徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/31(Wed)
暗雲の流れが早く、太陽の出始める頃にはその行く手をすっかり塞いでしまい、今朝もまた

雲から逃げ伸びる事が出来ない光であった。ほの白く僅かばかりの隙間から「そろーり」と

辺りを窺うように日差しは出たり入ったり・・行雲に当たってはそのなりを隠し続ける有様

白い光が「ちょこと」だけ当たってはすぐに消えるホーチミンの朝でした。

すっかり書き終えたと思い記事の保存まで来たところで【計画停電】が発生!あと数秒の差

で又もや全文が消えてしまった・・(;一_一)

このPCとは相性が悪いのか?中途半端に触りまくったせいだろうとは思うのですが・・今だ

に下書きの画面が出てこない。結局、再度の挑戦です・・ははははは

書き出した所で「いろいろと又触っていたらやっと「下書き」「予約投稿」の画面を発見し

安堵した。このように全くどうしようもない性格でPC にばかり当たっていたが、要は私の

いじりすぎで、削除になった部分が多々ある事を感じた次第です・・(-"-)

{全く鈍く愚か過ぎる行動ですが・・仕方ない!それも含めて自分だからと慰めています}

こんな性格だから欠点も多く、それでも、自分の欠点は認めたくない我儘も割とあってそれ

を指摘されたりすると、立腹したり嫌悪感を募らせる事が若い頃は随分ありましたねぇ。

若さ故に友人を喪失した経験も何度もあった事を・・(-_-;)思い出しました。

現在は心も気持ちも老いたせいでしょうか?苛々も少なく欠点も自分で少しは納得できる心

がして最近はそれも追加して自分だからと諦観出来る日もあります・・ふふふふふ

昔、言われた事で頭に来て、付き合う事を止めた友人がいましたが、彼女にしてみれば好意

だったのだと思います。いかに親しくとも入れない領域はありますし知られたくない秘密等

は数多あります人間である以上・・!(^^)!

しかし、若気の到りだったし、自己中心的な物の考えが心を支配していた時でした。負けず

嫌いで勝ち気でしたから・・素直でなかった・・(-_-;)

欠点を言ってくれる人は心から私を案じてくれていた事にも気がつかない程度の馬鹿でした。

中々、入り込んで忠告や欠点を言ってくれる人はいなく、それがどんなに仕合せであるかを

思考するだけの能力がなかったのです。嫌なら無関心でいればいいのですから・・そんな事

も理解できない人でした。突然片親になって、自分の生きていく道を失いかけていた時だけ

に本音をズバリと刺された気がして・・憎くさえ思ったのです(恥しいですが・・(^_^;)

人間が出来ていないと言いますか?心の何処かで慇懃無礼で腹立たしく思っていた私は何度

も謝りの手紙を書きましたが、彼女は許してはくれなかった・・( 一一)

その事が喉に突き刺さった小骨になり今も残存していますが”きっと私の頭脳では付き合え

る人ではなかったのだ”と言う結論にしてしまった。

それからは人との関わりが面倒になって、1人暮らしも長く100%自分勝手でいられると

言う時間と引き換えに大切な大好きだった友人を失くしてしまった・・(;一_一)

人間には欠点があるから面白くお互いをカバーできる部分がある事は結婚生活で学んでいた

筈でしたが・・働いたことのない主婦だけの私とバリバり外で働く彼女との溝は深くなって

しまいました、愚かさが招いた結果だからすでに諦めていますが上品で大人の女性でした。

もう2度と会う事が出来ないのは心残りですが『縁がなかった』のでしょうねぇ。

殻に閉じこもり狭隘な世界で生きていける術を得たけれど・・それが「良かった」とは決し

て言えないけれど《孤独や寂しさ》を感じない人だから、こんな不思議な異国で1人の暮ら

しが平気なのだと思われます。友人は多いですが親友は1人しかいない。それも、未だ確実

に修正されていない関係である・・( 一一)

かなり私も言いたい事を言うので随分と彼女を傷つけてきているようで・・心を開いてくれ

ないのだと思いますが・・(/_;) 自分は傷つけられる事が嫌なのに平然と言ってしまう事が

多かった自分の欠点だらけの性格を疎ましく感じることもたびたびです。

反面{そんな事この歳になって、もうどうでもいいや!}なーんて思う時期もあったりして

支離滅裂、頭の中で色々な事が混濁して、しっかりと構築する能力が欠乏状態であることを

思い切り知らされているのが事実です!

しかし<信じたい、信じてほしい人はせめて1人は欲しい>とは思うけれど、この先細りの

人生に何が残っているのか疑問符ばかりが付き纏っているのが現況かしら?

難しい問題ですが・・表面上の仲良しはもう必要ないから・・ちゃんと話が通じる相手との

出会いがあれば少しは楽しみも加味される気がしています・・(*^_^*)

が、自分の子供でも私の話は面倒くさいと言うから・・〔矢張り変人の部類〕に入るのかも。

これは一生治らない病気かも知れません・・えへへへへ
スポンサーサイト
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/30(Tue)
少しだけ、朝焼けていた東の空は今朝も雲の多い日差しがぼやけ、太陽の輝きは見せてくれ

ないままで明けてしまった・・(+_+)

大威張りで上昇する勢力を喪失している陽光がない日は心もとなくて、靄の中に置いてけぼ

りされ、ぽつんと取り残された気分がしてしまいます。

「頑張って昇って来い!」なんて声を掛けたい程で「ボゥーとした空気さえ、混濁している

様に思えてならない。淀みと汚染された空気は朝には相応しくない気がする・・(・_・;)

このところ度々登場する中部地方ですが・・(実は行きたくて仕方ないからです)

この国の海鮮料理は(ダナン)に多く、種類も豊だそうです。その中から、少しだけ・・

①すっぽん(ババ)

 ダナン近郊で養殖されているので値段も安いそうです。

②トコブシ(バオ・グゥ)

 「そうです!」アワビに似た貝ですがアワビより身が柔らかく煮ても硬くならない。

③大鰻(カ・チュィン)

 滑りのある皮が珍味とされて、炒め物が一般的。

④タイラギ(ソ・ダップ)

 (平たい貝)でそのままで醤油をかけたりして焼く。

⑤オコゼ(カ・マ・キュィ)

 チャム島沖で獲れる魚で顔は凄いが味は上品で淡白。

後は、カニ、ミル貝、チョウ鮫、バイ貝、ニシキエビ(伊勢海老)烏賊などが獲れて美味だ

そうです。料理も少しだけ・・

◎オコゼの姿蒸し

 中々の貴重品でホイアン沖のチャム島近海でしか獲れない様で、その淡白な味はどの様な

 料理にも合い、特に大きな口周りの身は味が深く見逃せない。

◎バイ貝の大蒜風味

 日本でもバイ貝は煮物にされますが、新鮮なこの地方では蒸したり焼いたりするのが普通

 で小さ目の貝は焦げた大蒜と焼くと美味しいそうです。

◎トコブシ焼きナマコ風味

 ネギ焼きで食するのが一般的だが干したナマコと合わせて煮込むとナマコがトコブシの味

 を吸い込むので特別な感覚があって[コリコリ、にゅるにゅる]が味わえる。

◎イカの塩と青唐辛子焼き

 イカもダナンの名物ですが、一夜干ししたイカに塩と青唐辛子を擂り込んで焼いたものは

 ビールのつまみに最適。イカ料理は沢山あるようです。

来越の機会がおありの方はぜひ中部を探索してください。美味しい食べ物や遺跡など、この

国ならではの風景が楽しめると思います。

      ▼個人的には未だ行っていないのですが・・<(__)>▼

出来るだけ早く行きたい観光地です。特にフエ王宮はこの国の王朝時代の終わりから激動の

時代を観ていた場所として興味があるのです・・(#^.^#)

4つの大きな門があって、それぞれの見張り番を兼ねた建物があったそうです。北の和平門

は四方に開かれグエン王朝の命で建立された。 ベトナム戦争の陸戦の地となって破壊され

たが、近年再建されたそうです。カイディン亭(グエン王朝最後の皇帝バオダイ亭の父)は

大のフランス好きで建物2Fの梁に施された彫刻は有名であり、また伝統的なベトナム様式

の建造物にシャンデリアがあるのも彼の趣味だと言われています。

現在はカフェとして営業されている様ですが・・あの戦争と惨劇の時代を生きた建物と人々

の暮らしを現実に見たいと心から思っています。(ベトナム・スケッチより)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/29(Mon)
重たげな雲がどっかりと空を覆い尽くして{朝日は遠出したのかも知れない?}そんな泣き

出しそうな今朝のホーチミンです。 重すぎる雲は必至で堪えているかの様で・・日曜日が

雨なしだった事を勘定して・・「もう少し待っていましょう」・・なんて考えています。

涼しくて、扇風機の出番が殆どない日だったし、久しぶりに工事も休みだったので、静かな

日が過ごせました。ただ、玄関を出ると階段が砂だらけでサンダル履きで歩かなければ部屋

迄、砂が入ってきて、ドアーの隙間に新聞紙を挟んでみたが・・それ程の差はない。

上も途中だし、この際だからと下の部屋もタイルの張り替えや、水道工事をしている模様!

泥や砂、セメントが落ちていて「全くいい加減にして!」と言いたいほど酷い家の中です。

◎文章で(言葉も同様ですが) 相手の心に自分の考えを伝達する事の難しさを毎日の様に

 味わっています。文章を書くことで、言葉で心が通じ合える事は本当に素晴しく嬉しい事

 だと思います。しかし、普通の話し言葉だけで相手に発する事は案外、至難の業が必要な

 気がするのです。

 多少なりとも気を遣うし、気負いもあるし恰好付けている部分もあるのが文章ではないで

 しょうか?・・(#^.^#)    考えすぎているかも知れませんが・・ふふふふふ

 余り、饒舌過ぎると駄文を長文にしたり、構築出来ない頭脳だから・・当初は本当に時間

 がかかり、何度も重複していないか?とか間違った漢字や使い方、誤字を探すために懸命

 でした。【心に思っている事を相手に理解して貰いたいとそう願う気持ちが働き過ぎて】

 「軽薄になっているのでは?」とか改まって書くのも柄ではない等と真剣に思いました。

 最初から頭の中にイメージが湧いている日もありますし書き出してからどんどん大袈裟で

 恥しいのですが零れるように言葉が出てくる日もありました{過去形}・・あははははは

 しかし、毎日書きたい事がある幸せと、せめて伝えたい気持ちがあるまでは書こうかな?

 と思ってはいるのですが・・時々同様な文章になっているのを発見して・・(・_・;)

 思考回路の<潤滑油切れ>を起こしている事に「はたっ!」と気がつく日があります!

 今は辛うじて1時間程度で書き終えることが可能になり慣れたのでしょうし、終わらせる

 文章の要領も理解できてきた気がするのですが・・(-_-メ)

 もう1年半も書いていてこの程度ですからどれだけ鈍いかを宣伝している有様ですが・・

 でも《疑問符ばかりで、ちゃんと相手の心に伝導出来る文章になっているのかしら?》を

 絶えず考えている自分がおります。勿論プロではないし専門知識もなく才能だって皆無だ

 けど、自分の書いた拙文の流れを声を出して読んでいる時、流れが通過する部分と留まる

 所が何ヵ所もあって・・(-_-メ)これでは人に伝わらない・・順序が無茶苦茶だとかをよく

 思うんです。

 言葉もそうですが文章には大きな流れの構築性が必要で、昔、言われました様に、文章は

『起承転結』が欠かせないのだと・・説明が出来ていない時が多いと、自分の能力のなさに

 愕然としてしまいます{何所か心の奥底でええ格好しい}が渦巻いているせいかも知れず

 恥しい気分になりますが{エーイ、出しちゃえ!〕的心持ちの日も多々あります・・(/_;)

 「相手の心に可能な限り伝えるにはどうすればいいのか?」凄く難問ですが、自分自身が

 正確に理解していないと書けない事や、流れに任せてしまう場合が多すぎる事をPCを通じ

 て納得した感じの昨今ですかねぇ・・(;一_一)

 その意味では<PC のブログは教科書でもあり参考書でもあり、単純なツール以上の役目を

 果たしている気がいたします>あくまでも個人的見解ですが・・(*^。^*)

  ★★大きな問題点は『頭脳が連いていかない』が現実でしょうか?ははははは★★

 胸から頭から溢れるように言葉が出てきた時代もあったのですが、すっかり枯渇老化現象

 を患っている患者の1人が現実の姿です・・とほほほほ↓↓

 言葉や文章の羅列は単なる言葉が流動しているだけで{浮足立った様に地についた思考が

 ないからだと常に思っていて}決して心が通じ合っているのではないのだと痛感している。

 文章で言葉力で相手の懐に飛び込めない情けなさは絶えず追っ手をかけられている気分が

 するものです。

   **技巧も才もない人間は焦りまくり状態です・・うふふふふ**

しかしながら書き出した以上は、日本人の矜持と心構えを見せたい願望もあって、無理だと

承知しながら”美しい日本語と死語になっていく言葉を文章に残したいなんて厚かましい”

考えもあるので困っているのも事実なのです・・(-"-)

勿論、全くの素人ですから、ボンクラ頭から出てくる言葉の数なんてたかが知れているから

その制限内で書いてはいるのですが・・(もろに、ボロが出ているのを哀愁の心で眺めてい

るもう1人の自分がいて哀れを誘うのです)・・ほほほほほ

時折本音が出るのは素人あるが故の愚か者だからと自己満足して、自己愛に浸っている日も

有りますけれど・・えへへへへ

文章は特に修飾する事で生まれ変わる場合がありますから・・力のない人間にはしんどい事

だと思われます。歳だけ重ねて体験も少なく、思考経路もハチャメチャだし、頭脳の退化は

迅速で、急流の様に淀みを知らない・・( 一一)

そんな自分が書ける事は単純に【素直な気持ちで書く】ことしかないのだと思っています。

それにしても、言葉もそうですが、文章とは相手の心の琴線にそっと触れるくらいの温かく

穏やかで優しい心が必然的に要る事を物凄く感じています。

     ☆とっても大変だけれど重要でかつ素敵な事ではないでしょうか☆
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/28(Sun)
何層もの彩色の雲が段々になっている下をほぼ真白に近い光が昇って来て、陽光はほんのり

僅かな翳りを見せながら昇りつめた。ようやっと這い上がったかのような風景の中で寂しげ

な顔をちょっぴり覗かせてはみたが・・また雲間に消えてしまった・・(-_-;)

うす曇りの中で日曜日の朝が明けたホーチミンです。

帰国準備のため、昨日のお昼は大型スーパーへ連れて行って貰い、買物をどっさりと買って

来た・・(#^.^#)殆どが食料品と、調味料ばかりなので・・今回はスーパーにした。

変な言い方だがお土産に頂く物って「何でもいい」という感覚がない私は、好みでない色の

洋服やスカーフ、身につける品は嬉しいけれど、困る事も案外あって・・心があるから頂戴

するのだから・・凄く大切にするのだが全く使用しない物もあります。

それって凄く無礼なことだから・・ずっと以前から、性格も好みも知っている人以外はその

様なものは買わなくなった。安価でも口に入って「へーこんな味なの?」「これは美味しい」

何て言われることが好きだから・・その国で作った名産を選ぶようになった・・(#^.^#)

{人に何かを差し上げる}ことって本当に難しいとおもうのです。気を遣われるのも困りもの

かと言って「その程度?」が見えるのも失礼な気がする。

心をこめて選んで下さったその気持ちが一等嬉しいからで・・食べ物はその点「不味かった」

の瞬間で終わるから好んで買うようにしています・・ははははは

増してや洋服など自分で好きで買った品でも、店で[似合う]なんて思っても・・イザ着て見

ると想像以上に似合わなかったりなんてしょっちゅうの人だったから・・自信がなくなった

部分もあります。若い頃は若さで勢いで着こなすといいますか?他人の事など眼中になくて

着ていましたが、今は鏡との時間が〔10分程度〕で外出する時も朝の壁塗りの状態で直し

もしません。着替えもきちんとした場所以外は上に羽織る程度の怠け者になった・・(-_-;)

     **これも老いのせいにしておこう・・(-_-メ)**

※ハノイで食されている南部の庶民料理が有名になっている・・

今まではハノイと言えばホーチミン以南以外の料理を出す店が少なく味もフォーが発祥地で

名物だと言われる位でしたが・・最近は南部料理も少しずつ増えてきているようです。

◎フーティユゥ

 麺料理ですが、生ではなくて半分乾燥させた麺を使用するのでコシがある。中国から来た

 と言われているが・・海老、烏賊、レバーなどをホーチミンでは入れるのですが、ハノイ

 ではハム、野菜、香草が主になっている。

◎バイン・ボイ

 極細の米を押し出して作った麺をシート状に平たく編み込んで有る麺で、肉料理と一緒に

 食することが多い。そのままの形で出てくる場合もあります。トッピングされてひき肉や

 唐辛子たっぷりと香草等が載せてあるのも・・

◎コム・タン

 これはどこの店でも出すお米ですが精米の時に砕けた米を炊いたもので(朝食に多い)

 味噌、ニュクマム、香草、大蒜入りを漬けた豚肉と目玉焼き、脂をカリカリに揚げた物や

 揚げ春巻きなどをご飯の上に載せて食べる(ホーチミンの朝食は殆どがこれである)

 タレとスープがつく場合もある。少し食傷気味になっている私・・あははははは

◎ラウ・マム

 魚介類を発酵させて作る(マム)と言う調味料を加えた鍋料理。メコンデルタの名物。

この様に殆どはホーチミンで食されているものだが、ハノイではこの料理がハノイ風に辛く

アレンジされて店の人気となっているようです。{スケッチより}
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/27(Sat)
ビルの背中を赤く染めながら陽射はほんの瑣末な嘘さえ見破るかのような熱を浴びせかけて

上昇してきた。昨晩の雷鳴は酷く、執拗に稲光と音を轟かせていたが・・雨は然程に降らず

(スコール)とまでは至らずでした。ブラインドの下から稲光は白く青く輝き乍ら走り去る

のが視界から離れずかなり長時間、雷は大空を駆け巡るっては音を強調させていました。

今朝は道路脇に残された雨がその名残を確認させるかの様に・・点々とありましたが、雨量

が少なかったせいかも?既に乾き始めていた・・(#^.^#)

今日は日差しの中から外出できたが、土曜日だから店が少なく半分位は閉まっている。歩き

出して途中まで来ると道路から、久しぶりにお強やが自転車でやって来た。確りと目が会い

手を振られてしまった・・(^v^)「お強にしよう」なんて気の弱い私は思ったのです!

購入する羽目になったのだが、未だ炊きたてで、1番乗りだった・・(*^^)v

思いきりゴマと砂糖を手で制した筈なのに、かけてくれて、予定で買うつもりの野菜が未だ

有ったことを思い出して、巻いて食することにした。

冷蔵庫の中を調べたら、レタスが2日経っていたのを忘れていて、【停電】が短いのが何度

かあり、すっかり萎えて変色していたのでがっくりした・・(-"-)

仕方なく昨日買ったミント、紫蘇を巻き冷たい野菜スープと一緒に食べた。

日本でも出稼ぎと言う仕事の方法がありますが、この国にも進学、就職等で海外やら、都市

へ働きに出る人が多く家族が離れて生活している家庭はかなりの数になっています。

しかし、この国の伝統的価値観や物の考え、習慣は≪何があっても家族の絆が最優先する≫

と言うことがあります。だから、富裕層になっても家族と一緒に生活しない家庭は幸せでは

無いと言われます・・( 一一)

日本人と全く違う感性だと思う事に≪家族の絆の範囲が親類、縁者迄波及する事で、多人数

で食事をする事は一種のお金持ちの証でもある感覚で、見栄でもあります≫

又、日本人と完全に違う事は最初は一寸恥ずかしそうにするのだが・・長続きはせず、直ぐ

親しい感情をもろに表し、少しでも会話?をした相手には遠慮はしないし、図々しい態度で

接してくる。相手の迷惑は感情は2の次、自分の主張が第1になってしまう事です。

先ず、相手の話は聞かないし、自己主張のみが順位を決める国柄でもあります。

韓国も似たような習慣がある様で、一定の顔馴染になると必ずそこの家の冷蔵庫を調べると

か聞きましたが・・この国にもそれはあります。日本人の主婦にとってはそれは、凄く嫌

で失礼だと思うのですが、この国にはそんな事は通用しません・・(・_・;)

         ★★親しき仲には礼儀はないからです★★

どこでも開けて中を覗く事も平気だし、自他の区別がないので、当初は戸惑いばかりで腹が

立つことが多かったのですが・・今はそんな事頭の片隅にもなくなってしまった・・(@_@。

以前の8区では見た事がなかった雨傘はこの区では本当に多く見られます。普通の雨降りで

も日傘としても使用しているのには驚きました。外国人が多いからだと思いますが・・(-.-)

ただ、傘を干しているのは殆ど見た事がなく濡れたまま置いている現状です。きっと、傘を

干すという習慣がないのだと思います。私等はほんの少し濡れても部屋の中や窓際に干すの

が当り前だから、ベランダに干したい位の気持ちですが・・それは見たことはありません!

折り畳み傘も最近はスーパーでも売っていますが、日本人感覚からすれば結構な値段です。

何せ、ビニール傘を知っているだけに、高いと思ってしまうのです・・あははははは

※フエ(中部地方)の名物を少し・・

 ここにはシジミ飯(コム・へン)と言うのがありとても有名です。また同じ川から採れる
 
 大きな田螺(オック)も名物でこの国の人は本当に好きです。田螺の専門店が幾つもあり

 会社帰りとか観光客で賑っています。

 特に(オック・ブゥ)は身が大きく、泥臭い匂いも全くないので1番好まれている品です。

 かなり辛めに煮込んで有るから、それをほじくり出してニュクマム{唐辛子入り}タレに

 につけて食べる。小さい田螺料理もあるがこれは砂が入っているのか?余り食さない。

 結構、癖になる味で魚介類の好きな人にはお勧めの料理です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/26(Fri)
黒雲が陽光の登場を覆うように舞台は暗転を迎えていて、6時になっても薄暗く<光?>は

「何処?」と言う朝で、この数日、ずっと降り続いている雨は小降りになっては思い出した

ように続編を知らせてくれる日々になっている気がしております・・(-_-;)

矢張り『雨季』なのだという感覚と今迄とは違った降り方や時間がずれて降り出す事も雨量

が少ないのも去年に比較してもかなりの差がある様な気がします。これはこれで、興趣を増

しているのかも知れませんが・・猛烈な勢力の(スコール)は今年になって、数える程しか

なく不思議な天候を受けています・・(-_-メ)

人間の勝手で温暖化になったり、自然が破壊されたり動、植物の生息が変化するなど、想像

も出来ない自然現象に戸惑っている感じは否めません。ただ、この国は日本と違って、お米

が沢山収穫できる豊かな土地と、メコンデルタ地帯からの豊穣な魚介などがその脅威さえも

考えないでいい素晴らしい事実があります。

水稲は元来、熱帯の植物だから、栽培に必要な要素が、多量の水と高温多湿、出来上がった

稲穂には乾燥が必要な事も、メコンデルタには全ての条件を満たしている現実があります。

『雨季』はその意味では上流から流れてくる洪水の様な水量はたっぷりの養分を含みながら

メコン川まで流れてくるから、お米を作る為の様々な諸条件が揃うのです。

川からの魚介も恩恵を受けて豊かになるし・・食材の心配がないと言っても過言ではない国

だと言えます。毎年ではなくても日本の様に台風や洪水などの被害があっても3期作もする

事が可能な国ですから・・被害も少なく済むのではないでしょうか?

食べる事に不自由がない事の有り難さは東南アジアでは特に感じます。廉価で豊富で多量な

食材は人間の生きる糧であり喜びの原点ですから・・(*^_^*)

※今、ハノイ近辺にある、旧市街の街並み保存計画が実施されています・・

ハノイと言えば大きなホアンキエム湖がありますが、その北側にある通り一体は路地も狭く

古めかしい家が立ち並び旧市街とも呼ばれています。歴史建築物の保存と言えば神社や過去

の商家などが考えられがちですが、通り一体を街並みごとに保存する計画は初めてで、注目

をあびております。具体的には{タ・ヒィエン通りの5番から27番、8番から18番迄}

が保存地域にされていてこの辺りが中心で対象となってるそうです。

この近辺は仏領下の時代にベトナムの伝統芸能劇(トゥオン)の劇場があった場所でも知ら

れていて、中国人が多く住み、芝居見物する客を目当てに屋台を出し、フォー、蒸した饅頭

ワンタンが売られたという話です。何処でも活躍しているのが凄いです・・(-_-メ)

この地域にはフランス建築も多々あり、ベトナム伝統建造物も残っているため、両国が協力

して、保存し、観光需要を喚起させようとする計画が進行中です。

既に、外壁を黄色に、道路に面した全ての家には緑色の格子を取り付け、庇や屋根の高さを

揃えるなどしていて統一感のある通りが生まれようとしています。

各建物には細かい規定があって<看板、エアコン、庇、屋根の取り付け、バイクの駐輪>に

ついての決めごとが徹底していてどの家も従わなくてはならないという話です。

ハノイの旧市街ですが、重要な歴史文化遺産を守り、観光の活性化を期待している再開発の

場所でもあります。{アット・サイゴン参照}
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/25(Thu)
窓のカーテンを引き上げると眼前に小型の円形をした中からほの白い<下弦の月>が飛び込

んできました・・(@_@;)しばし、呆然と眺め瞑目しながら、心の中に焼き付けるようにと

していたのですが・・数分経って家事をしていたら、すっかり忘れておりました・・(/_;)

この国に来てあれほど間近で(美しく優しい月)に出合った経験がなかったもので、とても

感動したのですが・・(#^.^#)もう心の中にはぼやけてしまっている体たらくです↓↓

            ★これも歳のせいにしておけ!★

なんて悪態つきながら・・老いのせいにしております・・ははははは

最近は6時にならないと太陽は輝きも光も見せてはくれず姿、形、色さえも・・深い雲の中

で眠りから覚めてくれないのです・・(-_-;)

昨夜も激しく降ったり音もなく降り続く雨をベッドの上で聞きながら・・本を片手に眼鏡を

かけたまま瞬時眠った様で、眼鏡の跡が痛く、目覚めた有様で・・恥ずかしい限り・・(@_@。

このブログはまた、何所かへ飛んで行き、2回目です・・情けないし、書いた言葉が断片的

にしか残っていないから・・疲れます・・(;一_一)

この国の{おくら}は日本よりかなり大型だと依然にも話した気がしますが、好物なのかも

知れませんが・・良く売れていて、㌔で買う人も多いです。凄い量です。

炒め物には先ず必ずと言っていいほど入っています。肉類と一緒に〔ブロッコリー、人参

カリフラワー、海老、烏賊等も小さいのが入り{おくら}が殆どで半分の斜め切り(種が大)

だから口の中で結構邪魔するのですが・・これは大方の店で総菜の定番になっているのだと

思います。味付けも唐辛子は上に赤く載せてあったり、ニュクマムの中に大蒜入りや唐辛子

が入っていたりと色々ですが・・総菜としての食べ応えはあると思います・・(#^.^#)

帰国のチケットを買いに息子に連れて行って貰った時に寄ったベトナム料理店は個人的には

良い店でした。私のブンは(素麵の様な生麺)海老、揚げ春巻き、胡瓜、落花生の粗ら挽

きした物を載せて丼で出てきました。本当は彩りよく、赤いトウガラシが乗っていたのです。

それを外しても貰って香草が入った中についてきた小皿の甘いニュクマムをかけて食した。

さっぱりしていて、缶ビールも頼んだから少し満腹状態でしたが・・思いがけなく爽やかさ

を感じる味で美味しかったです。

ただ、お昼には丁度、良かったのですが、消化がよくて3時過ぎにはお腹が空いてきました。

バナナ(小)1本とクッキーを2枚も食べて、晩御飯が待ち遠うしい感じでした・・ふふふ

ブンは色々な食べ方がありますが、ベトナムではご飯代わりに食する事も多く、山の様に皿

に載せられて食卓に上る日もあります。

他の野菜や魚介、肉類等と一緒に食べたり、ライスペーパーに一緒に巻いて食べる事も多々

あって、欠かせない毎日の食材です・・(*^_^*)

殆どはご飯を炊いて、総菜を買ったり、又、御飯が出来上がった後、ニラ、もやし、香草を

入れて蒸したりもします。ニュクマムとライムを半個分くらい絞って一品にする日もあって

結構炊き込みご飯は作ります、それもひじきや木耳、ふりかけ(鮭、おかか、めんたいこ)

入りを1袋入れて炊く日もあります。生野菜を載せて蒸したりもしたり・・台所がない分

面白い味に思いがけなく出合う事もあって楽しみです・・( ^)o(^ )

食べる事は無限の創意だと思うから・・何でも挑戦しているのが今日この頃でしょうか?

日本とは時間差が2時間ありますので今。9時半のホーチミンです。日差しは無しです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/24(Wed)
「文章の書き出し・・」って妙に拘泥していて・・大した思考経路もないのに・・心の中で

<今朝が始まる、今日も元気で起きられた>を痛感する意味を込めて書き出す事を一人決め

している部分があるんです・・(・_・;)

だから日常生活の延長であることが何より嬉しくて、そして可能な限りの自己啓発になれば

とか自分の中に≪すでに枯渇しているであろう細胞をせめて、阻止出来れば、感受性が一寸

は揺り動かされ、挑発出来るのではないかしら≫なーんて思って書き出しております。

▼ど素人が何を言ってるの?▼等と思われる方は大勢おられると思いますが・・ま、脳細胞

の死滅運動をしているのだと思って付き合って頂けると有難いですm(__)m

昨日午後から降り出した雨は激しい雷鳴と稲光を連れ大空全体を掻き乱すように暴れたので

DVDの音量を珍しく大きくして観ていました・・(@_@。 しかし、雨と雷は止む事を諦めたの

か、忘れているかの様に何度も何度も移動して行った。それが夜中迄続きました・・!(^^)!

どんよりとした雨雲が覆い尽くし陽光の影さえ見せてくれないホーチミンの今朝の様子です。

「がっかり」していますが、涼しいので、長袖で部屋の中にいます・・(-.-)

※大切なお知らせがあります・・

 もしかしたら、ご存じの方もおありかも知れませんが(在ホーチミン日本国総領事館)から

 のお知らせです。

①猥褻物(図書など)所持に関するトラブル・・

 日本とはかなり考え方や基準が違うので日本で簡単に購入してきた普通の雑誌でも、所持

 している事によりベトナムの法律違反となり処分されます。日本ではごく普通の週刊誌に

 掲載されている写真であってもそれは対象になるそうですし、罰金を課せられる事もあり

 所持していることを放棄すると申告しても所持していた時点で法律違反とみなされ、税を

 まぬがれる事はありませんので・・基準と考えの相違を認識して、週刊誌の持込みは充分

 気をつけるようにとの事です。内容や量にもよりますが1000から2000US㌦の罰金です。

②外貨持ち出し制限のトラブル・・

 入国時の外貨持ち込み制限はありませんが、現金、トラベラーズチェックなどを合わせて

 7000US㌦、又は、1500万VND(ベトナムドン)のいずれかを所持する場合は入国時

 に税関申告が必要です。2010年9月中旬から出入国カードが不要となりましたが・・

 従来の出入国カードは、税関申告も兼ねていますから上記の場合は必要事項を書いて提出

 しなければなりません。申告を忘れたりしなかった場合は没収さらに罰金の支払いを要求

 されます。

 また、10万US㌦以上あるいは同額の外貨持ち込みについても円高の傾向の最近ですから

 ご確認をお願いします。手数料が取られるそうですから・・(-_-;)

③2010年末から空港でのトラブルが多発しているらしく・・警告が出されています。

こんな記事が掲載されていましたので・・ご報告しておきます。楽しい旅行が嫌な思い出に

ならないように祈っております。(アット・サイゴンより)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/23(Tue)
棚引いていた淡い黒雲が層になっていた所に勢いよく昇りだした陽光は真紫の彩色から赤色

に変化・・そして黄色に次は金色に染めながら新しい光がキラキラ輝いて絶好調の日の出の

光景をみせてくれた新鮮な今朝のホーチミンです・・(*^^)v

朝日はビルの裏から(羞恥心)を時折残しながら昇り詰めるのが常套手段でしたが・・今日

は堂々と顔を見せてくれました!

幸いなことに雨が降らなかったし・・家の工事やドリルの轟音にいささか参っていたせいで

また、遠出して来ました・・( ^)o(^ )何時も余り日差しのない時に出かける予定は気がつく

とお昼近くになり、食事を済ませて出かけると矢張り何時だって日中の1番暑い時間帯から

外出しているのが現況です・・(-.-) こんなところが馬鹿なのです・・(;一_一)

何時ものように、同じコースではなく1本手前で道を回ってみると又違った風景に出会える

もので・・30度は越えていたと思いますが・・長袖で、帽子を被って歩いて行きました。

鼻の頭にうっすらと汗ばむ程度の早足です。ま、年齢的には速く歩く方ではないかしら?

せっかちだし、だらだら歩く事が得意ではなく珍しい店や天秤棒担ぎの小母さんに出会うと

立ち止まったり、座り込んで見せて貰ったりはしますが・・概ね大型スーパーやショップに

直行するのが普通です・・( ^^)

DVDを殆ど見たのと、9月帰国のためのお土産などを下見して来ました。珍しく小1時間も

店の中にいて・・買ったのはたったの3つ、特に欲しかった品が売り切れていて、意気消沈

してしまったのです。それでもそのビルには100軒位は入っていると思われる小さな店が

隣と重なる様に並んでいるので、1Fからずっと歩いて2Fそして、裏の喫茶店まで見て歩き

店の中は殆どがガラガラなのに・・店員の数がやたら多く、声高くお喋りが多いから賑やか

で、節電など、勿論していないからその明るさは外より凄く輝いていた。

大体、服飾関係や女性をターゲットにしたファッション的な店なのです・・今の日本で多分

流行していると言う服装の店員や商品が沢山ありましたが、結構高かった・・(+_+)

和食やに行くと最近の女性雑誌が沢山あるので、現在、何が流行しているのかは割合見当が

つくし、ファッションは繰り返すと言われますが・・昔、私が着るていた様な服が並列され

ているのを見ると、雑誌からの仕入を感じさせて・・この業界は何処でも同じだとつくずく

知らされます。どの店も大体が同じ服を売っているのですから・・(@_@。

流行という肩書だけで異常に高いのにはびっくりしました・・気に入った色や形があればと

心の片隅に多少はあったもので[殆ど物欲はないが、見るのは楽しい] すっかり歳を忘れて

     ★手に取って「幾らですか?」ばかりでしたが・・あはははは★

大きさとか色の違いなどを聞きながら・・結構時間を潰せました・・(*^。^*)

《老いても未だ女族に入るのか?》を思いつつ心が穏やかになっていました・・えへへへへ

帰路も違う道を通りました。そこにはプラスティックの風呂椅子に腰を掛けて何組かの男性

が中国将棋をしていました。その後ろに立って口出す人もいて・・またその近くではカード

をしている若者が数組いたりで・・(@_@;)

矢張り遊んでいるのは男性ばかりで、働き手は女性ばかり。これでは恐妻と言われても仕方

ないと思って通過しました。時間的には往復で2時間半でしたが・・心地よい感じでした。

それでもさすがに部屋に入ると汗が出て、早速シャワーを浴びました。これは珍しい事で

出かけても汗は概ねかかないのだけれど、室温が外温より暑かったのでしょう・・(-_-;)

夕方まで、読みかけの本を読んでいた。ヴェトナムの事を書いた(沢木耕太郎さん)の本で

「なーるほど・・本物の作家も視点や観点は然程の相違はないものだと・・生意気ながらも

そんな事を感じながら、自分が行った場所やその周辺の描写が懐かしく昨日から読みだした

文庫はもう読破してしまった。見知らぬ土地や様々な経験が書かれていましたが・・親しみ

が湧いて、結構、彼の本は読んでいた筈なのに新発見が数々ありました・・(@_@;)

【尤も現在、この国で生活しているという環境的感覚も多々あるからとは思いましたが】

夕方、雨がポツリポツリ来ている中を何時もの総菜やへ出かけたが・・殆ど未だ揃ってなく

「少し待って」と言われ、椅子に座り、あちこち店の中を見物していたら、散歩に行く途中

で出会った老人(ま、私と大差ないけど・・はははは)がその店にいて、吃驚しました!

彼も待っている様子だった。店には{日本語で牛肉入り焼きそば、チャーハン}と張り紙が

してあるのを見つけ、これにしたいと言いました。そうですね15分以上も待たされました。

(何もしていない婆さん)だし、なんて反対側で待っている老人の背中を見て間違いなくこの

人と出会っていると一人合点していました・・うふふふふ

多分、同じ品を待っているのだと想像しながら・・!(^^)!そこへ、出来上がった物を持って

来た小母さんは初めての私に中を見せて山盛りに入った焼きそばを渡してくれた。

その時、その老人が日本語で「有難う」と話したので「失礼ですが、日本の方ですか?」と

尋ねました「日本人ですよ!間違いなく日本人です」と言う返事でした・・(-_-メ)

普通の話として「日本の方?」って聞いたり聞かれると「ええ、そうです」と言う返事が多

いのですが「間違いなく日本人です」なんて答えが返ってくることなど想像できてないから

「あーーそうですか?失礼しました。このお近くですか?」なんて聞く必要もないことを聞

いてしまいましたねぇ・・わはははは

「そう来るか?」なんて頭の働きが全く出来ない愚鈍な人だから・・返答に窮したのです!

雨が降り出した中、帰宅したら、既に5時半になっていた。歩いたので少し早目の晩御飯に

購入してきた熱々の焼きそばを食した。麺は縮れて細く、牛肉たっぷり、青菜、人参、香草

が入っていて、かなり上質な味でした、少し油は多いけれど・・この国の人は何でも多めが

好きで、見ていると油の量も凄く多いし砂糖も、○の素もふんだんに入れる。日本では本当

に滅多に油は使用しなかったから、その量の多さに\(◎o◎)/!

目玉焼き等作って、パンに挟む時も、大匙2杯以上は油を入れて卵が浮いている感じで焼く

から、最初は依頼しなかったけれど・・香草や野菜を沢山入れると大丈夫な気がして、最近

はそれも慣れてしまった。

今まで日本では凄く気を付けていた塩分や、糖分、脂肪等も平気になったのですから、慣れ

とは恐ろしいものです。体脂肪もかなり増えている事でしょう・・ひゃひゃひゃ
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/22(Mon)
夜に降り出したしとしと雨は明け方まで降り続き、道路半分が未だ濡れていた。薄黒い雲に

遮られて、染め始めた新しい光は未だ雲の中で目覚めの準備中でしょうか?

もう少ししたら、暁光が差し込んで来ると思うのですが、蒸し暑さを増しているホーチミン

の朝になりました・・!(^^)!

流石に夕べは蒸し蒸ししていて、珍しく扇風機が活躍しました。夜中{くしゃみ3回}で目

覚め、寝惚けた足元で電源を切り、冷えた身体にしっかりと肌がけをかけて眠った様子だが

明け方には部屋の空気が{もぁーーん}としていた。それでも汗はかいていなかったからー

暑さには先ず強い方かも知れません・・(#^.^#)

換気扇と窓の全開で空気の入れ替えをしたら、湿気のある生ぬるい風が入ってきて・・余り

涼しさはなかったですねぇ・・もう少ししたら雲が流れ輝きが広がり、晴間が見えると思い

ます。さっき書いていた文章が《突然エラーの英語文字に変化して・・全て消滅↓↓》

 ▼全く情けなくなるが、自動的に作動するのだが文章は全く飛散してしまうのです▼

方法はあるのだと思うのですが以前の画面とは全く変わったから・・それ程の頭脳がない分

諦観している・・(・_・;)あくまでも趣味の1つだからと思いこんで・・あはははは

※ベトナムニュースが入ってきました・・

◎ホーチミンでは求人倍率が低下してきている。 

 統計によると、同市の求人倍率は大幅に低下したそうで、縫製業、サービス業が最も多く

 低くなったそうで、電子、電気、IT関係などの技術分野でも減少しているそうです。

◎大学合格最低点が発表。

 教育訓練省は2011年の大学合格最低点が(受験科目選抜別では・・A選抜、B、C、D)

 があってこれは{数学、理学、化学、英語、文学、生物、歴史、地理}の教科からの選択

 で全受験者の3分の1が不合格だった。大学受験者は凡そ150万人、短期大学50万人

 だったそうです。

◎インターネット、メディア調査の結果。

 マーケティングリサーチによると4大都市、ハノイ、ホーチミン、ダナン、カントー市に

 住む15歳から54歳までの1500人のインタ-ネット利用者を対象に実施した結果は

 メディアのトップはTVで、次いでインターネット、新聞、ラジオ、雑誌となった。昨年迄

 はTV、新聞、インターネットの順位が入れ替わりインタ-ネット利用者はニュースなどは

 ネット上で見ることが多くなったと話しているそうです。 自宅で見る人が増加したのと

 携帯電話でインターネットを利用する人もかなり多くなった様で時代を感じます!

これは興趣を増す大きな問題で、これからはもっと大きな変化となる予感がしています。

                        (アット・サイゴン参照)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/21(Sun)
淡黄色の光が幽かな輝きを掠めていた今朝のホーチミンでしたが・・やっと、輝きを増して

きて、居場所を確保したかの如く、慣れ親しみ、明るさが増長してきた。

昨晩は遅くから降り出した雨で、道路には水たまりができていたが・・それもこの日差しで

ものの見事に乾燥が進み、翳も残さず・・跡形もなく浸透してしまった・・(@_@;)

      ∴本当に不思議な光景を何度も見る思いがします∴

日曜日の朝は出足が遅く、この通りの店も6時半にならないと、それも半分も開店しないし

何時もより遅く7時頃に出かけて行く。礼拝の鐘が30分置きに鳴るらしく・・人々を誘い

日曜日だという事を教えてくれる・・(#^.^#)

昨日行った食堂で、久しぶりに硬貨を4枚、小さいお札で2枚のお釣りを貰った・・最近は

硬貨をすっかり忘れていて、殆ど流通していないのではないか?と思っていただけに驚いた!

矢張り紙幣だけの国だった名残りで大方の人が嫌う気がする、重いから嫌われている感じが

していたが、今朝、全部店で使用してきて・・ほっと安心した・・(+_+)

お金に変わりはないのに・・この国の人のお金に対する考えは凄く異常だと思う時がある。

日本では少し破れていたり、セロテープなどが貼ってあっても、お札に字が書いてあっても

真剣にそれを眺めて、受け取ってくれない場面は余りないと思っていました。銀行へ行けば

変換してくれる場合もあったし、お札に関しては日本人は凄く甘い考えがあったことを思い

知らされる場面が私も含めて、特に外国人には厳しい気がするのです・・(-_-;)

少しでも破れていたり、切れていたり、字が書いてあったりするとマジマジとお札を眺めて

突き返してきます。何処で貰ったのか見当もつかないが・・忙しい店や意地の悪い店員達は

「さも不愉快そうに舌打ちしながら・・早口で取り替えろ!」「こんなお札は使用不可能」

と投げてよこす人もいます。私は幸いにして、今の所は1度切りで、少し破れていた紙幣を

「これは駄目!」と言われた位ですが≪最も慣れた店しか行かないし、殆どが顔見知りだと

言う事実と個人的にも支払には気を付けている部分もありますが・・(^_^;)≫

何度か外国人が言い争っている場面には遭遇しました・・全く譲らないから・・根負けする

し無駄なエネルギーだと思うのですが・・血の気が多いこの国の人は数人が固まって来ては

口を挟むから・・先ず後退しなければ終始がつかないのです。

確かに、銀行へ行くとポスターが貼ってあったりしますが、それにしてもほんの数㍉の破れ

でも文句を言う国民です・・(@_@;)

だから、スーパーでもタクシーに乗っても傷物は返されるという現実があります。こうなる

と傷物の紙幣はどこへ行くのだろうか?  ▼時折考えます▼

銀行でも店でも使用できないのですから・・最近は沢山の数に紛れ込ませ、ぴったりの金額

を出すように狡くなった気がする・・うふふふふ

外国人でそれも若い人には厳しい感じがします。多分、文句は言わないだろうという計算上

のことだと思いますが・・(-"-)余りいい感じはしません!

勿論、概ね、外国人だからという理由で吹っかけられる場合はありますが・・老いている分

優しく接してくれます・・あははははは

又、こんな光景もよく見ます・・

豆乳やお強、果物のジュースを買って「砂糖を入れて」なんて注文すると見知らぬ店ならば

吃驚する位の「砂糖」を入れてくれます「これでもか?」と言わんばかりです・・(@_@。

偶々、そんな店で買うと下に沈殿している「砂糖」に驚かされます!!

お強等でも「それで充分です」と言うのだけれど・・凄く多くかけてくれるんです。

日本ではそこまで「砂糖」は使用しなかったから、この国に来て{甘い物は本当に甘過ぎる

味覚を覚えて、自分で「砂糖」が欲しい時入れる様にしている。購入時には全く無糖状態に

しています}甘さの度合と言いますか?きっと、感覚が違うのでしょうねぇ・・(*^_^*)

コーヒーを飲まないから味は正直、理解していませんが、ベトナムコーヒーの小さなカップ

に半分位は練乳を入れ、その中にコーヒーを落として飲むのですからさぞかし、甘いのでは

ないかと想像していますが・・それをこの国の人は1日に数杯も飲みお喋りしているのです。

長閑で、気楽な人達が多く、なぜだか《男性のたまり場》になっています・・(/_;)

そして、この国の男性は“煙草”を凄く吸います・・立ってても座っても。露店でも、歩い

ていてもバイクに乗ってさえ“煙草”は外せないほど喫煙国でもあり、それが男性の象徴の

ようにも思えて・・面白いですが”煙草”を吸わない人は凄く迷惑だと思っても・・それが

この国の自然な姿ですから・・仕方ないと思っているのですが・・(-_-メ)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/20(Sat)
雲が拡がっていたので、黄色の太陽は淡く、遠近を穏やかに照らしだし、朝日が脆く崩れる

かの様な感じで昇ってきたのですが・・今朝大きな市場へ連れて行って貰った帰路には既に

あの危ない感覚が強い紫外線を全身に振りかける程の暑さに変化していました・・(@_@;)

 **ぎらぎら太陽が自分自身を誇示して威張っている感じです・・ははははは**

相変わらず市場は人出が多く、狭い道路にも、バイクが平気で入ってくるので、店に立ち寄

っていても神経はそっちに向けていないと猛烈な勢いで狭い道を通過したり、バイクを降り

ないで買い物をする人が多く、身勝手で、人の迷惑等考えない国民ですから「大声で怒鳴り

私が手に取っているのにも関係ない」という有様です・・(+_+)

ま、何時もの事ですから、そんな事では怒ったりはしませんが・・そう言う意味では日本人

は最低のマナーは躾けられている感じがして、一寸ばかり気持ちは嬉しい・・えへへへへ

近辺の店で買うと少し割高だが、市場はスーパーより安く品数もあるので、好きなのですが

兎に角、同じ店が隣同士で数件並び同じ品で値段が違うから・・運がよければ安く手に入る

それほどの差額ではないが・・でも物凄く不思議です・・(@_@。

 ≪それが許されている事にも不可思議な国民性をもろに、マジに感じる私です≫

市場の前ではバイクタクシーがしつこく客引きをするもので「要らない、結構、NOなど」を

何度も言う羽目になり、ずっと後を追いかけてくる人もいて・・これは少し感じが悪い?

執拗さにうんざりする訳で、ヘルメットを持っているし、自分で運転しなくても相手がいる

事は理解できる筈なのに・・そう言う事は一切考えず自分の事しか考えないからだと思う!

先だって、中部地方の『タレ無し麺』について書きましたが・・今朝食して来ました。

米粉ではなく小麦粉で作られた全く“うどん”に似た感触の麺でした。あっさりした味付け

で、唐辛子入りニュクマム、スープが付いていました。

野菜はミント、バジル、もやし(生)バナナの花、等が皿に載せてあった。米で出来た日本

で言えば{かきもちの様なせんべいの様な物}が焼かれていたのも一緒にでてきました。

それを、細かくカットし、かき混ぜて食べるのですが。タレは下の方に少しあるから、全く

タレ無しではなく・・軽いいい味でした。肉も、海老も入っていて、値段的にはフォーより

少し高かったのですが〔それでも日本円で200円もしなくて・・初めての味でしたが・・

先ずはいい点数でした〕スープの味は香草入りでしたからか好みでした・・(#^.^#)

※面白いニュースを発見しました・・

 人類の進歩は著しく迅速で、アナログ人間には暮らしにくい世の中になったのはこの国で

 も同様で現実化しています。 ベトナムにはお盆や旧正月『テト』の日用品をかたどった

 紙製の冥器を亡くなった人があの世で困らないように捧げて供養する習慣があるのです。

 少し前までは、紙幣や洋服などが主流でしたが、最近は【ハイテク機器】を型どった冥器

 が注目を浴びているという話です。

 因みに【ハイテク冥器】には、携帯電話、液晶TV、洗濯機などもあるそうです。

 又、ある地方では1番人気の○○ダの高級バイクSHシリーズが有名で、価格は大きさや紙

 の種類によって異なるが日本円で5000円位もするのがあると言う。

 時代の流れと、情報機器の凄さが確かにこの国にも波動となって押し寄せて動いている事実

 を痛感しました。(アット・サイゴン)より
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/19(Fri)
幽かな弱い光がぼやけて、重そうな体を擡げかと思ったのだが・・分厚い雲に遮られたのか

すっかり空は曇天となってしまった・・(-_-;)

昨夜は日中が暑かったせいでしょうか?夜も気温が下がらず、久しぶりに扇風機を弱で回し

夜中まで温い風の下で眠っていた。ずっと朝までは点る事が出来ない人だから、途中で消す

のだが、室温は余り下がらなかった気がします。

曇り空で明けたホーチミンですが・・昨日は真夏の太陽と積乱雲があちこちに出現していた。

 △青い空に真白い雲がモクモクと出ている姿を見るのも興趣有りの一語でしょうか?△

夏空を思いきり楽しんだ日でしたねぇ・・(*^_^*)

息子に依頼されて3月に帰国したとき、購入してきた本が回って来て、昨日は没頭する様に

読破した。名前も存じあげない方(下川裕治さん)でしたがタイのバンコクへ何度も行かれ

色々な本を書かれている人なのですが・・私の興味から外れていたのでしょう・・<(__)>

その中に老後のロングスティが書いてあり、凄く感銘し考えさせられることが多かったので

一寸、聞いて頂きたいと思いました・・

日本でも定年後の生活については種々様々な問題となりライフプランの選択肢が多岐に渡る

事はご存じのことと思います。でも正直なところは自分が海外で老後を過ごす事など範疇に

は無かったし・・未だ何1つ考えていなかった・・(^_^;)

それ程計画性も金銭感覚もずれまくっていた性格で、真剣に老後について考える様になった

のは、還暦を過ぎた辺りだったから・・(;一_一)

≪東南アジアで日本人の老後の年金を外貨取り入れと思考する国家政策が有った事さえ全く

 無知でした≫    【本当に恥ずかしい限りです・・(/_;)】

マレーシア、フィリッピンが先頭になって進行していたようです。

その上、厄介なビザ発行条件が一定額の補償金を現地銀行に預ける事で有利な規定がある様

でしたがそれも見知らぬことでした・・(-_-メ)

尤もそんなお金はなかったから思いつく事もなかった現実の生活で・・あははははは

タイは90年代末にロングスティビザを新設して・・日本円で300万円の補償額を必要と

したらしいのですが、他国に比較して廉価だった為、かなりの期待と関心が集中したそうで

すが・・(それも知らずにいたのです・・(・_・;))

タイの政策にはもう1つの思惑があり、バンコクで不良債権化していた高級コンドミニアム

の活性化を狙っていたそうです。タイにもバブル期がありその時に銀行の融資を受け、沢山

のビルが建てられたが、その後、景気が低迷して、抵当物件となるコンドミニアムが続出し

た事や賃貸でも、住む人を探したい願望から日本の年金生活者にスポットが当てらたという

話でした。

こう言う物の考えはアジア全体にあって{日本人は金持ち}が念頭にあるからで、勿論この

国にもその傾向は何時だって何処にだってありますから・・うふふふふ

東南アジアの発展は著しいけれど、日本の様な年金制度はないから・・他国にすればそれは

凄く美味しい《蜜の味》であり《羨望感》でもあったのだと思います。

アジアの国で生活する事は現地の人の給料を考えてみると、凄く贅沢で、日本では精一杯の

生活でも思う存分暮らしていける事が可能だからでもあります。

しかし、東南アジアの国が考える程日本は裕福ではなく”年金にも様々な疑惑が出てきたり”

日本人の資産や生活がいかに大変になって来ている事かは統計学的な考えでしか物事を判断

しないで行動した結果のつけが現在到来していると言われています。

*ここに大きな誤算が生じてしまった!*日本人は年金や退職金の使途を躊躇うようになり

 海外生活は粉砕した結果となってしまったらしいのです*

実際問題として、私個人もこれから先の不安を抱えているのは事実ですし、出来るだけ使用

しないで生活するようになっているのも現況です。

それでも、海外で暮らした方が生活費が安価で貯金も増えると計算した人も多かったことも

本当の話です。所が現実の生活を体験すると・・それ程甘くない事に気がつかされる!

言葉の壁は厚く、習慣、風習、気質の違いに戸惑う程度ではなく根底から引っくり返される

場面が余りにも多く老後生活はお金だけでなく、もっと巨大な大波を被ることを計算に入れ

ていない部分があると思うのです(経験上ですが・・(@_@;))

また、本格的な介護を必要とした場合は満足にサービスが受けられるか?の心配も山積して

そんな事を考えてみると決して海外移住が素敵なものではない事を理解して頂けると思うの

ですが・・!(^^)!

日本人はとかく【子供の世話にはなりたくない】という考えがありますが、そんな事を言う

事させ憚れる状態になった時を考えると驚愕の思いが全身を貫く日もあります。

★こんな課題を絶えず持って暮らす事が『老後ではないと思うし、優雅でいいわねぇー』も

 決して言えない言葉であると思います★

現在生活してみて、確実に言える事は「年金生活者にとっては不可能ではないけれど」他国

との考えの中の乖離概念が余りにも違い過ぎる事があるという事です。

個人的感想ですが彼の本を読んでいて、色々と考えさせられる事が多々ありましたし、タイ

からこの国へ移行してきている多種多様の外交も考えねばならない問題として残りました。

ただ、この国は社会主義ですから・・他とは違った部分が多くある事も事実です・・(-"-)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/18(Thu)
真白に近い日差しの中ビルを半分隠すようにして昇りつめた太陽は瞬く間に空を覆い尽くし

輝きが戻ってきた朝になりました。気温は恐らく30度を切っていると思われ、日本の寝苦

しい夜が嘘のような涼しさで、肌がけがないと寒く感じる夜になり、まるで秋口を思わせる

気温です・・(@_@;)

ハノイも日中の気温が30℃位ですから、それと、大差はないと思います。もっとも南の方

ですから1、2度は高いですが・・(#^.^#)

すっかり馴染になった和食やへお昼を食べに行きました。多すぎる定食メニューに散々迷い

[細巻きセット]を依頼、それでも、サーモン、胡瓜、トロと3種類1口大が6つずつあり

その上、サラダ、茶碗蒸し、デザートのフルーツ、コーヒー付きで500円程です。

珈琲は飲めないから断っても全部は食べきれなくて、他の定食も、日本にある物なら殆どが

揃っていて、値段的には1000円もしないのです。

もう数ページに渡ってその種類があるから、毎日食しても飽きない位はありました。しかし

この国で500円から1000円の昼食は高価で、概ね外国人ばかりで、この国の人が入り

食している姿は1度も見た事がない。

だって、1日、500円以内で十分に満足する食事が摂れますし、結構美味しいから、慣れ

た口には高く見知らぬ食べ物は敬遠されるのではないでしょうか?・・(-_-;)

今朝の私も朝昼で200円程度。それでも野菜も買い、豆乳やヨーグルト、パンも買えたの

ですから・・(*^_^*)

男性は、又、仕事を持っている人には適当な値段(きっと日本の半額、量は多い}だと思う

のですが・・それでも満腹になると思いますよ!

最低限の生活が出来て、日本に比べたら野菜も肉も魚も凄く新鮮で・・廉価なのが、この国

で生活する最大のメリットだと思います。ただ、果物は特に㌔売りだから・・1人暮らしに

は一寸問題ありですが・・(・_・;)それでも1片だけ食べたい時はカットされて売りに来る

事もあり、店でも半分から剥いて売っている所もあります。

何時も書いていますが、衣食に関してはかなり安いです。住は仕方ないと思います。未だに

発展途上で満足がいかない状況ですが・・少しずつ豊になりつつあるところでしょうか?

最近は日本からは勿論、海外からの進出が激しく、12月には日本から和食専門店(東京)

から大手のチエーン店がフランチャイズ事業を展開をするという発表がありました。

この国との合弁会社になる様で、この形式がかなり多いと思います。

◎{個人所得税や法人所得税の減免が国会で修正されたニュースもありました}

  停滞する経済に対しての国策として企業や個人の負担を軽減するために、減免税措置を

  修正し、本年納付する1部産業の中小企業の法人所得税を30%免除するようです。

◎{アルミ製品特にフライパン}鍋などの生産を日本の大手会社が全てベトナムに移管する

  という話もありました。

◎{ホテル・二ッコウ・サイゴン]が12月にホーチミンに開業する}

 同ホテルは23階建てで、客室334室のほかサービスアパート53戸を併設する様。

 一大ビジネスセンターとなる予定だそうで、ハノイにはある様ですが今回はホーチミンに

 建設されるというのです。

大きな企業の参画で日本もやっと、タイからベトナムへ移行してきた感じでしょうか?

割合見知らぬ小さな会社は無数にありますが・・大手の参画は規模が違うので・・どうなる

のか?案じる場合も多々あります。

そこまで国民の意識が高揚していないのと貧富の格差が余りにも大きな要因として現実には

立ちはだかっている事実があるからです。国民の儲け話には姑息で狡猾な事が多いのが普通

だから・・大手は心配ないでしょうが・・あんまり大きな企業がのさばる様にニョキニョキ

建つのは問題があると私は思うのですが・・(-"-)(週刊ベッター)より
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/17(Wed)
辺りは薄明かりの中ビルの影からほの白い輝きが朧げに差し込んできて夜明けがきました!

昨日は夕方から珍しく雷鳴と豪雨に見舞われて[スコール]感覚を確実に体に感じるほど

知らされました・・\(◎o◎)/!

本当に今年は[スコール]らしさがなくてしとしと雨やじとじと雨、ときには篠突く雨にも

何度か遭いましたが・・本来[スコール]らしさには程遠い感じでした。

<それが1度に来たようで、激しい雨と雷鳴は夜まで続きかなりの雨量だったと思います>

今朝は雨跡が両側の道路や家々の屋根にもしっぽりと濡れた感覚が残っていました・・(-"-)

日本より、ずっと涼しい気温だと思います・・暑さで熱中症が出ている事など{どこ吹く風}

申し訳ないですが・・そんな暮らしがこの数日続いています・・m(__)m

”常夏の国”なんて嘘でしょうって言われるかも知れません。湿気はありますが日差しが少

しでも出れば、大抵は乾燥するので・・雨の足跡を消してくれます・・(#^.^#)

韓国の教育熱心度は相当で、試験会場まで、パトカーや白バイで先導されたりするニュース

を聞いた事がありますが、このベトナムもそれに近い環境が富裕層を中心に拡大しています。

何時も話しておりますが《子供は将来の国の宝》だから、子供に期待をする度合もどんどん

エスカレートしています。

学校の送り迎えは勿論、大学入試試験なども親が送迎するほどで。その為の交通渋滞は異常

になっています。その上、日本でも一時流行した<英会話教室>もあちこちにできています。

塾も然りで大盛況みたいです・・(@_@;)

日本人は中学から英語を学び会話以前の文法が主体だから、何年やっても成長せず、入試に

対する勉強が先ず先行されますが・・!(^^)!

韓国も違いますが、この国も日本とは違った考えで英会話や塾の考えがあります。日本人は

仕事関係とか?必要に迫られて学校へ行く大人の為の教室が多かったように思いますが・・

この国は【先行投資】で子供の将来への希望として通う事の方が多いのです。目先だけでは

無くて・・長い将来を鑑みて計算された事があるように思われ・・本来のベトナム人の性格

からは想像出来ない思考です・・(@_@。

目先の損得だけを考える国民気質ですから・・凄く不思議です。時代が変化している証拠だ

と感じます。家の家族の子供もインターナショナル・スクールに入っていますが・・車での

送迎や親の富裕度を測られている感じがして・・一寸嫌味かな?

{学費も年間で10,000㌦以上だそうで、決して、決して安価な金額ではありません}

それでも、見栄を張る意味や、誇示したい気持ちが親にはあるようで、私には関係ないけど

この国の変貌を間近で見ています。そして卒業と同時に海外留学を希望することが多いとも

聞きました。これからが楽しみな国になるのでしょうか?

また≪日本語が話せる事でまた、日本語学校へ通っていた理由≫で日本は今迄は最先端の国

であり、日本へ行くことがお金儲けでもあり、勉強でもあったのですが・・近頃はそうでは

なく、グローバル化してきているのが現状だそうです。

日本人は人と違う事を言ったり、行動する事を(排斥)する気質がありますが・・その事は

この国では理解してもらえない現実だと思いますし、不思議な感覚だと言われます。

前を向き、賢明な国民と言う意識が少しずつ減って行っている感じは否めません・・(-_-;)

残念ですが、これだけ情報網が拡大してしまうと選択肢が多すぎて、さまざまな考えが登場

するのは仕方のないことだと思いますし、日本も早く島国根性や自国だけの狭い環境からの

脱出を望みたいと思っています。これだけ成長した経済と利発な日本人なのですから・・心

から信じ安心できる国と愛情を持ってほしいと思われてなりません。

               **個人的見解ですが**
 
(CRE ASIA CEOより)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/16(Tue)
薄雲の中から穏やかな優しい陽光が差し込んできて、太陽はすっかり顔を出し、元気溌剌を

アピールしてくれている今朝のホーチミンです・・(#^.^#)

昨日は雨が断続的に降っては止む有様でしたが、今朝は2日間の雨催いから抜けだした様に

勢いがいいようです。こんな日は頭痛がなくて気持ちも晴れるから好きです・・(*^^)v

ただ、肌寒くて、全く扇風機をつけない日でもあり、洗濯物が乾かなくて困りました。

以前はベッドのマットをベランダに干したりしていたが、もう力もないし、ベランダ使用が

不可能だから・・雨が続くこの『雨季』は何となく体の疲れが取れない気がするのです!

でも、今日は思いきり朝の太陽を焼きつけ、朝食を買いに出かけました。

この所、外食が多くなって胃も「お疲れさん状態」だから、仏パンに豆乳を浸し、トマトに

ライムとニュクマムをかけてサラダにして食べました。

手抜きもいいところですが・・胃に取っては温かい感じだから・・いいかも?なーんて!

相変わらず工事が終わらない。見上げると本当に高く感じるが、毎日セメントとタイル貼り

の音が凄いから嫌になる・・(-_-;)     愚痴多しです・・<(__)>

日本には{味噌汁がある様}にこの国には色々な{スープ}があります。

代表的なものを少しだけご紹介です・・

ベトナムの{スープ}は大きく分けて2種類あると思います。いわゆる、洋風の{スープ}

とこの国独特の{カイン}とがあります。中身は何でもありですから、種類もその家庭に

よって嗜好が違うし、その意味では数は無限大です・・

ま、一般的と言われているものだけです。

洋風の{スープ}はとろみがついていますが、{カイン}は具沢山で香辛料や香草入りです。

スパイシー感覚があって、ベトナム料理には欠かせない1品です。先ず、必ずと言う位一緒

についてきます。安価ですから、それにご飯の最後に汁をかけて食べることも多いです。

◎カイン・チュア

 南部地方ニュクマムや魚介類が多く獲れる地方の{スープ}でこの国の代表者です。

 トマトとタマリンド―(マメ科の植物で酸味あり)がベースになっていて中身は色々です。

 野菜、香草等が沢山入っています。かなり酸っぱい感じの{スープ}です。

◎カイン・ドー・ビエン
  
 シーフードにスパイシーな香辛料を擂り込んで魚や魚介類がたっぷり入った{スープ}で

 辛さと酸味があります。大きな魚の身や海老、イカなどがごろごろ入っているので、満腹

 感が味わえます・・(*^_^*)

◎スップ・マン・タイ・クア

 蟹とアスパラガス、卵の{スープ}で、とろみがついているのが特徴です。ベトナム料理

 だけではなく、洋風の料理にも合うので用途は多種です。それほどしつこくないからパン

 とこの{スープ〕だけでも十分美味ですしお腹に丁度いいかも知れません。

簡単に少しだけ書きましたが、日常的には大方は名前の知らない葉っぱだけの{スープ}が

家庭ではよく出てきます。苦売りの肉詰めの{スープ}もありますし、カボチャや、蓮の実

入りも見かけます。≪ちなみにこの国では{スップ}といいます≫

蓮の実は柔らかく、特に癖がないので、どんな料理にも入っていることがあります。

日本でいえばお酒のつまみで出てくる(枝豆)的存在でしょうか?

結構止められない位食べている時もあります。ネチッとした感覚がありますが・・嫌いでは

ないですね・・(-.-)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/15(Mon)
朝方薄明かりの中を広がっていた光が午後からはすっかり雨雲の中で(お昼寝タイム)を

貪っている様子で、しとしと雨が昼前から夜まで降っていました・・(--〆)

気温も下がって扇風機の出番が我が家にはなく、髪を乾かすのに・・暫く点けていた位で

思いがけなく日中も涼しかったです・・( ^)o(^ )

直射日光がないから・・本当の日焼けは去年が暑かったせいと家探しで毎日の様に出かけた

時に出来た{皺やシミ}が身体に現実にはかなり点在していますが・・あはははは

今年は増加していないから、未だ紫外線の影響は受けていないのかも知れません・・(+_+)

この歳でそんな事は気にならないのですが・・時折、掃除の“おしん小母さん”が私に言う

のです「顔にシミが出来たとか、足のシミが大きくなった」などと・・(#^.^#)

正直、早朝と夕方しか殆どは外出しないから、紫外線を浴びる事がない現今の生活、当然で

すが、上手く説明も出来ないし”おしん小母さん”未だ38歳というのに、本当に老けた感

じがする、明るさも陽気さも全くなくひたすら”おしん精神”で耐えているのかしら?

なんだか気の毒である・・(-_-;)

だから私に気を許して、話したり、部屋に入ってから少しベッドに横たわるのが最近は多く

なった。きっと私の部屋はあまり汚していないし朝は必ず掃除するし、洗濯も依頼しない。

(ベッドのシーツ交換と枕カバー)だけは勝手に持って行き、洗ってくれるが、今工事中で

私の部屋の前とその上に洗濯物が干してあるのだが埃が酷く、シーツも何度も掃ってから掛

ける日々です・・(-_-;)

先日も一寸だけ繁華街の事を書きましたが・・

ホーチミンで外せない【ドンコイ通り近辺】を書いてみます。私の家から歩いて40分程度

で着くのですが、大きなビルや老舗と言われ[あらゆる旅行本には掲載されている店]等は

健在で、大きくなっている店もあります。無論、消えた店も多々ありますが・・( 一一)

この通り自体は広くはないのですが、ここを中心にして繁華街が広がっているしショップや

レストラン、土産店が多く観光客の人気スポットとなっています。

概ねこの通りから歩いて見て回る事が可能な位置に観光地も店も、ギャラリーもあります。

①ホーチミン人民委員会庁舎

 グエンフェ通りの北正面にある豪華な庁舎で西側にはレックスホテルと共に、夜は特別

 ライトアップが美しい場所です。以前に<東洋のパリ>と言われた風景がそのまま残存

 している姿は当時の”サイゴンの繁栄”を偲ばせます。

②歴史博物館

 この国の歴史を説明するのには1度は訪ねたい場所です。1929年の建造物で、少数

 民族の衣装や青銅器、当時の棺や、レー王朝の展示物が並んでいます。

 (11時~13時半はお昼寝タイムで閉鎖されますのでご注意ください)

③市民劇場

 1899年の建設当時は〔オペラハウス〕として利用されていましたが2000年に改装

 工事がすっかり終わって綺麗なピンク色の建物に変化しました。現在はベトナム人の演劇

 や、ファッションショーが行われているようです。

④聖母マリア教会

 ドンコイ通りの北側にあるカトリックの教会。赤壁が有名でステンドグラス等は仏からの

 輸入品が残っている。6年もの歳月をかけて作られた教会の前には(聖母マリア銅像)が

 あります。乾季には特に教会前で新婚さんの写真撮影が頻繁に行われています。

 観光客には驚きのポーズと時間をかけて撮影するので観ていて楽しいし時間を潰すことも

 可能です。本当に美しく、照れや羞恥心のない気質だから、大胆で、吃驚するシーンにも

 出会えます。本人たちはそれにのめり込んでいるから・・周囲の喧噪等何も入って来ずの

 状態で、一種の快感に酔っているような光景を見せつけてくれます・・(*^_^*)

 他人でも幸せな姿は嬉しいものです。およそ6時間から1日掛りで写真撮影は行われると

 言われています。日本のお色直しと同様で何度も着替えます。

⑤中央郵便局

 19世紀仏領下に建築された建物で、黄色の壁、緑の窓枠。細部に巡る石細工がフレンチ

 式で、内部は吹き抜けになっているため入った感じは教会?駅?を感じさせます。

 ここは写真スポットですがスリが横行している情報もあり要注意です。

 この国に来た時{レ・タントン通り}から数日おきに手紙を出しに行き、個人的には1番

 懐かしい場所です。先日、中まで入ってきましたが・・以前より変化していました。時代

 の流れを思いきり感じました・・(-"-)

⑥統一会堂

 サイゴン陥落の舞台となった旧南ベトナムの旧大統領官邸。

 100室以上も有る部屋は驚きです。戦時中に使用された暗号の解析室や、指令室などが

 あり屋上にはヘリーポートもあります(国賓を迎える行事や会議に使用されています)

未だ未だ沢山ありますが・・またの機会に・・

ホーチミン市内のほんの1部分です・・仏領下の色彩が色濃く残っている場所でもあります。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/14(Sun)
曇り空の中から見えない日差しが薄明るく輝きを辺りにまき散らし始めやっと夜明けが訪れ

た感じです。昨夕は何度も雨は降ったり止んだりしていたが・・久し振りのお湿りだった!

最近は少し暇になった息子はよく食事に誘ってくれ昨日も雨の中、新しく出来た創作料理店

<ベトナム料理>へ連れて行ってくれました。

雨は彼の顔からシャツまで濡らしていましたが、合羽を着るほどの事もなく、ましてや私は

大きな背中に隠れて殆ど濡れずに到着した有様でした・・m(__)m

その店はそれ程大きくはなくて、壁に民族楽器が飾られ、ベトナムの風景画が壁を彩リ趣向

的にはいい感じでした。ただ、ベトナム語と英語のメニューで、絵がないので想像出来ない

のが難点でした。メニューも油が付いていて、ギトギト状態でおしぼりで拭いていました!

多分「馬鹿な神経質の日本人が細かいことを気にしている」と囁かれている気がしていたが

今まで行った店で、こんなメニューを見せられたのは初めてだったので、拭いて置きました。

数はそれほど多く注文しなかったのですが、その量の多さにびっくり、大きな皿に3人分位

は確実に載ってあり、サラダもほうれん草を天ぷらにした上に海鮮物、海老等、野菜が一杯

入っていました。サラダだけで十分な量?でした。解らないもので、私はビーフンの炒め物

も依頼したが、これがまた又、凄い量で・・下にあるビーフンまで引っくり返さねばならぬ

程上にあんかけ的な海鮮物が載っていました。1つ1つが大きいから、もう満腹状態でした。

《味は特に拙いとは思いませんでしたが・・脂物が重なったので一寸胃が重かったです》

息子に言われて気がついたのですが・・楽器はそこで演奏するようで、小作りの舞台があり

アンプもマイクも置いてあり、途中から演奏するのでしょうーチューニングしていました。

ベトナムの琴は初めてで聞きたかったのですが・・時間が来ないと多分演奏はしないと思い

それは次回のお楽しみ・・(#^.^#)になりました。

その後ろで、狭い隅の一角で、勿論、誰も知っているあの菅傘(ノン・ラ)これが店の名前

でもありましたが・・その傘に{ベトナム書道}と言うのがあり、2人の男性が書いていた。

ダラットなどの中部が盛んなのですが、当初、ダラットへ行った時に深い感銘を受け、凄く

感動しました・・(@_@。

もう1度来る機会があれば「これだけは挑戦したい」と思っていたのですがホーチミンでは

探せなくて、先日やっと本を読んでいて発見した所でした。偶然の遭遇でした・・(*^^)v

息子が「見て来たら?」と言ってくれたので、座って書いている処を見せてもらいました。

それは菅傘の山部分に細筆で文字を書いていて1人は赤字でした。とても器用でした。

手本を傍に置いて書いていたので、この国の諺か?詩?民話などのある部分だと思いました。

食事の途中だったので戻り、又、食べていたら息子が「頼んで書かせて貰い、購入したら」

と勧めてくれたので・・話かけましたが、酷い私のベトナム語(何時もは通じていたのに)

「幾らですか?」と言っても全く理解してもらえなかった!近くにいるウェイトレスの人も

理解出来ない様子で、マネージャーを連れてきた。彼は英語を話したので、傘を買いたい事

と自分で書きたい事を依頼したら、すぐに「OK]がでました。沢山の人が後ろで見ている中で

狭いから、胡坐をかいて、筆を借りて傘一面に童謡?て言うのか解りませんが・・日本人で

有れば誰でも知っている【故郷】えーーそうです、ウサギ追いし・・♪を書きました。

筆は絵画に使う筆で、又、墨ではなく油絵のペイントみたいなものでした・・(-.-)

何せ、絵は全く描けない人でそれが“絵?”と言われるほど下手なのです!人間も動物も誰

もがそれとは判断できない程の拙さなので、ペイントとは違ったかも知れない・・(・_・;)

書道だけは唯一何十年も真面目にやって、家元主義に反発して先生が亡くなったと、同時に

その争いの中、止めました。ま、本当に数年間だけ教室を持ったり代稽古をしたりしていた

のですが・・それもスポンサーがあっての趣味でしたから、柱を失ってからは、自宅で数年

主婦を対象に教えていましたがそれも止めました。それが書道の経歴ですが・・(#^.^#)

人に言えるほどの力はありません。ただ、不思議なのは臆せず何処でも書ける図太さはある

という事実でしょうか・・ぎゃはははは

その日はTV局が入っていて、店は少しずつ、混んできていました。私はマネージャーの好意

で、数分間で傘に書きました。誰だか見知らぬ人が沢山写真を撮っていましたが・・!(^^)!

書き終えたら、マネージャーが「それは貴女に差し上げる」と言うので驚いたが、有り難く

頂戴した・・<(__)>

背中に沢山の人がいて、前にはプロがいるのに何とも厚顔無恥で、謙虚さもない行動でした

が私に取っては面白く楽しい時間でした・・(*^。^*)

お正月だけは書道をして新年を迎えていました。{俳句の短冊や色紙を書いたり少し前まで

は額に入れたりもしていましたが、引っ越す先の玄関や床の間が違うので・・段々と面倒に

なって、近年は小物ばかりになっていました}・・あははははは

ま、自己満足以外の何ものでもないのですが・・決まった様に書いていました。それ以来で

でしたから1年半ぶりでしょうか?

帰り際、大きなその店の袋(結構良い品)にすっぽり入れてくれて持ち帰りました。

思いがけなく、想定外の時間で楽しい食事になりました。息子に感謝!感謝!
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/13(Sat)
歩いていると、朝日が眩しく目に飛び込んでくる・・その曙光は既にかなりの熱をはらんで

今朝は暑さを感じる日になってきた・・とびきりの笑顔が覗いている感じがして気持ちいい。

土曜日は店が半分になるから、食事も自分で殆ど買い物に出かけないで工夫して食べている

のだが・・仏パンに夕べのおかずを挟んだり、スープや豆乳、牛乳などを浸し、香草をいれ

たり、ハムやソーセージ、チーズを挟む。御飯の時は総菜だけを買ったりしている。

今のところは未だ色々な事が試食段階だから・・飽きるまでにはいかないのが有り難い!

最近は売っている(バイン・ミー)仏パンのサンドイッチは少し、飽きてきた。種類が少な

いせいだと思う・・(--〆)

※ハノイから週末出かけられる避暑地(バヴィ高原の公園)について・・

ハノイ中心部から北西へ70㌔、車で1時間半ほどで割合直ぐに行ける場所バヴィ県。

家族連れが多いそうですが、高原なので涼しく週末は人出も多い。ハノイ中心部から凡そ

6度も低いバヴィ高原は、矢張り仏領の頃の避暑地として、昔から人気があったそうです。

ハノイ市内唯一の国立公園を始めバヴィ山から数㌔県内は森林公園が点在していて、大抵が

有料なので、その整備は確りしている。

爽やかな高原の風の中散歩や森林浴は体も心もリフレッシュさせてくれる場所でもあります。

ここには有名な公園が3つあります。

①ティエンソンスオイガー公園

 木漏れ日と清流、森林浴が満喫できる。全体は自然を活かした造作となっていて、沢沿い

 に続く遊歩道はマイナスイオンの宝庫。

②バヴィ国立公園
  
 頂上近くまで車が入り、歩くと13㌔もあり、片道で(5時間はかかる絶好のハイキング

 コース)でもあります。レストラン、プールもあります。

③アオヴァ公園

 公園内で沢登を楽しむことができる。小綺麗なホテルが湖畔にあリ眺望は素晴らしい。

 プールも土産店もあります。

かつての仏領時代に建てられた別荘が廃墟となって残っているが濃霧の中に佇む姿はある

種異様で栄華の残影と物哀しい雰囲気を味あわせてくれる。公園でガイドを雇う方が安心。

又、バヴィと言えば乳製品が有名で、ハノイのスーパーにはどこでも見かける商品が多い。

涼しい気候が乳牛を育成させる条件に適しているとの事です。でも、山羊の乳酸品も多くて

牛乳より濃厚だと言われています。ハノイへ向かう道路際には乳製品の店が沢山あります。

無添加だから日数が持たない不便さもありますが・・(-_-;)

近郊には1泊すると行けるリゾート地もありますので時間の余裕がある人にはお勧めです。

≪昨日は週刊ベッター、本日はガイドスケッチ参照≫をしました。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/12(Fri)
早暁の空は心を温かく包み込んで、日差しの到来を待ちわびる心地がして、何よりも好きな

時間です。靄がかかったような雲間から、又は薄曇りの雲、暗雲の中から必死の形相で昇り

出す太陽は1日のエネルギーの源でもあります。≪個人的趣向ですが・・(*^^)v≫

朝だけが特別元気な人だから、尚更、朝日のない日は気分が沈下してしまい終日、鬱陶しく

思考する力がスローダウンします・・(#^.^#) 大した頭ではないけれど・・きゃはははは

時々思うんです≪私って大昔の農耕民族の血がかなり流れているのではないかしら?≫等と

朝早く起きて、夜は殆ど8時過ぎには大概眠っています{陽が昇り陽が沈むと寝る}状態!

さすがに何時もではありませんが、神経が興奮したり、些細なことが引掛って・・眠れない

夜も割とありますが・・あははははは

そんな時は「起きて本を読んだり、違う事(例えば、旅行の事とか、友人の事)を考えたり

して時間を過ごしていますが・・咽喉奥にチクリと刺さった小骨が気になって仕方ない様に

あちこちベッドを転々としてる日もあります・・えへへへへ

ま「生きているからだよ」なんて言い訳していますが・・心の何処かで考えても仕様がない

「なるようにしかならない」なんて思いこむことも沢山あります。

人間長くやっていると思いがけないことが出てきます。でも災害や震災、放射能に遭遇され

た人達の心や身体の脅威と叫びを思い出すと、こんな詰らない事で悩むわが身が恥ずかしく

自由勝手に生きさせて貰っているこの時間をせめて真剣に対峙して生きなければなんて思う

日々で、有り難く感謝しています・・m(__)m

   {ホーチミンの今朝は柔らかい太陽がすっかり昇って周囲を見渡しています}

※ベトナムローカルニュース・・

◎マンホールにタクシーが転落したが運転手は無傷・・

 ホーチミンではグリーン色のタクシーは(マイリン)と決まっている程有名な会社です。

 従業員の女性もグリーンのアオザイ姿で、綺麗ですし、それと直ぐに判るほど。

 タンビン区で、別道に入ろうとしたところ歩道に乗り上げて深さ約2㍍の排水用導水管の

 マンホールに転落した。運転手は自力で脱出したが怪我はなかった。

 このマンホールは歩道上にあり蓋もなく、警告標識もなく、近辺では何度もそんな事故が

 目撃されているとか・・怖い話です・・!(^^)!

◎工事現場から金が採掘された?・・

 バンメトート市のある村で、廃品回収業の女性が工事現場に積まれていた石の中から金色

 の物体を拾い本物の金と思いこんで話したら、村中が大騒動になった。

 彼女が見つけた時からあっと言う間に噂は広がって村中から近隣からの人で道路は大渋滞

 人々はシャベル、懐中電灯持参でやってきて、夢中で石の山を掘り返したそうです。

 雨が降っているのにもかかわらず朝迄作業は続いた。大人だけではなく子供も現場に駆け

 つけて探していたと言う。

 確かに微量の金が混入されていた様だが・・本物と言える代物ではないという忠告は聞き

 入れられず、公安からの作業停止後も未だ採掘に来る人は多数あるそうです。

 一攫千金を夢見る人は多いと思うがこの国の人らしい気質が垣間見られて面白い光景だと

 思いました・・(*^_^*) 楽してお金を儲ける事が大好きな国民ですから・・ほほほほ

◎クレジットカードのJCBがベトナムなどアジア9ヵ国に・・

 JCBの海外事業部門と米国シティバンクが締結。  ベトナムを含むアジア9ヵ国地域で

 のカード取扱いに関するライセンス契約を発表した。

 結果、シンガポール、台湾、グアム、に加えて、香港、ベトナム、フィリピン、タイと

 インドネシア、マレーシアで提携関係を拡大することになった。

 これによって、すべてのアジア太平洋地域で主要なクレジットカードブランドを取り扱う

 事が可能になった。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/11(Thu)
季節は確実に移行しているようでベランダから正面に昇って来ていた太陽はもうかなり右側

に移動して朝の5時でも暗いほどになりました。かろうじて樹木の間から朝やけが雲を照ら

しながら、結構な早さで昇り切ります・・ブラインド越しから見える光射は周囲を万華鏡の

様にきらきらさせながら・・これみよがしで昇ってきたホーチミンの朝です・・(*^_^*)

もう少ししたら、斜め前の大きなビルが邪魔をして日差しが入らなくなる様な気がする。

昨日も雨なしでその代り【計画停電】があり、これからは未だ、暫く続くかも知れません。

この国の人で少し感じたこと・・

ま、私の《言葉が通じないから仕方ない》を前提にして聞いて頂きたいのですが・・日本人

は概ねアメリカやヨーロッパの人には何となく、一寸ばかり興味を示し、道を聞かれた時は

はにかんで、それでもありったけの媚を売る様に説明している姿を見かけます(偏見かも?)

しかし、同じアジア人に対してはそう言う光景を余り見た事はありません。無視するか、又

は相手から逃げたり露骨に嫌な顔をする人がいます。それは日本で見る機会が何度もあって

不思議でした・・(・_・;)

こうやって、同じアジアの国で生活していると、白人、黒人、黄色人種の区別なく・・人々

は接してくれます。顔が似ている部分もあるのかも知れませんが、日本人には特に親切です。

尤も、アジアでも中国は正直、余り好かれていない様ですが・・それでも、露骨に嫌な顔を

する人は余り見かけません・・( 一一)

それがこの国の良い所だと思いますし、現在の外国人は7万人以上も入って来ていて、就労

している人が多く、国でも60か国に及ぶと言われています・・\(◎o◎)/!

想像を超えています。だからかも知れませんが元来、多民族が多いこの国ですから、そんな

差別的な感覚がないのが現況なのかも?

ただ、ベトナム語は毎回も申していますが・・何年住んでいてもかなり上手な人でも余程で

ないと通じないのが事実です。

一度ベトナム語で話している日本人(とても流暢で、びっくりした!)に出会い見ていたの

ですが『私的な感じ方ですが正確に通じ、上手く話している凄いなぁ』等と思っていました。

ところが「すいません、日本語は解りません」と英語で返事が来ていました・・(@_@;)

外国人は必ず英語が出来ると勘違いされている部分もありますが・・驚きました!

付き合い方も普通に日本で言う常識程度{本当はかなり違いますが}であれば、相手の方が

外国人だからという諦めで付き合ってくれるから・・(*^。^*) 現在は問題ありません。

    ▼尤も、喋れないからかも知れませんが・・あははははは▼

日本式で失礼だと思われる事はこの国でも矢張り無礼な態度であると思います。

発展途上国にいると≪経済力=素敵な人≫が多く容姿は全く関係がない事を知らされます。

そして、そう言う人は傲慢で、尊大な態度を示す人が多く、見ていると凄く嫌な感じを受け

拝金主義の例を見る思いです。日本人なら尚更、嫌味です・・(;一_一)この国の人は格差

はあっても、国を愛し、伝統や文化を懸命に守り生活しています。

だから、私等はこの国に世話になっている一人として謙虚であらねばと絶えず思っているの

ですが・・それもまた有る意味”卑屈”かな?と思う事もあります・・うふふふふ

この国の人は面と向かっては決して言わないが・・この国をいかに理解しようとしているか

とか、溶け込んだ生活をしているかをきっちり見ていて、かなり、シビアに評価されている

のが本音です。誠実な態度で差別なく暮らせれば良いのではないでしょうか?
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるまま・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/10(Wed)
朝の8時から【計画停電】・・がっくし状態でした・・(-"-)大概は9時以降なのに、8時

とは驚きの時間帯です。普段の日なら、ブログを書き終えるか途中なのですが、今朝は携帯

が使用できないメッセージが出て{本当に小さな体なのに生意気で命令します}・・(-_-)

月曜日に充分過ぎるほどお金を入れたのに・・画面にその文字が出て、仕方なく辞書を引き

文章もいい加減で、通用するかどうか判らなかったが・・それを持ち携帯の店に行きました。

この携帯は日本製でベトナム仕様に変えたものだから、係のお姉さんはさっぱり理解しては

いない様子・・文章的には解った様で、あちこちと連絡してくれたが、結局の処は解らない

まま、持って帰ってきた。あんなにお金を入れて、その日は繋がったのに、1日で駄目にな

るなど想像もできず、携帯大嫌いの私ですから・・(;一_一)

全くのお手上げ状態・・それでも使用出来ないと困るから。使っているだけで全く興味なし

なのです・・(--〆) お粗末ですが・・嫌いなのです・・!(^^)!

現在のようにPCを開けなくても携帯から簡単にインターネットが繋がり、映画やニュース等

何でも可能だけれど・・(*^^)v私のは目茶苦茶古く、それも日本製品だから悪くはないと思

っていたのだが『相性が悪いのと嫌いだから覚えない』の悪循環を繰り返し、あの小型が癪

に触って・・目の悪い私には情けないほど不便な代物です・・わははははは

頭脳回路も思考経路も悪く、日々退化している脳細胞にこれ以上何を覚えたら、いいのかと

携帯を見ながら疎ましくさえ思っています・・ひゃひゃひゃ

PCは間違っても色々触ってみるのですが、携帯だけは考える事もしないし、触る事もしない。

兎に角緊急の用事が連絡出来ればそれだけで全くと言っていいほど使用しないから、持ち歩く

事さえ殆ど忘れている体たらくです・・\(◎o◎)/!

(それほどのアナログ人間なのにPC には興味があり、日々使用している変な婆さんです)

先ずあの小さい形が気に入らないし、あちこちでお喋りしている声も、あの音楽や金属性の

音はうざく感じて・・家電が1番楽ちんです・・うふふふふ

老いてもかなりの遣い手の方も大勢おられるし、現在では手元から離さない人の方が多いと

聞きました。しかし、古い人間としては、携帯音が鳴る事自体が心臓に負担がかかる様な気

がして、今でも驚きます・・(@_@;)

処が、持ち帰り、裏蓋を開けて見たら、そのメッセージが消え使用可能になっていました!

   **{一体、どういう事?馬鹿にしてるのかな?}なんて不思議でした**

この国の国民食は勿論、お米で[おかゆ](チャオ)も有名です。そして、店も沢山あって

朝食に食している姿を必ず見ます。個人的感想ですが[おかゆ]は心もとなく・・食べた気

分がしないので、本当に数回しか食べていませんが種々様々の種類があって、人気物です!

ベトナム風善哉は(チェー)と言われ甘味処がこの通りでも数件あり、これもこの国で大切

な国民の大好きな食べ物です。

それらが今回、缶詰めになってスーパーで売られる様になったそうで、種類も9種類もある

と言われています。原料にお米が含む物を(チャオ)と言い含まない物を(チェー)と規定

されているようです。どちらも甘さ控えめで健康的なおやつとして、売り出されたそうです。

朝食の[おかゆは塩味が薄く付いて、香草や肉等も入れる事が殆どです]が缶詰はほんのり

甘味もあって素朴さの中にもおやつ感覚で食べられる。

会社の一途さを象徴するように3つの折畳み式のスプーンが付いているのも感じがいいです。

※商品名と値段を少し書いておきます・・

1、八宝蓮粥
  緑豆、龍眼、蓮の実、小豆、ピーナッツ入り  80円

2、黒米粥
  緑豆、小豆、蓮の実、ピーナッツ       75円

3、緑豆粥
  緑豆                    70円

4、カボチャ粥
  カボチャ、ピーナッツ            60円

5、龍眼粥
  龍眼、蓮の実、小豆緑豆           75円

6、龍眼と蓮の実チェー
  龍眼と蓮の実               140円

7、玉蜀黍粥
  トウモロコシ                75円

8、黒豆チェー
  黒                     60円

9、小豆粥
  小豆                    75円  (ビナ、BOO参照)

これらが最近スーパーの棚をにぎわしているそうで、食した人は{トウモロコシ粥]が美味

だったと言われています。

全てがこの国の産物で会社もこの国です。日本では想像出来ない食材がふんだんに使用され

ているのは魅力的です。黒豆や小豆、黒米には抗酸化作用があり、マグネシュームは美肌に

効果があるので、健康と美容に良い特別な製品でもあります。

冷やしても温めても美味しいので重宝すると思います。ベトナムのスーパーは凄く面白くて

堪能できます。【計画停電】で遅くなりました。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/09(Tue)
白濁色の日差しが大空を一部分染めて太陽が昇ってきたのですが・・生憎、その威力は未だ

本物ではないのかも知れなく、辺りを輝きで増すのには、かなりの力不足を感じます!

   *{ぎらぎら太陽はもう少し経ってから昇り切るのかも?}*

やっと朝から書き終えたブログは思惑通りに【計画停電】に阻まれて・・こんな日に限って

下書きにしていない・・(-"-)  愚かさでぶっ飛びました・・(;一_一)・・あはははは

又、もっと前に書いた文章もこのPCに変わってから、過去の記事が何処か紛失するらしく

何処を触っても出てこない状態で・・本当に「がっかり・・(-_-)」してしまいます。

去年に比較すれば嘘のように【計画停電】は少なく短いのですが、それでも、暑さは部屋

中まで漂って{もぁーん〕となり一瞬でそれと解る行動をしてくれる。

  ▼だから、尚の事「ああ、停電なんだ!」を感じさせてくれる嫌な奴です!▼

ベッドで寝転んで本の続きを読んでいたら・・忘れた頃に冷蔵庫が唸り出し、点灯の合図

をくれて、正気に戻る気分でしょうか?

ベトナムにも≪世界遺産≫が5つあって、かなり有名です。現今の≪世界遺産の登録≫には

いささか疑問がありますが、本来の自然保護や、文化の継承などが観光客=金儲け主義へと

移行している様は如何なものでしょうか?

それにしても≪ユネスコ世界遺産≫と言う肩書は有無を言わさない魅力がある事もまた事実

でこれから先はどうなっていくのか興味がいっぱいと言うところです・・(*^。^*)

この国の≪世界遺産≫を一つご紹介します・・

※ハロン湾 (別名 海の桂林)とも呼ばれています。

 ハノイから東へ180㌔、沢山の奇怪な岩があちこちに現れては、穏やかな水面を感激と

 ため息の興趣を見せつけてくれます。

 静寂と荘厳で神秘と神々しい光景を映し出し・・(#^.^#)瞬時、幸せの余韻が残るのでは

 ないでしょうか?

 このハロン湾は《空から舞い降りた龍が口から大きな火の玉を噴き出し、それが海面に落

 下して岩に変身した》と言う伝説があります。これはかなりの人が知っている事実です!

   ”その伝説が正にその通りに見えるかのような風景に出遭えます”

 ある年代の人と映画好きな方ならご存知かも知れませんが{インドシナ}のロケ地として

 も著名です。1994年に≪世界遺産に登録≫されてからの人気は急激に沸騰、観光地と

 してはこの国では1番でしょうか?

 湾全体は凡そ、1500K㎡もあって、大体の島は2000位だそうです。しかしながら

 半分は名前のない島だそうです。

 エメラルドグリーンの島の観光は何と言っても『クルージング』でバイチャイとホンガイ

 を結ぶ船旅です。時間はほぼ4時間ですが、何せ観光の目玉ですから事前の予約は必要で

 多い日は船がない日もあるという話です。

 出港するとあちこちから小舟が近ずき、湾で獲れた魚や、蝦蛄(特に有名)等を調理して

 くれます。試食されると良いと思います・・(*^_^*)

 アクセスはハノイの<ザーラム・バスターミナル>から<ホンガイ行き>まで朝5時から

 10分間隔で運行されています。もっとも所要時間は2時間~3時間はかかりますが・・

 因みに日本円で250円程度です。又、ハノイの<ルオンイエン・バスターミナル>から

 も運行されていて、これも3時間程度はかかります。美観地区はどうも遠い所にあるのが

 通常のようですねぇ・・(*^^)v 代金は少し変化しているかも知れません。

 途中で、大抵は鍾乳洞で下車するのですが・・ツアーや個人的希望で停まらない時もあり

 各々で確認してください。

 この鍾乳洞は歴史的、地質学的にも優れていて、貴重なものです。高さは30㍍もあって

 〔ティエンクン鍾乳洞〕と呼ばれています。次々とパノラマのように出現する島や岩は心

 を空っぽにしてくれ、見事なまでの風光明媚さだけが焼き付き、滑る様に走る船上からの

 景観は、一服の幸運を運び、心奥で眼(まなこ)に残存するのではないでしょうか?
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/08(Mon)
昨日のブルーシートは結局、8時間ほどかかり、外されましたが・・殆ど薄暗い部屋の中で

過ごしました・・こちら側に落ち度はないのに電気を点けるのも腹立たしくて、TVをずっと

見ていて、疲れるとベッドでうとうとしていた・・外出はできないので{家全体にシートで

覆われていたんです}廊下も暗く、日曜日だから店は休んでいましたが・・階段を降りるの

さえ憚れる状況でした・・(-"-)

ま、こうやって愚痴ることができるから発散されてる部分があって・・そうでなかったら私

喧嘩しそうでした・・あはははは  もうそれほど元気はありませんが・・うふふふふ

相手に対してすまないとか迷惑をかけるとかの感情が多分希薄なのだと思います。だからー

全く意に介さないから、怒ったり苛々する事さえ理解して貰えないのが現況でしょうか?

故に老化した事もありますが・・自分勝手な行動が多くなり・・興味のない話は「すっぽり」

抜けて行くようで・・我儘、身勝手がまかり通る性格が構築されてきています・・えへへへ

薄黄色の空は必死で太陽を出そうと頑張っていた様ですが、腰砕けになってしまい、朝曇り

のままです。それでも、もう少ししたら、雲間から日差しが起床する予感はしています!

先週、葬儀があったこの家の並びの店はずっと週末も大型バスが横ずけになって、何台も来て

今日で5日になるのですが、未だ早朝からラッパの音が何度も鳴って、白装束の家人が道路半

分迄出したテントの中を忙しく出入リしていて・・余程、遠方からの縁者を待っているのかも

知れませんが・・凄いです・・(@_@;)こんなに何日も続く葬儀を見たのは初めてです。

前を何度も通過するのですが・・位牌も、顔写真も飾ってなかった・・花は随分ありました。

宗教によって衣装も式典も違うのだと思いましたが、この長さと音楽は相当ではないかな?

*『何処の国でもあると思いますが、特にこの国の女性の嫉妬深さは想像を絶します』*

結婚前迄はもう傍で見ているのもうざく、嫌味でべたべたしていますが、式が終わると途端

に恐妻を発揮して、夜の食事で出かける時等は、結構、喧嘩をしたり、嫌味を言ったりして

男性同士の(飲み会)なんて以ての外と言う有様に変わります・・それは≪見事≫です。

物は投げるし、口は達者だから{無敵状態}になる様で、完全にお尻に敷かれて生活が成立

するのだそうです。何処から、そんなに<絶対的支配>が生まれるのでしょうか?

それでも裕福な男性は隙間を作っては遊び歩くせいもあるようですから「どっちもどっち」

かも知れません。知り合いに旦那の女性に会って大喧嘩した話も聞きましたし・・恐ろしく

\(◎o◎)/!した事もありました。決して許さないのですねぇ・・!(^^)!

前記の葬儀の話ですが、矢張り色々と考えさせられます、国の違いや宗教の違いを越えても

【死】は絶対に避けられないものだから・・どういう風に自分をその方向へ向けて行くかを

真剣に思います。あれほど派手な葬儀は考慮の範疇にはないけれど・・沢山の疑問を持つ時

をくれました、ある程度の覚悟は出来ていた積りでしたが・・見苦しくなく終焉を迎えるの

には未だ、さまざまな要因が必要ではないかと思えたのです。最近は自分の家で亡くなる人

は殆どいなく、病院から、会館や葬儀場へ直行、自分の家に帰らないまま終わる人生も多く

なりました。自宅で、看取る事も先ずないし、ましてや孫や幼い子供達がそれを受けとめる

機会も殆どないのが現実ですから【人間の死】に対する感覚が理解できない人が多くなって

いるのではないでしょうか?

だから、この葬儀を見ていて、家族の絆の強さや、貴重な時間を共有できる葬儀を有る意味

自分の考えとは違うから否定する部分と共感できる部分がありました。

こんな時代ですから、親は、可能な限り、自分の【死】を子供や幼い子供達に見せることも

意味があるような気がしました。

〔人間として生まれた事実と生きてきた道程、営みを教えるのが老いた、先立つ人間の役目

 ではないかしら?〕なんて思いました。遺された者はそれを確実に受納する事で先の時代

 に繋がりが持てるのではないかと・・(-.-)

「ふっと、自分とは真反対の考えですが」そんな事を思った朝でした。未だラッパの音がし

ていますが・・近辺だけでなく【死】を考えるいい時間であったと思いました。

やっと太陽が起き出して周囲が明るくなりました。今日もいい事が、いい出会いがあればー

素敵だろうなぁ・・なんて思っています。ホーチミンは涼しく、暑さは感じません。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/07(Sun)
夜中に大きな音がしてまた、砂と砂利が運ばれ、もう1F部分を作る様で、今朝からはその

人達が10人ほど6時過ぎには集まってきました・・(-"-)

日曜日だというのに・・休まないのです。多分、雨が多かったから、工事が遅れているの

かも知れないけれど「参ったなぁー また凄い音に悩まされる数日になる・・!(^^)!」

日差しは弱く、雲を抱えて、隙間から「そっと、覗き見」をしているようです。

昨日も雨雲は空全体に広がっていたのだが、夕方に少しだけ道路を濡らした程度で止んで

しまい、相変わらずの蒸し暑さでした。

扇風機を点けて寝たようで、くしゃみをして起きたのです。12時近くに消したが矢張り

ずっと点けているのは駄目みたいです私・・( 一一)

今朝は店が殆ど閉まっているので・・菓子パンとヨーグルト、豆乳などを買い、道路を渡り

違う小路に入ると{ご飯や}を見つけ、大体、同じ総菜でしたが、値段も安く80円で豚肉

の香草焼き、紅白なます、胡瓜、ネギ油入り肉の脂身を揚げた物(最初は蒟蒻かと思った)

などを購入して帰宅したら、もう工事が始まっていた。よく喋る国民だから、賑やかを通り

越して煩い位、玄関で声がしている・・(-_-)

今、突然ブルーシートが真上から下りてきて全ての窓を塞いだので、一瞬で暗くなり驚いた!

外壁をするのか?それとも上に持ち上げるコンクリが降り掛らないようにかは知らないがー

「勘弁して下さい」電気を点けないと暗くて、それが揺れるから凄く鬱陶しい・・(;一_一)

話は変わりますが・・

この国では“花”をよく食べます。日本のレストランではカトレアが酢漬けになったのとか

菊の花の酢のもの、菜の花、その程度しか思い出せませんが・・m(__)m

ベトナムでは“花”は本当によく食べるみたいです。食卓に1番出てくるのが《バナナの花》

これは〔ブンボー〕と言って、麺類の上に載せたりサラダや、鍋の具材として使用します。

大抵は細切リで入っていて、色も紫だから、”花”だとは思わないと思います。

《カボチャの花》はそのままで使うから見た目にも“花”を感じさせます。スープとか煮物

炒め物、揚げたものもあります。

一寸、甘味があるのですが、煮物、炒め物ではニュクマムや香草のため味は判らなくなる。

只、市場や露店の野菜やではそのまま黄色の花が山積されているので間違う事なく、判別が

可能です。凄い量を買っていく人もいて当初はどうやって食するのか知りませんでした!

萼もそのまま付いて売っているし使用するので“花”を食べている感触はあります・・( ^^)

《アーティチョークの花》はスープに豚肉と一緒にに使いますが・・これは“花”と言う感

じは殆どしないです。

未だ全く食べた事のない“花”もあります。《蓮の花》は捨てるところがないと言われてー

“花”実、茎なども食べますが1度位しか体験していないから・・良く解っていません。

部屋が暗く太陽が登場したのに、窓にはしっかりとシートが覆い尽くして、薄暗くなった!

全く、一言の挨拶もなしの唐突な出来事で{がっかりの日曜日}・・(/_;)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/06(Sat)
行雲が肌に心地よく涼風を運んでくれたので、昨日は思い切って遠出をしました・・(#^.^#)

この区に来て数ヶ月・・殆ど一人で2時間も歩いた事がなかったから、日頃慣れたサンダル

なのに、足に肉刺が出来、帰路は少し痛かった・・(-"-)

日差しもそれほど強くなくて気温は恐らく32度位だったし、朝から出る予定が下の店は混ん

いる様子で、ぐずぐずしてしまった。そして、結局1番暑い2時前に出かけて、4時に帰宅。

昔住んでいた。『レ・タントン』通りへ出て、ショッピングセンターまで行った。

大抵は息子のバイクの後ろから見るだけで、通りを歩く事はなかったから・・でも、大通り

は何も変わっていなかったが・・行きは30分位掛って仕舞った。それでも、太陽の輝きが

余り強烈ではなく時折、涼しい風が吹くもので・・気持ちよく、長袖で7分パンツでしたが

汗は全くかかずに店に到着した。DVDとマニキュアを買って(初めてかな?)洋服や雑貨や

を冷やかして店を出た。途中で見た光景です・・

大きな公営の建物の壁に鉄条網がずっと長く張り巡らされていたのですが・・(-.-)その金具

に鏡[それも、然程大きな物ではないのだが]を括りつけて、櫛と、ハサミ、シャボン入れ

刷毛等、最低限の道具で、プラスチックの椅子や何所から持ってきたのか本物の椅子が置い

て有り、4ヵ所、露店で散髪をしている場所が並び・・何度か目にしていたが、その壁には

数㍍の間隔でありました。

全部の床屋はいっぱいで、待っている人もいて、立ち止まりながら歩き、また見ては感心し

て通過してきました・・( ^)o(^ )<とても安価で上手だそうです>

肩を叩いてマッサージをされている人、丁度、カットされている人や、霧吹きで水を掛けて

いる人等、とても興味深く見て歩きました。

花やでは薔薇がこの国では矢張り満開に咲かす事はない様で《何種類も色々な色彩溢れる蕾》

には全て白い網がかかっていて、開花した薔薇は1本もなかった!

凄く瀟洒な感じがしました・・(*^_^*)種類も20種類程あリ暫し見とれていましたねぇ。

店員が水をかけていました。沢山のアレンジ籠があって{どれも欲しい位見事で綺麗でした}

でも、あれだけ残っていたのだから、今日は余り売れていなかったのかも知れません。

帰路は大回りをして、懐かしい、昔よく行った仏領時代に作られた中央郵便局、その前には

聖母マリア教会の厳かな赤煉瓦の建物が並んでいて(ホーチミンでは有名な観光名所)沢山

の観光客が写真を撮っていました。

この近辺が≪ドンコイ通り、グエンフエ通り≫で所謂、繁華街で、大勢の観光客のスポット

でもあり、相変わらずの人の多さにはびっくりしました・・(@_@;)

只、ひたすら、歩き続けて40分程度で戻って来たのですが、矢張り自分の足で歩かないと

道路も店もすっかり変わっていて、工事が遠近で行われていて「道を間違えた?」の感覚が

やたらあって、内心はちょっぴり(ドキドキ)していました・・!(^^)!

凄く懐かしくて、久しぶりの散歩だったから、充分2時間は確実に夏空の下を歩きました!

この周囲については又、機会があったら、詳細にご紹介しますが、兎に角店がどんどん潰れ

様変わりして、変貌した街になっていました・・大きなビルに吸収されたのかも?

たった2時間ほどの散歩でしたが・・(#^.^#)気持ちも晴れて、見知らぬ露店で先日食べた

餅菓子を買い歩きながら頬張っておりました・・あはははは

空は白い雲が常時流れて、日陰を作ってくれたし、太陽とは反対の道路を歩いていたせいで

本当にとっても気分が和みました。途中、道路を渡るとき、何度かバイクにクラクションを

鳴らされたのですが・・(-_-) 信号を渡っていて飛び出してくるものでハラハラしました。

何処からでも信号無視して走ってくるバイクですから・・かなり緊張して歩いていましたが

仕方ない時はその場所で一旦停止して立ち止まっていると、バイクが避けて通過するのです!

日本では想像もできませんが・・それが当然だから・・怒鳴られても私が悪いとは言えない

この国のルールなのです・・\(◎o◎)/!

前記した通りはお土産品店が多く飽きないで見て歩ける通りです。ホーチミン観光には欠か

せない通りでもあり、観光本に掲載されている店は大方この近辺にあります。

このアパートの2軒隣に先月出来た焼きたてのメロンパンに似たパンや生ジュースの店は既

に閉店しているし、シチュウに似た{ボウ・コウ}の店も閉鎖しました。

見ている間に出来て、閉店する店が何とも多い事に悄然となります・・( 一一)

太陽は雲間に寝転んでいるらしく朝から蒸し暑さが増して来ています。風も雨の前兆の様な

生ぬるい風が吹いている土曜日の朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/05(Fri)
雲間から陽射する光が段々と眩しさを加えて・・晴れ間がどんどん増加してきています!

そろそろ【計画停電】が行使されそうな熱気が続いておりますが、幸いにして、以前の8区

で経験した《雨漏りと停電の長さ》はこの1区には少なくて、嬉しいです・・(#^.^#)

不思議だと思いますが、この国の政策だから仕方ないのですが、未だ未発達の地区が多くて

道路も露地もぬかるみが何時までも無くならない場所もあったり運河での水上生活者も後を

絶たない区もあり、道路を走っていると、その風景に愕然となり半壊した家に、筵やバナナ

の葉、あるいは、竹製のものなどで覆ってある家もあちこち見られるのも現実の生活です。

貧富の格差が大きいのはアジア諸国では特に見かけますが、一歩、裏道に入ると、そこでの

生活は貧しく、子供の数がやたら多くその子供達も日銭稼ぎで働いています・・(-"-)

中心街や繁華街などでは想像も出来ない生活がそこここにあるのも事実、本当に豊かになり

物価も上昇している話も本当ですが・・反面、そんな生活が日々営われている事も現前とし

た暮らしが実際にあるのです・・!(^^)!

裸足で歩いている子供が物売りをしている様は日本では決して見る事の出来ない光景だと思

います!1日歩いて、どれだけの生活費になるのか解りませんが、苦しい暮らしでしょう!

※今朝は中部にある街で、最近有名になっているガーデンシティについて・・

 ベトナム中南部にある『クイニョン』と言うところです。

 アクセスはホ-チミンからもハノイからでも飛行機が飛んでいます。ハノイからは2時間

 ほどですがホーチミンからは1時間一寸で到着します。

 最近大規模な再開発が行われ、公園が沢山出来美しい街に変貌しました。住んでみたい環境

 が整ったといえると思います。

    【歴史的には“チャム族”の遺跡がある事でも有名です】

 “チャム族”は10世紀から16世紀にかけてこの『クイニョン』を都として生活していた

 人種で、現在も遺跡は残されていて、観光地でもあります。

 又、リゾート地としても優れた観光名所で自然と共存している(ナチュラルスティ)として

 幅広く利用されているらしい。

     {“チャム風”のインテリアも素敵で居心地も良いと聞きました}

 前記した様に、公園の開発が盛んで至る処に公園があり、長く伸びる海岸線沿いには広い

 公園が続いています。

 夕日も綺麗で、傾き始めた頃にはあちこちから露店が出て、ナイトマーケットの始まりと

 なります。

 特に食べ物は、シーフードが豊かで新鮮な海からの贈り物は魚介三昧でしかも凄く廉価。

 ≪バイン・セヨ≫ベトナム風お好み焼きですが・・小型の海老が沢山入っているのが特徴

 で[踊る!海老のお好み焼き]とも言うようで・・外がパリパリなので、美味しく感じる

 のを是非お試し下さい・・(*^。^*)

 同様に≪クラゲ料理≫も有名です。コリコリした食感でスープや鍋が売れ筋だそうです。

 色々な遺跡探訪のツアーも出ていますので、体験して頂けると幸せです。{スケッチより}

 余り強くない日差しが窓に反射していますが、蒸し暑さを感じる朝となりました。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/04(Thu)
雨は少し休養状態で、昨日も降らないまま過ごす事が出来ましたが、勝手を言えば埃が酷く

舞い上がり、もう、窓ガラスからベランダには数㍉の泥や埃が溜っていました・・(-"-)

うっかり、ベランダには洗濯物は干せませんが、シャワー室のマットだけは干すことが可能

なので、干そうと出たらそんな有様になっていて、くっきりスリッパの跡が残って驚いた!

又、スリッパの裏も洗うという余計なことになってしまったのです・・(・_・;)

毎日、工事中だから、掃除に来ている筈なのに、お喋りに夢中になって忘れたのかも?

この国の人らしく、思いきりいい加減だから・・トイレもシャワー室も泡だらけで帰る日も

有るし、ゴミを忘れる事などしょっちゅうです。面白く見ていますが{意地悪婆さん}です。

掃除が済んだ後、後片ずけをするのが普通です・・あははははは

それでも、朝、私がしているから、汚れていないと思っているせいかも知れないけど愉快な

人で、全く気にしないのですから・・(*^_^*)そうでないと暮らせないのかも知れません。

建物については興味のある方も多いかと思いますが、ホーチミンは商業の都市で、仏の影響を

沢山受けているのに反して、ハノイには本当に古い建物(ベトナム)が残っています。

特に旧市街には歴史を感じさせる建物が多く(仏領以降に建てられた建物)で1000年の

歴史を誇るハノイ周辺には古い建物が現在も残っています。

多分に中国の影響を受けた物が多くハノイ郊外には歴史の重厚を感じさせる建物の宝庫です。

しかし、真実のところは余りはっきりしていない様ですが・・(-_-)

古い家屋は市中で見かける間口が狭く奥行きのある(鰻の寝床)と言われる建物とは異なり

庭や池、井戸があるのが特徴です。

個人の家に限って言えばその造作は北部、中部、南部と区別されるほど差異があるようです。

そして、古い家屋や建物はなぜか北部に集中しています。これは、ベトナム戦争で破壊され

た中、南部は生活の近代化が急速に進行せざるを得なかった理由でも有った為と言われます。

北部の家屋は日本で言われる『切妻式』で、1枚の紙を2つに折った様な屋根の作りが多く

真ん中に大きな部屋あり、先祖を祀る祭壇があり、両方の部屋は来客用として使用するか?

その家の住民の部屋であることが多く、それが普通の生活様式です。

村で1番大きな建物は(ディン)と言われ、集会所や祭礼の場所でもあります。集落の象徴

として建てられたためで、通常の家よりかなり大きい。住宅に似た感じだが、板張りの高床

式になっている為、舞台感覚を覚える。

  *ゆったり気分で歩いてみるのも観光の思い出となる気がします*

北部で最古の木造建築の1つとして、有名なのが《ディンバン亭》でハノイから近くの村に

有ります。この村は李朝を興した李家の故郷でもあり、1736年創建と伝えられています。

創建当時の祭壇もあり、既存の木材や瓦、礎石などを可能な限り残存させながら修復させて

いるそうです。推定の年号で確定されているわけではない様ですが、素晴らしい建物が実在

する事はこの国の誇りでもあり、景観美は素晴らしい建物です(ベトナムスケッチ参照)

陽射がすっかり明るさを増して、今日も雨の心配はないかも知れないホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/03(Wed)
周りの空気がまどろっこしいようなぼやけた中を太陽は{寝ぼけ眼}を「よっこらしょ」と

おもむろに顔を出し昇って来たところです・・(-.-)

昨日は思いがけなく良い天気で・・先ず先ず日差しもあり、雨の心配はこの地区ではなくて

相変わらず雷鳴と黒雲に空一面覆われたのですが・・近場ではなかった様で、雨は降らず!

光がある事は本当に嬉しくて、窓際に洗濯物を持ち歩く日でもありました・・うふふふふ

上の工事はコンクリートが一段階終わり、多分乾燥の時期なのでしょう。少し上は静かです。

しかし、下の大家の部屋は、息子たちが4、5人で拡張工事を自分たちの手でしている様で

もう、目茶苦茶な音がしています、壊せばいいとでも思っているのかも?何て思っているが。

それでも、用事があって部屋を訪ねたら、それなりに煉瓦を積んで、コンクリを作って固め

ていました。まさか、そんなに息子達がいるとは思わなかったから少々{ドキッ}とした!

掃除をしてくれる嫁さんもいて・・私の顔を見ると、旦那さんでしょう「にこにこ笑いつつ」

背中を突いて紹介してくれた・・<別に聞いてないけど・・(-_-メ)・・ははははは>

そして、音がうるさいと日本語で言って、ジェスチャーで頭痛がすると言った積りなのに・・

全く勘違いされ「耳栓でもしたら?」なんて言われる始末・・とほほほほ

暫くして、彼女が突然に部屋に来て、トウモロコシを1本持って来ました。「いいのよ」と

言ったけど、押しつけるようにしてくれたものだから・・貰いました。そして、ベトナム語の

本を読んでいたら、それを見つけ、もう随分昔になるドラマ”おしん”が載っているページを

探して、「自分は”おしん”だから凄く辛い》って言うもので大笑いした・・( ^)o(^ )

これは完全に通じた。前から1番下の息子の嫁だという事を聞いていたからです。こんな他愛

もない会話とも言えない話が、又、そんな事が本に掲載されている事実が可笑しく・・(+_+)

ま、それ程人気があったのでしょうが・・世界の多くの国で放映された話は聞いたが、ここ迄

浸透していた事に驚きました・・\(◎o◎)/!

漫画も本当に沢山、TVでしていますが、ベトナム語に変わっているので妙な感じがして、最初

は懐かしく、見ていたが今は殆ど見ないですねぇ・・元々、漫画を読むのは苦手で、好きでは

無いし、凄く遅い、考えながら読むからで・・全く不慣れな世代?と言うより疲れるのです!

単行本や、文庫本を読んでいる方が割と早く、好きで慣れもあるのでしょうが・・(・_・;)

ホーチミンでは、外国人向けに趣味を広げる機会を幾つも作っています。所謂、体験学習的な

感じですが、幾つかご紹介します・・

※認定が貰えるダイビング・センター
 
 市内で学科を学びプールの実践講習を修了するとダイビングの資格が貰えるそうです。

 『レインボウーダイバーズ』

※自分だけのアクセサリー作り

 基礎から、石やデザインを先生が選んでくれて制作するようで、初心者にも人気がある。

 オリジナルのものが出来るので楽しみも増えると思います。『YSジュエリーデザイン』

※伝統楽器に挑戦

 ベトナムには(ダンバウ)と言う一弦琴がありますが、ベトナム太鼓などもあり、習う事

 が可能です。『ホーチミン市音学院』

※ベトナム料理教室

 ここが1番興味があるのですが、キッチンがない部屋だから・・今は考慮中です。送迎が

 ある様ですから・・旅行者にも好きな方は如何でしょうか?『ホアトゥック』

※ゴルフ教室

 最近、飛行場近くにゴルフ場が出来たそうですし、指導者は日本人で個人レッスンが可能。

 『ヒーローゴルフアジアベトナム』

※囲碁

 初心者から有段者まで実力に合わせて指導してくれるようです。『GO GO Go会館』

折角この国にいるのだから、何か伝統的なものや食べ物を覚えたいと思う外国人を対象にし

た体験コースが多くあります。友達もできるし、知識も増えるのではないでしょうか?

しかし、ある程度はベトナム語が必要だから・・私には未だ無理です・・(-"-)

何処の国でも同じですが、外国人が増えたのでこんな事も多様化されたのだと思います。

若い人達も増加傾向で・・結構、通っている人も多いとか聞きました。もっと数はある様で

すが、ほんの(さわり)だけ書いてみました。

柔らかい太陽が目覚めて辺り一面輝きが増してきたホーチミンの朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/08/02(Tue)
「お久しぶりね♪」なんて歌が出そうな日の出でした・・(*^_^*)もう、太陽は以前と少し

位置をずらして右側にかなり偏っていて・・ちょっぴり驚きましたが・・燃える赤色が素敵

を連発させそうな勢いで昇ってくれました。何だかずっと雨に左右されて、毎日降っていた

せいで、憂鬱でしたが・・(-_-メ) 今朝は気分よく鼻歌まじりで掃除、洗濯を終えました。

PCの具合も3Gの使用の必要もなく繋がったりして「かなり上機嫌です」・・うふふふふ

ま、土、日は完全に駄目ですが、普段は繋がったり不可能だったりしております。

それでも、短気な私がその事実を許せるのは異国にいると言う現実であると思うし、普及率

が高くなって・・増して、この地区はアパートが殆どだから一軒に10人位は住んでいるし

大抵は外国人です。PCを持っていない人の方が少ないと思います・・(-"-)

映画や自国との交信が重なるともう、完全にストップ状況になります。混線する場合もあり

全て、英字の画面だったり、ベトナム語のモニターになったりします。

だから、普通に繋がる事が嬉しくて・・(*^_^*)心の中で「やった!」なんて叫んでいます。

未だ、ケーブルの状態が完全ではないのに、沢山の人を受け入れているせいだと思うのですが

インターネットは無料ですから・・文句も言えないのが事実なのです。

前の家ではネット代、凄く支払っていました。でも日本から持参したPCでしたから、不自由は

有りませんでした。しかしながら、通信費は本当に高かったけれど・・(;一_一)

今考えると日本と同じ位は支払っていました。生活が安価だったから、気にならなかったけど

凄く高かったと思います・・(/_;)

故に今は{家賃の中に入っているから、どうかしら?結局は同じ位かな?}・・(・_・;)

突然ですが・・

この国の《葬儀》については見るばかりでまだ幸いにして出席した事がないので・・見た限り

の事しか書けませんでしたが・・ある本の中にこんな記事が掲載されていたので書いてみます。

                         (ベトナムスケッチ参照)

※葬儀の50%が土葬

 ホーチミン市では毎年20万~25万件の葬儀が行われるそうですが、そのうちの50%が

 火葬で、残りは土葬だと言われる。毎年、10万基分の建設用地が必要で、現在、国が管理

 する墓地は市内に1ヵ所しかなく、民間管理の墓地は土地不足の為、住宅地より割高で4㎡

 の郊外の土地で16万円~40万円にもなるそうです。

 石で作られた、棺は見事で立派なものを何度か見ましたが、それらは、土葬用だったのだと

 知りました。反面、火葬がそれ程少ないことにも吃驚でした・・\(◎o◎)/!

 暑い国だから、火葬の方が多いと勝手に決めていたものだから、一寸、驚きましたねぇー

 日本では考えられない事ですが・・ごく自然に行われている習慣です。

※死刑の銃殺が薬殺に・・

 刑事判決執行・司法補助警察総局は全国で死刑の銃殺執行を中止することを決定。

 替って刑事判決執行法に基ずき、薬殺が導入される。先月から実施の予定だったが、設備

 や、担当者の準備不足で9月に延期されることになったらしい。

 この件も正直、銃殺されていた事も無知でしたが、薬殺になる事にも驚愕を覚えました。

 未だ未だ見知らぬことが余りにも多いのと、この国の考え方や社会主義国家と言う思想に

 もかなり考えさせられる部分が多々ある事を改めて感じさせられました。

 恥しいほど何も解っていないのが現実の生活の中で行われているのですから・・(-_-;)

太陽は少しばかり力不足ですが・・ぼやけて、何とか輝きを取り戻そうと懸命になっています。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ