徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/12/31(Fri)
     『今日は大晦日』何だか信じられない感じがします・・(@_@。

ごく平凡な生活がこの国では未だ当たり前の様に営まれているからです・・ただ、今朝

2日前に《突然クチの母の誕生日が元旦》だと言う連絡があって・・何時もの事ながら

      「なぜ?せめて、もっと早く教えてくれないのか?」

     <この国の考え方なのかも知れないが・・(-"-)>

家族でも自分の家族の誕生日は知っていても旦那さんの誕生日は相手だけしか知らない

のは凄く不思議です・・(@_@;)

「日本でもそうだったかな?」なんて思っていましたが・・男性の立場の弱さをモロに

表している気がしました。男性は飲めればいいだけで、誕生日はしないみたい・・(-_-)

何か買い物をと思い息子に頼んでスーパーへ連れて行って貰いました。

この国のスーパーは{朝7時にはオープンしているんです}朝の早い国ですから、でも

何時行っても満員で・・驚かされます・・(@_@;)

店は【テト】{旧正月}の準備が始まっていました・・愈々商戦が始まるのでしょう?

話は全く変わりますが・・

この数ヵ月、我家の前をこの小路の家の人だと思うのですが・・お婆さんが4人、毎日

1人はブツブツ言いながら・・往復するのです。もう1人はお経だと思うけれど・・手

を合わせながら歩く・・後の2人はお喋りしながら同じ小路を行ったり来たりを30分

かけて散歩するようになった・・(^_^)

雨の日以外は毎朝です。「何処から?何処の家の老婆なのか?]全く解らないのだけど

勿論、大方の家には老婆はいるのだろうけれど・・見たことも会った事もなかったから

です。そして、老いると外へは出ないようなのです・・!(^^)!

   ≪顔を合わせても、顔も見ないし・・挨拶しても返事もしてくれません≫

外国人が嫌いなのかもしれないけれど・・声をかけたら頭ぐらい下げてもいいのでは?

「なーんて」日本人的考えで最初はがっかりしましたが・・「そう言う国だと思ったら

見知らぬ方がよいのかも知れない」なんて考えが変わりました。

  ☆〔人間は変わらない人もあるのだ〕と思えるようになりました☆

*親しくなれる人とどうしても駄目な人がいるように・・ま、外国も同様ですねぇ*

最後に・・

  ≪≫皆さま!本当に拙い文章をお読み頂き、誠に有難うございました≪≫

  ≪≫どうぞ、お身体ご自愛のうえ・・佳き新年をお迎え下さいませ≪≫

        ≪≫有難うございました・・m(_ _)m≪≫

      ≪≫皆さまのご多幸とご健康を心からお祈り致しております≪≫
スポンサーサイト
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/12/30(Thu)
沢山の皆様より温かいコメント応援など頂きまして、本当に有難うございました<(_ _)>

今朝はようやく、一寸ふらつく程度で起き上がり何とか家事も終え市場にも行けました。


  《》本当にご心配いただきまして・・有難うございました・・_(._.)_《》


さて、我が家の小路を出て少し歩くと、国道があります。割合頻繁にバイクも車も何で

も通る言わずと知れた国道なのに・・バス路線がありません??

ここへ来て数ヵ月、色々と歩いても・・バス停らしきものはあるのですが・・待ってる

人もないし・・バス自体が、殆んど通らないので、ここは路線から外れているとずっと

そう思い、タクシーの利用しかないのだと・・信じ込んでいました。バイクに乗る人に

とっては、全く関係が無いからバス路線など、知るはずもないからです・・(^_^;)

先日、友人と2人でバスを制覇しようと言う事になり、大きなターミナル迄行きました。

何せ、彼女はバイタリティ溢れる、そして、好奇心いっぱいの女性です・・何度も圧倒

されながら・・付いて行きました〔本当に怖いもの知らずの女性で、探究心が零れる様

にあるのだと思います。すでに枯渇されてきている私にはそんな時代もあったかも?〕

ターミナルでしか配っていない路線図を上手く手に入れて・・係の人に聞きました。

住所を見せながら・・色々な人が来ては何か言うのですが、大抵の人は同じではなくて

でもバスが走っていることを知りました。このターミナルから、又、別のターミナルへ

行き、そこで乗り換えることまで理解しました。英語が堪能な彼女は結構執拗に粘って

くれて・・漸く聞きだしたのが事実です・・(@^^)

この国の人は《面倒くさいことが大嫌いだから》最初は物珍しく集まって来ていた人も

段々数が減って・・相手になっていた人も嫌な顔をするようになって・・!(^^)!

先ず、別のターミナル行きは台数も多いし、大抵が乗れるようでした。来たバスに乗り

〚チョロン〛と言う中華街と大きな市場があるターミナルまで乗りました・・(^.^)

{何と、なんと日本円で15円程です。これは使用しなければ何て思っておりました}

ただ「問題の接続するバスが何処にあるのか?何処から出るのかが解らないねぇ」など

話して、降ろされた目の前に昔の三輪トラックに屋根の付いた10人も座れば身動きが

取れない乗り物にこの家行きの道路を通るバスの番号が書いてありました・・(@_@;)

吃驚するやら・・唖然となりました・・そして、今正に、出発するところだったのです。

本当なら、もっとゆっくり時間をかけて調べたかったであろう彼女も、今度いつ来るか

解らないので、それでも、気になって[住所を見せたら]「うん!早く乗れ」って合図

された。たった数分住所を見せていた間に満員になっていて・・(・_・;)仰天した。

いかに利用者が有ることを知らされた思いでした・・(@_@。

人の事などお構いなしでいっぱいなのに私の横のほんの狭い隙間までも入って来るから

これにはさすがの私も驚いたが・・(^_^;)

<この国の人は自分のことしか考えないから当然なんですが・・驚いてしまいます>

両側の椅子の真ん中の通路にも途中から数人が男性ばかり乗って来て身動きできない程

混むことも知った・・そして、降りる駅など関係なしに、自分の降りたい場所の近くで

屋根のトタンを「とんとん]叩くと降ろしてくれる。お金も乗った順番に運転手に支払う。

動けないからリレー方式で届く様でした・・\(◎o◎)/!

このバスならいくら探しても走ってはいなかった筈だとおもいました。偶にこのバスを

見たことが有ったのですが『お金の交渉をして乗せて貰うものだとばかり思っていた』

だから・・ずっと看過していた・・喋れないし・・交渉は無理だと思っていたから。

まさか、これが正式のルートを走っているバスなどとは・・(-"-)地元民しか知らない!

◆それも、老人や主婦、バイクの無い人の足になっているなんて夢想だにしなかった◆

確かに便利だが・・日本の様に時間厳守ではないし・・時間は{大まかに決まっている

みたいだが・・人がいれば乗せるって感じでしょうか?}

    **面白くそして貴重で楽しい経験をしました・・(^○^)**

彼女がいなかったら多分、私はタクシーでしか動かなかったと思います。その意味でも

歩くこと、道路を知ることがいかに大切かを痛感した日でした。「ほっ!」

▼この国には遠慮も譲り合う心もないから平気で足を踏んずけてでも乗りこんでくる▼

早く慣れて、街中を1人で歩きたいと思いましたが、息子に若くないのだからタクシー

ぐらいケチらないで乗って欲しいって言われた。でも・・正直ちょっと≪ワクワク≫し

しています・・あははははは
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/12/29(Wed)
昨夕は6時半にベッドに入って・・朝方まで1度も起きないで熟睡していました・(/_;)

あの高熱が嘘の様に引いたのですが・・2日間は殆んど{ボォ―}としてあまり覚えて

いないのです・・(ー_ー)!! しんどかっただけです・・(;一_一)

この国の解熱剤は本当に強く熱は下がったものの・・幾らでも眠れるほど、体力が消耗

していました・・そのせいか?よく眠ります。病後はふくらはぎが引き吊っていたので

頑張って、外を歩いてみましたが・・足元に力が入らず・・ふらふら状態でした。

今朝やっと自分で洗濯が出来、掃除など日常の事が辛うじて出来るようになりました!

その途端に【停電】でさっき4時過ぎまで朝から使用できませんでした・・!(^^)!

息子は”マラリア”と言う事があるので、病院へ行こうと何度も言ってくれたのですが

何とか行かずに済みました。

   ☆☆本当なら今頃友人とアンコールワットへ行っていた所です☆☆

最後迄私を案じてギリギリ迄《時間調整をしてくれたのですが》私が何時治るのか解ら

なかったから・・1人旅が好きな彼女だから・・行って貰ったのです・・<(_ _)>

さっきメールが来て・・楽しんでいるとの事・・安心しました。ここで治っても、もし

カンボジアで具合が悪くなったらと考えると・・全く自信がなかったのです・・(^_^;)

この国よりも医療の遅れはもっと酷いし、ここなら家族がいるので今回は中止しました。

**又、行く機会もあるでしょう**彼女には申し訳ない気持ちでいっぱい・・_(._.)_

さて、日本ではお正月の準備でご多忙なことと思いますが旧正月の≪テト≫は2月3日

だから・・普段と何一つ変わらず・・生活が流れています・これが来月の中旬になれば

もう≪テト≫一色になり・・市場も活気が出てきます。それまではまだ静かですが・・

先日書きましたようにXマス商戦があれだけ激しくなっているので、今度は、おそらく

新年に向けての『カウントダウン』攻勢が始まると思います・・(@_@;)

この国もすっかり様変わりして・・社会主義である事を時折「ふっと]忘れる時があり

ます・・ふふふふふ

●それだけ商売上手になったのと儲け話が転がっているといったところでしょうか?●

 [商戦逞しい中国や韓国の進出が目覚ましいから・・もう、負けてられません!]

そんな感じを受けております・・ヽ(^o^)丿

相変わらず・・町の中は殆んど塵一つ落ちていない程綺麗です。絶えず清掃車が掃除を

していますし・・あちこちにある公園には常夏の花々が見事に咲いて、そこだけの観光

を公園で座って見ていると異国情緒たっぷりで・・涼風も吹き心地よい素敵な国です!

未だ、本調子ではないので・・明日面白い話を書きます。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/12/27(Mon)



**突然で、何の連絡も出来ませんでしたが・・24日の夕方から悪寒がして39.8

  と言う高熱が2日間続きました。その為、こんなことは経験はなかったのですが

  殆んど、ベッドで寝込んでしまう程ダウン状態でした。余り覚えていません**

寝てばかりだから、腰痛がひどくなって・・さすがに、昨日は起きて見ましたが・・

体力がないので・・再度ベッドに戻るありさまでした・・!(^^)!

今日は体温が37度迄下がったので・・ご訪問して頂ける皆様にお詫びを申しあげたく

後2日位で元気になれそうなので、今後とも何卒よろしくお願いいたします・・<(_ _)>
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/12/24(Fri)
彼女はタイで1ヶ月滞在の経験があるとのことで・・バイクにも乗れると言う話でした!

それで、この国のあの雑踏、無茶苦茶な走りが可能なのか・・正直吃驚したが・・本当

にレンタルのスクーターを借りて戻って来たのには仰天してしまった・・\(◎o◎)/!

運転の慣らしと道路を覚えたいから・・近場のスーパーへ行こうと言う事になって一緒

に行きました。ま、バイクの預けることや、手続きを知らないだけで・・びっくりする

程の度胸がありました・・(@_@;)(@_@;)

【】あの、何処からともなく走り出してくる道路のバイクや車、バス、トラック、シクロ

  その上、自転車、歩行者などの無茶苦茶な走りに連いて行けるなんて、正に大袈裟に

  言えば[奇跡に近い度胸の持ち主だとも言えます]驚きの女性です・・(-_-メ)【】

凄い緊張をしたであろうと思うけれど・・乗りこなしたのには、驚愕しました・・(/_;)

彼女の活動的な度胸に脱帽しました・・(●^o^●)素晴らしいです。

私などとてもじゃないけど、想像するだけでも、恐怖感が湧いてきますが・・平気みたい

でした・・ヽ(^o^)丿凄腕の敏腕女性で・・憧憬よりも圧倒されました・・あははははは

△▽世の中は広い!まさか、この国に来てバイクを乗り回す女性がいるなんて想像さえし

  なかった・・想像を絶するだけに値する凄い女性でした△▽

Xマスのイルミネーションが街中、異常に増えていて(ここがあの時代のヴェトナム?)

と思わせるほどの華やかさであった・・(@^^)

  ※この数年になって、Xマスは本当にイベント化して来ている様子です※

☆ホテルやスーパ―、レストラン、商店など大きな主要な道路にはツリーや飾りが樹木

 にもイルミネーションが大きな雪だるまが玄関に幾つもあったり・・雪が舞っていた

 り・・ワイングラスの中に雪が回転しながら入っていたり・・これだけ情報が過多に

 なっているせいでしょう?ドイツのXマス的なものが有ったり・・アメリカ的な物が

 有ったり・・様々で、この国独特のXマスになっていました。

 吃驚ですが・・若者の多いこの国にとっては当然の流行になっている感じで・・凄い

 人が集まってくると聞きました『時代は本当に変貌を遂げ』・・行き場の無かった人

 が新しい物に飛びつくのは自然の成り行きだと・・そんな感慨がありました・・(@_@。

 《進歩する事とそれを受け入れる事》は同じではないと思いますが・・(^_^;)☆

{若さとは何と素晴らしく・・流動的なものかとそう思いましたし・・これは避けられ

 ない現実であり、大波動であり、生きている国の躍動感が溢れておりましたねぇ!}

◆正直言って、雪やあのイルミネーションを見た人はこの国にどれだけいるかしら?◆

そんなことを考えながら・・新年に向けての大きなイベントとして国を動かす程の力に

なって来ています  ***≪凄いです!  物凄いことだと思いました≫***

  〖若者の多いこの国の底力と未来を見た思いを感じました・・(^_-)-☆〗

 〔彼女が来てから初体験したことが余りに多いので・・次はそんな話を・・
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/12/23(Thu)
        ☆ 昨日は大変失礼いたしました・・m(_ _)m ☆

お陰さまで胃の調子が完全に直りました・・殆んど胃が痛い経験が無かったので少し

心配でしたが・余り色々な事があって・・そのショックも大きかったのです・・(@_@。

さて・・その内容を順番に書いてみます・・

朝、遠出して屋台ばかりある通りにでた後、街中にでました。両替を終え、中央郵便局

に8年振りに出かけたら・・これも本当に仰天する位の明るさとXマスムードが漂って

大きななツリーが玄関にあり・・中央にはお土産店が出来ていて、インフォメーション

も若い女性に変わり、2Fにも土産店が出来ていました・・(@_@;)

薄暗く意地悪で・・お喋りばかりしていた女性たちの年代もすっかり変わっていましたー

足しげく通った郵便局の変貌ぶりにもかなり驚き・・そして、親切になっていたし、制服

が廃止されていました・・(@_@。

     ▲{あのブルーのアオザイが消えていたのにもビックリしました!}▲

  ●時代の流れを完全に身体で感じた瞬間でも有りましたねぇ●

少しだけ買物をして・・ホテルのバイキングへ行く道を歩いていた時に、信じられない

事ですが親しくしている通訳のヴェトナム人と以前話した福島の友人にばったりと遭遇

したのです・・目が点になった感覚でしょうか?

        《》《》本当にびっくり仰天しました《》《》

11月に来越して一緒に食事をと言っていたのに・・何の連絡もなく、また通訳の彼は

新しい事業を起こす事に夢中になっていたから・・私からの連絡はしていなかった・・

その時に話した彼(福島)が心臓停止で救急車で運ばれ・2週間入院生活をしていたと

聞かされて・・唖然とそして、呆然となりました・・(ー_ー)!!

心臓が悪くカテーテルを入れている話は聞いていました・・でも、とても元気でした!

だから、私もそんな大事になってるなんて想像もしてなくて・・多忙で来れないのだと

そう思っていただけに・・話を聞いて・・本当に驚愕と身体中に悪寒が走りました・・

それも街中で、現在彼女が来越しているから・・出かけたのであって・・それこそ本当

に《奇跡の様な遭遇でした{縁が有った}のでしょう・・\(◎o◎)/!》

彼はかなり痩せていたし一回り小さくなっていた。解らなかったのです私・・_(._.)_

長い立ち話でしたが・・食事が済んだ後の彼等と今夜、帰国する話で別れたのだが、私

の心中ではかなりのダメージがありました・・!(^^)!

  ▼私より若い人だけに胸が潰される程のショックがありました▼

保険が効かないし・・救急車を呼ぶのも市か、国の物だから沢山の出費があったようで

驚いたと言っておられました・・(ー_ー)!!

でも、お金には替える事はできなく{蘇生術を何度もしたと言われてました・・(^_^;)}

◆この話は私にとって、異国にいる事の現実を目の前に突きつけられる思いがしました。

 また、矢張り技術の遅れもあって・・大変だったそうです・・ずっと【面会謝絶状態】

 でICUに入ったまま、奥さまも来越しても仕方ないと言われたそうで・・どんなにか

 ご心痛であった事かと話を聞きながら・・身体の心底、恐怖感がありました・・(/_;)

 ただ、笑いながら・・心配かけない様に話されるので・・冗談を言いながら話を聞いて

 いましたが・・心底、切なく辛かった時間やご家族のことを考えていましたねぇ。◆

こんな時代なのに、病院の設備や医師の技術がいかに低いかを何度も聞かされていたから

《今回、助かったことは運もさることながら・・未だやらねばならない事がある天命だと

 思って・・(-_-メ)ボランティア事業に寄付してきたと言っておれれました》

彼女の来越が無かったら・・きっと私は家にいたと思うし・・それこそ万分かそれ以上の

夢想の様な出会いであった事を、凄く不思議に感じ改めて心を引き締めました・・( ^^)

後、数分違っていたら・・会えなかったのですから・・神や仏様のご加護だと感謝した!

※元気になって帰国出来ること・・嬉しく思いましたし、人生の悪戯か?運命なのか?※

『理解を超えた出会いがあった事は幸せでもあり・・切なさも精神的にはかなり参った』

先ず1つ目のニュースでした・・(・_・;)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/12/22(Wed)
今朝は21度で少し寒くて「くしゃみ」を何度もしたほど涼しかった・・(@_@;)

ヴェトナムも異常気象で〔乾季〕の気温とは想像もつかないほどです。早朝より、屋台

の珍しい米粉で出来た物を食べた・・先ず美味でしたが・・名前がわからなかったので

彼女に聞かれても答えられなかった・・申し訳ない・・<(_ _)>

そのあとタクシーで 街中迄出かけ・・両替したりカンボジア行きのチケットを購入し

ホテルのバイキングが昼食になった・・(●^o^●)

ヴェトナム料理が沢山並んでいる中で、少しずつ食したのだが・・食べすぎて胃が痛く

今もかなり痛みがあるのです・・(>_<)

今日は本当に自分の人生でこんな事が出来たと言うこと・・彼女のおかげで素晴らしい

体験が出来たことを書く予定でしたが・・明日にします・・御免なさい!

ハプニングもあって・・凄い1日でした・・明日迄お待ちください・・m(_ _)m
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/12/21(Tue)
玄関を出ようとしたら・・息子からTEL。そっちに回って帰るから・・送ってくれる

とのこと・・待って居た。優しい息子の心に感謝・・<(_ _)>

彼女は深夜に着いたので・・眠っていないと思って案じていたが・・意外と元気そうで

「ほっと」した・・(@^^)

▼▲空港からタクシーでホテル迄行く真夜中のタクシ―の運転手と言い争ったとか▼▲

  〔矢張り、真夜中に着く便はどうも評判がよくない・・(-"-)〕

女性1人だと思って吹っ掛けて来たらしく・・頭に来て言い合いになった・・<`ヘ´>

◎納得できる値段まで車から降りずに頑張ったそうです・・うひゃ・・(@_@;)◎

「さすがだー」なんて感心して話を聞いていたが、この国はお金で揉め事が起こる以外

余り凶悪な犯罪が無いのが特徴で・・口は達者だが・・暴力や刃傷沙汰、殺人の話など

は殆んど聞かない・・その意味では日本より治安は良いのかも知れない・・(^_^;)

    ”しかし、こういうせこい話はぼろぼろと聞く”

心の熱情も熱く、外温も暑い国なのに・・どこかそのあたりはしっかりとセーブされて

いるのが不思議です・・(ーー゛)

さて、思いがけなく来越してくれた彼女と待ち合わせたのは、ホーチミン最高のホテル

{ニューワールド・サイゴン}5つ星である。とても宿泊出来る値段ではないのだがー

さすがに洗練されていたベルボーイにタクシーを呼んで貰い、住所を教えただけなのに

ホテルの名刺の裏に住所を彼が書いてくれ、運転手に渡してくれたもので・・間違う事

もなく、すんなり家に着いた。何の心配もなかったのだが・・矢張り、チップをあげる

習慣がないので・・出来なかったことがちょっと心残りだった・・ふふふふふ

何といっても低所得者の町、地図にさえ載っていない所に住んでいるもので・・(>_<)

高級感覚が完全に消滅してしまっていた・・あははははは  <もともと無いけど>

《ちょっと、気障っぽく手に握らせることでも出来たら格好いい婆さんだったかも?》

   ≪こういう所でもろに生活が出るものです・・(・_・;)≫ うふふふふ

▼ま、余り縁がないから・・良いけれど慣れないし、おそらくそんな機会はこれからも

 殆んどないだろうと思いつつ・・こんな高級ホテルで一寸恰好つけることがごく自然

 に出来る人は「どんな人?」なんて想像していた・・ほほほほほ▼

友人が元気で相変わらずパワフル・・凄く嬉しい再会であった。暫くは彼女と共同生活

楽しみであり、カンボジアやカントーなどにも行けたらと計画をしている!

夕方、2人して、お酒などのツマミを買いに出かけた・・少し早かったのだが・・彼女

が疲れていると思ったし、本人も「早く寝る」と言う事で、5時前からビールを飲んで

お喋りに花が咲きだした頃・・

★★【なに、なに、何と言う事、昨日5時間も停電したのにまた突然に切れたのです。

   偶然、彼女が持ってきた蝋燭を灯しての酒盛りに変化した・・(^_^;)】★★

 ■結局8時近くまで点灯しなくて・・信じられない思いの出迎えの日になった■

彼女は面白がって・・ビールを買いに出かけた・・真っ暗ではなかったが、自家発電の

店や蝋燭の店が有ったそうです。 私と同じで好奇心いっぱいの彼女だから面白がって

いたので・・安心した・・(^u^)

        ”想定外のそして記念日になりました・・(^.^)”
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/12/20(Mon)
{やっと、お昼には彼女との再会です・・(^_-)-☆しかし、ちゃんと帰宅できるか?}

なーんて心配が少し有ります。何せ、言葉はできない、方向音痴です・・あはははは

息子が心配して最初は送ってくれると言っていたのですが・・仕事があってその時間は

無理だと言われたので・・頑張ってタクシーで帰って来る予定です・・(^_^;)

面白いですねぇ・・あんなに無防備で平気だった若い頃が嘘の様に、保身状態になって

しまっているのですから・・人は老いることを矢張り真剣に受け止めなければならない

のだと確実に心底まで響くように納得するようになりました・・わははははは

ま、ヴェトナム語の本も持って行って・・万一の場合は家族にTELして・・なんても

考えているのですが・・不思議に思われるかも知れません・・(@_@;)

この図太い神経なのに・・タクシーで帰宅できないなどと言う事に・・自分でも想像が

つきません・・それ程、言葉が通じないのです・・道路1本間違えると・・かなり金額

も違うし・・何時もと違う道を通られると・・おろおろしそうで・・がははははは

こんな風に笑っていれば・・英語が達者な彼女だし、若いし度胸もあるから・・安心!

別に不安があるわけでも、深刻に考えている訳でも有りませんのでご心配なさらないで

下さい≪ただ、それほど難しい言葉と言いたかっただけです≫・・(-"-)

空港からのタクシーは英語を話す人がいて・・不便さは何も感じないのですが、近辺を

走っているタクシーは皆目理解しませんから・・アクセントや音が違うととんでもなく

結構、緊張します。それでも、何回かは無事に帰宅しているのですよ・・(^○^)

   〔地図に載っていない所に住むのも大変です・・ふふふふふ〕

些細な話ですが、国によってはかなり雰囲気も違いますから・・書いてみただけです。

でも、概ね親切ですし・・悪い事{遠回りされたこと}は1度だけだから(大丈夫)

以前のこの国は常夏のせいもあって、Xマスに対する考えもなく勿論、余裕もなかった

から一部の外国人目当ての商戦が繰り広げられておりました・・(*^_^*)

所が最近は大方のホテル、スーパー、商店などにも、大きなXマスツリーや雪だるまが

飾られたり、イルミネーションの様に樹木にカラーの電気が点いていて・・綺麗です!

ショウーウインドーには雪の結晶とかサンタさんや飾り物の雪などが描かれていて・・

夜は見事に変貌します・・それだけ情報が流れ・・当然の様にこの国にも異文化の流れ

が入ってきています・・( ^^)

【もう、ここがヴェトナム?真夏のXマス?】状況になっています。不思議です。この

辺りが中国とは少し違う様で・・部分的ではなく挙ってすることにも規制がないのです。

何時も書いていますが・・詳細な事は何も解りませんが・・社会主義の良い部分と日本

のように何でもOKではないけれど・・許容できる範囲はちゃんと受け入れている国で

そのことが或る意味バランスを取って富裕層を増やしている様に思われます。

政治のことは理解不可能ですが・・そんな気がしております・・(^u^)

自由と規制の中での政策は難しいと思いますが何処かで《諦観》し、半面《期待感》も

有る様にみえるのですが・・個人的感覚で感じているだけですから・・全く違うのかも

知れません・・(ーー゛)

この国の中を流れている波は〖時は渦だったり大波だったり、さざ波にも、なるのでは

ないかとさえ思えるのです。勝手な想像ですが・・でも、とに角、難解で面倒なくらい

理屈や常識が通用しない国であることは事実です〗

【普通に付き合うと言う感覚がどうしても無くて・・家族だけが何より大切で、理不尽

 さだけがまかり通っている部分がいっぱいです。それが異常だから・・苛立ちと立腹

 に繋がり・・心の弱い人は参ってしまうのでしょう。きちんと裏表を使い分け、お金

 のある人に群がる様に連いていきますから・・日本の常識など幽かな塵のように霧散

 されてしまうのです】

   ★観光には素晴らしい国ですが住むにはしんどいでしょうねぇ・・★
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/12/19(Sun)
今夜、先日帰国した時お世話になった岐阜の友人が来越します・・(*^_^*)

年末のこの時期によくチケットが取れたものだと感心していましたが・・矢張り若さと

行動力の女性です・・さすがに・・いやはや恐れ入りました・・\(◎o◎)/!感服!

色々と乗り継いで深夜に着くのでホテルに泊るそうです。夜が駄目なことを知っている

彼女の心配りに正直、感激し申し訳ない気持ちでいっぱいです・・(^_^;)

 〘再会出来る喜びが大きいので・・とっても嬉しいです・・(●^o^●)〙

先ず、即戦力になる女性です。直ぐPCで調べだすし、徹底的に納得するまで検索する

確りした利発な女性で・・私は感動し、沢山の刺激を貰っています・・(*^^)v

  ≪あらゆる方法を探すみたいで・・とても、足元にも及びません・・(/_;)≫

尤も、私も彼女の年齢では(想像以上の無茶苦茶振り)で、何処へ行くのにも何も調べ

たりせずに、平気で海外へ出かけ、ホテルのコンシェルジュと相談してその日を決める

ことばかりしていた、いい加減な性格で、電話1つかけない人でしたから・・(-_-メ)

       〔娘には絶えず叱られていました・・<(_ _)>〕

      **あの頃は若かったのです・・あははははは**

やっと、最後まで書いたのに突然の【計画停電】一瞬の内に消えていました・・(T_T)

5時間です。後1行で終わりだったのに・・信じられない・・\(◎o◎)/!

それも日曜日にですから!『かなり、ショックでした・・保存もしてなかった愚かさ』

〖ま、この程度の人ですから・・理解して頂けると思いますが・・わははははは≫

★さて、今日は現在のヴェトナム情報を少しだけ・・何を書いたのか忘れましたので★

ジェトロから・・

1、お米の輸出が過去最高になって・・700万トン近くなったそうです。輸出額は

  31億㌦の予想を立てているとのこと。

2、この国の消費市場について

  大型スーパーの進出で生活の形態が変化し、若い世代の購買力が増加している。

  それだけ、情報社会であると言う事だと思います。まとめ買いが多くなったことや

  冷蔵庫の普及率が高くなった事などが原因の様です。大家族が多いので・・大型の

  品も売れ行きが良いそうです。私は今日の様にいつ【停電】になるのかが怖いので

  殆んど毎日その日の分だけの買い物ですが・・冷蔵庫を過信している部分がある様

  に思えてなりませんが・・(ーー゛)

3、液晶TVは32型が多くこれは韓国製品がかなりのシェア―を占めているそうです。

  勿論、日本製品も有名ですが、TVのCMは本当に上手だし、画面も綺麗で購買力

  を動かされます・・(-_-)

4、洗濯機は{エコ}{省エネ}が効果有る様で日本製品が好まれているみたいです。

  以前は容量も少なかったのだが・・最近は大型化しているそうです。

5、ジーンズをはく女性が目につくようになったのも近頃の傾向でしょうか?

  この国の女性は足が長く細いから、細身やストレートに人気があって、かなり見る

  機会が増えました・・〚スラリとしていて本当に素敵です・・(^_-)-☆〛

  ただ、高価なので(ノーブランドのヴェトナム製品)が売れ筋だとか?

6、食品では麺類とスナック菓子が対象になっているようでしたが・・麺類の国です。

  その豊富さは想像以上に多いです。ただ、カップ麺が少なく人気が余りない様子!

  スナック菓子類は数が少ししか無い様で日本、韓国からの商品が多く感じられるが

  子供の多い国だからアニメキャラクター類は好きなようです。

7、ATM機械について

  《このところ至る所でATMの機械を目にするようになり・・凄く増えました》

  この国はバイク天国ですし、数年前からヘルメット着用が義務になって、そのまま

  機械で作動する人が多く{面倒だからヘルメットやマスクを取らない} 利用者は

  ヘルメットやマスクを外すことや、次の人との間隔を1㍍以上は空けるように義務

  ずけ、禁止すると言う話です・・どうなのでしょうか?そんなにしていたら道路に

  飛び出す気がして・・良いのか?悪いのか?解りません・・(--〆)

※※これらのニュースは週刊情報誌≪ベッター≫より拝借しましたので・・未だ新しく

  ご存じない方のためにも拝借のお礼に書いておきます・・_(._.)_※※

かなり読み応えがありますし・・私の年代ではPCだけではなくて・・活字からの情報

は欠かせないので・・新しい{ミニコミ誌や情報誌は結構好きです}

途中【停電】のため・・半端になってるかも知れませんが・・最近のこの国の情報です。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/12/18(Sat)
今朝5時の温度は23度で『快適と言うより肌寒い感じ』で洗濯をしていた・・!(^^)!

未だ明けきらぬ空を見上げながら・・ほんの少しばかりの洗い物を干している姿はここ

が異国の地であることをすっかり忘れさせてくれるのですが・・(^_^)

毎日、国営放送が何処からともなく・・鮮明に聞こえだす時と、4時半、5時等30分

間隔で聞こえる教会の鐘の音が矢張り、ここがヴェトナムであることを明確に知らせて

くれる日々でもあります・・( ^)o(^ )

どんな風に聞こえるかと言いますと・・ラジオのボリューム一杯と言う位の音量です。

ほぼ毎日なのですが・・その日の風向きや地区によって違うのかは判断不可能ですが

聞こえない日もあり、又《猛烈な騒音の様にはっきりと聞こえる日もあります?》

以前10区にいた時は1度も聞いた事が無かったのに・・ここは殆んど毎日かなぁ・・

昨日も、割合晴れて、それでも、扇風機もかけないで過ごせるのですから有難い気温?

かも知れません・・( ^^) 何せ、寒がりですから・・ふふふふふ

でも、息子が来たり、家族が来ると、矢張り、勝手に扇風機を点けるので、暑いと感じ

るのが当然で<私の体が変なのかも知れません>・・ははははは

土、日は市場の開くのが遅いのか?客足が遅いのか? 国道まで、誰にも遭わずに行く

日もあり、普段の日の6時過ぎでも5分違うと、バイクの台数が少なかったり、遅目に

行くと〔もう、溢れるようにバイクの洪水の中を渡る羽目になる日もあるんです〕

不思議ですし・・たった数分でこんなに違うのかと何時もそんな事を感じつつ(市場)

へ行っています・・(^○^) 暇人ですから・・あははははは

昨日の岐阜の続きですが・・

           【日本の3大稲荷】ってご存知でしょうか?

今回、初めて『お千代稲荷』を訪ねた折に教えて貰いました。2つは知っていました。

京都の『伏見稲荷』愛知の『豊川稲荷』それがまさか、この『お千代稲荷』が3番目で

有った事など・・皆目知りませんでした・・(-"-)

そして岐阜県にあることさえも・・知らない事が何と多いのかと改めて感動しましたし

{生きている幸せと友人の気配りに感謝感激の心情でした・・_(._.)_}

ご存じの方は流して下さい・・

でも、この『お千代稲荷』はとても有名で{おちょぼさん}と言う可愛い名前で呼ばれ

ているようでした・・(●^o^●)

朱色の鳥居をくぐり・・参道<門前>と言うのかしら?ごく普通の日でしたが狭い門前

にある店は本当に人で溢れていました・・(@_@;)

     ※勿論お稲荷さんにも人の行列がありました※

多分、私が知らなかっただけで・・(月並祭の日とでも重なったのかも知れませんが)

先ず、お稲荷さんにお参りする前に、売店で稲穂に通された三角の油揚げと蝋燭を1本

購入するようでした・・これも初めての経験で・・ちょっと驚きました・・(@_@。

△▽精霊殿のお賽銭箱の前に箱があり・・そこに油揚げがいっぱい入っていました△▽

お賽銭をあげてお参りをして・・蝋燭はガラスケースの様な中で灯す様でしたが、生憎

風が強過ぎて、全く誰も点灯させることができませんでした・・(-_-)

  ○油揚げを持ち帰っている人を何人も見かけました[きっといいのでしょう]○

ここのご利益は商売繁盛、縁結びで、何でも税理士の人が多くお参りするのが特徴だと

言われ、あちこちに名刺が挟んで有ったのは・・ちょっと見慣れない光景でしたねぇー

ところで、この{おちょぼ稲荷}の由来は・・

【】ご先祖様の御霊を千代に保ち、崇めると言うところから名前が付いたそうです【】

ただ、所謂、どこの神社仏閣でも行われている≪おみくじやお札≫が何処にもなくて

門前の店にもありませんでした〖これは結構不思議感に思いました・・(^_^;)〗

本当に往来するには狭い門前で、人が多かったです。売られている品は川魚の佃煮とか

川蜆(これは購入して)頂きましたが・・あっさりして美味でした。地元の野菜やお花

などもあったり、近ければ欲しい野菜が凄く廉価でした・・(・_・;)

{}色々な門前の店を想像しても一寸雰囲気が違っておりましたねぇ・・(@_@;){}

名古屋に近いせいでしょうか?味噌が美味しいらしく、味噌田楽の様な〔味噌串の筋と

土手煮)が有名なようで、私達もそこで食事にしましたが・・美味しかったです!

こってりとした味でしたが、辛みもなく・・とても満足して頂きました・・(@^^)

ただ、店に人が行列で並んでいるのが多いので落ち着かなかったのが残念・・(-_-)

この店には〚金箔を貼ったトイレ〛が有名だからと言われ《これは、外せない》と思い

早速偵察してきました・・わははははは

   {全部、すべてが金箔かと思っていたのですが・・(ーー゛)}

    ***想像していたのとはかなり、違っていました***

でも、何でも経験ですから・・ちょっと失望しても入ったと言う事で心も安穏となって

そこからは、近くの道の駅なども見学して・・地元の野菜や特に時期的に“富有柿”の

名産地ですから(それでもそろそろ終わりに近い様子)沢山の人が買っていました。

さすが地元ならではの大きさにビックリしましたが・・思ったほど高くはなかった・・

ただ私達はこれから、温泉に行く予定だったので・・購入しませんでしたが・・(^.^)

ここから【海津温泉】に入ります・・

途中まで車で行けるのですが・・待合所の様な所へ送迎のバスが来てくれて・・先ずは

概ねいっぱいになるほど乗りこみ山上にある温泉場へ行きました。

濃尾平野や岐阜市内が見えて・・未だ少し夕方まで時間が有ったので・・夜景を見る事

はその時点では駄目でしたが、帰路は見ることができました・・(^_-)-☆

{長良川、揖斐川、木曽川の3つの川沿いに有り・・ほっこりと癒される温泉でした}

特に私は異国生活者だし、シャワー生活が長いので、温泉には格別の感慨があります。

長湯や身体を擦ることはかなり急激に痩せたので・・それらはせずに入っていました。

《殆んど脂気がぬけてしまったのでしょう・・(ー_ー)!!

 身体がふわりと浮いて来る有様で・・恥ずかしかったです・・うふふふふ》

     ::露天風呂2ヶ所にも入り大満足の1日になりました::
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/12/17(Fri)
『岐阜の【美濃市】については地元や近辺、和紙などの関係の方以外は、余り知られて

 いない気がして・・( ^^) とっても残念に思いご紹介したいと思いました!』

ま、たった1度しか行ったことが無いのに紹介もないのですけれど・・心に感じたこと

をそれとなく書いてみようと思ったのです!

【美濃市】は私自身(和紙の里)と言う以外殆んど何も知らない有様でしたが・・実際

町を訪れて・・その雰囲気や美観に感動しました・・(#^.^#)

{想像以上に小さな街ですが≪日本一のうだつの上がる家並み≫と言われていました}

(山田家、今井家)が有名だそうですが・・私達が訪れた日は生憎、定休日だった様で

町並みは本当に静寂で物音も殆んどなく、観光客も数えるほどしか見かけないそんな町

でした・・(ーー゛)

ちょっぴり寂しく・・反面、ゆったりと見学することが出来ましたが・・生憎閉店して

いる店が多くて・・淋しい感じを受けました・・(^_^;)

町自体が建造物群保存地区に指定されているようで・・2つの通りと横町があるだけの

小さな町でしたが・・情緒があって・・まるで、タイムスリップしたかの様な昔の光景

があちこちに見られて・・雰囲気のある町でした。

昔は小倉山城があったようで・・〚美濃紙の名産地〛として全国にとくに京都とは親交

が深く、かなり繁盛した町であったと書いてありました。

今はその意味で言えば地方の少し寂れた町並みを感じて・・心が痛く、何処へ行っても

活気が無く若さのない町が多い気がして何だか物悲しい状況でした・・(-"-)

勿論〔町の復興を懸命に支え続けてる〕産業やイベントは沢山あって、その時期の賑い

は大変なものだと想像しておりますが・・時期が悪かったのかも知れません・・(/_;)

この町は特に≪春の催しものが盛んで、“花みこし”や山車などもあるようで、かなり

の観光客があるともパンフには書いてありました。是非、その時期に又「来たいなぁ」

何て閑散とした町を歩きながら・・想像を逞しくしておりました・・ふふふふふ

☆☆目玉となる《あかりアート展覧》は10月に終わっていて・・それが凄く残念で

  したが・・うだつの上がる町並みに道路一面、全国から募集された灯りの芸術品

  が並ぶさまは、いかにもこの町の風情と合致して郷愁と興趣に心惹かれ・・写真

  だけしか見なかったのですが・・この時期の幽玄な雰囲気を身体で感じたいと心

  からそう思いました・・(*^_^*) ▼もう1度行く機会があるかなぁ▼

  多分、今、流行のイルミネーションとは違った幻想的な風情に涙を流す様な予感

  がしておりました・・ははははは《何せ、何にでも感動する婆さんで・・(^_^)》

  昔と言う時代の荘厳な重み、過去に生きたこの町の人々の暮らしや生きてきた時間

  や生活を多分、心裡で彷彿とさせながら・・味わうからだと身勝手に自己分析など

  をしているのですが☆☆ **「らしくないかも!」**

     ▼{その上、老いが加味されると涙もろくなるのは必定ですから}▼

             「わははははは」

肝心の【美濃和紙】について・・

以前にも書きましたが20年以上書道をしておりましたので・・和紙のことは、ほんの

少しだけ、知っているつもりでしたし・・あらゆる和紙の里は訪れて来たのですが・・

【美濃和紙】だけは見たことが無かったのです。

きっと、沢山の方がご存じで・・今更の感もありますが・・ちょっとだけ知っている事

を書きます・・和紙は楮(こうぞ)の皮を剥いて水に浸します〔この水が良水)でない

と駄目だそうで・・この地や和紙の紙を作る町は概ね水が美味なところです・・(^.^)

そして川で晒して柔らかくなったら煮込みます・・それから石の上で叩き、繊維を細く

するようです。それに黄蜀葵(とろろあおい)を混ぜて粘りを出し、漉きあげ、均等に

漉くにはかなりの熟練と技術が必要とされると伺いました。

それを乾燥させて出来上がるようですが・・1枚1枚漉かれて行く和紙は風合いがあり

その技の素晴らしさに感激します・・(*^^)v

≪時間体験≫で何度か経験したことがありますが・・まともに出来あがった事は1度も

ありませんでした。

《》それ程、繊細で技と経験、勘が物を言う世界であり・・プロと言われる所以だと思

 われ、地味で、冬場の冷たさや厳しい現実を知ると、決しておろそかにはできないと

 そう、何時も思います・・<(_ _)>《》

<らんたんや>と言う提灯やさんが作っている小さな本当に20㌢にも満たない提灯を

友人が購入していて・・下に電池を入れて・・灯りが点くようになっている部分を頂き

上の提灯だけ買いました・・(^u^)かなり迷う程の種類や大きさがあり、和紙にも

地模様の物からカラーの物迄・・様々な種類がありましたが・・物を増やしたくないと

言う私の身勝手から・・小さいのに決めました。

この国に居てもほんの少しだけ・・『和の感覚と伝統芸術が息ずいているのが嬉しく』

ささやかな満足をしておりますが・・(*^^)v 自己満足だけです・・ふふふふふ

和紙は重いし・・見ると欲しくなるし、筆や、墨を持って帰りたい衝動を抑圧させたく

店も1軒しか開いていないので・・心ならずも諦観した次第です・・(ー_ー)!!

以前は和紙を持って来ていたし、筆等も準備していたが、それらも全てコンテナの中で

今は眠っております・・あははははは

思い切り書いてみたい衝動が湧く日が来るといいのですが・・今は刺激と興味のある事

の多い生活で・・振り回されている現況ですから・・当分は書けないと思います!

ようやっと、『乾季』に入ったのでしょうか?未だお昼前ですが・・かなり、日差しが

強く、洗濯物を玄関に移動させました・・( ^)o(^ ) 

  <今日は化粧品のパフや、ぬいぐるみの小さいのを洗って干しましたが・・>
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/12/16(Thu)
2日続いた〔スコール〕が止んで・・昨日は割合日差しが戻ってきたため、洗濯好きな

私には完全に1日で乾燥した事が久々の喜び〔何という細やかな幸せ?〕ふふふふふ

岐阜の話の続きです・・

{美濃紙の里を訪ねるために途中〔関市〕へ寄って貰った・・大好きな【篠田桃紅】の

美術館が関市役所にあることを知ったからです・・(@^^)

〔関市〕は刃物の街として有名だとしか知らず・・それ程浅学無知で・・あはははは

さて・・【篠田桃紅】さんは

ご存じの方も大勢いらっしゃると思いますが・・独特の繊細な筆使いで最初から独学で

勉強された方です。同じ大連出身と言う幽かな拘りで・・書道を始めた頃から、彼女の

書く文字が繊細で・・美的で・・心揺さぶられておりました。

『本ではなく自筆を何時の日にか作品展を見たい』思いがずっとあったのです・・(^_^)

札幌に住んでいましたから・・その機会はあったのかも知れませんが・・東京や大阪と

違って大きな美術展を拝観する機会が少なかったせいで・・心内では片隅に押しやって

いた感じで、すっかり忘れておりました。

それが、まさか、この岐阜に美術館が有るなど想像だにしなかったから・・凄く嬉しく

素敵な時間になりました・・(#^.^#)

現在も97歳で現役活躍されているご様子ですし・・或る時期から確かアメリカへ行か

れて・・今度は現代アートに挑戦されています。この美術館では生憎、私が観たかった

☆水墨画的な薄墨の繊細、粛々とした女性らしい手弱やかさ・・その上品な文字に触れ

 る事が無かったのが何より残念でしたが・・本当に生涯独身で・・あの見事なまでの

 品性と美しさの中から滲みだしてくるしたたかな情熱に圧倒されて現代アートを観覧

 してきました☆

同時に(仙崖)と言う僧侶の書家が面白く大半を占めておりました。それはそれなりに

ユーモアと力強い筆圧や書道的技術があちこちに見られて楽しめましたが・・(^○^)

矢張り、私は【篠田桃紅】に憧憬が有ったためでしょうか?少しがっかり致しました。

抽象的な作品には殆んど理解不能の私の頭脳ですが・・独特の表現方法は心を惹かれる

作品ばかりでした・・(^_-)-☆

≪様々な色彩の中に華美はなく、落ち着いた品格と知性や裡に秘めた熱情が身体の中を

 通り過ぎて行く感じは受けました。尤も、私などが、批評出来るものではないのです

 けれど・・(・_・;)その独自の表現方法や抽象的な色彩の中に乱れが無く、上品さを

 感じたのは事実です≫

自分自身の知性や独特の感性は彼女の最大の魅力であり・・今も活躍されていることが

何より嬉しく思いました。又、機会があれば是非『書』を拝見したいと思いました。

{他人事ですが・・映画監督の篠田正浩さんは従弟になるとか聞きました}

明日は美濃紙の里を訪ねます。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/12/15(Wed)
今回の帰国のメインは娘と、友人たちの再会も心を大きく占めていたのですが・・(*_*)

先ず【ビザの申請】が目的でもありました・・!(^^)!

想像して頂けないでしょうが・・以前は6ヶ月は普通でしたが、これだけ大勢の外国人

が入国するようになって・・かなり厳しく・・以前にも書きましたが仕事を持っている

人の申請は会社でしてくれるから・・それに1年間出る会社もあって・・特別に不自由

は無いのですが・・無職だし、何か才能がある訳でもない私などは、面倒ながら3ヶ月

と決められているので・・その度に勿論、第三国に出たり、日本に戻ることなどをする

必要性があるのです・・本当に面倒な国ですし、お金もかかります・・(;一_一)

ま、それでも、住んでしまえば・・それなりの愛着もあり、心の中で『世話になってる

のだから・・(-_-)』何て意識も生まれて////かなり馴らされてきた気が致します////

:そんな訳で未だ1週間ほど期間はあったのですが・・帰国ついでに行って来ました:

その時は姪も一緒に行ってくれました。 これまた大阪で1本しか走っていないと言う

 《阪堺電車=1両のチンチン電車》に初めて挑戦しました・・(●^o^●)

  **楽しかったです。運転手の横の1番前に乗って線路と前の風景に堪能**

未だ走っていることは知っていたのですが・・関西では有名な大阪と堺市を結ぶ電車

で・・天王寺から浜寺の方迄行くようでした。結構小まめに駅があり・・20駅近く

乗れましたから≪乗ったって感じがしました≫・・(^○^)

     <でも、初めてだから目が忙しかった・・あははははは>

途中から全くの線路だけになったり、また国道に出たりと起伏も多々有りました。

あの超有名な住吉神社《真っ赤な太鼓橋》も有ったんです。帰路、途中下車しお参り

してきました。新年の準備で凄く忙しそうでしたが、お参りの人は少なく、のんびり

拝んできました。今の先端を行く【パワースポット】等もあり・・それなりに神社も

工夫している感じを受けました。信じられない程古く巨大な{ご神木にはしめ縄飾り}

があって「子供の時連れて行ってる筈」なんて姉に言われたのですが・・(ーー゛)

全く記憶が有りませんでした・・だから、物珍しく、人のいない境内を姪と2人で散歩

しながら、あちこち楽しんできました・・(^.^)

参道が無いので、境内の中に露店が出るようで・・お正月は大変な賑いになるみたい。

脱線しましたが・・

【ビザの申請】は去年、大阪の中心部から引っ越して堺市に移転、不便になったのです。

が・・3月に1度違う電車で行ったので場所は真反対からでしたが、直ぐに解りました!

〔何せ、暢気と言いますか?人がほとんど来ないのでしょう〕誰もいなかった(・_・;)

もう、何度も声をかけても返事が無く・・多分2Fに係官はいた様子ですが・・15分

以上も待たされました・・そこへ、中国の女性も来て、また、ヴェトナム人夫婦も来て

少し賑やかになりましたが・・その場で待つこと20分位で申請手続き完了・・(-_-;)

       ::[あっけない位の申請でした]::

  ※そして、初めて、3組の【ビザ申請者】との出会いがありました※

◎ただ、値段が上がっていて倍になっていたのには少々驚きましたが・・ここでするの

 が時間もかからず、すぐに出来るのが何より有難いと思いました・・( ^^) ◎

★★この国での申請の面倒さと、難しさを嫌と言う程、経験したし、人の多さに閉口し

  ていただけに、嘘の様に簡単に申請出来る事が信じられなかった・(^_^)★★

とに角、ここを訪ねる人がいかに少ないか?・・(・_・;)暇であるかを垣間見て、失礼

ながら「楽な仕事?」ってちょっぴり思いましたが、日本で生活する事は彼等にとって

矢張り{私と同じ体験をしているのだから}と・・それも又、大変なことかも知れない

なんて思ったりしておりました・・(/_;)

領事館を出て、線路脇にあるごく普通、昔の古い暖簾がかかっていた店に食事をする為

入ったのですが・・そこで丼物を久しぶりに全部、完食出来て嬉しかった!

私や姪等若い訳でもないのに・・そこのご主人の趣味だとか言ってバルーンでひまわり

を作ってくれて・・腕に嵌めてくれた[主人は女性だけに作るんです]なんて言われて

持ち帰りましたが・・結構大きくて恥ずかしかったけど、可愛かった・・(-_-;)

何とか家まで割れずにいい年をして腕輪をしたまま持ち帰り姪の子供に上げました!

☆こんなことをする人が未だいる事や優しさにほっこりして・・生きている実感や人生

 見知らぬ街での出会いなど・・決して2度とは出来ない体験だったと思いました☆

     〈〉歳をすっかり忘れていましたねぇ・・はははははは〈〉
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/12/14(Tue)
ホーチミンはもう完全に『乾季』に入った様になっておりました。気温は30度前後で

それ程暑い感じはしなくて・・( ^)o(^ )

ま、過ごしやすい曇り空が続いていたのですが・・昨日は突然の〔スコール〕で洗濯物

を思い切り濡らしてしまいました[外出していたので]ショックでした・・(/_;)

ホーチミンに戻って来た日のこと・・

家を空けると・・こんなに汚れるものかと思う程、埃や塵が溜まっていました。 嫁が

モップで拭いてくれたのですが・・先ず、本当に汚くて《がっかりでした》・・(/_;)

その上、冷蔵庫を切って出たもので・・解放しておけばよかったのに締め切ったままで

したから・・強烈な匂いがしていました・・(ー_ー)!!

とに角、何時【停電】になるか解らないないので切って置いたのですが  ●大失態●

日本の様にキッチンの漂白剤が無いので・・洗濯用の漂白剤で拭き、お湯で洗う方法で

暫く開けて起きました・・やっと1日で臭いも取れ・・安心しましたが・・(^_^)

            ■いい勉強をしました・・!(^^)!■

さて、話は変わりますが・・

昨日は、息子の友人の奥さん[ヴェトナム人]に【着物を着つけて欲しい】と依頼され

た為の外出でした。  ≪正直、吃驚!まさか、そんなリクエストがあるなんて!≫

我家に来るのかと思っていたのですが・・彼の家も私の家も遠くて・・結局は中心部に

住んでいる息子のアパートですることになったのです・・(^.^)

息子がバイクで迎えに来てくれて行きました。

この【着物の話】にはちょっぴり微笑ましい出来事があって、感動したもので書きたい

と思ったのです。友人の彼の父親は埼玉に住んで居られる様で、母親は早くに亡くなら

れたとのことでした。

最近80歳になられる父親を孫が出来た事でこの国に呼んだと言っておられましたが・・

残念な事に・・ここでの生活は刺激が強すぎたのでしょう・・きっと・・(;一_一)

「暮らす事は出来ない」と言って帰国されたそうです。老いてからの環境の変化は心身

共に非常に難しく・・大変な事ですから・・当然だと思いました・・(^_^)

    <その時に嫁にも孫にも会われたのでしょう・・(^v^)>

良い親孝行されたと思いましたし、お父様も「安心されたでしょう!」って話をしてい

たのですが、何せ、日本の常識が全く通用しないからかなり抑圧状態になると思います。

その父親が[ヴェトナム人の嫁]のために【着物を着せたいと思われたのでしょうねぇ】

  **その気持がとっても私の心を穏やかにしたのです・・(@^^)**

奥様のいない方なのに・・持って来られたようです。

少し不足した物はありましたが『どんな思いで・・異国の嫁に又、日本の伝統文化であ

る【着物を選び、準備されたのか】と思うと胸底が熱くなりました・・(*^_^*)』

全く見たことも無い【日本の着物】を嫁に着せたいと思われた心情を察すると心が温か

くなって・・何とか力になりたいと思いました・・( ^^) こんな事しか出来ないから!

その前にTELで連絡しようかと思ったのです。もし、不足の物があれば持参しようと。

しかし、誰も何が必要かさえ解らない状態・・ま、紐と帯上げやオ―ガンジーの布等と

髪飾りを持って出ました。ところが・・

最初にバッグに入っていた物は間違いなく、袷の着物でした。でも、帯が半幅で浴衣

やちょっとした普段着に使用するもので・・また、半襟もなく、広襟の着物とは帯の幅

の違いがありましたが「どうしても写真に撮って、送らねばならないと言う話でした」

何とかやってみました。襟は半襟がなく襟芯が入らないのでピンと出来なかったのが心

残りでしたが、半幅を変化させて変わり結びにしたり、又、オーガンジーで、帯上げの

代用をし、リボンの様に少し華やかになる様にしました。

【着物】は素敵だったのですが・・かなり地味で・・私でも着れる程の色彩だったので

髪も結いあげて・・髪飾りをつけて{華美さ}をだしました。

「デップ=綺麗?」って何度も旦那さんに聞いていて・・歳は30代の小柄な人でした

:::でも、されるままになって突っ立っていたのが可愛い感じでしたねぇ:::

ベビーがいるので・・1人、2人、3人等。ま、どの位の枚数の写真を撮ったかしら?

☆{着付けには15分位だったので・・1時間以上は写真を撮っていた感じです}☆

考えてみれば、息子が外国人と結婚して・・その嫁に日本の【着物を着せたいなんて】

何て素敵な父親だろうと思いました・・家の嫁は【着物大好き】だから・・かなりの

回数を着せているので・・少し様になって歩き方も覚えた様でしたが、彼女にとっては

〚青天の霹靂〛に近いハプニングだったのではないでしょうか\(◎o◎)/!

それでも、少しだけはにかんで・・嬉しそうに、前や横、後ろ姿など写真に撮って送る

ようで〖ほんの少しだけ幸せのお福分けをいただいた気分でした〗ヽ(^o^)丿

今回は初めての経験でしたから・・多分、もう無いとは思うけれど・・矢張り、小物は

持って行かねばなんて考えておりました・・(*^_^*)

一つ、面白い話を聞きました。勿論、それなりの理由や根拠があるのでしょうが、この

国ではベビーは朝の8時以降に外に出すと(皮膚癌)になるので、絶対出さない様にと

言われたと彼は話してくれました・・ま、日差しの強い日は理解出来ますが・・多分に

理由があるのでしょう・・ちょっと驚いた話でした・・(@_@。

「彼女の家族が口出しをするので大変だ」と言って笑っていましたが・・確かに、この

国は子供を国の宝物の様に躾けるし、可愛がり、愛情を注ぎます異常な位に・・(^_^;)

そして、皆で育てると言う感覚があって・・親だけに任せることは先ず無いのだと思い

ました。だから、可愛いけれど・・我儘で、中々きつい、身勝手な子供が成育します。

 ※幼い時は家族の全ての人や、親族の手や声で育てると言う感じだと思います※
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/12/13(Mon)
現代は、航空機や新幹線など、迅速に目的地に着くのが当然の様になってしまった日々

ですが・・乗り物が何でも好きな私は、この歳で〔もう2度とは無いかも知れない〕と

思い、時間もたっぷりある事ですから・・殆んどの移動を【ローカル線】にしたのです。

           ☆☆本当に楽しかった・・(#^.^#)☆☆

そして、すっかり忘れていた日本への郷愁に心を満喫させる事が出来ました・・(*^^)v

<ローカル線>

岐阜に行くことになった話は昨日書きましたが・・行き方としては当初、私の事です。

単純に神戸から名古屋迄新幹線、そしてJR岐阜駅到着を考えておりました・・( ^^)

しかし

【ローカル線】で行く方法があることを教えて貰い・・初めて神戸から米原まで新快速

で行きました。ここは、新幹線への乗り換えの人が多くて・・階段がいっぱいになる程

の混みようで驚きましたが・・(@_@;)

大垣行き、岐阜、豊橋『東海』新快速に乗り換え、丸で・・嘘の様に2時間半程で岐阜

に着いたのです。まさか、こんな列車に乗って行く事など想像外でしたから・・(^_^)

  △▽とっても楽しく、わくわくしながら・・米原から乗りこみました△▽

陸稲(晩生が半分位色ずいていたり、山々には木々が紅葉から黄葉と、様々な錦模様に

すっかり・・目が離せなくて・・うっとりと見惚れておりました・・あははははは

途中までは1駅ずつ停車するので・・ゆっくり眺めることも可能でしたが・・その地方

の学生や主婦たちが気楽に乗って来る風景には心惹かれて・・胸が温かくなりました。

◇切り取られた穭田(ひつじだ)に青々と茂っている《ひこばえ》に感動しました◇

生命力の強さと吹く風音が聞こえる様な風景が〚俳句の世界を思い出して〛20句ほど

思わず作りました・・ほほほほほ

『もう、すっかり遠ざかった世界でしたのに・・この光景に刺激されたのかしら?』

帰路はこれもまた、初めての路線でした。

岐阜駅迄見送って貰い、名古屋に出ました。何度も通過しているのですが・・駅構内を

歩いた経験が1度位〔それもかなり昔の事で〕殆んどおのぼりさん状態でした・・(>_<)

友人に「外に出た方が解りやすい]とアドバイスを貰ったのですが・・ここは日本です。

折角の機会、自分で探そうと思い構内を歩いていると、本当に直ぐ近くに近鉄の乗り場

があって・・そこから藤井寺の姉の家迄行きました・・(^○^)

つまり≪岐阜、愛知、三重、奈良、大阪≫と県を跨いで行ったのです・・\(◎o◎)/!

信じられないほどの安価で・・時間は少しかかったのですが【ローカル線】でこんなに

県を通過して乗ったのは初めてで面白かったですね・・(●^o^●)

色々な県の「ふっとした言葉」が地方にいることを再確認させてくれました・・(*_*)

「あー地方にいるんだ』それも見たことのない路線を走っている感覚がドキドキ感を

増加させたのかも知れません?   『興味津々状態でしたねぇ・・』

   ※もう、珍しくてきょろきょろしておりました・・わははははは※

途中の{伊勢中川駅}辺りでは・・殆んど人は降車してしまい・・車両の中は2,3人

になって・・段々寂しくなりましたが・・(-"-)

ここから河内に行く路線に乗り換えた時は思ってもいないほど混んでいて・・驚いた!

河内方面は大阪府でもかなり、南なのですが、人は多くて、さすが大都会です・(@_@。

姉と姪が駅まで迎えに来てくれていて・・1番近い駅だったようで、数分で到着した。

乗換えが数ヵ所有ったり、思いもかけない列車の旅を思う存分楽しみ、見知らぬ駅から

乗降する人々の雰囲気も十分に楽しませてくれた旅になりました・・(@^^)/~~~
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/12/12(Sun)
すっかりご無沙汰をしてしまいまして・・<(_ _)> 留守の間にもご訪問下さいました

皆さま本当に有難うございました。心から感謝申し上げます・・m(_ _)m

長く感じていたのですが、想像以上に『あっと』言う間の日本への帰国でした・・(-"-)

  △▽沢山の経験をしてを参りましたので、少しずつ書かせて頂きます△▽

《岐阜県》

今回、岐阜県に1週間ほど友人宅で世話になると言う思いがけない事になりました。

今まで、私が岐阜県と言えば、先ず”桜”しか思考が働かず・・それ以外は長良川の

鵜飼や、温泉地としか知りませんでした。その程度の見知らぬ街でしたが。こと”桜”

については{余りお花見などされない方にはご存じない場所まで知っていました}

岐阜県は見所が多く何度も尋ねました・・ただ”桜”に会うためにだけで・・( ^^)

      ☆☆桜大好きですから・・おほほほほほ☆☆

今回は好きなお城も見ました〔岐阜城、大垣城、墨俣城}など・・{沢山あるのには

驚きました・・そして、ここで私は自分の勘違いと言いますか?ずっとそう読んでいた

のですが墨俣城を〔すのまたじょう〕ではなく(すまたじょう)と確信していました}

ま、思い切りの勘違いでしたが〚お恥ずかしいことです・・!(^^)!〛

彼女宅は岐阜市内の外れにあり、車が無いと行けない場所でした。彼女は去年、大阪を

離れ・・母親が病気、看護のために帰ったのですが、早速、車を買って乗っていたので

移動は全て車で楽チンでした・・{仕合せでした}・・(^_-)-☆

<温泉>

日帰りのところを3ヶ所行きました。足湯もあって、長良川を見ながら・・(^_^)

本当にあちこちにあるので・・1時間も走るとここへもあそこへもの願望があり困った。

ただ、一寸痩せすぎたので、ドクターから・・油気がなくなるから・・余り入ら無い様

に注意をされていて・・大好きだったけれど・・我慢しました・・(^.^)あははははは

  ◇でも、今時の温泉は面白いですね・・凝っていると言うのでしょうか?◇

  ◇近場の人が多いせいでしょうか?それとも、日帰りが多いのでしょうか?◇

単に温泉に入って帰る人ばかりで、昔の温泉の様にゆったり浸かって見知らぬ人と時間

を過ごす人やお菓子等をひろげたり、のんびり話している人は少なくて、殆んどの人達

は[サーッ]と来て入って車で帰る温泉と言う感じでした・・(^○^)

初めての経験だったのは(貴重品預かりが銀行のATM方式になっていた)のには吃驚。

《》時代を感じましたねぇ・・わははははは

  皆は当然の様に知っていましたが・・(@_@。全く知りませんでした・・!(^^)!《》

<鵜飼>

ま、時期が終わっていたのですが・・(鵜匠)の人が鮎料理を出していて、裏庭に鵜が

沢山放たれていて・・見学したりもできました。ここでも初めて知った事がありました。

{話だけは聞いた事が有ったのですが・・(@_@。

宮内庁御用達で『一子相伝』であり、宮内庁からお金が出ているとのことを聞かされて

また〖皇室〗と言う本が出ていて・・皇室関係の記事が沢山掲載されていました。

四季に出版される様で・・これも初めて拝見しました・・(@_@;)

それだけ格式があり、大変な仕事なのだと改めて知りました。それに鵜の声の太さにも

驚きました・・(#^.^#)}
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |