徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/09/30(Thu)
  『いやぁ――全くもって{無常迅速の世の中}を歩くのはしんどいことです!』

嫌が上にも老いを感じるし・・「いいえ、まだ大丈夫だよ!」なーんて人知れず心裡に

思い込もうとして、何とか時間の経過を日々、巧みに利用させている積りでいるのだが

これが思わぬ展開を生んでいく訳で《自信喪失したり・・萎えてしぼむように心が閉じ

て行き・・心ならずも何かにぶち当たることが多かった半年でした・・(--〆)》

★長かった気がしないのです・・本当に早くて、飛ばされない様に必死に何かに掴まり

 ながら・・過ごしてきた時間でもありました・・(;一_一)★

▼自分の心奥には{通過点だったとか?こうしなければならなかったのだ}などと言訳

 めいた言葉で表現してみているのだが・・本来はもっと簡単に、もっと安易な生き方

 が存在しているのに〔意図的に愚かさゆえの道程を選択している自分を発見している〕

 そんな理由で『おろおろ』している状況も多々あって・・がっかりしている▼

〖性格なのか愚鈍ゆえの選択の誤射なのか?〗判断さえ覚束無い現実の生活をしているの

 が今の現実の気分である〗・・あははははは

  ▲とに角「日々が楽しくない]これが応えているのだと思う・・(;一_一)▲

誰だって毎日、楽しい日など有る訳は無いのだが・・この地に来て・・以前よりかなり

変わったのは自分で行動する範囲がすごく狭くなった事と、面倒になったことである。

  ×××気持ちの切り替えがすごく下手な人間だから・・(-"-)×××

前は自分から行動することで【そこからの逃避ができていたのだが】・・(^_^)/~

今回矢張り[年齢の壁]に当たっているのか?疲れが取れない・・自分の時間外で何か

行動する事に抵抗ができてしまった・・攻撃力が完全に消滅している・・(@_@。

こんな性格ではなく、好奇心も旺盛だし、何でも知りたいとか?何処でも入って行って

見たり聞いたり、していた筈なのに、結構、守備範囲が拡大して・・うざくて仕方無い!

     ◎「最後のチャンスだと張り切り過ぎていたせい?」◎

何て自問自答しているのだが・・面白くないのは{きっと、この国に対する個人的感覚}

が浅薄になってしまったのかも知れないし・・(-_-メ)馴らされた部分が沢山あるから!

〘以前の活気もなく・・単に情報ばかりが先行しているせいか?・・連いて行けていな

 いから・・異国にいる感覚が鈍っているのかも知れません・・(@_@;)〙

カンボジアでも感じましたが・・携帯を持っている若者の多さも・・いかに情報が浸透

しているかの〚1つの欠片でもあるように思えて〛しまったのです・・!(^^)!

確かに貧しいし発展途上の国です・・このヴェトナムよりも未だ格差の激しさは有る筈

  ■それでも、若者は携帯でお喋りをしている・・この差は何なのでしょうか?■

何処の国に行ってもそれは多分、変わらないのではないかしら?・・(ー_ー)!!

【貧しさの中にも情報やそう言う近代的な製品が当然の様に展開されて入る現実です】

手元に入手出来る事を望むのは当然の成り行きだし・・情報が限りなく流出している

事実を今は完全に貧困だけの問題や経済格差だけで補填出来ない所まで来ている感覚が

ありました・・この国でも、勿論そうです・・(#^.^#)

◆まして、豊かになりつつある国ですからこの国は「もっと、もっと上の品へ移行」◆

我家のこの国の家族は携帯は1人2台は持ち歩いています・・それも最新式のをです!

その上、3歳の子供まで・・携帯の使用方法も知っているし・・大きな液晶画面で・・

”ゲーム”をしているのです・・そんなあざとい姿を見ていると[悪い意味ではなくて]

置いて行かれている感覚に全身覆われる事があります・・わははははは

         ××歳だから・・(-_-;)××

ただ、それだけではなくて《》何かとてつもない物凄い大きな渦巻き《》がゆったりと

流れて世の中を支配し、占領して行っている様な気がしてなりません・・それにC国が

その流れの中心近くを漂ってあわよくばの隙を狙っている感覚がしてならず・・外から

みた日本の不甲斐なさに愕然としている現況でしょうか?

<カンボジアで私達が泊ったホテルにも5台位のPCが置いてあったし{常時使用可}

 になっていた{勿論、C国資本のホテルでした}部屋も綺麗でしたし、日本語放送も

 入りそんな高級なホテルではないのに・・です>

   ★C国の力は凄いと今更のように感じましたねぇ・・(/_;)★

●そして≪それだけ若者の需要や訴求効果があるのだ≫とそんな事を考えていました●

{世界は狭くなりました。それだけに何処に何に焦点を合わせて生きて行けばいいのか}

***確りと考えねばならない時期に来ているのかも知れないとこの国に来て半年・・

   様々な{うろたえ振り}の中で感じたことです・・(@_@;)

   単純に「老いだけのせいでもなく」かといって情報満載に振り回されていて・・

   連いて行っていないだけでもない気がしているのです***

  ▼▲1度立ち止まって周囲を見回す時間が私の場合与えられたのだと▼▲

何時も都合のよい方向へ回答を導く私ですが・・この半年は自分の人生の中でも純粋に

全神経や無い頭をフル回転させた時間でもあった気がいたします・・がははははは

好きでやって来て・・火の粉を被ったり嫌な思いを一杯して・・慣習の違いにうろたえ

る人でしたが・・思い切って来越した事に後悔は微塵もありません!

::まだ、まだ何が起こるか判りませんけれど、おろおろしながらも、黒い矢が刺さって

  も・・(>_<){今の世に生きていられる喜びの方が大きいです}・・ヽ(^o^)丿::

   ☆☆☆その意味では幸せな老後かも知れませんねぇ・・ふふふふふ☆☆☆

全ての出会いと沢山の人に感謝せねばなりませんが・・心底、仏教徒ではなく、困った時

や、辛い時だけの{神頼みや仏様への慈悲願い}の体たらくですから・・m(_ _)m

    ≪≫〔お先は知れていると思いますよ〕・・あははははは≪≫
スポンサーサイト
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/09/29(Wed)
今日も朝から曇り空です・・少し遅めに出かけた市場で失敗してきました・・(-_-メ)

トウモロコシを指さし、その横にある卵[ヴェトナム語で3つ]と言ってみたんです。

他の野菜も買い、手に持っている間に小母さんがビニールに入れてくれていたのですが

その時は気がつかず他の店で買い物をして・・割合、長くいたのに・・道路へ出るまで

トウモロコシが3本入っていて・・卵が通じて無く入っていない・・(;一_一)

「どうするの?1本しか食べないのに、3本も・・戻って返そうかな?」なんて思って

いたのだが・・{ま、言葉が通じなかったから仕方ない}と思って持って帰宅した!

    ▼難しいのです・・発音が・・(/_;)音の高低だと思うのだけれど▼  

最近は{幾らですか?}とか金額は先ず大凡、間違いなく解り、お札も渡せる様になり

おつりの計算もできて来たのですが・・(^_^) 〔漸くですから・・恥ずかしい!〕

    ▼▲本当に通じないんですね・・惨めになります・・(>_<)▼▲

外国人だと解るから・・最初から指で伝えてくれる店もあるのだが、出来るだけ使おう

と思って数や、名前の解っている品を言ってみるが・・指でさした方がずっと早く理解

してくれる有様です・・!(^^)! わははははは

それでも、負けずに使わなければと思っているのですが・・へこんでしまいます〔苦笑〕

そうそう、カンボジアの話を書いていて忘れていましたが、中秋節『9/22』の翌日

の夕方までにはあの月餅を売る店がすっかり無くなっていて・・新しく屋台が3軒ほど

出来ていました・・日本でも中秋の名月が見られたことでしょうねぇ・・(^-^)

翌日(L)の自宅に招待されて晩ご飯を頂いた後《義母が久しぶりに腕を奮ってくれて》

美味しかったです・・(*^^)v 本当に料理は上手だし手早いと感心して見ていました!

その時にその行事に付いて(P)に聞いてみたんです・・

すると(D)がビニールの提灯みたいなものを持って来て[旅館や、鍋の時に下に火を

付ける〚名前知りません?ごめんなさい〛小さな塊の様な物]に火をつけて空に舞い上が

らせたのです・・中秋節にはするようですが・・少しずれていましたが、飛ばしてくれ

見せてくれたのです・・(@^^)

ビニールだから心配でしたがかなり高く上がり・・燃え尽きた感じでした・・{ほっと}

その話を息子にしたら〘タイが有名で物凄い数が空に舞い上がり・・びっくりするよ!〙

って言われました・・ヴェトナムも、昔はしていたのでしょう・・そう言う風習が残って

いるのですから!それでも、私は楽しかったし・・たった1つでも綺麗だと思いました!

[お祭りイベント大好きだから・・歳などすっかり忘れて子供と楽しみました・・(^○^)]

息子がいた間に以前住んでいた家の通りまで連れて行って貰いました・・懐かしかった!

そして、ずいぶん変わっていました。すぐ斜めにあったコンビニの様な店もまだ経営して

致し、何度か連れて行って貰ったビルの中の和食やへ行きました。私がそこへ越して来た

頃に出来た店ですからもう8年以上は経っているのですねぇ・・(--〆)

感慨深いものがありました!日本人の経営だと思うのですが、殆んど日本語ばかりで話が

通るから不自由はないのですが・・名前は伏せます余り美味ではないからで・・_(._.)_

特に高いと言う程でもないのですが・・以前にも感じたのですが・・和食なのですが・・

何なんでしょうかねぇ<いまいち味が・・>息子にご馳走になって言うのも申し訳ないが

本当に久しぶりに”生ちらし“など注文したのですが・・小さな茶碗蒸しもついて味噌汁

デザートにおしるこ{すごく小さい}も付いていて値段もそう高くは無かった気がします

が・・本当にこっちに来て初めての和食だったのですが・・トロ、イカ、蒸し海老、白身

魚、キュウリ等が載せてあり、薄く切ってあったせいかも知れませんが・・( 一一)

息子には悪いとは思いましたが・・半分しか食せなかった・・m(_ _)m

でも、凄く懐かしくて・・(●^o^●)まだ私が住んでいたビルは健在していました!

壊されていなかっただけでも・・何だか嬉しかった・・もっとも誰か入って商売をして

いたようですが・・

それから、裏手がサイゴン川になるのですが、近くに大きなスーパーが出来ていて・・

そこに中国の製品(海賊版と言いますか?)日本語ですぐ前に放映されていたドラマや

映画が売っている店に連れて行って貰いましたが・・私が見たかった物がなかったので

店の中をあちこち歩いて・・ちょっと気に入った品を見つけ(P)の結婚式にまで間に

あわなかったら・・それを使用しようと予備的な意味で購入した。

こんな店に来る事がなかったので・・洋服ばかり売っている店が珍しく、少し長くいて

『まずかった!』と思って慌てて引き返したら未だ息子と友人が店にいて安堵した!

{}実は(P)の結婚式に着物が着たいと言うので持参していた浴衣を現代風にアレンジ

 帯は半幅を持って来ていた物にシルクの布を被せて手縫いでチクチクと3本分、自分

 の分と(L)の分(D)は帰国して浴衣セットを娘が買ってあげたのがある筈だから

 持って来ると言うので・・義母を除いて私を入れて4人が着物になりました!{}

3人の浴衣をアレンジしているのですが・・さすがの私は普通に来ますが・・浴衣では

無いから、ただ草履がなくて・・足元だけ竹細工のサンダルにしました・・あはははは

ま、下までは見ないと思うし・・ひゃひゃひゃ ”日本人が見たら驚くでしょうねぇ”

もっとも、私なんかより若い人たちに目が行くと思って・・思い切り花嫁には派手にし

後の姉妹は少しアレンジを加える程度に決め着々と手作りしています。

先ず、帯が3本出来あがり・・浴衣の襟に取りかかっているところですが・・まさか

ヴェトナムで浴衣の結婚式は先ずないでしょうから・・家族は喜んでいるみたいです。

どんな雰囲気になるか着せてみないと解らないけれど・・(@_@;)

      **きっと大丈夫だと思っています・・(^_-)-☆**

30年前の縮緬の高級品の浴衣だから・・多分、普通、お祭りや花火大会で着る浴衣で

はないから・・≪上品に仕上がるといいなぁなんて思っています≫が・・(*_*)

先日、(P)と(D)には帯を見せてあげたら・・びっくりしていましたが・・結び方

で随分変わるので「楽しみにね」・・と言ったのですがきちんと伝わったかどうか?

はなはだ疑問です・・何せ、(D)以外は着たことがないから・・理解していないと

思います・・私も楽しみです・・ヽ(^o^)丿

「どんな風に結べば華やかさが出るかなぁ?」とか髪飾り迄考えて作っているので・・

〖何処まで見栄えよく出せるか品よく纏まるか・・(#^.^#)〗検討中です。

全く偶然に3枚の浴衣と着物を持参していたので・・こんな事になったのですが・・

まさか(P)が結婚するなど考えてもいなかったから・・とても不思議に感じます。

何時か機会があれば浴衣を着せてあげたい等日本を発つ時『ふっと』そう思い持って

来たんですけれど・・こんな形で役に立つとは想像外でした・・\(◎o◎)/!

まだまだ途中ですが{PCの時間を3時間以内}に決めたので・・あははははは

     【気分転換にはなっています完全に】・・ふふふふふ

余り『針仕事は上手く』ありません。編み物の方が好きなのですが、手縫いが気になら

ないし、時間に余裕があるから、次々とイメージが湧いてきて楽しんでいます・・( ^^)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/09/28(Tue)
今朝もホーチミンは23度でしたが・・かなり曇っているので・・何時降り出すか?

的な空模様です・・(-"-)

この家に来て、もうすぐ2ヶ月になりますが、大家との電気代その他公共料金の支払い

何とも面倒くさいのです。一軒ずつメーターが付いているのに・・どうも一括して大家

が払い。それを数件で割っている様子・・私は一人だから割りに合わない感じがしてる。

メーターも見に来ないで・・大家の家に全部あるのだろうと思うのだが・・でも、一応

料金の紙はくれるから、そこまで酷くはないだろうと思いつつ支払っているが・・(-"-)

何が高いと言って通信費『インターネット』矢張り日本円で2700円これは少し高い!

電気とTVを割られるから・・1000円少しだが・・吃驚してしまう。そして、書類も

全て大家宛に届くらしく、封を切って金額を書いて請求されるのです。

自分の手元に何も来ないし・・それに何時請求が来るのか判らない有様だから・・(@_@。

常に5000円程は持っていなければならず・・日々の生活費として換金した分を紙袋

であちこち入れているので・・1回目の集金には正直うろたえた・・ぎゃははははは

ま、2回目からは別の封筒に入れ、近場に置いたから即、対応出来たが、面白い請求の

仕方があるものと初めての経験をしている・・(@_@;)

≪カンボジアでもう1つ大きな初体験がありました・・

余りにも、PCに依存していたせいでしょうか? 肩が凝ったり目が悪くなったり・・

と身体的には割と激しい痛みが背中迄来ていました・・考えてみれば息子の言う通り

1日8時間近くPCと向き合っていた私です。視力も落ち、TVの映画も見たり本も読ん

でいたから激やせ状態でした「あほと違う?」って言われそうですが、気ずかなかった!

PCの前で食事をしたり、食べたくない日も何度もありました【】馬鹿です【】

**心配したのでしょう・・マッサージの凄く上手なところがあるから・・(^_^)**

「俺は散髪に行き髪を染めるから・・充分時間があるので「しなさい何て言われ連れて

行かれました」誰も人がいなくって・・2Fの個室で着替えて待って居ると、可愛いい

女性が来て・・処が言葉が全く通用しない・・!(^^)!

『英語もダメ!こりゃ!困った』と思っていたけれど・・何とかなるもので「あっち向け」

「こっち側」などと指図してくれるので・・殆んど言葉ではなかったが・・あははははは

足を温めるところから始まって・・正味2時間たっぷりかかって揉み解してもらいました。

でも、何時も聞かれる事[年はいくつ?]とか「クメール人?」には快く薄笑いで頷く人

でした。顔面麻痺をしているので・・顔だけは殆んど触らない様にして貰ったくらいで

私に胡坐をかくように指示して座らせ、彼女も膝をつき、胡坐をかいた私の太腿を彼女

の肩に載せて引っ張るのです・・これは初めての体験で吃驚しました・・(@_@;)

{手慣れた足技とでもいいますか?}両方を2回ずつした。少し痛かったが・・年齢の

割合に身体は柔らかい方だから{多分?}・・苦痛は無かった・・(^○^)

背中に乗ったり、足の裏にも乗って踏んずけたりも何度かした。痩せたもので・・少し

太っていた時の腕のたるみが酷くぶらぶら状態・それを丹念に揉んでくれるのだが・・

可愛いい顔をしているのだが結構力があって捩じあげる力には驚かされた・・(@_@。

  ☆☆そして最後の集大成【これは仰天しました】・・\(◎o◎)/!☆☆

枕を私の背中に置き、彼女の片足で身体ごと持ち上げては下へ降ろす。柔道などでして

いる『巴投げ?』違ってるかも知れません・・詳しくないので・・m(_ _)m

     ■片足で放り投げるようにするんです・・!(^^)!

      ま、これにはさすがの私も感動しました・・(●^o^●)■

マッサージはあまり好きではなく・・ヴェトナムで1回と、日本にいた時も娘と行った

ことがありましたが・・どうしても嫌でした・・(-_-メ)

殆んど機械を使ってするので、肩や首筋を男性の大きな手で揉まれると『柔らかくね』

と言っても翌日迄、頭痛がしていて・・(/_;)

好きでないから、殆んど行った経験がないのと同様でしたが〚このカンボジアの

彼女の最後の《決め手が素晴らしく》余りにも見事なので・・背筋が伸びた様な感じが

して元気が出ました〛・・(*^_^*)

1度位では肩コリも背中の痛みも取れませんでしたが・・また行く機会があったら是非

試したいマッサージでした・・(*^^)v

私が終わって下に降りたら息子と友人が椅子に腰かけて待っていました・・(@^^)

支払いも済んでいて・・息子がこれは彼女のチップ代と言ってくれたので、玄関の扉に

にいた彼女の手にそのまま握らせました・・その時は少しだけ笑顔を見せましたが・・

本当に無口だし・・大人しく・・真面目な人なのだと思いました(これは私的感覚だと

思うのですが・・多分、日本人の女性との接触は殆んどなかったのではないかしら?)

なんて考えていたのですが{どうなのかしら?}どうでもいい事ですが・・ふふふふふ
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/09/27(Mon)
  《今、朝の6時半ですが・・ここホーチミンの気温は23度です・・(^○^)》

何だか信じられない位ですがーー昨日は午後から断続的に夜まで篠突く雨が降っていた

せいでしょうか?気温の割合には涼しさがなく蒸し暑く感じます・・(~_~メ)

でも、直ぐに30度近くまで上がるのは最近の傾向みたいだから、瞬く間に多分・・

気温は上がると思うのですが・・(-"-)

  **一時期の暑さや激雨はすこし治まった感じでしょうか?**

遅く雨季に入った割には激しかった[スコール]も殆んどは遠雷を伴って雨が瞬時に激し

くなる程度で劇雨の強烈さも雨漏りの心配も無くなった感じです・・(^-^)

さて・・

初めてのカンボジアからの帰路は一人でしたが、バスが時間帯にもよるのでしょうか?

ミニバスで・・びっくりするほど小さくて12,3人位しか乗れず、それも、隣の人と

くっついて乗る様なバスでした・・『私、正直、激しいショックでした』・・(ー_ー)!!

息子と友人がバス停迄見送ってくれましたが・・「小さいねぇ」って・・友人の大型の

バンとほとんど同じ感じだったから・・驚いたのなんの?  吃驚しました!

どんな人が乗って来るか判らないので・・余計嫌でしたねぇ・・このバスにも席が決ま

っていて、私は1番前の運転手の後ろでした。途中で集客して行くことは知らなかった

けれど・・何でも荷物が届かないから・・と途中で停まって・・15分位待たされた!

それでも、誰も文句も言わないし、嫌な顔もしないのは不思議感覚です・・!(^^)!

行きにトイレに行っていて待たせたので・・私も嫌な顔もしないで〔心の中では苛々〕

我慢していたのですが・・あははははは

私の隣には中年の小父さんと息子が乗って来て、狭いのには困った・・その小父さん

の荷物が届かなかったようで・・多分後の席だったと思うのですが・・前が空いていた

から私の横に座った感じでした!

息子はきっと、その荷物の事で心が急いたのでしょう・・汗をびっしょりかいていたが

座ると急に寝てしまい・・鼾をかき、横の小父さんに凭れて(-_-)zzzてしまった!

その小父さんも落ち着かない人で靴を脱いだり・・ビニールの袋からタオルを出し入れ

したり・・身体が触る程の近さで動き・・私が足を置いている場所まで・・足を伸ばし

てくるので・・1度だけ嫌な顔をしたんですが・・何せ図太いヴェトナム人恥や迷惑等

を感じない人だから・・何とも思っていないようでした・・ひと眠りした息子が空いて

居る後の席に行ったので、少し小父さんも離れて座ってくれたので・・嬉しかった!

お互いさまとは思うけれど・・日本人ですから・・そんな些細なことにも神経質で・・

若い人ならまだしも・・こんなお婆ちゃんでも・・矢張り他人とくっついて座る席には

嫌なものがあったのです・・がははははは

▼ま、小さいバスなのに余程運転に自信があるのでしょう・・{飛ばす!飛ばす!}▼

もう、辺りの車全てを薙ぎ倒す勢いで・・大型バス、トラック、バイク、乗用車などを

グングンと追い抜いて行くのです。仰天しました・・\(◎o◎)/!?

     ▼▲多分100㌔は出ていたのではないでしょうか?▼▲

その揺れの激しさに「本当にみんなよく眠れるなぁ?」なんて、思っていましたが・・

途中から突然に激しい[スコール]に見舞われたのですが・・

それでも少しスピードを落としただけで・・ガンガンとぶっ飛ばしていました。

トイレ休憩も取らず・・殆んどが眠っていたせいだと思いますが・・午後の1時半頃に

出て4時半まで・・飛ばし続けて・・やっと食堂で休憩しました・・(>_<)

「トイレに行ってきていいですか?」と聞いてから・・トイレだけ行きバスに戻っても

誰も帰ってはこずコーヒーを飲んだり、たばこを吸ったり、各々が何かを食べたり買物

をしたりしていました。凄い雨だったので・・私は一人でバスの中で待っていました!

漸く1,2人と戻って来て出発。ここで半分の人が降りたので・・びっくり・・(@_@。

皆が国境越えてヴェトナムに行くものと勝手に思い込でいたもので、たったの5人に

なるなんて思ってもいなかった・・(@_@;)

カンボジア出国の手続きは時間が夕方だったせいか?凄く少なく・・入国する時の混雑

が嘘の様でした・・丁度、タイの国のお坊さんの集団20人位が名前を呼ばれている時

で・・すぐに終わってしまい、ただ荷物を持って外に出ただけの感じだった・・( ^^)

それから、彼は又軽くなったミニバスを思い切り飛ばしながら・・楽しそうでした・・

鼻歌などを歌いながら・・快調に走っていました。

ヴェトナムに入ってからは[スコール]がなかったのでしょう・・夕日が綺麗で真っ赤に

燃えるように沈んでいく瞬間を見ることができました≪≫感激しました・・(*^^)v≪≫

クチで1人降り・・バスターミナルで2人降りたので・・後は私とカンボジア人の中年

の小母さん2人になりました・・とに角この国では家の前まで、またはごく近く迄バス

を停車させてくれるし、乗るのも自由みたいで・・便利です(そう言う意味では・・)

何処でも拾ってくれる感じがあるのですが・・私とその女性は終点の営業所まで乗って

行きましたが・・予定に反して1時間も早く着いて・・連絡したけど・・携帯が繋がら

無かったから・・営業所の中で待たせて欲しいと依頼・・ずっと座って待っていました。

漸く連絡が付いて「場所が解らない」と言うので営業所の女性に変わって貰い、やっと

会え、晩御飯を一緒に食べて帰宅できました・・思いがけないことの連続でしたねぇ・・

本当に生きているだけでも幸せなのに【ビザ】の申請まで想像以上に上手く行き、何だか

〖信じられない夢の中に入っていた感覚がありました〗・・( ^)o(^ )

■それだけ自分の心の中の負担が大きかったからだと思いますが・・(;一_一)

 生きているからこそ思いがけないことに遭遇するものだと・・普通はそこまでは考え

 ないのかも知れませんが{何せ変人ですから、様々な事が頭の中を過っていました}

 でも、私にとっては何もかもが≪初体験≫でしたから・・わははははは■

 **今度からは1人でカンボジアには行けると確信できました・・(^_^)/~**

    ※ちなみにバスは外国人料金でした《それでも安いです》※

息子はお客さんと残り、後、数日はカンボジアにいて、戻ってきたらこっちの仕事関係

の人と会ったりして25日に帰国しました。

一寸心淋しくなりましたが『沢山の言葉と力を残して行ってくれたので』・・また1人

頑張ってみようと思いました・・(#^.^#)

矢張り《》子供に勝るものは無い《》としみじみ思いましたし・・老いを受諾する勇気

みたいなものを貰った気がしました・・(●^o^●)

少しは落ち着いた気持ちで・・

  ::ここに来た本来の目的に向けて・・歩いて行けそうな予感がしています::

 ★それだけ時間が必要だったのでしょうねぇ・・今はそう思います★
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/09/26(Sun)
今回は【ビザ】の申請が主要目的だったために・・観光するのにも・・遠出はできない。

また、気分的にも観光へ来たと言うのではなかったせいもあって・・首都のプノンペン

だけで、友人の家族と共に過ごすことになりました。

本当に恥ずかしいことですが・・カンボジアの歴史や、ヴェトナムとの関りがどの程度

あったのか・・未だ年数もそれほど経っていないのに・・無知で殆んど知らなかった!

≪だから、全く違った国としてのカンボジアしか私の中にはなかった・・!(^^)!≫

ま、この程度の愚かさですから・・詳細は皆さまの方がご存じだと思いますし・・辛い

話はほんのさわりだけ・・{もっとも正確な事は知らないのですから}・・_(._.)_

ただ、ヴェトナム、タイ、ラオスの3国に挟まれた国である現実・・色々な意味で大変

だと解ります・・(;一_一)

でも、首都プノンペンは私が以前、ヴェトナムに来たころの様に活気もあり、騒々しさ

は無く、落ち着いた感じの街でした・・(^-^)

近代化されて高層ビルがいくつも工事中でした!確かに決して豊かではないので・・

物貰いの子供等がすり寄って来て「お金頂戴」って言われる姿は切なかった・・(-"-)

しかし、ヴェトナムもそうであったから・・その意味では発展途上にある国独特の光景

なのかも知れないと思いましたが、全くの1部分しか見ていないので断言は出来ない。

≪実際に歩いた首都プノンペンについて・・

アジアは中国、韓国、台湾そして、カンボジアのほんの部位だけの数日の見学ですから

旅行したと言うより〚一寸覗いた感覚〛の方が大きい体たらくです・・!(^^)!

このプノンペンにも数日しかいなかったし・・語るには申し訳ない程知りませんが・・

正直、ヴェトナムで毎日、騒音と雑音、性格の悪さ(狡猾さ)を見ているせいでしょう!

悪口ではなくそれだけ、狡く生きないと生活が向上しないのが底辺を流れている現実を

知っているから・・書いているので・・悪口雑言ばかりの処では住めないです・・(*^^)

☆本当に心が癒されるといいますか?

 喧騒感に慣らされている身体には・・〘まるで一服の清涼剤の様に思えた時間でした〙

 言葉もヴェトナム語の様に高低があまりなくて・・静かに話すし・・騒々しい感覚は

 何処にもありませんでした・・(^○^)☆

そして使用する貨幣は”リエル“と言う一寸可愛い感じのお札なのですが・・殆んどが

ドル支払いだし・・{読めない虫が並んでいるような文字}・・あははははは

の下には大抵、英語で書かれてあるから・・殆んどの人との会話は英語が通用するため

どんなに下手でも《私ですが・・ふふふふふ》

真剣に聞いてくれるし・・気遣う心があちこちに見えて嬉しかったですねぇ・・(#^.^#)

友人の娘に案内をして貰ったのですが・・時々〔老体を労りながら〕歩いてくれました。

そして[アー・ユー・ハッピー?]と必ず聞くのが・・可愛くて、ヴェトナムでは想像

出来ない事だけに・・この街とこの国の人柄が好きになりましたねぇ・・(●^o^●)

勿論ほんの一握りの家族との交流だし・・数日の時間だから・・感想はあくまでも独断

ですけれど【】この国でも暮らしてみたい衝動が起きたことは事実です・・(*^^)v【】

街中は個人の感性や感覚も違うから・・一慨には言えませんが・・時間の流れが遅くて

ゆったりとして流れている感じを受けました。

*センターマーケットと言うデパートもあり、1方では、昔の市場ロシアンマーケット

などもかなり人が入っていましたが・・外国人が購入するのが多いみたいでしたねぇ!

矢張り、庶民生活は貧困が激しいのだと思いました・・だのに・・解っていたのに・・

ここで、生まれて初めて、値切りました・・<(_ _)>

ヴェトナムではその仕組みが少し解っていたし・・それに、あの剣幕に太刀打ちできる

ほどの度胸がないもので・・わははははは 

値切るなどしたことは1度もなく・・絶えず気にしていないと誤魔化される有様だから

およそ、値切る感覚は皆無でしたが・・(/_;)

全く見知らぬ国だったのと・・試しに言った言葉で簡単に「値引きしてくれた」もので

調子に乗りました・・今は、少し恥ずかしい・・!(^^)!

息子に言われました{貧しい国からそんなことするな!」的なことを・・(;一_一)

大いに反省しましたが、製品もあんまり雑ではなく確りしていたので安心しました!

{ローヤルパレス}はその広大な庭と独特の建物が印象的でした。かなり歩いた積りで

したが・・おそらく半分位しか見ていないと思います。外国人にだけチケットが必要で

国民はフリーでしたが・・感激しました<行き届いた庭園の管理や美しい花々、塵1つ

落ちていない庭には建物に相応しい威厳があって・・一瞬、これが王様の住居かを感じ

させる程、静謐さと静寂の中にありました・・(@_@;)

※ただただ・・広い感覚がありましたが・・立派で、素晴らしい建築だと思いました※

後はお寺にお参りをして<階段がきつかった>、問題のポルポトが殺戮した牢獄の建物

へ行きましたが、見るのが辛くて・・途中で棄権しました・・(ー_ー)!!

   ××胸が痛くて・・心臓が潰れそうな残虐さが残されていました!××

今も沢山の部屋に残存されている器具や頭蓋骨の数は想像を絶しましたが・・!(^^)!

これは一部分で・・フーオッタットでは100万人が飢餓と殺戮された話は切な過ぎて

心臓が苦しかったです・・息子の友人の家族も殺害されているとの話でした!

こんな程度のプノンペン見学でしたが・・その家族と一緒に過ごせた時間は私の人生を

豊かにしましたし【問題のビザ】も想像以上に早く、申請が下りてそれも3ヶ月可能な

〖きっと特別だったのでしょう・・多分ここでも強運だった私。感謝!・・m(_ _)m〗

人を信用出来ない人間でしたが・・この人達は心から付き合える人達だと思いました。

幸せを満喫して・・一人で帰路に・・
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/09/25(Sat)
バスは快適以上の速度でひた走り大きな不思議な建物の前迄来ました・・「そうです!」

国境でした。そこには既に、観光バスを始めあらゆる種類の車が停車していて・・(-"-)

以前にも陸路の税関の経験は有りました〔チェコとハンガリー〕でしたが・・遥か昔の

ことでしたし、真冬の氷の道路で下ろされた記憶があり、トイレも何もかも全てに紙幣

の種類が違って・・両替が数ヵ国だったので・・しんどい思いをしましたが・・(-_-メ)

 ※「そんな時代もあったよねぇ」(^^♪ を彷彿とさせていた私です・・(;一_一)※

バスから荷物も一緒に降ろされて・・もっとも大したことはなかったのですが・・バス

に残して行っても良かったのですが・・手荷物のバッグだけだから持って出ました。

税関の中は混雑を極め・・(~_~メ)

    *{ま、私達よりも早いバスが有ったのでしょう?}*

数台のバスの乗客と他の車などの人々でごった返していました・・要領の良い親父が

お札をパスポートに差し込んでいたり・・見ていると・・(/_;)

携帯で喋っている税関員もいたり、仕事がストップして居ても平気だったり・・(>_<)

相変わらずの有様でした・・(--〆)

ガイドさんが走り回っていたり・・ずっと3人の税関員の前には列ができていました!

息子は2Fに駆け上がっていくガイドらしき人を見て{記憶が有った人でしょう}多分

2Fでコンピューター処理を先に済ませてくるはずだから・・「案外早いかも?」的な

話をしていたら、降りて来たガイドの手には数10冊のパスポートが握られていました。

それからスタンプ印を押して貰って・・想像していたよりも早く手続きが終わりました。

私は暇だったので・・未だみんな揃わないと思いトイレに行っていた間・・全員がバス

に乗っていて、ガイドさんと、息子が探していて・・叱られてしまった・・えへへへへ

    ▼どんな、トイレか見たかったのです・・本音は・・( ^^) ははははは▼

  ★★犬のマーキングの様に、至る所でトイレは行く方です・・がははははは★★

色々な種類があって・・本当に面白く、興味が有るものだから、その場所、土地で結構

違うもので面白いのです・・(@_@;)

ただ、紙を流せないのは共通していますが・・綺麗なところも恐ろしく汚い所で諦めた

処もありましたねぇ・・あははははは

■ま、野原でもした人ですから・・もう、羞恥心もかなり薄れてきて感化されてきてる

 感覚はありますし・・あまり驚かなくなりました・・(^○^)ふふふふふ■

バスは残りの私を拾うと・・目の前にやってきた船に乗船するため・・並んでいた車の

後ろから順番に乗った・・(@_@;)

::カーフェリーで・・凄い台数が乗るのでこれには\(◎o◎)/!しました::

バスを降りてみたかったけれど・・また、迷惑をかけるといけないと思い・・我慢した!

多分、そんなに待たせた積りはなかったけれど{ちょっと心が疼いたから・・_(._.)_}

税関近くには店もあって・・また頭の上に干した川魚や、鶏肉の焼いたのとか果物など

をバスの近くまで売りに来ていたし・・(*_*) 船の中にも同乗して売っていました!

 ▼▲さすが東南アジア的・・感覚だわなんて・・思っていたが・・(^-^)▼▲

ヴェトナム人の様な押しの強さもなく・・大人しい売り方で人柄、国柄の違いを感じて

居りました・・〚国が違うとここまで違うのか?〛って感じでしょうか?・・(*^_^*)

それから、カンボジアに入ってからは幾つかの集落を通り抜け、凸凹道と赤土の噴煙を

上げながらバスはここでも猛スピードで走っていました。

        ××「とに角、早いの一語でした」××

やっと終点に着き・・息子の友人が大きな車で迎えに来てくれていて・・早速【ビザ】

の申請をして貰って≪これが1番気がかりだった≫ことですから・・わははははは

友人とは10年来の付き合いらしく・・お互いの信頼関係が感じられて・・私も心が

和みました・・( ^)o(^ )

カンボジア人の優しさと静かさ、余計なことは喋らない・・穏やかさに心の底から・・

安堵し、温かさを感じましたねぇ・・(#^.^#)

あの喧騒と騒音、そして声高く喋りまくり・・(;一_一)自己主張の強さのヴェトナム人

の激しさの中にいたせいでしょうか?『悪口ではなく・・それが普通だったせいかな?』

妙に大人しく静かな国が目の前にありました!
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/09/24(Fri)
≪陸路でカンボジアへ≫

以前住んでいた折も、息子が仕事で・・時間のある時は陸路を利用して、カンボジアへ

何10回と行っていたので・・( ^^)

行けることは知っていましたが・・その頃で10時間・・(@_@;) 道路整備もされて

いなくて「凄く大変だ」とよく聞かされていました・・でも、でも{内心は行きたくて

仕方なく・・絶対行こうと心に決めていました}・・がははははは

何せ乗り物は大好きでして、ロンドンからスコットランドまで8時間の長距離バスでは

2人の運転手と3人しか起きていない有様でしたが・・凄く楽しかった・・(*^_^*)

今回のカンボジアは〚高速道路が全線開通には未だ〛でしたが・・半分以上は通行可能

で・・6時間に短縮されたと聞いて・・(@_@。

    ★★これは私を呼んでいると思ったのです・・おほほほほ★★

その上、帰国の可能性もある事などを考え、最初から飛行機は範疇に有りませんでした。

ホーチミン市内から長距離バスが出ていまして・・想像出来ない廉価で行けるのです!

往復で4000円もしなかった。ペットボトルの水が1本配られ、朝6時半の1番バス

に乗りました・・〔満席でした〕・・\(◎o◎)/!

■手続きはオフィスで事前に購入したり、その場で買うこともできますが・・その時に

必ずパスポートを預けるのです・・国境を超えるのですから・・(ー_ー)!!■

朝早く出て来たので・・乗り場近くで麺類を食し、私はバス会社のトイレを拝借し・・

乗り込みました・・席が全て決まっていました・・(^_^)

息子は少し狭そうでしたが、私は、お尻にクッションを敷いて乗ったもので・・快適で

この辺りから<カンボジアに入る>と言われるまではクチも通過するし、見慣れた風景

で・・楽しんで居りました〔内心大きな渦を抱えていたのですが・・ふふふふふ〕

もう、乗った以上考えても仕方ないとは思っていましたが・・(-"-)

未だ不安感が顔に現れていたらしく、息子が気遣ってくれるのが・・申し訳なかった!

日本人が初めて作ったと言われる古い橋を渡った時は未だ何もなかった時代にこんな橋

を完成させた日本人がいたことに感動しました・・(^○^)

もっとも、かなり損傷は来ていましたが・・こんな異国の見知らぬ土地で働いた人達の

苦労を感慨深く感じていました・・(;一_一)

辺りは住宅地から一変して・・川が流れているのかと思う程の水が溜まっていました。

◆まるで、池のように・・雨季で畑が水中に浸かっていたんです・・驚きました◆

後で聞いた話では今年は雨が少ない方だとか・・『どひゃ!』って感じで・・これ以上

の雨が引かない程、毎年のように降っているのかと・・驚きましたねぇ・・(@_@。

家がポツン、ポツンとあって〔高床式〕と言うのでしょうか?

かなり柱の色も変貌した上に家が載っているって感じでした。道路も凸凹道で赤土が

表出していて・・その中を大型バスは100k近いスピードをだしてぶっ飛ばしてる!

バスの中は殆んどが朝早かったせいでしょうか眠っている人が多く・・静かでしたが

私と息子は朝は強いので・・元気でしたが・・並びにカナダ国籍の小父さんがいて・・

しかし、顔は東南アジアそのものでしたが・・乗車してからずっと、パンを食べていた

ようで「これで5つ位は食べてるよ」って息子に言われるまで気がつかなかったが・・

可笑しかった・・わははははは

△▽「きっとパン職人でしょう!」何て私は言ってたのですが・・(-_-メ){まさかね?}

   多分パンが好きな人だったのでしょうねぇ・・ははははは△▽

ま、その食べっぷりは見事で・・1つ食べ終わると袋の中に手を突っ込んでは出し・・

食べていました・・よっぽど好きだったのでしょう?あははははは

そうこうして走っていると水牛や牛があちこちでのんびり草を食んでいる風景が続いて

幹線の高速道路に入ったようでした〘もう、飛ばす、飛ばす・・凄い勢いです〙

殆んどの車やバイクを追い抜いて行きました・・国道も未だ新しいのだが、これだけの

車や大型バスの通過でもう既に傷みが来ている場所もありましたねぇ・・!(^^)!

お昼少し前【トイレ休憩と食事を摂る店で時間を過ごして・・バスに再乗しました】

これから国境へ向けての出発です・・(#^.^#)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/09/22(Wed)
昨日は【ビザ】についての私の愚かさを暴露しましたが・・最初は3、2回目3、3回

目からは第三国へ出国してレター【招聘状】が必要で1ヶ月と言う【ビザ】申請に変化

したのです。2度目は何百人の列を作って待機したり数回も足を運ぶ羽目になり・・

散々、迷惑もかけ炎天下苦労した経験が有ったから・・早くから手を打ち、業者に依頼

したところ{第三国へ行かねばならない事と【招聘状】(レター)は書いてあげるけど

○○$かかるよ!}なんて横柄な態度だったもので、すっかり自信喪失してしまった。

それでも、まだ私の詰めが甘かったのです。今回は偶然、息子の来越で何とかなった!

しかし、これからもこのことがずっと続く訳で・・カンボジアでは次は駄目かも知れず

又、違う国や帰国などを考えねばならない訳です・・(;一_一)

息をつく暇がないように思われて・・精神的なダメージの渦中に絶えずいたような感覚

から自分を解放出来ずにいました・・そんなわけで・・何をしようにも集中力は欠如し

ギリギリの状態に自分が自分を追い込んでいく有様の日々になっていたのです・・(/_;)

以前の申請の気楽さからどうしても自分自身に納得ができなかった部分があって、そこ

から脱出できていなかった・・対応ができなかったのです・・!(^^)!

     ★心中、本当にしんどい思いがしていましたねぇ・・★

そして、PCと言うツールの中で発散する方法を発見、のめり込み[依存症]になって

行ったのだと思います。このことは息子から言われるまで・・気がつかずもうツールに

踊らされているかのような日々だった気がします・・(ー_ー)!!

気力が萎え、目も悪い上に酷くなったり肩コリや背中、腰痛、挙句は食事さえもあまり

欲しくない所まで来ていたみたいです・・だからでしょう・・本当に激やせしました!

以前に勝手に信頼している(P)さんがPCが壊れて考えた事を書いておられました。

私などとは違った観点で物事を判断される方だから・・全く私とは違うと思います!

でも、今回このことで自分がPCに依存している事を完全に把握しました・・(>_<)

 ▼以前の自分に戻って・・少し考え方を方向転換させる時期に来たと悟りました▼

 ◎暫く時間を置いて・・少しずつ書いて行こうかなぁ・・なんて思っています!◎

それだけ、この国での生活が以前よりも応えていたのでしょうし・・余裕もなかった!

激動する流れに乗れないで・・漂っている部分は歳ですから・・言い逃れを言っても

それはどの国にいても同様だと思っていますから・・そのことは関係なく・・この様

な【ビザ】の制度の変わり方や生活がかなり変動し、動き出している流れの中に身を

置く準備が心の中にできて居なかったのと・・変化に付いていけない自分との狭間に

追い込んで行ってしまった為、余計に心中穏やかな生活が出来なくなっていった処も

ありました・・来越、当初から、沢山の想定外のことが口を開けて待って居た事実に

ウロタエ、おろおろしたことも要因ですが・・(-"-)

自分の年齢を忘れて行動するその〚浅薄さと愚鈍さ〛が、今回は、確実に自分に跳ね

返ってきたと言えると思いました・・(ー_ー)!!

まして、社会主義の国です・・いかに数年前住んでいたとは言え・・これだけ《世の中

の迅速な流れ》に連いて歩くことの≪難易度≫をもっと完全に刻んでおくべきでした。

ま、その反省も含めて・・少しゆったりとした時間を持とうと思いました・・(*^_^*)

《》その内に何かが見つけられると思うから・・

 この道は絶対に通過しなければならなかった・・道程だったのだと今は、そう思って

 おります・・( ^^)

 大変だったけれど・・〖精神的に疲れたけれど・・いい時期に息子の出現があって・・

 思考回路と構築する機会が与えられたこと〗に深謝しております《》

矢張り、何処かでかなりの無理をしていたのでしょう・・能力もないのに自分でしたい

我慾が強くて・・結局は躓いた結果になったのですけれど・・これも又、当然私自身に

降り懸かってきた火の粉だったのだとそう感じました・・(>_<)

【】海外で生活することの難しさは・・何処に何が潜んでいるか見当がつかないと言う

  恐れと、それに対処できる能力があるか?を問われることでしょうか?【】

 {その意味では若さには敵わないし、老いるとしんどい部分が大きいのです}

固くなった頭をどのように働かせるかが・・鍵になると思うと・・老いることの切なさ

を改めて痛感したし・・「きついなぁと思わずにはおられません」・・あははははは

◆それでも、懲りずにやって来たのですから・・一応、一通り通過点を通るようになっ

 ているのでしょうね・・(~_~メ)◆

仕方なく1人では出来ないのだから・・頑張らずに依頼する方法や甘える方法へと移行

させて生活を変えて行くより道はないのでしょう・・それが不本意でも・・ははははは

〘老いては子に従え〙なのでしょう・・きっと、そのことを教わる意味でも今回のこと

は私には必要だったとそう思いました・・ふふふふふ

  『カンボジアのことも又、書きます。素晴らしい国でした』
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/09/21(Tue)
☆お陰さまで、ビザの申請がおりました!ご心配頂いた皆様本当にすいません_(._.)_

正直{以前の様に能天気に構えていて第三国に出国すれば何とかなる}とか考えていた

自分がおりました。しかし、息子から「今回は最悪、日本へ帰国して取らねばならない

かも知れないから覚悟しておくように」・・と、この国に住んでいた友人から聞いた話

を持って帰ってきました・・(@_@;)

本当に吃驚しましたし、まさか、そんなに難しくなっているなど想像もしていなかった

だけに・・かなり心の動揺がありました・・(ー_ー)!!

[俺がいるから心配するな!]と言われて、ようやっと少し心が楽になった気分でしたが

頭の中は『ビザ』が取れるか?『帰国?』の文字が渦巻いておりまして・・もう、息子の

言葉さえまともに入って来ていない状態でした・・(;一_一)

あんまり〚茫然〛としていたのでしょう・・何を聞いてもちゃんと返事ができない程に

様子がおかしかったみたいです!《しっかりしてくれよ!俺は日本語で喋っているのだ》

と言われる有様でした・・(-"-)

とに角【ビザ】に関しては余りにも無知蒙昧で・・恥ずかしい程何も知らない事を痛感。

1年ほど前からビザの申請が変わったことを本で読んでいましたが・・詳細迄は観光本

には掲載されておりませんでしたから・・(>_<)

 ▼一応、PCで調べていたのです・・それなのに本心は何も理解できていなかった▼

昔の様に割合簡単に考えていた・・いいえ、本音を言えば【ビザ】がどういうものか?

考えたこともなく・・恥かしながら殆んど知識がありませんでした・・(-_-メ)

  ≪ここからはビザコンサルタントの布井氏の本から抜粋し拝借した文章です≫

「ビザって何?」から書いてありました・・

3ヶ月までなら(観光目的が主)だとして{ビザ免除制度}が有る事はご存じだと思い

ます。私もそれは知っていましたが、次の様な意味があることは全く知らなかったーー

【ビザ】には2つの意味があるそうです・・

①推薦状として

②滞在期間を限定する許可証

ま「何となくで説明?まで勿論、出来ませんがそうなんだ」何て感覚はありました(-_-;)

ただ、ここからは本当に何も全く知らなかったと言っても過言ではない程無知でした!

**【ビザ】を申請することは出先の役人が**

◎【ビザ】を申請した外国人の持っているパスポートが正式なものか有効な物かを確認

 する。

◎申請した外国人が自国の入国に必要な条件を満たしたもので、渡航目的『留学、仕事

 観光など』に{添った期間のみで、その国内で活動するのを認めてあげて欲しい}と

言う《推薦状をもらう事》

◎その権限は領事官にだけあること。

が本来の意味だそうです{もしかしたらそんな意味?そんなことかな?}程度で言葉で

の説明も確実な意味も理解できていませんでした。余程、犯罪歴や何か特殊なことが

ない限り・・{当然の様にお金を支払うのだから貰えるものだと思っていたんです}

そして1番大事なことは領事館の職員の心証を損なうことなく申請に〔うそ〕は絶対に

書かない事などの決まりがあること〔職員〕は過去のデータ―は全て知っている!

些細なミスも逃さない程厳しくチェックされるのが【ビザ】の申請であるとありました。

もっと詳細を知りたい方は布井氏の本を参考になさって下さい・・私の下手な説明など

想像出来ない事が沢山書いてありました・・( 一一)

★その上【ビザ】を出すのは前記した様に〖その国の領事官〗であることも知りました

 領事館の職員の中の領事官のみに授与されている権限であること・・!(^^)!★

 〔だから、心証を悪くすることや多言は対象になるとも書いてありましたねぇ〕

▲それだけ厳密なことで【ビザ】の申請に臨まねばならない事も解った気がしました▲

朧気にしか理解出来て居なくて・・多分そうだろう的な感覚で、考えていただけに・・

矢張り、新しく変更された【ビザ】の申請方法にはかなりの衝撃でした・・(@_@;)

そして、本当の意味も知らなくて・・「ボゥー]としていた私はそれ程の厳しさを全く

考えていなく、単に<延長の申請を第三国では出来るものだ>とごく簡単に思っていた

〘愚か者〙でした・・(/_;)

〔本当に恥ずかしく歳ばかり加算されているのに・・知らないで済む話ではないことを

知らされる機会でもありました・・!(^^)!

今回、息子が偶々、仕事で前倒しで一緒に行ってくれたから・・何とか結果OKでした

が・・凄く凄く考えなければならないことを確実に身に沁みて感じましたし・・遅まき

ながら・・海外生活の「いろは」をこの際、確乎たる信念で考慮し持たねばならないと

心からそう感じました・・(~_~メ)

  ◆恥ずかしい程馬鹿ですが・・仕方ありません・・現実ですから(笑〉◆

行けば、申請すれば何とかなるのでは決してないことは、前回、身を持って知った筈・・

なのに・・本当に意味が判っていなかったと言いますか?人を当てにしていたのです!

そこまで愚鈍である自分が情けなくもありました・・(ー_ー)!!

日々勉強だとは思いますが、当然知っているものとして息子は話すから・・私にそんな

知識がない事さえ、彼は理解していなかったから・・何をしゃべってもまともな返事が

返って来ない私が奇異に映っていたのだと思います・・(^_^;)

今回は幸いなことに息子のこねと強力なバックアップをしてくれるカンボジア人がいた

こともOKの原因だったと思いました・・m(_ _)m

息子は彼とは10年来の友人で・・カンボジアには数えられないほど行っていたし・・

その家族との付き合いもあり・・(^_^)息子が大切に投資し心を尽くしてきた結果が回答

となった部分が山の様に有ったとそう思います。

:その意味でも、私は息子の友人とその彼の友人と息子に感謝の心で一杯・・<(_ _)>:

でしたし、息子が一緒に行ってくれたことがどれ程頼りになったか知れません!

この次はどうなるか解らないのが【ビザ】の申請だと言うことも改めて知るチャンスでも

有りましたし・・これだけ厳しい審査を受けてパスポートに張られている【ビザ】の意味

を納得した次第です。

犯罪者やテロ等の過激な人の排除だけではなく・・一般に成り済まして入国する人もいる

現実を何ていえばいいのか言葉が見つかりませんが・・いかに無知無能、愚者であるかを

証明した気持ちでしたねぇ・・(・_・;)

●しかし、執拗ですが矢張り私は強運だと思いましたし・・沢山の人の力を拝借してーー

「生きている実感」を慄然としながら・・納得し身体に植え付けねばならないとそう思い

もう1度海外で生活する意味やここで暮らしていく覚悟を大袈裟ではなく痛感しました●

××当然のことが理解されていないことをかなり強烈に心の中を激震が走りました××
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/09/16(Thu)
  ★何時も長い駄文をお読み頂き有難うございます・・m(_ _)m★

 【今日からカンボジアに行って来ます。ここもビザの申請が難しくなっているので

  どうなるか判りませんが・・戻りましたら又、お知らせさせていただきます!】
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/09/15(Wed)
「久しぶりに雨なし?」今にも降りそうだったのに・・なんて思っていたら、すっかり

かんかん照りになって・・(-"-)暑さが戻った気がしていたが、結局は少し時間がずれた

だけで、夕方から激しい[スコール]が続いて夜も止まなかった・・(-_-メ)

本当に、以前に住んでいた頃の<雨季>は猛烈な勢力があって思い切り叩きつけるよう

に降って・・短時間でカラリと晴れ上がったもので<雨季>も決して嫌いではなかった!

しかし、今年の雨季は本当に日本の台風の様な日々で雨風、雷雨が長く続き・・その後

晴れることは少なく・・じめじめして湿気の多い<雨季>で驚いている。

矢張り{地球の何かの変化なのでしょうか?}大抵の人がこんな<雨季>は珍しいと言う!

4,5月のあの暑さも異常だったが<雨季>も異常となると「何だか?私が来たせい?」

なんて思うこともありました・・あははははは

今朝も玄関には真ん中だけ乾いて両側は数㌢の水たまりができていたから、相当、降った

みたいです。心配だった雨漏りは漸くリビングの1ヵ所だけで直ったようで・・少し安堵

しました・・(^_^)

多分、この1ヵ所は直らないのだろうと思い{ポツンポツン}だから今回は言わない事に

したが・・どの様な風の向きと雨量で漏るのか・・知りたい位である・・(@_@。


≪結婚式で思い出したのだが・・

この国に来て初めて正式な招待状を貰いお式への招待を受けた時の話です・・(*^^)v

彼女の名前は(ニャン)さんと言って鴎の意味があるようですが・・この国のほぼ中央

辺りに有るクァンガイと言う処の出身の人です。凄く優秀な成績で大学を出て、日本語

もかなり上手でした。日本の商社に勤めていて・・日本語の学校の先生もして・・私も

ほんの少しだけ彼女の時間が空いている時にヴェトナム語を習っていました。

とても忙しい人だったので・・数にしては数回でしたが・・どういう訳だか私のことが

気に入ったようで、仕事の合間とか、帰宅時に寄ってくれて・・珍しい食べ物を教えて

くれたものです。それから、しばらく会わなかったのですが・・(^-^)

ある日突然訪ねてきて『これは正式な招待状です』「お母さん!絶対来て下さい」と言わ

れピンクの封筒を頂き吃驚しました・・(@_@;)

結婚が決まったことは聞かされていたのだが・・(*^_^*)その後何も連絡もなく・・

すっかり忘れていたのです・・だから、余計嬉しかったです!

☆先ず、何も知らないので・・封筒からの説明をして貰いました・・

表には〚喜喜〛が金文字で印刷されていて・・中は2枚の紙が2つ折りになって入って

いました・・この辺りはどうも、中国の影響を受けている感じがしました。(P)の家

の飾りにもあちこちに、この文字が使用されていましたから・・(@_@。

中には出身地、結婚する2人の名前{その下には何番目の子供であるか?}が書かれてあり

これはちょっと知らなかった。日本でも二女とか長男とか書いてありますが・・(^_^;)

*10番目とは想像出来ない子供の数ですから・・それもお互いに10番目なのです*

幼馴染で・・学生時代から10年間の愛を貫いて結婚迄来たことを話してくれました・・

彼と一緒に田舎から出てきたそうですが・・彼女は本当に優秀だったようで家族全員が

援助して大学へ行ったそうです。そのせいでしょうか?

働きだしてからせっせと親と家族に「送金」して自分は余り飾らない地味な女性でした!

絶えず親や兄弟に世話になった事を言っていて{早く恩返しができたら}と何度も聞か

されていた。彼もこの日のために、10年間必死で働いたそうです・・そして、お金の

準備ができたのと、彼女の送金が終わったのを機に結婚式を挙げる事になったそうです。

〘もう、もう、ただただ、その努力と2人の結びつきとでも言いますか?{絆}の深さに

感動して〗また、老いが来ているもので・・涙くんの登場となりました私・・(^_-)

【本当に感激しました!よく10年間もです!我慢した2人のその気持ちや情愛が心を

激しく揺さぶり・・涙が出ましたねぇ・・彼女も[何度も駄目になりそうでした」と言い

「お互いを励ましてきた」と言って泣いていました・・( 一一)

    ✿✿《絶対幸せになって欲しい》と心底そう思いました✿✿

紙には式場の場所、時間{これがちょっと最初はよく理解出来なかったのですが}田舎では

実際使用されている暦のほかに、陰暦のそれも田植えに関連しているとか言ってましたが

2つ並べて書いてありました「お母さんはこっちです」なんて今の時間を言いながら・・

教えてくれました・・(^○^)

もう1枚にはパーティの招待状でした。ホテルの名前、場所、時間が書かれてあり、簡単

な地図もありました。私はパーティの方だけの出席でした。6時だったのですが・・( ^^)

お式の流れだったのでしょう・・私が行った時はもう殆んどは着席していたし食事も各々

食べていました・・玄関で、美しく着飾った彼女と彼氏は幸せそうで微笑ましかった!

何でもクァンガイから親族が貸切バス数台で何十時間もかけてきたそうです・・(@_@;)

ま、とにかく一大イベントですから・・人数は300人ほどだった様だが・・凄いと思い

ましたが・・あっさり[普通ですよ]と日本語の話せる女性が言い切ったのにはびっくり!

彼女に招待状を頂いた時に聞いたのです・・全く何も解らないから・・着て行くものから

[お祝いのお金の額]まで≪全く正式の招待ですから・・恥をかくのは私でもあり、日本人

でもある訳ですから≫余り少ないのも又、多すぎるのもと・・悩んだんです!

だから、恥ずかしさは1度だけと思い聞きました・・日本ではこの位とか?欲しい物?が

有ればそれに充当させる方法もある事など・・私も話しました。彼女が欲しがっていた物

があって・・「それを引いた分を包んで下さい]と言われたので〔大安心しました〕・・

国が違うこともそうですが・・彼女の顔を潰すことはできないと思ったし・・全く無知で

「適当でいいのよ」なんて言う人も数人いましたが、聞いておいて良かったと思いました!

さて、ホテルの円卓は10人掛けになっていて、30卓ありました。10人兄弟ですから

その家族が多く子供も凄くて・・厭きるから運動会状態で・・子供だけでも30人近くは

いましたねぇ・・これも幼稚園を想像させるほどでした・・!(^^)!

「これだけの人数のパーティでどの位するのか?」って言うことも聞いてありました・・

30卓の内、28卓は支払い・・あとはサービスだそうです。お料理にも依るようですが

1卓凡そ5000円位だそうで・・彼が全部支払うそうで・・大変なことです。

失礼ながら・・(P)の様な華やかさはないが・・田舎の家族の心からのお祝いと彼女

が母親に作ったと言う正式のアオザイは素敵でした。落ち着いた雰囲気でしたが豪華さ

はないが良いパーティでした・・ヽ(^o^)丿

日本の商社に勤めている彼女だから日本人も数人来ていたが、食べてすぐに帰って行く

姿を目で追っていました・・(;一_一)  「本当に彼女の幸せを願っていたのか?」

「義理で来たのでしょうか?]  何となく嫌な感じの日本人数人でした・・(`´)

でも『日本人の出席』がその頃のパーティでは特別な様で〈箔がつく〉とかの話でした。

私は本当に嬉しかったのだけれど・・(●^o^●)

パーティの話は又書きますし、(P)からの招待状も見せて貰えたら・・書きますねぇ。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/09/14(Tue)
「どれだけ雨は降ればいいのだろうか?」・・今朝も、どんよりとして蒸し暑さが加味

鬱陶しい空模様です・・(--〆) また、すぐに雨が来る気配を見せています・・(-_-)

しかしながら・・こんな文句も心の中だけで誰かとお喋りする訳ではないし『生かされて

いるからこそ文句も出るもの』なんて思っておりますが・・身勝手な考えですが、有難い

と思わねばならないのだと一寸戒めております・・_(._.)_

今朝は露天商で売られている「バイン・ミー」と「おこわ」の種類を書いて見ます。

勿論もっと沢山あって・・名前も入れる具によっても違うようですが、何度聞いても名前

を覚えられない人で・・すいません・・m(_ _)m

でも、作っている人の前で見ていると{その店がどうして流行る}かが判るから・・(^_^)

面白いです。流行るには味もあるが矢張り手早い事・・そして流れ作業如くに入れて行く

順番があるなど(余り待たさない)が第1条件だと解りますねぇ・・誰だって朝の貴重な

時間が大事ですから・・先を争ってでも、横入り等平気でするのは・・そう言う意味合い

も十分あるのでしょう・・(^_^;)

「バイン・ミー」はいわゆるフランスパンに具を色々と入れるサンドイッチ的なものです。

その中味ですが・・私が行っている店だけですが・・5種類程あります。

①ハム、ソーセージ、大根と人参なます、キュウリ、香草、ニュクマム

②肉のパテ、ソーセージ、キュウリ、香草(種類が2つ以上)ニュクマム、唐辛子

③缶詰の魚、キュウリ、香草 缶詰のたれをかける

④チャーカー{これは雷魚のすり身を香草や、香辛料を入れて日本のさつま揚げみたい}

 大根と人参のなます、香草、キュウリ、香辛料

⑤肉団子を煮たもの、キュウリ、香草(種類が色々)煮た肉団子のたれをかける等があり

ます・・もっとも、店に依って入れる物がかなり違うし私は殆んど青唐辛子や唐辛子抜き

を選択するし、ニュクマムの量も種類も多々あるから、それらは好みで選ぶ事が出来る。

結構色々な味があって美味です・・値段がおよそ日本円で25円~40円ほどです。

パンだけでも売ってくれるし1個10円もしないのですから・・美味しいし安価です!

「おこわ」

①赤飯 ②青豆入り ③黍入り ④ココナッツ入り ⑤花豆入り

⑥ごく普通の餅米に葱油をかけて、肉のパテ、スルメの煮たもの、落花生、なます、香草

 ハム、ソーセージを入れ・・ニュクマムをかけたもの(これは私が1番食するおこわ)

今のところこの程度しか食べていませんから・・また違う味も色々とあると思います。

これも値段がパンと同じ位です。全てテイクアウト式で発泡スチロールの薄い箱に入れて

くれます。私は朝と昼の2回に分けて食べます・・最初は全部食べていたのですが、結構

胃に重くて・・2回になりました・・(;一_一)


≪≫婚約パーティで感じたこと・・≪≫

ま、沢山の人数が来ていたので殆んどは顔さえ覚えていない程度で、申し訳なかった・・

しかし、大勢の若者と話す機会があって・・日本語を話す人と英語で話した人が7,8人

位いて≪共通する事は矢張り日本人には全く想像出来ない考えを持っている≫と言う思い

でした・・(ー_ー)!!

様々な環境や生活があるので・・数人の意見として聞いた話です・・多分全てではない

と思いますが〚一般的な若者の考えとして聞いた話として受け取って下さい・・〛

1、失業している人が半分いた

2、お金儲けがしたい

3、親孝行したい

4、恋人が欲しい

5、日本に行きたい{生活したい}

の順番で殆んどが同じ回答でした・・アンケートを取ったりした訳ではなく世間話の

中で出て来た話です・・驚きましたねぇ・・(@_@;)(@_@;)

☆☆そして、早く親を楽にさせる方法は何かを絶えず考えていると話が続くのです☆☆

胸が熱くなりました・・30代前の男性たちです全て・・たどたどしい日本語や稚拙な

英語の表現で聞き出した結果が同じなんて・・想像もできませんでした・・(ー_ー)!!

若くて、元気があり、仕事があれば1番活躍できる年代だと思っていましたから・・

日本もそうかも知れませんが・・失業率が高く・・殆んどがアルバイトで・・親からの

仕送りと兄弟や親族の援助を受けているとの事でした・・!(^^)!

親と同居している人は先ず、食事の心配と寝る処は有るけれど、早く独立して親を楽に

させたい焦りを感じていると言ってました・・結婚にはお金がかかるから〈前記通りに)

殆んどが男子の持ち出しの国だから・・男の子の親は大変だそうです・・(/_;)

だから、早く親孝行をしたいと切望しているようで・・いじらしい感じがしました!

  ◆話が真面目で【ま、年寄り相手だったからか?・・わはははははは】◆

チャラチャラした感じは殆んどなく真剣に将来と親孝行を苦慮している姿は聞いていて

胸に沁みるものがありました・・(;一_一)

それだけ日本より厳しい現実がある事ですし・・若者が多いから競争率も半端ではない

ようで・・何か傑出した才能とか抜群の技術が有る人達は別だが・・一般論として話した

数人からの答が殆んど差異がないことに仰天しました・・\(◎o◎)/!

《》そして、全く日本とは違うと思ったのは親に対する態度とか親への恩返しなどが・・

  ごく普通の話の中にポンポンと飛び出してくる事です・・(*^_^*)《》

〘つまり常時、親には感謝し、親孝行をしたい願望が誰の心にも自然と有る?〗

と言いますか?

《》備わっている教育の有り方や国の政策が、浸透している凄さが感覚的に心に伝達して

  きて、これはかなりの部分で日本人として羞恥心を感じました・・(-"-)《》

その上、大抵の若者は辛抱強いと思いました・・時間をかけても、自分で出来る事から

始め・・長い将来を割合とじっくり考えている点は興味津々な心情でした・・(^○^)

現実の厳しさの中で培われた物なのか親の教育か国なのかは私の貧脳では計り知れません

でしたが・・そう言う意味ではいい若者が多いと思いましたし・・将来が楽しみな国でも

有ると確信した部分もありますが・・((@_@。『さて、どうなっていくのでしょうか?』

もっとも余り多くの人の話ではないから、考え方も多様であるはずだと頑迷な頭脳は想定

していたのですが・・かなり、違っていましたねぇ・・(ーー゛)

全く違う仕事の人の集団だったけれど・・何かかなり、刺激を受けて心も熱くなりました。

★ある意味思考回路の指針を変更するだけのいい意味で強烈なインパクトを受けました★

日本人の若者との話は殆んどないので、一方通行で答になっていないと思います<(_ _)>

けれど、完全に親を頼りに生きている若者が多い日本人もいる訳ですし・・成人したら

親孝行など考えるより自分の生活が大切で、精一杯だから・・(>_<)

<親の順位などはかなり下位にある?>と思いますし、日本の親も老いたら子供の世話に

ならないと言う考えが自然とできている場合もありますよねぇ・・( 一一)

▼▲比較など出来ないかも知れませんが・・この国との温度差は確実にありました▼▲

**どんな風な国に発展して行くのか凄く興趣が湧出してきて、楽しみに感じました**
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/09/13(Mon)
昨日は思いがけなく早朝から3時間の[スコール]がありました。何時もより早目に市場

へ、その時はもう空全体が真っ黒い雲に覆われて来ていて・・(-"-)涙がハラハラと落ち

ていたのだが・・何せ2日間留守にするとの事・・冷蔵庫の中は空っぽだから・・(>_<)

急ぎ足で買い物を済ませ、玄関に入った途端にあの凄い[スコール]が到来したのです!

長く激しい雨にまたもや、2Fに4か所、まさか新しく直したので、想像もしなかった。

その前はかなりの烈雨だったから・・仕方ない部分もあったが・・!(^^)!

昨日は前回よりはかなりましだったし、雷鳴は凄かったが激雨程度だったのに・・(/_;)

「なのに、なのに、何処を直したのか?2Fは大丈夫と思っていた場所が水浸し状態で

あった・・(@_@;) <今度はベッドから離れた箪笥の近くが濡れていた>

{ま、驚いたが、騒いでもどう仕様も無いから止むまで待ち、大家に言いに行った}

その都度、「言いに行くのはいい加減、頭に来ていたが、もう、すっかり諦めてしまい

この国に馴らされたのでしょう・・腹立つ気分が萎えて行った・・(`´)


☆さてさて、パーティの話を続けます・・

漸く、いわゆる{儀式的な事が終わったら食事}なのですが・・もう、若者等や外では

既に、勝手に始まっていて・・この国では日本の様に進行係がいないから・・何時でも

適当に勝手に食して行く・・(ーー゛)

早い処はもう半分位は食べている有様で・・数回、結婚式に出席したが・・皆・・勝手

に食べてさっさと帰る人も多いから・・誰が来ていたのか知らない人も中にはいる様で

   【この辺りもかなりアバウトです】・・(@_@。

どんな料理が出たかと言いますと、最初に前菜で、酢の物(野菜と海老)手羽先、牛肉

の煮物等が銀の盆に載せられ来る。それを若いものが一人一人の皿に取り分けてくれる。

全く、何もしない人もいるが大方は若い女性がしてくれ・・ご高齢順に分けて行く感じ

でしょうか?・・私の付いたテーブルは親族の殆んど知らない人ばかりだったが・・誰

もお酒類は飲まないし{80代のお婆さんと70過ぎ位のお婆さんの席で、どうも3番

目辺りであったようで・・その順序で食べ物が配布されるのを待っていなければならず

この性格だから・・勝手に飲んだり食べたりの席へ行こうと思っていたが・・先ずは静

かなテーブルで10分ほど頂き・・今度は日本語学校の生徒の席で・・一頻り、日本語

らしき会話を交わし(ここでは海鮮鍋)が出ていたが・・(ーー゛)

海老が有名だから何にでも入っていて・・いか、貝類や野菜等がふんだんに入り、少し

だけ頂いた・・(*^_^*)余り日本人の普通の人との・・つまり私などの婆さんと話す事

には躊躇が感じられて・・つまり敬語を使わねばと言うのが伝わって来るから・・(^_^;)

正直、詰まらなかった・・いっぱい話したかったかも知れないが・・(;一_一)

円形のテーブルでは大体10人近くくっついて座るのだが・・我儘な私は狭いのが嫌で

又テーブルを移動した!この時は若い女性が椅子を持ってきて横に詰めて欲しい的様子

を見せたので・・動いたのだが・・今度は(K)の弟や友人等の若者の中に入り、もう

ビールが2箱下で空になっていた・・あははははは

ここでは生きた海老が10匹出て、炙って食べたり、お酒で煮たりして食する様でした。

この国の乾杯は以前にも書きましたが日本の様に〚乾ーー杯〛が1度か2度位ではなく

もう、しょっちゅう、乾杯をするのです・・しつこい位・・『あちこちから声が飛ぶ』

ヴェトナム語で〚1,2,3ヨウ--〛と言う様ですが・・私には1が聞き取れない!

1は小さい声で〚モ{小さく}ハイ、バー、ヨー〛の掛け声があちこちで上がりまくる。

◆私はそう言う雰囲気が大好きで{個人的に年齢忘れています・・ぎゃははははは}◆

あちこちのテーブルに行っては乾杯をしていました。後は(牛肉と野菜の炒め物)とか

日本の赤飯に似た豆おこわ)が出された・・そうそう、スープも出てましたね。

中味は知りません。飲まなかったから・・ふふふふふ

未だ有ったのかも知れないが・・何せお酒の席しか居なかったから・・殆んど食べる物

は少しだけだった。どれだけ”のん兵衛”なのか?と思われるかも知れませんが・・

  『それ程でもありません・・念のため・・あははははは』

「この数年は殆んど飲まなくなり、この国では未だ数える位」です・・別に有れば飲む

なければ買って来てまでは飲みたいとは思わない・・(-_-メ)

若いカップルは日本でもあるのでしょうが“婚活”に忙しく・・結構2人になって出か

けたりしていて・・面白かったですね・・(^○^)

何処の国でも・・出会いはチャンスですから・・真剣になっている人もいましたし・・

彼氏、彼女同伴の人達も数人は居ました。次は誰の番とかの話で盛り上がっていた様。

義母も義父も(P)(K)も各テーブルを回って≪幸せのオーラーを振りまきお酒を≫

勧めていました。(D)はおしゃれで深紅の超ミニスカートのワンピース姿が可愛くて

あちこちで若者にもてていました・・(●^o^●)

そうこうするうちに食事が大方終盤に入りかけた頃・・

凄いボリュームでダンスミュージックがかかりました。先ず≪D≫が少し踊りだしたので

★またまた私は『歳をすっかり過去に埋めてしまった様に』踊りだしてしまったのです★

昔から、ダンスが好きで・・一通り何でも習った経験が有るものだから〘体が条件反射〗

を興すようで動いてしまうんですねぇ・・がははははは

処が何処の誰か判らない爺様が一緒に私の手を取って踊りだしたのにはかなり困惑状態

でしたが・・振り切る程野暮ではないので少しご一緒しましたが・・若い人なら兎も角

いかに私が婆さんでも・・踊りはかなりハードです・・ふらふらしておられました!

多分、少し酔っておられたのでしょう・・私は途中で止め・・手を洗いに行きました。

{すいません・・_(._.)_見知らぬ爺様の手が一寸汗ばんでいたので}ひゃひゃひゃ

{社交ダンスは膝が悪いので}とうとう出来無かったが・・ま、大抵のダンスは人がどう

思おうと踊ってしまうタイプです・・\(◎o◎)/!されましたが・・

全く人前で披露を出来る状況ではないのですが・・m(_ _)m ごく普通に踊ります私!

    ▼▲ダンスは好きなんですねぇ・・はははははは▼▲

    ▼▲豚もおだてりゃ・・的な有り体でしょうかしら?▼▲

そして12時過ぎには終わりました・・あちこちで片ずけが始まり・・人々も退席して

ケータリングの人達が忙しそうにしていました。皆は各々勝手に部屋に入り込んで昼寝

したり、カードをしたりしていた。お昼のパーティはいいなぁと私は思いました・・夜

に全く弱い人だから・・これは有難いことだと感じたのです・・ヽ(^o^)丿

昼寝の習慣がない人だから・・義母の部屋で脱ぎ散らかされたドレスやアオザイなどを

せっせと片ずけ・・畳んでおりました。義母が部屋に入って来て、余り機嫌がよくなく

て・・「何かあったのか?」と思った・・<(`^´)>

はっきりとは理解出来なかったけれど、多分、これだけの事をした割合に出された金額

が不足だったらしく・・不満たらたら状態でした・・あははははは

何処まで、やれば、義母は満足するのか?可笑しかったが真面目に不満をぶつぶつ言う

ので・・相手になって聞いていた・・「理解できたかどうか?」は解らないが・・

3人の娘を育て家も(D)の分は持ち家が幾つかあるので・・結局は3軒以上も建て

頑張った義母の努力は凄いのだから・・と言って宥めていたが・・結局は納得はしては

いなかった様子!でしたねぇ・・ま、見栄を張る人だから・・(@^^)

夕方近くなって・・薬が必要だから何か食べたいと言っていた処へカラオケに行ってた

(D)がアツアツのフォーを買って戻ってきた・・生憎、私はもうすでにご飯の用意を

お手伝いさんがしてくれたので・・それを頂き薬を飲んだ後・・急に帰る話が浮上!

突然の帰宅になったのです・・(--〆)



   ***〖澆季の世〗の中にあって・・

       こんなお祝い事が延々と続いていることに感銘を受けました***


そして・・最初に書かねばならなかったことですが・・これが一般的に行われている訳

では決してなく・・こうしなければならない訳でもないのですが・・大凡この国の婚約

パーティの有り様で・・勿論何もしない人もいますし・・もっと豪華な場合もあります。

何度もパーティを開くのは・・どうも出生地とか、お互いの家での顔合わせとか、友達

や知人への紹介なども加味されているらしく、だから3回や5回もするみたいです。

家でのパーティはしんどいと思いました・・義母は《派手好きでいい格好する人だから》

  【】少し計算外だったのではないかしら?  あははははは【】

  【】私など足元にも及びませんが・・かなり食事は豪華だったと思います【】

(P)はお色直しのようにロングドレスも着ましたし、それに義母のアオザイは、結構

お金がかかっている感じの豪華な物だった・・(*^^)v

私はあれほど珍しいアオザイは初めて見た気がしますし、(P)の金と深紅のアオザイ

も初めて見た美しさだった・・お色直しの黄色のドレスも素敵だったし・・(^_-)-☆

::この国は(お金にまつわる意味)でお祝い事には金色か黄色が好まれる様です::

ま、一応これで一区切り・・10月はエステ通いが始まって・・11月が結婚式になる

ようです。でも、披露が終わったので・・クチの新しい家とホーチミンを往来する生活

になるとか言ってました・・{幸福なことは本当に心を穏やかにするものですね}
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/09/12(Sun)
本当は今日、戻る予定だったのだが・・子供の風邪が酷かったので・・ま、流れ的にも

{帰ろう}と言う事に急遽なった! 夕方からクチを出て夜にはホーチミンに着いたが

(D)がカラオケに若い人たちと行ったようで・・さてこれから眠る予定が帰宅に変更

「眠いの連発」・・その上熱のある子と私が一緒だったから・・かなり疲れた事と思う!

     『感謝!・・そして、お疲れ様でした・・_(._.)_』

▼私の横で眠る子供の熱は高くて{熱痙攣〕でも起こすのではないかと思ったほど▼

凭れ掛っていた私の体半分濡れる程の汗をかいていた・・でも寝息も正常だったし・・

この国の風邪薬は強いので、多分風邪をやっつけているのだと思いつつ「大丈夫よ!」

と懸命に彼女に言い聞かせていた。漸く眠ったようで・・少し安心した・・(^.^)


≪≫さて、問題のヴェトナムの結婚について・・

土曜日の朝。9時に相手の男性からの【日本でいえば結納品を納める儀式】に近い感じ。

が到着すると言うので・・(P)(D)も6時の予約で美容室へ・・(*^_^*)

義母も心得たもので・・何時の間にか私と外で朝食をべた後、突然消えたので美容室へ

行ったのだろうと思った。ま、その辺は彼女の大得意だから・・わははははは

その間することがないので・・日本語を話す学生達が昨夜泊る話を聞いていたので・・

奥の部屋に行ったら・・皆寝ている。まー男性陣は義父の家に行ったり、ハンモックで

寝たり、いわゆる地方の親族が20人ほど来ていた。紹介されたけれど・・さっぱり!

もう、凄い人で、その上、ホーチミンからはタクシーで8人行ったし、私と(D)は車

で行ったったのだから・・あははははは

それらの人がリビング、玄関。奥の部屋で寝たようだ・・(@_@。幸い私は年長者だから

か個室が与えられたのか?一緒には誰も寝てくれなかったのか・・・ぎゃははははは

       <一人でベッドを占領でき、眠れた・・ふふふふふ>

バイクの数が半端でない位並んでいて・・それを義父の家に運んだり・・飲んでる人も

いて・・ま、11時頃まで騒いでいた。

それらの大人数が想像もできない形で寝ていたのは仰天したが・・(@_@;)

この国では普通のことらしく・・日本の様にホテルを取ったり近くの知り合いの家など

に頼んで人数を振り分けたりして・≪ごろ寝≫はそうしないものだが・・はははははは

それらの30人ほどの人達がリビングに薄いマット等を敷いて・・寝ている姿は壮観で

あり・・マジに\(◎o◎)/!しました。

(P)の家の前には2軒分のテントが張られ{運動会等でアーチを作るように造花が

飾られていた・・真正面には円形の赤に金の《喜喜》の字が大きく書かれ、アーチには

薄いナイロンの生地で花が作られ・・綺麗でした{歓迎モード一色}でした!

      □これは初めての経験でしたね・・(*^^)v□

その上には黄色の襞の付いた幕が四角で覆われて・・中には造花がくす玉的役割をして

いた・・ま、全て作りもので・・使い回しの感じがあり{合理的}になっているのだが

あちこち珍しいので、見て回っていた・・ヽ(^o^)丿

そろそろ7時半頃になるとケータリングの人が準備にかかり・・円卓が部屋の中と外に

並べられ・・食事の準備がされて行った・・その頃漸く若い人たちが起きて来て・・

化粧を始めた{この9時の結納品らしき品を迎えるために6人のアオザイの娘が選ばれ}

この衣装は全て(P)の家で持つらしいが(L)の時に作ったのが有るようで・・準備

されていた(P)の日本語学校の生徒6人の女子が大小いて・・このサイズを着るのに

殆んど食事抜きの子もいたらしい・・日本のダイエットとは違う感覚で服に身体を合わ

せるためには何でもするみたいで、いずれも同じ様なことをしているのだと・・(^_^;)

「大変だろうなぁ」・・なんて感じていました・・(^-^)

さて・・9時きっかりに・・タクシーから親族が30名程(K)を先頭に両親、祖母等

が玄関の飾りのアーチの前に並び・・記念品がお皿に深紅と金の房飾りが付いた品を手

渡す様子でした・・(^○^)

その時に、{ま、長老と言いますか・・仲人的な人がいて・・“口上“を述べる}

これが殆んど小1時間・・ずっと立って迎えるのです。その間(P)も金色のアオザイ

を着て両親と親族と共に並んで待って居る。その儀式的な事が終わり・・そのアーチ

を潜り部屋の中へ・・

部屋にはすでに食事が用意されていたが・・今度は中で世話人の話と両家の挨拶が有り

  ☆(貴金属は(K)と(K)の母から渡された様でした☆

   {さっきアオザイを来た女性に渡された6つの品の紹介もありました!}

△多分何かの意味が有るのだろうとはと思ったが、理解出来なかった・・(;一_一)△

そして、ここでは結納金に相当するものだと私個人は見ていたのだが・・お金も渡され

封筒などなし・・そのままの現金だったから・・ここでも吃驚しました・・(@_@;)

それら全て2人のプロのキャメラマンが撮っていた・・写真を撮る場所さえ無い程に人

で溢れていた・・!(^^)!

お皿の中身は深紅の風呂敷らしきものが外される度に紹介があって・・果物が3種類と

お菓子3種類だった・・(●^o^●)

それらには矢張り喜びのシールが張られていました。私は正直失礼ながら・・目録の様

なもので娘の時の様に・・貴金属やら・・お金等が包まれているものだと想像していた

だけに・・一寸習慣の違いなのでしょうが、何となく、がっかりした・・(ー_ー)!!

★何なのでしょう・・何か期待でもしていたのだろうか?・・ぎゃははははは★

それも1時間ほどあって・・私が彼女に小さいオパールの指輪を世話になるので上げたら

この日に本当は渡さないといけないとか言われ・・そんな大したものではなく・・普段に

使って貰う積りだったから・・それを渡す写真を撮りたいから・・彼女の指にはめて上げ

て・・何てお節介な人が言いに来た・・仕方なく・・それをしたらかなりの枚数で写真を

撮られ・・正直凄く嫌だった!・・超恥ずかしいことでしたねぇ・・(-"-)

彼女にとっては記念かも知れないけれど・・大した品でない私は滅茶苦茶恥ずかしくて・・

凄く困った経験をしてしまった・・!(^^)!

この日集まった人数は120人以上とか(家でするパーティにしては凄い)・・(#^.^#)

今朝、5時からスコールが激しく・・雨漏りもして・・書けず・・遅くなりました。

明日へ・・
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/09/10(Fri)
月幾世いざよっている日を(ほっこり)眺めている日もあれば・・早朝より「カタカタ」

と音を立て掃除、洗濯に追われ誰のためでもなく我が身だけの為に暗闇の星に語っている

日々もあって・・「あー生きているっていいものだ!」なんて格好つけている・・(^_^;)

 ☆何となくだが・・自分の置かれている位置が少し解ってきたのでしょうか?☆

『射程距離まで後どのくらい有る?』なんて誰も回答は出来ないのに・・満足げに納得

不思議な充実感が悶々としている・・「生きている証し?」を痛感しながら・・(^_^)

昨日は「なぜか?千客万来の日」でクチから義母の兄が《筍》を届けてくれたり・・

最初、ヘルメットにサングラス{どこのおっさん?}的格好に「誰?」なんて思わず口

にだしそうだった・・あははははは

ヘルメットとサングラスを外してようやく解った有様で・・言わなくて良かった(ほっ)

その後、大家が水道のメーターを見に来たり・・座ったかと思うと義母が久々の登場!

病院の帰りとかで・・意味が確実には理解出来なかったが[明日、クチに行くから準備

して」って意味らしい・・確かに11日クチで(P)の披露パーティが有ることは聞い

ていたが(行かない)と断っておいた筈で、納得してくれていると思っていた・・(-"-)

何しろこのヴェトナムの結婚式は後日、詳細に書くことになると思いますが、ま、想像

以上の回数のパーティがあります。彼女の場合5回を3回にしたようですが、それでも

その都度100人以上は出席するそうで・・余程そう言うイベント的な事が好きな国で

有ることの証明でもある{もっとも、そう言う楽しみがあっての生活なのだが・・この国

では男性が全てお金を出すシステムだから・・それは大変で[親はしんどい]と思う。

そして、宝飾品からドレス、料理に至るまで・・日本のある地方でも公開する処がある

と聞きましたが・・まさに、見せびらかす為の催事なのです・・(●^o^●)

さて、困りました「行かない!結婚式だけの出席の約束」だったのが、ごく普通に家族

としての集団の中に入っている。日本のごく普通の主婦です。公式に着る着物は預けて

来ているし・・真夏の国『そんなの必要ない』と頭から否定していた・・(ー_ー)!!

ま、外国人だし【適当に有るもので我慢!歳だと言う大前提の下で】を打ち出し少し心

が落ち着いた・・(^_^;)

  **どんなにきちんと話をしていても・・さっぱり理解されていない**

あくまでも家族なんだからが当然の成り行きで・・何1つ解ってない事をまたもや気が

つかされた状況。それを見越すかのように夕方(D)が来て「明日6時です。バイクで

きます)なんて言って来た。もう、そろそろ寝る準備をしていた矢先、頭痛がしてきた。

こうやってまた、振り回される{好意的なのだが}のだろうと思った!

お目出度い事だし・・充分気持ちはあるのだが・・結婚式だけで十分だと言う私の意見

は[いずこへ・・」


≪涙と飛蚊症≫

これも老化の原因だそうだが・・本を読んでいても、TV,ビデオを見ている時さえも

かなりの回数で、涙が流れる・・(;一_一)

心が弱っているのか?老いのせいなのか?判断材料は沢山所持していた・・ははははは

ちょっとした言葉に過剰反応を起こしている自分に驚かされる日々もありましたねぇ!

これだけ暑い国にいて。すべてが乾燥状態の中、涙が出ることは良い事だと勝手に決め

心が潤っているから等と屁理屈を並べていた時期でもありました・・(ーー゛)

▲しかし、どう考えても{老化}が原因のようであることを確信する事が来たのです▲

「何時からこんなに涙もろくなったのか?」正確には思い出せないが・・子供達が成人

して、伴侶を得たころから・・私の心の中に[涙の池が溜まりだした]気がするのです。

::亡夫から預かった大きな2つの宝の荷物を肩から下ろした時だった気がします::

どうも、その頃から何を見ても聞いても、胸の中の池に「ぽちゃり」と入り込むような

感覚があって「キューン」となり小さい音が聞こえるようになったみたいです。

◆「お父さん!もういいですか?背中の荷物下ろしましたから}と言えた日・・!(^^)!◆

◆胸の奥底から滴り落ちる程の湧水と涙がごちゃごちゃになって止めどなく込上げて

 来ました・・(>_<)。。。その感動と情感に押し潰されそうな感覚が数時間も続いて

 涙が止まらなかった{主人が亡くなった時もこんなに泣かなかった私だったが}・・

 多分張りつめていた糸か何かが「プッツリ」と切れたのだと思います・・(・_・;)◆

<あの日から私は【涙との再会】があり、かなりの頻度で自分の心を往来していた>

それからは絶えず私の傍らで居場所を確保したようで・・時々出現したりするように

なったのです。

※「よく頑張った!」ただ、それだけの自己満足であり、自分への褒美でしかないのだ

 し、自分が愛おしくて自分勝手な心の精算と終焉に感動していただけなのですが・・

 そこから・・確実に”老い”との競争が始まった予感はありました・・がはははは※

何の前触れもなく、無意識で、無遠慮・・1言の挨拶もなくやって来るようになった!

そして、半年も経った頃・・

視界の中に虫が飛んでいるのを発見したのです。「もう、もう、鬱陶しくて夢中で手で

払い除けていたが・・どうしても掴めない・・(@_@;)」

その内に横柄な態度で目の前を横切るようになってきた・・(あっちこっちと動く方向へ

連いて来る凄く腹の立つ奴でした)・・<`ヘ´>

この頃は全く意識下にもなくて・・まさか自分が≪飛蚊症≫に罹患しているなど、想像

さえしなかったのです・・でも、余りしつこいので・・{もしかしたら・・以前に本で

読んだ≪飛蚊症≫ではないかと気が付いたのです、愚鈍すぎますが・・あははははは

   ▲▼未だその頃は若い気でおりましたから・・ふふふふふ▲▼  

あれは“老人病”だと信じ込んでいたもので・・だから、私の前に現れるなど思っても

いなかったのです・・(大笑い)ですが・・

帰国する機会を作って病院へ行きました。開口1番「あーー老化現象の1つ≪飛蚊症≫

です」って言われました・・解っていたけれど、(がーん)と言う感じでした・・(/_;)

そして[沢山、飛ぶようでしたら、また来てください」ですって・・帰国までしての返事

がそれだけでした・・解っていたとは言え・・そんな答えが戻って来るとは・・(-_-)

ショックでしたねぇ。でも、どうすることもできません・・〔一生付き合うのか?〕等

と考え、諦めるより術は無いと思いました!姉や友人に聞いたら{いつの間にか消えた}

話を聞き・・何時か私も消えるかも知れないなどと幽かな希望を持って・・また戻った。

どうも、私のは大きい様で散歩が好きらしく、絶えず出かける様で・・(--〆)

×・・うざくて仕方ない・・×それでも、一生付き合う覚悟を決めたからなんて大袈裟

に考えて毎日を諦観モードでいたら・・数カ月したら・・だんだん飛ぶ回数が減って来て

はっきり見えていた黒い虫が茶色に変化して・・少なくなってきた・・ヽ(^o^)丿

  ●涙を沢山流すと一緒に流れてくれる気がしていたが・・きゃきゃきゃ●

そんなことは全くなくて・・儚い望みは完全に消えて行ったが・・暫くして≪飛蚊症≫

は全く消えてしまった・・(*^_^*)  《信じられなかった》

半年以上も続いたのに・・嘘の様でしたが・・それだけ”老化現象が進行した証拠”で

有ったのでしょう。今考えると・・可笑しい程うろたえていた自分が存在していました。

〖不羈奔放の性格〗何て心の何処かに有ったのですが・・何のことはなく〖浅学非才〗

を顕著にしただけの出来事でした・・わははははは

             【】その程度です私って【】

★★2日程クチに行きブログ休ませて頂きます。長文、駄文にお付き合い頂きまして

  何時も、本当に有難うございます・・m(_ _)m  詳細は後日に・・★★
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/09/09(Thu)
この国の朝は早く・・以前の豆乳売りの家などは2時には起きて仕事をしていて・・私

の現在4時半などはもう、国道で売り子さんがそれぞれの商品を並べたり・・磨いたり

をしていて・・結構買って行く人もいたのだが・・この家に引っ越してきてからは、皆

起きるのが遅く・・住宅地であることも関係有るのかも知れませんが・・子供を朝学校

へ送る6時半前後に起きる家が多い様に感じます・・(^.^)

だから、私など異常に早く起きている訳で・・もう、一仕事終わってPCを開いている

時間です。処が・・私の駄文のブログの訪問者の方にも、早朝の方が数人居られて・・

驚くことが有ります。日本時間の7時にはもう、写真入りでブログを書かれている人も

居られるのですから・・凄いと思います・・(@_@。感激してしまいます・・(*^^)v

このところ、漸く、あそこには何の店があって・・国道沿いのあの店の隣は確か○○が

売っていたなどと・・周囲を思い出される程ほんの少しだけ余裕がでてきた気がする。

矢張り、どこかで緊張感が有ったのでしょうね・・周りが見えていなかったのでしょう!

見知らぬ土地は歩かないと解らないと言いますが・・本当にそう感じる日々でした。

息子がパリ中を何足ものスニーカーを駄目にして、歩きまわった話を聞いた時・・本当

に実際歩かないと何も見えないし、分らないことを何度も痛感したものです・・(^○^)

尤も彼は若かったから出来たことでしょうが・・それでも、その意気込みとか気持ちは

凄く褒めていたし・・感心もしていたものです・・(*^^)v  私は子供を褒めまくって

育てた人ですから《変人?》学校の先生との衝突がかなりありました・・がははははは

その頃は偏差値が最大重要視されていた時代でしたが・・息子が入りたいと希望するに

は不足だったのでしょう・・何度も先生から呼び出しが有ったり面談もしましたが・・

頑として聞かなかったですねぇ・・息子を先生の前でも平然と褒めていましたし・・

★「中学浪人何て長い人生全く問題ないと思うし、彼が行きたいのだから・・彼の考え

 を最優先させるべきです。学校の都合とか先生の立場が悪くなるなんての理由は彼の

 長い人生に何の関りもない!子供を褒めない日本人の美徳や思考は、私には当てはま

 らないし・・親として全責任を持って育てます。私の子供は優れている処が沢山ある

 し、試験などで(全性格を否定される子供ではない)とまで言い切り受験させるまで

 先生と言い争いました{あの頃私は若かった・・あははははは}★

 ▲最後に先生は嫌みたっぷりで「お母さんがユニークだから○○君も変わっていると

  言われましたが・・強固に貫きましたし、何とか行きたかった高校へ入学した▲

ま、偶然が重なったのかも・・それは解らない・・しかし、点数だけで判断するやり方

学校教育のその頃のあり方がすごく不満で有ったことは事実です・・(;一_一)

私は子供の為なら、持っている限りの愛情を注ぎましたし・・子供を褒めて育てたから

多分、彼等は社会に出て苦労したり、挫折した部分は沢山あったかも知れないが・・

何時だって心は2人の子供の“応援団長”を貫いてきた積りの親ばかで・・わはははは

■それでも、人前に出して失礼な事や常識に欠ける行為をした時は・・厳しく叱責する

 し・・余裕の欠片さえ残さない程潰して終うまで・・やり込めたり罵詈雑言で自分の

 体を張ってまでも諌言します・・<`ヘ´>■

××その性格の荒さは何処から来るのか判りませんが・・個人的には『愛情の裏返し』

  でもあり・・自分に対しても容赦なく・・甘えることはして来なかった・・それが

  良かったかどうかは・・何も判断できない。今ではないと思っているからで××

★★【あの世とやらが見えた時感じるものだと勝手に決めていますが】ふふふふふ★★

私の様に昔人間になると視覚から入って来る物より実体験として身体に感じる事の方が

多くて・・まして、頑迷で狭隘、偏屈、わがまま、周囲のことは考えない身勝手さなど

子供達に少なからずこの性格が何処かに遺伝しているかと思うと・・ちょっとばかりは

申し訳ない気もありますが・・ぎゃははははは

{親をセレクトできなかった不運と諦めて貰うより仕方ないなどと身勝手に思う昨今}


≪この国を2週間留守にした》

父の容体が悪いとの知らせで・・帰国したのだが・・考えてみれば、沢山の人を見送っ

たのに、誰の死に目にも遭っていないのは不思議です。亡夫さえも、間に合わなかった。

この家に戻ってきたら・・家の中は埃や砂塵で{部屋の中に足跡が付く位汚れていた}

まして台所と1Fのコンクリート部分は半端でないゴキブリがいて・・その異臭に頭が

クラクラした。もう、スーツケースをそのままにして・・大掃除に取りかかった!

  <家を空けることがこんなに荒れる事を初めて知りました>

何度も消毒薬を入れては拭いてまわりましたが・・部屋の匂いは殆んど消えなかった!

台所と1Fのコンクリートは未だ何10匹もいたゴキブリを流す為にホースを繋いで

ブラシのモップで吹き飛ばすように外へ掘り出した・・!(^^)!

こんな時は、勝手ながら日本では必ず文句の一つもでるでしょうし・・言いに来る人も

いたと思いますが・・(`´)ほほほほほ

ここはヴェトナムです。何をしても、どんな音を立ててもゴキブリ何10匹道路に捨て

ても誰も文句は言わないし・水が溢れるように流れて道路を跨いで通る人がいても・・

挨拶をすることも、謝ることもない気楽さがある・・それはこの国のいい加減さの良い

処かも知れません・・はははははは 〈余り慣れませんが・・〉

締め切っていた部屋です。エアコンがほとんど効かず・・40度位になっていたかも?

汗が目の中に入り痛みと戦いつつタオルを頭と首に巻き付け・・たっぷり2時間かけて

粗方は片ずき、眠れる迄こぎ着けた・・(^-^)

お腹も空いて来たので・・(さあ、ご飯の準備<日本から色々な品を持って帰ってきて

居るので・・ご飯さえ炊けばそれで準備万端)でした!

処がお米の蓋を開けた途端に無数の”悪き蟻”が這い出して来て・・本当に倒れるかと

思った・・(^_^;)  〔全身に鳥肌が立ったほどです・・!(^^)!〕

悪臭の酷い噴霧の殺虫剤を、蓋を少し開けて・・半分位撒き・・蓋を閉じたまま・・で

ポリバケツごと外へ捨てた・・未だ2㌔以上は残っていたが・・そんなこと考える余裕

も気力もなかった・・(ー_ー)!!

 ●もう、何が何でも見たくなかったの一語に尽きましたねぇ・・とほほほほ↓↓↓●

体力も気力も殆んどなかったほど疲れていたのですが・・近くのスーパー迄行きました。

《精根尽きる感覚でした・・(>_<)。。。そんな状態なのにお腹は空くから堪りません》

▼お米を2㌔もダメにした後悔が無駄が許せなくて・・[なぜ処分して行かなかった?]

 かの後悔しきりでした・・勿体ない事をした思いが惨めでしたね・・(-_-)▼

何とか食事を終えてシャワーに入りベッドに横になったら・・もう爆睡状態だった様で

翌日は5時過ぎまで寝ていたみたい。でも、元気だったのでよく眠ったのだと思い安心

した。また、ここでの生活が始まるのだと思い・・窓を開けて国道を見たら・・(^.^)

何時も通りの朝は動いていたので安堵した・・(^-^)

朝の掃除に取りかかり洗濯を昨日、汗を沢山かいたので。思いがけない量を洗って5F

のベランダに干し・・何気に上から向かいの家を見たら・・「なんと、なんと、あの

氷やと喫茶店の間の家や工事場の様な場所が全壊されていて・・\(◎o◎)/!した!

昨日はあの様なことがあって・・何も外を見る気もなく必死だった・・今朝も窓を開け

見たつもりなのに・・何一つ気がつかなかった・・(ーー゛)

全てが全壊され、瓦礫の山になっていました。あそこに住んでいたパンや、豆乳売りの

家族、果物やなどは何処へ行ってしまったのだろうか?

『住むところはあるのだろうか?』色々な疑問が彷彿しては消滅していった瞬間でした。

何もできないし、考えても仕方ない事だけど・・たったの2週間で余りにも変容してい

たのには本当に驚きました・・(@_@;)

**この国は何でも出来るのも早いが壊すのも早いのだと感じた出来事でした**

市場に行くと「マダム」と声がかかり『あ――やっぱりここは日本ではない』を痛烈に

思ったし、戻ってきた感覚を感じた。また、この国の流れの中で漂いながら・・ゆったり

時間が流れることを望んだ日でもありました・・( ^^)

       ≪≫人生は朝露の如し・・なのでしょうね≪≫
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/09/08(Wed)
夜中、何時降り出したのか?全く記憶がない程熟睡していたのだろうか?・・(@_@;)

今朝、玄関を掃除しようと開けたらに数㌢水は溜まっていて・・『えー』と思いました。

お隣さんは殆んど濡れていないので・・「どうしてかしら?」の疑問しきりの私です!

昨日は真夏の朝曇りだったようで・・それから段々と晴れて来て久々に暑い感じだった。

何という事か、プロパンガスと水が同時に切れてしまい・・(P)に連絡したら会社で

仕事中だった・・「凄く悪い事をした気がして・・先日は11時からと言っていたので

電話は10時にしたのだけれど・・まさか、仕事しているとは思ってなくて・・失敗!」

申し訳なく思った・・後でかけ直してくれるのを待っていた・・(ー_ー)!!

披露パーティが近いから(休んでいるとかも考えたのだが)確りと働いていて驚いた!

大家に連絡をしてくれたようで・・それなら、自分で言いに行けたのだけれど・・暫く

10日位連絡してないし、彼女はお式前で忙しいと思っているから・・元々電話嫌いな

私・・携帯は机の中で眠っていました・・ははははは

そんな訳で「心配させていたら?」と思って電話をして見たのですが・・間が悪かった↘

大家がやって来て、連絡してくれたのだが・・自分の家にお姑さんがいるので声が大きく

私に対しても金額を側にいるのに大声で言うもので・・(@_@;)しました。

  ▲私、未だ耳は大丈夫だと思っているので・・可笑しかったです▲

親切心なのでしょうが・・お金に関しては割合毎日のことで少しは慣れてきていて金額

を言われても解ったのですが・・大声で何回も言うから「よっほど呆けた婆さんにでも

見られていたのかな?」なんて・・後で可笑しくて仕方なかった・・(@^^)

以前のことは忘れてしまったがプロパンガスは4月1日から使用して昨日迄持ったので

金額的には月、滅茶苦茶安い感じになった・・「どの位支払うのか?」全く見当もつか

ず、5千円はしないだろうと思っていたが{ま、一応準備して置いた。その半分ちょい}

で半年近く持ったのだから・・凄いです・・(@_@;)

勿論、毎日お茶もスープも沸かしたり、作るし、お昼からご飯炊く日もありで・・毎日

使用している。ただ、倹しくしているのは火力で1番小さい弱火でしか使用しなかった

せいだと思います。何かをしながら作るのが多いから・・弱火で煮物も炒め物も最初の

数分だけで・・ずっと弱火で作っていた・・あははははは

自分でもそこまで「ケチ」にならなくてもと思ったりもしていたのだが・・これがじっく

りと味が染みるので・・充分美味しく頂いていた・・それにしても安かった・・(^○^)

時々重複している文章を書くときもありますが・・日本にいた時に比べると矢張り、現実

の生活の中で体験しながら考えるのとは違ってくる事がしばしば有るもので”ご勘弁を”

確かに、まだあの頃は若かったし・・考えもこの国に対する物の見方ももっと、直情径行

であった部分が多分にありましたから・・今とは違って当然ですが・・(ーー゛)

  ※違った意味での感情の湧出に新たな心地がしているのも事実ですかしら?※

≪海外で暮らせるなんて素敵ね!≫

何てどれ程の回数を聞いたか知れません・・ヽ(^o^)丿

正直【強運もあったし・・条件も揃っていた。そう言う意味では幸せだったのでしょう】

偶々、息子がこの地で仕事が有ったこと・・この国の人との結婚なども重なっていたし

2人の子供は十分に成人していたし・・孫がいないことも要因だった。ただ、娘が身体が

弱かったので・・働くことができず専業主婦もままならない時期もあり・・かなり手伝う

期間もあったが・・世の中には様々な夫婦の形があり・・良いか悪いかの判断は本人同士

の問題で私が手伝うことで依存心が生まれ・・私がしてあげることで・・子供とは当然の

様に変化するもので・・依頼心が強くなって・・感謝の心がなくなって来るもの・・(-_-) 

私自身しなければと言う{共依存症}にかかっていた時もあり・・(@_@;)

《当然ながら私がいなくなったらどうするのか?》なんて真剣に考えた日々もあって・・

しかしながら、人はしてくれる人がいれば当然甘えるがしてくれなくなると・・仕方なく

どうにかすることも理解できていたし・・なまじ近くで生活して・・お互いの会う頻度が

多くなると煩わしいもので・・友人でもそうだが、特に家族とは・・いい悪いに付け・・

少し距離のある方が良い部分が有ると感じていたから・・海外に出る事は何の不安もなく

むしろ、かなりの期待と喜びが最初はあったのですが・・(;一_一)

それが〖見事に覆されてしまいました。これがきつかったし・・花が萎れ、心が茫然自失

状態が続いて立ち直れないかと思ったほど・・底辺まで陥没しました・・がははははは〗

しかし人は、落ちれば昇ればいいし・・道が間違っていたら戻ればいいのだと言う簡単な

回答が芽生えた時・・もう1度機会を作って行こうと決めていました。

だから、昨日の事件などにも懲りずに再来越しているんです・・そこからは一人暮らし!

夢想だにしなかったこの国の不可思議さと、この暑さの中に潜んでいる何かが私を揺れ動

かしたのだとそう今は思えます・・面白い国でしたから・・(●^o^●)

奥深くそして、日本とは完全に相反するほど思考も食物も生き方もお金の考え方も格差も

全てが自分の中にないものだらけだったせいもありました・・だから、惹かれていたとも

言えます・・しかし時折「異国で優雅に生活できるなんて・・素晴らしいわ?」「こんな

素敵な老後があるなんて」・・(^.^)「貴女は果報者よ、子供達に感謝しなければ}などと

雀の噂は激しく、羨望の的になった時もありました・・(*^_^*)

[けれど、実際ににそう思ってくれていた人はほんの一握りだった気がします・・(-_-)]

≪≫事実、夢想だにしなかった経験や体験のオンパレードでしたから・・( 一一)≪≫

もう主人の亡くなった年齢も越えていましたから・・何処かで区切りをつけたい願望が

あった事実も完全に粉砕してしまいました・・(>_<)。。

◆悔しかったのです私。多分、そう思います・・

(なんて国なんだ?なんて人達?)こんな国がいまだに存在する事の脅威に愕然とした

 し、この国への興味が段々と膨れては萎えて行きましたねぇ・・わははははは◆

でも、現実の生活は傍で見ていると優雅に映っていたかもしれませんが・・心の中には

戦々恐々の日々が有った事も事実だから・・<`ヘ´>羨ましい何て言われると「ムカッ」

とした時もありましたが『全て飲み込んで生きて行かないと生きていけない時代であり

そうしないと暮らせない部分が山積していた時代でもありましたねぇ』・・(/_;)

<富める者はますます富に流れ・・格差の中の最低限さえ守護出来ていなかった時代>

でもありましたから、自分の生活位置が何処にあるのかを定める心準備も必要でした!

『ただ、生きている人が何と多かったか?そして活気に見えるその裏側の貧困さは想像

も出来ない程でしたから・・私など・・{日本人がいい格好して}なんて思われていた

のではないでしょうか?この国に3年住んで・・今、又5ヵ月です・・確実に生活様式

も変化し・・富裕層も多く沢山の人が1戸建ての家に住み、バイクも昔は1家に1台が

普通だった。しかし、今は2,3台となり、子供の制限があるし・・義務教育も6年間

はあるようですし・・様変わりして当然の国になりました・・が、根底には相も変わら

ず・・一種独特の国であり・・想像を逸した国である事実は否めません・・(@_@。

そんな生活の変遷の中にいて、これだけ流出しているマスメディア、情報過多のPC等

誰もそんな時代が来るなんて思わなかったのではないでしょうか?

☆☆それだけに若者の多いこの国の情報源は超特急です。そして・・流行の流れの早さ

  にも驚異を感じております・・\(◎o◎)/!☆☆

若い時に移住や、海外での生活は余裕と気持と未知を知る好奇心があれば・・勧めます。

『けれど、老いてからの異国暮らしは、精神力が強くないとかなり困惑し、ダメージが

 大きく辛いと思います・・!(^^)!』 実際の私が言うのですから・・あははははは

よくご夫婦で老後は海外でなんておっしゃる方に会いますが・・【】剛毅果断【】の心

が無いと・・お互いに寄りかかっているだけの生活で疲れが倍増します・・(ー_ー)!!

**いかに経済的に余裕があっても心を病んでは意味がないと思いますので・・老いて

  からの海外暮らしはあまり良いとは思いません・・(ーー゛)**

 ::沢山の経験を積んでおられる方は全く別ですが・・ほほほほほ::

  ●{そこまで解っていてしている私は何なのでしょう・・ぎゃははははは}●

私はあくまでも愚者で『千慮一失』さえも知らず・・そこまで考えずに行動が先に出る

タイプで・・本当は何も考えていないのです・・ふふふふふ

【ただ、面白い人生を歩ませて貰って居る感謝だけは何時も持って居るつもりですが】

亡夫の分も生きなければ・・早世した意味がない様な気がして頑張っている部分があり

結構、無理してるかも知れません・・ははははは↓↓

★この国だからだけかも知れませんが・・違う国での生活ならもっと楽しく優雅に上品に

 暮らす時間も機会も楽しみも有るのかも知れませんが・・私の場合はこの国だった★

            ▲▼ただ、それだけのことです▲▼
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/09/07(Tue)
大変な思いをして・・肌掛け布団を洗ったから『スコール』が来ないことを祈っていた!

幸いにして珍しく雲が途切れ途切れで雨雲には発達しなかった・・(^_^)

太陽の余炎を求め・・裏のベランダから玄関の門扉まで、{ま、忙しく追いかけっこを}

して・・何とかカラリとまでは行かなくても乾燥に成功した・・(^.^)

下は少し湿気がある感じがしたが、ベッドの下へ置いておけばいいと思って・・入れた

途端に数分間に雨が来た・・まるで乾くのを待ってくれていたかのようで微少な喜びを

入手した気がして・・嬉しかった! 何て単純な人だと・・自分に突っ込みをいれ・・

どんな些細な事にも幸せを見つけられる人でありたいなんて・・ちょっくら《格好つけ

てみました》が・・何せ地がそのままの人だから・・瞬時で忘れてる・・あははははは

今朝はかなり曇っているので・・これから降って来る気配である・・(^_^;)

国道に出たら・・何時も左折する処に先日書いた”月餅”を売る店が突然出店していた。

その横では網の袋に入った沢蟹の様な蟹を足と甲羅を取っているお姉さんが3人もいて

これもびっくり・・(@_@。物凄い蟹の数である・・1匹ずつ取っているのですから・・

どれほどの根気がいるのだろうかと思って・・暫く立ち止って見ていた・・その手早い

捌き振りに驚いていたら・・顔をあげて『に―』と笑ってくれたので思わず拍手などを

してしまった・・とっても恥ずかしかったが無意識の感激だったのです私!

時々、肉やさんや魚やさんの捌きを見て感動するもので・・「あーまたあの外人だ!」

なんて思われていたりして・・ははははは 「自意識過剰ですか?」

沢蟹は何匹も這い出して国道でバイクに潰されていたが・・ダシにするのか?足も甲羅

も別の袋に入れていた・・もう、ゴム手袋は破れていたが・・新しい手袋に取りかえる

間も惜しむかの様でした・・(-"-)

何でも物珍しい人で・・変わっているのでしょうねぇ・・(^○^)

[花やさんが土曜日でも、日曜日でもなく今日は沢山、国道沿いに出ていました!]

初めて見たのですが・・菊の花、百合、バラ等に1本ずつ{日本では蜜柑を袋に入れる

網が全てに被せて}有って・・凄く丁寧に扱われていたので・・びっくり・・(@_@。

以前はそのまま、新聞紙に包んでくれていたのに・・ダラットでも花の名産地でさえも

そこまではしてなかったから、なお驚いたのかも知れません・・(*^_^*)


≪自分を正当化するのに執拗過ぎる≫

この国に来た頃、本当に1番驚いたことは【自己主張が余りにも激しすぎる】事で・・

何度も仰天させられる場面に出合いました。

「なぜ?そこまで、向きになるのか?」「どうしてそんなにしつこいのか?」嫌になる

程体験したものです・・( 一一) 大した事でなくても決して謝らないし・・自分が絶対

正しいと信念の様に思っているようで・・喧嘩しているところに出くわす事が度々あって

何だか当初は{唐辛子の好きな国民は血の気が多く血気にはやる人が多い}のだと考えて

いたものです・・わははははは

日本人なら往々にして、言い争う事があっても・・余程でない限り{犯罪などは別です}

前後の、仕事の関りや・・周囲からの止めが入ったりして・・あそこまで激しく言い争う

事にはならない気がしていました〔あくまでも日本の普通の感覚で常識的に考えて〕・・

どちらかが必ず(ごめん、悪かった)等で・・折れたり仲裁の顔を立てて止めるものです。

そして、相手の心を忖度したり慮ることも普通に考えたりできますし、相手の心を推量す

ることも日本人的感覚には有ると思います・・(^-^)

だから、公衆の前ではそれ程{激烈な喧嘩}は殆んど見た経験も遭遇する機会もなかった

のですが・・でもこの国では日常的に起きています・・!(^^)!

この国はそうではありません・・以前にも書きましたが・・女性の籤売りの人が執拗な

ので怒った男性の手がぶつかって、吹っ飛んで尻もちをついた時なども・・(--〆)

[わざとではなかった]のに・・その怒り方は異常でした・・<`ヘ´>

もう、相手を徹底的に罵倒します・・そして何が何でも自分を正当化するまで喋り尽くす

とでもいいますか?・・「よくあれだけ喋れる!」と感激する位のテンポで喋りますから!

教育を最低限受けていれば(ここまで言えば自分も納得するとか)「ここまでは言えない」

何て心のどこかでそんな気持ちが芽生えるものですが・・この国は全く違います・・(/_;)

人間として《最低のルール》とかは矢張り教育に因って有る程度は我慢したり、抑圧した

りする事を教わるし・・集団生活の中で成育されて行くものだと信じ込んでいましたから。

▼この国の人達の激昂には振り回され・・驚愕の日々がありました・・昔の話です!▼

こんなことがありました・・

私が息子の家に厄介になっていたころの事です・・その事があって・・一人暮らしをする

様になったのですが、詳細は省きますが・・家族がいてその上に未だ姉たちが一緒に生活

するようになったのです。突然です。自分の家の様に入り込んできて・・子供まで連れて

この国では親の面倒も兄弟の面倒も見るのが当たり前らしいのですが。私はそんな事夢に

も思わず{どうして何時までもいるのか?}が判らなくて・・聞いたことがありました。

するとずっと1年位だと言う話。その頃〔偽装離婚〕とかが言われていて・・私は本当に

無知で何も分からなかったのですが・・外国で働く為にそう言う事を平然とする人がいる

らしいと聞かされ・・びっくりしていました。その人達は当然、息子の生活費から小遣い

まで持って行きましたし・・親の私でさえ「生活費を出そうか?」なんて言っていたのに

です。信じられない人でしたし、ま、想像を絶する人達でした・・(ー_ー)!! 

        {ずっと前の話で・・現在ではありません} 

その事は余り思い出したくないので・・別の話にします。

若い日本語を勉強している人達が集まってお昼を食べる事になった日のことです・・

当然、有るものが支払うのがこの国の(ルール)らしくて私が支払いをすることは最初

から決定していたようです・・でも、私は何も知らされていなかったし、知らなかった

のです。ましてや、この国にそんなルールが有ることさせも・・(`´)

あらかじめ教えて貰っていたら・・別に何もなかったのですが・・こんな性格の私です。

「どうして私が支払うの?」って聞いた言葉に家族が「酷く傷ついたようで・・(>_<)」

『私の顔を皆の前で潰した』と帰宅早々、喧嘩を売ってきました・・(分らないから聞い

ただけで・・顔を潰すなんて想像もしなかったから、びっくりしました・・(@_@;))

それから・・延々と2時間位喋り通しました。その事に私の方が精神的に参ってしまい

1週間は口を聞いて貰えなかった・・『絶対に私が悪い』って聞かなかったですね!

まず、敵わないと思いました・・ここは日本の常識が通用しない事を幾ら言われても

自分の中で何がそんなに彼女を怒らせているのか見当がつかなかったからで・・(/_;)

●負けないし、折れない。絶対的に自分の意見が正しいと信じ込んでいるのです。

 それを正当化して相手にぎゃふんと言わせないと自分が納得出来なかったのだろうし

 そう言う国民性だったのだと・・初めて気が付きました●

「待って!私の話も聞いて!」って・・何度言ったか知れません・・でも・・全く聞いて

はくれなかったし、私は悪くないのに<謝った>けど・・許せなかったのでしょう・・

こんな事でも、判って頂けると思いますが?・・(ーー゛)

とに角相手にならないことです。そして、日本人感覚なんて全く通用しません。その事

が判ると・・少しだけこの国の気質が見えると思いますよ・・がははははは

ま、いろいろ有りました。だから、何とかやっていられるのだと思います・・( 一一)

道路で喧嘩している姿等本当によく見かけますが・・「あっ」と言う間に人垣ができて

周囲が話の中にどんどん入って来るし、嗾けるから・・輪が広がって・・誰の喧嘩?

だった事など時々分らなくなる様で・・すると人の群れは霧散して行きます・・(>_<)

**これが日常あちこちで有る光景ですから、最初は信じられなく、驚きの連続**

しかし、私の様に家の中に籠って・・誰とも接触せず・・何を考えているのか?理解も

見当さえ付かない日本人こそ・・〖奇異に感じている〗のではないかと最近はそう思い

っていますが・・どうなのでしょうか?  あははははは

:きっと、そう言う意味では自分の気持ちをあからさまに出す分この国の人の方が:

解りやすく・・私など本当に変人だと思われていると思います・・ぎゃははははは

又、何時かこの話はさせていただく機会が来るかもしれませんが・・(;一_一)

余りにも、この国と日本とでは考えや、思考、感性、感情の表現方法が違うと言う事を

知って頂けたらと思います・・ヽ(^o^)丿

  ◆色々と面白いですが・・大変でもあります・・それが1番の回答でしょうか◆
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/09/06(Mon)
珍しく、4時に起きてしまった・・(-"-)ベッドでぐずぐずするのは嫌なので「えーい」

何て・・ははははは 「こんなに早く起きてどうする?」と思いながらも・・今日こそ

肌掛けを洗おうと思って・・洗いだしたが・・{これが手に余るのです}手洗いの上に

ダブルベッド用だから、寝てる時は重さなど感じないのだが・・(^○^)いざ、水を含む

とこれが結構、ずっしりときて仕方ないから足での踏み洗いに変えて洗った・・(-_-)

          +朝から足の運動である・・ふふふふふ+

処が2日程天気が続いたので・・多分今日あたり[スコール]が来そうな予感がある!

やっとシーツが晴れていても2日掛って乾燥したのだから・・これは先ずもっと時間が

掛るかもしれないなぁ・・(-_-メ)

そんな訳で何時もより時間が早く片ずいたので、早目の市場に出かけた。国道を左折し

歩きだしたら・・点灯した車の後を葬儀の車が来るのが見えた・・一瞬「はっと」する

ものです《なぜなのでしょうか?》

☆今日は「私にとっては見知らぬ人だが・・巡り会わせで・・お見送りさせて貰える日」

 になったのだと思い心で合掌・・目礼して・・葬儀の車を見た!」

 前はクリスチャンの様な感じだったが、先程は棺の周りに真っ白い服を着た家族らし

 き人が目を伏せ、両サイドに乗っていた・・(>_<)

 棺を見守るかの様に頭を垂れ・・頭上には真っ白いハンカチの様なものを載せて止め

 ているようだった。しげしげと眺める訳にも行かず・・そっと通過したが・・その後

 に数台の大型バスが続いていたので・・親族なのだろうと勝手に想像していた!☆

*「よく縁起が悪いとか良いとか言います」が、私個人はそう言う遭遇に感謝の気持ち

 が湧く人で・・( 一一)不思議なのですが{巡り会う機会を得た事に、心が熱くなる}

 〔生きていればこその別れでも・・見送る機会を与えられた〕と思っています*

何処に居ても、誰とも知らない人との別れでの遭遇でも・・その時間は瞬時だとしても

何かが私を引きつけたと思うからです・・(/_;)(変かしら?私のそんな考えって?)

≪初めての郵便局≫

8年前、この国に来て『ま、驚嘆と驚愕の日々の中から・・一人暮らしをする事になり

PCを持って来なかったので、手紙を随分書きましたねぇ。』

ただ、幸いにも中心部で<外国人居留地内>にいた為に・・出かけるのがすごく便利で

何処へ行くのも歩いて行ける距離にいました・・(#^.^#)

しかし、未だ1度も郵便局へ行ったことがなくて・・道が分らない上に言葉もできない

状態でしたから・・最初は会社の女性のバイクに乗せて貰い行きました。

彼女は全く日本語ができなくて・・身ぶりで郵便局へ手紙を出したい旨を伝えたのです。

意味は簡単に理解してくれて連れて行ってはくれたのですが・・私からお金を預かると

勝手に「さっさ」としてしまったので・・びっくりしました・・(@_@。

きっと、出来ないから依頼されたと彼女は取ったのでしょうが「違うのよ!私は自分で

実際の体験をしたくて・・連れて来て貰ったのに・・(/_;)」一瞬で終わり・・帰宅。

詳しい説明もお互いが(言葉が分らないので出来ず終いでした)有難うだけで終了!

【これは自分でやらねば・・これから先もあるからと。忘れない内に翌日、また手紙

 を書いて地図を見ながら・・小路に入れば帰れないかも知れないし・・迷うことも

 考えて・・大きな通りばかり遠回りでも歩いて行きました。乾季の頃で背中まで汗

 が染み出していましたが・・もろともせず・・必死の形相で多分、歩いていたので

 はないでしょうか?・・ぎゃははははは】

 ▼もう真剣でした・・(;一_一)初めてで、未だここに来て1週間も経っていなくて

  一人で出歩くのもたったの30分弱程の道のりなのに・・必死でした▼

何も分からないから・・スリやひったくりが多い事も聞かされて致し・・外国人と言う

レッテルが付いている身です〈大袈裟すぎるほど慎重でした〉今、思うと大笑いです!

ま、何とか無事到着しまして・・[ほっと]した記憶があります・・あははははは

ブルーのアオザイを来た入口の案内の小母さんに『切手売り場』を聞きましたが・・

完全に無視されて・・仕方なく・・中をうろうろ〈昨日は入り口で待つように言われ)

中には入らなかったから様子が全く解らない・・(@_@;)

冷房は効いているのに(・_・;)が流れる・・[本当に知らない事は情けないものです]

ようやっと沢山の人が並んでいるところが・・外国人専用窓口に気がついて、そこへ

並びました15分も並んだでしょうか?とに角やることが遅い上に途中で・・友達と

お喋りなどしだすと”ほったらかし状態”だから・・<`ヘ´>ま、いい加減です!

そして、私の後にも沢山並び出すと、初めて気が付いたかのように窓口に座り5つ位も

有る窓口は絶えず2つしか開けないで、中で仕事はしているのでしょうが・・見た限り

先ず喋くってる状況でしょうか? やる気など全く見えません。こちら側は苛々しても

どうにもならず「待つより仕方なかった」・・(@_@;)

やっと、切手を購入して・・これも又・信じられないことなのですが・・同じ紙で同じ

封筒、中身も1枚しか書かないのに・・その日の担当者によって値段が違う事を後日に

知ることになるのだが・・<(`^´)>

切手は手にしたが・・今度は何処へ持って行き出せばいいのか?窓口をずっと歩いて奥

迄行ったのですが、探せなくて・・(/_;) 疲れたので真ん中にある椅子に腰を下ろして

しばし休憩していた・・すると心が落ち着いたのでしょうねぇ・・(^.^)

色々な人の動きが目に入るようになって・・何処にあるのかが解り、そこで切手を貼って

さて今度は出すところで、また迷ってしまったが・・偶然に下を見たら四角の穴があって

そこに{オーバーシー}って書いて有ったのです。一寸嬉しく「ほっと」しました!

    ▲▼たった、それだけでの話なのですが・・(ー_ー)!!▲▼

●「そんなに大変な思いをするのなら切手の窓口で聞けば良かったのに」と思われるかも

  知れませんが・・(^_^;)「全く余計な事を聞く耳も持たないし、切手以外の事に付い

  ての返事など全て無視します。何度も最初は空いている時に聞いた経験もあります。
  
  金額が微妙に日によって違うし、係によって違うから・・不思議ですもの・・(`´)

  でも、1度も返事は貰え無かったですし・・何度も言うと凄く睨まれて嫌な顔をして

  『私の仕事に文句があるのか?』などと反抗的な態度で接してきます・・!(^^)!

   《》挙句は奥の部屋に行ったり友達と話したり完全にスルーされます!《》

  どんなに人が並んでいても平然とお喋り出来る国民気質ですから、気分を害すると

  もう相手になどしてくれません・・凄い性格ですし驚かされました・・(@_@;)

  国民を代表している優秀な人だと思っていたが・・凄く意地悪をされたり・・私の

  順番に当たると「顎で向こうの窓口に行け」と言われた日もありましたねぇ。●


::ブルーのアオザイが素敵で憧れて見ていた分・・かなり腹立たしい思いをした時期

  がありました・・<`ヘ´><`ヘ´>::


それから、数ヵ月が過ぎたある日のことです。何時ものように局からの帰りにスーパー

に寄って買い物をしていた時に・・未だ小学校へも行かない位の女の子が迷子になって

声を出さないで・・涙を『ぽろぽろ』出して泣いている子供が私にすり寄ってくるので

「きっとお母さんに逸れたのだろうと思いました。「なぜ?こんな外国人に寄ってきた

のか・・解りませんでしたが・・このスーパーは3F迄あり、レジの処に連れて行って

言葉は解らなかったと思いますが一応、ジェスチャーでは解ってもらえたようで・・

置いて行こうとしたのですが・・その子が私の服を離さないので・・暫く駕籠を置き

「放送できないか?」ってやってみました。その声を聞いて上から猛ダッシュで母親

らしき人がエスカレーターを飛び跳ねるようにやってきた・・(*^_^*)

その子は言葉が不自由だったらしく母親が手話で話しかけていた。私も安心して買物

を続けようと荷物を持った時、母親が私に、何度も何度も『ありがとう』を言うので

「大したことないなんて手を振り」まともに顔を見たら・・もう、お互いに驚いた!

 ◆あの郵便局の意地悪なおばさんだった!のです・・母親も・・\(◎o◎)/!◆

まるで、出来過ぎた話で・・私もこの話を書くのに躊躇があって・・どうしようかと

迷ったのですが・・嘘ではないし・・自分自身の教訓にもなると思い書きましたが!

本当に偶然だったのですが【】人間は人に余り失礼な事はしてはいけない【】必ずや

何かの形で自分に振り掛かってくるものだと自分のためにもそう感じた出来事でした!

不思議ですね・・それから郵便局へ行っても混んでいても別の窓口を開けてしてくれる

極端さに・・心穏やかにはなれませんでした・・それでも、彼女にとっては精一杯の心

だったのだと思い・・なるべく並んで待ちましたが・・窓口にいる時は必ず1番にして

くれるようになり郵便局が楽しくなったのは事実です・・わははははは

偶々の偶然だったし、その事で自分が凄く有利になったとは思わなかったけれど、気分

よく行けることになったのはやはりちょっと嬉しかったですねぇ・・(●^o^●)

もっとも、郵便局への回数は減りました・・電話が多くなったせいです。

しかし、これも決して忘れることのない思い出でした・・(^-^)

今はどうなっているのかしら?もうリタイヤしていないと思うけれど・・( ^^)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/09/05(Sun)
この国にいると決まって聞かれる事があります「どうして1人なの?」「えーー1人?」

「家族はいないの?」「どうして1人で住んでいるの?」「日本人は1人で住むの?」等

〔1人で寂しくない?〕が必ず付く・・そんなに不思議で奇異な事なのか?・・(-_-メ)

この国に来るまでは・・そんなことは範疇にさえ無かった私です・・(#^.^#)

余りにも同じことを聞かれるので・・いい加減面倒になり『日本人は老人になると子供の

世話になる事が好きではない』等と・・つい日本語の解る人には答える様になった!

★しかし、実際の現実はそうではない。確かに私の様に人と余り接触したくない種類の

 人もいると思いますが・・(^_^;)★

★何時も書きますが〖自由と引き換えに孤独〗を受諾しているのが事実であり、正直な

 気持ちでもあります・・(*^_^*)★

しかし【騒々しいのや、誰かの干渉を受けて生きる事に比較すれば1人で生きる事が楽

なだけで・・何時だって心内には話し相手も時には欲しかったり・・家族だから愚痴を

言いたい日々が有るのは現実問題として数知れず有るものです。

しかし、そんな事言っても何も自分に戻って来るものが心地よいものばかりではないし

心配かけることは酷く不快で目に映る様に解るから、嫌なのだと思う・・!(^^)!

だから、できるだけ関りを持たないで生きて来たし・・これからもそう言う生き方が楽

なのだと思っていますが・・何処まで続けられるかなぁ・・あははははは

◆誰だって{たった1人では生きられないし、誰かの厄介になり迷惑をかけ乍ら支え合い

 生きているのが現況です。家族は特にそう言う部分が多いと思います・・(-_-)}◆

それは十分に理解できている積りなのですが『意固地な性格と、偏狭な思考回路の迷走』

が、絶えず鎬を削っている部分が沢山あって・・何時だって・・身勝手な方向へと進路を

向けて進行しているみたいですねぇ・・がははははは


 ■多分に、周囲に{悪性のウイルスでも撒き散らしているか}の如くに・・_(._.)_■


「ま、偶にはそう言う人もいるわよ!」なんて言ってくれている内はまだ良いのだが・・

▼人間には絶対に逆らえない、過去への帰路が許されない『老いる時間が到来する』▼

これが異常にしんどくて・・やりきれなくなり・・堪え性がなくなって来ると言う計算

外が発症するのです・・これはちと面倒で・・手こずりますねぇ・・!(^^)!

    【】最近、その事がとみに頭を過って行きます・・(-"-)【】

しかし、本当に心底{寂しさを知っている人なら・・たった一人だけの生き方でこの様

に意地を張っていたり・・我慢したりはしないと思います・・愚かですものね!}


■{本当の寂しさや切なさは・・口になど出せない}言って補えるものでもない■

■{自分で回答を出して耐えることに尽きるのではないでしょうか?■

■「なぜ?そこまでストイック的生き方をしたいのか・・自分でも定かではない■


**瞬時の諦観や慰めに依存するのは、個人的感覚からは程遠くて・・依存する心を

  自分自身が許せないだけで・・寂寥感や寂寞さは心裡に結構あって・・表現して

  も個々の問題であって短時間の慰めや癒しでしかないように思えてならないから

  何も言いたくないし・・自分で処理している部分が有ると思います**

:::だから{淋しくない?」なんて聞かれると・・返答に凄く困るのです!:::

 ▼▲「貴女は強い人ねぇ」なんて言われるのも・・妙に心がざわつくのです▼▲

1人の寂しさや自分自身がどれほど【弱い人間であるかを解っているだけに】・・そう

簡単に言われるとこれも又・・落ち着かず{安分守己}でない分、傷ついている場合が

かなりあることは誰も知らない・・( 一一) ほほほほほ

<空谷の跫音>にどれだけ狂喜する自分が居ることも知り尽くしているいるのだから・・

《かと言って、今の自分の性格も生き方も変化出来る程、器用ではなくそう言う意味で

 は無駄に不器用が目立っているのかも知れない》・・ぎゃははははは

●だから、豪快な振りして笑い飛ばさないと・・心まで瓦解されて行きそうで、決死の

 体で現実にしがみ付いているのかも知れませんねぇ・・ふふふふふ●

≪アオザイ≫

ヴェトナムと言えば{長い黒髪とアオザイが象徴的}ですが・・これもかなり変化して

いました・・(@_@。   [黒髪も今は染色した人の方が多いかも・・?]

以前も学生は純白のアオザイでしたし、若者は様々な色の上着でも下のパンツは幅広く

白と何となくずっとそうだった気がいたします。そして、老いてからは下のパンツの色

は黒と決定的ではなくても、それが主流でした・・(^_^)

最近は、着ている人も本当に少なくて・・バイク通勤の女性の”アオザイ姿”は殆んど

見ない気がいたします・・不思議ですが・・(--〆)

官庁や航空会社等、郵便局、銀行などにも”アオザイ姿”を見ることは可能ですが・・

以前に比べたら・・かなり少ないように見受けられます。

何かのイベントの時とか結婚式は勿論着ますが・・余り見かけなくなったのはどうして

なのかしら?・・(ーー゛) 日本の着物みたいな感覚なのかも?

特に、最近はTVのアナウンサーの女性等を見ると・・上下同色だったり・・少し色を

替えたりとパンツの色が白〈未婚の女性が多かった〉が少なく殆んど見ないですねぇ。

最近の流行はシルクに手刺繍するなどの凝った物から・・オーガンジーの様な薄い綺麗

な色に文字が書かれて有ったり・勿論、手刺繍の国ですから・・胸元から足元迄だった

り、それはカラフルで色彩豊かで見事な商品の陳列も見られます・・(#^.^#)

又、古い店などは何十年も同じアオザイを飾ってあったりもしますし・・本当に様々で

面白く見ています・・何でもありのお国柄ですから・・あははははは

雑誌や観光本には色々な店が出ています。滞在中にオーダーメイドで1日で出来上がり

ホテルまで届けてくれる店もありますし・・時間を切ったら数時間仕上げ何て店もある

と聞きました。凄いことで驚いてしまいます・・(@_@;)

ただ、生地が豊富すぎて何をどのような感じで選択したらいいのか見当がつかず・・

私も以前採寸〈これが異常に大変です。20数ヵ所は計りますし”アオザイ”を作る時

はヒールの高い靴と胸を強調した下着を付けるのが常識とされています)して貰い作り

ましたが・・もっとも私の場合は縫ってくれる人が知り合いだったので・・生地は息子

が買ってくれたし・・幾らだったのか何も知りませんが・・_(._.)_

現在は生地の種類や刺繍等、手をかけると矢張り高い様ですが・・そして、流行もあり

マオカラーの様だったり、襟を高くしたり、襟なしもあって様々なデザインがあるよう

で楽しみですし・・とっても『美しいスタイルに変身できます』・・ヽ(^o^)丿

ここで生活するのではなく、あくまでも観光土産とか結婚式などに着てみたい程度なら

それほど高価でなくてもよく30㌦から100㌦迄もしないで、自分の体にぴったりの

”アオザイ”が手に入る様ですし・・すんなり着こなして・・(^_-)-☆

夜景を見ながら【ディナーなんて旅の思い出には素敵だと思います】・・(●^o^●)

どの本にも掲載されていますが・・一応この国でも、有名店とされている店をさわりだ

け書いておきますので・・ご参考になれば嬉しいです・・(*^^)v

ただ、殆んどの店は1区の中心街にありますので・・色々と入って見て生地選びをする

のも興味あることかも知れません!

◍カイ・シルク  ◍ミス・アオザイ  ◍ドルチェ・カーサ  ◍ミンハン  などです。

まず、生地の数が多いので目移りしてしまうので・・色はこれとか生地はシルク等と決め

て行かれたら・・案外気に入った商品との出合いがあるかも知れません・・( ^^)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/09/04(Sat)
短い時間で何度も「スコール」が来ていたので・・昨日は市場へも行かなかった!

だから、何時、張ったと言うか掲げられたのか・・全く気が付かなかったのですが・・

さっき、市場へ行こうとして小路を出たら、道路の電線の下に小旗がず―と掲げてあり

それも国旗ではなく、幾つもの色で小さな旗が張られていて驚いた・・(@_@。

多分、国道だけに国旗が有るものだと思い・・各家庭では省略するのかと思っていたが

違うようでした・・(-_-)

きっと、何かの意味があっての色合いだとは思うのですが・・以前には見たことがなく

この地区だけなのか?新しく出来たのか解らなかったが・・これも何となく風情があり

{国旗ほどの威力}は無いけれど・・いい感じでした・・(^_^)

矢張りこの国は〔日本で考えたり想像しているより遥かに意思力とでも言いますか?〕

☆根底を流れている(魂が違う)気がしましたね・・きっと、住んで見ないとこの感覚

 は理解して貰えないかも知れませんが・・(-"-)☆

*何かが完全に分離されていて・・それでいて(一丸)となれる力の強さを感じます*

きっと、昔の戦争をしていた頃の日本にも当然にあった『気骨』の様な気がしますが・・

戦争は生憎、知らないから・・解った様なことは言えませんが・・未だそう言うものが

強烈に残存している事が、案外普通なのかも知れません・・(@_@。

沢山の小旗を見ながらそんなことを思い帰ってきたところです。「4連休が多いのか?

2連休なのか?」それぞれなのでしょう・・が・・

今日は国道沿いには沢山の露店や屋台が並んでいましたが・・客数は何時もより少なく

でも、道路はバイクがかなり走っていましたが・・(-_-)

今朝は鶏肉を買ったので、野菜たっぷり入りの煮物にライムを一杯かけて食してみよう

なんて思っています・・全てこの国の野菜だから・・何の野菜と肉類は何が合うなどは

想像の域迄達していなくて・・食べてみて「えー?」とか「案外美味しい」などと言う

惣菜作りの日々です。だから勿論食せない物も稀にあって・・(@_@;)

葉っぱだけをスープにする物を知らず茎も煮込んだり炒めたり・・ドロドロ状態になり

全て捨てた経験もあり、茎が固く食せないそんなこともありました・・あははははは

失敗して初めて、判ることが多く身内に聞けばいいのでしょうが・・(-_-メ)

相手にも自分の生活があるし・・出来るだけ自分で生活したくて頼らない様にしている。

[どうしようもない時以外]と決めているせいか?殆んど没交渉状態かな今は?

だから、すごく自分のペースが守られていて・・自然体で精神面が安定しています・・

待ったり、時間に惑わされる事がないだけでも楽です[時間にルーズだから]どうしても

短気の上老いが手助けするから・・早目に準備して待ってると<ドタキャン>される事

が何度もあって神経が苛ついていた分・・安穏になったのでしょう・・(@_@;)

そう言う事が何度も続くと{当てにしないで自分で頑張るから・・本当はそうすること

で覚えて行くのが1番良いのだなどと、つくずくそう思うようになってくるんです。

  ▲▼すると不思議と【怒りの感情が浅薄になって行くものです】・・( ^^) ▲▼

{何とか自分でしなければならないから・・精神面より老いの身体に応えるけれど・・

充実感には癒される部分があります}・・わはははは 「どっちもどっちかな?」

〖ま、心の何処かで・・何かあれば連絡する処があるだけで幸せだと感じています〗

〖何かあったら・・間に合わず遅いかも知れませんが〗・・がははははは

その時はそれ・・仕方なく・・結構《諦観だけは確りと持って来ている積り》だから!

::かなり、心意気はあると勝手に決め込んでいる人です・・ふふふふふ::

    ::相手の迷惑など何も顧みずにですが・・ぎゃははははは::

 ■何を求めて生きていても・・何時かは自然と衣食住は備わるとか聞きました■

まして、それほど若くないのだから物欲も無くなって来ている現在・・何かは未定でも

努力する気概だけでもあれば・・(#^.^#)

衣食住の粗末さなんて大した問題ではないことを、この国で学ばせて貰っております!

心が随分豊かになったと言いますか・・キャパが広がったよりも自分で枠組みしていた

部位が外れて来ている気がしています・・(いい事か悪い事かは、これから先の問題?)

になって行くのではないでしょうか?・・ははははは

≪水や≫

この国で≪水や≫に世話にならずに生活は成り立たない・・水道水が飲めないからです。

以前、こんなことがありました・・

何時も会社から電話して≪水や≫に持って来て貰っていました。{自分で何度か挑戦も

しました}が・・こっちの言う事は水が欲しいことは当然解るのでしょうが・・住所を

言うのが難しく音が取れないし・・何度も聞き直されるともう、完全に言う気力が萎え

諦めモードになるので・・矢張り連絡して貰うことになってしまいます・・_(._.)_

今、現在もそうなのですが・・(;一_一)

{どうしても住所が言えない}何処で区切ったりさえも解らない状態だから・・本当に

情けない思いでいます・・!(^^)!

その日は何時ものお兄さんではなかったのです。でも、金額が変化するなど思っても

いない人だからそしてその日はきっちりと用意が出来て居なくて[日本円で500円札]

×勿論ドン札ですから違いますが×を出して1本140円で2本だから280円!

頭の中ではおつりもきちんと計算されていたのに・・100円しかおつりをくれない!

『ちょっと待って』って計算機を出して見せたのに・・絶対に支払おうとはしない。

「外国人だと思って馬鹿にしたのか?」と無性に腹が立って、追いかけて玄関まで行き

ましたが{手を振って相手にされない}その頃は未だ血の気も多かった・・あはははは

会社の子に連絡したら(安い水だと綺麗ではないから高い方を持ってきたのだ】と言う

返事をされた・・(・_・;)

  ◆『びっくりするやら恐ろしいやらで、電話口でへたり込んでしまった』◆

だって「今迄の値段の≪水や≫のは安価で不純物が有ったのか?」{毎日2ℓ近く飲ん

でいた私です・・その安価な方で不純物一杯を毎日飲んでいたのだと思ったからです}

未だ、この国が何も判っていなかった私ですから・・それは仰天するほどの衝撃でした!

処が後で聞いたら・・計算間違いだったらしく・・あれほど計算機迄持ってきて言って

いたのに・・次回頼んだ時は前の値段でしたから・・いかにいい加減で・・配達も自分

の都合だし、値段も勝手にしたり、言う人もいたり・・会社の子も『面倒な母さんから

文句が来て厄介だったのでしょう・・適当に処理されたことも解って・・(--〆)』

唖然としたし<何という国なんだ・・<`ヘ´>>と、腹を立てていた私が1番の愚か者

だったことを知りました・・(`´)  ”先ず先ず・・いい加減です”

今、思えば笑い話かも知れません・・適当にからかわれていたのですから・・( 一一)

でも、その頃は真剣に金額の問題ではなくて{不純物のことばかりが頭の中を渦巻いて

いましたねぇ}・・あははははは

 ★でも、お腹を下す事などなかったから・・きっと、大丈夫だったのでしょう★

先日迄来ていた≪水や≫はお金を一切持たされていない子だったので・・最初はおつり

がなくて欲しくもないジュースを買って細かくしたりしていたが・・(^_^;)

全く持たされていない事を知りぴったり準備していた。今の家には前にも書きましたが

女性の配達で・・これも驚きでしたが・・21㌔を軽々と持ちあげ、肩で運ぶ姿は驚き

ます。慣れなのでしょうか?・・(@_@;)(@_@;)

私などお米10㌔持つと手が震えて・・暫く何も出来無かった気がします。尤も日本で

の話ですし・・自転車か車でしか運べなかった〔それもカートに入れたまま〕

今は2㌔か3㌔のお米を買うだけだけれど・・3㌔買うと、かなりずっしり重く感じて

2㌔がちょうどいい感じで歩ける状態です。年齢と共に腕の筋肉が落ちたし・・指先に

力がなくて・・プルトップも、穴に差し込むジュースのストローも力が入らず出来ない。

情けなくなる時が度々あって・・一人が気楽とは言え【人生には詭弁も必要だと思う日

が有るのも。また、甘える相手が時には居てもいいかもなんて・・そんなウソ臭い事実

にも塗れてみたいこの頃でしょうか?・・ぎゃはははははは
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/09/03(Fri)
昨日の{国旗}は『建国記念日』・・

国民の祝日だったそうです・・(#^.^#) 道理で店も会社も休みらしく、学生や子供が

わんさかいて賑やかだった1日だった・・祝日が少ない国だから日曜日迄4日間休む

処もあるそうです・・(*^_^*)

時々何度か「スコール」が来たが・・割合と穏やかな方だったかも知れません。PCは

午後からは殆んど毎日使用出来ない状態になるので・・全くではないが・・(^-^)

   [ただ、雨の降らない日も勿論ありますから・・(^_^)]

大体は午前中で使用しないように決めています。なぜなら、雷のせいもあるが、画面が

{パツパツ}となって・・停電でも来るかのような症状を起こすからで・・それが嫌で

  <何か緊急の場合は「スコール」の間を狙って開く時もあります>

  ▲先ず、それでも早朝5時過ぎには座っている人です・・ぎゃははははは▲

何せ4時半起床です〔日本では夜中2時半でしょうか?・・異常です??・・(>_<)〕

早寝するから特別問題は無いのですが・・真っ暗な中起きて掃除、洗濯などしていると

時には自分で「誰も誉めてくれる訳でもなし、こんな夜中に起きて馬鹿じゃないの?」

何て思う日もあります・・がははははは

■人には{各々の生活があるし、生き方、思考、感性、身に付いた習慣など、変えたい

事などが山積していても・・それができない時期もあり・・又、そのことが自分を守護

する場合も多々あるものですから・・自分に似合った楽な生き方で生きていればいいの

だと}そう勝手に決め込んでいる部分が数多有ります・・(●^o^●)■

★仕合せ過ぎる現実に感謝こそすれ我儘は言わずに与えられた時間を『せっせ』とこな

 して生きていれば・・(#^.^#)

 生かされている意味を自から理解できるのでは・・ヽ(^o^)丿などと折節、自己反省

 やら自己満足の中で、それなりの生活が成立している事を、正直、有難いと思って

 夜空の星[父母や主人]と話しています・・( ^^) うふふふふ ★

**〔生きてさえいれば〕〔健康であれば〕ある程度のことは可能だと思うので・・

  こんな異国に{ポツリ}と独り居ても〖そう心が騒がずにいられる喜びや、幸運に

  対し《報恩》出来る日が来るといいなぁ・・なんて思う最近です・・(^○^)**

▼▲矢張り老いたら・・こんな風に考えるものなのでしょうかしら?・・わははははは

 {私らしくない?}かも知れませんが・・・・(-"-)

  しかし、人は思いもかけない出来事や実体験をするとその前では“謙虚”になって

 {持ち前の傲慢さやほんのちょっぴりの思いあがりさえ{見事にどんでん返しされて

  しまうものです}《》それはかなりの衝撃と激痛を伴います・・(ー_ー)!!《》

  そんな事実を突きつけられると・・怖れる部分と神妙さが綯い交ぜとなり・・混沌

  とした後には・・少しは人並みな考えと慎ましさが育つのではないかしら?▼▲

   【】本当はまだまだ私には何も解っていないのが事実なのですけれど【】

       :::「ふと」そんなことを考えた早朝でした:::

≪スーパーでの出来事≫

以前は、発展途上でもう、何でもが集中し「文化も商業も入って来ていた時代でした」

だからスーパーもあちこちに出来て、そこへ行くのが楽しみでした・・ヽ(^o^)丿

現在の家に比較したら・・嘘の様に便利で・・歩いて行ける範囲内ばかりでしたから・・

ま、そんな訳で、国営のデパートが完成したと言うので・・(*_*) 早速行きました。

中はそれはそれは華美で・・煌々と照明が当たり・・全ての商品が「ピカピカ」しており

[おいでおいで]の状況の中をエスカレーターで昇がって、上まで行き順番に降りて来た!

このデパートには2Fにスーパーがあって、品数も豊富だし国営だから、この国の商品

が多く・・安価なのが凄く嬉しくて・・じっくりと見て回りました。

1時間ほど、珍しいので手に取り、眺めては置き、次は何て手を伸ばしていたら、周り

に人影が無くなっていて「え―」と思った・・(~_~;)

×見るとその通路が両サイドにカートを置いて通行止めをしている様子・・(@_@;)×

そして、私に向かって店員が来るのです(邪魔なんだと解ったからOKサインをして)

そのカートを除けて違う通路に出たが・・{何が始まるのか?興味があり・・(@_@。}

ずっと見ていました。しかし、何のことはなく商品の並べ替えと入れ替えだけなのに

びっくりしました・・それって「通行止めすること?」って思いました・・(--〆)

箱を数個持って来たが、通路にべったり座ってお喋りしながら・・手なんて全く動かさ

ずにお喋りに夢中で・・1つ箱から出したかと思ってもそれを持ったままで仕事なんて

しません。誰も咎める人もなく責任者が誰かも解らない!これが「この国のやり方なの

だと思っていました」が、私の買い物が後20分程で終わっても・・レジで並びおつり

のキャンディを貰っても未だ通路は封鎖されていたし、お喋りは続行中\(◎o◎)/!

   ==「やる気もなくどうってことがないのだ!」と思ったものです==

日本では品切れになったり補充する時、係の人は小さくなって・・「すいません。直ぐに

終わりますから」なんて言ってくれるし、客に対する遠慮ってものがあります・・(^_^;)

しかしながら、この国は客等どうでも良い様で・・デパートの中も声をかけても素知らぬ

振りだったり・・全く親切心がない。買っても買わなくても自分の時間だけ働いてお金を

貰えればいいと、あからさまに感じさせてくれます・・(@_@;)

  {}国の違いなのでしょうねぇ・・驚きましたよ・・その頃は・・ははははは{}

 {}多分に、店員の教育もなしでのぶっつけ仕事だったのでしょう・・(;一_一){}

最近はかなり変わって来ていますし・・客を待たすことは{いけない事}が割合何処でも

見られますし、様相も変化してきました・・(*^^)

未だ、何も解っていなかった時代だったのでしょうし・・そう言う時期と、又進歩して

発展して行くこの国を見る機会が与えられたことを嬉しく思っております・・(@^^)

色々なことを考えたりの時間が授与されているのですから・・それなりに伝達出来れば

なんて考えております・・( ^)o(^ )
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/09/02(Thu)
約束をして、買い物へ連れて行って貰うつもりだったが・・生憎、短時間ではあったが

スコールが邪魔をして行けなくなった・・こればかりは仕方ない・・1時間も降らない

程度だったが{雨なら止めて、明日}と言っていたのだから・・(^_^)

今朝、小路を出たら、何時も煩いように人やバイクの通行があるのに・・なぜか?閑散

としている・・店も閉っているし{可笑しいなぁ?}

何て思っていて・・国道に出た途端・・(今日は何かの記念日)国旗が見事な位に数㍍

置きに掲げてある・・祝日の少ないこの国だから『その光景は異常に感じる』・・多分

外国人だからかも知れないが・・(@_@。

想像して見て下さい!家の近くの国道に、3㍍位の間隔で日の丸が掲げてある姿を・・

{何事かと思うでしょうねぇ}・・!(^^)! それが当然の国ですから、異常に感じるの

も普通かも知れないと独りごちておりました・・ふふふふふ

以前にも書きましたが・・国旗を掲げるように[公安]が命令しに来るお国柄・・驚き

ます。でも、家の近くでは何処にも無かったから、国道沿いに掲げることで敬意を表出

しているのかも知れず以前の様にどの家庭でも・・と言う気風は無くなったのかも?

そんなことを思いながら市場を後にしましたが、市場はどんな日でも【命の綱】だから

《テト=旧正月》後日書きますが・・以外は休まないのだと思いました・・(^○^)

何時もの惣菜やも露店も屋台も今日は何もない国道沿いで驚いたが・・歩き易かった。

※昨日の三輪トラックの『セオム』ですが・・この国の人の発音で私は書いたのです!

 大方の人がそう言うもので、でも観光本などには『セラム』と書かれています※

交渉次第で・・結構自分の行きたい場所へ連れて行ってくれるようなので・・早く乗り

たいと思っているが・・何時になりますか?・・あははははは

≪足元と背中がびっしょり≫

以前の話です・・

家の近くに”新しいスーパー”ができた[それもかなり大型店]と聞かされて・・歩いて

行ける距離にしては遠かったのですが・・未だ元気でしたから・・行ってみました。

40分以上は歩いたと思います。やっと到着・・今頃の雨季の時期でした・・(-"-)

ま、顔からは汗が少し流れていましたが・・それ程の暑さは感じなくて冷房ガンガンの

店内に入ると「スー」と汗が引いた・・(#^.^#)

玄関先には〔日本の有名な家電メーカーが数件並び〕その頃は冷蔵庫がまだ本当に普及

していない時期でしたから・・冷蔵庫のオンパレードでした!それがすごく高くて・・

\(◎o◎)/!しましたが、後日、息子の家に私が買うことになった店でもあります。

冷蔵庫は家族の意見が反映されたのですが・・私は量的や温度調節など・・勿論日本で

実際に使用していたので・・違うのを懸命に勧めていたが・・多分、何も分からなくて

見た目で選択したようでしたが・・ここでも感性の違いを嫌と言うほど味わった!

▼決して譲らない事や人のお金だから遠慮するとか?少しは意見を聞くなどの気配りは

 まるで何一つないことを・・(-_-メ) 思い知らされましたねぇ・・

 当然支払うのは私と言う考えの元だったからでしょう・・がははははは▼

         {それは後日の話でした}

初めて行った時の入り口で、荷物【ハンドバッグや袋物】の預かりの場所があり・・

財布だけを持って中に入るようになっていました歩きですし・・お腹にお金を挟んだ

ままでただ帽子とサングラスはかけていたから・・それを預かって貰いました。

その場所はそれ程大きくなく、2人の女性が担当して、小さな棚に番号がありそれと同じ

番号の札を貰い、店内で買い物をしていました。2Fもあったので・・珍しくてかなりの

時間2時間近く経っていたでしょうか?ふと、外を見ると凄く暗くて・・雨が落ちて来て

いました。「ありゃ!しまった」折畳の傘を用意してくればなんて考えていた・・(-_-)

レジも終わり・・外を見るとかなり降っている。皆、玄関先で雨宿りをしているので私も

20分位はそこにいたのだが・・何時止むのか解らないし(いいや・・合羽は1枚も持って

いないからこの際購入しようと思って・・また、店内に戻り、買う予定が・・その種類の

多さにどれを買っていいのか見当もつかず・・ゴム製品から、薄いビニール迄本当に数が

あって・・余り薄いのも・・製品的に杜撰だから・・少し、しっかりしたビニールの物を

選んだのですが {これが大失敗だったのです}・・(ー_ー)!!

バイク用だったようで、物凄く確り包装してあるから・・ジッパーを開け取りだし広げ様

としても固くて・・そこでかなりの(-_-;)をかき、やっとの思いで全部広げ、実際に着る

と膝下10㌢位しかなく・・ま、それでも、雨の中着て帰りました。

途中5分位歩いたところで・・気が付いたのですが・・帽子とサングラスを預けていた

事をすっかり忘れていて、取りに戻ったのです・・処が食事時間だったようで、彼女が

担当しているからか?もう一人の人は知らない振りをする意地の悪さ{ムー}としたが

少し待っていたら・・<口をもぐもぐさせながら彼女が走ってきた>そんなにしなくて

もと思う程・・口いっぱいに頬張っている様は可笑しくて・・気の毒で思わずさっきの

意地悪な女性も吹き出し笑い出してしまった・・(^-^)

番号札を見せているのだから・・別に自分の担当以外でも出してくれてもいいのに・・

なんて思い腹も立っていたのだが・・この国の習慣かも知れないし・・未だ殆んど何も

解っていなかったし・(;一_一)・時間が無い訳でもなく・・待っていようと思っていた

矢先で・・彼女の出現だったから・・その場が明るくなって・・「カモン=有難う」と

行って気分よく店を出たのです・・(^_^)

しかし、15分位歩いたら・・思い切り雷が鳴りだしたので・・急ぎ足で歩きだしたら

ま、その合羽は新品の上、防水加工がしてあるし・・(^0_0^)をかける部分しか空いて

なく、それ以外は閉じて、両サイドのジッパーまで確実に閉めたからもう、中はそれは

{ムレムレ}状態でした・・(>_<)。。

::その蒸れる事::頭から顔、背中にかけて滴る汗・・もうびっしょり・・(@_@;)

合羽を着ないで歩いたのと同じ程度に濡れて帰った記憶があります・・あははははは

  (膝下も雨水の中を歩いた様に濡れていました・・!(^^)!)

■全く知らないことは・・どうしようもないことで・・恥ずかしい程完全防備だった!

 今考えるとジッパーや顔まで隠すのはバイクに乗っている人のことで・・歩いている

 私は単に着るだけで十分だったのでしょうねぇ・・( 一一)■  わははははは

  {家に着いたら<合羽の中が雨に打たれた様に汗が流れていました>}

シャワーを浴びて、落ち着いた処で、干してあった合羽を折り畳む順序で元通りの様に

してもナイロンの袋は真空状態で入れて有ったのでしょうねぇ・・(--〆)

どんなに強く畳んでも中に入らず・・諦めてしまった思い出があります・・一切が全て

そうで・・その時が良いのなら・・後の事など・・何も考えていないのが現状でそれは

今も余り変わりませんね・・不思議でいい加減な国です・・ふふふふふ

折畳の傘も最近は見る事が度々あって・・使用する人もあるのだと、思って見ていると

先ず、日本人の様にきちんと折り目通りに巻いて止め、袋に入れている人はみたことが

ありませんし、袋に入れて仕舞う感覚がないのでしょう・・(ーー゛)

面倒だし、粗野だから・・畳んでその辺りに投げておいたり・・袋などとっくに捨てて

いて・・(袋は?)なんて聞いても凡そ、そんなことは考えないから・・袋迄置いている

人は殆んどいないではないかしら?私が干して畳んだり袋に入れるのを物珍しそうに見て

いる有様ですから・・ほほほほほ

何にでも当て嵌ります。まず何か頂いても先ず箱をぐちゃぐちゃに潰して無理遣りに開け

るし、蓋のついているものは邪魔ですぐに捨てるみたいですね・・性格なのか気質なのか

理解に困るところです・・(^_^;) 書類も直ぐに勝手に折ったり、無茶苦茶にします!

▼▲大家に家賃を支払いに行く時も〔多分、私が初めてだと思うのですが・・凄く変な顔

  をしたので、さぞかし驚いたのだろうと思うのですが〕・・(@_@;)

  私は自分で2重封筒を紙で作り、表に升目を書き年間分の日時を書き、大家のサイン

  場所を作りました。そして・・小さい風呂敷に包みます。別途の支払いもあるので・・

  布袋を持って行きます。そして、決して部屋には上がらず、その場で済ませます▼▲

どうも、他の借家の人はお茶を飲みながら世間話をしたり1時間ほどお喋りして帰る様で

私の様に、ま、性格上の部分や言葉もありますが・・一応サインは貰うのが当然だと考え

たり、封筒に風呂敷包みでピン札を持って行く人は今迄、居なかったのではないかしら?

     〖かなり変わった日本人だと思われているみたいです〗

私にとってはごく普通のことなんですけれど・・大雑把な国でいい加減だから・・かなり

衝撃を与えているのかも知れません・・がははははは

★ま、いい方向に考えてくれればの話ですが・・(●^o^●)

 {奇人変人の類}になる予感がしているこの国では想像などできないでしょうから★

ま、ここで日本の常識など通用しないことは百も承知ですが・・自分ですることは相手

がどう思おうと勝手に自分流義で押し通します・・おほほほほ

その内【日本人ってこんな風なんだ!】って思う人もいるかも知れないしねぇ・・(^.^)

そんな事何も期待していませんが・・自己流義は堅固に押し通してみようと思っている

最近の頑固な婆さんです・・あははははは
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/09/01(Wed)
夕方になって・・ほんの少し「ザ―ッ」と降り出し・・『ああ、また来たか?』なんて

一寸、身構えたのだが・・<`ヘ´>

15分もせずに雨は通過して行き・・それからも薄雲の流れが遅く・・雨に迄発達せず

ただただ、蒸し暑さだけを残して夜が来た・・(-"-)

珍しく数時間クーラーを使用した。殆んど無風状態で、玄関からベランダまで風は全く

通らない日だった。こんな日もまた珍しい・・(`´)

夜は熱いシャワーで髪の毛を洗い、乾くまで起きていた〈ドライヤー〉などない生活!

それでも、何も困ることもなく・・時間に制限が有るわけではないから”時間に左右”

される事もなく、幸せの中でゆったりと{生かされていて贅沢です}・・m(_ _)m

 **〔抜けゆく髪の毛に別れを告げて1日が終わりました〕・・あははははは**

朝起きてこれとこれをして会社へ仕事場へ出かける人の生活に比べれば天国のような?

{未だ行ったことがないけど・・(^.^)}  生活をしている・・_(._.)_

有難いことだと常日頃、心に感謝の気持ちを持つようにしたいなんて思うばかりで・・

「ぼぅ―」とした時間の中を泳いでいるようで・・誠に申し訳がない心境ですかねぇ!

そんな蒸し暑い中、突然〔T〕君が訪ねて来て、本当は先週来るとか言っていたのだが

「仕事が忙しくなった」と言う。「良かったね!若者が何かに熱中出来るなんて最高よ」

と言いながら・・「処でお昼食べた?」て聞いたら[まだ]と言うので・・(--〆)

何時も言ってますが・・その日の分しか市場で買わない人だから・・突然の訪問だから

ま、多分、「何か話したくて来たのがメイン」と勝手に想像して、マカロニとジャガイモ

トマトや香草を今朝買ったので・・それをサラダ風に和えて・・パンに挟み・・スープを

付けようと思って直ぐに支度した。マカロニとジャガイモ、卵を一緒に茹でて・・私の

することは大体が上品ではなく{雑で手早いをモットー}で生きて来た人です・・(-_-)

だから、びっくりされると思いますが・・がははははは

 ★どうせお腹の中で混ざるから一緒なんて下世話な考えしか浮かばない人です★

10分位で出来あがった・・!(^^)!

サラダはマヨネーズと黒コショウで和え、ライムを好みで絞れる様にしただけだから・・

料理なんてものではないけれど・・スープもハムとバナナの皮で蒸した肉があったので

名前の知らない葉物を入れ、ショウガを少し刻み・・ニュクマムと海老味の【出しの素】

この国には日本の《だしの素》の様なのが沢山あるので・・

例えば前記した海老、ハム、牛肉、豚肉、烏賊味など様々な香草も入ってスープの素の

様に使用出来る品が多いので・・何種類かは使い分けているが・・結構、美味だが・・

量によってはかなり辛かったりするので、それは食べて知るより仕方ない・・ふふふふ

:生まれて初めて食べたとかでした。若者だからま、私個人の1日分位を盛った積り:

だったが・・一人で完食してくれた・・スープも1滴も残さなかったので・・(@_@;)

「余程お腹が空いていたのだろう」なんて想像していた・・あははははは

      ■空腹程贅沢な食事はないからです■

さて、彼の話・・

PCを使っての金儲けの話で有った・・(-_-メ) この様に普通の男性で、教養もある人

でも、先ず何よりも ※お金持ちになりたい!、親孝行したい!が優先順位なのです※

以前にも書きましたが・・日本で並んで購入して貰ったと言う最新のipadと言いました

か?すぐに忘れてしまうんで・・すいません〔間違っていたらお許しを〕

それを自慢げに見せて、余程、手慣れているのでしょうし好きなのでしょう・・(*^^)v

私などに手で「サーッ」と触って画面を出したり、いろいろな操作を見せてくれる!

   ▼この私にです・・倒れ掛った程です・・ぎゃははははは▼

自分の携帯さえ、時々放り投げてぶっ壊してしまいたい程・・持ち主に似て気まぐれで

時々繋がらなかったり・・勝手に電源が切れたりする代物で安価だったし・・(>_<)

何を聞いても、正直[ちんぷんかんぷん]「凄いわね!」しか言葉が出ない・・(@_@;)

 ◆説明を受けても「そうなんだ!」程度で話を合わせる術もない・・(-_-メ)◆

さすがの彼も私に説明しても無駄と悟ったようで[気の毒に相手が違うよ]と言いたかった。

それから、私のPCを少し見てもらって・・特に問題なく・・今のところは異常なしの判

を頂いて安心した・・(*^_^*)

もっとも私が・・実際使用しているのはPCと言うツールのほんの1片だけだから・・

他の冒険など何もしない人で・・触る場所や使用する部分も決まっているから・・(^_^)

余程何か変事が無いと壊れる事は無いかも知れない・・ははははは

その程度の使用方法ですから・・ごくごく1部分だけしか使っていないあり様です。

時折、彼は解らない日本語を聞いて来るのですが・・それが、侍言葉だったり・・死語

になっていたりと・・面白いのです・・ヽ(^o^)丿

何からそんな言葉を引き出すのかを聞いたところ、さすがに若者{漫画からだそうです}

昨日は{お言葉ですが・・}ってどう言う意味?って聞かれたのですが・・

{どういう状況で使われていたの?}って聞くと漫画の{こち亀}にありましたと言う。

前後を話して貰って・・それなら・・多分色々相手が話した言葉に対して《否定》を表し

ているのだと思うし自分の意見を正当化したかった時にも使うけど・・(--〆)

でも、現在の若者はほとんど使用しないと思うけど・・私は日本で若者と話す機会がなく

理解できていない部分はあると思うけれど・・多分『そう言う風に使うと思う』と答えた

彼は『面白いです。日本語って奥が深いです・・(^_-)-☆』って言うもので。何となく

不思議な感情でしたねぇ・・わははははは

★もう1つ、私からの質問でどうしても知りたかった事が有ったので聞きました★

道路には≪セオム≫と言う乗り物が走っているのですが・・それが何なのか?私は皆目

知りませんでした・・以前の家の近くでは見た経験がなかったからです・・(@_@。

ところが先日、銀行の帰り道で、私の前でそれが停まりました。よく見ると昔、日本で

三輪トラックがあったような乗り物で両サイドが板の椅子になっていて・・どうも市民

の足になっているようなのです。市バスは路線があるようですが・・停留所もある処と

ない所があって・・どこで乗り降りすればいいのか見当もつかない。結構走ってはいる

のだが・・ターミナルまで行って聞くより仕方ないのでしょう・・殆んどの人がバイク

だから・・聞いても詳しくは知らない・・バスなど乗ることなどないからでしょう!

日本の様にJRにしても私鉄でも地下鉄はたまた、バスのタイムテーブルなど全く・・

想像の域も出ていない国柄ですから・・何時に乗るとか何処行きさえもターミナルまで

行かねば何も回答が出ないみたいですね・・(@_@;)

日本に外国人が住みたい理由の一つは便利さがある様ですが・・至れり尽くせりの生活

が至極当たり前になって染みついている身にはとても辛いことです・・ほほほほほ

さて、前置きが長くつい脱線しますが・・≪セオム≫と言うのはやはり老人やバイクの

無い【】貧困者【】向けの乗り物だそうです・・がははははは{私にぴったんこなり}

運転手と乗る時に交渉が必要で・・ヴェトナム語ができないと無理でしょうと言われた。

その上、外国人だと矢張り少し料金が高く前払いして乗らないと後で揉める原因がある

から・・「気をつけないと駄目ですよ」・・なんて言われると・・(;一_一)

  ●瞬時の喜びが消滅した感じがして・・悄然となってしまった・・のでした●

それに、前述したように、大抵バイクだから・・乗る人は少なく・・老人が多かった!

さて、少し落ち着いたので・・ここは静かだけれど・・足の不便さでは異常だから・・

何とかバスを利用することを考えないと中心部迄はなかなか出かけられない・・(/_;)

雨季が終わるころにはバスで出歩けたら・・少しは視野も感性も広がると思いますが!

{出来るだろうか?}・・現在の最大の課題かもしれません・・うふふふふ
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |