FC2ブログ
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/12/19(Wed)
※道路工事・・

あんなに大騒ぎで屋台がいなくなった道路はバイクやトラック
自動車、そして歩きも通行し易くなった・・(*'▽')

所が数日前から市場前の道路は掘り返されて工事が始まり
酷い事になりました。

大きな掘削機械が出しゃばってくるから歩行するのも大変で
前後左右を見ながら渡らねばならず・・(;^ω^)

必ずと言っていいほど警備係(現場監督らしい?)の小父
さんの警笛にドキッとさせられ・・鬱陶しい朝の道路に変化
しました・・Σ(・ω・ノ)ノ!

そこで、働いているのは中年や老年?と言えるのかな?
判りませんが・・小母さんばかりでΣ(・ω・ノ)ノ!仰天した。

若い男性がとても多い国なのに・・彼らは建設関係や
電気工事・・などに従事しているみたいで・・全く見かけ
なくなっています??

小母さんが重いツルハシで掘ったり・・大きなコンクリート
をスコップで剥がしていました・・('Д')

何とか自国で賄っている光景に一寸感傷的になりましたが
皆は汗を流しながら少しずつ割れた破片を一輪車に積み
トラックまで運んでいました・・何度も繰り返しながら・・
スポンサーサイト
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/12/18(Tue)
※日本人女性には鉄分が不足・・

ある雑誌に掲載されていた記事で気になったものでお知らせ
します。以下、半分は引用させて頂きました・・<(__)>

一般に女性は特別な身体でそれでなくても毎月、鉄が不足
するらしい{ある一定の年齢までは・・}

また、出産にはかなりの量の鉄が必要となるので‥貧血が
多いのもよく知られた事実ですが・・(;^ω^)

でも、欧米では既に1940年代に女性の鉄不足が大きな問題
となって『小麦粉に鉄』を入れたと言います。

今では50ヵ国以上の国が小麦粉に鉄を入れて、鉄補給をして
しているようです。

その他にもトウモロコシ粉、塩、醤油、魚醤にも入れている国も
あると言われています。

先進国日本だけが何も手を打っていないのは不思議だとDRは
言います。

故に日本人女性の大半が鉄不足だそうです。鉄不足を検査する
には血液検査でヘモグロビン(Hb)とフェリチンを測定するだけで
判るそうです。

ヘモグロビンが正常値でもフェリチンが低いと鉄不足だそうで・・
鉄不足には錠剤と一緒に『たんぱく質』を摂取する事が重要だと
言われています。

更に≪ビタミンC≫を一緒に摂ると鉄の吸収が格段に上がるそう
ですからぜひ、血液検査でお調べになって頂けれが幸せです!

私も若い頃は貧血が酷く、錠剤を欠かせなかった記憶があります。
でも、今は・・数値にこだわる年齢でもなく・・ははははは

元気でふらふらもせず適当に身体を動かしているので・・
もう諦観していますが・・( ;∀;)
この記事のURL | カンボジア | CM(4) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/12/17(Mon)
※クメール人宅で・・

先日、お店に朝食を食べに行った時、スープが美味しかった
ので造り方を教えて欲しいと頼んでいたのですが・・(*'▽')

忘れていた頃に連絡が入り土曜日に行ってきました。
ごく普通の一般家庭の料理で『冬瓜スープ』でした!

冬瓜は日本よりかなり大きくて15㌢位で重いのを2個使用
しました。

造り方はピューラーで皮を薄く剥いて種を取らずそのまま
輪切り、それを4等分にしました。私は種は全て取っていま
したから・・{ちょっと吃驚しました!}

家族が多いのと私たち2人もいるので大鍋で最初は大蒜
を薄く刻み4個位入れて油で焦がしながら炒めます。

その中に豚肉のあばら骨付きを食べ易い大きさにカットし
それも一緒に炒めました。

その中に水を入れてそれがグラグラと沸騰したら冬瓜を
入れて煮込みます。

満杯になるほど冬瓜を入れました・・うふふふふ
そして味付けはこの国の魚醤【これが私と全く違っていた】

見た目もすごく色が薄く私が使用している4種類の魚醤と
は全然違う種類でした・・( ;∀;)

そこに(砂糖大匙2杯、塩小匙1杯、味の素が大匙3杯?)
それに魚醤で味付け最後にネギ数㌢の物を散らして完成。

味はあまり濃くは無くかと言って甘くもなかったが何時もの
朝食屋で食べている味に近かったので・・魚醤が違ってた
事を知りました・・(;^ω^)

市場でもスーパーでも魚醤は本当に種類が多くてどれを何
に使ったらいいのか?解らないのが心情です・・( 一一)
まーそれでも後は先日の茄子の炒め煮が出て・・お皿の上
にご飯を載せスープをその上に掛けて食べるようでした。

簡単な家庭料理ですが・・{何かが違うこと?} ずっと気に
なっていたので1つは解決できました・・(ほっ!)

中華包丁は重くて私は使用できないのですが、いとも簡単
に豚肉の塊をミンチにしました。それはかなり力が要る事で
きっとは私には無理だと思いました・・(+_+)

近くに大型スーパーができる迄は市場で仲良くなった女性
にカットして貰ったりミンチも作って貰っていました。

すっかり覚えて脂身のないところばかりだったのですが日本
よりもかなりの量の油も使用しますし、脂身も多かったです。

私自身、高齢と共に嗜好がすっかり変わり痩せているので
脂身も好んで食べるようになったしチリソースさえ駄目だった
人が今はそれも平気になった・・(#^.^#)
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/12/15(Sat)
※過ぎ去った過去の大きさ・・

偶に思い出します・・(*'▽')過ぎて行った時や楽しかった事・・
でも、そんなことは全て「もー私の中には住んでいない!」

だって、過去の享楽は2度と戻らない・・それを考える時間は
既に時効を迎えているからです。勿論《私の心裡だけです》

世の中には過去が大好きであの頃に帰りたいとか?あの
時代は良かったと思われる方々も多数おられるでしょう・・

それでも、私は自分が歩んできた道以外は知らないし・・又
過去に戻りたいとは思わないし考える事もないですねえ!

過ぎた時間は取り戻せないし・・どのように考えても間尺
には合わず該当しないと思うからです・・(+_+)

若かった頃は何時も{何か?}を探していた気がします。
しかし、生活する事や子育てに一生懸命だったから・・
{何か?}を見つけ出せなかった・・( ;∀;)

そんな時に突然夫が亡くなり・・生活も全てが豹変した!
確かに大変でしたが・・私に与えられた試練だから・・
きっと何とかなる!

何とかしてみせる的な発想がふつふつ湧き出していました。

正直、辛く悲しく強烈な刺激を受けましたが・・必ず、この
機会を乗り越え『明日だけを見て生きよう』と心の中で
誓ったものです・・うふふふふ

過去を忘れる・・過去は思考から外す道を選択したのです。

すると、迷いがなくなって苦しみ、悲しみそして、哀切さえ
遠方へ飛んだ気がしました・・(*'▽')

これは個人的な感想ですから・・誰かと一緒では無いと思い
ますが・・生きることが楽しく・・亡夫の分まで生き切ると
考える様になりました・・(#^.^#)

これだって選択肢の1つで〔正鵠〕とは言えないけれど・・
個人的な生き方と自由を得た心は奇妙に幸せでした!
この記事のURL | カンボジア | CM(3) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/12/14(Fri)
※一寸感覚が違う・・

勿論、ここは日本ではないので慣習や国民性、人種その他と
諸々当然違います・・('Д')

でも、人間として持っている気質と言いますか?本質的な事や
生活は日本人の私たちと同様だと思っています。

むしろ、心が広く寛容で優しい人々が多く温かい感じかしら?
それでも、これだけ長くいても、合い入れられない事も多々
あります。

微細なことで言えば何処にでも唾を吐いたりくしゃみや咳など
平然とあちこちでまき散らします・・((+_+))

これは凄く嫌で可能な限り離れて歩いたりしますが・・(;^_^A
困ります。それがごく普通なのですけれど!

恐らく、彼らにしたら日本人って変わっていると見られ物珍しい
存在だろうと思います・・( 一一)

仏領下にあった事や近隣の諸国からの侵略、はたまた・・
皆さまご存知の内戦で大勢が、沢山の傷を受け・・数人の
中に縁者や、知人がその中に今もいて、数多いる事実が
見え隠れしています。

そのせいかも知れませんが・・家族が何よりも大切なのです。
そして、老人と子供は誰でもが手を差し伸べ社会で育てて・・
いる感じで・・大切にされています・・(#^.^#)

これは見ていて気持ちがよく、泣いている子供やハンモックで
眠っている子供などその揺れが止まっていると見知らぬ人でも
軽く揺すって行ったりします。

老人には大抵は付き添いがいて・・余り独り歩きはしていない。
   ◇それは日本とは大差がある感じがします◇

全くの他人でも自分の親のように面倒を見ている光景は・・
心が穏やかになります・・(#^.^#)

今の所は個人的にも元気でしっかり歩いている私・・ふふふふ
買い物も1人で全てこなしているから誰も老人とは思わない?
それとも外国人だから手を出さないのが本音かも・・( ^^)
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ