小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/04/23(Mon)
※コンポンプルック・・

水辺に並ぶ7~8㍍の高床式の家。そのユニークな外観で知られ
最近は富に人気を得ている場所です・・( ^^)

ご承知の様に『雨季』にはトンレサップ湖は通常の3倍の大きさに
なると言われ、何時も(洪水)の話が聞かれる地区にあります。

現在はコミュ二ティの世帯数は800余り有ります。
多くはトンレサップ湖での漁業の生活者ですが、特に最近は水辺
のジャングル、水上村をめぐるツアーが急増しています。

降雨や水との関連が強いため、その景観を楽しむには訪れるタイ
ミングを考えて行かねばとよく言われるそうです・・(-.-)

1月から6月までの『乾季』には湖の水位がかなり下がるために・・
高床式の橋脚がむき出しになります。

特に『雨季』の8月頃は水位が上がるのでそれもまた一興かと・・
また、水位が残る時期もまた、水上村となって異なった光景を見る
事ができます。

高床式の家にホームスティをする事も可能になった現在、観光客も
増加している地域です。
暮らしのスタイルと自然が調和した場所と言えます。

       (冊子プノンペンより参照)
スポンサーサイト
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/04/21(Sat)
※クメールの『お正月風景』・・

先ずはご先祖様や家族の平安、健康を願って殆ど全て動ける人々
はお寺に参詣します。

お寺の周辺は酷い混みようで自動車やバイクなどが気儘に置くもの
だから・・もー滅茶苦茶でした。

誰も誘導したり譲ることをしないから・・お寺を通過するのに数10分
は掛るのではと思いました・・(@_@;)

もう1つはシェムリアップ州で行われる〖牛車レース〗でしょうか?
未だ、コブ牛や水牛を用いて農耕が行れているカンボジアですから
こんな事が考えられたのでしょう・・(-.-)

漢達は農耕民族の名誉と声援を浴び、乾いた大地を駆け巡るそう
ですが・・結構、勇壮な感じと砂埃が舞い上がると言われています。
実際は未だ見たことがありません・・(・_・;)

それが転じて街中では10代の子供たちが家の前を通過する車や
バイクに向けて水鉄砲(と言っても普通の大きさではない)で水を撒
き散らすのが流行していて・・息子も帰宅した時、水を掛けられた!
と話していた・・(@_@。

それが真夜中まで続き奇声をあげるものだから・・そんなに面白い
とは思えなかったのですが・・部屋の窓から水を浴びせているのを
観ていた!

街中は国道には長い旗が数㍍置きに飾られ・・また家には国旗が
掲げられて・・玄関には先日書かせて貰った星型の飾りものがブラ
下がっていました。

それでも特別な事は余り無いようで、店も半分位は開いていたので
食事の心配は何もなく普段同様だと感じました。
この記事のURL | カンボジア | CM(3) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/04/20(Fri)
※工事が入って・・

終日、気忙しくて落ち着かない日でした。
中々来なくて・・やっと来たかと思えば・・道具が不足?している
とかで帰ってしまう・・(-"-)

殆ど振り回された感じで、夕方にはかなりの疲れで何もしたくなく
そのまま食事も手抜きで終え眠ってしまった・・<(__)>

日本とは違うから言葉は勿論ですが・・何しているのかも理解不能
ですから・・何時始まり終わったのか?も解らず中途半端で帰って
仕舞った。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/04/18(Wed)
※大停電でした・・

昨夜まで続いた{停電騒動}はこの国に住んで4年目ですが初め
てで本当に驚倒しました・・\(◎o◎)/!

ネットが中々繋がらず、ルーターが点滅ばかりでしたから・・暫く
はそっちが気になって何度も出入りしました・・
玄関に置いてあるものだから・・(^_^;)

流石に疲れて眠りは早かったです。何時もなら既に眠っている
時間ですから・・ふふふふふ

◎今日は人気の麺類をご紹介します・・

殆どの人が朝食に食べます。 名前は【ローチャー】所謂、焼き
うどんカンボジア風とでも言った方がいいかしら?
これは屋台でもレストランでも市場にも売っていますし、その場で
食することも可能です。

麺はうどんをカットした様に短く、円筒形をしています。定番には
二ラともやしを炒め魚醤で味付けたもので、焦がした醤油味が・・
割と美味しいです・・(*^_^*)

食する時は甘酢をかけて、辛い唐辛子入りのチリソースも付けて
頂きますが・・卵を両面焼いて載せてくれるところもあります。
軽いので油炒めの感覚がなく1人前で充分満足できます。

      (冊子カンボジア参照)
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/04/17(Tue)
※お詫びと訂正があります・・

昨日、この州の郵便事情について書いた記事に訂正があります。
息子からここにも郵便局はあって郵便事業は行われているそう
です。

ただ、配達が無いので自分で郵便物は持参し、また、持ち帰る。
荷物もそうだと言われました。

半可通で中途半端にしか調べずに書いた事申し訳ありません
でした・・<(__)>

     ◆訂正してお詫び申し上げます・・m(__)m◆

  ◆さて今日は吃驚仰天の出来事がありました◆

早朝4時に(これは何時もと同様です)電気を点けた数分後に
突然『停電〗になり・・何と最長15時間でした・・\(◎o◎)/!

カンボジアに住んで4年ですが初めて『停電の時間の長さ』を
体験しました。何もできないので困惑の終日でした・・(-"-)

とに角、新年が明けた途端の出来事でしたから・・その上に
我家のみ30分遅れで点灯すると言う有様で、理由も解らず
本当に疲れきりました・・(-_-メ)

配線のミスなのか?何か有ったのか?オーナーに即、連絡
調べて貰い、領収書を提示してその間に周辺は全て点灯
していたもので・・真っ暗闇の中の1軒屋となっていました!

     ◆こんな事もあるんですねぇ・・\(◎o◎)/!◆

仏教の国ですから仏様の思し召しで・・1日休養を貰ったと
思い感謝しながら・・こんな時間になって書きました・・(・_・;)
この記事のURL | カンボジア | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ