徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/30(Thu)
寝苦しい夜が続いています・・(-_-)今迄は眠る時、扇風機を切っていましたが、昨晩

は弱にして、トイレに起きるまで点けていたもので、体が冷えていました。

{風邪をひいては困る}と思い慌てて消したのですが、何となく体がだるい気がする。

ホーチミンの朝は今にも、泣き出しそうな空模様で、蒸し暑さが加わって、薄暗い感じ

です。物売りの声は何度も往来しています。たった今、天井や扇風機など高い所を掃除

する、毛ばたき売りの小父さんが通過しました。 竹竿に鳥の羽をつけた物で、自転車

の前側に、上手に縛ってあって、結構長いのです(天井が日本とは違って3m~4mも

あって電灯もエアコンも、扇風機も高い所に付けてある)から、掃除用品では欠かす事

が出来ない必需品ですが、昔、住んでいた時には何度も使用しましたが・・(--〆)

首が痛くなるほど上を向きながら、埃取りは結構疲れました。今はもう使えないと思い

ます。 体力も腕の力もないからです・・ははははは{歳なもので}

この国の日々の生活の流れを書いてみます。凡そですが、殆どの人々は早起きで、食堂

をしている処とか、屋台の人は4時過ぎに起きて準備します。6時には大体の店は開店

しているし家族で家の近くで朝食を摂ったり通勤、通学の子供達も店で食事することが

極、普通で、何時も書いています様に、フォーやお強、バイン・ミー(仏パンに様々な

具材を挟んだサンドイッチ風)などを購入します。外食が基本でしょうか?

11時頃~昼休みになって昼食。自宅に帰る人も多く家族は昼食の用意をします。昼は

かなり豪華と言いますか?総菜2種類{肉、魚等と野菜の炒め物、スープ、ご飯、果物}

が大体付いています。会社の近くで仲間同士で店(ご飯や)に入る人も多いです。

スウィーツが好きな国民で、甘味の店もあちこちにあり、また、自転車や露店で食べて

います。勿論ベトナムコーヒーを飲む人が多いので、プラスチックの小さい椅子に腰を

掛けて、あるいは公園で座ったりして飲んでいる人を大勢何処でも見かけます・・( ^^)

大抵が男性で、大声でお喋りするし、煙草を吸っている姿が日本とは違った光景かも?

自宅の人は食後、昼寝したりして、1時頃から2時近くに会社に戻る人も多々います。

夕食は早い人は6時頃には食べていますが基本的には家族と一緒が多く、家族との外食

も沢山います。昼食の残りに1品追加したり、スープを変えたり、サラダだったり工夫

はしていますが・・日本人が考えているより庶民の生活は派手ではありません。

食卓は大皿に数種類のおかずが並び、ご飯茶碗か、お皿にご飯を載せ、その上に、総菜

を皆で取って食べます。来客の場合は大きな器にご飯が入れられ、箸やスープ椀が別に

出ます。そして、何よりも年長者が優先され総菜が取られるのも至極普通のことです。

料理によって、タレが違うので、色々な種類のタレが出てきて、何にどのタレを使うの

か?未だ正直、解っていませんが、何でもありだから、嫌ならタレなしでもいいですし

  *特別に欲しい好みの唐辛子、大蒜や香草を依頼する事もあります*  

何所の家庭でも必須アイテムとして家には常備されているものです・・(#^.^#)

子供達は、殆どは別個で先に食べさせたり、一緒の時は少し成長した頃からで、遊び乍

食べさせている。つきっきりで世話をしています。道路でも、子供のご飯を食べさせて

いる姿をよく見かけますが・・気長に食べ終わる迄付き合っている祖母やお手伝い姉妹

がいるのを感心して見ています・・(-_-;)<ここ迄、甘やかす事が良いのかどうか?>

は風習の違いだから一慨には言えませんが・・余り母親が食事を食べさせている様子が

見えないのはちょっと不思議で、よく理解できない気がしています。

そして、ベトナム人宅に招待されたら、先ず手土産は必要です。一般的な家庭への訪問

として持参する物は[果物、お酒、お菓子、煙草など]が喜ばれます。

しかし、大家族が多いから、酒類はケースになるし、煙草はさっぱり解らないから、私

は大抵は果物にします。家族の場合は持っていかない事もあります・・何せ年長者です

から・・あはははは

所謂ベトナム人の普段の生活の流れですが、土、日は実家に行ったりするのも、当然の

事で、一緒に暮らしている家族以外、親族への訪問は当り前だからです・・(-.-)

連絡は緊密でしょっちゅうTELがあります。個人的には鬱陶しい関係ですが、嫌なら

断わることもやぶさかではないけれど・・好意として受ける方が良いと思います。

お酒のつまみなどは男性が殆ど自分達で作りますし、練炭や炭火で焼く肉、魚貝類など

が主でしょうか?後片ずけは量が半端ではないから大変ですが・・私は先ず手伝わずに

ゆったりと構えているのが良いと思われているらしく、何もしません。

  ≪ま、こんな生活習慣の中で暮らしているのが普通なのではないでしょうか?》

書いている間に太陽が顔を見せてくれ、雲が流れたのでしょう明るい日差しが戻った。

雨が降ると思っていたのですが・・矢張り午後からになるのかも知れません!
スポンサーサイト
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/29(Wed)
昨日の太陽が目に焼き付いていたのに・・今朝は蒸し暑さの中、雲の中でまどろんでる

様で、珍しく、無風状態。5時過ぎから扇風機を点けて、窓を開けて換気扇を回しても

淀んだ空気が部屋から逃げてくれない・・( 一一)

そんな中で、扇風機の音だけが気にかかっている・・なぜなら、これ程強く回した事が

殆ど無いからで・・上から吊るされている大きな羽が気になるのです。

時々、私はブログの中で、自分の性格や生きてきた道について書くことがある。昨日も

そんな事を少し話したが・・これは自分と言う{個性}について知って貰いたいと言う

心情も皆無ではないが、概ね『自分が生きてきた証』を子供達に遺したい願望もあって

偶に、書いているのです。

一時期“自分史”を書く事や”写真集”などが流行った記憶がありますがそんな大袈裟

な人生ではないし、ましてや、本に残すことなど、空恐ろしい感じがして、こんな形で

書いておくと、消去できる利便性に心裡が安堵し、自分を知るのにも、案外役に立って

いる部分があります・・(#^.^#)

解っているようで、自分の心さえちゃんと把握できていないからで、自分を観察する事

も面白いのです。ただ、書くことは目の前に相手がいないから誤解を受けたり、曲解を

されることも間々ありますし、中々正確に思いが伝わらないと言う感じもあって、可能

な限り自分の事を書くのは避けるべきだと、思い込んでいたのですが・・(;一_一)

一人の老女が遺せるものなんて、財力のない身には、この形がいいかな?何て、この国

に来てから随分自分が変貌したことに原因がある気がしたからです・・( ^^)

《日々が人生の筋目だと勝手に考えている》し《おまけ付きの残世》だから、さまざま

な事象に囚われない生き方が出来ているこの幸福な時間を自今を忘れたくないからです。

冷静に比較批評をして貰えたら・・生きてきた意味もあると言うそんな気がしている。

*どんな親でもたった一人しかいないのだからその事実は曲げられない・・!(^^)!*

いっぱい失敗して、オロオロ、オタオタしながら老いて行った現在を曝け出す事が平気

になった図太さも加味していますが・・ははははは

この国でも、日本人のサークルや趣味、県人会等が沢山あって、心が動かされなかった

訳はないのですが・・どうも、群れて何かをする事に抵抗感があります・・(-_-)

先進国では早目にリタイヤして、残りは夫婦の生活を楽しみたい人々が多く、日本人も

そんな考えの人も大勢おられるかと思います。

しかし、幸いなのか不幸なのか相棒がいなくなってしまって、20数年。そう言う人と

繋がって生きられない現実で、連帯感とか団体行動を取ることを好まなくなった!

{それを何所に向けたら?}なんて考えると・・自分を見る事に不思議な興味が湧いて

しまったのですね・・ふふふふふ

他人との接触が少ない分、自分の観点や視界が思考がどんどん膨張出来る事に気が付き

面白くなった(つまり暇だからで、人間ウォッチング的考えに目覚めたと言えます)

若い頃は考える暇などなくて毎日の生活の中で懸命だった。脇目も振らずに時間が経過

していた気がしますが・・今は全ての流れが時間に左右されない、幸運な空間にいます。

〔これは素晴らしく仕合せで有り難い事実、こんな機会を得られる人生なんて・・そう

 ざらにはないと思うと、時間の緩慢な流れのこの国での生活は甘い蜜を味わされてる

 心地さえしてくるのです〕

  【柵のない生活がどれほど甘露であるか?充分楽しみたいと思っています】

このブログを書くようになって・・親しくして下さる方が数人出来ました・・(*^_^*)

お顔も名前さえ知らないのに、本気で心配して下さったり、励ましや温かい言葉に何度

も癒され、駄文、長文で、面白くもない話に付き合って下さる人々との出会いは完全に

私の性格を変化させた事を凄く嬉しく思っています・・m(__)m

{雪解けの様に、頑なな心が融けて行く気持ちは自分自身の評価を高めた気分です}

昨夜は眠れなくて・・9時過ぎまで本を読んでいたのですが、そこに何所からともなく

<口笛>が聞こえて、それも日本人なら誰もが知っている≪蛍の光≫だったのです。

間違っているかも知れませんが、かの曲はスコットランドの民謡だった気がしましたが

<口笛>が少し高くなったり、低くなったりしながら、それでも、とっても素敵な音で

感動しました!もしかしたら、指笛だったかも知れませんが綺麗な音でした・・(*^^)v

睡眠薬を半分飲んで、夢も見なかった程、熟睡しましたが、蒸し暑さで目覚めました。

※最後にベトナムのちょっと変わった風景をお話します。

この国では身長を測る機械を持って歩いている人に時折出会います。先ず、背の高さを

測るのですから2mはあると思いますが細長い機械を、独特のリヤカーの様な小型の車に

載せています。夜は身長を測ると音楽と赤のランプが点灯して、解るようで、結構人垣

ができています。勿論それで、生活しているのですから「1日どれだけ歩くのか?」等

想像もつきませんが・・重そうだから、若い男性が多い気がします。

こんな光景に遭遇すると、異国感を思いきり感じるものです。未体験ですが・・(#^.^#)

昨夕は遠雷が数度鳴っただけで『スコール』は来なかったけれど・・今朝は本当に蒸し

暑く風が凪いでいるようなホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/28(Tue)
「まーとってもお久しぶり・・」なんて声を掛けたいほど真赤な太陽が昇り、ぎらぎら

と輝きを増して上昇してきた今朝のホーチミンです。

太陽の光は、熱は色にも、空の温度や空気などでも、変化するものなのでしょうか?

{無知な私にはそんな事さえさっぱりですが・・見事な位の赤色をしておりました}

こんな日は「良い事がありそうな予感」がして、ちょっぴり嬉しくなりました( ^^)

さて、今日の朝食はお強(玉蜀黍)に、サラダ菜と、コリアンダー、ドクダミを巻いて

豆乳と一緒に食べました。何ともミスマッチで、変な味だと思われるかも知れませんが

想像以上に、面白い味になって、香草が好きな方なら、きっと大丈夫だと思います!

昨日は夕方から2時間半ほど大きな『スコール』がきて、雨風、雷鳴と凄かったんです。

そんな訳で夕食は朝買ってあった焼肉と、トマトのサラダ、ふりかけご飯で、済ませて

出かけなかった。こんなに降るのに、合羽を着たバイクの人が通過する?・・(-_-;)

もう、目の前などは見えないほど、叩きつける大粒の雨をもろともせずに走る人の合羽

は体にピッタリ張り付いて、幾層にも皺ができていた。しかし、それを直すこともなく

走り去って行くのです。雨宿りでもすればいいのに・・なんて勝手な思いで見ていたが

気に掛けないのでしょうね・・( ^)o(^ )

日本の梅雨とは違って、強烈な降り方ですが数時間で止むことが解っているからで道路

は雨水が濁流の様に流れ、屋根や壁を伝って流れる雨の激しさは相当です・・(@_@;)

それらが瞬時に引いて又、何時もの道路に早変わりするのですから・・不思議です。

さて、皆様はこんな経験はないでしょうか?

引っ越しなのですが、人生の中で、平均どの位の引っ越しをするものなのか?考えた事

はお有りでしょうか?終生、この土地で暮らしそこが故郷で、動く事のない人達も大勢

おられると思います。仕事関係で、子供の時から転々と引っ越しをしなければならない

人も多々おられると思います。以前に、ブログで、それらしい事を書いた記憶があるの

ですが、見知らぬ土地や国での生活は興味津津半面、妙に煩わしく、友人や、親しい人

との交友が阻害されることも事実です・・(--〆) 結婚前から数えると、20回以上

になりますが、本当に引っ越しのベテランになり、また、多くの物品、友人を喪失した

事もあって「一慨に良い体験とは言えません」・・(・_・;)引っ越し貧乏そのものです。

それでも、仕方なく亡夫の仕事関係で10数回は移転しました。 仕事の部署が変わり

やっと家を建てたり、札幌生活はそれなりに意義があり、子育ての間は殆ど変化はなく

子供達も沢山の友達ができたと思うし、安穏な生活が送れた事は思い出に繋がったとも

考えています。しかし《自分の運命とか宿命とかは決められたものなのか?》

  =時々その考えに支配されて身動きできないことも随分ありました=

動くたびに私は順応性はあっても、心を閉じる方向へと向いて行った気がするのです。

決して、楽天的に物事を考えるタイプではなく、愚かしい程{保身技術}が上手になり

表裏が一体化出来ない複雑で神経質な性格へ移行していった思いがするのです。

迎合しているようで、中身は反対の事を考えていたり、突拍子もないことを平然と行動

するし、何を考えているのかを見せないある意味嫌悪感を募らせる性格を自分で作って

行った気もします・・(;一_一)

家族以外は信用しないとでも言い変えた方が旨く伝わるかも知れませんが・・自分に殻

をつけて、他人の進入を防御するような性格でしたし、亡夫にも、心の中を見せないと

言う冷淡さも身に付けていました・・(-"-)

年齢差もあったのですが「何時だって養ってもらっている感覚が取れなくて・・厳しい

姑との対立も長年ありました」・・あはははは 今、考えると馬鹿みたいな話ですがー

92歳まで長寿だった姑は最後の数年は入退院の繰り返しで、私しか寄せ付けない様に

なって、看取る運命だった事を皮肉にも思ったものです。

その数年後、夫が他界するなど、想定外の大きなアクシデントがあって・・また、私は

心を閉ざす羽目になり、自分で自分を自縛していくと言う切ない心情の種を心の隅っこ

にばら撒き、頑固さと狭隘さは増大し、今の性格を作り上げていった気がします。

  <ま、諄く他人の話などは面白くも関係もありませんが・・ははははは>

引っ越しによって性格も変化する一面がある事を聞いて頂きたかっただけなのですがー

大仰な話ではなく、夫を亡くした時、信頼関係にあった人達の裏切りが沢山あった事も

要因しています。だから、凄く大胆に平気で行動したり、言葉も、きつく人を信用でき

ない心が未だ残存しているのだと思います。(この性格は治らないなぁ・・(/_;))

【孤独】に耐えられるのもきっとそのせいでしょうし【貧しい感性】だとも思いますが

その分、人を信用しない分、自己愛が強く浮上したのだと思われて、現実には余り良い

影響は得られなかったけれど、自分を守る術はかなりかも知れませんねぇ・・えへへへ

日本では想像も出来ないでしょうが・・この国では今だに、アセアン諸国しか海外への

旅行は認めていなくて、パスポートも最近になってから取得が増加しているようです。

前回書きました様に、海外へ出たい人は外国人との結婚が早道で、かなりの人が外国人

との結婚を望んでいる現実でもあります。年齢差など全く関係ない程、もっと、違う国

へ行きたいとか、勉強したいとかの希望は過剰なほどです。

家を建てる時も、借りる時も、ベトナム人との契約ですし、未だ未だ様々な障害があり

社会主義国家の難しさを感じさせます。先日もこんなニュースがありました。

◎ホーチミン市内の不動産取引はその市場に対する多大な規定が施行されたため、市場

 の低迷が激しく、不動産取引所は厳しい選択を迫られ不動産ブローカー業務のみ注力

 してきた不動産企業の殆どが取引所の閉鎖を決定した。半分まで減少したせいである。

 今後は需要が多い低所得者向けMS、土地取引の仲介などを強化していく予定。

現実は表面で見える部分とは違って、かなり厳しい現状で、富裕層と、貧困のはざまに

苦慮していることが見え隠れしています。外国人にも門戸を開き、固定観念からの逸脱

が望まれると言われているが・・これから先、どうなっていくのでしょうか?
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/27(Mon)
昨日はPC君が『超ご機嫌斜めで・・(-_-;)』さっぱり接続が出来なかった! 少しずつ

宥めるように同じ事を繰り返したり、あちこち弄っていた。殆ど数時間は費やした・・

  ▼その内、PC君は「ムカッ」と来たのかも知れない・・(-.-)▼

画面が真っ白くなり{インターネット接続できませんマークと赤の×マークが出た!}

もう、自分の頭脳範囲外で、何所を触ったのかも見当がつかなく、諦観しました。

暫く、放置しておこうと思い、これで、PC君とは「さらばだよ!」 何て思いながらも

妙に気になっていた{PCに詳しい方なら「馬鹿やってる」と思われるかも知れませんが

本当に知らない。解らないことは情けないもので}能力もないのに・・(;一_一)

*【メール、検索位が妥当だよあんたの頭には】そう言われている気がしていた*

その上、午後はかなり激しい<スコール>雷鳴があって、雨も太い白糸の様に目の前が

白霞の様だった・・(@_@;)それでも、暫くは降り続き、露店は殆どは店仕舞い。

ビーチパラソルの中に数人が入って雨宿りをしている姿も一興があります。お喋り好き

国民ですから店の前、遠近、賑やかで・・( ^^) 窓からその様子を見るのも楽しみです。

ホーチミンの今朝は太陽の勢力が強烈で、今のところは傘下に守られているかのようで

日差しがどんどん強くなっています。まだ、7時ですが部屋半分にブラインドの間から

差し込む熱はベッド半分迄照らしだしている勢いです・・(*^。^*)

近くに小さなスーパーがあり、時折、トイレットペーパーや洗剤などを買いに行く。

未だ雨が完全に止んでいなかったので傘をさして行ったが、この国では少々の雨で傘は

差さず、みんな走るから・・脹脛迄、泥ハネが付いている足を沢山見かける・・(+_+)

日本と韓国の商品が多いので、外国人向けのスーパーと言ってもいい位で、割高である。

日曜日で、日本人家族が2組。狭い店の中で子供を走らせている。私は棚に手を伸ばし

商品を取ろうとしていた所にぶつかった。本当に狭い通路なのに、親は知らん顔してる。

「狭いから走らないで!」と言いました。日本人、だからその親は子供の手を引っ張り

凄い顔で私を睨んだんです・・吃驚した・・(@_@。

この国は《子供が宝》だからもう、メロメロに舐める様に可愛がリ育てる!それは理解

できているし、もう、慣れたけれど、異国にいて日本人の子供の躾をしていない親を見

るのは、恥ずかしく注意したのだが、嫌な婆さんだと思ったのでしょう・・(・_・;)

せめて、公共の場では、まして、外国だから、尚そうあって欲しいと感じたのですがー

余計なお節介だったのかも知れません・・( 一一)

※面白い記事が載っていましたのでご紹介します。

◎バイク通勤が当然のベトナム女性の間で、ロングスカートが大流行。

 日焼け防止のためで、オンラインショップでの売れ行きが好調。この国の女性は顔や

 手、腕、首、胸などの日焼けは極端に嫌って、バイクに乗っている女性は完全武装の

 状態で、日本のダウンや、ヨットパーカーなどを頭から被っている人が多い。

 しかしながら、足の日焼けについては余り考慮されていないようで、素足で短パン姿

 は大勢いる。足には日焼け止め薬や、スプレーを塗っているので・・と言う話をよく

 家族から聞いていたが、それが自然なのだと思っていたが・・日焼け止め、スプレー

 の費用がかなりかかり[常夏の国ですもの・・毎日必要ですから・・(-"-)]

 ロングスカートが流行し出したと言う訳です。衣料品は縫製工場が多々あるので本当

 に廉価です。千円も出せば素敵な品が買えます。普段は5百円前後だったり、もっと

 安い物が余る様にあって、驚きます。ただ、紫外線防止用と謳ったものは高価なよう

 だがその効果は只今、検討中との事。

◎外国人との結婚に関する合同作業グループ設置

司法省は外国人との結婚について、婚姻家族の現行の施行細則政令の草案を指示した。

外国人との結婚に関する手続きを厳格化する事や結婚支援センターの機能の強化。

ホーチミン市内に国際結婚のコンサルタント会社を試験的に設立する予定。

1998~2010年迄に外国人と結婚したベトナム人女性は29万人以上で、相手国

の男性国籍は、50ヵ所以上で、中国、韓国、ドイツ、カナダ、フランス、アメリカの

順だそうです。

◎「○○ペックスベトナム」旅行会社は日本ツァーを再開。その名も〈サムライツァー〉

  7月下旬から募集する。{アット・サイゴン参照}

朝食はまた違う店で初体験でした。先日は細い乾麺の話でしたが、饂飩の様な生麺に韮

もやしを温め、その上に、ネギ、海老を乾燥したふりかけを載せて、茹豚肉の切り身を

3㌢位の肉片が6つも入っていた。

スープは2種類で豚ひき肉と、大蒜、ウコン入り、前の様に豚の背骨からのスープをも

入れてくれた(カップ持参で行ったのです)少し大きなレジ袋だったもので。2段重ね

にしてくれて、ライム半分で、80円でした。驚きの値段と種類海老や、大蒜、韮等で

味が複雑になっていたけれど・・結構美味しく頂きました。この国の人は唐辛子を器の

中いっぱい位入れて食する様ですが、とてもそれは出来ないけれど、あっさりしたそれ

でいて、コクのある味で初めて経験した味でした。おそらくフォーの仲間だと思います。

この様に、次々、目新しい食べ物に挑戦していますが・・先ず〔外れ〕がないのが幸せ

です・・(*^_^*)

本当に種類が多く、楽しみな《食文化》です。昨日のスーパーで初めてドーナッツ1個

を買いました、大きくて、上だけに砂糖がたっぷり載っていて、半分しか食せなかった。

今朝冷蔵庫の中で堅くなっていたので、がっかり・・(-_-;)したのですが、牛乳か熱々

豆乳に付けて食べようと考えています。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/25(Sat)
”寝苦しい夜でした・・(-_-;)珍しくノースリーブとショートパンツ姿で寝たまま朝が

 来ていました”大抵は明け方には無意識に肌布団をかけているのですが・・その必要

 は無く、そのまま目覚めた朝でしたねぇ!

毎夜、シャワーの後は軽いストレッチ{と言えるかどうか?}をしているのだが、夕べは

じんわりと汗が流れてきたので、目茶苦茶簡単で「はい!これでお終い」の自分がいた!

歳のせいと、運動不足のせいでしょうか?足が時々、浮腫むから肌掛けを何層にも折って

その上に大根足を載せています・・( ^^) ははははは

暫くは我慢できるのですが、今度は腰に負担がかかって「はい!これもここ迄」の状態

の日々です。ま、いい加減な手抜きばかりで運動にはなっていない・・(--〆)

やっと、少し太って来て、あばら骨が見えていた身体に、肉が、脂肪が付いたようでー

最近は、少し運動しないと食事とのバランスが悪く、だらだらの生活の上に食するから

肥満の原因になると思うし、内臓にも悪いとは思うのですが・・{食べられない苦痛が

あったもので}どうしても、無理して、食べては胃薬の世話になっての悪循環です!

『雨季』に入ってから草木の繁茂が著しく、向かいの家のベランダの観葉植物の成長が

異常に早く、この区に来て、3ヶ月ですが、部屋の窓の半分だったのが今は、殆ど窓を

隠すように伸びています。[あの窓は薄暗くなっているのではないか]と他人事ながら

気になっているんです・・(-_-;)

今、大きな音がしたので窓を開けたら、向かいに止まっていた自動車にバイクが追突し

て、横で、果物を売っている露店の上で停止したらしく、マンゴスチンや、リュウガン

が籠から飛び出て転がり、バイクの女性は転んでいました。半べそを書いている女性は

呆然として、動かず、膝辺りから血が少し出ていました・・(@_@;)

もう、一瞬の事だから・・画像が静止状態のような感覚でしたが・・数人が走って来て

果物を拾ったり、女性を抱き起したり、車の人が出てきて「声を荒げていました」がー

〔泣いているばかりでどうしようも出来ない女性に諦めたのか?〕数人が口出し、彼女

の援護をした途端、示談の話となった様です。きっと、彼女にとってショックが大きく

自分の力で思考する事も判断もできなかったのではないかしら?・・(-_-メ)

少し、落ち着いたようなので、戻ったのですが、こう言う事が日常的に何所の道路でも

有るので、私も何だか慣れてしまった感じで【本当はこんな光景に慣れることなど駄目

だとは思うのですが、それ程頻繁に接触事故が多発しているのが現況です】

ホーチミン市内での繁華街(有名店や民芸品、観光地などがある)を少しご紹介します!

市内には中心となっている市民劇場を見て、4つの大きな通りがあります。

≪ドンコイ。レタントン。レロイ。グエンフェ通りと言って、その間を(ハイバーチュン

ナムキーコイギア、パスツール通り)が走っています。この周辺がホーチミンの繁華街と

も呼ばれ、賑やかだし、レストラン著名なホテル、デパート、有名店等が犇めく場所でも

あり観光客が外せない所でもあります≫

割合固まってあるので、歩いて回ることも可能だから、外国人ツァー客の団体にも遭遇し

日本人も沢山見かけ、活気があり、この国の雰囲気を十分味あわせてくれる場所でもあり

一時期<人気沸騰した雑貨やもこの近辺に多々あります>  旅行者の人気スポットだと

言っても過言ではありません。住んでいる者にとっては、興味は余りないが・・(-.-)

  **来越されたら、先ず見て頂きたい観光地であることは事実です**

この辺りの観光で見て頂きたいのは『仏領時代のコロニアルスタイルの建築物』が今も

現存されている実感です・・(*_*)

例えば、聖母マリア教会、中央郵便局、市民劇場、統一会堂、歴史的なホテルなどがー

ヨーロッパ的感覚を彷彿とさせてくれます・・(#^.^#)

=想像以上に緑が多く公園もあり、優雅な興趣を醸し出してくれる通りになっている=

ショッピングもオーダーメイドの店も多く、雑貨、民芸品の店の数も沢山有り、賑って

います。本当に安価ですから、心惑わせることが多いと思いますよ・・(*^_^*)

又、以前、市場で書きましたが、ベンタイン市場も近く、お土産品の購入、冷やかし

も楽しい時間が過ごせると思います。

時にはノン(頭に被る日除け)をつけた天秤棒売りが通過したり、近代的なホテル、店

が並んでいて、飽きさせない情感ある街となっています。

どこでも中心街は本当に活力に満ち溢れ、毎日行っても楽しいのではないでしょうか?

素敵なカフェや外国資本の店もありますし、周辺巡りだけでも1日が十分、異国情緒を

満足させてくれます。東南アジアの他の国にはない、不可思議な雰囲気と洗練された街

をご自分の目で確認して、散策を堪能して頂けると嬉しいです・・(*^^)v
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/24(Fri)
最近は、何となく調子が良かったPC君・・今朝は2時間の格闘(最も、放置していたが)

をした後で、接続可能になりました・・(・_・;)

ま、文句を言う事もなく、DVD見ながら、思い出したようにPC君を弄っていたのですがー

なんとか戻って来てくれたようで「お前さんは私を揶っているのかい?それとも遊びが

不足して遠くへ出かけて戻る時間が遅いのかい?」なんて心で悪態つきながら、それでも

「おおー戻って来てくれた!」と笑顔と安堵感が充満しておりますです・・(*^。^*)

      **とっても、単純お馬鹿な老女ですが・・**

今朝は、買い物に出かけなかった。昨夕、息子が来て、食事に誘われ「ほいほい状態」

でバイクの後ろに慣れた仕草で跨って出かけました。

突然、連絡もない訪問。晩ご飯の準備を既にしていたから、今朝は買物が不要でした。

所が、ヴェトナムの米の種類は本当に沢山あって、値上がりはしていましたが、高級品

になる程、香が強くて、好みが分かれる。私は結構どんな種類でも、好きですし、香の

付いた米でも何ら抵抗がないので食しています。

ただ、一番残念なことは熱々の炊き立てでないと、美味でなく冷たくなると、パサパサ

して、味もすっかり落ちて不味くなるのが欠点です・・(--〆)

未だ(電子レンジの普及が殆どないから)・・冷ご飯を食べるのは一寸勘弁してかな?

火が使えれば、雑炊でも炒めたりも出来るのですが・・それは見事なほどの裏切りで!

昨晩炊いたご飯を冷蔵庫に入れて置きました。総菜を3種類買ってあったのを食したの

ですが・・本当にご飯が不味くて、少ししか食べられず、嚥下するのにも苦痛でした↓

▼その場で食べるのは本当に美味しく、大好きなのですが、大きな欠点だと思います▼

熱々のスープや麺のタレに入れてなら、食べられるかも知れません〔試してみます!〕

日本ではレンジ使用は当然ですが、漸く洗濯機、冷蔵庫が大方の家庭に普及したと言う

感じでしょうか?掃除機のある家は殆ど見ません。手箒で、塵取りが殆どです。富裕層

にはあるのでしょうが・・我家のヴェトナム家族宅にも掃除機だけはありませんでした。

未だ高価なのか?使用しない家が多く、レンジも同様です・・(#^.^#)

しかしながら、大型のTVやDVD、カラオケ機、PC、携帯の新機種の普及は相当なものでー

結構(新型)を持っているのには驚かされます・・(@_@;)

{若者が多く、それだけ流行が敏感で情報が迅速に飛んでしているせいだと思います}

    ”先日書いた文章に誤りがありました・・m(__)m”

数年前から、この国も子供は2人と言う制限になった様です。最初来た頃、書いた記憶

があったのですが・・「ボケッー」としていたのですね。忘れていました。

※不思議な事があります※

去年、来た頃は硬貨が出来、割合見慣れて来ていて、お釣りにも混ざっていたものです。

所が今年になってから、1度も使った記憶もお釣りで貰った事もないのです。

  {多分、流通がストップしているのかとも思われるのですが・・(+_+)}

紛らわしいのもあると思いますが、この国らしいアバウトで面倒な事も加味されている

のではないかと身勝手に想像しています。

   ★★【母上!変です!硬貨はどこへ消えたのでしょうか?】★★

▲日本の2千円札が自然と消えていったように、今は全く見ないです・・(-_-)▲

この国に硬貨が出来た事が先ず信じられなかった。ずっと、お札しか使用していない国

だったからです。煩わしい事が嫌いな国民だから・・多少は理解できます・・はははは

重いし、いちいち確認するのが厄介だからでもあると思います・・(-"-)

次はお札の事ですが、両替所に行くと必ず(ま、お札が細長いと言う事もある?)ので

すが・・10枚を重ねる時、日本では大体、真ん中に半分に折った札で区切りと言う程

の大袈裟でなくても数える時に便利だから、そうすると思うのです。

それが良いのだと言ってるのではないのですが・・この国ではお札9枚を縦にし、残り

1枚を半分に折って下から上に折り曲げて輪ゴムで10枚を作ります。

それを最初見たとき、国によって、お札の大きさが違う事もあるのですが。面白く感じ

ました・・(^-^)

  《勿論ATMなどの機械から出てくる分はそんな事はないですが・・うふふふふ》

出来るだけ、現金で両替をして貰う様にしています。ATMに慣れていない事もあります。

日本の様な様式ではないから・・ヴェトナム語と英語で、それも、やたら、大きな金額

になるし、何度でも回数を多くしないと金額相当が出てこない機械が多いのです。

それでも、ATMがあちこちにある事は来た当初は吃驚しましたが・・お粗末な機械が多く

多額を下ろす時に、周囲の目が気になるのです。銀行の横だったり、道路沿いにあって

しょっちゅう神経を遣ってしまう事が何度もあって・・帰国した時には必要な分だけを

現金で持って来ることにしています・・(-_-;)

カードはどうも苦手で・・殆ど日本でも余程でない限り使用しません。もう、年齢的に

新規は駄目だろうと思うので、3枚残してこれも処分しました。年会費も馬鹿にならず

だったからです。ホーチミンの今朝は曇り空です。昨日も数時間、激しく雨が降りまし

たが・・『太陽は引き攣った微笑みを浮かべているようです』
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/23(Thu)
『雨季』に入ってから、毎日の様に・・それ程多くはないのですが、雨が降っています。

朝は「太陽元気でーす!」なんて頑張っているのですが、力尽き、矢折れるように午後

からは雲の集団行動に阻まれて、太陽が隠れてしまいます・・( ^^)

時々、日差しが{ぱぁー}と明るくなり顔を見せてくれますが・・力関係は駄目みたい。

途端に雷雲が発生して、雷鳴、稲光の閃光が大空を覆い尽くすと、もう「いけません」

集中豪雨の様に瞬間に雨が到来してきます。殆ど毎日なのに、そして、これが数ヶ月も

続く事に、うんざりしながら、降らないでいると【計画停電】だし、自然の力は偉大で

誰も文句など言わせない強力なパワーを感じさせてくれる最近の天気です・・(@_@;)

今日は以前から、気になっていた[乾麺]で、凄く細いのがあるんです。自分で去年など

何度も買って食べていたのですが、実際の作り方や、茹時間が解らなく、塊の侭だったり

茹で過ぎてどろどろ状態になっていたのです・・(-_-;)

それでも、麺は消化もいいし朝ご飯にはフォーが食されている様に、飽きない食物だから

連日でも食べたいと思える淡白さもいい物ですよ!  {種類が豊富だから尚有り難い}

数日前、路地裏で、何時も買っているご飯やさんで、紙が張り出されていて、何かを始め

たらしく、お客さんが入っていました。その時は未だ何か解らなかったのです・・(-.-)

今朝[乾麺]が載せてある台を見つけ、店で食べようと思いました。ま、一応聞くだけ

でもいいからと思い「ジェスチャーで持ち帰れる?」をやりました。「もう、すっかり

馴染になっているものだから、いとも簡単にO.Kが出まして、持ち帰りました。

先ず茹で方ですが、本当に細く(春雨)より細い麺が絡み合っているのを上手に手巻き

で引っ張って・・ラーメンの様に玉にして沸騰しているお湯にそれこそ、数秒位かな?

入れて、沸騰したお湯の横にはタレが煮え滾っていた。麺はプラスチックの蓋付き容器

に、レタス、もやしなどを入れ確り蓋をしてくれました。タレはアジア独特でビニール

の袋に、豚の背骨の大きな部位を入れ、輪ゴムで巻きレジ袋に入れてくれた。

前も言いましたが、この国では何でもありだから「言わないと相手からは聞いてこない」

から{野菜も好みの物は多くとか、これは要らない}とかを主張すると、その通りにして

くれます・・(#^.^#)

早速、丼に移し頂きました。麺も程良く、あちこち寄り道したので、塊かけていましたが

タレの中にいれると直ぐに解れました。中身は豚肉の背骨の部位に付いている肉片が絶妙

に柔らかく、野菜も前記したもの以外はネギが一面浮かぶ様に入っていて、ライムを一片

絞って入れたら、これまたさっぱりとした味になり、本当に美味しかったです・・(*^^)v

店の小母さんの手順を見ていたら、その感覚も解るから、次回からは間違わずに作れる気

がしました。見知らぬ野菜も、どうやって食べるのかが分からない事がまだまだ山積状態

ですがご飯やの総菜を見て、使い方や切り方なども知る事が出来るようになりました。

 =因みに100円でした・・かなり、お腹一杯でタレは残しました・・(/_;)=

日本とは包丁の使い方も違うし、まな板も丸型、中華包丁が多く、器用に使っています。

  *最初は包丁を外側に向けて切っている姿に驚きましたが・・!(^^)!*

例えば芋や人参なども手前に向けて包丁は使用しますが、この国では外向きが多いです。

〔牛蒡のささがき〕のような使い方でジャガイモも大根、人参、胡瓜等を切るから怖い

感じでしたが・・慣れなのでしょうし香辛料や薬味をたくさん使うから中華包丁も便利

で一瞬で粉砕します(小玉ねぎ、大蒜、唐辛子)・・(*^_^*)

2日前は和食の店に行きまして、焼き魚(鮭)と、胡瓜の土佐漬け、枝豆を持ち帰って

ご飯だけ炊いて美味しく食しました。先ずは順調に、野菜、魚、肉は摂取出来てきた気

がします。人間は何も無いと「何とかしなければ」と懸命に思考する?・・えへへへへ

台所がなくても総菜の配達もあるし、弁当の配達も完備されていて・・日本人向け総菜

もネットから依頼できます。以前には考えられなかった事ですが≪食≫に関しては無い

物がない位にこの国にも揃っています。ただ高いですが・・(-_-メ)

日本人対象のスーパーもありますし、必要なものは何でも購入できる時代です。それも

前には想像出来なかった事ですが・・和食の店はもう、凄い勢いで出来ています。

この国の料理以外では次に多いかも知れない程の発展ぶりです。が、閉店も多く、開店

して次々とできるのも特徴でしょうか?

和食の店に行っても、結局はヴェトナム人が作っていたり、冷凍品を解凍している場合

が多く、魚も外国産が主ですけど・・ご飯、みそ汁が付いてくると、矢張り和食感覚は

否めなくて、日本人ばかりの客層で、これまたがっかりします・・(;一_一)

日本語が飛び交っているから話の内容が丸解りで・・これも正直、感じが悪く、決して

日本人同士では挨拶しません『知り合いを除いて』無視されるのも・・「どうかな?」

なんて思ってしまいます。別に、挨拶くらいしてもいいのではないのかな?携帯で大声

で喋りながら入店する人もいて、何所かこの国を馬鹿にしているような感じがし、横柄

な話しぶりは憮然たる思いを呼び起こします・・(-_-;)

愚かな私はこの通りの小母さん達から手を振られたり「寄ってお行き」的な挨拶をされ

ると〚吸い込まれるように店に入っていく体たらくです〛が・・あはははは

それでも、世話になっている国ですし、苦虫を潰した顔で偉そうな格好など全く出来ず

にいる気の弱い人ですが・・( ^)o(^ )

人の気持ちなど理解しようなんて思いあがっているのかも知れないと思うと、にこにこ

笑って、「チャオ!」と声をかけていれば、嫌な気分ではないとそう信じているのです。

何と言っても“言葉の壁”が厚いから仕方ないのかも知れません・・とほほほほ

※ヴェトナムニュース

◎市場調査会社では<ベトナムは魅力的な小売市場>として世界で5番目だと言われる。

 昨年の経済成長率は6.8%に達し現代的な小売スタイルに慣れた消費者が増加した

 事と、2014年までの小売売上高は年平均23%の伸びが予想される。ネット通販

 などの販売ルートが重要な役割を果たすだろうと言われている(ベッター参照)

朝曇りですが、湿気があるのと、今朝は熱々の麺だったせいで、扇風機が既に活躍中で

珍しく汗をかいたホーチミンの朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/22(Wed)
人の考えや思考、物言いなど、本当に何が正しいとか?正しくないとかの判断は極めて

難解で「何所がボーダーラインだろう?」と思う事が沢山あります。

 ▼老い先が短いだろうと思うようになって数年が過ぎてしまった▼

本音を言えば「生意気ながらこんなに長く生きるとは想像していなかった・・(@_@。」

だから、その(つけ)が来ているのかも知れない。妙に去年は精神不安定で、自分自身

のコントロールができなく焦っていたり、苛々したり、する事なすことに心が動揺した。

  {亡夫が逝った歳を遙かに越えてしまった・・(@_@;)せいでもあるかな?} 

★指針を喪失した船の様に自分も見失って行った気がする。傍で見ていればそれがかなり

 異常であった事だろう★

でも、それを正常と言えるか?異常と言えるかは傍が決め、見えることで、本人には何も

理解ができていなかったのも事実でした・・(;-_-;)

随分、色々、様々な本とも出合い<生きること、生かされている時間、これから先のこと

何度も何回も考えてみたが結論なんて出せる訳もなく、そんな事を真剣に悩む事にかなり

疲労困憊し、それでなくても脳細胞の退化が著しく、日々老化が進行していると言う2つ

の大きな課題に振り回されて・・ウロウロ、オタオタして、それらを許容し、自分の中で

納得行かせる事に必死だったのです・・(・_・;)

極短に言えば、所謂{悪足掻き】状態がずっと続いていたのでしょう・・(;一_一)

〔何かをしなければと言う焦燥感に絶えず追いまくられている気配を頭や背中で感じつ

 いいや、ずっと気を張って頑張って来たのだからもう、手抜き工事式でいい加減な侭

 能天気に生きればいいのでは・・( ^^)

 もう、充分生かされたし、亡夫よりも長く生きたこの心中のもやもやを払拭させたい

 気持ちもあって「もう、疲れがピークまで到達したのではないか?」などと思った〕

『そんな理由で、自分の心の安寧が欲しく・・数々の思考を放棄した気がするのです』

正に{天に唾を吐いて落ちてきた感覚で受諾しなければ}を繰り返していた時間でした。

何が正しいのか?良いのか?なにも解っていないのだと思いますが、ちょっと頑張って

懸命に無い頭で考えた時間でもあった気がします・・(#^.^#)

若いとそれだけで柔軟になれる事は現実問題で多々ありますが、自分を固持して生きる

術を、自分の中に植えつけるのに、時間が掛り過ぎた帰来があります。

<人と隔離された生活に近い私にとっては、毎日が自分との闘いであって、悔しかったり

 情けなかったり、負の要素が充満して捌け口がなく、又、外に向ける勇気も度量の広さ

 もなかったから、悶々として心を持て余していた気分でした>

ただ、自分で選択した道だし《大きな傷を娘に残した事の心の痛手》もあって、意固地に

ならざるを得なかった部分は確かにあったのですが・・(-_-メ)

 ▼▲何所かで開き直って、違った生きる道へ逸れた現実があった様に思えます▼▲

それは、間違っているのかも判りませんが・・何所かで諦観と折り合った気がしています。

出来るだけ、幸せであることに感謝して、毎日が苦痛でない生き方を望んだ狡猾さもあり

自己評価ではかなり≪愚鈍で頑固で狭量で嫌な老人の部類に入居したのかも知れません≫

しかし〚未だ残りの時間があるのかも知れない予感がするもので、これも傲慢ながら確実

    に了解を自分の枠内に収納させねばならない事なのだとそう思っています〛

*人の世は面倒で、しんどいけれど・・過ぎた時間は楽しく迅速に通過する事も教えら

 れて【今を生きている】のが現況でしょうか?*

[死]へ向う時の、心の準備をしなければならないのかも知れませんが・・(-"-)これも

狡く逃げ道や、寄り道を見つけ出し存外、想定以上の長生きをしそうな兆しも見えたり

している私で「困惑している」と言う心もあるんです・・(-_-;)

ま、いずれにしても、頭脳も老化してきているし言動も半可通でしかない、凡々以下で

すが(全てまとめて自分である事を背負って生きるより道が見えない)と思っています。

正確さとかよい人とか、関わる前段階に未だうろちょろしている自分が見えて年齢の割

には愚かだと黙認している自分がいます・・(@_@;)

これは仕方ない事で、子供達にも与えてきた影響は過大で、すまない気持ちm(__)mも

ありますが・・個人的感情では私の様な未熟な母親のところに生まれてきてくれた子供

達に感謝しています。愚かな母が逝って父親が残っていた人生の方が・・良かったのか

もと言う気持ちは随分以前からありましたねぇ・・(--〆)

こればかりはどうにもならず、親を選べなかった真実で{反面教師で生きて欲しい}と

切望しているのが今、出せる答えかも?

☆生命☆を考える時、不用意に吐く言葉も又、人を傷つける事も多く、良かれと思っても

裏目にでて、押し潰されるような感覚を味わう事もあったり、人を傷つける事が範疇には

無かった過去もあって・・一生懸命☆生命☆の細くなった糸にぶら下がっているのが自分

ではないでしょうか?・・(/_;) 有り難いことに元気で目覚める事に深謝あるのみ・・

そんな事をふと感じた朝です。ホーチミンの太陽は今朝もモリモリ状態です・・(-.-)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/21(Tue)
朝は葬列で賑ったこの通りに、昨夕は真赤と黄色の提灯が道路を斜めに張り巡らされて

イベントがありました(最初は子供の日の祭りではないかとそう思ったのですが)・・

    {この通り特有のお祭りのようでした・・( ^^) }

段々と人垣ができて提灯に灯りが点もると、凄く綺麗で、金魚の形をした手提灯もあり

子供が中心で持ち歩いていました{尤も夏休みのせいもあるのでしょうが}

丁度、夕方から、公安が数人出ていて、笛を吹きながら、バイクの整理をし始めたから

学習塾帰りを待っているバイクの注意かと思っていました・・(+_+)

暫くすると、塾迎えも落ち着き、近所の人々が沢山出てきました。上から時折、覗いて

いたのですが、その内、大きな声がして、ここからは反対の方向だったから・・大勢が

急ぎ足で行くものだから「何かしら?」の興味一身で、外へ出て行きました。

      <何でも見たい知りたい人で・・えへへへへ>

家の前にはイスが並べてあって、先日のお嫁さんがさっぱりとした格好で、座っていて

椅子を勧めてくれるもので、座って見たら〔中国の春節祭の様なドラゴンと言うのかな

赤と黄色の獅子舞が2匹で踊っていました〕・・(@_@;)

数分すると暑いのでしょう・・被り物を取ったら若い高校生位の男の子でした・・(-.-)

それから、少し経つと、大型のバスがきて、この国のTV局の車の様で、中からTVカメラを

持った人やアナウンサーの女性や照明関係の人等がぞろぞろ出てきて・・TV中継がある様

でした。外国人もこの辺りのサービスアパートに住んでいる私同様な人が、うろうろして

は、しきりとシャッターを押していました。

  *きっと、私と同じイベントが好きなのでしょう?」なんて考えていたのです*

暫くは撮影の準備があった様ですが、7時半になっていたので・・部屋に戻りましたが

シャワーを浴びて窓まで来ると丁度真下で、撮影が始まる処でした。

男の子に花器を持たせて、中には丸い電球が幾つもあって、それを持って歩かせている

シーンでした。小さな豆電球みたいな物が器の中に入っていました。道路に鉄製の線路

の様な物を敷いて、その上にカメラを持った人が周囲の人に引かれながら撮影していた。

そんな格好で、撮影するほどの物でもない気がしたのは私だけだったのかも知れない!

男の子が何度も何度も歩かされている様子は気の毒だったし、結構花器も重そうだった。

そして、編集されて何分か数秒かがTVに映るのですから、大変な仕事だと思いますがー

 ▼子供の心などお構いなしで何度もやり直させる傲慢な態度は一寸嫌味に見えた▼

その後、獅子舞を撮っていた様ですが、9時を回っても外の明るさと騒々しさは止まず

面白くないので、眠ろうと思いベッドに横になったのですが「これが半端に興味があっ

たのでしょう。少し、興奮していたのかしら?」中々眠れなかったのです・・(-_-)zzz

一眠りして、2時近くトイレに行っても外は煌々としていた。提灯の灯りが見事でした!

真夜中の時間なのに、若物の声があちこちで聞こえ、お喋りしているらしい・・(@_@。

兎に角眠かったのでしょう。すぐに寝たのですが、明け方4時過ぎには車がきて、提灯

を全部外して行きました。

この通りに数件まとめて開店した店があるのです。左隣にケーキやが出来ていたし、右

側には出来たてのパンやとフレッシュジュースの店、反対側には未だ工事中でしたがー

食べ物やだと思います。本当に小さな店舗なのですが・・潰れては直ぐ次の店が出来る

感じです。隣のケーキやは日本人経営の店で名前を変えていますが。有名店です。

本当に小さな店ですがケーキやは無かったから物珍しく、買う人は多いかも知れません。

思いがけない昨日の出来事は、葬儀と祭りが同日に行われた事になり、変な感じでした

が、それもまた、常夏のこの国の陽気さと、暑い太陽に見守られて・・(*^_^*)

       ※不可思議な体験をした1日になりました※

さしずめ、日本だと、祭り用の食べ物やとか屋台が出るのでしょうが・・(-_-メ)それは

全くなかったです。狭い道路だからかも知れませんが・・朝とお昼で大概のお店は夜迄

はしないからでしょう・・(#^.^#)

この光景を見ていて矢張り中国の影響をかなり受けていると感じました。獅子舞などは

全く中国と同じですし・・提灯の赤や黄色は日本的ではなく、やや中国的な感覚があり

地続きである事を嫌でも思い出させます。こちらではそんな事何にも考えてはいないと

思いますが・・日曜日にも反中デモが繰り広げられている現実を、このホーチミンの人

達はどのように受け止めているのでしょうか?・・(--〆)

         《今が楽しければそれでいいのかも知れません》

ふっと、そんな事を考えておりました。幸いにして昨日は雨も降らず、イベントも成功

して終わったみたいで、今朝は、何時もの通りの朝がきていました。

お日さまも両手で抱え込むように全てに平等に照らしている今朝のホーチミンの朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/20(Mon)
朝の5時半頃だったでしょうか?突然、ラッパと太鼓が轟音のように鳴り出して、洗濯

していた手が一瞬驚いて止まったほどでした・・(@_@;)

数件先で葬儀があった様子。初めて家から出てくる葬儀の行列を間近に見て・・正直な

所、心が震えました・・!(^^)!

1番先頭には3人の男性が蝋燭に火を灯した長い金の棒を持ち、その後に楽隊と言えば

良いのでしょうか?ラッパと太鼓を鳴らす人が5人ばかり、ずっと国道を出るまで鳴ら

し続け、死者を見送っているかのようにその音色は物悲しく重く、心裡に深く刻まれる

ような感じでした・・(-"-)物凄い音なのですが・・それが何故かジーンとして、胸奥

に響きわたる感覚がありました。その後に日本でもお花を飾りますが、その花は周囲は

紙の葉っぱがぐるりと飾られ、真ん中に生花が華美ではない程度の薔薇や蘭、カスミ草

トルコキキョウや、グラジオラス、百合など、日本では白色の花が多いですがここでは

そうでもなく、それらを男性が20人ほど手に持って歩いています。結構、大きな物で

リボンは紫と白がかけてありました。それからここの大家さんの顔も見えたので、知人

やご近所の人が40人位真っ黒の服を着て、それはどんな形でもよいみたいでした。

暑い国ですから、半袖、パンツスタイルが多かったです。その後ろに真白な服を着た人

達10人程が棺を担いで通りました。凄く立派な棺で木棺でしたが・・周囲に金の飾り

が施されていて、上には楕円形の形で作られた白い薔薇の花が載せられていました。

窓を開けていたので、棺が通る時、手を合わせて拝みましたが・・(^_^;)胸が苦しい位

の感情が一瞬走りました。どこの誰とも見知らぬ人ですが、目の前を通過する時、なぜ

でしょう・・涙が出たのです。不思議な感情でした。棺の後方には親族が老婆を抱かえ

るようにして歩いていました、白装束で頭まで、白い布で覆い、捩じった布を頭に巻き

10数人がおられました。それからは普通の恰好をした人達がぞろぞろと一緒に歩いて

国道迄、最後はバイクの人々が8人位でした、長く長い、そして、凄く立派な葬儀だと

思いました。以前見た時はこんなに人数もいなかったし、お花の数も今まで見た中では

1番多く、華やかさの中にも荘厳な感じがした、葬列でした。

凄くゆっくり歩くから、国道まで数分ですが・・15分位がかかっていたと思います。

何時もの店もみんな閉まっていて、通過した途端に開店していました。

道路には霊柩車が(これもかなり高級だと思いました)バスが数台とタクシーも数台いて

霊柩車の中に棺が入れられる迄喪服姿の人々は周囲を囲み、道路がかなり狭くなっていた。

丁度、ベランダから、すべてが見える位置だったので、ずっと眺めていました・・(-.-)

この国の葬儀は華やかさの中で死者を弔う心がある様で・・賑やかでもあり、厳粛な気持

にもなるものだと初めて経験しました。お坊さんはいなかったし、遺影もないので、全く

解らなかったのですが・・この国の風習を見る機会があったこと良かったと思いました。

買い物に出かけたら、店を開けたばかりのところが多く、礼儀として、店を閉める事も

知りました。矢張り、日本とは違った習慣だとしみじみ感じております・・(/_;)

昨日は日曜日で、教会へ行く人や近くのお寺の近辺は賑っていましたが、後は子供の声

が騒々しく・・静かとは言えない日曜日でした。なぜなら、この国はもう夏休みに入り

子供がいっぱい外でも部屋でも遊んでいて、また、このアパートにも地方にいる子供達

が手伝いに来ていて、孫の数も8人位いて、騒がしいのです!食事時も喋りまくるから

今までの静かだった廊下は子供の遊び場と化し、声も煩く部屋を出たり入ったり、階段

を追いかける姿が見られ、一寸うんざりしています・・(;一_一)

夏休みは9月まであるんです。次々と地方から子供が来るのかも知れません。部屋まで

入ってくることはないですが、ドァーを叩いて走る悪戯をするので、何度も開ける羽目

になっています。子供の事ですから腹も立ちませんが・・その意味ではここの子供の躾

駄目では? 偶然が重なったのかも知れませんが・・空室が3つ位あるので、その部屋

を利用している様です。

※ローカルニュース

◎ホーチミン市では工員支援基金を無利息で学費融資を行っている。今まで工員500

人程がその恩恵を受けている。

◎旅客船の沈没事故

ビンズン省の観光区で起こった、船上レストランが沈没16人が死亡。このレストラン

を経営する会社は遺族に正式謝罪。1人当たり1000万ドンの賠償と葬儀、移動費用

を被害者に支払う事になった。

◎集団中毒の被害

タインホア省ホアンロンエ工業地帯で発生した集団中毒事件で、給食業者に対し、5億

ドンの支払を命じた。(ベッター参照)

今日は暗い話になりましたが、ヴェトナムの葬儀について知って頂きたくて書いてみた

のですが・・(@_@;) {どんな感じを受けられたでしょうか?}

昨朝も晴れていましたが、夕方から、少しだけ[スコール]らしい雨が降りましたが・・

晴れ間も見えました。今日も日差しは元気溌剌です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/19(Sun)
もしかしたら、接続の不具合が元に戻ったのかも知れませんが・・漸く、字の大きさ等

も正常化した気がするのですが・・未だ「油断が出来ない現状です」・・(#^.^#)

きっと、あの大震災に遭遇された方は辛い体験を、思いがけなくされた事と思いますが

【停電】にも本当に困惑します・・m(__)m

それでも、震災された人々とは比較にならないことですがー6時間の【停電】も、結構

堪えます。外は〔雨季〕で、空からは車軸の雨、雷鳴、窓から滴る雨粒も流れるように

その動きを止めず、周囲は薄暗く、(本)を読む明かりもないほどの暗さの中、じっと

何もする事がなくて、ベッドの上で、寝転んでは妄想三昧の時間でした・・(--〆)

降り始めの頃は未だ空も明るく、(本)や新聞などを窓の近くで、カーテンを全開して

読んでいたのですが・・そのうち暗さが増して、全く字の判断がつかない様相に変化し

諦めて、これ幸いと冷蔵庫の氷取り(旧式なので、氷が冷凍庫にびっしり付くんです)

をしていましたが、それも、停電の度にするもので、すぐ終わってしまいました!

それでも、この区に来て初めての長さでしたから、少々驚きました・・(@_@;)

前の8区では<雨漏り>と【停電】に酷く苦労したもので、すっかり忘れていた感じを

思い出していました。でも、前の家では友人が買ってくれた【停電時】に使用する電気

器具があって充電しておけば、かなりの時間(本)は読めたんです。

しかし、それも空き巣に持って行かれてしまって、台所もないし、ライターも必要なし

の生活で、うっかり購入を忘れていました・・(-_-メ)

だから、その日、蝋燭が使えない事を知ったのです。馬鹿みたいですが、火は使用しな

いから、気が回らないと言う愚かさで、ベッドの上の妄想が始まったのです。

しかし、病的では無いと思うのですが・・ははははは 色々な事を次々と考えて面白い

時間を遣った気がするのですが・・( 一一)

両親のことや亡夫との時間だったり、子供との生活があった場所や、友人や:はたまた

旅先の出来事など・・限りなく頭の中に再現しては消え《走馬灯の様に色彩があったり

ぼんやりと、眺めている光景だったり・・(+_+) 沢山出てきました》

段々と膨張していくのを見るのはかなり、興味津々、時折はぼんやり思考の中で遊ぶ事

もありましたし、そんな時間は割合、好きでしたが・・(*^_^*)

こんなに長く、自分の人生を回顧することは無かった気がして、不思議な感覚で時分を

楽しんでおりました。「もし、若かったら?とか、もし、時間が戻せたら」等は考えた

事は先ずありません。すべて目の前に起きた様々な事象に対応して、懸命に生きてきた

積りだと思っていて『錯覚や間違いであっても』自分が通過するべき定められた道程で

分岐点であったリ分かされ道なのだと言い聞かせてきた事がらが多々ありました。

他人から見たら凄く頑なな、融通の利かないどんくさい生き方であると思われ、利発で

ない分、頑張ってきた(生き方)だと{自分をそんな風に思っていたのですが、それは

傲慢で、他人との接触を意図的に避けたり、トラブルを起こす要因を何時も自分が作動

させていた事を、長い間気がつかなく、我儘勝手、自己中心で生きてきた(生き方)で

あったのだ}と、ある年齢から多少なりとも周囲が見れるようになって、理解できた気

がしているんですがどうなのでしょうか?

誰も1人では生きていけなく、誰かと関わって生きて行かねば暮らせない現実を解って

いても、可能な限り人の世話になりたくないと言う頑固で嫌悪すべき性格も確実に持ち

合わせている自分の2重人格的性格に呆然としたり、安堵したりの繰り返しを生きてる

そんな気がしてなりません・・(;一_一) *私って変人ですかねぇーやはり*

こんな風に時間が有り余って・・何もすることが出来ない時間が目の前に来たら「何を

考え、何をしたらいいのか?」自分の中では答えが見いだせない有様で、恥ずかしい!

誰もそんなこと考えて生きてはいないだろうとは思いますし暇人の思考回路なんて関係

無いと思いますが・・(・_・;)

《孤独》の中にすっぽり嵌ってぐずぐずと詰らない妄想の中泳ぎ、漂流するような時間

も、好きだから≪倹しく生きる道も案外、苦にならず安っぽい妄想をしている自分≫を

愛しく思っている愚鈍さは可笑しいのかも知れません・・(-_-)

何所か自分の心奥には〚本当は、もっと、頭脳を使って勉強しなければ・・なんて本音

が見え隠れしているのですが・・わざと見ないようにしている卑劣な場面もあり、この

(生き方)でいいのさ〛等と、嘘吹いている狡猾な自分もいるんです・・(-。-)

勿論、年齢的にも{死}と向かい合っている事実は否めないけれど、未だ元気でいる間

はきっと、この嫌な性格は矯正出来ない気がしています。はた迷惑な話ですが仕方ない。

ホーチミンの今朝は昨日とは打って変わって良い天気で、太陽が黄色でこの国を覆って

いるようです。午後からは変わると思いますが・・( ^^)

長い停電の中の妄想話で・・笑って下さい。そして、こんな婆さんの独り言に付き合い

うんざりされた方はぶっ飛ばして下さると嬉しいです・・あはははは
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/17(Fri)
          ★お詫び・・m(__)m申し上げます★

昨日はインターネット使用ができなくなってしまいブログを書いた直後、接続出来ませ

んでした。その為、何時も訪問させて頂いている皆様の処へは行けなくて、御免なさい。

この処、本当に調子が悪く、休み休みの状態で接続しておりました。

日本とは時差が2時間あるので、午前4時前から起きて5時過ぎには書いている状態です

が「電波のせいとか?沢山の使用者がいるから」とか色々言われましたが、接続できない

事はがっかりです。

さて、木曜日は掃除の日です。「今日こそ聞きたい」と思っていたことを単語はばらばら

で多分、推察して書いてくれたのだと思いますが・・彼女が38歳であることは知ってい

ました。以前に聞いたからです。

「ここの大家さんは子供が何人いて、貴女は長男の嫁ですか?」と紙に書きました?

きっと、目茶苦茶なヴェトナム語だったと思いますが・・丁度、時間も早くてPCも使用

出来ないし、時間潰しに会話にもならないけれど・・書いて置いたのです。

凄くお喋り好きな国民だから・・早速話に、乗ってきてくれジェスチャー混じりで、紙

に長々と書いてくれました。

   『恐らくそうであろう?感覚で理解した話ですが・・(--〆)』

大家さんのご夫婦には12人の子供がいて、地方にいるようです・・\(◎o◎)/!

そして、彼女は3番目の嫁で、5番目の弟と、このアパートの最上階と言っても日本式

で4階ですが・・そこに住んでいるそうです・・(-.-)

彼女1人が朝から2時過ぎまで働いている。昼食の掛りは彼女が料理担当の様で、8種

類位は作るとか・・スープは別で、それに接客もした後の片ずけをしてから、各部屋の

掃除をしています。手抜きしたい事も大雑把なのも気質もあるが疲れるのだと思います。

  <ずっと働いているのは彼女1人見たいだったので聞きたかったのです>

たった1人で早朝より店を手伝い子供2人だと思っていたら4人もいるそうで・・これも

正直、本当にびっくりしました’’(@_@。

朝食は舅、姑、弟が準備して、手伝いの人も来ていますが、お昼が何より多忙みたいでー

でも客商売と言うのは相手のある事・・日によって変化するものだから・・(-_-;)

早目で終わった日は早く掃除に来るんです。私は毎日、掃除も洗濯も自分でしているから

かなり早く終わると思うのですが・・昨日は座り込んで、話して行きました・・(*^_^*)

誰かに喋りたかったのかも知れませんし、外国人の私なら、言葉が出来ないから漏れる事

もないと思ったのでしょう・・(^u^)

その紙には「疲れて大変ね!」って書いたのですが・・矢張り嫁、姑問題が多々ある様で

年長者には逆らえないから、人前でも平気で怒鳴っているのを何度も見ている・・!(^^)!

そして、これが1番驚いた事ですが・・家賃を支払っている様で、働いてお金は貰ってる

様子ですが、私より少し低い金額を払っているそうです。

何時も同じ服を着て(ま、大体は私もそうですが)黙って働いている彼女が気の毒で・・

声を出来るだけ部屋に来た時は掛けてあげたいと思うし、勉強にもなるから、喋って貰い

「雰囲気だけでも伝わればいいかな?」などと思っておりました・・( ^^)

しかし、この国は子供の制限がないのでしょうね?凄い数で、驚きました。想像するだけ

でも、気が遠くなるような人数になりますもの・・(@_@;)(@_@;)

日本も明治時代や、大正には沢山の出産があって、家族で育てたものですが・・最近は

殆どが子供との別生活で、年に数回位、孫を見せに出かける程度で、子育てに両親が関

わることはなくなってきている現実ですが・・未だ未だこの国は同居が当然ですからー

そして、親の力関係は強く、厳しく、反抗できないのが事実なのです。

長子の場合もそうですが・・親に力がある場合は未だ、親の権力下に従属しなければなら

ずそんなことは過去の昔話のようですが・・現実にも確り根ずいています。

ここまでで【計画停電】6時間半。文字も変化してどうしていいのか解りません。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/16(Thu)
信号待ちをしていたら、目の前を白バイが通過した。音もなく「スゥー」と後の露地に

入り、道路からは死角になっている場所に止まったのです。朝のラッシュ時間でした!

日本でも{ネズミ捕り}等と言われ、思わぬ処で網を張っている様な体制と同じである。

信号を渡り、久しぶりに、本格的なサンドイッチやに出かけた。

道路を渡って1分もかからない場所にガラスケースに50個位サンドイッチを週末以外

売りに来る露店があって何時もは70円だったのが今日は50円に割引されていた!

余り売れないのかも知れない。でも最初、見つけたころは随分買った物だが・・暫くは

仏パンに色々挟んで貰う{バイン・ミー}の方が野菜も中身の種類も多いから、こっち

を購入する事が多くなっていたから・・1ヶ月振りだった。2つ買って、信号で待って

いると、数分の間に2台のバイクが捕まっていた・・(@_@;)

道路の真ん中には交通警官がいて、指導しているのに「何で、どうして、捕まるのか?」

原因がさっぱり解らない。以前は警官の(小遣い稼ぎ)だと言う話を聞いていたが、それ

は露天商の人の商品を持って行くと言う悪辣なやり方でした・・(-"-)

でも、時代は変わり”そんな事はもう無い”と思っていただけに、その理不尽さに何度も

腹を立てて見ていた記憶が蘇り・・愕然となりました。

=単に違反車だったのか?理解できませんでしたが・・感じのいいものではありません=

道路を見ているとヘルメットの数だけバイクがあるのだと思って・・異様な感覚に捉われ

一斉に飛び出すバイクを眺めていましたが・・(--〆)

気持ちは晴れず、「運悪く捕まって、罰金を取られるのだろうなぁー」が頭から離れずに

帰宅しました。

昨晩は矢張り、私が眠る時間帯から雨足が酷くなって、雷鳴も何度も鳴り響き、数時間は

降っていました。大方の【雨季】は昼ごろから曇って、夕方か夜迄には止むのが普通です。

しかし、時間帯がかなりずれて雨が降る時間が遅く、それは、通勤、通学には結構なこと

かも知れませんが・・夜の店や仕事で出かける人には困った事でもあります。

少しずつ、雨の量も増え、降っている時間も長く、激雨になっている気がします・・(/_;)

朝は特別に日差しが強く、雲の流れも緩やかで、部屋半分は日光浴でも出来るほどの光の

中にいますが、午後からは毎日の様に曇ってきます。そして急転して雷鳴、稲光、豪雨と

なり『スコール』到来が【雨季】の現象なのですが・・少々違う感じです・・(@_@。

※長距離・ツァーバスについて

何より料金が安く、ホーチミンからはかなりの数が出ています。外国人相手の会社もあり

日本語で案内してくれる会社もあります。ストップオーバーが可能な長距離バスは結構な

人気です。

例えば、ホーチミンからハノイまでのチケットを購入したとして・・終点ハノイ迄、決め

られた場所であればどこでも乗り降りができる仕組みになっています。ミニバスから大型

バスまでその日の人数いよって異なりますが・・運転手が概ね英語が話せます。

その上クーラーも効いているし、整備が行き届いている分、割高ですが快適です。

{ただ、ローカル線の長距離バスは当たり外れがあるので、ちょっとしんどいかも?}

※オープンツァー・バスのルートを少しだけご紹介します。

◎ホーチミン~ダラット=およそ7時間。トイレ休憩、食事休憩、その他観光地にも停車

 してくれます。US$で30㌦。以下、トイレ、食事休憩は省きます。

◎ホーチミン~ニャチャン 

 およそ9時間。あちこち近辺のリゾート地に停車してくれるので便利。

◎ダラット~ニャチャン US$で5㌦。

 およそ6時間。遺跡などの観光も付いている。

◎ニャチャン~ホイアン  

 およそ11時間。ビーチ、観光地付き。UD$で12㌦。

◎ホイアン~フエ

 およそ5時間。有名な山やお寺、観光地、ビーチなど。US$で5㌦。

◎フエ~ハノイ

 およそ16時間。近郊の街の観光付き。US$で13㌦。

あくまでもツァー会社によって観光地やコースによって値段は違いますので・・正確では

有りませんが、凡その見当にして頂けたら幸いです。

ちなみに、私はホーチミン~ダラットまで行ったことがあります。 疲れますが、楽しい

思い出になっています。結構停車しますし、時間を急がせることは余りありません。

殆どの会社では1日1,2便が出ているし、ツァー会社の前で乗降できます。ホテルの前

でも、家の近辺でも停車してほしい希望を叶えてくれる会社もあります。

ストップオーバーして、次の街に出発するのも可能ですし、詳細は事前に会社と話あって

置けば可能だそうです。《次はローカルバスを書いてみます》

実は、バスを書こうと思った理由がありました。今朝、市内バスの停留所が近くにあるの

ですが、バスが停り、数人が乗った後、お婆さんが乗ろうとして〔バスのステップ迄〕は

少し段差がありますから、上手く足が乗らなかったのだと思います。踏み外したんです。

でも、幸い後にも若者がいて、乗っていた若い子が手を差し出し乗れたのです・・( ^^)

私はバスの前部を歩いていた。それを間近に見て「この国は大丈夫だなぁー」こんなにも

年寄りを大事にするのだから・・一瞬ですが、ジーンとなりました。

勿論、私だったとしても、誰かが手を差し伸べてくれたと思いますから・・(*^_^*)

*人情とかではなく国民的な気質の中に、老人への自然な行為が当然となって根底にある

 国だと、改めて感じました。きっと、日本にはもうない心情ではないかしら?*

   ☆様々な意味で、考えさせられるワンシーンでしたねぇ・・(*^。^*)☆
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/15(Wed)
閃光が何度も走り、雷が大きな音で鳴って、昨晩は激しく雨が降りました。そのせいか

今朝は肌掛け布団を首まですっぽりかけて寝ていたんです・・( ^^)

汗をかく事もなく・・随分涼しい朝でした。すっかり雨跡を忘れたかのように、太陽が

昇って、窓から差し込む光が強く感じています。洗濯物を早速、窓際に干していますが

「外に干せたらどんなにいいか」と何度も思うのですが・・仕方ありません。

   {高級MS}だからなーんて勝手に思っています・・ははははは ↓↓

手で絞るのですが指先に力が余りないから、バルタブの上に暫くは掛けて、雫が落ちなく

なってから部屋干しするのです。しかし、これだけ太陽の威力があると、勿体ない気がし

て(ポタポタ)と落ちるのですが窓際まで持って行く短気な性格です・・(-.-)

今朝は帽子を被って出かけました。魚やの前で、盥から大きな鯉が飛び出して道路で寝て

いたのを全く気がつかずもう少しで踏むところでした・・(@_@;)

通った瞬間に他の盥から跳ねた水が、足元にかかったもので「あっ!」と思って止まった

のです。それがなかったら多分踏んずけたかも?・・\(◎o◎)/!

魚やの小母さんに「一寸、魚が逃げているよ」なんて言いたかったのですが喋れない辛さ

「カー」「カー」=魚と言って指差しました。すると、懸命に内臓を取っていた小母さん

が私を見て{カモン}=有難うと言って笑ったので、私も「コンコンチー」=いいえなんて

言ってみました・・(#^.^#)

正にヴェトナム語は牛歩のように遅足な覚えですが、先ずは「使用しない」と思って何と

か少しずつですが「先ずは言ってみる」ことにしています。 

通じなければ何度も言うと訂正してくれるから・・(-_-メ) その程度ですが、金額だけは

大体、間違いなく聞ける様になった気がする〔のですが・・正確ではありません〕

<大きな金額になると解らない音が出てくるので、その時は大きな札を出しています>

※ホーチミンのニュースです

◎ベトナム人はビール大好きです、そして必ず、分厚いグラスに氷を入れて飲むスタイル

 が多いのです。ビールの消費量が年平均15%も増えて27億㍑に達したそうです。

 全国各地350ヵ所も生産しているのだが、ビールの輸入も盛んで、国内で生産している

 ビールも輸入している現実。特に○○○ケンの消費が多く、輸入物の方が高いのに売れて

 いるそうです。世界中で米国、仏に次いで3番目に多いそうで来年には2位になる予想!

◎ホーチミン市は電気料金支払いを《プリペイドカード使用》を試行する。

 全国で初の電気料金支払いシステムを5月末から実施した。このシステムの導入によって

 消費者は残高チェックができることになり、節電意識向上を期待している。さらに集金に

 かかる人件費、領収書の発行はなくなり、経費削減でもあると言う。

◎イ○○グループは2013年までにベトナムを始めとする、アセアン市場への進出計画が

 あることを発表。グループはアジア市場のトップ・ブランドになることを目指している。

◎モン○○ルは6月より「珈琲寒天」をスーパー、コンビニで発売する。

 これはほろ苦いエスプレッソに練乳を加え、まろやかにして、それでも珈琲の香りが感じ

 られるスゥイーツに仕上げた商品で、寒天とゼラチンの配合に拘った新食感を開発した。

 販売エリアは限られているそうです。これは日本での販売です(at.saigon)より

もう、思いっきり日差しが窓を通して部屋の中まで入って来ています。{暑そうな日になる

のかなぁー}昨日は1区でも停電があった様ですが・・今日はこの近辺かも知れません。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/14(Tue)
窓を開けたら、大粒の雨が降っていました。それはほんの僅かな時間でしたが・・昨夕

は○○式学習塾のお迎えの日、雨合羽を着たバイクが家の前に並んでいました。何とも

思わないのでしょうが・・激しい雨の中、子供の送り迎えをする親や親族の子供達への

期待が想像されて・・時代の流れを痛感しました。

<学習塾に通える子供など、あくまでも(一握り)だと思うのですが・・( ^)o(^ )>

それでも、バイクが沢山並ぶとそれは矢張り光景的には凄い感じがして「富裕層も多く

なったのかなぁ?」を思わずにはおられませんでした。

丁度、車軸の雨に変わった頃まで、早くから待っている親を窓越しから見て、考える事

が沢山ありました。

△将来を背負う子供達への期待は、今は、回答が出なくても、長く険しい道程であったと

 しても、親として、できる限りの最高の贈り物だろうとそう思って見ていました△

それだけ『期待度』が大きいのでしょうが・・押し潰される事なく成長して欲しいと心

から願っていたのですが・・ま、暇な人ですから、何を見ても、それなりの理屈を考え

ては(一人想いに耽っている)状況でしょうか?・・( ^^) 「大丈夫でしょうか?私」

雨は上がった様ですが・・未だ空はどんよりして、これからも降りそうな予感がするー

涼しい朝です・・(*^_^*)

昨日は午後から1時間半かけて息子のジーンズの裾上げと、切れてきた部分に当て布

をして縫いました。土、日に来るミシンの小父さんが、2日も来なかったからです。

カンボジアへ週末行く予定があるので、必要かも知れないと思ってやり始めたのだが!

何でも手縫いしか出来ないし、ハサミも余り切れない。その上ジーンズ地だし、瞬時は

迷ったけれど・・(-_-メ)日本でも何度もしていたので適当に寸法も図って縫いました。

編み物は好きで色々編むのですが縫物や洋裁はさっぱり出来ない人ですから、本当にー

「いい加減!出鱈目!」なのです・・うふふふふ

この国に来て、透明な糸を発見して{日本にはあるのかも知れないが先ず縫物はしない}

から、ミシンも若い頃使用しただけで、後は全て手縫い。それが下手だから目が揃う事

がないのですが・・透明なナイロンの様な糸だから、手に取ってみない限りは解らない

糸で何度も何度も同じところかも知れない{目も悪い}を縫って仕上げました・・(-.-)

日本にいたら笑われることでも、この国では平気だから・・多分大丈夫だと思っている!

この程度のどうでもいい感じの性格も反面あるから、救われている部分も多々あるのだと

思われ、少し安堵しているのだが・・(^-^)

〔神経質で嫌な所や、几帳面な部分と、いい加減で、その場が間に合い、繕う事が可能な

 らば、何だってO・K 的な性格もあるから〕・・自分では楽チンかな?

母や姉はそれこそ㍉単位で曲がったら(やり直す人)だったから。きっと、こんな風な

(アバウトな人間)に育ったのだと思います・・あはははは

夜、シャワーを浴びようと下着に手をかけたとき【ジャーン】{ドァーを叩く音がした}

それも、大きな音ではないから、息子ではないし彼の名前を読んでも返事がないのです!

こんな時間に訪ねてくる人の見当もつかないから・・慌てて服を着て「英語で誰?ですか」

「ちょっと待って下さい」と言いつつ、そろっと開けると大家のお婆さんが立っていてー

金時豆の善哉を持って来てくれた様子。ま、何を言っても伝わらないから・・シャワー室

を指差したら、笑っていた・・(#^.^#)

≪下着まで脱いでいたら・・いやはや・・有り難いけれども、夜は勘弁して欲しい≫と

独り言を言ってましたけど・・きゃはははは 恥ずかしかった{Tシャツ裏返しだった}

のですから・・(・_・;)    =お婆さんでよかったと思いましたねぇ=

以前に貰った時、ヴェトナム語で「有難う、大好きです」なんて書いたからかも知れず

ま、日々がこんな状態の暮らしぶりです・・(--〆)

それでも、忘れずに頂けるのは感謝しなければならないと思っています!  これだって

[コミュニケーション]ですから・・ほほほほほ

毎日、些細な微小過ぎる事ばかりですが、それでも、一日、安穏で暮らせる事は早世した

人達や先祖のお陰だと念じております・・m(__)m 何時だって背中に、心に住んでいる

見えない魂に守られて生かされている事をひしひしと感じる年齢の暮らしぶりです。

〚日本人として、異国で老いてから暮らす事の難しさ、面倒さ、何より一人と言う環境に

 毅然と自分を持って生きているという自負が絶えず離れずにいます〛

  ※かなりの部分で格好つけておりますが・・それが支えでもあるからです※

そりゃ、自分の好き勝手で来た国だし、至極、当然の事で選択した限りは懸命に道を歩か

ねばならないことを十分承知している積りです・・(;一_一)

しかし、あんまり頑張っていると肩も凝るし、疲れる。真面目に生きている積りだけれど

 **何所かが《ポッカリ》抜けているから、生活が成立しているのではないか?**

と考えているのです。だから、この国の流れに包まれていると、お気楽な事を覚え、腹が

立つことがかなりの率で消滅しました・・わははははは

☆頑固さや意地張り、身勝手は治らないけれど、先ずは〖幸せでいい人生を生きてる〗

 と言いきれると思います☆

朝食はこれ又、初めての{とうもろこしのお強}を頂きました。あっさり、軽めの味で

それでも、満腹になり、お腹の中が重い感じです・・えへへへへ

食べられる仕合せにただただ深謝しております・・<(__)> 少し明るくなってきた朝

のホーチミンです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/13(Mon)
昨日の朝、ブログの途中で、何やら外が異常に騒がしい人声がするので{何だろう?」と

思い窓越しで覗いてみたら(アオザイ)姿の女性や、割合パリッとした格好の人々が前の

家の道路に集まって話している。段々声が大きくなって煩いほどでした。

10分も窓に立って(暇な者で)見ていたら、タクシーが数台来た。その1台に結婚式用

の真赤なシールが貼ってあるのを発見・・(@_@;)

そこへ、若い男性が以前、嫁の姉の結婚式で書いた{日本でいえば結納品の様な物}を持ち

現れた。姉の時は5つ位兄弟で持っていたが、今日は1つだけでした。真紅の風呂敷の様

な物で覆ってあった。そして、車に乗ったので、これから花嫁の家に行くのだろうと経験

しているだけに・・うふふふふ そんな事を思いつつ眺めていた・・(#^.^#)

〔お祝い事はいいですねー〕華やかで、見ていても心が癒され「どんな花嫁さんかしら?」

なんて妄想が膨らみ・・若さに軽い嫉妬を覚えながら・・あははははは

過去の自分にもそんな時代があり、あの頃のことを彷彿させてくれた一瞬でもありました。

午後から曇り空が広がってほんの少しばかりのお湿りがありましたが、先ずは終日お天気

でした。晴れ間は余りなかったので、気温はそれほど高くなかった・・(-。-)

去年も、思ったのですが昔の(アオザイ)よりかなり、変化しています。色彩も柄も刺繍

も、胸から背中だったり、裾だけだったり、パンツの色もそれぞれ違っていて、以前とは

趣が随分変わった気がします。それこそ、何でもありになっていて・・(*_*)

昔は必ず白いパンツで幅広でしたが、今はすっかり細くなり、色も上着の中の一色を取り

入れていて、華やかさを感じます。矢張り、この国にとっての(アオザイ)は日本の着物

と同じ感覚で、ちょっと晴れがましい感じに見え、綺麗でしたねぇー・・(*^^)v

私も2着持っていますが・・地模様の無地だし、昔作ったからで・・白の幅広パンツしか

持っていません。日本で1度着た位です・・(-_-メ)

それに背丈も少し縮んだ様で、あの白の幅広パンツは高いヒールに合うように作られてい

るから、今、着たら{殿中でござる}迄はいかなくとも・・引きずると思います{大笑}

さて、今朝のホーチミンはすっかり雲が遠出した様で、燦々と太陽が輝き又、あの暑さが

戻る気配を見せています・・(-.-)<迎えの姿勢を完了させておかねばならないかな?>

このアパートも、日曜は殆どが外出するようで(若者が多いせいでしょうか?)凄く静か

になって、大家の孫達も出かけたらしく、本当に静寂な1日でした・・( ^^)

昼寝の習慣はなかったのですが、本を読んでいると、何時の間にか、まどろんでいる日も

有って、流石に老いを感じています・・ははははは

このところ、カボチャの花が野菜やに沢山並ぶようになって、ずっと気になっていました。

未だ食した経験がないので「どうやって食べればいいのかしら?」と思いどうしても買え

なかった野菜でした。最近見つけた総菜やで発見して、昨晩はこれと四角い豆、筍などを

3種類買いました。どれも炒め煮、炒めた物で、この国ではお浸しの様には使用しない様

で、何でも油で炒めて煮込んだり、炒めた後、甘辛く、又は、塩、胡椒、唐辛子、香草味

が多い気がします。カボチャの花も全開ではなく少し開きかけた柔らかい花を牛肉と炒め

香草味でしたから・・特別に苦いとかはなく、菜の花感覚で頂きました。

凄く美味しいとか、好きになりそうとかではありませんでしたが・・四角の豆も炒めた煮

物になっていて人参、鶏肉が入っていました。これは甘辛煮[これも初物]でした。

筍は細い千切りにしてして牛肉も細く切って炒めた物で、唐辛子と塩、胡椒味でピリピリ

全部は食べられなかった。ご飯半分の上に載せて貰い、全部で130円でした。

この店は揚げ物も焼物もありますが、野菜が豊富だから・・つい手が出てしまう。スープ

は苦瓜でしたが一寸苦かった・・(・_・;)

やっと、普通の野菜が食せる様になって、仏パンにハムやレタス、トマト、ミント、紫蘇

等いっぱい入れて食べているので・・大丈夫だと思います。少し太りました・・(*^。^*)

昨日書きました様に、中国大使館の近くの公安の数を言いましたが・・ハノイでは2週間

続けての『デモ』は異例で、このホーチミンも大きな『デモ』があったようです。

《かなりの抗議と緊張感が流れているらしくTV のニュースでは感じました・・(-"-)》

珍しい飲み物で、お茶の色をしていたので購入したのですが、これが何とNO1と書かれて

いて、下に英字で小さく〚エネルギー・ドリンク〛なんて書いてありました。初めての味

でしたが「元気がでるのでしょうか?」ちょっぴり楽しみで飲みました・・えへへへへ

2口ほど飲んだんですが・・まさかとは思うのですが・・体が熱いのです。扇風機を点け

ましたが・・!(^^)! そんなに急速に効果があるものか?解らないけれど・・微妙な味で

暫し、飲むのを止めました。違うかも知れませんが・・見知らぬものですから・・(/_;)

この国でのスポーツは何と言ってもサッカーが1番だそうで、今度サッカーベトナム代表

チームの監督にドイツ人が起用されたことが書いてありました。ベトナム代表チームには

8人目の外国人監督となり、ベトナムサッカー協会(VFF)は金メダル獲得を要求したそう

で大規模チームでの指導経験のあるファルコ氏を高く評価している。

当面の重要課題は2012年開催のAFFカップが目標だそうです。

このホーチミン市内にはあちこちに大きな公園があって、熟年の男女が早朝より、散歩を

したり走っていたり、バドミントンも盛んみたいです。買い物帰りに集団のバドミントン

のネットを持った女性に毎日の様に出会います。それぞれが楽しんでいるのだと思います。

≪少しずつですがこの国も変貌し、趣味を見つけるようになってきたのかも?≫と嬉しく

なりました。情報が零れるように迅速に流れている現代、丸で、追いかけられているかの

ような錯覚がして・・反対にゆったり時間の流れに逆らわず生きたいと望んでいる私とは

”正反対”の活気が溢れている様子は・・不思議感に捕われて驚く事もしばしばです!

ローカルニュースとして、昨日、今日(ベッターより)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/12(Sun)
午前中の{日差しは暑い程あったが段々と曇り空が広がって}夕方には雨に変わった!

夕方になって突風が目の前の家付近に突然吹き、コンクリートの中にパラソルを立てて

いた、その物が紐をちぎり転がっていた。割と大きなコンクリートだったし、紐付きで

門扉に結わえてあるのを引きちぎっていた・・(@_@;)

道路で凄い音がしたので、窓を開けて覗いたら、その家よりかなり離れた場所を転がて

来ていた!2Fの観音開きのドアーも鈍い音でパタンパタンと音を立てている。

若者が走って来て、パラソルを抑え、引きずるように家の前迄持ち帰った。その家には

大きな芭蕉の樹があって、屋根を越えるほど成長しているのだが・・その揺れ方が特に

激しく2Fの窓に当たっていた様子。大勢が外に飛び出して見ていたが「特別に手伝う」

事もないようだった・・(-"-) ほんの一瞬だが電気が切れたがすぐに戻った。

竜巻の様な大きな恐ろしい物ではないが・・その付近だけに突風が吹くのは・・何故?

先日もあった。どうもビル風なのか?理解できないが、その家の裏には公安(警察の寮)

があって、その家からスコンと同じ高さの家があって・・公安の3F建てが丸見えです。

案の定【ここは計画停電から外されていて】 先日の停電でも煌々と電気は普通に点灯

していて「さすがだわ!」を感じさせた。

若者が上半身、裸で、廊下をうろうろしたり、手すりに洗濯物を干している姿や会議を

開いている姿などが時々見られる。かなりの人数が住んでいると思われ、女性も数人は

いて{多分、上司なのだろう・・若者が丁寧に挨拶していているのも時折見かける}

公安と言えば緑色に近い服装で、交通警察は薄い茶色の様な服装だが・・今朝、息子と

2人で鶏肉が(ホーチミン一美味しい)フォーやへ連れて行って貰った・・行く時から

公安や交通警察が凄く、何所にでも数人が集まっているので、不思議に思っていた!!

中国大使館の近くを通ったらもっと凄い公安がいたので『デモ』があるのだろうと息子

に教えて貰った。今、この国と中国が<南シナ海で問題>になっているから・・(-"-)

その為の警戒だろうと言っていた。本当に、道路の角、角に公安がいっぱいで驚いた!

そのフォーやさんは本当にスープも優しい味だったし、鶏肉が玄関に10羽程つり下げ

られていた(焼いたのや、燻製の様なものもあった)鶏肉は柔らかく、多く入っていて

相変わらず全部は食せなかったが・・久し振りに美味しい本格的なフォーを頂いた気が

して感謝・・m(__)m 連れて行って貰うばかりだから2度と1人ではいけないが・・

朝のフォーはヴェトナム人的感覚がして・・一寸馴染んでるかな?・・うふふふふ

でも、屋台で食するのではなくちゃんとした店でかなり大きい店であった・・(*^_^*)

この国では、現在、海外からの家電製品の流入が加速化している様で、国内産業に多大

な打撃を与えていると言われる。

統計によると、今年1~4月までの電化製品《PC、補修部品の輸入》は17億6千米$

となり、前年同期比29%増加した。輸入国別では、断トツで中国、マレーシア、韓国

と拡大、5月単月では全体で5億米$と前月から20%も伸びている。

多くの輸入業者は今年に入ってからの大幅な輸入増の背景には相次ぐ新製品の導入がある

と指摘している。ヴェトナムと言う国は国内の家電市場はこれまでは70~80%を占め

ていただけにこの比率が大きく逆転した。

TV、冷蔵庫、エアコン、洗濯機などの輸入品のシェアが50%も超えキッチン家電や照明

などは80%、デジタル家電は100%近くまで変化した。

アセアン自由貿易地域内の電化製品の輸入関税は5%に設定されているが、数年以内には

更に引き下げられる予定。こうした関税の引き下げも輸入拡大の要因であり、国内の家電

業界には厳しい風が吹いている。

ソニーは2008年、この国での生産を早々と打ち切り、東芝は昨年2月で液晶TVの組み

立てを中止し、海外拠点からの輸入に切り替えているそうです。

大きなニュースだったので実社名で書いてみました。

未だうす曇りの空ですが・・風は余りなくて・・一寸蒸す感じのホーチミンの日曜日です。

以前この通りに仏像がある話を書きましたが・・(#^.^#) 今朝はその信者の方達の集りが

あったのでしょうか?薄鼠色の衣装を着た信者が続々と集まっては中へ消えて行きました。

お寺だとは思うのですが・・何とも不思議な色合いの服装でした。

日曜日は教会へ行くアオザイ姿とこのお寺の服装も見られる事を今朝知りました・・(+_+)

※本物そっくりのタクシーが横行

 料金トラブルが出ているようです。特に中心部で多いようですからご注意ください。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるまま・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/11(Sat)
{朝焼けが目に痛いほどの日差しの中、息子が誘ってくれてフォーを食べに行きました}

未だ7時だと言うのに・・でも風があって、日差しの強さを和らげてくれ、バイクの後ろ

席は快適な温度でした。太陽に背中を向けていたせいかも知れませんが・・(-.-)

結構、近場でしたが、丁度その手前の交差点までは何度も足を運んでいた場所からほんの

数分のところにありました<要チェックです!>・・うふふふふ

100円一寸でした。ただ、残念なことに、髪の毛が入っていたので「言った方がいい?」

と、彼に聞いたのですが「どうせ取り除くだけだから」ま、私もそう思っていたのだがー

自分で取って、そのまま食した。{大当リだった}と思いながら・・ひゃひゃひゃ

<仕方ないんです。虫が入っていたりはもう、特別な事ではないから、髪の毛くらいでは

 大騒ぎしない国なのです>

日本では想像外でしょうが・・「いい加減な国ですし、そんな事に拘っていたら生活など

出来ない国です・・(--〆)」神経質や潔癖な人には無理かも知れません・・<(__)>

随分、普通のフォーやを探していたのですが、これで、時々は食べに来れると思いました。

若い男の子が5人位働いていて、てきぱきしていた。

オーナーにお金を支払うようになってるらしく・・必ず代金は持って行くようです。

キャッシャーがない場所は概ね、家族がお金を扱っている感じでしょうか?

◎リゾート地のご紹介です◎

※ニャチャン

仏統治下時代からリゾート地として開発が進められてきて、この国初めてのビーチリゾート

が誕生したのが『ニャチャン』です。現在ではヴェトナム屈指のビーチとして知られており

1年を通して、国内、海外からの観光客で賑っています。

本当に観光客の多い町でびっくりします・・(@_@;)  {手頃なのでしょう}

アクセスは飛行機、列車、長距離バスなどがあって、凄く便利です。南シナ海の海側は殆ど

はリゾート地として開発されています。

特にこの『ニャチャン』は6㌔にも及ぶ砂浜と透き通る海の色が素晴らしい風景で、狭い町

だから、海までの距離に庶民の生活があり、素朴な漁港もあって〔魚市場はこの国随一で〕

新鮮な海の幸に出合えます。レストランも海鮮物が多く、とっても美味です。

あちこち回らないで数日この町で過ごすのが・・この国の遊び方だと言われております。

  **特に『ニャチャンビーチ』からの日の出は素敵で感動します!**

少しずつ明けて行く空からの太陽は神々しく思わず手を合わせたくなるほど・・(*^^)v

『ニャチャン沖の小島をめぐる《アイランド・トリップ》は有名で、シュノーケルで魚や

サンゴ礁を見る事が出来るツァーもあります。

市内には『ニャチャン大聖堂』もあり市場見学もできます。観光客が多くても、日本の様な

海水浴場ではなくはるか彼方まで広がっているビーチには、人影も、疎らな感じで楽しめる。

※ファンティエット

アクセスは長距離バスが便利かと思います。ホーチミンから5時間~6時間で到着します。

ここは延々と続く白砂のビーチで寄せ来る波がキラキラとしています。ホーチミンから北へ

250㌔の所で『ニャチャン』よりも近いビーチで又の名を【楽園】と呼ばれています。

海岸通りにホテルが点在していて高級ホテルが多々あります。ヴィラタイプのホテルが多く

少し高級なところでしょうか?

『ファンティエット』はニュクマムの産地でもあり、町中には工場もあります。最近は高級

リゾートとしての開発が盛んになり、プライベートビーチや大型リゾートも増えています。

※ムイネー

『ファンティエット』から東に15㌔の場所にあり、大抵のバスはここでも停まりますので

安心です。ここの海岸は黄土色の砂丘が広がっていて、海の青さと映えて素晴らしい景観を

見せてくれる。マリンスポーツが盛んな小さな漁港です。

※フークオック島

ヴェトナムの南端からタイランド湾に面した場所にあり、この国ぎりぎりのリゾート地です。

アクセスはホーチミンから飛行機で凡そ、1時間。1日に8便運航されています。

ここは是非行きたい場所で・・狙っているのですが・・未だ未定です。天候や人数によって

便数が変化するので気をつけて下さい。

海と海側にプールを囲むような感じでヴィラやバンガローが点々と広がっているそうです!

開放的な感じがします。未だ、余り知られていないのかも知れませんが・・(*^^)v

又、情報が入りましたら書かせて頂きます。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/10(Fri)
思いきり暑く感じた数日でしたが・・今朝はどんよりとし、お天道様は雲隠れしている。

少し、涼しい朝となりました。日の出が見えない日は何だか寂しさを感じます・・(-.-)

   (薄暗く夜明けを迎えるのは・・心も重く朝の元気がでないから)

元々、水分は摂る方だと思いますが、暑さが続くと矢張り多くなって、1日2ℓ以上は

飲みます。夜寝る前もペットボトル1本は飲みますから・・夜中に多い日は2度トイレ

に行くんです。それに眠るのが早いから、12時前後と3時~4時ごろでしょうか?

4時を過ぎるともう外が薄明るいから中々眠れない日もあり、反対に変に熟睡する時間

でもあります。結構色々な夢を見ていますが・・大方は乗り物に乗っている夢を漠然と

見ている気がします。旅が好きだから・・絶えず何所かへ行きたいと願っているのも?

知れませんが、船や飛行機、列車だけを生々しく覚えているんです・・( ^^)

  =亡夫に対しては過去2回しか夢に出てこない薄情な人ですから=

ま、身勝手な人間だと思います。娘の処へは訪問がしょっちゅうで「お母さんは愛情が

少なかったからお父さんは諦めて私の夢に出てくるのよ!」なんてファザー・コン彼女

は言いますが・・「うーん!そうかも知れない」と妙に納得しています・・あはははは

そろそろ雲が流れて太陽の光が薄く射して来ました・・(+o+)一寸元気になった気分です!

昨日のお昼は下の店が賑う前に先に買いに行きました〔騒々しい程人が入る店だから1度

どんなものがあるのか?味見したいと思っていましたが、時間帯が解らないから、11時

前に行きましたが・・それでも、半分のテーブルに人がいて食事していました・・(@_@。

本当に驚いた・・店の前に総菜が並んでいるので、買う事にしました。雷魚の煮つけ、豚

肉の香草焼き、卵焼き、肉の揚げ物、魚の揚げ物、、キャベツの付け合わせ、スープには

カボチャとおくらが入っていました(これは不思議な味でした)雷魚とキャベツ、スープ

ご飯で300円。ここは少し高い。でも、先ず先ず味は合格でした。朝食よりずっと美味

でしたから・・人が来る理由は理解できました。バイクが並ぶんですよ!

 ▲残念なことは野菜が少ないのと、揚げ物が多いことでしょうか?・・(-_-)▲

部屋の掃除日だったから、お嫁さんに聞きました(勿論、ジェスチャー殆どです)すると

少しは意味が解ったのか「私が今日は全部料理は作った」と言う感じだった「お美味しか

った!」と言いました。凄く喜んでくれたので、心は少し通じたと思います・・(*^^)v

ご飯は朝のお米とは違ってインディカ米でしたが半分にして貰っても多く、ご飯は全部は

食べられない。どこでもご飯半分でも多いから・・この国の人はご飯を本当に好きなのだ

と思って見ている・・(@_@;)  多分、お茶碗(普通の大きさ)に2杯半はあります。

  ★★昨日は靴の話を書きましたが、この国では正直『贅沢品です』★★

道路や露店で売っている靴はもっと安価で、飾り物が取れていたり片方が不揃いの品もあり

それでもそれらはかなり売れているから・・(^v^)そうそう、高級品を履いた女性には

滅多にお目にかからないのが現状です。

普段は廉価で、何時でも履き捨てられる靴が愛用されていて、露天商の店は繁盛している。

◎カンボジアとの国境に<モクバイ>と言う処があります。ホーチミンからは2時間少々

 で国境の町、<モクバイ>に到着。ここは大きなカジノの店が何軒かあります。

 ツァーでも募集していますが、18歳未満と、国境越えのためパスポート、出入国の為

 のカードが必要です。

 但し、カジノだけの日帰り予定者はカンボジアビザは必要ないそうです。

 数回、カンボジアに行っていますが、沢山の外国人が、降りて行くのを凄く不思議に感

 じていました。

 {大抵は明るい時間帯に通過する為で全く、知らなかったのです。大きなパチンコ店だ

 とずっと思っていました・・( 一一) ツァー会社やコースで違うと思いますが、食事

 付きで60㌦あたりが相場だそうです◎

◎これは男性ばかりではないですが{日本語ガイド付きの車のチャーター8時間コース}

 と言うのもあって、初めての方にはよいかも知れません。

 この国のタクシーは殆どワゴン車だから、数人で市内観光するのはいいと思います。

 ちなみに70ドル位ですが、複数になると値段は少し安くなるようですし、会社関係の

 人の視察に利用されているみたいです◎

◎ヴェトナム競馬のツァー

 ホーチミン市内にあります。クーラーが聞いているVIP 席での見学でおおよそ、競馬は

 4ゲームだそうです。45㌦程度。私個人は賭け事は全く門外漢ですし経験は皆無です

 から・・正直何も解っておりません・・m(__)m

◎ゴルフ打ちっぱなしもあります。市内から近いので気軽に楽しめる様で、ゴルフクラブ
 
 レンタル料金、ボール100球込みで40㌦。ホテルから出発可能◎

◎男性専用のスパとマッサージ

 景色が自慢の9階、10階にあってVIPルームからはサイゴン川、市内が見えて寛ろげて

 落ち着ける場所と言われています。

 安らぎコース2時間(55㌦)が人気!足裏角質取り、ドライサウナ、薬草エキス湯や

 薬草スチーム・サウナもありストレッチ系の全身指圧マッサージが付く。

◎脳のマッサージ≪シロダーラ≫

 これは初めて聞きました・・脳のマッサージと呼ばれ額の敏感な部分に一定量のオイル

 を垂らし続けることで一種の瞑想状態になるらしく、インドでは不眠症や精神疾患とか

 皮膚疾患。脱毛、精神疲労の治療として施術されている。

 色々な種類があるのですが70㌦から150㌦位。

あくまで参考にして下さい。ツァー会社によってコースも違いますので、無論値段もです。

もし利用されたい方はお調べ下さると有り難いです。昨年の記事を参考にしましたので・・

もう、ない店があったりする場合もご考慮下さい。出来るのも早いですが・・潰れるのも

早い国ですから・・それは想定外の早業です・・あはははは  [B-style}より
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/09(Thu)
      ★★全く今朝は「やっちまったぜ!」★★

何せ、台所はないけど、調味料は必要だから、ニュクマム、砂糖、塩胡椒等は持っている。

砂糖は日本とは違って・・白砂糖でも、コーヒーなどに入れるような物で、サラサラして

いるから、ぼたりとは落ちなくパラパラと広がって撒いた感じになった・・(@_@;)

冷凍庫に入れているのだが(まだ今の処は手の痺れも震えもないのに)落したんです・・

半分は零した・・(・_・;) 〚がっくりでした・・(;一_一)〛

飛び散ったものだから、箒と塵取り、雑巾で拭きまくった。でも、其の侭、捨てると“蟻”

の山が想像できるから・・少しずつ、洗面所で流した・・(--〆)

朝の家事がすっかり狂ってしまい、15分程時間を無駄にするし砂糖は駄目になるし、汗

などかかない朝の時間に冷蔵庫を動かしたりしたもので・・(-_-;)びっしょりでした↓↓

「おいおい!大丈夫か自分?」と心に問いながら・・ひと騒ぎしました・・えへへへへ

太陽は今日も威勢がよくて・・丸で「これでどうだ!」的反抗心で燃えているのです!

昨日も終日、太陽は元気でした・・雷も雨の心配もなくて、照るだけ照ったと言う感じ!

これだけ暑いと、流石の私も扇風機は点けていますが、2時か3時頃が1番暑いですねぇ。

夕方6時過ぎまで明るくて・・珍しく外も賑やかな夜でした・・(@_@。

子供の甲高い声が響いて「もう、7時回っているのに未だ遊んでいる。私はもうそろそろ

〔眠り婆〕が降りてくる時間なのに」最も、私が早すぎるのですが・・ははははは

滅多に汗をかかない人だから『朝からこの体たらく』買い物から帰ったら「シャワーだわ」

なんて思いクンクン汗の匂いがしないか嗅いでいる私がいました・・あはははは

婆さんだから「どうでもいいのに」と心奥ではちょっぴり思いつつ{女を捨てていない?}

その感性にドッキリしました・・うふふふふ

誰も、見てくれる訳でも相手になどしてくれる訳でもないのに・・「馬鹿が格好つけて」と

一人笑いしながら戻ってきたのです。

今嫁は日本にいます。国籍を取る年数が不足しているので・・アルバイトなどを初めてして

長姉と2人頑張っています。 息子が日本にいた時も、ずっと我慢した生活が出来ない子で

しょっちゅうこの国に帰っていて・・中々国籍が取れずにいました。長姉が離婚したのを機

に2人で住んで生活しています。ま、私も、ここで殆ど一人暮らしだから・・色々と考える

時間があるのでしょう・・昨夜初めて、国際電話が入りました。

夢想だにしていなかったから・・驚きましたが、「お母さん元気?朝7時から仕事。2時に

帰る、今忙しくないから、大丈夫」と日本語で話しました。仕事大嫌いだし日本語学校にも

通ったけれど勉強が嫌で止めた子ですから・・内心、諦めていました。意志の疎通は息子の

通訳と感情で何となく通じていたのですが<こんなに話せるようになっているとは想像も>

していなかったから凄く凄く嬉しかったです・・(●^o^●)

矢張り、若い人には叶わないとしみじみ思いました。遊び大好き美人でド派手な格好で、車

を乗り回していた子が信じられなくて・・愛しさがこみ上げました・・(*^。^*)

 ☆少しずつですが、それなりのことが理解できる歳になってきたのかも知れません☆

       **かなり嬉しい出来事でした**

この国の足元について少し書いてみます。普段は、殆どの人がビーチサンダルです。これは

凄く安価です。誰でもが履いていて・・近辺でも100円程度から売っています。

高価なスパンコールの付いたものや紐で編上げの様に上まで巻いて行くスタイルの靴もあり

この国は足元のお洒落には酷く敏感です。暑いからマニキュア、ぺディキュアは至極当然で

大方の女性はしています。ファッションセンスもよく、素材の最近の傾向はジュートで編む

これは黄麻のことで編みこんで有るソールが人気らしいです。結構高く3万位しますが・・

仕事に履いて行く靴としてはぺったんこや少しヒールのあるものが多く、これらはコットン

の素材が豊富で、インソールは汗の吸収の良いレザーが使用されているようです。ちなみに

4000円前後。

やわらかな合皮で様々なデザインの靴も多く、沢山の女性の足元はこれが多い様に感じます。

素材や付属品によっても値段が違いますが・・これも3000円から5000円迄位かな?

ヒールサンダルは前記しました様にスウェード地や編上げラインストーンなどにより、結構

人気があって、ヒールも本当に高く(昔を彷彿させます)色がカラフルだから、素敵です。

嫁はお洒落だから、思いきり高いヒールを履くのですが・・恰好いいです・・( ^^)

腰の位置が日本人よりかなり上にあるから・・その姿は素敵だといつも思います。日本では

どんな格好をしているのかしら?なんて考えていますが・・ほほほほほ

ヴェトナムは年間を通して割合湿度が高い方だから、ビニール素材が多く、レースや布靴は

本当に結婚式など、雨季を外せばレースは可愛く綺麗だと思います。

ヒールも素材によって値段の幅はありますが、日本ほど高くはありません。1万円前後?

今年はウエッジソールが人気だそうです。相変わらず人気なのが【グラディエーターのピン

ヒール】想像以上に廉価で5000円位で購入できます。先ず、色が豊富だから、選ぶのも

楽しみです・・(*^_^*)それでも、こんな靴を変えるのは富裕層ですが・・(-_-メ)

この国でもオーダーメイドの靴やもありますし靴のドクターもいます。人気がある様です。

店内にあるサンプルから選んだりシンプルな形なら雑誌に載った品でも相談に乗ってくれる。

本当に手作りで3500円位から自分の足にフィットする品が作れるそうです。

靴美人に出会うと楽しくなります。若い頃どこかへ行く度に靴を買っていた私には今は見る

だけですが・・未だ捨てられない靴も10足位眠っています。大抵は亡夫と海外旅行をした

時や手作りの靴ですが・・も、ヒールは履けないのに・・慾深く持っています。靴はサイズ

が合わないと駄目だし好みもあるから・・新品でも随分差しあげたのですが、形が古い?

サイズが合わないとかで処分された品も多々あります。 亡父が「お前は本当に靴が好き

なんだなぁー足は2本しかないのに、どうしてこんなに買うのか?」と言われたものです。

《娘は殆どオーダーで作っていたし、サイズが合わないので1つも上げられなかった》が

靴は好きでよく買っています。今は嘘の様な生活です。殆どビーチサンダルでスニーカー

は帰国用。靴は3足の暮らしです。でも、履いた記憶は余りないですねぇー

スケッチより(流行の靴の記事参照しました)女性向けの話で終わりましたが・・次回は

男性向けの話もしたいと思います。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/08(Wed)
昨晩降り出した雨はしっとりと纏いつく感じの雨がずっと降り、眠る時間まで続いた。

雷雨ではなかったが・・(-.-)

ところが今朝はどうでしょう?まるで太陽がこの数日間を取り戻すかのような勢力を見せて

早くから日差しが眩しい・・( ^)o(^ )

6時過ぎの買い物に出かけるのも、まともに太陽を見れない光線が射しているのですから

信じられません。{今日は暑くなるのか君?}{ちょっと過去を取り戻すだけさ!}なんて

一人芝居をしながら・・店にたどり着く変な婆さんです・・あはははは

店は何時もの様に、何時もの人達が相も変わらず[ほとんど女性]で商売をしている、仲良し

になった小母さん連中が声をかけて「買って行け!」てな仕草で笑い掛ける。早、2ヵ月

は過ぎた・・何もしないで、有り難いことに本とだらだらDVDを見る生活が続いている・・

何かを始める気力が起きないのは途中で、心を封鎖してしまうからで、過去の私にはない

現象です。運動不足になるからと思って寝る前のストレッチだけは続けているが・・これ

も、数年前の激しさに比べたら嘘の様に手抜きでやっている・・(--〆)

少し余計な事を多めにすると、翌日、腰痛が出るからです。本当に体も老いた事を確実に

知らされております・・とほほほほ

「でも、いいんです!誰に見せる訳でもないから・・いいんだもーん」なんて、見苦しく

痩せた老体と皺やシミに「けっ!遠慮もなくご機嫌伺いもなしで勝手に入り込んできて」と

毒ずいている日々ですが・・「少しは声をかけて来いよ!」なんて心の内で思っています!

<老いる事も又楽しからずや>の心境には程遠く・・ここでも未だ、座礁しているのが本音

かも知れません・・(;一_一) 「悪あがきしている?」・・ははははは

  ☆それでも、日々、感謝して目覚められる現実を正直、幸福に思っている事実☆

少し古い話ですが日本人によるこの国の行事が沢山ありました「こんな事もしていますと

言う意味で読んで頂けると嬉しいかな?」・・(#^.^#)

*ホーチミンでは”サイゴン裏千家同好会”がチャリティ茶会を開催。このクラブは茶道

を愛でる趣味人で、ヴェトナム人や現地に駐在している邦人の趣味の集りで東北の大震災

の支援のために開催された“痛みを分かち合う”と言うスローガンのもとに・・(*^。^*)

*日本の漫画はいまや世界的レベル1だが、この国でも、〔ドラえもん〕を知らない子供

はいない程に普及している。 日本の専門学校とデザイナー学院、国際交流基金の後援で

ハノイで【漫画セミナー】が開催されたそうです。今回はプロの漫画家による漫画の作り方

描き方の指導もあるという事で200名以上の若者が集合したらしい。

日本の専門学校は高度な専門技術が学べる上、資格が得られるそうで。このような制度は

世界にもないので・・評判が高い。韓国とこの国の2回目の開催だという。

現実に日本では日本語学科にヴェトナム人はいるが専門科にはまだ誰もいないそうです。

*日本に研修目的で行く若者は、大抵が縫製会社に就労して、日本語とその技術を覚えて

3年以内で帰国するが・・日本へ行きたいという若者の数は凄く多いようです。

若者達はこの国の両親や、家族のために残業もして働き、3年間で、家を建てたと言う話は

周囲に沢山いて・・親孝行です。自分のものは殆ど買わず貯金して持ち帰るようですー

しかし、殆どは女性だそうで、女性は根気があるのだと思います・・凄いです!

数人の女性を知っていますが、「大したもの」だと感激したものですが・・(/_;) 日本の

仕事や残業については強い批判があるようです。残業など想像も出来ない国だから尚かも?

それでも、家が建ち、日本語が少し使えるとなるとこの国では就職も有利だから・・( ^^)

研修制度は国でも推奨していますが・・段々と厳しくなっているのも現況です。

若者が多い国だから・・将来が楽しみなのですが・・苦労したくないのが国民性だから・・

色々とトラブルもあるようです。 日本人の様に働く事が元来好きと言うより当然のように

生きてきた国民にとっては理解できない心情でしょうか?

△太陽の威力が衰えないままで・・ずっと窓から差し込む光が暑さを呼び戻しています△

今朝は、先日ソーセージを買ったので、レタス、どくだみ、ミント、コリアンダーの中に

ニュクマムをいれたパンを食べました。何とも複雑な味ですが・・かなり好き・・(*^^)v

昨夕は、雨がぽつぽつ落ちてきた感じの頃に出かけ、見つけたご飯や(コム・ビザン)に

カリフラワーと人参、牛肉炒めと、もやしと青菜の煮物、鶏肉小さい物1つを食べた。

下の店で、先程から、お客さんだろうけれど、この国の民謡を延々と歌っている人がいる!

朝食の時間帯で・・あれだけ長々と勝手気儘に歌う人を初めて聞いた。それほど上手だとは

思わなかったけれど・・(@_@;)歌は全く駄目だけれど、上手か下手の区別はできる積り!

本当に色々な人がいる事を改めて感じました。声が良いともっとよく聴けたのかも?

そう思うと義父{嫁の父}は昔、歌手だった人だから・・情感もあり声も優しく、伸びるし

暫く会っていないが、又、聞きたい気持ちが湧いてきた朝でした。

ビナ・サイゴン紙より参考にしました。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/07(Tue)
昨夕も雷と雨が同時進行状態で到来。結局、夜は買い物に出れないほどの降りになった。

毎日のように書いていますが〚雨季〛が近く、日本と同じ(梅雨の様)に、午後からは

決まって雷雨が強い風を連れて来ます。

空が段々と曇りだし、殆ど暗雲の中で{雷鳴と稲光}がすると、もう瞬時に「スコール」

がやってきます。猛烈な激しさで地面に叩きつける様は恐ろしくもあります。そんな日が

あったり、数時間で止み、晴れ間が出る事も多い。

△そして、あれだけの道路を流した雨水が跡形もなく、消えていく様子は見事な位です△

翌日も又、次の日も雨が降り出す事が数ヵ月も続くのです・・(--〆)

それでも、じめじめした湿気ではなく、また、急激に太陽が顔を出し、先程の激雨が嘘

のように・・からりと晴れ上がる日も多々あります。最初は少しずつ慣らされるように

降り出し、強烈な「スコール」の時期が連日のように続きますが・・!(^^)!

それが終わると〚乾季』になります。 ホーチミンは亜熱帯ですから〚雨季〛の時期も

北部、中部、南部とでは、微妙に違う感じがします!

それでも、大方は朝には止んでいて買物や仕事に差し支えなく、夜迄には「スコール」

も通過しているのが普通ですが・・稀にずっと雨降りの日もあり・・自然の前には人間

は無力を痛感させてくれますし、洪水もあちこちで起こります。

潤った作物が駄目になる年もありますし、恵みの雨で終わる年もあり、これは世界各国

自然がなせる事だから・・甘んじて受けることが当然なのでしょうねぇ・・(-.-)

=今朝も曇り空が一面に覆い出しています。でも、多分午後からだろうと思いますが=

この国の{オートバイ}の多さは想像も出来ないほどの数だと思います。一時期、中国の

自転車の数を見て驚いた記憶がありますが・・あの国は人口が多いから、それも納得いく

感じでしたが・・この国では今は1家に最低は2台は持っていますし、家族の分だけ持つ

家庭もあります。それだけ豊かになったのだと思いますし、安くなったのもあります。

しかし、これだけバイクがあり、走っているのだから、普通に考えて運転も上手だと思う

のですが、決してそうではないことを知らされます。接触事故が多すぎるからです。

自転車と同じ感覚で乗っているようで、信号無視や何時も書いていますように、Uターン

や、飛び出し、急停車、逆走もかなり見られます・・(;一_一)

薄暮になっても点灯しないバイクも、ましてや夜間でも点灯なしで走る人も大勢います。

そして、お酒を飲んでも平気で走行しますし、特別に規制がないのか?無視しているの

か?理解できませんが・・どう考えても飲酒運転はダメだろうと思いますが・・(-_-メ)

車も同様です。とにかく『何でもあり』の国ですから、接触事故もかなりの件数がある様

ですが、殆どの場合は警察は関与しません。

<きっと、多すぎて手が回らない部分もあるのかも知れませんが・・警察が来ている事故

 を見たことがないのが現実です。当人同士か?はたまた、仲介人のような人が出てきて

 示談になり、お金で解決しているようです。外国人はその点、かなり、吹っかけられる

 場合が多いので、気をつけねばならない>と言う話は聞かされました。

そして、万一、事故にあっても、バイクから目を離さないようにしないと盗まれる危険が

有るのも、この国の特徴でしょうか?命の次はバイク第一の国柄ですから、想像を超えて

います・・\(◎o◎)/!

もう1つこの国らしい話があります・・

この国にきて求職を希望するのは以前は若者が多かったようですが、最近の状況は変化し

シニアの応募が多くなったそうです。 定年退職した技術者の人は、この国で自分の力を

再度生かしたいと言う話をよく聞きます。そして、日本人は待遇を何より気にするようで

女性は勤務地が市内で、便利な場所を好む傾向があるようです。

ヴェトナム人の求職については「仕事をしながら、自分を高揚させたい」が大きな願望に

なっているそうです。そして、日本人と違う点は〔会社を選ぶのではなく、仕事を優先〕

させる人が多いそうです{取り合えずどこかに入って働いて}と言う感覚ではなく初め

から自分の力や技能を生かせる会社を選択するのが普通の考えと言われています。

勿論、待遇面も重視しますが、自分が出来る力を生かせるかどうか?その上、成長できる

か?が最も大切な事だと書いてありました。

しかし、退職がかなり早いのも大きな原因だとの事です{毎日の通勤が辛い}がその答え

として1番多いそうです。何だか信じられない感覚ですが・・歩く事も殆どしない国民性

ですし、毎日、遊びたい、楽しみたいが国民気質として根底にあるのですから・・(#^.^#)

決められた時間に、通勤する事等は、この国の人には大変な事なのかも知れません。

その意味では《いい加減さ》で生活してきたせいも多々あり、根気のない人が多いのか?

それでいて【自己主張が激しいから、日本人の会社で働くヴェトナム人には閉口する】と

よく聞かされます・・(-"-)

以前にも書きましたが「日本語できます」と言う人が多く、本当は殆ど話せなくても平然

と言うから、日本語で話かけても返事が来ない人が多すぎる・・(・_・;)

プライドが高いから、負けたくないのか?ほんの少し習った人でも、当然の様に就職には

「話せる」と書いてくるそうです。

≪遠慮や謙遜の言葉がない国だから、確かに1週間に数回、学校に行ったり、日本人と話

 をした経験がある人はそう言い切ります。驚きの現象です≫

▼それでも通用させる図太さは、この国で暮らしてみないと理解できないと思います▼

難しい問題で、トラブルも多いみたいです。先ず、真面目に毎日通勤する事が嫌で仕方

ないと言う前提があって、仕事がある様で・・これも国民意識の大きな相違を感じます!

“楽してお金儲けを考える国民ですから”推して知るべきかも知れません・・(@_@;)

真剣に自分の店を毎日同じ時間に起きて働いているのは大抵が女性で、男性は何とか楽な

生き方はないかと絶えず思っているのではないかしら?

時々、この国の男性を見てそう思います。お昼寝の時間も男性が多いですし・・ははははは

[家庭を守るとか犠牲になって働く覚悟が余り見えないのも変な感じですね]誰かが働いて

生活出来ればそれ以上は働きたいとかは思わないのかも知れない。解らない事が多いです!
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/06(Mon)
ヴェトナムの朝は早く、店や屋台、天秤棒担ぎの小母さんたちは大体、4時頃には起きて

準備にかかっている。豆乳売りの人はもっと早く3時頃から起きている人もいて、袋詰め

や最近はペットボトルの厚手のものに熱々の豆乳を入れて10円高く売っている。

毎日、見た限りでは100個以上の袋を売っているから、大変だろうと思っているが手先

が器用で、早いのでびっくりするが長年の技なのでしょう・・(^-^)

それでも日本円にしたら20円程で、大きなビールグラスに1杯半はあるから・・多いと

思う。牛乳は最初から砂糖入りと入っていないのがあり、色も日本の品と比較すれば少し

白濁している、真白い牛乳を想像されると、最初は驚くかも知れない・・(@_@。

砂糖入りの方が好まれていて、スーパーで安売りのときは40円位になるが、普通の小売

店では何時も50~60円位で店によって値段が違うのです・・(+_+)多分(外国人料金

がプラスされるのかも知れない)と、時々思うが、店の人にもよって値段が違うので・・

{いい加減な国らしく}10円や20円で腹立つことは皆無になった・・ははははは

      =「昔の私では考えられないかも知れないなぁ!」=

間違ったことや道理の通らないことには真っ向から反発していたし、若い頃は喧嘩早くて

学生時代(高校生)は先生と絶えず衝突していた事を思い出した「若かった!」・・('_')

の一語でしょうか?・・ひゃひゃひゃ

老いると「丸くなるとか、角が取れる」などと言われますが・・所謂『諦感と、自分の力

が先細るから保守的になるだけ』で、それを守りたいと願望すれば〚頑固と言うレッテル

が貼られる〛のが現実だし、経済的に子供の負担になっていない親は未だ、権力や言葉で

も抑圧するが、何も無くなると、自己保身の為に子供や若い人の言う事に従順になること

を自然と学ぶんですねぇー・・自然淘汰の様に・・変貌するのです人間も・・(-"-)

そうしないと若い芽が出てこないし育たないから、生き物の世界は植物も、全ての生物は

それらを理解しているのに・・人間だけが逆らって、頑張っているのも見苦しく、受諾の

時期が必ず来ることを数年前から、覚悟していたのに≪結局は足掻いて見っともない姿を

晒し出した自分でしたねぇ≫・・えへへへへへ

そろそろ雨季が近い様で、昨日も、午後から雷がかなり鳴っていました。空が暗くなって

来たので、少し早目に近くにある、小さいスーパーへ出かけた。日本のコンビニの様な店。

トイレットペーパーや柔軟剤、ソーセージ、おにぎりが売っていたので購入した。日本人

向けと他の国向けの店で少し高く、未だ4回しか行ってないが・・一応、何でも揃うがー

そこに行くと、もう当然沢山買うものだと思っている店員やオーナーは執拗に目を光らせ

酷く感じが悪いので、殆ど行かない。日本語が何時行っても聞こえるのは、矢張り相手は

日本人が多く、ここでこの国の人は先ず見かけない。1000円は持って行かねばならず

相当高いと思うスーパーです・・(--〆)   私にとっては〖恥ずかしながらですが〗

何時も近辺では300円~500円迄の買い物をしている私だから・・ケチくさく高いと

感じるのかも知れません・・わははははは

残念なことにおにぎり{鮭とおかか}を買ったのだが、その中に石が入っていて「ジャリ」

と噛んだのには、吃驚した・・\(◎o◎)/!

   <何に入っていたのか判らなかったが、吐き出した・・!(^^)!>

この国の風習で【年齢は理屈などなく偉い】と言う思考があります。これは儒教の教えだと

思いますが・・仕事の上でも、相手が年上であれば文句なく礼儀を尽くすという傾向があり

年寄りには最大の敬意を払うのは、日本とは違う感覚で”気分は結構良い”です。

相手に「年齢を直ぐに聞くことも、なぜ1人暮らし?」かを聞くのも、ダイレクトで、興味

本位かと思っていたのですが・・そうではなかった事を後で知りました・・(-_-;)

ヴェトナム語は相手の年齢や立場によって人称代名詞の使い方が違うからで・・かなり面倒

だけれど、ま、私の様に老いてると大事にされるから、安心な部分もあります・・ふふふふ

もう1つ、この国の人の特徴に、陰気な人は避けるらしい事も知った。明るく陽気な人が=

好まれるようで、些細なことに気を遣ったり、心に余裕がないと<大らかにはなれない>し

案外、難しいものです。《アバウト的感覚の人が好きな様》で、神経質な人は嫌われる{何

を考えているか理解できないからでしょうねーきっと!}・・(--〆)

自他の区別がないから、自分を固持している人には友人も出来ない気がします。でも、人間

も色々だから、そして*異国人を相手にする{メリット}をかなりの確率で計算する*のも、

上手です・・(*^^)v

お金を持っている人から取るのは〔ごく自然で、当然のことの様に普通に話します〕そして

{他人のお金を利用する事にかなり長けた国民性でもあります〕これはある部分は見習って

もいいけれど・・他人のお金を当てにする事は日本人にも大勢いますが・・感覚の相違だと

思います。

これらはヴェトナム人だけでなく、アジア全般に言える事かも知れませんが、顕著に表わす

ところは凄い国民気質だと思います・・(@_@;)

今朝も日差しが弱く、雲間からうっすらと太陽が覗いては隠れている朝です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/05(Sun)
日曜日なので、早朝4時には教会の鐘の音がずっと響き、4時半、5時と鳴る。何時もの事

だがそれで、曜日を感じる事もあります・・( ^^)

道路沿いを数人の老婆が何組もアオザイ姿で通過するのも、珍しくなくなってきている自分

の感覚に一寸”気合い”を入れて、何にでも興味を持つように、可能な限り、マンネリ化を

防ごうと考えている。

ここは自国ではないのだから、慣れる事は必要だが【日本人としての矜持や感性は保って】

いたいと常時、想っていないと時代やこの国の流れに押し流されそうになり、投げやりな

どうでもいい感性が心奥にあるだけに「気をつけよう」なんて思っている自分がいます。

「いいのよ!この国の流れにどっぷり浸って生きていけば楽ちんだもの」の考えもあって

結構、未だ自分の中に葛藤があり、素直に「どうでもいいや!」が出来ない・・(-.-)

       ▼中途半端な婆さんである・・ははははは▼

{それもまた?自分の生き方だから?}なんて思っているが=別に{無理に合わせる事も}

なく「このままでもいいかな?」とも思えるのです・・(*^_^*)

どうしても、麺類が食したくて、先日、発見した道路を渡り、少し歩いたところまで足

を運んでみたが・・生憎〔早かったのか?日曜日だったせいか?〕殆どが未だ開店して

いなかった。優しい味の(フォー)を期待し{胃の中も口もフォー一色}になっていたの

ですが、残念であった・・(-_-メ)

折角来たのだから(うどん)のような麺を購入。どうもスープの色から見て辛そうだった。

麺が頭から離れなかったから・・えへへへへ 持ち帰りました。

何か様々なものが入っていて、何肉か解らなかったが、肝が沢山あって、豆腐の揚げたの

や、田螺の佃煮、空心菜、鶉の卵が入っていた。もちろん香草も載っていました。

この(うどん)は伸びないようで家に帰ってもコシがあって、食べるのには良かったので

すが、最初思った様に、香辛料の味が半端ではなく唐辛子の味でした。 空心菜が味なし

だったので、それと冷蔵庫のレタスを混ぜて食しましたが・・がっかりでした↓↓

    [半分しか食べられなかった・・(;一_一)少し悔しい!]

唇が「ひりひり」して来たので、途中で止めてしまったが・・お腹は吃驚しているかも?

もう1つ、お強屋さんが通りかかったので、珍しい黄色を買った。花豆が少し入っていて

多分、ウコンではないかと思うのだが・・サフランかも知れない・・(+o+) 凄くあっさり

した味で、白ゴマと砂糖、塩が混ぜたものをかけてくれた。

(うどん)が辛かったから口直しに少し食べたのだが・・大抵は赤飯か、虎豆のお強しか

食べていなかったので・・初体験でしたが・・赤飯よりいいかも知れない・・(#^.^#)

アジアの屋台や露店での食事は大勢が経験しておられると思いますが、何でも持ち帰りが

出来るのが・・不思議かなぁ?

スープも麺類も、豆乳やシチュウの様なものまで、凄く簡単上手にビニールの袋に入れて

輪ゴムで結わえる。それを大きなビニール袋に入れて持たせてくれるからーそれらを見る

のも割と楽しいし、その器用さに驚きます・・(@_@;)

大きな鍋からビニール手袋で手で掬って具を入れる人もいるし、箸もスプーンも爪楊枝も

付いてくる・・面白いです・・( ^)o(^ )

お強屋さんは大方、自転車の後ろにアルミの様な大きな鍋に、区切りがつけてあり、その

何種類かのお強を見せて選ぶのだが、粟やぷくと膨らんだこれがいまいち解らないのだが

5種類位は熱々を持ってくる。その入れ方なのだが、週刊誌や新聞の切り抜きを透明な袋

に入れて、くっ付く事のないように(しゃもじでよそい)目分量で、作ってくれる。

上に掛けるものは、ゴマ塩、砂糖、ゴマ、塩、砂糖入り、ココナッツの中の白い糸状の物

や肉のデンブ等も載せてくれる。

自転車のハンドルに輪ゴムがびっしり巻いてあり、そこから輪ゴムで留め、反対のハンドル

には小さなスプーンが入っていて(凄く雑な作りだが十分間に合う)ヨーグルトに付いている

物に比べたら・・ふにゃふにゃですがその時使用出来ればいいのです・・うふふふふ

麺類も発泡スチロールの丼型があって、先ず零れる事がなくしっかり蓋がされる。

地元の人を見て不思議なのは、仏パンをわざと{ぺしゃんこ}にして、歩きながら食べて

いる人をよく見かける。「ま、それもあり!」なのでしょうが、折角の《ぱり、ふわ感》

がなくなっても「美味しいのかな?」なんて思っています・・(・_・;)

1時間ほど前、突然、息子がきて「結婚式が昼にあるので、ズボンのすそ上げをしてくれ」

と言って持参した。そして、部屋に入ると「暑いの連発!」扇風機を最大にしても、汗が流

れています。私は、丁度良かったのですが。でも、急いでいる様子なので早速、縫った。

その間、食事に行ってくるとか言って出かけている間、そう待たすこともなく仕上がった。

お菓子を買ってきてくれ、それを着て帰った! 家事だけは手早い・・洗濯も、料理も掃除

もですが・・(^u^)その代わりかなり『大雑把』です・・わはははは

≪ま、近くに直しの人がいるので、一時的な間に合わせで・・確りと直して貰う予定≫

ホーチミンの今朝は日差しが殆どありません。すっかり曇ってしまい外の方が涼しい位

かも知れません・・ほほほほほ

前の通りにあった美容室がリニューアルした様で、3日間程は工事をしていたが、その音

の煩かったこと、TVが聞こえなかった・・(/_;)

新しく1部分だけ変えたようだが・・中を覗いてみたが、今でもお釜を被る式のパーマ器

みたいで、新規の器材の購入はなかったようだ。

未だ未だ、このような古い形式の美容室が多々あるが、一応有名化粧品店が経営している

店や、1区の繁華街では、もう、完全に廃れてしまっている。尤も、そのような高級店は

値段も客層も違うのだが・・ここも1区の端くれなのに、こんな器材が1台とは・・驚き

でした。色々あります。小売店が多いこの通りですから・・でも、それでも、商売になる

のだから・・摩訶不思議と言える国なのです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/04(Sat)
お天道様を見なかった昨日でしたが、今朝はバッチリと顔を見せてくれました。本当に昇る

時のあの勢いの強さは感動します。赤に近い橙色から黄色に変化していく様は気分が高揚し

「何だか良い事がありそうな予感さえするのです」・・( ^^)

矢張り、午後からは曇り空になりましたが、前日よりも晴れ間が多く、暑い感じが少しした。

全く私事ですが、主人が亡くなって20数年が経ちます。それから、ずっと一人の生活の中

で{唯一続けている}ことがあります。

誕生日が終わった夜か又は数日以内に【遺言書】を書くのです。これはずっと続いています。

   ==有り難いことに書いては破棄するのですが・・(-.-)==

最初は【遺言書】などどうやって書けばいいのか見当もつかなくて・・巻紙に筆字で書いて

いたのですが(別に財産があるわけでもないのに・・あははははは)いい恰好していました。

それも、段々手を抜いて、便箋になり、ボールペンにまで変化しました・・(+_+)

でも、未だ、書く事が沢山あって、大したものなど何もないのに、{あれは誰か欲しい人に}

とか{亡夫の形見は子供が持っていて欲しい}等詳細に書いていた為、枚数も多く、かなり

時間をかけていました。

    《今思うと可笑しい位真剣で、心が真面目でした・・うふふふふ》

でも老いてくると、主人の亡くなった年齢を過ぎた頃から・・考えが随分変化しました!

(その内に、色々な(本との出合い)もあり、自分でも懸命に考える時間が来たのです)

葬儀の事とか、死んでからのことの方が大事で、持っている物やましてや財産などない私は

「どうやって死にたいか」を思うようになりました。生きている間にして置かねばならない

事や、子供に対する責任から、喧嘩してでも、これだけは親として言っておこうと思う事を

一生懸命、思案し、行動に移して来ました。その為、子供達、特に娘との衝突は激しく厳し

いものでした。彼女の心を凄く深く傷つけてきました・・(;一_一)

でも、親として「してあげられる事は知れていましたし、充分、彼女にとって衝撃である」

と何度も何年も考えた末、結論を出した事もあり、彼女には酷いことを沢山しました。

それでも、傲慢で自己満足であっても私がいなくなった後・・彼女の生き方が病と闘う姿勢

が整えれば・・それで、憎まれても、嫌悪感を持たれても受け止め、長い彼女の人生に少し

でも、心が残れば頑張って生きてくれる気がしたのです・・(-"-)

<言葉の暴力>だとは思いました・・でも、彼女が抱えている病は神経的な物だし、利口な

子だから[随分私を憎んでいると思います]が、口には出しません。完全に負けている気は

最初からあったのですが・・(--〆) 

私は自分を奮い立たせて、長々と手紙を書き彼女を思いっきり打ちのめすこともしました。

愚鈍な母にはその方法でしか彼女が病気と闘う意欲が見つけられないと感じていたからです。

もっと、違った方法もあったと思います。ドクターからも「言い過ぎる、そこまで言わなく

ても良かった的」な言葉を貰い少なからずショックもありましたが・・( 一一)

生んだ責任と言えば「ええ恰好してる?」かも知れません。でも、親は私1人だから、乗り

越え、戦って欲しかったのです。依頼心や依存心は共倒れになる時期でもあったからです。

だからこの国に来ました。逃げたと思われてるかも知れない。でも、彼女には愛情は過剰な

限り注いだ積りの「甘ちゃん馬鹿の母親」だったと思います。ま、何時か理解してくれる日

が有ればいいですが・・解らなくても逝く時、病気は持って行ってあげたいと思っている!

 〚それでも、後悔はしていません。自分が選択したからです・・(--〆)〛

ま、そんなこともあって、だんだんと試行錯誤の結果、先日はルーズリーフ1枚【遺言書】

を書き終えました。葬儀のことと、延命治療の拒否などで、本当は献体を希望したかった。

でも、最近は昔の様ではなく、返還してくるのに年数が掛る話を聞いて「それは一寸ばかり

寂しいかなぁー」と思い、臓器提供だけを考えています。

この頃は盛大な葬儀も少なくなり(以前からずっと疑問でした)ましたので、最低の葬儀を

身内だけを希望しています。その程度で終わるのですから・・簡略されてしまいました!

  *誕生日が近ずくと{自然と書く事が当然のようになりました}*

「何も残さないでいいから楽しい余生であって欲しい」と言う息子の心に甘えています」

”それにしても『幸せな人生』を生かされていると心から日々思う昨今です・・(*^_^*)”

※ヴェトナムちょこっとニュース

◎この国の糖尿病患者の増加率が激増

国家栄養院はヴェトナムの人口の約6%が糖尿病を患っている。この患者数は世界ワースト

の水準だと発表。統計ではその患者は30~64歳の比率が2.7%だったが、最近は5歳

~10歳位の子供に糖尿病患者が増加している様子。  さらに本人には自覚症状がなくて

65%位が診断されるまで解らなかったと言われている。糖尿病性の網膜症や腎障害などの

合併症状が多いそうです。 この病気はお金がかかるので、治療費のために、子供の負担も

大きく、親族から工面して貰ったり私財を売却する人もいるという話です。

                             {アット・サイゴンより}
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/03(Fri)
〔夜中3時半に目覚めてから眠れなくて・・うつうつしていたら、寝過して5時半になって

 いました・・(--〆)〕太陽を拝むことができませんでした・・残念なり!

朝{太陽が昇る瞬間ってなんだか「さぁー1日が始まる!今日も頑張ろう!」なんて思うの

は私だけかも?知れませんが・・( ^)o(^ )

元気なのは(朝)だけの人ですから・・ははははは 夜は勿体ない位に無駄にしています。

〚もう、充分生きているから、夜迄頑張る事もないと思っているのですが、どうかしら?〛

一寸だけ慌しく家事を終え、買い物に出かけました。

夕べは、鶏肉を野菜(レタス、ミント、紫蘇)で巻きご飯を炊いてスープを買って食しまし

たが、結構食べすぎました・・世の中には飢えている人がいるのに贅沢な話ですが・・胃薬

を飲んでしまいました・・(-_-メ)

今朝は仏パンに肉団子とレタス、胡瓜、なますを入れて食べたところです。豆乳と一緒にー

お昼用に、裏通りのご飯やへ寄って豚肉の香草焼き、卵焼き、何時もご飯は半分もいらない

からと言っているのを覚えてくれたらしく、その間に胡瓜を思いきり入れてくれました!

「キリギリスではないからそんなにいらない」と叫びたい心地でした・・うぷふふふ

そして、今までに無かった豚肉の大きさにびっくりしていた。帰ってから、ナイフで切れ目

を入れたら塊の半分は骨付きで・・(-.-)「これじゃ何時も通りじゃん」って思いました↓

本当に大きかった。骨をしゃぶる事は出来ない(結構辛味が付いてる)からです。

前にも話したと思いますが、肉類は大方が骨付きのブロックで売っています。勿論、骨なし

もありますが・・骨付きの方が煮ても焼いても美味しいのだから仕方ありません。

日本の様にパック売りはスーパーでないと、それも冷凍品にしかカットされた品はなくー

薄切り肉は市場でも通常の店や、屋台には先ずありません。

何でも、洗って捨てているのですが・・以前の家でが“蟻”に振り回されたもので、とても

神経質になっているのですが、ここに来てからは本当に小さい”蟻”が時々踊っている様に

数匹出てくる位で・・それだけでも快適です・・(*^_^*)

久し振りに【日本語】について書いてみます(生意気ですが・・m(__)m)

{俳句に出会う前は日本語は母国語として普通の感覚で過ごしていました。辞書が好きで

 電子辞書で遊んでいましたが}この国に最初来た頃は【日本語】が恋しくて、本ばかり

 読んでいました。同じ本を何度も何度も読んでいたものです。そして、帰国してから何

 か【日本語】に関わる勉強がしたいと色々調べて、最初は短歌にたどり着いたのです。

 でも、短歌は少しだけ知っていました。義母が本を作る程長年勉強していて、札幌で随分

 教えて貰ったのです(今はもう、殆ど記憶にありませんが){俳句}は短く難易度が高く

 その上、規定や規則通りが嫌いな性格ですから≪正統派から外れた{俳句}でした≫

 でも、その時に【日本語】がどれほど豊かで、感情、心情表現ができる言葉があることを

 知り夢中になりました・・(#^.^#)

【日本語】の数の多さと(死語になっている言葉の多さ)にも驚愕しました・・(@_@;)

 何とか使ってみたい衝動が抑圧できなくて、覚えた言葉を{俳句〕に連動させていった。

 だから、好きな【日本語】が沢山あり過ぎて、あれもこれも使いたいと思う日々を送って

 いました。

が、限界が来たと言いますか?才能がない事もありましたが5年間経って2万句に達した時

止めました。前置きが長くなりました・・何時もすいません・・<(__)>

☆好きな【日本語】を少し書いてみます。

皆様は日常、どの位使用されているでしょうか?聞いた事もないと思われる言葉もあるかも。

これが1番と言う書き方ではありません、思いつくままに・・連ねて行きます。

*夕間暮れ 夕景色、雪消(ゆきげ)雨宿り 夜もすがら、十六夜の月 そこはかとなく

 はんなり めくるめく ゆかしい たおやか たけた たまゆら 凛として 花冷え

 麦秋 薄暑 後の月(一三夜) 風花 雪催(ゆきもよい) 木の下闇 新樹 まほろば

 瑞々しい 芳紀 潮騒 小春日和 早乙女 花篝 花筏 忘れ霜 余寒 いかのぼり*

ほんの一部分ですが、割と好きで使用していた言葉です。

ま、{俳句}をなさっている方は<季語>としても使用されている言葉が多々ありますので

ご存じの方は多いかと思います。思い出しただけ書きましたが・・また機会がありましたら

『懐かしい言葉』として思い出していただければ仕合せです。

※ちょこっとヴェトナムニュース

この国では個人利用のPCにインストロールされているソフトウエアの殆どは“海賊版”だと

米国のソフトウエア著作権保護団体である(BSA)はホーチミン市内で開催された記者会見で

そのように述べた。この国の“海賊版”の普及は最近は改善傾向にあると言われていたがー

80%以上の個人利用PCのソフトは正規ライセンスのない物と言われている。

           {ベッター参考にしました}

昨日は雨が降りませんでしたが、それでも、曇り空でした。私と一緒で朝だけ元気みたいで

午後からは疲れるのでしょうか?曇り空に早変わりする毎日です・・(・_・;)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/02(Thu)
ホーチミンの太陽は何時もの様に大樹の間から真っ黄色の光を現して両手をいっぱいに

広げ、大欠伸をしたかの様子である。朝からとっても元気で・・愛想を振りまいている。

それでも、未だ外温が低いのか?暑さは全く感じないが「今日も照りつけてやるー」と

言わんばかりの勢いでじょじょに勢力を増してきている・・(-.-)

洗濯物を窓際に出して(外には干せないので)少しでも太陽を追いかけているのですが

乾くほどの時間がなくて、何時も室内干しで終わってしまうのが残念・・(-"-)

PCの接続が悪いことについて知りあいにTEL をかけて聞いてみた。昨日は午前中は全く駄目

で、何所を触ってもインターネットが繋がらない。今迄は長くて2時間位で、何とかなった

のだが・・流石に応えて・・暫く放置状態で午後まで置いておいた。

「日本とは違って、接続が不安定なのは仕方ない。どうしても、繋がらないこともある」と

言われて・・「そうなんや!」でも、とPCに当たってみても仕方ない。ましてや無料で使用

しているのだから、文句も言えない・・(-_-;)

{時間帯もあるのかも知れないし、この近辺は外国人が多いからか?}なんて考えていたが

すッぱり、諦感していたら、午後、雨季の始まりが近いのか、雷が鳴りだして、部屋も暗く

なった頃に、やっと接続できた。

   〚文章も飛んで行って終いどこかで浮遊物になっているのではないかしら?〛

「戻って来ーい」と声をかけたが返事は返って来なかった「粉々に消えたのなら良いが半端

で泳いでいるのは困るよ!」と念を押しておいたが・・ははははは

*そうそう、肝心のことを書き忘れる所でした。昨日、ご訪問して下さった皆様には、中途

 で何度も切断したため、訪問できなかった方がおられるかも知れません・・m(__)m*

これからも、こんな事が起こりかねない異国ですから、ご勘弁下さい。拍手や応援も殆どは

書けていないのです・・<(__)>

とっても嬉しい事がありました。息子が大好物の《大福、ドラ焼き、納豆》を買って来て

くれました。ヴェトナム製です。凄く感激でした・・(*^_^*)

ケーキなどの洋菓子は先ず、殆ど頂きません。{餡物}が好きなのです。昔から、自分で

おはぎや、白玉団子入りの甘味とか団子も好きですし、割と作っていました。

[しかし、ケーキの様に確り計算して目方や量を量って作ることが苦手で・・(--〆)]

過去にXマスにブッシュ・ド・ノエルを父兄会の料理で作っただけのお粗末ぶりです・・

幸い、娘がケーキ作りが好きで、結構器材も揃え、手早く、きっちり計って仕上げますので

「ま、いいか!」なんて思っているのです・・('_')

だから、ケーキを作れる人や自分が出来ない事が出来る人は、本当に尊敬しますし「凄い」

と思っています。

食べるのも失礼のない程度で少しだけにして貰い頂戴しますが、先ず、食べる事も買う事も

ないですねぇ・・( 一一)

  ▲お土産やお見舞いに行く時など訪問する時は買いますが・・皆無でしょうか?▲

いい加減な誤魔化しが利く和物が好きなのです。性格でしょうねー多分に・・えへへへへ

《大福も普通に甘さ控えめで美味しかったし、ドラ焼きも小型で、豆が美味の国だから・・

 いけましたよ》ただ《納豆》があるとは想像もしていなかったから驚きました・・(@_@。

これは味は悪くない!所謂ごく普通の《納豆》でしたが「日本の様に糸が余り引かない」と

言いますか? 回数を多く混ぜても糸の長さに変化はなかったです。

それでも、早速ご飯を炊きまして、ネギや紫蘇の葉を同量入れてご飯の上に載せて食べた

時は「日本人」を痛感しましたねぇ・・ふふふふふ

=【全くなくても平気な人でしたが、それでも偶に食するのは有り難く、美味でした】=

       ”星 ☆☆ 位の感覚でしょうか?”

※ヴェトナムニュース

◎北中部の統一鉄道改良プロジェクトに大成建設、三井造船{シエンコ1=ヴェトナム}の

 3社の共同企業体が、ヴェトナム鉄道総公社から40億円で受注した。

 8か所の橋梁のリハビリ工事を行う事になったそうです。 工期は30ヶ月で改修工事を

 行う事になり、工事全てが完了すると、南北で5時間の短縮が望まれ、24時間程度での

 走行が可能になるようで、凄いことです。

◎国会議員候補

 第13回期国会の選挙が行われ、立候補者数827人中、実業家が100人近く含まれて

 いたことが明らかになった。嫁も日本に行く前に選挙に行きました。

◎ベトテル
 
 携帯会社大手のベトテルは、この程、第4世代携帯電話(4G)サービスのテストに成功。

 正直、意味がよく分らないのですが・・初の成功だと取り上げていました。

音楽が鳴って、アイスクリームやが通過しました。日が陰っては晴れるを繰り返している

朝です。午後から又、雨が降るのかも知れません。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/06/01(Wed)
今朝書いた文章がすっかり消えていました。PC の調子が悪く、書いた途端にエラーが出て

それからが奮闘していましたが、諦めて、でも残っているとは思ったのですが・・(-"-)

【何を書いたのか勢いだけで書く人ですから、忘れてしまって・・がっくし!状態です】

昨夕は息子の友人がビール会社に勤めていて、ノルマがきつい様で、時々私も応援に行く

店に飲みに行きました。いつもの席はお祝いの席になっていて隣の店になっていました。

彼女は朝からは他のところで働き、夜はビール会社と凄い女性です・・(@_@;)

息子と仲良しで、時々TELをかけてきて、ノルマの手伝いをしているらしい。 私も数回

行って、ようやく店の人と、顔見知りになったようで、オーナーが挨拶代わりに注文を取り

にやって来た。初めてのことで、日本語も少し話すのには驚いたが・・こちらの人は矢張り

理解するところまではいかないで・・平気で喋れますとのたまう・・あはははは

仕事に必要な事だけは覚えるが、ま、それでも悪い気分ではなかったけれど、結構、警戒

されていたのかも知れない・・(;一_一)

  ≪野菜と肉の炒め物が{野菜サラダ}に変身していましたから・・あはははは≫

野菜不足のこと、全部頂きました・・ご愛敬です・・(^-^)以前の私なら、文句の1つ

も言うのですが・・それだけ老いたのかしら?なんーて・・うふふふふ

私のヴェトナム語と同じで、聞き取れないのです=フレーズで覚えるから話す事は可能でも

先日のように文章を書いて行ったり、本を持参するのが(オチ)です。

それでも、前ほど、苛々もなくなったし、ちょっぴりは歳を感じさせられたら成長したのだ

等と、自己満足しておりました。2人で缶ビール7本協力しました・・ふふふふふ

▼もっとも私はシャワー室の1件があるので、2本半で止めましたがお腹は満腹でした▼

※この国の不動産について少し書いてみます。

未だ、借りる時も、家を建てるのも『ヴェトナム人名義』でないと駄目なのです。それでも

これだけ外国人が入ってきている国ですし、アパートや家を借りる時はこの1区では外国人

の登録でも可能になったそうです。

このあたりは殆どがサービスアパートで、外国人が本当に多く、見ない日はない。この家に

も日本人以外に韓国人、欧米人(古いねぇー)が数人います。

向いも、隣も全部そうですから・・相当の外国人が住んでいると思います・・\(◎o◎)/!

この1区と高層MSがにょきにょき建っている7区について少しだけ書いてみます。

◎サービスアパートは

 TV、家具、バスタブ、又は温シャワー付き、冷蔵庫、キッチンのある場所もあり、器材迄

 揃っています。ダブルベッド、DVDもあり、NHK放送が入るTVもあります。インターネット

 電気、洗濯、掃除も無料が多い。このあたりは1Rが多く概ね、30から40㎡で、天井

 も高く、室内は奇麗です。値段は広さや場所にもよりますが、月300㌦から700㌦位

 が多いです。付随している物によっても値段が違うし、不動産屋の持っている物件により

 異なりますので、あちこち出掛けて案内して貰った方が良いと思います。

 24時間セキュリティと、沢山で住んでいるので、気分的にも落ち着ける気がします。

 7区は高層MSがにょきにょき建っていて、家族で入る人が多い様です。値段も高く、月

 1500㌦から2000㌦あたりが沢山あるという話です。プールやジムも付いている

 MSもあるそうですから・・驚きます。

日本では、吃驚するほどのことではないかも知れませんが・・この国の生活水準を考えると

〚高嶺の花〛です。そして、家を建てても、地方なら安価で、大体500万位で家が建つ

とか聞かされました。嘘のような話ですが・・タイや、カンボジアはもっと安いとも言われ

てますが、インフラ整備ができていないところに建てるのは凄く不便です。

ま、老後をこの国でとお考えの方がおられましたら・・また、住んでみたい方は参考にして

頂けると嬉しいです。もっと書いた気がしますが、思い出せないので・・(--〆)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |