徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/31(Fri)
  面倒で、ややこしく、鬱陶しいことをよくも毎日書けるものだと・・(;一_一)

  そう、お思いの方は沢山いらっしゃることと存じます。  <(_ _)>

  そして「何が言いたいのかさっぱり解らない?」が現実かもしれません。

  正直、私も自分を時々喪失して{あれっ?何を言いたかったのかなぁ?」

  なあーんて思う日がありますもの・・_(._.)_

  ただ、原稿なしでPCに向かって毎日何かしら出てくる言葉や、文章、感情

  を思うままに綴っているのが事実なもので・・(^_^;)

  多分「この小母さん何が言いたいの?」になっていくのではないかしら==

  昔から人の何倍も考えたり、書いたりしないと解答できない性分であることを

  確実に把握していました。  {恥ずかしながら・・(#^.^#)}

  それは(不器用と、愚鈍を並列させたようなもので)割合早くからその事には

  気が付いていて・・(-_-;) (そういう努力は決して嫌いではなかった××)

  人の何倍も時間がかかる事については絶えず愚かさを弱点としていました。

  でも、{生きている限り希望あり}とか思ってしまって、現在に至っています。

  薄志弱行の性格も兼ね備えている部分もあり、反面、無茶苦茶を平然とする

  人でもあります・・!(^^)!!(^^)! {多重人格ですって??} 

         うーーん(>_<)。。。

  迷うことなく自分の人生を歩むなんてとてもじゃないが出来ない・・(/_;)

  惑いながら生きて、無駄の繰り返しの中でハラハラドキドキを何度も繰り返す。

  熟慮して決断するには時間が必要だし、執念も忍耐力も私にとって、必須条件

  でもあり、それが苦痛でないから生きていられるところもあるのでしょう(-_-)

  固い意志と頑張る力も何時もではなく、そう絶え間なく考えたりはしていない。

  社会生活をしていく上では珍しい性格かも知れませんし、偏ってる部位もあり

  しんどく、辛い時もありますが・・(ー_ー)!!

  世の中は意地悪く結構[寡婦]=この言葉は好きでない。これでもかと襲撃の

  的になったりして、刺さる矢を抜いては落下、また這い上がっての状態でした。

  それでも、未だ若さが残存している時代は大丈夫だった・・(*^^)v

  (加齢)の言葉が耳元で囁かれる様になると、世間に靄がかかり、ぼんやりと

  霞んで見えるように変化するみたい・・( 一一)

  自分が老いるなんて考えないのが(若さ)だったが・・(^◇^)

       **もう、いけませんねぇ**

  聞こえずらくなるし、何度も同じ事を言ってるみたい・・(~_~;)(~_~;)

  醜くくなってくる自分と闘わねばならない苦痛はきついものがあります(・_・;)

  「思考も鈍くなり、追及していた情熱が何?」だったかさえ不覚にも忘れる。

  今、聞いた言葉を迂闊にも聞き洩らしたりするだらしなさに付き合っている。

  もしかしたら、人間存在にも問題があるのでは?なんて思ってしまう・・(>_<)

  それでも尚{人生は捨てたものではないんだ}と我身を奮い立たせる努力は

  必要なのでしょう・・(;一_一)     ///生命有る限りは///

  寂しさや孤独と本気で対峙できる気構えだけはあるのですが・・(*^_^*)

  人に頼れないからその分自分に期待したい理由もあり、人生は(面白い)

  と思っていたいのです。 ”それがたとえ幻想でも・・(ーー゛)”

     ※人生って凄ーく(アンフェア的要素)がありすぎです※

  故に、余りの刻を数える歳になって感じる事で、間に合わないかも知れず

  計算が苦手な私は無駄を省く(才)さえ未だ発見出来ない現状なのです。

  前述したように、固定観念の脱出や、弱味に勝つ努力が要るし・・(-"-)

  未だに先の見通しなど何一つ見えていないが[目的]だけは少し仄見えて

  きた感覚でしょうか(?_?)  分りませんが・・(--〆)

  それも、行きつ戻りつの現状の連続状態だから・・(>_<)

  果たしてそれがいいのか[目的]と言えるのか大いなる疑問でもあります。

  何とか熱意だけは失わず、真剣に生きる道を探索したい気持ちを遅まき

  ながら感じているのが本音だと思われます・・(*_*)

  [多分、潜在するであろう品性と誇りだけは無駄にしたくない心境です」

  それを支えにしたいのが真実なのですが・・(×^o^×) 「無理かも?」

       ★今日の俳句5句です★

          ◎夏花や時々刻々と惜しみなく

          ◎老鶯や他念を起こす惰弱あり

          ◎待ち倦むつとの付加価値西瓜かな

          ◎忍び寄る風に一夜の花疑宝珠

          ◎身を反らすサルビアの花今を生き
スポンサーサイト
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/30(Thu)
  先日、娘と話をしていて「哲学」って面白いねぇーと言ったんです・・(#^.^#)

  「ええ―?私なんて高校生の時嵌っていたよ」なる返事に愕然としました。

  (そうか、矢張り私の脳細胞は瓦解寸前か、ある一定年齢で停止状態?)

  を痛感した一瞬でした・・(-"-) 
 
       ★「ズレてるなぁーーギャホー↓」★

  (本当に情けないほど物事に疎いし、知能指数はどの位あるのかしら?)

  なんて考えても答えが出たら・・それこそ恐怖で失神するかも・・(@_@;)

      ※な、な、なんと大袈裟な・・(~_~メ) あはははは※

  自分が残された人生をどのように生きたらいいのか、本音で申せば、全く

  迷路の中を彷徨っている塩梅でして・・(ーー゛)

  先ず、昨日書いた通り、自己の弱点探しとか、見つけたらそれを(可能?)な

  限り直視したり受け入れて生きる道を探さねばならない気がしている。

  言うは易し=の心情ですが・・(>_<) 。。。そりゃ大変なことですものね!(^^)!

  めげないで頑張ろうと密かに思う日を重ねるより道は見えない。

  逃げていても、心の何処かで執拗に追いかけてくる気配に怯えるのは嫌だ。

  “負の脳”を持った人間のドタバタは見苦しいが、それも、もしかしたらチャンス

  かも知れないと勝手に結論を急かしていますが・・(^_^;)

  何とか自分を追い込むことで、自身を奮い立たせるより、仕方ないんだと言い

  聞かせ、それが必要なのだと信じようとしている段階です。

  何かに転換させる生き方もままあると思いますが・・(;一_一) はっきり言って

  頭脳が付いていけません・・(+o+)  「あーぁ 情けなやー」××××

  その次の段階では、私の中にある[好奇心]を満足させる方法は何がいいか

  を考たいと・・(#^.^#)思っています。

  [好奇心]は誰でも持っているものだから。それに幅が広いから引掛る確率が

  大だと姑息にも考慮したんです・・m(_ _)m

  なぜなら[好奇心]には道徳や義務、責任はないし、人間が持っているもの

  の中では魅惑的な衝動範囲内にあるものではないでしょうか?

  それに、刺激的だし欲望を満たし、心を豊かにしてくれる最高のもの・・(*^^)v

  そんなことを考えるようになって、自分が(変人)と言うことに不安が消滅?

  人と違うことは当然だし、自分の人生は自分だけのものだから・・(^_-)-☆

  視野が狭いから駄目人間だと決定つける理由もないように思えたのです。

  ◆まあ、かなり利己的で開き直りの部分が見え隠れしていますが_(._.)_◆

  どうしても視野が狭いと、偏狭になるし、既成概念からの脱出は容易では

  なくなり、偏見でしか物事が見えないところが沢山あって・・(~_~メ)

      {{それが私の劣等感だし弱味でもあるのです}}

  それを克服する為には、どうすればいいのか正直なところ模索中です。

  知性を磨き[どうもこの磨くという言葉が確答しないようで]磨くのは原石が傍

  に有って初めて活用できるのだから・・(/_;) 

  私には磨ける物さえ無い有様だし(頑張る)と言った方がまだ救われるかも。

  自分の力がどの程度あるかなんて考えたこともなかったのに・・(-_-;)

  近頃はそのことが気がかりでなりません・・(・_・;)(・_・;)

  人生って偶発的なことが余りにも多く起こり、何時だって渦中に巻き込まれて

  そして、決して思い通りにならないものですよねぇ・・(ー_ー)!!

  もう、残り時間を数える年代が近ずく頃になってこんなこと今更のように悩み

  踠いている私自身が憐れでもありますが・・(?_?)

  それも含めて自分なのだと認識、過去の体験が生かされこれからの老後に

  少しでも”正の活性化”ができたら幸せだと思います・・(*^_^*)

  精一杯、自分と対話し、手探りの模索の中生きて行くことになると思います。

  人間の心の中には宝物を入れる箱が何ヶ所もあって・・(^-^)

  何を、どのように入れるかによって、その人の品性や知性、人間味、誇りが

  分かるようなそんな気がしてならないのですが・・(@^o^@)

  結構、難しく大変なことだと思われますが、誰も手伝ってくれるわけではなく

     ☆☆自分の人生は自分にしか作れないもの☆☆

  そう思うと、変な話[余生][残生]の言葉に異常に反応鋭く愛おしい感覚に

  なってきております・・(^u^)

  中途半端で終わりそうですが・・それまでの時間はただ(頑張るー)のみです。

     ★今日の俳句5句です★

        ◎ほつれ毛を委ねし心梅雨の星

        ◎心情は死との対立雲の峰

        ◎傲慢を見透かされおり送り梅雨

        ◎人生の心胆隠す夕焼雲

        ◎朝曇数える余生膨らみぬ
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/29(Wed)
  誰だって、自分の弱点や弱味を露呈されると「嫌ーな気分」になるものです。

  「彼方になんて言われたくない」「人の弱味が面白いの?」など開き直ったり

  してきたものです・・(-"-)

  それが若いころ、好きな人からの指摘などがあったら・・(;一_一)

  それはもう堪りませんよねぇ。「ええ、小母さんにも微少ながら経験あり!(^^)!

  本音としては自分の弱点は秘匿して置きたいし、踏み込んで欲しくない処

  (出来たら、見せたくないし知らせたくないのが人情です)・・(~_~メ)

  でも、不思議なもので、まあ[加齢っていう輩]に取り憑かれてしまうと、案外

  平然とそれに向かっていける予感がするものなのです。

  それだけ無恥の押し売りが可能になったのと、先行きが短いという(語)にしか

  託せないほど・・(承知、納得ができた)のか理解できませんが・・(ー_ー)!!

  要するに、老いを認め、自分自身の心の中に受容する下調べがやっと出来た

  のかも知れません・・(/_;)(/_;) 「結構、複雑と曖昧模糊とした感情」です。

  誰にでもある(劣等感とは同義語)だと思っていますので、自分の心と付き合う

  覚悟さえ出来ていれば後は、自分を磨く(ちょっと恥ずかしい言葉)努力をする

  ことしか無いのかも・・( ^)o(^ )

  そんなことを思いついて、最近は哲学や宗教の本に心が流れています・・!(^^)!

  もっと、早く気が付いていれば良かった感じがします。

  何時だって私の人生は[大抵、少しずつズレている]のが現実かな・・(>_<)。。。

  若いころに読んだ本などを再読して、初めて「意味がそうなんだ」と何度も思う

  有様で・・かなりの率で普通の人より段差があって・・焦り気味状態です。

  ビジュアル系統の最近ですが、視覚から入ってくるものにはどうも感覚の反応

  が鈍いのか・・_(._.)_判断力が弱いのか、きちんと把握できないのでしょう////

  本からの知識が信用できる年齢でして、視覚感覚的なものに疎い弱味あり。

  読書ってイメージが膨らむ気がしてならないのです。反対に視覚から入ってくる

  ものは脳組織がかなりダメージを受けているせいか、すぐに忘却の底に沈下し

  大方は浮上してきませんの・・(;一_一)  あはははは

  そんな理由で、本からの影響は割合大きいと思いますし、破壊寸前の脳でも歳

  には関係なく、読むことで何か発見出来たら良いなぁ感覚でいます(ーー゛)

  そして、余裕がない分、真剣に考える時間を持っているし、ほんのちょっぴりの

  プライドも持っているつもりです・・がー「どうでしょうか×××」

  余裕がないことはぎりぎりで物を考えるから、引き換えるものがないし、捨てて

  惜しい物は何もない・・(*^_^*)

  とっても気楽だし、守るものがない幸せは最高だと思えて・・(*^^)v

  自分自身の内面だけを見て成長出来たらなんて思っていますが、難問です。

  だって、内面を見ることは欠点や弱点、劣等感を顕著に表出することだもの。

  {心がズタズタになっても、結局は悩んでも苦しんでも、自分で答えを出すより

  他の道はないようですし、悩み辛かったことはそれだけ充実した時間だった訳

  だと思われて・・(#^.^#)}

  「自分を知る機会が与えられたんだと思うことにしています」・・ヽ(^o^)丿

  それより仕方ないと思うからです・・(・_・;) 

      ※狭量な思考回路ですねぇ※  ウグゥ・・(-_-;)(-_-;)

   ◆只今、自分の欠点、弱点、弱味、劣等感を懸命に探索中でーす◆

  余りの多さに仰天しそうですが・・(@_@;) (@_@;)

       ”「ファイト。ファイト。オー!」の心境なり”

     ==でも、正直、足元ふらつき、脳はガタガタですが==

      ★今日の俳句5句です★

         ◎残されし生命華やぐ透百合

         ◎夕焼けの去りゆく彼方揺れし木々

         ◎黒日傘少し明るき今朝の夢

         ◎身構えし生きる時間や枇杷熟るる

         ◎勇壮な気脈通じる夏氷
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/28(Tue)
  先日のバス旅行の(余波)が現在進行形で続行しています・・(/_;)(/_;)

  矢張り、自然に触れて歩くことは贅沢でもあり心が安寧になるものですね。

  何だか凄く、お得感と幸せの感覚が未だに取れません・・・(#^.^#)

  取れないと言えば、悲しい事に筋肉痛がまだ残っていまして・・(^_^;) 

  ここでも憎っくき[加齢]がのさばっております・・とほほほ

  (老いを感じる瞬間でもあり、しっかりと確認をさせてくれた現実です!(^^)!)

  ただ、よく眠れたことはよく動いた証拠のご褒美で爆睡状態でした(@_@;)

  古人の言では「旅は万事を思い知る」といいますが・・(正にピンポーン)と

  言った日々になっています。

  色々なことを学び、教えて貰える機会でもあるし、自分を反省する時間にも

  なっていて、大仰に申せばですが・・「いかに生きるか?」までを考慮する事

  が出来るのが(旅)だと何時もそう思います・・ヽ(^o^)丿

  哲学に興味がある私は何でも(恰好つけて)難解に綴っていますが・・(^.^)

  それは完全な誤解です(念のため)・・(ーー゛)

  そんな体裁を繕うほどの知識はありませんし[深謀遠慮]が確立していたら

  老いが足元をうろつき出した時点で腹をくくり、前回書きましたように[粋]な

  女へと変貌が既に出来ているはずですから・・(-"-)  ”あぁーーあ”

  今頃この年齢でオタオタなどしている様は本当に情けなく、惨めでもあり我身

  の愚弄さと計画性の無さを恥じ入っております・・(ー_ー)!!  「はい」

  でも、立ち止まってはいられないし(残生に気がついた時)から這い上らねば

  ならないと思ったのです・・(>_<)

  人生はリレーのようなもので、襷で繋がっているような気がするのですが///

  例えば誕生してから、就学、恋愛[見合い]結婚、出産、養育そして老後へと

  バトンが渡されて行くものではないでしょうか?

  そして、生きることは何と変化の多い、辛苦や哀切と共に歓喜の時間さえ授与

  してくれます・・( ^)o(^ ) 

  それが人間の営みであり、不公平で不合理だったりしても甘んじてそれを受け

  立ち向かわねばならないようになっている気がするんです。

  {どうしようもないほど悩み苦しんでも1度きりの人生・・(^_^;)

               楽しく陽気でのんびり生きても同じ1度きりの人生です}

  「そんなに面倒くさく難しく生きなくても、楽に生きる術はあるよ」とおっしゃる方

  は数多おられるでしょうが・・(;一_一)

  こればかりは長年の環境と境遇、性格(偏狭、浅学)故の脳の構造の仕業だと

  思われて・・(-_-;)    ▲困惑状態は事実です▲

  しかし、現実問題として、自分自身を把握しないと前進出来ないし、現実の生活

  を保っていないと・・バックボーンがないだけに慎重になり、真剣に悩むのです。

  その上激動の世の中、様々の価値観の併存が当然のようになってきています。

  要するに「何でもあり」になっている状況の中で情報やマスメディアに惑わされず

  自分とは価値観が全く違う人との認識をしないと生きていくのがしんどい・・(>_<)

  何処かで「折り合いをつけて生きるしかない」し、柔軟性が要求される。

  エクスキューズばかりの人生も嫌だし、その渦中に入るのもご免だと思っている。

  そんな身勝手な人間が「いかに生きればいいか」と考えるのは至極当然では?

  随分偉そうなこと言っていますが、要は自分に自信がないからで・・( 一一:)

  まあ「そんな人が居ても良いのではないかなぁ」的心情で書いています。

  その内に何かが見つかればもっけの幸いですもの・・(^_-)-☆

  あまり、頑張らないで力まないで☆考慮中☆の壁紙でも貼っておけばーーー

  もしかして☆壁紙の裏に解答が浮き上がっていてその実体は???☆なんて

  なっているといいなぁ・・(*^_^*)

  予想外の中に答えがあるなんて(夢物語)に繋がるみたいで幸せだわ・・(*^^)v

  今迄体験しなかったことが出来るなんて嬉しいことだし、この程度の幼稚さが

  残存されている自分に“頑張れ”とか言いたい心境なんです・・m(_ _)m

   ■老いると心の内面が顔に出るとか言いますでしょう■ 《》嫌だ!嫌だ《》

      ★今日の俳句5句です★

         ◎昼寝覚老いを眺める不平等

         ◎生き方を見つめ受け止め火取虫

         ◎自在なる刹那の日々や水馬

         ◎落莫の夢の羅列や蝉の殻

         ◎哀しみは年毎に増え布袋草
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/27(Mon)
  最近の私は少々{品性}に欠けている。そんな気がしています・・(ーー゛)

  毎日沢山の方々のブログを拝見して、心の何処かでかなりの影響を受けて

  いるので・・(^.^)潜在意識下に数多の日本語が飛び交っている予感がある。

  言葉にも(T・P・O)が必要だといつもは思っているのですが・・!(^^)!

  何せ[にわか仕込みの教養?]すぐに地が出てしまう有様で、羞恥心満載。

  言葉には流行があって、それは決して悪いことではないが、きちんと話せる

  {素養}は必要ではないかと思っております・・( ^)o(^ )

  若者言葉も理解不能ながら嫌いではないし、小母ちゃん言葉もあからさまで

  ムウッとする時もあるが解らない訳ではない。

  流行現象に追随するわけではないにしてもその心理や安心感は共感できる

  部分はあり、私自身未熟だから、若者から教わることの大切さと言いますか

  何より好奇心が強いから(人や本に教わることが大好き)なのです・・(^v^)

  特に最近はPCや携帯、それに、地デジなど、正直、中高年には厳しい現実。

  ぞくぞくと追いかけるように登場する・・(@_@;)

  さっぱり付いていけないことは毎日の状態の証明済みです・・(T_T)

    ▲置いていかれる不安感や焦燥感は並大抵ではありません▲

  そうですねぇ。 (ー_ー)!!一種の[疎外感]さえしています・・(ー_ー)!!

  無論、これほど発達した情報時代に全ての対応可能な人は少ないでしょう。

  一般論として、人は年齢を重ねることで賢く成長するとか言うようですが(>_<)

  反面、成長すること=枯れること、衰退であって、それは諦観と共に哀感でも

  あり、必死の覚悟が要求されるものなのです・・(;一_一)

  それは個人差もあるし私のように、成長が停止状態の人は年齢分だけ成熟

  などはしていません・・(ーー゛)  ”進歩がないのです”↓↓

  だから、どんなに上辺を繕ってみても、装って着飾ったところで、来し方に経験

  した事実は隠蔽出来ないものとして残るものです。

  そして、それは哀しいほど放出の機会をもたらすものなのです・・(^_^;)

  良くも悪くも経験したことから導かれる言葉だから、誰にでもあるものです。

  それが目にはっきりと見えたり何かの作用で前兆が示されるなら、愚かさも

  (馬脚を現す)ことも寡少ですむのですが・・(/_;)(/_;)  残 念 なり!

  気になっていることに中高年の小父さんの言葉の語彙が余りにも少なく愕然。

  多分に仕事の忙しさから来る面倒さと言葉の遣い方を知る時間がなかった?

  せいではないでしょうか? その上[以心伝心]されていると言う大勘違いも

  加算して自分の言葉で心を伝える努力をしてこなかった気がします・・(-"-)

   ▼間違っているかしら?▼ 日本の男性は言葉の魔力とでも言いますか?

  言葉を上手に遣う方にはお会いしていませんねぇ・・(~_~メ)

  {自分がこの程度だから仕方なく人の事は言えませんが・・(>_<)。。。}

  それに、恰好つけること自体煩わしく、照れくさいことも、多々あるのでしょう。

  しかし、たった一言の言葉で相手が素敵に思えたり、心をキャッチする場合も

  ありますし、その反対もあり、言葉には(表裏一体)が隠されていることを///

  そして、必ず裏側に隠された言葉があることを、先に見抜く努力をしなければ

  ならず、そこにアンテナを張リ、絶えず察知する力を養う必要性はあると思う。

  言葉に敏感な人は心に潤いがあるようで羨ましく語彙豊富な人との出会いは

  生きていく上での宝物だと思っています・・(*^^)v

  本当に知的で感性の優れた人は相手にあからさまな態度を見せない配慮を

  知っているものだと思うし、本当に人間としての誇りを持っている人はそんな

  態度で相手に接しない・・(#^.^#) そう思うのですが・・(^_^)/~

  最近は[粋]や[艶がなくなった] 感覚が否めない気がしています・・(~_~メ)

  もう、すっかり、姥桜の私など、美的感覚が喪失して、全体を(濃霧状態)で

  すっぽり包みこんでいるから・・ヽ(^o^)丿 あはははは

  せめて、言葉の美に関心を持ち羨望しているのが現況です・・(^-^)

  言葉には無数の意味が込められているもので、遣いようで感じが変化する。

  心して話すことは必須条件だと思われ、何とか言葉の主導権を握るだけの

  力や語彙が欲しいこの頃です・・(・_・;) 無理かも知れませんが/////

  まあ、遅すぎた感じはありますがチャンスは来ると信じたいのです・・(^v^)

  案外、想像もしなかった人からの言動で、刺激を受け、心豊かになれるかも

  しれませんもの・・(#^.^#) 未だ諦めていません・・図太さでーす(^◇^)

  {素敵な言葉を話す人に出会いたいなぁーーー(△^o^△)}

      ★今日の俳句5句です★

         ◎身の影は宙の抜け道土用浪

         ◎夏木立風が揺さぶる嘘数多

         ◎荒梅雨や所在の見えぬ余生なり

         ◎水害は一切拒む構図かな

         ◎束縛は相応しからぬ夏帽子
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/26(Sun)
  往路はお喋り中心だったせいで、どの道から伊吹山に入山したのか・・!(^^)!

  バスの出発が来ても、私達は(セーフ)だったが、未だ遅れてきた人もいて

  添乗員の方は時間厳守を依願(ちょっと気の毒だった・・(>_<))

  危うくの所で間に合った私達は、ちびりと心に針が刺さる程度の感触を受け

  「ラッキー]と「申し訳ない」の複雑な心境だった・・_(._.)_

  {箱館山}が関西ではスキーの名所だそうだが・・・全く知らなかったのです。

  何せスキーは苦手で札幌に26年も住んでいて、前にも書きましたが==

  身の程知らずの体たらくで大会に出場するなどの厚顔で大恥をかいた経験

  がありまして。そんなわけで興味激減・・(>_<) 2度とスキーはしません////

  何時も脱線しますが・・御免なさい<(_ _)>

  私はどうも脳内の皺が殆どないのか、スキンも伸びきっているのかもねぇ。

  岐阜の関ヶ原の方に下山して、所謂(お買い物タイム)と申します店に行き

  流れ作業の如く、購買力の訴求に負けて少しだけ買い物してしまいました。

  大抵は買ったりしないのですが好物を発見・・(#^.^#)「買ってー買って」の声に

  引き摺られました・・( ^)o(^ )  ははははは

  木之本ICから近江今津とマキノ[湖西線]の近くから入り{箱館山}へ到着。

  この11日に開園した百合園で(関西最大の200万本も百合がある)という

  そのキャッチフレーズが琴線に(ビビィ)と来たんです・・(*^_^*)

  尤も{伊吹山}は去年の計画が流れて・・口惜しかっただけに、今回は絶対

  行きたいと思っていたら百合が付いてきたのです・・(*^^)v

  正式名は「びわこ箱館山百合園」と言うそうで、未だ開園して間がない状況

  だったので・・(ー_ー)!!それに私自身は勝手に頭の中で百合園の想像図が

  既に完成されていたから・・(^_^;) 実際の百合はてんでにバラバラの色合い

  で咲いていて、正直がっかりしたんです・・(;一_一)

  まあ、勝手な妄想で迷惑な話でしょうが、私はバラ園やダリア、コスモスなど

  は様々な場所で見た限り大凡、一色か同系で作られているし、そういうのが

  ○○園(苑)だと固定観念が、がっちり(インプット)されている頭脳の持ち主

  だから、百合は好きな花の種類では上位だったのですが・・↓↓気味。

  山に登るのにロープウエイがあり、、これはブルーで可愛く6人乗りで頂上迄

  10分足らずで627mを昇った(これは快適、乗り物は大体何でも好きだから)

  百合は勿論、満開の状態だったし、遥か遠くまで一面に植えられていて、開園

  のその準備は大変だったことを考えると・・(ーー゛)

  花に罪はなく、精一杯咲き誇っている姿が愛しくて結構写真は撮った(>_<)。。。

  何でもそうだが万人に好むものを制作するのは難かしく「身勝手な思い」を封印。

  これだけの場所に植えつける作業は想定外だっただろうと思い頭が下がる感じ

  がしました・・m(_ _)m

  違う斜面には同色の花畑も有ったし、もっと奥地の方にも咲いていたのです。

  だが、時間の制限があって・・<`ヘ´>全部は行けなかった。

  時間が短かったし、伊吹山の失敗が脳裏にペタリンコ有ったもので・・(-"-)

  百合のソフトクリームを少し頂き、味と香りをふわりと口に早々に下山した。

  香りが強い百合だけれど広大な土地と斜面からは淡い匂いしかしなかった?

  横にはリフトがありスキー場だと確認出来る程の、こじんまりしたスキー場が

  露呈されていたのが・・( 一一)百合の花を見た後で、物哀しい情景だった。

  百合の花の名前はさっぱりで、品種改良されているのでしょう・・( ^)o(^ )

  全てが洋花の名前がパンフには書いてあったが・・皆目分からなかった(~_~;)

  地図を見ると一応色分けされているように書いてあったが・・前記したように

  百合整然ではなく百合各色乱れ咲き状態が前提にあったもので・・(T_T)

  それでも、あれだけの数は(凄ーい)と思いましたねぇ・・ヽ(^o^)丿

  ご覧になられる機会があれば1度はいらっしゃって体験してください。

  最後に(バス用の京都風のお寿司)が晩ご飯でしたが、持ち帰りました(^.^)

  そして☆花満足☆のバスツアーは解散しました・・(^_-)-☆

      ★今日の俳句5句です★

          ◎終息は間近になりて百合の花

          ◎夏霧の地球はみ出す姿かな
            
          ◎葛藤は歪曲されし梅雨籠

          ◎百合園の夢より覚めし余熱かな

          ◎文月や本意本情揺さぶりぬ

   ◆この俳句は固有の作です。他への掲載はお断り致します◆
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/25(Sat)
  早朝6時に出かけました。これで約束の時間にはバッチリ=(*^^)vなーんて

  思っていたのですが(朝の6時の電車に乗る機会)がないもので・・(ーー゛)

  時間間隔があってびっくり―漸く迷惑かけずにAさんと会えた。 「ほおっ」

  きっと、早めに来られて・・「今着いたところ」ななあんて(お優しい言葉)に

  ちょっぴり、心苦しく思いました・・<(_ _)> 「ドジ子」って呼んでもいいわよ!

  さて、お天気=雨女の私ですし、山へ行く予定だから山頂までには降られる

  覚悟と、寒さ対策をしっかりとして行きました。

  でも、ガスが流れて、視界が悪くなったり、急に晴れ間が出たりの繰り返し。

  そうなんですよ・・(#^.^#) 雨女返上の日となりました・・ヽ(^o^)丿”わおぉ”

  ☆行先のご案内です☆

  琵琶湖の北部(いわゆる湖北地方)の(伊吹山)と(箱館山)の花の旅です。

  父の里が滋賀県だったので、昔、夜中に松明を持って登った経験がある山

  だったのですが、夜中に登り、ご来光を拝むということだったから・・!(^^)!

  正直、道など記憶にない。今は舗装といっても(砂利道)ですが、1377m

  の途中までバスで行き1時間半ほどかかって頂上に着く予定でした。

  その道すがら伊吹山独特の(高山植物)を見ながら登るわけでして・・(^.^)

  案内して下さる小父さんに出会い、説明を聞きながら歩き、写真を撮るもので

  頂上が何と長く遠く感じたことでしょう・・(-"-)

  それでも、右左の道側、その奥にまで目を光らせて発見せねばならず・・(+o+)

  結構ハード。歩いた気がしました。山頂ではほんの瞬時、ガスが(パァッ)と晴れ

  視界良好になって素晴らしい景観美を堪能できた。 「嬉しかった・・(*^^)v」

  それ上、お昼には(釜めし弁当)が付いているのでそれを頂きながらご機嫌で

  お喋りに夢中になっていたら、集合時間に間に合わない時間になっていた(>_<)

  大慌てで、元、来た下りの坂道を15分位{走るように転げるように}降りました。

  人間はいざとなると本当に(馬鹿力)がでるものです・・( ^)o(^ ) あはははは

     ▼2人の形相はいかばかりだったでしょう?

      (恐ろしや・・恐ろしや)の瞬間でもありました・・▼ おほほほほ

  間に合って、ほっとしたが・・[ツアーはこれが叶わない]と言いつつ辛うじて

  バスの駐車場に到着した・・(;一_一)   《》メッチャ疲れた////《》↓↓

  それにしても3台のバスでの出発だったから、人が多くて止まるとぶつかり

  謝っては前進の繰り返しで、頂上を目指す有様でしたねぇ//////

  ガスが凄い勢いで流れたり、瞬時に晴れたり・・!(^^)!!(^^)! 「何度も濡れた」

  山の天候の急変を体験しました・・(@^^)/~~~

  初夏の高山植物は多彩で山の面に沿って小さくそれと分からないように咲き

  真剣に探さなければ見逃す花が多かったのが残念だった・・(-"-)
 
     ◆ほとんどの花の名前を知らなかった・・(>_<)◆

  それでも、本当にびっくりするほどよくご存知の方もおられ・・(@_@。 仰天!

  したり、ガイドの小父さんに連れられて途中までは賑やかな道中でした。

  花を見つけると興奮するし心和み(どっちなの?)状態でしたが先ずは(^^♪

  かなりの坂道で足が丈夫でないとステッキが必要かもしれません。

  ちなみに購入したパンフより観ることができた花の名前を書いておきます。

  [伊吹の豌豆、姫風露、下野草、蝦夷風露、草藤、ウツボ草、鹿の子草、草橘、

  山芥子、伊吹タンポポ、高灯台、伊吹旗竿、黄花の連理草、伊吹虎の尾、

  梅草、深山小薊、唐松草、山蛍袋、雌宝香、猪独活、金梅草、小鬼百合

  河原撫子、赤麻(アカソ)、吾亦紅、大葉擬宝珠、ノリウツギ、棕櫚草、姫女苑}

  などが点々と道沿いにありました、捜すだけでも大変だった・・(ーー゛)

    ▲半分も名前を知らずお恥ずかしい次第・・(・_・;)(・_・;)▲

  この山道では、顔を合わせることなど無い人の群れに押されたり躓いたりして

  大声で花の名を説明する人、写真ばかり撮ってる人など、色々な様相を拝見。

  花を発見しては{生きているのっていいなぁ}・・(*^_^*)と感じていました。

  目が見える幸せ、こんな素敵な時間を貰ったことに深謝せねばと思いました。

  Aさんのお蔭で楽しさが倍増され、彼女の機転と頭の回転の速さには脱帽。

  雨に会うこともなく冷風が心地よくガスで全てが見えなくなる一瞬や晴れていく

  その様は素晴らしく山の、花の草の樹木や自然の匂いをいっぱいお腹に詰め

  込んできました・・(@^o^@)   楽しかったぁーーー(^_-)-☆

  明日は箱館山を書きます。

       ★今日の俳句5句です★

           ◎淑やかさ披歴しており棕櫚の花

           ◎吹き切れし心の裡や夏の霧

           ◎あり余る驟雨の気品浴びており

           ◎在りし日の思慕重ねたりねむの花

           ◎生き方は面倒なれど姫女苑

この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/23(Thu)
      何時も拙い文章をお読み頂き感謝いたしております・・m(_ _)m

      24日は早朝よりでかけますので・・お休み致します。

      バス旅行なので、楽しいお話ができると嬉しいです=(*^^)v

             御免なさい。    <(_ _)>

この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/23(Thu)
  「心の豊かさ」って何だと思われますか?」沢山ありすぎますが・・(+o+)

  経済的や物質的に恵まれていることは心豊かで、余裕も出来て素敵です。

  でも、そればかりでは==「ちょっと?」て感じですし、精神面だけ満たされて

  お金がないのも貧すれば鈍する感覚が否めない・・(-"-)

  人間は慾深く物質面も精神面も両方満足したがる性質があるようです。

  相互の関係がバランスの良い生活を 願望するきらいが有って、人は大抵が

  その指針に向かって努力したり、頑張っているのが現実ですよねぇ・・(^.^)

  私が訪れた外国で[大した数ではない]出会った人々は一応に日本人はお金

  を持っているという感覚の人が多かったーー(-_-;)

  戦後のあの復興ぶりや、経済成長、車、家電製品の性能と良質、緻密さ勤勉

  さが、経済大国といわれる基盤を築いたとも思われます。今はどの国に行って

  も、日本人の全くいない国はないのかもしれません・・(~_~メ)

  終戦後のことは何も知らないが、日本人の半数以上は豊かで満足度もあって

  生活水準が高いと言われ、国民性が評価された時代でもあったと思います。

  考えれば何処かで(大きな波に洗脳されて)生きていた時代でもありました。

  そんなことを思うと大量生産された中級クラスの豊かさは本当の意味で幸せ

  だったのでしょうか?「心の豊かさ」だったのでしょうか・・(;一_一)

  現在は哀しい程に老人が疎外されているし、子供の教育もぐちゃぐちゃです。

  正直、私には孫がいないから現代の教育がどんなものか何も理解していない

  部分が多いから書くのは憚れる感情ですが・・<(_ _)>

  でも、子育てしていた時代は偏差値に追いまわされて、学校自体そのことが

  何より大切だったから、先生と幾度も言い争った経験がある。

  子供が出来ないのを棚に上げての議論だったが・・あはははは

  先生は自分の評価や学校の面子との板挟み状況だったのだろうが・・!(^^)!

  「本人が行きたい学校へ行かせて欲しい」と我を通してしまい、先生からは

  痛烈な皮肉を言われたが・・(ー_ー)!!  最後まで譲らず受験させた。

  塾など興味のなかった私は子供が行きたい所へ行けば良い感覚だったから

  勉強も自分がやりたいと思う時期が来ればすれば良いという考えだった。

  却って、主人の方が心配して家庭教師を最後の数か月お願いした程度だ。

  そのころから教育制度が変だと何時も思っていた・・(ー_ー)!!

  教育も、環境や家庭の事情、才能の開花が早い子や遅い子もいるし、悩み

  を持っている子や病気の子など、個々に違うのに(一纏めにされて)学力が

  あることだけが将来がある如くの教育が何か変だと思って、反発していた。

  その後の教育は突然(ゆとり教育)へ変化し、またまた変動しつつある。

  学校は統一化され、全てが一流校へ流れる(一方通行)になって行ってた

  気がしますが・・(>_<) 絶えず不信感で一杯でした・・(@_@;)

  今は核家族になり、少子化の時代を迎えていて、また違った教育が動いて

  いる気配を感じ矢張り何処か狂っていたとしか考えられません・・(ーー゛) 

  振り子のように揺れ動かされる状態の子供や先生の心境は・・(・_・;)

  余りにも複雑で社会の影響の酷さと醜さを強く感じています。

  先生たちも右往左往して本当の教育を信じられなかったのではないかしら?

  一人一人違う人間を一束に教育するなんて凄く恐ろしく、個性を見つけ成育

  してあげる機会さえ無いと思われてなりませんでした・・(~_~メ)

  だから、物質的に豊かでも心が貧しい人もいるし、人間の幸せの基準は何か

  と何時も思っているのです・・(>_<)

  本当の意味での幸福は物欲や名声、出世、高学歴ではないように思われて

  (まあ、自分に無いものばかりだから、やっかみ半分)もあります・・うふふふ

  ただ、「心の豊かさ」を教えるのが教育ではないかと私自身は思うのですが。

  各々、価値観が違うので(一括り)には出来ませんが・・(#^.^#)

  それに子離れ下手だったし、親馬鹿で父親不在のため力不足で余裕や頭脳

  がないのに(頑張った駄目母さん)だったからこそ言える言葉ではないかと?

  失敗をしたから見えることってありますもの・・ヽ(^o^)丿はははは

      ★今日の俳句5句です★

         ◎意のままに手繰れば地球日の盛り

         ◎炎昼の皆既日食狂いたし

         ◎一人居を気侭に生きて風通す

         ◎立ち尽くす皆既日食薄暗し

         ◎夕焼けて生命の重み惜しみおり
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/22(Wed)
  [会話]はキャッチボールに例えられますが、それは決して簡単ではない。

  なぜなら、相手に依っては直球だったり、カーブだったり、思わぬ変化球が

  飛んで来る可能性が大だからです・・(@_@;)

  そんなときは覚悟を決めるか、開き直る以外手立てはなく(これは私自身)

  成熟された大人の人なら変化球などはさらりと避けて通るかキャッチする。

  人は知っている範囲内でしか言葉は出てこないものです・・(ーー゛)

  だから、私などは、上から目線で話が来たり、高圧的な言葉で会話されると

  「もう、いけません」ーー(ー_ー)!!  {降参でーす}

  たった一言の言葉に傷ついたり、ショックを受け、神経がずたずたになる。

  正確な判断が出来ず見極める力さえ喪失していくからです・・( 一一;)

  もう、そういう状態が続くと喋るのさえ面倒になり、頭の上を相手の言葉が

  飛んでいる状況です・・(-_-;)

  自分の気持ちを理解して貰いたいとか解ろうとする気力が萎えて・・!(^^)!

  鬱陶しさが先立つ有様で・・(>_<)これでは友達も出来ないなぁとは思う。

  何とか説得して納得して貰いたい願望は必ずしも無い訳ではない・・(^_^;)

  しかし(説得)なんて言葉は恐怖であり、おこがましい気がして、心地よい

  感じがどうしてもしないのです。

  「会話」は競争ではないし、自分の意見を押しつけるものでもないと思う。

  元来、自己愛が強く、傷つくことが嫌で(自分に自信がない)からの部分が

  大きいのだと考えます。そして主人が亡くなった時の(裏切り行為)が酷くて

  余り人を信用しない性格に急変したせいもあると思われます・・<(`^´)>

  若いころは自分をありのままに受け入れてくれる人が欲しかった時もあって

  肯定してくれる友達を探す努力もしていたが、今はそんなことは些細なことに

  変化してしまった・・(-"-)

  加齢のこともあるが、そんな厄介なことに煩わされるほど時間がないようにも

  思われ、出来る限り1人で自由勝手気侭に余生を過ごしたい希望が大きい。

  「それは寂しいでしょう」といわれるかも知れませんが・・(--〆)

  日々、これだけの激動する世の中に生きていて、政治の腐敗、格差社会など

  世界中で起こっている不況や自然の異常など、様々な現象を思うと、余りにも

  微少過ぎる個人的見解・・!(^^)!!(^^)!

  確かに、価値観や感性の合う人に出会えると嬉しくてつい頑張って友達に・・

  なれたらなんて思う時も数多あったし、これからも可能性はあるが・・(~_~メ)

  人間関係を継続させるのは、かなりしんどいことでもあり、今更の感もある。

  その上、尊敬できないと駄目な人で、比較されたり、優劣を平気で付けたり

  する人は「本当に御免なさい」  m(_ _)m

  [表面上は上手に言っていてもどこかでボロが出る]し、長く付き合ってみると

  そういうことって自然と解るものです。

  私には人間的未熟が沢山あって、人間関係がぎこちなくなる場面が多々あり

  どうも(他人を振り回す傾向)があるようです・・(>_<)。。。

  だから、なお、慎重だし、傷つけられると、どんなに大事に育んできた関係でも

  自己判断で切り捨てることが出来る図太さもあります・・<(_ _)>

  無論、その答えを出すまでは時間が凄くかかり、修復作業も頑張ってします。

  それで、心の裡で答えが見つかり冷静に判断出来たら、きちんと相手と対峙

  して話合いますが・・(>_<) かなりの時間が必要でその内疎遠になる事の方

  が多いですねぇ///矢張り変人なのかも知れません///

  {自己納得するのに頭が悪いから時間がかかるんだと思います}(-"-)

  一応、謙虚な態度で接することを心掛けてはいても、知性も教養も不満足な

  者だから自然と会話が流れなくて・・(-_-) 困惑することが結構あります。

  生意気なことばかり書いた気がしますが、こんなこと言っている者ほど真実

  なんて見えていないのが現実です・・_(._.)_  あはははは

  人間関係は付かず離れずがよく、私自身は自分のバリア内に無神経に入り

  込んでくる人は我慢できない・・(/_;) 心の狭さがあるのです・・(T_T)。。。

      ★今日の俳句5句です★

          ◎貧に生き微熱のありて黴の家

          ◎世の中や意のまま水を打っており

          ◎さながらに定まる位置や蓮の花

          ◎山積の未来図暗し鰻飯

          ◎語り合う人のぬくもり胡麻の花
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/21(Tue)
  会話していて「あれっ?」何だか話がかみ合わない人っていますね・・(>_<)

  勿論、初めての人や余り理解していない人とは仕方ないにしても//////

  {よく言いますよねー以心伝心とか、長い付き合いだから当然解っている}

  と思って話してると・・・違う方向へ話が一気に飛んでいたり・・・( ^)o(^ )

  夫婦も長い時間一緒にいると(愛情)など吹っ飛んでただ(情)(同志感覚)で

  生活するようになる・・(-_-)そうでない方もいらっしゃるでしょうが・・<(_ _)>

  昔のことですが、私と主人は年齢差もあり、養われている感覚が取れなくて

  割合緊張した生活を続けていました・・(;一_一)

  逆らうこともほとんどしなかったし、ある意味猫をかぶっていたのでしょうねぇ。

  所がギリギリまで我慢して自分の裡に溜め込むタイプだから・・(ーー゛)

  一度、20年位経った頃、大喧嘩をした経験があります。

      (ー_ー)!!爆発したんです・・・(ー_ー)!!

  その後思ったのは自分の中では整然と理屈が並んでいて、怒る要素が飽和

  状態だったことと、中途半端な以心伝心の恐ろしさーー言葉の大切さを感じ

  話さないと相手には伝わらないという現実でした・・(: 一一:)

  自分が思っていることと相手の考えが合致していない(狎れ合っている状態)が

  深刻さを増して、誤解が山積されていたのだと思います。

  主人は大人でしたし、黙って私の興奮が収まるまで聞いてくれましたが(^_^;)

  段々感情がエスカレートしていく自分が惨めで、途中から気持ちがダウン↓↓

  「そして、何が言いたかったのか?」もう感情が先行しているから支離滅裂に

  なってしまい、ぐちゃぐちゃで無惨な顔と、愚かさだけが残った記憶・・・(~_~メ)

  相手が言いたいのは大抵は(感情論)であって相談や怒りをぶつける理由で

  はなく単純に{聞いて欲しいだけ}だったことにも気が付いた・・・(;一_一)

  回答を求めたかったのではなく、心の安泰が欲しかっただけだと存分に悟ら

  された気がしたものですー(--〆)

  「当然解っている筈」だとか「相手が優位に立って話が展開」していくとーー

  (言わなくても良いこと)や(言ってはいけない)ルール違反をしていることが

  沢山あって・・(-_-;) 

  その時に切り返すだけの能力や機転が利き、利発な人は良いけれど、何1つ

  反論できないとそれらが内蔵されて行く・・・<`ヘ´><`ヘ´>

  それが底辺に残滓となって、どんどん沈澱してしまうと、ある日、突然、急激に

  自分自身をコントロールが出来なくて噴火状態になるのです・・・(;一_一;)

  多分に性癖もあるかも知れませんが(/_;) 困った人です・・_(._.)_

  普段それだけ、自分を抑圧して生きているせいだと神経科の先生は言った。

  時折「どうしてあなたは・・・」「ダメだって言われたでしょう」なんて言う人達は

  文句を言うことで{上から目線}で対応している場合が多い。

  {言葉でなじることで、優越感が生まれるの?}

  {汚い言葉で批判することが優位に立っている自己満足?}

  【】言葉には必ず(ルール)があって、決して言ってはいけないタブーな言葉や

   相手を揶揄したり、見下げたりしてはいけない【】

      ※それらの規則が大前提で正坐している※

  その存在を忘れてはいけないとこの年になり、改めて反芻したり、反省も有り

  また、教わる機会でもあると思っています・・(#^.^#)

     △日本語は世界でも優秀な語彙豊富な言葉です△

  自分の言葉で自分の気持ちを言葉にできる幸せは何と素敵なことかと思い

  大切にしたい文化だと・・(*^^)v 心から思っています(^^♪

  日々、進化する言葉でも日本語は最高ですもの・・・ヽ(^o^)丿

  ”言葉でその人のセンスや感性、情愛、情感、知性、優しさ、そして一番大切

   な(品性、品格)が出るものです(@_@;) 恐ろしいくらいに・・!(^^)!”

  内面的なものだけでは無く、後景に生きてきた道程も見ることが可能です。

  ロジカル的要素とは全く違って、言葉には感情が何より重要で大事な要因が

  その裏側に潜んでいる事実を疎そかには出来ない問題だと思われます。

  私に能力がないのは十分承知の上で、毎日書いているのは性格も関係して

  いますが・・(・_・;)日本語の語彙を豊富に知りたいのと、自己意識の↑↑と

  これが問題なのですが、一番の目標は[品性を拡大したい願望]が強いこと。

  それに尽きます・・・(@^o^@)   明日続き書きます・・・m(_ _)m

       ★今日の俳句5句です★

           ◎梅雨激し回る地球の萎えし音

           ◎滝飛沫安寧な日々願いつつ

           ◎来し方の鼓動の迅さ梅雨籠

           ◎蛍の火中空の奥見てみたし

           ◎温もりは還元されず白絣
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/20(Mon)
  3年振りに両親のお墓にお参りしてきました・・・(/_;)(/_;)親不孝者です↓

  心の中にずっと燻ぶっていた想いがあって、心苦しかったんです・・・!(^^)!

  実は比叡山に分骨しているもので、主人や両親への気持ちは真夏の8月

  には、毎年行っているのですがーーお墓は遠くて凄く不便な山の中にあり

  姉の家族が年に何度か行ってくれることに甘えていました(ーー゛)

  先日、婿殿から(ジーコ、ばーこと呼んでいました)娘を通して両親のお墓に

  お参りに行こうと誘われて・・・<(_ _)> 嬉しかった―――(#^.^#)

  有難く、感謝しつつ車に乗せて貰いやっと、心のもやもやが晴れたんです!

  ずっと、気がかりだっただけに凄く安心しました・・・(*^^)v

  母は早逝で、もう40年前に他界。父はその後、ずっと母を偲び“孤高”を貫き

  長生きしてくれました・・・(@_@。

  父の人生を思うとき、余りにも{波瀾万丈の生き方}だったのに・・・(;一_一)

  寡黙に守り、愚痴も言わず健脚で粗食、確乎たる信念で自分を制し生き通し

  最期まで、何1つ迷惑をかけることなく静かに逝ってしまった。

  それは見事な死でした。誰にも看取られず1人で逝った様は本当に父らしい

  覚悟だったと改めて思っています。

  前日ヴェトナムから帰国して、一緒に病室で泊っていただけに・・・待っていて

  くれた予感がしてーー(~_~メ)

  死顔を見た時は、涙よりその精神力の強さに身体が震えた記憶があります。

  {それだけ人の死は荘厳であり、尊いことを教えられた感覚がありました}

  心穏やかで、優しく何でも自分で作る(家事は父がしていた)人でした。

  弟夫婦が共稼ぎだったもので、全てを引き受けていたし、子育ても担当した。

  そんな訳で私が主人を亡くしたときの落胆はかなり酷く、「俺が先だろう?」

  なんて、何度もも呟いていた姿が焼き付いています・・・(-_-メ)

  家も建てたし、会社も経営したり、食堂もしたことがあり、会社員も長かった。

  シベリアの抑留の経験や満州での生活、引き揚げて来た時の恐怖や体験は

  一言も話さず持って逝ってしまった・・・(;一_一;)

  何回か聞く機会も有ったが・・・頑なに拒否されて余程辛かったのだろうと思い

  それからは聞けなかった。 そんな父を誇りに思っています・・・(*^_^*)

  さて、お墓掃除のことですが、娘夫婦は(お墓磨きセット)を持参していたんです。

  びっくりしました・・・(@_@;) もっとも、婿殿の父上が数年前に亡くなってからで

  磨き砂、歯ブラシ、タオル、雑巾、やすりまであったのです・・・(@_@。(@_@。

  殆ど2人で玉の汗を流しながら健闘してくれ、見事に綺麗になり、40年の汚濁

  が取れました・・・ヽ(^o^)丿

  正に心が軽くなった気持で幸せでしたし、2人には感謝している…m(_ _)m

  雨も何時降るかという状態でしたが、帰宅する頃まで大丈夫で、守ってくれた

  気がしました・・・( ^)o(^ )  それからは激しい雷雨で近くに落ちたような凄い

  音が続きましたーーーこれで梅雨明けかとも思ったのですが、今朝もかなり

  降っているみたいです。梅雨明けは未だかも知れません・・・(-"-)

  自然は回転して淘汰されるが・・・人間の心は難しく容易に変化させることは

  出来ない・・・(・_・;) 何処かで(ピリオドをうつ機会)があれば安寧な生き方や

  前進、向上が望めるのかも・・・まあ、私には無理ですが・・・( 一一)

  人の一生は並大抵ではなく誕生の瞬間から、たった1本の道しか用意されて

  いない現実と直面し、蛇行や枝葉の中を、ある時はスイスイとある時は沈澱

  しながら這い上がる人生です。

  悶え、哀しみ、苦痛を受け満身創痍のごとく生きている事実が現実ですもの。

  「気楽に生きよう!」が出来ない性格はしんどいが与えられた時間の帳尻を

  合わせて置きたいと願っています・・・(^◇^) だけど・・・駄目でしょうねぇ///

  未熟過ぎて課題が大きすぎるが、それも授与されたことなら頑張ってそれを

  受け止める努力をしなければならないでしょう・・・けどーー(>_<)。。。

  自分と対話する時間も必要だし、衆愚の中のてっぺんにいたりして///(-_-;)

  ”白露も、夢も、この世もまぼろしも”・・・儚いものですーーー(ー_ー)!!”

        ★今日の俳句5句です★

            ◎羅や香り零せし過去ありや

            ◎若い声弾む校庭花疑宝珠

            ◎茗荷の子香る盛り皿探しおり

            ◎新じゃがや地方紙の中届きたり

            ◎山峡の清水一滴見逃さず
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/19(Sun)
   ヴェトナムの日記からの抜粋です。何冊もあるもので・・・(;一_一)

  人の日記など興味は余りないと思われるのですが、とにかく異国で一人の

  生活は何度読み返しても、不可思議な感傷と愛着を感じます。

  その時の心情や感情、生き方、周囲の反応、ヴェトナムという国の雰囲気が

  そこに息ずいているのを察知出来て哀愁を感じるんです。

  家の後ろ側にはサイゴン川が流れ、早朝より霧笛の音が激しく鳴っていたり

  人々の騒々しいまでの高い声やバイク、車の集団騒音はこの国ではの風物

  になっていました・・・ヽ(^o^)丿

  早朝5時にはほとんどの店が、開店する市場の活気は、想像すらできないと

  思います・・・それだけ生きている感覚が強く心を打ち、激動の最中を住んで

  いた思いがあります・・・( ^)o(^ )

  今の日本には無い物が沢山あって刺激の連続でした・・・(*^^)v

  それだけに、現在のヴェトナムの様子は少し残念にさえ思えるのです。

  息子夫婦が行って来る度、その話の中で、どんなに変化したかを知らされ

  これだけマスメディアや情報社会が発展してくれば、どんな国で生活しても

  さほどの違いはないのかも知れません・・・(ー_ー)!!

  かの国の成長の著しさは凄まじく、吸収され日々成長を続けているとーーー

  断言せねばなりません・・・(^◇^)

  △在る1日

  前夜、眠りが浅かったのか・・・!(^^)! 珍しく5時を過ぎて起床した。

  今日は市内の大型スーパーへ行く予定。手紙の返事3通を書いて郵便局。

  かなり待たされた・・・(~_~メ)

  仕方ない・・・<`ヘ´>外国人専用窓口が少なく、そして、アオザイの局員は

  お喋りが好きだから相手を待たすことなど全く意に介さない[自由気儘]

  ここで20分ばかり時間を取ってスーパーへ行ったが・・・家の近くと系列が

  同じらしく値段も様相も同様だったのが少しがっかり・・・(ーー゛)

  ただ、珍しいヴェトナムの食品の数があって・・・すっかり見入ってしまった。

  結構な時間を潰した。購入したもの、プリン[乳製品は美味]牛乳、マカロニ

  コンソメスープの素[日本製]と牛肉の冷凍ブロックだけ。

  本当はレース編みの糸を探したかったが置いてなかったのです・・・(^^ゞ

  お昼はバインミー[フランスパンに肉、野菜などをはさんだサンドイッチ]を

  三分の一にカットしてもらい買った(20円)

  帰宅後は本を読んで過す。娘からTELが久しぶりにかかってきた・・・(#^.^#)

  日本も暑い様子・・・札幌育ちの娘は暑さに弱いので可哀想だと思った。

  こんなことが毎日ご丁寧にーーーあははは

  書きこまれていて・・・読み返すときはその時の状況が思い出されるのだから

  いかに毎日が強烈な刺激のなか生きていたか分かります・・・(@_@;)

  人種、国、慣習、文化は違っても、同じ人間として受容してくれたかの国への

  望郷の念は今も変化していないのを不思議に思っています・・・(^_-)-☆

       ★今日の俳句5句です★

           ◎欠如した日々中空の遠蛙

           ◎生き方は佳境に入りてレース編む

           ◎忍冬は安らぎに似て義を思う

           ◎崩壊の森を守るや蛍の火

           ◎夏旅や地球漕いでる心地して

   ◆この俳句は固有の作です。他への掲載はお断りいたします◆
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/18(Sat)
  以前にも書きましたが[時間]の流れが迅速過ぎる・・・(;一_一)気分です。

  物理的な[時間]は世界各国同じで誰にも平等であることが幸福だと思う。

  正直な話、本当に[時間]を上手に遣う人もいれば、私のように不器用な人

  もいるようで・・・(>_<)  そのことが不思議でならないのです。

  「頭の悪さのせい」だと言われれば一言もないのだが・・・(@^^)/~~~

  1日、24時間をどのように遣っても、今のところ夜が来て朝が明ける現実に

  幸せと感謝の気持ちがいっぱいになっている。

  若い世代は目標や目的も持たなくてもバックグランドが全てを背負ってたし

  何も考えなくても明日が来ることさえも範疇になかった生活でした(ー_ー)!!

  けれど、独りの生活に変化し、子供の成長、自立してしまうと私の目的って

  「一体、何だったのかしら?」「生きる目標は何?」-----

  から始まってーー迷いや優柔不断の心情が見え隠れするようになった。

       ▲[時間]は決して思う通りには動いてくれない▲

  加齢が進行すると、集中力の欠如が見えだす。迷っては決断する結果ばかり

  の生活に変わってしまった・・・(~_~メ)

  つまり、自信喪失状態が繰り返される現状になったってことです・・・(-_-;)

  特別に頑張って生きてるつもりはないが出来ることなら、低いレベルで甘んじ

  てしまえばそこで終わってしまう予感があるから一所懸命に生きている現況?

  能力には余り(差)はなく、自分自身{これが限界}だと思うことで(差)の意味

  が変わってくると昔、読んだ記憶があるが・・・(ーー゛)

  でも、それは働き盛りの年代のことで初老に入った人間は身体の衰えや知力

  記憶力の衰退を鑑みれば自ずと答えは出てしまうのが事実です。

  意識下で脳が鈍くなり機能が愚鈍になるのは止むを得ないことなのかしら?

  [時間]を上手く遣う人は合理的なのに違いなく、頭脳も良いのでしょう!

  並大抵でない努力と脳の活性度が違うのかも知れない・・・(@_@;)

  [時間]が貴重だと思うようになったのは、ごくごく最近だし、私は皆から少し

  ずつ遅延しながら歩いている感覚が抜けきれない気がしています。

  「愚か者なんでしょうねぇ」・・・!(^^)!!(^^)! 真実そう思うこの頃ですから。

  未だ[時間]に余裕があった年代は[時間]に対して不満ばかりの暮らしだった。

  「長いようで短い」「遅いようで早い」「小さいようで大きい」「軽いようで重い」等

  [時間の複雑さ]に心奥まで入り込む習性さえ持っていなかった・・・(・_・;)

  見通すだけの知恵もなかったし、それらを考える力さえ無かったのも本音です。

  今は足元まで忍び寄ってきている[時間]の恐怖といつ満潮期を迎えるのかを

  真剣に考慮中です・・・(/_;)(/_;) 考えてもどうにもならないけれど・・・( ^)o(^ )

  矛盾だらけの[時間]の中に{生と死が交錯している現実}{生きる価値観}など

  分別のある生き方をしたいと望みつつ混濁の世を生き抜くには後どのぐらいの

  内面的な意識度の向上が必要なのでしょうか(?_?)

  何だか{すでに雲泥の差があるようにも思います}が、自分が考えられる範囲内

  で、残生に「目的の様なものが持てればいいかなぁ」とは理解できても・・・(-"-)

  かなり覚悟がいるし、目的を持つことの意味が確乎たる意識に接続されてない。

  まして、いつ果てるかも知れない現実に目的は本当に必要なのかとさえ思う。

  何だか難しいことばかり言っているようで「格好つけてるようですがーー」

  決してそうではなく、真面目に先が見えない[時間]に振り回されていることへの

  (抵抗)(反抗してるだけ)だと思って頂ければ嬉しいです・・・(*^_^*)

  漫然と過ごしても、足掻き混沌とした中で溺れていても、同じ[時間]だと思うと

  反抗もしたくなりません? ヽ(^o^)丿

  そんなことを思う年代になりました・・・(@_@;)

        ★今日の俳句5句です★

             ◎律儀さは華やか増して単帯

             ◎絶え間なく水の饒舌初鰹

             ◎欠落の過去削除す麻布団

             ◎徐ろに日差し零すや花樗

             ◎身ほとりの花茣蓙ごろり心して
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/17(Fri)
     ヴェトナムのニュースを少しご紹介しましょう・・・(#^.^#)

  この国には3つの大型携帯会社があるそうです。勿論、国内ブランドです。

  かなりの確率で出回っている様子なのです。

  安価で日本円にしたら[5200円~16000円]位で、大体は[10000円]

  程度の商品が売れ筋だと言う・・・( ^)o(^ )

  (ヴェトナムも凄くなったなぁ)普及率も高いし時代はすっかり変貌した感じを

  受け、嬉しいような、ちょっぴり寂しい感覚が否めません・・・(;一_一)

  ところが国内で発売されている携帯はほとんどが中国で生産されている。

  地続きだし流通も激しいのですが・・・何と言っても中国で生産する方が安く

  できるようで中国の商標を付けた商品ばかりになっている様子。

  国では憂慮していて、交渉中であり、国産品として発売を促している状況だ

  そうです・・・(~_~メ) 

  早く(made in Vietnam)の商品になるといいなぁーー(^_^)/~

  日本からの進出についてと情報を少しだけ書きます!

  ①キリン、エースコックの会社が昨年、合弁会社を設立し、緑茶飲料の発売。

  先月はホーチミンで乳飲料のLatte(ラテ)を発売したのに続いて、北部地方

  ハノイ、ハイフォンに進出すると言う話です。

  北部では緑茶飲料の(J-cya)の新発売を予定しているらしい。この国の水は

  飲めないので・・・(ー_ー)!! 普及率が高い条件が揃っています。

  暑い国だから飲料水の消費量と需給は絶対的なものだし、過去に比較しても

  飲料の市場は急成長を遂げていると言われています・・・ヽ(^o^)丿

  ②日本の設計会社「久米設計の子会社」で{久米デザインアジア}と言う会社

  が(エコパーク)を設計することが決定したそうです。

  北部のフンイェン省に{都市区}を建設する予定で契約締結した。20階建ての

  高層ビルが建設されるとか・・・凄く楽しみですーー(*^^)v

  ヴェトナムは地震がないので、素晴らしい景観が広がることを期待しています。

  ③先日、ホーチミン市で{ヴェトナム、ジャパン}が開催されたそうです。

  これはもう5回目だそうですが・・・正直知らなかった・・・(^_^;)(^_^;)

  青年文化会館で催されたようで日本からは柔道、空手、剣道、合気道などが

  パフォーマンスされたり、ビジネス関係で沢山のブースが設立されたそうです。

  両国の相互の文化交流を、深める意味合いが強く、毎年開かれている行事で

  あることを今年初めて知った次第・・・_(._.)_

  ④ホーチミン市は今年も9月には(ビッグ、セール月間)として商工局と観光局

  で文化やスポーツ、販売促進を主軸に1ヶ月セールを行うと発表したそうです。

  市の補助もあり、スーパーマーケット、ビール会社、ユニリヴェトナムの3社を

  拠出して、割引販売、景品、プレゼント、クーポンなどを計画実施するらしい。

  沢山のブースの出品があるようですよ。

  興味のある方は是非いらしゃってご覧になると面白いと思います。その場で

  ヴェトナムの雰囲気が瞬時に味わえるかも知れませんから・・・(^-^)

    △人間の全ての基本は喜びを持って生きることに尽きる気がします△

  そして、感情は特に[笑み]は万国共通のものだし、言葉が解らなくても良い

  表情で判断ができるものと信じていますーー(*^_^*)

  複雑な異文化は様々な誤解を与えたり受けたりしますが、感情的には人間

  の根本は(笑える)素晴らしい武器があることを忘れなければ何とかなると私

  自身は思うのですが・・・(・_・;) どうでしょう・・・か?

        ★今日の俳句5句です★

            ◎梅雨深く浮遊してたる余生かな

            ◎整えし息不器用や梅雨時雨

            ◎ほろほろと屈折多き花樗

            ◎解決の出来ぬ問題なめくじら

            ◎過ぎし夜の誤解が揺れる茄子漬
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/16(Thu)
  新田次郎氏の作品の映画化[劔岳]点の記を鑑賞してきました・・・(*^^)v

  前評判も良く、以前に[八甲田山死の彷徨][富士山頂]を観ているだけに

  その期待度が大きかったのです・・・(@^o^@)

  キャメラマン出身の初監督にも興味があったし・・・前記の作品以外でも

  [鉄道員][憑神]も観ていて、その視点が素晴らしく、感激していたから。

  これほどまでに峻嶮で、厳しい景観を見せる[劔岳]を撮ったキャメラマンは

  居ないだろうと思われるほどその風景美は素晴らしいと思いました(@_@;)

  矢張り、その鋭角な視界がレンズを通した監督独特の描写だろうと思われ

  感嘆はしたのですが・・・何だろう――?上手く言えませんが・・・(;一_一)

  物語的にはそれ程の感動も無く、撮影が2年かかったという話を聞いていて

  スタッフ、キャスト全員が登頂したその様子は確実に描写されていました。

  それは素晴らしく、想像を絶する行動力や、忍耐力でもあったと思います。

  この作品の質を上昇させていたのは事実だし・・・大変な苦労や山の天候に

  左右されての撮影は(極限状態)で有ったことは充分に納得できました。

  実話だし話が地味だったせいかも知れないが、何かが不足している感覚が

  最後まで逸脱できなかった・・・(ーー゛)

  多分期待感が大きすぎたのかも知れない。ドキュメンタリー要素が多い様な

  感じでもなく・・・明治時代に国から命令されて日本地図を作るために立山の

  険しい[劔岳]の初登頂をめざし測量を完成させる話なのだがーーー(~_~メ)

  個人的感想で恐縮ですが、主役の浅野忠信さんの雰囲気が画面とマッチ

  していない感じが取れなかった・・・<(_ _)>

  きっと、そう言う役柄なのかも知れないし、フアンの方には御免なさい。

  静粛の中からにじみ出るでるパワーや灰汁の強さが欲しかった(ーー゛)

  脇の香川照之さんの渋さや演技力、体中から発散させる雰囲気やその高度

  な感性が全体を翻弄する如く素晴らしく、彼が主役のような錯覚を得ていた。

  全編をクラッシックに拘りオーケストラの音響はかなり素敵だったが、キャメラ

  目線の自然美が雄大過ぎて話の流れが静寂過ぎるし、解りずらかった。

  [劔岳]の前には人間は無力で立山信仰などが普通に行われていた時代が

  垣間見える程度だったし、測量について無知な私ゆえの鑑賞だったかもーー

  {日本地図を作る為の努力はこうなんだ}と確立した説得がなかったせい?

    ■尤も、私が語る話でもないのだが・・・「偉らそうに」ーーーm(_ _)m■

  生命を賭けて迄、初登頂して測量しなければならない意味は何だったのか?

  台詞の中に「人がどう評価しようとも、何をしたかではなく、何のためにそれを

  したかが大事である。悔い無くやり遂げることが大切」は胸を打つ言葉だった。

  これが監督の1番の重要なポイントであり意図するところだと私はそう思った。

  もっと、沢山批評や批判ではなく自分の気持ちで感じたことを綴ってみたいと

  思っていましたが・・・(#^.^#)  生意気過ぎる自分に少し消沈しています。

  最後にパンフから拝借した素敵な言葉を書いておきます。

  {決して名誉のためではなく、利のためでもない。仕事に誇りを持って挑む

  男たち。いま、わたしたちが失くしつつある、日本人の心の物語である}

  期待大だった・・・私の思い込みかもねぇ・・・(ー_ー)!!(ー_ー)!!

  1人だから良い席にも恵まれたし、空いていた。年齢層が高く、お昼時で

  この時間帯は暇人ばかり?老人が多いのにはびっくりした。

  上映中よく食べるし喋るのが煩くかなり(イラッ)としていた<`ヘ´><`ヘ´>

        ★今日の俳句5句です★

             ◎気紛れの冗語重ねし文月かな

             ◎目覚めれば暑さの中の地球かな

             ◎幾重にも孤独分け合う鬼薊

             ◎掴めない記憶の底や綿の花

             ◎忍冬の風の荒びや虚ろたり
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/15(Wed)
  PCを見ていると思いがけない発見があってとっても嬉しい時がある(*^^)v

  殆ど、初心者だから知らないPCの用語が出てきたりすると・・・(;一_一)

  もう、それだけで、心が[ストップ]をかけ、小母さんの脳は拒否反応を発生

  し始めるようです。

  先日、同じメールが2度必ず入ってくるのが、何時も不思議に思っていた。

  そのことを娘に話たら、もう、手早いと言うのか、即、TELをかけている様子。

  しばらくしたら相手のプロバイダーさんと話をつけてくれていた・・・(#^.^#)

  帰宅後、連絡が来て「PCを開いて下さい」から始まってーー画面を出す順番

  からポイントを1つずつ教えて頂き原因が判明しました。

  今でこそ、何とか、言われた言葉にも慣れて画面を開いただけで対応出来る

  ようにはなったのですが・・・本当に相手をする(女性だった)・・(~_~メ) のは

  大変だろうと心底(ご同情申し上げた)次第です・・・<(_ _)>

  だって、見知らぬ相手にそれもどの程度理解しているか、全く予想もつかない

  人を相手に誘導して行くのですからーーー「凄いなぁ」と、感心しながら心の中

  は(恐縮)の文字が渦巻いておりました・・・(@_@;)

  彼女は私を指導をしながら自分もPCを作動させながら{その音が耳にはいる}

  {メチャクチャ早い音}そして、私の動きに合わせて話してくれている様子。

  大体、10分足らずで、何とかクリアー出来たが、原因を知らされたら・・・(・_・;)

  余りの単純なことに愕然としたし・・・(>_<)。。。

       ▼ 本当に申し訳なく恐縮至極な出来事でした▼

  彼女は多分、こんな風にして1日見知らぬ相手と、それも理解出来ない私の

  様な小母さんや小父さん相手に説明し、どんな難題が降りかかろうとも解決

  せねばならないのだろうなぁなんて思うと大変な仕事だと痛感したものです。

  「すっかりお手数掛けてすいません。有難うございました」と言い感謝の気持

  を伝えたが・・・m(_ _)m

  顔を見ないで教えることは大変なことだし、すぐに反応できない場合は苛々も

  すると思うのだが・・・終始、声質も変わらず不快な感じも出さず親切だった。

  電話でも(喜怒哀楽)は表現出来るし聞き分けられるものです( ^)o(^ )

  彼女は本当に優しく教えてくれたと思った・・・(^^♪

  そんなことの後、入ってきたメールの処理をしていて(ピタッ)と手が止まった。

    ▽ななんとーーー{60歳以上限定}の海外旅行を発見してーーー▽

          一人で大笑いしてしまった・・・ヽ(^o^)丿

         ◆「敵も然る者・・・うーーん。そう来たか?」◆

  とそう思ったのです。さすがに考えるものだとここでも感心しきりでした。

  ターゲットは団塊世代のリタイヤ組でお金を持っている人々なのでしょう。

  人の考えは似たり寄ったりと申しますが・・・(^_^;) 面白い現象ですね。

  それと、若い人のブログを拝見するのも私にはとっても楽しみで・・・(@^^)

  何時も笑いながら・・・そして難しい(若者語?)を発見しては凄いの連発を

  繰り返し、半分程度しか解らなくてもその人の雰囲気が滲み出ていて////

  「頑張って!」「君は凄いねぇ」「楽しかったよ」なんて独り言を言ってます。

           届かぬ相手に・・・(^_^)/~

  色々な意味でPCはちょっとだけかじる積りだったけれど、ほんの少し興味が

  湧いて未知の部分がいっぱいで、楽しめそうなツールに変化しつつあります。

  高度なことは頭脳の範疇を越えるので、この程度で楽しめる趣味であればと

  思っておりますが・・・(^_-)-☆  進歩は余りなく先細り状態かも・・・(;一_一)

  それでも、毎日がPCでいい時間が持てればそれで私は満足しています。

         ★今日の俳句5句です★

              ◎柿落葉余生を詰めるさやぎあり

              ◎寂然と酢漿の花雨に佇つ

              ◎洗脳のされし輪廻や梅雨最中

              ◎脈々と多感になるや夏の川

              ◎確かなる梅雨のあとさき花ぎぼし
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/14(Tue)
  先日、娘が従姉妹とのコラボでプリザーブドフラワーの展示にサブで出品。

  初めての経験で従姉妹はイラストレーターだから、ほんの軽い気持ち程度に

  参加出展した作品が思いがけなく1つ売れたとか、本人えらく喜んでた(^^♪

  何でも経験だし声をかけてくれるプロの中で勉強できる機会もそうないだろう

  と思われて出品することに賛成した・・・(#^.^#)

  ただ、体が丈夫ではなく持病があるので、負担にならないようにと条件をつけた。

  4日間の間2日行ったようだが(テーマ)があってプロばかりの中で緊張した様で

  それでも{いいチャンスだった}と思えれば成功だと思っていた・・・(^_^)/~

  あちこちで展示会があり、無数の人々が単に趣味を鑑賞してもらう人からそれ

  を[たつき]として生活の手段になっているプロとは自ずから違うことを、たえず

  話していた私でしたから・・・(~_~メ)

  勉強になるだろうとは思ったが、身体だけが心配だった・・・(;一_一)

  この話の数日前まで生花の検定を受けたりしていたからだ。

  その時の話ですが・・・場所がいわゆる高級住宅地の街でして・・・セレブとか

  言われている人達は{山から降りてきた}と話される・・・(^_^;)

  ちょっと、買い物を頼まれて駅前のデパートに入ったら、前を上品な老婦人が

  歩いていました。

  急いでは無かったので・・・(*_*)ずっとその方達の後を連いて歩いている感じ。

  別に話を聞いていた訳ではなく自然と聞こえてくるその「言葉遣い」の品性に

  感激しました・・・(*^^)v

  聞こえた範囲だけですがーーーー(@_@;)(@_@;)

  「梅雨時期だと申しますが、余り雨は降らないようで有難く存じます」

  「さようでございますね。私も雨だとお付きの者が一緒だから不便ですのよ」

  「奥様のお庭の薔薇は今年はいかほど咲きましたの?」

  「担当の者が手伝ってくれたものですから思った以上に咲きましたの・・・

  とっても嬉しゅうございましたわ!」

  これだけの言葉だったのですが、本当に美しい言葉は品性を表すものだと

  痛感しました・・・(^_-)-☆

  知性とか教養とかは矢張り身に付いたもので、そう続行できるものではなく

  (育ち)の良さを感じ、意識しなくても会話がゆったりと流れ、自然に聞こえる。

  そんなことをふっと思っていたら、知的に振舞おうとする自分自身の声が奥底

  から聞こえた気がしました。    ▼あな~――おそろしや~(・_・;)▼

        ◆「付け刃は直に剥がれるんだよ・・・(>_<)」 と×××◆

  美しい言葉を話すことは脳の活性化にも影響があると本で読んだ。

       {言葉もそうだが・・・手紙でも何時もそう感じていた}

  最近は手紙を書く人は少なくなったが、最初の文字に粛呈を発見するだけで

  その方の人柄や品性、人格まで想像できるし、その方の淑徳を「お受け致し

  ます」状況になってしまいますーーー(@^o^@)

  自分に品性の欠落があるだけに憧憬も強いのかも知れませんが・・・(-"-)

  {知的に装うと頑張ればボロが出る始末だし}かと言って日本語の美について

  惹かれているなんて書くと滅茶苦茶な性格を現しているようで・・・(ーー゛)

  いささか、釈然としない部分もあって{粛然とした淑女には程遠い}のですから

  今更、いい格好してみても始まらないとは充分に承知していますが・・・(~_~;)

  可能ならば上品な言葉や美しい言語を話したい願望はかなり強くもっています。

  まあ、おそらく、この程度の知識ですから無駄な抵抗だと存じますが////

  つい、口に出して、失言することの何と多いことでしょう・・・( 一一;)

        〖〗知性も教養も全ては育ちでしょうか?〖〗

  しかし、生かされている間は、たとえ少しでも(進歩)出来たら幸せと思う積りに

  なってはいるのですが・・・(-_-メ) 

  どうなることか?  先は遠く果てしなく見えませんねぇ!(^^)!

  きちんと美しい言葉が話せたら人生も楽しくしあわせでしょうーーーに(・_・;)

  これだけの数の語彙がある日本語を廃らさない為に、是非とも沢山の上品で

  素敵な言葉を使用したいものと切望しております・・・m(_ _)m

        ★今日の俳句5句です★

            ◎現し身は寡黙がよろし梅雨の月

            ◎暮色増し傍の明るさ百日紅

            ◎紛れなく影を揺らすや紅の花

            ◎万緑は余白の穴へ急降下

            ◎黒南風や顎鋭き気配かな
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/13(Mon)
  人は大体いつ頃から、自分の老後について考え計画するものだろうか?

  本当に恥ずかしいことなのですが…(;一_一)

  正直、自分の中でそのことを真剣に考えたのはごく最近でして・・・(@_@;)

  だから、マジにちょっと焦っていると言いますか・・・老後対策ができていない

  ばかりに、えらくしんどい生活や生き方を強いられている現況かな?×××

  周りのことは余り知らないので、娘に以前、聞いたところ「子供がいないから

  30代後半には将来の設計を考えて、経済的にも全ての保険や、家のローン

  が終わる計算の上で老後のことは考えて来た」と聞かされた・・・(>_<)

  愚かな母を持つと娘はしっかりするのかとそう思え彼女に関しては問題ない

  と少しは安心したが・・・(#^.^#)

  彼女の年代は子育ての真っ只中にいて、私はそんな事は夢想だにせずの

  毎日だった・・・(/_;)(/_;)保険が大嫌いだった主人に逆らうこともなくーーー

  「ぼけっー」と子供中心の生活が流れ、自分に老後がくる予感さえ思わずに

  暮していた・・・(ー_ー)!!     ↓↓↓愚鈍な母親でした↓↓↓

  だから、突然に主人が他界した時、これからは1人で生きていかねば(>_<)

  ならないという事に初めて気が付いて・・・それでも、未だ後始末が沢山あり

  数年間はそんなことを考える余裕さえ見いだせずに過ごしてしまった。

  それでもまだ、主人の年齢までは生きていて後は「早く逝きたい」とばかり

  望んでいたから・・・(~_~メ)    切実には考えていなかったのです。

  人生って正に思う通りにはならず×××ですね・・・(ーー゛)

  当然ながら主人より長生きする歳になり、息子の進言も有りヴェトナムに

  行ったことで大転回の人生が待っていました。

  そこには、日本にいたら味わうことの出来ない[どん底]の生活が日々あり

  それでも、陽気で活気に溢れ、一丸となり、国や自分たちの生活の向上を

  懸命に支えている人々の姿がありました・・・(^◇^)

  あの国での3年間は、私の人生を大きく変化させるのに十分の時間と気骨

  を貰いました。だから、今は老後に入りつつありますが・・・!(^^)!!(^^)!

  経済的な苦労や老いることへの不安感は少し希薄になっているかもーーー

  そして、[どん底]を見た体験は{這い上がるパワーでもある}ことを確認する

  良い機会でもあったのです・・・(^_-)-☆

  考えれば不幸のように思われますが・・・精神的にも経済的にも今は最悪だ

  けれど、「どこの国ででも生活できる自信は出来てるし、先の老後まで真剣

  に考えなくても・・・(心積り)だけは持っていれば良いかなと思っている。

  無いものへの開き直りであり「負け組」の遠吠えに聞こえるかもーーー(^_^;)

  でも、本音だし、その為にのみ健康でありたいとだけは願っているのが現実

  だし心の裡だと思っているのですが・・・「変かしら???」

  この地球上には60億以上の人間が住んでいて、一滴の水にも満たない私の

  人生の老後など全く取るに足りない問題だと思える・・・(;一_一)

  もっと、惨めで貧しい人が数多いる世の中を見ると贅沢している部類に入ると

  思えるし、誰の世話にもならず何とか生きていける五体満足の体がある。

  愚かでも、余裕のない生活だが・・・それでも充分過ぎる幸せを感じています。

  戦争の中に居ないだけでも幸福だと思わねばならない・・・m(_ _)m

  自分のなかに未だ(覇気)が残っていることに妙な自信があるのは///////

  ちょっぴり恐ろしいけれど・・・ヽ(^o^)丿   あはははは

  生かされている間は仕方なく{鬱々と老後を考え、いじいじ生きて}なあんて

  嫌だなと思いつつも悪あがきしているかもねぇ・・・(-_-;)(-_-;)

      ★今日の俳句5句です★

          ◎次々と荒翳り行く夏木立

          ◎細胞を曳きずり鳴くか蝉の声

          ◎面影は眠りの底へ鉄線花

          ◎こころ奥柔軟になる現に文月

          ◎いずこより通り抜け行く著莪の雨
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/12(Sun)
   今朝、初蝉を聞いた・・・(@_@;)↓ 最初は1度しか鳴かなかったので

   勘違いかと思ったのだが、それから、暫くして2度目と3度目が間隔を

   空けて鳴き出したもので・・・(-"-)「やれやれ!とうとう夏本番に突入」

   を思い切り感じる朝となっった。

   これから、あの騒々しい、うざい蝉の声に悩まされる日々が来るんだと

   内心「ムカッ」としつつ[蝉の儚い命に心惑わされ・・・(~_~メ)」

   「生きているから聞けるんだ」と今年はそう思うようにしようと密かに決め

   空蝉をみたら、せめて[合掌]でもしようなんて殊勝な心になりつつある。

   何時まで続くかは定かではないが・・・それでも、あの物凄いコーラスは

   {生命力}そのものに思えて・・・!(^^)! 

   哀切の心情が湧くのも事実です。 やっぱ、歳だねぇ・・・( :一一:)

   (ハーブ)なんて、何となく面映ゆい感じが未だに取れずどちらかと言えば

   香草と言った方が私的にはぴったりきます・・・(^◇^)

   日本では昔から、薬草として、薬味としても多く使用されてきているが。

   漢方薬が緩慢な効果だけれど万人に愛されている真実も過言ではない。

   そんな薬草というより薬味として食する香草が好きです・・・(#^.^#)

   例えば、日本では、ネギ、生姜、ゴマ[エゴマの葉]、茗荷、紫蘇、唐辛子

   などはほとんど毎日食べているほど好きです。

   ヴェトナムに行ってからは本来のもっと癖の強い香りも味も強烈なものに

   出合い、あの国の暑さには絶対の必需品であり、刺激になり、元気の源

   だと教えられた。

   元々、香草が好きな私ゆえ、食べられないものは余りなく、目新しい所謂

   (ハーブ)に食い付いた感じでしたねぇ・・・ヽ(^o^)丿

   とに角、ヴェトナム料理には欠かす事が出来ないものばかりだったし、真の

   この国の料理の味を知る上では必要でした。

   名前は余り知らない・・・結構好き嫌いがあるパクチはこの国でコリアンダー

   と言われ本当に大好きで、10円も買うと、朝昼晩食べても十分だった。

   毎日、これとライム、バジル、ミント類は購入していた。

   誰が見ているわけでもない一人暮らしだったから、何の料理にも入れた。

   そして上に載せたり混ぜたり、そのまま齧ったりして食べていた・・(*^^)v

   ドクダミの葉も好きだった。紫蘇は、赤と青、レモンバームもローズマリー

   外食すると必ず付いてきたから、嬉しかった記憶が蘇る・・・( ^)o(^ )

   未だ、他にも名前の知らない香草を沢山食べたがほとんど覚えていない。

   暑い国だから唐辛子やニュクマム(魚醤)は必須アイテムで・・・

   もう数えきれない程の種類があって、随分色々と{お試し期間}を作っては

   食してきたつもり・・・(^_^)でした。

   帰国してからもニュクマムは嫁が帰国するたびに買って来て貰うから一度

   も切らしたことがなく友達にも進呈している。

   ニュクマムはどんな料理にも使え、本当に駄目な物はない程に使用する。

   だから、嫁には何時も感謝している   m(_ _)m

   様々な種類の品を買って来てくれるから凄く有難い。名産のお茶もそれも

   楽しみの1つです。お茶の種類も豊富で、ハス、朝鮮アザミ、草花や野菜

   のお茶も有り・・・沢山飲んで見た・・・こんな時は異文化を肌で感じた。

   ニュクマムは正確な違いは分からないが・・・数が多すぎるのでーー(・_・;)

   中身の味が少し違うことは理解できる程度になった・・・(*^_^*)
 
   もっとも、表に絵が描いてあり何が混入されているか、表示があるので

   そのせいもあるけど・・・はははは その程度の知識ですから・・・(/_;)

   多分、このニュクマムの影響はあると思うのは、和食にも入れているし

   スープは毎日、味噌汁代わりに飲んでいる。結構はまります・・・(^_^)/~

   野菜も豆類にも合うから、サラダにもオリーブオイルのように上にかける

   事もあり、風味を変えて食べる日もあります。

   日本では香草は高いのでなかなか手に入れにくく、毎日ふんだんには

   食べられない・・・(;一_一)

   仕方ないので、種を買って2年位、プランターでレモンバーム、セージ、

   バジル、ねぎ、ルッコラを育てた経験があるが・・・(@_@。

   まあ、その年は花の美しさと芳香も手伝って見事に育った・・・ヽ(^o^)丿

   花がこんなに綺麗だとは知らなかったので花だけ摘んで飾ったりもした。

   だが、どうも花を育てるのは上手くなくて2年ですっかり枯らしてしまった。

   多分植え換えたり、土の肥料とか何も考えずに放置していたからだ。

   何せ、土をいじったりの経験がなかったし、好きではなかったから。愛情を

   持って育てていなかったせいだろうと思われる・・・(~_~メ)

   この家に来てからはネギと貝割れしかなく・・・すぐに駄目にしてしまう。

   どうも、花や野菜を成育する能力も愛情も欠如しているらしい・・・(ー_ー)!!

   でも、でも、香草は大好きでーす・・・(^_-)-☆

        ★今日の俳句5句です★

            ◎海満ちて累増したる蓼の雨

            ◎初蝉や見えぬ心のそこはかと

            ◎永遠は未知数なれど梅雨湿り

            ◎一条の日矢日盛りを告げゆけり

            ◎生きつぎて初蝉の声小刻みに
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/11(Sat)
  昨夜、娘から愛しの[ぽちこ]の写真を入れてあげたいTELがあり、初めての

  事ですが・・・写真を手伝ってもらいました・・・(◎^o^◎)

  写真が入ると綺麗だと正直思いましたが・・・どうでしょうか?

  個人的には折角習ってきたのだから、と言う気持ちもありますが・・・(-"-)

  何せ、文章を書きたい人だからーーそれも、何時も書いては消去している

  部分が沢山あるもので・・・(;一_一)

  自分のペースで、写真なしで暫くは書いて行きたいと考えている。

  (生き甲斐)なんて言うと大仰だからー{生きる支え}と言い変えて書きます。

  若い頃は、自分の前には前途洋洋と道があり、深刻に思うことなど何もなく

  自分の能力の限界さえも把握できず、理解さえしていなかった・・・(@_@。

  謎めいた前向きの道しか見えず、突撃するように走っていた記憶しかない。

  まして、家庭を作り、子育ての段階での生活はもう、考えたり立ち止まる事

  などは計算外だった・・・(>_<)多忙過ぎた日、子供や家庭の事に忙殺された

  生活は余裕もなくただ、健康で毎日が来ることのみを望む生活が生きている

  感覚で{生きる支え}になっていた。凡百な人間ゆえに日々の生活に追われ

  生きていた。それがその時代の現実であり事実でした・・・(;一_一)

  しかし、何時の頃か、様々な人生の岐路に立つ機会があり、選択肢を自分

  一人で決定せねばならない時間が増加して(はたと考えるようになった)。

  人の考えることや選択は主観的なものだが・・・(~_~メ)

  実際、ある年齢になるとその進歩と言いますか、同じ一年が数か月で終了

  してしまう感覚があることに気が付いたのですーーー(@_@;)

  焦燥感に苛まれましたし、自分の人生に対して瞬時(停止命令)を下したい

  願望が発生しましたねぇ・・・( ^)o(^ )

  足元まで来ているたった一本の道が急激に間近になり、今まで枝葉の中を

  あちこちふらふらしていた生き方に(終止符)を打ちたい欲望が出てきた。

  心に確乎たる気構えのようなもの、それは個々によって違うと思うが、それを

  持ち、近ずいてきた天界への道に入るべき準備段階がきたことを知った。

  つい、何年前までは(アンビバレンス)な生き方しかしてこなかった・・・(-"-)

  そうなんです。{二者択一の方法}しか見えていなかったからです。

  そして、それが正しいのだと、心の何処かにあったようで・・・!(^^)!

  現代の、今の、この複雑な世の中にはそれが同格ではないことに辛うじて

  気がついたような状況でした・・・(・_・;)(・_・;)

  そのような生き方だから、{生きる支え}は無論変化し移行して行きました。

  そのことは当然だろうし、仕方ない部分は仰山あります。

  それにしてもどうも、私個人の(脳力)は余りにも遅鈍で・・・働く意欲が欠如

  しているらしく、人よりかなり遅れて気付くみたいですーーー(ー_ー)!!

  誰もが人間としてきちんとした答えが出せるとは思わないにしても・・・

  ある年代になると、もっと人は毅然として自分の判断や決断に自信をもてる

  人になれると信じ込んでいた―――あはははは

        ◆そんな愚かさがあったのです・・・(^_^;)(^_^;)◆

  こんなにあたふたと、残生を足掻くなど想像もしなかったし、何かに突き動か

  される生き方になるとはー―(/_;) 及びもつかず恥ずかしい人生を生きている

  感覚が止められません・・・( 一一:)

  まあ、こんな人もいるんだと言う感じで見て頂ければいいかな・・・(--〆)

  願わくば、苦い体験や苦痛が終わった事として貰いたいし、不幸を不幸とは

  思わずにいたいし、物理的時間は誰にも同様にある事を再確認して置きたい。

  平等にある時間の使い方はこの年だから深慮すべきであることも・・・

  少しは判っているつもりなのですが・・・(T_T)/~~~

  果たしてどうなるのか? それも楽しみでもあります。

  人間なんて、誰の人生も波瀾万丈だと思うしーーー(^◇^)  ましてや

  誕生する時の苦痛や痛みは、母子共々、既に数多くの苦を背負いながら

  生まれてくる真実を思えば・・・もっと早く、色々なことに心のアンテナを張る

  努力が必要だったと後悔はあるーー済んでしまったことは元に戻らずだから

  前向いて歩くより仕様はないのだと開き直っています<(_ _)>

  完璧に避けることのできない[老い]と[死]への道程は最善の力を持続させ

  喜びの中で終焉の時間に包まれることをこれからの{生きる支え}にしたい。

  そんなこと考えています・・・ヽ(^o^)丿

        ★今日の俳句5句です★

            ◎梅雨最中とぎれとぎれの鬱時間

            ◎水平線しぶとく歪む若葉潮

            ◎荒梅雨やずっしり重い更年期

            ◎草刈りて崩壊と言う余熱あり

            ◎万緑に広がる無力生きており
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/10(Fri)
  娘の家で飼っている白柴(ぽちこ)は最近11歳になった・・・(#^.^#)

  想像以上の溺愛ぶりで・・・(@_@;)子供同様である。まあ、子供のいない

  夫婦だからかも知れないが・・・何をするのも、彼女が第一番なのですにゅ。

  よくしたもので、上手く育てたのか、吠え無いのが、室内犬としては最高で

  まあ、番犬としては失格だけれど・・・( ^)o(^ )この年数で3度位かなーーー

  何かに向かって吠えたことがある!!

  私達は吠えないものとして既成概念が通用しているから、吠えたりすると

  本当にびっくりしてしまう可笑しい家族です・・・(^◇^)

  犬が吠えるのは自然だし、当然なのに吠えると仰天するのも変な話だが。

  大人しい犬で、リードを持って散歩していると、安心しているが・・・手放す

  事があると・・・驚いて立ち止まり、固まる状態になる・・・(@_@。

  大抵の犬は放されると凄く喜んで走って行ったり(ドッグラン)でも楽しそう

  なのに、ママさんの横にへばりつくように、じっとしている変なわんこです。

  性格的なものもあるのかも知れないが、ママさんの体調が悪いと一緒に傍

  で寝ているし、ママさんの顔色ばかり見ている様子が見える。

  特に近頃はその傾向が顕著になり、用事で出かけたりする時は息を荒くして

  「はあはあ」と言っては付き纏う・・・(^-^)

  一番嫌なのは「お留守番」と言われることらしく・・・(ー_ー)!! ママさんが準備

  し出すと、不貞腐れて、目も合わさないようだ。

  その反対に「一緒に行くよ」と声をかけると、もう、じっとしていない。玄関まで

  走って行き、「早くして!」のポーズを執拗にしている姿は微笑ましい(*^_^*)

  「そんなに留守番が嫌なのねぇ」と娘と話す。とに角外出することがいいので

  外で、車の中で待たされても留守番よりは好きらしく大人しく寝て待っている。

  犬は人間より老化が早いと言われているので、それはそれは心配している!

  先日も、(ぽちこ)とお母さんを見送ったら私もすぐ逝くと平気で言うものだから

  もう一言「逆縁にならないことだけは考えている」と言われ、急っつかれている

  気分がした・・・(^-^)  気分を外したのでは決してない。

  私自身が真剣に考えている現状だから、娘の気持ちも充分計ることができると

  思っただけだーーー(^.^)
  
  まあ、それだけ過保護に愛情をかけている様子だから、もしもの時が心配だ。

  でも、生きているものの儚さは、どうしようもなく、運命だと思う事にしようと娘に

  言って置きたいと思っているこの頃だ・・・(ーー゛)

  色々と話を聞いていると、熱が少しあったとか、少し吐いた、湿疹ができたなど

  自分の具合の悪ささえも吹っ飛ぶらしく緊急で車を走らせる・・・(~_~メ)

  「大袈裟だよ。大丈夫だから・・・そんなに神経質にならない方がいいよ」なんて

  言っても、聞く耳はない。    あはははは

  何よりも大切で大事で「ぽちこさまさま」だねと、からかったりすると、凄い剣幕

  で怒り出す・・・(@_@。 正に冗談にもならない・・・(*_*)

  自分もそのように育てられたことなど何も考えていないだろうに・・・(--〆)

  それにしても、飼い主に似るのか神経質で、ストレスを溜めるタイプの性格で

  不思議でもある。在る時、(歯)が欠け病院へ連れて行き10何万も支払って

  いる様子を見てーーーびっくりした(@_@;)(@_@;)事がある。

  犬は保険が効かない。実費だし、犬の生命保険も入っているし、ドッグフード

  散歩グッズ、敷物など、毎月かなりお金をかけている。

  「貧乏人の私には飼えないねぇ」なんて笑っているが・・・(^◇^)

  これも時代の流れ、風潮、流行なのでしょうか・・・(ー_ー)!! どうも、日本人は

  他人と同じが好きらしく・・・確かに殺伐とした世の中、癒しになることは事実

  だが・・・( 一一) しかし、もう一考有ってもいいのではないかしら?

  悪いとは絶対に言ってないし、犬好きだからとても可愛いいが何か違う気が

  してならないのです。

  最期まで面倒を見る大変さは生き物全てに通用する事だから。理解してる。

  MSも今は(動物可)が倍増している。小母さんの僻みかも知れないーーー

  こんなに増えた動物達はただただ、人間の[愛玩用]に、流行のようにされて

  いる気がしてならないからです。それは無いと信じたい・・・(@^o^@)が・・・

  {子育て}と何も変わらないし、それ相当の覚悟と気合もいる。勿論お金もです。

  些細なことではなくなってきているこの世は大変だとしみじみ思う・・・(・_・;)


ぽちこ


       ★今日の俳句5句です★

           ◎青岬脳波の中の怒りかな

           ◎身の末の思惑混ざりし青田風

           ◎今生の沈思黙考白重

           ◎緑陰は無限の生命とどめたり

           ◎滝飛沫語り尽くせぬ血の騒ぎ
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/09(Thu)
  旅は一人が好きだと、結構書いて来ているので・・・(;一_一)

  きっと、図々しい人だと・・・(~_~;)また、我の強い小母さんを想像されている

  事と思います・・・( ^)o(^ )――――まあ、大半は《》当たっているかな《》

  そんな訳で、面白い事に出会う確率が多いのは有難いと何時も思う。

  文化の違いや慣習、言葉の不自由さによる誤解など・・・数え切れない。

  ただ、どこの国を訪れても・・・(;一_一)

  このことは必ず聞かれるってことがある。それは共通していて不思議でも

  あり、異文化を感じる・・・(#^.^#)

  日本でも一人暮らしや一人旅等は、最近、それほど珍しくもなく普通のこと

  になっていて、違和感を持つことは余り無いように思われている。

  少し昔では家族は老夫婦と一緒に住むことは当然で、姑や舅と生活する

  のは当たり前状態だったから、問題も多く大変だった・・・(~_~メ)

  色々と不都合もあったけれどそれが至極自然だった気がします。

  現代は核家族になり、独居老人の何と多いことか・・・(@_@;)

     ////みんな、一様に寂しがっている話をよく耳にする/////

  そして、離婚率も増えたので選択肢も変わり、生き方も急変動した。

  {どんな生き方もあり}になって・・・結婚形態が大きく揺れ動いている気が

  するのが現在だと思います。

  脱線しましたが・・・海外で必ず聞かれる言葉に{どうして?なぜ一人?」と

  決まって聞かれる・・・(^_^;) 最初は真剣に説明しようと色々考えたり下手な

  英語で奮闘していたが、途中から面倒になり「一人が好きだから」と言う事で

  押し通している・・・(*^^)v  またの機会に話しますが、うっかり言った言葉で

  ちょっと、誤解されて困った経験があったからです・・・(#^.^#)

  異文化の人は自己を大切にするから・・・この人は「一人旅が好き」なのだと

  理解してくれてそれ以上は関わってこないから安心感がある。

  しかし、ヴェトナムのようにアジアの国は親を一人で住まわせることに抵抗が

  あるようで・・・{どうして一人で住んでいるのか}を数えきれないほど浴びた。

  このことはどんなに説明しても最後まで理解が得られなかったことです。

  言葉が出来なかったせいも有り、上手く表現できなかった・・・(^_^;)

  多分、本心は理解して貰えない生活環境だったせいもあるのでしょうが。

  変った外国人だとずっと思われていたようで、日本語のできる人と話した時に

  この国では(老いたら面倒を見るのは当然で一人暮らしなど範疇に無い)////

  と言われた・・・(ーー゛) 宗教の違いもあるようだが・・・(>_<)

  日本では当然のことだと言っても分かって貰うことは無かった。

  そして、老いる年齢も早く,50代ではもう、すっかり老人扱いのようで、私などは

  もうすでにその域に達していたのかも知れません・・・あははは

  大波の渦中にあって変動する世の中、その変化に上手く乗れない者は、体質

  を変えて自らを変化させねばならない時代に突入したんだと悟っているが。

  その必要性を感じ、その方法を知らねばならない努力が、求められていることは

  この年代にはかなりきつい・・・(;一_一)

  しかし、個人によって脳作業は扱うスケールや許容量が異なるから限界が一瞬

  に見えてしまい、尽き果ててしまうのも事実です。  (トホホホ↓↓)

  {物ごとの判断や本質など見抜ける訳もなく、最大のポイントは何?}

  なんて理解さえ及ばない・・・(ー_ー)!! 

  言葉不足状態と心の中のもやもやは永遠に続くようになる。

  情熱を忘れず、それに立ち向かう気力はもう既になく、状況を判断し可能な

  範囲内でしか行動出来ない現実を知らされる・・・!(^^)!!(^^)!

  情けないことだが・・・それが真実だから仕方ないのかも・・・(~_~メ)

  その上、現代は瞬時に(リアル)に世界の状況や流れを見ることが出来る。

  だから、昔のような国際感覚の違和感は薄れてしまった。

  一体感があり過ぎて興趣が希薄現況ですが・・・(-"-)

      ★今日の俳句5句です★

          ◎稜線を確実にする青嶺かな

          ◎波頭崩すどよめき梅雨激し

          ◎黄昏て重なる闇の緑雨かな

          ◎行く末や脳波優しく明易し

          ◎自由なる生きる証や繁茂かな
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/08(Wed)
  時折、下を向いて歩いてみると・・・名も知らぬ(本当は私が無知)小さな花が

  可憐に精一杯咲いている姿に「はっと(@_@。」したり、妙に嬉しかったりの日々

  があって・・・生かされている事実を目の前に突きつけられる感覚があります。

  全ての物の命を平然と足蹴にして生きていた頃を懐古の情で思い出す!(^^)!

  まあ、それだけ老いが深くなった証拠だし、少しは物事を考えられる年代への

  突入なのだとようやっとの思いで心の内に落下させられるようになった(・_・;)

  いやはや(人並み)の(普通)と区切られる枠からのはみ出しぶりと愚鈍さに

  気がついた按配でして・・・まことにもって恥ずかしい限りです・・・(;一_一)

   {でも、と、ここで言訳するなんざぁーーやっぱり大したことないのですが}

  それでも気が付けて良かったという心境なんです・・・<(_ _)>

  「礼儀」って言葉がありますが(お礼)とも(礼節)とも違うし・・・少し真面目?

  過ぎる言葉かも知れませんが・・・( ^)o(^ )

  最近この言葉が気になっております。例えば何か頂く機会があった場合に

  本当は失礼ながら・・・余り好みのものでない場合ってあると思います。

  そんな時も、私はその人のことを心に描き、感謝するし、その人のその時の

  心情が有難くて・・(*^_^*)矢張り心があるから頂戴したのだと思うのですが

  一生懸命に気持ちを表したくて贈った物を一度も使わず、仕舞い込んで使用

  してもらえないのも・・・何だか切ないし・・・辛い感情になります・・・(ー_ー)!!

       ※「礼儀」にはそれなりの意味があると思うんです※

  付き合って行く上での品性なり、良識上の行動や作法的なものが結構あると

  思えるのですが・・・いかがでしょう?

  嗜好や価値観が違うのはもう、これは埋められない事実であって・・・(-"-)

  無理強い出来るものではない事は私にも大体分かりますが、異文化の人の

  判断の領域は少し違い過ぎるから…別としても・・・(--〆)

  日本人でそう言う人に出会うと、何となく馬鹿にされた感覚を持つのは私の

  偏狭で狭量なキャパが露呈したのかと・・・しばし悩む時期があります。

  どうも価値観の違う相手に接するのが不得手だと、直ぐ、気に入らないから

  身に着けてもらえないのだと思ってしまう・・・(~_~メ)

  贈った相手は真剣でその相手を想像しながら選択しているつもりだから////

  その衝撃は大きいのです( 一一:)

  ましてお宅に訪問したときに袋、箱のまま放出されてあるのを見るとー(>_<)

  ダブルショックを受ける(^_^;)(^_^;)

  だから「礼儀」とは本人に知られない秘匿する心構えも関連するし、もう少し

  神経を遣う心がけや心積りの様なものも必然的に加えていいのではない?

  有るがままを受け入れる事が上手でない者にとっては哀しいことだし、感情

  を蔑ろにしたりそのことを自分の中で抑圧すると何処かに罅割れが生じる。

  人間は様々な価値観を持っている人の中で揉まれ成長する、葛藤の中で

  成育するのだと教わっていても・・・(>_<)。。。。。

  心の中に襞を作りながら成長しても、本質を見抜く力がない限り{洞察力}

  に長けていないと心は癒されないし、納得できない・・・(ーー゛)

  自分にその能力がないのに、価値観や多様な感覚の人と社会生活を営む

  現実は、正直、ほんとしんどすぎる気がしているんです!(^^)!!(^^)!

  自分と価値観の違う相手を排斥せずに受容出来るには未だ、未成熟だと

  言うことなのかもしれませんが・・・(~_~メ)

  排斥などときつい言葉でなくても受け入れるのに時間がかかる人達も数多

  あるのではないでしょうか? {つまり、生き方が下手だと言う意味で(-_-;)}

  楽しい人生を送りたいなら、沢山の人と出会い多数の価値観に揉まれ、それ

  を許容でき、振り返らず、嫌なことは忘れ、立ち止まらず前進のみしていれば

  きっと人生は楽しく暮らせるのだと・・・(*^^)v半信半疑だが了解はしている。

  でも、何処かで中途休憩するだろうし、自己防衛も強いし、自分を正当化して

  生きている部分が強い様にも見えるし、自信がないのかも知れず・・・(・_・;)

  現状を素直に受け入れられない箇所が必ず出てきて(立ち止まる)の生き方

  しか出来ない気がしています・・・(ー_ー)!!

  自由になった分の落とし穴=孤独との戦いには強いと思っているのだが!(^^)!

  個人の生き方は想定外に幅も枠も広がって、今は何が、どれが正しいなんて

  言えなくなってきている気がするのです・・・(T_T)

  それだけ複雑で多様性が重要視されているのかな?それとも、時代の流れに

  頓挫してしまった???  かもねぇ・・・(-"-)(-"-)

       ★今日の俳句5句です★

           ◎雨激し心閉じたり杜若

           ◎雲の峰飲み込む五感自在なり

           ◎気のぬけしラムネ一口老い生きて

           ◎殺伐な世の営みや心太

           ◎小刻みに罅割れし過去梅雨深し
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/07(Tue)
  友人Aさんと今話題になっている映画の試写会へ行って来た・・・(*^^)v

  梅雨とは言え「なんだかなぁ?」って感じの天気が続いている。

  今夏、初めて雲の峰[入道雲]を発見した・・・(@_@;)

  「おっと、梅雨なしでもう真夏かい?」と問いかけながら、その真白い姿に

  惚れ惚れと見入ってしまった・・・( ^)o(^ )

  ふっと、「生きているっていいなあ・・・」なあんて感傷的になってしまった。

  大阪の御堂会館と言う場所だった。全く初めてだったが・・・(^◇^)

  早目に着いたつもりなのに、すでに長蛇の列・・・(@_@。驚きました。

  余り人が多く立ち見の人もいたようだ・・・(--〆)

  席数を計算していないのか?これは信じられないことだった(--〆)

  さて、オールイタリアロケで有名になっていた、話題のフジTV50周年記念

  {アマルフィ}女神の報酬を鑑賞した・・・(^_-)-☆

  織田裕二、天海祐希、佐藤浩市、福山雅治さん達が出演。これだけでも相当

  話題性はあり・・・ヽ(^o^)丿個々が主役級の人達だから、観ていて厭きさせず

  結構引き込まれて見入る感覚があった。

  イタリアロケと言う前評判通り、イタリアが好きな人なら、また、何度か訪れた

  方は雰囲気や生活感、道路一本にも感情が湧いたのではないかしら?

  正直、私は{アマルフィ}がイタリアの町名とは全く知らなかったのです(ーー゛)

  ご一緒したAさんは下調べをしていたようで・・・感心した(^_^)

  こんなところが私と違うのかも知れない・・・(-"-)  さすがです・・・(^.^)

  全く白紙状態で、鑑賞するタイプとはかなり違うことに気がついた・・・(>_<)

  {アマルフィ}は南部イタリアにあって、世界で一番美しい海岸を持った町で

  ご存知の方も多いと思うが私のように未知の人のために・・・(#^.^#)

  ナポリから一時間半位のフライトらしく、階段がやたら多い高台の町らしい。

  地中海に面した高級リゾート地で、{アマルフィ海岸}と言えばとっても有名。

  風光明媚な景勝地として、文化遺産にもなっているとか?

  切り立った崖と海の色や町並みを見降ろす、迷路のような階段を登りつめた

  高台の風景は美しい。その美のなかで起る誘拐事件が人々の心を困惑させ

  驚愕と憔悴、先の読めない展開に作者と演者の役柄が絡み合っていて結構

  興味深く楽しめた・・・(◎^o^◎)最近の邦画の中では秀逸だと思った。

       ☆また、一番感動したのは音楽だ・・・ヽ(^o^)丿☆

  何と言っても世界的な歌姫[サラ・ブライトマン]のあの迫力と音域の広さには

  この映画の成功の半分以上は担っていると言っても過言ではない(^^♪(^^♪

          ☆☆本当に素晴らしかった・・・☆☆

  あの澄み切った歌声を聞けるだけでも、映画を観た価値は充分あります。

  携帯電話の声だけに出演の中井貴一さんは最後まで解らなかったボンクラ

  でしたが・・・パンフには書いてあった・・・(ー_ー)!!

  まあ、その程度の鑑賞者だから大したことはないが、久しぶりの試写会は

  楽しい素敵な時間を生きている実感と共に感激を与えてくれた・・・(*^_^*)

  人の心理は時には決断を迫られる時が多くあり、そこには自分しか信じられ

  なく、選択を余儀なくさせられる場面が何度かあるものです。

  しかし、人間の深層心理はそう簡単に変化出来ないから、暗闇の中を手探り

  状態で光が有るであろうと思われる方向へと歩いている・・・(@^^)/~~~

  自由になった分・・・その傾向が強く有るような気がしている現在です。

  Aさんは陽気でかなり頭の回転が早く嫌みのない女性だし、私にないものを

  いっぱい持っていそうで・・・興味津々の女性なり・・・( ^^)v

  彼女は第一線で仕事バリバリしている人だから、隠居生活の私には刺激を

  もたらせてくれる貴重な存在です    m(_ _)m

  うざく半分死滅しかかっている脳を柔軟になる方法を今度は教えて欲しいと

  勝手にそう思っているが・・・迷惑な話だろうなァ おほほほほ

  多分、公開されたら、イタリア観光にこの町はこれから沢山登場し、大勢の人

  が押しかける予感がしています・・・!(^^)!!(^^)!

  どうしてだか(ロケ地巡り)とか好きな日本人っていますよねぇ・・・(;一_一)

  「あーあ今日は生きていて良かった!」・・・幸せ満喫の日でした(^_-)-☆

     ★今日の俳句5句です★

         ◎雲の峰地球の暗さ止めており

         ◎希望とはいのち輝く柿若葉

         ◎追分の雨後のさ緑峪卯木

         ◎鉄線花言い出せぬこと多かりき

         ◎傷ましく押され揉まれし蟻の道
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/06(Mon)
    ”滅多に忘れることはないのだけれど、昨日は知事選挙日だった”

  歳のせいかも知れないけれど・・・(>_<)先ず、候補者が2人だったこと

  マンネリで、政策が興味無かったこともあったんです・・・(;一_一)

  「エエ格好言ってますが」・・・違うんです。最近、めったやたら使用されて

  いる{マニフェスト}なるものに厭き厭きしていたんです。

  私の年代では、辛うじて引掛っている程度の言葉だと思います・・・(・_・;)

  そんな横文字でなくても{宣言書}とかでもいいのではないでしょうか?

  お昼に思い出して食事の後、自転車で行ってきました・・・(-"-)

  これが何と1人も居なかったので・・・びっくり仰天しました・・・(@_@;)

  以前、住んでいた所は老人が多くて、投票所も近く、歩いて5分程でした。

  朝の6時半には列を作るほどの様子が普通?・・・私も一緒に並び投票は

  そういうものと思っていたし・・・(-_-メ)

  以前にも書きましたが、何の因果か亡夫の父親が議員だったせいで////

  選挙に関心を持つのは当然の環境にいたのです。

  棄権することや忘れるなどはあり得ない状況で生活していたもので(/_;)

  それがすっかり忘れていたのです。思い出したから良いとしましたが////

  ところが今回は本当に誰にも入れたくなくて・・・と言っても無視も出来ずに

  行ってきましたが・・・今迄で最悪の状態でした・・・(ー_ー)!!

  兎に角、誰もいないのに驚いたし、こっちにきて初めての場所だったが・・・

  選挙関係の人達が暇で一斉に私を見て皆でにこにこ笑う有様・・・(@_@;)

  こんな投票は初めてだった。一度も選挙カーは来なかった。

  TVで演説を聞いたのと、新聞のマニフェストでしか知らされていないと言う

  事実も何か面白くなかった・・・(-_-;)

  気持ちが萎えて行った理由でもあるし、誰でも一緒だと思っていたからだ。

  正直、もう、誰がなっても何の変化もない事や生活が変わることの期待感

  がすっかり希薄状態になっていることの有り体の事実・・・<`ヘ´>

  何も変化しないことや、良くならない景気、生活の圧迫をひたひたと感じる

  昨今に期待感は全く無くなってしまっている現状でした。

  それでも、TVの中のコメンテーターといわれる人達の無責任な発言にただ

  驚かされてしまう。

  確かに正論を言ってる人も多いし、様々な考えがあっていいし、懸命に勉強

  されているのだと思うが・・・(ーー゛)

  個人の生き方が広がった分だけ、理解力が増えている気持ちもある。

  故に(いい加減なことは言って欲しくない)と思う心がずっとあった!

  著名人だけでTVに出ている人が多いことに慄然たる思いがある(~_~メ)

  無論、素人のそれも、何も知らない私が批判したり批評出来る立場には

  いないことは {先刻承知の助} だけれど・・・あはははは

  やっぱり、生きている以上、残世の日々を数えると、よい政策で有ればーー

  なあんて思ってしまうのです。

      ▼醜い老いの足掻きかも知れませんが・・・!(^^)!!(^^)!▼

  でも避けられない運命のようでもあるし、現状を素直に黙認しないと日常の

  生活が出来ないのかも知れないなぁ・・・・<(`^´)>

  自己防衛を続投するしか道はないのだと痛感した日だった<`ヘ´><`ヘ´>

  言いたいことはあるけれど・・・どうにもならないのが現実だ。

  そんなことが心の中に不平や不満を貯め込んで行けば、制御できなくなり

  持病を悪化させる原因になれば・・・それも口惜しい・・・(;一_一)

       ★今日の俳句5句です★

          ◎現し世の乱す心や黴の花

          ◎くどくどと道義説きおり椎落葉

          ◎峻険の山万緑を噴き上げる

          ◎晩年を忘れる刻や香魚喰む

          ◎蒸し暑く選挙投票自虐なり
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/05(Sun)
    ▼正直、無理をしている部分がいっぱいあります・・・(;一_一)▼

  確かに、毎日書くことは並大抵ではなく・・・これが日記なら、今日あった

  事を書き綴ればいいのだが・・・(#^.^#)

  日々自分の思うことを書こうと思うとそれも、、かなり恰好をつけ、日本語の

  語彙をなるたけ、沢山使用したいと欲張るものだからしんどい(ーー゛)

  それでも、書いているのは自分の心に「問いかけている」状況だからです。

  判り易く、簡素に書ければ最高でしょうし、それが長く続ける秘訣でもあり

  読んで頂ける人への恩返しでもあると思うんです・・・_(._.)_

  真面目にそのことは分かっているつもりなのですが、平易で単純な言葉を

  使っていると自分の中で考えていることが表現できない・・・(-"-)

  何時だって同じ言葉ばかりを使用する羽目になるからです。うふふふ

  頭の悪さは読んで頂けると決定的に答えが出せるはずです(^_-)もの。

  回りくどいし、やたら、長く書くし・・・(ー_ー)!! {印象度も最悪だと思う}

  しかし、その分{大量生産的語彙}は使用出来る、可能性があることには

  相違ないのだと考えているもので・・・ご勘弁ください  m(_ _)m

  人の(心)って難しいですよね・・・(^_^;) 気持ちは推測することは出来るが

  また、理解してあげられたなんて思っても、その実際は何一つ本心は判断

  等は出来ていないのが事実です・・・(ーー゛) それって不遜ですよねーーー

  現実の日々は毎日変動するし、瞬時に変遷することなんて往々にあるもの。

  人間の態度も気持ちも緩慢があったり、熱情的に左右されたり・・・(^_^;)

  絶えず淀みなく変わりつつ流れていくものだと思います。河の流れのように///

  それなのに、現実を知らず、現実が何かが見えていない能力に欠けた人が
  
  書く文章なんて・・・それって「何?」って感じだと思います・・・あはははは

  だから、きっと普通の人以上に真剣に私の(カスカス脳は作業)を開始してる。

  理屈ではなく、{感覚や価値観}の合う人が好きだと思う・・・(^v^)

  そういう人を求めている気持ちの存在が絶えずある。

     (その上、何時も自分の価値観に固執している・・・( 一一:))

  本当は幅広く色々な人と付き合って知識を得る方法が一等良いことは

  万人の知る範囲だとも承諾できているのですが・・・(-_-メ)

  何時も書いているように人付き合いが上手ではないし、面倒だし////

  関わることに抵抗も生じる(--〆) 疲れるのです・・・(-_-;)(-_-;)

  勿論、自分を育てたい願望は人並み以上にあるもので、そのギャップの

  大きさに戸惑い、狼狽している部分はかなり占有されていますが。。。。

  {子育て}を終え、自分の役目も完了。肩の荷物を下ろした時点で、既に

  自分自身の的確な自立心を確立させることに尽きると思っていますが(・_・;)

     ■未だ、何もきちんとは見つけられずにいるんです■

  ぼんやりと夏霞の中をチンタラ、チンタラ歩いて、道を岐路を探している現実。

  早く、自分の道を見つけて生き方などを[チェック]出来ればいいのに(>_<)

  それにしても、晩熟ですね・・・(@^^)

  大抵この年代になれば人生の輝きが終焉に近ずくことを把握している筈で

  物ごとに動じないと言えるのですが・・・(@_@;)

  何時だってオロオロしてる。うろたえたり、羞恥心で抑制不能な心の動きが

  見え隠れして・・・(▽^o^▽)それで居て確実に老いが{トントン}と戸を叩く

  音に怯える日々を過ごしているありさまです。

  そして(老いの条件)が揃いつつある現実に愕然とし、呆然としている私が

  心を硬直させながら立っている姿をしっかりと見ています・・・「はい!」

  これって、人生観の違いだけでしょうか・・・? (T_T)/~~~

      ★今日の俳句5句です★

         ◎更地失せ蛍袋のあしたかな

         ◎梅の実の色ずく夜の闇深し

         ◎変容は時間の無駄よ虞美人草

         ◎定めなき往古偲びしカサブランカ

         ◎百日紅名残りの人の心意気

   ◆この俳句は固有の作です。他への掲載はお断り致します◆
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/04(Sat)
  今は、何かを分類することが多様化し過ぎて本当に難しいです・・・(>_<)

  そんなに大袈裟でなくても、ゴミに例をとってもややこしく、面倒です。

  それでも、ちゃんと、分別されていれば良いのですが、平気で違った物や

  違う日に出す人もいて{凄く便利で不便な世の中}になったと思います。

  (常識)って言葉に結構、騙されてヴェトナムで生活したせいか(常識)が

  通用しない異文化、異空間の国があることを思い切り知らされました。

  日本で通じていることが、所謂(常識)が全く伝わらない感覚は(;一_一)

  どう考えたらよいのか理解に苦しみ、周りが全てそうで、{孤立}した状態

  の中で生きることの惨めさや切なさ、驚愕、不信感が一度に襲ってくる時

  心の中と頭の中がぐちゃぐちゃになって、暫く自分自身を喪失していた。

  そりゃ、この歳まで普通だと思って生きてきた日本人の考えや(常識)が

  激変して、急降下したような感覚があり、感情が付いていけなかった(^_^;)

  異文化とはそれほど心を左右するし、慣れるとそれもまた、良いのではと

  思えるように変化する・・・(#^.^#)

  ほんの詰まらない例ですが、この経験がなかったら多分、私は日本人的

  (常識)から逸脱しないで一生を終わったと思います。

  大仰ではなくて・・・私にとっては、(常識)を破る貴重なことでした。

  ヴェトナムで道路を横断することは普通の日本人には凄く恐怖感があって

  最初は渡れないと思う・・・(ー_ー)!!

  バイクと車の集団が間断なく続くし、信号も数が少なく、中央を少し外れた

  途端に、スピードも出ていますから、その恐怖感は驚くほどです(・_・;)

  まるでバイクとバス、車、自転車、シクロ、トラックなどが先を競うようにして

  洪水のように流れるからです・・・(ーー゛)

  しかし、人間の慣れとは恐ろしく、何日かするともう何年も住んでいる人の

  ように普通に車を避けながら渡れます・・・(^_-)-☆

  また、英国ではこんな光景をよく見ました。日本人のように信号が変わって

  から渡るのが当然になっているのだが・・・(^-^)

  赤信号でも平然と渡って行く人をかなり見かけたことです・・・(--〆)

  それは英国の文化と言いますか・・・考え方の違いだろうと思ったのですが

  自分の意志で安全を確認し、自己責任の上で行動する考えで、意識度の

  違いと、自分への責任とも言いますか・・・自己意識度が高いのです(^.^)

  このように大したことではない道路の横断でさえ、国によって違うこと////

  異文化への相違を感じるのです。異質であることの不思議と日本人感覚

  の中に塗れて生活していると他が見えない・・・(-"-)

  単に道路の横断だけに留まらず、これに、習慣や、宗教、政治、教育等が

  加味されるともうこんがらがった糸を解く如く右往左往してしまいます。

  それでも、人間の営みは当然のように毎日繰り返されていく。

  異文化の中で足掻く時間が長いのは脳の固い老いた人だと感じた(@_@。

  とにかく、切り替えるのに時間が沢山必要だったからです・・・(-_-メ)

  それでも、有難いことに人間はどうとでも応用ができ順応出来るようですし

  それなりに慣れて生きる道を覚えるものだと悟りましたねぇ・・・(*^^)v

  同じ人間同士、アジア人だからは通用しない。環境の違いは大です。

  人間の生活は同様でも全く違う異文化がそこには存在すること。

  そして、それは体験しないと理解が出来ない不便性がある・・・(@^^)

  必然的事実の理解力が備わっていないと言えないし、書くことも多難だ。

  {私などは何度同じ失敗やしっぺ返しの洗礼を受けたか?} とほほほ↓

  でも、今はこの経験があるから、幸福だし、自分自身の責任で生きてる?

  生かされているって感じるのでしょう・・・(@^o^@)

       ★今日の俳句5句です★

          ◎哀切を忘れていくや夏の夜

          ◎短夜や朝の香りは淡々と

          ◎異文化と時間の狭間夏落葉

          ◎在りし日の名残り見せたり夏薊

          ◎青田波仮の姿や鍵の位置
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/03(Fri)
  今朝、いつもの時間にブログを書こうと思ったら・・・なななんと(ー_ー)!!

  メンテナンスの画面が出て・・・オタオターーー(>_<)。。。。

  初めての経験で、仕方なく1時間は待ったが・・・5,10分待っての表示に

  苛々が募り、あちこちいじっていたら・・・よく解らないけれど・・・やっと正常

  になったようだ・・・(;一_一)

  こう言うとき(老い)を思い切り感じるし、矢張りPCは(ツール)なんだと痛感。

  すっかり時間がずれて頭の中が異常発酵しています/////<`ヘ´>

  何を書こうかが定められませんが・・・書いてみますね。

  近来{脳科学の本}が出回っていて・・・日向に出てきた感じがしますが・・・

  アルファ波とかベーター波、その上海馬などと妙な名前の単語がどんどん

  出てきて正直さっぱり分かりましぇん・・・m(_ _)m

  「何、それって?」て感覚でして、私には余りにも難しすぎます。

  それでも、説明などされると「ふーん」「そういうものなんだ」なーーんてさも

  判ったような気がして・・・本当は何一つ理解されていません(~_~;)(~_~;)

  ただ、どうして、若い人には特に子供達は脳が柔らかいのでしょうね////

  これだけの情報を上手く捕えているのが不思議でもあり、自分の脳の固さ

  にうんざりさせられることが最近は物凄く有って・・・かなりへこみます(-"-)

  これ程の多い情報をキャッチする脳は「なぜなの?」と何時も思っている。

  毎日、凄い量の脳細胞が死滅しているという話を聞かされると・・・(T_T)

  「さもありなん」と思うし、死滅して行く速度は老いるごとに早くなるようです。

  老化すると、「なぜ?理解出来ないのか?」を絶えず考えている(-_-メ)

  何処かに配線でもあって、そこを刺激すれば少しは、老化が抑圧されるとか

  学習能力がそこを(ポーン)と押すと[ピンポーン]と返事してくれて少し低下

  が緩慢になるとか・・ならないのだろうか?

  創造力を発揮している間は老化が抑えられているとか・・・ないのかな?

  例えば、脳細胞の何処かに{油}を差したら・・・脳の回線は良くなるとかは

  ないのでしょうか・・・(ーー゛)

  愚か者だから、考えることも突飛すぎて・・・可笑しい人になっている??

  まず、老いると目が悪くなる。もっとも、これは個人差があるし、私のように

  小学校から(近眼乱視の生活の人は老眼は遅いよ)なんて言われ喜んで

  いたけれど俗的なことで、40才を過ぎたら早々と老眼になったし・・・(^_^;)

  本当に個人的なことだと悟った訳で・・・それより集中力が減退したことや

  物忘れや、人名が出てこない「あれ、これ」の代名詞が増加したことの方が

  結構応えているかな・・・(;一_一)

  マスメディアから発信される情報は多才すぎて、PCの情報に振り回される

  現代の生活は大量の情報の中から自分に合うものだけを探索すればよい

  なんて、言われても・・・それが本当の意味で正しいのかさえ判断できない。

  毎日、毎瞬時に変動する動きに老いを加速させた我が身を引きずりだしつ

  一体何が正確なのだと・・・(・_・;)   問う心さえ見えていない(-_-メ)

  心に引かかる問題があれば、辞書や事典だった少し昔がPCに換わり一瞬

  ポンと触るだけで答えが出てくる現代・・・どうしたら上手くツールとしてのPC

  の情報を生かせるのか・・・本音では判断しかねている状態です。

  情報過多の世の中にあって・・・こんな初老の小母さんの戯言は面倒以外は

  何もないのかも知れない(--〆)

  しかし、多量の情報の中を嫌でも中途半端でも生きていかねばならない時代

  に自分の決断が迫られている感覚が取れず、人生の選択の緊迫感に潰され

  そうで・・・岐路は多難で経験がないだけに複雑でほんと、しんどい( 一一:)

  人として、恥じない生き方をしたいと思っても、昔に比較すれば、難解すぎて

  かなりの{脳作業}が必要視されている様で、とんでもない世の中になった。

  自分がどこで結論を出すか決定するかによって、諦観の道もあることも(・_・;)

  まあ、私の脳は固すぎて、当分答えなど出せないのが現況でしょうねぇ////

  確かに、世の流れについて行くのは並大抵で無いこと、沸々と感じています。

       ★今日の俳句5句です★

          ◎過去世とは表裏の裡や梅雨最中

          ◎幾度も身を委ねおり蓮浮葉

          ◎飄然と朴の花散り暮泥む

          ◎いずこより姫百合見えし後影

          ◎躓きは未来に放つ夏の雨
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/02(Thu)
   旅に出る時の荷物が多い人っていますね・・・(^_^)/~

   国内でもかなりの荷物を持って行く人もおられる。よく解らないです(-_-)

   海外ではヨーロッパ、アメリカ、カナダ北欧などは大凡、一週間位ですね。

   お金に余裕があり、長ーーく滞在される人は別に考えてください(^_-)-☆

   でも、大体7日位が多いと思いますが・・・冬季の場合は着る物が嵩ばり

   スーツケースが割合太っちょになる場合がありますが・・・(;一_一)

   それでも、帰国時に入れないことはなく・・・大きなお尻で踏んずけながら

   作業することは余り経験がありません。

   ええ、そうなんです・・・(*^_^*)お土産は殆ど買わないし、持って行く荷物

   は最小限だからです。

   旅先で、下着や靴下、パンストなどは毎日洗濯するし、長い時は婆シャツ

   も洗います・・・あはははは

   大抵が一人旅のせいもありますが、友達と行っても、バスルームを占領

   して、一杯に干しています・・・(ーー゛)

   翌朝、大体は乾いているが、濡れていてもそのまま干して出かけます。

   海外では部屋の掃除は男性もかなりいて、ちょっと、恥ずかしいですが

   それでも、若い女性の様な下着類では無いせいでしょうか・・・?

   (多分そうに違いない・・・<`ヘ´>カラーを見れば分かりますもの)

   そんな訳でかつて一度も触られた感じがないのは・・・嬉しくも有りまた

   情けなくもありますが・・・ずっと、その状態です<(`^´)>   はははは

   以前に家族でハワイへ行った時にスーツケースが一つでした。

   日本でも、ハワイの税関でも止められ、同じ事を聞かれました・・・(-"-)

   「家族で荷物はこれだけですか?」って言われ・・・日本人は荷物が多い

   からびっくりした(@_@;)様子でした。

   往復同じ事を聞かれて・・・中身を見せましたが、暑い国だし、毎日洗濯

   していたから・・・十分だったのですが、記念のお土産も身につける物で

   増える要素がなかった・・・うふふふふ

   荷物が多いとは多分にその人は(神経質なのか、心配症なのかも?)

   知れませんが、どうとでもなる(アバウト的感覚)はきっとないのでしょう。

   それに、旅に出ると今まで見えなかった性格が仄見え(凄い、がっかり)

   の両方を必ずと言って過言ではないが・・・体験するものですヽ(^o^)丿

   夫婦でも旅に行くと(喧嘩する)人が多いってよく聞きますものねぇ(>_<)

   日々、繰り返される変哲のない生活が一変するわけですから、理解する事

   は出来ます・・・私にもあります。ミラノで主人と大喧嘩しました(ー_ー)!!

   不思議ですね・・・今迄見えなかった内面の表出が怖いくらいの頻度で

   出てしまう。我儘になったり、思う通りにならない些細なことに苛々したり

   「うざったくて」仕方なかったりが重なってしまうのです。

   ささやかな楽しみが急変します・・・(;一_一)

   そんな時はお互いが気不味い思いで、せっかくの旅を台無しにする。

   大人であるための選択が必要なのに又、老いると、慣れ合うと途端に

   良し悪しは別にして本質が見えたり、地がでるものです。

   もう、過去になってしまったが・・・主人には申し訳なかったと今も思う。

   人間は対極の中で揺れ動き、絶えず片側だけ通行しないで・・・(-_-メ)

   {両方をみれる人間として成長出来たらと考える余地はあるのですが}

   何せ外見も精神面もすでに偏ってしまい融通が利かない現状の打破は

   相当の努力が必要だと思われ・・・つい、面倒で一人旅になってしまう。

   元来、酷く自分勝手だから、構われることが大嫌いだし、何かして人を

   喜ばせるとかしてあげたい気持ちがかなり希薄らしくて・・・(--〆)

   やっぱり、(変人かなぁ・・)とか思いつつ何処か一人旅を心内で求めて

   いる自分がいるんです・・・m(_ _)m

   自分一人の行動には自己責任だけで良い。人の面倒まで見る余裕も

   必要性もないことが何よりも楽だからなのかも知れません。

   人に凭れ掛ることはしないから、されることにも慣れていない。ゆえに

   厄介だと思うし「そんなこと自分でしてよ」とか傲慢にも思ってしまう。

   どうも、そんな性格が禍いするようだ・・・(T_T)

   元々、狎れ合った関係も嫌いだし、人が好きでないから・・・出来るだけ

   人と関わらず(これも荷物同様最小限)で生きていたい願望がある。

   人間は老いたら出来るだけ柔軟に生き、感受性を受容して知性豊かに

   暮らすことが最高の生き方だというけれど・・・(・_・;)(・_・;)

   出来ない人もいるし、そんな生き方したくない人も居てもいいのでは・・・

   なーーんて、身勝手に思っている。

   {ほんに、可愛げのない女だとは思いつつ}/////

   {それだって、一つの生き方だーーい}//////

   なんて負け惜しみかも知れないが、そう思っている自分自身が居て傍で

   苦笑いしています・・・( ^)o(^ )

      ★今日の俳句5句です★

          ◎ぼんやりと夢中泳ぐ夏の蝶

          ◎ゲリラ梅雨地球の抵抗傷みあり

          ◎一八の少し寂しき言語かな

          ◎気力には可能性あり杜若

          ◎心奥を汚す夕焼け受け入れし
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ