徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/31(Tue)
あくまでも青い空が続いて澄み渡る感覚が愈々、真夏への登竜門の様に暑さを運びつつ

朝晩などの涼しさは忘れてしまったように沸々と気温を上げているホーチミンです。

淡々と心を決めて輝きを登場させる考えかも知れません・・眩しい光が屯して、忘却の

底に置いた燦然たるまばゆさをを引き出す作業が重ねられていく今日この頃です!

朝焼けの後先を挙って幾たびもそこらじゅう犇めくように明るさが豊かになって、抱き

きれないほどの陽光が溢れ出して来ています。時折はもの思いに耽っていた様々な雲も

もがきから逸脱したのでしょうか?・・(・_・;)

大空の中に吸い込まれて行く光景が見えだして、雲の解れが激しく、早くなりました。

※『全ての人が恩恵を受けられるように』・・

 をスローガンにしている国際協力機構{JICA}のベトナムでの活躍を知りました。

◎炭の活用で生活向上、環境保護が小さな村から広がっています。農産廃棄物だった

 もみがらを炭に・・{スケッチ参照}

 フエからダナンへ40㌔ほど下降すれば(バックマー公園)へ辿り着く。ここはかの

 世界遺産候補にもなった貴重な生態系の宝庫でもありますが、しかし、近年では過度

 の森林開発により生態系の破壊が進み、周辺住民の生活が懸念される様になっていた。

 そこに、低コストで誰でもが容易に実践できる農村に適した技術を普及させ、生計の

 向上と環境保護の実現を目指しているプロジェクトがあります。

 手軽に入手できるもみがらで炭を作り、その炭の粉を家畜に与え下痢の発生を防ぐ

 とか、豚糞と炭、米ぬかなどから有機肥料を作る。有機肥料で土壌を改良し、有機

 野菜の生産や生産した有機野菜を販売して、生計向上を促す。 そう言った活用を

 する技術普及を(バックマー公園)の協力と東京農工大学、フエ農林大学の研究者

 が主体となって行われているそうです。しかし、炭で環境保護や生活が成り立つ事

 を即、イメージする人は少ないと思いますが・・(-.-) 同様に近隣の集落の人々に

 このプロジェクトの意味や意図を把握して貰うのに長い時間がかかったそうです。

 技術普及は住民にとって生活を変える事に繋がるため、本当の意味で定着するには

 時間がかかるそうですが・・将来的なサポート体制構築の為やフエ農林大学や農業

 センターなどの地域関係機関と連携しながら現在展開中だそうです。

 特に、最近はメディアの取材もあリ、多くの協力を得る事で村人をはじめこの計画

 が意欲的に取り組まれてきたそうで、小さな集落での経験がより大きな広がりを見せ

 活発な活動に変化してきたと言われています。 ここでも日本人の活躍が大きな力と

 なっていることを聞き≪賞賛の気持ちを深めた事実でもありました≫

 小さな村の人々や、それに関わって努力、精進する日本人がいる事は何と素晴らしく

 誇らしい気分でこの記事を読みました。今ではこの村が先駆者となって、彼らが体験

 した事を周囲に還元する時期にまでなったそうです。そこに至るまでの苦労や努力は

 並大抵ではなかったと思いますが、女性の研究者による功績は素晴らしく思いました。

この様に日本人がプロジェクトに参加している事業は多々ある様ですが、殆どが紹介を

されることなく、その頑張りに敬意を評したいと思います。何年もかかっての大企画は

貧困住民で地方の小さい村での活動は制限もあり、又、言葉の壁もあり、困難がどれ程

だったかなどは知らされていない現実です。可能な限りそんな話はご紹介したいと思い

ます・・(#^.^#)  色々な国で活躍しておられる研究者や経験豊富な人たちの地道な

精一杯の勤勉さに心から拍手したいですし、日本人の手によって開発されたことが沢山

有る事もこの国の人は知っています。 正直、未開の地で活躍するのには相当の覚悟が

必要で不便さと、理解してもらえるだけに時間がどれほどかかるのか?想像さえもつき

ませんが・・この話は心を温かく癒してくれる嬉しい話題でした・・( ^^)

今朝も茜色の空では「準備体操でもしているのでしょうか?」太陽がもじもじしながら

上昇時間と闘っている様に感じられるホーチミンの朝になりました。
スポンサーサイト
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/30(Mon)
“夢幻泡影”の人生だからとは言え、何とも無常迅速に日々が通過する速さにいささか

の寂寞と驚愕をおぼえます。もう”如月”の出番待ちになったのですねぇ・・(-.-)

昨日はバイクがやっと直ってエンジンを取り換えたとかで大枚を支払ったようですが

何とか動き快適に走るようになったそうで、早速、殆ど品切れていた野菜を買いに市場

まで連れて行って貰いました。嘘みたいに道路は空いていました・・(--〆)

バイクの台数も車も、本当に少なくスムーズに市場に着いた。【が・・ところがです】

もう、考える事は同じらしく、そろそろ、食糧の仕入れの人が多く何という混雑ぶり?

の市場でした。商品は沢山入っていましたが市場内で商売出来ない箇所が沢山あって

主に魚やでしたが、殆ど道路で販売していたものだから・・(-_-;)

歩くのさえ侭ならず、道端で捌いたり、金盥から飛び跳ねる魚を棒で抑えたり、それは

吃驚するような『テト』明けの光景でした。冷凍の海の魚が凄く出ていました。秋刀魚

を買ったのですが、この国では日本の様にどの魚でも包丁は殆ど使用しません。ハサミ

で鱗も、内臓も頭、鰓等も切ります。混んでいた昨日は、計りの皿を放り投げて寄こし

その中に入れろと言うのです・・(-.-)数匹の魚を取ろうと思っても何せ冷凍でカチカチ

状態だからやっと取れた数だけ買いました。何も言わせないほど忙しい様子で、勝手に

頭は残すんですが顔半分位からハサミを入れて、内臓を出し本当にさっとだけ水にかけ

るだけなのです。日本はその意味では親切丁寧に包装されているし頼めばどんな事でも

してくれますが・・もう、大雑把でしっかり洗わないと血だらけの魚を購入することが

殆どです。こんなに混んでいる場合の処理とか方法等は考えていないのか?何時も空い

ている時は内臓も綺麗にしてくれるのですが・・(^_^;)

「よくベトナム人は1つの事しかできない」って言われますが、正にその感じを受けま

した・・それでも、凄い人でびっくり!もう、何時もとは違った市場の雰囲気でした。

やっと、新鮮な野菜と香草が手に入り安心しましたがそれでも未だ普段より高値でした。

※文明の利器?を頼ってぐっすり

◎蒸し暑い夜も熱帯夜を撃退するグッズが紹介されていました。

①寝る前洗髪で頭から冷やすミント入りシャンプー、リンスで値段は日本円で150円

 程度で{各々}爽快感を感じ洗い上がりは水シャワーを使用すると涼感が広がる。

②体ごと冷やす《巨大アイスノン》=ウォターマット

 これは下に敷いて寝るものでひんやりして気持ちがいい。外側は厚手のビニールです。

 中身は水、しかし破れると悲惨な目に遭います・・ははははは 大体1300円位。

③枕元のムレをシャットアウト!

 藤枕のことで、中は空洞になっています。熱が籠らないので蒸し暑い夜にはぴったり!

 ただ、どうしてだか普通の枕に比較すれば高さがあって、個人的には首が痛くて使用

 できない。32×20×10㌢程度で250円程度。

④氷扇風機

 昔はこれで涼を取っていたそうですが、中にセットした氷を通して冷風が来る仕組み

 になっている。アナログ的でもありハイテク的な感じがして面白い扇風機。

 使用する時は氷の大きな塊を用意する。それを準備するのに汗をかきそうな気がする

 が・・うふふふふ 電気店で売っています。凡そ、3000円から9000円位。

⑤大人にも有効?子守唄のCD

 ベトナムにも子守唄があります。哀愁たっぷりのスローなメロディが多く、大人でも

 癒しと安らぎを感じる曲が沢山あります。4曲入って200円前後。

日本では見かけないものを書いてみましたが・・これからが本格的な暑さの到来ですから

お世話になるかも知れません。茣蓙や筵を編んだものや、竹で作ったシーツなどもあって

流石暑さの国を感じます。竹製は凄く重いのが困ります。床にバスタオル1枚で寝る人も

多く、ハンモックも大抵の家に1,2つはあります。道路でもハンモックで寝ている人が

結構居て、驚かされますが・・これも暑さ予防対策だと思います。

薄雲に覆われて、時間待ちをしている太陽なのでしょうか?ホーチミンの夜明けです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/29(Sun)
下の公園の脇にコンビニがあるのですが、24時間営業韓国の商品の店で、真夜中でも

煌々と明かりが点灯しているし、公園中の黄色い大きな電気も点いているから本当の夜

の闇がなく、星が全く見えない・・(・_・;)これは一寸寂しいですね!

ホーチミン市内でも夜空に星が見える場所は沢山あるのですが、ここは所謂、文化的な

生活の街だから、明るさが半端ではなく、日本の節電など嘘のような感じです。

廊下も、地下もあらゆるところに電気があるから明るいし、真夜中でも人は結構通って

いる。ここが〚ベトナム〛という事を忘れる時が多々あります。商品も韓国製が殆どで

ハングル文字や言葉も飛び交っているから・・「何だかなぁ?」と思ってしまうのです。

確かに便利と快適さでは何の不自由もありませんが、物価も高いし、薄汚れた道路で埃

まみれの食事をしていた生活から突然、都会に出てきた感覚がしています・・(/_;)

<だから、市場へ買い物に行く時が1番好きで「あーベトナムにいる」を感じます!>

※ベトナム経済ニュース

◎ハウス食品が南部地方に100%出資の生産販売子会社設立。

 南部ドンナイ省に{ハウスフーズベトナム}を設立すると報道された。 同省の工業

 団地に工場を設けて5年後には30億円の売上を目指す。本年6月に着工、来年には

 操業予定だと言う。ベトナムは若い層の人口が多く高度成長期を迎えようとしている

 現在は最高のチャンス。若者に受け入れてもらえる商品を生産するそうです。

 ベトナムではカレーの将来の投入を視野に入れてハウス食品を自ら販売する予定。

◎ヤマハがホーチミンに駐在事務所

 ホーチミン1区にヤマハの駐在員事務所を開設した。楽器やパワーアンプ機器の販売

 音楽教室を展開する現地法人設立を考慮している。今は楽器、その他の機器はハノイ

 とホーチミン市の輸入業者を通じて販売、音楽教室も1000人の生徒を抱えている。

 およそ1年間の事前調査を経て去年12月に1区に開設した。規制緩和で外資独自の

 流通進出が可能になった。今後も調査を進め約1年半後に現地法人の設立を目指す。

こんな事が週刊ベッターに掲載されておりました。日本の経済が少しでも良くなればと

祈る気持ちでこの国への進出を期待しています。本当に若者の多い国だから、その意味

では狙い目かも知れませんが・・様々な国が入って合弁企業が行われている現在、正直

難しい問題が沢山浮上しており、中途で退出していく会社も数多あり難問題を起こして

いる会社もあると聞きました。社会主義という国の難しさは想像できないことが多い様

で、中国とは違った国柄ですが根本的には資本主義国家とはあらゆる面で協力も合弁も

本当に大変なことだと言われています。頑張ってほしい日本の企業・・(*^^)v

カーテンが靡くように少し強い風が入り込んで来て、朝やけの空を美しく色ずかせつつ

夜明けが始まりだしました。昨日も雲は多目でしたが、汗など少しもでない程度の気温

で終日過ごし易く、恐らく今日で『テト』は終わり、仕事が始まる処が多いのではない

かしら?と考えているのですが・・(-.-)

早く、普通の生活に戻り(お正月料金)から解放されたい気分のホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/28(Sat)
もう24年も経つのに・・夢の中に亡夫が出てきました・・(@_@;)私は薄情で愛情も

余り感ぜず大恋愛をした経験もなく、見合いして3回のデート、1ヶ月後に結婚したー

ある意味で猛者です・・( ^^) えへへへへ

単に年齢差もあり、海を越えて北海道へ行けると言う魅力があり心を震わせ短すぎる

付き合いは親の猛反対「何の準備も出来ないからせめて秋まで」と何度も言われた・・

今振り返ると“言わぬが花”でいた方がよかったかもしれませんが・・あははははは

その時は21歳だから、前年に姉の結婚があり、親は大変だったと思いますが、相手

から望まれている状態に心動かされたのです。”早く親から自立したかった”

 ☆未知への遠方への旅立ちは私には素敵に思えたのかも知れません・・(#^.^#)☆

厳しい札幌の自然との闘いと初めての経験ばかりでしたが、今生きている現実を交錯

した喜怒哀楽が人生の断片を遺せた事に感謝しております。過ぎた昔は夢の様に流れ

今日があるのですから・・うふふふふ 死別してから3回程、それも後ろ姿やそんな

雰囲気の感じでしたが、昨晩は確りこっちに顔を見せ一言も話さなかったけれど・・

『もしかして、お迎えが近いとか?』何て息子と話しました。不思議な体験でした!

しかし、それさえ午前中だけで、あとはすっかり忘れておりましたが・・ははははは

その程度ですから亡夫も苦労したと思いますが、それはいい時代でもあり、幸せを凝縮

出来た刻でもありました。毎年お墓参りも欠かさず行っているし、何を知らせたかった

のか?ちょっと興味がありました。そんな訳で理由もなく相手の都合も聞かないままで

息子から借りた携帯に残金が沢山あるからお友達に電話でもしてみたら・・何て言って

くれたので・・友人にかけたり、大好きな女性の携帯に掛けて見ました。凄く驚かせて

しまった様で本当に申し訳なかったのですが・・m(__)m

考えたら、突然、非通知でそれも海外からの電話ですもの警戒されますよね・・(-.-)

でも、息子の心が嬉しかったから甘えて思い切って掛けてみたのです・・迷惑かけて

ご免なさい・・友人の方は凄く喜んでくれて、それでも今は体調が悪く病院通いをして

心細いい時期だったのでしょう・・嬉しそうに話し合うことができました。当方から

10分程度お喋りしただけでしたが・・昔に比較したら嘘の様に廉価になりました。

時々は声も聞きたいと思いこれからも掛けるかも知れませんがお許し下さい<(__)>

※男のひとり飯が載っていました・・(勿論お昼ですが、フードライターの方です)

お昼の予算は上限200円程度。うどんやの日本食堂が埋まっているの中を横目で見な

がら≪ブンボー・フエ≫の店へ到着。オープンエアーで壁も冷房もない店である。

「牛肉と冷たいお茶」を伝えると直ぐに牛肉の切り身入り米麺料理≪ブンボー・フエ≫

が出てきた。先ずは豚のダシが効いたスープを一口すする。豚の旨味とともにレモン・

グラスの香りが口中に広がる。コリアンダー、玉葱、小葱等が入り結構アクセント付き

である。次はライムを絞りいれ、さっぱりとしたスープに早変わり。その次は唐辛子の

オイル(食べるラー油)を大量にぶっかけるともう、一気にコクのあるスープと化す。

この3段階の味わいは日本の{つけ麺}に匹敵する感じでもあるそうです。

香草にも工夫がされていて、レタス、バジル、ミント、もやし、どくだみ、蓼、紫蘇等

     ;全て私の大好物の香草ばかりです・・ふふふふふ;

裂いた空心菜の茎をさっと湯通しした上にスープに潜らせる技も光っていた。 何度も

変わっていく香草の香りや鮮烈な味わいと歯ごたえを楽しんだ。

〚これは香草しゃぶしゃぶ〛と言っても過言ではない。香草を3皿食したが、店の子は

嫌な顔もせず追加してくれた。最近は覚えてくれたのか最初から2皿で来る。

少し柔らかめのブンを食べ終わる頃は唐辛子で唇が腫れあがることもあるそうです。

ずっと、あちこち歩いては食べておられるのでしょうから、きっと美味しい店だと思い

ました。私も唐辛子抜きで食したいと垂涎の気持ちで読みました。お茶にも当然値段が

付いてきますが、それでも、日本円で200円は安価ですし美味だろうと思います。

            {スケッチ本 井之原四郎氏参照)

少し遅く起きたら息子の方が先に起きていた。それでも4時40分くらいだったが・・

爽やかな風が(いいえ、私には肌寒い感じの風が通る部屋で)そんな朝を迎えました。

ホーチミンは晴れ続きです。あれほど騒々しかった『テト』も今週で終わると思います。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/27(Fri)
雲の流れを見ていると、定められた方向へ必ずしも流れているのではなく、浮世の数多

全ての雑多な塵、芥を吐息交じりにそのまま包み込んで走って行く日もあれば、無音で

流れて行ってしまうそんな日もあります・・(-.-)

路地裏を転げるように通過したり、樹木に当てつけるように、撓うように零れて悪戯を

して過ぎ去る日もありますが、日本の空もこの国の空と繋がっているはずなのに、そこ

には確実な境界があって、風に千切れる雲は寂しさを運んだり、その場に立ち止まって

動かない暗雲もあり、この世の汚れや辛さ苦しみ、災難を一瞬時に天空へ持って行って

欲しいと何度も願ったものです。濁った大気を吐き出している地球は切ない感じを受け

まるで闇の中を模索して流れて行くように思えてなりません・・(-_-メ)

迷わないでひた走り、心の青空に届いてほしいと祈っておりますが・・都合のいい事は

それほど多くはないのが人生なのかも知れませんねぇ・・(-.-)

※ベトナム国営TV放送センター設立事業

ベトナムのTV放送分野で放送時間を拡大し、番組制作能力を向上させる為の放送センター

{スタジオ、番組制作、放送設備等}を建設。それにより国民のニーズに合った情報提供

を図るとともに、教育、知識水準の向上を目指す事業のことです。

◎アジアでトップクラスの設備を備えた放送局の誕生!

今年『テト』のこの時期に大きな転機を迎えたベトナム放送局は、国営放送(VTV)が

新社屋からの放送を始めた。日本人の設計、監理した最新放送センターは、TVスタジオ

だけでも9室もあるそうです。日本でもこれを超えるスタジオはないと言われる建物で

大きさは700㎡で建設は全て日本仕様で行われ、放送局の建設経験のないベトナム人

施行業者に理解してもらう事は何よりも大変だったそうです・・(・_・;)

放送施設では建設段階で完全な遮音性を確保する事が何より大事で重要な事です。その

為、スタジオへ繋がる全ての壁や床、天井は勿論、ボルト1本に至るまで、間のゴムや

グラスウールを挟むなど絶録しなければならなかったからです。夥しい照明が発する熱

を逃がすための換気ダクトや冷房設備も無音に近い状態にまで仕上げたと言われる。

当初は「お金の為」「仕事だから」の協力だったが日本人たちの誠実な仕事ぶりに感動

信頼関係が深まって行ったそうです。日本人のもの作りに対する職人気質は、驚愕に値

した様で日本人に対する見方が変化したと言われています。放送センターは画質を向上

させるだけではなく表現の幅が広がることが期待されている「今度は技術面でも協力が

出来たらいい」と1級建築士川井氏の話でした。(スケッチ本参照)

円借款事業の1つと言われていたこの建設は、発展途上国と主体的な取組みを促す為の

長期・低利で開発資金を貸し付けて行う事業の1つでもあったとの事です。

日本人の活躍記事は矢張り心嬉しく、和むものがあり、誇らしく思えるのは異国にいる

からであって、日本にいたら多分、何も知らないままで過ぎ去ってしまったことだった

と思います・・( 一一)

今朝は殆ど風もなく未だぼんやりとした薄暗い時間帯で、明るさには時間が掛りそうな

ホーチミン6時の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/26(Thu)
もう8年も乗っているバイクだから仕方ないようですが・・今回はエンジンがいよいよ

駄目になった様でお正月に開いている店を友人と一緒に探して預けてきたようです!

ま、しょっちゅう故障してはお金を取られていたのですが、流石に限界かも知れないと

言ってました。この『テト』時期ではない普段では面白い事にガスステーションがない

道路ではポリタンクでガソリンを売っている人を何人も見かけます・・(@_@。

日本では、幹線には数軒とか殆ど国道沿いにありますが、この国では店の数が少なくて

こんな商売が成立するのです・・(@_@;)又、パンクを直す人も道路にいますし、店を

構えなくてもそれだけで生業を立てている人も多い国なのです!

多分、官庁等は今日か、明日あたり、いいえ、週末も休んで、来週から仕事始めをする

のかも?今年はそんな感じでしょうか?

初詣のお誘いがあったのですが・・今回はパスしました。山の方だと言うので・・車で

連れて行ってくれる様ですが、初詣の感覚がないし、生憎バイクが故障だからいずれに

しても行けなかった事は行かなくてもいいと勝手に解釈しておりました・・うふふふふ

※ベトナムの予防接種の記事がありました・・

この国では混合ワクチンを使用するそうです。ジフテリア、破傷風、百日咳、A型肝炎

インフルエンザ桿菌B型(Hib)、B型肝炎、はしか、おたふく風邪、風疹、水疱瘡、ポリオ

インフルエンザ、BCG、日本脳炎、狂犬病、髄膜炎、黄熱病などです。

髄膜炎と黄熱病については多発地域に旅行する場合のみ接種するようです。しかしながら

正直、見知らぬ名前の病気が数種あって一寸驚きましたが、聞いた事のない病名でした

し、症状も全く知りません。調べればわかるのですが・・はははははは

    ▼何時ものことで何も調べておりません<(__)>▼

これに加えてヒトパピローマウイルス(HPV)の予防接種も受けられるとの事です。

お国柄でしょうか?乳児の肺炎球菌は現在ベトナムでは輸入許可がなされていません。

個人輸入は保存状態だけではなく社会システム上からもリスクが伴うそうですし、また

ポリオ不活化ワクチンはベトナム単独摂取が可能です。日本ではポリオ[生]ワクチン

の接種が行われています。しかし、厚生省によると100万人に14人の割合で副作用

《ポリオ発症》があり、四肢の麻痺や呼吸筋麻痺で生命の危険もあるそうです。

それ故に日本以外ではポリオ[生]ワクチンを使用する国は減少している。日本国内でも

本年度末には不活化ワクチンの切り替えが行われることが決まったと言われています。

そして、今年末の不活化ワクチンの許可まで[生]ワクチンの接種を控える人が増えて

いますが、現在、中国では野生株のポリオが流行中で心配されています。

以前にタジキスタンでポリオが流行したときよりも日本国内の予防接種率低下に危機

を感じている医療関係者は多いとも言われています。再度、子供の予防接種の見直しを

確認してくださいと書かれてありました。

予防接種時期のベビーは免疫力が成人の半分以下に低下する時期もあり、風邪や発熱で

接種スケジュールがずれないようにしてほしそうです。ベトナムでは腸チフスの発生も

時折聞きますし息子も罹患しています。日本では腸チフスの予防接種の許可はないそう

ですが、この国では結構発症しています。{富浜医師の話から参照}

暑い国ですからこれ以外にも、マラリヤ、デング熱等、日本ではほとんど聞かない名前

の病気が割とあります。私位の年齢になると免疫があるのか?殆どそんな話は聞かない

ですが・・充分注意しなければいけないそうです。色々な意味で経済が発展して衛生の

状態も良くなったのですが、水上生活者や未だ未だ地方では貧困による低所得者の数は

多く、殆どが都会の生活とは違う環境で暮らしています。 

どこにウイルス、細菌がいるかなどの把握は正確な判断もなくまた以前書きました様に

{鶏インフルエンザなどの感染症}が何時?発症するか解らない国である事を考慮しな

ければならないと思いました・・(-.-)

長閑で静かなお正月でしたが、これらも、時代の大きな渦中にあって、又、人混みの中

ベビー等の外出は控えた方が良いとも言われていました。

今朝は東の空一面を薄暗い雲が覆い尽くしていて憂鬱な夜明けが始まっていますがこの

浮雲が少し涼しさを運んでくれたホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/25(Wed)
薄雲が広がって昨日はそれほどいい天気ではなく、何となく明るさがない日になって

しまいました・・(-.-)その代りと言うのも変な言い方ですが・・クチの実家に手伝い

に行っていた嫁と義姉が長女の子供2人を連れて年始の挨拶にきました。

兎に角、孫がいないし子供の扱いは長年していないから・・でも、ま、私より姉妹が

気をつけて見ていたのですが、ソファの上に思いきりコーラーを零したり、果物には

必ず塩と唐辛子をつけて食する習慣があるこの国だから仕方ないが、あちこちにその

粉を落として歩くのには困った・・(・_・;)子供達があの辛さを平気で食べている姿

を驚いて見ていました・・果物には必ず唐辛子の粉と塩{ムオイ・オッ}をつけます。

偶々、昨日はザボンを買っていたのですが・・もう好きなのでしょう・・10分位で

完食しました!かなり大きい物でしたが。私は大抵2、3袋食べたら、充分なのにー

嫁が作って来たゴーヤの肉詰めとお正月定番の大きな豚肉の塊と茹で卵を煮込だ物を

持参し、ビール1箱も持ってきてくれました・・(#^.^#)

久しぶりに会った嫁は東京生活が楽しい様子で年に1度だけ花やを開くクチの実家に

手伝いに行っていたものだから戻って来てもずっと会っていなかったのですが、少し

ふっくらとして優しい顔立ちになっていました。漸く落ち着いた感じでしょうか?

料理も洗濯も家事は全く出来ない人だったけれど・・それなりに出来るようになった

様で一安心。国際免許の事やビザ関係でもう少し東京で生活せねばならないらしくて

1ヶ月したら、日本へ帰ります。何とも複雑な生活をしているようですが、自分の益

になること、お金儲けには目のない国民ですから・・日本人が考えている夫婦形態と

全く違います。それでも2人がそれでいいのなら私的には不満はあっても[夫婦関係]

にまで口を出せないから・・放置していますが、お金に関してはシビアですねぇ。

それでも、元気なので良かったですし、初めて姉との共同生活で日本の物価の高さや

家賃を支払って、生活する事がどれだけ大変かを見にしみて感じたみたいで、世界一

生活水準の高い東京での暮らしがいかなるものか?を経験したことはこれからの彼女

の暮らしに必ずやプラスになると信じています・・( ^^)

その後、直ぐに義母が友人と一緒に挨拶に来て、みんなにお年玉を上げたり、お喋り

のかしましさにすっかり疲れてしまった・・去年は現金にしたのだが、今年は3姉妹

には仏製の香水(小瓶)を義母には水晶のネックレス、義父と子供達には現金と全て

お金にはしなかった。ま、気に入らなければ適当に処分するだろうし・・(@_@。

 ≪可笑しなもので上げるばかりで戻ってこない、不思議な国です・・あはははは≫

※2011年に最も値上がりした生活必需品

 昨年は様々なものが高騰して、消費者の生活はかなりの痛手を負う羽目になった。

 値上がりの激しかった生活必需品は石油製品(ガソリン等)電気、粉ミルク、豚肉

 医薬品の5品目だと言われています。ガソリン価格は2月と、3月にも引き上げら

 れ1㍑辺り85円の史上最高高値になった。その後、8月に原油の国際価格下落を

 受けて値下げされた様ですがー驚きの値段だとみんなは話していました・・!(^^)!

 電力料金は3月1日から15.28%も引き上げられこれに伴い石炭、セメントや

 鉄鋼なども値上げされた。ベトナム電力グループはさらなる値上げを主張している

 のが現況です。前年より倍は確実に上がっています・・\(◎o◎)/!

 外資系の粉ミルクは昨年だけで3回も値上げされ前年度比凡そ30%も高くなった!

 とにかく昨年は何でもが値上がりで消費者は本当に辛い年になったのです。特別の

 影響は豚肉で一時的に2倍になった事、それに、牛肉、鶏肉、魚と昨年より50%

 も値上がりした為、庶民生活が逼迫されたことが不況を尚のこと顕著に示した。

 医薬品は3月までに4000種類の内240種類が3~30%も値上げが続き、年の

 平均では9.6%の上昇率だった。この様に去年の値上がりは相当激しく、庶民生活

 を脅かし、出口のない所まで追い込んだ感じでした。だから、医薬品が買えない人や

 病院へ行けない人達が増加して自己療法に頼る患者数が増えたそうです。

 実際の生活でも昨年とは想像もしないほど物価の値上がりを痛感しております。

 3年前に来た時から思えば、光熱費は異常に高くなった気がしますし、全てが値上り

 している傾向にあるのは事実です。

お正月3ヶ日も今日で終わりますが、街中も殆どが閉店しているようで私が知っている

『テト風景』とは違って来ていることを感じます『テト期間』に働く人は通常の3倍の

給料を支払わねばならない通達があって・・是もまた大変です。コンビニなどは家族で

商売をしているようですが・・(-_-;)時代の流れと、国の違い、習慣なども守り抜く事

の難しさを感じた『テト』でした。初めての体験だと思います。

お日さまが登場してくるようですが、何とも白けたといいますか?ぼやけた『テト風景』

を寂しく感じてるホーチミンです。人出が殆どないのが不思議です。家から出かけない

のも不況の煽りでしょうか?
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/24(Tue)
何時もならこのコリアンタウンは人も多く、出入りが盛んで学校のバスや会社員たち

の大型乗用車で朝、夕は順番待ちしたりするのですが、「不思議なくらいに静かです」

『テト』が来ている様子もなく、時折子供達の声がする位で大抵は帰国しているのかも

しれませんが・・お正月的な感覚は全くしません・・(-.-)

近くのコンビニも普通に開いているし、何も冷蔵庫を満杯にしなくても良かったです!

各々の地区によって違うから最初の『テト』は何時も失敗します・・うふふふふ

全く時代の流れを感じますし、あれほど騒ぎ、待ち望んでいた『テト』のイベントが

すっかり様変わりし、欧米化し、家族親族が集合する事も年々少なくなってきている

のではないでしょうか?それだけ多様化したのでしょうし、若者世代へと移行しつつ

有り、昔からの風習や風物が若者志向へと変貌して“家族形態”も変化が出て来ている

のかも知れません・・(・_・;)

何もしなくても『テト』は来るし、生活が一変する訳もなく、景気の悪さは物価の上昇

を止められなかったから、富裕層のみ光が当たっている感じがするのは穿った見方かも

知れませんが・・ガードマンの人や掃除の小母さんたちもゴミ収集の人達も少数はいて

通常に働いています。このアパートからはお正月の匂いがしないという不思議を感じて

いるのは私だけかも知れません・・(--〆)きっと、日本もそうだったように、時代の

流れには逆らえず変わっていくのでしょうねぇ・・寂しい限りです・・(-_-;)

※ベトナムにもカレーはあります・・(ベトナム料理研究家参照)

 自分のことを言うのは恐縮ですが、殆ど子供を育てていた間くらいで、カレーは好き

 ではないから作りませんし、食べたい欲望もありませんが、ベトナムのカレーは想像

 されているよりずっと甘いです。香辛料も少ないし、スパイスの風味が独特です。

 ま、1区に住んでいた時、総菜やにあったので何度か食してみました。日本人が思う

 カレーではありませんでしたから、美味しく頂きました・・(#^.^#)

 ベトナムで食せるのは南部地方だけだと書いてありました。この国が現在の国土を

 を持つ以前には南部は今のカンボジア=クメール人が大勢住んでいました。

 1~7世紀頃、メコン河下流からベトナム南部まで地域で栄えた国家〚扶南国〛の

 時代に様々なインドの文化が伝わってこの地区に住んでいたクメール人にカレー等

 の香辛料を使用する料理がもたらされたと言われています。

 その後、長い時間をかけて現在の南部地方は中国の食文化を強く受けたベトナムと

 なったのですが、それ以前のクメール人の文化からインド文化が入ってきてカレー

 が出来たと言われています。このようにアジアにはインドの文化が伝わった国は沢山

 ある様ですが夫々の国の風土や、嗜好、その国で採れる食材によって独自のスタイル

 のカレーが誕生したそうです。

 ベトナムカレーはココナッツミルクがベースとなっている為、カレー粉に使う香辛料

 クミンは入っていません。ターメリック、コリアンダー(パクチ)チリペッパー、八角

 クローブ、シナモンを入れるので独特の風味がします。レモングラスの爽やかな香り

 ココナッツジュース、砂糖も入れるから甘さが強いのだと思います。

 1番有名なのは鶏肉を煮込んだ〔カリー・ガー〕でしょうか?鶏肉のカレーは揚げた

 さつま芋、じゃが芋等を入れることが多く、もっと甘味が増す感じだと思います。

 鶏肉は結構大きくて腿肉くらいもありますし、野菜は菜の目にカットされているのが

 多い気がします。そしてこのカレーは仏パンとかブン{米の生麺}と一緒に食します。

 ほとんどご飯にかけたりとかご飯と一緒には食べません・・(@_@;)

 しかし、何にでも例外はあるもので、メコンデルタ地方ではカレーライスを出す店が

 ある様でこの方面では日常食になっています。

 この地方は仏統治下にビジネスでベトナムに来たインドの商人がこの地方の人と結婚

 広めたと言い伝えられています。街にはその時代から100年も続くカレーやもある

 そうです。これは全く知らない話でした。ご飯と食べないことは偶々、購入していて

 シチューの様に浸しながら仏パンを食していたから分っていましたが・・(-.-)

☆ベトナムカレーはマイルドでとろみも殆どなく、唐辛子が食せない私にはこの甘さの

 あるカレーは唯一食せるカレーでもありました☆

そしてご飯にかけるメコン地方のカレーは見かけも味も殆どインドに近い味だそうです。

外はのんびりと鶏の声が鳴いて、雀が騒いでいる程度で犬の散歩もなく、体操している

人やベンチで新聞を読んでいる人もいなく、凄く静かなホーチミンの朝が明けました。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/23(Mon)
愈々新年を迎えたベトナムです。昨晩は年明けと同時にサイゴン川から花火があがる

毎年の行事なのですが・・生憎ここは川から離れていて音が聞こえなかった・・(-_-;)

きっちりと15分。多分、何時もと同じだったと思います。見られなかったのは残念!

想像以上の人出で・・もし行けても、その後は初詣に向けてバイク連の大移動があって

暫くは身動きできない位だから・・もう、先を争って一斉にお寺に向けて走り出す光景

は普段、道路を渡るときの恐怖よりも壮絶感があります。何事か?と思うほど一心不乱

状態で走りぬけ、大声で奇声を上げる人々も多く仰天します・・\(◎o◎)/!
 
旧正月『テト』はベトナムの国にとっては最大のイベントです。実家に帰り、家族と共

に過ごす時間です。海外や地方へ出稼ぎに出ている人も必ず戻ってくるのが習慣です。

ま、日本の正月と同じ様なものです。お節料理の様なものもあって、以前に書いた記憶

がありますが北部と南部では作り方も中身も形も違います。

”バインチュン”と言う{ちまき}を食します。ま、これが普通の『テト』の風習です。

《その外には家庭料理でも高級品が並ぶのは日本と大差のないところでしょうか?》

お年玉もありますし、お正月初めて家に入った人の運が、その年の家族の運を決めると

信じられています。お年玉は日本に似ています。ただ、誰にでも渡すという言い伝えが

あり、その家に行く時は真赤な袋に入れた現金を持参するのが通例です。

金額の規定はありませんが、結構支払うので大変です。誰かからのお返しがないのもー

これもまた常識ですから?割に合わない気がしますが・・うふふふふ

だから、大抵の家族は旅行に出たり煩わしさから逃げる方向にあると言っても過言では

有りません・・(-_-;)特に外国人はそう言う人が多い。ベトナム人と家族関係の場合は

有る程度は仕方ないけれど。去年は私は凄くばら撒いた感じがして「正直、懲りました」

だから、今年はお誘いがあれば出かけますが・・今の所は何も言って来ないし、出向く

気もなく、普通の生活です・・ははははは。 ま、行かねばならないでしょうけど!

※ベトナム旅行の注意事項について

◎在ホーチミン日本国総領事館では現在、日本人旅行者向けに〚ぼったくりタクシーの

 防止カード〛を発行しているそうです。同カードは領事館のウェブサイトからダウン

 ロード出来ると言います。タクシー会社名、車両番号を控えたカードで運転手に対し

 て行き先を指示するとともに領収書を求めることで自然な形で〚ぼったくり行為〛を

 行わせにくい環境を創出する事が可能になり、犯行防止効果が期待できると言われて

 います。万が一、その被害に遭っても、会社名と車両番号を控えているので犯人と車

 を探す事が出来て、事後の追及や捜査がやりやり易くなった。

 特に最近は空港駐車場に待機しているタクシーに乗った外国人乗客が不当に高い金額

 を請求される事件が多発しており、交通運輸省は年末から正月にかけて待機タクシー

 の一斉取締りを実施している様です{アットサイゴン参照}

日増しに陽光の輝きが強くなるつつある気がします。昨日も快晴でした。元旦の今日も

新年を迎えて素晴らしい天気になる様に願っているホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/22(Sun)
今日はこの国の大晦日です・・(#^.^#)私の同じ階の6軒とも、韓国人らしいのですが

自国に帰国したのか?物音が殆どしない。朝、怒鳴り合っている声や子供を起こしたり

調理の音がしていないから留守だと思うのですが・・我が家は何の変哲もなく、淡々と

毎日が繰り返されている。勿論『テト休暇』が1週間ほど、多い所は2週間も休む店が

有るので、食糧の買いだめは仕方なく、珍しく冷蔵庫が満杯です・・うふふふふ

昨日、息子が言ってました。街中はイルミネーションが華々しい彩色をつけあちこちに

花市があって、凄く綺麗だよ・・でもそれだけ人も多いからバイクが殆ど動かず帰宅を

するのに倍の時間がかかる様で・・閉口していると言う・・(@_@;)

本当にこの2、3年前から段々とイベントや迎春用の飾り、セレモニーがが多くなって

来た感じがします。それだけ豊かで余裕ができたのだと思いますが・・それも1部分で

中心部だけに集中しているから人の混雑もそこだけになって仕舞うのだろうと思います!

それにしても時代の流れとは凄いです。当初ベトナムに来た10年前はドイモイ政策の

真っただ中で、道路も未だ幹線だけで、停電然り、水道、水洗トイレ等はまるで夢物語

だったのですが、現在は都市部で水洗トイレは常識ですしバス付きやシャワーもお湯が

当然になった。銀行のATMの機械もそこここに見られ、給料の振込がなされている事を

感じさせます。ただ、未だ未だ銀行の利用者は会社関係、商売人以外はあまり活用して

いない感じで銀行へ行っても待つことなどは殆どない。日本の様に番号札を取って順番

待ちなんて想像もしていないと思います。何時も空いていて、行員は暇そうにしている。

富裕層や、ここコリアンタウンは日本と同じ位の利用はある様ですが、一寸外れた区に

行けば銀行も探さないとない場所は多々あります。これも直ぐに追いついてカード時代

は目前だろうと思いますが・・(#^.^#)

※ベトナムニュース

◎ハノイで神戸牛を販売している幾つかの店は日本産ではなく米国産の神戸牛である

 と認めている。日本から輸入された牛肉の検疫を許可した事は1度もないそうです。

 だから業者間ではベトナムで提供されている神戸牛は偽物ではないか?と言う疑惑

 はあったそうです。ハノイ市にある肉販売店はここにあるのは日本産ではなく米国

 から正式ルートで輸入された品で㌔3200円だと言う。又、レストランでは明確

 に米国産だと言っている。 日本からの牛肉の検疫を許可しない理由は両国間での

 衛生条件の合意がない事と日本からの牛肉輸入を申請する業者がいない理由もある。

 日本で神戸牛は神戸肉流通推進協議会に認定された牛肉だけで海外に輸出された事

 はないのが事実だが、そんな事は海外では通用しないから米国産でも神戸牛と名乗る

 事も可能だそうでそんな細かい事は問題にならないとか!お国柄です・・!(^^)!

◎『テト』前に学生達は質屋通い?

 ハノイの大学、短大の近辺には質屋が沢山ある様で『テト』が近ずくと普通の品物

 以外に”学生証”を預かってお金を貸す業者が増加するそうです。 身分証明書と

 引き換えにお金を貸している業者曰く「テト、学期末、サッカーリーグの開催時期

 は書き入れ時で1番の得意先は学生である」とか・・(-_-;)

 金利は1日1%程度で約束の期限が切れても引き取りに来ない場合は各大学の教務

 へ連絡されるそうです。学生証がないと試験も受けられないから質屋は喜んで貸す

 と言います。 最近は女子学生間にも流行しているようで、恋人に頼まれ学生証を

 貸して多額の借金を抱える女性も少なくないようで問題になっています。

茜さす方向には白雲が、彩も鮮やかに少しずつ変化して空を変えようと懸命になって

いるところでしょうか?身体に感じる程度に暑さがやって来ている気がします。

「大晦日の天気は晴れて暑くなるのかしら?」を考えているホーチミンの朝6時です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/21(Sat)
息子が部屋の中にばかりいると「もやしになる・・!(^^)!」なんて言うもので、2人で

近くのスーパーまで歩いて行った。日差しがあるのに、暑さを感じないから新陳代謝が

悪いのではないかと言われ往復で30分位はかかると思っていたが20分弱だった。

私の行き方は地下から建物をぐるりと回る道しか知らず、ショートカットや違う道がある

ことなどは、殆ど考え無い人で・・(@_@。

教えられたその道とか、自分で歩いた経験のある道しか行かない!<方向音痴だから>

≪若くないし外で何かあった時≫を先ず考えるからで・・外出が面倒な部分もあります。

不羈奔放の生活をしているのに・・(@_@;)こんな性格が最近は特に顕著に表れてきて

余り出歩かなくなった。老いたせいだと思うが、部屋の中での生活が充実して不自由を

感じないからでもあると思うのだが息子は呆けないように気を遣ってくれるm(__)m

※ビール

ベトナム人にとってビールはお酒の種類に入っていない。お昼でも平気で飲むことが

通常です。そしてバイクも乗りますし車にも乗る。飲酒運転という感覚が薄いです。

◎種類をいくつか・・

先ず瓶(チャイ)Aと缶(ロン)Bがあります。序にビールの事は(ビア)で通じる!
{A}
①サイゴンビール「青ラベル」これは南部地方で多く飲まれています。

②サイゴンビール「赤ラベル」値段が何故か「青より高く瓶だけしかない」

③ビアハノイ「ハノイ中心で売られているビール」で庶民的。

④BGIビール「南部が中心」で飲まれている。

⑤カールスバーグビール「デンマーク産ビール」

⑥フォスタービール「オーストラリアビールでさっぱり系」
{B}
①333「バーバーバー」軽いので水のように飲める。キレもあって上品な味。私は

 これ以外はほとんど飲まないが・・(*^。^*)

②ハリダビール「象のマークが目印で北部方面でよく飲まれています。

③サンミゲルビール「フィリピンのビールで日本のキリンビールが出資している」

④ハイネケン「ご存じオランダのビール」世界第2位の消費量を誇るビール。

未だ種類はありますが凡そこの辺が店頭に並んでいます。店によって値段が違うので

大量に購入する時は安価な店を知っておきたい。また、この『テト』の為にスーパー

等では店の周囲はケースが山積みされていてブルーシートが掛けられ吃驚する量です。

暑い国ですから以前にも書きましたが大きなビールグラスに氷の塊を入れて、ケースを

足元に置き、缶を開けては飲み、乾杯し、氷で薄めるから何杯でも飲めて・・先ず酔う

事はないのかも知れませんが・・(-.-)この国の男性はかなり飲みます。

以前は女性がお酒を飲むのは仕事関係の人が多かったですが、最近は主婦も若い女性も

かなり飲めるようになりました。ただ、ワインは不調です。[高価なのと入荷が少ない]

から、余りこの国では定着していません。外国人向けにありますが、日本のように食卓

には出てこないです。簡単な話ワイン1本でどれだけの缶ビールが飲めるか?を考える

と手が出ないのも理解できる・・(-.-)私だってそう思いますもの・・あはははは

因みに食堂などに入ったら「ビアー333(バーバーバー)」と注文すれば解って貰え

直ぐに来るのですが、必ず氷を入れたコップが来るので試飲してみて下さい。氷入りの

ビールの味もベトナム的雰囲気だと思います・・(*^^)v

朝日がきらきらとホテルの屋根を照らし、少し冷たい風が傍を通過して窓の中に入って

来ました。気持ちよく風に心を寄せながら朝の空気を楽しんでいるホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/20(Fri)
年の瀬の警戒でしょうか?3時頃からトランシーバーでおしゃべりする警邏係の声が

そこここに聞こえて煩い位である。とにかく冗談を言い合っているとしか思えない程

の笑い声が響いて、みんな眠っている時間だから{小声}でなんて心配りはないから

辺りが静寂だから尚響いてくる・・(-.-)それでも仕事をしているのだからと思い乍ら

すっかり目覚めてしまった。≪もう眠り婆は降りては来なかった・・(-_-;)≫

 ”久し振りに明るさを取り戻し燦然と輝く太陽の元で昨日は気持ちよく過ごせた”

※ベトナムの年末風物詩を少し・・

市場へ行く道路にはすべて、企業からの寄付で作られた新年のお祝いの看板ならぬ布が

数メートル間隔でずっと続いています。先ず何より(赤)が主体で新年の挨拶と会社名

が書いてある大きな布が、道路沿いの何処にでもある。

店には赤い提灯が数10個つり下げられていたり、玄関のドアーに新年の挨拶文を印刷

した紙がべたべたと貼付されている。道路には〚国旗〛を売る子供がぽつんぽつんと座

て買い手を待っている〚国旗〛を売っている光景など殆ど日本では見られないですねぇ

30本位立てて(道路の土や草の中に差し込んで)あるのは興味あります・・(*^_^*)

花好きの国民性で迎春用の花やが臨時で道路を占領している。1番多いのは菊の盆栽で

鉢植えなのだが「重いからか?下に植え替えるためなのか?」竹籠で粗く編んだものが

道路一杯並べてある。勿論黄色だけの菊が殆で蕾です。今開かんとする位の物が多い。

横には向日葵が50本位人の背の高さ程度の大きさの花がこれは満開で売っている。

玄関に置く松飾りのように対で売っているのもあったり、数鉢を購入する人もいる!

先ず黄色で占められている。蜜柑というより金柑の木だと思うのですが未だ青みが残

っていて色ずき始めた薄い黄色の木も沢山ありました。

最近は先日も書きましたが猫柳に赤、ピンクのカラースプレーをかけた物が数多出回り

黄色ばかりの中で異色さを発揮している。下の方は包装紙で巻いてあり、お土産用だと

思います。その横には年末の名物[スイカ売り]が両手で抱えられない大きさのものが

山積されている。音を叩いて又は中の色が真赤だとその年は《幸せで豊穣である》との

言い伝えがあって買い手は真剣です・・(@_@。その奥は真っ黄色の西瓜があって、これ

はこの国に来て初めて見ました新種なのかも知れません・・(#^.^#)

通常はラグビーボールの様な西瓜ばかりだがお正月のみ見られる丸い大玉の西瓜です!

市場の中は普段の活気よりも”殺気立っている”感じでしょうか? もう日数を数える

様になったせいであちこちからの売り子の掛声が賑やかです。オーナーが確りとお金を

握っている店が多く、大抵が店の横で座っていて、若い売り子に指図したり、お釣りを

渡している。すごく大きな札束を輪ゴムで結わえた物を持っているので直ぐ判る。

昨日は、部屋の中に飾る日本で言えば余りいい例えではないかも知れませんが、大阪

や神戸の{えべっさん}の笹につける縁起物の飾りが赤と金で様々な種類の品があり

それを売っている店というより急遽作った木枠の中で売っているのを多く見かけた!

肉やも大忙しで大きなブロックをカットする人や鶏を丸ごと売っている店や生きた侭

で籠の中で鳴いているのを掴んで足に縄を掛けて渡したり、魚やは多忙すぎて、盥の

中からはみ出した魚を取る暇もない様子、歩いている人が掴んで入れて行くなども見

た。海老や蟹が矢張りこの時期は最高の売れ筋らしく、よく買っている。私も昨日は

10匹程購入。大きいのがなくて普通程度だったがもう盥の中には半分もなかった。

肉や魚や鶏やが市場の中心に隣り合わせでずっと並んでいるからどこで買ってもいい

のだが、最初はどこで買っていいか解らなかったが今は大体決まって来て、同じ店で

買う事が多くなった。顔も覚えてもらえるし、先にしてくれる場合もあったり、人間

の感情を面白く観察出来る場所でもあります・・あはははは

市場の周囲には足元に座り込んで雑貨物だとか、乾物が売られていて、止まって見た

くても道路でバイクがひっきりなしに通過するから危険でそれでも座ったまま動かず

頑張って売っているのですから凄いです・・\(◎o◎)/!

果物やもお正月用に飾り立てた籠が積まれていて、また、贈答品に包装されたお菓子

も沢山並んで綺麗です。そんな中でも自転車でおやつなどを売りに来ているから商魂

逞しい限りです・・(@_@;)人が集まるから売れるのでしょう・・( ^^)

もう、何でもそこで揃う感じですが物価の上昇が異常で、何時もより客数も少ない様

で買い控えの現象が続いていると新聞には書かれていました。個人的な感想ですがー

人数的には多くなっていると思うのですが買っている品物は少ないかも知れません?

去年のこの状態をここでは知らないから確実ではありませんが・・そんな気がします。

窓の外は早目の暁光が窓ガラスに当たって、眩しいほどの明るさが差していて、涼感

は殆どありませんが、朝の空気だけは未だ新鮮に感じられて深呼吸を1つ思いっきり

した今朝のホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/19(Thu)
随分、早く夜が明けたものと仕合せな感じの朝でした。日差しも強く、昨日とは打って

変わって陽光に勢力があって、「今日は暑くなるかも?」なんて思って喜んでいた矢先

矢張り遠雷が何度もあり、午後からは雨が降りだした・・(-.-)

本降りではないけれど、蒸し暑さの加わった湿気の多い雨でほんのお湿り程度でしたが

降ったのです。本当に信じられない思いの『乾季』です。

大抵は手を伸ばせば青空が一面を覆い尽くしていて:雨の心配などは先ずなかった:

心は何時も空に向かって飛んでいた気分でしたが、早朝の闇を抜けて、じんじんと心奥

に迄響き、天空まで抜ける様な紺碧の空が広がっている時期をすっかり忘れている感じ

でしょうか?午前中だけの明るさで精一杯なのかも知れませんが・・(-_-メ)

※一寸驚きの話が週刊誌に掲載されていました。{ベッター参照}

中部地方にクアンガイ省という場所があります。そこの病院で起きた事件です。

2人の産婦から生まれた性別の違う新生児を取り違えるという事件が起きたそうです。

赤ちゃんの母親は12月初め、午前2時30分に女児を出産した。その同時刻に他室

で出産が始まり騒々しくなったので女児は別の部屋に移された。

5時半になって戻って来た赤ちゃんの外見が違う事に気が付いた母親は「なぜ?着て

いる服も顔も違うのか?」とスタッフに尋ねたそうです。また父親は出産時に女児と

言われたのに男の子だった事に気が付き、病院に検査を依頼した。

もう1人の妊婦は出産前に1度も超音波診断をしていなかった為、赤ちゃんの性別を

知ることもなく、出産時も男女の性別を聞かなかったらしい。戻って来た子供が女児

で始めて生まれた子供が女児である事を知った。翌日、看護師がやって着て赤ちゃん

の取り違いの可能性があると言う事で、血液検査のため赤ちゃんを連れて行くと言わ

れた。傍にいた義母は「赤ちゃんを何所にも連れて行かないで!」と泣いたそうです。

その結果、血液検査が出て戻って来たのは男児の赤ちゃんだったそうです。

出産後女児を受け取った夫婦は、今になって男児が自分たちの子供だと言われ唖然と

したそうです。 検査の結果に従い病院と女児の両親は赤ちゃんの交換を要請したが

男児を出産した母親は同意せず自分の子供だと言い張った。暫く双方と病院が話し合

った結果女児は両親の元に戻されたそうです。しかし、今だにそんな事があるなんて

それも何人もの出産で有っても決して有ってはいけないことなのに・・(@_@;)

片方の親は緒音波検診で女児を知っていた為、無事に両親に戻ったと言われています。

  (出生時、混雑の為、分娩室から移る過程で取り違えが起こったという)

こんな話が大きなニュースとして載ることの脅威を未だ未開発の部分が多々あるこの

国の病院に不信感を感じたことは事実です・・(--〆)

しかし、この病院の院長の話「幸運な事に迅速に解決できました。もしそうでなければ

大変大きな複雑な事態になった事でしょう」と言ったそうです。これもまた驚きました!

暢気で悠長な言葉の中に国民性が含まれていることを加味して驚愕の思いがしたもので

書いたのですが・・こんな事を言う国民性もまた、病院の未開発部分や看護師の教育等

が問われる問題だと思いました。地方の病院の話ですが・・(;一_一)

様々な問題が提起されると思いますし、都会との格差もこれも又大問題でもあります。

下の公園では数人の女性がお喋りに夢中です。空は山並の様に黒雲が棚引いています

が少しずつ大きな流れで動き出しています。風も割とあるので、もう30分もすれば

大きな太陽が出てくる予定ですが・・( ^^) 「今日はどうなるでしょうか?」そんな

事を思いながら明けて行く空を眺めているホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記0
2012/01/18(Wed)
この『乾季』に昨日は朝から小雨が降り出し、吃驚したのですが何と午後からは何度

も雷鳴がとどろき仰天させられた・・\(◎o◎)/!

「全くこの天気はどうなっているのやら」を思わせる日となりました。黒雲が濁り水

のようにひた走り、青空は何処へ消えさったのか?「闇を抜け出してこい!」なんて

一人ごちておりましたが・・(-_-;) 夕方まで天気はそのままで、暗雲からの脱出は

その場で立ち竦むほど暗かった。風にちぎられて晴れ間を期待していた私の心は無残

にも裏切られる結果となってしまったのです・・( 一一)

先週1週間息子が留守でした。『テト』前だし、1人では市場は遠いから、少し多目

に買いだめしておいた食糧は全てなくなりました。随分、配分も考慮して食していた

のですが、見事なくらい根菜類まで消化した。1歩も外出することなく、誰共1言も

口を利かない生活でした・・(*^_^*)それでも、孤独さは微塵もなかった!

携帯が壊れたので息子が置いて行った携帯には誰にも知らせていなかった・・(-.-)

尤も持っているだけで、殆ど使用しないけれど・・又、新しいのを購入せねばならない

と思っているが・・(@_@。私の生活は主人を亡くしてから24年、殆どを1人で暮らし

子供との同居も老いてからは、今回が初めてで、人との暮らし方が最初は解らず、自分

の生き方や生活に慣れていてバイオリズムが完全に狂ってしまった!

人間って不思議です。我子なのに気を遣って凄く疲れてしまったのです。やっと、最近

気持ちが落ち着いてきた感じでしょうか・・(#^.^#)

自分1人の生活スタイルやバイオリズムがあったし、そして、殆ど人との会話がない事

が普通で、自分の空間の中を乱された気分だったのだと思います・・!(^^)!

だから、心の中が何時もざわついて苛立ち、神経が異常なほどその時間に取り残されて

いました。論理の飛躍を出来る頭もなく、又怜悧に考える力もなかったから脳内で混乱

状態が続いていました・・あははははは

だから、他人同士で一緒に生活する結婚という言葉が若いから可能なのだと・・この歳

になって理解できた気がして、我が子でさえ難しいことを改めて感じた1週間でした!

ま、各々とそれなりの思考の中で生活があるのでしょうが・・早世された私の居場所は

そこだった訳でそれを必死で守り自分自身を守護していた領域だったのだと思いました。

だから凄く戸惑いがあったのだろうと今は考える時間があったことに感謝しています。

〚孤独感=自由〛からの脱出が何十年ぶりに有ったのですから・・人生って面白いですし

未だ未だ何かが残されているのかも知れないなんて思っております・・(@_@;)

※ベトナムの山岳信仰について・・{大西和彦氏の本より参照}

北部に安子山と言う山があって、古代中国の仙人安期生が、ここに住んで修行をしたと

言われる伝説があります。そして7~8世紀に≪不老長寿を目指す中国の宗教である=

道教の聖地”福地”の1つとなったそうです。ここで聖地とみなされたのはシナモン等

の不老長寿薬の原料が沢山採れたことに由来する。 そして、安子山は仏教聖地として

注目されるようになったのはベトナム陳朝の皇帝がこの山を深く信仰したから。

陳朝の皇帝太宗は劇的な人物で、叔父の権謀術策により8歳で即位、早く両親を亡くし

政治にも自信を喪失、この山に籠り、仏門に入ろうと決意して宮城を抜け出し安子山に

登った。山頂で竹林国師に遭遇「にわかに両親を失い、寄る辺がないのに人の上に立つ

身になった事、それに耐えられずこの山で僧侶になるために来た」と涙ながらで話した。

国師は「仏は山ではなく、心の中にいます。それを悟れば{仏を外に求めず苦しまずに

その場で仏になれる}と諭したと言われたそうで自著<過虚録>に記載されている。

安子山は山頂まで6㌔歩いて6時間はかかりかつては2日掛りの工程だった。尾根登攀

しかない山で山道は険しく山は雨が多く、樹木が少ないため、難しい山で岩盤がすべり

易く大変だった。現在はロープウエイが出来て簡単になったそうです。山頂に【銅寺】

があって正に銅板でできた寺があると言われ、高さ3m、重さ60㌧もあるとか・・

今朝は雲がかなり流出して、ほの白い雲が往来しているが・・「よい天気が望めるかも

知れない」雰囲気のホーチミン朝6時過ぎです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/17(Tue)
犇めく闇の中から溢れるように暗雲が流されて行きます。心の中に抱いている感情も一緒

に抱き切れなくなった部分のみ引き離されて大空に流出されて行く気がしております!

密かにそんな日は神経が穏やかで落ち着いた暮らしの中で時間に合わせていけるのですが

そんな日ばかりではなく外温や天候にさえ神経の苛立ちが多々ある日もあリ、情緒不安定

な人で『恥ずかしい限り・・!(^^)!』

「ま、それもいいか?」って思っていますが・・いい歳をしてこんな状況も「どうなの?」

ですが・・未発達の部分が数有ると幸せも、もしかして未だ残っている?なーんて身勝手

に思う日々です・・(*^_^*)

※軽食、おやつをすこし・・

以前に書いて重複しているものもありますが・・そこはスルーして下さい。 一寸ばかり

小腹がすいた時のおやつ感覚で食するものをご紹介します。

◎バインセ―オ(ベトナム風お好み焼き)

 海老、豚肉、もやし、玉葱等が入っているのが一寸日本的ではありませんが、卵と米粉

 ターメリックの色ずけで割合美味しくお腹に残ります。香草も野菜も沢山出てきます。

 辛子菜の葉っぱに包んで食します。

◎バインザイゾー(ハムを挟んだ餅)

 搗きたての柔らかいお餅をハムで挟んだものですが、パンやさんで購入すると又ハムの

 種類によって変化がありますし・・柔らかくて複雑な味ですが・・甘さなどはない。

◎バインベ―オ(米粉のクレープ)

 小さな皿に米粉を入れて固めたもので、市場の中の店などには有ります。海老のデンブ

 が載っていて(フエ)中部の料理です。

◎ハーカオチェン(揚げ餃子)

 肉をつめた餃子を揚げたもので、餡の様なドロリとしたソースかニュクマムで食します。

 餃子は揚げたのと蒸したのがあります。

◎ハーカオハップ(蒸した餃子)

 道路で時々見かけますし市場内には必ずあります。もっとも小さな市場は別ですが・・

◎バインバーオ(肉まん)

 これは1食になる程、中身がぎっしり詰まっていて、肉、きくらげ鶉の卵などが入って

 います。お腹が満腹になる位です。大きさも量によって異なるが結構売れていて、屋台

 や店のガラスケースに入って熱々が売られています。

◎バインガーイ(アマの葉入り米粉団子)

 もち米とアマというハーブの葉で作った団子でバナナの皮で包んである。

◎マンタンチェン(揚げワンタン)

 カリカリにワンタンを揚げたもので、露店やチェー(甘味どころ)で売っている。

◎カボチャの種

 ベトナム人はこれが大好物で小さな種をつまんで口に含んでいる人をよく見かける。

 乾燥してあるのだが、日本の種よりかはかなり小さい。上手に割って中身を食べる。

 向日葵の種も食する。

もっと、沢山ありますが、また次回に書きます。

昨夜は蒸し暑く風が殆どなく、長袖で休んでいたのですが・・途中で半袖に着替えよう

かと思う位でしたが・・肩が通年痛く、冷やすと余計痛むので温湿布が欠かせない身体

になってしまった!我慢して長袖で寝たら、明け方は涼しくなっていました・・( ^^)

昨日は上天気だったはずが午後からは矢張り雲が多くなって、太陽は殆ど遮られしまい

残念な曇り空に変化した。今朝も曇り空で、暫くは暁光は拝めないホーチミンの朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/16(Mon)
昨夕はこの7区に越してから初めて【計画停電】に遭遇しました。幸いなことに私は

「何の因果か?・・ははははは」余程でないと食事時間も就寝時間も殆どずれない人

で、夕飯も終わっていたところですが・・突然に、一瞬にして消えました。

何せ1区でも月に1、2回はあったから心の準備と言えば大袈裟ですが【停電】がある

事が心の隅にありました:人間というのは学習しないのか?個人的な愚かさなのか?:

どうかの判断は・・(・_・;)多分愚かさでしょうが・・ここにきてもうすぐ3ヶ月!

すっかり忘れておりました・・(/_;)それも暗くなってからの【停電】だったものでー

流石に一寸吃驚しました・・(@_@;)蝋燭と、ライターで灯りを点灯させた。

まさか?こんな形で来るなんて「やられた!」って感じでしょうか・・正直、シャワー

に入ろうかな?なんて思っていた矢先だったのです。ぽっきり1時間だけ消えました!

自家発電の電気がエレベーターと公園、通路には直ぐ点きましたし真っ暗ではなかった

のですが、何も出来ない状態。外の子供達が大声で「キャー」とか「ママ」なんて叫ぶ

声を聞きながら座ったり立ったりしておりました。瞬時は蝋燭の場所は覚えていたので

台所まで灯を点けに行かねばなんて考えが過りました。でも、直ぐに思いだし、部屋の

真ん中で点灯させたら落ち着いた・・(-_-;)何せ、久しぶりだったもので、息子も留守

だったからかも知れません。人間は”不意を突かれると結構動揺するもの”ふふふふふ

図太い婆さんも少し驚きましたが、友人が購入してくれた電気があって(充電式)それ

を思い出し点けたら嘘のように部屋中が明るくなった・・暫く読書をしていたら点灯し

{やれやれ}の思いでした『テト』前の浮足立った気持ちに檄が入った瞬間でもあった

が「夜だけは勘弁してほしい」としみじみ思いました!

その上、昨日は太陽の輝きが無く、どんよりした天気になってしまいがっかりした!

何となく蒸し暑く、汚濁された空気の層が何重にも重なり、その厚さから抜け出せない

感じでした・・(-.-)日曜日だから外は賑やかだったけれど、外出する気分も起きなく

漢字検定のゲームで不合格になったり、トランプでこれ以上呆けないように遊んでいた。

※ベトナム語は難しく発音が本当に取りにくく今だに全く話せません・・(;一_一)

 機会を逃したのもあるのですが・・もう、頑張れる気力もなく、気持ちはあるけれど

 足も手も口も出ないのが現状です(恥ずかしながら・・m(__)m)

所が日本人にも親しまれる〚漢越語〛=トウーハーンヴィエットと言い、中国に由来

する言葉があります。つまり、漢字に置き換えられるベトナム語が少しあります。

漢字に直すと全く同じ意味を持つものや、漢字から言葉の意味を想像できるものなど

がいくつかあります。ほんの1例ですが、私は殆ど知りませんでした・・!(^^)!

◎Nhat Ban(日本) Chu y(注意) Nhat Ky(日記)TyDo(自由)Trung Tam(中心)

 Hanh Phuc(幸福) Dac Biet(特別) Dien Thoai (電話)Quan Ly (管理)など

 Cong Vien(公園) Van Hoa(文化) Hien Dai(現代)がありますが・・いずれも

 単語の上に様々な記号がついていて発音がそれに近い感じや漢字で判断するものと
 
 があって、容易にはいきません。ただ、僅かだけ読めるようにはなりましたが・・

 ちょっとした発音の音程で意味が全く違うから「この人何言ってるの?」的感覚が

 ありすぎて躊躇してしまいます・・(--〆)

 それでも、時々は市場で声を出して聞いたりもしますが・・店などは{何を言って

 も売る目的買う目的が同じだから意志が通じる}品物を指で示したり、手に取る事

 が可能だから不便は全くない・・お互いに困った顔は偶にしますが・・あははははは

 本当はこれらの単語を身につけるには何所からこの単語が出てきているのか?を把握

 しておかねばならず、ベトナム語を漢字にする由来を知らねばならないから・・結局

 は殆ど理解していないのが現実です・・(#^.^#) (スケッチ本参照)

 それに、数的にも然程多くないので≪同様な感覚=私には解らない≫の一語で括られ

 てしまうのです。単語の上につく記号の種類も多くて・・老化した頭脳は拒否反応を

 起こしてしまう・・わははははは 特別、困らないから多分、こんな調子なのですが

 必至で生きるためなら頑張るのかも知れませんが・・もう、かなり草臥れております。

 ま、ぼつぼつ覚えられれば、駄目なら仕方ない程度の現況でしょうか?

さて、ベトナムの『テト』時期に観光をお考えの方は要注意です。多くの観光名所も店

も休んでいます。ただ、大きな都会では[花市]が開かれ、独特の雰囲気を感じます。

特に大晦日は一見の価値があります。チャンスがあればぜひ見て下さると嬉しいです!

今朝は思いきりよく陽光が早々と向いの棟全体に朝の輝きを見せてくれている。青空は

数本の筋雲があるだけで、ほぼ快晴状態で・・気分上々を感じているホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/15(Sun)
最近は地球儀上で「この辺りに住んで、この国に生きている」事に違和感もなく悉く

心を動かされない生活になってしまった。ほんの少し前までは{日本に背中を向けて

壊れかける心と零れ落ちて行く時間を必死に繋ぎ止める作業が心裡にあって、戸惑い

もあり、耳を塞いで聞かない生活をしていた気配があった}はずなのに・・( 一一)

それらが心を支えていた部分が数多あって、それでも答の出せない事に真剣に向かい

あっていた自分がいた。所が張り詰めていた想いも一語を零す刻が長々と横たわって

この世の激流と世の中の寒さに翻弄されて日の幾たびかは心の奥底を風が吹き抜ける

のを感じております。心静かに待てる程人間が出来ていないから右往左往しながらも

犇めく闇に打ちのめされて、何もしない我が身から逃れられない。愈々、寂しく家路

を見失っていく感覚があるのです。もがき苦しんでいる理由など何もない贅沢病かも

知れませんが・・翳り始めた人生の名残りを惜しんでいるのかも知れず、心の暗夜に

礫を投げこまれその止まぬ波紋に息切れを感じているのかも知れません・・(・_・;)

何時からか?紛れもなく大きな衝動に急かされて刻々と心が淀んでいく感覚があって

意に背いて噎せ返っているのが現実の姿だと思います・・(-_-メ)

波打つ様は疲れを溜めるばかりで艶やかさも鮮やかさも少なくなって底知れぬ視界を

彷徨っているのでしょうか?そんな事をふと感じた心の霧でした!

※『テト』に向けて初詣はハノイから・・

◎ハノイ旧市街では有名な〚白馬最霊祠〛と〚玉山祠〛がありますが、願い事により

 お寺も違いますので、少しご紹介します。

①バーキエウ祠<抗仏運動家で有名になった>

 ハノイの道教に於いては最も中心的な役割を果したと言われる柳杏聖母を祀ってい

 る祠です。しかし、それ以上に有名な事があって、それは仏領時代に抗仏運動家達

 のアジトとして利用された場所でもあります。取り締まりが厳しく追手が来た時は

 運動家達は湖に飛び込んだと言われる逸話がある寺です。

②ヴータック祠<災厄をもたらす干支の神を封じる>

 ベトナムでは十二支の神には街に災いをもたらす疫病神という恐ろしい一面がある

 と信じられています。そこでこの祠では正に大晦日から元旦に年度が変わる時、前年

 の厄病神を天に送り、翌年の厄病神を迎える祭事を行ってきた。ホアンキエム湖の

 打ち上げ花火で歓声を上げている傍らでハノイの命運を占う祭事が行われるのも妙

 な感じですが?

③ヴィンチュー寺 <水害がない様に水の神に祈る>

 伝説ではベトナムで海の神と崇められている三人の女性[三位乾海夫人]への信仰

 が出稼ぎ労働者によりハノイに広まったと伝えられている。慣習的に3の数字を嫌

 らうベトナムでは伝説に登場する女性を4人として祀ったとも言われている。

④ザウ祠<願い事は純金の女神に>

 仏具の店が並ぶ場所にあり、ともすれば見逃す程、街中に溶け込んでいる小さな祠

 ですが人々の信仰は厚い。この中に純金の柳杏聖母像が祀られている。多種多様な

 願い事を叶えてくれる万能の女神として有名です。

ざっと書きましたが、北部唯一のモスクもあり、イスラム教の人々の心の支えになって

いるそうです。また、ベトナムでは元旦と15日に参拝する人が多い様です。

ご紹介したお寺や祠は拝観無料ですがお祝いや願い事の為の喜捨は必要だと思います。

一般的には日本円で100円程度が普通らしいです。{スケッチ参照}

雲が茜色に変わりつつあり、新しい朝が来ました。今日も晴れが続くのでしょう!

この空のように大きな心で(晴れ)を待てる気持ちが持てたらいいのに・・等と考え

ているホーチミンの朝で、特別な事は何もないのですが・・少し心が揺れている感じ

なのかも知れません・・(*^_^*)

お腹が空いて来たので《生きている証拠かな?》・・うふふふふ ”変人ですから”
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/14(Sat)
毎日、時間が空中に消えていく感覚が拭いとれません・・(-_-;)自分が生きているだけ

で、精一杯の日々の暮らしと『テト』という魔物に追われている心境が去らずにいます。

特に何かがあった訳ではありませんが、野菜やその他の物が異常な値上がりをしていて

持って出たお札が不足する事態の日もあります。〚買い控え現象が顕著に見えます〛

それでもこの国は割と《いい格好する民族で凄く見栄っぱりな国民気質があり、実家に

戻る子供や親の為に『テト』の準備は頑張ってしているのだと思いますが・・我が家も

今年は想像以上の物価高騰に驚きを隠せません・・(-_-;)特に野菜は安価だったから尚

吃驚しています。この時期だけかも知れないけれど・・店により値段が全く違うことに

少し苛立ちを感じます。2日前と値段が違っていたり隣の店ではもっと安かったりする

そんないい加減さでこの時期を乗り切るのかも知れませんが・・(--〆)

先日購入したテイッシュペーパーは「少し安いな?」と思っていたら、普通の形なのに

中身が3/1でカサカサと音がしました。案の定、開けてみたら、数も少なく大きさも

かなり小さい・・こんな事をしているのだと気がつきました(安いとはこの事なり)

を痛感した。持った時に軽かったから(もしかして?)はあったのですが・・(-.-)

陽光は早く登場したのですが、矢張り午後からは曇ってしまい、こんな日がずっと続き

涼感を伴った風が吹いておりました。嘘のような常夏の国になっています・・(@_@;)

※日本でも有名だと聞きましたが・・

 この国にも早々と知る機会がありました【小麦粉シャンプーをご紹介します】沢山の

 方がご存じかと思いましたが・・ベトナムでは未だ珍しいので・・書いてみます。

◎【小麦粉シャンプー】正直、私は全く知りませんでした・・!(^^)!

 名前の通り、小麦粉と水を混ぜ糊状にして作るシンプルな手作りのコスメだそうです。

∴作り方

 薄力粉   大匙1

 水     90cc だけでいいようです。薄力粉に水を加えダマにならない様に

            混ぜる。加熱してクリーム状になったら出来上がりでレンジ

            で1分加熱しても可能。

∴使用方法

 お湯で十分に予洗いした髪の毛にまんべんなくつけマッサージの様に洗い、よく濯ぐ。

元々小麦粉には油を浮かせる作用があって、換気扇の油汚れは小麦粉を振りかけ2時間

位放置してから雑巾で拭きとると綺麗に落ちていると言われる。お掃除の知識だそうで

恥ずかしながら、これも又、全く存じませんでした・・(--〆)汚れを吸着する作用が

あるそうです。「何と知らないことが多いか?」を感じております・・えへへへへ

∴実際にやった方の感想では、普段より髪がさらさらになり纏った気がするとか?

 香がないのが1番のデメリットかも知れませんが、気触れる事もなく、ラベンダー

 などのエッセンシャルオイルを加えたら香りも立つと思います。

 何より大事なのは普段よりもしっかりと濯ぐ事で、そうしないと小麦粉が髪に残り

 乾燥したとき白い塊になると言われています。

∴【小麦粉シャンプー】の効能

①小麦粉の汚れ吸着作用により頭皮を清潔に保つ。②小麦粉に含まれる天然界面活性剤

 サポニンが洗浄力をアップさせる。③小麦粉に含まれるアミノ酸の一種(システイン)

 (メチオニン)の作用で艶やかな髪の仕上がりが望まれ手触りがよい。

≪注意≫として・・

①小麦アレルギーの方は使用不可能です。②さらさらにするためパーマが早く取れる

 場合が多々あるようです。お気を付け下さい。

◎ブリーチや染料を使用する最近の髪の毛は頭皮やフェイスラインの皮膚に強い刺激

 を受け、薬液が浸透している場合があります。この頭皮に浸透した薬液は発がん性

 の物質がある事も指摘されていますので、この【小麦粉シャンプー】で丁寧に洗い

 流せば白髪染め、カラーリング剤などの有害な残留成分は1週間程度で除去される

 と言われています。勿論。個人差はある様ですが・・(#^.^#)

 その上、毛穴が広がっている人やニキビができやすい人、シミ、しわが多い人にも

 界面活性剤を避けることで肌を綺麗に保つ可能性があるそうです。

 〔コスメプロ牛田専一郎さんとBOOより参照〕 手軽だし、何所のご家庭にもある品

だから興味のある方はぜひお試し下さい。私も一度位はしてみたいと思っていますが

もう、遅いかもですねぇ・・あははははは

生憎、大空は一面薄暗い雲に覆われて朝日の出番は暫く待たねばならないホーチミン

の朝になっています。それでも朝の空気は未だ汚れていないから深呼吸してもOKかな

何て思っています・・( ^^)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/13(Fri)
朝の暁光が思ったよりか早く上昇して、午前中は日差したっぷりでその割には気温が

上がらなく快適だったのですが・・午後からすっかり重たげな雲が張り出して来た!

すっかり暗欝一辺倒に変化してしまった。思い出す様に日差しは弱弱しく「チョロ」

と顔を見せていたが、午後からは終始一貫曇天が空を包んでしまった・・(-_-;)

窓も殆ど閉め切ってDVD鑑賞時間となった。息子が出張中なので、市場にもコンビニ

にも出かけず部屋の中に閉じ籠っている。ただこの際だと思い、息子の部屋からは

洗濯物を沢山引っ張り出してきたり部屋の中を掃除したもので、洗濯物が毎日多量

になって(本当は洗った物もあったと思うのだが・・(・_・;))洗濯婆はシーツから

枕カバー、バスタオルと大きなものを洗ったので2日も掛ってしまった!

ベランダの鉄の棒は前にも書きましたが外国人向けに出来ていて、結構高いからー

飛びながらシーツやバスタオルを掛ける。下が濡れていると怖くて(タイルだから)

凄く滑るんです。足元に雑巾を敷いて今のところはしてるが台に乗るのも危ないから

一考せねばならない・・(-_-)

※{スケッチ本}からかつての旧正月、今の『テト』が掲載されていました・・

昔の旧正月は今よりも美しく、意味深いものだったそうです。

春を迎える準備に1ヶ月を掛けてあれこれと用意した(これ等は日本的なしきたり)

と似ていますが・・(*^_^*) {中国の影響がかなり大きいとか?}

花を育てて売る郊外の村は数ヶ月前からその準備に入り、天候にかかわらず『テト』

に花を咲かせる為に慎重にそして荘厳とも言える程の神経を使って育てたそうです。

又、祭壇に飾る紙の花作りの村も半年前から竹を削り、紙を切って間に合わせるよう

にしたものだそうですが、今はそこまではしないことが多くなったとか!

大抵の家では父親が壁を塗り替えたり、祭壇を飾ったり骨壺を磨くのが通例とされて

いたらしく、母や姉妹は果物の砂糖漬けを作り、カラフルな紙に包装したものだとー

言われています・・(#^.^#)忙しいけれど家族全員で迎春の準備をするのが習わしで

大家族が集う楽しい時間であったそうです。お正月のお菓子も手作りで、出来上がり

を台所で子供達は楽しみに待っていて、その間に1年間の思い出を語り合い、新年の

抱負や夢を話す時間でもあったそうです・・( ^^)

元旦はお寺に参拝し〔ロック〕と言う果物を買いに市場へ行った。〚アオザイの

姿〛は当然だったし、子供達は親戚や縁者を訪ね、良い香りのする《ホアマイの木》

の傍で新年の挨拶をかわし“お年玉”を貰うのが習慣でした。所が多忙と時代の変化

激動する世の中の流れはあらゆる事を簡略化し、果物や花は配達されるようになった

り、お節料理の手作りは少なくなってスーパーでも市場でも道路脇の露店にも売って

いる様に変化してしまった・・(--〆)

若い人達は作り方さえも知らない世代へと移行し、購入する品という概念から離れず

故郷で花を愛でることもなくなって来たそうです。それでも、街中は『テト』に向け

ての値上げに必死で、想像以上に物が買いずらい状況を作っています。

今月に入った途端『テト値段』に切り替わり吃驚仰天するほど高くなった・・(@_@;)

祭壇の紙の花はナイロンにとって代わり昔風の『テト料理』も変わって来ました!

日本の少し前を思い出すような感覚があって、時代の迅速さと人間の思考は大差ない

事を知らしめるような感じがしております。『テト』だけが楽しみで、それのみの為

に働き出稼ぎに行ったり、外国へ出る人も多く民族が大移動する時期でもありました。

それなのに、今は『テト』を心待ちにする若者は昔ほど多くはなくなった気がします!

経済の発展、向上は人々に豊かさを山積させましたが、又、喪失した物も多く日本同様

便利さが優先され、伝統や文化が退化していく・・離れていく現象は抑えがたいもの

が多々あって、寂しさと豊かさは時代の波に取り残され複雑な心境になっています!

ベトナム独自の『テトの景観』が飛沫となって霧散されて行く気がして残念でならず

  {昔風の自然の習慣と人工的な美が共存できればなんて思う日々です}

理解していても一抹の寂しさと切なさと残念な気持ちが心の中の重荷となって行く姿

を日本を見ているだけに心が傷みます・・(;一_一)

▼本当に大切なものは大事にしたいし、大切なものは何か?▼を考えさせられる時期

でもあります。それでもまだ街は活気に溢れ胸を張っている様に見えるのは国の違い

と社会主義という思想の相違があるからかも知れませんが・・!(^^)!

いずれは大きな変貌を遂げる日は目前だと感ぜずにはおられない心地がしています!

青空が少しずつ薄雲を流している様子。今日も涼しさの中に晴れのお日さまマークが

付くのでしょうか?サイゴン川の汽笛が聞こえるホーチミンの夜明けです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/12(Thu)
終日、雲間から太陽は顔を出さず、ずっと曇天で汗をかく事もなく涼しさの中で時間

が刻まれ、単調すぎる、それでも快適な日が過ぎました・・(*^_^*)

年末で街路樹や公園の植物には手入れがされる日々で、刻々と『テト』の近さを感じ

ております。すでに、店の前には(黄色の菊の鉢が日本の松飾りのように置かれたり

梅の花が玄関に桃色の花を咲かせています)大きな枝ぶりで既に満開です・・(*^^)v

猫柳に赤やピンクのスプレーをかけて売っているのも{触ると手につく}最近の傾向

で、花やさんも繁忙期を迎え、生花だけではなく造花もかなり売られているんです。

何よりも【黄色】はお金を意味して好まれているため黄色の花が特出しているのもー

日本とは異なる風景ではないでしょうか?後は〚真赤な提灯〛が店や家の周囲を飾り

ますし〚国旗〛が全家に出されるのも日本とは違う光景を見せられます。昔の日本も

そんな感じだったのですが・・全国で家族全員で祝うというのが普通のお正月だった

気がしますが・・(・_・;) ”今は醇風美俗は壊滅状態になってしまいました”

寂しい限りです!無常迅速の世の中だから仕方ないとは思うのですが・・古い人間に

とっては限りなく寂寞感に苛まれる気がいたします・・(--〆)

勿論、昔ばかりではなく今の時代の渦中にいる現実も{圧倒的な強さ}で押し流され

ていることに不平や不満を持っているのではありませんが・・どこの国も又、何でも

が想像以上の速さで消滅する≪過去という大きな遺産に頑迷な心が揺らぐだけです≫

※フォーやブンと言った以外の麺について・・

種類が色々ありますので今日は《春雨と中華麺》を書きますが、フォーのように何所

ででも食される麺ではないので来越されたら探してみて下さい。

◎ミエン(春雨)ベトナムの春雨は緑豆からと食用のかんなから作られます。そして

 以前にも少し書きましたが、汁麺と無麺があります。

①ミエンルオン(タウナギ入り汁春雨)

 これはタウナギを揚げたものと春雨の麺で、タウナギがビーフジャーキーのような

 感じがして、それを専門にしている店もあります。

②ミエンサ―オ(焼き春雨)

 日本の焼きそば感覚に似ているかも知れませんが麺の感触は全く違います。色々な

 肉、野菜、香草で味付けられているので結構、高得点の味です。乾燥海老や香草の

 味も加味され肉汁と絡まっているので美味しいです。

③ミエンサ―オクア(蟹入り焼き春雨)

 蟹がたっぷり入っているのでメインの総菜として使用されます。

◎フーティウ(米粉から作られた細く白い乾燥麺)本当はカンボジア料理だと言われ

 ていますが南部ではベトナム料理として定番になっています。

①フーティウナムバーン(本場プノンペン風のフーティウ)

 甘めのスープに海老、レバー、豚肉、鶉の卵等が沢山入っている。春菊や湯通しを

 したもやしを入れ、ライムを絞って食べる。

②フーティウコー(フーティウの汁なし麺)

 茹で海老や豚肉等、トッピングが多いのが特徴だが味はさっぱり系。

③フーティウサ―オ(フーティウを炒めた物)

 野菜の種類が多く豚肉の味が際立ち、あんかけ風な感じになっていてとても美味。

◎中華麺は小麦粉から作られた麺で黄色い色をしています。ターメリックで色つけ

 されているからです。汁麺と無しがあり、また、日本同様に、鍋料理の後に入れ

 て食べる事が多い。

①ミーヌオック(いわゆるラーメン)

 味は日本のインスタント系に似ています。

②ミーサオ(焼きそば)

 これも日本のものとほぼ、同じ感じでしょうか?野菜の種類は日本よりもかなり

 多くお腹がいっぱいになります。固い麺と柔らかい麺があります。

③ミーヴェンタン(ワンタン麺)

 具材がとにかく多いので、驚きます。

ま、中華麺については日本と同じだから違和感はないと思いますが、何度も書きます

様に中身の具が本当に多くて、吃驚します・・(@_@;)

☆麺(汁もの)の食し方☆

どの順番でもいいのですけれど、先ずライムを絞り、チリソース、香草、茹もやしや

葱等を入れる。よくかき混ぜて食しますが、必ずスプーンかレンゲを使用し、丼には

口はつけないのがルールです。又、日本の麺類のように〈ズルズル〉と音は立てない

のも決まり事です。麺は少しずつレンゲかスプーンの上に載せてゆっくり味わいつつ

食べるのがいいようです・・(*^。^*)  どの様に食べてもいいのですが・・一応は

こんな感じです。

そろそろ、朝焼けが見え輝きがくる時間帯です「今日は晴れるといいなあ・・( ^^)」

と考え、窓から空を見上げて来たホーチミンの朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/11(Wed)
今朝、4時40分位だったと思います。洗濯をしていたら、非常ベルが鳴って・・この

棟ではなかったのですが一瞬吃驚しました。それほど長い時間ではなかったのですがー

このアパートは凄く数があるので管理は割合厳重で1晩中警備の人が巡回しています。

その代り管理費は結構高くて・・最初は驚きましたが・・(@_@;)

1軒家に住んでいた時に2度、空き巣に入られた経験があり電化製品、携帯、バッグ

しょぼい宝石(でも凄くお気に入りだった)等全て盗まれた経験があって、その体験

が未だ恐怖になっています・・包丁も玄関に置いてあったり血痕があったり・・!(^^)!

直ぐに引っ越しましたが、未だ完全に立ち直っていない部分があるんです私の中にー

30分ほどしたら、警備の人が1人の男性(後ろ姿)を囲んで連れて行きました。

多分何処かから侵入したのでしょうが・・(@_@;) 【怖いと思いました】

『テト』前には何が起きるか判らないので緊張感が取れませんし、未だ慣れないです。

  ▼日本の様な感覚ではなく絶えず神経がぴりぴりしています・・(-_-;)▼

※こんな話が{ベトナム情報ガイド}に掲載されていましたのでご紹介します。

ハノイの話で、12月3日に起こった事件ですが、ハノイの富裕層を襲った出来事。

≪カンナムタワー≫に帰宅した住民が扉の閉まったエレベーターの前で立ち往生!

この日、MSの管理側が、住民の管理サービス費未払いを理由に一方的に電気、水道

インターネットの供給をカットしたそうです。玄関前に続々と集まってくる住民達。

勿論、高齢者や、妊婦、子供もいたそうですが・・(^_^;)

この高級MSを手に入れた富裕層のベトナム人ばかりの家族だったそうです。国内では

最大級の高層MSで韓国の資本が入っていて、地上70階、地下2階を含む複合施設で

47階建のビルが分譲住宅になっている。現在凡そ70所帯が入居していて出入りは

カードキーが使用されています。私のアパートもカードとキーの両方使用しますけど

ハノイ程高級感はなくかなり古くなっているアパートですが・・(-_-) 先ず先ず警備

は安全だと言われています・・今朝のように・・( ^^)

玄関前には凄い人が集まって大騒動になったそうです!「住民にエレベーターを返せ」

「家に入らせろ!」「サービス最悪、価格最高」等と書いたビラを貼り始めたりした

様です。また、スピーカーで叫び声を上げる住民もいて騒然とした雰囲気になった!

しかし事態は一向に改善されず夜になった。食事を買いに行く人も出て、お腹も空き

その場で寝るしたくをする人もあったらしいです。夢の城を手に入れたはずの住民が

電気、水道なしの生活を強いられた理由は管理サービス費用を巡る管理側と住民との

争いがあったからだそうです。このタワーの管理費は1㎡当りで計算されている様で

1㎡は800円程度だが当然、大きな部屋に住んでいる人は多く支払う事になるから

争いが絶えなかったそうです。ハノイ人民委員会の規定は集合住宅の管理サービス費

は30円/㎡となっているのだが、ある女性は107㎡の部屋に住んでいる為、管理費

が異常に高く猛反対をしていたそうです・・( 一一)

このアパートもかなり高いですが〚1軒についての費用〛だから、そんな話は聞いた事

はない。その意味ではましなのかも知れませんが【安全を買っている】と個人的感想で

経験上そう思っていますが・・(--〆)

さて、ハノイの話に戻りますが、2週間程前、タワー内で品行の悪い人に襲われた住民

の姿をガードマンは助けず見ていただけというニュースもあったそうです。 住民側は

「非常口には鍵がかかっていたり、地下の照明が悪く、サービス内容が十分ではない」

と言っているそうです。双方の争いには解決の糸口が見つからず、今度の事件に発展し

たと言う訳です。夜になって公安の出動で、管理側がエレベーターの使用を認めたため

一時的に解決したが・・後日、ハノイ建設局は建物の投資主である(カンナムビナ社)

に「建物内の生活保障のため、電気、水道、エレベーターは絶対止めてはいけない」と

言う通達とともに管理サービス費全体の収支をタワー住民に公開する事を求めた。

上記のハノイ市が定めた管理サービス費、サービス内容と双方の話し合い次第でさらに

高額に設定する事が可能な為、管理サービス費とサービスの内容に関する管理側と住民

の騒動が起こっているのはここだけではなくあちこちにあるそうです。

サービス費とサービス精神のバランスが取れていないのはこの国ではよくある話ですが

住居に関しては、健全さと安心さが何より大切であり、この国で暮らす外国人にとって

深刻な問題であり他人事ではないと思いました・・(;一_一)

窓の下の公園には数人がお喋りしたり体操をしています。この国では“運動をする事”

を奨励しているため、どの地区の公園でも体操や、太極拳などテニス、水泳が盛んに

行われています。ここにはありませんが公園には鉄棒や大人の運動器具を備えた処も

あります・・(*^_^*)皆、健康には気を使っているのだと思います!

昨日程の冷気は感じませんが、窓を開けると矢張り涼しさを感じますし、凌ぎ易い!

熱いお茶を飲んで少し汗ばみましたが美味しかったです。明けやらぬ空を眺めつつ

耳朶を撫でる風を楽しんでいるホーチミンの朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/10(Tue)
昨日は”満月”だったそうで大好きな女性からコメント頂きました・・(*^_^*)あの

雲の中にピッタリと動かないで一瞬でも見れた事は仕合せだったのですね「感激!!」

何せ、人生の先が短い私にとっては自然の光景が何よりも心を励ましパワーをくれる

感じですから・・(*^^)v 生き急いでいるわけではなく遺された時間を数えていると

言う有様ですが、美しい風景も美味しいものを食べる事も後「どの位?」なんてよく

考えます。口が卑しいのかもしれません・・あははははは

果てしない空を見上げながら{あの雲や太陽や月、星は「どこから来てどこへ行く?」

を思うことがあります}正論で答えを望んでいるのではなくて・・何とも自然の行為

や不思議な力に絶えず圧倒されていて、自分の体に纏わる様に自然が生きている事に

その雰囲気の中で『今を生きている実感を覚えるからです』・・( ^^)

1人で生きてきたわけでは決してないのですが・・1人では崩れ落ちて行きそうな日が

何度もあったから〚気の強さ〛はあるのかも知れませんが・・それも老いと共に段々と

消滅していくことを知りました・・(-_-;) そんな夜は心の中に雪が舞っている札幌を

思い出します・・矢張り1等、幸福だった時代へと《回顧の情》は流れるものだと思い

反面は「今更悩まない、考えない」なんて普通に思うのですが・・それが持続せず、時

には頭角を現し【何度も高過ぎるハードルを越えた過去の迷宮に迷い込んでいる自分】

を絵空事のように思っている日もあるんです・・(-.-)

※今日は香草(大分見分けがつきました)

昨日、大根を書き忘れた気がしましたが、日本のあの大きくて太い大根は夢物語です。

本当に貧弱で、拙いし小さいから煮物には適さず、もっぱらエグミのある人参と一緒

に{紅白なます》として利用されています。これはご飯にもパンにも合うからです。

さて香草ですが殆どが泥のついた根つきで売っています。先ずバジルも何種類かあり

ますが、その日の買う店によって異なり正直、正確には理解していませんが、バジル

とスイートバジルの2種類を買っているみたいです。レモングラスは先日書きました

ので省略しますが・・好きですねぇ≪買い忘れたら粉末で塩と一緒に混ざったものが

ビン詰めで売っています≫ので、買い置きが可能です。ミントもこれは香の強いもの

からそれ程でもない種類がありシソの仲間のミントもあります。私が知っている限り

では4種類位はあります。多分もっとあるのでしょうが・・(・_・;)

コリアンダー(パクチ)は傷みが早く沢山買っても半分は駄目にするのですが、市場

で買う品の中で忘れないものの1つです。シソは赤と青がありますが、葉っぱの裏が

赤い種類もあります。これは赤くなった部分と青いシソなのかも知れないのですがー

ディルはなぜかあまり買いません。売っている店が少ないからだと思うのですが・・

フォーやさんで食べる時に小皿に入れてある店もありますが乾燥して香りが飛んでる!

タデは日本では鮎を食べる時に塩と合わせたものがありますが、この国では葉っぱの

まま生で食します。ドクダミは独特のにおいがして香り的には強いです。日本の種類

とは多分全く違うと思うのですが、茎も少し赤く細い。葉っぱだけを取って食べます。

目茶苦茶好きな香草ですが沢山食するとお腹の調子が悪くなるのは私だけ?でも好き

で殆ど毎日食べています。ヒユは葉の裏に赤い筋が入っているのですが使い方が解ら

なくて殆ど購入の経験はありません・・(-_-;)クレソンはビニールの袋にわんさかと

言う状態で日本のように綺麗に整理されて売っていませんが。これも生で、サラダや

パンに挟んだりしますが根が細長く全部についているから・・取るのが面倒かな?

最初は何か解らなかったのですが、ピンクと白の細い物で丸くなっている。玉ねぎを

極細に切った様なものが山積されていて結構買って行きます。 それがバナナの蕾を

裂いたものとは随分経ってから知りました、鍋用ですが・・特別に強い味はない気が

しますが、鍋にいれると余計味も解らなくなります。蓮は昨日も捨てるところがない

と書きましたが、茎を日本の蕗のように剥いてまっ白いまま束ねて売っています。

これは未だ購入した事がない〔どう処理すればいいの?何と合わせるといいの?〕が

分っていないからです。青いパパイアは千切にして売っていてサラダとして使用。

もう少し強烈な香がするのは朝鮮セロリですが、これも少しだけしか使わない。また

ライムはここではレモンと呼ばれていて、スダチ的な使い方をします。葉も使用する

のです。 未だ未だ名前の知らないものや調理方法が判らない香草が多々あります。

セロリは大株のままで売っていて、これも半分にカットして貰ったり少しだけとか

で買いますが・・かなりいい匂いがして瑞々しく青々していますが結構大きいです。

生姜なども日本のようにカットされ適当な大きさと言うのは少なく大きいままで勝手

に割って買います。大蒜は大きな物と小粒がありますし、唐辛子は赤、青もあります。

ま、こんなところでしょうか? 作る料理によって使用方法も異なるようですが・・

自分勝手に種類や量を入れて食しても構わないがこの国の料理方法だと思います。

その家庭や嗜好で食べ方も夫々でいいのがベトナム式料理法なのでしょう・・(*_*)

涼しい朝の風がカーテンを開けた途端に入ってきました。朝未だ早いホーチミンで

すが大空は薄雲が見える程度で青空がうっすらと縹色に見えています。この数日は

秋の様な涼感の日々で日中でも陽光に力がありません・・(-_-メ)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/09(Mon)
久し振りに大きな月が白い雲の中にぽっかりと浮かび上がっている光景を目にしたの

です。目が悪く、満月に近い感じだったのか?少し下膨れの様にも・・白雲と重なっ

ていたから正確には見えなかったけれど・・珍しく綺麗な雰囲気を持った月との再会

でした!もう、ほんの瞬時でビルの影に隠れて2度と見ることはなかったのですがー

早朝にこんな素敵な事があるとやっぱり嬉しく感じるのは「生きている実感かな?」

こんな時自然の優しさと美しさを痛感します・・(*^_^*) 故郷の自然の中にいて

穏やかな生活が日々送れる幸せも格別ですが・・異国にいても胸を張って心を気持ち

緊張させながら生きる事も大切なのは【現在を生きているという事だと思うのです】

街中は騒音と普段の様相を大きく変貌させて『テト』に向けて迅速に流れています。

労りが触れ合う瞬間も殆どなく殺気立った気配にたじろぎながら、負けないように

頑張って生きているというのが最近の心境でしょうか・・うふふふふ

緊張感が帰宅すると「すうっ」と抜けて行くのが分るんです・・(-_-;)不器用だか

ら上手に外へ向けて発散できない人で心の中は内籠リ状態ですが・・あははははは

自分の事で精一杯というのが現況でもあります。ちょっぴり情けないのですが・・

※野菜について少し資料が増えましたので・・

この国の名前を書いても仕方ないので至極、普通に書きます。日本と違う物について

は知っている事は加算して書いてみます。日本にある野菜の名前の羅列から始めます。

◎レタスこれは種類が何種類かあり、小粒と葉っぱが長い(巻いて食するため)物が

あります。日本の春キャベツの様な瑞々しいキャベツはありません。固くしっかりと

巻いた物で大きいです。小さい種類も有りますが顔の大きさよりもでかい位で普通は

半分にカットして売っていますし買う事が多い。カリフラワーもダラット(中部)は

物凄く大きくて吃驚しますが出回っているのはブロッコリーと同様でそれ程でもない。

ただ、日本と異なり葉っぱが全て付いたままで売られています。加工処理はしないの

が通常でしょうか?春菊は鍋に入れる事が多く日本のように和えものには使用しない。

葱はワケギ、と大きな太いネギがありますが、大方はワケギを購入しています。殆ど

の食材に使用するため、野菜を買うと、必ず数本と赤唐辛子は無料でくれます。私も

葱は大好きだから、結構量は買います。先日も両手で掴めるほど買って驚かれた!

半分は酢味噌和えが食したかったので買ったのですが・・仏パンに挟んでも美味だし

ベーコン、ハム、さつま揚げなど、香草も入れて複雑な味で食べましたが、全て好き

な味なので・・口の中は今まで経験したことのない味でした・・わははははは

玉葱も紫の小玉から日本より少し大きい位のものが多いでしょうか?胡瓜は以前にも

書きましたが。ズッキーニーと同様か?もう少し太い位で種も大きく口に残るのが気

になります。が、これも何にでも使用します。炒め物、スープなどにも入っています。

ニラは普通通りのものと花が満開になった花ニラがあり、どちらかと言えば花の付い

ている方を食べる方が多いと思います。炒め物にしますが茎が少し固いのレンジを使い

又は思い切ってカットしたりします。細いので早く炒めることが可能でもやしや肉など

と一緒が一般的です。ナスは[これは驚きます・・(@_@;))]その長さは日本の長茄子

よりも長く、30㌢は軽くありますが太さは細長い感じです。灰汁が強いので下拵えが

必要です。白菜は小さく日本や韓国の種類とは違うと思います。余り大きな物は見かけ

ないし、種類も1つです。トマトは大抵が煮込んだりスープなど火を通すようで新鮮さ

は同じですが、赤いと言う色合いよりも赤、黄色がかった感じが多く、大きさも小ぶり

です。苦瓜はこれも小さくて肉詰めやスープに使いますが、日本のものよりかはかなり

小さい。その代わりと言うのは変ですがオクラはこれも驚きの大きさで、中身の種も大。

鍋、煮物、炒め物と使用しますが、口の中に種が残るのが気になる。蓮根は蓮が有名な

だけに捨てる所がなく、種から花、茎、葉まで食します。蓮根は日本と同じ使い様です

が、天ぷらは日本の専売特許かも知れません・・うふふふふ ピーマンも物凄く大きく

1個で2人分の炒め物ができます。肉詰めもたっぷり過ぎる程入るから、沢山は食べら

れない。しかし、大きい割合には柔らかいです。アスパラガスは日本とはこれも種類が

違う様でかなり、小さいです。サラダ用に使用する大きさで、これは少し野菜にしては

高い。サツマイモも黄色の芋と紫芋があります。いずれも泥つきです。 ジャガイモは

赤土で作ったのか赤い大きな芋(中身は同じ)と普通の色をした小物があります。

大きくて驚く位のものもあります。もやしは豆もやしはなく1種類だけです。筍は生の

大きな皮つきを包丁で削る様にして剥いて行くのと、最初から剥いたままの物とがあり

大きさは大小様々です。これも殆ど鍋か煮物で、どちらかと言えば鍋用でしょうか?

カボチャは大きくて持てない位のものが殆どです。好みの大きさにカットして売って

くれますが、ホクホク感はなくべっとり感が多いかな?

トウモロコシは皮を剥いたのを市場では売っていますが露店や屋台では皮ごと蒸した

物をコーヒーの袋に入れて熱々を売っています。是もまた美味しいです!野菜は葉物

が少ないですが、空心菜は有名になりましたからご存じだと思います。後はスープ用

の葉だけのものが何種類かあります。明日は香草を書こうと思っています◎

カーテンが揺れるように風が入って来て涼しいです。燦然と輝くお日様は漸く姿を見

せてくれました。明るい朝のホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/08(Sun)
天空では白雲が走りだしました・・( ^^) 斑らに点々とある雲の移動も観察していると

結構面白い動きをするもので、退屈しないで楽しんでおります。昨日は殆ど無風状態で

それでも暑さはなく、家事で動き回っている時だけ少し長袖だと「暑い?」かな程度で

汗もかかず、朝の一仕事は定刻通りに大体8時半には全て終わりますが・・(-.-)

土曜日のせいだったのか?ネットが殆ど繋がらず訪問させて頂く皆様へは届いていない

かも知れません・・<(__)>早朝ブログ書いてから急に接続不可がで出して何度も拍手

やコメントを書いた途端に駄目になっていました・・(がっくり!)↓↓

そんな訳で何時も拝見している訪問が駄目だった方にお詫び致します・・(・_・;)

一寸珍しいものを食しました・・(*^_^*)日本の{大福餅}をご想像ください。全く

同じ感じなのですが日本のものとは大きさは少し小さく、中身の餡がこれは初めての

経験で凄い驚きとともに美味でした・・(*^^)v 息子のバイクの背中に乗っていると

自転車で歩いている小父さんが後ろにガラスケースを載せて何やらお餅を売っている

様なので停めて貰って待って購入したのです。帰宅して野菜などの処理を終え、一口

齧ってみたところ、「何と何とー餡はピーナッツを細粒状にしたものとゴマ、砂糖が

混ざっている餡でその全てが見える状態で包んでありました。もしかしたら、ご存じ

の方もおられるかも知れませんが・・ピーナッツ、ゴマ、砂糖が夫々主張していると

言う感じで口の中には全ての味が混ざって絶妙な餡でした。間違っていなかったらー

『バインチー』と言ったと思います。最近はもの覚えが悪く、又、直ぐに脳内反発を

起こして、聞いた話も聞かなかった気がしたり、やった事を再度してみたりの日々で

間違う事が多くなりました・・あはははは確実に老化現象が進行中です・・( 一一)

※ベトナム女性の美的感覚?

先ずキラキラが大好きです。派手な色も年齢に関係なく、透ける素材の服も沢山見る

機会があります・・(*^_^*)自信のある女性はショート丈のスカートで透けた洋服に

胸元を大きく開けてバイクに乗っていますし、アオザイは脇から腰まで開いているの

ですが・・それも風に靡かせている女性も多いです。

特に【美】に関する事は日本人より興味は強く敏感だと思います。 自分の身体には

お金をかける事を厭わない傾向があって、整形手術はかなりしています。これは韓国

と変わらない心情ではないでしょうか?・・(@_@;)

まして自分で働いたお金なら文句も言われないから・・平気みたいです。豊胸、顔面

リストアップ、鼻、黒子の手術は通常に行われています。女性週刊誌には美容整形の

病院が沢山掲載されているようで、一番のクライアントであると言う話もあります。

この様にベトナム女性は自分の肉体改造についての意識度が高く美容整形技術も高い

そうです。日本では高価ですが案外、安価で手術が受けられるようです。

「何故そこまで拘るのか?」個人的には一度も考えたことがないから理解はできない!

これはあくまでも例として掲載されていたのですが。ある女性が豊胸手術を受けたそう

で、料金は2300$。オプションもあり(乳首を小さくするとか)で胸にシリコンを

入れました。しかし皮膚に負担がかなりかかる様で紫色に腫れあがり、痛みも相当あり

術後一週間は相当辛い思いをしたとの事です・・!(^^)!

その彼女がパーティ会場で胸元を大きく強調した迫力あるドレス姿を披露したそうです。

皆の視線が胸元に集まり遠慮のない陰口が突っ込まれていたが、男性客からは大拍手で

迎えられたとの事です・・うふふふふ 彼女にとっては最高の時間だったのかも知れま

せんが・・私的には複雑な心境でした・・(-_-;)「なぜ?そこまでするのか?なぜ?」

の疑問符が大きくて理解できないからです。その年代はいいでしょうが老いてからも尚

豊か過ぎるのはどうなのでしょう?解りかねますが・・(@_@。ま、古い老いた婆さんの

考えの範疇から逸れているからいいのですが・・えへへへへ

手術後の彼女は明るく前向きで胸を開けた服を着るようになった様です。あれ程日焼け

を気にしていたのが嘘のような性格に変化したと言います。 この国では胸元を大きく

開けた女性は大抵が豊胸手術を受けていると言われています。日本も最近は二重瞼とか

顎の骨を削るとか聞いた事がありますが・・私に知識がないからだと思いますが、病気

以外の手術以外は理解を越えていて判断ができません。だから、美容整形には心が納得

できないといいますか?正直、したい人達の気持ちも心も解らないのが現状です。

    ”恐縮ですが・・他人様の自由なのに、勝手言ってますが”

睫毛パーマーや眉の刺青も多々あって、美しくなれるのですから・・\(◎o◎)/!

そう言う私も眉毛の刺青だけは本気で考えた事があります。顔面麻痺で、眉毛と口元が

下がっているからで・・でも、とうとう踏み出せずどうでもいい歳を迎えました!

本音では何度も考えた事もあるのですが。顔面の神経が集中している処に刺青は恐怖で

しかなかった・・(;一_一)のです。《一度麻痺しているからです》

現在はそれでよかったと思いますが。今でも毎朝、化粧する時、大方の場合、片一方が

歪んでいて、息子から注意を受ける日もあります・・あははははは

{眼鏡なしで描くから、後で眼鏡をかけて見て描き直す事がどれ程あったことでしょう}

若い頃はそれが嫌でしたが今は少々の歪さにも平気になったのですから・・老いるのも

悪くないのかも?・・ふふふふふ

昨日も日差しの出番は遅かったが今朝も未だ薄雲の中で太陽はのんびりしている感じ

のホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/07(Sat)
少し視点を転じて大空を眺めていたが、日本時間では午前の6時過ぎなのにこの国は

月も星も公園の明滅する電灯に思い切り封印されたかの様に輝きを喪失・・(-"-)

日本との時間差は2時間なのに・・真夜中の様に静寂の闇が包み込んでいるのです。

「何所かに盲点はないのか?視野に飛び込んでくる場所はないかと探すのですがー」

残念ながら虫食い状態のアパートから漏れる灯りは生活を零れ落としているだけです。

空には薄雲が広がっている様に見えるので、今日も晴れの天気になると思うのですが

【テト】まではハノイの天気と同様みたいです今年は・・(-.-)

昨日、息子は駐輪場にヘルメットを置き忘れたら、もう、既に盗られていた様で、何

でも持って行くし盗って行くこの国の自他の区別のなさには閉口する!何度も幾つも

何時だって、何処だって欲しいものは勝手に盗って行く神経はどうしても慣れない!

それを道路で売っていたりする事も平気で、当然のように買っていく人もいる国です。

特に【テト】前は現金を持ち歩かないように、凄く気をつけている。財布は大方お腹

の中に入れて外からは見えないようにバッグなど持ち歩かないし、財布も布袋で必要

以上には入れないと決めている・・(-_-;)ひったくりが多く、ネックレスさえ盗られ

る有様で・・鞄やバッグなども思いきり引っ張られてしまうと怪我の元だし・・(/_;)

こんな風に【テト】は異常な状態をはらんでいるのです。日々の生活から一変する事

がこれほど顕著に表れるのも国柄でしょうか?公安の取り締まりも凄く厳しく道路の

至るところで見かけひっきりなしに呼び止め、小遣い稼ぎをしています・・(・_・;)

これが未だ現実のこの国の姿です。のんびりと豊かになった国に見えるのですが、それ

はほんの一握りの人達で、矢張り貧しい者は何時だって貧しさからは逃れられないのも

事実なのです・・(;一_一) 何処の国にもある格差からの逸脱は難しいのでしょう!

※ちょっと変わったお洒落?

南部の地方に{ファンティット}というリゾート地があります。勿論、漁村でもある。

この村ではパジャマを普段着として利用している人が多く、漁に出る時も冠婚葬祭の

時もパジャマ姿で通す様です。ある漁師は子供の頃からパジャマ以外は着た事がない

と言いますし「パジャマはゆったりとしていて楽だし、上下同色だからご先祖に線香

を供える時も、アオザイ代わりに利用している様子。上品でこざっぱりしているから

でパンツはゴムだから海で誰か溺れてもさっと脱いで飛び込み助ける事が出来る。

若いころから何人も救ってきたと自慢気に話しているそうです」また、彼は30代で

外洋で漁をしていた時、船が難破したがパジャマの上着の両袖部分を木の棒に括って

旗の代用をして救助を求め助けられたそうです。パジャマの生地は軽く濡れてもすぐ

乾き、風にもよくなびくとか?

或る漁村では人々は、パジャマのパンツのお尻部分が擦り切れてきたら反対側にして

着るからこの地域での仕立て屋は、ポケットは付けず上着に3つ付けるのが普通だと

言われている。{ファンティット}港には有名なパジャマやがあって看板もなく小さ

な民家なのに、遠方に住む漁師がわざわざ、ファンティット港に船を停泊させて依頼

するらしい。職人の女性は若い頃夫を亡くした人だが・・( 一一)その道40年という

ベテランでシンガー製の古いミシンでパジャマを縫って子供を育てた。

パジャマの仕立てはスーツと全く変わらず、裁断から組み立てに至る迄、特に首回り

やポケット、上着の裾の縁取り等細かい部分まで気を使って縫うそうです。袖が1番

重要で技術がないと皺になり易く、襟部分も正確な採寸が必要で形が崩れると言う。

生地は吸汗性がよく表面が平らでアイロンがかけ易いものを選んでいる。

しかし、これも時代の流れでしょうか? 現在では若い人は殆ど着なくなって50代

以上の人しか着なくなっているみたい。今朝は肩の張らない大した話ではありません

が・・パジャマを仕立てる事は結構、贅沢だと思ったことや、地方によってはそれが

≪正装≫になる驚きがあって、書いてみました(週刊ベッター参照)

外は大分、明るくなって来た感じです。白雲は輝きに負けそうな感じで流れて行って

います。しかし、矢張り冷気が肌を刺す感じのホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/06(Fri)
薄墨の様な雲は空を覆い尽くして早朝5時の空は暗いです・・(-.-)それでも、毎日

最近は晴れの天気が続いています。とても個人的には仕合せですが。それでも矢張り

異常気象なのでしょう・・ベトナムにいると言う感覚が殆どしません。それ程涼しく

静寂と闇が身体中に刺さる様な日もあり、不思議感でいっぱいです。多分、この国に

来て初めての体験ではないかと思います。殆ど、終日、長袖の生活ですから・・(-_-)

でも若い人は結構暑がっている様ですが・・それでも、汗を流して歩いている人は余り

見かけないし、バイクの人は日焼けより寒さ対策で、大抵の人が長袖を着ています。

【テト】まで時間との競争に入りました。帰国ラッシュが続くし街中は騒音と賑やかさ

と【テト】を迎える準備であちこちが忙しく人の流れも活発ですが、私たち日本人には

あくまでも傍流の話で!特別な事もなく、こっちの家族への挨拶程度で終わりです。

ただ、ここは初めての地区だから「どの程度店が休むのか?見当がつかない」そんな気

はしておりますが・・凡そ【テト】の休みは3~5日程度ですが(公には)民間の店

によってはかなり違いがあります。10日間とか2週間休む所もありますから!今は

慣れましたし、コンビニが沢山あるので、きっとそれ程長くは休まないと思います。

初めてこの国に住んだ時は殆ど10日から2週間はどこも開いてなく、困った経験が

ありました。生野菜が傷んで食せなかったし、何もなくなってしまった・・(-_-;)

時代の流れはすっかり変貌していますし、競争も多くなっているから、きっと、想像

しているより早く開店すると思います。それでも一応、数日分は確保しなければ・・

とは思っていますが・・(#^.^#)  未定です・・ははははは

※今日は魚と貝の総菜について・・

{高級レストランではなく普段ベトナム人が毎日の生活の中で食する所謂家庭料理}

◎カーコート(魚のココナッツジュース煮)

 南部の代表料理で家庭ではよく食卓にでます。

◎カータイトゥオンチェンスー(から揚げ煮魚)

 これも南部地方のものでライスペーパーと香草たっぷり入れて好みのタレで食べる。

◎ルオンクオンティッ(肉のタウナギ巻き)

 甘めのチリソースで。

◎カーロックチェン(雷魚のから揚げ)

 カリカリに揚げてライスペーパーに包んだり、タレをつけて、香草やニンニク醤油で。

◎オックランサ―オズーア(貝のココナッツミルク炒め)

 ココナッツミルクで小粒の貝をピリ辛に炒めたもの。

◎オックハップラーグンニョイ(タニシの肉詰め蒸し)

 中に生姜の葉を入れて蒸したものでお酒のつまみには最適かも。

◎ヘンサ―オ(シジミ炒め)

 胡麻せんべいというのがあってそれに載せて食する。ご飯が進む。

◎オックハップトゥオックバック(タニシの漢方薬蒸し)

 薬草で蒸したもので、かなり強い香りがする。

◎カーコー(魚の煮物)

 魚の煮付けで南部は甘辛煮が主流。

◎カーザン(小魚の飴煮)

 佃煮のように煮詰めないが煮た感じでしょうか?

◎カーボンチェン(ハゼのから揚げ)

 定番料理でおかずやには必ずと言っていい程あります。骨も一緒に食べられる。

◎ルオンサ―オ(タウナギ炒め)

 身が淡白なので味付けは辛めが多い。タウナギは鰌より大きく鰻より小さいですが

 総菜にはよく出てきます。香辛料が強いので好みが分かれるかも知れません。

◎カーチェップチェン(鯉のから揚げ)

 これも頻度の多い定番メニューでしょうか?魚の匂いも味も殆どなく、タレで食す。

◎カーチェン(魚の揚げ焼き)

 小魚に味をつけて揚げたものを焼く。

一般的な家庭の味ですが、何時も書きますが好みによりますし、その家庭の味もあり

タレや包むもの一緒に食べるものによって、味の変化がありその意味では色々な味が

楽しめます。朝昼晩、ご飯だったりブン(細い生麺)や仏パンの時もあり、必ずご飯

では有りませんし、食卓には様々な香草や生野菜が並びます。タレも好みで作るので

大抵の香辛料は揃って出される事が多いです。特にこれでなくてはと言う意識はなく

好き勝手に自己流で食べます。だから、日本の様にきちんと味付けされて出されると

言う一品料理ではなく、味はバラバラで嗜好本意でしょうか?

毎日これらが何か1つは出て来るし、あくまでも家庭の味だと思います・・(*^_^*)

今朝は一面薄雲が重く覆っていますが・・遅れて晴れてくるのだと思います。外温は

昨日程寒さはなく「もあっ」とした淀んだ空気がしているホーチミンの朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/05(Thu)
窓を開けたら心の中に冷気が忍び込むように入って来て驚きました・・(@_@。確かに

朝はとても涼しく短パンだと寒い位です。「どうなっているのでしょうか?」 最も

ハノイは四季がある様で今は正に冬だから。その風が涼しさを連れてくるのかも知れ

ないのですが・・それにしても。真夜中は長袖のパジャマが私には必要で、上も確り

と着て寝ているのですが、肌寒くて目覚める日もあります・・(-.-)

それでも、空は快晴で、白い雲はふわり、ふわりゆったりと青空の中を泳ぎ、束の間の

光は跳ねるように輝いているのですが・・うつし世の弱い輝きは奔放さを喪失している

かの寂しさを漂わせております。汗もなく扇風機やクーラーの室外機の音もなく、ここ

がベトナムであることを忘れてしまいそうで心が身体が立ち往生している・・(-_-;)

『コバルト色に澄んだ空の哀愁を感じている近頃のホーチミンです』

市場へ行きました。数日の間に、すっかり【テト】=旧正月を迎える準備に変貌して

商店の玄関には迎春用の赤や金の文字がデカデカと貼られたり、華やかさの中に手薬

練引いたような店の人がこの機会を逃すまいと忙しく働く姿を見て・・やっと【テト】

の到来を感じるようになりました。日本の年の瀬と同じ感覚で、賑やかです・・( ^^)

それでも不況で客は買い控えしているとのニュースですが、見た限りではそれ程でも

なく、商品の数等も沢山がありましたが・・(@_@。 ただ、公安が厳しく、道路での

販売は一瞬にして消えたり店が現れたりを繰り返していました・・(-.-)

※今年は辰年だから、ベトナムに伝わる龍の伝説を書いてみます。いろいろあるので

◎北属期時代の龍の話について・・

ベトナム人の87%がキン族といわれる多数民族の国ですが、キン族=ベト族の神話

では、民族の父祖を{ラックローンクアン}という龍神とされています。 その母は

中国の洞庭湖の龍王の娘であった。この神話は(唐時代の頃)に李朝威が記した青年

柳毅と洞庭湖の龍女婚姻譚〔龍毅伝〕の影響を受けたそうで、その成立は割合新しい

ものである。(唐時代)のベトナムは北半分は中国領であったから中国の龍に関する

小説がこの国に伝わったと言われています。 尤も、古代ベトナム人にも自らを龍に

なぞらえる風習もあった様ですが・・(-_-)

中国の史書によれば中国南部から北部ベトナム、中部の住民は刺青をして、蛟龍の害

を避けたそうです。体に刺青をするのは龍の子に形を似せて蚊龍から害を受けない様

にするためだった。蚊龍とは地中や水中に棲むと言われていてこの蚊龍は龍より格下

とみなされていた為、古代ベトナム人は自らを龍に見せる事で害を避けたのではない

かと言い伝えられています。

この様な習俗が中国の≪龍神伝説≫を民族の始祖神話に取りこませたそうです。

{大西和彦氏の本から参照}

沢山ありますので、又、機会を持って書いていこうと思います・・(#^.^#)

天中は青空が広がっていますが、未だ東の空には薄雲が居座って暁光を遮っている。

本当に肌寒い位の外温のホーチミンの朝が明けてきました!
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/04(Wed)
 {この常夏の国にも豊かに咲かせる花も数知れず、又、零れる花も沢山あります}

名前は殆ど存じませんが・・(-.-)時々、灼熱の太陽の中で頑張っている姿は健気さと

癒しと優しさを発見します。想像以上に樹木が多く木陰を作ってくれているのです!

汗だくになって歩く人や、バイクに乗っている人の目にも、心の中にはありのままの

美しさを幾たびも見せつけ、洗い流してくれているのが事実だと思います・・(#^.^#)

賑やかだったニューイヤーの催事は旧正月【テト】へと移行してきました。【テト】

には夕べを照らす灯りが欲しくて・・大勢の人達が俄商人となって、何でも何所でで

も商売を始めます。日に何度も移動しながら公安から逃れて・・それでも止まぬ商い

は続行されるのです・・いたちごっこのような生業にも淡き光は差し込んで買う人達

は多い。しみじみ、この国のパワーと熱情を感じる瞬間でもあります・・( ^^)

※ベトナム人が好むお酒のつまみ・・

深夜の道路に出ている屋台からは香ばしい匂いや自分流にアレンジして貰ったつまみで

(最も簡単なものが多いのですが)日本と同じで何かの理由をつけては飲むのも面白く

同様な感覚で付き合えるので楽チンです。ただ、ベトナム人と飲むときは『乾杯』の数

がもう嫌になる程多いのが特徴で、その度に「モ―・ハイ・バ・ヨー」=123と掛声

がテーブルのあちこちからどの店からも聞こえます。負け時と掛声を出す人も多くそれ

なりに楽しい雰囲気です・・(*^_^*)

◎ネムチュア(サワーソーセージ)多分、ベトナム独自のソーセージだと思います。

◎ゾーイティッ(腸詰め)◎ゴーザンモー(トウモロコシを炒めたもの)

◎ズアチュオッ(単に胡瓜の皮を剥いた物ですが、この国の胡瓜は日本の倍の大きさ

        で、種も大きく味も大味)

◎ティッボーコー(ビーフジャーキー) ◎ダウナインルオック(枝豆)

◎ティッシエンヌオン(牛肉や豚肉の串焼き) ◎カーコー(干物)

◎ラップスオーン(ベトナムサラミ) ◎コームック(するめ)◎ズア(高菜の漬物)

◎チュンチェン(卵焼き)日本の様に綺麗に巻いたりしない{裏表を焼く}

◎バインフォントーム(海老風味のスナック)◎チャンガー(鶏の足だけ)

◎ローターイヘオクオンバンチャン(豚の耳のライスぺーパー巻き)
 
◎ゾーヘオ(豚足)◎ドゥオイヘオ(豚のしっぽ)◎オッヘーオ(豚の脳みそ)

◎ゴーイ(サラダ)◎ダウナインルオック(枝豆)◎チャンロン{豚の腸の茹でた物)

ま、よく知られたものから「えー?」と言う物までありますが、炭火で肉を焼いたり

魚介類を焼いてつまみにする場合も多々あって海老や貝類が好きな人は多い。

凡そ4、5人から多い時は10人以上にもなりますが、誰が誰か?解らないでお開き

になったりするのも興味深いことです。お酒持参で来る人や、おかずを買ってくる人

等も数多いる。この国の男性はつまみ類は殆ど自分達で作る。最初は不思議でした!

上記のつまみを見ても{男性が作るのがいいのでは?}と言うものが多い・・(/_;)

因みに暑い国ですからビールが殆どですが、必ず氷を入れて飲みます。私的には氷は

無しですが・・個人宅では必ずクールボックスにいっぱい入った氷を準備します。

店では氷を入れて回る担当の人もいます。凄く薄くなるし不味いから好きになれない!

さて、こんなところがお酒のつまみですが・・日本の様にさっぱり系が少ないと思い

ますが・・どう感じられましたでしょうか?

未だ薄雲が屯して太陽を遮り薄暗く夜明けにはほんの少々、時間があるのでは?等と

思っているホーチミンの早朝です。下では体操をしている女性が2人いました。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/03(Tue)
風雲のいたずらか?思いがけない好天が続き、昨日は背中に太陽を背負って連れて戻り

思いきりその暑さ?(本格的ではないけれど)を身体中に受けながら、気分上々!

昔、蚊帳と言う物があって、部屋の4隅に引っかけて網目の細かい薄い布?虫から守る

様なものがありました。それは現在でもこの国では使用されていて、時々見かけます。

所がこれもまた、昔話なのですが・・

食事時に間に合わなかった人のために折り畳みで傘の様に開いて総菜を、蠅や虫から

防ぐ名前は忘れましたが・・(-.-)物がどこの家にも大抵はありました。その大型判?

とでも言えばいいのかな?網目で作った大きな傘を開いたもので、ピンクやブルーが

売っていました。「あの中で眠るのかしら?」なんて思いながら・・何時も同じ場所

に出ているのをしかと確かめるように見て通過しました・・(#^.^#)

子供を寝かせる物だと最初は思っていたのですが結構、大きく大人2人寝位の大きさ

でした。通常は折り畳んで部屋に置いておくみたいです。でも、かなり大きくて邪魔

になりそうな幌の様な物でした・・(@_@。{畳んでも}

多分、日本にはない物だと思います・・うふふふふ 蚊帳の経験はありますがこんな

大きな形は未体験です。少しずつ、テト(旧正月)の準備が始まっていて、市場でも

バイクの道路に店を出す人たちが大勢いて吃驚しました・・きっと、公安が去った後

に店出しをしたのでしょう。ま、通れない程ど真ん中を占領して売っていた!

※レモングラスでウイルス撃退!(BOO参照)

面白い記事が掲載されていましたのでご紹介します。皆様はご存じだと思いますがー

ハーブの種類にレモングラス(和名レモンガヤ)と言うのがあります。

この国では以前から解熱剤として使用されてきました。東南アジアでは風邪予防、疲労

回復によく使われるものです。インドの伝承医学では昔から母乳の出がよくなるハーブ

として知られています。柑橘系の爽やかな芳香成分には抑うつ効果もある様です。

外用としては精油を筋肉痛や神経痛に使用する事もごく普通の事です。この国ならでは

の効用を書いてみます・・

◎レモングラスティー

 レモングラスを洗って3~5㎝の長さにカット、ネギに似ていて下の部分が膨らんで

 いるのですが・・その部分を包丁で叩くようにして潰すか切れ込みを入れると芳香が

 します。この根茎に成分が最も含有されているからです。

 温めたポットにレモングラスを入れて、熱湯を注ぎ3~4分待つ。好みで蜂蜜を入れ

 ても美味しいです。大量に作り置きしたい場合は大きな鍋で蒸らす方法もあります。

☆このレモングラスの素晴らしさは2番煎じ、3番煎じをヘヤ―リンスとして利用する

 事が出来る点です。フケや油性頭皮、抜け毛を改善する効果もあるからです☆

◎レモングラスと生姜の足浴

 お湯を入れたバケツや洗面器に擂りおろした生姜1片と大匙1杯分の塩をいれ、3㌢

 程にカットしたレモングラスを適量入れるだけ。生姜は汗腺を開かせる効果があって

 筋肉を温めて柔らかくするからです。フットバス効果とデオドラント効果も期待出来

 長時間靴を履く仕事の方や旅行後には使用して欲しいハーブです!

     ▼ただし、肌の弱い方や乳幼児への使用はお控え下さい▼

◎レモングラスの効能を幾つか・・

 意欲向上、殺菌、虫よけ、消臭、水虫、真菌感染の予防、むくみ、消化不良、胃腸炎

 筋肉痛の緩和、時差ボケの解消、喉頭炎などが列記されておりました。ご興味がある

 方はぜひお試し下さい。

昨日は馴染の和食やへ年始の挨拶に食事をしてきました。雑煮が出てそれはベトナムの

餅米から作った丸餅で<バインザイ・ゾー>というハムを挟んだお餅の(おやつ)に

使う餅で柔らかく、両面をフライパンで軽く焼く、多分、鶏がらのスープだと思った。

清まし仕立てで、人参、大根(いずれも日本とは比較できないほど固い)椎茸、春菊

が入っていました。結構美味しくて、お餅は厚さも固さもなく食べ易かったです。

ベトナムで初めての雑煮でした・・(#^.^#)何も用意はしませんでしたが、日本から

お餅だけを持って来たので雑煮だけは作っていましたが・・私よりかは確かに美味!

オーナーの彼女は私が色々と聞いていたので6つも持って帰るサービスをしてくれた。

そのお礼とお祝いの積りでお釣りは頂かなかったけれど・・息子が好きなので、暫くは

雑煮責めになると思います・・あははははは

元々私はお餅はあまり好きではなく、ましてこの歳ですから喉に詰まらせる危険がある

と思って・・うふふふふ 小さく切って食しましたけど・・(*^_^*)

未だ6時前だから空は曇っていて一面深い雲の中にいます。これから淡い光が窓辺に

当り色を染め分けながら陽光が上昇してくると逸る心で出番を待っているホーチミン

の夜明けです。お正月ももう終わりですね・・大好きな駅伝が観れなかったことがー

心残りの今朝の私の心境でしょうか?
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/01/02(Mon)
果てしなく続いている空・・(#^.^#)日本まで届くこのPCと言うツールにひとかけらの

自由と孤独、そして皆様のご健康を手のひらに載せ、空中に羽ばたかせた積りでした!

    ✿迷宮に迷い込むことなく届いたでしょうか?✿

2012年〚爽やかな希望の匂い〛を感じながら・・躓きながらも傷ついても懸命に

生きたいとそう思っています。まだ見えぬ、明日、明後日と続く日々に確かな囁きを

聞いた気配を感じつつ、自分を労り生きたいものです・・(*^_^*)

『今を生きている感覚』を身体中に浸透させながら、遅々とした牛歩で生きる道を模索

しなきゃなぁーなんて思った元旦の朝でした!こちらは珍しく大晦日から三連休が続き

子供達のはしゃぐ声が煩いほど下の公園は賑やかですが、お正月気分は全くなく、通常

の生活が流れ、店も人通りも何一つ変わらない現実です。ただ、テトが近ずいたせいで

道路にはあちこちと物売りが屋台やビニールシートの上に洋服やサンダルを山積させて

いたり、どこから手に入れたのか川蟹や海老が小さな笊で売っていたりそろそろ年末の

稼ぎを当てにした売り子の数が増えてきました。道路に終日座り込んで、また、それを

立ち止まって買っていく人もいて、面白い光景です・・(@_@。

粉塵で巻き上げられ汚濁した魚介類や服や履物なども、バラ撒いたように道路の上で

客待ちしています。そして、宝くじ売りが急に増えました。「どれだけ歩くのか?」

判りませんが・・結構売れて、いい生活をしている人が多いという話です。店の中迄

入って来て身体ごと押しつけるようにして、宝くじを買えと言うスタイルで・・凄く

執拗で何度も「NO」と断っても、差し出すしつこさは、気の弱い人や面倒な人は結構

買っています。人の多く集まる場所には数人が入って来るのも珍しくなくて、玄関が

開いていると家の中まで平然と入ってくるから吃驚しますが・・(@_@;)

その位しないと売り上げにはならないのかも知れませんが、一軒家に住んでいた時は

余りの行動に仰天した思いがあります。だから、必ず鍵を掛けて居たのに・・2度も

空き巣に入られる始末だから・・恐怖でした・・(-_-メ)

それも、過去の話になりました。今年はきっと汚れた水を洗い流し、心から笑える日

が来ることを願い{遠き事として心静かに暮らしたい}思いがしております。

※ホーチミンのお土産など少し書きましょう・・

◎小さくて嵩張らないお土産品をご紹介します。女性には手刺繍の巾着袋が木綿や絹

 などで、数多く大小かなりの種類があります。本格的なテーブルクロスやマットも

 思いがけない美しさと繊細な模様で驚かされますし、種類は本当に多種多様です。

◎また、女性の喜ぶ品では自然のオリーブオイルを主成分にした手作りの石鹸もあり

 椰子油で作った品やヨモギで作ったのもあります。

◎ベトナム名産のコーヒーとカシューナッツ入りチョコレートも好評です。

 カシューナッツはウエハースに載せられたものも多くあって、これが何故か男性客

 の購入が多いそうです。

◎南国のフルーツジャムも、小瓶で売っています。グアバ、マンゴー、スターフルーツ

 などは珍しくて良いのではないでしょうか?

◎勿論、キーホルダーや携帯ストラップも品数多くベトナムらしいユニークな物が揃い

 安価で記念になると思いますし、子供のお土産には最適では?

◎主婦が喜ぶ品ではベトナム食材が多々あります。ライスペーパーの束は(大小様々)

 で用途により使用が違いますが・・(#^.^#)乾燥麺も本当に吃驚するほどの数があり

 タレも沢山あります、袋状のスープの素とか、フォーのタレ、胡椒、スパイス入り

 の塩等も豊富です。

◎ドライフルーツも見逃せないお土産品。砂糖漬けにされたものが多く出回っていて

 例えば、ザボン、オレンジ、蓮の実、マンゴーなど、サツマイモ迄あってちょっぴり

 驚きますが・・想像されているよりかなり安価で買えるのでいいのでは?

これらはそのまま何処の店でもビニールの袋にしか入れてくれないが、自分で市場等

で可愛い袋にリボンを結わえるだけでも素敵になります。お試し下さい。

朝日は眩しいほどに上昇を続けています。涼風を運んでくれていますが、ここ数日は

快晴に近い晴れで、私は澄み渡る空を何度も見上げて感謝をしています。

そんなホーチミンの朝が訪れました。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ