外から日本を見て・・・(2)
2008/12/30(Tue)
   ★日本で生活していると・・・・当然のように溢れるように情報が流れてくるし

    それは、[TV, 新聞、 雑誌、、PC]などあらゆるところから・・・噴出している

    だから・・・毎日の満たされた生活が当たり前になってしまい、すっかり慣れて

    そして、慣らされて飛んで行ってる感じ・・・・(>_<)。。。★

       ●そのことに特別の不審も不安も抱かずに生活を送っていた●

           {{ところが・・・ところが・・・なんです(ーー゛)}}

    ◆そんな、平凡で初老の小母さんが住んだ国が・・・社会主義国家であった

     これは強烈な★インパクト★を心に残すことになったのです・・・(;一_一)◆

    ■この国に来た当初は先ず、何1つ理解不能状態だった・・・だって、何より

     “社会主義”さえ分からなかったし・・・日本との格差の大きさに呆然自失

      何をどうすればいいかさえも理解出来なかった・・・(~_~;)(~_~;)■

  ★★今、この国に何が起きているのか・・・何かが・・・<激流>となって激しく

     振動を繰り返している・・そのことだけは明確に分かっていた・・・(@_@;)

     ただ、それが何なのかを知るのには時間が必要だった・・・(-_-メ)★★

  ◆◆この国を去る時になって・・・改めて思うことは・・・この国が最高に発展する

     途上の時間の渦中で生活が出来たこと・・・その時期に立ち合えたことが

     何よりも幸福であったことです・・・・(*^_^*)◆◆

  【】そして、こんな私でも・・外から日本を見ることが少しは出来るようになれた事

    それは”貴重な体験”をこの国でさせて貰ったからだとそう思えます(*_*)【】

  ▼本当の所は未だに“社会主義国家”の意味など判断できていないのです▼

     ●●3年も住んでいたのにです・・・お恥ずかしい限り・・・・(ー_ー)!!●●

     ■ただ、何も分からないけれど・・・解るだけの才知もないけれど・・・

      この国に溢れている、[毀れんばかりの熱い✿パワー✿]と、人として

      最低限は持っていなければならない✿<情><愛>✿はしっかりと

      この国の人々の心の(底辺)には息ずいていることを見せてもらった

      そんな気がしています・・・(*^_^*)  <(_ _)> ■

    ▼それはもう日本では過去になりつつあるものであったり・・・実際は有っても

    私自身が看過してしまって来た時間だったそんな気さえしています(-_-;)▼

   ★★故に、このように異国で生活することで、再度、湧きあがってきた感覚を

     大切にしたいと思ったし・・・こちらから見えた日本の”心情”は余りに希薄

     過ぎるのではないかとさえ・・・思われて・・・少々悲しくなった!(^^)!★★

 〖〗情報も激しく流れ過ぎるし・・・すべてが多種多様化され過ぎている・・・・

    その為に人間として人として生来、持っている✿[愛]✿<心>✿[情]など

    が((浮遊状態))にされているように思えてならない(-"-)〖〗

  ●●殺伐とした心や猜疑心が浮上して悪戯しているのでは・・・ないかしら?

     根底にある、人としての“優しさ”や゛温かさ”は何処へ・・・?

     それを育てる土壌は消えてしまった・・・の?

     それだと切なすぎる(^_^;)・・・・・( 一一)。。。。。●●

    ★☆それでも、日本人である以上は<愛国心>も、持っている・・・・

       自国の信頼感も沢山あるけれど・・・・今迄はこんな事さえも考えずに

       生きてきたのだと・・それが現実だったのだと・・・初めて外から日本を

       見て…感じたことでした(#^.^#)★☆

  ●■いずれにしても、外国にいると[日本人]であることを意識せねばならず

     嫌が上にも[日本人]であることを標榜して生きていかねばならないと言う

     現実からは逃避出来ない事実がある・・・・(--〆)●■

   ★★★それは当然のことなのだけれど・・・・・それでも・・・やはり・・・

     外から日本を見て(日本を知ると言うこと)はとても恥ずかしいことだと

     私は思いました・・・・外からでないと自国が見えないなんて・・・・

     何か、何処かが変だと思いません・・・・か?(・_・;)★★★

      ◆◆以上・・・長々と稚拙な文章をお読み頂きまして・・・

         本当に本当に有難うございました    m(_ _)m ◆◆

       ☆☆☆どうぞ、佳き新年をお迎えくださいませ☆☆☆

    ❀❀❀来年はまた、違うことを考慮しております・・・・・・

        お時間がありましたら・・・また、読んで頂けると幸甚です❀❀❀

                     了
スポンサーサイト
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
外から日本を見て・・・
2008/12/30(Tue)
   ☆☆愈々、この国での最後の生活を終えるページになりました☆☆

  ■4冊のノートに書き続けていた、ここでの生活の”けじめ”として、思ったこと

   最後に綴ってみます・・・年末でもあり・・・切れ目の良い所で終われます■

  *日々の生活の中で[日本ってどんな国?]って聞かれたら・・・・何と答える

   事が出来るだろう・・・?(~_~メ) *

   ※四季が確立しているので・・・生活に変化があり、自然や文化などが豊かで

    感性が育ちやすい環境である・・・(#^.^#)※   少し格好つけて・・・(^^♪

         ◇◇先ず、そのことを私なら・・言うに違いない◇◇

                {{どうしてかと言えば}}

        ●それ以外は正確に日本について話せないからです●

    ■日本の政治や大きな国の流れなど・・・正直、全くと言っていいほど疎いし

     選挙の時だけ・・・真剣にマスメディアや、書かれてあるマニフェストを読む

     体たらくの有様で、それも、ほとんどが<受け売り>だから・・・難しいこと

     を聞かれたりしたら・・・皆目、返答が出来ない現状だから(ー_ー)!!■

   ▼▼故に、私はとても(狡い)とは理解しているのだが・・・その時は決まって

      相手に[貴女は日本の国をどのように思っていますか?] と聞くことに

      しているんです・・・(;一_一) ▼▼   m(_ _)m   m(_ _)m

  ★★私自身、こんな年まで日本人として生きて来て・・・自国をちゃんと語れない

     なんて・・・本当に恥ずかしくて情けない思いが有るのですが・・・(・_・;)★★

  ◆それが、この国に来て…違う次元で日本を見る機会が与えられ、儀礼的にも

   とに角、大抵の人が「日本ってどんな国ですか?」を連発することに気ずいた

   のです・・・!(^^)!!(^^)!  海外旅行へ行っても・・・・・その時だけの話で終わって

   いた今迄とは、全く別の意味で答えを欲している様子に、返答せざるをえない

   のは・・・・大変なことだと思ったのです(>_<)。。。◆

  ★★興味の対象が余りにも違うし相手は真剣そのもので知りたがっている・・・

     私の返答次第で今にも日本へ行きたいと言うその態度に圧倒されてしまう

     ことが間々あったからです(-_-メ)★★

   {{それだから・・・・私は狡猾にも・・・姑息にもこんな方法を取ることになって

    心中傷みはあるのですが・・・必ず相手に聞く方法を選択するようになった}}

  ◇◆ヴェトナム人が日本人に持っている感情を私は想像もしていなかった_(._.)_

     ことが多くて・・・驚嘆と羞恥とが綯い交ぜになって・・・かなり戸惑うことに

     なってしまったのです・・・だから 「どうしたら・・・?」いいのかを真面目に

     考えなければならないことが度々あった(>_<) (>_<)■□

 《》彼等が必ず言う言葉は[家電製品の品質の良さ][日本人は金持ちである]《》

  ●この答えは決まっているようだ・・・(@_@;)  酷く恥ずかしくもある(ーー゛)●

 △▲同じアジア民族で。。。たったの6時間しか違わない国の人達が日本人に

    対して持っている(印象)をどのように理解すればいいのだろうか・・・△▲

   ≪≫確かに、当たっている部分もあるが・・・私のような日本人もいるのだし

      これは難しい答えでもあリ、又、考えさせられる回答でもある(^_^;)≪≫

    【】そして、沢山の人々が日本人に好感を持ち、日本について詳しいことにも

     驚かされた・・・(*^_^*) なぜなら・・・私がこの国に来る時読んだ”本”から

     得た貧弱な内容とは比較出来ないほど・・・・ほとんどの人は日本について

     知識があるし・・・個人個人の意見が完成されていて・・・・質問に対しても

     真摯に受け答えしてくれる様は胸奥が震えるほどの感動さえ与えてくれる

     それだけで充分、私は降参するし・・・自分自身を恥じずにはおられない【】

   ◆◆今、ホーチミンには日本人が4千人程住んでいるらしいが・・・ほとんど

     会う機会もないので・・・知りようがないが・・・停年退職で新天地を求めて

     来た人達、転勤族、夢を持って商売に来た若者・・・等等・・(~_~メ)(~_~メ)

     様々だろうが・・・頭の悪い私のように・・・異国でちょっくら自分を考える

     時間を持ちたかった等と“惚けた初老の小母さん”は私1人だろう◆◆

  ●情報として入手できたのは”本””数日遅れの新聞”だけだったが・・・(-_-;)

    ここにいると、詳細は何も分からないが・・・・[日本の大きい流れ]を割合と

    敏感に肌で感じられるのが、とても不思議な感覚でキャッチしてた(*^^)v●

     ◆◆住んでいた時は何も感じなくて・・・何も考えなくて・・・・( ^)o(^ )

        遠く異国の地で日本を考えるなんて何か変ですねえ・・・(-"-)◆◆
続く
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
“生きるって・・・”  (2)
2008/12/29(Mon)
   ▲何処かで・・開き直ったとしても・・・私は★甘かった★生き方をしてきた▲

    ★その(つけ)が来たのだと思っている・・・・何の返答も出せていない★

   ◇一生懸命生きている人は沢山いるし、ほとんどがそうだと思う・・・けれど、

   私よりも不幸な人達は大勢いる・・・★死別★があったとしても、親が早逝した

   としても “老後”をキチンと計画していた人も多いことだろう・・・・(;一_一)◇

     【】【】難病で時間と闘っている人や、事故、事件に突然に巻き込まれた

        人達の苦痛や苦労の何と多いこと・・・(>_<)。。。。 酷過ぎる【】【】

  ★そんな不公平な世の中に居て・・・私程度の悩みなど・・・高々知れているし、

    大したことではない・・・・そう考えるようになってからは、心が落ち着いた(^.^)

    気分がしました・・・きっと、日本に居たらこんな事考えずに不満ばかり言って

    “老後”をだらだらと過し・・・辺りかまわず[迷惑]を掛けて老いて行く人生に

    なっていたのではないかしら?・・・・!(^^)!!(^^)!★

   ▲▼ここで繰り広げられる日々の生活は余りにも<理不尽>過ぎる・・・(>_<)

      それでも、この国の人々の毎日は営みを止める訳にはいかない▲▼

    《》どう”生きても”・・・朝はやって来るし・・・夜は暮れて行く・・・日々が

      痛烈であり凄い”生き様”を垣間見た私に取って・・・“生きる”って事を

      切願に思い強烈な刺激、起爆剤となって心中に墜落して行きました《》

               (●^o^●)   (●^o^●)

  △ここには、日本ではすでに忘れ去られてしまったことが・・・残っていて(*^_^*)

   子供の成長は親だけでなく[周囲]も絶えず目を光らせていて・・・助けたり・・・

   いさめたり…注意したり・・・窘めたり・・・日常の暮らしの中でごく<普通>に

   当然のように行動されている・・・(^◇^)△

  ☆☆この原点には〖〗未来は子供が背負う〖〗という大前提の元に信頼感の

   流れが見え隠れしているのを感じる・・・胸が痛くなる光景だし・・(そんな昔も

   有ったなあ)・・なんてしみじみ思う日々に何度も出合った・・・・・( ^)o(^ )☆☆
   
 ◇◇そんな些細な出来事の中から“生きる”ってことを教えられ、考えさせられた

   日々の連続・・・何よりも、何よりも心豊かになった気持ちだった(*^_^*)◇◇

   ◎親は子供を愛し、子供は親を出来る限り助ける・・・その根源に流れている

    [情愛]は切実に“生きる”ことに繋がり・・・・脈々と脈打っていて、そこには

    親子、身内だけでは無く、社会、国への✿[愛]✿が仄見えて・・・確立した

    <激流>が大河となっているのを正確に見せつけてくれる・・・(@_@;)◎

       ●●●“生きるってそういうことなのだ”って言うように・・・●●●

   ◆◇少しずつ、情報も流れ、若い世代交代の時期に入っているこの国の

     <底力>を見て・・・1人の外国人として・・・確りと見ておきたい衝動

     に駆られている///////  (^_^;)(^_^;)

     完全に(日本とは全てが違うこと)の意味も加味しつつ・・・・この国の

     根本的なところには✿✿[愛]✿✿が全く消滅していない事実を把握し

     きちんと見届けたい思いがいっぱいになってきています(*^^)v◆◇

  ※しかし、この国の勤勉さは半端ではなく・・・また、親に対する報恩の心も

   生半可な[情愛]では無いことも目の前で何度も見る機会があった(・_・;)※

  ★そして、”老いた親”の面倒はきちんと子供が見ている現実は・・・当然で

   老いても親の力は強く・・・子供に阿ねたり、妥協したりすることはない(-"-)

   <筋>が通っているというのか・・・<見事>である(@_@;) (@_@;)★

   ■■こういう“家族”の在り方はごく当たり前のこととして、日本にもあった筈

      なのに・・・もう、随分大昔の出来事のような気がする・・・(ー_ー)!!■■

  ●●前記したように・・・答えは出せない・・・これからの私自身がどのように

     ”生きていくのか”が問題であって・・・人、それぞれの”生き方”があって

     然るべきだとも思うからだ・・・(#^.^#)●●

 ☆☆今の所は特別な病気も無く[加齢による様々は有っても]それ程老いても

    いないし・・・呆けの症状も未定だから・・・何とか★残世★をやり繰りして

    生きていこうと思っている・・・この国に来て、ここの生活を見聞して、経験

    できた数々の<時間>を深く沈下させつつ・・・時折思い出し取り出しては

    ”生きる活力”になればいいと思っているし・・・・・また、そうしないと今迄の

    ✿[体験]✿が無駄になるような気がするもの・・・・・(^-^)☆☆

    ★★★これが正に私が思う“生きるって”ことですかねえ・・・★★★
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
“生きるって・・・”
2008/12/28(Sun)
  ☆この国で生活して3年です・・精一杯考えてようやく、心が決まった気持ちが

   しています・・・(*^_^*)一生懸命過ごした時間の(集大成)だと思って・・・少し

   重い話が続くかも知れませんが・・もうお終いが間近です・・我慢してm(_ _)m

   付き合っていただけると嬉しいです・・・・(^.^)☆

  ◆ごく、平凡な1人の中年小母さんが人生の★エアー・ポケット★に思いっきり

   嵌った時間があった事の幸せと、又、苦悩した日々でも有った現実でした◆

   ▼60歳ともなれば・・・”老後”を✿悠々自適✿で暮らす位の裁量があって・・

     当然の事というのでしょう・・ね・・・(~_~メ)   その為に若いころは真剣に

     働き、貯金したり・・・いわゆる””ゆ・と・り””で人生の終わりを計算する

     もので、それが・・(普通)だと言われたことがあった(ー_ー)!!▼

  ●だが、私は本当に恥ずかしい位、自分の゛老後”については何も考えずに

   生きてきたんです・・・・(;一_一)  早い人は30代から、50歳ではもう遅い

   と言われました・・・そんな訳で今、<アタフタ>していますが・・・・(~_~;)●

              {{しかし、この3年間は・・・}}

    《》充分過ぎる位の時間に恵まれて、それも異国で我身を振り返るべき

    時間が与えられた事が・・・何よりも嬉しかったし・・・素晴らしい体験でも

    ありました・・・・それは自分と対峙して生きている感動と幸福と未知への

    好奇心に溢れていて・・・✿素敵な時間になったからなのです✿《》

     □◇その意味では、★精神的な満足度★は (*^^)v でした□◇

   ▼▼正直、この3年間は身近に迫ってきた“老い”をしっかり受容することと・・・

    これから生きていくための“お金”について「どうしたらいいのか・・・」(-_-メ)を

    懸命に考える為の時間に費やしていた・・・それが事実でした(-"-)(-"-)▼▼

              {{でも、でも、しかしながら・・・・}}

     ●●●結論は無かったし、出せなかった・・・出すつもりも無かった●●●

   <どう、考えても、与えられた物でしか、生きる術が私には無かったからです>

   〖〗利口な人は心配も不安もなく計画し・・・生きて来たに違いない・・・が、私

      のように、無知、無能の人間は・・そこまで、考えている余裕もなかった〖〗

     ■■現実は厳しく・・・悲しいまでに(非常)だった・・・(>_<)。。。。  が・・・

      しかし、この現実を受け止める以外の“道”はなかった・・・し・・・!(^^)!!(^^)!

      哀しいんでいても仕方ない・・・泣いて、誰かに縋れば<答え>が出る訳

      でも無い…そう思うと、“生きるって・・・何だろう”・・・と言う大きい疑問に

      ぶち当たってしまったのです・・・(;一_一)■■

   【】確実に”老化”は貧富に関わらず・・・訪れるらしい・・・これは”死”と同様に

   それに向けて「準備するのは当然のこと」と言われると・・・頭を垂れるしか私

   (出来ませーーん)   <(_ _)> <(_ _)>【】

   ◆一生懸命生きてきた”つもり”だけれど・・・★死別★があったこと・・・2人の

   子供の成長・・・結婚・・・それだけしかないけれど・・・・頑張ってた気がする◆

   ★★けれど・・・”老い”と”老後の計画”の準備を怠った結果がこうなった★★

    ▲▲どのように生きてきたら・・・何不自由なく✿悠々自適✿な暮らしが

     残されたのか?  誰か教えて欲しい・・・・( 一一)

     きっと、何処か途中の道で逸れたのか…怠慢な生き方しか、出来なかった

     私自身の愚かさのせい?・・・それに違いない・・・(ー_ー)!!▲▲

   ●「ええーーい、纏めてかかって来い・・・・・(・_・;)(・_・;)(・_・;)」の心境でした●

         <<私だって・・・・きちんと生きてきたつもりなんだから(^_^;)>>
明日へ

この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
空想  (2)
2008/12/27(Sat)
        ★未だ、手元に残っている”本”はどうしようか?★

  ▲▽どうしても、これだけは捨てられない・・゛本”がある・・・からだ・・・が・・

   少し考慮せねばならない(*_*) 持って逝ける訳でもなく、無くても現時点で

   本当に必要なのか?今は(古本屋)もあるし、PCで何でも検索出来る▲▽

        ★★★本当に必要な物って・・・・何だろう・・・・★★★

  ◆◆”食器”も余るほど未だ持っているし、幸せだった頃の名残りなのか?

     1足しか履けないのに[靴」も沢山ある・・・「バッグ」も・・・持てない程

     有るし・・・ {今は▲宝の持ち腐れ状態▲になっている(ー_ー)!!}

     いかに、愚かで、浪費家で衝動買いをしていたか・・・顕著に解る◆◆

   ●衝動的に購入していた時代を今、振り返ると・・・恥ずかしい(>_<)。。。●

    【】なぜなら、無ければ無かったで、暮せなかった訳では決してなかったし、

    同じ様な品が、何と多いこと・・・それだけでも▼馬鹿▼だったんだと思う【】

    ☆☆この国で生活してみて{お茶碗2個、お皿2枚、箸、スプーン(大小)、

    鍋1個、フライパン1つ}で暮らして行けたんだから・・・(●^o^●)☆☆

             ◇そんなことを考えていると・・・◇

   ■日本人が“お金持ち”と真っ先に答えるこの国の人々の心情も感覚も

    ★あながち嘘★ではないのだと・・・愚かな私はそう思いました(-_-;)■

  《》その意味でもこの国での生活は””有難く☆自信☆にもなってる・・・(*^_^*)

   これからの残世を「いかに生きていこうか」と言う大きな”ヒント”をもたらせて

   くれた予感が多分に有ります・・・・《》 ヽ(^o^)丿
   
               ◆◇しかしながら・・・・・◆◇

 〖〗自分の持っている物の中で増やすことなく★生きること★は何と難しく・・・・

   ((至難のわざ))が必要に違いない・・・こんな私にそんなことが可能なのか

   これからの★★大大問題★★でもあります(-"-)(-"-)〖〗

  ■■出来るだけ人に頼らず・・・・甘えずに自分の出来る範囲の中で生活を

     やっていかねばならない我が身を思う時”一抹の”寂寞感”と“不安”に

     囚われて・・・・困惑し(オタオタ)することも多くなった(ー_ー)!!■■

   ●こんな風に”空想”していると、時々・・・{思いがけないこと}が見えてきて

    急激に、この現実に引き戻されて来て・・・・(;一_一)・・・しまうのです●

    ▲▼楽しかった時間は、ほとんど””一瞬の内に””霧散して行きます▲▼

   ✿✿それでも・・・・{{夢心地で想像できる・・・・“空想”は}}私にとっては

     とても☆大切な時間☆であり・・・・<>現実と夢<>の間を浮遊して、

     様々なことを考えさせられる大事な{取って置きの〔〕秘匿〔〕の場所に}

     なっています(*^_^*)✿✿

   ●{}そろそろ、この国での生活も終わりに近ずいてきています・・・!(^^)!{}

    沢山のことが【】走馬灯【】のように・・・・流れては消え・・・心を満たしたり、

     不安にさせたりしている昨日今日なのです(-_-メ)(-_-メ)●
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
空想
2008/12/26(Fri)
  ▼▼ずっと、”本”を読んでいると、頭の中が飽和状態になってくる時があって

    何せ、人並みより少ない“脳細胞”ゆえ(ぼぉーー)としてくるんです(-_-メ)▼▼

                  {{そんな時には・・・・・}}

    ◆頭の中を”空”の状態にして・・・もっとも、ほとんど何も詰まっていないが

           よく★空想★をします・・・・(;一_一)◆

   ☆☆{{★空想★だから…現実にはあり得ないのだけれど・・・・・・そう言う

     場面設定をして・・・頭に中に様々なことを思い浮かべては・・・・・(*^_^*)

     時間潰しをしています・・・・}}☆☆  (贅沢ですよねーー(^^ゞ)}

    【】どんなことを思うかと言えば・・・至って他愛のないことが多い・・・・(^_^;)

     例えば・・・・・6畳の1部屋を思い浮かべて・・・頭の中に想定します。

     そして、次々と部屋のインテリアなどを考えていくのです・・・・と言っても

     インテリアと呼ぶには余りにも粗末なのですが・・・!(^^)!【】

   ▼△窓のカーテンの色とか・・・・レースのカーテンも要るし・・・いや、いや、

    お金がないのだから遣わないで、何とか作る方法はないかしら?▼△

  〖〗古い服地(あれなんか駄目かしら?)・・・・レース編みは好きなんだから

    編む方法もあるし・・・でも、全部の部屋を編むのは容易ではないし・・・

    第一*糸代*が掛かり過ぎる・・・・(~_~メ) これは出来ない””CUT””〖〗

   △▼着物を何枚も継ぎ接ぎして・・・・何とか作れないかなあ・・・・!(^^)! 間に

    レース編みをして行く方法もある・・・・しかし、これはちょっと難しいかな△▼

   ◎大きい洋箪笥が2棹・・処分出来なくて持っている。これはどうしようかな?

    並べると場所を取るし、狭くなる・・・老いてからは出来るだけ広く、低い家具の

    中で暮らしたいと思っているから、邪魔になる・・・何とか工夫はないか?◎

 ●もう、先のない人生だから・・・物は持ちたくない…最低限度の物で生活したい。

  実際に、この国に来て・・・その生活が{可能}だと言う経験が出来たのだから・・・

  これは絶対”強み”になる筈だ・・・(*^^)v ●

    ▲▼外せない物に“仏壇”がある・・・・これはどこに置けばいいかな・・・・

    毎日お参りするし””下””には置けない・・・かと言って和箪笥は全部処分

    してしまった・・・・台になる机が有ったかも、知れないし・・・台が必要なら

    これは購入してもいいかも・・・・(^◇^)▲▼

 ☆お布団?・・ベッドでの生活にすっかり慣れたので・・ベッドにしたいなあ(^.^)☆

  ▲床の間は欲しいけれど・・・ずっと、有った生活だから・・・無いと寂しいかも・・・

   でも、此処では無くて生活してた・・・忘れていられたんだ///( 一一)

   そう、考えると必要性は無く・・・大したことでは無かった・・・(置き床)と言う

   のも有ったんだ・・・・それで、充分だわ・・・・(#^.^#)▲

             {{次の部屋はリビングに行こう}}

   ●椅子セット・・・これは不要だ・・・場所も取るし、1人暮らしには邪魔だ・・・

    TV,PC,TELなどは1つに並べて置く方が使い勝手が良いからこれは

    変えられない((セット位置))だ・・・導線がバラバラにならなくて済むから●

   ☆(食卓?)昔の和室の“座卓”を使用できる・・・これは結構気に入ってるし

    我家には珍しく*高価*な品だもん・・・・これで心配なしだ・・・・(^-^)☆

   《》そう、そう“家電製品”は全部売ってしまったんだった・・・(>_<)。。。。

    それも、お金を支払って引き取ってもらったんだわ・・・こことは全く違う(-_-;)

    これは買わねばならない(ー_ー)!! 必需品だものね・・・・(ー_ー)!! 《》

   ★でも、冷蔵庫も1番小さくて良いし、レンジも面倒な機能付きは要らない・・・

   洗濯機も容量が小さくて安価でいいし・・・・今の生活で手洗いはかなり(^^♪

   “ベテラン”の域に達したから・・・あははは 無くても大丈夫かも?(@_@。★

  {}{}が、しかし、日本は☆四季☆があるから・・・・ここの生活のようにはいかない

   だろうし、炊飯器も欲しい・・・まあ、考えてると・・・・・色々と出てくるものだ{}{}

   ■”洋服、着物”はかなりの数、処分したが・・・未だ、1人暮らしには多すぎる

   程の数がある・・・・特に”着物”は亡母が和裁をしていたので・・・・(^◇^)

   1棹分はある・・・{形見}になってしまったから(処分)ができないしm(_ _)m

   又、新しく買う程の力もないし・・・・作り直す技能もない・・・・工夫する頭も

   なく・・・・箪笥の中でずっと・・・(-_-)zzz  [冬眠中」です(・_・;)(・_・;)■

    ◆◆これは何とか考えねばならないことだと何時も思ってる

       残して逝ってしまった事後に迷惑をかけることになるからだ◆◆

  ●●正直、このことは、真剣に“空想”を逸脱して考えていることなのです●●
明日へ
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
最近想うこと (2)
2008/12/25(Thu)
     ◆まあ、勝手な思い込みだと思われるかも知れないが・・・・◆

   ▼一緒に居たくても居られない寂しさや辛さを本当に理解してくれる人は余り

    多いとは思わない・・・(ー_ー)!! 同じ境遇でも考え方が違うし・・・夫婦の形

    が数多あるように、★死別★にも色々な感情があるのかもしれないし!(^^)!▼

  〔〕たった、1度の人生ですから・・・”縁”があって一緒に暮らせる時間を・・・・

     もう少し大切にしてほしいな・・・なんてそう思うんです(^_^;)〔〕

    〖〗余計なお世話でした?・・・「はい・・・・すいません」m(_ _)m〖〗

    ●先立つ人がどれほど…心を残して去って逝ったかを思う時、私自身も

    亡くしてから・・・・知り得たことの大きさに途惑った日々もありました(>_<)●

                  だから・・・・こそ

     ★そんな風に思うし、言える部分もあるのだと思いますが・・・・(~_~メ)★

   ◇▼どうしようもないと思いつつ・・・さっさと再婚に踏み切れる女性もいて・・・

     それはそれで、「まあ!!」とか「凄いなあーー」とかを感じるんですが◇▼

          {半端な気持ちでの再婚はあり得ない・・・・・}
          {つまり、寂しいからとか}{経済的な理由で・・・・}

   ▲△「そんなこと、貴女に関係ないでしょう」・・・と言われると、たしかに

     事実だから・・・・「ウグゥーーー」となってしまう・・・・・・(;一_一)▲△

               {{でも、しかし・・・・ながら}}

     ■また、あの★別離★を経験するのではないかと言う恐怖感が強くて

     考えるだけでも(後ずさり)してしまう自分がそこにいるんです(・_・;)■

   《》前記したように、たった1度の人生・・・*楽しまなくっちゃ*・・・(*^_^*)

   それも、十分に理解できるのですが・・・・私にはその勇気はない(>_<)《》

    ★★「もう、もう、勘弁して―――」「見送るのだけはご免だーーーー]★★

          ※※それが・・・1番の理由かなあ・・・・※※
   
    ●●これだけ、長い年月を1人で暮していると・・・自分の(思考)(生き方)

      (体のサイクル)などのバイオリズムがもう完全に出来上がってしまって

      いるものだから・・・・・これからの“変更”が効かない(--〆)●●

   ▼▲(我儘で、身勝手だし、その上、人に合わせて生きるなんて・・・

         この年になって・・・出来ないし・・・・ごめんだ!)▼▲

       ◆と、すぐにそっちへ行ってしまう思考回路だから・・・

       どうにも手がつけられない有様なのです・・・・「ええ(-_-;)」◆

   ◎我儘な生き方を直して、もっと楽に生きたら・・・なんて”忠告”も頂くが・・・・

   今更、そんなこと無理だし・・・・・これから先、何が起きるか分からない余生を

   (偏狭な胸奥の思惑)で生きて行くのも1つの生き様・・・・では(-_-メ)◎

      【】【】な---んて・・・ちょっと、恰好つけすぎですか?(*^^)v【】【】

     *★余り“慾”もなく、与えられた物の中で、何とか生きていけたら・・・

      それもまた、“自分が思う良い人生”ではないかしら? なーーんて

      思っているのですが・・・・どうなのでしょう・・・・( ^)o(^ )*★

   ■小心翼翼として生きるのではなく・・・自然に受容出来る、生き方を期待し

    また、望んでいるのですが・・・可能な限り・・・物事に関心を持ちつつ・・・・

    日々が過ごせたら・・・良いのではないかと・・・・(*^_^*)■

  ≪≫生き方が下手な分・・・そんな方法しか見いだせないから”仕方ないのだ”

     それで、まとめて・・・どうするのだと言われそうだが・・・しみじみと最近は

     そういうことを考える暇人です≪≫

  ●{{そんなこと考えるのは””老い””の心境に突入した★★証拠★★なり}}●
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
最近 想うこと
2008/12/24(Wed)
    ★★(テト)の長ーーい休暇が終わった・・・・!(^^)!!(^^)!

   もっと早く店や屋台が開店するのかと思っていたが・・・まあ・・・仕方ない?

    仕事として活動するのはおよそ、1ヵ月はかかるように見えた(~_~メ)★★

    ■■これも、お国柄だから・・受身の私などは理解できないけれど・・・・

        せめて、もっと早く、店を開けてほしい・・・・なあ・・・(*_*)■■

    ▼さて、最近の私はこんなことを(突如)感じ出している(ー_ー)!!▼

      ◆◆中年の夫婦が歩いている姿をみるだけで・・・・・・

         以前は「羨ましい・・・(-_-;) と、 羨望感」で一杯だった・・・

         もし、今、””夫””が生きていたら・・・・・きっと・・・私も・・・

         あんな風に一緒に歩いているのだろうか・・・・と思ってしまう◆◆

   《》 特に異国の地にいて、日本人の中年観光客の仲睦まじい姿をみるのは

      正直、かなり、切なく、辛いものがあります・・・・(;一_一) (^_^; ) 《》

   ●これはどうしようもないことだと・・・頭の中ではもう完全に超越出来てる

    問題なのですが・・・時々(不意)に哀しみが{ジワリ…}と来るんです●

            {{””夫婦””って一体なんだろう・・・}}

   ▼△全く見知らぬ人と出会い・・・1つの形態として(家庭)を作り、子孫のために

          *子供*を育てていく{共同作業}を同時にやっていく・・・・

    結婚前は別れることなど、誰も念頭にはなかったはずなのに・・・・・▼△

  【】【】 ””夫婦””の数だけ””夫婦の形態”があることも・・・かなり後日になって

     知った程の愚かさだから・・・・早婚だった私は★別離★などがあることを

     全く考えていなかったのが事実でして(ー_ー)!! 【】【】

     ★★★そんな訳である日、突然に{止む無く共同作業}を断念しなければ

      ならなくなって、途中で中断させられてしまった現実を受容出来るまでに

      かなりの時間が必要だったのです・・・・(;一_一)  (;一_一)  ★★★

   〖〗生き別れの別離には(まだ、話し合いや、納得、覚悟に到達するまでの

      時間がかけられるし・・・考える時間もある・・・(^_^;)   無論・・・・

     苦痛や悲しみ、あるいは憎しみなどは大差なく多々あるとは思う・・・〖〗

       {{ しかしながら・・・★自分自身で考え答えが出せる★}}

     ●●でも、★死別★の場合これは大きな違いだと思うのですが・・・・

     もう、唐突に””諦観””の2文字だけが浮遊してきて・・・否応なく

     気持ちをそこへ着地させねばならないからです(>_<)。。。。。●●

  ■■■自分の気持ちの整理など、到底、着ける時間も余裕もなくて・・・・

     ひたすら・・・★死別★の現実だけが残されて行く・・・・・(>_<)

     これは切なく、哀しく・・・・持って行き場が見つけられない(・_・;)■■■

    ◆◆この世にはもう”絶対に存在しない”という現実が、或る日を境にして

    突然訪れます・・・(-_-メ)  何もかも思考さえ停止する・・・ただ、時間だけ

    が異様な流れとなって・・・飛んで行くように感じられます・・・(~_~メ)◆◆

               {{そして、そして・・・・}}

   {}{}{}””諦観””の道だけが前途に広がっていくのが見えてくるんです・・・・{}{}{}

    ★★これは、情けなくて、惨めで、とてつもない現象です・・・・(;一_一)★★

          {{理不尽過ぎる・・・私が何をしたのか?・・・・<`ヘ´>}}

     ▼取り残される身はどうすればいいのか?  なぜ私達なのか?▼

   ◆様々な疑問が身体中から溢れ出てくる感覚にどう対処すれば・・・・

     何1つ答えは出せない・・・・残された者の哀しみや苦痛は計り知れずに

     終わりが来ない・・・去って行かないのです・・・・これは苦しい・・・・(T_T)◆

                 {{他人は平気で言う}}

    ▼▼“時間が解決する”・・・・いいえ、そんなことはないし、そうでもない▼▼

     ●(切断)された感情はもう、どんなことにも、また、どのように繋いでも

        **元には戻らない** のが本質であり、行き場所の消滅なのです●

  ★こんな心があるものだから・・・中年夫婦を見ると”羨望”を通り越して・・・・

   辛さが先に来てしまい、どう考えても不公平だと思ってしまう自分が居る・・・★

     △▼だから・・・””夫婦””でいられる時間の長い人が、時折言う言葉に

     「あんな人と一緒に居るのなんて…真っ平とか・・・イラッとくるのよ」

        なんて言葉を聞かされると・・・メチャクチャ腹が立つ<(`^´)>△▼

   ▼★「一緒にいられるだけでも幸せじゃないの?」

                  こちとらいたくて居ないんだぜ(~_~;)

        「好きで一緒になったのじゃないの?}

                   今更何言ってんだ・・・ふざけるな(-_-;)

          なああーーんて・・・・・突っ込みたくもなるんでーーす▼★
明日へ
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
午前零時の夜明け
2008/12/23(Tue)
     ●●まあーー物凄い”“音”が響いた(@_@;)  (@_@;) ●●

               「ドカーーン」「ドカーーン」と・・・・

         ☆☆☆この国の新年が明けたのです☆☆☆

     ◇◇{サイゴン川からその“音”はきたらしい・・・・そうなのです・・・・

            ✿花火✿だったんですーーーーー}◇◇

       ★★もう、瞬時に目が覚めて飛び起きました(●^o^●)★★

     ▼屋上に走ってあがりました・・・・見たいと思ったのです・・・(*^^)v

                     ところが・・・・

      ■■ 生憎、我家はサイゴン川に背中を向けている位置にあって

          ✿花火✿は見えません(>_<)。。。。。 ■■

              (ー_ー)!! (がっかりしました) (ー_ー)!!

  ▼▲ “音”だけが凄まじく続いています・・・日本のように✿花火✿が上がって

    そのあと、{{花開き}}・・次に“音”が来るというのでは無いらしい・・・(-_-;)

     最初から、先ず“音”がしている・・・・からだ・・・ ▼▲

        【】向い側のビルの窓に映っているのを発見(#^.^#)

       少し見えるようなので・・・・頑張って・・・ずっと見ていた【】

    {{色は赤、黄、橙、青、緑などで・・・細長い✿花火✿だった(^-^)}}

    ◆◇実際は見ていないので正確ではないが…窓に映る✿花火✿もまた

        一興があって・・・良かった。 しばらくの間楽しめた(*^_^*)◆◇

  ●間断なく続く「ドカーン」「ドォーン」の”音”は✿花火✿と言う感じではなくて

    砲弾のようにも聞こえ・・・ちょっぴり恐怖心もありました!(^^)!!(^^)!●

    ▲{この国は(騒音の国)だから・・・・きっと"音”に対する感覚が日本人とは

            違うのではないかと思った(-"-)}▲

        ◆◆およそ、15分くらいも続いたでしょうか・・・

           その間、鳴りっぱなしでしたから・・・・(>_<)◆◆

        ☆☆その後は””汽笛””が鳴り響き新年が明けた☆☆

    《》《》すっかり、目が冴えてしまった私は仕方なく、部屋に戻り1人で

      ビ-ルを開けて「おめでとう!!」と小さい声で呟いた・・・・(^◇^)

      だって・・・・日本人の私にはもう新年は明けているのですから・・・・《》《》

                   (((と、と、と)))

             ★★★ 全く  突ーー突然に・・・・・★★★

        ●●けたたましいバイクの音が道路から聞こえたんです●●

   ▲▼何処から[(湧き出してきた))かと、思うほどのバイクの列がまるで・・・・

      洪水のように連走しだしたのです・・・・驚愕、仰天しました(@_@;)▲▼

     ≪≫ 「どこから来たのか?」「どこへ行くのか?」「帰っていくのか?」≪≫

      ■呆然とするくらいのバイクの量です・・・・凄ーーい数です(~_~メ)■

    〖〗まるで、何かに憑かれたように走り去り、一目散に脇目もふらず

       普段のチンタラ、チンタラの走りとは想像もつかない連列です〖〗

        ▲ずっと、圧倒されながら、窓越しからみていました・・・・▲

     ★★もし、前から見ていたら・・・・走ってくる様は絶するほどの恐怖感が

          あったことでしょう・・・・(;一_一) ★★

       ●○{{30分位、その連走が続いたでしょう・・・か?}}●○

      {{少しずつ、流れが間遠になり・・・・音も静かになってきたのは

        40分くらいも経っていた頃と思われます・・・・・}}

      □■ええ・・・・そうなんです・・・ずーーと見ていたんです私□■

             (#^.^#)    (ー_ー)!!   (#^.^#)

   ◇◇後日、聞いた話では・・・・日本のように”初詣”みたいに・・・・

      新年が明けると一斉に一直線でお寺へお参りするようです(^.^)◇◇

         ★★そのための競争のようなバイク連だったそうです★★

   ▼▼信仰深いこの国らしい行事のように思えたが、何も知らなかった私は

      ただ、ただ、びっくりして・・・恐ろしくさえ感じましたねェ・・・・・▼▼

   <><>そして、お寺の周辺には((屋台や、夜店))もでて・・・とても賑やかだし

    (新年)を祝う気持ちは{どこの国}も変わらない心情が溢れていることを

    知らされた思いがして・・・・異国で見知らぬ文化を直接肌で感じた・・・・

    瞬間でもありました(*^^)v   (*^^)v<><>

      ★☆ただ、日本よりも、もっと、もっと**パワフル**で・・・・・

         **激しい情熱と躍動**を感じました・・・・ヽ(^o^)丿★☆

  ◇◆日本が忘れてしまった”何”かがこの国には未だ確実に息ずいているのを

     知らされた気分がして・・・・生きる*パワー*を貰った気持ちになりました◇◆
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
年の瀬
2008/12/22(Mon)
 ◇◇旧正月「テト」を迎えるこの国の年末の活気は想像以上に漲っています◇◇

   ★つい数年前までは、日本も家族で国をあげて新年を迎える準備をした

    記憶があるのですが・・・最近は(個)の感覚が中心のような気がします★

   〖〗それだけ時代の流れが早く、また、お正月という伝統行事に対する

      考え方が変化して・・・(-_-メ) 元旦からお店がオープンしているので

      昔ほど“お節”など頑張って作り置きする必要性が無くなったのも

      要因の1つかも知れません(-"-)〖〗

               ●●でも、でも、この国では●●

  ★未だ、この日のために働き、海外へも、国内へも出稼ぎに出かけているし

     この日のために家族を大切にした生活が成立しています(*^_^*)★

   ▲会社などでは、「テト」が近ずくと・・・浮足立って仕事にならないそうです▲

      ▲▼日本と同じように“お年玉”のような習慣もあって・・・・

         「テト」で出会った人には勿論、[家族、親戚、友人、知人など」に

         渡すようです(赤いポチ袋)の様なものに現金を入れて・・・(^.^)▲▼

       ★★★息子はこの時期が1番大変だと言います(ー_ー)!!★★★

          ■感覚が違うから・・・遠慮など無い国ですから・・・

         大袈裟に言えばくれるのが当然だと思っている人達だから

             必ず””手””をだして催促するようです(>_<)。。。。

                  結構なお金の準備をするようです■

   ◆確かに、世話になった人に{お礼}をするのは、日本でもお歳暮とかお中元

     があって・・・理解できるけれど・・・全く見知らぬ人が突然に縁者と言って

     その為にのみ、来宅するのは・・・・よう分らん!(^^)!!(^^)!

     しかし、この国らしい光景だと思いますが・・・・・大変でーーーす(@_@;)◆

         《》年の瀬のにぎわいを少し書いてみます《》

    ◆◇市場や露店は前々日がピークみたいで・・・・大手スーパーやデパートも

     前日には休みに入る所もあるようです・・・・(*^_^*)◆◇

     ●●初めての年はさっぱり解らなくて、休みに入る日と、店が開く日が

        見当もつかず・・・少しずつ、色々と購入したんです・・・・(-_-メ)

        ところが、前日までやっていることが分かり、野菜をかなり無駄に

        してしまった・・・(-_-;)    経験があるんです●●

    ★市場の前辺りでは、(シート)(ゴザ)を敷いた店が突如、出来ます(^u^)

     もう、見ている間に、店があちこちに出来て・・・・商品が並べられるんです

    大玉の西瓜、果物屋、花、野菜、鶏{大きな金網に足だけ縛られた数10羽}

      などが・・・突然に店開きします・・・・(;一_一)★

  [][]西瓜は“縁起物”らしく・・・何時もはラグビーのような形が主流なのですが

    この時期は日本の“雷電西瓜”に似た黒っぽい丸玉が出回ります[][]

    ▽▲時々は黄色の西瓜も見ました・・・・割って中身が””真赤””だと

    縁起が良いそうで・・・大抵の人が:慎重:に選んで買って行きます▽▲

  ◆◇家の向かいに今朝早く、トラックが停まって・・・・中から山のように積んだ

     西瓜を出すところを見ました・・・・それは・・・(@_@;)   (@_@;)

     凄い量でしたが・・・・上手に並べて行く様は目が離せなかった(^◇^)◆◇

   ◎数時間で200個位を並べたんです・・・・・そして、それを一生懸命磨きだし

    自分の周りに積み上げていきました・・・・ (*^^)v◎ 

    ◆翌朝、見ると、西瓜売りの小父さんは西瓜の真ん中に薄い布団を敷いて

    (-_-)zzz   (-_-)zzz   いたんでーーす  (●^o^●)

    思わず笑ってしまいましたが・・・・よく崩れないものだと感心もしました◆

     【】【】市場も負けていません・・・道路ギリギリまで商品を並べ・・・・・

        それはそれは大声で勧誘して居ます・・・(~_~メ)

        バイクの客が買い易いように、しているようです【】【】

 ◆▽昨日、書きました北の(もち米料理)はこの南のホーチミンでは円筒形で

  形が違うみたいです{中身は同じのもあるし、小豆やバナナ風味もあるとか}◆▽

         {{兎に角、年末は肉類が多く食されるようで・・・

           口直しの“漬物類”が沢山出ています・・・・(*^^)v}}

        ●日本の糠漬けの様な物は見なかったけれど・・・

           (お酢に漬けたもの)が多いように思いました●

   ▽▼例えば・・・・小玉葱の酢漬け、ラッキョウ漬け、唐辛子入りの野菜や

      塩辛などがあって・・・思ったよりも多種でしたねえ・・・( ^)o(^ )▽▼

             ☆☆迎春用のお花について☆☆

   ()()一般には{蝋梅?}のような黄色い鉢植えが好まれるようだが・・・・

     でも、名前も知らないし、花びらも大きいから違うかも知れない(・_・;)

     ☆「テト」の時期に満開になると今年は”良い年”となるとか・・・・☆

      これも縁起物で、北のハノイでは{桃}の花が好まれると聞いた()()

    ☆★ホーチミンでは、玄関の両脇に日本の(門松)のように鉢植えの菊や

     マリーゴールドなどが置いてあるのは・・・違和感がなくて風情がある☆★

  ■■この情景をみると・・・・この国の“お正月”が来たのだと痛感したものです■■

       ★☆☆それにしても…黄色の花が好まれるのは・・・・やはり

            ”“ゴールド””に繋がるからなのでしょう・・・・か?★☆☆

   ✿✿✿身辺も家も綺麗にして春を迎える心は全く同じなのだと

         遠く常夏の異文化の国に住んでそんなこと(ふっ)と考えました✿✿✿
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大晦日
2008/12/21(Sun)
   ☆息子夫婦からの誘いで家に出かけた☆

   {嫁は早朝より((テト))日本のお正月・・・・”旧正月”の頃にやってくる・・・

   その準備のため、買い物に行ったり、掃除などをして大忙しの様子だった!(^^)!}

   ▲この頃になると、お手伝いさんも早々と帰郷するから、肝心の多忙期は自分で

    することになるらしい・・・・(-"-)すっかり、疲れ切っていた(ー_ー)!!▲

   ■私は用事を手伝わせて貰えないから・・・準備の様子も解らないし・・・

    向いの韓国人経営の“美容室”へ出かけたが・・・・・さすが(テト)の時期で

    凄く混んでいて・・・・仕方なく・・・2Fに上がりその様子を眺めていた(・_・;)

     ☆暫くしたら、私に向かって*手招き*してくれて・・・間に入れてくれた

       らしく…混んでいる狭い店内に入って…カットをしてもらった(^-^)☆

    ◆◆この時期だから、少しは“高く”なってるのかと思ったが・・・

       値段は変わらずだった・・・が・・・とにかく、カットするだけで・・・

       髪の毛は襟や肩、顔につけたままで、払ってもくれない(;一_一) 

          ” 「そんなことは自分でしろ<`ヘ´>」  てか・・・・”◆◆

      ●一応はビニールの(少し臭っていた( 一一))前掛けの様なものを

        着けてくれたのだが・・・・髪の毛を払うまでの余裕がないらしく

        それは、酷かった・・・こんなことは日本ではあり得ない(-_-;)

    ★★ここは、(ヴェトナム)(ヴェトナム)と呪文のようにとなえつつ・・・

       帰宅して、すぐに、シャワー室に飛び込んで髪を洗った(^_^)/~★★

  〖〗私の住んでいる1区は外国人が多いので、美容室もそれは素敵です〖〗

   ▽▽世界の有名ブランドの店や、この国でも著名な美容師の店があり

      店構えもそれは綺麗ですし、中も素晴らしいけれど・・・(*^_^*)

      まあ、この店の10倍の値段はかかります(>_<) それを思うと・・・・

      髪の毛が付いていても流せばすむこと・・・(ヴェトナムじゃーーー) と

      心で叫びつつ・・・・洗い流した次第です・・・・・「はい (●^o^●)▽▽

     ■以前、ここに来た頃に1度、:有名美容室:へ行きました。

    確かに、技術も洗練されているし、日本では普通に見られる光景でしたが

    その、接客態度ともうしますか・・・・それが大仰で・・・・座っていても何だか

    (落ち着かず)・・・お尻のあたりが“ムズムズ”して・・・・あはははは( ^)o(^ )

    どうも、こんな、高級なサービスには不慣れの上に性に合わない・・・・なあ

    などと思いまして…たった1度で止めたんです(^_^)/~■

      ★★やはり・・・{分相応}ってありますよねえーーーー(/_;)(-"-)★★

       あれ以来、この店でずっと、カットしてもらっています(#^.^#)

         §§安いんだーーーーもーーん(*^^)v (*^^)v§§

     ≪≫嫁が「少し眠ったので、楽になった」と晩御飯の用意をしてくれた

       彼女は本当に料理のセンスが良くて・・・・美味しいし、上手なので

       何時も私は楽しみで・・・それにつられて出かけます(*^_^*)≪≫

        ☆☆☆この時、初めて(テト)のお料理を頂いた☆☆☆

     《》彼女は”北のハノイに近いハイフォン”出身だから、北の料理らしく

       この、ホーチミンとは違っているのだと教えてくれた・・・・・《》

   ■▲それは{{バイン・チュン}}と言って、もち米料理で、中に緑豆、豚肉を

     ”餡”のように挟んでいれて、長時間蒸すようで…昔は全て手作りだった

     そうです・・・・最近は:市場、ス―パー、路上、屋台:などでも作ったのを

     売るようになったらしい・・・・時代の流れだし、何だか“おせち”に似てる

     気がした・・・・・(^◇^)    ※味付けは塩で甘くはない※

     それを四角にして・・・”ラーゾン”という「葉っぱ」で包み、何重にも

     何重にも包み、「葉っぱ」の上には縦横に紐が掛けられている(^.^)

     切って出すのだが・・・・中味にまで、「葉っぱ」の色が浸みこんでいて

     “香り”もする・・・・まあ、特別の芳香ではないが・・・・(^-^)■▲

               ☆☆さて、これを・・・・☆☆

      ◆◆◆日本の物で表わすとなると・・・何が1番近いかしら?

     ((ちまき))かなあ・・・((おはぎ))を少し固くして・・・四角にして真中に

     ”餡”の変わりに緑豆と豚肉を入れて「葉っぱ」で包んだものと言った

     方が理解していただけるかしら?(^_-)-☆◆◆◆

                {{ただ、問題は・・・}}

    ●カットした時に“包丁”に(べったり)と(くっつく)ことでしょうか・・・・

     それと、「葉っぱ」を取って食べる時に“手”が汚れることかな・・・●

    ■もっとも、初めての体験で食べるのも・・・かなり“下手”だったし・・・・

     不可思議な味に正直なところは{{ためらい}}もありました(-_-メ)■

     【】{電子レンジの普及がほとんど無いし・・・・・暑い国だから・・・

       日持ちがせずに2日が限度だと言ってました・・・・(^^ゞ}【】

  ▽▲まあ、びっくりするほど、美味ではなかったが・・・・・この国を知る上では

     外せない食べ物だし・・・伝統料理を味わうのは嬉しいことですものね▽▲

          ☆☆機会があれば是非、お試しを・・・・☆☆
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日永な1日   (2)
2008/12/20(Sat)
   ■経済的に余裕のある人はいい・・・・しかし、負の状態の人は・・・(-"-)

      如何すればいいのか?お金がないと言うのは辛く惨めだ(~_~;)■

      ★だが、この国で暮らしていれば・・・余り心配せずに生活できる★

    {{けれど、先のことは何も見えないし・・・言えることなど出来ない}}

   ▼もし、後10年は生きられると言われたら・・・1人で生きる時間の中に

    お金のことも、、楽しみも、生き甲斐さえも、見つけ出すことは可能では

    ないかしら? *甘いかも知れないが・・・・そんなことも考えている*

      ◆たとえ、それらが、途上で、すべて無駄に終わっても・・・・・・

       頑張ってみるだけの価値もあり、その心境にいるつもり(^-^)◆

    ★★まだ、結論には達することはできないが・・・・(ー_ー)!!

       経済的なことも、諸々、生きていくための努力はしなければ

       いけない時期なのだと思うし、もう少し長期に考慮することが

       これから先の自分の人生に”ヒント”を与えてくれそうな気がする★★

   △▽1人暮らしが長かったせいか、寂しいと思う感覚が”疎い”のは事実△▽

      〖〗1人で時間を潰すのは結構、得意だし・・・・・(*^^)v

          じっとしていることが嫌だから、絶えず何かをしている〖〗

     ※故に、退屈もしないで、今の所はこの国の生活を楽しんでいるから

            幸せなのかもしれない・・・(*^_^*) それだから・・・

         老婦人の言葉は未だ私には緊迫感がなく”老い”を理解する

        心情を察する段階までには・・・切迫していないのだろう・・・!(^^)!※

     ●●日本での生活に比べたら、本当に””最低限””の暮らしです●●

      <>でも、でも、人間って・・・・順応出来るし、工夫もするものなんです<>

      ■ここで、生活していると、人に会うこともないから…着飾ることもないし、

         日本食(高い)を食べなかったら…・お金の心配もない (#^.^#)

         切り詰めることもなく、十分過ぎるほど、豊富な食材の中で

         余り不自由のない生活が流れている毎日です(●^o^●)

              m(_ _)m 有難く感謝しています m(_ _)m■

     ●■しかしながら・・・・日本に戻ったら・・・この生活は一変する●■

      {持病もあるし、通院が必要だ・・・外出すれば交通費がかかる・・・・

       食事も変わるし、こんな安い材料は先ず、入手できないだろうし・・・

       友達との交際費もかかる・・・社会生活を普通に営むには・・・・・・

       大変なことなのです  !(^^)!!(^^)!   もの・・・・・}

    ★★そう思うと、少しでも、ここでの生活を長くして、老後に備えるのが

        良策なのだが・・その為に来た部分も事実あったのだが・・・・(-_-メ)

         現実はそうはいかないだろうなあーーーー(・_・;)(・_・;)★★

    【】【】まあ、悩んでも、考えていても前進しないから・・・・前向きに生きる力を

          蓄えることと、帰国後、出来るだけ堅固に生きられるよう

           貯蓄するしか(術)はないかも知れませんね(ー_ー)!!【】【】

       ◆◆が・・・果たして、思惑通りに行くとは思えませんが・・・◆◆

       ●でもまあ、この様なことを考える時間があった現実をしっかりと

      受け止めて・・・・残された時間を“手探り”しながら生きてみます●

     ≪≫不安も数多あるけれど・・・・最期を上手に終わらせることが出来たら

        ((バン万歳))だと思えるし、少なからず期待もしているんです≪≫

                  ヽ(^o^)丿   ヽ(^o^)丿
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日永な1日
2008/12/19(Fri)
        ★★随分以前に、TVで「年寄りの1日」ってご存知ですか?★★

     {そんな番組だった。「毎日どうして過ごしていますか?」 と、

        何人かの老婦人に聞いていた}   記憶がある!!

    ▼その頃の私は夫を亡くしてもう、メチャクチャ頑張っていた時期だったし

       まだ、”老人”って感覚もなくて・・・・・何も考えていなかったから、

        単に(お気の毒だな・・・)程度の気持ちだった・・・・(^_^;)▼

     △▽聞いていても、実感が湧かなかったし・・・

             きっと、「私はそんな風にはならない」なんて・・・△▽

      ●傲慢にも感じていたし、事実その時はそう思ってもいた●

    ◆その、質問に老婦人は「日永1日、ぼんやりと過ごしています」◆

            {と、答えていたんです  (ー_ー)!!}

      ★★今はその時のことが、とても恥ずかしく思い出されます★★

    ▲そして、「ぼうっと、終日過ごしている生活を想像するだけでも

       胸が(きゅーーん)と痛みますし、今の自分には理解出来る

        気がするんです。多分、年齢が近くなったせいでしょう(-"-)▲

    ☆☆異国の地に住んで、遠くから日本と言う国を見る機会に恵まれた☆☆

       〔〕それは、本当に有難く、私自身にとっては様々なことを

         考える時間を思う存分、与えられたと感じたからです〔〕

    ◇◇この国の1番の**成長期**に一瞬だけでも(クロスする時間)

          があったことは何よりも嬉しく仕合せであったと思われます◇◇
  
     《》”考える時間”と“考えざるをえなかった時間”が遅まきながら

        あったと言う事実はこれからの私の残生に影響を必ず与えて

            くれる筈だと思えたからです(*^_^*)《》

        ◆◆これから、帰国して(年金生活)になる私。

           住む家もないし、貯金もない、仕事もない・・・・

           全く何もない!!::ゼロ::からの出発になる◆◆

   ●●日永1日をどうやって殺して行けば((生きる道))が見つかるのか?

     目の前に立ちはだかった頑丈な“時間の壁”を、どのように

        切り崩せれば・・・・いいのだろうか???(>_<)。。。。。。●●

     ▼▼この国に来て、ようやっと、そのことに気が付いたのが

           なんと、1年も経ってからのことでした・・・(;一_一)▼▼

      ★だから、あの時老婦人が言った言葉が・・・・今、現実となって

         私の心の中に””澱””のように沈殿してきています(-"-)★

    〖〗お金がないと、辛いし、住む所がないのは困る (>_<)  まして

        友達のいない生活も寂しすぎるし、家の中にずっと居れば

         呆けて行くような気がするし・・・これは何とか考える時間だ

          と、そう、思ったのがかなり遅かったようだが・・・・!(^^)!〖〗

                  ★だが、しかし・・・★

     ■まあ、こんな時間を与えられたのだから・・・じっくりと思案してみようと

      思って・・・・最近は猛烈に((フル回転で無い頭を動かしている))■

          {ただ、幸せなことに私には“子供”が2人いることだ}

        <>精神的な支えになっている事実があるからです<>

    ★だからと言って・・・・我儘で頑固な性格の私は同居は先ずありえない★

       【】相手も嫌だろうし、私自身も夫を亡くしてからの時間の長さが

      自分の生き様を確立してしまっているから・・・それは抑圧出来ない

       子供を頼りに生きることは私の中には*想定*されていない【】

     ◆◆そうなると、自分の生き方は矢張り、自分で考えて

         答えを出さねばならないし、独りでも(生きていける道)を

          探索するべき時間がここにはあるのだから・・・・きっと、何かが

           見つけられる予感がしているし、楽しみでもある(●^o^●)◆◆

      ■1人暮らしが長かったせいか{寂しさ}はほとんど、感じないし

          趣味も幸運にも数があって・・・時間は潰せる可能性はある■

    【】【】後は、経済的なことを如何にするかを真剣に考えねばならない【】【】

      ★◎これも、もう、充分に若き頃(贅沢三昧させてもらった)から

       物欲は消えてしまったし、今のこの国での”最低限”の生活が

     *平気*だから・・・・順応性はあるだろうし・・・・何とかやっていける

      妙な自信も付いてきた(これは正直ラッキーだった)(*^^)v ◎★

      ▼▲贅沢をせず、慎ましく、与えられた物で生きられたら・・・・

         迷惑をかけずに生活が成立するのでは・・・・(-_-メ)▲▼

    ●●今の段階で得た解答だが・・・・未だ未だ、考える時間の

        余裕がありそうなので・・・もう少し考えてみたいと思っている●●
明日へ
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
気になること
2008/12/18(Thu)
     ■何時も「どうしてかなあーー」 と思ってることがある(?_?)■

   ★この家の中では(カーテン)を束ねるために付いている”フック”の位置が

       左右でかなり、ズレていることである(--〆)

     ◆普通は同じ高さに揃えて取り付けるのが常套手段だと思っていたし

       それが左右の高さが違うなんて想像もしない・・・

             当然、同じ位置だと信じてる・・・・(-"-)

               いや、そんなことさえ考えないなあ・・・?◆

      ▲▼ところが、我家の5Fまでの“道路沿いのカーテン”は

          全てなんです・・・・・(@_@;)  (@_@;)

           位置がズレています。どうしてなのでしょう・・・・・▲▼

     ●{{入居した時はとにかく気になって・・・・仕方なかったのですが}}●

     《》何せ、家具付きを借りているもので・・・・自分で直すことは出来ない

       諦めていますが・・・・やっぱり、嫌だなあ・・・・・と思っている《》

    ★★また、トイレットペーパーの“フォルダー”も幅が12㌢あるのですが

        その幅のトイレットペーパーは探しても見つけられず・・・(-_-メ)

          大抵、何処のスーパーでも9㌢なので・・・・それを充填すると

           両サイドが空くものだから[カラカラ」と音が酷くて・・・・

            やたらと♪♪を鳴らしてくれるんです・・・・ (;一_一) ★★

             ●これも、((かなり、気になっている))(-_-;)●

      ◆◆エアコンやTV の“リモコン”も本体とは全く違っていて・・・

           紛失したと言うより(粗悪品)が多いためにその都度、

            買い換えるようで・・・中国、インドネシア、マレーシアと

              全てが別々の国の製品には驚きます(~_~メ)

                それだけを購入するからでしょう・・・多分◆◆

       ▼▼外の電柱にある電線の数の多さにも、びっくりします▼▼

     <>日本のように地下ケーブルの発展が未だだからではないかと・・・・

        勝手に想像しているのですが・・・・その電線が道路に落ちている

          有様をよく見かけるのです・・・”(ちょっと恐ろしい!!)”<>

      ▼■先日も(隣の衛星放送)のケーブルが我家の前に(ダラーーリ)と

        垂れ下がって落ちてきました・・・(お隣は日本食堂)ですが

           ★日本人の経営者ではないので話せません★

       {どうしようかな?・・・・}と考えていた矢先に”ピョピョーーピョ”と

       インターホーンが鳴り、見知らぬ人がケーブルを持って立っていて

       「何とかしろ・・・」みたいに私に押し付けたんです<(`^´)>■▼

    ★ちょっと、”ムカッ”としましたが・・・喋れないし・・言い合いになっても

       気分が悪くなると思い、それを丸く巻いて縛り、2Fのベランダから

         お隣さんへ思いっきり投げ入れました(*^^)v★

   〖〗その後、何の連絡もありませんが・・・・あれでよかったのでしょう〖〗

            {{そう思うことにしました(^◇^)}}

      ●●●最後に1番気に入らず、嫌で堪らないことがあります●●●

    ※※ほとんど、終日、清掃している道路で気持ちよく、治安も悪くなくて

        外国人が生活する分には暮し易い“国”だと言えます※※

               {{が、  が、  しかし}}

   ■◆ちょっと、角を曲がれば(男性が“小用”を足している)姿に突然出会い

            ””ドキッ””として、足が竦みます・・・・(;一_一)

          ★「いい年をした“小母さんが・・・・????」★

     {この国にきて、これだけは、どうしても我慢ができず・・・何度も何度も

            ””イヤーー””な思いをしました<`ヘ´>  <`ヘ´>}

      ★成人した男性が当然のようにしている“現場”に出会ったら・・・・★

         こちらが悪いわけではないのに・・・ドキドキしながら・・・下向いて

          早足で歩くか・・・その道を避けて通ります(>_<)。。。。■◆

     <>こちら側に{{“備え”}}の気持ちがないものだから・・・

         どうして、下を向いて急いで歩かねばならないのか・・・<>

               ▼▼情けなく、惨めになるんです▼▼

    ✿まあ、前記したように、カーテンの“紐の位置”や、トイレットペーパーの

        ”フォルダー”などは大したことではないのでしょう・・・(^.^)(^_^;)✿

       ◆◆けれど、(法的にも定められている事を平然と行う人が多いこと)

             は、どうしても私の中では納得がいかないし・・・

               凄ーーく気になることなのです(ー_ー)!!◆◆

       ☆☆それでも、この国で生活していると、カーテンの“紐”の位置も

       トイレットペーパーの幅が狭くても・・・誰かが、“小用”をしていても

         見られたからと言って、何の変化も起こらないし・・・・

        何もかも((どうって・・・ことはない))((それがどうした??))

           と、言う生活なんですね・・・・ (・_・;)(・_・;)  ☆☆

       【】【】【】“そんな些細なことに構ってられるか??”【】【】【】

          ☆☆{{が、きっと、本音なのでしょう・・・し}}☆☆

         ▼▲見知らぬ外国人の小母さんの戯言なんて・・・・

              と、思われるかもしれません・・・・が・・・・▼▲

   ≪≫見える部分が綺麗なだけに・・・・一歩小路に入ると・・・・そういうことが

       公然の行為だとされていることに**欺瞞**を感じてしまう≪≫

      ●●その“悪臭”の酷さと壁の“変色”“道路まで流れ出る臭気は

      この国が考慮しなければならない”現問題”だとそう思うんです●●

        ▼まあ、これはあくまでも私個人の考えであって・・・・

      そんなことは“何”とも思わない外国人や日本人もいると思うので

        一慨には言えないかも・・・・知れませんねえーーー!(^^)!!(^^)!▼

       ●●誤解されないように、執拗に申せば・・・・”批判”でもなく

        ”酷評”しているわけでも(決してない)現実の生活の中で

       初老の小母さんが(垣間見たこの国)の現実を書いただけです●●
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
読書   (続き)
2008/12/17(Wed)
     ★この国に来ると決めてから、ヴェトナムについての”本”も読んだ★

               が、しかし・・・・本当のところは

      ◆◆ほとんどが想像していたよりも違っていたし

              現実の生活で味わうことの方が正しいようで

                  余り参考にはならず・・・がっかりした(ー_ー)!!◆◆

     ●公的に出版されている”本”には阿ねくものがあったり、

         迎合的だったりして、(嫌な感じ)のものもあったりして・・・

              こう言う類の゛本”は2回が限度だった!(^^)!!(^^)!●

          ■週刊誌は何せ、日本のTVがはいらないから・・・

       △{本当は、お金を出せば有線でみることが可能だったのだが・・・}△

            何よりの情報源でしたが、数日は遅延して届くから

               :大きい出来事:や:事件:しか知ることは無かった■

      ☆それでも、(隅から隅まで)読むものだから・・・(*^_^*)

         途中からは、大体どのページに何が載っているかも理解し

           そのページに掲載されていないと・・・「あれ・・??」とか

              思い、(お詫び)が載ってると妙に安心したものです(^.^)☆

      ★★今迄は“経済の本”など、1度も手に取ったことがなかった★★

         【】書店で見る機会も多々あったのでしょう・・・・が

           ずっと、通過して、手に取るなんて片鱗もなかった

              まず、”私の頭が付いていかない””理解不能”だと

                  思い込んでいましたから・・・・(;一_一)【】

       △▽なのに、新しく、入手されたのを頂いたりすると・・・・・

             これが矢張り、読んでしまうから不思議です(-"-)△▽

               【】【】かと、申しましても・・・・・【】【】

        ●●決して、決して、理解など出来ているのではありません●●

     《》こんな”本”をきちんと解る人が居るのだ・・・・と、思うと・・・・

         ただ、ただ、((畏敬の心と異怖の気持ち)の方が強くて

           かなり、ぶっ飛ばして読んでおりましたです「はい!」(・_・;)《》

         ▼▼多分、[(相性が悪く、脳が受け付けなかった」▼▼

      ■▲また、週刊誌についてはこの会社は“ハード”でして

         (ミーハー)的感覚の私が好きな芸能欄が少なくて

           余り、好みではなかったのですが・・・・*慣れ*とは

             恐ろしく・・・最近はすっかり読み易くなってきました■▲

   <>そんな訳で*ソフト系*の情報は娘からのTELで補っていたんです<>
                 (*^_^*)   (*^_^*)

        ▽彼女は私の好きそうな話題を何時も

            (○○さんは結婚したよ)とか(××さん離婚)とかを

                   教えてくれたものです・・・・・・(#^.^#)▽

                   ((ええ・・・(~_~メ)))

          ◆◆直接はどう、考えても全く無関係なのに・・・・◆◆

    〔〕そんな日は私にとっては””Hot・Day””となっていました(●^o^●)〔〕

         {だって、誰とも・・・・そんな(噂話)をすることなんて

             異国の空の下ではありえないことだから・・・}

         〖〗[あら?そうなの?]   「まあ…」とかの・・・連発でして

               心の中に沈殿していきました(^◇^)〖〗

      ◆どうも、私の頭の中は*ソフト系*らしく…そういう詰まらないことは

           結構、覚えていて・・・・一生懸命読んでいた”本”の中身は

              ほとんど記憶外に飛び散って行きました(^_^)/~◆

    ▽▲国語の教科書については先日書いたので・・・

         ◎かなり、楽しく自分では(有効な時間)を過せたのが

                 ””電子辞書””でしたヽ(^o^)丿

       もう、もう・・・飽きず、眺め暮したと言っても過言ではないほどに

           使用したし、強い(味方)でしたね・・・時間を潰すのには

               絶対の必需品でしたから・・・( ^)o(^ )

           見ていて、何と言葉や漢字の知らないことに仰天しつつも

             最高で最大の””友達””になりました(*^^)v◎

     ※※このように、私の“読書”は1日(2冊)を目途で挑戦していました※※

              ★★((なのに・・・・だのに・・・・))★★

            {{こんなに読んだつもりだったのに(>_<)。。。。。。}}

      ●私の脳細胞が受付たのは・・・本当に本当に微量だろうなあーーー●
 
                     と思いながら・・・・

     ◆◆◆私の頭脳では「やはり、この程度だろうーーー」と言う諦観が

          渦を巻いている日々でございますのよ(--〆)◆◆◆
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
読書
2008/12/16(Tue)
    ★本を沢山読みだすと、”老化”だと何かの本に書いてあった!!★

     ■偶然に、異国に居て、言葉も解らず、日本語に(飢える)という

          珍しい体験をしたせいか・・・、はたまた、図らずも”老い”に

              突入する時期と重なったせいかも知れない(-"-)■

      ■■いや、やっぱり、*暇*が一番の要因かもしれないなーーー■■

    §数回の帰国と、持参したもの、息子から譲られた物

         知人からの贈り物、来越された人が置いていった本

               などを合わせると、現在350冊位はある(^◇^)§

              ◆◆そのほとんどは文庫本だが・・・・◆◆

       ≪≫週刊誌や、単行本(全集)、月刊誌などもあります(^.^)

          新聞も週刊誌も数日遅れで到着しますから

             これらも合わせると、もっと増えると思います≪≫

         ※※これらの”本”は最低2回は読んでいます(^◇^)※※

              ●多い”本”は4回位も読んでいます●

     「同じ本を何度も読む神経が分からない・・・
     「どういう頭の構造なのか・・・・
     「よほど頭が悪くて、記憶力がないのか・・・・

      ▲▼私自身も定かではないのだが・・・・・何度読んでも途中で

            止めたり、投げ出すことがなく最後の”あとがき”まで

               何度も何度も読んでしまうんです(・_・;)(・_・;)▲▼

   ●●特に、(推理小説)なども傾向は全く同じだから・・・・

       それだけ読めば、普通の神経の人は<>犯人<>が分かって

         正直、(面白くない)と思うのだが・・・・それでも、読んでいる●●

      ☆つまり、<>犯人<>に辿り着くプロセスが好きで誰が<>犯人<>かと

          思いながら読んでいないことが解っていただけると思います☆

      ▲だから、何回読んでも<>犯人<>が分かると「ああーーそうなんだ」

     と思うし、そこへ到達するまでが面白くて・・・好きなんだと思われます▼

     【】そこまで読み切ることが私には大切で・・・{そうなんだ・・・!(^^)!}

         {{ちょっと、それって、強引じゃないの??}}

         {{そこまで、引っ張る必要性って何??}}   とかを

                考えてしまい、一気に読み進んでいくんです【】

      ★★そんな::読み方::してるから、何度も読めるのかも知れません★★

    ■若い人に言わせると「よっぽど、頭が悪いか・・・勘が鈍いのでは・・・・」

             になるのでしょうねーー(ー_ー)!!(ー_ー)!!■

    《》活字を追いかけていると、思いがけなく、;突然;に見知っている

     地方都市や土地名などが出てきます。そんなときはその知っている

       と言うことだけで、雰囲気や街中を想像出来るし…・道路も見える

        人々の話声、(方言)なども頭の中に浮かんでくるんです(*_*)《》

          ☆☆すると、なんだかとても、嬉しくなります(*^_^*)☆☆

           (-_-;)私って・・・{{変ですか・・・??}}(-_-;)

     ◆◆歴史小説や時代小説もこの時期、初めて真剣に読みました◆◆

     <>作者によって歴史上の人物の描き方と言うのでしょうか・・・・

      人物に対する”見方”や“取り上げ方”や感覚の違いなど

              驚かされることが度々ありました(@_@;)<>

    ◆作者の(意図)するところや歴史への(感性)(解釈)の相違を発見して

        いかに、私が歴史に対し人物に対して{{あまりにも貧困}}な

          知識しかなかったことを痛感して愕然としたものです(ーー゛)◆

   【】かと、言って、それだからと言っても正直、私の脳細胞には

       その時だけ、一瞬の感覚が残っているだけで・・・・今迄と何も

        変化は起きず、相変わらず・・・それらを許容するだけの頭脳では

          ないことの証明は何度も繰り返し読んでいる実情です(-_-メ)【】

                    {{しかしながら}}

  △▽本当に、歴史物は読んでいて飽きないし、時代背景により著名な人物が

      作者の思考から飛び出して、面白く、痛快、闊達に書かれてある様子は

       自分が”無知”なだけに驚嘆するし、とにかく「「すごーーい」」としか

           言えなくて・・・・何時も何時も感動しています(^_-)-☆△▽
明日へ
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ニャンさんの結婚パーティ  (2)
2008/12/15(Mon)
          ☆30卓を回るのは矢張り、大変だろうと思って見ていた☆

     {まあ、それでも人生の最大イヴェントだから・・・(*^_^*)

         きっと、楽しく、幸せいっぱいなのでしょう・・・・}

      ◇テーブルでは2人と写真を撮る人達が順番を待っていた・・・・◇

        《》矢張り、お目出度い、お祝いの席は心が弾むものだと

              嫁と2人で楽しんでいた  (*^^)v《》

       ♪♪舞台では、専属なのか、プロなのか分からなかったが

         また、3人の歌手が出てきて、歌っていた(^-^)♪♪

            ((その中には、私でも知っている

       ”べッサメ・ムーチョ” “マイ・ウエイ” ”アベ・マリア”などの

               曲が出てきて・・・結構聞き入ってしまった(^.^)))

            ※※さて、待望のお料理なのですが・・・※※

      △前菜は“チャオ・トム(これしか名前は知らない)と、雷魚の揚げた物

       米粉で巻いたものや、から揚げ、フライなどが10人分出た(*_*)

         つまり、おひとり様1個なので・・・・ちょっと、貧弱に感じた△

          ◆前記のチャオ・トムはサトウキビを芯にして、

            海老のすり身を巻きつけて焼いたもので・・・

              日本の”ねりもの”に似ていますが(^◇^)◆

      §§食べ方はライスペーパー、サラダ菜、などで巻き、野菜、香草、

             米麺を入れて、包んで食べるんです”たれ”を作って§§

       △次は、海老を大皿に茹でた物、牛肉とじゃが芋の煮物、

              川魚の姿揚げ(それなりに大きい)( ^)o(^ )

         {でも、これは1匹だから・・・・みんなで分割する(-_-;)}

            後はサラダ、果物だけであった(ー_ー)!!△

        ■■量が少なく、兎に角1卓に1皿だから・・・・

              食べた気分がしなかった!(^^)!!(^^)!■■

      ●それも、嫁が取ってくれるまで、自分では手は出せない●

     {一応、年長者と言う理由で、若い人が取ってくれるのを

        待つのが礼儀のようで・・・・一切、手は出せないし・・・

          第一、食べ方も分からない現状だから仕方ない(ー_ー)!!}

     ●●折角の御招待に難癖をつけたようで・・・・大変失礼だったが・・・●●

                ▲▼偽りのない感想でした▲▼

         ★息子の時の料理が結構、美味しくて、

              量が多かったせいもあったのかも知れません★

   【】【】もっとも、:ホテルのランク:や:場所::予算::人数::民族:などで

           違ってくるのでしょうが・・・・・ちょっぴり期待外れだったのが

              (残念)と言わざるをえませんでした m(_ _)m 【】【】

      ★★先ず、お料理がどうなのかが・・・知りたかったからです★★

        ◆◇時間的にも1時間半ほどで各々が帰り仕度をしている

            そして、適当に帰って行き出したので・・・・・(-"-)

                 私達も帰ることにした◆◇

        ☆☆新郎新婦はホテルの玄関でお客さんを見送っていた☆☆

      ▲日本のように“お色直し”もなく・・・ウェディングドレス姿だった▲

        2人は何も食していないのではないかと思い・・・・・

          心配して聞いたら・・・・「胸がいっぱいで・・・・(#^.^#)

                  食べられませんでした・・・・」  と。

       ■■余計なお節介を言う小母さんだと

               我ながら・・・・・ちょっと、嫌になった(-_-;)(-_-;)■■

     ☆☆でも、自分達だけで幸せを何年も持続させ育んできた

          ニャンさんに、これから、沢山の幸福が来ることを祈り

             心中、心温まる気持ちがして・・・・(*^_^*)

                 私も幸せのお福分けを貰って帰宅した☆☆

     **日本と違うところと言えば(ご祝儀袋)はなくて

          ほとんどが、国際郵便で出す封筒に現金を入れて出すのが

           (普通)みたいでした。これはちょっと、驚きかも・・・・(@_@;)**

    □◇ところで、お友達の””お祝い金””は幾らが・・・・相場なのか?□◇

       ▲▼嫁に聞いたところ・・・・日本円でおよそ、2千円ほどだそうだ▲▼

       ≪≫もっとも、ほとんどが::ドル紙幣::とも言ってたが・・・・≪≫

       ◎これも、地域や、民族、などによっても違うそうだし、

          付き合いの度合いや、夫の立場などでも変化するとか◎

       {{偶々、私が出会った女性の結婚だっただけで・・・(●^o^●)}}

       《》《》これが全てのヴェトナム人の結婚式スタイルではないことは

            明々白々の事実です・・・・念のため(^_-)-☆《》《》

          ◇◇もう1つ余計なことだが・・・・ハネムーンはやっぱり

                  ””ダラット””1週間””と言ってた◇◇

            ●○1週間も居るところではないと思いつつ・・・・

              また、余計なことを考えてしまった小母さんでした●○

        ☆☆ニャンさん、素敵な時間を有難う☆☆

         ☆≪≫いい経験をさせてもらいました Cam On (有難う)☆≪≫
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ニャンさんの結婚パーティー  (1)
2008/12/14(Sun)
        ☆☆ヴェトナム人の結婚パーティに初めて出席した(*^^)v☆☆

      {その夜は生憎、雨が降り出して・・・・珍しくムッとしていた}(-"-)

     △数日前迄悩んでいた服装は“ブルーのスーツ”に決めていた△

   ◆見た目は年を忘れるような鮮やかなブルーで、

       スカートはブルー地に真白い大きい水玉がついている

             割合、気に入って日本から持参した品だったが・・・!(^^)!◆

     {ちょっと、””派手””だったかも知れないと・・・・思っていた(・_・;)}

       ◇◇嫁はシルクの紺に近い色合いのワンピース姿だった

             若いから何を着ても様になっていて素敵に見えた◇◇

    ■■一応は5時半の約束だったので、準備していたところ

         嫁がTELをくれて「6時半で十分だから・・・・迎えに行きます」■■

                   ★  と、言うんです ★

          ●●なんだか、少し気落ちがしてしまって・・・・

               落ち着かない時間を過ごし・・・待っていた●●

     ▲まあ、この国では”時間はいい加減だから”仕方ないと思い・・・つつ

            短気な性格の私は心中、いらいらしていたんです<(`^´)>▲

            {{タクシーで雨の中ホテルまで行った}}

       (*^_^*)ホテルの前にはウェディング姿のニャンさんと旦那さんが

            招待客を1人1人迎えて、嬉しそうな顔をしていた(*^_^*)

       順番を待って、ニャンさんに「お祝いの言葉ととっても綺麗よ」

          ハグしながら・・・・そう話したら凄く喜んでくれた・・・・(*^^)v

           ☆☆☆人生の晴れ舞台だもの・・・当然だわ☆☆☆

     《》《》この国の結婚式の“化粧”は信じられないほど

         ”容貌”を変える””化粧法””で本当にびっくりする(@_@;)《》《》

           ◆◆彼女が美人ではないと言うのでは決してない◆◆

       ◎ただ、”化粧”した顔を見たことがなかったので・・・・

                正直、こんなに変わるのかと驚いたのだ(^◇^)◎

   {{入口には(受付)があって、:長い紙:が置いてあり、そこに*サイン*を

         をするらしく・・・・・嫁に倣って私も名前を書いた…のだが・・・

              結構日本人の名前があったのは驚きだった!!}}

                     なぜなら・・・・

   ≪≫この国の人にとっては日本人の出席するお式は1つのステータスを

       表わすようで・・・・・レベルが高いと言われているそうです≪≫

     【】【】 しかし、彼女の場合は日本の会社に勤めているのだから

            当然と思われたが・・・・地方から来た親類や縁者には

              それは“凄い”ことなのだと聞かされ・・・・本当の所は

                  凄ーーく恥ずかしい思いだった (-_-;)(-_-;)【】【】

    ★階段を上がると会場はもう、すでに沢山の人がテーブルに着いていた★

      △▲席は決まっているのだろうが・・・・・・(;一_一)

          空いた席で良いと言われたらしく、案内してもらった席で

            出されたビールを飲んでいると・・・・親戚らしき人が来て

               あっちの席へ移動して欲しいと言って来た△▲

         (*_*)((そこは彼女の伯父さんと親類の人の席だった))(*_*)

            □(多分、気を遣ってくれたのでしょう・・・・<(_ _)>□

         ▲▼紹介されたり、世間話を嫁の通訳で話していたが・・・・

            ”間”が持たなくて・・・それにさっぱり始まらない

                飲むより仕方なく・・・・困った(ー_ー)!!▲▼

           ●グラスが空くとすぐに、その伯父さんや親戚の人が

                注いでくれるのも困ったことでした(-"-)●

        <>そのあいだ、舞台ではプロの演奏があったり、

         歌手が歌ったりしているし、その“音”の大きいことは

         言うまでもありません・・・さすが騒音の国です(ーー゛)

         小さな子供も“晴着姿”なのに、特別の日だからなのか

         走りまわり・・・その賑やかさに圧倒されていました<>

    ◆舞台には:ケーキ:と:シャンパングラス:が積み上げられていました◆

      {:ケーキ:は日本のように高さがなく、横に2段に拡がている形でした}

      {:シャンパングラスは上部は空で、残りにはドライアイスが入れてあり

      モウモウと煙がでて、その半分はシャンパンが入っていた感じでした}

         {舞台後方には様々な色の:風船:が山積みなっていた}

        そんなことを、ぼんやりと眺めていたら・・・・・・(^-^)

               ◆◆MCの人がやっと来て・・・◆◆

    ◇◇◇一段と音楽の音が高くなったと同時に新郎新婦が登場した◇◇◇

          MCは2人の紹介と両家の両親を舞台に上げて・・・・

               延々とお喋りをしだした・・・・(~_~メ)

                    〔〕さもあらん〔〕

         ◆◆何せ、2人とも10人兄弟の末っ子だから・・・・・

              その紹介だけでも・・時間が掛っていたからだ◆◆

             ☆☆その間に次々とお料理が出てきた☆☆

              ▲▼舞台の2人は緊張していた(#^.^#)▲▼

      〔〕{シャンパンを注いでいる間、ボーイたちが缶スプレーで泡を飛ばして

        ;雪;のように落ちてくる雰囲気を作っていたのは綺麗だった}(*^_^*)

           ■次は;ケーキカット;   だったのだが・・・・

             日本と違うと思ったのは一度だけでなく3回カットしたこと■

    《》その後は風船が次々と順番に割れて行った(@_@。)

       良く見ると、紐を引っ張り、針の上を通して割っているようだった《》

       ☆☆(#^.^#)それが済むと2人は各テーブルを回り始めた・・・・

                    最高の笑顔をして(#^.^#)☆☆

明日へ
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ぽちこ避妊手術 (2)
2008/12/13(Sat)
            ★娘はようやっと、諦めて先生に{ぽちこ}を託した★

      ▲本人(本犬?)は病院大好きで、先生大好きなもので、

               何も分からずにとにかく喜んでいた▲

       ◆◆口卑しいと言うのだろうか・・・・(ー_ー)!!

           先生から毎回頂く(おやつ)が目当てで、病院が大好き!!

            病院へ連れていく道も分かるようで・・・かなり前から

                 興奮して喜ぶ珍しい犬です!(^^)!!(^^)!◆◆

       ★★注射なども何のそので・・・済んだら・・・きっと・・・・・

            (おやつ)(おやつ)が頭の中を駆け巡っているようで

               困らせたり、泣いたり嫌がったりは絶対にない(-"-)★★

                  ●(-_-メ)変な””わんこ””です(-_-メ)●


        ▽△午前中は検査があり、午後から手術するので、

                   麻酔が切れる夕方に迎えにきてください△▽

             {と・・・・言われて、{ぽちこ}を預けて帰宅した}

       ***しかし、2人とも何も手につかない有様で、

            娘はPCの前から動かないし、私も部屋の中を

              片ずけたり、何とも落ち着かない時間を過ごした***

               ■■漸く、時間が来て・・・・■■

   ☆☆☆迎えに行ったら・・・・奥の部屋から{ぽちこ}が・・・・・・

         腰を((ふらふら))させながら・・・・尻尾を振って出てきた

            娘はその姿を見て(ぽろぽろ)と涙を流していた☆☆☆

           ▲▼私も胸が熱くなって・・・「よく頑張ったね・・・・」

                  なんて声をかけていたが・・・( ^)o(^ )▲▼

        ◎◎娘が好物の”ジャーキー”を上げた途端に

               「ムシャムシャ」と食べたのを見て・・・・・・

                   先生も私達も笑ってしまった(*^^)v◎◎

               ❀❀そして、正直安心もした(^_-)-☆❀❀

           ◆◆本当に**食いしん坊***なんだな・・・◆◆

      ≪≫本人(本犬?)は至って元気で平気な様子であったが

                娘はすっかり、参ってしまっていた(・_・;)(・_・;)≪≫

        【】【】婿殿も早く帰宅して・・・・心配していたのでしょう(-"-)

              ずっと、メールでやり取りしていたようだが・・・・

                     仕事が手につかない様子であった【】【】

          ▽▽こんなに大事にされている{ぽちこ}を見て

                この家に来て良かったねえ・・・(^-^)▽▽

                《》《》と 心の中で呟いていた私です《》《》

      □■先生の話では、

           子宮が(変形)して内膜症を起こしていたらしく

              卵巣が腫れていたので、この時期に手術したことは

                  「正解だったね」・・・・と、言われたそうで・・・・

                      (現物?)も見せてもらった□■

      ☆☆手術の成功と、腕の確かさで((2針))しか傷痕がなかった☆☆

      〖〗傷口もとても綺麗でこれなら、早く完治すると信頼できた〖〗

                ◆普通は4,5針縫うらしいが・・・・◆

             ✿✿良い先生に出会ったことに感謝していた✿✿

                    {{ことさように・・・}}

     ■■こんなにまで、自分の体を忘れるほど案じる様子を

           側で見ていて・・・・娘夫婦にとっては{ぽちこ}の存在の

              大きさを改めて痛感したし、{ぽちこ}が全てと言う

                    意味も理解できた気がした出来事でした■■

          ♡♡動物は(喋らない)・・・・・それだけに愛おしいし、

              心が通じ合うことが何よりも幸せだとそう思った♡♡

         〖〗<>このことで子供のいない娘夫婦にとって、また、

           深く、固い*きずな*が育てば良いなあ・・・・と願った<>〖〗
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ぽちこ避妊手術  (1)
2008/12/12(Fri)
           ☆☆桜見物で帰国していた時の話です☆☆

      △▽{ぽちこ}は娘夫婦が飼っている柴犬で、珍しい”白”である△▽

          ≪≫最初は””真白””だったが、最近は耳や背中、尻尾が

                薄い茶色になってきている( ^)o(^ )≪≫

              ▽それでも、写真に撮ると”真白く”みえる▽
      
       〖〗 大人しく優しい(犬)で、”吠える”ことはほとんどない〖〗
        
         ***{番犬}にはさっぱりならないが、

                (家庭犬)としては最高の犬である***

     ◆{ぽちこ}の名前は昔、彼女が幼い頃札幌に住んでいた折に

           拾ってきた”雑種”の名前から取り「2代目ぽちこ」となった◆

            ○○先代の{ぽちこ}も大人しく長寿だった○○

       ()()人が好きで誰彼なく尻尾を振っているし・・・

             マンションで飼うには何の抵抗もない犬です()()

                 ▲▼もう、今年で5歳らしい▲▼

       【】【】2年前に2匹の(子犬)を生んだ。父親が黒柴だったせいか

               茶色の(子犬)2匹だった・・・・・・(^◇^)【】【】

       ◎娘夫婦には子供がいないせいか・・・・

                  まるで、我が子のように溺愛している◎

     ❀❀出産のときも付ききりで世話をして、自分で臍の緒を切ったり

               洗ってやったりと奮闘したようで((偏愛))している❀❀

      ◆◆間近になってからはそれは涙ぐましいほどの努力であった◆◆

      [][]毎日、(本)を読んで何度も頭の中にインプットさせていたようだ[][]

     ☆☆婿殿も結婚以来1度も定時に帰宅したことのない人だったが

             出産時にはちゃんと帰ってきたと聞かされ・・・・

                   驚いたり笑ったりした(@_@。 

                      それほど心配だったのでしょう☆☆

               □□そんなこともあって□□

      <>娘夫婦には{ぽちこ}は家族だし、先ず大一番に{ぽちこ}ありき

               の生活が続いているのです<>

        ▲{ぽちこ}自身も自分が(犬)だとは思っていない

                  のではないかとさえ…思われます(^-^)▲

        <><>毎日、どちらかのお布団に自分から頭をもたげて

              どんどん中に入って行き、当然のように寝ています<><>

        ●誰も教えた訳ではないのですが・・・・婿殿が会社に行くと

              今度は彼の枕に頭を載せて熟睡しています●

      ★★多分、毎日の習慣だとでも思っているのでしょうかねーーー★★

                 ヽ(^o^)丿  ヽ(^o^)丿

           ■■ところが、出産後に異変が起きたんです■■

  ★★★出産後2年続けて“疑似妊娠”症状を起こすようになったのです★★★

        {{ちゃんと(おっぱい)も大きくなるし、(乳)も出す

         体調も悪そうだし・・・・穴を掘る真似を何度もする・・・・}}

      ▲▼そんな症状が続いて2人は凄く心配してずっと、

              病院で先生と相談していたようだが・・・・・

                どうにも決心がつかずにいたらしい(ー_ー)!!▲▼

      〔〕〔〕それが、偶々私も帰国している時だったので・・・・

                   手術することに踏み切ったようだ(~_~メ)〔〕〔〕

       ◆◆その数日前から、夫婦は酷く落ち込んで食欲もなく

               「心配でどうしようもない」という感じだった(>_<)◆◆

      ☆当日、娘が車で病院へ連れていった・・・・私も同乗して・・・☆

       ●●あんまり、心配するので、先生に疑問に思っていることを

        全部話して・・・・・気持ちを納得させてから手術をさせなさい●●

                   {と、私は言いました}(-"-)

       ※※娘は自律神経の病気をもっているのです・・・・・

            普通の人よりか((神経が細く))過敏すぎて

                倒れるのではないかと案じていたからです※※

      ◇◇先生と色々話して・・・少しは落ち着いた様子だったが・・・◇◇

明日へ
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
チャ―・カー・ラ・ボンとオックニョイ
2008/12/11(Thu)
         ☆☆ハノイや北のお料理である☆☆

           2度ばかり食した経験がある(*^^)v

   △ヴェトナム料理は、香辛料と香草を自分の好みで入れて”たれ”を作り

     その”たれ”によって味も変化するので、あくまでも嗜好の料理かも△

             <>それ自体は薄味である<>

       ★だから、香辛料や香草が苦手の人には

           ヴェトナム料理はちょっと・・・・と言う人は多い★

                    でも・・・・まあ

        ◆どちらかというと中華料理の流れがあるので、

              結構美味しく頂けると思うし、”たれ”の工夫で

                      食べることも可能ではないかしら?◆

        ☆この、チャー・カー・ラ・ボンは鍋料理で、カレー味もあります☆

      §雷魚を食べやすい大きさにカットしてグリルする。

         それに野菜(ネギ、コリアンダー)をふんだんに入れて

              七輪の上に載せて持ってくる(^-^)§

       {{それは熱々で好みの香辛料で”たれ”を作って食する}}

          <>((一例だが”たれ”を書いてみますと))<>

     ◎香辛料は{海老のマムネム(塩辛)、唐辛子、大蒜、

      ニュクマム、ピーナッツ香草はミント、レモングラス、シソ、ネギ

      コリアンダーなどを好みで入れます。

      それに、ブン(米の粉で作った麺)を混ぜて食べます◎

       ▲▼つまり、あくまでも、自分の好みで量も

            加減が出来るし、嫌いだと外すことも・・・・▲▼

           {{ 味は香りがとても強くて美味です(@_@。 }}

        ◆◆初めて食べたときのこの食感は

          今まで経験したことがなかっただけに強烈でした◆◆

     ●物凄く美味しいとは言えない(あくまでも好みだから・・・(-"-))

         ただ、色々な香りと味が絡み合って口の中は複雑で

            好きな人は多分、美味だとおもうでしょう(*^^)v●

      ※※これだけの香辛料と香草を入れるので、

          身体に悪いはずはなく、暑さに耐えられるのでは・・・※※

         ☆次のオックニョイは(ジャンボ田螺)です☆

       ▲日本ではほとんど、田螺は見られなくなった気がしますが・・・▲

        {これはとても大きくて、直径3㎝以上もあるんです}(@_@;)

          △田螺の中身を抜いて、その中に田螺を刻んで入れ、

              木耳、香草を入れたものを蒸します△

           ◇それに、生姜、ニュクマム、唐辛子などを

             入れた”たれ”をつけて食べます(好みで)◇

           ☆☆☆これは(コリコリ)してとても美味です( ^)o(^ )

                1人で5,6個はOKですよ!!☆☆☆

         《》ここに書いたのはヴェトナム料理のほんの1例にすぎない《》

        ■■兎に角”たれ”によって味も香りも異なり、

             暑い国ならではの料理は多種多様であり

               何年居ても無限大に広がる✿✿味✿✿だと思うし

                  食べ尽くせないと思うとがっかりもします■■

                        (ー_ー)!!  (ー_ー)!!

           △▽最後に”たれ”の種類を少しだけ紹介します△▽

             ○唐辛子、ニュクマム
             ○大蒜、ニュクマム
             ○ピーナッツ入り甘だれ
             ○チリソース、ニュクマム
             ○ライム、塩、胡椒
             ○生姜、唐辛子、ニュクマム
             ○海老マンネム(塩辛)
             ○トマトソース、大蒜、
             ○卵、ニュクマム
             ○生姜、チリソース、ニュクマム

         ≪≫未だまだ、書ききれないし、知らないけれど・・・

                これらを混ぜて香草を入れて好みの味を

                   自分の舌で感じて”たれ”を作ります≪≫

           ◆◆又の機会に今度はホーチミンの

                  南の料理も書けたらと思っていますが・・・◆◆

         **兎に角、日本にも沢山の店が出来たと聞きました**

           ○○是非、1度はヴェトナム料理をご賞味下さい○○
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
老化って・・・・
2008/12/10(Wed)
     ★日本に居たら、きっと、今頃は友達と「年取ったわねーー」★

        {{なーーんて、お喋りをする年齢になった(ー_ー)!!}}

                   しかし

     ◇この国に居ると自分が老いていくことを”すっかり“忘れていられる◇

           ✿同世代の人との接触がないせいでしょう✿

      ※この国には若い人が目立ち、何よりも”パワー”が

                   日々漲っているように感じる(^◇^)※

           ●●””老いる””って何だろうーーーー???●●

     ▼何かを失っていくことではないだろうか?
                           そんな気がします!(^^)!▼

        *我慢する*   ってことかなーー

       「言いたいことは飲みこむようになった」
       「肌が荒れてきた」
       「皺が出て弛んできた」
       「視力が落ちた」
       「飛蚊症になった」
       「髪の毛が薄く、白髪が目立ってきた」
       「夜中に目覚め、トイレに行くことがある」
       「我慢が効かない」
       「根気がなくなった」
       「人の名前がすぐに出てこない」
       「頑固になった」
       「融通が利かない」

           ■■未だ未だ、次々と出てくる■■

       ▲▼(足、腰、膝などの痛みも時々やってくるし、

             物欲が先ず無くなったことは大きいことかな?)▲▼

      §このように、漠然と何かが段々と覆いかぶさるように

                   確実に何かを持ち去って行く気分がある§

                 ◆何歳から老人?◆

    {人、其々、違うだろうし、個人差もあり、

        一概には言えないだろうが、間違いなく老いが近ずいて

            うろついているのを身体で頭で感じているこの頃だ(ー_ー)!!}

                   確かに、確かに

       【】【】”老い”は私の周辺をウロウロしている気配を感じる【】【】

             ▼▼▼「あっちへ行け!!」▼▼▼

       (-"-) と、暴言を吐いてみたところで・・・・・どうにもならない(-"-)

         ◆自分だけが特別ではないし、そんなことは

              充分に分かっているのに、足掻いている自分を

                   見ている眼を感じているのも事実なんです◆

         ★今は凄く中途半端な年齢に居るのかも知れない★

                ≪≫でも、゛老化って何?≪≫

           ▲何処から、”老化”はやってくるのか?▲

     ◆▲60歳を迎えて、はたと立ち止まり、考えるようになった(~_~メ)◆▲

       ★★何となく”””先”””が見えるような予感もするし、

            どの位余生があるのだろうか?

               後、どれだけ美味しいものが食せるのか?★★

    《》食い意地の張っている私の考えることは矢張りそこに辿り着くようだ《》

     ■こんなことを考えることが既に゛老化現象”なのでしょうーーーねえ■

       〖〗自分の中で大切にして来たこと、生き様、ルール、
                 子供達を育てた体験、夫を亡くした経験,、
                          精一杯生きてきたつもりの道程〖〗

     ★★★これらが、少しずつ頭の中の抽斗に消化されて

           詰め込まれて行くーーそんな感覚が襲ってきている★★★

       【】自信が揺らぎ、あんなに真剣に精一杯生きて居た現実が

            遠ーーい過去の幻影のようにあやふやになって

                  霧散していくような錯覚が時々訪れては去る【】

      ◆何でもない道で躓いたり、激しい動悸が急激にきたりもする◆

              ▼▼心中”おろおろ”している▼▼

      <>そんな自分に出会うと心の中に“とうとう老化がきたの?”<>

             (・_・;)  と、問う声が聞こえ  (・_・;)

     ●●●””老化””とは忍び寄ッてくるもので

           定かではないが気がつくとすでに蔓延していて

             私の周囲は★老化膜★に包まれている(>_<)。。。●●●

          ★★{{ああーー!(^^)!}}{{何ーーて恐ろしい(>_<)★★

                    でも、でも

      ◆◆しっかりと、受け止めねばならないのでしょう・・・・・ねえ・・・・◆◆
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
エヤコン  (続き)
2008/12/09(Tue)
    ▼洗浄が終わり、”古いガス”をベランダで抜いていた時

               モウモウと白煙が出たのです(@_@。)▼

       ☆私達はその状況を知っているので、

           別段何も考えず、部屋の中で談笑していた(^◇^)☆

        ◆◆その時、家の前が急に騒々しくなってきた・・・◆◆

                   「「途端に」」

       ★大声と共に、玄関のインターホーンが何度も何度も鳴った★

        ★★ドアーを叩く音も激しくなって・・・・私はびっくりした★

                  (@_@;)     (@_@;)

            走って玄関に行き何事かと思った・・・・(~_~メ)

             ◆10数人が上を指さして大声で喚いている◆

      ▲▼私では要領が得ないので・・・・嫁を呼び話してもらった・・・・▲▼

                    {ところ・・・が}

        ●エアコンのガスの白煙を””火事””だと思ったようで・・・

           沢山の人が駆けつけて来てくれたようなのです●

              (ー_ー)!!     m(_ _)m

       ★★★丁重に謝って説明したら、皆は納得して帰って行った★★★

          ≪≫本当に迷惑を掛けて申し訳なくて・・・・!(^^)!!(^^)!!(^^)!

            落ち込んで居たら・・・・こんなことは大したことではなく

          「毎日、何処でもあります。お義母さん、大丈夫!!」

        と、嫁も友達も業者の人も、余りにもあっけらかんとしてるので

                  何となく”ほっと”した(^-^)≪≫

            さて、掃除も終わり、みんなが帰った後、

             ■■「今夜から寝るのをどうしようか?」■■

                  ▲を・・・・真剣に考えていた▲

      「快適なリビングの椅子で寝ようかな・・・」(-"-)

       {でも、クーラーをつけたままは眠れないし、眠ったこともない}

            △▽など、思っていた所に、嫁が来て△▽

     ◇◇◇「お義母さん、夜眠れないと・…死にます(^◇^)よ」

            と、   大声で笑顔を振りまき、

              1台の扇風機を買って来てくれたんです◇◇◇

           ※※もう、大感激しまして・・・・久しぶりに心から嬉しく

                 嫁の心遣いに感謝しました※※

                   <(_ _)>  <(_ _)>  <(_ _)>

                    {{そして、翌日}}

            ◆◆エアコンがもう、止まってしまったのです◆◆

           (>_<)仕方なく、また、TELをして来て貰いました(>_<)

         {リモコンの接触が悪いとかで・・・・

               今度はリモコンを分解してしまった(・_・;)}

      ★★さっぱり直らず・・・・かなりの時間をかけて、元に戻していたが

         それでも、やっと動くようになったらしいのだが・・・・

               元線を切ってからリモコンのスイッチを

                       入れないと駄目だと言うんです★★

         ■■何とも不思議と言うか訳が分からない有様でした■■

        (-_-メ)  しかし、私は、言われた通りにするより仕方なくて

               そのようにしていますが・・・・納得いかない (-_-メ)

              ▼▼その上、リモコンを分解している時に、

        傍にいて部品をパラパラ落とすのを拾って渡していたのだが▼▼

       ★帰った後には、まだ、3つも何処かのパーツが落ちていて・・・★

       【】【】あれは必要がなかったのか・・・・今も疑問に思っています【】【】

              {そして、しばらくすると}

         ■「ピィー」と音がして、自動的にエアコンが切れるんです■

    ★★馬鹿にされているようで腹が立つんですが・・・・<`ヘ´>

        言われた通り、元線を切ると、また始動するもので・・・・(;一_一)

               仕方ないのでしょう・・・・ねえ★★

       ●●そんなこんなでエアコンとファンの一度の故障は

             我家にとっては””大騒動””を起こすことになり

                  すっかり振り回されてしまいました●●

     ▼このように、この国の人々は“いい加減”なところが多々あって

          悪気はなく、その時直ればそれで良いのだと・・・・・

            きっと、そう思うのでしょうねえーーーー(--〆)▼

      ☆☆☆段々と私も慣らされて参りました・・・・・「はい」☆☆☆
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
エアコン
2008/12/08(Mon)
      ★★★リビングにあるクーラーが愈々駄目になった★★★

     {この家を建てたときに購入した商品とかで、

                   もう、10年になっていたそうだ(@_@。)

       ◇◇それでも、健気に涼をくれていたのです(*^^)v◇◇

                   ところが

           ▲数日前、突然、動かなくなってしまい、

               (パタリ)と自分の仕事を止めてしまった(ー_ー)!!▲

        {仕方なく、嫁に頼んで“電気屋”さんに来てもらった}

        ◆◆2人の若者が来たが

             「古い型なので、整備するのに2万円はかかる」◆◆ とか

   ★それじゃ、少し足して、新しいエアコンを購入した方が良いのでは・・・・★

      ◇と、話し合っていた時、私は突然思い出したんです(*^^)v◇

             ☆ ((寝室のエアコン))  を ☆

       △▽新しく、使用したことがなかった・・・・ことを

           所謂・・・曰くつきのあの突然スイッチがはいる”奴“△▽

        ※※それと、取り換えることで一致して工事を始めてもらった※※

        ■あのエアコンも“馬鹿な奴”で突然「ピィー」と音を出して

              勝手にいつの間にか部屋中を冷やしている■

               ●原因はさっぱりわからない●

            ★★引っ越しの時1度だけリモコンを使用しただけで

                   後は全く使用していないからだ★★

  ■そのリモコンも“偏屈な奴”で音も出ず、スイッチも入らない

     中国製の品で5、6回押してると、ようやっと、腰を上げるように

       「ああーー面倒くせーー」てな感じでスイッチが入るのでイラッと来る■

           【】【】それ以来、1度も使用したことがない【】【】

     ▼以前にも話したと思いますが、天井が4㍍もあるものだから

        エアコンの掃除は”毛ばたき”でしかしたことがなかった(ー_ー)!!▼

     ■■その汚れは並大抵ではなくて・・・・

            まず、掃除からしてもらう羽目になった(>_<)■■

      ★★2人の業者は1Fに大きい洗い場があるのでと言ったんだけれど

           私の部屋の狭いシャワー室で洗い始めてしまった★★

         ●●その汚いこと・・・その上、濡れた足で歩き回るから

           部屋中が泥と埃でビシャビシャになってしまった●●

        (~_~メ)私は後の掃除を考えて”目眩”がしそうだった(>_<)。。。

           《》《》とにかく、午後1時から3時間ほどかかって

                 何とか取り換え作業が終わり、やっと

                      エアコンが作動しました《》《》

               ☆☆とっても、嬉しかった(^_-)-☆

            ▼▼2日間はエアコンなしの生活だったからです▼▼

       ◇有難いことに、嫁と友達がずっと、側にいて

          通訳してくれたので・・・何とか話も通じて取り換えができたこと

                      すごくすごく 感謝していたm(_ _)m◇

     {「寝室には天井に大きい扇風機が付いているのだが・・・

         これも、「キコキコ」と変な音がするので・・・見てもらった}}

               ▼悪くなる時は1度に重なるのか・・・・▼

         !(^^)!{油を差したり、螺子の緩みなど見てもらったが・・・・

             結局はとうとう、停止してしまったのです}!(^^)!

           ■■■な、な、なんと言うことでしょう・・・・・■■■

             今夜から眠れない・・・・・(;一_一)
明日へ
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
近頃の私
2008/12/07(Sun)
       ◇孫がいないせいか・・・どうも“お婆ちゃん”の気持ちが乏しい◇

         ★★特に見た目が老けている居る訳でもない(ー_ー)!!★★

               (-"-)かと言って、若いと言う顔では勿論ない

      【】それなりの”皺”や”弛み”、”白髪”も有って、

                 自分では年相応だと思っている【】

                   だが、この国の

        ■同世代の女性を見ると本当に老けていることに気がつく■

        ◆◆もう、大きい一仕事を終えたという感覚がしてならない◆◆

       {日本のように、腰の曲がった人には

               出会ったことはないが”お婆さん””って感じですね}

           ☆☆その上“化粧”をしている女性は皆無です☆☆

            (-_-メ)それが何よりも不思議なんです私(-_-メ)

        <>若い人も余り、”化粧”している人は見ないなあ・・・<>
     
    ★夜の街中に出れば着飾った女性もいるのかも知れないが・・・

            夜など余程のことがない限り出掛けないから

                 まあ、ほとんど、見たことがないに等しい★

      ▲▼ただ、これも不可思議に思うことがあって・・・・

            ”お婆さん”たちは“化粧”などはしないが

               老いて見えるのだが、(指輪)(ピアス)(ブレスレット)

                  などの装飾品はほとんどの人が着けている▲▼

              《》《》まるで、ステータスのように・・・・《》《》

         ◆もっとも、私が生活する範囲内のことだから・・・・

       狭い範囲内の穿ったことを思っているのかも知れないけれど◆

        ◎”化粧”しなくても良いなんて幸せだし

                 きっと自信があるのでしょう・・・・ねえ◎

       ▲▲私なんて、朝の一つの流れの中に確りと組み込まれていて

           毎日(きっちり)しているのが現状です!(^^)!!(^^)!▲▲

       ★★★それが長年の習慣であって、当り前になっている★★★

          ()()特別、念入りに頑張っているのではなく・・・・

                自然に手が動くという有様なのですが(-"-)()()

             ≪≫所謂、身嗜みというものでして・・・≪≫

      ◆◆本当のところは、★色★をつけないと見られないのと

          以前にも話ましたが・・・顔面麻痺をしているもので

            右半分が少しズレているから、それをカバーしてる◆◆

      ★★これが真相だし、自分の中では強迫観念のようになっていて

             ”化粧”しないと落ち着かないのが実情ですかね★★

                     (ー_ー)!!

        ▲▼この国は暑いので、すぐに”化粧崩れ”が起きることを

            時々、(すっかり](思いっきり)忘れてることがあって▲▼

      {先日も電気のメーターを見に来たヴェトナム人の若い男性に

           「ジィーーー」と見られてしまったのです(>_<)。。。。。}

          ■「最初は何で見るのかな?]「外国人だから?」

                なんて思っていたのですが・・・・・■

             ◆◆彼が帰った後、{鏡}を見ました◆◆

              (>_<)    (>_<)    (>_<)

         ★★片方の眉毛が真ん中から消えていたんでーーす★★

      ▼丁度、5Fから1Fまで階段の拭き掃除を終えて

                クーラーで涼んでいた時だったのです▼

        {{”眉毛が無くなってる”なんて想像もしてなかった(T_T)}}

           ●●しょっちゅう、こんなことやるんです私●●

          それも、((両方))消えているのなら・・・・ば

               ☆☆お公家様スタイル☆☆  で

         それも、ファッション的で良かったのかも知れませんが・・・・

                (おほほほほ)(●^o^●)

            いえいえ、とほほほほ・・・・・でしたね・・・(ー_ー)!!

                 ◆▲しかし、しかし◆▲

        ▼片方だけが全く消えて無くなってる様は

              どう考えても可笑しいですよ・・・ねえーーー▼

       ★▼でも、もう、すでに、バッチリ見られた後なのに・・・

         私は{鏡}に向かって一生懸命眉毛を書き直しましたのよ★▼

               ▲▼ 仕方ないのに・・・・・ねえ(~_~メ)▲▼

             {{もうすぐ夕方で“化粧”も落とすのににです}}

                     ●馬鹿みたい(・_・;)●

           これもしがない★おんなごころ★って

                     ””奴””でしょう・・・・・か?

       ■■それとも、未だ、””女””を捨て去ることが

            出来ない{{さが}}なのかしらん■■
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムの学校
2008/12/06(Sat)
      ◆◆この国には義務教育も、国からの教育支援もないとか・・・◆◆

                     聞かされた(@_@;)

                      ★だから★

              〖〗就学していない子供が沢山いる〖〗

      {{親が一生懸命働いているのは子供を

            学校に入れたい為のお金が必要だからである(-"-)}}

      ☆小学校は6歳から5年間、中学校は4年間

           3年間の高校があって、4年間の大学があるようです☆

       ■■親は何としても、子供に教育を

                受けさせるために頑張っている(ー_ー)!!■■

        ★★貧しい家庭の子供や沢山子供のいる家は

            親の手伝いをしながら働き、学校へは行っていないが、

              その懸命な姿は切なくなるほど健気でいじらしい★★

       ◆◆日本のように中学校迄、当然のように義務教育が

               ある国にとっては想像出来ない事象なのです◆◆

                        故に

      △子供の多いこの国では上の子が下の子の学費を出すことも

       ((普通])であって、下の子供の方が就学率が高いと言われている△

      【】【】また、高い教育を受けられる子供にとっては

               自分でアルバイトをするのは当り前だし、

                      物凄く頑張って勉強するようだ【】【】

                      そして、

     ◆◆◆良い学校へ行き、いい会社に就職することが・・・・

           課せられた責務のようになっているみたいに思える◆◆◆

                     なぜなら

     ※※そのことが親や兄弟への””恩””に報いることだからです※※

      ◇{その””恩””に報いるための努力は半端ではなく、

          本当に努力するので、優秀な人が多いように感じる}◇

             !(^^)!私事で恥ずかしのですが!(^^)!

      ★★私学を出してもらっている

         この年で私学など親は大変だったことと思うが

            一度も””恩返し””などを考えたことはなかった★★

         ▲▼もう、すでに、両親はこの世にはいないのだが・・・

                かかった費用を返済することなども

                       範疇になかったのが事実です▲▼

                    (ー_ー)!!(ー_ー)!!

                     しかし

        ≪≫この国では教育を受けた人は

            親に兄弟に受けた教育費用は働いて返済して

                     いくのが当然の義務だと話します≪≫

    ◆▲こんな話を聞かされると、日本の教育は何かが間違っている◆▲

                ●●と、思わざるをえないし

           教育に対する温度差を確実に感じてしまう●●

       ★★学校へ行きたくても行けない子供を

          目の前にしている親心も理解出来るし

             行けない子供の辛さや寂しさ、諦観も胸内が

                   分かって・・・・本当に考えさせられる★★

       ■■自分が行けなかった分、子供に託す親心も痛々しい■■

                (;一_一)   (ー_ー)!!    

       ””しかし、この国の(識字率)の高さは相当だと聞かされた””

       《》せめて、小学校まではと言う親や子供が多いせいらしい《》

        △▽△この国は未だ今は途上国にあると言われるが・・・・

             これから先の”希望”は“発展”は計り知れなく

                頼もしい国へと変遷されていくことは間違いなく

                    その現実がすぐそこまで来ている△▽△

          ()()そんな気がして、そんな時期に

              この国での生活があったことを幸福に感じています()()

          ◆◆こんなに真剣に”教育”や”パワー”のある

                生き方を日本人は今、しているでしょうか?◆◆

              ★★★★日本を離れて見えた原風景です★★★★
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
苺の葉
2008/12/05(Fri)
                 ★持病に胆石がある(ーー゛)★

    ▼「あの、激痛が走り、七転八倒するの?}   と

             思われると、私の場合は少し違うみたい▼

     ◇この病気が分かった時、なんどもなんども執拗に医師に尋ねた◇

       【】専門的なことは何も分からないけれど・・・

         胆嚢の中にある石は米粒位で肉片に食い込んでいて・・・

             ほとんど動かず、”いたずら”はしないけれど 

                 最終的には手術しかないと聞かされた(ー_ー)!!【】

        ◇◇」今までは、上手に付き合って来たらしく・・・・

                  鈍痛が時折きてちょっと辛かった(-"-)◇◇

          ★★脇腹と背中に痛みがきていたが・・・・

              《》鎮痛剤の頓服《》を飲むと痛みは消えていた★★

        ◎脂っこいものやお酒の量を控えて

              なるべく、野菜中心の生活に変えてから

                       すっかり、忘れていた(*^_^*)◎

      ☆疲れないようにすることと、夜早く寝ることも

                    毎日が暇な私には大得意だったから・・・☆

                         (#^.^#) (#^.^#)                   

         ◇◇この国に来てからは・・・・痛みが治まっていたんです◇◇

      ◆◆ところが、日本に桜見物に帰国して後

              この国に戻ってきたら゛鈍痛”が止まらなくて…・◆◆

         【】【】毎日、””憂鬱””な日々になっていた!(^^)!!(^^)!【】【】

                  その話を嫁にしたら

   □□この国では(石)を取るのは〖〗苺の葉〖〗に

           効果があるとかで病院でも使用すると言うのです(@_@。

               ☆☆それから、4日間ほどして☆☆

          彼女は〖〗苺の葉の乾燥したもの〖〗を持って来てくれた□□

      ※折角の好意だし、一縷の望みもあって

                   早速、煎じて飲んでみた(>_<)。。。。。※

        ▼▼一応、葉っぱの量は聞いたのだが・・・・

                 多すぎたのか・・・・(;一_一)

                    その苦いこと・・・・(・_・;)(・_・;)

                     びっくりしてしまった(@_@;)(@_@;)▼▼

         ◇仕方なく、水で薄めて飲んでみたら

                 これが結構飲めたんです(^u^)◇

           ★★☆それで、毎日食後に飲んでいました★★☆

       {{今迄、経験したことのない味だったし、

                 ほんのりと甘い匂いもあって

                       決して、苦痛ではなかった( ^)o(^ )}}

        <><>この国の((漢方薬))効果があるといいなあ

              なんて思いつつ、有難く飲んでいました<><>

                 ☆☆1週間が過ぎました☆☆

          (^^♪その間にも、嫁はせっせと〖〗苺の葉〖〗を

               乾燥させては持ってきてくれました(^^♪

           ◇◇◇ずっと、ずっと感謝していました◇◇◇

                <(_ _)>  <(_ _)>  <(_ _)>

                ☆☆10日が経ちました☆☆

       ★★((漢方薬))は短期に効果が出るものではないと

            思っていましたし・・・・まあ、気分的には楽になったと

                   思い込んでいたんですが・・・・★★

         ■■■多分、この薬のせいだと思うのですが

                  胃を荒らしてしまったようで・・・・

                     口内炎が3つも出来てしまい

                       食事が出来なくなったのです■■■

        ▼▼▼ 嫁には言えず・・・・(;一_一)

          好意が無駄になっては悪いので・・・・ゆっくり飲むから・・・・

             暫くは持ってこなくても充分足りるので・・・・

                   と、少し休んで欲しいと伝えた▼▼▼

       ≪≫きっと、私の量の配分が間違っていたのでしょう・・・・≪≫

      {{1週間は、ほとんど、食事が摂れずに困った(-_-メ)(-_-メ)}}

      ▲▽少し痩せてしまって・・・・・

                 喜んでいいのどうか分からない有様▲▽

                            でした(-_-;)(-_-;)

      ☆☆〖〗苺の葉〖〗で(石)が流れるって・・・

                       聞いたことありますか?☆☆

       ♡♡それにしても、嫁の好意と優しさには

                 感動したし、感謝もしている♡♡ 
  
                       m(_ _)m

           ◆◆  が、 素人療法はいけないと思ったし、

           (薬)とは誰にでも合致するものではないのだと

                当然ながら感じた時間でした◆◆

                      でも、やはり、

          ☆☆☆有難かったと心中そう思った出来事でした☆☆☆

            ▲▼正直、今は飲んでいません(--〆)▲▼

                 ★★ごめんなさい<(_ _)><(_ _)>★★
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自由でいいですね・・・
2008/12/04(Thu)
         ▽▲友人や知人から、外国暮らしなんて

              「羨ましい!」「自由でいいわね・・」って

                        よく言われる(^_^;)(^_^;)▽▲

    ☆確かに、誰の目を気にすることもなく、付き合いがない分、
                         対人関係で悩むことはない☆

   {入ってくる情報も皆無だし、自分から働きかけない限り

                    何も知らずに済む現実で生きている_(._.)_}

       ■遠出しなくても、大袈裟にいえば

                  外に出なくてもここでは生活が成り立つ(^◇^)■

         ◆◆しかし、それが自由な生活と言えるのだろうか?◆◆

   ▲1歩出れば、ここは日本ではないから、それなりの緊張感は必要だし、

           絶えず゛”外国人””と言うレッテルの下での生活がある(-"-)▲

     ▼▼何でも”外国人料金”はあるし、それが当然だと言えない理不尽さに

        反論する言葉が先ず、通用しないから、心の疎通がほとんどない▼▼

         ≪≫外国人と言うだけで((普通))ではないのです≪≫

              ★★「そんな処にどうしているの?」★★

          (ー_ー)!!と、聞かれると、これも明確に返答できない(ー_ー)!!

       ◇偶然に息子の相手がヴェトナム人であったことと、

           ここでの生活があった事で、この国を知るきっかけになった◇

       §§そして、ここでの生活をする機会に恵まれたとしか言えない§§

                    でも、これは

         ※※誰もが願ってもそうそう体験できることではない※※

                   だから、だからこそ

           △▽そのチャンスを捕まえたかっただけである△▽

        ★()()この生活を始めるのに、沢山のことを処分した()()★

     ■■それは、”物”であったり、”思考”だったり、”生活様式”だったりと

            多種多様のものを捨ててきた(;一_一)(;一_一)

      この年ですから体中に、年相応に取りついていた部位であったり、

          様々な物を処理するのにはそれなりの覚悟が必要だった■■

         ☆☆何もかも新しい自分との((再会))を望んだのです☆☆

                   ♡♡とっても格好よくね♡♡

     ▼▼違う生き方をしたかったことが・・・・1番大きい理由かも知れない▼▼

        ◆◆残された時間の中の配分を考慮する時間が欲しかった◆◆

              (#^.^#)これも大切な要因でした(#^.^#)

                  ★★★だが、現実は★★★

        ●そんなに甘くなく、当初の(意気込み)は

                思ったより以上の速さで霧散してしまった(>_<)。。。●

          {{新しい生き方なんて・・・゛夢”なんて・・・・
               そんなに上手い具合に見つけられない}}

          ◆セレクトしたかった”道”はどこへ行ったのか?◆

     ★それにも、両極の思惑が付き纏い、考えることが増加してしまった★

         {”自由”に生きているけれど、”夢”もあったけれど・・・・}

            (・_・;){{捨て去るものも膨大であった事実}}(・_・;)

    【】【】何時、何が起こるか解らない、想像も出来ない国に居る現実【】【】

     !(^^)!((それが、どんなに危ういことであり、脆いことであるのかを

           始終、自分自身に自覚させておかねばならない))!(^^)!

                       だから

    《》表面上「いいわね…・」なんて言われると、正直、とても辛いのです《》

    ◆””生きる道””を探している途中に思いがけなく他国との接触があった◆

    ●○日本での、{最後の生活}のための“基盤”作りの途上なのです●○

      ◎{{今は、その(はざま)に生きているという感覚でしょうか?}}◎

       ★老先が短くなってからの((海外暮らし))に

                     ついて少し考えを話してみます★

      ☆☆☆若い時の外国暮らしは全面的に推薦したいと思う☆☆☆

      ◇それは経験であったり、回復するだけの余力があるからです◇

               けれど、老いてからは

   ●●●1人で考え、1人で判断できること、1人で生きる力があること

         孤独に耐えられること、必ず帰る場所が確保されていること●●●

      ★★そして、””精神的なパワー””がないと””しんどい””★★

       ■現実とのギャップを受納できないときっと、辛いだろうと

                        何時もそれは感じます(~_~メ)■

                    でも、でも

   ≪≫見知らぬことがいっぱいあるし、楽しいことも多々あるのも事実です

         それをを共有できたら、それなりの効果はあるし、

            体験もできるし、苦痛や沢山の゛”恥””も加味されて

              日々、色々と人生を考える時間になることは

                 周知の事実として生かされると信じています≪≫

      ▼とにもかくにも、★★孤独に耐えられること★★が

          海外で生き抜く方法ではないでしょうか・・・・ね・・・・▼

     ◆◆色々とご意見はあると思いますが・・・・私個人の考えです◆◆
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
この国の朝は早い
2008/12/03(Wed)
               ※日本にいた時も朝だけは元気でした※

        ☆だから、ここに来た時も同じように
                       目覚めに不都合はなく快適でした☆

                   ◆◆しかし・・しかし◆◆

            ●この国の朝は本当に早く、びっくりします●

     (^_^;){今は壊されて無くなった前の長屋に住んでいた

              ゛豆乳売り”の小母さんと子供は朝3時には起きて

                         ”豆乳”を大きな鍋で2つ煮ていました}(^_^;)

        §ご存知のように”豆乳”は膜が張るから

                 ずっと掻き混ぜていなければならなくて

                        2時間ばかり火の側で準備しています§

                    ▼それは大変です▼

         □□出来あがると、小さなビニール袋に1つずつ詰めて

                   輪ゴムで縛り、100個位は作り

                      5時過ぎにはもう、道路で売っています□□

        熱々なので、見ていると、結構、バイクを止めて買って行く人がいて

                (商売繁盛)しています(#^.^#)

         ☆☆人事ながら、頑張ってるなと思いちょっぴり、嬉しくなる☆☆

          {その並びに“お粥屋”さんがあって、

                         この店は4時過ぎに起きる}

     {矢張り、大きい鍋で煮込んでいるようだが・・・

         中に入れる具材を刻む音が真っ暗な中で小気味よく流れ

             一方では“おせんべい”のような物を1枚ずつ焼く匂いも

                 してくるし、香草を千切ったり忙しく動きまわっている}

             ■■近くの店はほとんど6時前には開店する■■

      {家の並びには日本食の店があって、

               焼き魚や味噌汁の匂いも漂うこともあります}

     ◎ここは、毎朝、6時過ぎには小型のバスが日本人を乗せてやってくる◎

          【】多分、何処か日本の会社から来るのでしょう・・・・【】

              《》《》同じような光景が毎日見られ、

                   この国の生活が早い朝を中心に

                          始まることを感じます《》《》

       ★★{道路端には、ずらりとフォー屋がすでに並んでいたり、

            天秤棒担ぎの小母さん連がそれぞれ自慢の品を並べ

               すっかり<>売り状態完了<>で客待ちをしています}★★

       ▼▼<>売りの時間<>は大体10時頃までで、

              ほとんどの店も露店もその頃には閉店します▼▼

               ◆◆兎に角、朝が勝負の店なのです◆◆

      〖〗片ずけを見ていると露店の人達は3つのバケツだけで洗い物をします〖〗

             {{食べ残し分、洗剤が入った分、濯ぎ水}}

                 (ー_ー)!!たったそれだけです(ー_ー)!!

     ■■それも、道路で洗って、残りも全て道路に捨てていくんですね・・・・■■

      ≪≫潔癖な人は見ただけで”絶対無理”だと言うかも知れません

            が、それが当然のようになっているから仕方ないのです≪≫

     {{でも、このように暑い国では日差しがすぐに乾燥させてしまうから

          特別に“不潔感”は私自身は感じなかったけれど・・・・(^u^)}}

                ◆◆◆鈍いのか、無神経なのか◆◆◆

                       (-"-)(-"-)(-"-)

             ()()東南アジアは“不潔”だとよく聞かされる()()

    ★★★しかし、実際、そこで生活してみると・・・・

        慣れるのかも知れないが、そんなことは大したことではなくて、

          皆、そこに生活があるという実感に圧倒されてしまい、

            生きていることに感動するし、その”エネルギー”と”パワー”に

               些細なことは消滅されてしまうのではないかしら?★★

            ◇◇朝の市場も同様に”力”が漲っている◇◇

               ≪≫それも大好きな風景の一つです≪≫

          ★{このように早朝のこの国は活気が溢れていて

               何処からこの((エネルギー))が湧きだすのか

                        教えて欲しいほどです(#^.^#)}★

       ☆☆☆皆が一丸となって生活をしている様は見ていて気持ちがよく

               心まで明るく清々しい感動を与えてくれます☆☆☆

          ▲▼朝の活気が一段落すると、今度は“お昼”のご飯

                  ””皿めし屋””さんが活動を始めます▲▼

        ■◆余程、暇人だと思われていることでしょう・・・・(;一_一)■◆

                     でも、でも、

       ☆☆とっても刺激的で見ていて飽きないし、面白い国なのです☆☆

        ■■■好奇心旺盛な小母さんは§虜§になっています■■■

                 ヽ(^o^)丿          ヽ(^o^)丿
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ライチ
2008/12/02(Tue)
           ☆雨季になると、このライチが出回る☆

     §§昨年も見たし、何度か食した経験もあるのだが・・・

             今年は特別に売っている量が多いのが

                   なぜか凄く気になっていました§§

           ◇◇不思議に思って、聞いてみたら◇◇

      ■問題の”“サーズ””の影響で中国に輸出しないので

             今年は国内で多く出回るようになっているそうです■

              ☆☆本当によく見かけるのです☆☆

             ▽▽探すことがないほど・・・売り歩いています▽▽

        □□市場の店頭は山積みだし・・・

              自転車やリヤカーなどでも、沢山売りに来ます(^.^)□□

            【】【】今年は何度も食べる機会がありました【】【】

                     ≪≫なぜなら≪≫

          {この1ヵ月、我家の前に毎日のように

                自転車で山のように積んで運んでくる

                         女の子がいるんです(*^_^*)}

            ♪♪朝、6時前に玄関のシャッターを上げると

                 必ず居て、「二コッ(^-^)」と笑うんです♪♪

            {}{}それだけで、充分、気分が良くなります{}{}

                   (^_-)-☆   (^_-)-☆

       ☆☆☆そんな状態ですから、何度となく購入してしまいます☆☆☆

           {今年は本当に沢山食べている感じがする(#^.^#)}

       ▲多分、私が外国人だから・・・・

                    少し高いとは思うのだけれど・・・・▲

             ◆◆「安くして!!」    とは言えずに買っている◆◆

          {}それでも、私は美味しく食べられるので満足している{}

                         ( ^)o(^ )

         《》相場は㌔70円位らしいが・・・・

                      私はいつも100円支払っている《》

           ★☆1㌔買うと1人だから・・・・3~4日は食べられる★☆

        ((そう思うと、それほど高価には考えられずに・・・・

                      つい、買ってしまうのです(ーー゛)))

           ◆◆嫁は何処で覚えてきたのか・・・・◆◆」

      ★★★「お義母さんは外国人だから・・・きっと吹っかけられてるのよ★★★

                  って   言うもので

                (^◇^)大笑いしてしまった(^◇^)

       <>日本のように、綺麗に洗浄されて、

             店頭に並んでいるのではなくて

                今、捥いできましたと言わんばかりに

                   枝、葉がついて、確り揃えて切った部分を

                       輪ゴムで止めてある状態で売っている<>

           ”売り子さんの様子を見ていると

                 こっちの人は勝手に2つ、3つ摘んで

                         味見してから購入している様子”

          〖〗値段も今にも喧嘩しそうな勢いで

                     大声で値切っている(ー_ー)!!〖〗

        ◎未だ、15歳~17歳位の女の子に見えるのだが・・・・◎

      ▲私のように、何もせずに人事に見ている外国人からしたら

                  気の毒でならない気がするのだが・・・!(^^)!!(^^)!▲

               ◇◇あれで、なかなか確りしていて◇◇

        ■小母さん相手に一歩も譲らないで

                    頑張って売っている様は頼もしくて・・・

         外国人小母さんは心の中で{}{}「が。ん。ば。れーー」{}{}

                       なんて何時も応援しているんです■

        ※あれだけの重い荷物を運び、

              終日、売り歩く姿をみていると

                     心が痛くなってしまいます(・_・;)※

         ◆◆でも、生活が掛っているんだと思うし、

                帰路、軽くなった荷物姿を想像すると

                   私の外国人値段も目が瞑れるような

                          気になるのです(^_^)/~◆◆

      【】【】ちなみにライチは冷やすともっと美味しい感じがします【】【】
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ