徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/05/31(Thu)
心が飛んで行きそうな抜ける青空と暑さがぶり返した昨日はとてもいい天気でした。

久し振りに太陽も燃えている感じがして『じりじり』と肌に刺さる感じがした。

でも、夕方になって雲はかなり発達して、舞い飛ぶ風に洗濯物が酷く揺れていた!

ほんの少々風が運んできた雨粒が道路を濡らしましたが束の間の俄雨でしたねぇ。

外で青空に手を伸ばし大きな伸びをしてみたいほど気持ちの良い暑さでしたから!

室温もすでに34度まで上がり、夜にはクーラーで32度まで数分間冷やしてから

眠りましたが・・最近、目が疲れて(編み物)本を1㌻読むか読まないうちに眠る

様になっています。そして視力も落ち、耳も少し遠くなった気がする・・(/_;)

一寸面白い食べ物をご紹介します・・

※【バイン ザーロン】=Bsnh Da Lon {豚の皮の餅}と言います。

「豚の皮の餅って何?」なんて驚かれるかも知れませんが【Banh=生地そのものの

総称でDa=皮、Lon=豚】主に北部地方で使用される言葉です。だから日本語に訳す

とこんな名前になってしまうのですが・・(*^_^*)

しかし、このお餅、豚の皮が入っていてこのような名前が付いているのではなくて

又ラードを練り込んで作るのでもありません。〔豚〕と言う名前が出てくるので

味付けも塩辛いお餅だと思われるかも知れませんが、全く逆で甘く、お菓子として

食するものです。丁度、〔豚〕の皮、脂身、赤みが重なる3枚肉のように見える事

から名前が付けられたと言われています。

お餅の生地はタピオカでんぶん粉と米粉、砂糖、水を合わせて作るんです。そして

生地の半分に細かく潰した《バンダンリーフ》を入れ緑色にします。黄緑で見た目

には驚くほど鮮やかな色になります《バンダンリーフ》は東南アジア等ではお菓子

や料理に使用される甘い香りのする葉っぱでベトナムではお菓子の色つけに使った

りお米(インディカ米)を炊く時にこの葉を加えて香り付けすることがあります。

特に、ココナッツミルクとの相性がよくチェー(甘味)などに掛けるココナッツ

ミルクのソースを作る時、この葉を加えて香りつけする事があります。

残りの半分の生地には柔らかく茹でてから潰した緑豆とココナッツミルクを混ぜ

ほんのり黄色い生地にします。この2種類の生地を型に流して交互に重ねて蒸し

て行きます。出来上がったお餅の食感は柔らか過ぎず硬くもなく表面は肌に吸い

つくようなムニュっとした弾力が出ます。

日本では(外郎=ういろう)より柔らかく、ゼリーよりかは硬めで、その2つを

合わせた様な食感かも知れません。このお餅は生地を少量ずつ流し蒸して重ねて

行けば多層に、沢山注いで作れば層の数は少なくなります。

その店やその人により作り方は色々です。各生地を本当に薄く重ねてかなり多層

にした物もあれば黄緑、黄色、黄緑とシンプルに3~5層のみのもあります。

ここで名前の由来となっているのは〔豚の皮らしく見える物〕としては矢張り層

の少ないものかも知れません。 大きな丸型のケーキのように作り三角にカット

されて売っています。吃驚する様な色合いですからインパクトは強いと思います!

ハノイなどでは【九層餅】等と呼ばれる事もありこの呼び名は《バンダンリーフ》

と緑豆の生地に拘らず層に作っていくお餅全般を広く指す呼び方だと言います。

◎《バンダンリーフ》はタコの木科の植物で又の名を《バンダナス》とも言って

います。香り、色つけに使う他、丈夫な葉なので、編んでマットにしたり、屋根

を葺いたりするのにも使用されます。(ベトナム料理本より)

お日さまは雲の中で未だ目覚めていない感じのホーチミンの薄暗い朝です。
スポンサーサイト
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/05/30(Wed)
眠り足りた朝は太陽の光がなくてもなぜか心がほんわかしているもので・・( ^^)

「きっと今日は幸せな日になる」なんて何事もなく過ぎる普通の幸福観を求めて

告げる相手のない空間に向け、微笑んでみたりする気持ち悪さもあり、自分でも

可笑しい時があります。生命に活力が吹きこまれ{命が悠々と漂っている}感覚

がするのです。勿論、定められているであろう時間に自然と流されている我が身

はしっかりと感じてはいるのですが・・(*^_^*)

「何所が限界で、分かされ道になっているのだろうか?」等と以前は焦燥感に追

われ、落ち行く心を必死で繋ぎ止める作業をしていた時期がありました。しかし

今は「老いる事は我儘で、銃弾が飛んで行くようなものだし、長年の”しこり”

が、なお堅固になって身を守ろうとする事に気がついたんです。内面では対極的

な争いや葛藤があっても日々何とか暮らせる事を考えれば〚個人的差はあっても〛

充分過ぎる《人生を生きている》と言えると思うように変わった・・(^-^)

踏み出してみて初めて知る事が未だ未だ多い事も『片道切符の人生』を楽しみつ

終焉が来たらこんな嬉しく仕合せな事は無いと思える様に変貌できた気がします!

それにはまず生活が規則正しく、食8分目を守りよく眠り動く事だと昔の言い伝え

を信じ守っているところもありますねぇ・・あははははは

特に長生きを望んでいるのではなく、健康でいたい最大の願望からです・・(-.-)

この頃ずっと午後からは雨がしとしと降り、そぼ降る雨の中、日暮の雨に打たれ

ていますが心はかなり〔晴れマーク〕がついている気分です・・(#^.^#)

※久し振りに中部のマニアックな名所案内です・・{月刊スケッチ本参照}

◎畑の中に眠る巨大な城跡=化州城跡(7~18世紀頃)

フエの古城跡【ホアチャウ=化州城】は1997年~1999年にかけ一部発掘

調査が行われたそうです。古くは7世紀頃、チャム族の城でもあった場所として

有名です。当時の中国製品なども出土しており、チャム族が中国と朝貢していた

と言う記録もあります。

ベトナム{キン族}が侵攻した後、チャン=(陳朝)レ=(黎朝)広南=(阮朝)

と幾つもの城が築かれた痕跡が残っています。 当時、城壁に囲まれたこの城は

内城と外城とに分かれており、現代でも衛星写真などで、外城の城門跡や内城の

城壁跡を確認する事が出来ると言われています。

城は田の真ん中にあったために現在でも《クアンディエン=広い田圃》と言い村

の[クアンタイン]=(広い地区)と地名に残っています。かつてフエは{烏州)

と呼ばれていました。その後化州とトアン州の2つに分割、それぞれに城が建築

されたのです。トアン城は現在の[クアンチ省]に属している。

城の通路にも使用された運河は、今も現役で使われれているのです。チャム族の

時代の柱台や、ヒンズー教の影響を残す像も沢山出土されていると言われます。

興味のある方は広大な城壁跡地をご覧になって下さると嬉しいです。

今朝も思いきりぶつけるように朝日は昇り、沢山の紫外線を含んだままその威力

で四方を輝きの渦中に巻き込みながら撒き散らしているホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/05/29(Tue)
天翔る太陽は早朝より微妙な暑さをもたらし「決して猛暑ではないのだが、暑さ

を感じる34度位だったでしょうか?」殆ど扇風機も使用しなかった・・(-_-;)

䔥䔥と窓から渡りくる風が時折“涼”を運び心の襞に沁み渡ったせいかも?

人の世は潮の干満に似て、暑さ寒さも一時の躊躇いを見せつつ<過去>へと刻は

流動するのでしょうねぇ・・(-_-;)

雨が吐息に、吹き抜ける強風に文句を言いつつ日々が少しずつ大きな波となって

心の在り処を気ずかせてくれる。振り向いても『無の空間が口を開けて』いる様

に寂しさや物言わぬ日々を過ごしてきた時間として抱きながら数えて歳を重ねる

ことを覚えていくのかも知れません・・( ^)o(^ )しかし、既に声涙を下る時間は

過ぎ指弾の言葉も見失ってしまった現実は酷なほど老いを清浄化しながら分岐点

に佇み躊躇しながら孤独感さえ消滅させている。輝きから遮られた感覚はあるがー

《静寂と言う温かさ》の中で生きている実感があります。これは幸せな事で本当に

長い道程だった気もするが、瞬時だった気もして時の移ろいは激しく大波を被った

分{心の安穏を求めていた事が可能になった}のだと勝手な思いを抱いております。

大体は確実に時間通りに起床できる事も、眠りにつけることも無意識に流れる日に

希望と言う輝きは失せても砕け散る言葉もなく、導かれる道は理解できなくても今

を生かされている現実が無性に愛しく感謝の気持ちが沸々と湧きあがっています!

夢の中の深い”溜息”のように時間は流れてくれ、寄り添う心も自然が《記憶》を

包み込んで埋没して行ってくれる{優しさ}にすっかり慣れて甘えている姿が見え

その空間を独り占めしている感覚がとても有り難く思える日々です・・(*^_^*)

※母乳で育てられる子供は10%と言います・・{スケッチより}

国連児童基金(UNICEF)によると東南アジアでは母乳で子育てする女性が激減して

いるそうです。母乳で子育てする割合はベトナム10%、中国28%、タイ5%と

言われています。女性の社会進出が増え、産後間も働かなくてはならず母乳を与え

る機会がかなり少なくなった事が要因とされる。

ベトナムでは国産粉ミルクの方が安価なのに【外国物は何でもよい風潮】が影響し

輸入粉ミルクが大変好評で、本当に売れているようです・・(-.-)

2010年時点の資料では、粉ミルク市場シェアの85%以上が外国企業が握って

います。12ヶ月未満の幼児向けミルク広告は禁止、12~24ヶ月の幼児向けの

ミルク広告には「子供の健康と発育には母乳が最適」と言う文言を含めなければー

ならない規定があり、政府は母乳育児を呼び掛けていますが大きな変化は現実には

表れていないのが実情だそうです。

因みにベトナムでは基本的に産休期間は4ヶ月となっていますが、これを延長する

べきだという声もあがっているそうです。そして、男性にも休暇が日数は確実には

解りませんがあります。当然のように休むので困ると言う日本の会社の人に聞いた

事があります・・このあたりは感性や習慣の違いでしょうか?

もうすっかり大昔になりましたが、私事で恐縮ですが2人とも母乳で育てました。

下の子は少し不足した為ミルクを足しましたが、粉ミルクを買ったり紙おむつなど

は先ず使用しなかった思いがあり、何処でも授乳できる様に子育ての間着物だった

気がしています。肌襦袢に母乳がしみ込んで着れなくなったのが数枚ありました。

今は嘘のような話で、授乳している日本人は見た事がありませんしこの国でもない

から事実なのでしょう・・(-_-)

暗雲が大きな翳りを作って曙を遮断しています。雲が微動だにしないから日差しの

ない時間帯のホーチミンの夜明けです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/05/28(Mon)
霧雨がかかって心の海に背中を向けた我が身に誕生日が再びやって来た・・(-_-;)

心の海には満ち零れるほどの豊かな夜もあり、優しさと戸惑いが一緒に来た感覚が

して、何度も「この世の終わり」を念じた日々も嘘のように通過点となっている!

今年は“桜”との出会いがなく精神的にも暮色に染まっていたのですが思いがけず

富士山で”余花”に出会ったり、久しぶりの友人の心の中にそっと忍びこんで色々

と自分を客観視する機会もありました『春の闇のようにお互いを労り、揺れやまぬ

心と魂の祈りを確認し合った』あの頃より無邪気になれた!何気ない言葉で傷つけ

有ったことなども耳を塞ぐ様に遠ざかり、2人の老婆は零れる花をかき集めている

かのように(愛しさ)で支え合っていた時間でした。ありのままの自分を出しても

淡々とした気持ちは極まって寂光うすうすと1語を零せる相手であることの幸せを

重ねて生きている喜びに満ちております・・(*^_^*)

行方も知らず持ち帰った心の一片は哀しみであったり、もがき抜け切れない苦痛や

悩みであった事も夕べを灯す灯りのように彼女からは垂れる重さの言葉や心を貰い

今朝もメールに一番先に【おめでとう】が入っていた。長い小学校からの友です。

又、昨夜は嫁の姉が薔薇の花束を買って持って来てくれた。久しぶりに部屋の中が

ピンクに染まった様に華やかさが漂い、湿気を帯びた空気が忍び込んでその匂いを

放って行きました。もう、この歳ですから人に告げる事など想像もしていなかった

筈なのに現し世の一区切りとして予想外の出来事があり、華麗なる夜の深みへ眠り

が誘われた気がして快適な心地で目覚めました・・(#^.^#)

誕生日に寄せて初めて書いたかも知れません。色褪せ、落花寸前の心地とでも言え

ばいいのでしょうか・・(・_・;) 〔一寸恥ずかしいけれど今朝の心情です〕

※雨季の休日に読み逃した一冊を探して・・

◎ユートピアカフェ{漫画喫茶}(月刊スケッチ参照)

こんな店があることすら知らなかったのですが。昔住んでいた本当に近くにある様

で吃驚しました。コミック4000冊、文庫本1000冊の蔵書を誇る漫画喫茶で

市内では1軒しかないとの事です。新刊は勿論、リクエストの多い本も随時、入荷

しているので読みたかったあの1冊との出合いもあり帰国まで待つ事がない店です。

「待ち合わせや雨宿りに空いた時間には気軽に利用してほしい」とオーナーは言う

そうです・・( ^^) 男性向けスタミナメニューもあり女性客も増加中だと言われて

います。雨の日の一人ご飯も違った雰囲気で好きな本と一緒もいいのでは?

自慢はパスタで日替わりで各々、凡そ350円程度で時間が潰せる。

◎ヤイバック{ベトナム料理}

一皿凡そ8円。運ばれてくるのは〚蒸しクレープ=バンクオン〛と呼ばれる半透明

の薄い生地です。ライスペーパーを乾燥させずに蒸した物で、豚肉のつくね、イカ

等5種類から好みの具を注文し、野菜や香草と一緒に巻いて〚蒸しクレープ巻き〛

を作って食べる「友だち同士で楽しく食べてほしい」と言うオーナーの願い通りに

店内には遊び感覚で食事を楽しむお客さんの笑い声が絶えない店です・・(*^。^*)

昨日は結局、ほんのさわり程度の弱い日差しでしたがずっと曇天で肌寒く、上着を

着ると蒸すという日で、その上、ぐずついた天気に振り回されていた感覚だった。

ギラギラ太陽は思いきり元気よく真っ黄色の光で上昇して来たホーチミンの朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/05/27(Sun)
2つの時代を跨って生きてきた年代です【昭和】も既に遠くなってきたのですね!

幾つもの試練や苦痛、そして沢山の喜びと幸福な時間があった事実は自分の胸の

中だけで成長したり、萎えたりして生きて来た積りですが、今は何もかもの流れ

が迅速で且、複雑です。追い付けない追い越されて行く時ををひしひしと感じる

そんな感覚の世の中に変化してしまった。それでも、今年も見事に“桜”は開花

舞い上がっていった花片・・花筏となって流れた散花を思う時自然の素晴らしさ

に感動せずにはいられない・・(*^_^*)

特に今年は先日の{金環日食}など宇宙の神秘を観る機会もあり、矢張り自然は

物凄い威力を持っている事を改めて痛感【昭和】が遠くなったと感じるのはもう

当然かも知れません。道なき道を彷徨い自分探しをしながら歩いてきた道が軌道

から外れてしまっているかも知れないのに・・必死で求めていた時代もあった!

現代は、そんな貪欲さも前進して何かの目標に向かっていく気力もすっかり萎え

てしまったが、いい時代を生きてきた思いは『心を溢れさせ、零していく想念が

山盛ある幸せは表せない程です』壮大な宇宙や自然の暴挙に佇んだり、ひしゃげ

目の前が真っ白くなった夜を数えても【やはり生きている】って素敵です!

長い1人暮らしにも均等に日差しは当り、心の奥底の辛さもグラスで飲むワイン

に涙をぽとりと落とした日だって朝は必ずやって来て夜は流れたものです。

贅沢な時間を充分に使わせて貰っているこの有難さを感謝せねばと思う日々です。

人生には言い尽くされた言葉が山積していますが、これだけ続いている人間社会

先人たちの言葉に合点するものが多く、遺された時間もこの年齢になって気がつく

愚かさですが納得し、受諾させられているのが現実でしょうか?

※漢越語=《火》について{月刊BOOより}

中国から渡って来た《火》の漢字、ベトナム語表記ではHoa(ホア)と言います。

漢越語にも色々あります。火災の事は火患と書いて(Hoa hoan)=(ホアホアン)

エレベーターなどに{Hoa Hoanの時は使用しないでください}などと書いてある

処もありますのでもし機会があれば見て下さい。

火災=Hoa tai(ホアタ―イ)と言う言葉もありますが今は殆ど使用されていない。

火星=Hoa tinh(ホアティン}も古い言い方になっています。今は生粋のベトナム語

で”星”を意味するsao(サオ)と言う言葉と組み合わせて=Sao hoa(サオホア)が

一般的です。

以前にも書きましたが、ベトナム語には中国から渡って来た漢越語とベトナムで

生まれた生粋のベトナム語とがあります《火》も生粋のベトナム語ではLua(ルア)

と言います。汽車はベトナム語でXe lua(セールア)と言いますが、漢越語では

火車=Hoa xa(ホアサー)とも言います。因みに今の電車はXe dien(セーディエン)

で(ディエン)=電気とも言われています。しかし現代でも汽車の事は(セールア)

と言う人は多いみたいです・・(#^.^#)

こんな所でしょうか? 地下鉄は未だないので言い方もあるのですが略しました。

しっとりと音もなく降り続く雨は早朝から降り出して、少し半袖では肌寒い感じ

がする朝を迎えました。息子が早朝帰国するので、日本米を頂いた分の残りがあり

おにぎりを5つ作り持たせました。 何せ12時間乗り換えと待ち時間を入れ14時間

近くかかるそうで、よく帰国してくれたと思っています。

仕事なら飛行機利用は可能ですが、私用ではそんな贅沢ができないからバスでの

帰国となるのです。この国よりも暑く、雨が多い日が続くと直ぐに膝下辺り迄水

が溜ってしまうそうで雨季には凄いことになると言っていました。
 
ベトナムより10年近く遅れている国らしいです。特にアンコールワット近辺では

シュムリアップ以外は想像できないほどの貧困さだと言ってました。 未だ未だ

発展途上の国だと聞かされ、物価が高いので生活はきついようです。

そんな話をして2泊3日で帰国した。半分はバスの中と言うハードな道のりとバス

も日本の中古車が入っている様ですが、クーラーが効かないバスが多いとのこと

で眠れる人はいいけれどー又、泥棒が多いからお金を持っている時は眠れない様

で大きく広い国だけれどベトナムよりかはずっと遅れている感じがあるとか?

これからの国だと思いますがプノンペンなどはこの国と殆ど大差はないのですが

格差社会である事実は否めないのだと思います。

時々はカンボジアの話も書かせて頂こうかな?なんて思いました。ホーチミンの

朝は雨が止んで陽光が差し出す感じです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/05/26(Sat)
朝まだ浅い夜明け前、人声がしている。静寂の中の声って結構響くものですー

未だ4時なのに、数人の韓国人がお喋りしている。少しは気を遣っている様子?

それでも声は窓を開け放しているせいかしら?「ぼそぼそ」と延々と続いている。

巨大なビル群の中には病人の人もおられ、ベビーもいるであろうこの大きな地域

の中『遠慮』とか『気配り』は皆目無い国を肌身で受けねばならない。

自分が良ければ他人の事など「どうでもいい!」そんな人種が多い事に最初は全く

慣れなかったーそれでも学習するもので「今は気にする事に疲弊したのか?」結構

図太くなって殆ど感じなくなっている我が身を静観している嫌味な心があります。

薄雲の中から黄色の輝きと暑さを運んでくる曙光は周囲を巻き込みながら、まるで

「何事もなかった」ように包みだす時間は既に終わった!

※ベトナムの昼ごはん・・(スケッチ本参照)

好みの総菜を皿の上に載せて食べる【コムビンザン】は大抵の店が昼食から営業を

始めます。お昼には確りと食事を取るのが普通で、店はどこも大繁盛です・・( ^^)

総菜の種類の豊富さは店により、かなり違いますが大方の場合10種類以上はあり

野菜、煮物、揚げ物、炒め物と揃っています。正直あまり数があると迷ってしまい

慣れたベトナム人に背中を押されたり考えていると別の人に行ったりと昼は戦場の

様な忙しさが店内を流れます。分厚い札束に輪ゴムをかけた小母さんやお姉さんが

ウロウロして客から代金を貰うのは大体どこの店でも同じで、親父さんや若い男性

の人に代金を支払う事はなぜだか少ない・・(-_-メ)

皿に盛ったご飯に様々なおかずを載せて頂くのだが、店も慣れた手つきで次々手早

くこなす様は傍で見ていては何時まで経っても自分の番が来ないという現実です!

お昼は大体200円から300円位で充分満足する。勿論こんな忙しい中持ち帰り

もあり、先日の容器に御飯と総菜を載せ、ビニールの袋にスープを入れ、輪ゴムで

縛ってくれる。会社などからの電話もあり20個位取りに来る人達もいて、眺めて

いるだけでも心が騒ぐほど面白い・・(@_@。

①ブンチャー
炭火の煙が漂い、匂ってきたら火元にブンチャーやさんが必ずある。焼いた豚バラ
肉とつくねを入れた甘酸っぱいタレにブン(生麺)と香草たっぷりを入れ浸しつつ
食べる料理です。揚げ春巻き{ネム}を追加したり、肉ではなく蟹の身だけの春巻
もあって凡そ200円前後から。

②ブンダウ マムトム
団子のようにブンを固めてたものと揚げ豆腐を海老で発酵させたタレにつけて食べ
ます。タレなし麺なので昼食に食べる人は多い。肉ではなく豆腐のため、朝食に食
する人も居て朝から開ている店もある。凡そ130円位。

③ブンガン
鴨の血のプデイングできめ細かい舌ざわりで臭みも全くない。鴨はここでは美味で
肉自体にも甘味があり柔らかい。茹で鴨。筍入りスープが定番。茹で鴨は少し高く
それでも(半羽)400円位でしょうか?スープは130円位。

④チャオ ロン=ホルモン粥
朝は殆どは具材が入っていなくさっぱりとしてお腹に優しい感じの物が好まれるの
ですがお昼の人気は《粥を絡めたホルモン》を食べるという感覚です。素材が新鮮
だから匂いもなくそれ以外にもホルモン炒めを注文してしっかり食べる人も多い様
です。3~4人前で700円程度でホルモン炒めは500円程です。

前記した【コムビンザン】にはもう溢れるような総菜があるから、選ぶのにも時間

がかかり、結局多すぎる事があります。少しずつ色々食べたい人で、慾が深いのか

も知れませんが・・中々1軒の店でも様々な種類をたべ尽せない。

総菜の種類は書けないけれど・・何を食べても本当に美味しく飽きないのが嬉しい

限りです・・(*^^)v

今朝は息子が帰国して、市場の買い出しや両替などに連れて行って貰えたからーー

何時もよりブログの書く時間が遅くなった。  太陽はさほど強くなく暑さも適温

で珍しく涼しいホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/05/25(Fri)
草花を濡らし去った暴風雨は草の色を変化させ露を溜め駆け抜けていきましたーー

淡き光が踊る様に窓ガラスや棟にへばりついていたのですが、それらも既に窓辺を

去り、澄み渡る心に雨は容赦なく昨日も降り、水しぶきを上げながらバイクが急ぐ

姿が流れておりました。毎日、その蒸し暑さは取れず去年の高温の暑さが嘘みたい

で雨が本当に降る5月です。[週間天気予報も全て雨になっているのですから変!]

もの憂い雲が暗雲を連鎖させ、揃いだした瞬間に爪を立てて降りだす気配の日々と

なっているのです・・(-_-;)

その大きな影が通過するまで唸り続く雨風は「何を怒っているのか?」取り合えず

は日暮れが来るまで急かされる思いの時間を独り言を言いながら、風の縺れや雨の

滴りに心を寄せて過ごしている現況でしょうか?

昨日は息子の誕生日でしたが生憎離れていて祝ってあげる事が出来なかったが、嫁

からも荷物が届き{義姉}が一時帰国で持って来てくれた・・(*^^)v

私ももう数日で歳を重ねる5月は我が家にとっては日本にいたら忙しい月であった

が異国にいるとそんな事も緩慢な生活の流れから少しずつ離れていく気がするーー

※ベトナムの朝食はどんなもの?・・{月刊スケッチ本参照}

胃に負担をかけない麺類<フォー>や米粉のクレープ<バインクオン>ベトナム風

サンドイッチ<バインミー>が多いでしょうか?麺類も軽めが好まれ、具材を余り

載せないものがいい様です。会社で食事する人や出勤途中で食べる人も多くバイク

に乗ったままその場で食する人も普通に沢山見かけます。 テイクアウトが当然に

なっているこの国の食事は本当に器用にビニールの袋に何でも詰めてくれ、輪ゴム

が定番で何時も活躍しています。学生達も歩きながら食べています・・(#^.^#)

①バインクオン
米粉を水で溶いて薄く蒸し焼きにして箸1本で広げたまま取り出し豚肉やきくらげ
のそぼろ煮を巻いて出来上がる。随分食べました!勿論、店でも食せるし、持ち帰
りは発泡スチロールの弁当箱の様な容器に巻いたバインクオンを6つと茹でもやし
香草(コリアンダー、ネギ、レモングラス、ハム数種類もありライム1片)を入れ
てくれます。凡そ80円から100円程度で満腹になる。ハノイ方面では生地を平
らのままで小海老のから揚げ、ピーナッツ、ハムは別に出てくる所もあります。

②ご存じバインミー
南部では目玉焼きだけのものもありますが、北部では溶き卵を油で揚げたオムレツ
か肉のパテを塗り挟む店が多いのですが、ホーチミンではパテ、ハム数種類、大根
人参のなます、肉団子、炭火焼きの肉、香草、唐辛子、ニュクマム、マヨネーズ等
と買い手の希望に添って値段も変化する。全部挟んでも200円程度で購入出来て
美味しくカロリーも栄養もたっぷりです。それだけ1本食べたら中々お腹が減らな
くて・・(-_-メ)夕飯はご飯抜きの時もあります。フランスパンに挟む量としては
凄く多いからです。

③ソイ=おこわ
これも以前に書きましたが赤飯から緑豆、大豆、金時豆、豆なし餅米だけのものも
有り、ココナッツや、塩、胡麻、砂糖、ピーナッツ、でんぶ(肉)などをお好みで
掛けてくれ、新聞紙や雑誌に透明な紙を載せその上に御飯を入れてくれるのです。
凡そ50円から70円位です。これもハノイでは豚肉の焼いたものとか、煮玉子を
上に載せるのがあって北部と南部とでは食し方も違います・・(-_-)

④チュンヴィエットロン
これは初めてご紹介すると思います。個人的に受けつけないので書けなかった!
孵化しかけたアヒルの卵を茹でたもので北部では朝食に好まれています。少し
グロテスクで子供でも好きな子が多いほどベトナム人には浸透しているのですが
そのままの姿だからどうしても食せないのです。鍋で温めながら売られている方
が美味しい様ですが未確認です・・<(__)>

⑤フォー、ブン
先ず第1にあげられるのがフォーだと思います。たっぷりの野菜とスパイスや肉
のスープで取った味は多分現地でないと味わえないと思います。 具材が少ない
から朝食には人気があります。麺自体にはちょっと癖がありますが、香草などや
野菜を目の前にドーンと出してくれるので、好みで量の加減が出来る。
この近辺では250円位する店もありますが凡そ200円までが多い。中の具材
と肉などの種類で値段が変わります。

露店にはプラスチックのテーブル、イスを歩道に並べる簡易店舗型と、天秤棒で

担いで移動しながら売り歩くタイプがあって、客の希望でその場で腰をおろして

料理して食べさせてくれます。前者の場合は歩道の店舗や家の持ち主に場所代を

支払う。場所や広さにもよる様ですが、朝食、夕食時のみだと1000円までが

1日の相場だそうです。最近は出店や屋台が禁止されてきているので・・残念に

思っています。市場にも手入れが入ったりしている状態ですから。近い将来には

消えていくかも知れない露店文化の風物です・・(;一_一)

今朝は思いがけない鮮やかな朱色をした太陽が昇って輝きを増して来ました・・

このまま暑くてもからりと晴れ上がってくれればいいのですが・・午後から心配

そんなホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/05/24(Thu)
戻ってから安穏な生活が過ぎ「ほっと」していましたが、昨夕、鬱然と仕掛けられ

たように激しい豪雨となり、単調な生活が一変してしまった・・(-_-;)

ビニールシートがめくれ、日傘のように置いてある大きなパラソルが吹っ飛ぶ程

の激雨が乱雑に雨の行き場を遮り、何もかもが一緒になって吹き飛ばされて行く。

あちこちに落雷と稲光を引き起こしていました。本当に激しく交差した雨でした!

窓ガラスも流れていく水滴が困惑する様に目茶苦茶な滴りを見せてぶつかっては

跳ね返すを数時間続けたもので昨日に比較すれば、涼しく感じていた時間が急激

に変化して蒸し暑さが部屋中を立ち往生していた・・(-_-;)

刻々と音が大きくなって稲光もその威力を誇らし気に放つ有様は空全体に異変が

起きたかの様な錯覚を起こし、疲れていた身体に立ち塞がった。様々の物を巻き

上げては落して行く激しい雨風は街路樹もなぎ倒して行った。久しぶりの大型の

[スコール]到来でした・・(-_-メ)

何時もなら寝る前に窓を開放して眠るのだが{鉄格子}が嵌めてある為、安心し

眠っている日々です。余りの凄さにすっかり閉め切ってしまったため蒸し暑さが

充満、すっかり忘れて眠りに入っては起きを繰り返し、扇風機をかけて寝たのに

室温が全く33度から落ちなく不思議だった・・4時過ぎに何時もの通り起きて

カーテンを引いたら全ての窓が閉まっていた・・(@_@;) うっかり開けるのを

忘れて眠ったみたいです。6Fだから、結構、夜中から朝方には風が通るし割合い

涼しくなるのですが・・(-_-) こんな日もあります・・(--〆)

※ベトナムのデザートで少し変わったもののご紹介です・・

レストランやホテルなどでは食後のデザートは大体決まっていて、果物やアイス等

が多いのですが、街中で捜すと吃驚する位の変わったと言いますか?見た事のない

お菓子類やデザートスイーツが売られています。   バイクを止めて頬張るのが

ベトナム流ですが・・その場で座って食べている人も多いです。

①ケム ソコラ―=チョコアイス
なのですがココアの味が殆どしないチョコレートアイス。

②ケム ズーア=ココナッツアイス
ココナッツの中に入っていて味も沁み込んで甘さのあるアイス。

③ケム ソーイ=お強入りアイス
お強とアイスを一緒に食べる感触は日本の雪見大福に似ているかも知れない。

④バインチュオーイハップ=蒸しバナナケーキ
チェー等の甘味やで食せる。

⑤チュオーイ チエン=揚げバナナ
米粉をつけて揚げる。サイズが大きいので満腹感があります。

⑥このほかにもバナナには焼いたケーキ、押し焼きもあり、種類は豊富です。

⑦バインボーヌオン=米粉のココナッツケーキ
モチモチ感があるココナッツケーキ。

⑧バイン フーシー=富士山ケーキ
富士山をイメージしたそうで、寒天で固めた緑色の三角形をしたケーキで、下は
スポンジ風{多分、米粉だと思う}

⑨バイン ボンラーン=カステラ
日本のカステラとは全く感じが違いふわふわした食感はなくココナッツ風味。

⑩バインザーイ ニャン ドーサイン
道路でよく売っています。バナナの皮で包んだ緑豆餡入り餅。

⑪バイン スセー
ベトナムカラフル団子で、ま、本当に真赤、真っ黄色、緑と綺麗だが少し色素が
濃いから吃驚する。

種類が多く書き切れませんが、少し変わった余り日本では見たことがないケーキ

やデザートが屋台や露店で売っています。チエーの種類ももう数えきれないほど

有り、暑い国には甘味が必要なので段々と種類なども工夫されて多くなっている

気がします。毒々しい色合いに一寸、躊躇うかも知れませんが・・普通に食して

いますので問題は無いのだと思います・・ははははは

昨夜の雨が暴れた公園には早朝からその折れた木々や紙、容器などの整理をする

女性が7人位片ずけに追われていましたが終わった様で声が聞こえなくなった!

濡れたベンチに腰かけて新聞を読んでいる外国人がいます。お尻は濡れないの?

何て思って窓を去ったホーチミンの朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/05/23(Wed)
少し長い話になります。今、ベトナムの田舎が面白いと言われていますが・・( ^^)

以前”監獄の島”流人の島としてご紹介した【コンダウ島】についてご紹介したい

と思います。先日も書きましたがホーチミンから飛行機で45分で到着。ブンタウ

沖から200㌔に浮かぶ諸島です。 俗的な言い方をすれば米スター夫婦の訪れを

機会に有名になったとも言えます。ベトナムにはもう1つ【フーコック島】と言う

これは誰でもが知っている島がありますが、そこより今は人気があるようです。

又1方ではベトナム戦争が終結するまでの100年以上に渡り、抗仏、抗米運動

に加わった政治犯の収容所がある事でも有名な島です。

残虐な拷問が行われた島と言う意識がベトナム人には強く、暗い歴史からの逸脱

を願い、現在はその払拭の為の明かるいリゾート地として開発されている島です。

その眩しすぎる太陽と観光には正反対の『大きな過去』が埋もれています。島の

メーンビーチ、白砂、透明度の高い海水、リゾートには最適なのだが・・様々な

記憶を呼び起こす島でもあります。5年前迄は週に3便だったプロペラ機は5便

に増加され、16の小さな島からなる【コンダオ諸島】のある中で唯一、空港が

ある【コンソン島】 かつてはホテルなどと言えるものではなく、仏植民地時代

からの建物を利用した国営ホテルしかなかった・・(-"-)

だが、現在はあちこちに新築のリゾートホテルが建っている。ま、庶民が行ける

《民宿》がゲストハウスとして幾つかあるのでそれで十分だと思います。

何処からでもビーチが見えて気軽で陽気な《民宿》は食事も用意してくれるから

ベトナム人の一般的な家庭の食事スタイル(茣蓙を敷いて上で食せる雰囲気)が

何より楽しいと思います。サワラなど地元で獲れた魚料理が中心だが、毎食食べ

きれない程の量が出てきて、いくら食しても大人400円前後で頂ける。

嬉しい限りですし、信じられない・・(@_@;)

(レストランの数が少ないからこの島ではとっても有り難いシステムと言える!)

お腹が満腹したらレンタルバイクで島を一巡り。あちこちにあるビーチを探せる。

島の反対側は漁港となっていて、南国の魅力満載の【コンダオ諸島】は海水浴や

ダイビングと夏の遊びが沢山できる場所です。季節が合えば海亀の産卵や黒リス

の観察も可能だしジャングルトレッキングもあります。

諸島に行かれる前には情報を検索された方が良いかも知れません・・(*^_^*)

しかし何と言ってもこの島の観光は≪監獄≫だと思います。リゾート地には想像

できない似合わない暗澹とした暗い歴史が目の前にある事実は避けて通れない位

の史実でもあり、この陽気で見事なまでに明るい島で何が行われてきたか?

”ベトナム人にとって【コンダオ島】の意味するものを考えずにはいられない”

※処刑と拷問が日常の生活だった・・

最初に島に囚人が送り込まれたのは1862年。多くは抗仏運動に身を投じたと

される革命家達だった。しかし、元来この島に住んでいた住民{当時は100人}

と反乱をおこし、監視者達を島から追放したそうです。しかし、2週間後になって

植民地政府から大規模な軍隊が送り込まれ、島人と逃げた受刑者は皆殺しにされる

事件が起きた。以来、ベトナム戦争が終結するまでこの島は受刑者とその監視者

だけの島となってしまったのです。

フランス植民地時代、そしてその後も米軍や南ベトナム政府に次々と引き継がれ

島には10を超える収容施設や拷問部屋が存在したと言われています。

     〚その頃の島は拷問と処刑の日々だったそうです〛

屋根のない監獄は投獄しておくだけで昼は灼熱の太陽地獄、雨季は水責めだった!

上からは看守たちが囚人達の肌を焼くために石灰と水を混ぜたものを捲いたそうで

狭い部屋には夏場は7,8人が詰め込まれ、逆に冬場は1人だけにされた。

自白を強要するために、又、逆らった者たちに対しては電気ショックや水責めなど

想像もできない拷問が通常普通に行われていたと言います。

1番酷いのは牛舎に隣接した牛の排泄物の中に何日間も放りこまれた人もいた様で

身体が少しずつ解けて亡くなっていったそうです。戦争の残骸としてはカンボジア

でも似たような監獄が残されているが・・同じ人間同士としてそこまでしなければ

ならなかった事実が実際に現存している事がショッキングでもあります・・!(^^)!

また、ホテルが立ち並ぶ海沿いの高級リゾート地のメーンロードから突き出す様に

<914>と名付けられた桟橋があります。僅か100㍍程の小さな橋なのですが

過酷な労働の為完成まで914人が命を失った事で橋の名前になっています。

絶えず投げ込まれる犠牲者を狙って、桟橋付近には群れをなした鮫が回遊して待ち

構えていたと言われています。

現在は観光ブームに沸いている島で、道路の拡張や新築ホテル建設が進行中だそう

ですが、掘り起こされる土地に犠牲者の人骨が数えきれない程出てくる現実を島が

発展しても生まれ変わっても決して忘れてはいけないと思います。

残虐非道がごく当然になってしまう戦争の恐怖は多くの事を学ぶ機会を与え、教育

面にも影響を及ぼす事を政府は危惧していると言う話もあります。

『最後の楽園コンダオ島』のキャッチコピーも宙に浮いた感覚がして安っぽい気

がしますが、島民全て出会う人の温かさや優しい温もりは心を少し和ませるーー

{肌を焼きたくないベトナム人は日が沈んでからビーチに出てくるのも決まり事}

▼ビーチに生息するサンドフライには注意が必要▼

目に見えないほどの小さな虫で刺されると腫れて1週間以上も痒みが取れない。

ベトナムのビーチには何処にでもいるのだが、この島が1番多く発生する様で肌

の露出と虫よけスプレーは必需品です▼ {月刊BOO参照}

昨日とは変わって、今頃になって日差しが雲間から顔を出してきて既に32度も

有るホーチミンの朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/05/22(Tue)
金環日食が大方の場所で見られたそうで・・本当に良かったです・・(*^^)v当地

は矢張り現象がなかったようで普通と何も変化はありませんでした「残念!」

只夕日が歪になる話もあってそれを楽しみたい心もあったが、所が生憎午後から

雲の勢力が大きくずっと太陽は雲の中を「まごまご」していた様子でしたねぇ!

    ▼「うーん。これもかなりがっくりでした・・(^_^;)」▼

天体ショウの無かったベトナムでしたがもう2度とは観れないだけにショック?

※忍野八海から富士山五合目まで・・

私が話すと凡そ30年位の前の話が多くなりますが・・(-_-;)今回の旅で何十年

振りかで忍野八海を訪ねた。昔に来たときとは想像も出来ない観光地に変貌して

いて愕然となりました・・ご存じだと思いますが・・簡単に書いてみます。

〔霊峰富士山からの伏流水で八つの池に湧水が流れこんでできているようです〕

過去の印象が濃く農村や茅葺屋根、水車を想像していたもので、その湧水群辺り

特に【湧池】の周囲は店の中を通過しないと見れない方法で店舗ができていた!

雪解け水が80年の歳月をかけて濾過し、あの美しい色の湧水となったことなど

商売の1部分化してしまっていた・・(;一_一)〚凄く痛ましい感じがした〛

国の指定天然記念物であり、名水100選に選ばれているのに、自然が破壊されて

いく感覚がどうしても拭えなかった。【湧池】は確かに水深8m、底まで見える程

透明度の高い池であり中国の有名な{九サイコウ}と同様で{珪藻土層}からできて

いる様でした。底まで見えるその透明さは一見の価値があると思います・・(@_@。

時代の流れに翻弄される自然破壊は心を重く{昔を知っていただけに尚そう思えた}

富士山へは富士スバルラインで5合目まで車で行った。前夜は埼玉地方で雷と雨が

凄かったと一緒に行ったご夫婦の話などもあり、早朝の出発も気分が少々、萎えて

いたのですが・・(-"-) 車が山を登り始めると途中から《余花》との思いがけない

出合いがあり、少し高い所で薄い小花の桜が満開でした。

《余花》とは俳句などで夏の季語としてご存じだと思いますが《残花》とも言い

春に遅れて咲く遅咲きの桜の事を言いますが・・想定外の出合いであり、八重桜

は今が見頃を迎え花の重さが滴る様に見事な姿を見せてくれました・・(*^_^*)

『真逆の今年の桜との遭遇でテンションがすっかり上がり幸せ感に酔いしれた私』

5合目は”天地の境”とも呼ばれる霊峰富士山。その姿は矢張り尊厳に値するだけ

の姿を見せつけてくれましたねぇ・・(*_*)

しかし、矢張りここでもそれこそ昔の面影など何も無くて、完全な都会となって

いました。レストハウス、郵便局、売店、それだけではなく両替所迄あるのには

ただただ驚きました・・\(◎o◎)/!

朝は雪が舞っていたそうで気温2度との事でストーブの周りは人々が屯していた。

観光バスも数10台、自家用車などで満杯でした。標高2305mの5合目に到着

した時は半分は雲に隠れていたその雄姿を少しずつ見せてくれ、寒さで売店に入り

出てきたほんの数分間だけ偶然にも頂上を拝する機会を得た!駐車場の小父さんが

ダウン姿で「お客さん運がいいねぇー俺もここ長いけど瞬間でも頂きを拝むことは

年に1度か2度しかないのだから」なんて言ってくれて・・半分本気でお世辞半分

を垂涎の面持ちで霊峰を眺めておりました。その時間は数分でしたが、直ぐに雲が

掛って雪山と重なる様に見えなくなってしまった。山の天候の変化の速さは本当だ

と思い、その神々しい姿に拝礼し、亡夫が頂上まで登ったことを思い出し少しだけ

感傷的になった時間でもありました・・(-.-)

※ベトナムニュースを1つ・・{ビナBOOより}

保健省はこの10年でベトナム人の体格に大きな変化があったと報告した。

ベトナム人の平均身長は2000年から2010年の間で男性(2・1㌢)女性

(1・1㌢)の伸びを見せ男性は164・4、女性153・4㎝となった。

ドイモイ政策開始前に比較すると、男性4・4、女性3・4㎝高くなっている事

を発表した。体重もこの10年で平均値で男性3㌔、女性1㌔の増加があったと

言われています。これは食卓における肉や魚の割合が高くなった事と関連があり

脂質も12%から17%も増加している。しかし都市部と農村ではかなりの開き

が見られ、肥満人口の割合は都市部で顕著になっていると言う。

何時もなら朝日が眩しいほど前の棟に輝きを見せているのですが、今朝は雲群に

阻まれて光がない朝のホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/05/21(Mon)
寄席に行きました・・(*^_^*)私が”落語”に興味を持ったのは今回東京で

宿泊件、食事担当をしてくれた小学校以来の親友が大好きで、彼女の影響を

モロに受けています。彼女は聞きながら眠る生活で、私など{好きや趣味}の

範疇にも入っていませんが・・もう、何年にもなりますか大阪を流れる大川を

落語家の案内で桜見物を船からした時からです。その後〔天満繁盛亭〕と言う

のが桂三枝さんによって作られた寄席に数度1人で出かけました。

その程度の事で大して知らないのですが、その時間は何もかも忘却し、笑いの

坩堝に溶解されて行く時間が凄く好きなのです・・( ^^)

上方とは全く違った、江戸の小粋な小話に時間をすっかり忘れ笑っていました。

東京の寄席に入ったのは初めてで、“落語””講談””漫才””曲駒””漫談”

等盛り沢山・・殆ど見知らぬ人ばかりでしたが、*通*の彼女の話ではここは

入れ替えがなく食事しながらでも飲みながらでも楽しめると言うことだった。

舞台から客席まで本当に近く、100人足らずの席が大方埋まっていたのには

吃驚仰天しました・・\(◎o◎)/!

大抵は中年以上の暇人でしたが・・中には若い女性もいて、かなり活気を感じ

お弁当持参で<お仲入り>にさっさと食しましたが・・矢張り、演じている方

に「どこか失礼な気がして」いたもので・・そこが又寄席のいい所なのだとも

感じました。「こんな所にあるの?」と言う場所で地下の2Fまで降りて行くと

言う池袋の演芸場でした。

日本の伝統を重んじて確実に伝承されているその雰囲気は現代の慌しい生活から

瞬間移動し停止状態で江戸の街中まで引き摺り込んでくれました・・(*^_^*)

東京には沢山の寄席があって、次回はここへ行きたい等と所望しておきましたが

「行けるといいなぁ」なんて思っています・・うふふふふ

彼女は話が始まると、すぐに演目が理解できる程*通*だから案内状に演題を書

き込んでいました。それが《全部知っている》と言うのも凄いと思ったものです。

こんな事がありました・・

割合痩せていた男性で粋な着物姿に陣羽織、腰下に結んだ帯の色合いも「ハッ」と

する程粋で、江戸時代を彷彿させる草履、足袋、甲州印伝でも作られた巾着を持つ

素敵な人が1番前で「待ってました!」「いよ!」なんて掛声をかけていたのです。

素晴らしい光景でしたし、本当に今まで見た事もない小粋な姿の男性に遭遇した・・

『こんな人が未だ東京にはいるのだ』と言う感慨とその洒落に呆然として見とれて

おりました・・(#^.^#)まるで、タイムスリップし江戸から戻ってきた感覚がした!

暫し見惚れていたら、親友が「声でもかけてくればいいのに」なんて冷やかされて

しまったが・・かつて無いほどの心のざわめきがありました・・あはははは

ま、いい歳をした婆さんが言うのも変ですが・・通過しただけの人に心が動いたの

は初めてだったので<生粋の江戸っ子を拝見・・目の保養といい経験をしました>

戻ってきたベトナムは何の変化もなく当然のように暑さが続いています。35度位

が毎日でその上下の繰り返しは暫くは続行する気配でしょうか?

※漢越字【夏】・・{BOO参照}

漢越字では[ha]と言います。これに季節を表す[mua]を付け季節の夏を表現します。

ベトナムの歌手に3姉妹[Tam Ca Ao Trang]と言う人達がいます。彼女達が歌う曲

{Vao Ha=夏が来た}と言う有名な歌があります。大方の人が知っている名曲だと

言われています。

また、夏至=ha chiと言い立夏=lap ha等の言葉が残っています。 ご存じの方も

おられると思いますが日本でも話題になったベトナムを舞台にした映画≪夏至≫の

ベトナム語のタイトルは[Mua he chieu thang dung]と言いムアヘーチウタンドゥン

と言いますが≪夏至≫とは言わないので解らないかも知れません。

因みに英語ではThe Vertical Ray of the Sunと言うようでこれも直訳で≪夏至≫

とは言わないみたいです。一般的に使われているのは[he]が多く、夏休みなどは

[nghi he]=ギーへと言います。もう1つ[ha]には[下]と言う漢字もあてはまり

[下流=ha luu]ハルー[下層=ha tang]ハタンなどとも言うようです。

序ながら日本でインフラストラクチャーの事をベトナム語では基礎下層と言う様

でコーソーハタンとして知られています。私は解っていませんが・・(^_^;)

当地ではごく普通に太陽が燦然と輝き上昇して待っていた金環日食の気配さえも

無かったのですが・・見落としたのかも?知れません・・(;一_一)

結構観ていた積りだったのですが・・夕日の形が変化する話もあってそれも少し

楽しんでみたいと思っていますが、日本では観られたのでしょうか?

思いきり陽光が燦然と輝きを増しているホーチミンの朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/05/20(Sun)
今回の一時帰国には様々な事をしておかねばならない(年齢的)事が多々あって

余り楽しめないと思っていましたが・・(-"-)この1週間は毎日外出するハード

なスケジュールをこなす結果となり老いを口にしていられないほど多忙でした!

不思議なもので人間はその場に立つと思いがけない“力”が出ると申しますが・・

実際を体験してみると案外出来るもので、自分でも驚きました・・\(◎o◎)/!

矢張り、ホーチミンを真夜中に出る日は土砂降りの大雨に見舞われ、タクシーで

空港まで。翌日早朝、成田に到着。もう初体験ばかりの連続でした・・(-"-)

何時もは関空利用で成田はもう長い間行っていなかった上に航空会社も初めてだし

それから都心に出る方法を息子から聞いていたのですが是もまた雨が篠突いていて

初めての列車に乗り上野まで行き、新幹線の{安価なチケット}を購入し新大阪迄

便利な世の中でスーツケースは友人宅に成田から直送していたので荷物は殆どなく

軽装なのですが雨降りがずっと私を取り巻いて離さ無いという状況でしたねぇ。

新大阪から神戸の娘の家に行き、預けてある荷物を整理し(家財道具は最低限で

コンテナ会社と契約4年目に入るので様子を見たかった)娘の家からコンテナの

会社への利便が悪く、ホテルを取っておいた。

これが又、有名なホテルなのに、雨の中の荷物を持って入って来た客に”声”だけ

掛けてフロントに誰もいないのに1人も荷物を運んでくれなかった・・(-_-メ)

気の強い私「これだけの荷物が貴方たちには目に入らないのかしら? 客商売とは

今時はこんなものなの?会社に報告させて貰います」と言いました。

フロントが混んでいるのなら納得もしたが、一斉に見た上自分で運ばせる事が当然

だと教育されているのか?結構言葉強く叱責した。やっと手続きを済ませて、部屋

に入ると「どっと疲れが出た!何せ、真夜中のベトナム{6時間弱}ー成田ー上野ー

東京駅―新幹線で新大阪ー神戸と言うのスケジュールでしたから・・自分でもそこ

まで身体が連いていけるか自信がなかった・・(-_-;)そして、娘の家に2時頃到着

片ずけ、食事を頂き、タクシーで激しい雨の中のホテル到着だった・・!(^^)!

食事の後車で送ってくれると言っていたのだが夫婦ともお酒が入り、結局タクシー

になって着いたらホテルの対応の悪さに愕然として疲れて神経も立っていた部分も

あったのかも知れないが・・古い人間にとっての客商売は何を放り出しても目の前

から入ってくる人の接客が第一だと思うのですが・・時代と共に違って来ている?

このホテルは最初から感じが悪かった・・ベトナムからダイレクトでTEL をした時

の応対が酷かったので、会社にPCで問い合わせた。苦情ではないけれど・・その日

は酷い雷で電気が何度も切れPCが不安定だったので、TELしたのだが本社の対応は

流石に早く瞬時に部屋を取ってくれた。ま、神戸それも大都会です。繁華街1等地

と言う便利さで利用客が多いのかも知れない。しかし本当に腹が立った・・(-_-)

翌朝、荷物を持ってコンテナ会社へタクシーで行ったのは良かったのですがーその

運転手が定年になって数ヶ月の人だった。殆ど場所をカーナビに頼っていて、全く

把握できていない。普通半額で行けるところ1時間もぐるぐる回って6000円も

取られた。何度もコンテナ会社に携帯を入れていたが、皆目知らなかった様だ!

乗車した時「ご存じですか場所?」と聞いて「はい大丈夫です」なんて言ったもの

なのに未知の場所だった。コンテナ会社ではいい加減頭に来て、途中で携帯を切っ

てしまった!漸く探し着いたが20分位で来る場所だと後で言われ、帰宅時はJRの

駅まで会社から車を出してくれた・・(;一_一) 雨でなかったら近くの駅から車に

したとここでも少々腹立たしい思いをしたのです・・(^_^;)

その後は病院へ行き薬をもらい新幹線で東京、友人宅へーで2日は過ぎたのです。

想像できないハプニングがあった旅でしたから翌日からは明日に・・(@_@。

今朝は流石に6時まで起きられなかった・・ホーチミンの蒸し暑い朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/05/13(Sun)
☆今夜から1週間ほど一時帰国します。今回は色々な事をしてこなければならず

 想像以上にハードです・・(・_・;)少しの間休ませて頂きます・・m(__)m☆

昨日はかなり陽光も強く、紫外線が放射しまくり状態でしたが、風は柔らかくて

木陰にいると、思ったほど暑くなく、気温は然程高くは無かったです。

相変わらず午後になると一転して雷雲の発生・・今月になって毎日のように雷鳴

を聞き暴風雨の様な雨だったり、時には優しく労る様に打たれる雨の変化や表情

も日々違いますが、風を伴っている事が多く長時間ではないが”俄雨”の襲来を

受けています。公園の樹木も生き生きとして緑や黄緑色の葉を大きく広げ、雨を

喜んでいるかに見える・・(#^.^#) 眩しすぎる太陽は既に5Fの棟辺りまで全力

で上昇し、果てしないその猛々しい威力を発揮しています。迷わずに軌道からは

外れない・・不思議な魔力に惹かれる日の出はドラマ的で、暗雲を赤色に染めて

しまうみたいです。こんな強烈な光の激しさは直視できない力強さを見せつける。

※アウトレットの店=【GALA】  {月刊BOOより}

ホーチミン5区と言えば未だ開発が進行していないベトナムが残存している区で

すが・・そこに{アン・ドン・プラザ}と言うショッピングセンターがあります。

未だ未だローカル色が拭えない大型店ですが・・クーラーも効いていて人も割合

に多い店です。そこの2Fに{日本式でいえば3Fですが}アウトレットの店があり

ます。店内には中国、台湾、アメリカなどから輸入された食器や玩具、リネン等

インテリアグッズが並んでいます。中国人好みの金の仏像などもあります・・が

ひときは目に引くのは食器類の豪華さです・・(@_@;)

日本の一流ホテルで使用される(MIKASA)やホワイトハウスや世界中のアメリカ

大使館御用達の(LENOX)イギリスのガーデン柄が人気の(PORTMERION)等、世界

のブランド食器が普通に並んでいます。フォークやナイフなどの種類も豊富です。

(PORTMERION)のカップ&ソーサーが2組で2000円弱。 箱は傷んでいますが

中身の商品は新品。(RALPH・LAUREN)のブランチプレート1300円程箱入り等

もあります(WEDGWOOD)の皿も箱なしで800円位で購入できます。

只とても残念なのは店員がその価値を理解していない為、それが「最大の問題点」

とオーナーは言います。

これからも色々な商品を入荷予定だそうですが「何が入ってくるか?」は店に足

を運ばないと分らない・・(-.-) 因みにグランドフロアーにも同名のショップが

有りますが、こちらは輸入生活雑貨が主で、ベトナムではおそらく見かけたこと

のない商品が盛り沢山あります。タオルケーキは大小あって値段も驚き、車の形

のマウスなどは面白くてプレゼントに最適。椅子になるプラスチックケースは鍵

付きだったり、その他日本の100均や300円均一で販売されている品も便利

で使用し易いグッズが色々あります。案外掘り出し物に出合うかも知れません!

興味のある方には時間を忘れると思いますが・・全く興味がない方もおられるし

一概にはお勧めできませんが見ているだけでも楽しめると思います。

未だ殆ど知られていない“通”の店かも知れません・・(#^.^#)

日曜の朝は公園が賑やかで子供達が大騒ぎしています。これから、スーツケース

の中身を作りだす作業です。そんなホーチミンの朝が来ました。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/05/12(Sat)
【ハイフォン】は北部ハノイから近くハノイと並ぶ国の直轄都市です。そして

北部最大の漁港、港湾都市でもあります。私がこのベトナムと言う国を訪れた

時の初めての街でもあります。 フランスの植民地時代の面影を残す街並みと

しても知られています。特に5月は深紅の火炎樹が真赤に燃え上がる時期でも

有り、火炎樹の花を知ったのもこの土地です・・( ^^)

{鳳凰の花}の名前を持つ火炎樹は5月から6月にかけて【ハイフォン】の街

を赤色に染める。ベトナムの子供達はこの花が咲くと終業式間近”別れの季節”

を連想して寂しさを感じると言います・・(-_-;)

原産地はアフリカだそうですがフランス植民地時代に【ハイフォン】に持ち込

まれたと言われています。コロニアル建築の黄色の壁に真赤に咲く火炎樹はこの

街の象徴でもあり【ハイフォン】が活気ずく季節です。

そんな街の火炎樹が映えるスポットをご紹介します・・{スケッチより}

①タムパック湖=水面に揺れる真紅の輝き!

湖沿いにずらりと火炎樹が並ぶ絶好の撮影スポットだそうです。水面に映る花影

ばかりではなく湖に花片がちりばめられる様子も趣があってその光景も素敵だと

言われ散歩のコースには最適だと思います。

②グエンヴァンチョイ花園=観光名所でもあり花見頃時期は混むそうです!

ここは市民劇場の横にある公園です。市内には何処でも火炎樹が植えられていて

シーズンの今頃はきっと沢山の人が見に来て見頃を迎えている頃だと思います。

③ファムヴァンドン通り=赤く縁取りされた1本道

【ハイフォン】市街から海水浴場のあるドーソンへ向かって進みザオ橋を渡った

辺りから沿道に火炎樹の並木が続きます。ドーソン海岸は海水浴客でこの時期は

人出が多く道路は渋滞になるそうです。ハノイより静かで落ち着いた街です。

※現在《火炎樹島》のプロジェクトはベトナム初で進められています・・

【ハイフォン】の象徴、火炎樹を島にと言うもので、ドーソンで進められている

ベトナム初の人工島。火炎樹の花をかたどった60㎡の敷地には別荘、5つ星の

ホテル、ショッピングセンターなどが建設される予定です。

2014年には完成の予定だそうで楽しみでもありますが・・こんな形で造成さ

れる事は発展途上国にとっては経済効果も上がり素敵な事なのですが気がかりも

あります。自然の破壊が慮るからです・・(-"-)

◎さて【ハイフォン】は一流の陶磁器の土地でもあり《ロータスやミントン》と

言う高級食器もかなり有名で知られています。

◎《ミンフオン》と言う山芋の鍋も名物で、擂りおろした山芋に貝やさつま揚げ

そうです(チャーカー)を入れた鍋でとろとろ、シャリシャリが混じった独特の

感触が美味です。時折書いています(チャーカー)はここが本場だそうです。

様々な魚のすり身に香草、香辛料がたっぷり入ったこの地の(チャーカー)は特

に美味で、いくつでも食せる感じでしょうか?

現在の【ハイフォン】は日系関係の事務所ができたり、サービスアパートができ

大きな飛躍を期待されています。又、市内から車で20分程度で行けるゴルフ場

も有名です={ソンザリゾートコンプレックスゴルフ&カントリークラブ}

余りこの街の紹介がないので書いてみましたが・・漁港の街だけに海鮮料理店が

多くどこも結構美味で首都ハノイに隠れる様に安穏な街並ですが、雰囲気のある

大きな街です。

昨日は朝から扇風機が稼働して久し振りに暑さを感じる日になりました。太陽の

威力も衰えず、大きな雲にかかった時だけ寂しそうでしたが殆どはずっと頑張り

力を発揮した暑さでした・・(@_@;)韓国の経済も不安定なようで本当に近辺の

店が撤退していきます。 当初は全ての店が開業していたのですがこの数ヶ月で

かなりの店が閉店しました。そして引っ越していく人も多く、窓から生活が零れ

て行くような感じがしています。韓国人は粘りがなく「雲行きが怪しくなると」

迅速に撤退すると聞かされましたが・・本当にそんな気がします。そんな国民性

も日本人とはかなり違うのだと知らされた思いです・・(-.-)

日差しはもうかなり上まで来ている・・(#^.^#)今日も「暑い日?かも知れない」

ホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(1) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/05/11(Fri)
高邁深遠な言葉でも相手に伝導しなければ決してそれは意味がなく、この歳にも

なって、日々何を書いているのかさえ見当がつかない・・(-.-)その上相手に解っ

て貰いたいとか伝えたい言葉を絶えず詮索している気がします。前記した高邁等

この私にあろうはずもなく・・単なる半可通で、物知ったふりをするのがオチで

人生も長く時間が過ぎるとそう言う技らしき{手慣れ}を図太く覚え身につける

事もあるものです・・うふふふふ

専門家ではなく研究家でも無い凡人故に、単なる懐旧の情を書こうとして≪格好

をつけたがるもの》と反省しきりです。1度書いたものは何度か間違いがない様

に時間をかけて読み直すが、その後は放置してしまう・・(-"-)

     ▼だからちっとも進歩がないのかも知れないなぁ▼

今はどこの国にも不景気が蔓延して人心の荒廃が叫ばれている現象がありますー

自分の国自分の家庭だけといった隔絶した思考で孤立的生き方が多くなってきて

いる気がするのは私だけかも知れませんが・・異国にいると、恥ずかしい思いを

一杯するものです。私は1人だから、それに見知らぬ土地と言う逃げ場所で住み

狡猾な生活が出来ている部分が沢山あり、厚顔でも、鈍感でも常識や感性が違う

事で逃げ出せる方法も有ります・・(・_・;)

反面、他国からの情報も日本には決して入ってこない話等も聞けたり、日本人が

ベトナム人は解らないだろうと思って話している内容を無意識に聞かされたりー

アジアを下に見た考えに日本人の傲慢さを見る時もあって、酷く恥ずかしい思い

を何度もする・・(@_@;)そんな日もあります。日本食レストランなどではその

不遜さに立って行ってぶん殴りたい衝動を抑えた事もありました(昔ですがー)

矢張りどんなに優れた日本人でも色々な人がいて、まして他国で仕事をさせて貰

っている身を忘れて話す事はそれがどんな些細な事でも気分が悪いものです。

丸で他国を自分の絵の具で染めてやっているかの如くに話す人もいて、愕然とな

ります。勿論全部ではなく極、限られた人たちですが悪口を言うのなら、日本で

働きその才能を見せてほしい物だと思う。中途半端なお金が手に入ると慢心する

のかも知れませんが・・(;一_一) 決して、そんな甘い物ではなく撤退していく

会社の多さを考慮すると、難しい問題が目前に拡大していて(四苦八苦)している

会社がどれほどあるかも実際問題多々あるんです。タイで味をしめ、次はベトナム

カンボジアなどと移動する会社も沢山見ましたし、ラオスやミャンマーはこれから

だと言う人もいて経済発展協力より自分の金儲けに多忙な人が多いのも最近の傾向

なのでしょうか?

国際問題は特に複雑で難しく“コネ“社会であったり、拝金主義だったりと異なる

他国の政策に乗れない人の方が多いのも歴然とした事実です・・(-_-メ)

特にこれだけの情報が洪水化していて不況の世の中です。≪海は塩っぱいもの≫と

大きな覚悟が必要視されています。生半可な儲け主義は火傷すると最近とみによく

聞く話です・・(・_・;)

※マニアックな隠れ場所(久しぶりに)・・

◎樹木に抱かれる祠『五行宮』=1800年

カンボジアのアンコールワット遺跡群の1つに「タ・ブローム遺跡」と言うのが

あります。ガジュマルの樹の根に覆われた神秘の遺跡として有名です。ところが

このベトナムの中部ホイアンにも、そんな雰囲気の遺跡があります。 旧市街に

にある『五行宮』です。正確な建立時期は不明だと言いますが推定200年以上

は経っていると言われる祠です。この場所は抗仏戦争、ベトナム戦争時代を通じ

て軍に管理されていたと言われ、祠は周辺住民からも忘れられた存在でした。

中には[五行神]が祀られ、奥の壁には高貴な女性を象徴する鳳凰、柱には土地の

平安を祈願する言葉が書かれています。

現在はレストランの敷地内にあって新しく修復されたが、祠の内部まで根を伸す

樹に歴史を感じさせてくれる。カンボジアの「タ・ブローム」遺跡に比較すると

かなり小さいものだが歴史上重要な祠として残してほしいと願っています。

[五行神]は五行思考を女性の形で表している。中国の影響が強いとも言われて

いて当時の中国人が作ったものと言われています。祠を包み込むように枝を張る

巨大なガジュマルの樹はまるで5人の女性の神様を強い日差しから守っている様

に優しく大きく広がっています。{スケッチ本参照}

オレンジから黄色に変化した曙光は四方を繊細な感覚で素通りして行く。明け方

の風物であるホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/05/10(Thu)
何だかすっきりしない天気です・・(-.-)幾つもの時を越えて楽しみや素敵な事

が逃げて行くような気がしてホテルのネオンが潤んで見える。 道を探す努力も

既に忘れかけている我が身に「ファイト!」なんて言ってみる・・うふふふふ

降り注ぐ雨は気鬱をもたらし、昔の面影をぼかしながら雨は流れて幾年もの間を

“人生の迷い道”に引きずり込んで置き去りにして行く。未練断ち難く長い道程

は渦巻き衝突を繰り返しながら《人生と言う流れ》を何時まで続けさせるのか?

星空を見上げたり、月の満ち欠けに感動し、自然や植物との出合いに感嘆した日

が嘘のように酔生夢死化して消滅していくのでしょうか?

*これらも全て『運否天賦』なのかも知れない・・(-_-メ)そんな事を感じた*

※珍しい“革バッグだけの専門店”をご紹介します・・【チトン】

2009年に誕生したばかりだから未だそれ程有名ではないが[知る人ぞ知る]と

言われる店でありハンドメイドが殆ど。 味わい深いヴィンテージバッグを始め

目移りしてしまうほどの豊富なデザインのバッグが店内を彩り飾られている。

{折りたたみ式のトートバッグや、小ぶりのリュック等}はバイク移動に便利で

そんな革製品をずらりと展開している。丈夫で柔らかく艶のある牛皮を使用して

使えば使うほど馴染む上質さのアイテムとして演出してくれる逸品揃いです。

1番大きいバッグは(凡そ2万円程度)オーダーメイドは所要期間1ヶ月とか!

バッグ代+15%の費用でカラーバッグの注文も受けてくれる。

※フランスの絶品クレープ・・【ラ・クレベリ―】

玄関先にある灯台の看板が目印のクレープ専門店。船をコンセプトにした店内で

フランスのブルターニュ地方の郷土料理〔ガレット〕や〔クレープ〕が楽しめる。

蕎麦粉で作られたガレットは表面がパリパリ、中身はもっちりサイズはお皿から

はみ出るほどの大きさで、美しい盛り付けは食欲をそそります。見るだけでも心

浮き立つ気がします。ナイフでザクザクと切り、野菜とチーズをガレットに包み

ガブッと食べてみよう・・( ^^) 仄かに鼻に抜ける蕎麦粉の香ばしい匂いが癖に

なる味わいです。また、この店で是非食して頂きたいのがスイーツです。

オーナー自慢の{ラ・ホンコンベトナム}600円クリスピー状のクレープが器

になり、中にバニラアイスと蜂蜜、焼きりんごとナッツが入っている。甘いもの

同士による絶妙な絡み具合は顔がほころぶ美味しさです。スプーンの手が止まら

無いほどの絶品です。ガレットは20種類もありトッピングや具材で値段の相違

はありますが、驚く程高くはありません。甘味好きには外せない店だと思います。

{月刊スケッチ本参照〕どちらも中心部にありますのでご試食下さると嬉しい!

今朝はたった今太陽が雲間から半分ほど顔を上げた状態のホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/05/09(Wed)
再度来越して、1番驚いたのは高層ビルとスーパーマーケットでした・・( ^^)

経済成長とともに国民生活もすっかり変わっていた!冷蔵庫のない家が殆だった。

だから、市場で買い物する時はその日の分だけ購入するのが当然だったのが最近

はカートに山盛り、1週間分の買い物に変貌している。そして市場へ毎日買い物

に行く人が少なくなって来ているのが現実です。外国資本が入ったスーパーの数

も多くなった。スーパーの話を書いてみます・・{BOO参照}

※{COOP MART}=全国展開している大型店です。ホーチミン支店だけで40店舗

全国では56店舗を展開している。生鮮食品、酒、日用品まで揃っている庶民的

な雰囲気で顧客のサービスが多いことでベトナム人の利用者が特に多い。

会員になってポイントが貯まるのも好まれている理由?外国人はパスポート持参

して先ず紙のメンバーカードを発行して貰いその後ポイントが600点になると

プラスチックの通常会員カードに格上げされるそうです。VIPカードになると優待

レジカウンターでの精算、誕生日にはお祝いカードとクーポン券が(テト)には

プレゼントがもらえると聞きました。また電話での注文や一定金額の購入がある

場合のみ無料配達もするようです。COOPブランドの製品も展開している。

※BIG C

この店も地方にも展開しているようだが未だ入った事がない。全国では17店舗

日用品が豊富でどちらかと言えばホームセンターに近いそうです。 生鮮食品も

豊富になり、寿司、マグロの切り身なども売られていると言う。 パスポートを

持って行けばその場でメンバーズカードと優待カードを発行をして貰い、直ぐに

使用できるようです。

※Citimart=1994年に1号店が開業。

ベトナムでは初のスーパーマーケットです。ホーチミン、ハノイ、ニャチャンや

キェンザン省にも店を展開全国に28店舗。特に外国の調味料や缶詰、日本食材

等は他店にはないものがあります。小さい店が多いですがおにぎりなども売って

いてコンビニ感覚です。ここにもポイント会員制度があるようです。

※INTIMEX=北部だけにあるスーパー

水産物の加工、海老の養殖、農作物の輸出を幅広く手掛ける会社のスーパーです。

ハノイ、ハイフォン、ハイズォンにあってややローカル色の雰囲気がある様だが

品揃えが豊富なのは嬉しいとのことです。

※FIVIMART=ハノイ中心

品揃えが豊富で2500円位の買い物をするとカスタマークラブに登録し1年間

に120ポイントゲットできないと失効すると言う。1ポイントは2500円位

120ポイントになった時点でメンバーシップカードとなり毎回の買い物が3%

割り引かれ、優待プロモーションや誕生日プレゼントもあると言う。ハノイ市内

だけのオンラインによる商品の注文を受けている。代金が必要で配達人に支払う

システムだそうです。

※MAXIMARK=店舗の殆どが大型店・・

ホーチミンでは本当に大きくて目立つ店です。生鮮食品はいまいちだが、日用品

や飲料などは国内外の品が多くあります。ここは時々行きます。

※LOTTE MART=ご存じの通り韓国の大型スーパーで、ホーチミンに2店舗展開。

この7区にあってかなり大きくシャトルバスが走っている。日本と殆ど変わらず

商品の盛り付けで、薄切り肉やミンチがパックで売っています。見やすいし慣れ

ているから買い易いが、割高になっているので、敬遠気味かな?

韓国人が矢張り多く韓国食材は全て揃っている感じでしょうか?日本のお菓子

等も割合あり懐かしい感じはしますが・・ベトナム人の庶民には高すぎる感じ

がします。私にとっても・・(-"-)

※Giant=香港系

今年、この近辺に出来た大型クレシェントモールの中にあります。2回程行き

ましたが、余り興味を引く値段ではなく、場所的な意味もあるのか?週末以外

は何時もがらがらで、未だ宣伝も効果がないようです。

以上所謂ベトナム人もすっかり慣れたスーパーについて書きましたが、当初は

肉も野菜も全くなく、あっても鮮度が悪くて買えなかった。その感覚がある?

のかも知れませんが市場が何より好きです。もしかしたら市場が消えていく事

にならなければいいなぁ・・(-_-;) と思っているのですが・・段々と色々な

サービスが追加され、品揃えも豊富になり慣れてくると、働いている主婦には

配達のサービスは便利になってくるのではないでしょうか?

うす汚い、泥道を入り魚が盥の上で飛び跳ね、外に出ているのを掴んで入れて

行く通行人が多い市場は活気があり、何より飽きさせない。時間が十分欲しく

ゆっくり見て回りお腹が空いたら市場内で食べ、甘味もフルーツもあり、半日

は過ごせそうな市場は私の中ではベトナムそのものです。

立派で高級なスーパーや、様々な外国製品が入って来ても、個人的には天秤棒

を担いだ小母さんが作るものが好きだし、屋台で食するものが何よりも美味で

安価だから・・発展していく事に異論はないが、残してほしいものが山積して

いるのも個人的心情です・・(#^.^#)

昨日は朝数時間だけ暑さが戻った感じでしたが、その後は曇天で雨は少しだけ

降り、雷も鳴らなかった。終日、想像以上に涼しかったです。

今朝も太陽は黄色を輝かせていますが薄雲が全体にかかっている様で真の暑さ

ではない気温のホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/05/08(Tue)
日本でも大きな竜巻が襲い大きな被害があったようでお見舞い申し上げます!

本当に自然だけはどうしようもなくて・・世界的に異常気象なのでしょうか?

ベトナムは火炎樹の花が真赤に燃えるように咲いて居て、矢張り5月なのにー

毎日[スコール]の様な雨が降り、昨日は終日降ったり止んだりしていました。

その分涼しくて、扇風機を点ける事もない日でしたが夜は冷たい湿気で肌寒さ

を感じ上に羽織って眠りました・・(-_-;)

※ベトナム人でも知らない人が多いと言う、ホーチミンからプロペラ機で45分

に”コンダオ島”があります。そこは昔風で言えば流人の島で監獄があります。

島の案内や観光は次回にして、素敵な〔逸話が残されているのでその話〕・・

※ボー・ティ・サウは天使になった?・・{ビナBOOより}

島で処刑された有名人はベトナム共産党結成以前から故ホーチミンと行動をした

党指導者レ・ホン・ファンだと言います。しかし、ベトナム国民に最も親しまれ

ているのはボー・ティ・サウと言う名前の少女です。ホーチミンやハノイの通り

の名前にもなっているので、この名前を知っている人は多い。

サウは10代前半で抗仏運動に参加した。 要人を狙った爆破にも加わったのち

逮捕され、サイゴンの監獄に入れられた。しかし、一言も自白しな事に手を焼き

処刑をするために1952年”コンダオ島”に送られた。 島に到着してからも

サウは明るさを失わず何時も鼻歌を監獄に響かせていたそうです。 処刑前夜に

フランス人宣教師が「何か欲しいものはないか?」と尋ねたところ「自由が欲し

い。ここを抜け出してまた、仏軍と闘えるから」と言ったそうです。 処刑場に

至る道でも蝶々と戯れたり、同行した敵の兵士に「女の子だから死ぬ時も綺麗で

いたい、私は手を縛られているので摘めないから、代わりに道端に咲く花を取り

髪に差してほしい」と求めりした。 処刑場で再び、宣教師に望みを聞かれると

「ベトナムの空や海を見ながら死にたい。目隠しを取ってほしい」と言った。

「ここはベトナムではない!フランスだ」と宣教師の言葉に反して、毅然として

「ここはベトナムです」ときっぱり答えたと言われている。7つの銃口を前にし

ても視線をまっすぐ向けて見据えるサウに銃を構えた側がむしろ戸惑いを見せて

死刑の執行時間3時間過ぎても誰も少女を撃つ事が出来なかった。

最後は業を煮やした上官が兵士から銃を奪い取りサウのこめかみに当てて引き金を

引いた。たった17年の人生で、島に到着した翌日のことだった! サウの遺体の

見つかった場所には墓地が建てられ、今もひっきりなしに地元の人やベトナム観光

客らが訪れて手を合わせる。 神も仏も存在しないかのようだったこの島でサウは

平和を求める全てのベトナム人にとって【天使】となったのです・・(*^_^*)

尚、ベトナム戦争が終結した1975年5月1日島は100年以上にわたる収容所

としての歴史を閉じた。他の地域より『終戦』が1日遅いのは、本土から洋上遠く

離れていた為、サイゴンの陥落の情報が遅れたからだといわれています。

島の観光案内はまた書きますが、切ない話だが少女さえその頃は戦っていた記憶

が心を熱くさせる話だと思いました。その姿は余りにも神々しく銃口を向けられ

無かった兵士の心情も解り、幼毛なその姿をどんな感情で見ていたのだろうか?

昨夜も雨がしとしと降っていて月見はできなかった!今朝は暗雲を分ける様に橙

色に染まった輝きが層を押し上げるようにして昇って来ています。きっと晴れて

暑くなる予感のホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/05/07(Mon)
定刻通りのように雷鳴は響き、又激しさを伴った雨風が吹きつけ、満たされて

行く”植物の生命の恵み”として耳奥に留めながら刻の過ぎるのを待っていた。

昨日の雷は物凄かった!最初は遠雷から始まって、この地に向かってくること

が確実に理解できる程で、閃光に一瞬目が眩み、轟音で体が震えた程大きな音

が何度も頭上を通過した「バリバリ」と屋根でも裂ける音がして近場に落雷し

た感じだった・・(-_-メ)闇を抜け彷徨っていた稲光は雲の中でやりきれない

感情に牙を剥きだしているかの如く、雨風が唸っていた・・\(◎o◎)/!

こんな時一人の暮らしは「しんどい」と思う。果てなく続く夜空の向こう側に

輝くものを自分では探せないからです。目先のことなのに・・昨日と同じ今日

ではないと知りつつ、異国の中で忽然と自分が一人であることを意識する時間

でもあります。 夜まで風は吹き捲くっていたが・・闇の中を手探りしながら

眠りに落ちて行った気がします・・( ^^)

※強力な吸着力で毛穴の汚れを落とす・・{NEW GEL}=(KEO MAT NA)

先日、美容室に行った時、友人がして貰っていたので、気になって聞いた商品

が{ビナBOO}に掲載されていました。小鼻の横の毛穴に溜った角栓が毛穴に蓋

をしてしまい、ニキビを作り毛穴どうしが繋がって行く帯状毛穴現象が起こるの

だそうです。ニキビの経験はない人だし、毛穴の詰りなど気にする年齢でもなく

既に忘れていた事だったから興味があって、見ていた・・(@_@;)

{NEW GEL}はとても強力で且、即効性の高い肌パック。カチカチになる迄には

直ぐだった気がします。それを剥がすだけで、うぶ毛も一気に取れた様でした。

何だか卵のむき身みたいな鼻になっていました。肌の弱い方には無理かも・・

でも、綺麗に取れていました。余り簡単なのでちょっと驚いたが・・(@_@。彼女

は1週間に1度必ずして貰うとの事でした。かなり勧められたが勿論、断った!  

今更そんな必要もなく、見せる相手がいないと言うとお笑いされたが・・(-_-;)

   [角栓とは皮膚が毛穴に溜ったままで酸化したものを言います]

ご存じの方は多いと思いますが一応書きました。薬局で売っていて小さく20g

程度しか入っていなく、70円位だそうです。

※基礎代謝を上げて疲れにくい身体を・・{MORIAMINN FORTE}

ロイシン、イソロイシン、バリン、りジンを始めとする8種類のアミノ酸と11

種類のビタミンを混合した、日本開発のサプリメント。 成長ホルモンの材料と

なり易いアミノ酸の継続的な摂取は、基礎代謝を高め、老化予防やセルライトの

蓄積を防ぐと言われています。運動前に摂取すると、何時もの1・5倍の発汗が

アップするようで寝つきが良く肩こりの改善などの報告があります。

10錠で100円程度だそうですが、購入したことがないので10錠だけ売って

くれるのか疑問ですが「何でもありの国だから」案外平気で買えるかも知れない。

ま、薬やに行けば面白い事だらけです。どこからともなく出してきたりそれでも

場所は理解しているのでしょうし、錠剤を潰して粉末にしたり、調合する部屋が

見え、でも日本のように器械ではないからほとんどの場合、秤にかけて手で包み

出してくれる。又、錠剤も鋏で必要な数だけカットしてくれるし、1瓶とか1箱

を大きいまま買っている人はあまり見かけない。大抵は日にち分だけ切り離され

数えられ売ってくれるから凄く安価です。日本の製品も多々ありますがほとんど

半額に近い値段です。輸入物は高いのでしょうがこの国で作られている日本製品

は廉価です。何時も本当に混んでいるドラッグストア(薬局)は観るのも楽しい。

今朝は静かな雨がずっと起きた時から降り続いていて、薄暗く夜明けが遅いのか

しら?なんて思っていました。珍しく穏やかな雨降りのホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/05/06(Sun)
午後からは鳴神{雷}の襲撃が何度もあって、その都度雨が斜めに走り、時には

ぶつかって流れていった。最初は日雷(ひがみなり)=頭上の空が晴れていて

居るのに雷が鳴る現象。だったのですが、閃光とともに激しく、轟く雷鳴は暫し

の時間を釘ずけにしてしまいました・・(-_-;)

雨が連れて来る風雲の悪戯か?雷雨なのか?大空を貫くように暴れて去り行き

重すぎる雲間から太陽がにっこり微笑だ後は夢が覚めた後の様な感覚が残って

そこらじゅうが眩しく宵心を酔わせる気持ちにさせられた・・(#^.^#)

昨日は月が大きく見えるとの話だったので、エレベーターで降りて見に行った

のだが、生憎の雲に遮断されていて・・残念でした・・(-_-メ)

ま、韓国人の子供が騒々しく大騒ぎ20人ほど走り回っていて、誰も注意など

しないから、夜の眠りの時間がずれてきている。外で遊ぶのは日本人の子供達

とは違う気がして当初は興味もあったが・・今はその無神経さに呆れている!

親がそうだと子供も当然になるのでしょう・・傍にゴミ箱があるのに、お菓子

の袋や食事の袋など公園内に捨てて行く。本当に些細な事をしない国民です。

ベトナム人の下働きの人たちが毎朝、綺麗に掃除し、ごみの収集をしてくれて

居るのに・・尚も”汚し捨てる神経”が理解できない・・(-"-)

隣が10日前に引っ越した。殆どスーツケース3つ位で出て行ったようだ。何

もかもが揃っているし、残して行っても後の人が使用すればいいという考えだ

から、殆ど荷物など要らない引っ越しです。何時出てったのか?入ったのか?

隣同士でも余程でないと解らない。 今回は丁度、買い物に出る時だったから

「あー引っ越すんだ」と解ったような次第で・・昨日は大きな冷蔵庫が運ばれ

玄関が開いていて、大声でしゃべっている声が何度も聞こえた。新しい住民が

来たようだ・・(-.-)

※ハンモック・・(月刊スケッチ本参照)

もう日本ではアウトドアー的感覚で使用する以外用途も殆どなく知らない人も

居るかも知れません。所がこのベトナムでは毎日普通に使用されていて、特に

子供を寝かせつける時には必ずハンモックを利用する。

布であったり、網だったりするが、日中の暑さの時間帯に揺らしながら子守唄

を聞かせている親や祖母をよく見かけたものです。見ていても気持ちよさそう

なのですがその揺らす反動と言いますか?凄く大きくて、未だ頭も座っていず

背骨もちゃんとしていないベビーを揺らすのは心配でしたが平気見たいです!

しかし、想像していた様に最近は、姿勢が悪くなるという反論も多々出てきて

ハンモックを持たない家庭が増加しているそうです。

昔はベトナムの家には必ずハンモックを支えるための専用柱があったそうです。

昼寝、仮眠でハンモックは自然に使用される物でしたし、暑い国の当然の習慣で

有り、文化でもありました。乗って眠った経験の方もおられると思いますが・・

その感覚は気持ちよく老いた人の昼寝姿やベビー用に今でも使用している家庭は

ありますが、時代の流れと若いママ達から「成長段階で骨が軟らかいから揺れる

事に抵抗があり、姿勢が悪くなるのでは?」などと不安が拡大し風評となり売れ

行きが減少したそうです。ストレス解消や仮眠に利用する{ハンモックカフェ}

もあります。

週末になると若者が集まるハンモックカフェは今でも賑わっている様で、安価

で4、5時間は過ごせる為人気があるそうです。大抵傍に池や川があり、釣り

を楽しむ事もできるようです。若い学生達にとって、子供の頃の”ゆりかご”

の中で子守唄を聞きながら眠った記憶が蘇るという人が多いと聞きました。

又、ハンモックを知らない世代も増えてきつつあるのも現実だそうです。義母の

家にはハンモックの柱があり、何時もかけてあるので当初は珍しく乗っては動か

していたのですが、個人的には駄目でした。不安定で、その振動や揺れる感覚が

気持ち悪いのです・(・_・;)

乗り物は何でも大好きで、違和感はないと思っていましたが《脳?耳?》のどこ

かが拒否反応を起こすんです。不思議がられましたが・・気分が悪くなった!!

それからは乗っていませんし乗りたいとも思わないけど・・(・_・;)

道路沿いで売って居る人やリヤカーで売りに来るハンモック屋さんは今でも時折

見かけます。暑い国だから野天で樹木との間にかけて眠っている小父さんを見か

けたが、この近辺では殆ど見たことがない。

最近情報で30人が乗っても大丈夫な折り畳み式ハンモックが出来たそうです。

それはベトナムギネスに申請中だと言われています。ハンモックの良いところ

は何時でも直ぐにセットできて眠れること。仕事の合間でも気軽に休憩できる

事があげられ、ベトナム人にとってはこの習慣はこれからも続けるでしょう。

 ≪ベトナム人にとっての習慣と文化だという人も多い・・( ^^) ≫

{ハンモックカフェ}なんて面白いと思いますが、郊外にはあちこちにあって

特別な事ではなく林の中や池の近くで、樹木にかけたハンモックが幾つも並ん

でいて、ジュースやコーヒーを飲んでいる人をよく見かけます。

再び注目され実感し体験してほしいと好きな人は話します。  慣れないせい

でしょうか?あの不安定さが落ち着かない私です・・(^_^;)

因みにベトナムの子守唄の訳が載っていましたので・・素敵だったもので書いて

置きます【突然の大雨と雷 母は愛しいあなたを胸であやすの 静かにおやすみ

     ぐっすりおやすみ 心地よいハンモックと子守唄で ゆっくりお休み

     なさい】

子供のころに聞かされて眠った記憶がある人は多くこの唄を聞くと郷愁を感じる

と言います。それだけ懐かしく心に秘められた子守唄なのでしょう・・(#^.^#)

日曜日の朝は静かに明けましたが雲が少し多い様で陽光は弱気なホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/05/05(Sat)
木々の間から蒼い空が覗き、白雲がもくもくとしていた日中37度と言う気温

の中久しぶりにタクシーで出かけてきた。連日35、6度と強さが増すもので

外出も近場だけで済ませていたが、眼鏡のネジが弛んでぐらぐらしてきた。

小さなネジ回しなど無いから違うもので代用していたらネジメが潰れたらしい!

時間を作って貰った友人と一緒に美容室で髪の毛を15㌢もカット。 そこには

見た事のない自分が映っていた・・(@_@。 昔の自分がいた感じです・・(-.-)

その美容室はベトナムの雰囲気が濃く漂う露地にあり、道幅が3㍍もない小路に

薄汚い店がかなり長く続いていた[これこそベトナムの底辺]を支えている感覚

がして(気分が穏やかになった)勿論、全ての道路にはバイクが並べてある。

歩ける場所は1㍍もなくバイクの後輪を避けながら店に入る様な所で、小さな

店が露地全体にあった。そんな場所なのに店のほんの少し空いた場所には屋台

が並び、果物、甘味、ジュース、焼き菓子やご飯やがあちこちにあり、10年

前のベトナムを彷彿させていた「好きだなぁ」これがベトナムだと何度も思い

つつ衛生的でない露店にしゃがんで見ていた。 友人は髪を染めるので時間が

掛ったからで、その雰囲気を堪能していたが、残念な事に数年後にはこの地区

は全て壊されるという話を聞かされた・・(-_-メ)

この国に来て行った経験のある美容室はなぜか韓国人が多くNYや日本の名前が

知られた店へも行ったが・・私の柄ではなく、チップの量も半端なく、この国

ではもう行かないと決めていた私だが初めて今回ベトナム人だけの店に入った。

最初は緊張(お互い)していたが、注文が多すぎる事もあったうざい客にも?

通訳してくれる彼女が懇意だからか?次第に慣れて笑いながら接してくれた。

正直、日本人のカリスマ的なハサミ捌きではなく、パーマーもお釜を被る旧式。

「ここをもう少し、ここはこんな風に」とか手で示したりして何とか納得できる

様に仕上がったが{煩い客}だったと思います・・ははははは

※熱帯のデトックスフルーツ=タマリンド・・{月刊BOO}より

タマリンドとは『Tamar-Hindi』と言うインドのナツメ椰子から来ている様です。

これは肝臓を保護する働きが強くあるため、熱帯地方では二日酔いの酸味飲料と

して使用されてきました。 タマリンドには酸味と甘味の両方があって、甘味は

果物として酸味は料理用として使われます。 果物としてそのまま食す時は殻を

割って筋を取り種を出して食べます。ねっとりした食感は干し柿に似ているかも

知れない。調理用に既にペースト状になった物や殻と種を取り除いたものが市場

では売っているので便利です。酸味種を潰して煮出したものに塩を加えただけの

素朴なタマリンドスープは梅干し感覚にも似ています。どこのカフェにもあるし

{Che Me Thai}と言い、塩と砂糖を加えたものに水を入れるだけで爽やかな

タマリンドジュースが出来上がる。

◎美肌効果と便秘解消・・

含有される天然のAHA(フルーツ酸)成分には皮膚を滑らかにして、新陳代謝を

高める効果がある為、タイ、インドネシア等熱帯アジア諸国の女性は美容目的

でタマリンドを愛飲している。またフレッシュタマリンドは抜群の整腸効果が

ある事でも有名なのですが知らないで食べるとトイレに走る事になります。

◎中性脂肪を撃退する?・・

タマリンドの酸味成分である酒石酸にはクエン酸サイクルの働きで、酸性物質を

分解してエネルギーに変化させる働きがあって、疲労回復効果があります。また

身体をアルカリ性に保ち免疫力を強化する働きや活性酸素の発生を抑え、脂肪の

燃焼を促す作用があると言われています。根拠はない様ですが。

食事の30分前に100mlのタマリンドジュースを飲むと、食欲が抑圧されると

言う報告もあります。

◎タマリンドジュースの作り方

材料は生姜1片、擂り潰す。 日本では見た事がなかったのですが、この国には

タマリンドのジャムがあります(大匙2杯)ライムはくし型のものを2片用意。

水150ml。ライムでグラスの縁を湿らせ砂糖、もしくは塩で飾る。

タマリンドジャムに水と生姜を加えてよくかき混ぜライム、氷を浮かべたら出来

上がりです。レモングラスをマドラー代わりに立てて完成。

簡単で身体に良いのでベトナムでも沢山の人が飲んでいますし、結構有名です。

タマリンドジャムが手に入ったら是非試飲して頂きたいと思いますが・・( ^^)

昨日の夕立ちと夜中に降った雨のせいで蒸し蒸ししている朝のホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/05/04(Fri)
東の空には暗雲が棚引き白雲が層をなして、その下からは目を見張るような曙が

昇ろうと懸命になっている姿は生命力の逞しさを心に投げかけてくれる!

「朝は明るく元気な方がいいなぁ」なんて思いつつ上がり始めた太陽と対話して

暑くなる日に立ち往生しているのが本音でしょうか・・( ^^)

色彩の変化は迅速で夜の感覚は既に影も見えなくなり、無風状態で朝を送りだし

日々の繰り返しが始まりました。単調すぎる時間は時には身体中に疲れを溜めて

快適さをなくしてしまうが・・平凡に生きていられる時間が愛しく、季感のない

国の猥雑な流れにすっぽりと巻きこまれて行く人生もまた有っていいのかも?

重い車輪がごろりと動き出した朝の到来です・・( ^)o(^ )

※ベトナム人女性のヤキモチについてこんな話が本に載っていました・・

以前にも書いたのですが何せ(価値観)が全く違うから・・想像を絶する光景が

周囲で見かける事もあります。日本人がまともにぶつかっても勝ち目など決して

無いのが当然です。その代り、ベトナム女性の情の細やかさや優しさ、親切心は

日本女性が昔持っていたような感覚があります。所がその反面デメリットとして

強烈なのが『嫉妬心と執念深さ』です。日本人と結婚している夫婦を見ていると

その姿が脅威に映ります・・(@_@;)

携帯電話の履歴、メールのチェック、PCなども全て平気で見てしまう。飲み会や

接待、ゴルフなど日本人には当然のスケジュール等も全て事前報告をし、接待の

時間の最中でも定時連絡が必要であると言います。もしそれを忘れたり、怠ける

と、帰宅後には大袈裟にいえば“血の惨劇が待っている”と書かれていました。

彼女達の言い分にも理屈はあり『ヤキモチを妬かないのは相手に関心がない事』

で「チェックされて困る事でもあるの?」と言うのです。ま、お国が違えばとは

言いますが・・男性にすれば「気分が悪いことと思います」・・(-_-メ)

日本人男性はそう言う風に育って来ていないから相当応えるようです。女性の心

が厄介なのはどこの国でも一緒かも知れませんが・・ベトナム人女性の嫉妬心は

荒ら荒らしいものがあります。身内でも、ベトナム人同士の夫婦の喧嘩を何度も

見た経験がありますが・・\(◎o◎)/!それは猛烈です。

又、浮気をした相手の家に乗りこんで女性同士で掴み合いの喧嘩をすること等も

普通にあります。 周りを気にしたり、羞恥心等もないから何処でも喧嘩をして

居る姿を見かけます。物を投げたり、引っ掻いたり、言葉でも熾烈な争いが続き

ます・・(@_@;)それは執拗で何時間も続き、納得させるのは容易ではない。

日本人男性は本当に困っているのが現状ではないでしょうか?最も若い女性との

結婚は難しく日本人感覚が全く通用しないことを確実に解っていないと失敗する

ケースも多々あるようです。日本人男性にとっては手強い相手だと思います。

「そんなに信用できないのか?」「うざい」なんて思っていたら思いきり反撃に

遭うのがオチだそうです。ある女性は終日、探偵まがいのことをして朝から帰宅

迄つけ回した人もいるそうですから・・恐怖を感じます・・(-_-;)

半径{何㍍以内}に女性が近ずくのが許せない人もいるようですから恐れ入る!

逆転の発想で女性を煽る方法もある様ですが・・中々強かで敵わないと言う人が

多いと聞きます。品行方正な男性でも、綺麗な人には心が動くもので、それは別

に悪い事ではないと思う。私等の年代では男性の浮気は{男の甲斐性}見たいな

考えを持った人もいて、資産家などでは数人の女性がいたことも子供心に知って

いたが、派手な喧嘩は日本人女性としての慎みに欠けると迄言われたり一緒の家

で棲んでいた人もいた。それは極端にしてもベトナム人は結婚するまでは甘くて

傍で見ていられないほど仲が良いのに、結婚した途端に変貌する。不思議です!

そして、すべての権利を握るのが彼女たちの生き方であるようだ・・(*^_^*)

現代はこれだけの情報が流れているので、ある程度の常識的感覚はあるとは想像

していましたが・・こと[男女間]の思考には未だ影響がないようです・・( ^^)

すっかり日差しは中空を万遍なく覆い尽くし、暑さの深みを思いきりもたらせて

来た感じのホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/05/03(Thu)
早朝4時の気温は27度で、窓からの空気も重そうに湿気を含み無意識に昨日

の濁りを攪拌しないで入ってくる感覚は・・朝の希望の輝きを喪失させる!

コバルト色の中に白濁した月が雲の横に見えていた昨日は吐息を漏らす程に胸

の中がときめき掠めて行ったのに・・過ぎていく優しさに向けトリガーを引き

たい衝動に何度も何度も振り返っておりました・・( ^^)

惻惻として心寂しくなったり微妙な心の襞に肺腑を突く思いがして、誰の為に

生きているかを、はたまたどんな風に生きたらいいのか?などを考る。戻って

来ない時間に過去が持ち去る傷に手を加える事もなく少しずつ削られて行く刻

を追いかけ言葉が心の底を駆け巡る日もありましたねぇ・・(-_-)

今はただ自分だけを考えて、生きている感覚が大きく、子供には子供の人生が

あり40数年愛情も片親故に過剰なほどかけ過ぎてしまった一抹の後悔はある

が、それは自分可愛さの{自己満足}でしかなくても、予想外の結果が出ても

その程度しか自分にはできなかった「一区切り」つけて別の人生を歩いている

のだと{弱弱しく痩せた体を労り鬱然と立ち尽くす日}も多かった・・(-.-)

しかし人には夫々の道があり、閉じた花弁が開かない様に、淀みにはまった体

は拭えても華麗にはなれない・・ぶふふふふ

儚げに意に背き艶やかさや爽やかさを埋没させていくのが普通だと解るまでに

はかなりの時間が必要でした。親子と言えど言えない言葉や感情があり、そこ

に立ち塞がった壁は厚かった気がしますが・・体の老化と思考の衰えを身にし

て、自分だけの為の人生を歩こうという思いが顕著になってしまったのです。

何もない人生は無く影を軋む身体を捩リ眦を濡らした時間は束の間の出来事で

窓辺を去り歳を数えて逸る心は今は日没に差し掛かっている状態でしょうか?

俄雨が幾たび濡らしても暗雲に行く手を遮られても風吹けば流され、かがまり

通過するのを待つ身になり、とりあえずは急かされている時間に大らかに対応

出来る様に色を染め分けられたら眠り足りると思う事にしています・・(*_*)

透明である必要性はなく、月の満ち欠けの様に待宵の心で研ぎ澄まされた清冽

な事などないのだから、一人居の主観的思考などや心の乱れを少なくして短い

命との闘いは続編に突入していると言えそうです。見知らぬ国にいて、誰の目

にも気を遣う事の無い生活はある意味《狡猾で逃避生活者》でもあります。

枯れて澄むことなどないと思える私心だから逃げ場所を作ったとも言えるかも

知れません・・(・_・;)

闇のしじまに底知れぬ何者かが潜み首をもたげて待っているかも知れない感じ

は時折しますが、雨が風が降りかかりスコールの激しさで打ち消していくこの

国は異国人にとっては心休まる場ではないが・・雷鳴がとどろき連れて帰って

くれる瞬間は鮮やかで、しずしず重い日本人の心内を即座に打ち消してくれる

潔さは気分的には良好だと思えます。朝の勢いで何も考えず書きなぐる有様で

恥ずかしいけれど少し違った感性で物を見る事が出来、視野が異なる世界での

思考は後で読み返すと羞恥心でいっぱいだが・・その時の感覚だったのだと己

を必死で庇っている部分が沢山あります・・あははははは

前文が長くなったので、ちょっとしたベトナム人の話を・・

※ベトナムでは風邪を引くと、必ず『ザウゾー』と言う小瓶に入った緑色した

液をこめかみや鼻、のどに塗る習慣があります。高熱を出した時も、腹痛でも

肩コリでも何時もごく普通に使用し家庭の常備薬です。

薄荷の成分が入っているようで「スゥー」として気持ちがいい、匂いは強くて

でも効果はあると思います。頭痛の時にも頭の中にでも塗る人もいます。私は

以前は持っていましたが今はタイ製品のオレンジ色をした似た小瓶を使用して

います。これも幅広く使用出来る。日本のサロンパスや湿布薬は高価だからー

廉価で何処の薬局にもあるから便利。何度言っても通じないから最近は使用後

の空箱を持参で買いに行く・・ははははは

本当に音が聞き取れないし、高低差があるから。少し違っても全く異なった品

が出てきてがっかりする事が多すぎる・・(-"-)

太陽の軌道が変化して部屋にまさかの西日が入るようになった。室温が3度程

上昇するので、寝苦しい夜に変化してきた。今朝は起きた1時間後、5時過ぎ

から曙光が眩しい程照らし出しているホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/05/02(Wed)
昨朝は流れ星を見たものだから心の片隅に多少の期待があったのですが何事も

なく過去形になってしまった・・(*^_^*)それはそれで「何もない幸せ」に

連鎖ー嬉しく思わねばならないと多少の(不満)も混ぜつつ感謝の日でした!

もう若くないだけに日々が平穏で暮らせる事が何よりも有り難く時間が”過去”

に堆く積まれて行く事に、重すぎる気持ちはありますが・・(-"-)

でも、果てない夢も風雨に曝されて、実を結んだ事も沢山あったし、身の丈に

合った仕合せも多々あって数えきれない。だから今も迷わずこんな異国で1人

暮らしが出来るのだろうなんて身勝手に回答を出していますが、現実との過大

なギャップの中で右往左往していることも事実ですから「ええ格好しなさんな」

と横丁から突っ込みの声が飛ぶかも知れません・・うふふふふ

「何処まで続くのか?この道は・・」耳を澄ませて聞いてみても命ある不思議

に満たされて過ぎる日々です。自分の心裡に『運命を背負いこんで歩き出して

からが長く、その温かさは言葉に紡げない・・( ^^)』

遠回りの人生だから時の歩みが遅いのかも知れません。振り向いてもただただ

歩いてきた道があるだけです。人の世の幾千の星の中の一欠片にも満たない微小

な人生がそこには有り、もう直ぐに見えなくなって行くのだろうと思いつつ時の

歩みから逸脱出来ない。若さは喪失しても胸底には同様の血脈が流れ、歩き疲れ

た時間の重圧に戸惑っているのが現況だとそんな事を考えた1日でした・・(-.-)

昨日は午前中はどんどん気温も上がってかなり暑さを感じていましたが午後から

雲の勢力が強くなって、雨は降らなかったですが予報より高い温度が下がらなく

常夏の国の暑さを感じておりました。

※最新型・プリントシール機導入・・

コスプレでなおかつ最新のプリントシール機がホーチミンで楽しめるのです。

店内には機械が2台あって両方共2011年型で全身撮影可能。コスチューム

に着替えた若者が撮影順番を待っている(女子高校生のセーラー服、メイド服

アニメのキャラ等)の種類もある様でヘアーピースをつけ:なりきり:体験し

た事のないベトナムの若者の間では話題になっています。

いざ撮影になると緊張した面持ちの若者たちの表情が見ていて楽しく興味津々

機械は日本直輸入なので日本語なのだが、傍に日本語の解るスタッフがついて

親切丁寧に対応してくれる。若い人達は直ぐに理解するらしく、羨ましく感じ

ていた。個室?内と言うのか解りませんが、結構明るくフラッシュが足元から

も光る様になっているみたいで綺麗に撮影されるとか?

又撮影時に{お肌自然タイプ}{お目めパッチリ〕コースもあると言います!

終了後は撮影された写真画面を見ながら、スタンプを押したり文字を書きこみ

デコレーションして行くようで実際に印刷するシール加工をします。

要領が分ると若者は興奮しながら色々と加工に挑戦していました。日本の現代

文化の1つとも言えるプリントシール機は変身願望が気楽にできる楽しみがあり

写真好きのベトナム人にはこれから先猛烈な勢いで普及していく予感がします!

ま、日本はあちこちにあるので面白みは無いかも知れませんが、一時期ブーム

を巻き起こして、学生達は電車の中でシールをノートに一杯貼付して見せ合って

居た姿を目にしていましたが・・今はどうなのでしょう?

ベトナムにはこれから大波が来そうな気がしますが・・少し高いのでその上若者

の気持ちも理解できない年齢ですからどうなるか?見当もつきません・・(^_^;)

でも、もう少し安価になれば流行するのではないかと思われます。

今朝は雲が多く陽光が見えない朝になりました。ホーチミンの朝は蒸している。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/05/01(Tue)
未だ明け染めぬ夜明け前の空を流れ星が1条走った・・本当に瞬時の事で窓を

開けたその時だったから思わず「あっ」と声がでた。もう2度目はなかったが

何か「願い事」をすればいいのでしょうが、驚きと瞬時で何も予期しなかった

だけに心奥に想いが残ってしまった・・(-_-;)

過ぎて行った過去の時間でもあり、それを眺められた刻ももう決して戻っては

来ない『そんなかけがえのない星と時、忘れられない一瞬』を残り火の世界の

様に大切に思えた瞬間でした・・(*^_^*)

※茹で巻き貝=Oc Nong・・[オック・ノン]

日本人はお酒のつまみに貝を食しますが。ここベトナムでは“おやつ感覚”で

とりわけ巻貝[オック]淡水のものをよく食べます。種類や大きさは様々で調理

方法も味付けも北部と中部、南部では違います。南部は甘味を加えた炒め煮が

多く、ココナッツミルクと唐辛子で甘辛く炒める。中部は辛い味付けが好みで

大量の唐辛子でスパイシーに炒め煮にしたものに人気があります。一方、北部

は[オック・ノン]と呼ばれ茹でただけの巻貝が喜ばれています。特別に店舗も

構えないで道端に[オック・ノン]と書いた手書きの看板を掲げ、大きな鍋と笊

に大量の貝を積んだだけのシンプルなもの。その周りを囲む様に低い風呂椅子

に座った客たちは夢中でほじくって食べている姿が目につきます。

素材を重視し、シンプルな味付けを好むハノイ人は実に簡単な茹で貝が好き!

ただし、貝の臭みを取るためにレモングラスやレモンの葉、生姜などを一緒に

入れて茹でるから北部料理のひねりがあるようです。

金属板を三角にカットしたチップの先で、巻貝の中身を引き出し、ツケダレの

ニュクチャムにつけて食べます。このツケダレの風味がよく、北部風のニュク

チャムは、甘さ控えめのあっさり系。酢と微量の砂糖、ニュクマムを茹でた貝

の茹で汁で割って作る。  爽やかながらも濃い旨味がびっしり詰まった味に

なっています。食す時はさらにレモンや季節によっては金柑の様な小さな蜜柑

{タック}の絞り汁、細かく刻んだレモングラス、赤唐辛子、生姜、千切りの

レモンの葉をたっぷり加えて、香をプラスさせ口に入れる度に爽やかな香りが

口中に広がり[オック]をほじくる手が止まらない。気がつくと丼一杯をペロリ

と完食してしまうほどです・・\(◎o◎)/!

又、食べ終わったら、もう1つのお楽しみがあります。そうなのです〔茹でた

オックの茹で汁〕を飲むのです。そうでないと半分しか味わってない事になる

からです。丼に残った茹で汁にニュクチャムを加え、好みの味に調整しながら

最後まで飲み切るのが普通の食し方です。

シンプルながらも香を大切にする北部の料理の特徴が詰まったこの”おやつ”

は時間をかけた分味わいも深いと言えます。最初は凄い量で驚くのですが気が

つけば全部平らげている感じでしょうか?{ベトナム料理本参照}

椅子に座ってこそこそ、ほじっている姿は見知らぬ人達には不思議な光景だと

思いますが食している人は真剣で、その美味しさに(ため息)がでます。

朝から素敵な星の贈り物があって・・今朝の太陽光は気弱に昇っている感じが

勝手にしていますが・・現在27度のホーチミンの朝6時15分です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |