小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/02/19(Mon)
※またもやお葬式・・

昨日の朝5時になると途端にマイクを数本持った感じの読経が
それはそれは大きく拡大されて始まりました・・\(◎o◎)/!

  {その家は我家の真裏で、も―驚倒してしまいました!}

辺り一面に読経が鳴り響きその亡くなった方への供養が凄くて
その家族のその方の”一生が語られるかの如く”に鳴り響き渡り
殆ど休憩は取らずに・・数人のお坊さんの声が競い合って重複
して読まれていました・・(@_@。

周辺とか近場では見た事が何度か?ありましたが・・真裏の家
だから・・その読経の声に圧倒されていました。

終日、朝から夜7時過ぎまでその声は止まずでした。
お祝いの結婚式は3日が普通ですが悲哀の葬儀は一週間も続
くそうです・・(-"-)

今朝も5時には数人のお坊さんの読経が始まっています。
仏教国だからその手厚い様式は想像を越えたものがあります!

こんなに丁重に全ての周辺まで、轟くように念仏が風に流され
渡るように流動する葬儀はそれ程無いのではないでしょうか?

お経は聞いていると(と言うより、それ以外何も聞こえない)日本
でも多分聞いた事がある念仏や経典に近い感じがしました!
スポンサーサイト
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/02/17(Sat)
※大晦日?は無いみたい・・

前日がそうだったのかも知れませんがその残骸は見るも無残で
汚濁したゴミ、芥が道路の真ん中まで散乱して・・\(◎o◎)/!

    ▼歩くのには踏まない様に除けて通っていました▼

想像もできない程にゴミが散らかって祭りの後の様にその周辺
だけが汚されて賑わいは嘘の様な感じでした!

昨日はクメール人だけだと思うのですが市場の中は空いていて
静で穏やかな日常の生活がありました・・( ^^)

 ◆とに角、その品性の無さや粗暴さに圧倒された日でした◆

漸く新年を迎えた家家には大勢の人が集結して、宴会が開かれ
音楽も大音量で流されています・・(@_@;)

以前住んでいた3年前はそんな様子や気配も無かったのですが
今回再度住んで、その凄まじさ・・強かさ、厚顔無恥の振る舞いに
圧倒されてしまいました・・(-_-;)

多分その力を誇示するように・・丸で品性や常識が通用しないのだ
と改めて思いましたねぇ!

クメール人はもー慣れてしまったのかも知れませんが、周囲は大半
新年の気分で、他所の国に世話になって暮らしていると言う感謝の
心が見えませんでした{こんな所が日本人と違う感覚なのかも?}

矢張り、想定していた通りのお国柄を目の当たりで見る機会があり
少しは解っていましたが愕然となった数日でした!
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/02/16(Fri)
※”爆竹”に驚かされた・・

市場では《北京ダック》用の豚がそこらじゅうに吊りさげられて
そこから皮の部分を売っている店が本当に多かった!

小さな子豚〔本当に小さく各家庭で食するのだ〕と思いますが
袋に入れられて飛ぶように売れていたのにも吃驚しました!

並んでいる姿を見るのは「美味しそう」と言うより可哀想な気持
ちになって・・(-_-)

でも、両手いっぱいに持たれてビニール袋に入れられた子豚
が何となく侘びしく感じたのは日本人だからでしょうか?

蒸し菓子のケーキ型の物や肉まん類も多かったですねぇ!

鶏も羽をむしられた全裸姿で・・何処でも売っていました。

それらは常時の市場に出店しているから通過するのも儘ならず
本当に酷く混んでいました・・(-"-)

何時もは30分程度で帰るのですが・・すっかり遅くなった・・(/_;)

窓を全開していて・・私は肌寒かったので、部屋の中でも長袖で
おまけにタイツを履いているのですが・・(-"-)

洗濯を干すためベランダに出た時、突然バチバチと大きな音が
何度もして仰天して一瞬心臓がバクバクしました・・\(◎o◎)/!

道路を挟んで向かい側の店の前でそれから何度も何度も爆竹の
音が鳴り響き(その内慣れてきた)・・他人の迷惑や思惑などは何
も考えていないのだと思います・・(-_-メ)

終日、カラオケなのか?色々な人たちの声がMAX状態で鳴って
忙しくまた、本当に騒々しい雰囲気が夜中まで続きました。

夕方には窓から窓に真っ赤な提灯が点されその間は丸でイルミ
ネーションで飾った様な豆電球が点々と繋がって新年のお祝いの
準備が終わった感じでした・・(@_@。

仏教国カンボジアでも商売人は数多いるので便乗している人々も
多く・・過日も書きましたが【何でもあり!】の国なのだと思います。
この記事のURL | カンボジア | CM(2) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/02/15(Thu)
※『旧正月』の賑わい・・

日本の年末の様な喧噪と人々の多さが市場の中に漂っています。
中国系の人やベトナムなどの人々が何処から湧いて出てきたの?

昨日の朝からバイクだけしか通過出来ないほど店が並んでいた!

そこはまるで早朝から煌々と電灯が灯されていた・・\(◎o◎)/!

何時もの安穏とのんびりした雰囲気は無く、津波の様な周辺の轟音
と飛び交う声に驚かされた・・(@_@;)

何時の世も時代は変化しても・・年齢や男女の区別無く商売人は
時期を外さないものだと思いながら人々とぶつかりながら買物を
してきました。

道路は又もや砂利が敷かれ、細かいながら尖った石が歩くたびに
サンダルに引掛って歩きずらい・・(-"-)

この時期ならではの商品が並び、先日迄無かった店や商品が山積
されて・・賑わいを倍増させていました。

珍しいので少し長く見て歩き、ラーメンの麺や鶏肉なども買い、野菜
も切れているものを整えて結構な重さの荷物を持ち帰った。

ラーメンの麺はこれで2回目でしたが1㌔も買ったので・・重くなった。
本当のラーメンは造れないので・・焼きそばにして食べたのだが・・

久し振りで美味でした・・(*^_^*)
日本の調味料が手に入らないから味付けは”ちゃんぽん”になった!

香草を沢山入れたもので・・香辛料もカンボジア製だから・・一寸見は
焼きそばでも・・複雑な味です・・ははははは
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/02/13(Tue)
※真っ黒な{おこわ}・・

以前、ベトナムに住んでいた頃は天秤棒担ぎの小母さんが必ず
道路の四つ角にやって来てそこで店開きしていました。

{おこわ}は熱々で・・蒸し器の下には煉炭をかっかと燃やしながら
運んで来ていました。

私は好きで・・その小母さんが来るのを部屋から眺め・・一段落して
売り始めたら買いに出かけていました。

もー10年以上も前の事ですが・・(#^.^#)
その頃は天秤棒担ぎの女性が数え切れないほど多く、何を売って
いるのか?何時も興味津々でした!

カンボジアでも昨日初めて{おこわ}売りの女性を発見して思わず
購入してしまった・・( ^^)

此処ではバイクの小母さんでしたが矢張り、七輪に火を熾して熱々
にして売っていました。大きな蒸し器に布巾を掛けて、覗くとそれを
広げて見せてくれた。

日本で言う〔赤飯〕は無くて{真っ黒なおこわ}{黄色のおこわ〕「桃色}
の3色でした。豆は大豆だけでしたが・・桃色は赤い豆かも?

初めての経験でしたから{真っ黒}を指差し要求したのですが・・全て
の色を少しずつ、クレープの皮の様なものに包んでくれた。

ベトナムではバナナの皮でしたが・・時代も国も変わってクレープの皮
とは思いがけなく熱々の3色を食べました。

味は殆ど変わらない餅米でしたが見た目は矢張り真っ黒は一寸?と
言う感じでした・・(イカスミ)ではなくて米自体が黒いのだと思います。

久し振りに蒸しトウモロコシも買って珍しい朝ご飯になりました・・(*_*)
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ