上げて来た

ものです。どう考えても平等ではないと思えてならなかったから・・(/_;)

時折、会話の中で「あんな人と一緒にならなければ良かった」とか罵詈雑言で相手を

罵る人達を見聞きするが、そんな時は苛立ちと腹が立って仕方なかった。  だって

「喧嘩する相手がいるだけでも十分幸せじゃない!贅沢言っちゃいけない!喧嘩した

くても相手がいない人もいるのだし、一緒に元気で傍に居てくれる人がいるだけでも

幸福」となぜ?思えないの・・(-.-)  なんて、そんな事をよく考えていました。

  (一緒に居たくても傍にいない人だっているのだから・・なんて)

色々な夫婦がいる。数など数えきれないだろうし、どんな夫婦がいてもそれは自由だ

と思えるし当然だと感じている。しかし、”縁”が有って一緒に暮らせる時間がある

ことをもっと大切にして欲しいと願っていたものです・・( ^^)

たった一度切りの人生。長くなったとは言え、飽きる事も腹が立つ事も嫌で仕方ない

人も多いと思いますが・・死別の苦しみを考えると仲良く暮らしてほしい願望が湧く

のは私だけかも知れませんが・・あははははは

長かった時間も、諦観に向けて13年戦ったから。今の自分がいて、大笑いして書く事

ができる様になったのはそれなりの時の流れが・・独りの暮らしが長かったからかも

ですが、我儘で自由な生き方や何処へでも行けて何処ででも暮らせるという身勝手が

通用する事は凄く有り難く何より仕合せに感じています。放浪癖があっても、何処で

何をどんな暮らしをしても相手がいないという現実の中で凄く暢気に生きてこれたの

はいい人生だったと今は思えるのです・・わははははは

先々は未だ未定です。又、何処かへ行くかも知れないし、日本で暮らすかも知れない

残された時間によって選択が自由だというこんな素敵な人生を遺してくれた亡夫に心

から感謝したいと{老いてからそう思うようになりましたねぇ}小心翼翼として暮ら

す事もなく、自然で我儘勝手放題の生き方をしていますが、物事のへの関心と好奇心

が消えない限り、多分、又違う生き方を選んで行きそうな予感が・・きゃはははは

ベトナムで真剣に考えていた事ですが・・段々と馴らされ、生き方も変貌したことも

有る意味自分にとっては素晴らしいことだったと言える気がしています・・(#^.^#)

昨日は郵便局とコンビニの往復だけでしたが・・想像していたよりかは日差しがあり

寒さは感じなく、洗濯物も7分目位は乾いていました。今日は洗濯がないので、玄関

の掃除だけでドアーを開けた程度で、矢張り冷え込んでいた気がする浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/25(Tue)
Xmasイブはいかがお過ごしでしたか?私なんて忘れていました!和食の総菜を作り

「あら?今日はイブだわ!ワインでも開けようかなぁ?」と思ったけれど全く範疇

に無かったからこれではワインには合致しない!今更何か作るのも面倒だし此の侭

忘れて頭の片隅に押しやってしまった・・うふふふふ

スーパーへ行けば思い出したかも知れないが・・昨日はお正月用の着物を出したり

何となくざわざわと部屋の中で過ごしていた《寒かった事も忘れていた》 適度に

動いていたから・・何せ狭い部屋の中、クローゼットをひっくり返さないと着物が

出てこない。ま、思いきり広げて、それを又入れ直したりしていたのです!

   ▽もう、この歳ではXmasも無いでしょう・・あははははは▽

ベトナムのXmasは10年前に比べたら想像もできないほどイルミネーションが華やか

で、幹線道路の商店や観光場所、ホテル、レストラン、スーパーなどは挙ってXmas

商戦をしていました。でも、真夏のXmasは何度経験してもピンと来なく・・矢張り

この歳では{お正月感覚}の方がぴったりくるんです。 夕方から若者達は豪華な

ドレス姿でばっちり決め込んでホテル前にタクシーで乗り付ける姿は数多見ました。

これも昔では考えられない光景でした・・( ^^) 感性が違うしそれに着慣れている

シースルーや胸の大きく開いたドレスやミニ姿も、足が長いから似合っていて素敵な

女性を見る機会はありました。きっとパーティに出席するのでしょう・・そんな時代

に変わっていました・・\(◎o◎)/!

※『雨季』の雨宿り

ご存じの様に『雨季』は大体午前中は晴れていて一転俄かに搔き曇りと言うパターン

が多く、そしてその雷鳴と稲光、雨の激しさは本当に吃驚させられます。先ず必ずと

言っていい程時間的にも同じ頃から雲がでて、暗転して豪雨となり所謂<スコール>

が到来します。そして、一頻り数時間降ったら嘘のように晴れて青空に変化して暑さ

が戻るのが以前の流れでした。でも最近は朝からずっと降っていたり、豪雨が夜中迄

続いたりする異常気象に変化しておりました・・(@_@;)

これは再来越して結構驚いた事です。世界的な異常気象が起こっているのだと改めて

感じたものです。当初を知っていただけに{日本の梅雨}の様な湿気が抜けない日々

が数日も続くことも何度もありましたねぇ・・そして気温は昔に比べたらそれ程高く

なくて体温を越える日はなくなっていた4年間でした。暑くても35、6度位でした!

この日は3時過ぎから雨が降りだし、その内、空一面が暗転した。途端に、雷がこの

時とばかり大暴れし出して・・前が見えないほどの雨粒に変り、稲光が遠近で轟音を

響かせ始めたのです。ま、この時期は何時もの事なのですが・・(-_-)

1時間半くらいは続いたでしょうか?雨脚も早く土砂降りに早変わりして車軸を流す

様な強烈な雨でした。道路は見る間に冠水してその流れは迅速でたちまち川と化した。

どうも道路の真ん中が高くなっていて両側が低いから低い方向へ雨水は流れて行く!

その為、歩道と車道の区別がつかないほど程の水が流れ出すのです。大抵の家は車道

から石段を2,3段上って玄関へ入ると言う家造りなのですが・・幸いなのか?ビルの

せいか?我家は5段も石の階段があるため水が入って来なかったのです。

集中的に降り続く雨の中≪雨宿り≫に我が家の玄関に人が集まりだした・・(-.-)皆

良く知っているのです。バイクを止めて玄関に並べ、物売りの人々も玄関口に荷物を

置き、10数人位次々と飛び込んできます。それでも走っているバイクや車もあるのは

驚きの風景ですが車輪が動いているのが不思議なくらい水飛沫を上げて通過する人も

中にはいます。腰からずぶぬれの人もいるが大方はどこの家の軒先にでも飛びこんで

行くのがこの時期のベトナム人の常套手段です・・(*^_^*)

それが、誰とでも全く見知らぬ人ばかりなのにさも親しそうにお喋りが≪雨が止む≫

まで続くから、その騒がしさに部屋の中にいると閉口してしまう事が山々あります!

普通、日本人の考えでは{人の家の前だから静かに雨宿りしよう}などと思うが・・

そんな殊勝な考えは全くない国民で、恥も外聞もないから・・誰彼を捉まえては話す

事が大好きです。そして時間を上手く使う事を知っているのです・・(#^.^#)

最初は「親族か知人に出会ったのだろう」と思うほど長い間立ち話をしている人々が

多く、不思議に思って見ていたのですが、全く見知らぬ人が多いことを教えられた事

があって・・「この国の人は誰とでも喋り、男女に関わらず、とに角お喋りが好きな

国民であること」を知らされました・・ははははは

声高く喋るからその騒々しさに仰天させられます!もうすっかり慣れて何時もの光景

だから≪雨が止むまで≫と思いお互い様を感じ我慢するのだが・・長い時間になると

頭痛がする程賑やかで時にはうんざりさせられました・・(・_・;)

売りものを食べながらあちこちに種を飛ばしたり、もうお喋りし出すと周囲は見えな

いようです・・ふふふふふ 少し小康状態になり遠雷に変わってくると人々は自分の

仕事に戻り霧散して行きます。嘘のように・・今あんなにお喋りしていたのに、全く

他人の顔をして去って行く姿も趣があって眺めておりましたねぇ・・(#^.^#)

色とりどりのバイクに乗った合羽姿の人達もフロントガラスがネオンの様になるのも

面白く見ていました。 数時間≪雨宿り≫しても仕事に差し支えないのか?とか急が

ないと大丈夫?などの思いはこの国にはないのです。この集中的な<スコール>も楽

しんでいるかのように思われて、自然には逆らわず、1日はなる様に暮れて行く生活を

みせてくれました!

自分が日本人だからかも知れませんが、ゆったりとどんな時でも気軽に時間を潰すと

言う生き方は色々と考えさせられるものがありました。大した事ではなく、齷齪して

働く勤勉さは皆無みたいですが・・遊びを知っている余裕させ見せる国民でもあって

「その日が食べていければいいのだ」と誰もが言うその大らかさは真似てみたい感覚

でもありました。ちまちました狭い感情で精一杯それも将来などどうなるか解らない

のに、懸命に生きていた時代から急展開して、のほほんと暮らす国民に圧倒されたー

そんな思いを抱いた当初でした・・(-"-)

今朝は寒波の影響で気温がグーンと下がった様です。未だ部屋の中は暖房が音を立て

フル回転している状態の浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/24(Mon)
この歳迄何度空を見上げ、天気に影響されて生きてきたことでしょう・・(#^.^#)

雨、風、雪、台風震災等、数知れずこの身に受け「ああ今日はいい天気!風が強い

雨が酷いわねぇ・・台風は上手く逸れてくれるといいなぁ。地震は恐怖だった!」

それらの事は日本にいればそれなりのリスクを背負う事が普通だった・・(-.-)

地震国だと言われている日本だから・・ベトナムには殆ど地震はなく住んでいると

『乾季』の暑さと『雨季』の豪雨と落雷の心配だけで、震災のことは全く忘れ暮し

ていました。その代り日本の様に{自然の美や四季の花々、風景に心を動かされる

事はなく}荒削りで大雑把な国民が多いと言う現実を知らされて生きていました!

ベトナムに住むには【ビザ】が不可欠です。 当初は半年に1度その継続手続きを

すれば良かったのです。会社から女性が来てパスポートとお金を渡して依頼すれば

1週間~10日前後で申請がされ、手元に戻ってきました・・( ^^)

それが前回4年前に来越した時は3ヶ月に1回の申請が必要で、2回まではベトナム

国内の旅行会社や申請を斡旋する会社があって近場だと持参したり遠くでは取りに

来てくれると言う会社もできていた。しかし、3回目からは海外へ出ないと駄目に

なっていて、隣国のカンボジアやタイへ行ったり帰国したりして【ビザの申請】が

凄く面倒になっていました。長く住む事はそれだけお金もかかる様に変化していた。

仕事で行く人や日本の企業がベトナムと提携や合弁をして会社から出向されている人

等は“ワークパーミット”なるものが与えられているから、心配はなく2年位の間隔

で処理できて【ビザ】の申請は不要でした。そして、大手の会社では年に数回帰国を

する条件が付いていて会社持ちで旅行代金が支払われていました・・(-_-メ)

しかし生活していると1番の悩みは3ヶ月が直ぐにやって来ることで、その都度、頭の

中は【ビザ申請】が渦巻いてその現実がとても嫌でしたねぇ。日本に帰国をする事は

その意味もあった。関西では以前は大阪市内のど真ん中にあったのですが・・(-_-;)

数年前から堺市に領事館が移動して・・(/_;)物凄く遠くなりました。今は浪速に住み

凄く便利になったら・・帰国している塩梅ですから、皮肉なものです・・うふふふふ

後は息子夫婦が別居生活をしている事も悩みの種かな? 今春、息子はカンボジアに

転勤になり単身で出かけた。嫁は日本国籍取得の為に数年間は日本での生活が必要で

現在は東京で姉と2人暮らししている状態です。家族がバラバラの生活をしているのを

寂しく思っていますが《どれも仕方のない事》で私が口を挟む話ではない事も解って

いるのですが心中は時折、乱れてしまう事実があります。もう、別の人生を歩き出し

たのだからと思い今迄は何も言いませんでしたが・・(-_-メ)長い別居生活も考えな

ければならない問題も多々あります。日本で働いている嫁も面白くなっているようで

楽しそうですが・・息子はベトナムより暑い国で1人頑張っている事にもざわめく心

があるのです・・親馬鹿ですが・・はははははは

公にはなっていませんが、日本に来る為に偽装結婚をする若い女性も多くいて、考え

られない事が闇の中では公然とまかり通っている場合もある様です・・><詳細は何

も理解していませんがその話は事実で本当によく聞きました。そこまでしてでも日本

で生活したい女性が多い事に驚愕の思いがありますが・・\(◎o◎)/!一攫千金を

狙い、親を楽にさせたい一心で行動する女性が多いのです。家族の誰かが海外へ行く

事は凄く名誉な事で遺された家族は子供のいる女性でも親や兄弟が面倒を見て帰国を

待っているケースも沢山あるのです。それらの人は稼いだお金を殆ど使用しません。

そして待っている家族に家を建てたり、子供の教育に投資したりと裕福な家庭を築く

人が多く・・法律で禁止されている事などは特別なことではないという思考が国民の

気質にはある様で・・理解不可能ですが・・親孝行は本当にするので吃驚します!

又、慣れてくると次々と離婚や結婚を繰り返す人も出てきて人間の欲望の果てしない

事を感じさせて・・仰天しますが・・1度味を覚えたら止められないのだと思います。

ま、暗い話になりましたが・・若者が多い国ですから何とか人よりいい生活をしたい

願望が強烈になっていますし、ここでも格差ができているのも事実なのです。

私の様に、日本で生活できない低所得者にとっては生活は楽ですし、もう慣れて国民

の流れに飛び込んでいけるだけの厚顔無恥も持ち合わせている老人になれば異国での

生活も案外考えようによっては誰の関心の目もなく煩わしいことは【ビザ】くらいで

暢気に暮らせるという利点もありますが・・本音の部分では、矢張り生きて来た年月

や生活がモロ日本人だから、折に触れては四季が恋しくなる場合が何度もありました。

こんなことを考えると、嫁が懸命に日本語と日本の生活をしている事を思うと若いと

言う事は確実に違う事を思い知らされます。彼女の方がずっと東京は詳細で、何でも

何処でも平気で行けるようになっています・・(@_@。

海外生活も私の様に何の目的もなく、老いてから行くと言う事は割と無理があります。

親切だしお節介なほど色々と頼めばしてくれる国民ですが・・心も体も元気でないと

矢張り一寸しんどいかも?です。神経も太く、恥もかき、流れに飛び込みその流れを

確実に掴む若い世代には到底及びもつかないのが現状でしょうか?・・あははははは

  <それでも、又住んでみたい国ですから・・私も変人でしょうねぇ!>

今日は雑然と書いてみましたが・・読みずらかったかも知れません・・<(__)>

      **Xmasイブなのですね・・(*^_^*)**

Xmasは私の前には長い間訪れる機会はありませんでしたし、もう、既に過去形で話し

忘れてしまっています・・ふふふふふ。ただ、嫁が25日が誕生日なのでプレゼントを

送る時頭の中をXmasメロディが過りますが・・もう完全に過去に埋没しています!

それより、新しい生活から、縮小の生活を考えて行かねばならない時代に来年は突入

する事ばかりを考えています。散り際は〚大好きな桜〛でいたい望みが強いのです!

さて、今朝はゴミ出しで外へ出たら雪雲が流れ込んできていました。風も本当に冷た

くXmas寒波到来を感じて急いで部屋へ戻った浪速でした。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/23(Sun)
寒さを迎え入れるような不可思議な空模様で・・何だか「嫌な予感を感じさせる」

外へ出れば身震いする程寒いという感覚でもないのに・・じっと座りこんで片づけ

をしていると足元から冷えがじわりと来る感じでしたねぇ。帰国して5ヵ月になる!

猛烈な速さで月日は空中を舞い上がり、迅速に時間は飛んで行く・・(@_@;)

半分以上はベトナム生活だったせいかも知れませんが「いやー全く早過ぎる」と心

に訴えているのですが・・叶わぬ願い事らしい・・ははははは

久し振りに終日何処にも出かけないで、大して広くもない部屋の中をごそごそ這い

ずってはあちこちにある抽斗の中身を整理していた・・未だ数ヶ月だと言うのにー

毎日後片づけも一応している積りなのに、整然としてない部分が結構あるものです。

今年は身辺が慌しく、大きなお金が何度も動いた年でもありました・・うふふふふ

☆10年前初めてベトナムと言う国と遭遇して感じた様々な雑記を書いております☆

※ビニールのレジ袋と牛乳

手に持てるものは大体何を買ってもビニールの袋に入れてくれる。日本のスーパー

のレジ袋よりもかなり薄く透けて見えます。色もカラフルでピンク、オレンジ、シロ

黒、緑、紫色まであるんです・・(@_@。それはそれは小さな袋にまで取っ手がついて

いるのですから・・吃驚です!大きな袋はお布団を入れる位のもあります。それも又

同様に薄く、破れそうな気がする品物で、中身が丸見えになるのです。どこの店でも

必ず市場の中でも山積みされている。 不足すると自転車でビニール袋だけを売りに

来るお婆さんがいて、何時でもうろうろしているから事欠かない状況です・・( ^^)

大声で大きさを言うとそれを束にした物を店の中まで持って行き、現金が渡される!

当然の様にあちこちから声が掛って今の年末時などは多忙で走り回っている姿を何回

も見ましたねぇ・・面白い光景でした・・(^-^)

反面、スーパーのレジ袋は一寸大袈裟にいえば自分を主張していて「スーパー◎◎」

と言う感じをあからさまに見せているけれど、近場の露店や市場には薄いビニールの

袋が似合っている。いかにも[今、そこら辺りで買ってきました]と言う生活臭がす

るもので割合好きでした・・ふふふふふ

何処の店にも置いてあるがビニール袋を巻いて筒にした物があって、ごみ袋として出

すのですが・・日本の様に切れ目が正確でなく歪だったり殆ど切れ目が型押し状態で

切れてない点線だけがあるという商品がなぜが多くて粗雑です。点線の部分で切れた

試しが1度もなくて何時だって鋏でカットしなければ使用できない有様でした。

       **単純に粗悪品なのですが・・わははははは**

サイズも2種類しかなく色もオレンジ1色でミニサイズはなく大きな袋でした。大体は

中国製品でした。そうそう、ラップもありましたが未だ使用する人が少なく、使い方

を知らない人が多かった。歯が付いているのですが確りと切れた事はなかった!!

{馬鹿と鋏は・・・}とか言いますが本当に切れなかった粗悪品が横行していた時代

で漸く雑多な品が突然、輸入されて入ってきたという感じでした・・(-"-)

因みにベトナム人は商品の粗悪な物は全て《中国製》と誰でも言います。今でも・・

本当に嫌いな国なのでしょう・・きゃははははは

牛乳

日本ではコーヒー牛乳、フルーツ牛乳以外では甘味の入った牛乳は経験した事がなく

それが普通だと思い込んでいましたがベトナムでは最初から砂糖がふんだんに入った

牛乳が沢山出回っていて・・当初は全く想像もできなかったからどれが砂糖入りなの

かが解らなくて、間違って何度も購入していました。流石に現在は無糖の牛乳を買う

事も判別する事も可能ですが・・始めは全く判らなかった。1口飲んで吃驚した経験

があるのです。暑い国ですから甘味は絶対に必需品で、まさか牛乳まで甘いとは夢に

も考えていなかったから驚きましたが・・それも慣れでした・・(#^.^#)

そして、牛乳と言えば箱型を想像されると思いますがこの国では勿論、パックの型も

ありますが・・1度で飲みきれる文庫本の形の大きさの牛乳が主流になっていました。

色も真っ白ではなく白濁をしています。少し黄色味を帯びています。なんだか牛乳と

言う感じがしなくて、コップに入れると薄汚れた牛乳の感じが取れませんでした!

「お腹を下すのではないか?」とか思ったものです・・うふふふふふ

この本の様な四角い牛乳には苺味、コーヒー味もある様でしたが、私はカルシューム

不足を案じて無糖の牛乳ばかり飲んでいました・・(*^。^*)

でも1番売れていたのは屋台の豆乳やで・・早朝から数時間だけ又は夕方から数時間

を商売にしていました。熱々と氷を入れる方法があり、甘味に砂糖をたっぷり入れて

飲む人も多く、豆乳はその頃は日本よりも売れていたと思います。

凄く濃厚で美味しかったです。随分、毎日のように飲んでいました。これも前記した

様に最初から砂糖入りがあって、言葉が解らない間は間違って買っていました!

{氷なしとか砂糖なし}を言えるようになってからはほぼ、毎日同じ時間に行ってた

のと私の家の前の道路で売っていたから顔を覚えられて相手の方から砂糖なしを渡し

てくれるようになった・・結局ほんの少ししか喋らない内「この家の人は砂糖なし」

で売ってくれるようになったものです・・ははははは

それも前記した薄い袋ではなく少し厚さのある袋に器用に豆乳を注ぎ入れ、輪ゴムで

くるくると何重にも巻いて止める。凄く早く手慣れた仕草を見るのも好きでした!

乳製品は美味でヨーグルトの種類もとても沢山有り、色々と試し食しました。 でも

1番好きだったのはプリンで安価でそれでも味は日本製より美味しかった気がしてい

ましたが・・手作りの為でしょうか?多くは作らないのだと思います。 直ぐに売り

切れて午後からは大抵無かった気がしていました。

ま、本当に些細な詰らない話ですが然程に異なる事を聞いて頂きたかったのです。

現在は日本などと殆ど変らなく何でも同じ位に、いえ、輸入品が多いから種類も数も

多くて吃驚しましたが・・これもまた時代の流れと言えると思います。ラップは現在

も相変わらず切れませんでした。ベトナム製に変化していましたが伸びるだけで上手

くカット出来ない状態の商品しか売っていませんでした。日本製品は買わなかった。

毎日の暮らしの一コマですが、国が違うという事で色々と面白い生活ができました!

今朝は漸く朝日が窓を照らして明るさを取り戻した感じの浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/22(Sat)
早朝は陽光が目に飛び込んで来て「これは早く洗濯して干さねば・・( ^^)」等と

思い急いで沢山洗いましたが・・お昼過ぎから雲行きが危なかしい感じを空は見せて

殆ど濡れたままで暗雲で覆われてしまった。それでも水気だけは切れたので部屋の中

へ入れて暫くすると・・雨が雲を割って入ってきた。

それからは時折、時雨れて、激しくなったりと止む事を忘れているのかも知れない程

ずっと雨が降り続いています・・( 一一)

昨日は親友への励ましとご褒美を贈って上げたくて・・雨の落ちる寸前に荷物を作り

郵便局迄行って来た。色々聞きたい事があったのですが、手術を前にしての、それも

移植手術なので・・何をどう聞いたり、教えて貰っても理解できない。かと言って心

の中は心配で広がってくる感情を持て余している。いかに親友でも聞いていいものか

見当もつかず「頑張っている彼女にエールを贈る意味で小さな小包を作った」

※涙と飛蚊症

これも老化のせいだろう?と思っていたが・・最近本を読んでいても、ビデオを見

ていても同じ場所で涙が流れるのです・・(-"-) 心が弱っているのか?ベトナム

と言う異国での生活が身体に影響を与え知らない内に心をざわめかせているのか?

判断がつかないでいる!些細な言葉に過大な反応を起こしているようだ・・(-.-)

「涙が出るのはいいことかも知れない」この常夏の国にいて全てが乾燥しているの

だから涙が溢れるなんて心が敏感に察知して潤っている証拠に違いない・・なんて

勝手に想像しては宥めています・・えへへへへへ

「何時頃からかしら?」こんなに涙もろくなったのは?と考えてみたのですが、特

に思い当たることもなく、正確な時期も解らない。けれど、子供が成長して共に別

の生活を持った頃から私の中で亡夫から預かった大きな2つの荷物を背中から降ろし

たと言う安堵感がありました。多分、その事が自分の中で「もう、これでいいかしら

?荷物を降ろして自分だけの人生に切り替えますからね!」と言った記憶が心の中に

は確実に残っているのです・・(#^.^#)

どうもその頃から何を見ても、聞いても胸の奥にある定かではない部分が急激に刺激

されて{キューン}となったり唐突に込み上げてくる感情が揺れ惑うようになった気

がするのです。〔背中の荷物を返せた〕と言えた日から涙が止めどなく胸の奥底から

「ワァー」と突き上げてくる感情に左右されている様に思えてならない・・(-_-;)

あの日から私は涙との再会が始まったらしく、確り私の傍を離れなくなってしまった

感じがしているのです・・ふふふふふ そんな自分が時には愛おしくさえ思えて自己

満足に浸っている日も何度かありましたねぇ・・わははははは

誰の為でもなく《ただただ自分の為に頑張って生きてきた》実感が感情移入されてい

ただけだったのでしょうが・・(-_-メ) その頃はそこまで考える余裕はなかった。

そして、このころから老いが足元から静かに忍び寄って来ていたのです。何の前触れ

もなく断りもなく急に訪れて来たそんな気がしておりました・・くっくっくっ

確実に1歩づつ急ぎ足で体へ向かって来ている感覚を知らされました。その時でした!

視界の中に払っても払っても(虫が飛んでいる)様に居座って何処を見ても立ち退き

を忘れている図太い奴との遭遇がありました!無意識で絶えず目の前を手で払い除け

ていたのですが・・それは執拗に目の前を行ったり来たり自由勝手に動き回って腹立

たしい感情でした!!   絶えず苛々させられていましたねぇ・・><”

どうしても捕える事ができない事の苛立ちもあって、その頃はPCは持って行ってなく

調べる方法は電子辞書しかなかった。多分《飛蚊症?》と思い探していたら、載って

いたんです。それもご丁寧にそれは”老化の兆し”でもある事が書いてありました。

結構、ショックを受けました。当然の年齢に達していましたから、簡単に「そう!」

と諦めなければと思う反面、だって「未だ老いるには早いのでは?」と言う心情が心

の中で葛藤しておりましたねぇ・・あははははは

でも鬱陶しい、いずい、苛々する感覚に我慢できなくて一時帰国して病院へ行った!

ドクターはいとも簡単に「《飛蚊症》です。老化の始まりですから何も心配すること

はないです。完治はしないが段々と薄くなって小さくなります」と言われたのです!

「あらら!わざわざ帰国して病院まで行ったのに治らないとか?老化現象とか?」を

連発するドクターに心の裡で毒づいていました「もっと、気を遣って話してほしいよ」

なんて・・きゃははははは 仕方なく諦観して納得させて戻ってきたが今も眼の周囲

をうろうろ散歩している奴です・・!(^^)!

幸いにして数週間したら、動きは弱くなって、眼の中の斑点も薄くなって慣れたのか

も知れないが邪魔をしないようになって行った・・(*^_^*)でも、涙を一杯流すと

一緒に流れて出て行ってくれるような気がしていたのだが・・がっかり!!これから

先も奴との付き合いが続くことにいささか閉口しながら・・{老いること}を考える

時期に入った事を教えられたものです。生きている限り続くのだろうと思ったのです

が半年近くで完治したのです・・(*^^)v これは少し嬉しい出来事でした!

【人生は面白い!】どんな老後が待っているのかその頃は想像もできなかったが・・

現実に老化が進行して、この年齢になると《老化?って何》をもう考えないでも進化

することを悟るものです。そして今10年が経って、あの頃は真剣に老いについて考え

悩んでいたことを思い出して・・(@_@;) あの事実から通過した年齢を加算しても

何の進歩も意味もなかった事、無駄にした時間の長さも脅威なほど役に立つ事はなく

愚かな時間を過ごしていた気がします。

ま、人間の性格も夫々でしょうから・・一慨には言えないけれど、避けられない道を

迷走していた感じがあり、現実になって見ると可笑しさしか残っていないのです。

そんな体たらくだったとしか思わずにはいられない・・(・_・;)

未だしっとりとした雨が降り続いている浪速の朝になりました。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/21(Fri)
何となく前回した血液検査が気になって・・昨年は一寸異常な程ストレスが貯まり

10㌔も痩せると言う現実を突きつけられ、その時の血液検査が酷かったからです。

帰国して5㌔位は戻ったから「大丈夫!」と思っていたのですが・・年を越え新年に

話を聞かされるのは嫌だったもので思い切ってまたもや神戸へ出かけた。

昨日はお天気でしたが風が冷たく、雪雲が流れていたせいでしょうか?想像以上に

寒かったです・・!(^^)! 当地より神戸の風は冷たく感じましたねぇ・・(-.-)

ま、お陰さまで順調に体重も戻って来ているし、特に異常は認められないと言う結果

で安心しましたが「やれやれ、未だ長生きするのかしら?」何て勿体ない事を一瞬は

考えて、生きたい人が沢山おられる事や不慮の事故で亡くなった方々を思い起こして

恐縮しておりました!駅に着いたら盲導犬の募金をしていて・・悪い考えが通過した

事のお詫びに小額ながら寄付をしてきました・・うふふふふ

※ベトナムで何をしていたの?

もう数年で還暦が来る年代を過ごしていました。特に何もすることはなく仕事も何も

していなく、全て24時間が自由でした。色々な事を随分考えたものです・・( ^^)

幸いにして趣味もありましたし毎日が飽きる事なく退屈もせず日々を過せました。

何を見ても感じても空気も、雨音も激しい『雨季』の時の雷鳴『乾季』の日差しさえ

物珍しかったものです。 ベトナムと言う国の魅力も嫌な所も沢山見る機会が何度か

あって・・同じ人間なのに「どうして?こんなに気質も習慣も又思考も違うのか?」

と言う疑問だらけの心裡でしたが・・慣れるとは恐ろしく馴らされて行く日常に自分

で嵌って行かねば暮らせないことを悟ると言う生き方を学んだ気がしたものです・・

外音が猛烈に騒がしいから1人部屋の中で歌を歌ったり、本から仕入れた言葉や見知

らぬことをノートに書き綴り、電子手帳で遊んだりしていました。これは結構好きで

多分、今の基盤になっているのだと思います。日本語から離れたくなく、又、日本語

を忘れないようにしていたのですが・・話す機会がないから活字に飢えて行き、何回

も読んだ本を繰り返し読んだりしていた。その頃、俳句や短歌も作っていましたが全

く習った経験がないから季語も何もかも解らなくてかなりズレを生じながらも何でも

17文字や31文字になればいいのだと思っていて・・結構な数を作っていました。

後年、正式に習った時はその愚かしさに悄然としたものですが〚言葉遊び〛は好きで

これも言葉数を指折りしながらなどせずに感覚的に身についていた事は嬉しかった!

歌はかなり音痴ですから・・でも、誰も聞いていないし部屋の中で声を上げても外の

音が騒々しいから平気でした。もう少し前までは書道で童謡をよく書いていたのです

が・・それが歌い出すと殆ど忘れている事に気が付いて・・あんなに書いていた時間

は何処へ・・忘却の彼方へと飛び散ってしまったのか?悲しいほど歌が出てこなくて

「すわー呆けの前触れ?」なんて真剣に悩んだ日々もありましたねぇ・・あはははは

道路が面白かったし、喧嘩も自己主張する姿や、物売りも毎日色々な人が通過する度

にベランダに走って行って覗いたり退屈などはしない暮らしでした・・(*^_^*)

老女になる前のほんの数年間でしたが・・沢山の事を吸収できました。日本での生活

では想像もできないほどの最低限の暮らしでしたが切迫した感じも心にはなく、自分

1人でもやっていける事に大きな自信に繋がっていきました・・(*^^)v 勿論、息子

の存在は大きく背中にいてくれる感覚があったから1人でも寂しくない、自分で生きる

道を確かめられた部分も多々ありましたが・・矢張り自分の生き方を問う時間でした!

異国で言葉も生活習慣も全く異なる生活を普通にこなして行けると感じたのは2年位は

矢張り、掛りました。年齢の分だけ、愚鈍故に時間が必要でした・・(-_-メ) しかし

同じ服を着ていても、誰にも気兼ねすることなく見知らぬ人達ばかりの中でたった1人

ポツンと生きている姿は{うら悲しい感覚}が全くなかった訳ではありませんが、それ

よりもベトナムと言う大きな興味が勝っていた感覚でしょうか?

日本に帰国したらこんな生活は2度とできないだろうし、この時間は凄く貴重なのだと

何度も自分に言い聞かせておりました・・ははははは

この国にいる限り生活費も交通費も日本の半分で済んでいる。この醍醐味を知った後

帰国したらこんな贅沢な時間と緩やかに流れる時代と喧噪の中での生活は夢物語だと

思えて・・この機会を逃さない様に確実に何かを掴んで帰国しようとそれのみ考えて

いた時代でした。随分歩く事を覚えました。2時間近くは平気で歩けましたし、見知

らぬ脇道や小路に入り込んで行ったり来たり・・方向音痴だから同じ場所を歩いてい

た経験も数知れずありましたが・・それでも何とか?帰宅できた時の喜びもあったり

些細なことの繰り返しを続けながら退屈や飽きることもなく生かされておりました!

これから老いに入って行く年齢を数えながら日本での生活が可能かしら?等と真面目

に考えていた時期でもありましたねぇ・・ふふふふふ

《老いと闘い勝つんだ!》とか思っていた時代でもありましたがいざその時を迎えた

らそれはとんでもなく巨大な問題と膨張していて{凄くおろおろしたし悩み、苦痛を

伴って速攻された気がします}それを自分の中で納得し、諦観するのに掛った時間は

きっと私には長過ぎた気がします。それだけ何も把握されていなかった部分と愚かさ

を露呈させてしまったのでしょう・・(-_-メ)【結局は何も理解できてなかった】

多くの人が考えたり、通過する地点で結構≪恥ずかしながらうろうろしていた時間が

長く自覚できるまではお粗末でした≫あんなに時間の余裕があったのにオタオタした

自分自身に愕然としたものです!何の役にも立たなかったのかも知れない・・(/_;)

それでも人間はなる様に流れる様になって行くもので・・その事は不安感もありまし

たが。それなりの自分を見る時間だったとでも言えると今は思います。何時だって人

より遅く気が付いて、遅く理解する愚者ですが・・自分自身を振り返ってみて面白い

人生を生かさせて貰っている事を感じています。きっと、そう言う生き方を先祖の誰

かが切望して私に伝導させているのだと最近は思っています。

母も奔放で豪放磊落な性格でしたから父を追いかけて中国(満州)まで行った人です。

彼女が生きた時代では夢想だにしなかった事をやり遂げた女性だったから・・きっと

何処か似ている部分があるのかも知れません。私よりもっと豪快で度量の大きな女性

でしたから・・足元にも及ばない気もしますが・・(-"-)早世した事を何より残念に

思っています。本当に早い死別でしたし亡夫とも早い別離でしたから・・そのことを

思うと母や主人の分まで生きなければならない義務感を痛切に感じるのです!

今朝も晴れて冷え込みましたが、洗濯物が乾くといいなぁと思っている浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/20(Thu)
グーンと冷え込んで風の冷たさは外に出て感じた程冷え込んでいました。年末なので

何処へ行っても混んでいる。郵便局が近いので、荷物を送り支払を済ませた。それも

銀行引き落としにしていない分(何か理由をつけて出掛けないと足腰が弱ると思って

意図的に今回は止めて極力毎月せめて1回以上は出かける事に決めた)支払ってきた。

買物にスーパーへ出かけたらここも満員。通路が狭くなっている位に商品の数が出て

いる。Xmasとお正月が1度に来ている感じだ・・( ^^)レジも数台あるのに何時もより

混んでいて並ぶ、1人の買い物が多いから中々順番が来ない・・(-"-)

店内は賑やかであちこちでカートがぶつかっていたり、大声で子供を叱っている母親

を見たり・・忙しそうである・・ふふふふ いずこも同じ年の瀬の風景を感じて懐か

しく数年ぶりの師走を味わっています・・( ^)o(^ )

※マッサーッジ

嫁と友人の3人でマーッサージへ行った。マッサージとお風呂に入って1人1500円だと

言う。正直この時代にしては高価です。3人分を私が支払い何せ、どんな事をされるか

凄く楽しみにしていた。余り綺麗な場所ではなくベトナム人専用みたいで外国人等は

誰もいなかった。かなりバイクを乗った距離で到着した。ベトナム人でも余裕のある

人が行くとかでしたが・・想像していたよりも感じが違ってがっかりしました!

でも、彼女に言わせるとこれがベトナム式のマッサージだと言うのです・・(#^.^#)

そこは30畳程の広さにベッドが12台並べてありました、勿論、天井は4㍍以上もあり

広さでいえばベッドの端が靄って見えないほど広く感じた。お客さんは少なく3人位

で、私たちで6人になった。マッサージをしてくれる人は人数がいっぱいいるようで

別の部屋から担当してくれる女性が籠を持って出てきた。裸になりバスタオルの大版

を巻き、ベッドで待っていた。籠の中からオイルの様なものでマッサージが始まった。

嫁がその都度、通訳して「次は横になって」「背中向けて」とか「太腿を触るから」

など言ってくれるから大安心して任せていた。彼女たちも滅多に来れない様で楽しく

騒いで担当してくれる相手とお喋りしたりきゃきゃと騒いでいる様子・・(*^_^*)

「お母さん大丈夫?」って何度も聞くので担当の女性も外国人は初めてだったのかも

知れない?{まな板の鯉ならぬ鮪だぁ}と思いながら私も初体験に興味津々でした。

アロマ液が垂れるほどべたべたに塗りたくってくれる。 足から上へとぬるぬるして

気持ちが良いという感じではなかったが・・どういうものか?何も知らないからその

侭で任せていた。タオルを絞る様にお腹を絞り捩れるほどに何度も何度も施術するー

これはかなり応えた。こんな経験はなかったからで・・かと言って太っている訳では

なくお腹も出ているわけではないから内臓まで捩れる感覚があったのです・・(@_@。

ま、嫁やその友達はか細いから比較すれば太っている部類に入るかも知れないが・・

「いやー痛かった」嫁に「痛いからもう止めて!」と言って貰い中断した。 中年の

出産経験者とは比べようもないが・・参りました・・(@_@;)

何か喋らないと思ったのでしょうねぇ。係の女性が「色が凄く白い」と言ったようで

ベトナムでは「色が白いのが1番の美人なんです。お母さんは美人です」ってと言う!

大笑いした・・(*^。^*)外国人だし未だこの国に来て数ヶ月、日焼けする間もないの

は当然です。色が白いと言う事で私の関心を惹きたかったのかも知れません??

多分、何か?ないかと気を遣ってくれたのでしょう・・( ^^) ま、お世辞でも悪い気

はしないから「カモン」なんてベトナム語で言ってみたら、それが面白かったようで

若い人たちは大はしゃぎして・・取り残された気分を味わった・・(-.-)

一緒に同時に笑えないことはきついもので、変な顔をしてたのでしょう・・係の人が

また何かを言ったらしく嫁は「お母さん胸のマッサージもありますがどうしますか?」

って聞いています!「どうしますか?」って言うのです・・(-_-)

「えーーえ胸? 止めてよ!こんな小母さん相手に胸をマッサージするなんて飛んで

もない。まして、立派な胸ではないし、何処かで使用する目的も相手もいないから」

と私は顔を赤くしながら恥ずかしくて少し声を上げて言ったのです。「恥ずかしい

から。必要ないからしない、しないって言って!」とかなり慌てて言いました!

それを通訳したらしく近場にいたベトナム人も一斉に爆笑したんです・・><;

      *そこまで笑わなくてもいいんじゃない!*

顔も化粧しているから無しにして貰い、結局1時間びっしり身体中を触り施術は終了

した。熱いお風呂があると言うので温泉を想像していた私はここでも愕然となった。

タイル張りで確かに未だ綺麗でした。日本式の様な深さはないが円形で凄く浅い底

のお風呂で、自分でお湯を張り、横にならないと肩まで浸かることはできない有様

で、一応いっぱい貯め込んで、ボディ用の石鹸があったのでそれで油を流し落とし

何回もシャワーで洗い落していたら・・身体中から汗が噴き出てきて我慢できなく

なり、冷たいシャワーをかけて上がった。扇風機が数台もある部屋があって、そこ

では飲物も自由らしく、ペットボトルの水を1本思いきり飲み干した。20分以上も

経った。2人は水風呂に入ったまま戻らない。手持無沙汰だし外国人は珍しい様で

ジロジロ見られいい加減嫌になり{外へ出て待っていようかな?}と思った頃合い

に2人がやってきた・・!(^^)!

もう、私が待っている事など全く忘れてお喋りに夢中になっているみたいでした!

お金を支払ったので後はチップをどの位渡すのか?嫁に聞いたのだが、彼女も理解

出来ていないと言う。気持ちでいいからと言われても相場とかあるのではないか?

と思い3人分を300円支払ったが余りいい顔をしなかった。外国人だから多分、もう

少し多くもらえると思ったようで・・このあたりは日本人との感性が異なり露骨に

嫌な顔をして見せる・・あははははは

本格的な資格を持っている訳でもなくベトナム人の富裕層相手の営業なのに、嫌な

顔をされても関係ないと思っていたんです。「お母さんは日本人だからもっと沢山

チップくれると思った」と彼女達は言っていたそうです・・(-_-メ)

「ふーん、そう言うものなんだ!だからあの色が白いとか美人が入っていた」のだと

繋がって判った気分がしました・・うふふふふ

でも、初めてのマッサージも経験出来て嫁に感謝したが・・何処へ行くにしても何を

するのも日本人と言うだけで支払がこっちに回ってくることに些か気分的に不愉快で

有った事も事実でした。決してケチで言っているのではなく、ベトナム人は全ての人

は持っている人から取ると言う習慣が普通なのだと教えられた。日本人だって貧乏な

人もいるし全員がお金持ちではないよ!といかに言ってももう固定観念がベトナム人

の中にインプットされているからどうしようもないのです・・とほほほほほ

ガイドブックやホテルでは、1人1時間で6000円位は取ると言う事が書いてあったし

安価だったことは充分解った!それにきっと、2度とは体験できないだろうベトナム

人用のマッサージもいい加減さも思いきり味わった気がして・・安かったと思った!

設備も施術師の資格もないのだから・・見よう見真似だもの、その程度で十分だと思

っていました。「でも、もう少しチップあげればよかったかしら?」・・ははははは

昨日の寒さが続いていて今日も朝からかなり寒いです。どんな寝方をしたのか?先ず

寝癖などしない筈の髪の毛が数本ピンと跳ね上がっています浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/19(Wed)
「ぼんやりとした冬空が空全体を占領している」とでも言えばいいかしら?でも寒さ

を感じることはなくだらだらと室温が下がらない程度の暖房で十分でした!

この街は老人の数が本当に多くて、病院も接骨、整体、整形外科、リハビリ―、鍼灸

の看板が目白押しにあります。そしてその前を通過する度に出這入りする人数の多さ

に驚いてしまいます・・(@_@;) 車で連れて来て貰う人も多く、自分で椅子付きの

キャリーを押しながら歩いている老人を見ると「あー私も何時の日か?この様になる

のだろうなぁ」・・なんて考えてしまう事があります・・ふふふふふ

今は未だ緩く長い坂道を何とか息切れしないで上り、駅まで到着していますが、もう

間近に迫っている感覚を覚えます。出来るだけ歩くようにしているのだが・・足腰の

弱さは既に襲来している気配を感じております・・ははははは

※ベトナム野菜で失敗

この国の野菜の種類を市場で見た時の感激は今も忘れる事ができません・・(#^.^#)

本当に豊富で日本では見たことのない葉っぱ類が沢山ありました。どうやって食する

のか?も解らないまま、気になって色々と購入しておりました。それも、全く無知で

今では考えられない程の不潔感があったのです。だから、山積されている野菜は全て

洗剤を付けて葉は1枚づつ全部取って、キャベツも白菜、ホーレン草など洗っていたの

です・・\(◎o◎)/!

泥も付いていましたし、人糞の話も聞かされていたから・・もうそれは丁寧に洗って

いたのです。朝6時に市場に出かけると殆ど小1時間は洗い物に費やすという愚かな事

をしていました・・(@_@;) 何でもかんでも洗うから葉物野菜はその日に食べねば

傷みが来ると言う有様でした!最近などは殆ど水洗いでさっさと済ませそのまま炒め

物や煮物、生物でも全く平気でお腹を下す事など1度もなかった位でしたが・・(*_*)

行った当初は凄く不信感があったのです。現在の様にスーパーもようやく出来て来た

時代でした。庶民の生活は市場にありましたから・・それが全てで、スーパーなどへ

行く人は外国人か?富裕層だけの時代でした。市場で、又は天秤棒担ぎの小母さんや

露店、屋台、リヤカー等でも野菜の販売がありました。家の前にはリヤカーが何時も

停まって様々な野菜を売っていましたが、暑さで萎えてくると泥水の様な水をかける

姿を見てからは矢張り早朝の市場が好きで買物しておりました・・(*^_^*)

停電も多かった故に冷蔵庫の役割も半端がないほど頻繁に長時間切れていましたから

それも心配で沢山買わないのですが濯ぎ洗いは真剣でしたねぇ。

或る日、今でこそ何処のスーパーでも八百屋でも売っていますがその頃の私は初めて

みた野菜に{空心菜}と言うのがあって、嫁が作ってくれた炒め物が美味しかったの

を思い出して、買ってみました。相変わらず洗剤で洗って、何度も何度も濯いだはず

でした。所がご承知の様に茎は空洞になっていて、細い葉でもちゃんと穴があります

それに洗剤が残っていたのでしょう・・その夜は激しい腹痛と下痢に困惑しました!

何回もトイレに通う体たらくを演じ、痛みで本当に心まで委縮してしまった事を思い

出しました・・!(^^)!

”そんな馬鹿な事をしていたのだと笑い話ですが現実でしたねぇ・・(-"-)”

その事があってから洗剤で洗う事もかなり神経質になって洗剤の量も少なくなった。

又、隠元豆を洗っていたら中から幼虫が沢山出てきて、腰を抜かすほどショックで

吃驚した事も今は面白かった事実として残っています・・うふふふふふ

虫が付く位だから美味なのだと思ったけれど・・暫くは隠元豆を買えなかった。毎日

新鮮な野菜が市場にドーンと運ばれるからほんの少しづつを買うようになっていった。

しかし、見た事もない野菜が沢山あって、興味が湧いて思わず買う事もあり、食べ方

が解らなくて茎まで煮込んだりすることも間違ってよくしていました・・><;

本当は葉っぱだけをスープに使用する野菜だったり、蓮の様に根から花、実まで全て

食せるものも吃驚した食べ物でした。青いパパイヤはサラダや酢の物にしたり、細く

千切りにして使う事も覚えましたが青臭くてあまり好きになれなかったり、はたまた

スープ用の葉物を炒めてドロドロにした経験もあります・・(-.-)

特に大根が異常なほど小さくて固いのです。それを切干大根の様に乾燥させ塩漬けに

されたものがあるのですが・・それを買ってきて、水に漬け置き塩抜きをしたつもり

でした。それが全く塩抜きされていなく酷い辛さのままだったり・・後日談で数日間

は水に漬けなければならないと言われたり・・(-_-メ)もう塩塗し状態だったけれど

日本の生和布みたいな物だと思っていたから数時間しか塩抜きをしなかった!

何度も水を交換しては塩の抜け具合を調べたりしていたのですが・・全く無駄にした

こともあります。また、茸類はきくらげが殆どで乾燥した椎茸もありましたがこれは

大きな袋詰めで凄く高かった。漸く市場通いにも慣れてはっきりと色々なものが確認

出来るようになって・・白い椎茸の様な生の茸がある事に気がついたのです。

相変わらず襞まで少しの洗剤をつけて洗った。所が洗った傍からふにゃふにゃになり

炒めたら、半分位溶けた状態になってこれも驚かされた・・(@_@。 匂いも少しして

いたのですが香りも吹っ飛んで美味ではなかった。このように見知らぬ国で見知らぬ

物を自分で調理する事は【いいえ、知らないと言う事は恥ずかしながらこんなもの】

なのです。トマトはベトナムでは余程赤く熟した色合いの物はサラダになりますがー

殆どの物は半分は青く、炒め物、スープ、煮物として使用されます。

生のサラダが初めのころは絶対食べられなかったのですが・・前回来越した時なんて

もう、生物もOK、どんな野菜も本当に水洗いだけで調理していましたし随分自分の中

では、どうってことがない様にすっかり変わっておりました・・あははははは

*必ず火を通さないと怖くて食べられないなんて格好つけていた事が嘘の様でした*

尤も国から出荷に際しての基準が厳しく定められた事も安心感に繋がっていましたが

10年前には未だそこまで国の政策もなかったから尚の事ですが・・本当に知ら無い事

とはこんな状態を言うのですねぇ・・(;一_一)

時代の流れもありますが・・国がきちんとした政策を打ちだしてから、又スーパーの

乱立もあって、現在は本当に綺麗に洗浄された野菜になっています。勿論、市場では

まだ泥つきの野菜が山の様にありますが・・コンビニやスーパーでは日本と何も変わ

らない商品になっています。ただ未だに秤売りのスーパーは多いですけれど!

今朝はかなりの冷え込みだったようで、暖房が設定気温になるまで時間が随分掛って

いました。そんな寒そうな浪速の朝を迎えました。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/18(Tue)
俳句をしていた5年前までは新聞は特に身近な存在で、結構読んでいたのです。でも

再来越した4年前からは凄く遠い存在になって、日本の新聞を見る機会は殆どなくて

月に1,2回行く和食店で見ることしか出来なかった。それも数日遅れの新聞でした。

「凡そ今、日本で何で起こっているか?」は週刊誌と共に読めた位で詳細は理解でき

ていなく”蚊帳の外”状態でした。PCから得る情報も見出しだけしか判断できなくて

週刊誌では大袈裟に書かれた記事や偏った思考の纏め方に余り興味が湧かなかった!

帰国してからは新聞を見る習慣がすっかり忘却されていて・・新聞は駅やコンビニで

購入するものに変わってしまいました・・(-"-)

昨日も選挙の詳しい情報が欲しくて買物ついで遠出して駅で新聞を買って来ました。

「いやーそうだったのですね」なんて思いながら時間をかけて読んだ積りだったが

矢張り釈然としない結果に悄然となってしまった・・(-_-メ)

「こんな結果で決していい訳はない・・しかし、これが回答ならば良くなることを

託す以外はなく・・何とか沈没しかけている船からの脱出を乞い願いたいと思った

ものです」景気が良くなって国民生活の安定が欲しいものですねぇ・・(-_-;)

※親しくなったら高くなる?

市場へ通うようになって、かなりのベトナムの人々と顔馴染みになった・・( ^^)

大体は同じ時間帯に毎日行くから覚えてもらえた様で大勢が通るたびに「マダム!」

と声をかけてくる。これはあくまでも外国人だから《そう言っとけば間違いはない》

と言う程度の「マダム!」であることを後で気がつかされたのだが・・あはははは

当時はその事が気分よく、声が掛る度にその店あの店と行ったものです。その内に

段々と事情が理解できるようになって、又、行きつけの店も決まって行きました。

ベトナム人は最初の人には凄く負けてと言うより量が多く「サービス」なんて言う

ものだから・・すっかりその気になっていると・・親しくなると値段が徐徐に上が

って行くらしいことに気が付きました・・(-.-)

どういう事かと言いますと当初は八百屋も肉やも何処がいいか判らないから何ヵ所

で適当に買っていました。所がその内に毎日来る顔だという事と何を買うかと言う

事を目ざとく把握する様で、その点は本当に商売人だと思いました・・(+_+)

声を掛けられると矢張り嬉しくどうしてもその店に入る様になります。たとえ少し

でもお得意さんになる訳です・・[これは日本式の思考なのですが]・・(+o+)

ベトナム人は最初は凄く気前がよく、香草類などは殆どは無料で追加して持たせて

くれたのです。何も理解していない私は毎日、ネギやミント、コリアンダーなどは

タダで貰っていました。量も少なかったのですが・・お金を支払った後でレジ袋に

入れてくれる毎日でしたから・・(*^_^*)それが当然だと思いその店ばかり通う

ようになって行ったのです。

しかし、彼女達は私が毎日来る事が解った段階でころりと態度が変わりました!

もう{オマケ}はなくなって正確に測り料金を取る様になったのです。つまり私は

この店の客に格上げされたという意味なのです。だから、「サービス」{オマケ}

は必要ないと思われたのです。 別に、それらの特典が欲しくて通っていた訳では

決してないのですが・・日本人的感性の相違を知る事になりました・・(・_・;)

日本の商店では何度も来てくれる客は{お得意さん}的な感覚がありますよねぇ!

でもこの国ではもう彼女はうちに来るに決まっているのだから「サービス」などは

必要ないと考えるようです・・うふふふふ

今ではそんな些細なことも気にならずどうでもいい事ですが初めのうちは日本とは

全く逆だから、戸惑いがありました。そして、結構吹っかけて売る様になってくる

ので・・それも吃驚しました・・(@_@;)

日本人の感覚で育ち生きて来たから凄くその事が不思議に思えて、又、日本の常識

とは真反対で通用しないことをここでも経験しました。不思議に思いましたし、何

だか納得がいかない気がしました。これも国民性の違いなのだと思いましたが・・

最近はあちこちで声が掛っても同じ店で買う事は余りしなくなったし「マダム!」

の声に惑わされることもなく「にっこり」も消えて適当に店を選んでは買物をする

事に様変わりしました・・ははははは

「いいえ!決して{オマケ}が欲しい訳ではなくて、親しくなると値段も変化する」

と言う事実に気ずかされたのです。だから何処の店にでも同様で、慣れると親しく

なると礼儀は無くなるというベトナム人の特徴が凄く出てくるのです・・(-_-メ)

面白い現象だと思いましたし、順番にあちこちの店を買って歩く様になりました!

これもまた、色々と勉強させて貰いましたねぇ・・ふふふふふ

ベトナム人は自他の区別がないことは何度も書いていますが親しさの中には礼儀は

全く必要なしと言う前提があるのです・・(*^_^*)

商売の仕方も日本とは本当に違いますし、かなり狡猾です。その意味では日本人等

敵わないと言えるのではないでしょうか?ですから合弁や一緒に仕事をする場合は

かなりのギャップがありますし、何時でも日本人は言い回しがよくないですが騙さ

れ易い相手でもあると思われています・・><” 反面、ベトナム人は自立心が強

くてこの技術を盗んで早く自立したい人が多く、人の下に使われる事を潔しとはー

しない気質があります。それに日本とは思想が全く違いますし、社会主義国家とは

実際に経験しないと想像できない場合が多く、日本の常識は簡単に潰されてしまう

事は沢山ありますし常識なんて全く通用しないのが現実です・・(-_-メ)

それでも、国民が一丸となって経済発展のため、自分達の生活向上のためには骨身

を惜しまない国民でもあります。それは宗教とも大きな関わりがあって、家族の絆

が異常に強いことでも理解できます。また、折に触れてベトナム人気質や個性等を

書かせて頂くことが何度も出てくると思います・・(#^.^#)

今朝はどんよりとした夜明けになった浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/17(Mon)
未だ空には雨雲がかかり重そうな雲が垂れこめている中、隙間からほんのちょっぴり

お愛想に笑顔をくれる太陽でした!その中をとにかく帰国して初めての選挙です。

場所も15分位はある中学校まで出かけた。ま、今迄、経験した事のない土地柄です。

でも、前を行く人は見知っているらしくその後について行った・・かつて経験した

事のない狭い場所を区切って会場になっていた。それだけ人数が少ないのだろうと

思ったのだが・・今迄は広くて大きく順番に待っていた場所での投票だったから何

となく”肩すかし”を食らった感じでしたし本当に瞬時に終わったと言う気がした!

神戸では必ず投票済みの紙をくれた。それも無かったのも驚きでした・・(-_-)

{この程度の関心しかないのかなぁ・・(@_@;)}がっかりしたのは事実でした!

夜は早く眠る人だから殆ど結果を知らなかったが・・PCを見て・・またもや愕然と

してしまった・・これで何かが変わるのでしょうか??被災された人々、経済は?

年金?どうなって行くのでしょう・・暗澹たる思いを抱えてしまった・・(-_-メ)

今回の選挙は問題が多過ぎた・・人も多く、瓦解された思考の中で先が見えないと

言う不安だらけだった・・\(◎o◎)/!気がして迷いも多々ありました。

誰の意見にも正鵠は見えないという不可解さが戸惑いを見せ投票所に行かない人達

を大勢作ったのではないでしょうか?やるせない気分です・・><”

数年間海外にいて日本的感覚が損なわれていた部分を加味しても日本人の質が低下

した様に思えたのは私だけでしょうか?詳細は理解できていませんが・・半分以上

は海外生活でしたから・・生意気は言えない。しかし、外から見ていた日本は未だ

充分力強く感じていたのですが・・本当に墜落した感覚を味わいました・・(-"-)

※またまたベトナム語

ニャンさんは日本人にベトナム語を教えていた経験のある人と言う事で紹介されて

習う事になった。教え方も流石に上手でした・・所が生徒の頭がついていかないー

何よりも音が取れない・・以前にも何度か書きましたが例えば『A』の母音に発音

が6種類あり高低で全く意味が異なるから・・母音の上に奇妙な記号がついていて

それがその発音に関連してくるのです・・(-_-メ)

もう、散々経験していたから多分、私とは相性が悪くて駄目だという気持ちが先立

っていました。だから教科書などは使用しないで、生活に直結する事に限って教え

て貰う事にしたのだが。彼女が発音して教えてくれる文章などは、かなり理解して

市場で使う言葉や大体が暮らしに必要な事が多かったので、早速使ってみたのです。

でも「全く通じない・・><;」水が何より必需品で電話で連絡して届けて貰う事

がどうしても出来なかったのです。何時も会社へ連絡しベトナム人に依頼するのか

又は嫁にTELして貰う事が続いていたのでその事だけでも自分でしたかった。

或る日、ニャンさんのいる前でTEL したら彼女は「大丈夫です!通じます」なんて

言うものだから・・すっかり安心したのだが出た相手には皆目通じなかった様です。

仕方なく替って貰い結局は依頼した結果になってしまった・・(・_・;)

矢張り自信をなくすものです。それからも何度か挑戦しました。〔水〕の音が全く

違うようで判って貰えない。水やにTEL しているのだから解るはずだと思うのです

が住所の発音がこれが問題で長いから・・ベトナム人には対応できないみたいでー

じっくり聞いてくれる相手ではないから店は忙しいだろうし、訳が分からない相手

等どうでもいいと思うらしく、切られる時もあり、相手が勝手に喋ってくるからー

当方は返事のしようもなく、同じ事を繰り返して言っているだけで・・本当に情け

なくなってしまう・・(^^ゞ  *全く何時も冷や汗ものでした*

漸く通じたと思って「OK」なんて言われると凄く興奮するほど嬉しくなって待って

いるが・・さっぱり来ない・・2日位経ってから届いたりする時もしばしばあって

がっかりしたりその数日は矢張り通じなかったという後悔が押し寄せていた!

期待している分落胆も大きくてたった1つの〔水〕の電話が凄く辛かったものです。

今なら水やを探して見つけたら紙に住所を書いて2つとかは言える程になり、遅い

と水やへ催促しに出かけたりもしていました。【電話は特に難しいです】

顔が見えない分音だけだから、その上〔水〕の発音は特別に難易度が高く中々通じ

無いのが困った事でした。もう惨めになって・・電話をするのさえ嫌になると言う

経験が何度もあって、不安感が募った思いがあります。

何せ言っている本人に自信がない上に、相手から返ってくる言葉が全く判らないと

言う塩梅ですから・・これは辛かったです。 ニャンさんと喋っている時は彼女は

日本語を理解するから日本人の発音は解って貰えるのだが・・実際のベトナム人を

相手の電話はきついものがありました・・!(^^)!  メモを見ながらの電話だから

尚のこと音が吹っ飛んでしまうのです。

  《読む事にいっぱいいっぱいの状態になるからです・・あははははは》

市場でも「半分にしてとか少しだけ」とかも教わって何回も言ってみたが・・解ら

無い様子・・ジェスチャーで半分にカットとして見せると「了解」みたいに笑って

くれる・・それが通じる方法でした。半端なベトナム語より充分に役に立ちその上

野菜などは自分で自由に取って秤の上に載せるとそれで購入できる。レジ袋を放リ

投げてくれる店もあり適当に入れても、相手が勝手に出して秤で測ってくれ値段を

言うから・・市場が好きでした・・(*^_^*)

何の為に習っているのか見当もつかない。 これ程言葉に不自由した経験はかつて

無かったから・・むしろ外国語は好きだっただけにそのショックが大き過ぎて応え

たものです・・(;一_一) むしろ、ジェスチャーが1番通じる事を知ったのもこの

時期でした・・きゃははははは

凡そ、数ヶ月してから金額の発音を聞き分けられる様に少しづつなって行ったので

すが未だ未だでした。でも、お金に関しては当時は大きな札でしか支払ができなか

ったけれど、段々と何とかなっていった。それだけが収穫だったかも知れません。

因みに「わー高い!」と言うのは通じて「もっと安くして!」と言う言葉は通じな

かった・・通じていても解らない振りをされたのかも知れないが・・うふふふふふ

この国では有り得ることですから・・ニャンさんの結婚式が近くなって彼女はもう

来なくなって・・また途中で頓挫する事になった私のベトナム語でした。それでも

使っていたらきっともう少しは解ったかもしれませんが・・敢え無い最後でした!

   ▽矢張り相性が悪かったのでしょうねぇ・・ふふふふふ▽

今朝は数日来の暖かい気温は消えて寒くなった浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/16(Sun)
寒さは無かったのですが何となくぐずついた天気で、気分も晴れない重苦しい感じ

だった!本格的に夕方から雨になり、それも思った以上の激しさで降りだした。

雨女の私『明日の選挙また?』とか考えていた。もう、夜8時にはベッドに入るの

ですが9時近くうとうとしかけたら{ピンポーン}インターホーンで応対。宅急便

だと言う。私の知合いは夜には先ず電話も荷物等も送って来る事はない・・(-.-)

だから吃驚した!玄関を開けたら(隣の若夫婦の所へ何度も来ている。何時頃帰宅

するか解りませんか?)「少しムゥとしたが、申し訳ないけど・・付き合いもなく

挨拶をする程度だから解らないです」と答えた。「やれやれ!こんな今にも睡魔が

やってくる時間に起こさないでよ!」それきり11時近くまで眠れなかった・・><:

※ベトナムの年の瀬

旧正月で祝うベトナムはこの日が彼らの国の一大イベントで別名〔テト〕と呼ばれ

この日の為に、海外や地方に出稼ぎに行っている人々が帰国、帰省する民族大移動

となるのです。想像を絶するお土産を持った人々が溢れ零れる様に空港から駅から

長距離バスなどで帰ってくる。日本の場合と同様だが・・ただこの国は休暇が長く

大体が1ヶ月近くは休養して戻らない家族との生活があります・・( ^^)

この国の年末は活気に溢れ、家族親族で迎える新年の準備に入る・・少し前までは

日本もこの流れが多く、大晦日まで何かと気忙しい今の時期と重なって懐かしく思

い出しています。日本では海外へ出かける人が本当に増えて、時間を日時をずらし

元旦から店が開いている処も多くなって<お正月が来る>感覚が段々と薄れ寂しく

思っていました。時代の流れだから仕方なく便利になって行くのだからと思っては

いたのですが・・(-_-)

この国は未だ〔テト〕の為に、家族の為に働くと言うのが至極当然でした。再来越

した頃はかなり変わっていましたが・・最初の頃はまだまだ〔テト〕は国全体の最

大の行事でした。年末の露店や市場は30日や31日(旧暦)がピークで何処の店でも

売れる商品なら何でも作って売ると言うその時期だけの荒稼ぎをしていました。

普段のベトナムでは見かけない光景では西瓜売り(大玉で黒い)があります。山積

されたトラックから1つずつ放リ投げられ、それをうまくキャッチした小父さんは

順番にビニールシートの上に並べて行きます。その数は相当量になります。音と中

の真赤なのが新年の幸せをもたらすと言う慣わしがある様で、必ず、音を確かめて

購入している。普段はラグビーボール型の西瓜なのですが年末には大玉が出回って

あちこちに店が突然出来ます。また、花やさんは北のハノイでは桃の花が売れるし

店に出回る様ですが、ホーチミンでは大きな公園に花市が出来、黄色{お金が貯ま

るように}の菊や黄色のマリーゴールド、蠟梅が多く並べられて売っています。

花は他にも薔薇、グラジオラス、アスパラガスなども沢山揃っていて、薔薇の色の

種類も豊富で盆栽も多々あります・・(@_@;)

 ☆玄関の両サイドに松飾の様に鉢植えを並べる店も多くて・・面白い風景です☆

色々な黄色と言う意味より〚金色〛を意識した花が多く様々な花が色を装飾されて

売っています。勿論、生花だけではなくフェイクも沢山有ってカラースプレーなど

で色付けした花もあります!お節料理と言われる《バイン・チュン、バイン・テト》

は何処の屋台でも売っています。昔ほど手作りはしなくなって市場、スーパー等にも

売り出されてきたと言う話を聞きました。 これは餅米の料理で北部ハノイと南部の

ホーチミンでは名前と形が違うだけで中身は同じです。餅米の中に豚肉の塊と緑豆の

餡が入っていて塩味です。何重もの葉に包まれて蒸しあげたものです。ホーチミンで

は最近バナナ風味とか小豆で甘い餡にしたものも売り出されている様です・・(@_@。

とに角この時期は目茶苦茶で、市場へ入る道路まで茣蓙や筵、シートが敷かれ何でも

売っています。俄か商人が一瞬に広がると言う塩梅です・・あははははは 鶏などは

大きな粗めの竹籠に何羽も入れられて絞められていきますし、衣類も市場の中以外に

無造作に積まれていたりする。肉類も道路で売っていますし、その場で部位をカット

してくれたり混んで市場の中に入れない時間帯もあって、国道沿いにもずらっと並列

した露店や屋台が数多く出来ます。売っていないものは無いほどの賑やかさです。

日本と同じなのは”お年玉”がある事で、真赤か金色の入ったぽち袋みたいなものも

売られて、元旦に親族の家に行くと大人、子供に関わらず全員に会う人に渡すという

習慣があるので・・大変です。私も新年の挨拶に行く時は両替して、人数分だけ準備

していました。それも絶対ではないのですが・・大人も平気で手を出す人もいるから

かと言って私は貰ったことはなかったですが・・ははははは

また、この時期は肉類を主に食するから、漬物や酢のもの、果物も沢山出回ります!

夫々の家庭では、作り置きする家もあり大きな瓶に漬け込み冷蔵庫に入っている家も

有ります。小玉の玉ねぎの酢漬けやラッキョウ漬け等は欠かせないものです。

何となく華やかなムードがあって元気が出そうな歳末の風景があちこちで見られます。

風情もあり素敵だと毎年感じていましたが・・(*^_^*)矢張り若者が多いから時代

の流れも急速で最近は年末の様子もかなり変貌して、カウントダウンが盛んになって

{テト〕と〔新年〕{旧暦と新歴}を祝う2種類の方法ができ上っていました!!!

「ま、驚くほど賑やかでそのエネルギーやパワーに圧倒される感じがするベトナムの

年の瀬でした。が、段々と淘汰されていく時代を迎えている感覚を受けましたねぇ。

選挙にこれから行ってきます。もう少し早くと思っていたのですが雨が矢張り降って

いたのでブログを書いてから・・と思い直した浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/15(Sat)
午前中は晴れ間もあって割合暖かく「洗濯すれば良かった」何て思っていました!

知人から到来物が届いたお礼に些細な荷物を送ろうと思い近所の郵便局へ出かけた。

ここが1番近くの金融機関でありコンビニよりも近いので大抵はここで何でも出来

て凄く楽ちんなのです・・うふふふふ  先日購入した小物やお菓子類を2件送付

する積りで出かけた・・昨日は年金の入る日だったらしく、老人の姿が凄く多くて

局内は満員状態でした!行くまで気がつかないで・・外までお婆さんが並んでいた

のです。以前ここは混んでいるので電車に乗って行っていたのですが・・ま、その

凄い人達に圧倒された。「あららーしまった!前日に出せば良かった」そう思った

が後の祭り・・!(^^)!。老人達を搔き分けて中に入った有様でした・・(-.-)

多分、お昼前の暖かさの中、外出がし易すかったのでしょう。そう感じていました!

※ベトナム人宅へ招待されて・・

知人が「家で食事をしましょう」と誘ってくれた。彼女の両親も地方から出て来て

いるから賑やかですが・・と言われ断る理由もなく、{ま、一寸だけお洒落をして

出かけた}ベトナムでは『時間という約束事は”有って無いに等しい”』から余り

早目に出かけるのは失礼になる様ですが、でも、日本人は時間に正確でその時間が

近づくと心が落ち着かなくなってくる・・ははははは迎えに来てくれると言うので

待っていたが想像していた通り30分経っても来ない。漸く、45分位も遅れて迎えの

バイクが来た。彼女の両親は北のハノイに近い所の人で私より10歳以上は上だった。

言葉ができないから・・こんな時は本当に困る。挨拶だけはできるからそれと名前

を言ったが・・そんな事はどうでも良いらしく、人が増えても誰が来ても全く意に

介さずの有リ体で、リビングで待っていてと言われ座っていたが、忙しく動き回る

数人の女性たちとも目が合っても「ニコッ」とされるだけで・・普段の生活がそこ

にはありました。矢張り早すぎたのでしょう・・(-"-)

こんな時間はどうしていいのか?解らない!TVも点いていたが、ベトナムの放送で

何も面白くもなく意味も理解できない。することがない事は辛いものです・・(/_;)

台所へ入って行くのも失礼だと思うし、かと言って何を作っているのか?どの様に

料理をするのか?にも興味があるから本当は台所で立って見ていたかった・・本音

だったのですが・・ま、初めての家だし、大人しく座って待つしかなかった。これ

もまた、辛いもので、どうしていいのか?さっぱりわからない・・(-_-;)

何処から来たのか?挨拶も誰もしない。10数人がテーブルに着いた。客人の私には

知人が、料理を取ってくれて巻く物や、ご飯の上に載せてくれたり食べ方を教えて

くれる・・有り難いけれど・・その間中、全員の目が私に集中するのです、私が箸

を取って食べるまで誰も手を出さないから・・これも雰囲気的にはちとしんどい!

それがこの国の習慣なので、老人と共に大切にしてくれるから言われる通りに行動

していれば間違いはないのですが・・窮屈で・・食べた気がしないのが感想かな?

この日は〚春巻きを揚げたネムザン、ブン・ティェト・ヌオン[薄い米粉にひき肉

やきくらげ香草等を炒めた物〛を巻いて食べる。野菜のサラダもあり、茹でもやし

も出ていた。スープには鶏肉が沢山ぶつ切りで入っていた。もう一品は牛肉の肝の

炒め煮が今夜の料理でした。 テーブルには大皿で盛られたそれらの料理が並んで

10数人が自分のご飯茶わんの上に載せて頂きます。おかずが無くなると男性が炭を

熾して、魚介類を焼くのは何時もの事見たいで・・まめまめしく働く・・(@_@。

香草はコリアンダー、レモングラス、ドクダミの葉、ミント、紫蘇等がてんこもり

で出される。これは何処のベトナムの家でも同様です。

それにニュクマムのタレで好みの味を作ってそれにつけて食します。唐辛子や大蒜

もお皿に載せられて出ています。1番先に私が食べ出したら、男性はビールやお酒を

飲み始める。私もビールを飲むので、美味しい料理とお酒は相性抜群です。その頃

はずっと沢山食べていたからお酒の量も多かった。途中まで飲むと必ず男性が誰彼

かは解らなくても満杯に満たしにやってくる。女性はお酒を注いだり、飲むことも

殆どしないのが普通でした。現在は外国人も多く飲む機会も増えて、男性に混じり

ビールを飲むベトナム人女性は本当に増えました・・(*^_^*)

外の屋台でもレストランでも昔は外国人だけでしたが・・女性は飲まないのが普通

でした。会話は通訳が入ってだから訥々となってしまって、残念でしたが・・(-.-)

楽しい時間でした。好き嫌いが殆どないから出される品は何でも美味しく頂いた!

好みのタレや香草を使って食べられるから、本当に美味しかったです・・(*^^)v

意地汚く、折角の好意だし、何でも食べておきたい願望が強かった・・あはははは

大方はご飯の上にスープをかけてサラサラと飲み込むようにして終わる人が多い!

日本の様に個別の小皿で少なく取り分けられ{見た目も美しく食欲も目から}など

の感性はなく、どっさり大量に大皿に盛られて出される。そして、どんな食べ方を

しても誰も文句も言わないし、自由勝手で各々の流儀で食べます・・(#^.^#)

デザートには西瓜、マンゴーがでた。それも綺麗にカットしてから、渡してくれる

から嬉しい限りである・・本当に優しい人は多いが慣れるまでは大変です!

◎招待された日本人が恥をかいたと言う話が以前にあったそうです・・><”◎

仕事関係で親しくなって招待された日本人男性が私同様にどの様にして食するのか

最後まで解らなく相手の勧められるものをどんどんと食べて行ったそうです。若者

だったから・・食欲も旺盛で、随分食べ、飲んで気持ちよく送られ帰宅したらしい。

*所が数日経ってから招待した相手が何となく余所余所しくなってしまった!*

彼は理由が判らず、彼以外の人に何か不都合な事を失礼なことをしたのか?心配で

聞いたそうです。すると、彼はベトナム人達に言っていたそうです。余り沢山食べ

て仕舞ったので、女中や犬の分がなくなって困ったと言う話でした・・(・_・;)

招待されたらその位の気遣いは必要なのだと聞かされて・・仰天したそうです!

習慣が違うから仕方ない話ですが・・どんどん勧められたら、矢張り若い人は食べ

ると思いますし、日本にはそんな慣わしはないから解らなくて当然です・・(-"-)

≪郷に入れば郷に従え≫はどこの国でもあるものです。ベトナム人宅に招待された

時は果物やお酒、花を持って行くのもごく通常の習慣です・・(*^。^*)

ベトナム人は箸とスプーンを本当に上手に使います。例えばご存じのフォーは箸で

スプーンに載る分だけ取り載せてから音を立てないで飲み込むように食べます。

片方にスプーン片方に箸で食べるのが基本です。日本人は誰でもが音を立てて啜り

込む蕎麦やラーメンなどの麺類とは違う様で・・今でこそどうでもいいですが・・

最初の頃はずっと見られて食べた気がしなかったものです{ぎこちなくなってた}

何と言っても慣れですかねぇ・・その内に人の目も食べ方も慣れてきて、図々しく

なれるものです・・ははははは

今朝は昨晩の雨が未だ残っていて道路には水溜りも出来ていました。今雨は止んで

いる様ですが空気が冷たく寒々とした浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/14(Fri)
何時も座ってPCに向かっていると足元からじわりと冷えてくるのですが・・昨日は

珍しく、ひざ掛けを忘れる程に気にならなかった・・( ^^)

日差しも{日向ぼっこ}出来る程度の暖かさが戻り、空には白雲がゆったりと流れ

歩を進めていても気持ちの良い天気に恵まれた。久し振りの太陽に深呼吸をしつつ

電車に乗りほんの少しばかり遠出してきた。家に居ても勿体ない陽気に思えて・・

大きな買物はないのだが・・市場やスーパーの歳末セールを忘れていたその様子を

見てきた・・(#^.^#)もう、すっかりXmasムードの場所があったりお正月用の準備

の為の棚があちこちに出来ていて・・安いのか?見当がつかないので・・数軒を歩

いて来た。1人暮らしだし量的にも然程、食せないから大した違いはないと思うの

ですが・・数ヵ月前までは肉類はブロックでしか売っていない国に住んでいたから

パック詰めの肉類が凄く高く感じる・・(-_-)綺麗に包装されているパックを見て

上手に包み込んで並べてあるものだと改めて思い出しておりました・・(@_@。

ブロックでしか購入していなかったからその薄さにも既にすっかり忘れていたので

何となく値段の割には貧相だなぁ・・なんて心中では思っていましたけど、これが

日本では普通なのですねぇ・・大きな塊を中華包丁でカットして行く醍醐味は忘れ

られない・・あははははは 殆どが骨付きだからどうしても普通の包丁ではカット

出来なかったのです。ずっとお天気は夕方まで続き気温も2桁に上がっていた関西

地方でした。

※FUJINETベトナムニュース(最新)が入ってきました・・

新聞の報道によりますと2013年1月1日から、自動車、バイクの道路使用料が徴収

されるそうです。財務省は11月15日に道路使用料の徴収に関する通達を告示した。

それによると、総排気量100ccまでのオートバイに対する道路使用料は年額で凡そ

{200円~400円}で総排気量100cc以上は年額{約600円位}になると言います。

自動車は乗車定員10人以下の車に対する使用料は年額{約6000円}で最高積載量

27t以上のトラック専用車は年額{約5万円}となると言われています。

しかし、救急車、消防車、霊柩車、国防、公安の専用車、法律の規定による貧困

世帯のバイクについては徴収を免除すると言う。

また、バイクの税金は地元の人民委員会に年1回支払う事になる様で車の登録事務

所で車検時に支払う事が義務ずけられたそうです。   道路使用税の導入により

ハイウエイにある14の国営料金所は廃止となり、今までの方式で建設された道路の

料金所はそのままで集金を続け、契約終了後に廃止になると書かれていました。

12月中旬の段階では運送会社が道路使用税に猛反発をしているのが現況であるとも

ありました。愈々、新しい方式の税金の仕組みが取り入れられて又進歩していくの

かも知れません・・(@_@;)

ベトナムのニュースは政府が発信、告示しない限り、未定の場合も多くて、全てを

信用できるニュースではないと言うのが一般の見方であり、恒常的な解釈なのです。

ですから、政府からの告示があった事は間違いなくそう言う方向へ行くと言う事で

少し吃驚したニュースですが・・日本では考えられない金額ですが、それでも、国

の決定は絶対的な事であるからその政策には反対はできないだろうと思われます。

新しいニュースが入ってきましたので・・私のベトナム雑記は今日は休みます。

主婦の目であり狭隘な視点からの話で恐縮ですが・・多分、こんな年齢で1人暮らし

をしていた日本人は恐らくたった1人だったと思います。何もかもが物珍しくて少し

づつですが体験をしながら・・沢山の恥と愚かさを提示しながら、ベトナムと言う

国を人々を知って行く姿を聞いて頂きたいと思って書いております・・うふふふふ

今朝は少し雲が多い様で明るさが未だ辺りを覆っていませんが、天気が崩れる予報が

出てる様子・・昨日は思い切って沢山の洗濯をしていたので、それも既に乾いていた

から安心しています。物干し竿が空の浪速の夜明けです・・ははははは
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/13(Thu)
寒さが続いていて、中々去らない・・!(^^)!昨日は大きなニュースが速報で入って

来た・・現実と無びとの間を彷徨っているような話が通過して行く。生きていると

本当に様々な事が起こり、人間の心情と意識を刺激するものだとつくづく感じた!

各々の思惑が錯綜しているのだろうが・・もっと単純に人生を幸せに平和的な感覚

で生きられないのだろうか?各々、国も違い人種も思考も宗教、思想も違っている

人生だとしても、束の間の人間の人生なのだから・・心は何処かの水脈に繋がって

いるのではないのかしら?そんな事をあのニュースを見ていて感じた日になった!

少しづつだが大きな振動が何処かで歪みだし、意識を漂わせている気配を想起させ

る様な気がして不愉快な感情が残存した日でもありました・・(-_-メ)

相容れない感性に心が氷に覆い尽くされていく思いがしたし、文化的観点で人類の

歴史を俯瞰しているような感じも受けた・・悲しい現実であることを肌身に感じて

酷く不快でもあり、理解力のない私には本音で本当に考えられないことでした!!

※レース糸

レース編みが趣味でベトナムに来てからもずっと作り続けている。偶々、紡錘の糸

が手に入って持って来ていた(これはレース糸ではなくごく普通の綿の糸だった)が

かなり長い間色々と作れた。いま部屋の中には、TV,ビデオ、TEL、テーブル、鏡台の

前、花瓶、炊飯器、冷蔵庫の上など鬱陶しそうに載せられてあったり敷かれている。

全てここに来てから作った物で、尤も大きなのはたった1つしかないが直径130㌢の物

で円形。これは息子の家の円卓に掛けさせたくて作っていたのだが・・糸が遂に切れ

て終った。同じ糸は先ず無いと思っていたのだが、色々な場所で探してみたが見つけ

る事ができずにいた。或る日、知人が糸は大きな市場にはあると聞かされ・・ダメ元

で心を決めて出かけた・・かなり歩いた。場所も道も初めてだったけれど・・家の前

の道路を真直ぐ行けば着くと言われていて・・50分位歩いた。漸く、店が沢山並んで

いる場所に出た。

市場もすぐ近くに有って凄い人で賑わっていたが・・そこに行くまでに糸やを発見し

凄く嬉しくなって、山積みされた様々な種類の糸の中からはレース糸はやはりなくて

でもそれらしい糸は沢山あったから、探せば店の中か?何処かにあったかも知れない

けれど話す事ができないし、店の前に出ている多種類の糸の中から選んで購入した。

刺繍の国だからきっとあると思っていたのだがその時はレース糸は見つけ出せず似た

糸だった・・(-.-)綿100%と書いてあったので大丈夫だと信じ込んでいました。

本当は編んだ物でも1つもって行けば良かったのですが・・思いつかなく、ただそこへ

行く事だけで・・いっぱいいっぱいだったのです・・あはははは

ま、それらしい糸を買って帰宅したのですが、袋から取り出したら底の部分にシミや

汚れがあちこちに有ったのです・・(-_-;)袋に幾つも玉になって入っていたから・・

店の中で開けて中身を取り出すと言う考えは全くなかった私が悪いのですが・・正直

落胆した・・(/_;)「洗濯すればシミは取れるかな?とか漂白してみようか?」等と

考えて自分がちゃんと調べなかったから仕方ないと納得させていた・・( ^^)

何でもそうだが、この国の品物は先ず手に取り、隅から隅まで念入りに調べて買う事

が普通だと後日、嫁に言われた。まして、値切るなどとんでもなく外国人料金を支払

わされた見たいです・・(-"-)いい勉強をしました・・うふふふふ

たかが糸を数個買うだけなのに、往復2時間も掛って歩いた経験も初めてだったから

見知らぬ国で、欲しい物を探す事の面倒さを経験したものです・・(-_-)

早速、編み始め大きな物を作りたいと思っていたが・・ベッドカバーだが何時出来

上がるか解らないし糸も不足するからまた、買いに行かねばならないだろうなんて

思っていた。日本には大きなレース編みのベッドカバーがあるのに、持ってくれば

良かったなんて出来もしないことを考えていたものです・・うふふふふ

先日、ベランダに椅子を出して人の動きを見ながら、編み物をしていたら若い女子

が{日本で言えば駅弁を売っているスタイル}窓の下に来て「ぱっと」目が合った

のです。初めて見た光景で何を売っているのか?興味が湧いて下へ降りて行った!

小間物屋さんで髪飾りや、櫛、糸、ハサミ、針、ゴム、リボン、ヘアーピン等を売

っていたのです。驚きました・・(@_@;)

糸はこうやって売りに来る事をその時初めて知りました。 普通の綿の糸でしたが

充分使用が可能なので・・その時は彼女が持っている分だけ7つ程買い占めた。

「何に使うのか?きっと不思議に思った事でしょう」それからは、時々家の前を通る

様になって糸には不自由しなくなった。何度か買うと必ず買ってくれる人だとでも思

うのでしょうねぇ・・(*^_^*)

首からぶら下げてくる箱以外に私用に別に袋に入れて持って来る様になりました。

未だ幼い14,5歳の女の子だったから、必ず顔を見ると糸を買ったものです。

日々の些細な出来事で詰らない話ですが・・ベトナムに住んでみて初めて自分自身

で色々と手で触ったりしながら購入出来た品物でした・・ははははは

彼女とは数ヶ月付き合ったが・・もう必要ないと断ったら来なくなって・・何処か

別の場所を歩いているのだろうと時には思い出す事もありましたねぇ。

現在はショッピングモールや大型店、市場などにも糸やはありますが、その当時は

「何処に何があるのか?どうすればそこへ行けるのか?」さえも把握できない状態

でしたから新しい国営のスーパーができた時は凄く嬉しかったものですが。再来越

した時は中国の会社に代わっていました。随分、中国や韓国資本のスーパーが出店

しているので驚きましたが・・以前の様な精彩はなくて薄汚れて過ぎた時間を懐古

させる雰囲気に変貌していました・・(--〆)次々と新しいスーパーができていて

昔の面影は全く無くなってしまった1区の住んでいた場所の風景を寂しく懐かしく

通過するたびに思いだしていました。近くに大型のショッピング店があってDVDや

があるのでタクシーで店まで行き・・以前に住んでいた家が既に変わってしまって

いる事に時代の流れを見ていましたが、あの場所で3年も住んだのだと言う思いが

心の中を温かく、何も知らなかった頃を懐かしんでおりました・・( ^)o(^ )

今朝も冷えていましたが・・朝日が早くから窓にやって来たもので・・気持ち良い

浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/12(Wed)
前日、荷物が届いたので、そのお礼をしたため、郵便局へ小さな小包を送ってきた。

外は想定外の寒さで「首筋に何か巻いてくれば良かった」と思わせる風の冷たさで

多分、日本海や北の方では雪が降っているのだろうと思わせる感じでした!

案の定、天気予報では日本海側は大雪になっていたので・・その流れが冷たい風を

運んできていたのでしょう・・(・_・;)

全く秋を飛び越え一瞬にして真冬に突入するなんて「あーあ酷過ぎない?」ほんの

少しだけでも心と身体の準備をさせてくれる時が欲しかった・・なんて思っていた。

底冷えのする日が続いている「やれやれ!老いの身には応えまする」・・(-"-)

※ベトナムに住んで1年経った・・

最近、私は孫がいないせいか?どうもお婆ちゃん感覚が乏しい様で、特に見た目が

老けている様でもない。かと言って若い訳でもなくそれ相当に白髪も目立ちだした。

皺もシミもたるみもごく普通に老いてきている自覚がしていた。 年相応に老いが

襲撃を開始したのだと心の中では多少の寂しさを感じながらも「ま、こんなもの?」

と思っていたんです。所がベトナムの同年代の人を見ると本当に老人になっている

人が多くて驚かされる・・(@_@;)日本の様に腰が曲がっている人は殆どいないが

若くして結婚しているせいでしょうか?40代では既にお婆ちゃんが多く、もう孫も

数人いる人も当然の様にいて、私の年齢ではもうかなり大きな孫に囲まれて生活して

いる人も大勢います。化粧をしている人は皆無に等しく、私等は顔に色をつけないと

朝が来た感じがしないほど習慣化しているのに・・まして、顔面麻痺をしているから

眉毛や口紅を描かないと顔自体が歪んでいるから化粧する事が普通になっている。

先ず、若い女性でも中年の女性でも働いている人は化粧などしていない・・なぜだか

理解できないが・・あまりきちんと化粧をしている人は見かけないのが不思議です。

暑い国だから・・きっと化粧が落ちたり汗で流れるからかもと思って聞いた事がある

でも、特別に理由はなく、親から代々、余程の事がない限り化粧することは少ないと

聞かされこれも少し吃驚した・・(@_@。

全部では勿論無い・・化粧している若い人も小母さんも時折、見かけることもあるが

朝から毎日する人は稀なのかも知れない・・うふふふふ恐らく自信があるのでしょう

私は前記した理由もあるが洗顔、化粧はセットになっていて手が勝手に動く・・( ^^)

日々の生活の中に組み込まれているのです。偶々遊びに来た人達は「お母さんは何時

も若いねぇ・・」「毎日化粧しますか?」なんて聞く人もいて、当たり前の様にして

いる事がこの国では変人なのか?外国人は毎日化粧するものだと感じているみたい!

日本人は働いている人でも主婦でも普段だって化粧はするから、身嗜みの延長だもの

なんて思っていたのですが・・ベトナムでは違う事を知ったのです。

       ”だから{マダム}なんだ・・って”・・あははははは

とんだ{マダム}なのに、その意味を知る事になったのです。化粧しないなんて考え

た事もなく、人前に出られないから隠して誤魔化している部分がある・・ふふふふふ

でも、暑いから時には思いきり大失敗をすることがあります。眉毛が歪んでいるから

描いているのだが・・先日も水道やさんが来て、メーターを見に入ってきた。

その日、大掃除していて暑かったのだと思いますが・・朝化粧したらもう鏡を見る事

は外出をしない限り見ないから、うっかり何も考えず慌てて応対した・・(/_;)

若いお兄さんは凄く不思議そうな顔をしてマジマジと私の顔を見るのです。なぜか

さっぱり解っていなくて{外国人だから見られるのかも?}とか思っていた!

洗面所に行き「ふっ」と鏡を見たら《眉毛が半分消えてありませんでした!》

 *もう、すっかり見られた後なのに、凄く恥ずかしくて急いで描き直しました*

両方が切れているのならまだしも、公家のマロみたいで素敵なファッションになり

こんな人もいるんだ位で済んだものを・・「はい!本当にドジばっかりしている」

人です。どう考えても繕って見ても片方が無いのは不自然でしょう・・マジに見ら

れても仕方ない・・なんて思いながら丁寧に書いている自分が可笑しかったです!

もう、1年になります。本当に何もかもが眼に新鮮に移り、気になって仕方のない事

ばかりの時間でした・・(-.-)ベトナム人の観察も面白く人の顔を「ジー」と見る癖

がある事も知りました。何処から来たのか?何人か?など上から下まで通過するまで

見られる事にも慣れたけれど・・最初はドキドキしていた。なぜそんなに見られるの

のかが理解できなかった!でも、そう言う国民性だと解ってからは人の目を気にする

事もなくなった・・未だ日本人が少なかった頃でしたし、日本人街に住んでいたから

時々日本人に出会っても誰も挨拶もしないそんな雰囲気の場所でしたねぇ・・(-_-)

その点、親しくなったベトナム人は親切すぎるくらいお節介をやいてくれました。

色々な意味でこの1年は私に異国の文化習慣の違い、考え方やベトナムという見知ら

ぬ国での生活に必死だった気がしますが、随分色々な人に助けて貰って暮せたことを

有り難く思っていました<(__)>

今朝は寒さも少しは和らいでいる気がします。早々と陽光が射して気持のいい冬晴れ

の天気の浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/11(Tue)
真冬用のダウンを着て帽子を被り、手袋姿で買物に出かけた。ま、これでも普通の

姿なのですから今年の冬は異常に寒さの来訪が早かった気がしています・・(-.-)

特に常夏の国からの帰国だったからその対応が難しく大袈裟に早くから冬仕度をし

ておりました。昨日も6度位しか気温が上がらなかった様で「いやー骨身に染みる」

感覚です・・(-_-メ)

部屋着がないので何か暖かいものを羽織リたいと思い、持っているもので何かない

かしら?と思って探したのですが・・全く処分していて何もない!ストールを腰や

肩に巻いていたのですが、外したり掛けたりする面倒さが嫌で・・思いつき電車に

乗って買いに行って来ました。起毛付きの、巻きスカートやパンツ、モコモコ編み

のカーディガンを購入した。物は増やさない様にと思っているのだが、この寒さに

は結構、応えている私です・・とほほほほ

昨日、親友から沢山の食料品が送られて来て年末になると”料理教室に通っている

彼女”は色々と見た事も使った事もない調味料や総菜になるものを送ってくれる。

そのお礼に巻きスカートを買ったのですが今は色々な事が重なって、大変な時期で

自分も体調を崩したと病院通いを始めて心配している・・(-"-)

※結婚式の招待

知人のベトナム人が結婚する事になった。彼女は時折私の家にふらりとやって来て

ベトナム語を教えてくれたり、日本語の勉強になるからとお喋りしに来る25歳の

日本の商社に勤めている確りした女性。その彼女がやって来て私に招待状を持って

来てくれたのです。日本人の会社に勤めている位だからかなり日本語は上手で頭も

勘も働く人で好きな女性でした。でも、まさか?出席してほしいなんて言って来る

とは思わなかったから・・正直、吃驚しました・・(@_@;)

そして「必ず、絶対来て下さい」と何度も何度も言うから・・約束をした・・(*_*)

しかし、招待されることは初めての体験です! 何も解らないからあれこれと頂いた

【招待状】からの説明を依頼して教えて貰いました。ピンクの封筒には{喜喜}の字

が印刷されていて、中身はお互いの両親の名前、出身地、結婚する2人の名前その下

には括弧が付いていて、何番目の子供であるかの表示が小さく書かれている。彼女も

彼も10番目の末っ子だと書かれてありここでも仰天したのだが・・地方ではごく普通

のことらしいです・・(@_@。〚これこそベトナム・・(*^^)v〛でしょうか?

2人は中部のクアンガイという地方から一緒にホーチミンに出てきたそうです。大学

で日本語を学び、日本企業に就職。彼は高校を出たままで会社に勤めたと言う。 

彼女は村でも凄く優秀だったのだと思います。両親や兄弟からの仕送りで大学を出た

と言っていましたから。早く働き親孝行しなければならない「お金を貯めて楽にさせ

たい」が口癖でした。彼も結婚式迄にお金を貯めなければならない(ベトナムの結婚

式費用は全て男性が支払う)しかし、家への仕送りもしていたので思う様には貯めら

れず、年数が経ったと笑っていました。それでも彼女の給料が凄く良かったらしくー

{親族には内緒で私が半分以上は出します}と笑っていました。目的のため、それは

凄い努力をしていたようです。その事を知っていたので・・多分誘ってくれたのかも

知れません。横道に逸れましたが封筒の中身には式場の時間、場所が書いてありもう

1枚の紙にはパーティの招待状が入っていました。勿論、ホテル名、時間、場所など

が書いてありました。日本と変わっているのは必ず相手には手渡しで、自身で相手の

名前を書き配ることでしょうか?300人の招待客に連絡し届けるそうです。

勿論、地方には郵送して親族や知人達には両親が配るそうで、村からバスを貸し切り

の出席で10時間以上も掛けてホーチミンまで来ると言う話でした・・(^-^)

300人は普通の人数で多い人は500人位にもなる様で、それが全て男性の負担になる

という結婚の様式には魂げてしまいましたが・・当然の事だそうです・・(-_-メ)

ホテルとレストランについて聞いた話ではホテルのランクにもよる様で、彼女の場合

1卓に10人で30卓。その内の28卓分は出欠にかかわらず支払わねばならないと言う。

後の2卓はホテルのサービスだそうです。その当時1卓は100㌦と言っていましたから

凄い金額だったと思います《ベトナム人にとっては》ただし客が卓を使用しない場合

お金は戻ると言ってましたが反対の場合は支払うようで・・いづれにしても、大変な

事で地方からは娘や息子が出世して立派な結婚式を挙げることが何よりの親孝行でー

凄く仕合せなことだと言います・・(#^.^#)

日本の会社だから、日本人も数人来ると言ってましたが、「お母さん絶対来て下さい」

と何回も言うのです。日本人がいるだけでも地方の人達や友人、知人に見栄を張れる

し、私の成長を見せられるのだからと言うのです。ま、そこまで言われて日頃世話に

もなっているし、その上凄く興味もあったから出席する旨を伝えました・・(*^_^*)

さて!困った・・何を着て行けばいいのか見当がつかない・・嫁に相談すると「何で

もいいです。私はドレスで行きます」と言う返事「ドレスなんて無いよ!」着物も持

って行っていなかったから・・明るい色のスーツにするか?とか?「アオヤイを1枚

持っていたからそれにしようかしら?」とか少しだけ悩んだ。

     ☆何たって正式の招待だったから・・(*^^)v☆

結婚式の様子はまた書きますが・・凄かったし、驚きの連続でした・・\(◎o◎)/!

今朝も冷え込み、漸く暖房が効果を奏した様で部屋の中が暖かくなった浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/10(Mon)
確りした積雪が日差しに溶けて「ザァー」と何度も屋根を滑る音がしていました!

早朝窓から見たときは下の道路しか見なかった・・屋根に畑に積雪がある事は全く

見ていなく感じていませんでした・・(@_@。寒さで思わずドアーを瞬時、閉めた後

変な音が続くから外に出たら、屋根も畑も真っ白で驚きました・・\(◎o◎)/!

 *先日来の札幌の猛烈な吹雪以来の雪ですがここでは初雪だったそうです*

秋が少し深くなり始めた11月中頃、畑の小母さんが白菜を収穫しているのに出会い

随分立派な白菜なので声をかけた【私にしては珍しい現象です】・・うふふふふふ

その時「ここは雪は降らないよ!」と言われ「じゃあ、暖かい冬なのですね!」何て

言っていたのに「ありゃりゃ・・凄く積るじゃない?それに結構、雪も降っていたの

です昨日は・・( 一一)」寒い筈です。本当に積る程は降らなかったですが風が運ぶ

雪が舞い散っていた1日でした・・「あーあ寒い!寒い」それでも買物には出掛けま

したが・・流石に人は少なく、レジの人も退屈そうでした・・( ^^)

※エアコン

リビングにあるエアコンが愈々駄目になったらしい。このビルを建てたとき以来から

と言われて「10年間は使用しているのね?」なんて話していました。それでも、健気

に涼をくれていたのです。所が数日前突然に、全く動かなくなったのです。ベトナム

生活が始まって数ヶ月のことです。流石の私もエアコンに頼っていました。嫁に連絡

電気やを呼んでもらい、言葉や事情がなにも解らないから一緒に立ち会ってくれると

言う話になった。話の内容は古い型だから「直すのに2万円はかかると言う。お母さん

どうしますか?」って言われ「どうするも何も仕方ないでしょう」「でも、もう少し

足して新しいのを買った方がいいです」と言っているけど「どうしますか?」ってー

考えました。私の家ではないし会社から出してはくれないと言う。ここを引っ越す時

日本なら持って行けるけれど・・置いて行かねばならない。どこのどんなアパートや

家を借りるにしてもエアコンが付いていない部屋はないから、無駄だと思ったのです。

その時、閃いたのです「このビルの中には各部屋にエアコンが付いている。何処から

かと交換できないかしら?」って。まして、私の寝室にあるエアコンは自分では1度も

使用した事がなかった!なぜなら、大きな扇風機があったからです。

まだ新しいから上の部屋や下から持って来るのは面倒だけれど隣の部屋ならとその話

をして通訳して貰ったら「OK」がでた。しかし、この家に来た日にスイッチを入れた

らごく普通に作動したので安心していたが。それから後は全く触れた事はなかった。

所が、思いがけない時に自動でスイッチが入るらしく「ピー」と音がして何時の間に

か電源が入り部屋が冷たくなっていた事が何度もあった事をその時はうっかり忘れて

いたのです・・(-_-メ)何しろ、初めての経験ばかりで何も理解できない状態の私!

”自分勝手な奴”で時々スイッチが入り部屋に入って行くと寒い位に冷えていた時が

何度かあったのをその事は忘れていたのです。早速、外して取り替え掃除もしてくれ

半日掛りの仕事でした。着け替えた時点でその事を思い出し、リモコンが悪いのかも

と言われ見て貰った。彼らが触ってスイッチを押すと当然の様に普通に作動するから

「問題ない!」と言われてしまった! それでも”かなりの偏屈な奴”で業者の人も

何度もリモコンを触っていました。本体はナショナル製でリモコンは中国製品?です。

ま、このいい加減さがベトナムらしいのですが。リモコンだけでも盗まれる事も多々

有ると聞かされていた。殆どのリモコンは同様の会社のではなくて、ベトナム製とか

マレーシア製でした。以前に使用した人のせいだろうとは思うのですが・・(-.-)

何とかスイッチも入る様にしてくれて、辛うじて「ピー」と仕方なさそうに音を出す

が肝心の本体が動かない、かなり時間をかけ直してくれた。4,5回押したリ消したり

すると「えーい面倒くさい!」とでも言っている様にスイッチが入ります・・(+_+)

「リモコンを新しく買った方が良い」と口から出そうでしたがま、ベトナムの業者の

事は何も知らないし、言葉も出来ず、黙って見ていました。分解してあちこちにネジ

を置き、終わった後には3つ位部品のネジが落ちていましたから「大丈夫かしら?」と

思ったものです。暫くしてリモコンも直り、交換したエアコンの中を掃除してくれる

のに階下に大きな洗い場があるからそこを使って欲しいと言ったのですが、上手く伝

わらず狭いシャワー室はドロドロになって、汚い足のまま部屋を何度も行ったり来た

りする業者に解っていても苛々していました・・あははははは

前記した様に1度も掃除されていなかった様で新しい方もかなり汚れていたようです!

それを洗ってくれたのだから有り難いと思いながら・・心の中ではこの後始末の掃除

を考えていて目眩がしそうでした・・(^_^;)漸く、夕方に終わって何とかエアコンが

作動し出しました。しかし、リモコンの具合がどうも悪くて何度も点けたり消したり

してみましたが・・彼らがいる間は何とか普通にスイッチが入るのに私がすると駄目

みたいで「舐められている感じ!」の態度を取るのです・・><”

「どうしてもスイッチが入らなかったら、電源を切るところで入れたらいいから」と

聞かされていたので、夜寝る前には電源で切っていました。それでも、未だ暑さにも

慣れていなかったから、部屋が涼しくなる事が仕合せでした・・(*^_^*)

寝室にはつり下げ式の大きな扇風機があったから眠るのは全く問題はなかったのです。

〚ずっと後になってから部屋が幾つもあるのだから、エアコンの効く違う階の部屋で

生活する事も、またそこへ移動することも可能だったのに・・融通が効かないと言い

ますか?全くそう言う発想さえ出来ない程度の人でしたねぇ・・(;一_一)〛

もっと頭も回り色々なことに目が向けられたら、無駄金を支払う事もなく自分で部屋

を移動すれば良かっただけの話でした・・ははははは

”馬鹿がつくほど真面目というのか?どうしようもない人でしたねぇ・・(・_・;)”

彼らが帰ってからの掃除はそれはそれは大変でした。泥水の様な汚れが何度も何回も

拭いても洗剤を入れて洗っても汚れが取れなくての繰り返しでしたから・・その夜は

食事を作る元気もなく、日本食のレトルトの食品を温めて晩ご飯にした。もう、半分

は睡魔との闘いで早々と熟睡。暑さなどすっかり忘れていた様で夜中に扇風機を点け

たまま、寝ていた事に気がついた有様でした。この扇風機も古く{キコキコ}と今に

も上から落ちてきそうな気配で眠る前には消していたのを忘れていたのです。

ま、ベトナムに住み始めて、身の回りの事ばかりがとにかく違うから気になって仕方

無かったのですが今思えば愚かなことばかりしていた記憶があります・・知らない事

だらけだから考えの範疇にも入っていなかったのですねぇ・・現在は、そこまでする

前に少しは「どうしたらいいか?」を考えられるようになりましたが・・ふふふふふ

吹き渡る北風の色が白く見えるほどの昨日の天気でした。夜まで風は強く吹き荒れて

いましたが、今朝は止んで少しだけ太陽が顔を見せてきた浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/09(Sun)
関西地方でも初雪が降りそれもかなりの積雪になった場所もあると言うニュースが

伝えられました。昨日は北風との争いの様に冷たい風が吹き撒くっていました!

終日気温が上がらず、暖房は切れなかった・・(-.-)

本来なら12月頃はこんな感じが普通なのかも知れませんが少し長く日本を空けた?

せいでしょうか?身体が寒さに追いつかない体たらくです・・とほほほほ

昔の炬燵が懐かしい・・( ^^) これで、停電になったら暖房が何もないと思うとー

是もまた、大きな心配事でもあります。先日の地震も大きく「未だ復興していない

大勢の人々を何度も襲うその脅威に驚かされております」・・(^_^;)

 ◎何もできないけれど心から1日も早く生活が安定される事を願っております◎

人生には想像も出来ない岐路が見えないところに多々あって、その分岐点で一生を

左右される場面に遭遇する事があります。自分だけが不幸ではない事を何度も経験

して・・この歳迄生かされ、何とか衣食住、最低の生活が自力で出来る喜びと幸せ

を日々感謝しています。辛うじて数年前からそんな思考に辿り着いたと言う塩梅で

未だ未だ未熟過ぎる頭や考えに絶えず翻弄されていますが・・><”

最低限の生活でも誰にも頼らず自分だけで暮らせる生活がある事、自由過ぎてあり

余るだけの時間が与えられている事も本当は心底有難く思わねばならないと思って

いますが時々はその大切さを忘れ不平不満を心に誘い込む日もあります・・(^^ゞ

  △何とか暮らせる事だけでも仕合せなのだと思わねばなりませんねぇ△

      *今は初めてベトナムに住んだ頃の話を書いています*

※バイクの不思議

バイクで走っていると(尤も私は後部座席ですが)不思議な光景を何度も見ます。

友人同士か?家族なのか?は解りませんが、ずっと並列して大声でお喋りしながら

走っている姿を本当によく見かけます。「危険ではないのかしら?」とか考えるし

また「周囲の迷惑を考えない人なのかしら?」とも、他人事ながら心配してしまう。

しかし、とても楽しそうで微笑ましい感じもするからそれも又ベトナムと言う国が

持つ国民性なのかも知れません・・(#^.^#)

後続のバイクが抜きたそうに、時には警笛を鳴らす事もありますが、全く意に介さな

いとでも言いますか?平気です。そんな事はどうってことがなくお喋りが楽しいのだ

と思います。きっと、自分も経験があるから諦めて、我慢して連いて行く様も面白く

見かける。とにかくお喋りに夢中になっていると周りも見えないみたい・・(@_@。

タクシーも2台並んで走っている場合もあるし、客待ちしているより喋っている方が

長い運転手も大勢います。狭い道路を占領している感覚等は先ず無いに等しいです。

街中の到る所には駐輪場があって、バイクを預けるのですが・・そこには殆ど男性

が働いていて入口ではチョークでバイクのシートにナンバーを書く人、紙片に番号

を書く掛りの2人がいる。出口には紙片を受け取る人と料金を受ける人がいます。

日本円で20円位です。レストランなどではバイクで乗り付けると預かってきちんと

順番に整列させる掛りの人がいる。係の人は顔を覚えていて、帰る時は走って来て

バイクを間違わないで出してくれる。その時お金を支払うようになっています。

市場などでは男性に多いのですが、バイクに乗ったままで凄く大声を張り上げて物

を買う人が多く、傍で順番待ちなどしていたら全く疎外されて忘れられている場合

もあります。店の人は大声のバイクまで品物を持って行く『全く敵わない!』

自分の事しか考えてないから譲るとか遠慮すると言う感情は無いらしく、大人しく

しているとー何時まで待っても買物ができない有様です・・(@_@;)

    {順番}と言うものはありゃしない状態です。

スーパーのレジも後ろから平然と入って来るし何の為に並んでいるのか?解らない

そんな事が沢山あります。ま、自分さえよければいいのでしょうね・・(-_-メ)

遠慮も羞恥心もない国だから・・それが当然のようにまかり通っています。バイク

では前後で大きな荷物を運ぶ人達も多く、恐ろしい感じで交差点や角を曲がって行

きます。でも、それが凄く上手だから吃驚します!!

ベトナム人にとってのバイクは大仰ではなく≪命の次か?命より大切な物≫だと思

われています。自分の事しか考えない自己中心的ですが何たって自分が大事な国民

気質だと思われます。不思議な感覚ですが、ベトナム人にとってのバイクは特別で

何よりも大事な足代わりだからです・・(*^_^*)

現在はバイクの駐輪場も大型店には地下駐車場があるし店やレストランでも機械で

ナンバーを確認したりカードで通過させたり入れたりするシステムにすっかり変化

していました。露店や小さな店では乗りつけ食事をしていても昔ほどバイクの盗難

もなく、平気になっていましたが・・それだけ裕福になった部分もあるのでしょう

それでも、未だバイクは高級品ですから必ず部屋の中まで入れるのは全く変わって

いませんでした。狭い家の中でも寝る部屋だけしかない家でもバイクを傍に置いて

寝ていた時代から、玄関の中に入れて玄関の鍵は普通の家でも3つから4つ位は鍵を

掛けています・・今の時代でですから驚きますが・・(-_-メ)

それだけ空き巣が多く殺傷事件は凄く少ないですが盗難件数は底知れないほどあり

これは現在も変化がないようです。ひったくりも多いです。バイクに乗っている人

のネックレスやバッグ(斜め掛け)などは引き千切って取られます。これもあまり

変わっていませんでした。私は布の子袋にお金を入れて、お腹に挟んで出かける事

にしていて、何時もバッグはちゃんとした席以外は持った事がなかったです。

  〔大方の女性はバッグはシートの下に入れて店に入る時に出しています〕

そうそう、駐輪代金は少し値上がりしていました時代でしょうねぇ・( ^^)

今朝もかなりの冷え込んで・・座っているだけでも足元がジンジンと冷えて来るの

が解る程です<雨か雪でも散らついたのかなぁ?>道路がしっかり濡れている浪速

の朝が開けましたが1日が早いです・・( 一一)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/08(Sat)
寒い日でした。北風が強く吹きもう、真冬の様な感覚が私には感じられて・・大袈裟

な格好を部屋の中でもしている・・!(^^)!久し振りに親友にTELを入れたら、娘婿の

手術が早くなって年内の手術が決定したと言う話に吃驚してしまった・・(@_@;)

腎臓を移植するようで、父親からの親子間の移植手術だと言っていた。末期の腎不全

の対象が早くなったことへの驚愕と、彼女が孫から手が離せないことや様々の事を考

えて胸が潰れそうな気持ちで聞いていた・・><;

ご存じのように腎臓は左右一対にあるから片方でも恒常の生活ができる様だが、悪く

ない臓器を取り出し移植することに色々と考えることがありました。勿論、我子なら

間違いなく私も提供すると思う。しかし、父親もよく知っている人だからその心中は

察するに余りある。彼女は私は手助けだけしか出来ないけどと言っていた・・(-.-)

現在は末期腎不全による透析患者は多く、移植希望者も沢山いるそうです。でも適応

のガイドラインにも難しい問題がある様で、遺伝的に関係のある親子間の移植が現実

には多いと言われていると聞きました。そして、早期の退院の為にも筋肉の切開では

なく腹腔鏡手術等も傷が少ないため行われる事もあるそうですが、彼の場合は確定は

していないとの事で・・心配していると言ってました。その程度の知識しかないから

本音では正直理解できていないが・・何とか無事に成功して欲しいと祈っている!

※或る夜の出来事

夕方から激しく雨が降りだしていた。息子がビデオの続きを見たいからと言って来た

夜でした。それから30分もしたでしょうか? やけに外が騒々しい??何時もの騒音

や声だかに喋る様子ではなかった。そこにサイレンの音が大きく聞こえたので驚いて

窓を開けて外を見た。向い側に消防車が2台、ジープのパトカーがやって来て赤と青

のライトがかなりの速度でくるくる回っているのです。向いには割と大きな消火栓が

あってそこから2本のホースが出ていた。

その横にはボイラーが唸り声を上げる様に作動して焦げくさい臭いを発していました。

薄い煙も出て周囲はモヤッとして煙が充満していたからそこが燃えているのかしら?

と錯覚したほどでした・・(/_;)じっと見ていると、消防士の人も公安(警察)も皆

は左の方向を見ている様子だけでその場所からは全く動かない。

息子に『火事らしいから見てくる』と言って屋上へ上がったが、さっぱり何処なのか

見当もつかない。焦げ臭い臭いはしている・・けれど場所が全く見えなかったのです。

左側へ向かって走って行く人が多いので、きっともっと遠くなのだろうと思い今度は

外へ出てみたが・・そこでもよく判らなかった・・(-_-;)黒煙は流れ出していたが!

目の前の長いホースは水を思いきり吸いこんで膨れ上がっているのだが・・驚いた事

にそのホースの上をバイクが何台も通過する事でした・・\(◎o◎)/!

消防士も何も言わない!公安が規制している訳ではないから仕方ないのかもしれない

「しかし、普通は通行止めになる道路ではないのかしら?」なんて驚きながら消防士

の数人を見ていたが誰もそんな事には関心がない様で左側だけを見ている・・(-_-)

日本の消防車とは全く違っていて・・何処がどのように違うのかの説明はできない私

ですが。何せ見ていてボイラーがフル回転している割には水量が少ないのか?パワー

不足で心細く見えた「これじゃ燃えちゃうよ!早く!早く!」と心の中で叫んでいた

のですが・・(-_-メ)かなりの時間が経った気がしたが一向に消防士の人たちは動か

ないからずっと歩いて、左側の方へ行ってみたら・・途中でバイクが渋滞して停止し

ている。そこからは動けない。歩道までバイクが乗り上げていたからです・・><”

{どうして、こんな非常時に道路を封鎖しないのか?お国柄なのか理解できない}と

思いつつ戻ってきた・・幽かに黒煙から白く薄くなって臭いも風の向きが変わった様

でそれ程感じられなかったから・・多分、鎮火されたのだと思った・・(#^.^#)

家の前まで来ると消防士が数人ホースを終いだしていた。長いホースの上をそれでも

バイクはその上を平気で通って行くのです・・驚きの光景でした・・(@_@;)

「いやー、これも国の違いなの?」と思いながら理解できないことが又1つ増えた気

がしました。そして凄く不安に感じたのも事実です。こんなに悠長に消火作業をする

国民なんだと思えて・・恐ろしくもありました。道路の封鎖もないし、消防車も古い

型の車両だし、ボイラーも煙を出す有様の物しかないみたいだったから本当に仰天し

たのです!!偶々、息子が傍にいたから心丈夫だったけれど、1人の時はどうしたら

いいのか?とか真剣に考えていました・・(;一_一)

**やっぱり、ここは日本ではなくベトナムに住んでいると言う意識を高く感じた夜

  でした**息子は「心配しなくても大丈夫だよ!」なんて暢気に言ってましたが

現在は消防車も新しくなっているようですが・・でも、たった1度きりそれも確実に

見た訳ではないのですが・・火事は少ないみたいです・・「どうしてなのかしら?」

原因も場所も解らないままで終わった火事騒動でしたが・・(^^ゞ

暫くは恐怖感があり神経質になっていましたねぇ・・(-.-)

折角洗濯を干そうと思っていたら急に激しく雨が降り出し仕方なく、風呂場へ持ち

入り吊下げていたら・・さっき止んだ気配を感じて又干してきたが、酷く激しい風

が吹き出して来ています。冷たい雨で明けた浪速の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/07(Fri)
夜中に降った雨が早朝まで暖かさを残していて、気温は思ったほど下がらない朝で

したが、風が酷く冷たく強風に逆らうように歩いていました。姪の家に到来物のお

福分けをしに出かけた。久しぶりに姪は家で仕事をしているとか姉は友人の子供が

転倒事故に遭ったとかで見舞いに出かけ、2人だけでお昼を頂きお喋りして来た。

「お節料理を半分手伝って」と言うので私は1人でも一応、重箱に入れる程は作る

ので色々節約を考えて半分づつそれも子供が3人もいるから本来のお節料理は余り

好きではないとの事!唐揚げや焼豚などが欲しいと言う・・時代は変わっても姪の

家では手作りすると言うので感心した・・(#^.^#) 娘は数年前からお取り寄せの

高級料亭のお節を依頼するようになったから私はずっと1人で過ごしてきたが・・

来年は賑やかになりそうです・・( ^^)

※日本では見かけないこと

天秤棒を担いで、ノン(日笠)を被った売り子さんは殆どが小母さんであり、若く

ても、子供がいたりする人が多い。大抵が女性です。どんな商売をしているのか?

一寸思いつくままに書いてみますと、果物売りが多いでしょうか?その人によって

西瓜が前の籠、後にはライチ、リンゴなど、又バナナ売りはバナナだけしか売らな

い?何故か解らないが・・(-_-)

それなりの仕入の方法で果物はミカン、ザボン、ドラゴンフルーツ、マンゴスチン

グアバ、アセドラ、ココナッツ、龍眼等を販売している。一応壊れやすいブドウや

イチゴは店でしか売っていない。マンゴー、パイナップル、ドリアン等は市場で売

っていて天秤棒で売っている姿は見た経験がない。 屋台で出している店はあるの

だが大抵は市場の野菜やで売っているのが多い・・(#^.^#)

偶にリヤカーいっぱいのバナナやスイカ、ドリアン売りが通るがそれは大方が若い

男性で・・重いからだろうと想像していましたが・・あれ程山積された果物が帰路

には殆ど半分以下になっているからどれだけ売れるのか?またどの位の距離を走る

のか?「何時も凄いなぁー」と思って見ていました・・( ^)o(^ )

フォーやの店は多いが屋台でも天秤棒担ぎでも売りに来る。道路に座りこんで食し

ている人は多く私も何度も体験したものです・・美味しかった・・(*^^)v

お強やさんがいて、七輪に練炭を入れ熱々を売ってくれる。これも天秤棒で売りに

来る曜日が決まっていて・・好きでよく色々な種類のお強は食した。ベトナムでは

砂糖やココナッツをかけることが多く、最初は塩と胡麻でしか食べた事がなかった

から驚きましたが・・(@_@。小豆や緑豆、花豆、鶉豆、黍、粟等もあって、紫色や

黒米、赤米のお強もありました。凄く売れていましたねぇーー安価でしたから・・

当時20円位でご飯茶椀に1杯強はありましたから・・半分でも十分お腹が膨れた。

ワッフル売りの小母さんが時々家の前に来て座って焼くので、いい香りがして連ら

れ下まで降りて買いに行きました。その場で焼いてくれて熱々を食べられる。何時

も練炭を持って歩いているのです。お強やも、フォーやさんも然りです。頭の上に

乗せて歩くのはピーナッツ売りで{ベトナムの特産物}先ず日本のピーナッツとは

全く違うのは蒸したもので、乾燥していないから、べったりとした感覚が余り好き

にはなれなかった・・(-.-)

コム(皿飯や)は至る所にあって、屋台もあるし店が殆どだが、早朝5時頃から店

は開いているし、おかずも殆ど決まっている。卵焼き、豚の香草焼き、大根と人参

のナマス、スープが付いて100円程でした。骨付きの豚肉は結構どの店でも香草が

効き美味しかったです。毎日でも食べられました。店によっては卵にひき肉を入れ

たものやトマトが入って蒸した卵もありました。 バインミー(パン)は何処でも

路上で販売していました。中身は本当に色々ありますがハム、ベーコン、肉のパテ

目玉焼きを入れたり好みで値段も違っていましたが・・仏パンが美味だから唐辛子

を沢山入れる人やコリアンダー(パクチ)多めとか、ニュクマムやチリソースまた

マヨネーズをかける人もいて・・それでも80円位でした。  最近は缶詰めの魚や

肉団子などを焼いて挟む店も増えて、味の種類も豊富になり値段も少し上昇してい

ました・・それでも130円位でしたが、一寸した店の中では200円位取られました。

そこは温めてくれるサービスもしていました。

◎歩いて売っている物=本、小間物、宝くじ売り、新聞売り、靴磨き、財布、花や

靴、サングラス、手袋、マスク、アクセサリー(髪飾りなど)。

◎自転車で売っている物=ネズミ捕りの金網〔口上入りで大声のスピーカーが通過〕

貝類、毛バタキ、箒、ござ、スリッパ、タオル、卵、パン、トイレットペーパー等

飲物〔生ジュースや甘味類〕ドーナッツ、トウモロコシ、揚げパン、ケーキ類。

◎リヤカーで売りに来る物=野菜、果物、バインセヨ{お好み焼きのようなもの}は

その場に停って作ってくれる。トウモロコシと海老を焼いてくれるのもあった。

ま、4年前に行った時は<大方が自転車や天秤棒担ぎの人達は車の増加で多分、少な

くなったのだと思いましたが>・・屋台の店が凄く多くなって、歩いて売っている人

たちが減少していました・・(-_-メ)

豊になったのもあると思いますが大体は店を持っていたり、店の前を屋台やに貸して

いる店舗が随分増加していて驚きました・・(@_@;)

勿論、未だ大勢の人が歩いて売っていたりしますが最近は小型のトラックに多種類の

野菜や果物を載せて売っているのを見かけました。コンビニやスーパーの影響も多々

あるのでしょうが・・ベトナム商法も随分変貌して来ました。大型店舗が沢山出来て

ホーチミン市内中心部には先ず自転車や天秤棒担ぎは見かけなくなって来た感じです。

しかし、1歩中道に入ればそこは以前のベトナムが生きていて・・(*^_^*)

大勢の人がお風呂椅子に座り何かを食べている光景は絶えず見られる・・うふふふふ

中国もそうですが表面は美しく着飾って、何処からも文句がでない位街中は整理整頓

されていますが・・ホーチミンの場合は区によって随分その格差が未だあります。

洗練された1区ではなく違う区に出かけてみると、その違いが慄然とする位の驚きが

味わえられてベトナムに来た・・ベトナム料理を食べたと言う気分に今もさせられる。

今冬1番の冷え込みとかで、本当に寒くて部屋が暖まるまでぐずぐずしていましたー

そんな浪速の朝は太陽が眩しいです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/06(Thu)
朝は割合晴れて、風は冷たかったのですが「病院へ行こうか?」暫し迷ったのです。

薬は未だあったのですがお正月休みに入りそうな予感もあって・・何時もの何も考え

ないいい加減さで・・突如決めて神戸まで行って来た。どうしても10年近く住んだ街

だから、神戸線に乗るだけで「ほっと」するのです・・(#^.^#)

駅から娘に連絡して、体調が良ければ寄るけれど具合が悪いようならそのまま帰る旨

を知らせた。珍しく婿殿は研修で遠出していて寂しかったのか?「待っている」と言

う返事・・( ^^)買物も頼まれる「やれやれ親馬鹿まだやっている・・(@_@。」

病院の中はま、風邪引きさんばかりで、咳や熱のある人マスクをしている人が10数人

もいて・・こんなに流行しているんだ!「病院で風邪を貰ったら洒落にもならない!」

わざわざ神戸まで行くのは娘の家が近くにあるのと長年通っていた事、血液検査をする

約束があったからです。先ず、毎年2回は検査をしていた。帰国都度、検査だけは続け

てきたが去年はストレスから異常に痩せて酷い貧血状態になった・・(-_-メ) しかし

今年は少し太って来ているし大丈夫だと思うのですが・・次回まで来院しないと検査

の結果は教えてくれないとの事、神戸までの運賃と、検査、診察、薬で1万円弱が飛び

ました「あーあ。健康維持のためとは思いつつ高い病院代です」

※真夜中の奇音

ザーザーザー、ダンダンダン、ドォー、メリメリ、ドッカンと言う猛烈な音がして目

が覚め飛び起きてベランダのカーテンを開けてみたが漆黒の闇で街灯も切れていて何

も見えない部屋の電気が明るくて外が見えないのだろうと思い電気も消して見てみた

ら、玄関の前の国道沿いに大木が植えてあり木陰を作る様になっているのだがその樹

に激突した様にトラックが停まっていたんです・・\(◎o◎)/!

樹木の下には花壇があって赤や白の熱帯の花が白い小さな柵で囲まれて楚々とを咲い

ていたその上にタイヤが乗っかっている状態。時計を見ると午前2時20分。人影は見え

ないから「もしかして・・?」何て不安な気持ちが心の中を一瞬過った・・!(^^)!

でも、出て行く気持ちにはなれず「言葉も解らないし、どうしたら?」と困惑してい

たら、トラックから男性がでてきて・・凄く凄く安心した。向いの窓に電気が点灯し

て数人の若い男性が走って出てきたので本当に嬉しかった・・(*^_^*)

柵を薙ぎ倒し樹木に体当たりした感じの様子でした。 何せ、自分の家の前だから気

になって・・すっかり目覚めたのでずっと見ていました。怪我はしていない様子!!

でも暗いからわからなかったけれど、数人の若者は懐中電灯やハンマーのような物を

持って声高く騒々しく喋り出した。何人かの人も駆けつけた様で、4,5人位の人々が

真夜中に集合した感じでした。その中に車に詳しい人がいるようで、何かを説明して

命令するように運転手らしい人に言っていました。

運転手はトラックに乗り、何度もエンジン音を吹かせ10数分掛りエンジンが鳴りだし

た。数人で何回も持ち上げて漸く道路まで降ろした気配でした。それから、車の中を

改めているようで、電気関係の人なのでしょう・・彼も何度かフロントの中を点検し

たりしていました。動いたようで、運転手が向い側の空地まで動かして行き、そこで

今度はハンマーか金槌の様なもので、フリント部分や横を叩く音が相当続いた。

それ程静かではない道路だが〚真夜中でも車は走る。バイクが殆どないから車は昼間

よりスピードを上げて通過する〛その金属を打つ音がそこらじゅうに響き渡った・・

それでも起きてみている人はなく、殆どが眠っていたのかも知れません・・(^_^;)

車の下に潜ったり、横から前からと街灯の点いている前で叩いているのです!

凡そ30分近く叩いたり大騒動があったあと、運転手はトラックに乗り立ち去ったので

数人の男性は各々、お喋りをしながら家に帰って行きました。 大体40分位も窓から

覗いていた訳で・・私はすっかり眠気も覚めてしまい、仕方なくベッドで本を読んで

いたら何時の間にか眠れたようです。朝、直ぐに玄関の重いシャッターを上げドアー

を開けてみました・・見事なほど花壇が壊滅状態で柵も通過した後を残したままでー

壊れていました。{市}でしている事だから、ましてや外国人だしと言い訳を考えな

がら何もしませんでした。{どうしていいか解らないし、この国のやり方とかもある

かも?余計なことだったら?}と思ったのです・・( 一一)

只、電線がぶら下がっていました。私の家の前で切れていたのです。怖いからそっと

しておきました。8時頃になって、隣の小父さんが家を訪ねて来て「電線はお前の所

だろうと言い始末しろよ!」と言うのです。『えーえ。日本人だったのです。今まで

会ったことは何度かありましたが、口を聞いた事もなくベトナム人程度に黒く日焼け

していたから・・日本人なんて思ってもいなかったのです・・(@_@;)でした。

私も日本人相手ですから「夕べ車が樹に衝突し切断されたのではないですか?関係ない

ですし、貴方からそんな言い方をされる事は何もない筈です。随分失礼な人ですね!」

っていい返しました。小父さんは毒気にでも当てられたように家に入って行きました。

それから電気屋がきて、電線の工事をして行きましたが、幸いな事に私の家の電線で

はなかったようで電気も点いていましたから・・案外隣の家だったかも知れません。

だから怒って来たのかも?と思っていましたが・・(-.-)あれ以来1度も顔をみせない

し・・隣に日本人がいる事を初めて知りました。無残に潰された花々を午後になって

清掃の小母さんたちが引き抜きゴミとして処理した様でした。

ベトナムに来て初めての大きな事故だったけれど運転手に怪我もなく乗って帰ったの

で何か安堵した気がしました・・( ^^)

《師走の嵐なのでしょうか?》ゴミを出しに玄関を出たら強風が吹いていて、頭から

スカーフを被りゴミを置いて来ました。低気圧がまた大暴れするとか言っていますが

今年は早い冬将軍の訪れがあるかも知れない浪速の朝です。

◎好きだった中村勘三郎さん・・泣きました!ご冥福をお祈り致します・・合掌
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/05(Wed)
師走の風が異常に冷たく感じるのは私だけかも知れませんが・・特別、大掃除もなく

引っ越して5ヶ月。やっと部屋の中も外出にも慣れて生活が落ち着いてきたかしら?

そんな日々ですねぇ・・(#^.^#)昨日は陽光が後出しの様に差していましたが・・

風の力が強かったせいでしょうか?結構、寒さを感じた日になりました。1駅乗って

銀行へ記帳等したり数ヵ所の銀行がその駅にはあり、1度で済むことが嬉しく時々は

出かけてる。歳末のせいで大型店やスーパーは賑やかなのだが・・古い商店街が好き

でそこへ行くと商店街をぶらぶらして大きな店には行かない・・(-.-)

寂れて数軒は閉じているのだが・・歩いていると昭和を思い出し懐古の情を彷彿とさ

せてくれる・・買い物もし易いし、安価です。 「安くしないと売れなくて」と言う

店主との会話もそれなりに出来る様になり、慣れてきた・・ははははは

※チャーカーとオック・ニョイ

ハノイの名物で何度か食した。ベトナム料理は香辛料や香草、唐辛子などの薬味が

本当に豊富だから、それ自体には薄味が多く、好みの辛さや香りを載せたり混ぜる

方法で食するから・・嫌いなものがない・・(*^^)v

ただ、香辛料にしても香草にしても、香や刺激が強いのであくまでも自分の嗜好で

と言う感覚ですが・・香草は何処のレストランでも屋台でも露店でもふんだんに山

盛にして出してくれるから・・お代りも自由だし食べる時は遠慮しなくていい・・

どちらかと言えば中国の影響が強く中華料理的な食材が多く、地方によっては味が

かなり異なる場合があって・・これも好みの問題だと思います。

さて、チャーカー

何度か登場していますが自分の家でも出来るから熱々を食べられ、数も好きなだけ

食せる利点はあります。メコン川で育った雷魚は本当に沢山の料理に使われていて

このチャーカーにも、入っています。いわゆる日本流では“さつまあげ”のような

もので、魚をすり身状にして香草や香辛料を練り込んだものを揚げるのです。

家で作る場合は雷魚を食べ易い大きさにカットして、グリルして、それを潰し、紫

玉葱、コリアンダーを入れて勿論唐辛子もカットして入っている場合が多いけれど

七輪で焼く家庭も多く、少し面倒だが小骨まで入れる。海老のマンネム(塩辛に近い

タレ)大蒜、ピーナッツの粉末、レモングラス、紫蘇、コリアンダー、ニュクマムを

入れたタレをつけて食する。特に食べ方やタレをこのように使用することではなくて

あくまでも好みのタレを自分で作る。それにつけて食べる方法です。

日本の様な厚さではなく結構薄かったり、大きかったりと家庭によってその形も様々

です。市場で売っているのは大きくて薄いものが多い気がしました。半分でも売って

くれます・・( ^^) 家庭では分厚く時間をかけてゆっくり揚げて作ることが多かった

と思います。このチャーカーと相性がいいのは生麺のブンで一緒に食べる事が多くて

ご飯は食べないで、それだけで充分だった気がします。

味は好みだから一慨には言えませんが、今まで日本では食したことのない香草が複雑

に絡み合って口中で色々な匂いが混ざって刺激し合うと言う感覚でしょうか?

しかし、これだけの香辛料と香草を入れるのですから身体に悪いわけはなく脂質なの

にさっぱりしていて幾つでも食べられたものです・・(*^_^*)

香草も根に泥がついた新鮮なものが多く、本当に安価で手に入りました・・そんな事

を思い出しております・・(*^。^*)

オック・ニョイ

は(ジャンボ田螺)のことです。日本では田螺はもう殆ど、食卓には上がらない?

食べ物ですが、田舎や田圃のある場所では食しているかも知れませんが、私は日本で

は食べた事がありませんでした。ベトナムの田螺は凄く大きくて直径3㌢はあると思い

ます。中身をくりぬき全部出してから、カットした田螺ときくらげや香草を入れて蒸

しあげたものです。これには生姜、ニュクマム、唐辛子をつけたタレで食するのです

がコリコリした歯ごたえと香草が広がって何とも言えない美味しさでした・・(@_@。

1人で5個から6個は軽く食べられると思います。一口大に切ってあるから食べ易いと

言う点もありますが・・ま、美味でした!!

ベトナム料理の基本は自分流に味付けして好みのタレで食せることが当然だから、何

をどの様に混ぜても減らしても加えても自由だから、多種多様の味が楽しめる特典が

あるのが幸せでした。誰も何も言わないし、本当に色々な味が作り出せる・・(*_*)

最近はあちこちにベトナム料理店を見かけるし、食材も売っているから、作ることは

可能になってきました。しかし田螺はないと思いますが・・うふふふふ

これは是非ベトナムでご賞味ください。忘れられない味になると思います・・(*^^)v

今朝も冷え込んでいる浪速の朝は既に太陽の恵みが与えられています。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/04(Tue)
抜けるような青空の下、雲が全くないと言う初冬の澄み切った空気を吸いながら・・

外出したい欲望に駆られ・・京都まで出かけました。所が私鉄では座る事ができたの

ですが、人身事故の為遅れが生じていると言うアナウンスがあり、またJRに乗り換え

たら、迷惑な話でローカル線で貨物車の上に人が乗っているのを発見し、途中で停止

大幅な遅れや中止の電車が出ていると言うアナウンスが流れていました・・「また?」

それはもう電車の中の混雑ぶりは想像以上でした・・(-_-メ)1つ遅らせて並び何とか

乗車したのはいいのですが。もう団体やグループの小母さん達と遭遇して身動きが取

れないほどでずーと思い切り押されて真ん中まで入り込んでしまった。

本を読む積りだったが手が挙げられない状態。仕方なく40分我慢して京都駅に吐き出

された。駅構内も人出が凄く湧いてくるように混雑を極めておりました。案内所に行

って(いつもの事ですが、バス路線図を貰う)美術館に行きたい旨を言いチケットが

買えたらまた、バスのフリーパスなどを買う予定が・・(\(◎o◎)/!)

{今日は月曜日で休館日}だと言う↓↓もうこの混雑の中来てしまって愕然となった!

駅前のバス停には数列の人が並んで歩道を歩く事も出来ない程人で溢れている状態。

でも、折角来たので{帰国以来京都へは来ていない}神社でもお参りしてから帰ろう

と思い、清水、祇園、平安神宮、銀閣寺行きにとにかく乗ったが・・余りの観光客の

多さにバスのドアーが閉まらない有様で数人が下りて、やっと出発した。

清水寺でバスの中が嘘のように空いた・・(@_@。観光客が殆ど降りた韓国人、台湾人

中国人の団体、日本人のツアー客も多かった。ま、平安神宮で降りようと思い直し空

いた席に座って発車して暫くすると、信号待ちで走ってきた女性がいてバスの運転手

に1人足りないと言い大声で{◎◎さん降りますよ・・乗っていますか?}と叫んだの

です。老人が漸く気が付いてゆっくり降りて行きました。何だか少し先の我身を見て

いる様な感覚がして信号で停止していて良かったと思いました・・うふふふふ

置いて行かれるところだった老人にバスの中では気がつかなかったのでしょうねぇ。

平安神宮もかなりの人が参拝、観光に来ていました。もう何回も来ているので神社に

直接行き拝礼してそのまま中の庭園は見なかった・・桜時期は外せない場所なのだが

紅葉は美しいとは思うのですが・・桜ほどの興味がなく・・岡崎周辺をぶらぶら歩き

汚濁した川に紅葉した落ち葉が流れて行く様を見ていて・・春のこの川は素晴らしく

花筏になる頃は本当に素敵なのに・・落ち葉が流れていく光景は侘しさと一抹の心の

不安感を煽る心地がして・・真赤な木の葉や黄色の銀杏、枯れて色が汚れた葉や病葉

の流れに自分の行く末を見る感じがして・・瞬時は心の動揺がありました・・(-"-)

多分に、そんな感傷に耽る人などないだろうと思いながら、周辺を歩いていました。

裸木が寒そうに懸命に耐えている姿も哀れを感じていました。 次の春に新芽を新し

い命を育んでいるのだろうとは思いながら寒空に立っている姿には哀愁が漂ってる様

にしか見えなかったからです・・!(^^)!

バスが見えたので乗って駅まで戻り、久しぶりの地下街と駅ビルの中を散策だけして

電車に乗って帰って来た。何の為に行ったのか解らなかったが・・京都は今の時期は

観光客を大口で街中が呑んでいる様に膨張して見えました。さすがに奈良とは違った

感覚があって、人の多さにも仰天しました!お天気は良かったのですが、京都は矢張

りかなり寒く感じました・・(-.-)

◎話は変わりますが・・

先日娘から荷物が届いて、吃驚した事をお知らせしたいと思います。年賀状が余って

要らないので、未だ買っていなかったら送るけど・・と言う連絡があり年賀状は大抵

メールで連絡するようになって。PCのない人にしか書かない主義になり、4年も離れ

ていたから疎遠になり、結構考えていました。親友や世話になった人だけには書こう

と思い10数枚で十分だから何時でも購入できると思っていたのです。最近はコンビニ

でも駅でも売っているのですね・・驚きました・・(@_@。

ま、その荷物が大きかったのでそれも吃驚したのですが、中身を開けたら冬服もあり

ました。殆どは処分していて、セーター類はベッドカバーに変身し、数枚を交互に着

ている毎日でした・・あははははは

暑い国に必要はないから冬物の処分はごっそりしていたのです。4年も経つとそのこと

すら忘れていて・・下着もなく、やっと数枚の下着を買った所でした・・うふふふふ

その中に【爆熱肌着】と言うのが大きな文字で書いてあり入っていた・・(@_@;)

〚その名前に唖然としましたし、そして、こんなのが現在はあることにも驚愕でした〛

アルミの袋に包まれた品は発熱糸使用とありHOT=発熱機能を持つ原糸を使用した爆熱

素材です。LIGHT=綿と比べて軽いポリエステル糸を使用。DRY=水分を素早く吸収して

乾燥させます。ANTIBACTERIAL=抗菌作用があって、気になる匂いの発生を防ぎます。

DEODORANT=消臭作用があり汗の臭いを抑えます。と言う説明書がありました!

どんな下着なのでしょう・・きゃははははきっと猛烈な暖かさと吸収力や消臭がある

のだろうと思いながら・・その仰々しい大きな活字を見て・・本当に吃驚しました。

時代が変わったとは言え〔ヒートテック〕とか薄くなった話は聞いていたのですが

名前も凄いし、裏は起毛のようになっていました。初めて見ました・・( ^)o(^ )

ただ欠点としては毛玉ができるようで「それはカットして下さい」とありました。

いやはや**凄い肌着が出来ているのですねぇ**驚きました!私の知っている時代

は既にかなり遠くなっている感覚を味わい、今では爆発まで来ている事に凝視の思い

でした。知らないことの何と多いことかを肌で感じる時代になったのですねぇ!

昨夜来の雨が6時過ぎ迄続いていましたが止んだ様で音が消えて行きました。今日は

寒くなって気温が上がらないとの予報の浪速の朝です。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/03(Mon)
朝早くから斜め前の家から夫婦喧嘩の声が聞こえる「お前!何時まで掛とるんじゃ!

ちゃちゃとせい!」「何言うてんのや。あんたのやり方があかんからやんか?」

「何!俺は上手いことやってるやんけ!」「ふん!何が上手いね・・腰が入ってない

からそんな少ない量しか掬えへんのやないか?」「うちみてみ!あんたの何倍も掬っ

てるで!」「アホぬかせ!」「全く何の役にも立たんのに口ばっかり偉そうに・・」

何て聞こえ洗濯を干しに出たら「お母ちゃん、ご飯でけたで!」「後はあんたの分や

うち、もうせえへんで」「あの婆!」どうも2人して家の周囲の側溝から泥を出して

いたらしい・・!(^^)!この地も声がでかくて部屋の中にいても筒抜けである!!

※水がでません・・

午前中まで普通に出ていた水が午後になって急に1滴もでなくなった・・?「どうし

たのか?さっぱり解らない?」先ず《断水?》と思った。私の様に1人暮らしで言葉

も出来ないからその連絡が来ないのか?来ていても解らないままでいたのかしら?

なんて考えていました。嫁にTEL《断水?》ってあるの?と聞くと「あります」と言

われ「やれやれ断水か?困ったなぁ。ボトルの水を使うしかない・・でも、何時まで

なのかも解らないから本当に困ってしまった・・(-_-メ)」嫁が会社に連絡してくれ

たらしく、ベトナム人のTさんが会社から来てくれた。5F建てのビルの屋上に大きな

タンクがあって地下にボイラーがある。水圧が下がるとそのボイラーのスイッチを入

れ圧力を掛けて水量を増やすのです。今までは朝、洗濯や炊事の前に30分ほどONして

置く事を教わっていた。1日に1度はボイラーを回さないと水がでない仕組みになって

いる事を知らされていたから。Tさんはタンクとボイラーを見てくれ「多分ボイラー

が壊れたと思います。私の友人水道やいます。直ぐ来るように連絡します」と辛うじ

て判る日本語で話してくれた。すっかり安心した!彼は帰り私も直ぐに直ると思った

からその気になり《断水》でなかった事に喜んでいました・・(#^.^#)

暫くして、息子とTさんがまた来てくれ「今日は土曜日で友人がいないから、今夜は

我慢して下さい」だって・・と息子が言う・・「あららら・・どうしよう困った!」

「俺のところへ来る?」と言う息子に「いいよ!我慢できるから」と言った後、2人

は戻って行った。

食事、トイレ、シャワーの事が頭の中を走った・・「どうしようか?」・・(・_・;)

外は雨が降りだして酷い天気になって来ている。冷たいご飯しかない。雑炊にしよう

かな?とか思っていたが蒸し暑いし、冷ご飯でおかずを温かいものに変えて作り何と

か夕食はそれで終えた・・お茶碗や、お皿はお湯の中で沸騰させ拭いて片づけたがー

シャワーをどうするか?人間とは面白いもので・・思いがけないことが突発的に起き

ると何とか知恵を絞り、何とかするものでそして何とかなるものです・・うふふふふ

タオルを数枚少量のお湯で絞り、体を拭いた。それも飲料水を使用するのものだから

本当に考えながら・・もしかしてこの国の事、明日は日曜だから休みかも知れないと

思ったり頭に中が錯綜していました・・(;一_一)

さて問題のトイレです。暑い国ですから水分は2㍑は摂っていましたから・・極力に

最低の量でとか?考え冷蔵庫に冷やしてある水(ペットボトルで6本)は毎日入れ替

えしていた分を少なくした。ま、飲み水は購入する事も可能なので然程の心配はない

と思っていたのですが・・問題はトイレです・・!(^^)!

所が幸いな事にこの家はビルで、5Fそれも各階に部屋ごとにトイレが付いている事を

思い出したのです。全部で7つありました・・(*^^)vその都度、下から順番に使用が

出来ることを思い出して・・心の中で笑みが零れました・・ふふふふふ

「あー何て仕合せなこと・・ここに住んでいて良かった」と何度も思いましたねぇ。

これでトイレが1つだったら。その度に、飲料水を持って行かねばならず状態でした

から何よりも嬉しかったです・・(*^_^*)夜まで心配もなくトイレを使用するのに

階段を上がり今まで1度も使った事のないトイレを使用した。明日来てくれるにして

も何時か解らないから・・全部は使えないとも考えていた・・(-_-)

有り難い事に日曜日の翌朝、9時にTさんが水道やさんを連れて来てくれた。ベトナム

では珍しいことです・・ははははは それでもどんなに嬉しく頼もしく思えたか知れ

ませんでした。彼はボイラーの壊れた場所を直ぐに見つけて割合短時間で直してくれ

本当に安心しました。凄い音がしてボイラーが回ると台所の水が出てきた。 各階の

トイレから水洗だから満水にするためあちこちから水の音は聞こえて・・心から安堵

した事を覚えています・・(*^。^*)

水が全く出ないと言う経験は初めてでしたから・・未だベトナムと言う国での生活が

始まって間がないころの話ですが・・大抵の家には大きな甕か?ポリタンクに雨水を

貯めておくのが習わしだと後で聞かされました。それ以来この家での断水はなかった

のですが1軒家に住んだ時は何度か断水があって・・大きなポリタンクを準備しないと

駄目でしたが・・(/_;)震災で水が出ないことの大変さをその時凄く感じたものです!

他人事ではなく、どんなに辛く大変な事であったかを経験したことのない人には理解

出来ないことだろうと思っておりました!現実に体験するとその事がどれほど困った

問題であるかを痛感したものです。たった1日だけ水がでないことで支障が出る事を

考えさせられた時間でもありました。あの大きな地震を経験された方々の心中は私等

には計り知れない気がして・・帰国して初めて心から未だ復興されていない人々の心

を考えなければいけないと思いました・・<(__)>

凄く大変なことなのだと・・それでも人間の底力は凄いもので何もなくなっても生き

る術を見つけなければならず、現在も苦痛や障害を多々抱えた人々の心中は推量出来

ませんが・・今度の選挙で何とか?いい政治になり復興して頂きたいと願っている。

今朝もかなり冷え込んで寒い朝の浪速です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/02(Sun)
朝の天気が次第に崩れて時雨れてきた。山の方からやってくる暗雲は冷たい風を伴い

時雨が近づき、何度か洗濯物を出し入れした。午後からは日差しが勝ってきたのだが

もう、最近は乾燥することはなくて部屋の中で湿気を増加させている塩梅かな?

数ヶ月ぶりにPCの遠隔操作で教えて貰う事になった。時間が解らないから、多分手の

空いた順番なのだろうと思うが・・突然「これからら如何ですか?」と言われて・・

「あー、はい!お願いします。PCを立ち上げますのでお待ちください」なんて言って

自分で作動ミスをしたところや表示などで解らないことを色々と助けて貰い気がかり

だった場所がなくなって・・凄く嬉しかった・・( ^^)特別に不自由ではなかったの

ですが、以前の画面に戻って「ほっと」しました。何せ中身はベトナム製品ですから

時折、英字とベトナム語が唐突に流れる事もあるPCです。でも日本製品だからとT社

に帰国後直らないかしら?と連絡したら無理だとの事でがっかりした・・><;

※小包み

娘から小包みを送ったとの電話があった。このベトナムでは小包みの配送はしない!

郵便局とも扱いが違うのです。〚荷物が届いています。何月何日までに取りに来る様

に・・〛と言う用紙が先ず届いた。ピンクの用紙にベトナム語がびっしり書いてあり

最初は全く分からず、名前だけはそうだから娘の荷物だろうと見当をつけた。

もう1ヶ月はかかっていましたからすっかり忘れていて・・この用紙は手紙のように

家まで配達されるのです。初めての経験だったから息子に連絡したら「直ぐに行って

も受け取れないから日付を見てごらん」と言われた。全く何処に日付が書いてあるの

かさえ皆目判らない私です・・(^_^;)何処?数字は沢山色々書いてあるけれど、どれ

か解らない?」と言うと彼は忙しかったのでしょう「そんな事も解らないの?」って

叱られた!「仕方ないよ!だって全然読めないし、数字も日本とは書き方も順番も違

うから・・その上人によっては数字を書く字に癖があるから読みずらいったらありゃ

しない!どの数字か?」判断ができなかった。息子は「あとで連絡する」と言い電話

を切った。翌日、嫁が家まで来てくれてその用紙を見せたら「これから行こう」とー

彼女のバイクの後ろに乗り、郵便局の隣の大きなビルに入った。大きな荷物を持った

人がやたら出入りしているのを見ながら中の様子を見ていると、どうも送付する場所

と受取場所が違う様で、勝手知ったる彼女はどんどん中へ入って行く後をうろうろと

しながら・・物珍しくあちこち見ながら連いて行った。1番奥にその場所はあった。

大勢の人が待っていました。その時、配達された用紙とパスポートを渡して「椅子に

座っていると呼ばれるから」と言われこれ幸いにと遠近の係の人の様子や仕事ぶりを

見学していましたねぇ・・(#^.^#)

もう見ていると様々な人がいて、身分証明書を出し荷物を受け取って行く人や荷物を

預けに来る人や、サインしている人、掛りの人と言い争っている人なども多く面白い

光景に飽きず眺めていました・・窓口になっている奥では荷物を開封している女性が

数人いて机の上に山の様に積まれた荷物を1つずつ開けて中身を取り出し検査みたい

な事をしている。「どういう理由で開封されるのか?何か基準があるのかしら?」と

思いつつ偶々私が見たのはCDと写真集、本などが入っていたようで、係の女性はCDを

電灯の光に当てて透かしてみたり、本をパラパラと捲って写真も1通り見ていました!

そして重さを計り、納得したのか?そばに置いてある大きなガムテープで封をして元

に戻したのです。アトランダムに選別して開封している様子でしたが、凄く不思議感

一杯になって、彼女の手元が酷く気になっていた私です・・うふふふふ

反対側のカウンターでは掛りの女性が受け取りに来た若い女性に本当に何度も何度も

執拗に説得している様子・・(-"-)どうも中身は薬だった様で、この国でも薬は送付

出来ないみたいでした。「どのような検査で危険でない薬を判別するのか?」「専門

家がいて毎日その検査ばかりしている掛りがあるのかしら?」なんて想像していたの

ですが・・余り大きな箱ではなかったが錠剤や乾燥した薬草の様なものが入っていた。

そんな事を見ながら、色々と考えていたら名前を呼ばれた様で私の荷物を受け取る時

が来たらしい。幸いな事に税関の封印と印鑑が押されたままで開封されていなかった。

ここで又、初体験しました。受け取る時に税金を支払わなけらばならない物もあると

聞かされていたのですが・・私の場合は小額でした。それでも手数料は必要でした!

「きちんと税関を通過したシールが貼付されてあっても開封するのだろうか?」など

の疑問が残ったが「国内だけの荷物を開封しているのか?1日どの位の荷物を開封し

たり、処分したり処理するのだろうか?」等の疑問が沢山追いかけてきて・・珍しい

経験をした日になって未だに記憶がしっかりと残っています・・(-.-)

現在は日本通運や佐川急便等が入っていて、荷物の集配も可能になっています。ここ

に書いた話は以前の事ですが・・それでも宅配便の利用は未だ殆ど普及されていない

と思います。これから発達する分野だろうと思いますが、こう言うシステムで流れて

いる風習を変化させるのには時間が必要だろうと思いました。 この時も国の違いを

まざまざと見せつけてくれました・・(@_@。

ベトナムの郵便や通信事業は現代ではかなり変貌して来ていますが、簡単にTELだけ

PCでと言う使用は未だ庶民にまで浸透していないのが現実でした。

ま、遅かれ早かれそう言う時代になるとは思いますが未だ荷物をバイクに積んで運ぶ

事が多い国ですからその辺りは未だ未開の部分が沢山ある様に思いました・・( ^^)

今朝は晴れやかな太陽が早くから昇ったもののかなり冷えて暖房が設定温度まで中々

上昇しない浪速の朝になりました。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムから浪速へ・・・(混乱記)
2012/12/01(Sat)
珍しく快晴で日差しも弱いながら当たった1日になりました。気温はそれ程上がら

なくて部屋の中にいると肌寒く感じて暖房を終日入れていました。温度設定をして

居るから自動的にスイッチが入るみたいです・・何せエアコンを使用することなど

長い間なかったからで・・このエアコンも真夏に水が漏れて新しく購入された物ー

説明書もないから判らない{最も説明書があっても殆ど読まないし、読んでも理解

できる頭ではないから}・・あはははは

使用出来ればそれで十分の人です。ベトナムに住んでいた時もクーラーは各部屋に

付いていたが全く使用しなかった・・暑いけれど空気が乾燥しているから、扇風機

だけで充分でした・・(#^.^#)

新しいベトナムニュースが入って来ましたが未だ正式な発表ではないとの事ですし

結構、内密裏に話だけが先行する国ですから、嘘ではないのですが・・頓挫する話

も多々あります。国が発表してから初めて事実と解ることが多い国なのです。

※何よりも自己主張なのですね・・

この家にいると何だか毎日のように色々なことが起きてそれが物珍しく見知らぬ国

の出来事だから興味津々状態の生活をしていました。朝7時前でした。今日は風が

涼しく気持が良いものだから部屋の中に風を入れたくて・・道路際のベランダの窓

を全開していました。道路を挟んで向かい側には洋服やがあり、その隣には飯屋が

有って、大勢の人が朝食を食べていました。

何時もの光景だから、見るともなく見ているとそこに物売りの女性が来たのです。

食事中の男性4人組に何かを売っている様子が見えた。何だろうと思ってずっと眼

を離さず見ていると凄く執拗に1人1人に差しだして買わせようとしているのです。

4人の中の1人が余りしつこいので物売りの小母さんの手を払いのけたその瞬間に

小母さんは転倒して、隣の洋服屋のショウウィンドーのガラスに思いきり当たって

尻もちをついて倒れた。割合大きな音がしてそのガラスに罅が入った様子でした!

この場所からははっきりとは見えなかったのですが・・!(^^)!

するとその小母さんは猛然と怒りだして男性に掴みかかっていきました。食事中

だったから相手にしていなかった男性は段々腹が立ってきたのでしょう・・><”

その小母さんを少し離れた場所へ引っ張って連れて行き大声で喚きだしたのです。

きっと「食べてる最中に煩い」とでも言った感じでした・・(-_-メ)

そこに残りの3人の男性がきて宥めたリ、止めたりしながら喋っていました。しかし

決して自分の主張を変えないのがこの国の人の性格です。強烈な言葉のやりとりが暫

く続きました。その時、洋服やの女性が出てきて、今度はガラスの事で喧嘩になって

4人の男性と洋服屋の女性との争いになった。転んだ小母さんはヒステリーな声で泣

き喚き、洋服屋の女性との喧嘩も相当激しくて・・ま、彼女はガラスに罅が入った事

は事実だから男性たちも最初は負けていなかったがその内、面倒になった様でした。

その上、その店にいた客も加わって大騒動になりました・・\(◎o◎)/!

全く違う場所にいた男性が泣いている小母さんを横に連れ出し慰めていました。洋服

屋の女性と男性たちはガラスの事で言い争いしていたようだが・・結局はお金で解決

したようで・・彼女にお金を渡して4人連れは帰っていった。

納まらない小母さんは去って行く相手に向かって凄い声で罵声を張り上げていました。

が、洋服屋の女性がその小母さんにお金を少し握らせたようでした・・ぶつぶつと言

いながら荷物を持って何処かへ去って行きました・・(-_-)

こんな場面は本当にしょっちゅう見かける。確かに男性は行き過ぎた行為だったかも

知れません。でもわざとではなかったと私には見えたし、物売りの女性の執拗さにも

異常があった気がしました・・(-_-;)

ベトナム人は先ず絶対と言えると思いますが《謝ることはしない国民》ですからこの

状況を見ても解る通り〚何がなんでも自分の主張を通しますしそれが第1なのです〛

そして、自分の意見を押し通す事には尋常な感覚ではなく劇的に豹変するのです!!

慣れていないと「どうしてそんなに怒るのか?とか、訳が分からない事が時々あって

驚かされる事も何度もありました」もう自分の主張を通す事が最大の目的に変わり後

の事など何も考えていません。当然の権利だと教わって育っているからです!

日本人の間では「ま、一寸謝って済むことなら謝るし、お互いが譲り合えばいい事だ

と考えます」が・・(-.-)  ≪そんな感情は全くないようです≫

とにもかくにも自分の意見が通るまで派手にやり合います。感情を抑圧したり、また

コントロールすることなど先ず無い国民気質だと思われます・・(@_@;)

ベトナム人はそれほど個人主義的国民で自分を大事にする。その為にはどんな相手に

も負けない程の気迫があって・・女性の方がその傾向が強い様に感じておりました。

何があっても自己主張をする国民でプライドがとても高い国です・・想像以上に・・

  ”きっと暑い国には熱い人が多いのかも知れません・・うふふふふふ”

うす曇りの空が少しずつ晴れてきた感じの浪速の朝は結構冷え込んでいます。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |