屋台の不思議?
2008/09/30(Tue)
前がリヤカーで、後に自転車が付いてる車がある。そうです。シクロも同じ
感じですね。
野菜、果物、卵、サツマイモだけ、貝類、スリッパなどあらゆる物を売って
いますが、これが結構売れて捌けているのには驚いてしまう(@_@;)

早朝、家の前を山のように積んでリヤカーが通る。そして、夕方それが
半分ほど減っていたり、ほとんど無くなっている姿は”す、ご、い、”と
としか言い表せません(*^_^*)

また、その場で調理する物もあって、日本のお好み焼きに似たのや、
海老とトウモロコシを炒めたりするものは“コンロ”が付いています。
プロパンガスだったり、電気、豆炭のような火も使用しています。
それらはリヤカーの上半分に、材料と一緒に載せてあり、注文によって、
その場で調理をしてくれます。(^u^)

下には水、洗剤のはいったバケツ、雨具などなど、本当に色々なものが
積載されていています。

先日、突然凄い雨が降り出したとき、家の前で止まってトウモロコシを
焼いていた小母さんは咄嗟に白いポールにキコキコと音を立て始めた。
ポールはリヤカーのほぼ真ん中辺りにあったのだが・・・何をしているのか
ずっと見ていると、かなりの高さにポールが伸びてそこに、下から大きい
傘(ビーチパラソル)を出してポールに差し込み、あっと思う間に雨避けを
作ったんです( ^)o(^ )

お客さんもサッと、当然のように入り、出来上がるのを待っていました。
雨が酷かったせいもあるが並んで待っていた人はその場で、お喋りを
しながら、雨宿りをしながら食していた。

ある日、何時も近くに止まる野菜売りのお婆さんがいて、菜っ葉ものばかり
を扱っていた。上に野菜を上手に盛って、下には補充用の野菜が袋と籠に
入れてあり、水がバケツに幾つか入って置いていた。
日差しが強いので、できるだけ日陰を探しては移動するのだが、この暑さ
だから、下のバケツから水を何度も何度もかけるのです。

     その水が凄く汚くて・・・・びっくりしました(@_@;)
     兎に角、濡れて新鮮に見えれば良い訳で水の汚濁など関係が
     ないのでしょう(ー_ー)!!

無論、自分も喉は乾くし、食事も摂るからペットボトルから水を飲んで
いましたが、これも、然程、透明な水の感じはしなかった(-"-)

このような屋台や天秤棒担ぎの小母さん達は、お昼はほとんど、フォー
を近くから買ってきて、しゃがんで食べています。安いからでしょうね。

そして、不思議なことに、しょっちゅう、お金の計算ばかりしています。
そりゃ、それで生活しているのだから当然なのでしょうが…見る度に
勘定している姿もこれはこれで、余りいい感じを受けなかった(ー_ー)!!

     ”ちょっと、エエ格好していたのかな?私”

そこに数時間いたと思えばふっといなくなっていたり、全く違う売人が
来ていたり…・お客として見ている分には面白いです(^u^)

屋台って、随分、便利に出来ているものだと改めて痛感した。夜は夜で
蛍光灯を点けた屋台や電球をいくつも点けていたり、それらが行き交う
のを眺めるのが好きで、絶えず、窓越しに立ってみています。

   「何もすることがないのか?」と突っ込まれそうですが、何もかもが
   物珍しくて飽きなかったのです(#^.^#)

時間がのんびりと流れ、緊迫感のない生活だからこそ、そんな風に
見えるのかも知れません。が、が、しかし違う国の生活って楽しくて
興味のある日々を送らせてもらっています!!

この年でこんな素敵な時間が与えられたことを感謝せねばならないと
そう思いましたヽ(^o^)丿
スポンサーサイト
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
レース糸
2008/09/29(Mon)
レース編みも趣味の一つである。暇にあかせてかなりの数を編んだ(^u^)
今、部屋の中にはTV、ビデオ、TEL, 鏡台の前、花瓶敷き、炊飯器、
テーブルなどに、鬱陶しそうに載せてあったり敷かれてある。

全て、この国に来てから作った物だ。もっとも、大きいのは130㎝円形
で、もう少しのところで糸が不足してしまい、止まっている(-"-)
これは息子の家の食卓に飾るようにと思って作りだしたのだが・・・・
只今休眠中です。

なぜなら、同じ糸がなかなか見つけられず、ずっと探している(ー_ー)!!
故に未完成のままで(-_-)zzz

ある日、何処に売ってるのかも分からないので、嫁に糸を見せて、「探して
欲しい」と依頼した。ヴェトナムは刺繍が盛んだし手先の器用さは優れて
いることを知っていたので、きっと、必ずあると信じていた(^u^)

ところが、彼女が買って来てくれたのはポリエステル100%と、ナイロン
の糸だった。太さも、色も違っていてがっかりしたが・・・・!(^^)!
折角の好意だからとそれは違う物にしようと決めた。編める人は理解して
頂けると思うが、綿でないとレース編みの感覚ではないんですよ。

ポリもナイロンも、いわゆる洋服に使う糸だから本当に細くて、でも、手が
慣れてくると肌に吸いつくように、馴染みまた、小物が沢山作れた(^v^)
これはこれで、柔らかくて優しい感じの編み物に仕上がって満足でした。
これらはほとんど、会社の人のあげてしまったが・・・・

一大決心をして自分で探そうと思い…・中心街までおよそ、50分歩いて
ウロウロと探して回った。何処にもないのだ(;一_一) 
仕方なく有名なベンタイン市場へ行くしかないと思って、露地を回ったら
そこに、堆く積んである糸を発見(*^_^*)しました。
嬉しくて、手振りで編む真似をしたら、頷いてくれたので・・・・「見せて」と
頼んだ。

それは5玉入っていて、1番上の糸を出して見せてくれたら、綿100%
でした。早速購入して、急いで帰宅しました。暑さも忘れ、自分で探せた
喜びで本当に嬉しかったんです( ^)o(^ )

5玉全部出したら・・・な、な、なんと、下の2玉はあちこちに黄色や青い
黴のような物がついていて(@_@;)  ショックでした!!!

袋の中身を全部出して調べなかった私が悪いと思って、漂白すれば落ちる
かも知れないと納得させて(/_;)
何でもそうなんだが、この国の商品はちゃんと見て手に取って調べてから
買わねばならないと悟った。
しかし、そんなに調べて買うという習慣のない私にはこれは結構いい経験
だったかもしれません。

        ”これも、勉強の一つ” でした。

一生懸命編んでいたら、目が疲れたので、窓の外を見てたら、(昔、駅弁)を
売っていた、(今もあるかも?)あのスタイルの小母さんとバッチリ眼があって
しまいました。何を売ってるのかと思い、外に出て行った。

何やら綺麗な色の小物がびっしり入っていた。よく見ると、髪飾り、バレッタ、櫛
ゴム、ピン、リボンなどが箱いっぱいに並べてあった。
その中に糸を見つけたんです。もっとも、日本で使う糸巻きに巻いた小物ですが。
思わず、手に取って、今度は上も下もしっかり見ました   ふふふふ

ポリ100だったけれど、珍しく紺色だったので、それを3個買った。何か袋物でも
編もうかな?とか思って・・・・

    小物などはこうやって売りにくることを今日初めて知った(#^.^#)

それからはその小母さんは我家の前に来ると立ち止まり、「マダム」と声を
かけるようになった。嬉しいような、うざいような…複雑な心境でした(^u^)

時々は買ったけれど、小さく量がないので、編み物には適さないと思う(^v^)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
美容室
2008/09/28(Sun)
こっちに来てから1番困ったのが、ヘアーカットだった(ー_ー)!!
嫁が見つけてくれた店はもう何ヶ所も行ったが、正直、気に入らなかった。
なぜか、韓国人経営の店が多かった・…・・特に下手ではなかったので
我慢していたが、気になってもう1度違う店に連れて行ってもらった。

「カットは上手だけど少し高いのよ」と聞かされていたが。いい機会だし
序にパーマーもかけようと思った。それがいけなかった・・・・・(;一_一)

男性2人、女性5人のまあまあ大きい店でした。オーナーは英語を話し
何とか話が通じて安心していた(^u^)彼女は何も聞かないのに、笑顔で
恋人が千葉に住んでいてもうすぐ逢いに来てくれるなどと話し出した。
    それって、私に何の関係があるの?

そして、パーマーは大丈夫、任せなさいなんて言ったのです。本当は
ここで気がつくべきでした!(^^)!
愚かな私は久しぶりのパーマーにちょっと心が浮いていたのでしょう・・・・

先ず、シャンプーは椅子に座ったままで、真直ぐに髪の毛に液を塗り凄く
上手く上に持ち上げて(ほら!昔”大昔か?私は”お風呂で髪を泡立て
{キューピーさんだよ}なんてしたことがあったでしょう)そんな風にして
泡立てて洗うんです。それは見事でした。マッサージもしてくれたし・・・
鏡を見ると吹き出しそうな我顔が映っていました(*^_^*)

       「これが、ヴェトナム式ってやつだな] と心で呟く(^◇^)

次は濯ぎの部屋が有って、そこにはベッドが3台、寝て待っていると頭の
方から女性がシャワーで濯ぎ、流してくれる(日本のようにリクライニング
シートではない)から変な感じでじっと寝ていた(~_~;)

やっと、パーマー。4人の女性が四方からロットを巻き出した(@_@;)
もう、仰天です。四方から引っ張られてその痛いこと「痛い!痛い!」と
言うとオーナーは「OK.OK.] 
 
  {ふん!!何がOKだ(?_?) 四方から引っ張られたらどんなに痛いか
   あんたに分かってるの?}と言いたかった<`ヘ´>

でも、そんな英語出てこなかったし、(T_T) 顔も引き攣っていたと思う。
どうして、お金払ってこんな思いをせねばならないのかムカムカして<(`^´)>

巻くのは初めて?って感じだった(ー_ー)!! 時間もかかりやっとこさで
終ってパーマー液をかけ出した。これが又酷くてたった1本でしかも凄く
刺激臭の強い薬だった(/_;)

それがあちこちからポタポタと液垂れて来て頬に落ちてきた。信じられない
気持ちで、私、もうぶち切れそうだった(>_<)

タオルを求め自分で拭いた!!昔の懐かしいネット(もう日本では死語に
なってるでしょう・・・)でぐるぐる巻いて、その上に黒のごみ袋を半分に折り
それをすっぽりと被せた(@_@;)
温風(お釜)を当てて40分ほど・・・・我慢した(-"-) 洗い流してくれたが
その強烈な臭いは取れなかった。

       
       もう、もう、もう、我慢の限界だった<`ヘ´> <`ヘ´>

この時にはっきりと気がついたんです。ヴェトナム人はパーマーなどを
かけている人はみたことなかったと・・・・きっと、物凄く少なく、私はお客で
ありながら、実験台だったのではないかしらんと(--〆)

料金はパーマーが1900円とカット700円(大金です)決して納得が出来る
値段ではなかったが・・・・・・・悔しかった(ー_ー)!!  が、しかし・・・・
自分が悪いのだから仕方ないと思い諦めて支払った(>_<)

年のせいもあるかも知れないが、それからどんなにしても、元の髪質には
戻らずゴワゴワ、バサバサになってしまった(ー_ー)!!
技術も未熟だったし最悪の美容室との出会いであった!!

これなら、ホテルの美容室へ行けば良かったと”後悔先に立たず”でした。
帰宅後、すぐに、シャンプーで洗い流したが1週間ほど液の臭いが残り
また、毎日洗っていたせいか、パーマーもすぐに取れてしまった(@_@;)

     (>_<)すんばらしい…経験をすました(>_<)

            と日記に書いておきました。

その点、路上の散髪屋さんは鏡(小さい)と普通の椅子(これも、風呂イス)
だけで、あちこちの角で営業している。これが結構上手らしく、息子は何時も
ここで、60円でしてもらっている。

知らないこととは言え、とんでもない失敗をしたものです。

   ほんとうに情けなかった(;一_一)(>_<)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
停電
2008/09/27(Sat)
なぜだか正確には分からないがよく停電する。短時間のときもあれば、終日続くことも
有って、辛い思い出がある(ーー゛)

この国の人は慣れているのか誰も文句も言わないし、騒ぎ立てる様子もない。
話には聞いていたが、電気のない生活などは知らないから凄く不安だった(・_・;)
1人で生活するようになってからは特に嫌な出来事の1つになった。

その日は夜9時から停電になりました。もう、真っ暗で家の中も外もです。
生憎、私はお腹の調子が悪くて、下していたんです(尾籠な話で_(._.)_)
夜の野菜か、エビかも?と思っていた。でも、お腹は痛いし、何度もトイレへ
行かねばならなかった・・・・(;一_一)

毎日の生活感覚と手探り状態で、トイレとベッドを往復、ほとんど眠れなかった。
翌朝4時まで停まっていた。こんなに夜明けを遅く感じた日は過去にはない(-_-;)

やっと、点灯した時は大袈裟ではなくて本当に思わず大声で

       「点いた、点いた!!」と叫んでいました(*^_^*)

この時はこの家に引っ越してきて数日目だったから、なお不安感があったのです。
朝、早速スーパーへ蝋燭を買いに行きました。でも、でも、ライターが凄く高くて
買わずに帰宅したんです。マッチなどは売っていませんでしたし、煙草と縁のない
者にとってはライターなど考えてもいませんでした!(^^)!

蝋燭だけでは役に立たないこと分かっていても気分的にはちょっと安心、ベッドの
上に2本置いてあります(^v^)
       ”しかし、これじゃ何にもなりゃしない”

でも、なぜか以前よりかは安堵しています。  ばーかじゃないの・・・・・・
      あれから未だ、ライターとの遭遇はありませんのよ・・・・ほほほほ

それよりも辛かった停電の話は、この国に来て、未だ息子夫婦と同居していた折
朝から晩までずっと停電が続いた日のことです。
夫婦が揃ってが出かけた後、急にクーラーが停ったんです。私とシロ(犬)だけ。

その頃は乾季で、日中は37~38度位まで気温が上がっていて、体温よりも高い日
が続いていました。ですから・・・・想像を越えた暑さでした(ー_ー)!!

もう、もう、汗が流れるように吹き出し、頭と首に濡れたタオルを巻き、団扇を持って、
床(総タイル)に座っていました。でも、少し居ると、タイルが熱くなるので、ウロウロと
場所を移動しながら座り込んでいました(~_~;)
勿論、冷蔵庫もダメだから、残っていた氷をペットボトルに入れて傍に置いていた。

それでも、時間がくればお腹も空くし、仕方なく食事の用意をしていたが、その間中
汗が背中、胸、お尻まで流れていくのが分かるほど(/_;)

シャワーを2度も浴びた。シロが心配してドアーの前でクンクン言うものだから一緒に
水をかけて涼んだ(^u^)

     ” あんたは毛皮を着てるんだものそりゃ暑いでしょうね” 

水が大好きみたいで、嫌がることはないのだが、お決まりの体をブルブル振るわせる
ものだから、水浸しになり、それを追いかけて、雑巾で拭いて回る間にも、汗が滲み
出してきて、また、また汗びっしょり(--〆)  の繰り返しだった。

夜、6時前には点灯したので、全ての家電が作動を始めた。シロに「よかったね」って
言いながら、晩御飯の準備は不都合なく終えた(^u^)

すっかり、涼しくなった部屋に戻ってきた2人は停電があったことも知らずに、私が
大騒動したこと、大奮闘だったことを話しても、{あら、そう」で終了。
この国で停電で騒ぐなど返って、変なのかも知れないとそう思ったのだが・・・
     なぜだかひどーーく   ムカついた(-_-メ)

後日談。停電は意図的に、節電のためにするようで、長時間だったり短時間だったり
するようだ。その上、政府高官や外国人高官が住んでいる地域は余り停電はなく
大きいホテルや、ビルは自家発電の装備があっ不自由などは無いと聞かされた(・_・;)

まあ、この国に来て、辛かったことの”代表格入り”を果たしましたヽ(^o^)丿
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
リトル 東京
2008/09/26(Fri)
私の住んでいるレタントンストリートは”リトル東京”と呼ばれているらしい。
日本人や外国人が多く住んで居る。大きなアパートメントやリ-スのビルがあり、
そこからの出入りは(ここは何処?)って感じの日も多々ある。

当然、日本人相手の店も数多あるし、食堂も沢山ある。スーパーも日本食品を
置いているし我家の両隣は日本食堂と日本食のみの店である。
両方とも利用したが、とにかく高い(@_@;)

お店で、ポカリスェットを買ったら290円も取られた(;一_一)
その上、2枚の領収書を書いてくれて、1枚はヴェトナムドンで、もう1枚は
ドルの値段になっていた。旦那さんが日本人で、多分奥さんがヴェトナム人だと思うが、
何時も話に出てくるように、“声”が大きいからまるで喧嘩をしているようだ!(^^)!

隣の日本人は挨拶もしない。洗濯を干しに屋上に上がっていて、顔があっても知らぬ
振りをする。とても感じの悪い(嫌な奴)だった(/_;)
同じ日本人として挨拶ぐらいしても別にいいのではないかと・・・・思っていたが・・・・
そんなこと、どうでもいいと思い、2度と買い物には行かなかった(-"-)

日本の食品は、ほとんど何でもある。食堂も寿司、天ぷら、おでん、弁当、仕出し屋
焼肉、ラーメン、蕎麦、焼き鳥、懐石料理、お好み焼き、ウナギ屋などなど・・・・
ただ、本当に、びっくりする位高い(@_@;)ので、ほとんど、利用しなかった(--〆)

ヴェトナム人の1日の平均食費は日本円で150円~200円位までのようで
(調べたわけではない)が考えられないほど高価だし、(ぶったくる!!)って感じ(-_-;)
無論、ちゃんとした日本人経営の店からこの国の人や外国人経営の店まで千差万別
で、どこに(料金の線引き)があるのかは見当もつかない(ー_ー)!!

そして、どう言う訳かほとんど”ドル表示”されているのがとても不思議に思えて・・・
ヴェトナムに居るのだから、この国の紙幣でいいのではないかと何時もそう感じてた。
だから、支払の時は支払う紙幣で計算されるから、見ていても面倒くさく、計算に時間が
かかる(ーー゛)

店の看板やメニューなども、ランチ5ドル、ディナー12ドルなんて書いてあるから、数字に
弱い私は絶えず頭の中で150掛けてとか145掛けてとか、その日のレートにさえ、悩む
毎日だし、頭の中だけで計算がいっぱい。いっぱいだった(>_<)
  
ドンで計算をして数字の大きさにびっくりしていたのは私だけかもしれません(・_・;)

それに、税金が10%とサービス料は別料金ですし、水、おしぼりも使用した枚数分は
加算されて支払うことになっています(~_~;)

そんな訳で、私は外食はほとんどしなかった。息子が奢ってくれたり、会社からの招待
お客さんの接待時に一応今のところ”女”やってましたから・・・・誘われると出かけては
高いお料理をいただきました<(_ _)>  

                ごちそうさまーーーー(#^.^#)

毎日の私の食生活の倹しかったこと・・・・ご想像ください。ませ、ませ(*^_^*)

この国の食材を使って生活していると、1日、缶ビール1本も加えて300円でもおつりが
きていました。それでも、かなり、贅沢な食事ができたし、肉、野菜、乳製品が安価だから
割と上手く生活していたと私自身はそうおもっていましたけれど・・・・
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マッサージ
2008/09/25(Thu)
嫁と友達の3人でマッサージに行った。お風呂も入れて1時間1500円と言う。
余りきれいな所ではなかったが、これが(ヴェトナム式?)なのかもと勝手に想像して、暖簾をくぐった(^v^)

そこは、30畳ほどの広さにベッドが12台並べてあって、パラパラとお客さんがいた。
バスタオル1枚の私達は、並んで寝た。一人一人に担当の女性がいて、その都度嫁が通訳をしてくれるので、安心できた(^u^)

彼女たちは、さすがに慣れていてリラックスしている様子だ!!
私も、”俎板の鯉”ならぬ、“マグロ”だなあと思いつつ任せていた。

アロマ液だろう。ベタベタと塗りたくって、足から上へとマッサージが始まった!(^^)!
足は経験済みだったから平然としていたが、腿から上の経験がない・・・・・
頭の中はどうされるのか?の一点に集中していた(/_;)

タオルを絞るようにふくらはぎや太ももを絞られるのには参った(-"-)

だって、担当の女性は(さも、絞りずらそう)にしていたからだ・・・そんなに太くないのにと、心の中で言いつつ「でも、<(_ _)>ヴェトナム女性よりやっぱり、太いよね」と申し訳なく呟いたら、嫁が「お母さん、大丈夫?」って聞いてくれた。

この国の女性には本当に失礼だが、背は余り高くないが足はかなり、細くて長いのです(*^^)v
スタイルの良い人が多いから、あの、アオザイが似合うのだろうと思った。

まあ、比較できる年齢でもなく仕方ないや!と思っていた矢先に、担当者が「色が白くて綺麗」とお世辞を言ったようだ。

嫁が「お母さん、この国では色の白いのは1番の美人」なのよと言った。

           ””美人””     フーーン

久しく聞かなかった言葉に、即、反応してしまい、すっかりいい気分になりまして、さっきのことなど、ぶっ飛んでいきました(*^_^*) (美人という2文字よ、お前は大した奴だ!)

気分が良くなっていたところに嫁が「お母さん!胸のマッサージはどうしますか?」って聞いてるけど・・・「どうします?」だって。

「と、と、とんでもない。こんな姥桜に、まして垂れ下ったペチャパイにマッサージなんて必要ない」と両手を振って言った。(@_@;)

言わねばいいのに、馬鹿な私はもう一言、「もう、使い道ないし、今更必要ないもん」と。

           嫁たちは大笑いした(ー_ー)!!

そのことをヴェトナム語に直したらしい、すると、今度は担当者3人が猛烈に笑いだしメチャクチャ恥ずかしかった(~_~;)  とほほほほ

背中、腕、首、手が済んで、終了した。顔はまた、別料金と言うので相談して止め、お風呂に入った。2人は水風呂へ行き、私はとても久しぶりの熱いお風呂に入り感激した(^-^)

円形で深さ30㎝位の総タイル張りで、ジャグジーも付いていた。結構ゆっくりと入っていたつもりだったが・・・・さすがにもう我慢できず、着替えて扇風機の前に陣取って2人を待っていたが・・・・全く気配もない。20分ほどして2人が着替えてきた。

「お母さん、チップが要るんですが…」と嫁が言う。「どの位なの?」と聞いて1人50円を渡した。何も分からないので、言われるままに出したのだが、あまり好い顔はされなかったそうだ。

「お母さんが日本人だから、もっと沢山貰えると思ったのでしょう」と言う。

    なあんだ!!そういうことか?(--〆)
    だから、肌が白いなんてお世辞を言ったのだと気が付きそんな言葉に気分よく
    なった私はなんと、愚か者だったのだろう(ー_ー)!!   
    
    ”フン!!もう、騙されないぞ!!” したたかなこの国の女性を垣間見た(-_-;)

悪くは言いたくないが、チップのための伏線だと思うと、せっかく楽しかった時間が急落して行った。
私の心など、彼女達は何も分からないので、「お母さん、疲れたの?」って聞かれて困った(;一_一)

でも、まあまあ、体験できたと言う”レッテル”をペタリと貼っておきました!!
       何たって、経験したんだもーーん(^◇^)

数日たって、思い出し、ガイドブックを見てみると、ホテルやスパでは最低が7000円になっていたので・・・・・もっともこれはエステだけれど。

とっても安かったことを後日知ることになり、、せっかく色白とわざとでも言ってくれた担当者にもう少し、チップをあげればよかったかな・・・・生活を掛けているのだからとか色々考えて、何も知らないことへの羞恥心が一杯になってしまった_(._.)_

毎日が新鮮で、経験が積み重なって行く時間の幸せを感じ、この国が少しずつ好きになって来たし、この年齢で、こんな体験ができることを有難く思ったヽ(^o^)丿

懸命に生きているこの国の人々を目の前にして、様々な自分を客観視する機会が与えられ我が身の人生は(好ましい線上)にいると確信した。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
或る夜
2008/09/24(Wed)
夕方から雨が激しく降っていた。息子が珍しく来てくれて、ビデオの続きを
見ていた。

それから、30分もしただろうか?やけに外が騒がしい(ー_ー)!!
サイレンも鳴るし、どうしたのかと思って外を見ると、消防車が2台、ジープの
パトカー(?)が赤と青のライトをグルグル回して通るのを見た(>_<)

道路の向かい側には、割合大きい消火栓があって、そこからホースが2本出ていた。
その横にはボイラーが唸り声をあげて、焦げたような臭いと煙も少し出ていた(-"-)

私はそこが燃えているのだと思って見ていたんです(ーー゛)

            馬ー鹿みたいでしょう!!

消防士も警察官も野次馬も全て左方向を見ていたんです(;一_一)
全然違う方向をみてたんですね・・・息子に「火事らしいよ」と言ったのですが
彼はビデオから目も離さず、「そう」だって(+o+)

「ちょっと見てくる」と言い置き屋上に上がったが、何処だかさっぱりわからない(-_-メ)
左方向を見てみるが、人が多すぎて何も見えない。

今度は外へ飛び出して左方向に歩いてみたが・・・・その沢山の人の近くまで
行くには、結構かかるし、近くではないと言う安堵感でほっとした(^v^)

家の前の長いホースは水を一杯吸ってパンパンに膨らんでいるのだが・・・
相変わらず、ボイラーと煙は唸り声と煙を出し頑張っていた!!

が、が、しかし、びっくりしたことに、そのホースの上をバイクが平然と踏んずけて
何台も何台も通って行くことです(@_@;)

          (@_@;)交通規制が無いのですね(@_@;)

消防士も警察官も傍にいたのに・・・・誰も規制などしていない様子なの(~_~;)
止めることもしないし、ただ、左方向だけを見ているだけでした。
   
              よう、わからん!!

消防車も日本のとは全く違っていて、何処がどう?と聞かれると返答できないけれど
先ず、パワーがないと思った。
                 (これじゃ燃えちゃうよ(-_-;))と思いつつ

なぜ、道路を封鎖しないのか見当もつかず、これも国の違いなのかと驚いた!(^^)!

それでも暫くして、鎮火したらしく消防士がホースをしまいだした。唸っていた
ボイラーも静かになり煙も消えた。

     きっと、ホースに水を汲み上げるためにボイラーは身体全体で
     ホースに水を吸い上げていたのでしょう・・・・自身は煙まで吐き
     ながら・・・・・頑張っていたんだ(^◇^)  偉かったねーーー

偶々、息子が側に居たので、さほどの恐怖は無かったが・・・・何時もは一人だから
こんな時はどうしたらいいのだろうと、真剣に考えた(ー_ー)!!

国が違うことと、消火方法の違いなど、問題が浮上して、総毛立つ思いの時間
となり、つくずく、ここが日本じゃないのだなと痛感した夜だった(・_・;)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
我が家のトイレ
2008/09/23(Tue)
幸いなことに水洗で有難いのですが、どういうわけか水槽の中のゴム弁が
時々いたずらをするんです(ー_ー)!!

穴に正確に落ちて一定の水量が貯まれば自動的に水って止まりますよね。

ところが我家のゴム弁君は穴に正確にはいるのが好みでないのか・・・

(よっこらしょ)と横向きに寝たり、ほんの少しだけ口を外に出しては

「イヒヒヒ」と笑っていたずらをします。むかっとします(-_-メ)

その度に私は水槽に手を突っ込んで位置を正常に戻します(-"-)
恥ずかしいのですが、水槽の中がどうなってるなんて考えたこともなく
この年まで生きて来ました。

だから、中を見たとき、初めてその原理(ちょっと大袈裟)なるものが
理解できたのです(-_-;)

(ちょっと、横を向いてやれ!)とか(口を開けている姿)を目の前にして
あーこんなことをして遊んでいたのかと納得したんです!(^^)!

ゴム弁君がスコーンとダイレクトで穴に入った時は”✿○”なんです(^-^)

けれど、しょっちゅういたずらするものだから、その都度水が止まらず
ザザ漏れになっています(;一_一)
仕方なく、使用後は必ず水槽の蓋を開けて見る癖がつきました。やれやれ!

勿論、直してもらえば済むことです(~_~;)
でも、私は出来るだけこの国を、そのまま受け入れることに決めていましたから
そんなことは大した問題ではなかったのです(^-^)

ところが、暫くして、用事が出来て日本に帰国していました。そんなことがあって
ゴム弁君をすっかり忘れてしまっていたのです(ー_ー)!!

うっかり、何も考えずに使用した後、何処かで音がするんですね。

      その時”はっ”と気が付きました!!

案の定、思いっきり水槽から水が流れていたんです(>_<)

     (フン!またしてもか?)と思い出して、水槽の蓋を開けて
      思いきり突っ込んでやりました)

が、見ていると、それも中途まで、水量が来るとポこコッと顔を横に向けます(~_~;)

もう、からかわれているような気がして・・・

     「ちゃんと自分の仕事をしろ!!」 [(-_-)zzz」じゃない」と一言
言い放ちましたが・・・・

あれからも未だ、格闘が続いています(--〆)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
VCD
2008/09/22(Mon)
これは何かわかりますか?
私自身、完全にこう呼ぶのだと言う自信はないのですが(/_;)
CDの映画や音楽がデッキで見られるものです。今なら、PCでも、CDデッキ
はたまた、携帯からでも・・・・・(;一_一)

      でも、この国に来て、初めて見たんです私!!

いわゆる、海賊盤とでも言うのかも知れませんが、日本では未だ封切りされて
いないものや、、日本に配給されない映画などが、ごく簡単に当然のように
見ることができるんです(ー_ー)!!

そのCDを買うための専門店があって、一冊の本のようになった、PR用の紙
(つまり、CDの中にはいっている宣伝用のパンフ)が入っているのを見て、
自分の好みの物をセレクトします。

勿論、音楽も、映画もです(^v^) 店内は何台ものモニター用の画面が映し
出されていて、新作到着の映画など、やたら大きな音が鳴り響いています(-"-)

封切り前のアメリカ、フランス、イギリス、インド、タイ、香港などの映画があり
日本上陸前に楽しむことができます(^-^)

以前、見逃した映画に出会うことも可能だったし、沢山見る機会があって、
日本では経験出来ないことでした!(^^)!

ただ、ちょっと大きい問題もあって、それは当り前なんですが、ヴェトナム語に
翻訳されているのも、結構ありました。

    これは困った(>_<)   ほ、ん、と、う、に!

なぜなら、言葉が解らないうえに登場人物が何人いてもたった、1人で全ての
吹き替えをしているもので・・・・何が何だかさっぱり 分かりましえーーん(@_@;)

その上に、声が合致していないからズレてるし、ヴェトナム語の字幕スーパーが
煩わしくて音だけで十分だと何度も何度もそう思った(-_-;)

A面、B面があって、A面が終わると変な小父さんが必ず出てきて(中国語)で
「ちょっと、休憩。またはB面に変えてね!」見たいな画面が出るんですよ。

    これが大笑いさせてくれるんです(^○^)

無論、中国語も理解できない私のこと、そんなこと言ってないかも知れませんが

その小父さんが出てくると笑ってしまい、しばらく慣れるまで”もうすぐ出てくるぞ”
とその気配にちょっぴり、はらはらしつつ、楽しんでいました(^◇^)

こんな風に書くと、商品が中国製だとすぐに分かりますね!! 

放送といえば、英語圏、アラビア語、韓国、中国、日本のNHKがありました。
いいえ、普通の家ではまだまだそこまでは普及されていなくて、ホテルや
日本人が経営している店などでは、また、別料金を支払うと放送可能だったようで、
息子にそうしたらと何度か勧められていましたが・・・・・

きっと、寂しい思いをしているとでも思ってくれたのでしょう(^u^)

が、しかし、私は毎日が楽しくて仕方なかったんです。来たばかりでしたから(^^ゞ

折角、見知らぬ国に来ているのに、日本のTVを見るつもりなどは無く、それで
無くても、日々刺激の連続でした( ^)o(^ ) から。

多分、日本に居たら、こんなことは違法だろうし、到底できなかったことだと思う。

それだけに、国が違うと言う実感を思いきり感じていた(--〆)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
書道
2008/09/21(Sun)
趣味の一つに書道があって、これだけは亡夫のバックアップのお陰で本格的に
習うことができた。今は心から感謝している(^u^)

まあ、こう言ういわゆる“芸術”と言われているものはお金である程度は名前も
頂けるし、長くやってると、慣れてコツのようなものも少しは分かり、それなりに
書けるものではないでしょうか?

”絵画”もそうかも知れませんが[全く違うと反発されるかも?」でも、割合、好み
で見る部分ってありますでしょう・・・・(-"-)

私は(好み)だと思っているので、その程度のものです(^u^)

時間が有り余っていて少し、何かを書こうなんて殊勝なこと考えた日がありました。
何を書こうかと思い持参していた墨と筆を出し考えて、(童謡)に決めました(^v^)

何枚か書いてみましたが、“節”は出てくるのに、”歌詞”が分らない(ー_ー)!!

歌は結構好きだったし、学校でも悪くなかった筈なのに・・・・さっぱり出てきません(/_;)
誰の遠慮もいるものか、外は騒音、部屋の中で大声で、何度も歌ってみましたが
しかし、しかし、同じところで突っ掛かり、そこから先が進まない!(^^)!

え、えっ!!とうとう老化が来たか?  ボケが始まったのか?と自分に問いかけ
そして、字を書いてることも忘れすっかり、(おろおろ(-_-;))してしまった!!

あんなに沢山知っていた歌だったし、歌詞なんて3番までちゃんと歌えたのに(~_~;)
一体、どうしてしまったのか?情けなくなって、やる気がぺしゃんこになってしまい
気持ちがすうっと失せてしまった(>_<)

それでも、内心は心配で1か月は書いたり止めたりしていたが、今は休憩中です。

もう一つ私にとって書道で辛いことがあって、それが1番の悩みかも(ー_ー)!!

よく、人から「達筆すぎて読めません」と言われることです(な、なに、達筆すぎる
って)・・・・・それって、裏を返せば悪筆で読めないと言う同義語ですよね(・_・;)

私の周囲はもうすっかり諦観の上で読めない字はぶっ飛ばし、前後で判断して
くれます(有りがたいこと_(._.)_)
そして、何とか解読に成功?してもらっているようですが・・・・・

えっ、本当は全部読めないのを得意の”勘”で補って下さっているのですか?

それはそれは誠に申し訳ありません<(_ _)>

正直、私自身、読み返すとき自分で書いた字が読めないことが時々ありますの(-"-)
どうぞ、ご勘弁くださいね。 「すんましぇん」

ワープロやパソコンで書くときはそんなことはもう、忘れていましたし、書道からも
遠ざかっていまして、すっかり忘れていました。

が、暇なんですね(幸せなことに)ここにいるとまた、あの達筆過ぎてが思い出されて
ザワッと致します。忘れかけていたから、なおなんです(-_-;)

何でもそうでしょうが、”過ぎる”ことはよくないですね!! ははははは

何時の日にかヴェトナム語が書ける日が来るといいなあ・・なんて夢みたいなこと
思っています。

が、はたして、書きだす勇気が出るものでしょうか…・ふかーーい疑問です。

私の悪筆はお墓の中迄持って行きますヽ(^o^)丿

つい、最近は筆を止めて鉛筆で言葉遊びを始めました。ボールペンは暑さのため
ドロッとしてくるので、鉛筆が最高と思う日々です(*^^)v
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
洋服、惣菜、乾物屋
2008/09/20(Sat)
””洋服屋””
と、言っても、下着がほとんどでその中でブラジャーの数は半端ではなく
売っている。どうしてだか・・・原因はさっぱり!(^^)!
きっと、おしゃれなのだろうと思っている。洋服は大抵上下がポリで作られた
ペラペラの(日本では寝間着みたい)服は沢山吊り下がってる。その横には
板に巻かれた生地がある程度だ。

もっとも、前記したように、この市場は大きい方ではないのでこれくらいで
充分なのかも知れない!!

ちょっと、変かもとおもったのが、下着の横にスリッパが並べてあったのは
どう解釈すれば良いのか・・・・これも不明(-_-;)

スリッパはここで初めて購入した品だった。高いも安いも何も分からず、必要
に迫られ、求めた物だが、今も使用しているので、元は取ったのかしら?
値段は80円だったが・・・・今、考えると外国人値段だった気がする。

””惣菜屋””
豆腐、油揚げ(日本の厚揚げ)天ぷら、蒸したハム、餅、瓶詰(日本の塩辛)
のようなものや、小玉ねぎ、ラッキョウの瓶(酢漬け)よくわからない揚げ物
などなど、名前も見たこともないものがあって面白い(^◇^)

豆腐は四角いものもあり、また、丸い筒(真空パック)になっていて、切って
食べるようなのもあった。

バナナの葉に包んだ蒸し物は何種類もあって、中身がそれぞれ違っていて
順番に買って食した。その中で1番気に入ったのは(餅米、きくらげ、肉、鶉の
卵がはいっているのが好きだった(^v^)

前に書いた“チャーカー”はここで買っていた (#^.^#)
熱々でとってもお世話になりました<(_ _)>  その位買っています。

””乾物屋””
ここは、ほとんど行かなかった、なぜなら、何だかよくわからないのが現状で
干し椎茸、きくらげ、乾燥麺、ビーフン、春巻きの皮(唐辛子入りなど色々)位
しか知らず、手が出せなかった。ただ、乾燥麺は数が豊富で、細いのから太い
ものまで数多ある。

フォーの麺は、生の麺屋で売っているから、乾燥麺は保存食か、お土産用に
私は買った記憶がある。

ついでに、週に2回か3回はフォーを道路沿いの店で息子に誘われると連いて
行ってよく食べる。本当に美味しいし、余り、当たり外れがないのが良い(^u^)

生麺では、春雨もあり、ラーメンのようなものもあり、焼きそばのような味の物も
天秤棒で担いで売りに来る。たまに食するが、作ってる現場や洗い物をしている
所は神経質な人には向かない。たった2つの洗いバケツに洗剤を入れた中で
あらい、もう1つで濯ぐだけだからだ(@_@;)

それでも、この熱射だから、消毒になってるのかもしれません(-"-)
私は割合、平気だけれど、もう1度位濯いでほしいとかは思っている。

口を拭う紙はほとんど、プラスチックケース入りのトイレットペーパーが傍において
あり、それで、立ててある箸もスプーンも拭いて食べます(ーー゛)

元来、ヴェトナム料理は味が薄く、好みで色々と香辛料を加減して食べるので
日本人の口には合うと思う。ただ、ヴェトナム人の香辛料の量は半端ではなく
私はそれは食べることは出来ないが、薬味は好きでこれでもかという程入れる。
 
何処の店に行っても香辛料と薬味はたっぷり使えるように出してくれる(*^^)v
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
卵屋、鶏肉屋
2008/09/19(Fri)
””卵屋””
白と薄茶、ウズラの卵を売っている。リヤカーで売りに来る人はリヤカーの中に
木の枠を作り、その中に、な、なんと(直)に1つずつ積み上げられて、箱半分は
卵で埋まっている(@_@;)

上手く本当に堆く積んでいます。それだけでも感動します( ^)o(^ )

崩したら怖いので、その人に個数を言って取ってもらうが・・・・・あれだけの卵を
売りつくすのかな?どれだけ走るのかな?なんて思わずには居られない(ー_ー)!!

市場には笊のような、入れ物に山のように積んであり、日本のように10個単位
のパック売りはなかったが・・・・スーパーには売っていた。
スーパーはまたの機会にかきますね(^u^)

ある日の市場の帰り道、ショックなことがあった(>_<)

その朝、珍しくたくさんの野菜を買い、お米も買ってあまり重くなったので
持ち手を変えようとした途端に、ビニールの袋に入っていた卵を全部落として
割ってしまった(;一_一)

その日は(頭の中はオムレツになっていた)から衝撃が大きかった!!自分で
したことだから仕方なく諦めた(-_-;) が、頭の中のオムレツは中々消えず、
自分でしたことだからと何度も言い聞かせていた(^^ゞ

ウズラの卵は大きい肉まんの中に1個入っていたり、バナナの葉に包まれた
蒸し物の中にもあって、それはちょっと嬉しいかな(^-^)

””鶏肉屋””
荒目の籠を伏せた中に何羽も入れてある。そう、3~5個くらい籠があって
道路の邪魔にならないように置いてあり、活きがよい。元気に鳴いている
鶏も居て(本当はきっとわかっているのではないかしら・・・・)(-_-;)

目の前で羽をむしり、、小父さんと小母さんは生活のためとばかり、黙々と
手早く丸裸にして潰していく(ー_ー)!!

そして、それを縄で縛り次々と棒っこに掛けて、お客さんが言うとおりに捌く。
この国はほとんど毎食、スープを飲むので、需要も多く、丸ごと買って行く人
が多い。

モモ肉も骨付きだし、肉だけを購入する人は少ない。もっとも、各家庭で捌く
人も多いようで・・・・・す。

私は大包丁がないので、モモ肉しか買わなかったが、目の前で潰されていく
様をみると、どうも、敬遠してしまい、鶏肉はスーパーで買う方が多かった。

やっぱり、理解してるとはいえ何か辛くて・…悲しくてじっとみていることが
出来ない(/_;)

とても新鮮なのだけれど・・・・・人間って残酷だと思えて、豚肉も牛肉も同じ
なのに、鶏だけに感情移入するのは変かもしれないが・・・・

ただ、本当に味は美味です。そして、鶏の足はもっと美味しい(^v^)

何だか矛盾していますが・・・・こうやって、ちゃんと食事ができる幸せを
感謝せねばならないと思いました。

         ”ごちそうさま”
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
花屋、荒物屋
2008/09/18(Thu)
””花屋””
花の専門店は中心街にあって、また、花ばかり扱っている花の通りがある。
プレゼントとかちゃんとした花束などを作って貰うのにはそういう店に、行かねば
ならないが・・・・

私の場合は亡夫の写真の横に飾るだけだから、高価でなくても、また同じ花
でもいいので何時も市場で買う。

市場にある花屋は果物屋の横だったり、野菜売り場の隅や入口にバケツに
突っ込んである(^v^)

種類もほとんど、決まっていて、(菊、グラジオラス、百合、ガーベラ、アスパラ
マリーゴールド、バラ(大輪ではない)、カーネーション)位しか見たことがない^_^;

それでも、日によって色が違うので結構間に合っている。暑いから傷みやすく
大量には仕入れないため、タイミングをずらすと余り、良い花には出合えない。

長くても、毎日氷など入れても3日ほどしか持たない(-"-)
花が好きだった夫だから、なるべく欠かさないようにしていたが・・・・

時折、全く無い日もあって、そういうときは近くのお婆さんが手作りのジャスミン
の花びらを糸に刺して売り歩いている。20㎝位で腕にかけているのを買う(^u^)

匂いがよくて写真立てに2本ほど掛けておくと夜には萎れるけれど、暫くは部屋中
に香りがただよって気分がいい(*^_^*)

    1輪は20円でした。

””荒物屋””
いわゆる、プラスチック製品から、金物、モップなどの、掃除用具まであらゆる物が
揃う。倒れないように大~極小まで本当に信じられないほどキチンと積んである。

この国の人は順番に並べたり積むことが上手なのでしょう・・・・
お客さんが欲しい大きさもすぐに分かってさっと取り出す様は、凄いんです(@_@;)
崩さないで取り出すのですから、驚きます!!

多分、陳列方法に長けていて、器用なのだと思う(^◇^)
箒は棕櫚や竹などがあり、日本のように長くなくて腰を屈めて掃く品が多い。

床はタイルなので、モップの種類は兎に角沢山ある。私は毎朝、雑巾で
手で拭いていたから、モップは1階のコンクリートだけしか使用しなかった。

毛ばたきはすごーく長い竿(何せ、天井が高い)に色とりどりの羽根が
付いていて、これで、照明器具、扇風機、クーラー、天井などをはたく。
これはかなり重宝した(^-^)

店の品物は数え上げられないが、土鍋もあり、なべ料理も盛んなんですよ。
ヤギ肉、アヒルなどは好物みたいで、あちこちで食しているのを見たし、私も
食べたことがある。結構美味しいけれど、暑いので、汗が噴き出す(・_・;)

後はアルミでできた弁当箱に興味があった。何段にも重ねて売っていたが
はっきりとした使用方法は分からない(ー_ー)!!

まあ、見ていて飽きない商品の山・・・・ずっと、楽しく眺めている ( ^)o(^ )
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
肉屋、魚屋、米屋
2008/09/17(Wed)
””肉屋””
朝早く出かけると、大きな肉のブロックを鉈のような包丁で叩き小さく
カットしているのをよく見かける。ある程度の大きさになると、店の前に
釘がいっぱい刺してある所に吊り下げる。

お客さんは好みによってそれを選び購入する。私などは一人だから
何時も塊からなお小さくカットしてもらう。毎日通っていると、顔を見た
途端に、他の仕事を止めて私のサイズに切ってくれる(^◇^)

それでも100円程で、3日は持つ。家に持ち帰ってもっと小さく切らないと
ならないが・・・安いので、筋のない部位ばかり買っていた。

肉は舌、耳、顔、足、骨付きなどなんでもあってぶら下がっている(-"-)

牛肉も安くて、結構食したが、日本のようにパックに入って売ってないので
ミンチはほとんどなかった。

たまにミンチにして欲しくて懸命のジェスチャーを駆使して頑張って頼んだ
事があったが・・・・脂身が多くてそれに荒いので、これは[オー・ノウ(/_;)」

””魚屋””
道路に大きい盥がいくつも並んでいて、その中で泳がせている。
私の行っていた市場はまあ、普通位で大きい方ではなかったので
魚の種類も多くはなかった!(^^)!

川魚のトップは矢張り、雷魚でしょうか? ナマズも、鰻、鯉もいました。

海老(これは日本に輸出しているらしい)養殖もさかんで沢山獲れるから
100円ほど買うと20匹位(中位の)が購入できる。とても安い。

烏賊、蟹(川のものが多かった)、貝類も豊富だ。

魚のすり身に香草をたっぷり入れて油で揚げたもの(日本の薩摩揚げ)に
似てるかしら?

これが美味で揚げたてを売っている。持って帰るのも熱い位でそれでも
時折は買っていた。ただ、油が心配だったので、必ず油抜きをして、食べて
いた。

後に、嫁に作り方を教えて貰ったが、香草の量の違いか、味が思ったほど
上手くいかなかった。彼女のは美味しかったのに・・・・・(;一_一)
         名前は(チャーカー)といいます。
海老がぷりぷりで美味しいのも加味されているのでしょうね(^v^)

””米屋””
プラスチックのバケツのような容器が下から段々と上に向かって並び山の
ように、盛ってある。日本では昔の市場などで味噌がそのように盛って
ありましたが・・・・

価格は1K50円から100円位で、高いほど香り(匂いがある)がするんです。
何せどの位のが食べられるのかさえ分からなかったから順番に買っていこう
と思い、60円から始めてみました。ところが、以前に書いたように、あの、蟻が
入っていたので・・・・・(>_<)

それからは香りが強く少し高い90円位のに変えた。蟻はあれ以来入っていない
ので、安心して食べているが。   今のところは(^^ゞ

この国はもち米も美味しくて赤飯やおこわなどもあります。
面白いと感じたのは、日本のおもちを平たくしたものに、ハムや焼き肉などを
挟んでたべることです。味は特に美味とは思いませんでしたが…・バナナの葉
を切っておもち、ハム、おもち、バナナの葉でくるんであり、ハムや肉の量によって
値段が違うようです(^v^)

赤飯とおこわは天秤棒担ぎの人が、道路の角に週1回は熱々のを売っていました。
冷めないように、七輪のようなもので炙り熱々で売って居て、私は、姿をみると買い
に行き小母さんとすっかり仲良しになりました(^-^)

          ちなみに20円です。

日本と食べ方が違うと思ったのは、おこわ(勿論、小豆、大豆、花豆、黒豆など)が
あって、それらの上に砂糖をかけることです。
砂糖以外にはココナッツを削ったもの、肉の皮などを好みで上に振りかけてくれる。

私は砂糖は無理だと思って、塩とゴマにしていたのだが、何でも経験だからと思い
ある日砂糖を袋に入れて貰ってきて、少しずつかけて食したらこれが想像以上に
美味しくて・・・・・かなりの間ハマってしまった(*^_^*)

     機会があればぜひ召し上がって欲しいものです!!
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
市場の状況
2008/09/16(Tue)
この国にとっての市場は正に庶民の台所である。早朝5時半頃より
大抵の品物を買うことが可能だ(^v^)
暑い国だから朝は貴重な時間なのです…・幸にして私も朝だけは元気
毎日のことだから、その意味ではこの国での生活は合っている。

八百屋、肉屋、魚屋、米屋、お惣菜屋、荒物屋、花屋、下着、洋服、生地
卵屋、乾物屋、鶏肉屋、雑貨屋、豆乳屋、豆腐屋、麺屋などなど・・・・・
ほとんどの品がここでは買うことができる。

市場はあちこちにあって、大抵は道路沿いにあり、以前にも書いたように
バイクで乗り付けることが出来る。

1つの店を半分に仕切り、違う店がやっていたり、同じものを隣同士で売って
居るのは当然で一向に構わないようだ(-"-)

先ず、””八百屋””  
品物と、食したときの感想を書いてみます。

きゃべつ=日本のように青い部分がほとんどなくシッカリ巻いていて固い
大根  =想像以上に細く、辛い
ニンジン=形も大きさも似ているが固い
ほうれん草=暑いせいか、育ち過ぎておよそ60センチ程もある。でも
        柔らかく美味しい
とまと =サラダ用ではなくて、ほとんどは煮物として使用するせいか
      甘い感覚がない
じゃが芋=これは結構美味しいそれ程固くもないし
胡瓜  =太くてどちらかと言えばズッキーニに似てる。味はいまいち
里芋、サツマイモ=余り美味ではない
隠元豆、きぬさや=固い
白菜、青梗菜、辛し菜などの葉物は結構いける
空心菜=この国にきて初めて食べた。今は日本でも店頭に並んでいるが
      私は見たことがなかったが本当に美味しく1番食べた野菜かも。
玉ねぎ=紫色の小玉が主流で味も香りも美味しい
葱  =まあまあ(当初はただで沢山貰っていた(ー_ー)!!)
にんにく、生姜=数は半端でないほど使用する
レンコン=蓮の実、茎も食べる
茄子、冬瓜=まあまあ
苦瓜 =これは沢山食されていて家庭料理には欠かせない
かぼちゃ=味がほっこりしてなくて、べちゃという感じ
ニラ  =これも毎日買うほど美味しかった
もやし=バケツの中に入っていて好みの量を買う

香草=紫蘇(赤)が多かった。バジル、ミント、レモングラス、どくだみ
    欠かせないのはライムで、毎日使用する。ナツメグ、シナモン
    ターメリック、ゴマ、エゴマ、蓼、 唐辛子、コリアンダー(これも
    欠かさず買った。ただだったのになあ !(^^)!)
    などなど、全く見たこともない香草も数多く有って使い方も知らず
    使用することさえ出来ない。

これらが、わんさかと盛られ、売っている。朝は新鮮だし、水分も充分あって
瑞々しい菜っ葉類が山と積まれる様はちょっと感動する(*^_^*)

日差しが強くなるころはこれらの上に水(あまり綺麗ではない)がガバッと
かけられる(-_-;)

未だ未だ、見知らぬ野菜があるので、これから、1つでも、食してみたいという
衝動がいっぱい(^-^)

やっぱり!!   食い気だけだな・・・・・・・(;一_一)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
親しくなったら高くなる(@_@;)
2008/09/15(Mon)
市場に行き出してからかなりの店の人と知り合いになった。結構覚えて
貰って「マダム」とか呼ばれます。最初はそれが慣れなくてエッ、マ、マダム
なんてと擽ったかったのですが…・フランスの名残りとかで、外国人の中年
女性は、大抵は(マダム)と呼ぶらしい   ほっと(^◇^)しました。

どうしても、納得の行かないことに、親しくなる程、品物の値段を安くしない
ということです。どう言うことかと言えば、当初は八百屋も肉やも乾物類も
何処に売っているのかさえ、分からず、うろうろ、行ったり来たり・・・・・
何処で購入すればいいのかさえ分からなかったから、適当に何ヶ所かで
買っていた。

だが、毎日大体、同じ時間帯に来ると判るらしく「マダム!!」と大声で
叫ぶところにどうしても入ってしまうことになった.(^v^) 矢張り、ちょっと
嬉しくて・・・・毎日だけれど、独り身だから買う量なんて知れていますが。

それでも、少しでも私はお得意さんでありお客だと思っていました。
当初のころは声をかけてくれて、(ネギ、香草(コリアンダー)いわゆる
(パクチ)大好きなんです、ドクダミ、菜っ葉類)をお金を支払った後で
ビニールの袋にさっと入れてくれ、毎日、おまけが付いていて内心は
とっても嬉しかったの(*^_^*)

でも、その内に私は必ずこの店で買う客だと認識されたのでしょうね。
もう、おまけも、割引もなくなりました(-"-)
こっちから、言わないと前記のおまけも全て買えないことになり、料金
もしっかり、取るようになりました(/_;)

別におまけしてとかサービスしてとかではなくて、気持ちの問題でしょう。

これがこの国の商法なんですね(ウーーーン、納得!!)

日本では親しくなったら、お客様としてサービスしたりしますね。それが
この国では反対のようです。まして、小売店の店なら、日本では大切に
するし、精一杯の接待をすると思うんだけれど…・違いましたね!(^^)!

この国ではこの人は内の店に来る人だと理解された時点でサービスは
完了するようです(ーー゛)

日本とはこんな些細なことでも違うのかと、これも国民性の相違なのかと
妙に感心しました。

故に最近は私もズルくなってあちこちで初めての客になって、おまけを貰う
術を覚えました   うふふふふ

そして、大声で「マダム」と呼ばれても振り向いたり嬉しそうな顔をすること
もなくなった(ー_ー)!!

サービスにこだわるのではなく1か所に決めないで、種類や新鮮度を見て
買えるようになったのです。順番に違う店で買うことも興味があって楽しく
なりました(^u^)

次回から、市場の内容を説明していきますね( ^)o(^ )
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
狙われた小母さん達
2008/09/14(Sun)
今、書いている話は今から8年近く前のヴェトナムの毎日です。
多分、今はもっと違った生活になっていると思いますが、私が住んだ3年間は
想像を逸脱するほどの衝撃があったことと、老いの入り口で経験できたことの
幸せと驚愕を綴っています。

土曜日の朝、窓を開けて掃除をしていたら、家の前に警察官(公安)のバイク
が2台停まるところを目撃(;一_一)

前にいた果物売りの小母さんの天秤棒を掴むとサァッと、突然に取りあげた!!
その拍子に中に堆く積まれていたミカンがゴロゴロと溢れて…・道路から、その
辺り一面に転がった(-"-)

車道に落ちたミカンはバイクや車の下敷きになって潰れたりあちこちとバラバラに
毀れて行った……
警官は拾うことの出来るものだけ拾い、籠の中に入れて天秤棒片方を担ぎ行って
しまった(/_;)

もう片方に残ったミカンをまた、転がったミカンを拾いながら、情けなそうな顔で
見送っていた小母さん(--〆)
もう、売り物にはならないだろうと気の毒におもった(-_-;)

そこにお決まりのジープがやってきて、天秤棒と片方のミカン入り籠を乗せた。
そして、次の獲物を狙うがごとく、警察官のアタックが始まった。その日は
なぜか、果物売りの小母さんばかり3人、同じように持っていかれた。

後に残された3人の小母さん達は集まってお互いを慰めたり声高く話していたが
どうなったのか・・・・・もう、見ている気持ちになれなくて辛かった(ー_ー)!!

しばらくの間、3人の小母さん達は近くのフォー売り場で洗い物をしていた。
家の前だし、3人とも顔見知りだったから、時折、果物を買っていた人達
だけに心が痛んだ(;一_一)

多分、お金の都合がつかないのではないかしら?

どうして、こんな、見せしめのようなやり方で横暴な方法で撤去するのか
どんなに考えても他国人の私には理不尽としか答えが出せず・・・・

        こんなことがあっていいの?

彼女達は早朝から真面目に一生懸命はたらいてるのに・・・なぜ?
確かに、露店や屋台は道路に出すのは違法みたいだが。生活のため
家族のため身を粉にして毎日働いている彼女たちへの温情はないのかな?

未だに、この理不尽さがこの国を守り支え動かしているのだと、日本とは
違うことをまざまざと見せつけられた一時でした。

終日、心が暗く切なかった(--〆)

確かにこの国にお世話になってる今、生活しているのだから、批判することは
いけないと思うし、ここは違う国なのだから。それがこの国なのだと思うことも
事実だがなぜか中年の小母さんにとっては強烈な刺激になって心を占領
してしまった(>_<)   現実でした。  切ないよ・・・・・・
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
真夜中の奇音
2008/09/13(Sat)
ザ、ザ、ザ、ダダーンドドーンと言う音がしてびっくりして飛び起きた(>_<)
午前2時40分。 何だろうと思ってリビングから道路を見たが、1台の
トラックが止まっているだけで、人影も見えない。

部屋が明るいと見えないのだと思い電気を消して真っ暗にして外を
見ると、数人の男の人が走ってきた。夜中のこんな時間も結構バイク
やトラックが走っていています。

もっとも、走っている台数は少なく、昼間の比ではありませんが、その分
飛ばしてるみたいです。数人の男の人達が走ってきた!!

じっと見ていると、家の前に大きい木があって、その周囲を白い柵で
囲み、花が植えてあるんです。その白い柵を薙倒して隣の家の真ん前
に乗り上げている様子(~_~;)

でも、怪我をしている様子でもなくて何人かの声が騒がしくしゃべっている
としか、分からなかった(-_-;)

急にトラックを道路に下して反対側の電気の点灯している下まで動かした。
それから、数人の人達は車の下にもぐって見たり、トラックの周囲を見たり
挙句の果てには金槌らしき物で叩いたり木の棒で前の部分を叩き出した。

それはそれは大きい音で(;一_一)   しかし、誰も窓を開けて見ている人
などいない。きっと、私だけだったかも(-"-)

およそ、10分ほども叩いていたが、そのうち運転手はトラックに乗り込み
行ってしまった!!
残された数人は、色々と話しながらながら(多分、大したことがなかった)の
でしょう・・・・それぞれの家に帰って行った(^v^)

          ”急に静寂になった”  “嘘のように”

私もなぜだか、ほっとして眠りについた。 好奇心旺盛の私も平然と眠れる程
図太くなったものです(^^ゞ

翌朝、ゴミを出しに玄関を開けたら、何時もあるその白い柵が完全に壊れていて
無惨な姿で放置されていた!(^^)!

それでも、誰かが、お花だけは生きているのを斜めのまま立てた様子が
窺われていたのを見て安堵した(^-^)

しばらくは花を元に戻してあげていたが・・・・完全に潰されているので、きっと
ダメかもしれないな・・・  可哀そうだがこの暑さだから全滅するかも?
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シクロに乗った日本人
2008/09/12(Fri)
この国もとても有名になり、雑貨などではかなり知られるようになって
ヴェトナム料理店も日本にたくさん出来たとか聞きました(^u^)

そういうこともあってか、地理的にもそう遠く無いので、日本からも若者や
中高年の観光客が大勢やって来る。

失礼な話だが何よりも面白く日本人の観光客を観察出来るのがシクロに
乗った人達だ<(_ _)>

本当のところは私も来た当初は多分そうだったと思うが…・きょろきょろ
して落ち着かなかったものでよく分かります(-_-;)

シクロに乗って5~10人位の団体さんが走っている姿は何とも表現しがたく
余り楽しそうではなく、兎に角、折角来たのだから、その記念という感じで
しょうか?

2車で縦列だったり、1車縦列だったりといろいろだが、次々に10台程が
通過するのを見ていると、「あっ、日本人だ」ってすぐに解るんです(^-^)
つい、じっと通り過ぎるまで見てしまいます(^^ゞ

一度に並んで走る様は壮観ですもの(@_@;)

通行中のバイクや屋台、露店の小母さんなどがびっくりした様子でそれでも
時折、手など振ってくれるのです。
ところが、どうも日本人は照れ屋なのかそういうことに慣れていないのか、
ブスッとしている人が多いのですよ。笑って手を振り返してもいいのに・・・・
とか思いました。

その点、ヨーロッパやアメリカ人などは多くても2~3人位で乗っているし、
悠然と楽しそうに(体が大きいから窮屈そう)大声で笑ったりお喋りして
走って行く。それは、とても自然に見えて好感が持てるのはなぜ?

シクロは一時期、沢山お金を支払わされたとかで評判が悪かった時が
あり、日本人観光客などはほとんど、旅行社が先に手配済みの所が
多くなっているようですよ。

残念だけれど、安心だし料金明瞭、旅行代金込だからその方がよい
のでしょう(^-^)

それなら、なおのこと楽しんでほしいな・・・とも思ったわけでして(-"-)

インフラの途上国のこの活気にもっと刺激を受けて帰って欲しいな・・・・
なんて何時も日本人が通る度にそんなことを、考えている小母さんでした。

もう一つ、シクロは雨の日でもOKなのですよ(^◇^)
折りたたみの幌のようなのが付いているし、足元もビニールの合羽のような
物をしっかりかけてくれますの(*^_^*)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
食べられたのかしらん?
2008/09/11(Thu)
道路向かい側に露地があって、何軒かの家が並んで立っている。
氷や、(ここは工場もあり、一番大きい)豆乳や(露天商)、パンや
(屋台)カフェなどの家だ。

奥まで入ったことがないので、まだあるのかも知れない(・_・;)
氷や以外は全て、私の家の前に並んで屋台や店を出す。

毎朝市場に買い物に行くたびにすでに並んで商売をしている。
私も5時半か6時には毎日近くの市場に出かけている。

そこに、子供が数人と9羽の鶏と犬2匹が絶えず、ウロウロしてる。
誰彼かが見ているのだろう。よくしたもので、ほとんど道路までは
出てこない。子供も親が目の前で働いているから邪魔もせずに子供
同士で遊んでいる(^v^)

親と言ってもすべて女性で男性はどうしているのだろうかと(--〆)
何時も不思議に思っている。

ある日、2羽の鶏が道路に出てきた。その時、すごい勢いで犬が走って
来て追いかけ、露地の中へ入れるのを見た(~_~;)
凄い!!あの2匹の犬はそのための番犬だったのだと知った。(^u^)

2日前に見たときは確か9羽いた鶏が・・・・今日はいくらかぞえても7羽
しかいない(ー_ー)!!

も、も、もしかして何処かの食卓に載り、ごちそうになったのではないの
かしらん・・・・・
 
               ”合掌”
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
牛乳
2008/09/10(Wed)
日本では私の知る限りで言えば、コーヒー、フルーツ以外では甘味のないのが
牛乳の主流だと思います。この国では、最初から砂糖たっぷりの牛乳が有って
最初、知らずに購入して驚いた記憶があります(-"-)

暑いので、甘味も必要なのだと聞かされ、時々口にするようになってすっかり
慣れてしまった(^v^)
そして、一般に牛乳と言えば(白)のイメージだったが、ここのは少し色付きで
薄茶、薄黄色かな…最初飲んだ時は色を見て、その甘さで、これは絶対
お腹に来ると思い、終日心配したものでした(~_~;)

元来、乳製品は何でも好きで、お腹を悪くすることなどは経験がなかったから
大丈夫だと思い込んで飲んでみたらとても、美味でした(^-^)

それからは加齢につれて骨が弱くなる話を聞いていたので、毎日飲むようになった。
牛乳パックは日本のように縦長、四角ではなくて、単行本と同じ形の大きさが
手頃でよく買っている。

砂糖なしと言うのもあって、いちご、コーヒー味もある。

でも、1番売れているのは屋台の豆乳でしょう。割合、味も濃く美味しい。
しかしすごーく甘い(・_・;)

熱々を朝、飲むのは身体に効くって感じでしょうか?

日中はビニールの袋に入れて、輪ゴムで口を縛り氷で冷やして売っている。

ヨーグルトもヴェトナム産は安価だし、プリンにいたってはどれを食べても
まずいと思ったことがない(*^_^*)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フットマッサージ
2008/09/09(Tue)
この国に来て、初めて体験したのが、これでした。日本語を少し話すTさんに
案内されて、韓国の人の経営(これが、結構多いそうです)する店に入った。
店内はお客さんは誰も居なくて、ちょっと、尻ごみしたい気分(-"-)

マネージャーのような人がやってきて私達をエスコート。2人並んでレザーの
様な椅子に座らされた。

そこに、10代と20代より上のヴェトナム女性(かなり小柄)が手に籠を持って
やってきて、足元に置いた。Tさんには20代の痩せた人、私には若いけれど
ちょっと太めの女性だった。きっと、これはお客さんに合わせてやって来たに
相違ないと直感した ”ムカッ ” 嘘ですよ (^u^)

風呂バケツのような器にぬるま湯が入っていて、身振りで足を入れろと言う
合図!!そろっと入れて足を温めた後、彼女は私のジーンズをたくしあげて
2本の大根足を躊躇もなく、私の動揺などおかまいなしで、露呈させた(-_-;)

それから、ベビーオイルを塗りたくって足の指、1本1本、マッサージを始めた。
ふと、横を見るとTさんは気持ちよさそうに、もうすでに、(-_-)zzz状態。

未だ、始めたばかりだし、言葉も分からず、この先どうすれば…何が待ってる
のかも分からず…・足のマッサージなんて生まれて初めてだよ(;一_一)
        「どうすりゃいいのさ!」
そんなこと思いつつ、ニコニコ笑う彼女に英語で話しかけたら思いっきりの
拒絶反応されてしまった(~_~;)

あーーあ間が持たないよ・・・・・ちっとも眠くなんてならないし、足はヌルヌルして
気持ち悪い(/_;)
そのうち、ポキンポキンと音を立てて足の指を引っ張りだした。痛くはなかったが、
指パッチンをするときの音のように聞こえた。

私はフットマッサージとはあの棒っこのような物で押されて思わず「あっ痛い!」
など大声をだすものだとばかり信じてただけに、何か拍子抜けした気分だった。

両足してもらって、日本円で600円、片足が300円なんだ。パウダーを振り
かけて終了でした。プラスチップ2人分と案内者の分も支払った。

想像以上に高く感じたのは眠れるほど気持ちが良くなかったせいなのか?

素直な性格でないからか?

何度もしてると気持ちよく眠れるのか?

の疑問と戦いつつ帰宅した。

後日、色々聞いたり、本を読んで調べたら、まだまだ高いところはワンサカ
あって、ここは未だ安い方だったようだ(--〆)

しかし、知らないことは何て面白いことなんでしょうね。興味津々(*^_^*)

それでは普通の値段ということで   チョンチョン  (^◇^)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あっー足の上に・・・・
2008/09/08(Mon)
手紙を出しに郵便局に行った帰り道、かなり日差しが強く暑かった(;一_一)
少し、心が急いていたのかも知れないが…慣れた道だしちょっと早足で
信号まで来た。青に変わったので歩き出し、渡っていたら、突然、私に
向かってバイクが突っ込むような感じで走ってきた。

視界には入っていたが青だし、ほかのバイクなどは停まっていたから
当然停まると思っていたので、そのまま歩いていたら、な、な、なんと
私の足の上で、バイクの車輪が停まったんです(@_@;)

私も勿論びっくりしたが、相手のお兄さんも驚いて呆然として私の顔を
見ているのです。[痛い!!」思わず叫びました「痛いから早くどけて!」
と何度が言いましたがその人はボウッとしたまま。「早く、どけて(/_;)」と
日本語でまくし立てたんです。でも・・・・

私、ムカッとして「馬鹿!早くどけてよ。何してんのよ」(ーー゛)
ともう1度大きい声で・・・ほんの数分のことだったと思います。でも私の
言ってる言葉が分からなかったのか、まだ虚ろな目で私を見ていました。

余り痛かったし、言葉が通じなかったこともあって私はそのお兄さんの頬を
思いきり、思わず叩いてしまいました。そして、また「痛いよ!」と言ったの。
信号待ちしていた他の人が一斉に私の顔を見ました。(ー_ー)!!
でも、誰も何も言わなかった(>_<)

やっと、我に還ったお兄さんは急いでバックして車輪を外してくれた(・_・;)
信号が変わっていたが、私は足を引きずり渡りきったが、途中のバイクは
私が渡りきるまで待ってくれていた様子だったが・・・・痛さでそこまでの余裕
もなくて・・・本当に一瞬の出来事だったと思うが、私には長く感じた(ーー゛)

幸い、氷で冷やし、湿布を貼ってじっとしていたら、痛みは取れたが腫れた
足はしばらく青くなっていた。

この国にきて初めて経験した事故であり、驚いた出来事だった(-"-)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
騒音
2008/09/07(Sun)
バイク、車、自転車、シクロ、バス、トラックなどが我がもの顔で走る!
その通過音だけでもスゴーーイ騒音である。車はバイクの中を突っ切る
ようにクラクションをやたら鳴らし、まるで「そこのけ!そこのけ!」と言ってる
みたいに頑張って走り去る。 バスなんて、長い音で威嚇するように走り
抜けていく。

バイク連は自分の行きたい方向に流れに逆らって、Uターンしたり、急に
曲がったり、突然停まったり、何処からでも出てくるし本当に様々だ。
皆、一斉に同じ信号に向かって走っているわけではないから、道路を
横断するときの恐怖は当初、全く渡れなかった(>_<)

でも、今はやっと慣れて無理をせず流れに合わせて、ゆっくり渡っていると
相手の車が避けてくれることが分かり、最近は結構それなりに渡る事が
上手くなりました。(^v^)

そんな道路だから、衝突事故がとても多く、私も何度もみました。でも、
余りスピードは出していないので大事故にはならないようです。
それにしても、ぶつかった時に我が身のけがより先にバイクに傷がないかを
調べる人が多いのにはびっくりします(-_-;)

所得の割合にすればバイクは本当に高価だから仕方ないのかも知れません。
だから、皆、盗られないように、家の中まで入れます。一人で買えないと、親
兄弟、親戚にまでお金を出してもらって購入するそうです。
だから、大切だし、事故にあっても“先ず、バイク”なのでしょう・・・・(-"-)

以前にも書きましたが、この国の人の声は高く大きい(^^ゞそして、お喋りが
大好きだから、2,3人揃うと、もう賑やかを越して姦しい(--〆)

大声で遠くの人を呼ぶのも平気だから、何事かと思うほどの声で呼びます。
思わず振り返えらずにはいられない!!

その上、自転車での売り人は音楽をかけてるし、アイスクリーム屋、体重を
量る人の音など、決まっていてしょっちゅう通過する。小さい子供が金属音
を鳴らして歩く。天秤棒の小母さんは声を張上げる(;一_一)

バイクの方向指示にも音が多種多様にあって、きっと、自己主張なのだと
思うのですが・・・・・
先日、歩いていて、バックしてくる車を見かけたので避けて待っていたら、
普通、日本では(プープープー)とか(ピーピーピー)とか音が鳴りますね。
でも、その時の車の音はな、なんと(ハッピーバースデイトゥユ)だった(@_@;)
思わず笑ってしまった(^u^)しばらく、歩きながら可笑しくてにやにやして
居たと思う。

この家のブザーはなぜだか、ピヨピヨピヨと鳥の鳴き声のように鳴る。
これがバイクの方向指示音に似ていて、そのたびに階段をかけおりて
行くことが日に何度もある(・_・;)
私は昔の人間だし、頭が固いのか、既成観念以外の受け入れがとろく
多分、鈍いのだと思うが…・ブザーの音は(ブー)(ピンポン)しか知らず
(ピヨピヨピヨ)なんて想像もできなかった!(^^)!

荷物を積む音、落とす音、氷を割る音、TVの音ラジオ、カラオケまで
それはそれは大きい音だ。外が煩いからそのせいもあるのかもね。
子供の甲高い声やお母さんの叱る声、犬や鶏の声などなど・・・

それでも、人間の慣れとは恐ろしく、この頃夜もしっかり、眠れる私が
信じられません(*^_^*)

息子が自分の家のブザー音が聞き取れないなんて「耳が悪いのでは?」
と言うのですが・・・・固い頭にはなかなか、聞き取れないのが現状。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴェトナムの家庭料理
2008/09/06(Sat)
人生の流れの中で思いがけず、ヴェトナムという国に出合い、そして
大変世話になることになった。居心地がよくて、老いの前の貴重な
時間を過ごさせてもらえたこと、心より感謝している。

ここでの生活は毎日が何らかの刺激があって、脳細胞が活気ずく感じが
して、あらゆるものに感動し、目を見張るばかりの光景に多々出会うこと
が嬉しかった(*^_^*)

それは、生活の慣れと共にそのヴェトの風に包まれて行くようで居心地が
よくなってきたからです。

何が楽しみだったかと言えば即、食事と答えるでしょう・・・・(^^ゞ本当に
美味いんです。私が手に入れた範囲内で不味くて食せなかった物は、
何1つ無かった!!

食い意地が張っているのと、好き嫌いがほとんどない私は、香草類を
たくさん使うヴェトナム料理は最高でした( ^)o(^ )

嫁は料理が上手で、手際よく作るし、バラエテイにも富み感性もよくて
私はいつも褒めていた。そして、たえず、傍にいて、彼女の作るのを
見学し(ああ、そうか・・・ここで、こんな風に香辛料を使うのか?)
(切り方はこうなんだ)とか何時も見ていてそう思っていた。

ただ、日本と違うことに驚いたのは、包丁を上から下へ使う日本人と
全く逆で下から上へ、皮をむいたり使用することだ。それも、中華包丁
だから、見ていて最初は恐ろしく感じた(-_-;)

(これは何?) (これはどうやって食べるの?)と姑はそばでさぞかし
煩かったことでしょう・・・滅茶苦茶興味があったんです(~_~;)
質問ばかりしていましたね…・その中で同じ味は作れなかったけれど
似た物は幾つか作り、少しはレパートリが増えました。

まだまだ、見たこともない野菜や食品があって、あと、10年生きられたら
8年間はヴェトナム料理でもOKかも…・と思っている。色々な食材に出合い
食してみたい願望が強い。この食い意地は死ぬまで治らないかも(・_・;)

機会があれば、料理を習いたいと思うのだが、何せ言葉が理解出来ない
から、無理でしょうね(--〆)

せめて、ここにいる間は様々な食材に挑戦して食べまくりたい。後、
どんな美味しい料理に出合えるのかそれだけがいまの楽しみかな?

「他の楽しみは何もないのか?」と 聞かれたら即座に「うん」と言う
でしょうきっと(^-^)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
飲み水
2008/09/05(Fri)
一般に水道水として使っている水は飲めないようだ。勿論、飲んでいる
人もいるかもしれないが (調べたことがなくて(-"-))
生活の中では“水屋”さんという商売があって、そこから配達してくれる。

20ℓのプラスチックタンクとでも言った方がいいかな?を購入する。ちゃんと
蛇口が付いていて包装されている。一個が日本円で130~150円位。
スーパーで500㍉の水を1本買っても40~70円ほどするので、安い
と思っていた。ところが前回までは140円でずっと買っていたのだが
昨日は200円になっていた(-_-;)

私は頭の中では何時もと同じだと思っていたから…当然お釣りが
違うことに驚き、計算機を持参して、何も分からない相手に説明して
いたが・・・・でも、彼は「分かった、わかった」というだけで、私が何を
言ってるのかよく分からなかったのか、それとも、言葉が分からない上に
面倒だったのか、何か他の理由があったのかもしれないが、さっさと
帰って行った(-"-)

毎日、バイクの前と後ろに山のように水のタンクを乗せて、大きいゴムで
しっかり止めて走っている姿を”ヴェトナムの人は凄い”と羨望の目で
見ていたのが・・・一瞬にして砕けた(>_<)

腹が立って、外国人だから、馬鹿にされたのかと思い、嫁にTELをした。
すると、彼女は水の安いのは汚れたものが入っているので、200円の
高い方を持ってきたのでしょう…・と言う返事。そして、我が家も高い方に
変えたと言う。

不純物が入った水が売られてることも、信じられなかった。毎日何も考えず
500㍉入りのボトルに入れ替えて冷蔵庫で冷やし、1日、2~2.5ℓを平気
で飲んでいた。でも、今日からは、汚れていないかどうかも点検しなければ
いけないのか(/_;)

水屋さんに連絡するときはボトルの上にTELナンバーが書いてあるので
そこに連絡すればよいのだが・・・・何度トライしてもきちんと伝わったこと
がなくて・・・・情けなかった(;一_一)

会社の女性が来た時や嫁に依頼していた。いつも、迷惑かけて<(_ _)>
そして、ありがとうと思っている。

これからも、生活していく上で迷惑かけないようにと、本当にチャレンジ
真剣にしているのだが・・・・ヴェトナム語の難しさは単語によって、6つ
程、音の高低があり、それによって意味が全く違うから・…悲しいかな
通じないのです(@_@;)

水屋さんは悪くないのかも知れない。好意で、変えてくれたのかも・・・
でも、でも、何も分からない外国人の私には安かろう、悪かろうにしか
思えなくて・・・・やはり、中年おばさんは僻み根性大なり(~_~;)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
物売り人
2008/09/04(Thu)
自転車、リヤカー、移動屋台、天秤棒担ぎの人々は道路にたえず
しゃがみこんでお喋りしている。そして、適当に商売もしているのです。

見ていると、誰彼かまわずに声をかけあっては話している。同じ商品を
売ってる人とでも商売敵とかではさらさらなく、隣に座り込んで話しながら
商っている。バナナ売りの小母さんが若いお兄さんに声をかけ、自分の
横に座らせたので…子供かしら?とか思っていたが、どうも違うようだ。

私の家の前には毎日2人の小母さんが必ず、早朝から、陣取って玄関
に座り込んではしゃべっている。この国では、他人との区別が余りない
から、どこでも、平気で座ったり入ってきたりする。シャッターを開けて
出かけようとしても、よけることもなく知らぬ顔で話しこんでいる(-"-)

とにかく、話し出したら夢中って感じでしょうか?不思議なことに2人とも
同じものを売っているのだ。天秤棒で担いでくるのだが・・・西瓜、ザボン
片方にはドラゴンフルーツ、リンゴなどを入れている。多分、すごく重い
と思うけれど、毎日、結構捌いている様子には驚かされる(>_<)

何時も思うのだが、この国のひとは誰とでもよくしゃべる。遠慮とか、羞恥
などは無いように思う。日本人は見知らぬ人とは口もきかないけれど、
そんなことはあり得ないように見える(^v^)

人懐っこいというより、物おじしないのだろう。そして、ほとんどの女性は
とてもよく働く。男性の倍は働いているのではないかしら?
その上、子供も本当に幼い子から働いているのにはびっくりさせられる。
一人前の稼ぎ手としての自覚をちゃんと持っていてかなり確りしている
のには時々、驚かされる。

商売のコツとかもちゃんと掴んでいて、(安売り)の駆け引きも見ていて
凄いと思えることが度々だ(@_@;)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
眉毛
2008/09/04(Thu)
この国の若い女性はおしゃれです!!眉毛など、綺麗に整えてあって、
ブラシも眉墨もあまり使っていないし、ほとんどの人は美肌で化粧など
していないかな? 眉毛も美容室で整えているようだが、自然で凄く
チャーミングである(^v^)

私は羨ましく思っている(・_・;) なぜなら、私の眉は昔、顔面麻痺を
したせいで、左右が少しズレている。つまり、右眉が下がっています。
(本当は唇も下がっていてこれも悲しい現実なのです)写真に映すと
これが隠せなくてしっかりと、現実をみせてくれます(;一_一)

まあ、病気だったのだから、仕方なく、その上、この年だから・・・・
もう、いいやという感じなのですが、最近は(^0_0^)をかけないとよく
見えなくなってしまいました。

少し前までは左に合わせて高さの調節をしていたのですが・・・・
それがどうも近頃変なんです(-_-;)
メガネなしで書くものだから、書き終わって(^0_0^)をかけて見ると
ズレている。腕も鈍ったか?とがっかり(-"-)

黒々と漆黒の髪のころは黒のペンシルでほとんど分からず上手に
時間もかけずにかいていたのに。今や、半白バサバサの髪に眉毛
までびっこたっこなのです(ー_ー)!!

茶色やグレイのペンシルに変えて書いてみても濃度がよく分からない
から、片方が異常に濃かったりの体たらくの毎日。

だから、鏡も当然余り見なくなってしまい、出掛ける時にちらっと見る
有様です(+o+)

これじゃ、「女も終わりじゃ!」と思わずには居られません・・・・・
他国だし、見てくれる人を意識する年でもあるまいと…思いつつ
まあ!!仕方ないかのうの日々です(*^_^*)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
連絡なし
2008/09/03(Wed)
そういう国民性だからと言われても何かしら納得いかないことに”連絡なし”が
あります。誰かと約束したら、普通は何か不都合が生じた場合以外はほとんど
約束は守りますね。でも、ここではそんなこと無いのです。

約束の時間を正確に守って来る人は私が知る限りでは余り居ませんでした。(~_~;)
まして、約束時間前なんて・・・たいてい10分は遅れるし、それでもいい方で
30分、1時間などざらです。約束を守るという意味が希薄だし、待たせると
いうことに神経が行かないのかも知れない。

まあ、それでも、私の周りは日本の会社に勤めてる人が多かったので酷く
無いようですが…・それでも、ここに来た時はずっと、驚きの連続でした!

だって、遅刻の理由が”停電”だった、”雨”が降って来たからとか言う
のです(@_@;)

遅くなるなら、電話で連絡しようという習慣がないのかもしれませんが・・・
ちょうど、成長期で携帯電話も持ち初めていた時期だったけれど。悪いと
言う感覚がたぶん日本人とは違うのでしょうね(-_-;)

息子の結婚式の披露をホテルでしたのですが、勿論、時間で貸し切る
訳ですから、時間通りに始まると思っていました。しかし、ダラダラと人の
出入りがあり、いつ始まるのか見知らぬ国だから、見当もつかずに苛々
していました。

席に着いた人は勝手に目の前の料理に手をつけて食べている。一言の
挨拶もなく、音頭を取る人もなく、皆自分勝手に食べて飲んで帰って行く
のです。本人たちがテーブルごとに回ったときだけ大声で騒ぎ、後は
バラバラでした(>_<)

彼女の親族、縁者、友人など100人程に振り回された披露で最後まで
凄く疲れた(;一_一)
それでも、本当はもっとたくさんの人を呼びたかったと言われたのには
正直びっくりした。結婚式や披露宴はすべて男子持ちだと言われていた
からです。

けれど、お祝いだし、心から祝ってあげたいと思っていたので全て心に
納めたつもりでしたが{よう、わからん}が本音でした。

相手宅を訪問する時も、突然やってくるし、何の連絡もないので外出して
居たら、ずっと玄関で何時間も待っています。せめて、TELしてほしい、
待たせるのは辛いからと何度言ってもおかまいなし・・・・どうってことない
みたいだし、そんなこと、すっかり忘れてしまうようです。(・_・;)

こっちが気疲れしてうんざりする。とてもとてもアバウトです。悪く言えば
いい加減だし、いい意味ではおおらかで、南国風なのだと悟りました(^v^)

しかし、日本人にとってはたまらなく腹の立つことの一つですよね。
でも、私、何とか慣れてきました。空まわりばかりしてくたくたに疲れる
のは自分自身で・・・・相手は何も考えていないのですから(-"-)

この国にお世話になる以上は矢張り、この国に合わせた生活が必要
だからです。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
照明器具に手が届かない(-"-)
2008/09/02(Tue)
この国に来て、どうしてこんな高い所にあるのだろうと思ってるのが
照明です。天井の高さが3m位はあるでしょうか?とても、広く感じ
ます。だから、その天井に合わせているのだとは分かるのですが。

1つの部屋におよそ、5つか6つ電灯がありそれらの全てが高い所
にあるのです。今の私の部屋では、天井の中央に1つ。両サイドの
壁には長い蛍光灯があり、その下にはチューリップ型の豆電球が。
ベランダに夜間照明用があり、おまけに、竹製のスタンドまで・・・
これらは全て、家具つきと言うのでしょうか…最初から付いています。

しかし、品物が粗悪なのか本当によく切れるんです。必ず、梯子か
脚立がないと取り替えることができません。!(^^)!
梯子もあったのですが、木に薄い板を張り付けたようなもので。足を
かけることさえ躊躇ってしまう品なんです。ヴェトナムの人は皆、
軽くて痩せているからこれでもいいのかな?

もし、つけ替えるとして、切れた蛍光灯を(これが長い)下に投げる
ことはできない。片手で持って降りることさえ出来なくて(~_~;)

仕方なく、一人暮らしの私はすぐに嫁にTELしてしまう。
こんなことで呼びつけられる嫁の迷惑を考えると心が痛いのだけれど
この恐ろしい梯子に乗って落ちたらもっと迷惑かけると
自分に言い聞かせて・・・・・何時も頼んでいました(;一_一)

寝室も同様です。もっとも、部屋の真ん中には大きい扇風機があるので
蛍光灯と豆電球だけですが・・・・これらの高いところを掃除するのに
長い竿竹の先に毛ばたきがあって、それで、埃をとるようになっている。

この国の人は背の高い人は少ないのに、どうしてこんなに高い位置に
器具をとりつける必要があるのでしょう?家の造りだと言われれば
それまでだけれど(^v^)

部屋のことではもう1つ変ったことがあります。各階にトイレ、シャワー
または浴槽、洗面台が必ず付いています。今の私の家は5階建の
ビルの2階にいるのですが、5階まですべてにその設備があります。

つまり、部屋貸しや、ファミリーが増えても対応可能だと言う驚きの家
です。 でも、これは1軒家ではごく、当り前のようで、息子の家も同様
です。

私の家の前(道路をはさんで)にはまるで、日本の戦後(写真で見た)の
莚を玄関に下げている小屋が何軒もあって…・毎日、嫌でも目につき
切ない思いで見ている(--〆)

夜中に起きて、豆乳を煮ている小母さんと小学校位の子供が早朝より
手伝っている。冷めたら、小さいビニール袋に入れ、輪ゴムで止めて
バケツ一杯になると、道路まで運んでくる。毎日、それの繰り返し。
子供は学校に行ってないないようで、大きいお釜を毎日一生懸命洗い
母親の手伝いをしている。本当によく働くので、感心しているが、切ない
思いがして・・・・こんな生活が今もあるということにかなりの衝撃を受けて
いる(>_<)

3Fを会社の女性に少し貸した時期があって、Tさんは1部屋に6人で
住んでいたと話してくれた。この国にとっては特別なことでもなくごく
自然であるようだ。

今の自分の生活の豊かさと贅沢感、我儘など、すべてがブチ切れるほど
のショックが毎日、この国の生活の中で知らされている。
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ