徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/31(Mon)
からりと晴れ上れた上機嫌の太陽は、灼熱の光を輝かせて終日光線を放ち、淡々と鼓舞して

いるかの様でした・・(*^_^*)

日曜日だったせいで家族連れの声が、そこここで聞こえ子供の遊び声が時折、驚かす程度に

聞こえるだけで、どこの窓も全開される事もなく、エアコンの世話になっているのだろうと

勝手に想像をしていました。朝は涼しいから、窓はすべて開けて掃除、洗濯を相変わらずの

時間帯にこなしている暮らしです。新しい部屋は落ち着いて慣れて来た気がします。

※経済開放政策が採用となってから年々、豊かさを増大させているベトナムですが、民間で

 起業される業種にも流行があって一発当たった有名店を酷似した店が増大するのもこの国

 の特徴でもあります・・(@_@;)

 同様の店だったり、サービスや服装まで似ていると言う後発店は日本では想像も出来ない

 事だと思います。貪欲さとお金儲けに賭ける執念は空恐ろしい物があります・・(-"-)

 少し前、タイとベトナム間でビザが不必要になった時などは《足のマッサージ店》が凄い

 勢いで進出した。ベトナム人はそんな儲け話が大好きでアンテナを何時も張っているから

 そんな状況になるのだと思います・・(@_@。

 ベトナム人の考え方は至って単純でタイへ旅行した人が《足のマッサージ》を受けた時に

 その様子を見て持ち帰り{オイルを塗って足をぐりぐりと摩ればいいのだろう}と考えた

 のが始まりだとか?そんな考えだから根付く事はなく、猛烈な数に増加《足マッサージ》

 した店は今、生き残っているのは数店だけという有様になっている・・(-_-;)

 最近は横文字で書かれた{SUSHI}を看板にした店をあちこちで氾濫しているのを見かけ

 驚いている。日本の回転寿司やスーパーの寿司ネタはベトナムからの輸入品で賄われてる

 事をご存じでしょうか?大量に輸出しています。その意味では{SUSHI}が流行るのも納得

 できるのですが・・(*^。^*)

 その上ベトナム人は手先が器用だから、寿司を握るのもかなり上手で、腕前も一流に近く

 なって来た条件もそろっているのかも知れません。技術面でもそれなりの評価が上がって

 いるのが現況ですから、ビジネス的には[いい線]だと言えるのです。

 しかし現実は水産資源の枯渇が酷くなって一級品は輸出用に回され不足分は他国から原料

 を輸入し、加工しているのが現状なのです。ですから、国内に出回っている材料は殆どが

 輸出品の<おこぼれ>と<輸入品の加工>になっています。

 前記しました様に極、単純に『生魚を切って握ったすし飯に載せるだけの発想』は通用し

 なくなってきている。 故に、ベトナム人も外国人も口が肥えてきているし、その程度の

 レベルでは顧客を納得させられなくなってきているのも事実なのです。

 ですから、微妙なギャップが生じ、本来の日本食としての寿司のセンスと王道が求められ

 ているのでしょう・・(-.-)

 要するに、素材を見極める確かな職人の目と勘が要求されて来ていると言えます。それを

 掴んでいるオーナーだけが生き残るのではないでしょうか?

 正直、飲食店で儲ける事は並大抵ではないと言われているのですが・・この先どうなるか

 期待しているのですが・・(*^_^*){アット・サオゴン参照}

 いつも行く日本食の店はご主人が日本人で寿司職人ですから、味も握り方も文句はないの

 ですが・・!(^^)! いかんせん、庶民生活ではそれほど通う事が出来ない値段で、それが

 欠点でしょうか? ま、仕方ないのでしょうが・・(#^.^#)

 もう一週間程【計画停電】がありません。日差しも強くなってきているので(そろそろか

 しら?)等と考えていますホーチミンの朝です。
スポンサーサイト
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/30(Sun)
朝、修理に出したガスレンジが夕方に届きました・・(-"-)これで、やっと普通に総菜が作れ

るのかと思った。料理と言っても未だ先日買った野菜中心で、肉類はないのですが・・それ

でもフライパンや鍋を使っていると落ち込んでいた気分が晴れて行くような気がしました。

本当はサラダと炒め物しか作らなかったのですが、7ヵ月ぶりのまな板、包丁、皮むきだが

それだけでも嬉しかった。殆ど時間も掛らず、ごく普通の食事に戻った気がしましたねぇ!

  *部屋の中が明るいのが何よりのご馳走かも知れません・・( ^)o(^ )*

引っ越し後の食事にしては貧弱でしたが、自分で作る事が《何より》と思わずにはいられない

心境でした。今朝も、日差しは部屋の後ろから勢力を増して暑さを連れて来ています。少し前

だったら、売り子さんの声や散歩している人の大きな声で話す言葉、部屋の中の喧嘩、声高く

怒鳴り合う罵声は嘘の様に何もなく・・時折ドアーが閉まる音がする位で静かです。

 《この静寂の空間が求めていた時間だと思い・・本当に有り難く思っています》

かなり、神経が苛立っていましたし、鬱的症状もあって・・情けなく本質的には参っていた!

故に、ここに来て、環境が一変したからでしょうか?少しずつ、心が楽になっています。私

は1人暮らしが長いから、人との関わり方が凄く下手だし、厄介な事には手も口もださずに

我慢して飲み込んでしまう事に慣れてしまっていたのでしょう・・心の中には鬱々と様々な

事が積もって来ていたのだろうと思います。そのもやもや感が霧散していくようで目の前が

明るくなってきた気がしています・・(*^_^*)

そうそう、恥ずかしい話ですが。昨日は近場の少し大きいコンビニ(韓国)に行きました。

何時もは1000円位持って出てもお釣りがくる生活をしていたのですが、油を買い忘れて

いたので普通サイズを購入「その時幾ら?」と聞かなかったのが悪いのだけれど、まさかの

600円には吃驚、後は不足のものを買って、10円しか残らない財布でした・・(-_-;)

そして地下の駐輪場へ戻ってきたら、自分の入るドアーが解らなくなって、方向音痴もここ

迄来ると惨めでしたが・・(・_・;)係の人に{自分の棟が解らないから教えて?}と聞いた。

凄く恥ずかしかったです「ここは何処?私は誰?」になるのかしら?等と一瞬凍りつく様な

感覚が蘇りました・・(-"-)・・とほほほほ

地下の駐輪場は物凄く広くて、A棟1から2,3,4、B,C,D,と続き、順番に並列して

いる訳ではないからもう、完全におろおろしてしまった・・!(^^)!

全く違う入口から入った様でした。 <汗など余りかかない人なのに汗だくでしたから>

 ★愚かしく馬鹿丸出しみたいですが3日目にしてこれですから愕然としましたねぇ★

引っ越しの翌日が義姉の子供の誕生日で招待されていて、行って来ました。夕方5時の約束

だったのですが、結局は1時間半も遅れて始まった。ま、何時ものことですが・・ベトナム

人は時間に凄くルーズだから・・短気な私や息子は食事前に既に疲れきってしまっていた。

去年は幼稚園の友達や父兄を招待し、レストランで盛大なパーティでした。今年は義姉も嫁

も日本にいて、ビザ関係で仕事をしていて留守、帰国しないと言うのです。 東京からTELが

あり、寂しいと可哀想だから行って欲しいと連絡があったのです。所が親戚が20人くらいも

いて2番目の婿の親族が多くて、殆ど知らない人だらけ。又、離婚した旦那も食材を車で運ん

で来て、自分で作りだす有様。すっかり義母が準備していた料理よりも増えた分待たされた。

義母は酷くご機嫌が悪かった・・(--〆)私は何一つ知らされていなかったし解らないから

鎮座してたけれど・・あはははは 義母が計画していたのとは違ったらしく、元義兄が忙しく

動き回った事が腹立たしかったのだと思いました。

風船をいっぱい吊ったり、大きなケーキに蝋燭をつけ、長い線香で礼拝してから頂くのです。

主役はフリフリのドレス姿で沢山の人からプレゼントを貰い嬉しそうだった。 義姉からも

嫁からもTEL があって、何度か話していたが母親がいないパーティは心持寂しそうでした。

つまり、誕生日の名前を借りた大人の飲み会に変化してしまうのです。何時もどんな時でも

それが当然の様に変わっていきます。早々に息子に送って貰い帰宅した。

特に引っ越したばかりで準備もしていなかったから、ケンタッキーへ寄って買って行ったの

ですが・・それを皆に出して食べて貰おうと思っていたら、義母が凄い顔で出さない様に制

したのは吹き出しそうになった。後で、家族だけで食してくれる積りだったのでしょう。

ベトナムと言う国は離婚しても、何時だって当然の様に、家にも来るし、お祝いでなくても

普通に出入りしているのが不思議です。女性問題であんなに喧嘩していた筈なのに・・(@_@。

結婚しても籍を入れない人が多く、何時でも離婚したり偽装結婚も出来る様で、理解不可能

なところがあります。凄く多い様で、2番目の姉も籍は入れていない。日本の感覚や常識で

は考えられない事ですが・・良く解りません・・\(◎o◎)/!

兎に角、誕生日はこの国にとって結婚式と同様のお祝いで賑やかで華やかです。豪華な料理

だったり、周囲が喜ぶイベントでもあります。

昨晩の雨で少し涼しいホーチミンの朝が始まりました。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/29(Sat)
折角、キッチンのある家に来たのに、肝心のガスが点きません・・(@_@;) 引っ越し日に

業者が来てくれて、1度は点いたので安心していたのですが。翌日には、もう全く使用不可。

流石の私も仲介者に文句を言いました。直ぐ来ると言ってたのに、夕方5時過ぎです。

それも電池部分から水が漏れているらしく・・彼は直せないとの事・・\(◎o◎)/!です。

何のために越して来たのか?意味がない等とやんわりと毒ずいていましたが・・何せ異国だ

からどこまで通用しているか?皆目判りません・・がっかりです。

ま、直してくれるとは思いますが・・まさかのアクシデントでした・・(;一_一)

電子レンジで総菜を作りましたが、心が治まらない気分です。本当にいい加減な仕事をする

国で、その場に間に合えばいいのだと言う考えなのでしょうね!

引っ越しをする度に思うのですが皆様はこんな経験ありませんか?呆けているのかも知れま

せんが、前は1ルームだったからそんな経験はなかったのですが。ここには玄関から入って

入口と言うものが5ヶ所あるんです。だから部屋を間違え、洗面所に行くのを違う方向へ行

たり、ベランダへ出る部屋を間違えたり左右の間隔が掴めなくてうろついてしまうのです!

引っ越しは20回程経験しているのに、最初の数日は前の家の感覚が残っているのだと思い

ますが・・(・_・;)1人でうろうろしている姿が可笑しいです。(老いのせいかもですが)

※ベトナムのお米について・・

 水田稲作は一定の土地を繰り返し使用する為、土地が瘠せる心配がありますが、この国の

 南部のメコンデルタ地帯では二期作が当然の様に行われています。昔から連綿と続けられ

 現在に至っています。それは《メコン川の恵み》だと言われています。

 ご存じの方も数多おられるでしょうが、チベットを源流にして、中国、ミャンマー、タイ

 カンボジアを経て、ベトナムへと流れてきます。故に肥沃な養分を大量に含んだ川は豊穣

 をもたらせてくれるのです。

 勿論、気候風土が稲作に適していたのもありますがメコン川が運んでくる水は栄養豊富で

 『自然の肥料』とも呼ばれている程です。

 その上、手をかけないでもちゃんと生育するインディカ米の種類もあると思います。この

 川が氾濫する9月は田圃が水没した状態になりますが、水があるのは二期作の稲田で、三

 期作の稲田には周囲を土手で囲んで水を防いでいます。日本での稲作が凡そ120日だと

 すればこの国では90日で育つ様です。最も、地域や稲の種類によって相違はあります。

 日本米と違って背が伸びても倒れにくく、品種的にも異なるようです。

◎玄米

 精米で籾だけを取ったもので長短、赤の3種類がある。

◎赤米

 カテキン・タンニンの赤色色素を含む古代米。発がん抑制作用や、コレステロールを低下

 する作用があるそうです。

◎もち米

 この国では長い粒の品種が多く粘り気は少ない。お強に調理される。

◎黒もち米

 アントシアニンの黒色色素を含む古代米。老化防止、動脈硬化予防があるとか?熱すると

 紫色に変化する。以前初めてお強を食べたとき、紫の色が余りにも綺麗で、しかしどこか

 毒々しい色合いでどうしても購入出来なかったもち米です。これは食べねばならないお米

 でした・・あはははは

◎黄もち玄米

 精米時にもち米だけを取り除いたもち米で黄色い色をしている。

◎砕米[コムタン]

 精米の過程で砕けた米。これが南部の朝ご飯[コムタン]で有名です。パサパサしていて

 スプーンでないと食せないが、軽くて皿の上に豚肉や卵、野菜、香草を載せ、ニュクマム

 をかけて食べる。

◎炙り米

 未成熟なもち米を炙り、又は茹で、搗いて籾を落とし加工した米で、白と緑色がある。

大体がこのような種類が出回っています。最後に美味しいベトナム米の炊き方を・・( ^^)

日本の様にしっかりと研がないで、2回程洗って鍋で炊くと良いそうですが、現在は殆どの

家庭に炊飯器があるから、炊きあがったら、かき混ぜて水分を飛ばすのがコツだそうです。

蓋を開けたままで布巾をかけておくのが良いとか?

時間が経つと味の変化が早いので、早目に食べた方がよいようです。{スケッチ参照}

昨夜は雨が少し降って、道路を濡らしましたが・・今朝はもうすっかり乾いて陽光が輝いて

います。最近は30度を少し越えるホーチミンの気温です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/28(Fri)
さて、前日はふらふら状態で爆睡しましたが・・( ^^) 何せ、8時にはもう眠り込んでいた

から、4時には目覚め、暫く外の様子を窺っておりました。こんな時間なのにあちこちの家

から明かりが点いていました。前のアパートとは距離があり前に広場が大きく取ってあって

そこが1晩中、黄色の電気が点灯していて、部屋は消電してもかなり明るい。カーテン越し

から漏れてくるほど明るいのには驚きました・・(@_@;)

セキュリティは地下が{日本で言う1F)駐輪場になっていて、バイクと自転車、車は場所が

違うのだと思います。それは相当な数で[一大駐輪場]になっています。 入口と出口には

係の人がいて、カードを見せて、PCに姿が映り中に出入りできます。息子は未だ住んでは

いないのでその都度、お金を支払っています。が、来月になると契約すると思います。

地下からこの建物に入る為のカードがあって、数字が並んでいる処に翳すと{ピィー}と

施錠が外されます。ま、日本のMS形式です。直ぐにエレベーターが2基あって、部屋にー

上がれる。日本ではごく普通の事でしょうが、この国では矢張り、異文化的感覚で、漸く

それに慣れてきた感じでしょうか?・・(#^.^#)

隣人は韓国人で男の子が1人、空手なのか?柔道着を着せて、私がゴミを捨てに行く時に

出会いましたが・・挨拶したのだが・・凄く曖昧な感じで嫌われている?とか思いました。

悪い様には考えないで、戸惑ったのだろうとそう思いましたが・・(-"-)

又、韓国のバスが前までお迎えがあって、学校へはそれで行くようです。ここからは1区迄

30分掛ります。だから、専用バスがでている様ですし、ロッテスーパーと言う韓国の大型

スーパーまでバスも出ています。乗れない理由はないけれど。別に乗ってまで行きたいとは

思わなかった。タクシーもずっと数台は並んでいるし、このエリアだけでも街の様相があり

病院、学校、スーパー、レストラン、ホテルなど全て揃っています。

只、貧乏人の悲しさでしょうか?・・ははははは 折角ベトナムにいるのだからと庶民生活

ばかりを望んで住んできただけに正直こんな近代的な日本と少しも変らない生活は便利すぎ

だと思えてなりません・・(・_・;)

息子に頼んで、15分ほどでベトナムの市場があるのですが、そこへ連れて行って貰い、米

鍋フライパン食器、まな板など、そして野菜をどっさり買いました(凄く久しぶり)でした。

これで、自分が作った総菜が食べられると思うと矢張り嬉しいです・・(*^_^*)

1つ、難点を見つけました・・大好きな太陽が全く見えない。方向的にもビルの影になって

いるからで、このタウンだけでもどの位のビルがあるのか?またどれだけの人がいるのか?

想像もつかないことです。外国人ばかりで、きっとベトナム人は掃除やお手伝い、運転手の

人が多く見られるみたいで、又、レストランなどはベトナム語が飛んでいますが下働きの人

が多いのかも知れません。コンビニにも行きましたが、使用人はベトナム人ですがレジには

オーナーの外国人(韓国人)が座っていました2ヶ所とも・・(-_-;)

《ここはベトナムで有ってベトナムではない異文化地帯になっています・・(@_@;)》

★特殊な環境地域でもあることを知りました。だから、市場に連れて行って貰い買物をして

 居た時は、妙な懐かしさを感じたのです。ここがベトナムそのものだと思ったからです★

1週間に1度位、バイクで買い物に行けば安価で生活できると思いますが・・頑張らねばと

決めています。TVは完全に日本語の番組が入り(NHK)日本語が流れているので、以前程の

感覚はなく、是もまた、ベトナムで暮らしている気分ではありません・・(^_^;)

便利さを取って、雰囲気も国の良さも解らなくなっては意味がないと思い、時々はぶらりと

庶民生活に浸りたいと思うようになりそうな予感がしています・・!(^^)!
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/27(Thu)
思いがけなく、早くケーブルの接続ができました・・(@_@;)私が使用しているのは最新式

らしく2本のコードで繋がっていたのですが、この家は6本もコードがあって、流石に悩み

殆ど1時間は触っていました。前から、インターネットケーブルは入っていたのですが、頭

が固い人だし融通も利かないから。ま、久しぶりの汗をかきながら奮闘しました・・( ^^)

携帯は全く理解できないのですがPC はもう20年位さっぱり上達しないし機種が変わるとー

もう駄目な人ですが・・PCは触るのが好きなのでしょう・・うふふふふ

さて、引っ越した家について書かせて頂きます。

ホーチミン1区の便利で安価なアパート(1ルーム)で台所のない生活が7ヶ月続きました。

いささか自分で食事を作りたい願望が日増しに増大、膨張してきていました・・(-"-)

毎日ご飯だけ炊いて総菜を買う生活でしたが、ベトナム料理は種類が多いからもう少し我慢が

出来るかな?と思っていたんです。息子も料理を作ります。彼も「どうしても自分で作りたい」

と言いだして・・別々のアパートだからこの際一緒に住もうと言う事になり早速家探しを始め

たのです。この国に来た頃{9年前}は当初は谷地だった7区は運河も結構、整備され、台湾

韓国人の富豪たちが一大プロジェクトでニュータウンを造った場所です・・\(◎o◎)/!

殆ど最初は分譲で最初に建てた物件は現在不況の影響で撤退したらしく、かなりの空き部屋

が出来たそうです。私達が見に来るたびに3,4軒見せられるからもう、解らなくなってー

暫く時間が空きました。それからまた見に来たところは最初から気に入りました。

今までの部屋は西日が強く当たり、また自分の好みで改造されて建ててあるため、部屋の中

に螺旋階段(それも狭く3回ほど回る程の急な階段あり、部屋に庭園あり、中華風な部屋や

家具に凝っている部屋だったり、目まぐるしく変化のある部屋ばかりでした)

ここは18F建ての5Fで、南玄関突き当りでした。正面をはいると下駄箱だけで、右に曲が

るとキッチン。殆ど韓国製品でした。冷蔵庫も今迄より少し大型{日本で言う大型ではない}

IHに似せたガラスのコンロと電子レンジ、洗濯機(これは大型)換気扇、部屋は2つ、各々

トイレが付いていてシャワー、バスタブ付きです。ソファーが大きくて、楽ちん・・(#^.^#)

真ん中に日本で3畳くらいのスペースがあって書斎になっています。机あり、食卓テーブル

も4人用が部屋の真ん中にあります。全部でどの位の広さでしょうか?

天井が高い分、広さはかなり感じます。前記しました様に、部屋の又貸しやシェアーをする

人々が多く数人で住んでいる処が多いみたいです。

それでも、韓国語と中国語が飛び交いコリアンタウンだと思います。2Fには広いスペースが

公園になっていて、緑も多く運動するのにプール、テニス場があります。公園では犬の散歩も

早朝より数匹が吠えていました。広いのでゆったりできると思いますが・・以前空き巣に入ら

れた家から義母の住むクチに台所用品を全部持って行って貰ったため、鍋もフライパン、包丁

もない有様ですが・・今朝6時過ぎに近場の開いている店はあるかな?等見学してきました。

朝ご飯を炊いても総菜がないから、調べてきたのですが・・(-.-)

何でも日本と同じものがありました、ピザ、ドーナッツ、コンビニ、レストラン、ハンバーグ

サンドイッチ{ベトナム式でない}ものから、多分ここで何でも揃うと思いました。

ベトナム式の食事は何もないことも気が付きました。市場まで行かねば食せないでしょう!

その上、物価は高いです。今朝パンを購入しましたが、昨日の朝食べたバインミーは中身の

具が沢山入って80円なのに、ここではただのフランスパン(具なし)が細くて80円!

これは一寸引き締めて生活しないとと思いましたね・・ははははは

とても静かで音が殆どしないのが嬉しいです。<今のところは>?
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/26(Wed)
           「おはようございます!」

何時もご訪問頂きまして・・・心中より感謝いたしております。今日引っ越します。

暫くPCの使用ができませんので、開通次第書かせて頂きますので、今後とも何卒

宜しくお願い申し上げます・・・m(__)m
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/25(Tue)
仄かに白雲がお日さまを過って行ったが・・白濁した雲にすっかり覆われて出鼻を挫かれた

感じで朝を迎えました。この所、晴天が続いているせいでしょうか?

【計画停電】の予感がしていますが・・どうなるのかしら?予定は未定です。きっと『雨季』

も終りが近ずいてきたのかも知れませんが、晴れる日が段々と多くなってきた気がします。

昨日は荷物を作ったり少し重い物を持ったりしたので・・腕が痛いです。情けないほど力が

なくて、筋力の老化を身にしみています・・!(^^)!

運動不足もあるのでしょうが、日本にいたらもっとシャンシャンと動いていた筈だったのに

近頃はまるで歩かないからかも知れません。退化してるのでしょうねぇ・・(-_-;)

※南部地方の庶民料理をご紹介します・・

 北部のハノイはどちらかと言えば保守的でダイナミックな感覚が少なく「その分南部地方

 の料理」は好まれないと通常言われています。店も少ない感じでしょうか?

 その点、南部の料理はバラェティに飛んだものが多い様に思います。個人的主観で話して

 いますが・・(#^.^#)

◎バインホーイ

 極細い米の麺をシート状に編み込み、肉料理と一緒に食べます。巻かずに平たくしたまま

 のもあり、肉以外では魚料理{ハゼ}とも合わせることもあります。

◎フーティエウ
 
 材料はフォーと同じだが、半乾燥状態にした麺はコシがあって確りした感じでしょうか?

 ハノイでは殆ど食されていない様ですが・・不思議です。とても美味しいのですが!

 タレで頂くのと汁付きの種類があります。タレ付きは混ぜて頂く。

◎バインカイン

 タピオカの麺と米の麺の種類があって、タピオカの方はつるつるしている。主役はスープ

 で蟹、豚足など種類も多く、大きな塊の骨付き豚が入っている。かなりお腹は満足する。

 あっさりしたスープだがコクもあり、好物でよく食べます。

◎ブンボーナム

 生野菜と米の押し出し麺(ブン)に炒めた牛肉、もやし、唐揚の玉ねぎ、落花生、その上

 に甘辛のタレをかけたもの(これはハノイが発祥地の様だが)南部風牛肉ブンとも言われ

 ている。

◎ブンボーサオ

 上記の食材を全て一緒に炒めたもので、南部料理として有名。

◎バインセオ

 米粉と卵、ターメリック等を水で溶き、薄くクレープ状にした皮に豚肉、海老、もやし等

 香草も入れて巻いたものでどこかお好み焼きに似ている感蝕。1口にカットして、香草や

 辛子をつけたり中に巻きこんだりして食べる。かなりパリッとして、美味です。又、最近

 はライスペーパーに包んで食べる方法もあって種類もあります。

◎ラウマム

 魚介類を発酵させたマムを出し汁に使った鍋料理。メコンデルタが主要だが、ホーチミン

 でも好きな人は多い。この鍋はカボチャの花や四角豆など、南部の野菜と豚肉、魚介類等

 何でも入っている感じでいい味を醸し出しています。南部野菜の種類が豊富だし茸類も入

 っている。家族や数人で食するには最適です。最後には麺も入れます。

色々ありますが一般的によく食べられている麺を中心に書いて見ました。あくまでもこれが

全てではなく、鶏肉入りとか豚肉入り、野菜、香草によって味も名前も変わる事があります。

殆ど、毎日食している種類を大まかに書いたものですが、一寸名前が違っていて、心配する

事もありますが試食するには安価だから、様々な種類を味わって頂きたいと思います。

味覚的にはどれも好みの食べ物ですので・・お勧めですが?
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/24(Mon)
淡いオレンジ色をした太陽はのっそりと穏やかな様子を見せながら昇り出してきたが瞬時に

辺りは白く染まって棚引いていた黒雲を除き始めました・・(#^.^#)

昨日も雨は降らず、晴れ時々曇りの状態だった。時折厳しい日差しが当たって帽子を被らね

ばならない程紫外線が直射してきていた。ここは外国人が多いから、雨傘を日除けに使用し

ている人を多く見かける。

昨日は引っ越しの用意を始めた。大したものはないが本とDVDがかなりの量になったから紐

で縛って、後は机の中身を整理して、残りは洋服だけになった。スーツケース2つに何とか

入るだろうと思う。それで、洗面所を片ずけたら終わりだ。

ま、何所へでも行ける便利さはあるが、大家が急に出ると言ったせいか?挨拶もしないのに

は吃驚した・・(@_@;)ここは契約書もデポジットもないから何時出て行っても可能だから

問題はない筈・・嫌な気分である。あれだけの数ヶ月の工事の騒音や迷惑を考えたら、想像

出来ないくらいなのに・・国民性でしょう?

後、数日だから、いいけれど・・感じを悪くして出るのは矢張り気分が悪い。何も悪いこと

もしてないし、むしろ自分で洗濯や掃除までしているのだが(そんな事は関係ないのだ!)

何か言われたら、日本語で言い返すけれど、昨夕、この家の嫁が大泣きで私の部屋に入って

来て、夫婦喧嘩したらしく、一頻り泣いて出て行った。訳が分からない・・(-_-;)

夜も親子喧嘩が始まって、上と下で怒鳴り合っていた。途中から息子が大家の部屋に降りて

来て・・言い争いが30分位続いた。声が荒くて、大きいから本当に吃驚しました!

ドアーを物凄い音で閉めるのは日本でも同じだと一寸可笑しくなったが、自己主張の激しさ

にはいささか嫌になった。それでも親だからその程度だったのだろうと思うが・・(・_・;)

他人が住んでいることなど全く意に介さないから・・矢張りここは日本ではない事を改めて

思いました。そして出ていく人にはお世辞にも挨拶もしなくなる事に驚きを隠せない私です。

何時も書いていますが・・一寸お金を見せると先ず表情が一変する事(拝金主義)で、半年

もいたせいかも知れないが、孫も平気で部屋に入ってくるし、私物を持って行ったりする。

子供の事だし、大したことではないが『自他の区別が全くない』《親しき仲には礼儀なし》

で、遠慮は全くしないから、最初は驚いたが・・(@_@;)

人間性においては問題はない。親切だし、優しい。お節介だけれど、自分の事しか考えない

から、理解できない部分は多分にあるが・・(-"-)もう、数年も住んだ国だから、然程気に

しなくなったが、自分の気分で行動するから、何も解らない他人の私は、不躾に無視される

から「何なの?」とかしょっちゅう思っていた。遠慮や他人の事まで気配りが出来ない気質

の人が殆どで、1つの事しか出来ない。その上、年長者から順番に言われたりすると、下の

嫁や婿の立場は最悪で・・当り散すから・・!(^^)!

そんな日は凄く嫌悪感を抱き、根に持ってしまう・・あはははは今は「どうでもいいけど」

そう言う国民気質を理解し、自分の中にも入れないし入っていかないように暮らしていたが

矢張り図太さは半端ではなく、当然のように出入りしたり、声をかけてくる。

1人が好きで20年程一人暮らしをしている私にとっては関わりが煩わしい・・そんな事は

何一つ理解されていない様子《変人》と思われていたと思うが。半年くらい経つと豹変した

気がします。それまで様子を見られていたのかも知れませんが・・ははははは

近辺の店の人達も、毎日の事だから、顔も覚えて優しくしてくれるが・・心裡は判断不可能

な部分が沢山あるのだと思います。

日常のちょっとした会話でも、日によって違うし、客という感覚が薄く、買ってくれたらー

それでよく、媚たり、世辞などは一切ないから、そう言うところは好きなのだが・・感情の

起伏が激しく嫁などは家族以下の扱いは未だずっとあり、お手伝い同様の家が多く見られる。

儒教の国でもあるから・・目上への反発は無く〔絶対服従〕で、立場によって順位があるの

は厳しい現実です。しかし子供には甘く、日本と同じ位舐めるように育てるから我儘で勝手

な子として成長する。しかし富裕層や、成金の家庭は見ていても特別な感じがして、少しは

心にも余裕があるのか?喧嘩も言い争う声も余り聞かない。

低所得者や中途半端な生活者は特にその傾向が激しい様に思われます。ま、個人的な感想で

すが・・(;一_一)

日本人は言いたくても我慢したり心の内に押し込めたり、自己主張しない国民性があるから

ある意味想像出来ないかも知れませんが・・そうしないと暮らせない社会の仕組みになって

いるのだと思います。良し悪しは別にしても、何か?気の毒な気がします。

何時の日か?また詳細にこの国の国民気質について書いてみたいです・・(-.-) 鬱陶しく

敷いたり、掛けていた、レース編みや布を数日前から洗濯したので、今は何も飾り気がない

部屋になってしまいました。さっぱりして、これもありかも知れませんが・・うふふふふ
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/23(Sun)
陽光を見ないまま曇天の日曜日が明けました・・(-"-)店も少なく日曜は特別な休養日なの

だろうと思いますが・・日本の様に確実とした定休日と言うのを決めていない小売店は自分

の都合で店を勝手に閉めたり平気でするから、その店に行ってがっかりする事も間々あって

又、反対に休みだと思っている店が開店していると嬉しくなったりします・・(#^.^#)

  {私のブログは日々の本当に微細な暮らしの1コマでしかありません}

特別な「タレンテッド・パーソン」は何1つとしてないし、写真もないから読むのも面倒だ

ろうと思われます・・m(__)m 華やかさも趣向もなくユーモアも感性も乏しいから、どう

しても同様の話になってしまう事に躊躇いを持っています。

日本人は自己主張が上手くないから、ましてや老年になって書く事は自分の視点と感性のみ

だから・・(-"-)狭くなることが何よりも残念でもあります。が、これは仕方ないのだと言い

聞かせながら書いている次第です・・(-_-;)

今朝、本の整理を始めようとして、紐とゴミ袋を買いに出かけました。どこの店でも天井か

ら何でもぶら下がっているのが小売店なのですが、ごみ袋は何とか通じたのですが・・(/_;)

英語を少し話す小母さんだからと思い、辞書で予め調べていなかったけれど、頭の何処かに

残っていた単語を紙に書くと理解してくれてそれはすんなり買えた。問題は紐で・・英単語

も思いだせない・・( 一一)多分、そうではないかと思う言葉が通じない・・仕方なく上から

ぶら下がっているビニールの袋を数えきれない程探した。その間、客が何人も来て相手にさ

れないから思い切り触ってみていたら、やっと、見つけたんです・・(*^_^*)

不思議です、お菓子やでも小間物屋でも吊ってあるビニールの袋の下に穴が開いていてそこ

から取り出せるようになっているんですよ。食べ物然りです。驚きました・・(@_@。

背がま、歳の割には高い方だから・・平気で取り出せたのですが、全部落ちてきたら困ると

その事で神経を遣いましたが、無事1つをゲットできた。しかし、狭い店であれだけの商品

言わば日本のキオスク状態で種類も多くただ天井からつり下げてある分嵩張っていました!

整然と並べて売っていないから、探すのも大変・・言葉が出来ないから尚の事・・(+_+)

こんな微小な出来事に毎日翻弄されているみたいですが・・これが結構、面白くて、どんな

品があるのか?不思議感で一杯になる私なのです。時間をかけて、ゆっくり必ず買うという

目的があるから、平然と触ったり探していますが・・歩く所もない位に下は商品が並び、上

からも圧倒されるほどの品揃いだから{万屋}的感覚で店の中まで入って行ったんです!

たかが2、3個の買い物に10分以上も掛り、それも店からその家の部屋に行くまで探して

いたのですから・・厚かましさもベトナム式になって来たかも知れません・・うふふふふ

※ハノイで人気のベトナム創作料理

 フルーツバスケットと言って4種類の果実酒が飲める《レンブ、パッションフルーツ、赤

 スモモ、アンズ》が飲み比べ出来る。

 雷魚の春巻きは1番好評で、白身魚の揚げ物も美味とか?これはオイスターソース&山葵

 の特製ソースがお勧めです。鶏軟骨のレモン葉焼きはおつまみに絶品と言われています。

 いずれも400円前後だから、味にも癖がないから旅行者にも好まれている。

※インドネシア郷土料理

 インドネシアはご存じの様に1万7000以上の島々がある。だから、地域によって言葉

 も食べ物も多彩で異文化を感じさせてくれるユニークな国です。

 ジャワは辛い料理が多く、スマトラ地方は比較的甘辛が好まれている。その地方によって

 味も食材も異なるからスパイスの使用方法も多種多様で楽しみな料理が多いのです。

 本物のインドネシア料理に拘った店として話題になっています。

 ランチはご承知の〔ナシゴレン〕や〔カレー〕が定番になっているが、郷土料理では魚を

 丸ごと1匹使うなどの大皿料理が主になっているので、数人で食べる方が可能だし美味。

 イボ鯛のグリル(マナド地方風ソース添え)は有名。〔ナシゴレン〕焼飯の様なものだが

 一皿に野菜や鶏の揚げ物なども付いていて量もあります。スマトラ名物の牛肉ジャーキー

 チリソースも人気のあるメニューだそうです。いずれも廉価で食せる。

大袈裟にいえば世界の料理が味わえるとでも言いますか?ちと言い過ぎですが・・とにかく

食に関する限り、本当に沢山の店があります。 それが殆ど外れなしと言う凄さにこの国の

≪食文化≫を高めている部分もあると思います。正直、薄汚れた屋台や露店で座って食べる

のは最初戸惑いと、その騒音と雑然として不衛生な感じには入るのに勇気がいりますが・・

慣れてしまえば、又、丼を持参で行けば汚れたお皿や丼を使用せずに持ち帰ってこれる。

道路をフォーを持参の丼に入れて歩いている人を大勢見かける。

先日書きました[コムタン]は半粒のご飯で、箸では掬えなく、スプーンとフォークが必ず

付いている。スプーンで肉や海老、フライ物をカットして、フォークで食べる事が多いです。

最近少しだけ慣れてきたが、上手く考えてあるものです。大抵が持ち帰りもスプーンが付い

て来ます(ペラペラですが)

書いている間に太陽が照らし出し、朝から扇風機が回転しています。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/22(Sat)
見上げると下弦の月が煌々と存在感をみせてくれ、東からはオレンジ色の曙光がゆっくりと

湧き出すように少しずつ上昇してきました。夜明けの風景にしては少時目を奪われる光景を

見せてくれ、見る間に濃密な橙色が褪せて行き周囲は白っぽい明るさを取り戻した朝焼けの

ホーチミンです・・(#^.^#)

私としては珍しく先日書いた“世界の貧困状況”を書かれた本が読めないで中途で止まって

しまいました。残虐で自分の心の中に受け入れる事を拒否するらしく遅々として進まない!

ま、読める日も来ると信じ頓挫した侭で、つい読み慣れた{落合信彦さん}の本に移行して

しまった。好きな作家で随分読んだ積りですが、影響力が強く、単純だから、そう思い込む

事が多いのが読み手の欠点です・・ははははは

迎合する部分が数多有って、以前から好きな本だから、読みも早くなるのかも知れません。

今、この国では『ネイル産業』が大きく成長を遂げています。又、美容に関する事業も盛ん

です〔美白になることはベトナム女性の長年の夢〕だそうで、美白というだけで美人の部類

に入る程です。こんな婆さんでも「色が白いとか肌が良い」とか言われるのですもの吃驚!

いかに、この国の女性が美白を求めているかを知らされます・・\(◎o◎)/!

ホーチミン市内でも沢山のエステやフェイシャルケアの店がありますが、日本人が経営して

入る店をご紹介します・・

1区のレタントン通りの裏手にある店ですが、開業10年にもなるそうで、先駆者とも言え

るかと思います・・(@_@;)

豊富なメニューがありますが、アンチエイジングと、シミ、そばかすが取れると評判です。

アンチエイジング効果のフィジオデルミーという化粧品を導入したフェイシャルケアが店

のお勧めです。 高級ハーブから作成されたエッセンシャル美容液、マッサージクリーム

と混ぜて施術する方法で肌に浸透しやすく効果抜群だそうです。乾燥肌やオイル肌、普通

肌用と肌のタイプで分けられて行うようで、スタッフと相談しながら美容液を選択する事

が可能となっているようです・・(*^_^*)

勿論、マッサージやにきびケア、永久脱毛なども揃っていて最新の機械で安全にケアを受け

ることが出来るらしく人気があります。又、ここでは前記した『ネイル』は新しいジェルで

マーブルやドット柄を作る事も出来《ジェルアート》として有名です。少し高価?・・(-.-)

ファイリング、甘皮処理、マッサージ、カラーというごく普通の<べーシックハンドケア>

は1200円位で《ジェルネイル》は2600円程で沢山のメニューがあります。

睫毛ケアも盛んで、結婚式やパーティ等に最適で{睫毛パーマ}は1000円位からあると

言われています。所謂つけ睫毛的(エクステンション)は上下で値段が変わりますが、簡単

に長い睫毛が仕上がり凄く美しく変貌します・・( ^^)

尚上記したフィジオデルミー化粧品はアルコールフリーローションや汚れを落としながらも

乾燥を防ぐクレンジングミルク、目のくまを取り、血行の促進効果が顕著な美容液としては

有名です。『ネイルアート』は若者層に受けていて日本では考えられない値段で見事で綺麗

なネイルが完成します。旅行で来られる方はお試し下さい。{アット・サイゴン参照}

しかし、地元の美容室では想像外の値段で、ネイルをしてくれます。半分以下の値段です。

尤も、大抵、近所の人で賑っていますが・・安価でライムで爪を磨くのが特徴で最初は驚き

ました。クリームなどは使用しません。各々、店にもよりますが・・(-_-)

日除けが欲しいほどの太陽の輝きが戻りました。皆様にとって幸せな土曜日になります様に!
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/21(Fri)
ベトナムにも『母の日』があって、昨日でした。すっかり忘れておりました。携帯が又変に

なって、全く繋がらなく、ベトナム語しか聞こえない・・(-_-;)息子からも嫁からも何度も

連絡が来ている様子だったが・・それを見る事も留守電もベトナム語だから、さっぱり理解

できなくて。仕方なくPCから使用不可能を知らす。嫌いな上に面倒くさく、触るからと言わ

れたので殆ど放置状態。自分からかける事もないのに・・本体が悪いのか?随分前の携帯で

今ではあまり見ない。必要がないと何回も言ったけど1人暮らしだからと言われ、持たされ

ているが・・バッグの中で数日寝ていたり、本の間に挟んだまま置き忘れ、探すことも間々

ある人です・・(@_@;)

前日の雷鳴が嘘の様に天気は回復して、青空と白雲が気分よさそうに流れ、雲間から時々は

陽光が燦々と降り、いい天気でした。午後から家を見に行きました。突然発展した街なのに

今はガラガラに空いているようで行く度に3軒ほど見せられる。それでもかなり気に入った

間取りとトイレ2つバス1つ部屋2つにクーラー。大きな冷蔵庫等の家電付きで部屋の作り

が気に入ったので、決めたいと思いました。大勢の客が見に来ていたので・・未だ未定です。

でも、高いけれど今まで見た中では1番いいから決まって欲しい・・(*^_^*)

数年前に凄い勢いで台湾人、韓国人の富裕層が建てた高層マンションなのですが、不景気の

影響で、今はガラガラ状態だそうです。自分の好みで作った部屋だから個性的過ぎる気がし

て、奇抜だったり、部屋の中に庭園があったりロフト付きとか?ジェットバスがあったりと

趣向があり過ぎて・・驚きました。きっと、ビルは全部最初は分譲だったのだと思います。

凄く面白い体験が出来ました。日本の様に同じ型同じ作りではないから。その興味は尽きる

ことがなかった・・( ^^) 富裕層の人たちは近場で店をしていたり、家賃生活に変化してい

るようです。時代の流れでしょうか?未だ未だ開発が途中で、これからも、高層ビル計画が

ある様で、あちこちに建てていますが・・どうなって行くのでしょうか?

上記しました『母の日』バイクの後ろから見ていると道路に花籠を売っていたり、花束あり

薔薇の花を1本だけ包装した花が遠近に見られました。ケーキやの店内も人が混んでいた。

夕方、帰宅して、晩ご飯のおかずを買いに出かけました。珍しく(チャーカー)魚のすり身

と香草を混ぜたさつま揚げの様な物があって、それを2枚。モツの煮込みがあったのを買い

半分は明日に回して頂いた。久しぶりだったから美味でした。シャワーを浴び、ほっとして

寝る準備態勢の時にー大宅の息子がドアーを凄い音で叩いた≪外を見ろ≫的なジェスチャー

だったので、ベランダを開けると下に義父と義姉の子供が来ていた「上がって!」と少し声

を大きくして言ったが待っている様子、顔も洗っているし、眉毛も描いていない・・麻痺で

下がっている眉毛をサッサと描き、服を着替えて下へ降りて行った。下の店は親族が集まり

飲み会をしていて20人位がいた。その中を通り、外で義父とジェスチャーで話した。 嫁

が『母の日』だからと頼まれて花を持って来てくれたのです・・m(__)m

部屋に入らないと言う子供達とも別れ(何せ木曜日は公文の日)道路がバイクで塞がれ動か

ない有様だから・・直ぐに帰った。有り難いと思い亡夫の好きな黄色の薔薇が5本とあとは

カーネーションが10本、アスパラや脊高泡立ち草(この国にもあったと驚く・・(@_@。)

の花籠だったので位牌の横に飾った。

その時又、ドアーの音がして、掃除のおばさんがケーキとビール<何という組み合わせ?>

を持って来てくれて『母の日』だからと言われた。有り難く頂戴するが・・ケーキは全く食

さないから息子にメールで忘れ物と一緒に取りに来てと連絡。

日本で働いている嫁は5年のビザがとれた様で頑張っている。その嫁とスカイプをする事に

なったのだが・・これもクレジット契約がされていなくて使用不可。全く何所まで私の通信

手段は切断されるのか?迷惑な話であり厄介です・・携帯もスカイプも決められた人以外は

使用できない「なぜだか見当もつかない?」殆どベトナム語で出てくるからです。

ま、昨日は妙に慌しく色々な人が来たり、到来物が届いたり、嬉しかったけれど・・(#^.^#)

疲れた1日になった。こんな事は先ず無いのだが・・雨はとうとう降らないで過ぎた。

今朝も明るい陽光が差し込んで来て暑くなるかも知れないホーチミンの朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/20(Thu)
薄い黒雲が日の出を遮り、残念ながら上昇するのは見られなかった!昨日も幸いな事に太陽

が時々顔を見せてくれたが、夕方から稲光が壮絶な程光って、雷が何度も何度も鳴って天気

が崩れてしまった・・(-_-;)

ま、吃驚するほどの稲光の閃光は「ドキッ」とさせるものがありました・・(@_@;)

即、強烈に轟いたりで凄まじい音やその光は充分な雨を連れて来て『雨季』を誇示している

かの様に思えましたねぇ。遠雷だけの日々が多かったから、昨夕は本当に時間の長さを感じ

早く通過してほしいと願っていました・・(・_・;)

最近店に出ている果物は パパイヤとバナナ(これも種類があって、モンキーバナナは割と

黄色に近いのだが地元産は殆どが青い侭で)フィリピンバナナの様な長い形はなく、太短い

形が多い。年中出回っているが片手を広げた20数本付いたものしか売っていないから1人

では持て余し中々購入出来ない。偶然に折れたりして半分位になった物を買う時はある。

蜜柑{日本の様に黄色ではなく緑色のまま}はバイクの籠一杯入って掛声をかけながら売り

に来るのがこの近辺の売り方みたいです。買う人は店が多いせいかも知れませんが、籠の中

から半分位買う人もいて、驚く事があります・・(@_@;)

つい1週間前迄はブドウ(マスカットと大粒の赤い葡萄)が売られていましたが、直ぐに消

えてしまい、柿も短かった。アセロラに変わったかな?と思っていたら、今は西瓜もなくて

龍がんとパパイヤ、マンゴー、バナナが主になって、寂しい限り。パイナップルは斜めに切

られて売っているが・・今は端境期かも知れない・・(-"-)

季節の移り変わりは果物に顕著に表れる事を知りました。野菜は何時も揃っているので季節

感が殆どないから・・尚更、そう思うのかも知れませんが・・レストランでデザートに出る

種類も決まっていて、何度か行くとうんざりする事もあるが、総菜やで出る青い少し大きな

バナナを「2つ欲しい」なんて言えるほど最近は厚かましくなった・・えへへへへ

朝食のパンにスープか、豆乳、牛乳等バナナ1本をつけると充分元気になれる。お昼は魚の

煮物だったり、野菜炒めとかフライ物が多くなるので、ご飯を炊いて食するのが決まり事に

なった。 時には息子と昼食を和食レストランで食する時は夜のおかずとして炊いたご飯の

上に載せて温めて食べている。

炊き込みご飯も多く、日本から持ってきたレトルト食品やふりかけを香草を入れて一緒くた

に煮てしまう事もあって・・何とも不思議なそれでいて、飽きないで食べられる利点もあり

ます。ま、食に関しては、様々に試用しては食べているからもう少しは我慢できそう?

しかし、材料が安いから矢張り自分で作りたい願望は強いですが・・(/_;)

日本のドラマが終了すると数日でコピー商品が入ってくる東南アジアです。新作を見る機会

が恵まれていて・・想像も出来ない値段で極、普通に購入できますし、売られています。

犯罪行為なのでしょうが国が違うと、それは商売になってしまうのですから・・不条理な事

でもあります。ただ、住んでいる日本人にとっては便利ですし、衛星放送や海外を通しても

リアルタイムで日本のTVが見られます。私は殆ど使用しませんが・・先ず使い方が解らない

し、面倒なことを覚える才も幽かな脳だから・・あはははは

可能な限り、現状維持をして暮らしています。だから狭い範囲内でしか物事が見えないから

段々と老化が進行していくのを止める方法がないのだと思います。判っていても行動を起こ

す元気もパワーも今はなくて・・底辺でオタオタしているのが現状でしょうか・・(;一_一)

人には頑張って生きなければならない時期と他人様迄構えない時期もあり自分をひたすら守

りながら、異国で生きている老婆は何を楽しんでいるのか?時折考えますが・・うふふふふ

時間がゆったり流れて、何もしなくても1日が過ぎる。汗を流し、必死で足掻いて答えを探

していた頃とは思えないほど自分に自信が持てなくなって・・あちこちでぶつけたり、痣が

堪えない生活でも、三食きちんと食べて、掃除、洗濯PCを動かし、DVDや本を読んでいるだけ

の生活が決して良いとは思わないけれど・・自分の中で何かが弾けるのを心待ちにしている

部分はあります・・( ^)o(^ )

   ★それが何時になるか?もう来ないかは未定ですが・・あはははは★

勉強したくても気力が連いていかないのが事実でしょうか?心の中では様々な妄想や思考が

蠢いているのも本当なのですが1歩踏み出す気力が萎えているのだと思います。

又、元気になる日もあると信じていますが・・どうでしょうか?

曇天の中の明るさがあるホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/19(Wed)
日曜から晴れの天気が続いて、洗濯物が1日で乾くという有り難い現象に感謝しています!

昨夕は道路を濡らす程度の雨でそのあとは降らず、ま、晴れの部類にいれてもいいかな?等

考えておりました・・(*^_^*)しかし、この『雨季』は油断ができなく、タイの洪水の酷さ

を見るにつけ、天災の凄まじさを見せつけてくれます。日本の企業の影響も多々ある様でー

早く回復してくれることを願ってやみません・・<(__)>

先日の〈スコール〉は風も伴っていた為、向かいの家の繁茂し過ぎた植物が半分に折れたり

空き家になった店の芭蕉が周囲から枯れて行ってしまい、あの堂々とした姿が情けない恰好

になってきました。道路まではみ出た樹木は清掃(市)の人が切っていくのですが、中迄は

入らないから荒れてきている。矢張り家は住まないと荒ぶのだと実感させられています!

※ベトナム経済ニュースから・・

◎海外発の生産、新日鉄鋼管の竣工式。

 新日鉄は23日南部バリアブンタゥ省に建設したスパイラル鋼管工場の竣工式を行った。

 インフラやエネルギー開発用構造物の基礎杭となる鋼管及び継ぎ手付き鋼管を生産予定!

 アセアンやオーストラリアの需要を目指しベトナムでの現地生産で競争力を高める。

 この会社は海外で建設用鋼材を生産するのは初めてで、今後の発展が期待されている。

 ベトナムの土木工事の基礎杭はコンクリートが主要だったからセミナーを通じて鋼管杭の

 転換を促し需要を深めたいと発表。

※JCBが越日初の自社カードを発行。

 JCBの海外事業子会社はハノイでベトナム工商銀行(ベトインバンク)からベトナム初の

 クレジットカードJCBブランドカードを発行すると報じた。 ベトナム人富裕層を狙って

 のことだそうです。ベトナムでも海外でも{使用できるカード}を目指している。

 2、3年後にはシェア10%を獲得したい考えでいるそうです。  新たに発行するのは

 (ベトインバンク・JCB・クレミアムカード)と言う。

 ベトナム国内3万4000店舗を含む世界1838万のJCB加盟店で利用できる。

 又、世界各国にある60ヶ所の海外サービス[JCBプラザ]の利用も可能になると言う。

 この国では珍しいポイント制で海外旅行保険も付与していて、国内外のサポートを受けら

 れる利便性の高いカードとなっている。在住の日本人は現在1万人程度と少ない為、日本

 発のクレジットカードはターゲットがベトナム人富裕層に売り込む手段を取る予定。

何時も書きながら思う事に未だ未だ参入するチャンスが数々ある様ですが、ベトナムと言う

国はアジアでも特殊な社会主義国家で、経済面でも難易度が高くハードルも高いと言われて

います。難しい沢山の規約や定款があって・・契約までに時間が掛ると言われています。国

にとっては利益があるか?どうかの取得方法が優先される為と言われ相も変わらず拝金主義

の国柄で普通の感覚や常識が通用しないからで・・(・_・;) チャンスが沢山あっても中々

許可が下りなかったリ頓挫する会社の数も多いそうです。

悪い意味ではないけれど中国の様な表裏ある態度は似ている部分もあり、行動にも外交上に

も必ず表れるようで・・難しい国であることは事実です。そこで根付けば大した事なのです

が、通常、土、日は休みですし、残業など全くしない国民気質もあります。出来るだけ遊び

楽に暮らしたいが信条ですから・・ベトナム人を雇用するのは安易ではなく自己主張は脅威

を感じますし、想像出来ない位です。それが通用しないと、辞める事等何とも思っていない

国民ですから・・日本人感覚とは既に大きな格差があるのも現実問題です。

ま、それでも新しい会社が誕生するのは嬉しく思います。それもよく知られた会社だとなお

親しみが湧くもので・・全く関係はないけれど・・あははははは

雲が抜けて少し日差しが出てきましたホーチミンの朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/18(Tue)
日曜日に続いて昨日も好天に恵まれ、少しだけ暑さを感じました。バイクの上は直射日光が

思いきり当たって、乗る時は暑さではなく熱さを感じた程でした・・(@_@;)

大抵の店は上に何かを掛けてくれるのだが、バイクを担当する人がいなかったのか?跨ると

「うひゃ!」と言う感じでした。それでも晴れているのは心嬉しく暑さは個人的には好きで

ま、気持ちの良い日になった。日曜日に大家の婆さんがベランダに洗濯を干しても構わない

と言うのでしょう・・(*^_^*)折り畳みの小さい金具で出来た物干しを持って来てくれた。

だから日曜日はそれに干してベランダに出せたから直ぐに乾いて又、次の洗濯物を干せる程

になった・・ズバリ、幸せを感じた!太陽からの恵みの日差しは殺菌作用もあるしあの暑さ

は手を通す時、太陽の当たった日向の匂いがして大好きなのです・・( ^)o(^ )

家事の中で1番好きなのが洗濯ですから・・うふふふふ 無いと探してでも洗いたい衝動が

起きる人で子供達からここに置いていたのが無い等とよく言われたものです。

※ベトナムB級グルメとして賞味されている物があります・・

 いかにもローカルな感じと味がするのですが・・結構美味しいです。最近は少し高級感も

 ある店で出していて、割高になっているが、お風呂椅子に座って食する時、ベトナム在住

 を感じます。最近ベンタイン市場の近くにお洒落な店として知られるようになった店でも

 食べられ1人でも気安く入る事が出来る店の紹介がありました。そこでも出している様で

 クーラーが効いて落ち着いた雰囲気で食せるそうです。

 その名前は【ブン・ネム・ヌオグ・チャ・ジオ】と言いまして、発音は出来ないので指で

 指して頼みますが・・この近辺にも時々屋台で来ます。専らそこでしか食したことはない

 のですが気が向いたら来ている感じで余り見かけないから2度位しか食べた事はないので

 すが・・( ^^) 汁なしの(生麺)=ブンに揚げ春巻き、ネムヌンと言う肉団子と香草野菜

 がふんだんに入っていてニュクマムをかけて混ぜて食べます。甘辛で酸っぱく生麺に絡ま

 って、大蒜の香りが刺激的で食欲が増進する気がします。これは完食できる食べ物です!

 お腹にもずっしりときますが・・消化が良いので思ったほど重くはなりません。店により

 紅ショウガがあったりピーナッツの粗い粉末が掛けてあったりもします。具沢山なので食

 した感覚があります。上記した高級店では250円位ですが、露店では180円程度です。

※ベトナムのインタ-ネット回線速度は東南アジアでは1番早い・・

 こんなニュースがありました。『世界インターネット平均ダウンロード速度調査』による

 とベトナムのダウンロ―ド速度は平均374KBpsで(アセアン地域)では1番早いと

 言う結果が出たそうです。他のアセアン諸国の平均ダウンロード速度はシンガポールが次

 で335、タイ268、フィリピン213、カンボジア167、インドネシア129、ラ

 オスが112KBpsとなっていると報じました。正直なところダウンロードの速度には

 KBpsが使用される事など全く知らず無知を曝した感じはありますが・・(・_・;)

 それでも、先ず最速に設定しているせいかも知れませんが・・割合早いとは思っていたの

 ですが・・世界トップは韓国で2202KBpsだそうで、想像できません。

 その次がルーマニア1909、ブルガリア1611、リトアニア1462、ラトビアの次

 に日本1364KBpsだそうです。この調査は2011年上半期における世界224の

 国とコンピューター2000万台による実施の結果だそうです。

 何だかピンとこないですが、発展途上国では最速だそうで・・まあまあかな?等と私程度

 の頭脳にはちょうどいいのかも知れないと思っています・・ははははは

 今朝も薄暗く感じたのですが陽光が白雲を従えて青空を引っ張っています。晴れるのかも?

 なーんて、喜んでいますが・・(*^。^*) 午前中だけかも知れない予感もします。

 朝から珍しく、扇風機が稼働していますホーチミンの朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/17(Mon)
終日、晴天に恵まれ暗雲がその勢力に降参したかの様に流されて行く姿は見上げていて気持

が良いほど爽やかな日差しでした。暑さも湿気もなく日本の秋を思い出しておりました。

不思議と天気に左右される神経なのか穏やかで落ち着いた日曜日が過ごせた・・(*^_^*)

図太い神経だと思っていたが、案外小心で、繊細だったりして・・あはははは そんな訳は

無いとは思いますが・・何かが超越してもう感覚が既に迅速に落下状態なのかも知れない!

それらも自分だから、受諾して生きるより術はないと思うのですが・・(・_・;)

しかし、夜中は遠雷が何度も鳴って雨を落として行ったようで、目覚めると雨音が窓に当た

り、流れていた。半分眠りながら、その音を聞いていた感じでしたが、今朝は湿度も高くな

って曇り空に一変していました・・(-.-)

※ベトナム人女性の恐妻ぶりを書かれた人がいて・・面白く拝見したので書いてみます。

 一般的にベトナムの女性は嫉妬心が強く結婚したら絶対浮気を許さないと言われています。

 そんな中でベトナム人妻のエピソードが掲載されていました・・

 ベトナム人妻の考え方は家族と一緒に食事が出来ない事は=疾しい心があるからだと言う

 のです。ある日、お客様と日本食の店で接待、その後、帰宅する為、社用車を呼んで貰い

 待っていたそうです。そしていざ乗り込もうとしたら奥さんが車の中にいたらしく、体が

 震えるほど吃驚したとの事でした。何も悪いことをしていた訳でもないのに、その猜疑心

 の強さに震撼したそうです。お客様の要望でいかがわしい店への接待もあるし、女性がい

 る店へも行かねばならない・・しかし、どんなに説明しても理解できない様子で、なぜ!

 そんな店に行くのか?を判断できないそうです。社用車の運転手に勝手にTELして乗って

 来たらしいのですが・・その大胆不敵な行動は目に余るものがあるそうで、彼は恐怖感を

 抱いたと言っている。運転手を叱る事も出来ないがこれは違法行為だと言ったそうです。

 「何も疾しい事がなければどうって事はない問題」と開き直られる始末だったとか!

 又、出張がある度「ドキドキしながらその事を妻に報告する時が大変で、必ず「私も一緒

 に行く」と言いだすそうで、会社との板挟みで情けない思いをすると書いていた。

 とうとう日本男子の威厳を見せて「行くのは勝手だが、ホテルも別にしてくれ!仕事ゆえ

 一緒に食事は出来ない」と突っぱねたが、どうしても必ず行くという主張を変えなかった

 そうです。「もう、勝手にしろ」と半ばやけっぱち状態で放置していたら、前日になって

 「行かない」と言いだしたので「あーあ単なる脅しか?」と思っていた矢先、夜になると

 「明日、矢張り行く。チケットも買った」と言いだした。こんな事が日常茶飯事で起きる

 のがベトナム女性と結婚した日本人男性のぼやきとしてありました・・(@_@;)

 こんな事の繰り返しが結婚生活であることを逆に精神の鍛錬になるとも書いていました。

 ≪最後の呟きに妻が想像する10分の1でもモテてみたい≫と結んであった・・うふふふ

 この国の女性の思考の中には男性は放っておくと必ず浮気をするという固定観念があるの

 も事実です。確かに隙あらばと言われる様に巧妙に遊ぶ男子が多い事も聞きますが、情報

 過多だと思いますし、生活環境が違っている異国の習慣を理解するには何よりも、最初が

 肝心で「日本のサラリーマンの付き合い」を解ってもらうより仕方ないのかも知れません。

 でも、全く異文化で育ち、自他の区別や羞恥心がない国に育った女性を信用させることは

 至難の技でもあり、どんな説明も通用しないのが普通だと言われています。

 だから、浮気相手が見つかると壮絶な乱闘、修羅場を演じることになるそうで、その激し

 さは日本の考えの範疇にないほどです。それも男性を相手にするのではなく、女性同士の

 喧嘩となるらしいです。嫉妬深く、猜疑心の強いベトナム女性は常夏のさっぱりした気性

 とは想像も出来ない過激さを持っています。戦争の最中、男性を助けて米国を屈しさせた

 裏側にはそんなベトナム女性の生き方も気質も多いに関連しているのかも知れません。

 自己主張が強い分、激越すると手がつけられないのは真実です。何度も見る機会があって

 凄まじい感じがします。しかし、ここまで本音でぶつかり合える夫婦関係はある意味明快

 かも知れませんが、そんな事に慣れていない日本男子が恐妻観念を強く持つことも事実だ

 と思いますが・・\(◎o◎)/!如何なものでしょうか?

 内の嫁は末っ子で上からの圧力のせいか芯は強いけれど、息子に逆らっているのは見た事

 がないのは性格もあるのだと感じます。今日も朝光が出てきたホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/16(Sun)
「いやー昨日は久しぶり終日、青空が白雲を棚引かせて、暗雲を追い払って行った日」でも

ありました。暑さは感じなかったが、陽光は長時間差し込んで少しだけ心が癒された気分で

したねぇ・・(*^_^*)昼食は息子とベトナム料理(先日ご紹介したコム・タンの店へ出かけ

ました。近場の小さな店ではなくま、街中だから少しここよりは高めでしたが{お皿の上に

載せてある総菜の種類も多く、ご飯は真ん中に四角形に型取りしていて、それも、お焦げ状

のものがあったりした。少量だったから息子はご飯のお代りをしていたが、私は半分以上も

食べられた。豚の香草焼き、海老すり身のフライ、卵とひき肉の蒸したもの、野菜の炒め物

胡瓜、ソーセージが載っていて、目玉焼きにはウズラの卵が2つ付いていた。可愛い目玉焼

で面白く感じた・・( ^^) 2人で1000円弱だった。味も彩も綺麗だったから・・かなり

見た目もよく美味しかったです。何度か連れて行って貰っているベトナム料理店なのですが

(コム・タン)をこの店では食した事がなかったから、新鮮に思えたのかも知れない。

今朝も雨雲が遠去かっている感じで・・丁度長袖を着ていい感じの気温です・・(*^^)v

只、私個人だけかも知れない。なぜなら部屋の扇風機も点けると寒い。外温より暑い部屋だ

からです・・うふふふふ

息子から借りた本を読み始めたが・・余りの壮絶さに吃驚仰天している『石井光太氏のノン

フィクションで絶対貧困です。氏が実際体験の路上生活スラム街での暮らしを書いている』

未だ中途だから、読み終えたなら、感想など書けたらと思っていますが・・ちゃんと把握し

理解できるか?私の頭では無理かも知れないなぁ・・(-"-)

日曜日の朝は静かです。お喋りの声はあちこちで聞こえるのですが。やっと2日前に全ての

工事が終わったが、又、2軒隣で工事を始めて、音に悩まされているが・・この家の中では

ないから我慢できそうだ。

※ベトナムニュースから抜粋。

◎空港での預ける荷物から・・

 ホーチミンのタンソンニャット空港はベトナム航空直轄の空港でもあり海外への便も多く

 毎日、利用者に溢れている空港だが、そこの職員による窃盗事件が多発していると言う。

 乗客の預け荷物から職員が現金を盗んだとして摘発されたそうです。ハノイ発サイゴン行

 きから韓国への乗り継ぎ便の、預け荷物を積み替え担当していた職員が作業中に施錠され

 ていないスーツケースを見つけ、無断で開け、中に入れてあった現金2400㌦を盗み壁

 に取り付けてある消化器の箱に隠した。偶然、このスーツケースの持ち主が乗り換え時の

 手続き中に荷物を取り出したいものがあった為スーツケースを受け取った所現金が紛失し

 ているのを見つけ、空港警備職員に通報。幸いにして直ぐに発見され逮捕されたそうだが

 タンソンニャット空港関係者はこれまでも同様の被害が発生しており貴重品は預ける荷物

 に入れない様勧告している。

◎東京都がハノイ水道事業に参入か・・

 都水道局によると、日越合弁で設立される新会社に東京都が出資する第3セクターの東京

 水道サービスが資本参加する方向で検討中。 実現すれば、日本の自治体が初めて海外の

 水道事業の本格的進出を図る事になる。

 ハノイ市の水需要は現時点で日量55万tで20年までには160万tに拡大する見込み

 急速な経済発展に伴う都市部の人口増加で深刻な水不足に陥る恐れがある為水道インフラ

 が急かされている。こうした中、ハノイ市郊外のドン川を取水源とする上水場を建設して

 第1段階として15年に日量15万t第2段階20年の30万tを供給する計画を立てて

 いる。これを日本が支援する形で参入する模様だ。{ベッター参照}

毎日、タイの洪水のニュースが流れ、かなりの日本企業も影響を受けていると言う話があり

大きな話題になっています。

カンボジアの洪水はよく聞いていたし、この国も中部地方など毎年、洪水の被害を聞きます。

今回はタイが酷いようで、心からお見舞い申しあげます。 隣国でもあるので話題も大きく

取り上げられているのだと思います。長く生きていると様々な災害や人災に遭遇するもので

色々と考えさせられる事も多くなる気がします。考えても何も出来ないのですが・・(-_-;)

朝光が少し眩しいほど明るさを見せてくれているホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/15(Sat)
真夜中にかなり降っていた雨は朝には上がっていて、雨の匂いが窓を開けると入って来た。

湿度100%の雨は昨日も降ったり止んだりで、午後からは体が震えるほど大きな雷の音が

近くでして吃驚しました。たった1度だけでしたが・・ふいを突かれた気がしましたねぇ!

何処か近場で落ちたのかもしれませんが・・結構、ビビる感じだった・・!(^^)!

毎日、午前中は辛うじてその重さに耐えている空だが、午後になると「もう、いけません」

とばかり降り出すのが最近でしょうか?粉塵が少なく、紫外線も多くないから{日焼け止め

の化粧品は、殆ど使わないけれど}午前中は時折「やっと、顔を出せた」とばかり強い陽光

が差す事もあり手放せないのですが・・今は使用しない日が多いかも?

昨日の朝はマカロニのフォーを食べたのですが・・矢張り、麺類は午前中迄持たなく11時

にはもうお腹が空いてしまった。久しぶりだった!豚肉の骨の塊が2つも入っていたのだが

胃の負担にもならず、普通にお腹が空くことが嬉しく思えた。お昼は確りご飯を炊き、総菜

鶏肉の甘辛煮、厚揚げの肉詰め(香草味)おくら、カリフラワー、キャベツなど野菜炒めを

購入して食べた。鶏肉の甘辛煮は玉ねぎとパイナップルが入っていた。何時ものベトナムの

家庭料理だが、豚肉に果物が入っているのは時々見かけますが・・鶏肉にも合うのだと思い

香辛料の使い方かしら?とか考えながら頂いた。尤も本当に少しずつですが・・(*^_^*)

※新しい店が話題になっていると言うので・・

昔、アンデス山脈東部の大平原で生活していたと言われる遊牧民{ガウチョ}独特の文化は

現代もアルゼンチンの暮らしの中に脈々と受け継がれていると言われています。 料理にも

それらの伝統が根ずいていて、少々の塩を塗した牛肉をただ焼くだけの料理だが、肉本来の

味が出せるようで、シンプル且、豪快な焼き方が多くの評判になっている。

《アルゼンチン流のステーキ》と言われ、自国の伝統を守りながら、水分と脂を逃がさない

独自に開発したグリルで仕上げる。上質の肉を肉本来の味を閉じ込め、柔らかく風味ある味

になっているようです。香草もたっぷり使用し刻んだ玉ねぎ、酢、レモン、大蒜、オリーブ

・オイルを混ぜた『チミチュリソース』で頂く。酸味が効いていて分厚いステーキも食せる

そうです。珍しいアルゼンチンの料理店でホーチミンに開店した。高級ブラックアンガス牛

フィレステーキ500g凡そ、4690円。{ガウチョ極厚ステーキ}

お洒落なベトナム料理店も開店。

家族3代に渡り継承されていると言うベトナム料理で、毎年旧正月(テト)後に作っていた

酒粕【ボンルウ入りの生春巻き】北部の家庭料理で使用される酒粕は、爽やかな風味に味付

けされているため、仄かな甘さが効果的に作用し、ドライフルーツ感触だそうです。

美味しい物を沢山食べた後の胃に優しい料理として有名。 発酵した米にサトウキビの蜜を

混ぜたボンルウが美味を醸し出している。

《酒粕入りハノイ風生春巻き約330円。ヴァン村産米酒で香り漬けされた海老のフランベ

 約610円》が好評になっているとか?{スケッチ参照}

2店とも1区にあるので、行きたいと思っているが・・アルゼンチンの牛肉は量的には無理

でしょう・・(・_・;)

この様に次々と新しい店が出来て、本当に[何でもあり]だと思います。≪食の国≫を痛感す

るこの国の発展を感じていただければ幸いです。書いている間に晴れ間が戻ってきたようで

太陽が顔を見せてくれました・・(*^^)vラッキーなホーチミンの朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/14(Fri)
雨風が激しく、木々が撓うほど強い《スコール》が昨日は朝から降り出し、ずっと暗い空を

眺めていなければならない日になった。ここに来て最後の足掻きを見せつけてくれる。

  *こんなに降っていても【計画停電】が多いのは未だ開発途上だからなのか?*

それでも前に住んで居た区からは想像も出来ないほど少ないのだが・・なぜ区に依って違う

のか?見当もつかない・・(-_-;)

今朝も5時半から葬列が通過した。今朝は多分、宗教が違うのだろうと思うが、かなり豪華

と言う言い方が良いのか判断できないが・・立派な感じがしました。

矢張り、宗派で違うみたいで、1番先頭に、何とここの大家が鐘を鳴らしながら歩いていた

ので、吃驚した・・(@_@。2番目には大きな教旗が2本、遺影の写真、蝋燭が2人、線香を

持った人、花輪(周囲は紙で出来ていて真ん中に白い花や蘭の花が飾られた物)が10本で

楽隊も20人はいた。トランペット、シンバルもいて、棺は木製で紫色は一寸華やかな感じ

棺の上には勿論、花が飾られていました。それから親族は黒色の洋服、家族は真っ白で全て

長い白のベールを被っていて・・(-"-)その装束は今まで見た事は無かった。その後は近辺

や知人の列が凡そ、最初の人から最後まで100人位は居たと思います。写真は女性でした。

商店は殆ど店を閉めていたから、多分この地区の有名な人かも知れないなんて勝手に思って

いましたが・・(-_-;) 続けて2度も今週は葬列に遭遇したが2つとも土葬の棺だった。

「これで何度見たかしら?」など考えながら今朝は妙に心穏やかで楽隊の音も心ざわつく事

も無く静かな気持ちで見送れた・・合掌。

※ちょっと、隠れ家的で、あまり知られていない名所のご案内です。

 日本人観光客も殆ど行かないと、言われている中部高原の小さな町{コントゥム}かつて

 はフランスに支配されていた頃に多くの仏人がこの地に住み、キリスト教を布教したとか。

 {コントゥム}には少数民族(バナール族、ジャライ族)が居て多くがクリスチャン。

 小さな町に、木造の教会が建ち地元の人々達からは〔木の教会〕と呼ばれ今も、愛されて

 いる。又、{コントゥム大聖堂}は仏様式の木製の教会であり、1913年から5年間も

 かけて完成したそうです。外観も見事だが、木の技術があちこちに見受けられて、内部の

 装飾も一見の価値があると言われています。その聖堂近くには同じ仏様式の神学校もあり

 観光名所でもあります。

 内部を見学する時は帽子を取って静寂に拝見するのが好ましいそうで、写真は禁止されて

 いますのでご注意ください。

 木製の教会は珍しく、貴重な体験ができるのではないかと思われます。

※フエに赤いタクシー

 フエ市内には様々な色のタクシーが走っているが、一際目立つ真赤なタクシーがあります。

 4人乗りの(フーンザンタクシー)が走っていて、昨年の5月から営業を始めた未だ新し

 い会社である。現在はフエ市内に21台があり、7人乗りは15台あるようでこれは車体

 の色は茶色。初乗りは約40円で1㌔ごとに50円ずつ上がっていく。

 真赤なタクシーも観光の思い出になるかと思いますので中部地方におでかけの方は試乗し

 てみて欲しいです。{スケッチ本参照}

 未だ薄暗い雨を持った空ですが、昨日とは変わって活気が戻ったホーチミンの朝です。

 何時も不思議に感じる事が有るのですが《ホーチミンで、救急車の音は殆ど聞かないの

 はどうしてかな?》と思うのです。あれだけの交通量なのに・・接触事故もかなり見る

 機会があるのですが、救急車が来た事はない。

 大抵がその場の示談で終わるせいかも知れませんが・・急病もあるでしょうに、先ず見な

 いですねぇ・・(-.-) 音も聞かない!
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/13(Thu)
昨日はブログを書き終え、読み直しをしようとした瞬間に【計画停電5時間】がありました。

一応、記事は書けた所だったので、そのまま載っていてがっくり、字の間違いや削除できて

いない部分があって、5時間後に直すという羽目になってしまった・・(-"-)

ま、考えていても仕方ないといつも特有の婆さんの開き直りで推理小説に没頭・・(*^^)v

しかし5時間は長い。1冊読み切り、2冊目に突入したが、その1時間後位に点灯したから

もう、目がかなり疲れていて、最近は慣れたのか1冊読破する事が可能になった。その意味

では読む力が戻った気がするが・・ただ活字を追いかけている読み方だから、頭の中には何

も残存していない有様であって、ただ、早いだけである。これが結構、姿勢が辛い・・(/_;)

寝転んでみたり椅子に座ったり、あっちこっちと床のタイルに座り込んだりしながらである。

矢張り夕方から降り出した雨は《スコール》と変化数㎝もある大粒の雨跡が道路に落ち始め

ると途端に、真白い糸状の太い雨になって地面を瞬時に濡らしてしまう。それが数時間は続

き、青空が戻るを何度か繰り返して本格的な雨降り状態になる。典体的な《スコール》。

朝起きると、東の空は黒い雲の中、筋を引いた様に朝光が覗いたり隠れたりしながら昇って

来る様子が垣間見えた・・( ^)o(^ )

近頃はこんな毎日なのに5時間の【計画停電】は勘弁してと思いながら、それでも、未だ本

を読み切る力があることに感謝していた。お昼はご飯が炊けなくて、買い置きの総菜とパン

だけになったが、部屋の中から濁った空気が逃げないから、蒸し暑く感じていた!

※ホーチミンランチメニュー人気の日本食◎◎と言うものを抜粋して・・

①豚肉と豆腐和え(ベトナム料理)約130円

 日本人の口に合うように甘辛く煮付けたもの。時折購入する。

②鰻丼(並)これがいい。約1100円

 浜松&愛知の鰻で味も最高。

③寿司セット(10貫はある)約390円

 ここは値段が安い評判がある。新鮮なネタを使っていて常連客多い。

④100g定量しゃぶしゃぶ(並コース)約450円

 元は肉やだった主人がこだわった肉が美味。食べ放題コースもあります。

⑤ドリアセット 約370円

 濃厚なバター味がする独特のドリアだそうです。

⑥鶏唐揚げ 約400円

 ベトナムの鶏は結構美味しいですし、ビールを飲みながらの食事には欠かせない一品。

⑦冷やし中華 約260円

 日本の味に仕上げてあり、ミニおにぎりも付いている。

⑧ちらし寿司セット 約1000円

 豪快に盛りつけされた魚介類とうどんと味噌汁が付いている。

⑨カレーグラタンライス 約540円

 香辛料がたっぷり入っていて特製カレー。

⑩日替わり弁当 約470円

 来客の殆どが注文すると言われる人気メニュー。{スケッチ参照}

あくまでも日本食を中心にして書いてみましたが、現在和食店はこのホーチミンには50軒

以上もあって、そこで人気の品を羅列してみました。ベトナム人の昼食は下の店の様にお皿

にご飯を載せ、その上に好みの総菜を載せて食するスタイルが多く、300円位が普通です。

だから上記した店の品は高めでベトナム人より日本人や外国人が対象になっています。

セット以外だと一品ではないから、高くなるのかもしれませんが・・(-_-;)

私がよく行く店はこれの倍はする和食店ですが・・種類も多く、茶碗蒸しや果物、コーヒー

が付いてきます。最初に小鉢が出されるから、ご飯と総菜だけでも何時も全部完食した経験

がありませんが、親しくしているので、よく行きます。

先ずベトナム人が来ているのを見たことはない、殆どが日本人か?外国人で高級な店です。

時々考えます。台所があればもっと節約できると・・(*^。^*)しかし、和食よりどちらかと

言えばベトナム料理の総菜だけを買って炊いたご飯を食する方が私には合っているし安価で

種類が豊富だからかなり、いろいろと試食できると思っているんです。

ま、何を食しても外れがないのがベトナム料理で、和食は食べ慣れている分飽きる気がして

偶の日本食はいいのですが、ベトナム料理の方が好きかも知れません・・ははははは

今朝は肉団子を挟んだサンドイッチと豆乳、トウモロコシ、野菜はミント、パクチ、赤シソ

ライム、トマトを購入して、サンドイッチに買ってきた野菜を少し加えて食した所です。

玉蜀黍も野菜もお昼か夜の食事に加えられます。それでも、300円もしなかった・・( ^^)

「どれほどケチな生活をしているのか?」と思われますが・・それでもこの国の1人暮らし

には十分満足で満腹になります。

夜は少し、肉や魚の揚げ物などを食べるから。ま、それなりに生活は楽ですし、決して貧弱

な食事ではありません。ごく普段の日々、ベトナム人が食べている感覚ですし値段です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/12(Wed)
{むんずとばかり雨雲をつかみ引っ掻き回した白雲は青空を久し振りにみせてくれました}

湿気をいっぱい孕んだ暗雲はすっかり立ち退き状態になって、久しぶりに青い空が登場した!

「やれやれ、良かった!」これで鬱陶しい汚濁した空気も少しは清浄される気分になったと

心内ではにんまりと思っていたのですが・・しぶとい雨雲は夕方から夜にかけ再び到来した

のです。そしてずっと殆ど夜中まで続き湿度が上がって・・蒸し暑く寝苦しい夜に変化した。

それでも、明け方には止んで、何とか淡い明るさが戻って来たホーチミンの朝です。

斜め前の家が店を閉めて数ヶ月が経つが未だ、買い手がみつからないのか? 空いたままで

すっかりバイクの駐輪場と化してしまった。玄関には10台位が平然と並んでいて、当然の

様に置いて行く人達。自他の区別がないから何とも思わないのでしょうが・・(-.-)

反対側に出来た新しい店はさっぱり人が入っていない。凄く綺麗なのだが入口の看板を眺め

るとベトナム料理やイタリア系、韓国系の料理の写真が沢山あって、値段が異様に高い・・

ま、工事して、新しく店を出す事の難しさ(そこの場所は私がここにきて半年の間に3回目

の店である)を感じる。1つ前はパンとフレッシュジュースの店だったが2ヶ月程で閉じた。

その前はカフェだったが・・このように狭い場所に犇めき合って建っている鰻の寝床の様な

細長い店は1Fだけで、上は殆どがサービスアパートになっている。

『雨季』のせいでしょうか?植物の繁茂も半端ではなく先日も書きましたが、窓から見える

範囲の家のベランダに植えられている木々はもう窓を完全に覆い被さって窓があることしか

見えない位に成長を続けている。半年経ち、その生命力の強さを強く感じている・・( ^^)

※さっぱりしない季節なので【スパ】をご紹介しましょう。

ホーチミン市にはいくつものスパがあります。ここは展望パノラマスパとして有名な店です。

ラグジュアリースパとして、かなり知られています。1区の市民劇場の近くのビルの10F

にあり、ベトナム家具が整然と並ぶ豪華な雰囲気の館内はモダンでもあり{ベトナム}を感じ

る場所でもあります。話によりますと、2人のセラピストが4つの手でアロマオイルを使用し

リンパマッサージをすると言われています。

これはとても難しくて《フォーハンズマッサージ法》と呼ばれ、2人の呼吸が合わないと力

加減に差が出来、違和感や、痛みがあるので、絶妙な技が求められるそうです・・(@_@;)

バランスとハーモニーがベテランセラピストによって施術されるから、安心して贅沢な気分

を味わえ堪能できるとか・・(*^^)v

もっとVIPを望む方にはジャグジーとサウナ完備の部屋もあり稀少なローズのアロマオイルを

たっぷり使用したマッサージが受けられます。

アロママッサージはご存じの方も多々おられると思いますが香りから癒し、皮膚から浸透し

たオイルが内側から老化と、ストレス緩和に効果があるとされています。

施術前のジャグジーやサウナでオイルの浸透を増やし、毛穴を開きオイル後は洗い流さない

様にしてくれるとありました。

色々なコースがある様ですが≪蓮の花に囲まれた展望スパは1度は味わいたい極上の優雅で

ゴージャスな時間を過ごす事が出来そうです≫

因みに値段は70ドル位からありコースによってはもう少し安価なのもある。大体120分

程だが、これもコースによって違います。

又、無添加で作られたスパ製品〔ぺボニア〕でのフェイシャルトリートメントは人気が高く

ホーチミン在住の富裕層の主婦に人気があると噂になっているようです。

薔薇の花を浮かべたバスタブは時々見かけますが蓮の花のスパは初めてでベトナムの趣向が

効果的だと思います。{アットサイゴン参照}
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/11(Tue)
相も変わらず朝曇りで日差しはない・・(-.-)それでも降りそうで降らなかった昨日は空気

が淀んでいる感じがして「もわっ」とした蒸し暑さを感じていたが・・それでも持ち応えた

様で、雨跡もなく夜明けを迎えたホーチミンです。

さすがに、週明けはどこも何故か活気がなく、店も人通りも少ない気がした。この近辺には

下が何かの店で上にサービスアパートを抱えている家が多く、人数的にも多いから外国人は

珍しくないようで、余りジロジロろみられる事はないが、私も含めて一様に外国人は年齢層

が高くそれも男性が多い。女性は私の年代の人は皆無だが、若い欧米関係の女性は数人見る。

これだけ多いと気にならないのだろうし特別扱いがないからその意味では気にならないのは

嬉しい事です・・( ^)o(^ )

※ベトナムで7番目の世界遺産!

 今年6月に世界遺産に指定されたタインホア省の【ホー胡朝城址】は15世紀初め、古代

 からの水路・陸路の要所に建設された。が、しかし僅か7年で幕を閉じた城址です。

 凡そ、1㌔m四方の敷地だからその痕跡を物足りないと思う人もいると思うが20tもある

 巨大な石を無数に使ってたったの3ヶ月で完成したと言われる築城技術の評価は高い。

 この建設に関わった技術者は後年明朝の捕虜となり中国で北京の城壁や宮殿作りでもその

 高い技術を発揮したそうです。敷地内には複数の神殿跡があり、禊に使用したものと推察

 されているため池なども発掘されている。

     ≪当時の東南アジアでは最大級の石の城として有名だった≫

 {何故?こんなに短命なホー朝だったのか?}はチャン朝(陳朝)の重臣が謀略の限りを

 尽くして興した王朝だったが度重なる内乱と外敵との闘いで{チャンパ王国}混乱が絶えず

 遂には中国の明朝に滅ぼされてしまった。

 見所としては、東西南北に残る門。特に南門は最も大きく、当時の瓦や武器等が展示され

 た博物館もあります。四方の門と城壁、一部の装飾のみが現存している(龍の石彫が有名)

 アクセスは公共機関がないため、ツアー利用が必要だと言われています。ハノイから出発。

 毎日が日々生活との闘いの中でこんなのんびりした田圃の中に残されている遺跡を鑑賞す

 るのも多忙なスケジュールの観光の中に組み込まれてみては如何でしょうか?

 (ベトナムトラベルガイドブック参照)

ようやっと少しだけ黒雲が流れ陽光らしき明るさが戻ってきました。今日はすっきり晴れる

といいですが・・(*^_^*)そんな事を考えています。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/10(Mon)
この頃になって『雨季』独特の特徴が顕著に表れているホーチミンです。午後になると雨雲

が当然の様にやってきますし、遠雷だったり思いがけない轟音の雷だったり《スコール》の

襲撃に遭っています。タイでは想像も出来ないほどの洪水に見舞われているニュースがあり

今頃になってという感があります。時期が少しずれているような感じがするからです!

激しく空全体から大きなバケツをひっくり返したような雨が一頻り降っては止むという数日

が続いています・・(@_@;)

ま、それでもかなり涼しく蒸し暑さは日中だけで、朝夕はかなり涼感を覚えます。扇風機も

殆ど使用しない日が続いているのは有り難い事でもあります。未だ工事が終わらなく、空室

になった部屋の内装を始めるから・・何時終わるか?見当もつかずイヤホーンを持っていた

筈でした{2本〕それを空き巣に持って行かれたこと忘れていていました。日中は土日でも

猛烈なドリルの音に悩まされております。言ったのですが自分の事しか考えない国柄です!

「何とも思わないのですねぇ!」そんな事は些細なことになっている様で愕然としている。

昨夜は左側の家から物凄い騒音多数の人々の声が眠る時間帯まで続いていて・・お祝いごと

かしら?なんて、思っていました。そりゃ部屋の中にいてもあれだけの音量で声が聞こえる

のですから・・歌も、掛声も猛烈でした・・\(◎o◎)/!

疲れていたのでしょうねぇ・・(-_-;)9時過ぎには眠れたのですが・・早朝5時に起き洗濯

を終えた途端に葬儀のラッパが鳴って吃驚しました。昨夜の宴会は通夜だった事を知ったの

です。窓の下を通過するので、最初からずっと見る事が出来ました。最初に鐘と木(古く音

も鈍くうら悲しい音でした)それから所謂、ラッパという楽器とトロンボーンが2つで10

人ほどの楽隊。その後ろにはこれも鐘ですが船の出港時に鳴らすようなドラの音がしていた。

楽隊の後ろには、その親族が黒い服を着て、最初の人は日本では遺影や位牌を持つのが普通

で多いですが・・花籠を持った女性と、長い線香、蝋燭に火を灯しての数人がいて、家族は

下を向きながら真白い衣装を着ていました。

家族の後ろを棺が通過・・ゆっくりと別れを惜しむかのように歩いて行きました。棺の上に

は十字架が真白い花と緑の葉で作られて、棺にはレースが掛けられ荘厳で優しい感じがした。

思わず手を合わせましたが・・胸が締め付けられる感情が突然来たものだから、胸が苦しく

なりました。時間ではないのに、教会の鐘の音が何度も鳴っていましたねぇ・・( 一一)

穏やかなそしてラッパの音やドラの音がなければ本当に静寂な葬儀だろうと思いながら見て

いました。家族の後ろには知人、友人、近所の人が普通の服で参列して通り、60人位の人

が見送った感じでした。

   {今まで、何度か見た葬列でもごく普通の葬儀だと思いました・・(-.-)}

彼か、彼女かの区別も知らず、名前も知らないベトナム人の葬儀は何度も見る機会があって

その都度、心ざわめく思いが募ります。今日、初めて知ったことがありました。救急車の様

にバイクや車はその葬列が通過するまで動かないと言う暗黙のルールがある様で・・!(^^)!

〔死者に対する礼と心配り〕とでも言いますか?全部のバイクが止まって見送っていました。

街中で見た時は全く気がつかずにいたのですがこの家の道路では、それが至極、当然の様に

通過するまで、頭を下げている人もいたし、私の様に、窓から見ている数人もいました。

どんな人生を歩み、どんな家族を作り戦争を乗り越えて来たのか?はたまた若い人だったのか

何一つ、知り用もないのですが・・妙な胸騒ぎがして思わず合掌しながら・・走馬灯のように

過去が流れていく我が身を感じておりました・・(;一_一)

それだけ自分も老いを感じ【死】に対する感覚が敏感になって来ているのを感じとっているの

かも知れませんが・・あんな風に葬送される光景も決して嫌ではないと、不思議な感じを持ち

ましたねぇ。泣きじゃくったり、泣いている人がいないのは日本の感性とは違うのかも知れま

せんが・・かといってその【死を悼む心がない雰囲気ではないのだが・・(・_・;)】

矢張り、常夏のあっけらかんとしたそんな習慣もあって物悲しさだけではなく、賑やかに送り

出す葬送も悪くはないと思いました。たった10数分の葬列の通過でしたが、沢山の事考える

時間と心を頂き、我が身に重ねて思う事が多々ありました。

★人間の生き方は片道切符だから・・仕方ないにせよ、異国で遭遇する葬列もまた、日本に

 いたら味わう事がなかった経験の1つとしてざわざわした心を生んでいる事実を受け止め

 しっかりと前だけを見て生きねばなんて考えた時間でもありました★
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/09(Sun)
昨日は覆いかぶさっていた雨雲が辛うじて去り出し午前中は、日差しも少々出たりもあって

気分的には安堵していました。晴れ間は思うより長く続き、土曜日の人出は多く、行き交う

バイクの音が切れず天気だとこの国の人も出やすいのかな?なんて考えておりました(-.-)

しかし午後3時過ぎから俄に曇天から暗雲の襲来で『スコール』が何度もやって来た。雷も

思い出したように間隔を置いては轟きました・・(@_@;)

これがこの国の《雨季》の特徴と感じつつ、車軸の雨を眺めては窓から覗いておりました。

それでも数時間で止んだらしく夜の買物には微小な雨になり、傘もささずに出られました!

相変わらず、ご飯だけ炊いて総菜を数種類購入してきた。シメジの炒め煮(ピリ辛)唐辛子

を抜いて食べたが、鶉の卵と豚肉の煮物、空心菜のニュクマム炒め、雷魚の甘辛煮を買った。

殆ど少しずつだけど、何種類かがあると充分熱いご飯とスープで満足します。

この国は鶉の卵は料理には凄く使用します。中華系の影響のせいでしょうか?日本より量は

多く食している感じがします。何にでも入っていると言っても過言ではないからです。

店ではすっかり顔馴染になったから、量的には多分、沢山入れてくれるのだろうと思うので

すが・・翌日まで、おかずを残す日もあって、そんな日が多くなって来ている気がする。

今朝は教会の鐘の音が涼やかに響きわたり6時と6時半を知らせ、ぞろぞろ{アオザイ}姿

の老齢な人々が何度も道路を行き来している姿が見られた。「紛れもなく日曜日」を感じる

瞬間です。当地でも早朝から公園でバドミントンや、テニス、散歩、ジョギング、体操など

が盛んで、大勢が趣味を生かして楽しんでいる様子があちこちで見られます。

8時頃外を見ていると、ラケットを持った集団に出会ったり、走っている人を何人も見かけ

是もまた「日曜日」を思い出させてくれます・・(*^_^*)プールでも、早朝より泳いでいる

人を見た事があります。日本の様に屋内プールより屋外ばかりですが・・( ^^) 当然暑い国

なのですから・・しかし、どうしても1人では行けない。ホテルなどでは多分、何とかなる

気がするのですが、言葉や様子がさっぱり見当がつかないから・・尻ごみしています(笑)

そんな事大した事ではないとは思うのですが・・未だ挑戦出来ていない1つです・・(-_-;)

健康に関しては意識が高く、ゴルフも盛んですし、太極拳のようなものをしてる人も多いの

も実際に見ています。こんな趣味的な事を楽しめるほど余裕がある人と、未だ這い上がって

これない人も多く、その格差は相当で、現実問題として見えてしまいます・・(-"-)

先日、家を見に行く時に運河を通過したら、水上生活していた人達がいなくなっていたのは

驚いた・・(@_@;)きっと立ち退きさせられたのでしょうが{補償は有ったのか?住む家が

与えられたのか?}など考えておりました。着実に牛歩の様ですが発展して行っている様子

が見られる事実は過剰なほどの不安感を抱きました・・(;一_一) 外国人の私が考えても

仕方ないのですが「どうなったのかしら?あれ程沢山の暮らしは?」とか思っていました。

◎さて、ハノイでは毎年【日本映画祭】が行われている様ですが・・

 今年は話題作も多く、ヒット作と言われる作品が出品される様で、若者の恋愛、家族愛や

 兄弟愛、師弟愛、友情、感動などが盛り込まれた作品が”いろいろな愛の形”として上映

 されるそうです。新作と少し以前の作品がある様ですが、8種類の作品が紹介されるとか。

 ベトナム人の弁士が吹き替えをしたり、ベトナム語の字幕が付くのでこの国の人にも鑑賞

 して貰えると思います。入場は無料だが事前に配布されるチケットが必要だそうです。

 上映予定映画≪川の底からこんにちわ。カムイ外伝。運命じゃない人。いつか読書する日。

 たそがれ清兵衛。ウォーターボーイズ他2作品≫が予定されていると言われています。

 観たい映画はありますが・・ハノイ迄はちょっとねぇ・・あははははは

 こんな機会が増加する事を心から願っています。日本に憧れ、行きたいと願う人口が多い

 事を鑑みても、こんな催事が多くあることが望ましいと思いました。

 映画好きには垂涎の話ですが・・(・_・;)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/08(Sat)
時折、風の向きによって、向かいの家の奥(道路を隔てていると思う)公安(警察の宿舎)

から、朝5時になると決まって、朝礼や、集会がある様で、物凄く大きな大勢の声が聞こえ

驚かされる事があります・・(@_@。

殆ど1時間びっしり毎日訓練か?それとも訓示等があるのかも知れませんが、若い男性の声

が響いて、国歌まで歌う様子は他国にいる事を思い出させます・・(-.-)

上半身裸の男性が洗濯物を干している姿が見られたり、時々女性の公安官の姿も目にします

が多分上官だろうと思うのですが・・前の家が2F建てだから、丸見えで・・その女性に頭

を下げている若者達の光景に遭遇したりもします。

昨日も何とか幽かな陽光に支えられて土砂降りの雨は降らずに済みました・・(+_+)けれど

重い雲はかなり粘り強くて中々晴れ間が出ない日でもありました。ここに来た頃は夜明けが

早く、4時過ぎには仄白い明るさがありましたが・・今は5時半でも暗い中、数人が毎日の

様に散歩する声が聞こえ、何時もの時間を教えてくれます。よく続くなぁーと思っています。

散歩中は口が大活躍で自分のことしか考えない気質の人たちだから、最近はあの3人組とか

お婆さん2人だとかが窓を開けなくても解る程になりました・・うふふふふ

※今日も中部地方の話ですが『ダナンの定番おやつ』について・・

①青いマンゴー{およそ10円位}

 最初私は驚いたのですが唐辛子と塩を付けて食べるのです。嫁の好物だと思います。

②ザクロ風菓子{およそ4円位}

 日本のお菓子に歌舞伎揚げというのがありますが、それのミニ番かな?ただ、ニュクマム

 を使用している違いはありますが・・

③ビーフ・ジャーキー{およそ10円位}

 甘辛の両方があったり、香辛料の強い物や少し弱い種類があります。

④青いグアバとコックの甘漬け{およそ10円位}

 コックは(タヒチモンビン)という南国のフルーツ(食したことなしです)

 これが何と{魚の塩漬け}海老や小魚で作った塩辛の様な調味料マムカーを付けて食べる。

⑤ホネ飴{およそ6円位}

 中身はジェリービーンズで極めて小さいお菓子。色合いが綺麗かな?

⑥乾燥梅{およそ4円位}

 甘じょっぱい味だが、現在は梅肉風に味付けられている。

⑦豚パン?(クリームパン){およそ20円位}

 極、普通のコッペパンにクリームが入っていて結構美味しく、時々買います。しかし中身

 のクリームは少ないので、驚くが・・お菓子感覚で食べる。何故豚パンと言うのかなぁー

後は所謂、スナック菓子が多いと思います。カボチャ、ジャガイモなど多種類があります。

勿論揚げ物もあって、フライドポテトとか、揚げたソーセージも大人気です。チリソースは

欠かせないもので、マヨネーズや、マーガリン等と一緒に付けて食します。

子供達の“買い食い”的なものをご紹介しましたが・・未だ未だ数えられないほどのおやつ

があって、食に関する限り豊だと思います。安価なのが嬉しいです。ただ、日本と違う事は

スパイスの効いた香辛料等を付けて食べるものが割合多いと思って見ていますが・・?

{月刊スケッチ参照}
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/07(Fri)
ブーゲンビリアの花びらが風に舞いながらひらひらと飛んで落下する姿はいつ見ても素敵で

ベトナムでは《紙の花》と呼ばれる印象をより深く感じます・・(*^_^*)

何となく儚げで舞い落ちる様は我が身の心に反映されて、落ちていく感覚が自分に相応しい

気がするのです・・(・_・;)見知らぬ異国にいて、不自由を知りながらも生きているさまを

勝手に想像している部分はありますが・・「何を考え、何を生きる糧にして生きているのか

一片の花びらにさえ心を震わせること」もあるんです・・うふふふふ

何時もと何も変わらない朝が訪れ、曇天でも、必死で落ちる雨を支えている厚い雲を見上げ

ながら新しい1日が始まった。近場では数軒の店が様変わりして靴やと雑貨屋が出ている。

遠慮などない国だから、手当たり次第、履いている小母さん達を横目で見ながら、熱い豆乳

を買ってきた。野菜も切れてというより、丁寧に洗い過ぎて・・傷みが早いから2日、3日

しか持たない。もっとも、購入するのは殆ど同じだから、店の人にも覚えられたのか忘れて

いる品を入れてくれたりもする・・(-.-)

色々な顔を見せる朝でもあります。もう、待つ事も横入りされる事にも慣れてしまっている

私がここにいる事を遠い感覚で自分を見ている自分自身がいるんです。 慣れたくなくても

仕方無い場合が多すぎて・・諦観と慣れの挟間での暮らしになっている・・!(^^)!

それが{良い事か悪い事か?}は全く理解できていないが・・慣れずに生きるのも容易では

ないから至仕方ないと思っているのだが・・(-"-)本意ではない所に心の狭さを感じている!

今日は中部地方の話から・・

※輸入食材&カフェを営むホイアンの店主が子供が健康で安全に遊べる場所がないと考えた

 様で手製のミニアスレチックジムを店の裏庭に作ったそうです。  買い物をしなくても

 「子供はいつ来て遊んでもいい」という自由さが受けて人気になっている。親子共満足の

 いく趣向が用意されている。旧市街とクアダイビーチの中間にある様で、ユニークな輸入

 食材店として評判が上がっている。日本の醤油やうどんまで販売しているとか?

※ホイアンの日本人女性オーナーの店では{トイレやキッチンの生活排水を自前の浄水機で

 浄化し、店内に設けられた3つの池の水に使用しているそうです}池には睡蓮の花が咲き

 誇り、金魚が泳ぐという趣向だ。「排水も浄化すれば魚が生きられる環境になる事を実践

 したい」とオーナーは言っている。環境問題を考慮した日本人として知られている。

 風が吹き抜ける店内と目の前を流れる川を見ながら、ホイアンの水問題を考えたいと言う。

 ”和風アレンジのご飯と綺麗な水のカフェ”として有名。

※たった5分でアイス?

 フレッシュミルクからたった5分でアイスクリームが出来ると言う。シェフがテーブル席

 までやってきてアイスクリームを作ってくれる店がダナンにあるようです。24種類もの

 フレーバーから好みを選び、牛乳と一緒にかき混ぜる。そこに企業秘密のあるものを注入

 たちどころに白い蒸気が立ち込めスモークの中からアイスクリームが登場する仕掛けとか

 この企業秘密的なものは【LN2】と呼ばれる液体窒素だそうです。沸点が-196度Cと

 低く、牛乳に注ぐと一気に冷却するため「あっという間」にアイスクリームが出来る訳で

 雑菌も一瞬に死滅するため安全性も高く何より目の前で繰り広げられる手品の様な雰囲気

 は好評を博している。{スケッチ本より参照}

何処の国でもそうですが、何か目新しく新鮮なものが受ける世の中です。これらの店も懸命

に考えて作りだされた結果が功を奏したのだろうと思います。アイデァと思考の世界を彷彿

させる時代になったのだと感じました。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/06(Thu)
青空の下、薄い白雲は少しだけふわりとあちこちにかかっている中太陽のお出ましでした!

すっかり顔を見せなくて遠方から朝焼けの淡い赤色が見えていました・・( ^)o(^ ) でも

晴れた朝は久しぶりだから少しだけ仕合せな気分です・・(#^.^#)

どうも、本当に携帯嫌いで、バッグに入れたまま、2日も放置していて気がつかず・・息子

が怒ってやって来ました。すっかり忘れていた「何度かけても出ない」って・・(^_^;)

調べると充電切れしていたし、かなりムカッとしていたようです<(__)>

今発展している、台湾や韓国人が多い7区のコリアンタウンの高層アパートを見に行く事に

なったようです。値段も先日行った処より100㌦廉価との事だった。一時期、私が来る前

位から、ニョキニョキと高層住宅が建って、来越後何度も行きました。大型スーパーがあり

どちらを向いても韓国語が飛び交っているような場所で、高級感を感じておりました。

分譲ばかりだと思っていたのですが・・この不景気で手放した人も多く、賃貸が沢山ある様

でした。時代なのでしょうか?

そこへ行ってきたのですが・・4軒見せて貰ったのですが、余り沢山見ると、もう頭の中が

混雑状態で、訳が解らなくなってしまった。各々、家主が違うようで、未だ入っている処も

ありましたが、かなり広くて前に見たよりも、部屋が大きいので驚きました・・(@_@;)

数人の女性でシェアしている部屋もあり、又、随分長く放置されている部屋もあったりした

が、流石に先端を行く韓国人の持ち物だと思ったのは、冷蔵庫、レンジ、洗濯機、バス付き

であるという便利さとそれが当然の生活のように揃っていた事です。勿論、TVもDVDも部屋に

有りました。全部ではありませんが・・( ^^)

ベトナム人のアパートには、殆ど洗濯機やレンジは付いていないから、これは便利だと思い

ました。息子が気に入った部屋があった様で、広くて部屋の作りが好きな物件もありました。

ただ、未だ住居人がいたので彼女達が引っ越しした後に、もう1度見て決めると言うことに

なりました。最初見たところは新築で全く文句のない感じでしたが・・ベトナム人的感覚の

部屋でしたが・・そこより安いから多分、7区になるかも知れないなぁ!

急いでいないから、ゆっくり探すつもりだが・・想像していたより安価で、吃驚でしたねぇ。

  {そこはコリアンタウンと言われるだけに韓国人が殆どだと感じました}

韓国料理も多く、ハングル文字が軒並みにあって、プールやテニスコートもありました。

本当に何棟もあって、それらが10階以上ばかりだから・・人の数も相当だと思いましたし

子供の数も半端ではない気がしました。ここから韓国のバスが特別に街の中心まで出ている

という話を聞きました。不便な場所だが、でも近くにはスーパーもあるし、何でも生活には

不自由しないとは思うけれど・・日本でいえば大きな団地の様になっていて・・うろうろと

して「自分の部屋は何処?」って感じになるかも知れません・・あはははは

     『日本情緒を味わう屋形船があることを知りました』

外国人や常連、観光客で賑っている日本料理店が15年間、新鮮で種類豊富な活魚を仕入れ

自慢の寿司や刺身、本格的和食の店が経営しているそうです。その店は2週間毎に変更され

るお勧めメニューが有名で、旬の味が味わえると評判です。

その味を手軽に船で食べる事が出来る様にと10年前から主催しているらしく、サイゴン川

を行き来する屋形船は1F平屋建てで、定員32名。4名から就航可能となっている。

凡そ、2時間のサイゴン川ディナークルーズで、料理は3コースあって、中でも人気を集め

ているのは国柄を問わず好まれていると言われる”屋形船セット”だそうです。

前菜3種から始まり、刺身盛り合わせ、特上の握り寿司、照り焼きチキン、海老の塩焼きと

天ぷら盛り合わせ、みそ汁と内容も量も豊富な贅沢なコースである。

料金は乗船料、税金サービス料込みで40㌦だそうです。ま、日本では想像も出来ない値段

だと思いますしお得感が満載ではないでしょうか?握りたての寿司や揚げたての天ぷらに舌

鼓みを打ち味わってほしいとありました。

定期運行ではなく、予約が入り次第船を出す方法で特別な感覚が味わえると思います。

夜のサイゴン市内の景色、川辺を吹く風にたゆたう姿は一興ある風情ではないでしょうか?

12名から貸し切りが可能だそうですから予めの予約を・・記念日や誕生会にも利用される

ようです。来越の機会がありましたらお試し下さい。

尚お昼のクルーズもあり、昼は松花堂弁当25㌦もあります。時間は昼は11時30~2時

夜は17時30~23時までだそうです。店はどの観光本にも掲載されていると思います。

乗合屋形船に乗って異国で日本を感じて下さい。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/05(Wed)
昨日は午前中から雲の流れに合わせて、雨が降り出し、雲が去ると晴れ間が見えると言う変

な天気でした。午後からは雷鳴もあって、ずっと降っていましたが、それは静かな雨でした。

でも、しっとりと濡れてしまうほどの雨だから合羽は手放せない有様でしたが・・(-_-;)

ちょうど、部屋を見に行く日だったので、約束の時間に行ったとたんに降り出し、少し合羽

が濡れる程度には降ったのですが・・相変わらず時間にルーズなこの国の人だから・・でも

先日見た同じアパートの10Fでした。全く彼女の部屋とも17F の部屋とも違って、内装が

新しくされている所でした。2部屋あって、ベッドも、家具類も新品が揃っていました。

ベランダには洗濯機もありこれは初めての経験でした。キッチンも新しいから綺麗で、戸袋

の数が沢山あり、収納には凄く使い勝手がよいと思いました・・(*^^)v

現在工事中なので・・一応チェックしたうえで、もう1軒見てから返事をする事にした。

珍しく息子も気に入ったようでしたが、西日が多分猛烈ではないかと思われ・・個人的には

西日の射す家で1度凄く懲りたもので・・一寸躊躇いがありました・・(・_・;) 洗濯物は

乾くと思いますし幸せなのですが、今の生活からは想像も出来ない高価な部屋なので、自分

には相応しくない感じもしている・・あははははは

何せ貧乏暮らしがすっかり根ずいてしまって、豪華な部屋には「おっと!柄じゃないよ」等

の声も聞こえそうで・・うふふふふ。ま、息子と一緒だからいいかも知れないとは思ってる。

急がされている訳でもないので、何とかそこにしようかな?とか考えているが・・(*^_^*)

久し振りにスーパーへ寄って貰い、不足の生活必需品を購入した。

彼女の店で昼食を取って帰って来た直後から雨が降り出して・・1晩中降っていたかな?

ベトナム料理を研究されている方が書いておられたのですが、日本でも、特に沖縄では定番

料理になっている『苦瓜』がこの国でも毎日の食卓に上がる程有名なのです。

ご存じのようにあのイガイガした突起はこの国にはないので、多分、種類が違うのだと思い

ますが・・苦さは余りなくて、ごく普通の家庭料理として・・どこの店にもあります。

殆どは中を刳りぬいて肉詰めしたものやスライスした炒め物と卵(チャンプル的)な料理が

普通です。勿論肉を入れて炒めた物もありますが・・豆腐は入っていない気がします。

日本では”あんかけ”の様なスープで煮込みます。肉詰めした苦瓜は豚のスープで色が変わ

るまでとろとろと煮込むんです。

殆どのベトナムでは北から南まで食されている料理ですが・・特に南部地方はとろ火で確り

時間をかけて煮込む事が多く、苦みはスープの中に出てしまうから、本体は苦みも癖もなく

柔らかくて美味しいです。

年間を通して暑い南部は特別に体の熱を取る食材として重宝されていて、暑さを乗り切る為

の健康食材でもあります。普段のお惣菜なのですが、旧正月【テト】にも出される料理でも

有ると言われています。これには諸説ある様で《苦しみが去るとか?苦しみを呼び込む》と

か?で好まれる処と忌嫌う場所があるとも聞きました【テト料理としての苦瓜料理】

この国で普段食されている種類は色も薄く苦みも少なく前記したイガイガもかなり少ない様

に思いますが・・本当は余り好きではなかったのですが苦みが少なく炒め物は結構美味しく

次は肉詰めの順に食しました。日本では殆ど食べた事がなかったのですが・・今は大丈夫!

未だ雲の中で熟睡中の太陽ですが、昨日降った分、晴れてくれるといいのですが・・(-.-)

蒸し暑さもなくて快適な朝ですが矢張りさっきから降り出して来ました・・がっかりです!
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/04(Tue)
昨日あれから、すぐに雨が降り出して、激しく、殆ど止むことを忘れた様に叩きつける雨の

襲来でした。暫く強烈な雨が降らなかったから・・ベランダには水が溜り・・溢れていた。

下水口に流れ込むより激しく降ったせいで、本当に吃驚する位「あわや!部屋の中まで?」

と一瞬思いました。今迄はもっと激しくとも流れていたのですが・・工事をしているので泥

などで詰まっていたのかも知れません・・(-"-)

部屋の中は終日、電気が必要で、薄暗かったです。 今朝は昨日の雨が未だ残っているのか

も知れないが・・普通の明るさで、日差しはありませんが夜が明けてきました。

前の部屋の工事音でTVやDVDの音が聞こえない・・(-_-;) 仕方なく本を読んでいると、目が

疲れるから何時の間にかうとうとしていたりする。余り、昼寝はしない人だが、近頃は老いと

共に無感覚状態で15分位は眠っている日があります・・うふふふふ

昔、姑が我家に来て、TVの前で鼾をかいて眠っているのでTVを消すと・・暫くして起きては

ちゃんと聞いているのに、なぜ消すのか?とよく言われた記憶がある。自分もその年代に近

ずいて来たことや老いてからでないと解らない気持ちがある事を時々思い出す昨今です!

何でもそうですが、実際の体験がないと本当にその心情は理解できない。ましてや、病気は

迂闊に「解るわ!なんて言えないのが現状である」と思います。誰も好き好んで病気になる

訳ではなく、世の中には沢山の難病を抱えてそれでも頑張って生きておられる人が何と多く

頭が下がる思いである。生きる事を簡単に考えているのではないが・・(/_;)

人間に与えられた生命力は素晴らしく、それらを見事に克服して生活しておられる人が本当

に大勢おられる・・<(__)> 誰にも等しく、病気や苦労が与えられるのではなく理不尽な

不公平な世の中を戦っておられる人達の心奥を考えると「辛いとか、老いた苦しみ」などは

余りにも微小で些細なことであり、毎日が元気で送れる生活があることを心から感謝せねば

ならないのだと思うのですが・・時折、愚かしくも目前の事しか見えない狭隘な暮らしの中

で愚痴っている自分に腹を立てる日もあるんです・・(・_・;)

異国にいて「文句など言うな?」とお叱りを受けるかも知れないが・・自分で選択した道だ

から、可能な限りは心に仕舞って置きたいのですが・・愚かさゆえの言動が目立つ事に甚だ

羞恥心で一杯になって、自責の念を感じる事も間々あります。

先日、ベトナムにも、家庭医療についての記事が載っていまして、日本から来たドクターの

話がありました。恥ずかしながら、こんな医療方法がある事も知らなかったボンクラですが

かなりの部分で共感出来たもので書いてみます・・

≪プライマリ・ケア≫とも言われ、家庭医療をメインに、循環器科、産婦人科を今は中心に

しておられるようですが、未だ赴任されたばかりだそうですからこれからが期待される分野

だと思います。患者さんの訴えや症状を1つ1つずつ組み立てて診断し、治療方法を決定し

て行く(家庭医、総合診療医}だそうです。   米国などでは既に普通に用いられていて

どちらも総合的な診断治療を行う診療スタイルだそうです。1つの診療科にとどまらないで

グループ診療を行い複数の医師で治療方針を決定していくやり方で標準的で、科学的根拠に

基ずいた医療を提供し、一貫した治療が行えるという安心感が多くの患者さんにとって協賛

をえているそうです。

そこには多くのデーターが終結され数名の医師の考えや薬など総合的判断が沢山の人達でな

されるので、自宅でのリハビリ方法や治療方針が確立したものとして診断情報の提供が提示

一貫した継続的な診療が受けられるという診療方法だそうです。

何か安心感を与える治療方法で、患者側にとっては有り難い、医療体制だと思いました。

ご存じの方もおられると思いますが日本では{セカンド・オピニヨン]が盛んになって来た

所の様な気がしていましたが・・(-.-)こんな治療方法があることを正直初めて知りました。

単に私が知らないだけかも知れませんが・・こう言った医療が進行すれば多くの患者さんが

救われる気がして・・嬉しいニュースでした。(ビナ・BOO参照)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/03(Mon)
「青空を高い所まで押し上げているのか?」空全体が重い雨雲に覆われすっぽりと光が消滅

重圧感と空気の淀みを感じている週明けのホーチミンです。

思いがけなく日差しが何度も差し込みその都度、洗濯物を移動させていたが・・(^_^;)

やはり、からりとした空は望めない日曜でしたねぇ。それでも、陽光が時折、射すだけでも

何か良いことがある様で心が楽になる気がしました・・(^-^)

特別な事は何もなく、相変わらず読書、DVD、編み物で1日が終わった。先月帰国時に購入し

てきた20冊の本はもう、4冊だけになってしまった。かなりのハイペースで読んでいる。

難しい本ではなく殆どは推理小説だけれど・・読む力が戻ったのか?早い方だと思う。尤も

考えながら読んだり犯人探しをしながら楽しんでいるのではなく、ただ、活字を追いかけて

いるだけだから、時間が経ったら又、何回も読める人で、1度読んだから、もういいって事

はない性癖があるらしく・・要は字を見ているだけかも知れない愚鈍な読書の仕方である。

それでも、その時間は集中しているから、目への負担は大きく、夜は早くからベッドに入る。

完全なる朝型の人間だと思う。夜は暗くなったら眠りたい!それのみだから・・あはははは

生憎、日本にいて、今年は書けなかったベトナムの『中秋節』について・・

毎年旧暦の8月15日を祝う伝統があって、家族の健康を祈って月餅を食べると言う習慣が

有ります。以前はそれ程、種類もなかった気がしますが・・最近の傾向はホテル、ケーキや

が次々と新製品を発表しているようです。

単なるお菓子ではなく様々な種類の味が楽しめるようになって来たらしく、経済発展を遂げ

つつある富裕層を中心にしてバリエーションを増やしていると言う・・(*^^)v

昔から中の餡は緑豆、蓮の実で作ったものだと思っていたし、塩漬けされた卵黄が入ってる

いないか?のどちらかだった気がするが・・現在は肉、魚介類、ラム酒、チョコレート味が

あるとか聞きました・・\(◎o◎)/!

表皮の模様も多種多様にあり、中には白いのもあります。食べた経験はないですが・・(-.-)

中身に何が入っているか?を少し・・

①蓮の実入りコーヒー味

 濃厚な甘さの中にコーヒーの香りがする。

②バナナ&オレンジ&、ラム酒入り味

 ラム酒が効果的な味を醸し出してマーマレード的感じでしょうか?

③ソフトキャラメル&胡桃

 ヌガーな感じの食感は洋菓子的

④ミックス・スパイス味

 たっぷりと木の実を混ぜ込んだもので、ねっとりした餡との相性は良い。

⑤抹茶味

 抹茶の苦みと餡の甘さを抑えた大人感覚の味だそうです。

現在出回っている月餅は日本でもよく知られているお菓子ですが・・(*^_^*)茶色い皮の

{バインヌオン}だと思いますが、ハノイ地方では白い表皮の{バインゼオ}という柔らか

なお餅タイプがある様で、白いのも結構、歴史は古いものだそうです。

ホーチミン市ではハノイ程多く流通していないので、見た経験もないのだが、白い方が安価

で見た目も品よく華やかな感じがすると評判で、箱詰めする時のバランス感覚が喜ばれると

ありました。

又変わった種類としてはアイスクリームの月餅もあるらしく、ホーチミンのホテルから売り

出されていると言われています。表皮がビスケットで中はアイスクリームで真ん中の卵黄を

型どった黄色いアイスが入っているそうです。

シイタケ入りとか、フカヒレ、ローストチキン、ハム、カニ、ココナッツ&ドリアンなどは

今までの想像を超えたお菓子感覚ではなく贈答品としての使用がされるようです。

日本でいえばお中元の様なもので世話になった人へ送るという慣わしがあります。それも家

まで持って行く方法が多く、送る事はマナー違反との話もあるとか言われます。

箱詰めが好まれるのだが、割合高価で(平均は1500円位)がよく出るそうです。1つが

500円位のものもあるので、そんな値段になるのかも知れませんが・・(@_@;)

私は正直、洋菓子は殆ど食さないし、この月餅もノーマルな味しか知りませんが時代と共に

お菓子の変化を見るのも興味があると思いました。が、食べてみたいと言う気持ちは湧かず

食べず嫌いな部分もあります。1度挑戦せねばならない味だとは思うのですが・・!(^^)!

(月刊 スケッチ参照)

部屋の中が暗く、今にも泣き出しそうな空に変化して来ました。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/10/02(Sun)
教会の鐘の音が厳かに響き6時を知らせていた・・(-.-) 日本ではもう涼しくなっている

のではないでしょうか?皆様のブログを拝見して、秋を確実に感じ羨望感と郷愁を覚えつつ

「金木犀」の香りや「コスモス、彼岸花、夕焼けなど」を想像しながら日本の四季の思い出

を辿り感慨深く、ちょっぴりセンチメンタルな心地で心が揺れております。

      ”ま、柄にもなくですが・・あははははは”

太陽の顔が最近は優れなくて・・渋面が多い当地ホーチミンの朝ですが、それでも目覚めて

元気で生きている感覚を感謝しながら、生活が流れています・・( ^)o(^ )

昨日も雨に降られる事はなかったのですが、ずっと曇天が続いて偶に日差しが射すと、その

輝きに胸を張って見上げている自分を発見しています・・(*^_^*)

  *「どれだけ、太陽が好きなのか?」不思議です私・・うふふふふ*

包丁を使用しなくなって半年が経った。キッチンがないことの不満と工事の騒音でいささか

参っていた。息子も料理が大好きで自分でも作るのですが・・自分で作ったパスタが食べた

いなどと言うもので、家探しを始めたのです。

何時もの和食やのオーナーが自分の住んでいる高層アパートに空きがあると教えてくれた!

息子と2部屋で今の倍の家賃になるが台所が付いている部屋だと言われたので「見たい」と

思って、息子と彼女の案内で出かけた。

オーナーが来るまで暫く待たされていたら、息子は約束があるからと言って出かけてしまい

彼女と一緒に17階の部屋を見せて貰った。所が、凄く部屋も台所も綺麗で、素敵だったが

2部屋を住人が改造した様で1ルームになっていた・・かなり愕然とした・・!(^^)!

未だ住んでいるいる人がいたので、その人は英語が出来て説明をしてくれたが、1ルームで

は意味がなく、息子はクーラーを20度前後に設定する人だから・・多分、一緒に住む事は

無いとずっと感じていたのですが、お互いに自分で作ったものが食べたい願望が強くなって

何とか食事を作りたい一心で部屋探しになりました。

裏がサイゴン川で汚濁のため風向きによっては悪臭がするが、17階はさすがに高く、下に

動物園や公園があって、市場も近いとのことだった。和食やの彼女の部屋は16階にあると

言うので、拝見させて貰った。確かに2部屋あって、台所もあったが、自分で中は改造可能

になっているらしく、彼女夫婦の部屋は2人が店を別々に持っている様で超多忙で片ずける

事が殆ど無いほど物が溢れていた。「そんな事は全くお構いなしがベトナム人の親しき仲に

礼儀なし」が反映されていて・・心を許して付き合ってくれていることに感動した。

丁度、ご主人(日本人)もおられ、1つの部屋では若い人が昼寝をしていた・・(-_-;)

まさか、ご主人がおられること等範疇になく、ど厚かましく中まで入って見せて貰いお茶を

頂く事に迄なった・・酷く恐縮した。 彼女は「お母さんが同じアパートに住んでくれたら

嬉しいし楽しいから、空きが出るまで待って」なんて可愛いことを言ってくれた・・( ^^)

かなり大きな店を友人の女性と経営しているのだが・・日本に研修で3年間行っていたとか

また、ご主人が寿司職人の方で香港でずっと働いていて11年前に来越した話などを聞いた。

  ”思いがけない所から人との繋がりができるもので不思議な縁を感じた日でした”

普通のベトナム人の家を身内以外で訪ねる機会は殆どなかったけれど、彼女は今、顔面麻痺

を患っていて、頑張っている姿が自分の過去と重なって特に信愛の情が湧いているのかも?

と思ってもいたのだが・・でも彼女の場合は私よりかなり軽症だから、少しずつ完治すると

信じているし、乗り越えたらまた、逞しい女性になることでしょう!

≪いい出会いがあった事に深謝したい気がした日にもなった≫ 帰宅後、部屋に入って貰い

日本人の婆さんの家の中を見て貰った。何もないから「広いですね!」なんて言っていたが

彼女にとっても良い出会いであってくれたらと願わずにはいられなかった・・人間の生活は

国が違っても、言葉が異なってもどこかで縁が続いている{輪の繋がり}を計らずも異国で

体験した気がしました。

本音で「もう1人での生活は結構、しんどい年齢になってきている実感があって・・」迷惑

かけたくないと思う反面「明日、ちゃんと目覚めるだろうか?」なんて考える夜もあること

も現実になってきている。いかに頑張っても夜中、ベッドの角で向う脛を打って青痣を作り

自己欺瞞で一杯になる心を宥めつつ「老いが身体を浸透していく事実」から目が離せない。

生きている限り、誰かと関わって暮さねばならない・・これは自分の『心情の中』では希薄

だった部分ですが、老いを身体に受諾させていく日々は、結構、切なく、辛い心奥でもあり

素直になれない心裡を持て余しているのかも知れません。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ